長門のSS一覧まとめ

「長門」のSSを書いてみませんか?
SS投稿速報なら直ぐにSSを書き始めることができます。

ロシア傭兵達が鎮守府に着任しました。2話目レ級とガングードさん

2018-06-14 19:56:00 更新

        [レ級出現事件] ガングード『・・・いやー色々施設を見て回ったが・・・酷いな。修理とかもしなきゃな。内装は仲間のモチベに関わる・・・だが・・・俺はあまりそういう関連得意じゃないんだよな~・・・ユキや...

ロシア傭兵達が鎮守府に着任しました。1話目大淀「・・・ロシア語分かりません・・・」

2018-06-13 22:28:05 更新

      ~ロシア軍基地~ ※『』はロシア語等です ???『・・・冗談かと思いましたが・・・』 大将『海軍が君を採用したのは君の実績を見て決めた事だ』 そう言い書類を取り出す。 大将『地獄とも...

艦隊レジスタンス9話目鬼神と元レジスタンス

2018-06-10 11:31:16 更新

猫擬き「あぁ~眠い・・・」 長門「・・・寝ずに作業をしていたのか?」 猫擬き「あの二人が見つかんなきゃ・・・厄介だしね。聞く限りじゃあいつらは大将達についてないみたいだし・・・引き続き探すか・・・んじゃ行ってくるわ...

艦隊レジスタンス5話目協力

2018-06-05 14:08:27 更新

元憲兵「・・・」 雷「何とか逃げきれたわね・・・」 元憲兵「・・・」 ・ワ・「どうしたのDETH?ガム食べるDETH?」 猫擬き「お前それ絶対イタズラ道具だろ?」 ・ワ・「チッ・・・つまらないのDETH」 元憲兵「・・・」 ...

艦殺し

2018-07-19 01:14:59 更新

今回は正義を為す人のお話です

Wills Quartetto

2018-08-18 20:44:15 更新

とある辛い、辛い秘密を抱えた提督と、 艦娘達のお話(ざっくり)。 前書きは呼んでくださいね。 3000pv超え、本当に感謝です! 少し野暮ではありますが、 後書きに若干の解説を加えました。

1人の漁師と艦娘と

2018-06-20 21:32:12 更新

SS読むのが好きで、書いてみたいと思い執筆しました。※完全素人です。 3000PV達成ありがとうございます!! 11章更新しました!

艦隊レジスタンス2話目潜入捜査

2018-05-22 23:52:38 更新

猫擬き「ただいま。」 長門「提督!?殺されたんじゃ!」 猫擬き「残念だったな。トリックだよ。とまぁ冗談はさておき久しぶりだな。長門」 長門「あぁ。」 猫擬き「天龍は?前秘書艦だったはずだが?」 天龍「お...

提督 『 ジュークボックスで遊ぼう 』

2018-05-26 12:04:17 更新

鎮守府に人数が増えてきたある日、提督はある我慢の限界を迎える。 今までは場の雰囲気のために耐えてきたが、もう耐えられない。 無音の執務室に耐えかねた提督は、ジュークボックスの導入を決意する。

提督 『 集まれ!メイド イン 黒髪艦隊 』

2018-05-26 11:59:04 更新

悪夢のような罰ゲームを終えてから数日後……元帥に呼ばれた提督は初期艦で秘書艦の那智と共に海軍本部へ赴く。 そこでの新しい出会いにより、その後の生活が少しずつ……しかし確実に楽しい方向へ変化していく。 ...

提督 『 実録!絶対に捕まってはいけない鎮守府 』

2018-05-26 11:56:09 更新

執務室での雑談から、提督のくだらない挑発に乗ってしまい、悪ふざけに付き合ってしまった那智。 朝潮を除くメンバー総動員したにも関わらず、悪ふざけに負けてしまったメンバーに 提督から悪夢のような罰ゲー...

時雨「静かな雨」

2018-05-06 01:32:00 更新

[chapter: 疑い] 突拍子のもない嘘も本当になってしまえば、後は崩されていくだけ。 一冊の雑誌から艦むす達との絆に暗い影を落とすことになる。 ?「これは何だろう?」 ?「時雨姉さんどうした...

「隻腕提督の復讐記」

2018-09-17 00:54:57 更新

深海棲艦によってすべてを奪われた提督が復讐をする話です。 初めてのSSです、自分が仕事中とかにふと思いついたことを書いているので、 前後の設定とかめちゃくちゃだと思います。あと語彙力とかも死んでい...

艦娘達と提督と…4

2018-03-24 16:55:52 更新

艦娘達と提督と…3の続きです

「地図に無い島」の鎮守府 第七十二話 忘れられた艦娘たち

2018-03-23 23:56:02 更新

堅洲島で大井が仲間に加わったころ、はるか南のショートランド泊地と、ナン・マドール遺跡では、鈴谷達が焼けた護衛艦の上で思いをはせていた。 ジャーヴィス島付近を航行する熊野たちのルートについての考え...