2017-08-12 00:44:56 更新

概要

翔鶴のキャラ崩壊回避不可能です。ちと翔鶴がウザいです、それでもいいならどうぞ見ていってください


前書き

鎮守府の朝の続編です。そっちを見てからでもいいし見なくてもいいですよ^_^
キャラ崩壊あり


翔鶴「それじゃ私の部屋行きましょうか?」


提督「そうだな」


俺は翔鶴の部屋に向かった…


???「提督!おはようございます!」


振り返るとそこには謎の格好をした奴がいた


提督「誰?」


翔鶴「どちら様でしょうか?」


夕張?「2人ともひどいですねぇ〜夕張ですよぉ〜」


提督「夕張か…すまん」


翔鶴「ところでその格好は?」


夕張「もやしのコスプレですよ!」


翔鶴 提督「もやし!?」


提督「なんでもやしなんだよ(焦)」


夕張「さぁ?まぁ気分てきにですね。はい」


翔鶴「気分でもやしの格好する人なんているんですねぇ…」


夕張「それじゃあ私は用事があるので、失礼いたしもす^ ^」


夕張(今度はおにぎりのでもつくりますかねー)ウフフ


提督「あいつなんか笑ってるぞ…」


翔鶴「警察呼んでも大丈夫かと…」


提督「そうかもな」


提督「ささそんなこと気にせず翔鶴かの部屋に行こうか?」


翔鶴「そうでした!」



ー翔鶴の部屋ー



提督「おじゃましもす」


翔鶴「どうぞー」


俺は目の前にある衝撃の光景に死ぬほど驚いた…


提督「な、なんだこれ…」


目の前には瑞鶴の写真が壁と天井一面に隙間なく貼られていた


翔鶴「なんだこれと言われても、愛しの妹瑞鶴の写真を一面に貼り付けただけですが?」


提督「い、いやそんな普通に言われても」


提督(何?うちの翔鶴は妹のことが大好きすぎて部屋中に写真を貼る変態…いや、ストーカーなのか?)


翔鶴「瑞鶴を見ると癒されますねぇー」ウヘヘヘヘ♡


提督「お、おう。それは良かった…」


こえーよ!こえーよ!こいつさっき夕張に警察呼んでも大丈夫とか言ってただろ!警察呼んでも大丈夫なのは翔鶴だろうが!


提督「で、俺を呼んだ理由は?」


翔鶴「瑞鶴の可愛さを知ってもらうためです」


提督「え、今なんt


翔鶴「瑞鶴の可愛さを知ってもらうためです」


翔鶴「だから瑞鶴の可愛さを知ってもらうためです」


提督「おう、わかったから真顔で近づくのやめろ…怖い」


翔鶴「はい、それじゃ瑞鶴の可愛いところは…」


提督「ところは?」


翔鶴「寝顔です」


提督「お前、瑞鶴と違う部屋だろ?」


翔鶴(やばい!!ついつい喋ってしまいました!)


提督「翔鶴…おまえ、違うと思うが瑞鶴に夜這いとかかけてないよな?」


翔鶴「い、いえ…私がそんなこと…そんなこと…そんな…」


提督「どうやら思い当たることがあるようだな( ˙-˙ )」


提督「ひくぞ、俺でも…」スゥ〜


翔鶴「ま、まってください!」


翔鶴「私が夜這いをしかけたのは認めますが、変なことなどしてません!」


翔鶴「だ、だから…その、そのゴミを見るような目で私を見ないでください!」


提督「お、おう。すまんすまん…」


翔鶴「でわ!話を戻しますが。瑞鶴の寝顔は可愛いのです!愛らしいのです!」


翔鶴「提督が駆逐艦達を「可愛いなぁ」とか言って見ているのとかわらないのです!」


提督「ちょっ!おまえ俺をロリコンみたいに言うな!ただ俺は保護者として駆逐艦達を見守っているのだ!」


翔鶴「そうですかぁ〜?私知ってるんですよぉ〜」


提督「な、なにをだ…」


翔鶴「提督が長門さんと飲んでたときー「やっぱり駆逐艦は最高だぜ!」とか言いながら長門さんと、駆逐艦のこと話てるのみやんですよぉー」


翔鶴「たしか提督の推しメンは…電ちゃんですよねぇ〜?」


提督「…」


提督「それは認めるが!が!」


提督「おまえ瑞鶴のこといやらしい目でみてんだろ」


翔鶴(ふぇー!!!!!)


翔鶴「な、なぜそれを!」


提督「よし、おまえ自分で認めたな、瑞鶴のこと性的な目で見てるのを…」


翔鶴「」


提督「今なら言わないでやってもいいだろう」


翔鶴「提督のことも晒しますよ」


提督「いいぞ別に俺すでにロリコン扱いされてるから( ˙-˙ )」


翔鶴「本当にすいませんでした!なので私のことは言わないくだしゃい!」


提督「よし、それじゃ条件をつけよう」


翔鶴「条件?」


提督「瑞鶴に夜這いをかけない、ただそれだけだ」


翔鶴「…仕方ありませんね、晒されたら元も子もないのでね」


提督「契約成立だな」


翔鶴「ってことで続きを話しますよ!」


提督「よし聞いてやる!」



そうして2人は夜まで話あったとさ





〜終〜









後書き

すごい自分の国語力のなさにきづきましたね…やばいとても恥ずかしい


このSSへの評価

このSSへの応援

1件応援されています


SS好きの名無しさんから
2017-11-04 22:22:02

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください