2017-08-05 18:32:53 更新

概要

何番煎じかわかりませんが・・・
初投稿
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」の改変コピペ
キャラ崩壊注意、とくに時雨提督の皆さんごめんなさい。
落ちからループ、カップリング募集中

6/3 思ってたより長くなってきたのでタイトル変更しました。



朝潮&満潮「司令官が朝潮満潮の監禁調教もののエロ本を隠し持っていた。」


満潮「司令官がぁ、司令官が怖いぃ!」ガタガタ


提督「誤解だから!誤解だから!」


満潮「司令官に犯されるぅ!」ブルブル


提督「やめて!」


提督「ご、誤解なんだ!」


朝潮「そうなのですか……?」


提督「もちろんだ!」


朝潮「ではあの本、司令官の物ではないのですか?」


提督「いや、それはまぁ、俺のなんだけど……」


満潮「犯されるぅ! 司令官に犯されるぅ!」ガタガタ


提督「ち、違うんだ!」


満潮「あの、司令官もいい大人だから、そういう事に興味を持つ事自体は私も全然否定しないけど」ビクビク


提督「……うん」


満潮「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル


提督「……あの、二人とも」


朝潮&満潮「な、何(でしょうか)!?」ビクゥッ


提督「な、なんで距離とってるの?」


満潮「怖いもん!犯されるもん!ガタガタ


提督「やめて!」


満潮「超マニアックな方法で犯されるもん!」


提督「するわけないだろそんな事!」


満潮「いきなりハイエースで攫われて

『朝潮の目の前で初めてを奪われる気分はどうだ?』とか言われながら犯されるもん!」


提督「抜粋するのやめろ!さっきの本から抜粋するのやめてくれ!」


朝潮「朝潮型特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんですね!」キラキラ


提督「しないよ!ってなんで朝潮はキラ付けされてるの!?」


満潮「『わ、私が満潮の分まで頑張りますからっ』とか朝潮に言わせながら犯すつもりでしょう!」


提督「抜粋やめて!音読やめて!」


満潮「提督がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」


朝潮「なるほど、そういうマニアックなプレイが存在するとは…朝潮勉強になりました!」


提督「違うから!というか学ぶんじゃない!」


満潮「さ、さらにマニアックな……?」


提督「違う!ていうかさっき満潮が言ったみたいのは朝潮満潮ものでは全然マニアックの範疇じゃないから!」


朝潮&満潮「……え?」


提督「……あ」


朝潮「……あ、あれくらいは、基本なのですか?」


提督「なんでもない!さっきのなんでもない!」


満潮「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」


提督「聞いて!さっきのは間違いだから!」


朝潮「もうあれくらいじゃ、満足できないのですね……?」ジリジリ


提督「やめて!」


満潮「提督がどんどん遠くに行く……」


提督「遠くに行ってるのは満潮だよ!物理的に距離とってるじゃないか……朝潮はなぜかジリジリと近づいてるが…」


満潮「だ、だって犯されるじゃない……」


提督「しないよ!」


満潮「接し方が悪かったのね……

反発してはいたけど、誰も轟沈させない司令官を陰ながら尊敬してたのに……」


提督「やめて!重い感じにしないで!」


満潮「補給の時にお礼も言えるようになったのに……」


提督「あれを初めて聞いたときはほんと育ててよかったと思いました。」


朝潮「でもプレイ的な見地から言えば補給時の「ありがとボソ」も興奮ポイントに……?」


提督「やめろ!嗜好を探るのやめろ!」


朝潮「ですがさっき言ったくらいはもう基本なんですよね?」


提督「間違いでした!さっきの無しで!」


朝潮「とすると顔を赤らめた満潮を優しく抱きしめて流れでベッドインでしょうか?」


提督「っていうか何で朝潮が協力的なの!?

満潮側じゃなかったのか!?」


満潮「朝潮……アンタまさか…」


朝潮「ち、違いますよ!?私も司令官と一緒に満潮に色々したいとか思ってませんから!」


満潮「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」


提督&朝潮「何を?」


満潮「『俺と朝潮は満潮を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」


提督&朝潮「何その宣言!?」


満潮「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ鎮守府にはいられないもの!」


朝潮「この朝潮、司令官が獣になれと言えばいつでも獣になる覚悟です!」


満潮「アンタは何言ってるの!?と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」


提督「……うーん……」


満潮「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク


提督「虚偽じゃないから!」


満潮「いいの!私は二人を嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」


提督「その感じやめて!」


満潮「二人にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私は二人の嗜好と向き合うから!」


朝潮「やりましたね司令官!これで堂々と満潮に色々できます!」


提督「ややこしくなるから朝潮はちょっと黙ってて!」


提督「え、な、なんだっけ……『俺と朝潮は』……」


満潮「『俺と朝潮は満潮を犯したいと思っていないし』


提督「そ、そうだな。『俺と朝潮は満潮を』……」


満潮「……ど、どうかした?」ビクビク


提督「あ、あのー、一応、一応確認な?」


満潮「な、何?」


提督「こ、この『犯す』の範囲って……?」


満潮「!!」


提督「い、一応だよ!!」


満潮「そ、それはつまり範囲によっては……」


提督「一応だって!意外と三人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」


満潮「範囲によってはありえるってこと?」


提督「いやだからその確認!」


満潮「そ、そうね。二人の基準はちょっとアレだものね」


提督「アレとかやめて」


提督「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


満潮「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」


提督「……うん」


満潮「二人がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけね」


提督「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」


満潮「そうよね!」


朝潮「えー、では『犯す』の基準決めスタート!」


満潮「まずは『キス』!」


提督&朝潮「えッ!?」


満潮「えッ!?」


提督「ストップで! 一旦ストップで!」


満潮「怖い怖い怖い怖い!!」


提督「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 提督と艦娘でとか姉妹艦同士とか!」


満潮「しないしないしない怖い怖い怖い」


提督「俺がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、提督と艦娘と姉妹艦同士でキスはセーフだよ!なあ朝潮!」


満潮「しないよぉ……」


朝潮「アレですよ? キスって唇同士の奴ですよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないですよ?

 それに陽炎さんとかはよく姉妹艦とキスしてますし、それで私はOKにしたんですよ?」


満潮「陽炎って姉妹艦同士でキスしてるの!? ていうか前半部分で言った方OKにしてたら本当に艦種変更願い出してたわよ……」


満潮「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの?

 よね? あの、言わなくていいけど」


提督(心底屈辱的……だがそれもいい)


満潮「うーん……ていうかもう、聞くわね……

 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」


提督&朝潮「……えー?」


満潮「ふ、二人が決めてくれていいから。それを聞いて対処するから」


提督&朝潮「……う、ん・・・…」


(五分後)


提督&朝潮「……」


満潮「……」ドキドキ


提督「……あの」


満潮「ひっ!?」ビクゥッ


朝潮「そ、そこまで怯えなくても!」


満潮「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?犯さないで?」


提督&朝潮「やめて!」


満潮「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」


提督「言うから!今すぐ言うから!」


提督「え、えーと……」


満潮「言ってくれていいから!ドンと!」


朝潮「えーと……」


満潮「もう驚かないから!」


提督&朝潮「えー……多分、何をラインにしても、その、無理(ですね)……」


満潮「え」


提督「あの、だって、したいし……」


満潮「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!!!」


提督&朝潮「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」


満潮「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃない!!!!」


提督「すまん! 本当にすまん! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」


満潮「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」


朝潮「し、静かにしなさい!! 犯しますよッ!?」


満潮「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


満潮「監禁調教プレイは?」


提督&朝潮「基本」


満潮「艤装と書いて?」


提督&朝潮「ランドセル」


満潮「駆逐艦をハイエースで?」


提督&朝潮「ダンケダンケ!」


満潮「朝潮型は?」


提督&朝潮「ガチ」


満潮「こわいよぉぉぉ! 二人が怖いよぉぉぉ!」


提督「う、うるさい! アームカバー口に詰めるぞ!?」


満潮「なにそれ!?」


提督「よくあるんだよ!」


満潮「よくあるんだ!?」


朝潮「むしろ基本です!」


提督「色々装着したまま出撃させたりしたい!」


満潮「何急に!?」


提督「す、すまん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」


満潮「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


提督「姉妹で団欒してる時にリモコンでいじりたい!」


満潮「やめて怖い!」


朝潮「こういう時大潮は満潮を心配したりしますね!」


満潮「細かな設定とか怖い!」


提督&朝潮「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」


満潮「落ち着いて! もうやめて!」


朝潮「他の姉妹に見られないように朝潮型の部屋の死角でキスしたい!」


提督「満潮の頭のフレンチクルーラーにかじりつきたい!」


提督&朝潮「満潮とバリ島沖で夜戦したい!」


満潮「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」


提督「そういうことだから!よ、よろしく!」


満潮「何をヨロシクするの?」


朝潮「……じゃ、じゃぁ私寝るから!先に部屋戻ってるわね!」


満潮「このタイミングで引き上げられるとより怖い!

  ていうかなにをヨロシクすればいいの?」


提督&朝潮「お休みなさい!」ダッ


満潮「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……朝潮とは部屋も一緒だし」

満潮「本当にヤダ本当に怖い……」

満潮「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」

満潮「他の姉妹にはなんて言おう……いや、言えないかぁ……言ったら荒潮あたりも混ざってきそう……」


~~~~~


扶桑「あら?朝潮型の部屋の前に何か……」

扶桑「……え?」


~~~~~


満潮編  扶桑 「満潮が満潮×扶桑のエロ本を隠し持っていた」



扶桑「満潮がぁ、満潮が怖いぃ!」ガタガタ


満潮「誤解だから!誤解だから!」


扶桑「満潮に犯されるぅ!」ブルブル


満潮「やめて!」


満潮「ご、誤解なんだよ!」


扶桑「そうなの……?」


満潮「うん、それは司令官の部屋で見つけたの!」


扶桑「じゃああの本、あなたのじゃないの?」


満潮「いや、それはまぁ、今は私のなんだけど……」


扶桑「犯されるぅ! 満潮に犯されるぅ!」ガタガタ


満潮「ち、違うの!」


扶桑「あの、あなたも年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は私は全然否定しません」ビクビク


満潮「……うん」


扶桑「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル


満潮「……あの、扶桑」


扶桑「な、何!?」ビクゥッ


満潮「な、なんで距離とってるの?」


扶桑「怖いもん!犯されるもん!ガタガタ


満潮「やめて!」


扶桑「超マニアックな方法で犯されるもん!」


満潮「しないよそんなの!」


扶桑「普段山城が使ってるベッドに押し倒されて

『いつも妹が寝てるベッドで犯される気分はどう……?』とか言われながら犯されるもん!」


満潮「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」


扶桑「なんか艦娘特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」


満潮「しないから!やめて!」


扶桑「『砲塔が大きいからじゃなくて胸が大きいから肩がこるんでしょ?』とか言いながら犯すつもりでしょう!」


満潮「抜粋やめて!音読やめて!」


扶桑「満潮がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」


扶桑「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」


満潮「違うから!そういうんじゃないから!」


扶桑「さ、さらにマニアックな……?」


満潮「違うわよ!ていうかさっき扶桑が言ったみたいのは満潮×扶桑ものでは全然マニアックの範疇じゃないのよ!」


扶桑「……え?」


満潮「……あ」


扶桑「……あ、あれくらいは、基本なのね?」


満潮「なんでもない!さっきのなんでもない!」


扶桑「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」


満潮「聞いて!さっきのは間違いだから!」


扶桑「もうあれくらいじゃ、満足できないのね……?」


満潮「やめて!」


扶桑「満潮がどんどん遠くに行く……速力がほしいわ……」


満潮「遠くに行ってるのは扶桑よ……物理的に距離とってるじゃない……」


扶桑「だ、だって犯されるじゃない……」


満潮「しないわよ!」


扶桑「山城ばかりに構ってたのがが悪かったのかしら……

知らず知らずの内に、あなたに寂しい思いをさせていたのね……」


満潮「やめて!重い感じにしないで!」


扶桑「年の離れた妹のように思っていたのに……」


満潮「聞きたくないよ!こんな状況で一番聞きたくないタイプの奴よそれ!」


扶桑「で、でもプレイ的な見地から言えば年の離れた姉も興奮ポイントに……?」


満潮「やめて!嗜好を探るのやめて!」


扶桑「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」


満潮「間違いでした!さっきの無しで!」


扶桑「とすると姉妹とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」


満潮「っていうか何でちょっと協力的なの!?

さっきまで犯される!とか言ってたわよね!?」


扶桑「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」


満潮「そ、そういうことか!いや、しないから!」


扶桑「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」


満潮「何を?」


扶桑「『私は扶桑を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」


満潮「何その宣言!?っていうかデジャブが…」


扶桑「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ艦隊にはいられないもの!」


満潮「ケモノとか言わないで!」


扶桑「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」


満潮「……うーん……」


扶桑「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク


満潮「虚偽じゃないから!」


扶桑「いいの!私はあなたを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」


満潮「その感じやめて!」


扶桑「あなたにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私はあなたの嗜好と向き合うから!」


満潮「言うから!言うから重い感じやめて!」


満潮「え、な、なんだっけ……『私は』……」


扶桑「『私は扶桑を犯したいと思っていないし』


満潮「そ、そうね。『私は扶桑を』……」


扶桑「……ど、どうかした?」ビクビク


満潮「あ、あのー、一応、一応確認ね?」


扶桑「な、何?」


満潮「こ、この『犯す』の範囲って……?」


扶桑「!!」


満潮「い、一応だよ!!」


扶桑「そ、それはつまり範囲によっては……」


満潮「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃない!」


扶桑「範囲によってはありえるってこと?」


満潮「いやだからその確認!」


扶桑「そ、そうね。あなたの基準はちょっとアレだものね」


満潮「アレとかやめて」


満潮「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


扶桑「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」


満潮「……うん」


扶桑「あなたがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけね」


満潮「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」


扶桑「そうよね!」


満潮「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」


扶桑「まずは『キス』!」


満潮「えッ!?」


扶桑「えッ!?」


満潮「ストップで! 一旦ストップで!」


扶桑「怖い怖い怖い怖い!!」


満潮「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 戦友同士で!」


扶桑「しないしないしない怖い怖い怖い」


満潮「私がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、戦友同士でキスはセーフだよ!」


扶桑「しないよぉ……」


満潮「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?

 そのつもりで私はOKにしたんだよ?」


扶桑「当たり前だよ…… ていうか今言った方OKにしてたら本当に異動願い出してたわよ……」


扶桑「あの、ていうかじゃあ、キスが基準だとアウトなの?

 よね? あの、言わなくていいけど」


満潮(心底屈辱的……)


扶桑「うーん……ていうかもう、聞くわね……

 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」


満潮「……えー?」


扶桑「あ、あなたが決めてくれていいわよ。それを聞いて対処するから」


満潮「……う、ん・・・…」


(五分後)


満潮「……」


扶桑「……」ドキドキ


満潮「……あの」


扶桑「ひっ!?」ビクゥッ


満潮「そ、そこまで怯えなくても!」


扶桑「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?犯さないで?」


満潮「やめて!」


扶桑「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」


満潮「言うから!今すぐ言うから!」


扶桑「え、えーと……」


扶桑「言ってくれていいから!ドンと!」


満潮「えーと……」


扶桑「もう驚かないから!」


満潮「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」


扶桑「え」


満潮「あの、だって、したいし……」


扶桑「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!!!」


満潮「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」


扶桑「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃない!!!!」


満潮「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」


扶桑「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」


満潮「し、静かにしてよ!! 犯すわよッ!?」


扶桑「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


扶桑「山城のベッドの上でのプレイは?」


満潮「基本」


扶桑「弾薬庫と書いて?」


満潮「ナカ」


扶桑「私の不幸は?」


満潮「蜜の味」


扶桑「時雨、山城には?」


満潮「負けたくないの」


扶桑「こわいよぉぉぉ! 満潮が怖いよぉぉぉ!」


満潮「う、うるさい! 朝潮型の偽装背負わせるわよ!?」


扶桑「なにそれ!?」


満潮「よくあるのよ!」


扶桑「よくあるんだ!?」


満潮「色々装着したまま一緒に出撃したい!」


扶桑「何急に!?」


満潮「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」


扶桑「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


満潮「山城たちと話してる時にリモコンでいじりたい!」


扶桑「やめて怖い!」


満潮「こういう時、時雨は扶桑の様子に気づいて「雨はいつか止むさ」とか言うわ!」


扶桑「細かな設定とか怖い!て言うか気づいたなら助けてよ時雨!」


満潮「うわあああ願望出るぅぅぅ!!昨日の司令官と朝潮の気持ちがわかったわ!」


扶桑「落ち着いて! もうやめて!って昨日二人に何されたの!?」


満潮「他の娘たちに見られない鎮守府の死角でキスしたい!」


満潮「快楽に溺れた顔で「不幸だわ…」とか言わせたい!」


満潮「扶桑のレイテ湾に突入したい!」


扶桑「最後も若干普通じゃないし!私のレイテ湾ってどうゆうこと!?!」


満潮「ま、まあそういうことだから!」シュル


扶桑「何!?なんで服を脱いでるの!?」


満潮「この至近距離なら戦艦なんてカモよ!wows的には!!」


扶桑「wows的にはって何!?

  やめて満潮!近づかないで!!!」


満潮「我夜戦二突入ス」グワァバ


扶桑「やめて満潮!艦橋をそんなにこすってはダメ!あぁぁぁ!」

扶桑「本当にダメそれ以上されたら火災が発生しちゃう……」

扶桑「空はあんなに青いのに…」

扶桑「不幸だわ……」


~~~~~


時雨「ん?扶桑の部屋の前に本が落ちてる」

時雨「これは……」


~~~~~~


扶桑編  時雨「扶桑が扶桑×時雨のエロ本を隠し持っていた」



時雨「扶桑がそんなに僕の事を思っていたなんて知らなかったよ」


扶桑「誤解だから!誤解だから!」


時雨「誤解?僕のこと抱きたかったんじゃないの?」クビカシゲ


扶桑「やめて!」


扶桑「ご、誤解なのよ!」


時雨「そうなの……?」


扶桑「うん」


時雨「じゃああの本、扶桑のじゃないの?」


扶桑「あれは昨日、満潮が持ってたものよ……」メソラシ


時雨「満潮は扶桑が大好きだからね。でもなんでそんな本を満潮はここに持ってきたの?」ニコニコ


扶桑「それはプレイの一環として…ってち、違うのぉ!」


時雨「まあ、満潮も年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は僕も不思議に思わないけど」


扶桑「……ええ」ハイライトオフ


時雨「そういう本を読んだりして試したくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」


扶桑「……あの、時雨?」


時雨「なんだい?」


扶桑「な、なんでそんなに肯定的なの?」


時雨「だって昨日は二人でお楽しみだったんでしょ?」


扶桑「やめて!」


時雨「超マニアックな方法で犯されたんでしょ?」


扶桑「されてないからそんなこと!」


時雨「普段山城が使ってるベッドに押し倒されて

『山城の臭いが染みついたベッドで侵される気分はどう……?』とか言われながら犯されたんでしょ?」


扶桑「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!しかも攻守逆転してる!」


時雨「ごめんごめん僕が受けだったねあの本じゃ。じゃあ西村艦隊特有のマニアックな言葉責めとかされるのかな?」


扶桑「しないから!やめて!」


時雨「『時雨の止まない雨は全部私が受け止めるからね』とか言いながら犯すんでしょ?」


扶桑「抜粋やめて!音読やめて!」


時雨「扶桑がマニアックな言葉責めを身につけてる……」


時雨「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」


扶桑「違うから!そういうんじゃないから!」


時雨「なるほど、さらにマニアックな……?」


扶桑「違うから!ていうかさっき時雨が言ったみたいのは扶桑時雨ものでは全然マニアックの範疇じゃないのよ!」


時雨「……え?」キョウガク


扶桑「……あ」


時雨「……あ、あれくらいは、基本なの?」


扶桑「なんでもない!さっきのなんでもない!」


時雨「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」


扶桑「聞いて!さっきのは間違いだから!」


時雨「もうあれくらいじゃ、満足できないんだね……?」


扶桑「やめて!」


時雨「扶桑がどんどん遠くに行く……」ドンビキ


扶桑「遠くに行ってるのは時雨よ……物理的に距離とってるじゃない……」


時雨「だって犯されるじゃないか……」


扶桑「しないよ!」


時雨「何が悪かったのかな……

西村艦隊のみんなは平等に愛していたはずなのに……」


扶桑「やめて!重い感じにしないで!」


時雨「扶桑のことたまに姉さんって呼びそうになることもあったんだけどな……」


扶桑「聞きたくないわ!こんな状況で一番聞きたくないタイプの奴よそれ!」


時雨「でもプレイ的な見地から言えば間違えて姉さんと呼びそうになるのも興奮ポイントに……?」


扶桑「やめて!嗜好を探るのやめて!」


時雨「だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」


扶桑「間違いでした!さっきの無しで!」


時雨「とすると姉さん呼びとかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」


扶桑「っていうか何でちょっと協力的なの!?

さっきまで犯すんでしょ?とか言ってたよね!?」


時雨「だって僕受けより攻めの方が好きだし」ニッコリ


扶桑「そ、そういうことか!いや、ええええええぇぇぇ!?」


時雨「じゃあ扶桑も僕の事好きみたいだししちゃおうか」マンメンノエミ


扶桑「な、何を?」


時雨「もちろんあの本みたいなことを攻守逆転してさ」ゲスガオ


扶桑「時雨がぁ!!時雨が怖いぃ!!!」ガタガタ


時雨「しないの?」


扶桑「しないしないしない怖い怖い怖い」


時雨「ごめんごめん冗談だよ。僕も犯されるかもと思うと怖くてさ。」


扶桑「ほ、ホントに……?」ビクビク


時雨「ホントさ」イケメンスマイル


扶桑「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」


時雨「何を?」


扶桑「『僕は扶桑を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」


時雨「何その宣言?」


扶桑「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ艦隊にはいられないもの!マジで!!」


時雨「ケモノとか言わないでよ…傷つくなぁ」


扶桑「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」


時雨「……うーん……」


扶桑「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク


時雨「そんなことないよ」


扶桑「いいの!私はあなたを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」


時雨「その感じやめてよ…」


扶桑「あなたにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私あなたの嗜好と向き合うから!」


時雨「へぇ、向き合ってくれるんだ……」ボソ


扶桑「し、時雨?」ビクビク


時雨「ああごめん、なんだっけ……『僕は』……」


扶桑「『僕は扶桑を犯したいと思っていないし』


時雨「そうだったね。『僕は扶桑を』……」


扶桑「……ど、どうかした?」ビクビク


時雨「一応確認なんだけどさ」


扶桑「な、何?」


時雨「この『犯す』の範囲って……?」


扶桑「!!」


時雨「一応だよ」


時雨「そ、それはつまり範囲によっては……」


時雨「一応だよ。意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃないか」


扶桑「範囲によってはありえるってこと?」


時雨「いやだからその確認」


扶桑「そ、そうね。あなたの基準はちょっとアレだものね」


時雨「アレとかやめて」


時雨「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


扶桑「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」


時雨「……うん」


扶桑「あなたがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけね」


時雨「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね」


扶桑「そうよね!」


時雨「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」


扶桑「まずは『キス』!」


時雨「えッ?」


扶桑「えッ!?」


時雨「ストップで! 一旦ストップで!」


扶桑「怖い怖い怖い怖い!!」


時雨「違うよ! 普通にするじゃないか! キスってするじゃん!友達同士とかで!」


扶桑「しないしないしない怖い怖い怖い」


時雨「僕いつも山城やもがみんとしてるよ!? 一般的な基準として、友達同士でキスはセーフだよ!」


扶桑「山城や最上としてるの!?」


時雨「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?

 そのつもりで僕はOKにしたんだよ?」


扶桑「当たり前よ…… ていうか今言った方OKにしてたら島風並みの速度で逃げてたわよ……」


扶桑「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの?

 よね? あの、言わなくていいけど」


時雨(ああ……その顔をもっと歪ませたい……)


扶桑「うーん……ていうかもう、聞くわね……

 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」


時雨「……えー?」


扶桑「あ、あなたが決めてくれていいから。それを聞いて対処するから」


時雨「……う、ん・・・…」


(五分後)


時雨「……」


扶桑「……」ドキドキ


時雨「……あの」


扶桑「ひっ!?」ビクゥッ


時雨「そこまで怯えなくても」


扶桑「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?犯さないで?」


時雨「大丈夫だよ。まだ」


扶桑「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」


時雨「わかった言うから!今すぐ言うから!」


時雨「えーと……」


扶桑「言ってくれていいから!ドンと!」


時雨「えーと……」


扶桑「もう驚かないから!」


時雨「えー……多分、何をラインにしても、その、無理だね」ニッコリ


扶桑「え」


時雨「だって、したいし」 サワヤカスマイル


扶桑「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!!!」


時雨「ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだよぉぉぉぉ!!」


扶桑「途中からので合ってたじゃないぃぃぃ!! 途中からのリアクションでむしろ正解じゃない!!!!」


時雨「ごめんね扶桑、 本当にごめん。 でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいしされたいんだ!」


扶桑「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」


時雨「静かにしなよ 犯すよ?」ハイライトオフ


扶桑「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


扶桑「プレイごとに攻守逆転は?」


時雨「基本」


扶桑「偽装を背負った時雨はまるで?」


時雨「ガ〇キャノン、って誰がガ〇キャノンさ!!」


扶桑「扶桑姉妹との3Pは?」


時雨「極上」


扶桑「上位艦種を犯すのは?」


時雨「駆逐艦のだいご味」


扶桑「こわいよぉぉぉ! 時雨が怖いよぉぉぉ!満潮より怖いぃぃぃ!」


時雨「うるさいなぁ! 錨で縛るよ!?」


扶桑「なにそれ!?」


時雨「よくあるんだよ!」


扶桑「よくあるんだ!?」


時雨「色々装着したまま縛って山城とのプレイを見せつけたい!」


扶桑「何急に!?」


時雨「ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」テヘ


扶桑「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


時雨「任務報告で提督と話してる時にリモコンでいじりたい!」


扶桑「やめて怖い!」


時雨「こういう時山城は扶桑をひたすら褒める!」


扶桑「細かな設定とか怖い!」


時雨「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」


扶桑「落ち着いて! もうやめて!」


時雨「縛られた山城や満潮の前で扶桑とキスしたい!」


時雨「無線でもがみんに連絡してる後ろから胸揉みたい!」


時雨「扶桑とスリガオ海峡で夜戦したい!」


扶桑「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」


時雨「そういうことだから!よろしくね!」テンシノエガオ


扶桑「何をヨロシクするの?」


時雨「……じゃぁ色々準備があるから今日は帰るね!」


扶桑「このタイミングで引き上げられるとより怖い!

  ていうかなにをヨロシクすればいいの?」


時雨「じゃあね扶桑、また明日」ギーバタン


扶桑「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」

扶桑「本当にヤダ本当に怖い……駆逐艦ホント怖い…」

扶桑「なんであんな本が部屋の前に落ちてたんだろう……」

扶桑「他のみんなにはなんて言おう……いや、言えないわね……山城も最上も時雨側っぽいし……不幸だわ……」


~~~~~


荒潮「あら~?朝雲のベッドの上に本が出しっぱなしになってるじゃない」

荒潮「あらあら?」


~~~~~~~~~~


朝雲編  荒潮「朝雲が朝雲×陽炎のエロ本を隠し持っていた」


荒潮「あらあらぁ♪朝雲ちゃんたら可愛いとこあるのねぇ」アラアラ


朝雲「誤解だから!誤解だから!」


荒潮「まさか朝雲ちゃんがねぇ」 ウフフ


朝雲「やめて!」


朝雲「ご、誤解なんだよ!」


荒潮「あらぁそうなのぉ……?」


朝雲「うん」


荒潮「じゃああの本、朝雲ちゃんのじゃないのぉ?」


朝雲「違うったら!なんであんな本が私のベッドにあったのよ……」


荒潮「お姉ちゃんてっきり朝雲ちゃんは山雲ちゃんの事が好きなんだとばかり…」 アラアラ


朝雲「ち、違うからぁ!」


荒潮「朝雲ちゃんも年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体はお姉ちゃん全然否定しないけど」


朝雲「……うん、って違うから!!」


荒潮「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」


朝雲「……あの、荒潮姉ぇ?」


荒潮「なぁに?」ドアアケナガラ


朝雲「な、なんでドア開けてるの?」


荒潮「だって件の陽炎ちゃん呼んでるんだもの」ウフフフフ


陽炎「やっと会えた!陽炎よ♪」ウィンク


朝雲「アイエエエエエエエエエエエ!!ナンデ!?ナンデ!???」


荒潮「朝雲ちゃんのためにお姉ちゃん頑張ったわ♪」ウフフ


朝雲「楽しんでるよね!?荒潮姉ぇ私を追い込んで楽しんでるよね!!ねぇ!!」


陽炎「私朝雲に嫌われてると思ってたからさ、荒潮に事情を聴いてビックリしちゃった」


朝雲「来る時点でおかしいよね!?私が朝陽もののエロ本持ってたって聞いた時点で普通はもう近寄らないよね!!?」


荒潮「あら不思議、朝陽ものだと朝潮×陽炎にも見えるわねぇ」アラアラ


陽炎「私は相手が朝潮でもかまわないけど?」


荒潮「それは私が許さないわ」マガオ


陽炎「あ、はい」


陽炎「まあ、それはそれとして。ねぇ?朝雲?」


朝雲「な、何!?」ビク


陽炎「私を超マニアックな方法で犯すんでしょ?」


朝雲「しないからそんなの!」


陽炎「朝潮型の部屋に連れ込まれて

『もういっそ朝潮型になっちゃいなさいよ』とか言いながら犯すんじゃないの?」


朝雲「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!ってか今まさにそうゆう状況じゃない!?」


陽炎「なんか陽炎型特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんでしょ?」


朝雲「しないよ!やめて!」


陽炎「『終わった後はいてたスパッツ交換しようね?』とか言いながら犯すんでしょ?」


朝雲「抜粋やめて!音読やめて!」


陽炎「朝雲がマニアックな言葉責めを身につけてる……やっぱ朝潮型はガチね」


朝雲「違うから!そういうんじゃないから!」


陽炎「さ、さらにマニアックな……?」ジュル


荒潮「そうよぉ?さっき陽炎ちゃんが言ったみたいのは朝陽ものでは全然マニアックの範疇じゃないものぉ」ウフフ


陽炎「やっぱり!」


朝雲「ちょっと荒潮姉ぇ!!?」


陽炎「そっかあ、あれくらいは、基本なのね?流石朝潮型だわ、私の予想の斜め上を平気で行く・・・・・・・」


朝雲「違うから!朝潮型が変態みたいな言い方やめて!」


陽炎「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」


荒潮「陽炎ちゃんもまだまだねぇ、朝雲ちゃんはもうあれくらいじゃ満足できなくなってるのよ?」


朝雲「荒潮姉ぇぇぇぇぇぇ!!焚きつけるのをやめて!!」


陽炎「そっかぁあれくらいじゃ、満足できないのかぁ」トオイメ


朝雲「やめて!」


荒潮「朝雲ちゃんがどんどん遠くに行っちゃうわぁ……」


朝雲「遠くに行かせてるのは荒潮姉ぇだよね!!?私を社会的に殺しにかかってるじゃない!!!」


陽炎「でもしたいんでしょ?」


朝雲「しないよ!」


荒潮「教え方が悪かったのかしら……

知らず知らずの内に、あなたを偏った性癖にしてしまっていたのね……」


陽炎「あるある、陽炎型も人数多いからさぁ全員同じように教えるってのはさすがに無理なんだよねぇ」


朝雲「やめて!っていうか陽炎型の性教育って陽炎がしてたの!!?!」


荒潮「山雲ちゃんはちゃんと性教育できたのに……」


朝雲「山雲に何したの!!?ねぇ!今とんでもない事聞いた気がするんだけど!!?」


陽炎「あ、でもさプレイ的な見地から言えば性の知識覚えたての妹も興奮ポイントになるんじゃない?」


朝雲「なるか!!私を特殊性癖みたいに言わないで!」


荒潮&陽炎「だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょぉ?」ゲスガオ


朝雲「言ってない!私一っ言も言ってない!!!」


陽炎「とすると私が朝雲に性教育するとかそっち系に行かざるを得ないか……」


朝雲「得なくない!! なんか私が犯される流れになってない!?これ!!」


荒潮「逆らったらひどい目にあわされちゃうかもねぇ」アハハハハァ


朝雲「何それ怖すぎるんだけど!!!」


陽炎「じゃあ面と向かって言うわね……」


朝雲「な、何を?」ビク


陽炎「私は普段何かと対抗してくる朝雲を犯したいと常々思ってたし、今すぐ実行したいです」


朝雲「何その宣言!!!!!怖い怖い怖い!!!!」


荒潮「あらあら、すごいことになってきたわねぇ獣と共に生活してたなんて・・・・」


陽炎「ケモノになった陽炎に期待してね!」キラリン!


荒潮「じゃあお邪魔してもなんだからお姉ちゃんはそろそろ退散するわねぇ」ゴユックリー


朝雲「謀ったな荒潮おおおおおおおおおお!!助けてえええええぇぇぇぇぇ!!!」


陽炎「やっぱり虚偽の申告はできないし?人間正直が一番!」ニッコリ


朝雲「虚偽であってほしかった!虚偽であってほしかったわよおおおおおおお!!」


陽炎「いいの!陽炎型のネームシップとしてはあなたを再教育(調教)してあげるから!」


朝雲「頭ぶっ飛んでるってレベルじゃないでしょその発言!!怖い怖い怖いぃぃぃぃ!!!」


陽炎「あなたが後々犯罪者になるくらいなら、私はあなたの嗜好をすべて受け止めるから!」


朝雲「アンタがすでに犯罪者だ!!!私を犯罪者予備軍みたいにゆうのやめて!!!」


陽炎「え~とどうするんだっけ?ふむふむまずは山雲のベッドに押し倒して……」


朝雲「抜粋しないで!!しかも実行しようとしてるし!!」


陽炎「おもむろにおもちゃを取り出しながら私に「いつもは山雲で我慢してるけど今日は我慢しなくていいよね?」と……」


朝雲「抜粋やめて!音読やめて!!」イヤアアアアア!!


陽炎「あのさ、一応確認なんだけど」


朝雲「な、何よ!?」


陽炎「この本じゃアナタ生えてるようになってるけど?」


朝雲「生えてるわけないでしょ!!それ毛よね!?毛の事よね!!?」


陽炎「あ~やっぱ生えてないかぁ、まあしょうがないよねこればっかりは」ポリポリ


朝雲「当たり前でしょ!?むしろ生えることあるの!?」


陽炎「私生えてるよ?」ボロン゙


朝雲「ウヲエエエエエエェェェェェェ!!!?なんで生えてるの!!?アンタ男だったの!!?」


陽炎「こんな可愛い男がいるわけないでしょ!失礼な!

これはアレよ明石さん特性の疑似ペ〇ス!その名も「戦艦クラスも一発轟沈!61cmアへ顔量産魚雷」よ!!」


朝雲「大きさがエグイわあああああ!!ホントやめて!そんなの突っ込まれたらマジ轟沈するから!!」


陽炎「大丈夫、ちゃんと優しくするから、ね?」


朝雲「ね?じゃないわよこのバカ!!優しくされたってそんなバケモノ入るわけないでしょうが!!」


朝雲「怖い怖い怖い怖い!!助けて朝潮姉ぇぇぇぇぇぇぇ!!」


陽炎「もー往生際悪いなぁ」


朝雲「だって…だって…そんな大きいの無理……」ヒックヒック


陽炎「でも私もうスイッチはいっちゃったし……」


朝雲「うわああああああ絶対無理ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!」


陽炎「ごめんねぇ? でも可愛い朝雲が悪いんだよ?」


朝雲「最初から誤解だって言ってたのにいぃぃぃ!! あの本私のじゃないのにぃぃぃぃ!!!!」


陽炎「ごめんね? 本当にごめんね? さっきの言葉責めとかめっちゃしたいのよ!」


朝雲「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」


陽炎「静かにして!! ぶち込むよッ!?」


朝雲「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


朝雲「朝潮型の部屋での凌辱プレイは?」


陽炎「基本」


朝雲「朝潮型と書いて?」


陽炎「性奴隷」


朝雲「なにかと対抗してくる同僚は?」


陽炎「大好物」


朝雲「嫌がる子に無理やりするのは?」


陽炎「我が覇道」


朝雲「こわいよぉぉぉ! 陽炎が怖いよぉぉぉ!」


陽炎「うるさい! スパッツ口に詰めるよ!?」


朝雲「なにそれ!?」


陽炎「よくあるんだよ!」


朝雲「よくあるんだ!?」


陽炎「スパッツの下ノーパンで鎮守府内を散歩させたりしたい!」


朝雲「何急に!?」


陽炎「ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」


朝雲「最初から我慢とかしてなかったよね!?!」


陽炎「山雲と家庭菜園してる時にリモコンでいじりたい!」


朝雲「やめて怖い!」


陽炎「こういう時山雲は無邪気に「元気に育ってよかったわね~」とか言うわ!」


朝雲「細かな設定とか怖い!」


陽炎「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」


朝雲「落ち着いて! もうやめて!今なら私も忘れてあげるから!!」


陽炎「朝潮たちの目の前で朝雲にぶち込みたい!!!」


陽炎「朝潮型の子全員妹にしたい!」


陽炎「魚雷1番から4番発射あああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


朝雲「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!ガチで怖いいぃぃぃぃ!」


陽炎「そういうことだから!それじゃいくね!」


朝雲「私が逝くわぁぁぁぁ!!憲兵さぁぁぁぁん!!憲兵さん助けてぇぇぇぇぇぇぇ!!!」


陽炎「両舷全速!陽炎、出撃しまあああああっす!!!!」


朝雲「いやああああぁぁぁぁぁ!!誰でもいいからたすけてよぉぉぉぉ!!!」



~~~~~


部屋の外にて


荒潮「あれでホントによかったのぉ?山雲ちゃん」チラ イタイイタイ!サケルーーーー!


山雲「はい~荒潮姉ぇありがとね~~」ニコニコ ヤマグモーヤマグモーー!


荒潮「大好きな姉をほかの子に抱かせるなんて…歪んでるわねぇ」


山雲「いえいえ~荒潮姉ぇの教育の賜物ですよぉ~」   チョ!ソッチハムリホントムリダカラ!


荒潮(私が教育したとはいえ短期間でここまで…山雲、恐ろしい子!!)


山雲「ではでは~山雲は朝雲姉ぇが犯されてるところ見に行きますね~」


荒潮「そうぉ?じゃあ私は他の姉妹と食事でもしてくるわねぇ~」


山雲「はい~ごゆっくり~」               モウ・・・ユルシテ・・・モウハインナイ・・・



~~~~~~~


提督「あれ以来満潮が露骨に俺を避けてる・・・どこで間違ったんだ・・・ん?廊下になにか・・・」


提督「なん・・・だと?」


~~~~~~


提督編 提督「鹿島がショタ提督もののエロ本を隠し持っていた」


提督「どうゆうことだ!これはどうゆうことなのか説明しろ鹿島!!」


鹿島「誤解です!誤解なんですよ!」


提督「まさか鹿島がショタコンだったとは!!」


鹿島「やめて!」


鹿島「ご、誤解なんですよ!」


提督「そうなのか……?」


鹿島「はい」


提督「じゃああの本、鹿島のものではないのだな?」


鹿島「いや、それはまぁ、私のなんですけど……」


提督「やっぱりじゃないか! やっぱりショタコンなんじゃないか!」


鹿島「ち、違うんですぅ!」


提督「まあ、鹿島も年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は俺も全然否定しはしないが」


鹿島「……はい」


提督「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わない……」


鹿島「……あの、提督さん」


提督「何だ?」


鹿島「な、なんで怒ってらっしゃるのですか?」


提督「あったりまえだろお前!俺おっさんだよ?おっさん提督だよ!?」


鹿島「ヒッ!?」ビク


提督「超マニアックな方法でいつか誘惑してくるだろうと思ってら当の鹿島がショタコンだぞ!」


鹿島「誘惑なんてしませんよそんなの!」


提督「俺が机で書類仕事をしてる正面に腰かけて

『書類仕事より鹿島と夜戦の練習しませんか?それとも……』とか言いながら誘惑してくると思っていたのに!」


鹿島「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」


提督「なんか練習巡洋艦特有のマニアックな言葉責めとかするんじゃなかったのか!?」


鹿島「しませんよ!提督さんそんなことされたかったの!?」


提督「『鹿島は練習巡洋艦ですから自身がつくまで存分に練習してください♡』とか言いながら誘惑してくると思ってたのに!」


鹿島「抜粋やめて!音読やめて!」


提督「鹿島に誘惑されるの俺だと思っていたのに……!」


提督「とにかく、そういうマニアックな誘惑をしてくれないか……?」


鹿島「しませんよ!?そういうんじゃありませんから!」


提督「さ、さらにマニアックな誘惑が……?」


鹿島「違います!ていうかさっき提督さんが言ったみたいのはショタ提督ものでは全然マニアックの範疇じゃありません!」


提督「なん……だと?」


鹿島「……あ」


提督「……あ、あれくらいは、基本なのか?」


鹿島「なんでもない!さっきのなんでもないです!」


提督「正直さっきのでもかなりグッとくるところを抜粋したつもりだったんだが……」


鹿島「聞いて!さっきのは間違いですから!」


提督「もうあれくらいじゃ、満足できないのか……?」


鹿島「やめて!」


提督「鹿島が私の予想の斜め上を行っていた……」


鹿島「斜め上行ってるのは提督さんだよ!妄想の世界にダイブしてるじゃない!」


提督「だ、だって練習したいじゃない……」


鹿島「させませんよ!」


提督「演習しかさせてなかったのが悪かったのか……

知らず知らずの内に、鹿島に寂しい思いをさせていたのだな……すっかり一人上手なって……」


鹿島「やめて!一人上手とか言わないで!」


提督「いつ来られてもいいように綺麗にしてたのに……」


鹿島「聞きたくないですよ!どこを綺麗にしてたとか絶対聞きたくないタイプの奴ですよそれ!」


提督「だ、だがプレイ的な見地から言えば期待に胸膨らませてソワソワしてるおっさんも興奮ポイントに……?」


鹿島「なるわけないでしょ!?頭おかしいんじゃないですか!?」


提督「だ、だってさっきの本ではそんな感じのショタ提督に……」


鹿島「それは可愛いショタ提督だからいいんですよ!おっさんなんか論外です!」


提督「とすると明石に頼んで幼児退行薬作ってもらうしかないか……?」


鹿島「明石さんそんなもん作れるんですか!?できるんなら是非!!」


提督「精神が退行するだけの薬ならすぐ作れると前に言ってたな……」


鹿島「いや意味ないじゃないですか!体はおっさんで心は幼児とか下手なホラーより怖いですよ!!」


提督「じゃ、じゃあ面と向かって言ってくれ……」


鹿島「何を?」


提督「『鹿島はおっさん提督を誘惑したいと思っていないし、練習(意味深)をさせる気もありません』って」


鹿島「何その宣言!?」


提督「言ってくれなきゃ諦めきれない!獣を心に飼ったまま提督業はできない!」


鹿島「なんで提督さんをフルみたいな話になってるんですか!?最初激怒してましたよね!?」


提督「と、とにかく言ってもらえれば、諦められるかもしれないから……」


鹿島「……うーん……」


提督「や、やっぱり期待してもいいのか?」


鹿島「いや、ないですから!ないから!」


提督「いいんだ!キッパリとフッてくれ、それで心置きなくショタ提督に鹿島を譲れるから!」


鹿島「その感じやめて!なんか鹿島が浮気したみたいになってる!」


提督「鹿島にその場限りのお情けをかけられるくらいなら、俺は鹿島の思いを尊重するよ……」


鹿島「言うから!言うから重い感じやめて!」


鹿島「え、な、なんでしたっけ……『鹿島は』……」


提督「『鹿島はおっさん提督を誘惑したいと思っていないし』


鹿島「そ、そうでしたね。『鹿島はおっさん提督を』……」


提督「……ど、どうかしたか?」


鹿島「あ、あのー、一応、一応確認ね?」


提督「な、何だ!?」


鹿島「提督さんをフったらショタ提督がいる鎮守府に異動させてもらえるんですか……?」


提督「出て行っちゃうの!!?」


鹿島「い、一応ですよ!!」


提督「そ、それはつまり俺の返答によっては……」


鹿島「一応ですって!」


提督「だが異動できるとしたらそのうち出ていくってことなんじゃ?」


鹿島「いやもし異動できるとしても受け持ってる子たちを置いて出ていくわけないじゃないですか!!」


提督「そ、そうだな。鹿島は趣味はアレだが仕事熱心だもんな」


鹿島「アレとかやめて」


鹿島「えーと、じゃぁはっきり聞いていいですか?」


提督「あ、ああ。俺が異動できると言うか言わないかで……」


鹿島」「……うん」


提督「鹿島が俺を誘惑してくる可能性が上がるわけだな」


鹿島「いや可能性はありません!絶対ないです!!」


提督「そうか……」


鹿島「えー、じゃあ提督さん!回答をどうぞ!」


提督「異動は不可です!」


鹿島「えッ!?」


提督「えッ!?」


鹿島「ストップで! 一旦ストップで!」


提督「なんだなんだなんだ!?」


鹿島「違うって! そうじゃないじゃん! 鹿島の思いを尊重するって言ったじゃん! さっき!」


提督「しないしないしない嫌だ嫌だ嫌だ!」


鹿島「提督さんが嫌だとかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的に異動申請したら受け付けるんじゃないの!?」


提督「俺が嫌だからしない!!」


鹿島「アレだよ? 今すぐ異動したいとかじゃないんですよ? おっさんが嫌だから異動したいとかそういうんじゃないよ? 」


提督「当たり前だよ!そんな理由を申請書に書かれてたら俺が机に轟沈するわ!!」


鹿島「あの、ていうかじゃあさ、どんな理由ならOKなの? 」


提督(あ、これ意地でも出てく気だ……)


鹿島「うーん……ていうかもう、聞くね…… どうしたら鹿島を異動させてくれるの?」


提督「……えー?」


提督「提督さんが決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」


提督「……う、ん・・・…」


(五分後)


鹿島「……」


提督「……」ドキドキ


鹿島「……あの」イラ


提督「何だ!?」ビクゥッ


鹿島「いつまで待たせるんですか?」イライラ


提督「ご、ごめんね?どうしたら鹿島が出て行かないか考えてただけだから。ごめんね?出て行かないで?」


鹿島「はぁ!?」ビキ


鹿島「ていうか、異動させる気ないですよねそれ!」


提督「だって嫌なんだもん!!」


鹿島「もんって……キモっ」ウワァ・・・


提督「……」 ゾクゾク


鹿島「えーと……」


提督「ど、どうしたら出て行かない?」オソルオソル


鹿島「えー……何を言われたとしても、うん、無理!」


提督「え」


鹿島「だって、キモいし!」


提督「うわああああああ!!やっぱり出ていくんだぁぁぁぁぁぁ!!!」


鹿島「当たり前でしょぉぉぉぉ!!! だってショタがいいんだものぉぉぉぉ!!」


提督「嫌だぁぁぁぁぁぁ!! 鹿島の誘惑に期待できない日々なんて嫌だぁぁぁぁぁ!!!!」


鹿島「静かにしてよ!! 今すぐ出ていきますよ!?」


提督「やめてくれぇ…練巡がいなくなってしまうぅぅぅぅ!!!」


提督「執務室でのプレイは?」


鹿島「基本」


提督「練習と書いて?」


鹿島「本番」


提督「ツルツルの包〇チン〇は?」


鹿島「極上」


提督「鹿島の異名は?」


鹿島「有明の女王」


提督「嫌だぁぁぁぁ! 鹿島が出て行っちゃうよぉぉぉ!」


鹿島「うるさい!加齢臭が漂ってますよ!?」


提督「俺加齢臭漂わせてるの!?」


鹿島「いつも臭いんですよ!」


提督「いつもなんだ!?」


鹿島「実はコーヒーに雑巾汁いれてました!!」


提督「何急に!?」


鹿島「ごめんなさい、もう出ていけると思ったら正直になっちゃった」


提督「怖い!雑巾汁入りのコーヒーを笑顔で出してた鹿島が怖い!!」


鹿島「お昼に出してたサンドイッチにはミミズを仕込んだりしてました♪!」


提督「ミミズ!?なんか口の中で動いてると思ってたけどミミズだったの!?」


鹿島「提督さんは美味い美味いと鹿島をひたすら褒めてくれました♪」


提督「鹿島のサンドイッチを食った後トイレ行ったら俺のT督が腫れ上がると思ってたらそれのせいか!」


鹿島「うわあああ早く異動したぃぃぃ!!」


提督「落ち着いて!いまならまだ不問にするから!」


鹿島「みんなが出撃してる時間を見計らって刺殺したい!」


鹿島「鹿島が作ったと言って比叡カレーを食べさせたい!」


鹿島「提督さん、お部屋の中で、艦隊運用の戦略を練りましょう♪」


提督「最後は普通のこと言ってるはずなのに怖い!殺したいほど俺のことが嫌いだったのか!!」


鹿島「そういうことだから!異動申請よろしくお願いしますね♪」


提督「は…はい…」ジョバァァァ


鹿島「じゃぁ鹿島は寝ますから♪」


提督「このタイミングで引き上げられるとより怖い!

  ていうか本気で出て行っちゃうの?」


鹿島「お休みなさい!」ダッ


提督「ええー……これ異動させてやらなきゃ絶対殺される……」

提督「本当にヤダ本当に怖い……」

提督「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」

提督「他の艦娘にはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」


~~~~~


ビスマルク「あら?部屋の前になにか落ちてるわね・・・」

ビスマルク「これは!!」


~~~~~~~~~


ビスマルク編 ビス子「プリンツが「駆逐艦に○○させる方法」と言うタイトルの本を隠し持っていた」


ビス子「がっかりだわ!!貴女には失望したわプリンツ!!」


プリン「誤解です!誤解なんです姉さま!!」


ビス子「貴女がこんな姑息なことをしてたなんて・・・!」ブルブル


プリン「やめて!」


プリン「ご、誤解なんだよ!」


ビス子「そうなの……?」


プリン「はい・・・」 メソラシ


ビス子「じゃああの本、貴女のじゃないのね?」


プリン「それは間宮さんに借りたんです!」


ビス子「借りたの!? こんな悪魔の書みたいなものを借りるなんて貴女正気!?」ガタガタ


プリン「悪魔の書!?姉さま何言ってるんですか!?」


ビス子「レーベとマックスも年頃だから、そろそろ慣れた方がいいとは私も思ってはいたけど・・・」


プリン「……はい」


ビス子「大人ぶってそうゆうものに手を出してみたい事も、全然悪い事だとは思わないわ……」ブルブル


プリン「……あの、姉さま?」


ビス子「な、何?」


プリン「そ、それお料理の本ですよ?」


ビス子「料理!?あんな緑色した悪魔を無理やり食べさせる方法が書いてある本なんて悪魔の書そのものじゃない!!」


プリン「悪魔!?ピーマンは野菜ですよ!?」


ビス子「超細かく刻んで料理に混ぜる気でしょ!!」


プリン「してますよ!基本じゃないですか!!」


ビス子「きっと明日の献立のハンバーグにも混ぜて合って

『美味しそうですねビスマルク姉さま♪』とか言いながら食べさせるんでしょ!」


プリン「想像するのやめて!ピーマンが入ってるのを想像しちゃダメ!」


ビス子「なんかピーマン特有のマニアックなレシピで私に食べさせる気なんでしょ!!」


プリン「いやするけど!マニアックなレシピとかやめて!」


ビス子「『姉さまがピーマン嫌いなの知ってるから間宮さんに頼んで抜いてもらってますから(ヒソヒソ♪』とか言って騙す気でしょう!」


プリン「いや、やりますけど!!」


ビス子「プリンツが姑息なピーマン責めを身につけてるぅぅ……!」


プリン「ピーマン責めって何!?」


ビス子「とにかく、そういうマニアックな食べさせ方しようとしてるんでしょ……?」


プリン「違うから!そういうんじゃないから!」


ビス子「さ、さらに卑怯な……?」


プリン「違いますよ!ていうかさっき姉さまが言ったみたいのは「駆逐艦にピーマンを食べさせる方法」

では全然マニアックの範疇じゃないですよ!」


ビス子「……え?」


プリン「……あ」


ビス子「……あ、あれくらいは、基本なのね?」


プリン「なんでもない!さっきのなんでもない!」


ビス子「正直さっきのでもかなりエグことを想像したつもりだったんだけど……」


プリン「聞いて!さっきのは間違いだから!」


ビス子「もうあれくらいじゃ、満足できないのね……?」


プリン「やめて!」


ビス子「プリンツがどんどん遠くに行く……」


プリン「遠くに行ってるの姉さまだよ……物理的に距離とってるじゃない……」


ビス子「だ、だってねじ込まれるじゃない……」


プリン「さすがにしないよ!?ピーマン丸々口にねじ込まれたら私でも嫌だよ!!」


ビス子「通ったお店が悪かったのかしら……

知らず知らずの内に、あなたに大人の味を覚えさせていたのね……」


プリン「やめて!重い感じにしないで!」


ビス子「ちゃんとビールで育てたのに……」


プリン「してないよ!?お酒の話は今関係ないからね!?」


ビス子「ドイツ人はビールとブルスト食ってりゃどうにかなるのよ!!」


プリン「それドイツ人に怒られるよ!?」


ビス子「で、でも飲酒的な見地から言えばビールのおつまみにピーマンを……?」


プリン「お店でピーマンが入ってそうなの頼まないじゃないですか!!」


ビス子「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」


プリン「間違いでした!さっきの無しで!」


ビス子「とするとお酒に酔わせてとかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」


プリン「っていうか何でちょっと協力的なの!?

さっきまで食べさせられる!とか言ってたよね!?」


ビス子「さ、逆らったらもっとわかりづらくされる……」


プリン「そ、そういうことか!いや、しないから!」


ビス子「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」


プリン「何を?」


ビス子「『私は姉さまにピーマンを摂取させようと思っていないし、思ったこともありません』って」


プリン「何その宣言!?暁ちゃんたちでも最近食べれるようになったんですよ!?」


ビス子「言わなきゃ信用できない!ピーマンと共に同じ部屋では寝れないもの!」


プリン「私だってさすがにピーマンと添い寝なんかしたくないよ!」


ビス子「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」


プリン「……うーん……」


ビス子「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク


プリン「虚偽じゃないから!ってかそこまで食べたくないんですか!?」


ビス子「すごいでしょ?いいのよ?もって褒めても!」


プリン「褒めてませんよ!?1mmも褒めてませんからね!?!」


ビス子「貴女にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私ドイツに帰るから!」


プリン「そこまで嫌!?言います!言いますから帰るとかやめて!」


プリン「え、な、なんでしたっけ……『私は』……」


ビス子「『私は姉さまにピーマンを摂取させようと思っていないし、』


プリン「そ、そうね。『私は姉さまに』……」


ビス子「……ど、どうかした?」ビクビク


プリン「あ、あのー、一応、一応確認ね?」


ビス子「な、何?」


プリン「こ、この『摂取』の範囲って……?」


ビス子「!!」


プリン「い、一応だよ!!」


ビス子「そ、それはつまり範囲によっては……」


プリン「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃないですか!」


ビス子「範囲によってはありえるってこと?」


プリン「いやだからその確認!」


ビス子「そ、そうね。あなたのやり方はちょっとアレだものね」


プリン「アレとかやめて」


プリン「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


ビス子「え、ええ。ここでの『摂取』の範囲が広ければ広いほど、その……」


プリン「……うん」


ビス子「あなたがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけね」


プリン(何言われても絶対口に入れさせますけどね・・・)


ビス子「何かいってよ!」ビクビク


プリン「えー、じゃあ『摂取』の基準決めスタート!」


ビス子「まずは『摺って混ぜる』!」


プリン「えッ!?」


ビス子「えッ!?」


プリン「ストップで! 一旦ストップで!」


ビス子「怖い怖い怖い怖い!!」


プリン「違うって! 普通にするじゃん! 擂り潰して混ぜるとか基本じゃん! 味わかんないでしょ!?」


ビス子「嫌だ嫌だ嫌だ怖い怖い怖い」


プリン「怖いって何!?姉さま前世でピーマンに沈められでもしたの!? 一般的な基準として、擂り潰して混ぜるはセーフだよ!」


ビス子「しないでよぉ……」


プリン「アレだよ?ハンバーグとかブルストとかに混ぜるんだよ?生で齧れとかそううゆうんじゃないんだよ?

 そのつもりで私はOKにしたんだよ?」


ビス子「当たり前だよ…… ていうか今言った方OKにしてたら本当に帰国してたよ……」


ビス子「あの、ていうかじゃあさ、擂り潰して混ぜるが基準だとアウトなの?

 よね? あの、言わなくていいけど」


プリン(いい歳した大人が……)


ビス子「うーん……ていうかもう、聞くね……

 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」


プリン「……えー?」


ビス子「あ、貴女が決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」


プリン「……う、ん・・・…」


(五分後)


プリン「……」


ビス子「……」ドキドキ


プリン「……あの」


ビス子「ひっ!?」ビクゥッ


プリン「そ、そこまで怯えなくても!」


ビス子「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?食べさせないで?」


プリン「どんだけ食いたくないんだよ!駆逐艦か!!」


ビス子「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」


プリン「言うから!今すぐ言うから!」


プリン「え、えーと……」


ビス子「言ってくれていいから!さあ、かかってらっしゃい!」


プリン「えーと……」


ビス子「もう驚かないから!」


プリン「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」


ビス子「え」


プリン「あの、だって、克服させたいし……」


ビス子「うわああああああやっぱり食べさせるんじゃないぃぃぃぃ!!!」


プリン「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でも姉さまのためなんだものぉぉぉぉ!!」


ビス子「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃない!!!!」


プリン「ごめんなさい! 本当にごめんなさい!でもハンバーグとかに混ぜるのはよくやってます!」


ビス子「それは聞いてないでしょおおお!!栄養価とかそうゆうのも語る気なんでしょおおお!!!」


プリン「作者の人そこまで考えてないと思うよ?」マガオ


ビス子「真顔で何てこと言うのオイゲンちゃん!!!」


ビス子「擂り潰して混ぜるのは?」


プリン「基本」


ビス子「西洋唐辛子と書いて?」


プリン「ピーマン」


ビス子「レーベとマックスは?」


プリン「もう食べれる」


ビス子「私の異名は?」


プリン「でかい暁」


ビス子「こわいよぉぉぉ! プリンツが怖いよぉぉぉ!」


プリン「う、うるさい! ピーマンにお肉詰めるよ!?」


ビス子「なにそれ!?」


プリン「おいしいんだよ!」


ビス子「おいしいんだ!?」


プリン「ピーマンのついでに野菜全般克服させたい!」


ビス子「何急に!?」


プリン「ご、ごめんなさい、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」


ビス子「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


プリン「ピーマンの輪切りがのったピザを姉さまに食べさせたい!」


ビス子「やめて怖い!」


プリン「こういう時レーベとマックスは姉さまをひたすら褒める!」


ビス子「細かな設定とか怖い!」


プリン「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」


ビス子「落ち着いて! もうやめて!」


プリン「青椒肉絲!を食べながら「このピーマンの苦みがなんともいい感じね」とか言う姉さまを見てみたい!」


プリン「ピーマンのチーズ焼きをつまみにビールを飲ませたい!!」


プリン「あ、お昼のドライカレー。実はピーマンはいってました♪」


ビス子「あれにピーマン入ってたの!?なんでそんな酷いことするの!」


プリン「そういうことだから!頑張ってね!姉さま!」


ビス子「な、何を頑張るの!?」


プリン「……明日からの食事にはすべてピーマンが入ってると思え」マガオ


ビス子「私に何も食べるなって言うの!?

  無理無理無理!ホントに何も食べれなくなる!!」


プリン「それじゃ私間宮さんのところ行ってきますね!」ダッ


ビス子「ええー……明日からすべての食事にピーマンが……」

ビス子「本当にヤダ本当に怖い……プリンツをあんなに豹変させちゃうなんてやっぱピーマンは悪魔だわ…」

ビス子「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」

ビス子「他のみんなにはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな恥ずかしい悩み……」


~~~~~

神風「あれ?妙高型の部屋の前に何か落ちてる・・・・・」

神風「・・・え!?」

~~~~~~


今回はオーソドックスにいってみた。


神風編 神風「足柄さんが神風緊縛調教もののエロ本を隠し持っていた」


神風「憲兵さああぁぁぁん!憲兵さぁぁぁん!!」ガタガタ


足柄「誤解だから!誤解だから!」


神風「足柄さんに縛られれるぅ!」ブルブル


足柄「やめて!」


足柄「ご、誤解なんだよ!」


神風「そうなの……?」


足柄「うん」


神風「じゃああの本、足柄さんのじゃないの?」


足柄「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」


神風「縛られるぅ! 足柄さんに縛られて犯されるぅ!」ガタガタ


足柄「ち、違うのぉ!」


神風「あの、足柄さんもいい歳だから、そういう事に興味を持つ事自体は私も全然否定しません」ビクビク


足柄「……いい歳とかやめて」


足柄「そういう本を読んだりして縛りたくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル


足柄「……あの、神風」


神風「な、何!?」ビクゥッ


足柄「な、なんで距離とってるの?」


神風「怖いもん!調教されるもん!ガタガタ


足柄「やめて!」


神風「超マニアックな方法で犯されるもん!」


足柄「しないわよそんなの!」


神風「妙高型のへやに連れ込まれて

『一緒にシンガポールじゃなくて天国にイキましょう…?』とか言われながら犯されるもん!」


足柄「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」


神風「なんか神風型特有のマニアックな言葉責めとかもするつもりでしょ!」


足柄「しないわよ!やめて!」


神風「『神風って飛天〇剣流とかつかえそうよね』とか言ってバカにする気でしょう!」


足柄「日本刀が似合いそうとは思うけどしないから!」


神風「『袴は脱がすけどブーツはそのままにするから安心して?』とか言いながら縛るつもりでしょう!」


足柄「抜粋やめて!音読やめて!」


神風「足柄さんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」


神風「とにかく、全裸にブーツとかそうゆうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」


足柄「違うから!そういうんじゃないから!」


神風「さ、さらにマニアックな……?」


足柄「違うわよ!ていうかさっき神風が言ったみたいのは神風緊縛調教ものでは全然マニアックの範疇じゃないわ!」


神風「……え?」


足柄「……あ」


神風「……あ、あれくらいは、基本なのね?」


足柄「なんでもない!さっきのなんでもない!」


神風「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」


足柄「聞いて!さっきのは間違いだから!」


神風「もうあれくらいじゃ、満足できないのね……?」


足柄「やめて!」


神風「足柄さんがどんどん遠くに行く……」


足柄「遠くに行ってるのは神風よ……物理的に距離とってるじゃない……」


神風「だ、だって犯されるじゃない……」


足柄「しないよ!」


神風「私の航海長のジンクスを話したのがが悪かったのかしら……

知らず知らずの内に、足柄さんを焦らせていたのね……」


足柄「やめて!別に焦ってないから!」


神風「ちゃんとカツで育てたのに……」


足柄「育てられてない!さすがにカツで育つのは無理だから!」


神風「で、でもプレイ的な見地から言えば山盛りのカツを目の前に白目をむく私も興奮ポイントに……?」


足柄「やめて!嗜好を探るのやめて!」


神風「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」


足柄「間違いでした!さっきの無しで!」


神風「とすると嫌がる私の口に無理矢理カツを詰め込むとかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」


足柄「っていうか何でちょっと協力的なの!? さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」


神風「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」


足柄「そ、そういうことか!いや、しないから!」


神風「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」


足柄「何を?」


神風「『私は神風を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」


足柄「何その宣言!?」


神風「言わなきゃ信用できない!狼と一緒の鎮守府にはいられないもの!」


足柄「狼とか言わないで!ん?言っていいのかしら?あれ?」


神風「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」


足柄「……うーん……」


神風「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク


足柄「虚偽じゃないから!」


神風「いいの!私は足柄さんを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」


足柄「その感じやめて!」


神風「足柄さんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私、妙高さんに相談しますから!」


足柄「言うから!言うから妙高姉さんにだけは言わないで!」


足柄「え、な、なんだっけ……『私は』……」


神風「『私は神風を犯したいと思っていないし』


足柄「そ、そうね。『私は神風を』……」


神風「……ど、どうかした?」ビクビク


足柄「あ、あのー、一応、一応確認ね?」


神風「な、何?」


足柄「こ、この『犯す』の範囲って……?」


神風「!!」


足柄「い、一応だよ!!」


神風「そ、それはつまり範囲によっては……」


足柄「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃない!」


神風「範囲によってはありえるってこと?」


足柄「いやだからその確認!」


神風「そ、そうね。足柄さんの基準はちょっとアレだものね」


足柄「アレとかやめて」


足柄「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


神風「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」


足柄「……うん」


神風「足柄さんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけね」


足柄「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」


神風「そうよね!」


足柄「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」


神風「まずは『キス』!」


足柄「えッ!?」


神風「えッ!?」


足柄「ストップで! 一旦ストップで!」


神風「怖い怖い怖い怖い!!」


足柄「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 大正時代なら!」


神風「しないしないしない!どこの世界線の大正時代よ!」


足柄「この世界線の大正時代がするかどうかじゃないよ!? 私の妄想よ!? 私の妄想の中の大正女学生はキスしまくってるのよ!」


神風「するわけないでしょ!?女学生さんたちに謝って!!」


足柄「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?

 そのつもりで私はOKにしたんだよ?」


神風「当たり前でしょ!何よその大正エロ浪漫!!」


神風「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの?

 よね? あの、言わなくていいけど」


足柄(怯えた顔で上目遣い・・・尊い!)


神風「うーん……ていうかもう、聞くね……

 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」


足柄「……えー?」


神風「あ、足柄さんが決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」


足柄「……う、ん・・・…」


(五分後)


足柄「……」


神風「……」ドキドキ


足柄「……あの」


神風「ひっ!?」ビクゥッ


足柄「そ、そこまで怯えなくても!」


神風「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?ハイエースしないで?」


足柄「やめて!」


神風「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」


足柄「言うから!今すぐ言うから!」


足柄「え、えーと……」


神風「言ってくれていいから!ちゃんと言ってくれると、私、嬉しいです!」


足柄「えーと……」


神風「もう驚かないから!」


足柄「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」


神風「え」


足柄「あの、だって、したいし……」


神風「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!!!」


足柄「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」


神風「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ!! 憲兵さああああああぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!」


足柄「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」


神風「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」


足柄「し、静かにしてよぉ!! 犯すよッ!?」


神風「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


神風「全裸にブーツは?」


足柄「基本」


神風「足柄と書いて?」


足柄「飢えた狼」


神風「夜に一人でトイレに行けない私は?」


足柄「漏らすまで放置」


神風「お嫁さんにしてあげたい艦娘No,1は?」


足柄「私」チナミダ


神風「こわいよぉぉぉ! 足柄さんが怖いよぉぉぉ!」


足柄「う、うるさい! 亀甲縛りの上に袴着せるわよ!?」


神風「なにそれ!?」


足柄「よくあるのよ!」


神風「よくあるんだ!?」


足柄「トイレ我慢させたまま訓練させたりしたい!」


神風「何急に!?」


足柄「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」


神風「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


足柄「日本刀持たせて飛天御〇流の修行させたりしたい!」


神風「するわけないでしょ!?バカじゃないの!?」


足柄「 比古〇十郎役はもちろん私よ!」


神風「配役の設定とかいらない!」


足柄「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」


神風「落ち着いて! もうやめて!」


足柄「他の姉妹にとられないように押入れに監禁したい!」


足柄「嫌がる神風にカツを「あ~ん」したい!」


足柄「あ、ちょっと「おろ~」とかいってみてくれない?」


神風「言うわけないでしょ!るろ剣から離れて!!」


足柄「じゃ、そういうことだから!よ、よろしくね!」


神風「何をよろしくするの!?」


足柄「……じゃ、じゃぁ私寝るから!もう寝るから!」


神風「このタイミングで引き上げられるとより怖い!

  ていうかなにをヨロシクすればいいの?」


足柄「お休みなさい!」ダッ


神風「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……るろ剣のコスプレさせられるのかな……」

神風「本当にヤダ本当に怖い……」

神風「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」

神風「やっぱり妙高さんたちに相談……いや、言えないかぁ……他の妙高型にも狙われてるっぽいし……」


~~~~~


提督「ん?神威じゃないか、どうしたんだ?」


提督「……え?」


~~~~~~


神威編 提督「神威が漫画の単行本を借りに来た」


注)作中に出てくるアイヌ語は割といいかげんです。鵜呑みにしないでください。


提督「興味があるかもとは思っていたがやっぱりだったか」


神威「はい、夕張さんから『神威さんなら楽しめるかも』って言われて興味がわいたんです♪」


提督「だが漫画で出てくる服装よりだいぶ露出度は高いが・・・・・・」 チラ


神威「それは大本営に言ってください!」


神威「摺れるし食い込むし大変なんですから・・・・・・」 ボソ


提督「ん?今何か言ったか?」


神威「いえ何も!」


提督「まあ、本はそこの本棚にあるから好きに持っていくといい。ところで・・・・・・」


神威「どうかされましたか?」


提督「やっぱ神威はアイヌ語とかわかるのか?」


神威「それはもちろん!神威にお任せください!」


提督「その本って結構アイヌ語とか出てくるんだけどさ、ちょっとわからない言葉があるんだよねぇ」チラ


神威「それなら神威が教えて差し上げます!どんな言葉がわからないんですか?」


提督「ウコチャヌプコロ」ニヤ


神威「え?提督・・・・・・今なんと・・・・・?」


提督「だ・か・ら、ウコチャヌプコロってなんて意味?」ゲスガオ


神威「な!!破廉恥です提督!こんな真昼間からその・・・ウコチャヌプコロだなんて・・・」


提督「ん?ウコチャヌプコロは破廉恥なのか?漫画でウコチャヌプコロする前に~とか、

ウコチャヌプコロはオスとメスでウコチャヌプコロ云々とか出るんだが」


神威「う、ウコチャヌプコロウコチャヌプコロ連呼しないでください!!」


提督「ふむ、確かにオスとメスで云々と書かれてたからウコチャヌプコロが破廉恥な言葉と言うのも否定できんな」


神威「で、ですから!ウコチャヌプコロと言わないで!」


提督「と、するとだ。もしかするとチタタプという言葉も破廉恥な意味の可能性が・・・・・・・」


神威「・・・・・・あの、提督?」


提督「なんだ?」


神威「な、なんで距離詰めてるの?」


提督「そりゃあ神威のアイヌ語講座を聞き逃さないためさ」 ニヤリ


神威「なんか笑顔が怖い!」


提督「超マニアックなアイヌ語の使い方とかあるのか?」


神威「ありませんよそんなの!」


提督「例えば、 神威のそのお尻に『新鮮なお尻は、チタタプにしないとなぁ。そ~れチタタプ~チタタプ~ ペチンペチン』とか」


神威「お尻をチタタプとか怖いからやめて!想像すると怖いから!」


提督「なんかアイヌ特有のマニアックな言葉責めとかないの?」


神威「ありませんよ!やめて!」


提督「『カモイポロトカプトゥムラッチタラモコル(神威の大きな乳房の中でゆっくり休みなさい)』とか」


神威「アイヌ語わからないんじゃなかったんですか!?」


提督「カモイポロトカプトゥム(神威の大きな乳房の中) なら休むどころか永眠できるな・・・」


提督「とにかく、そういうアイヌ的な言葉責めしてくれないか?」


神威「しませんから!絶対しませんから!」


神威「ていうかさっきから提督が言ってるみたいのはアイヌでは全然マニアックの範疇じゃないですから!」


提督「……え?」


神威「……あ」


提督「……あ、あれくらいは、基本なのか?」


神威「なんでもない!さっきのなんでもない!」


提督「正直さっきのでもかなり頑張って言ったつもりだったんだが……」


神威「さっきのは間違いですから!」


提督「もうあれくらいじゃ、満足できないんだな……?」


神威「やめて!」


提督「神威がどんどん遠くに行く……テワノエノノオマン(これからあなた、どこへ行くのですか)?」


神威「どこにも行きませんよ!!提督は逆に近づいてるじゃない……」


提督「だってケシトゥランコケンケム(毎晩しゃぶる)したいじゃない」


神威「させませんよ!神威の何をケンケムする気ですか!!」


提督「やっぱ育ちがいいよなアイヌは……

知らず知らずの内に、カモイポロトカプに夢中になっていた……」


神威「個人差がありますから!アイヌだから大きいわけじゃないですから!」


提督「やっぱトぺ(お乳)出るの?」


神威「言いたくないよ!例え出るとしても一番言いたくないタイプの奴ですよそれ!」


提督「でもプレイ的な見地から言えばトぺをせがむ提督も興奮ポイントに?」


神威「なるわけないでしょ!嗜好を探ってるつもりなんですか!?」


提督「だってさっき言ったくらいはもう基本なんだろ?」


神威「間違いでした!さっきの無しで!」


提督「とするとトぺとかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」


神威「っていうか私が教える必要ないですよね!?

教えるまでもなくアイヌ語詳しいですよね!?」


提督「グー〇ル先生は偉大だよな……」


神威「そ、そういうことか!いや、だったら教えなくてもいいですよね!?」


提督「それがな?グー〇ル先生がどうしても教えてくれないのがあってな・・・・・・」 チラ


神威「な、何ですか・・・・・?」


提督「ウコチャヌプコロ」 ニヤリ


神威「絶対嘘ですよね!?」


提督「教えてくれなきゃ満足できない!ウコチャヌプコロが頭から離れないんだ!」


神威「だから!ウコチャヌプコロって言わないで!」


提督「とにかく!教えてもらえれば、満足できるかもしれないから……」


神威「……うーん……」


提督「実はアイヌ語わからないとか?」


神威「そ、そんなわけないじゃないですか!」


提督「いいんだ!俺は神威を嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」


神威「その感じやめて!」


提督「神威にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、俺はウコチャヌプコロについて探求し続けるから!」


神威「言うから!言うからウコチャヌプコロを探求とかやめて!」


神威「え、えっと……ウコ…ウコチャ……」


提督「ウコチャヌプコロ」ニヤリ


神威「!!!……ウ……ウコチャヌプコロの意味は……」 カァ!


提督「んん~?、どうした~?聞こえないぞ~?」


神威「あ、あの!、一応、一応確認なんですけど!!」


提督「な、何だ?」


神威「ウ……ウコチャヌプコロの意味を教えたら他は何も聞かないんですよ……ね?」


提督「他とは?」


神威「他はその……他ですよ!!」


提督「そ、それはつまり他にもウコチャヌプコロ的な言葉が?」


神威「ありません!あるにはある……けど絶対教えません!!」


提督「ウコチャヌプコロ級の言葉が他にもあるのか……」


神威「いやだから教えませんよ!?」


提督「そ、そうだな。ウコチャヌプコロの意味ははちょっとアレみたいだからな」


神威「アレとかやめて」


神威「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


提督「ああ。ウコチャヌプコロの意味で俺が満足するか如何で


神威「……うん」


提督「神威にこのままセクハラし続けるかが決まるわけだな」


神威「今セクハラし続けるっていいました!?今までのセクハラだったんですね!?」


提督「気のせいだ!」


神威「えぇ……、じゃあ納得できないけど『ウコチャヌプコロ』の翻訳スタート!」


神威「まずは『ウ』!」


提督「えッ!?」


神威「えッ!?」


提督「ストップで! 一旦ストップで!」


神威「え!?何!?何か間違った!? 」


提督「違うって! 分解するの!? ウコチャヌプコロ分解しちゃうの!?」


神威「しますよ!え……なに?もしかして全部で一つの単語だと思ってたんですか?」


提督「当り前じゃないか!!ウコチャヌプコロだよ!? 」


神威「しますよぉ……」


提督「アレだよ? ウコチャヌプコロだよ? 『オスとメスでウコチャヌプコロする~』 とかのウコチャヌプコロだよ!?

それなのに分解しちゃうの?」


神威「当たり前ですよ…… ていうか連呼するな……」


提督「あの、ていうかホントに?ホントに分解しなきゃダメ?神威ってホントにアイヌ語知ってるの?


神威(心底屈辱的……)


提督「うーん……ていうかもう、聞くか……

ウコチャヌプコラを翻訳するとどうゆう意味になるんだ?」


神威「……えー?」


提督「言ってくれていいから!分解してもストップしないから!」


神威「……う、ん・・・…」


(五分後)


神威「……」


提督「……」ドキドキ


神威「……あの」


提督「(期待のまなざし)!?」


神威「そ、そこまで期待しなくても!」


提督「す、すまない。 焦らされると期待に胸が膨らんでな、神威ほど膨らまないが。」


神威「やめて!」


提督「……ていうか、これ長考した時点でやっぱりそうゆう意味なんじゃ……」


神威「言うから!今すぐ言うから!」


神威「え、えーと……」


提督「言ってくれていいから!ドンと!」


神威「えーと……」


提督「心の準備はできてるから!」


神威「えー……直訳すると、その、『お互いに知り合う』になるんですが……ぶっちゃけ『性交』と言う意味で使われます……」


提督「え?なんだって?」


神威「あの、だから……『性交』…… 」


提督「うわああああああやっぱりそっちの意味じゃないかぁぁぁぁぁ!!!」


神威「ご、ごめんなさいぃぃぃぃ! 恥ずかしくて言えなかったのぉぉぉぉ!!」


提督「最初ので合ってたじゃないか!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃないか!!!!」


神威「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの『チタタプ』の使い方は間違ってますからね!」


提督「それは聞いてないでしょおおお!! 神威とウコチャヌプコロしたいいいいぃぃぃ!!」


神威「し、静かにしてよぉ!!ウコイキしますよ!?」


提督「な、なにそれ!?」


神威「折檻です!」


提督「熊や鹿とのウコチャヌプコロは?」


神威「異常」


提督「カモイと書いて?」


神威「神様」エッヘン!


提督「トぺ(母乳)は?」


神威「でません!」


提督「チタタプする?」


神威「しません!」


提督「酷いよぉぉぉ! 神威が酷いよぉぉぉ!」


神威「う、うるさい! オソマ口に詰めるよ!?」


提督「なにそれ!?」


神威「よくあるんだよ!」


提督「オソマってウ〇コだよね!?」


提督「色々装着したままウコチャヌプコロしたかったのに!」


神威「何急に!?」


提督「す、すまん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」


神威「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


提督「神威のオコイマ(小便)で口をオソプソプ(ゆすぎ)たい!」


神威「変態ですか!!怖いってレベルじゃないですよ!」


提督「こういう時神威は『ケラアン(おいしい)?』という!」


神威「言うわけないでしょ!?!」


提督「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」


神威「落ち着いて! もうやめて!」


提督「鎮守府の四角でカモイポロトカプを揉みしだきたい!」


提督「神威をホニポロ(妊娠)させたい!」


提督「おお!我が鎮守府のムコロクルよ!(仏にいちばん近い身内の女の人)!」


神威「最後のは敬われててるはずなのに怖い!」


提督「そういうことだから!本は持って行っていいから!」


神威「え、まあ借りていきますけど……」


提督「……じゃ、じゃぁ俺寝るから!部屋でウコチャヌプコロして寝るから!」


神威「相手いるんですか!?

ウコチャヌプコロは一人じゃできませんよ!?」


提督「お休みなさい!」ダッ


神威「ええー……絶対相手いないよね……」

神威「想像したらダメ想像したら本当に怖い……」

神威「なんでこんなことになっちゃったんだろう……」

神威「熊とか鹿とかいそうにないからイ級あたりとウコチャヌプコロするのかな……」


~~~~~

羽黒「あら?足柄姉さんの机になにか……」


羽黒「これは……」


~~~~~~


足柄編 羽黒「足柄姉さんがお見合い写真を隠し持っていた」


注)羽黒がキャラ崩壊どころか別キャラ化しています。


羽黒「姉さん・・・ついに形振りかまわなくなったのね・・・」


足柄「誤解だから!誤解だから!」


羽黒「こんな男で妥協しちゃうなんて」ブルブル


足柄「やめて!」


足柄「ご、誤解なんだよ!」


羽黒「そうなの……?」


足柄「う、うん」


羽黒「じゃあこのお見合い写真、姉さんのじゃないの?」


足柄「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」


羽黒「妥協した! 姉さんが妥協したぁ!」ガタガタ


足柄「ち、違うのぉ!」


羽黒「あの、姉さんもいい歳だから、後がないって事自体は羽黒、全然否定しません」ビクビク


足柄「否定してよ!せめてそこは否定してよ!」


羽黒「こういう低スペックな男性で妥協してもいいかなって思う事も、全然悪い事だとは思わないし……」


足柄「……あの、羽黒」


羽黒「な、何!?」


足柄「な、なんで笑ってるの?」


羽黒「だって哀れだもの!可哀そうだもの!」アハハハハハハ!


足柄「なら笑うなよ!!アナタそんなに腹黒だったっけ!?」


羽黒「きっと、超マニアックな方法で初夜を迎えるわ!」


足柄「しないわよそんなの!」


羽黒「新婚旅行先の熱〇の旅館で

『50年代はもうちょっと活気があったんだけどな……?』とか言いながら初夜を迎える気でしょう!」


足柄「50年代とかやめて!〇海への熱い風評被害になるからやめて!」


羽黒「なんか〇海特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」


足柄「しないよ!やめて!」


羽黒「『熱〇温泉の泉質は弱アルカリ性。肌にやさしいことに加えて、塩分が皮膚を覆い、肌を引き締める効果があるから皺が増えてきた君にピッタリだね!』


とか言いながら温泉でするつもりでしょ!」


足柄「だれが皺だらけだ!まだピッチピチよ!」


羽黒「ピチピチとか・・・死語ですよ?姉さん」 クス


羽黒「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ?」


足柄「違うから!そういうんじゃないから!」


羽黒「さ、さらにマニアックな……?」


足柄「違うから!ていうかさっき羽黒が言ったみたいのは行き遅れカップルの会話では全然マニアックの範疇じゃないよ!」


羽黒「……え?」


足柄「……あ」


羽黒「……あ、あれくらいは、基本なのね?」


足柄「なんでもない!さっきのなんでもない!」


羽黒「正直さっきのでもかなり哀れなことを言ったつもりだったんだけど……」


足柄「聞いて!さっきのは間違いだから!」


羽黒「もうあれくらいじゃ、満足できないのね……?」


足柄「やめて!」


羽黒「姉さんがどんどん哀れになってく……ざまぁ」


足柄「ざまぁって言った!?今ざまぁって言ったわよね!?アナタそんなに腹黒だったの!?」


羽黒「羽(ら)黒だけに。」


足柄「やかましいわ!全然うまくないわよそれ!」


羽黒「私が羨ましかったのね……

知らず知らずの内に、姉さんを焦らせていた……」


足柄「やめて!別に焦ってないから!」


羽黒「お嫁さんに『してあげたい』艦娘No,1だもんねぇ……」クスクス


足柄「聞きたくない!結婚したいけど中々できない私が一番聞きたくないタイプの奴よそれ!」


羽黒「でもプレイ的な見地から言えば婚期を逃すのも興奮ポイントに……?」


足柄「どんな興奮ポイントだ!!逃したいわけないでしょ!?」


羽黒「だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」


足柄「間違いでした!さっきの無しで!」


羽黒「とすると賞味期限切れかけで同じくらいの男性と仕方なく結婚とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」


足柄「よしわかった!ケンカ売ってるのね!?上等じゃない!かかってきなさい!」


羽黒「艦娘としてのスペックでも私に劣ってるのに?」


足柄「誤差じゃない!アナタと私のスペック差なんて誤差の範囲内じゃない!!!」


羽黒「じゃあ面と向かって言って……」


足柄「何を?」


羽黒「『私は結婚したいと思ってないし、思ったこともありません』って」


足柄「何その宣言!?結婚は普通にしたいんだけど!?」


羽黒「言わなきゃ信用できない!婚期を逃したおばさんとは同じ部屋にはいられないもの!」


足柄「私がおばさんなら妙高姉さんとか那智姉さんはBBAでしょうが!!!」


羽黒「とにかく言ってもらえれば、もう哀れんだりしないから」


足柄「……うーん……」


羽黒「やっぱり虚偽の申告はできない?」


足柄「あきらかに虚偽でしょ!」


羽黒「いいの!羽黒は姉さんを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」


足柄「その感じやめて!」


羽黒「姉さんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、羽黒は姉さんの婚活に付き合うから!」


足柄「アンタ男を根こそぎ持っていくつもりでしょ!」


羽黒「だって私男性にモテますし」ニッコリ


足柄「やめて!ホントにやめて!今、香取の気持ちがすごくわかったわ! 」


羽黒「ああ、香取さんも無自覚な妹に彼氏を持ってかれちゃうタイプですね」


足柄「やめてあげて!」


羽黒「あのー、一応、一応確認ね?」


足柄「な、何?」


羽黒「姉さんホントにこの男性と結婚する気なの?」


足柄「!!」


羽黒「一応だよ?だってこの人外見は酷いし無職だし引きこもりだし・・・」


足柄「お、男の人は見た目や仕事じゃないし……」


羽黒「いやぁでもこれはないでしょ、それとも『見てくれじゃなく中身を見てくれ!』とでも言われたの」 プッ


足柄「やめてよ!なんでそんな酷い事言うの!それに面白くないわよそのダジャレ!」


羽黒「まあ、姉さんの好みはちょっとアレだものね」


足柄「アレとかやめて」


羽黒「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」


足柄「何を!?」


羽黒「姉さんの男性の妥協点」


足柄「何その確認!しなくてよくない!?」


羽黒「だって惨めな姉さんを見てみたいじゃない?」


足柄「見なくていい!」


羽黒「えー、じゃあ『男性』の妥協点決めスタート!」


足柄「まずは『年収1000万』!」


羽黒「えッ!?」


足柄「えッ!?」


羽黒「ストップで! 一旦ストップで!」


羽黒「姉さん、無職の男とお見合いしようとしてたよね?」


足柄「違うって! 普通にあるじゃん!!無職でも1000万くらい普通でしょ!?」


羽黒「ないないないないどんな無職だそれ、姉さんサラリーマンの平均年収しってる?」


足柄「別にサラリーマンじゃなくてもいいのよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、年収1000万はあるよ!」


羽黒「あるわけないでしょ……そんなのエリートか社長くらいよ……」


足柄「アレだよ? 日給じゃないんだよだよ?日に1000万稼ぐとかとかそういうんじゃないよ?

 そのつもりで私は言ったんだよ?」


羽黒「当たり前だよ……ていうかそんな人が姉さんになびくわけないでしょ……」


羽黒「あの、ていうかじゃあさ、どんな基準ならいいの?姉さんはちょっと夢見過ぎよ 」


足柄(心底屈辱的……)


羽黒「うーん……ていうかもう、聞くね……

 ど、どんな男性なら妥協できるの?」


足柄「……えー?」


羽黒「姉さんが決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」


足柄「……う、ん・・・…」


(五分後)


羽黒「……」


足柄「……」


羽黒「……あの」


足柄「ひっ!?」ビクゥッ


羽黒「何を怯えてるのよ・・・」


足柄「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?」


羽黒「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」


足柄「言うから!今すぐ言うから!」


足柄「え、えーと……」


羽黒「言ってくれていいから!ドンと!」


足柄「えーと……」


羽黒「笑う準備はできてるから!」


足柄「えー……年収は手取りで1000万で残業なしの定時帰宅で顔は良くも悪くもなくて・・・でもできればイケメンで家事も手伝ってくれて私を大切にしてくれるような・・・」


羽黒「・・・・・・・」


足柄「あの、羽黒……?」


羽黒「あははははははははははははは!やっぱりじゃない!やっぱり夢見過ぎじゃない!!」


足柄「なんでぇぇぇぇ! これでもかなり妥協したのにぃぃぃ!!」


羽黒「どこが妥協したよ!!そんな男白馬の王子様レベルの空想動物よ!!」


足柄「そんなことない!絶対いるもん!白馬の王子さまは私を迎えに来るもん!!」


羽黒「それは聞いてないでしょ!!もう夢と現実の区別がつかなくなってるじゃない!!」


足柄「いるもん・・・白馬の王子さまは絶対いるんだもん・・・」


羽黒「わかったわ、姉さんに現実を教えてあげる。」


足柄「男性の平均的な年収は?」


羽黒「平成26年度調べでは415万」


足柄「一人の女性に一途な男は?」


羽黒「希少種」


足柄「家事は手伝ってくれないの?」


羽黒「人による」


足柄「私と普段の羽黒ならどちらが選ばれる?」


羽黒「たぶん私」 ニヤ


足柄「黒いよぉぉぉぉ!!羽黒が真っ黒だよぉぉぉぉ!」


羽黒「うるさい!姉さんの写真付きで出会い系に登録するよ!?」


足柄「なにそれ!?」


羽黒「よく釣れるのよ!」


足柄「釣れるんだ!?」


羽黒「色々装着したアイコラ作って投稿したりした!」


足柄「何急に!?」


羽黒「ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら白状しちゃった」


足柄「怖い! 私の写真でそんなことしてたとか怖い!」


羽黒「姉さんの写真で釣った男を呼び出して陰から品定めとかしてたわ!」


足柄「そんなことしてたの!?なんで呼ばないのよ!!」


羽黒「大丈夫、ろくな男がこなかったから!」


足柄「私の好みには合ったかもしれないでしょ!?」


羽黒「はあ、男なんてシャボン玉よ」


足柄「何があったの!?何があなたをそんなにしてしまったの!?」


羽黒「合コンの席で姉さんが狙ってる相手と一緒に抜け出したい!」


羽黒「姉さんに男を紹介すると言ってバケモノを紹介したい!」


羽黒「姉さんも『ダメ…見ないで…見ないでぇー!』ってガチ悲鳴上げてみたら?」


足柄「無理よ!私のキャラじゃそんなセリフ無理!!」


羽黒「そういうことだから、精々お見合い頑張ってね」ニッコリ


足柄「ここまで私をこき下ろしといてそんなこと言うの!?」


羽黒「……じゃぁ私、今日はこれからデートだから」


足柄「誰と!?あなた彼氏いたの!?」


羽黒「じゃあね、姉さん、いい夢を……」


足柄「ええー……何よ……何なのよ……」

足柄「あれはホントに羽黒……?」

足柄「なんであんなお見合い受けちゃったんだろう……」

足柄「出会い系……始めてみようかな……」


~~~~~



誠に勝手ではございますが、ハーメルンの方に移動しました。


続きはそちらの方に投稿したいと思います。


こういう事書いていいのかな……。


後書き

隠し持っていたssの朝潮型版を書きたかっただけなんです他意はないんですホント・・・


このSSへの評価

8件評価されています


SS好きの名無しさんから
2017-08-17 00:19:55

SS好きの名無しさんから
2017-05-31 08:59:27

Vector8971さんから
2017-05-28 01:11:57

SS好きの名無しさんから
2017-05-27 12:06:00

SS好きの名無しさんから
2017-05-27 01:17:34

SS好きの名無しさんから
2017-05-27 00:48:10

FLANさんから
2017-05-24 04:36:20

SS好きの名無しさんから
2017-05-24 01:07:30

このSSへの応援

6件応援されています


SS好きの名無しさんから
2017-08-17 00:19:59

SS好きの名無しさんから
2017-08-12 20:20:40

Vector8971さんから
2017-05-28 01:12:00

SS好きの名無しさんから
2017-05-27 01:17:50

SS好きの名無しさんから
2017-05-26 01:42:19

FLANさんから
2017-05-24 04:36:21

このSSへのコメント

12件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2017-05-24 15:53:50 ID: fF8U55_b

無限ループって怖くね?

2: 哀飢え男 2017-05-24 16:37:51 ID: tHFJZa0i

コメントありがとうございます。
ssは初めてなのでとりあえず満潮扶桑でとめたんですが、需要が有るのなら落ちからループしてくのもいいかなと思っております。

カップリングを指定していただければ参考にします。

3: SS好きの名無しさん 2017-05-24 22:16:13 ID: fF8U55_b

※1です。
初投稿だとは思えないほどすごく面白いです!!
続き頑張ってください!

4: 哀飢え男 2017-05-24 23:51:48 ID: Yzxfr2rh

ありがとうございます!

5: SS好きの名無しさん 2017-05-25 08:14:40 ID: JnVZP6e7

スルッと攻守逆転してる奴おおいなっw

6: 哀飢え男 2017-05-25 09:59:18 ID: q_EB3MqF

なぜかかいて

7: 哀飢え男 2017-05-25 10:00:16 ID: q_EB3MqF

誤送信してしまった・・・
なぜか書いてるうちに逆転しちゃうんですよね・・・

8: FLAN 2017-05-27 02:13:58 ID: ByiVmKXJ

ミミズゥ"ゥ"ゥ"ゥ"ゥ"ゥ"ッ!(瀕死)

9: 哀飢え男 2017-05-27 08:05:24 ID: o2yykZGP

ちなみにうちの鎮守府には鹿島いません(血涙)

10: SS好きの名無しさん 2017-06-11 00:14:51 ID: yxW2redq

でかい暁可愛

11: SS好きの名無しさん 2017-06-26 00:26:47 ID: hKRzGqbg

足柄は僕の嫁だからな!

12: 哀飢え男 2017-06-27 07:57:19 ID: rncmt-j8

是非もらってげてください(切実


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください