2017-10-21 11:02:46 更新

概要

初めて書いたので、ベタだったりつまらないかも知れませんが、暖かい目で見てください。


前書き

新たな提督が、新たな艦娘や、その他と一緒に深海淒艦を倒す物語。


提督着任

 揺れる車の中僕は、ある場所へ、連れていかれた。車が止まると、そこは、とても白くて大きいまるで、[豆腐]のような建物だった。男達に連れられて、その建物に僕は入った。

 中は、意外と綺麗だった。

男1「今日からこの、鎮守府にはお前に着任してもらう、いいな」

???「はい、分かりました。」

男2「この鎮守府はまだ、実装されていない艦や、その他の試験等をするために作られた鎮守府だ。取り敢えず、検討を祈る。」

男1「では、この鎮守府で、する事を言う。まず一週間に1、2回ほど新たな艦や、その他を送る。その子達を、一週間に一回以上出撃させデータをとる。そしてそのデータ1ヶ月に一回、本部へ送る。分かったな。」

???「はい分かりました。」

男2「では、この提督バッチと身分証渡す、それ以外は、提督室の棚等に置いてある。では、俺達は行くじゃあな。何か聞きたい事があるならこの番号に、連絡を入れろ。」

???→提督

提督「よしじゃあ、ぼつぼつ始めるかな。えっと確か最初に送られてくるのは…今日!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初期艦=駆逐艦

???「よし。」

提督「そろそろ来るはずなんだよなあ。…暇だ。」

???「失礼します。」

提督「ビクッ!」

???「ビクッ!」

提督「すまない、いきなりだったのでつい。」

???「いえ、私もノックしなかったのですいませんでした。」

提督「で、君は。」

???「私は、ソ連のタシュケントです。自慢は、とても速いと言うことです。なんせ43.5ノット出るので。」

???→タシュケント

提督「確か資料だと23Kmの射程だとか。」

タシュケント「はいそのとうりです。」

提督「じゃあ少しの間、秘書艦(旗艦)を、やってくれないか。君が初めての艦娘だから。」

タシュケント「はい、分かりました。」

提督「では、来て直ぐだが、早速出撃してくれないか。」

タシュケント「了解しました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初出撃

タシュケント「響導駆逐艦タシュケント出撃します。」

提督「こちら提督、タシュケント何かあったら無線で俺に伝えろ。分かったな。」

タシュケント「はい!。」

提督「頑張ってください。」


-少しして-

タシュケント「ん、あれは、」ガチャッ、ピー

提督「どうした。」

タシュケント「提督、駆逐イ級らしきものを確認しました。警戒体制をとります。」

提督「分かった。また何かあったら無線で俺に伝えてくれ。」

タシュケント「はい。」ピッ


-その後-

タシュケント「提督、海域を攻略しました。ただいま帰投します。」

提督「分かった。損傷は、無いのか良かった。」ホッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーー

二人目+三人目

初出撃から一週間後提督の元にある指令が…

提督「何、同時二人送るだと。」

タシュケント「仲間が増えますね。」

提督「そして何でまた来る日がこの紙が送られてくる日なんだよ、おかしいだろ。」

タシュケント「提督、落ち着いてください。仲間が増えるのは、良いことではないですか。」

提督「確かにな、おいドアの前に立ってないで入ってきなさい。」

???1「盗み聞きして申し訳ございませんでした。私は今日からこの鎮守府に配属された戦艦ハルバードです。」

???1→ハルバード

???2「申し遅れてすみません、サポートとして配属されたフルートです。」

???2→フルート

提督「二人とも質問いいかい。」

ハルバード&フルート「はい!」

提督「二人ともどこの国の船だい。」

ハルバード「私はプププランドという非日常的な、場所に居ました。」

フルート「私は軍艦でわなく楽器のフルートです。」

提督&タシュケント「···ええっとどう言うこと。(ですか。)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

君の力は

提督「要するにハルバードさんは、元々別の星船で、フルートちゃんは、自分の装備(楽器)の音で敵を攻撃したり、味方の能力を一時的に上げたりできるのか。」

タシュケント「ハルバードさんは凄い装備を、持ってるし。フルートちゃんは、能力が凄いでありますな。」

提督「そういえば、何でタシュケントは陸上だとしゃべり方が陸軍みたいになるんだ。?」

タシュケント「それは…自分にもわからないであります。」

提督「まあ、いいや。とりあえず、君達を歓迎する。わからない事があったら俺に聞いてくれよ。」

ハルバード&フルート「分かりました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

四隻目+α

 ハルバードとフルートが来てから一週間後新しい艦が送られてきた。大量の荷物(装備など)と一緒に。

???1「今日からこの鎮守府の要になります。50万トン戦艦です。」

???1→50万トン戦艦

???2「全員の胃袋を、満タンにする、荒崎だ、宜しくな。」

???2→荒崎

???3「皆さんの荷物運び私がお手伝いします。マンリー級高速輸送艦クロスピーです。どうぞお見知りおきお。」

???3→クロスピー


提督「戦力外が多いなだがこの鎮守府は、やることがいっぱいあるので是非好きなことを、行ってください。お聞きしたいことがあれば、どうぞ話をお伺い致します。」


艦娘「はい!」


数日後


タシュケント「提督、今日の出撃の結果を報告します。」


提督「何、重巡洋艦も出たのか。」


タシュケント「はい!ハルバードさんのおかげで倒すことができました」


提督「そう言えば!今日、二人着任するんだった。」


タシュケント「では、観に行きますか。」


提督「そうだな。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


後書き

誤字等があればコメントしてください、随時更新しますのでよろしくお願いします。

皆の装備
タシュケント 130mm単装砲、45mm高角単装砲、12.7mm機銃、533mm三連装魚雷
ハルバード  パルスレーザービーム+角度調節可能二連装砲、リアクター+シールド、重力波干渉砲、アーム
フルート   幸運フルート、5.1サラウンドスピーカー改、浮き楽譜台、ダメコン


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント

4件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2017-08-16 21:18:04 ID: Su-dQqr-

荒埼って、杵埼型給糧艦?

2: マッキーPEN 2017-08-18 20:49:34 ID: nG8B9trm

1さん。そのとうりです。そう言えば、荒崎たちは、冷凍食品を運んだらしいですよ。

3: 誰だお前 クソ提督 2017-09-03 21:12:48 ID: 93vgAQ7h

「帰投」が「帰島」になってますよ~

4: マッキーPEN 2017-09-10 06:33:26 ID: jAIzJH7j

教えて頂きありがとうございます。


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください