2017-08-28 21:45:26 更新

概要

提督が予知夢を見たり見なかったりするお話です。


前書き

初投稿です。
ネタが思いつき次第投稿します。
基本亀更新です。


[改2編①一航戦編]

提督「二人とも改2になったか」


提督「どれどれ・・」


提督「赤城は・・・!」


提督「1スロット100機・・。計400機だと・・・」


赤城「やりました!!」


提督(やりすぎだろう・・・)


提督「加賀は、空戦??」


加賀「新しい艦種です。瑞雲から46cm三連装砲まで装備できます」


提督「マジで」


加賀「もちろんです」


提督「すごいな」


・・・・

提督「夢か・・惜しいところで戦力強化を逃したぞ!」


明石「提督~一航戦の改2が出来るようになりましたよ~」


提督「夢じゃなかった」


[改2編②球磨多摩編 ]

球磨「改造終わったクマ」


多摩「終わったにゃ」


提督「おお、終わったか以外に速かったな」


提督「見た目は全然変わってないぞ?」


球磨「改より、性能がぐーんと上がってるクマ」


提督「火力、装甲、雷装、対空がMAX100か・・

   初期装備も20.3cm(三号)二つに14号かすごいな」


球磨「優秀な球磨ちゃんってよくいわれるクマ」


多摩「多摩も強くなったにゃ」


提督「球磨のあとじゃすごいとはいえないと思うぞ」


球磨「姉より優秀な妹なんていないクマ」


提督「そうそう性能も平均的だし装備も・・・・

   んん見間違いか?」


球磨「提督どうしたクマ」


提督「レールガンに超重力砲って書いてある・・・」


明石「装備の説明ですねレールガンは航空戦後に敵一体に30の固定ダメージを与えます。

   超重力砲は雷撃戦後に50の固定ダメージを敵全体に与えます。」


提督「すごいな!じゃあ長門にでももたせるか」


明石「それが無理なんですよね。大本営の指定で多摩専用装備なんです。」


多摩「余り枠には艦隊司令部施設でもつけてもらえば満足にゃ」


提督・球磨(なんかすごい押し付け感が・・・)

・・・・・・

提督「んん・・・朝か・・・大淀に頼んで球磨多摩の改2を進めてもらわなきゃ」

[改2陸奥編 ]

提督「とっくの昔に改装は終わってるのに陸奥が来ないな・・探しに行くか」


ー演習場ー

提督「こんなところにいたのか陸奥」


陸奥「あらあら見つかっちゃったか」


提督「何やってたんだ的も近いし雷撃じゃあるまいし」


陸奥「あら何でわかったの?明石にでもあったとか?」


提督「・・・何となくかな」


陸奥「ふとももばっかり見て憲兵にでも通報しちゃおうかしら」


提督「俺が見てたのはふとももじゃなく魚雷発射管なんだけどね」


陸奥「なーんだつまらないのこれはね15連装の新装備なの」


提督「つまり新装備のならしで遅れたわけか」


陸奥「提督怒っちゃいやよ」

ムッチャンノカイソウイワイニイタズラシテヤルピョン


提督「まぁいいよ実際にやってみてよ」

セットオオケーピョンクスクスビックリサセテヤルピョン

陸奥「いいわよ」


陸奥「敵艦補足魚雷発射」


提督「なんか本物混じってないか?」


陸奥「そんなわけないでしょ模擬魚雷何だから」


陸奥「卯月ちゃん回収お願いね」


提督「卯月だと三番砲塔は大丈夫か?」


陸奥「大丈夫よほら・・一斉射・・第三砲塔から火の手が・・」 ドッカーン   ピョーーーーンン!

・・・・

提督「なんだ夢か死んだかと思った」


提督「陸奥の改2は運の上昇を中心にやってもらおう」


[海外から来た・・・・① ]

???「私の可愛い妹プリンツを出しなさい」


提督「プリンツは、ビスマルク、グラーフたちと出撃中だといってるだろ」


???「ビスマルク・・・あんなゴミ戦艦と私の妹を一緒に出撃させたわけ?」


提督「なにを怒っているんだ?同じ国の仲間だろう?」


???「なにをいってるの?私はアドミラル・ヒッパー級重巡洋艦一番艦のアドミラル・ヒッパーよ」


提督「そうはいってもプリンツはいつも一緒に居るし」


ヒッパー「なんですって!あのぼろ戦艦・・・丁度いい機会ねこの機会に・・」


提督(もうすぐ出撃から帰ってくるけど、なんか会わせないほうがいいような・・・)


ビスマルク「艦隊が帰投したわよ」


プリンツ「アドミラルさんただいまかえりました。」


提督「ノックをしろノックを」


ヒッパー「プリンツ会いたかったわ!元気だったぼろ戦艦から嫌がらせを受けなかった?そんな他人行儀じゃなくてもいいわ」


プリンツ「なら、離れてください。暑いですから」ニコッ


ヒッパー「笑ったプリンツも可愛いわ原稿用紙4000枚じゃ語りつくせないくらい」


ビスマルク「あのシスコン誰が呼んだの」


提督「ドイツ軍部がヒッパーの脅しに屈したらしい」


ビスマルク「何やってるのよあのシスコン重洋艦は」


ヒッパー「いい機会だからあなたとわたしどっちが上か勝負しましょう」


ビスマルク「いいわプリンツの為にも」


提督(演習・・・資材が・・・)

・・・・・

提督「・・・」


大淀「心肺停止してるみたいですね」


[海外から来た・・・② ]

ヒッパー「さっさと負けを認めたほうがあなたのためだと思うのだけど」


ビスマルク「あいこが続いてるからって弱気になってない」


ヒッパー・ビスマルク「「あいこで~しょっ!!」」


プリンツ「またあいこみたいですね」


提督「そうだな。プリンツはどっちが勝ってほしいんだ?」


プリンツ「わたしは、ヒッパー姉様がシスコンを卒業して、ビスマルク姉様と仲良くなってくれればいいんですけど」


提督「無理そうだな」


プリンツ「あきらめたらそこで試合は終了ですよ?なにかいい考えはないんですか?」


提督「一つあるんだがな」


ビスマルク「目潰しは反則よ」


ヒッパー「あなただってグーだす振りしてアッパーしてくるほうが反則よ」


ヒッパー・ビスマルク「「先に倒れたほうが負けだからな」」


提督「というわけだが、どうだろか」


プリンツ「さすが提督さんです。早速・・て、提督さん危ない」


ヒッパー「だ・か・ら・素敵なお姉様と呼びなさいといったでしょうが!!」


ビスマルク「余所見は命取りになるわよ」


プリンツ「提督さんの上に姉様たちが覆いかぶさってしまいました」

・・・・・

大淀「やっと起きましたか」


明石「一番心配してたのは大淀だけどね」


大淀「脳梗塞と心筋梗塞を同時発症しました。全治4週間程だそうです」


明石「後遺症はしゃべれなくなったり、目が見えなくなるみたいですけど・・大丈夫ですか?」


大淀「新しい仲間がドイツから来ましたよ。アドミラル・ヒッパーさんですよ」


提督「うわぁーーーー」


後書き

初投稿だしこんな感じでいいのかな?
次回作から本気出す!
コメントも大募集です!


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください