2018-06-18 19:08:20 更新

概要

その身を深海に落とした提督は、かつての仲間に温かく迎えられ楽しい日常を取り戻しつつあった。
…だが、悪夢はまだ終わっていなかった。


前書き

この作品は『深海に落ちた提督』の続編です。

また、続編の制作に伴って提督に『氷川 麗華(ひかわ れいか)』という名前をつけさせていただきました。


耳を劈く轟音、けたたましく響くサイレン、幾重にも混じりあった悲鳴、叫び声…


それはまさに地獄絵図。

積み重ねてきたものが一瞬で崩れ去り、劫火に焼かれ灰燼に帰していく。


—ああ、またか…


守ると決めた場所、守ると決めた仲間、守ると決めた人…目の前でそれらが崩れ去っていく。

それなのに、私はただそれを見ていることしか出来ない。






—また私は…肝心な時に何も出来ないまま終わるのか…
















第一章 横須賀へ

「…よし、今日の訓練はここまで! みんな、お疲れ様」


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-05-28 00:11:33

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください