2017-10-13 17:24:41 更新

概要

今日は鎮守府見学2日目!どんな事がおきるかな?2泊3日の鎮守府見学楽しんでね!


[link_sstoko: SS投稿速報作品URL ]

[link_ssmatome: SSまとめ速報作品URL ]

前回…………………………………………………

暁達とお菓子作りに行ったさきちゃん、どんなお菓子を作ってくれるかな?

………………………………………………………


数十分後

暁、響「できたわー! できたよ」


私「おぉ!どんなのができたの?」wkwk


蒼龍「皆で食べると言えばやはり〝ドーナツ〟でしょ!」


天津風「そこは〝クッキー〟でしょ!w」


比叡「いつの間に!?」ビクッ


さき「あっ、あの良かったらお一つどうぞしほさん」


私「ありがとう!」ニコッ パクッ モグモグ


島風「わったしもー!」パクッ モグモグ


私、島風「美味しい…!、 何これ…とっても美味しいわ!」


響「しれいかん、そろそろ皆を呼ぼう」


私「そうだね」


ピーピーピー

暁「私が放送していい?」


私「いいよー」


暁「やった! あーあー、皆お菓子作ったわ!食べたい人は大きい会議室まで来てね!」


ワイワイガヤガヤワイワイガヤガヤ


赤城「これ美味しいですね!」


加賀「えぇ、そうね美味しいわ」


男子5組S「これ誰が作ったの?」


女子2組i「えーと、確かさきちゃんと、暁ちゃんと、響ちゃんと、蒼龍さんと、比叡さんだったわ!」


男子4組N「これ、さきが作ったのか!?美味いなー」


女子4組T「美味しいねー」


私「比叡が作ったのは?」


比叡「これです!」


私「じゃあこれ全部私にちょうだい?」


比叡「でも…」


私「比叡の美味しいから、独り占めしたいの、ダメ?」ウルウル


比叡「えぇ、そんな目で見られたら…/////

しかたないですね!あげます!」


私「ありがとう!」(これ以上被害者を増やすわけには…)チラッ


金剛ピクピク


霧島ガタガタ


榛名チーン


私「うぅ」


飛龍「蒼龍の作ったの美味しいわ!疲れた後にはピッタリね」


響「暁が作ったのはチョコレート味なんだね」


電「美味しいのです!」


雷「響きのはプレーンのうえに苺のチョコを付けてるのね!美味しいわ!ミ〇ター・ドーナツみたい!」


暁「雷にも作ってもらいたかったなー」


響「そうだね」


雷「えぇ、私も作りたかったけど…また今度作るわね」ニコッ


電「私も作るのです!」


鳳翔「蒼龍…上手になったわね…」グスッ


隼鷹「子持ちのお母さんかよ…」


おやつタイム終わり……………


金剛「んっ…あれ?私は何してるデース?」


霧島「?何故にこんな所で倒れてるのでしょうか…」


榛名「口の中がヒリヒリします…提督は?」


暁「やっと起きたのね!提督なら…比叡さんのドーナツ泣きながら食べてるよ、執務室で」


執務室…………

私「うぅぅ、全部食べなきゃ…うぅぅ…」モグモグ


金剛達のいる場所…………

金剛「oh…提督ごめんなさい…そしてありがとうデース…」


榛名「提督さん…」グスッ


霧島「ありがとう提督」


比叡「あっ、起きましたかおねぇ様!」


台所……………


間宮さん「伊良子ちゃん、鳳翔さん頑張ってお夜食つくりましょう!」


伊良子「はいっ!間宮さん!伊良子頑張ります!」


鳳翔「腕の見せ所ですね!」ニコッ


間宮「今日はお味噌汁、お造り、魚の塩焼き、タコ飯です!」


伊良子「わぁ海の幸ですね!」


鳳翔「ほんとね、じゃあ私はお味噌汁を作るわね」


間宮「じゃあ私は、タコ飯と魚の塩焼きを作るわ!」


伊良子「間宮さん2つも作るんですか!じゃあ私は残ったお造りですね!マグロとタイでいいですか?」


間宮「うん!」


執務室………

私「やっと食べ終わった…!んっ?いい匂いがする…間宮さん達かな?覗いてみよ」


台所…………

私「おじゃましマース」


鳳翔「あらっ、提督さん」


間宮「お疲れ様です!」


伊良子「てっ提督さん、こんにちは!」


鳳翔「お味噌汁の味見をしてもらいたいのですが、よろしいですか?」


私「わまわないよ、」(口直しにもなるかな?)


鳳翔「はいっ」


私「いただきます」チョビッ


私「うん、美味しいよ!」


鳳翔「!良かった、ありがとうございます!」


伊良子「てっ、提督さんもうすぐで出来ますよ、皆さんを集めて欲しいです…」モジモジ


私「わかったよ!」


ピーピーピー

私「もうすぐで夜ご飯です、各自食道に集まって食べてください」


間宮「ありがとうございます!」


………赤城&加賀………

赤城「とうとうこの時が来ましたね…」弓フキフキ


加賀「えぇ、そうね赤城さん。」弓フキフキ


赤城「それでは行きましょう…」スクッ


加賀「えぇ」スクッ


ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ


………とある吹雪型………

吹雪「あぁー、お腹すいたなー」


白雪「ほんとねー、早く食べにいこ!お姉ちゃん」(はぁぁ、お姉ちゃんと一緒にご飯を食べに行ける…!)


初雪「吹雪お姉ちゃん私も一緒にいくー」ニヤッ

(ふふふっ白雪の好きにはさせないよ)


吹雪「いいよー」


白雪(こんのっ、初雪めっ)


深雪「吹雪ねぇ!私も一緒にいくー!」タッタッタッ


吹雪「うんうん、いこいこー」


叢雲モジモジ


吹雪「!、叢雲!叢雲も一緒に行こ!」


叢雲「フェッ!?いっ嫌よ!お姉ぇ達と一緒なんて!」


吹雪「そうなの…残念だな…」ショボーン


叢雲「/////!?しょっ、しょうが無いわね!どうしてもって言うなら良いわよ!」

(吹雪お姉ちゃんからの誘いをこんなふうに受けるなんて…私ったらほんっと馬鹿ね…)


吹雪「ほんとに!?やったー!」


綾波「吹雪お姉ちゃん敷波と私も一緒に良い?」


吹雪「良いわよー」


朧、曙、漣、潮「私達も良い?」


吹雪「いいよー」

(今日はやけに吹雪型(吹雪型からの子)が集まってるくるなぁ)


白雪(皆吹雪お姉ちゃん狙いね!)


初雪(ライバル…沢山…)


食道……

一同「いただきます!」


モグモグ ムシャムシャ パクパク

一同「うんまーい!」


女子2組C「こんなに美味しいの初めてかも!」


鳳翔「そう言っていただけると嬉しいです!」


男子1組G「このお刺身美味しいなー、ちょうどいい厚さに切れてるし」


伊良子「あっ、ありがとうございす!/////」


女子5組D「この魚の塩焼きいい感じて塩がきいてるわ!」


間宮「ありがとうございます!作ったかいがあります」


赤城「ほひひいへふ(美味しいです)」


加賀「ほんほ、ほひひいへふ(ほんと、おいしいです)」


鳳翔「2人とも口の中無くなってから喋りなさい!」


赤城&加賀「はーい」


夜ご飯終わり………

私「後はお風呂に入って寝るだけです、明日は鎮守府の中をきちんと見て回ります、びっくりする事が沢山あると思いますよ」ニコッ


大和「女子の皆さん、女子は私についてきてください、お風呂に行きますよ!まるで温泉みたいですよ」ニコッ


武蔵「男子は私についてきなさい、お風呂に行くぞ」


ワイワイガヤガヤワイワイガヤガヤ


お風呂場(温泉)


女子一同「おぉー!」


男子一同「おぉー!」


女子お風呂場……

女子5組F「ひろーい!」


女子3組W「中だけじゃなくて外にもお風呂あるよ!露天風呂ね!」


男子お風呂場……

男子2組N「露天風呂もあるじゃん」


男子1組i「広いねー」


男子4組H「上あいてるから頑張れば女子の入浴姿見れるんじゃね!?」


武蔵「はぁ、いつの時代になっても男子の考えは変わらんなぁ、提督が女子でよかったよ」


武蔵「さぁ、さっさと風呂にはいれー!私はこれにて失礼する、入らなかったら提督呼ぶぞ~」←提督呼ぶぞは武蔵からしたら脅し


男子5組O「提督女じゃん」


男子3組M「提督しほじゃん」


武蔵「あっ、まぁいい早く入れ!」


男子一同「はぁーい」


女子お風呂場………

大和「さぁ、どうぞゆっくり入ってください」ニコッ


女子一同「はーい!」


大和「それでは私はこれにて失礼します」


コツコツコツコツ

大和「武蔵どうだった?」


武蔵「あぁ、いつの時代になっても男子の考えは変わらんものだなぁ」


大和「ふふふっ、そうね。女子は皆聞き分けがいいから助かるわ」


武蔵「良いな」


大和「あっ、いい忘れてた…」


武蔵「何をだ?…あっ」


女子お風呂場………

女子5組S「あっ、大和さんどうしたの?」


大和「お風呂上がったら向かいに畳の場所あるでしょそこで待ってて、置いてある牛乳とかは好きにのんでいいからね」


女子一同「はーい」


男子お風呂場……

男子3組Y「あっ、武蔵さん…ってここお風呂場だよ!?」


武蔵「分かっている、みなよくきけ!言い忘れだ、お風呂から上がったら向かいにある畳の場所で待っておけそこにある牛乳とかは好きにのんでいいからな」


男子一同「はーい」


コツコツコツコツコツコツ

大和「ふー」


武蔵「ふー」


私「お疲れ様」ニコッ


大和「あらっ、提督、提督(女)服に着替えたんですね!」


武蔵「着替えるタイミングが遅すぎるぞ、もう夜だぞ」


私「わかってるよー」


しばらくして……


女子1組B「はー、気持ち良かったー」


大和「皆さん大和特製、大和ラムネはいかがですか?」ニコッ


皆「いるいるー!」


男子4組N「やっぱり風呂上がりは炭酸だよなー!」


男子4組C「それな」


私「よしっ!皆そろったね?」


大和「えぇ」


男子5組K「おい、しほその服なんだ?」


私「これは提督(女)服だよ、男の人用は下がズボンで、女の人用は膝上スカート」(提督(女)服の下の短さは香取ぐらいです)


私「短いからタイツ(黒)履いてるのよねー、靴下じゃないよ」


男子5組K「ふーん、下から見えるぞw」


私「えっ!?まじか/////」


男子4組S「赤面とかお前らしくねぇーなw」


私「うっさい!」


女子1組U「良いな、可愛い」


私「ありがとう!」


武蔵「話それてるぞ」


私「あっ、服の話はもういい!とりあえず今日は男女混合クラス混合で寝てもらいます、理由は…」


雪風「めんどくさいからです!ねっしれぇー」


私「そうっ、めんどくさいから!って雪風!?」


私「まぁ奥から順番に1組2組3組4組5組の出席番号順で寝てもらいます、布団の上に名前プレート置いてあるからそこに行ってねー、作るの大変だったんだから!」


軽空母組(隼鷹)「提督!敷くの終わったぜ!後で酒おごりな」


私「ありがとう、わかってるよ」


私「それでは各自自分の場所に言ってください、ちなみにしほも皆と一緒に寝るから」


一同「はーい」


私「質問はありますか?」


女子3組J「トイレはどこですか?」


大和「トイレはここを右に曲がった突き当たりです、男子は女子トイレの隣です」


私「他には?」


シーン

私「じゃあ解散です、10時に消灯です」


一同「はーい」

ガヤガヤワイワイガヤガヤワイワイ

皆布団に入ったのを確認(寝てないよ)


私「吹雪、大和執務手伝ってくれないか?」


吹雪「もちろん、いいですよ!」


大和「わかりました。」


私「武蔵は皆を見ておいてくれ、そこの椅子に座って良いよ」


武蔵「了解」


大和「武蔵頼んだわよ」


武蔵「あぁ」ニコッ


私「それでは10時前までにはくるよ」


コツコツコツコツコツコツコツコツ


執務室…………

午後9時43分

吹雪「司令官お疲れ様です、お茶をどうぞ」


私「ありがとう吹雪」ニコッ


吹雪「大和さんも」


大和「あらっ、ありがとう!」


大和「やっと終わったわね」


私「もうこんな時間か、行かなくては吹雪、大和ありがとうゆっくり休んでね」


吹雪&大和「ありがとうございます!お疲れ様です、おやすみなさい」ペコり バタン


私「長門、私達の就寝時間の見張りをしておいてくれないか?何が起こるかわからないからね」


長門「了解!」

コツコツコツコツコツコツ

私「武蔵、1日疲れ様、ゆっくりおやすみ」


武蔵「ありがとう、提督おやすみ」


私「皆、もうすぐで10時だよ」


一同「えぇー、もう」


男子2組O「以外と男女混合も悪くないかもしれない」


男子一同「それな」


男子2組H「可愛い寝顔も拝めるかもなw」


女子一同「寝ろ」


男子一同「ウィッス」


オルゴールできらきら星

大淀「駆逐艦の皆さんそして、見学の皆さん10時です、消灯時間です布団に入ってない人は入りましょう、それでは消します」パチッ


私「ここは一応豆球にして貰ってるから、何かあったらそこにいる長門に行ってねー、見えるでしょ?」


※提督(しほ又は私は5組です)

※小声で喋ってます


私の隣の5組男子M「おい、しほ明日は何するんだ?」


私「それは秘密」


5組男子M「えぇ、教えてくれねぇーと胸揉むぞ」←精一杯の脅し


私「www教えないし、やれるものならやってみろーw」


私の頭の上の方の5組男子K「しほに揉めるほどの胸ないやんw」


5組男子M「確かに」


私「あぁっ!?なんか言った?」フテキナ笑み


5組男子MとK「さーせん」


5組男子M「じゃあ教えてくれんかったら、揉むな、揉んだら大きくなるって言うし」


私「エッ、なんでや話のながれ的にやらんやつやろ」


5組男子M「そこでやるのが俺クオリティ!」キランッ


5組男子K「あっ、じゃあ俺も」


私「なんでや!」


5組男子M「じゃあ脱がそ俺左お前右な」


5組男子K「おk」


私「なんでや…脱がすことないやろ」ショボーン


長門「提督何をしている」


私「なっ、何でもないよ!」


長門「そうか…」


私「びっくりしたー」


5組男子M「やっぱ脱がすのやめよ」


5組男子K「そやな」


私「ふぅ」


男子M「揉まないとは言ってない」ニヤッ


私「はいはい、優しくね優しく、」


男子K「おっ、覚悟決めたかなら」ニヤッ


モゾモゾ


ムニッムニッムニッ

私「いっ…」ピクッ


男子M「おぉ、まあまあ柔らかい」


男子K「それな」


私「触っといてまあまあって、てかもういいやろ」


男子M「まだ、もう少し」


私「ーーーッ!」ハァハァ…


男子K「おっ感じてる?」


男子M「感じてるやろw」


私「感じる?よく分からんけど感じてねぇーよ、変な気持ちになっただけや!」


男子M「どんな気持ち?」ニヤニヤ


私「ええっと、気持ちいい?じゃなくて、んー?わからん」


私「?てかもうやめろ」


男子M「そだね」


私「おやすみ」


男子M「おやすみ」


朝…………

パッパパラパパー←適当な朝の放送の音


私「皆さん朝の6時です、起床時間です!今日も元気に頑張りましょう!」


皆「ふぁぁぁあ」 テキパキ


ピーピーピー

私「朝ごはんの用意が出来ました、各自食道に食べに行ってください」


食道……………………………


ワイワイガヤガヤワイワイガヤガヤ


1組女子N「うわー、あの人達朝なのに沢山食べるねー」


赤城「朝ごはんも美味しいです!」


加賀「鳳翔さん達気合い入ってますね」


吹雪「あの人は赤城さんと加賀さんだよ」ニコッ



1組女子N「へぇー、昨日自己紹介してた人だ」


朝ごはん終わり…………………


大きい会議室集合…………………………………


暁「暁よ、今日は私が提督の秘書艦よ、よろしくね!」


私「今日は鎮守府内の見学です!明日は先着3名に1日提督先着20名(女子限定)で1日艦娘やってもらいます」


一同「おぉー!」


私「まずは建造から、見て行きましょう次に開発そして、装備選び遠征見送り、演習の見学です、それでは工廠に行きましょう、機会には触れないように、危ないので」


工廠…………………………………………

暁「ここで投入資材を決めます!今回は重巡熊野を狙って行きましょう!」


投入資材

燃料…324

鋼材…521

弾薬…321

ボーキサイト…100

建造開始!


暁「やったわ!1時間25分!バーナー使いましょ」


私「そうだね、これをバーナーと言い建造時間を短くしてくれます 」


3組女子L「質問です。今の形は艦艇なのにどうしたらあんな女の子になるんですか?」


暁「それは、艦艇を造ったりしてるのはこの妖精さんなの、妖精さんの力で艦艇から艦娘にしてるのよ」


妖精さん2「任せてください!」ビシッ


バーナー妖精さん「そろそろやるわよ!」ブォォ


?「こんにちは、私は重巡熊野ですわよろしくお願い致します!」


一同「おぉー!」パチパチ


開発……………………………

暁「じゃあ資材を用意して!」


私「はいはい」

燃料…31

鋼材…41

弾薬……32

ボーキサイト…10

私「どうぞ」


暁「任せて!」

数秒後…………

暁「高角砲(コモン)ができたわ!」


一同「すげー!」パチパチ


暁「次は遠征隊を見送りに行かなくちゃ!移動よ!」

外に移動……………………………………

香取「それでは提督さん行ってまいります」ニコッ

初霜、初雪、陽炎、不知火、朝潮「行ってきます!」ビシッ


私「おぅ!気をつけて行ってこい!」ニコッ


時雨「提督、女の子なんだからもう少し言葉に気をつけようよ…男の人みたいで何だか変な感じがするな」


私「ごめんなさい」


暁「司令官!次は演習よ!時雨達は先に行っててね!」


時雨「分かったよ、見学の皆さん次は演習だよ、防護ガラスの観覧席で観てて」


演習場に移動………………………………………

龍驤「やっときたか、提督はんじゃあ演習弾の説明でもするかな」


私「よろしくね」ニコッ


龍驤「皆きぃーときや、これは演習用艦載機って言ってな相手を沈めずに安全に演習が出来るんや、でもその装備の性能はおちひん代物や!」


時雨「これは演習弾、これも演習用艦載機とにてるよ弾になっただけだしね」


ピーーーーーー!

大淀「演習相手が到着しました」


私「来たみたい」


女子3組F「提督って、しほちゃんだけじゃないの?」


私「私一人じゃないよw海なんてとても広いんだから私一人じゃ守れないよ」


?「遅れてすまん、しほ」


私「もー、遅いで!まぁ仕方ないか呉からやもんな、よく来るわーwまぁ艦隊専用通路的なものあるし早く来れるかw」


時雨「青さんこんにちは、今日はよろしくね」


青さん「時雨じゃないか、久しぶりだな、よろしく」


龍驤「はよ始めんで!」


ピーーーーーー!

大淀「それでは演習開始です!」

………………………………………………………

モニターに演習する艦娘の名前と写真が表示される…

………………………………………………………

しほの艦隊

旗艦…時雨

吹雪

金剛

麻耶

那珂ちゃん

龍驤


青さん

旗艦…吹雪

川内

青葉

伊58

榛名

瑞鶴


男子2組H「あれ?同じ艦娘が敵と味方にいるよ?」


響「そりゃそうさ、同じ艦娘を持っていてもおかしくない、艦艇なんだから」


ドォーン!ブゥーン ドーン!


女子「きゃあ!?」

男子「うぉ!」


女子2組N「びっくりしたー、」


響「もう演習は始まっている」


ドォーン!

男子5組C「おお!吹雪がゴーヤに攻撃を当てた!」


響「あの状態は大破って言うんだ」


ドドォーン!

女子5組L「あっ!吹雪ちゃんが榛名さんに!」


響「あの状態は中破って言うんだ。良く耐えた吹雪姉さん」


龍驤「さぁ!しきるでー!」

ブゥーン ブゥーン(発艦した音)


男子3組W「良くあんな巻物?から飛行機が2つもでるな」ほぉぉ


瑞鶴「やるわね!龍驤ちゃん!」


龍驤「あんたとは、仲よォしたいけど今は演習やから手加減しーへんよ!」


ドォーン!

響「よしっ!龍驤が瑞鶴を大破させた!」グッ


4組男子R「残るは榛名さんと青葉さんと川内さんだけだね!」


時雨「提督!追撃するよ!」

追撃戦開始………………………

時雨「カットイン決めるよ!」

ドォーン!


5組男子i「すげー!駆逐艦が戦艦を大破させた!」


吹雪「私も頑張るんだからー!」カットイン

ドォォーン!

暁「やったわ!吹雪お姉ちゃん!青葉さんを大破!」


響「残るは川内さんだけだね」


川内「みんなー!クソっ!こうなったら!」カットイン

ドォーン!

女子1組U「時雨さんが大破しちゃった!」


摩耶「私を忘れてないか?」

ドォーン!

響「やった!川内大破!」


ピーーーーーー!

大淀「演習終です、お疲れ様です」


暁「演習場を出れば皆の傷は治るのよ!不思議でしょ?」


































後書き

オリジナル設定を作ってみました、演習のとき敵を轟沈させないのはこんな装備があるのかな?とか思いながら書きました、多分次で最後です


このSSへの評価

1件評価されています


しほさんから
2017-10-14 12:02:18

このSSへの応援

1件応援されています


2017-10-15 18:18:18

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください