2017-10-15 16:22:00 更新

前書き

前作の時も言いましたがSS初心者ですので誤字脱字があっても見逃してください。


提督「そろそろ遠征から時雨達が帰ってくるな、、」そわそわ

金剛「てーとくなにそわそわしてるデース?」

提督「い、いやそわそわなんてし、してないぞ」そわそわ

金剛「いやそわそわしてるネ。それならスマホで撮ってあげるデース」ぱしゃぱしゃ

提督「言う前から撮って」

ガチャ

時雨「白露型駆逐艦2番艦時雨只今帰投しました!」

夕立「帰投したっぽい!」

提督「ああ、お疲れ 補給してきてくれ」

夕立「わかったっぽい!」

時雨「わかったよ。 金剛さん後で二人っきりで話がしたいから工廠にきてくれるかい?」

金剛「わかったデース!」

時雨「じゃあ行ってくるね」

ガチャ バタン

金剛「あの、てーとく、、」

提督「ん?どうしたんだ?」

金剛「もしかしたらデキちゃったかも、、」

提督「ッ!?それは本当か!?」

金剛「い、いや!かもってことネ!」

提督「一回工廠に行ってみよう!」

~~~~工廠~~~~

提督「、、、でどうだ?明石」

明石「まだ断言できませんけど、たぶんできてます」

提督「まじ!?」

明石「はい」

提督「よっしゃ!!!! 金剛聞いたか!?金剛と俺の子供だってよ!」

金剛「うぅ////」

提督「ありがとな明石。 よし金剛子供用の服とか買いにいこう!」

金剛「Good ideaデース!  あ、その前に時雨ちゃんのところ行かなきゃ」

提督「そうかそれなら指令室に待っているからな」

金剛「了解デース!」

~~~~指令室~~~~

提督「金剛まだなのか?」

ガチャ

提督(金剛か?)

赤城「提督おめでとうございます」

提督「え?あ、ああありがとう」

赤城「あの、これ」スッ

提督「お、すごい!全部手作りなのか?」

赤城「はい、喜んでいただいて光栄です。では私は演習があるので失礼します」

提督「気を付けて」

ガチャバタン

提督(赤城は凄いな子供用の服が作れるなんて)

ガチャ

夕立「提督さん早く工廠にいくっぽい!」

提督「どうしたんだ!?」

夕立「早く!」

~~~工廠~~~※少し前

金剛「時雨ちゃんどうしたのデスカ?」

時雨「ちょっとね提督に仕返しがしたいんだよね」

金剛「どうやってデース?」

時雨「簡単に言えばどっきりさ」

金剛「それはおもしろそうネ」

時雨「それじゃあ耳貸して」

~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~

金剛「よくわかったデース!」

時雨「今たぶん夕立が提督を呼びに行ってると思うから」

「こっちっぽい!」

「ど、どうしたんだよ!」

時雨「もう来たね いったと通りにお願いね」

金剛「わかったデース」ダッ

金剛「てーとく助けてくださ~い!」

提督「金剛どうしたんだ!」

時雨「逃がさないよ」

ザクッ

金剛「うッ!(これでいいですか?)」

提督「金剛!!」

時雨「やった!全部できた!(あとは僕が逃げるだけだね)」ダッ

提督「金剛大丈夫か!?」

金剛「て、い、と、く、、、」ガクッ

提督「金剛!金剛!ッ!夕立!明石呼んできてくれ!」

夕立「わ、わかったっぽい!(フフッ見事引っかかったっぽい!)」

提督「金剛ちょっと我慢してくれ!今からドックに運ぶから!」

明石「提督!どうしたんですか!」

提督「金剛を今からドックに運ぶから手伝ってくれ!」

時雨「その必要はないよ」

提督「ッ時雨!!!」

時雨「金剛さん!いま!」

金剛「てーとくやめるデース!!!」

提督「え?金剛大丈夫なのか!?」

金剛「ほら、これを見るネ!」

看板「ほらよ」スッ

ドッキリ大成功!

提督「????」

時雨「初めからドッキリだったんだよ」

金剛「そうなのデース!」ドヤァ

夕立「本当に時雨が殺しちゃいそうでハラハラしたっぽい!」

明石「え?そうなんですか?」

提督「なんだぁよかったぁぁぁ!」ダキ

金剛「え?てーとくどうしたネ」////

提督「よかったよかった」

時雨「金剛さんよかったね」ニヤニヤ

夕立「本当によかったっぽい」ニヤニヤ

~~~~工廠の入り口付近~~~~

白露「明石さ~んどこ~? ん!?」

時雨・夕立ニヤニヤ

白露「あれ私の妹達!? どうしたの!?」

夕立「あ、お姉ちゃんっぽい」ニヤニヤ

時雨「あ、白露ねえさんだ。こっちに来ておくれよ」ニヤニヤ

白露「いやいや!絶対にいや!」

夕立「つべこべ言わずにくるっぽい!」

白露「いやぁぁぁぁぁああぁぁ!」


時雨「金剛さんを殺すと言ったな」

時雨「あれは嘘だ」


後書き

ここまで読んでいただきありがとうございます。
次の作品はこの物語の続きを作っていきたいと思っています。

あと、書いた後に気づきましたが全く鈴谷要素がないですね。
次は出したいと思います。


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2017-10-23 23:31:38

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください