2017-10-29 21:26:19 更新

概要

流石にこの二つのシリーズだけで進行していきます。
これには地の文はありません。
全てキャラのセリフだけです。


前書き

タイトル通りです。
なので艦娘の性格変わりますね。
一応、題名通りの性格である人からやっていこうと思います。
ですが、流石にネタがなくなったら元々言っていた通りに、性格改変を行うので苦手な方はあまり見ないのをオススメします。


キャラ崩壊注意です。


興味本位



提督「はっ、は....?」


青葉「だからですよ?」


青葉「司令官が、もしあの何事にもあまり意欲を示さない子達に好かれているのか.......気になりません?」


提督「......そりゃあ、普通に気になるけど」


青葉「でっすよねー!?気にならないわけありませんよねー!?」


提督「だが......正直怖くはあるな。何事にも意欲を示さない、だから俺の事も何も反応を示さなかったら、今まで何を築き上げてきたのかすらわからん.......」


青葉「まぁ、それはなんだっていいんですよ」


提督「おい」


青葉「......本音をいうと?彼女達が司令官に反応を示さなかろうが、示そうが、面白そうだからなんですよ。その後の反応はどうだって知ったこっちゃないです」


提督「自らスキャンダルを生み出そうとするその行動力は絶賛でもしてやりたいが、上官を少しは労ってくれ?」


青葉「すげぇ」


提督「俺の努力をたったの三文字で済ますな」


提督「......はぁ...乗ってはやるよ、個人的に気になるしな」


青葉「やりぃ!」


提督「......で?どうやって検証するんだよ?流石に仲を切り裂くようなことは...」


青葉「そんな事を致しませんよぉー!簡単な、噂を流すだけです!」


提督「噂?......そんなのであいつらが動こうとするのか?......俺が死んだー、だとか。俺に女が出来たー、だとか。そんなんな訳ないよな?「そのまさかです!」......おっ、おう」


青葉「と言っても、多人数に向かっての噂は勝手に無意識下での捏造などが起きかねないので、一人に向けて噂を流すんです」


提督「ほうほう?」


青葉「そして、その子には口止めをし、その事を意識させる」


提督「ふーん......あ、まさか。その後にドッキリでもするのか?」


青葉「そうです!そんな感じです!」


提督「そうか......まぁ、ドッキリなら同じのだと後々、バレるのも考えると一人一人変えていったほうが良いか」


青葉「そうですね!その分私のネタ帳も潤います!」


提督「口から欲望という名のパンドラの厄災が出てるぞ〜」


青葉「はっ!?......って今更かー!」


提督「もう、この子のメンタルが強すぎてつらひ......」


青葉「とにかく!誰にします!?......この際、一番目は駆逐艦の子達の方で様子見...とか良いかも知れませんね」


提督「凄いな...様子見とかいう、発想できるとか......」


青葉「あー......私って案外...?」


提督「うん、腹黒いだろうね」


青葉「.........」


提督「.........」






二人「「...............」」








青葉「よし!やりますよー!」


提督(あ、逃げたなこいつ)

ーーーー

ーーー

ーー




















望月の場合




望月「...ふわぁあぁあ......」


提督「......とりあえず、今日は秘書艦としてよろしくな?こんな朝早くからすまんが...」


望月「ん.........いや。というかこれが普通でしょ?」


提督「いやまぁ、そうなんだがな?......なんかすみません...」


望月「......なんで司令官が謝るかわからないけど......やろうよー、さっさと終わらせたいからさー」

ーーー

ーー









青葉「今回は望月さんにしましょう!」


提督「なっ...!俺の新しいジャンル“気怠げな女の子”の扉をこじ開いてくれた、今現在はこの鎮守府の癒し系マスコットと言うのもなんだが、しかし確実に皆の母性、ストレスを減らしてくれているあの望月をか!?」


青葉「はーい、説明サンクスですー」


提督「......危うく舌噛むところだった......」


青葉「まぁ、その望月さんなんですが.....慌てている時って見たことあります?」


提督「...ん?......あ、見たことないかも...」


青葉「何故か、今はマスコットというより、オカンですからね...めんどくさがりながらも皆の悩みを聞いてしまっていることから、望月さんは鳳翔さんとは別の意味でのオカンになってますから...」


提督「うん、まぁ、実は俺もその悩みを告発した一人だからなんとも言えないな...」


青葉「私もですがね?」


提督「.........」


青葉「.........」







二人(あれ......?望月【さん】にやるのって皆に喧嘩売るのと同義じゃね?)

ーーー

ーー











望月「......ん?......れいかん.....!司令官!


提督「......ん?」


望月「......ぼーっとしないでくれないかな?......さっさとあたしは寝たいんだ...ふぁ...」


提督(......どうにもこいつが俺について熱心になる気がしないんだがな......)


提督(青葉には過小評価し過ぎですよ。と言われたが...逆に俺が人に好かれる要素がどこにあるんだと)


提督「............」


提督(まぁ、やってみるしかないってね...)


提督「あー、望月...さん?」


時雨「ん?なに〜?」


提督「...喉が渇いたからお茶を注いで来てもらっても構わないか?」


望月「ええ〜.........ちぇ、分かりましたよ〜......いちいち廊下に出ないといけないのがめんどくさいよねー」


提督「はは......」ガチャ、バタン。


提督(......さて、どうなるか...)

ーーーー

ーーー

ーー












望月「んー......ん?あー、青葉さん」


青葉「どうもです!奇遇ですね?散歩か何かですか?って室内で言う事でもありませんね」


望月「うん〜...いや、普通に司令官にお茶を作って渡すだけだよー」


青葉「あー、実際ぶっちゃけた話、自分で注いでこいよと思う時があるのは内緒といいますか......」


望月「そうだねー、でも別に嫌ではないよ?司令官の事は好きだし?」


青葉(!?......隠さないタイプですか...)


望月「上官としても異性としても普通に好きの部類に入るかなー、うん」


青葉「ふむ......望月さんってそういうのはあまり隠さないタイプなんですね?」


望月「......まぁ、隠してるって事はやましい事があるのとイコールだし。少なくとも誰からにも気づかれず、なんてのはあたし自身無理って思ってるしね。どんな隠し事でも聡い人にはバレるもんなんだよ〜......」


望月「というか、さっさと注いで運ばないと...色々とめんどくさくなるんで...」


青葉「あっ、そうでした!すみません......」


望月「じゃぁ......「そういえば好きって言葉で思い出したんですが...“司令官に好きな人がいる”という噂...知ってます?」......は?」


青葉「文字通り、言った通りです。提督に好きな人がいるっていう噂ですよ」


望月「......ああ......好きな人ねぇ...」


青葉「噂、と言っても青葉が発信源になりますが...出来れば望月さんには喋らないで欲しいんです」


望月「......何で?」


青葉「まぁ、こちらの士気に僅かにでも影響があるといけませんし、案外、司令官人気有りますから」


望月「.........そうか...そうだね...」


望月「......って、やばい...司令官にどやされる......いや、あの人怒らないけど...あまり...」


青葉「そうですね、すみません!呼び止めてしまい」


望月「いやいや、大丈夫大丈夫。こういう噂みたいなのはあんまし気にしないし、気にするだけ損なことが多いしね〜」


青葉「確かに、ほとんどそうですねぇ......と、じゃあ青葉はこれで。そろそろ行かないと...」


望月「じゃあ、またです」


青葉「はい!それでは!」ビューン!





望月「.........そっか、居たんだしれーかんにも......」





ーーー

ーー










このSSへの評価

このSSへの応援

5件応援されています


SS好きの名無しさんから
2017-11-05 22:19:05

SS好きの名無しさんから
2017-10-29 22:19:07

SS好きの名無しさんから
2017-10-28 15:38:55

SS好きの名無しさんから
2017-10-21 12:52:07

SS好きの名無しさんから
2017-10-20 11:57:39

このSSへのコメント

3件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2017-10-23 01:39:41 ID: al0qKATL

望月で読み替えるとちょうど合うなぁ
時雨っぽくないけど、キャラ間違えてない?

2: クソネミ…… 2017-10-23 16:06:06 ID: -cCJzdi0

ああ、すみません。一応キャラの改変前提のssなんでこうなるのは仕方ないです。
ですがそうですね。時雨っぽくないのは確かですし、最初はコメントの通りにそういう性格の者からやっていくのが定石かもしれません。なので変えようと思います。
コメントありがとうございました。

3: SS好きの名無しさん 2017-11-05 01:57:40 ID: vK1lPzPk

更新期待してます


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください