2018-01-18 18:58:47 更新

概要

おっさん提督と艦娘の、オープンエロな日常を描きます。
提督は凡人です。 TUEEEE分ゼロです。 っていうか戦いません。
R-18です。 エロ話多めですがガチ描写はありません。

前作(その1):
http://sstokosokuho.com/ss/read/10755


惡の華 : 1. 社長会談


提督 「遠いところはるばるようこそおいでくださいました、社長」


社長 「いえいえこちらこそ。 お会い出来て光栄です提督」


提督 「さ、どうぞお掛け下さい。 おい! 何をトロトロしている! 早くお茶をお出ししろ!」


高雄 「・・・・・・は、はい」


    ・・・ ・・・ ・・・


高雄 「・・・・・・ど、どうぞ」 コトッ


社長 「あ、お構いなく。 ・・・ほぉ~! 彼女も艦娘ですか!」


提督 「え? ああ、はい」


社長 「実は私、こちらに伺って初めて艦娘というものを間近で拝見したのですが、なんとまあ、どなたも別嬪さんですなあ。 これは困った」


提督 「いえいえ、あくまで艦娘は艦娘ですよ。 ヒトとは違います。 同じと思ってはいけません」


社長 「そういうものですか?」


提督 「はい。 そういうものです」


高雄 「・・・・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


社長 「提督、ご武勇はかねがね伺っております。 噂によりますと、八面六臂のご活躍をされているとか・・・」


提督 「滅相もない。 ・・・といいますか、そういう情報は本来あまり外に出ないものなのですが・・・。 民間の方にそう言っていただけるとは、恐縮です」


社長 「こちらにも色々と伝手がありまして・・・。 それで、その伝手によりますと、提督は大佐であらせられながら、未だ独身ですとか・・・」


提督 「いやはや、社長さんも侮れませんなあ・・・」


社長 「いかがでしょう? ここらでお身を固めてしまわれては・・・?」


提督 「ははっ、流石は社長さんでいらっしゃる。 本題に入られるのがとても早い」


社長 「事前にお伝えした通りですから。 ・・・して、いかがですかな? 私どもの縁談の件、ご一考いただけましたかな? 」


提督 「ご覧の通り、私は軍人ですよ。 しかも前線の。 お相手方を幸せにできるとはとても思えませんが・・・」


社長 「私も一介の事業主として、及ばずながらお気持ちは分かるつもりです。 ですが、良いものですよ。 誰かが寄り添ってくれるというものは・・・」


提督 「・・・確か、お相手の方は・・・」


社長 「はい。 私どもの次女です。 まだまだ世間知らずですが、愛情だけは込めて育てたつもりです」


提督 「ご紹介の文(ふみ)を拝見しましたが、とても清楚で気立ての良い娘さんですね。 凛としていて芯もありそうな・・・」


社長 「ありがとうございます」


提督 「しかし、この春に学院を卒業されたばかりとか・・・。 いささか歳が離れすぎていては・・・?」


社長 「いえいえ。 この程度はよくあることですよ」


提督 「ふむ・・・」


社長 「まずは一度、顔を合わせてお話をされてみてはいかがですか?」


提督 「・・・・・・(ボソッ) 18歳か」 ニタァ・・・


社長 (・・・・・・え?)


惡の華 : 2. ぼくがかんがえたさいきょうのブラ鎮


提督 「・・・でしたら、こういうのはいかがでしょう?」


提督 「まずはお互いを知る上でも、娘さんにはこちらに来ていただいて、しばらくこの鎮守府で滞在されてみては・・・?」


社長 「滞在、ですか・・・?」


提督 「ええ。 ここなら戦禍にさらされることはまずありませんし、衣食住全て整っております」


社長 「・・・なるほど・・・」


提督 「艦娘どもも私の言うことには従いますので、いくらでも小間使いに使えます」


社長 「とっ、とんでもない! 護国の御神体に対してそのような・・・」


提督 「ああ、あれらはそんな巷で言われるような御大層なものではありませんよ。 正直、従順すぎてつまらぬと思っているところです」


社長 「・・・・・・」


高雄 「・・・・・・」


提督 「ここでの暮らしは、娘さんにも良い社会経験になるでしょう。 女学院を出て、新しい世界を開く喜び・・・素晴らしいではありませんか」


社長 「・・・・・・」


提督 「娘さんの準備が整いましたらお伝え下さい」


社長 「・・・少し、考えさせて下さい」


提督 「よしなに。 ・・・それでは、別件の方へ参りましょう」


社長 「えっ?」


提督 「社長には及びませんが、私も話が早いのが好きでしてね・・・。 おい、アレ持ってこい!」


高雄 「・・・・・・はい。 こちら・・・でよろしいですか?」 スッ


提督 「グズグズするなよ!(パシッ) ・・・さて社長、こちらをご覧ください」 スッ


社長 「・・・・・・これは・・・?」 ペラッ


提督 「社長ならお分かりになるでしょう? ・・・ウチで 『使ってしまったことにできる』 資材のリストです」


社長 「・・・・・・」


提督 「こんなご時世ですからね。 お互い何かと入り用でしょう。 便利ですよ。 帳簿に載らない蓄えというのは・・・」


社長 「・・・い、いえ、私は・・・・・・」


提督 「おや? わざわざこちらまで足をお運びくださったのは、てっきりこれが目的かと思ったのですが・・・」


社長 「その・・・そのようなつもりでは、決して・・・」


提督 「ふむ・・・。 じゃあこっちかな? オイ! この前のアレ持って来い」


高雄 「・・・・・・申し訳ございません提督。 『アレ』 とは一体・・・」


提督 「チッ・・・つっかえねえ奴だなオイ!」 ワシッ


高雄 「あっ! うっ・・・。 申し訳ありません・・・。 あの・・・胸を・・・やめて下さい。 お客様の前で・・・」


社長 「て、提督! やめてあげて下さい! 流石に目に余ります!」


提督 「おや? 社長、こういうのはお気に召しませんか?」 モミモミ


高雄 「ぁ・・・うぅ・・・・・・」


社長 「な、何を・・・・・・」


提督 「ここは誰の目も憚ることない鎮守府。 宜しければ、楽しんでいかれませんか? お好みの艦娘をお貸ししますよ?」


社長 「な・・・っ!?」


提督 「社長さん、貴方は立派なお方だ。 今までご家族や部下を守って、真っ直ぐに邁進して来られたのでしょう? そしておそらくこれからもずっと・・・」


社長 「・・・・・・」


提督 「ですが、長い人生、ここらでご褒美のひとつもあってもいいのではないですかな? ご家庭とも会社とも離れて、ね。 貴方にはその資格がある」


社長 「提督・・・貴方は一体何を・・・」


提督 「私はね社長。 貴方と今後とも良い関係を築いていきたいのですよ」


社長 「・・・・・・」


提督 「これから家族ぐるみのお付き合いになるかもしれませんしね。 社長もそれがお望みでいらしたのでしょう?」 ニヤニヤ


社長 「・・・・・・っ!?」


提督 「私に目をつけられるとは流石です。 今日は泊まっていって下さい。 お互いのメリットについて話し合いましょう。たっぷりとおもてなししますよ」 ニタァ


社長 「っ・・・!? き、急用ができましたので、これにて帰らせて頂きます!」 バッ


    ツカツカツカ バタン


提督 「・・・・・・そうですか・・・。 それはとても残念です・・・・・・」


惡の華 : 3. ・・・という冒頭だったのさ


高雄 「・・・・・・・・・・くっ」


提督 「・・・・・・・・・・ぷっ」


高雄 「あははははっ! あははははっ!」


提督 「あはははは! 俺テラ悪徳商人www」


高雄 「『アレ持ってこい!』 とかwww ドヤ顔でwww」


提督 「うっさいわバカwww」


高雄 「ちょいワル提督かわいい・・・うくくっ・・・」


提督 「かわいいってなんだよかわいいいって! また胸揉みしだくぞコノヤロウ!」


高雄 「くっ、殺しなさい! 貴方の辱めを受けるくらいなら死んだほうがマシよ!」


提督 「お前自分のキャラよく分かってやがんな」


高雄 「勉強しましたもの。 ・・・で、私はどこのオヤジへ貸し出されるのかしら?」


提督 「すみませんでしたぁぁ~~!!」 ドゲザ


高雄 「提督、この高雄が思いっきりいじめてあげましょうか? なんせ、私たちは従順すぎてつまらないそうですから」


提督 「もう許して・・・」


高雄 「ふふっ、冗談よ♪」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「はぁ~・・・演技しんどかった~・・・」


高雄 「そう? 私は結構面白かったわ。 まあ、これで提督の縁談もなくなりましたね」


提督 「うん。 あの社長だけじゃなく、たぶん今後こういう話が舞い込んでくることもなくなるだろうな」


高雄 「え、なんで?」


提督 「あの人が言いふらすから」


高雄 「大変じゃない!? ウチがブラック鎮守府としてゴシップ記事に・・・!」


提督 「たぶん大丈夫。 伝わるのはあのグループと繋がりのある社交界だけ。 社長の人となりはちゃんと調べた」


高雄 「どういうこと?」


提督 「あの社長ってさ、叩き上げからの入婿なんよ。 現グループ会長の一人娘に見初められて、財閥の一員入りした感じ」


高雄 「うわぁ・・・逆玉だったんだ・・・」


提督 「今回の縁談はからさまに政略結婚だけど、軍とコネを作りたいとか人脈を広げたいとか、もっと真っ当な方面が目的」


高雄 「まあ、堅実な経営しそうなタイプに見えたわね・・・」


提督 「ちゃんと我が国を支える人達だからな。 品格も規律も清廉さも、長期的に見れば儲けに繋がると分かってる」


高雄 「そういうもの?」


提督 「そういうもんよ。 だから、さっきの俺みたいなのは許せない。 どう考えても内側に取り込んだら毒にしかならん」


高雄 「あら、お気の毒様」


提督 「んで、類友というか、まあ立場と志を等しくする人達は、集まってそこだけで情報共有し合う」


高雄 「あぁなるほど! つまり、提督は今回ので、我が国のホワイト財界にブラックリスト入りを果たしたわけね!」


提督 「まあそうなるな。でもたぶん、そのブラックリストは表に出ない。 あちらさんの商売道具だからな。 情報は絞るもんだ」


高雄 「ふーん。 そういうものですか・・・」


提督 「妙な正義感出すような下手くそな連中でもあるまい。 まあひっそりと俺からフェードアウトしていくだろうよ」


高雄 「じゃあ、当面はクソ提督として安泰ですね♪」


提督 「お前容赦ないな・・・。 まあその通り。 あの社長があんな薄っぺらい誘惑に乗らない人でよかった。 まだまだこの国も捨てたもんじゃないね」


高雄 「乗ってたらどうしました?」


提督 「それは・・・正直考えてなかったな。 ゲス役として物別れするプラン一本だったから・・・」


高雄 「ちなみに、お相手がはじめからゲスだった場合は?」


提督 「そんときゃこっちが正義漢役でドン引いてやってたさ。 でも俺アドリブ弱いから、はじめからどっちかに配役決めさせてください・・・」


高雄 「結構大雑把なプランなのね・・・」


惡の華 : 4. くーろーまーくー


    コンコン ガチャッ


大淀 「提督、社長をお見送りしてきました。 首尾は上々のようですね」


提督 「ご苦労様。 作戦参謀殿」


高雄 「あら大淀。 今回のはあなたの発案なの?」


大淀 「ええ、まあ・・・。 提督から急に 『お見合い話を潰したい』 と泣きつかれまして・・・」


提督 「言い方悪いなオイ。 まあ相談に乗ってもらったのは事実だけども・・・」


大淀 「・・・にしても、今どき政略結婚とは・・・。 おモテになるんですね提督殿」


提督 「イヤミか貴様。 俺これでも大佐だぞ。 軍のお偉いさん」


高雄 「そういえばすっかり忘れてたわ」


提督 「オイコラ。 ・・・まあ実際、佐官以上で独身っていう掘り出し物は数が少ない。 言っちゃなんだが、書類だけ見りゃ優良物件って自覚はあるよ」


大淀 「確かに。 提督もういいお歳ですのに・・・。 ホモ疑惑とか平気ですか?」


提督 「・・・ノーコメント。 ただ、実際上からも 『体裁悪いから身を固めろ』 ってせっつかれてるよ」


高雄 「うーん・・・民間企業が軍のお偉いさんなんかと繋がり持って、いいことなんてあるんでしょうか?」


提督 「今の海軍はお前らのお陰でデカい顔できてるからな。 嫡子はともかく、次女・三女あたり送り込んでパイプ繋げとくのは悪い手じゃねえよ」


大淀 「生き馬の目を抜く世界ですね」


提督 「そんなわけで、こっちが乗り気ならいくらでも見合い話は舞い込んでくる。 だから大本営にはちゃんと 『お世話不要』 って伝えてある」


高雄 「さっきのは?」


提督 「あれは目ざとく自力でアプローチしてきた例。 大変珍しい。 やっぱやり手の社長さんは違うわ」


高雄 「ふーん・・・」


提督 「妙に乗り気で困ったよ。 ああいうのも営業のうちに入るのかねえ・・・。 お陰でこんな小芝居を打つ羽目になった・・・」


大淀 「珍しいと言えば、もう一方(ひとかた)、提督にご執心なのがいらっしゃいましたね」


提督 「・・・アレか・・・。 あの子とは旧知の仲でな。 なまじこっちのやり方を知られてるだけに、手の打ちようがない・・・」


大淀 「提督のここでの生活を知ったら、普通はドン引きすると思うのですが・・・」


提督 「だよなぁ・・・。 わけがわからん。 なんなんだあいつ。 はよ他のまともな男探せ」


大淀 「・・・そこまで理解があるなら、いっそ仮面夫婦にでもなってみては? 案外八方うまく収まるかもしませんよ」


高雄 「えっ?」 ピクッ


提督 「・・・いや、独身のままでいいよ。 なあ高雄」 スッ


高雄 「・・・バカめ、と言って差し上げますわ」 プイッ


提督 「無遠慮に胸を揉ませてもらった責任くらいは取らせてもらうよ」 ナデナデ


高雄 「・・・それこそ、バカめ、ですわ (////)」 クルクル


高雄 (・・・正直、あの強引な感じも悪くはなかったのだけれど、言わぬが吉ですわね・・・ ////)


大淀 「・・・提督、イチャイチャするのも結構ですが、私へのご褒美も忘れないで下さいね」


提督 「新しいメガネでいいか?」


大淀 「いらんわボケ! 勝手にメガキチキャラにしないの! たまには私も構いなさい」


――――――――――――――――


明石 「らっしゃいらっしゃい! 本日の目玉商品はコレ! 『衝撃! 提督が艦娘をゴミのように扱う貴重映像!』 安いよ安いよー!」


潮 「・・・・・・く、下さい (////)」 ドキドキ


曙 「潮っ!? だ、ダメよ! クソ提督のクソなとこなんて見たら目が腐っちゃうわ!」


潮 「曙ちゃん・・・曙ちゃんも、一緒に見よ?」


曙 「・・・・・・うん」


伊168 「あの映像見た? すごいね~!」


伊401 「あはは見た見た! 提督が悪役超頑張ってるの。 マジうける♪」


伊19 「提督が強引なのも悪くないのね! イク、今度直に願いするの!」


    ・・・ ・・・ ・・・


青葉 「明石、売上は順調のようですね」


明石 「ええ青葉。 お陰様でね。 また頼むわ」


青葉 「任せて下さい! この青葉、スクープ盗撮にかけては右に出る者はいません!」


    ・・・ピンポンパンポーン↑


提督 『青葉、明石。 至急執務室まで出頭せよ。 以上』


    ・・・ピンポンパンポーン↓


明石 「もうバレたか・・・」


青葉 「うえぇ・・・。 ・・・ハッ!? これでまた貴重なお仕置きシーンが撮れるかも・・・!」


明石 「あんた少しは自重しなさいよ・・・」


第一次コタツ大戦 : 1. 正面海域を死守せよ!


    スタスタスタ・・・


提督 「ふんふんふーん♪ ・・・会いたかった・・・。 会いたかったぞ、コタツ!」 スタスタ・・・


提督 「君の圧倒的な性能に私は心奪われた・・・。 この気持ち、まさしく愛だ!」 スタスタ・・・


    ガチャッ


提督 「ってなわけで、コタツ開き一番乗り~♪ ってうおおぉぉいっ!!?」


初雪 「・・・・・・」 ペラッ


望月 「~~♪」 ピコピコ


    ヌクヌク・・・


提督 「バカな・・・なんて早さだ・・・。 コタツ出してちょっと目を離しただけだったのに、もうすっかりくつろいでやがる・・・」


初雪 「ん。 司令官、おつかれ~・・・」 ペラッ


望月 「おつ~・・・」 ピコピコ


提督 「うっわこいつら・・・。 マンガと携帯ゲームから目を離しすらしねえ・・・」


初雪 「司令官も早く来なよ~。 仲間に入れてあげりゅぉ~・・・」


提督 「おい最後までダレずに話せ。 あとそのコタツ用意したの俺」


望月 「一緒にダメ人間になろうぜ司令官。 あとこのボス意外と硬い。 なんとかして」 ピコピコ


提督 「お前のゲームの中身なぞ知らんがな。 んじゃ、お邪魔するわよぉ~」


    モゾモゾ・・・ ヌクヌク・・・


提督 「あ゛~~~~・・・・・・」


望月 「おっさんか」


提督 「そんなこと言う奴にはこのお土産はやらん」


望月 「ん? (チラッ) おおっ! みかんと鈴カステラ! いいねえコタツ映えするねぇ! さすが司令官様わかってる! よっ日本一!」


提督 「調子いいなぁお前・・・。 まあ、余ったら置いとくつもりで多めに持ってきたから、好きにつまむといい」


初雪 「でも湯呑みが1個・・・。 司令官、私達のお茶は~?」


提督 「ねぇよ。 お前らがいるとは思わなかったもん。 欲しけりゃ自分で淹れてこい」


初雪 「この鬼! 悪魔! こんな鬼畜任務今まで受けたことないよ!」


提督 「お前の基準どうなっとるんだ・・・」


初雪 「まあいいや。 とりあえずみかん食べたい。 食べさせて」


提督 「いや自分で剥いて食えよ」


初雪 「・・・司令官、ウチの家訓にこういうのがある。 『マンガを読む時は手を汚すべからず』」


提督 「・・・で、俺に食わせろと? アホか! マンガ閉じて起き上がってこい!」


初雪 「や! 今ちょうど美味しそうなバトルがはじまるとこなの。 ・・・あそうだ! 今すぐザッハトルテ作ってくれたら言うこと聞く」


提督 「は? なんで突然・・・あっ! さてはそのマンガに出てきたな! すぐ流されおってからに・・・」


望月 「ん~、あたし今は洋梨のタルトって気分じゃないんだよね~・・・」 ピコピコ


提督 「・・・お前はお前で、食えもしないゲーム内の回復アイテムにダメ出しすんな」


望月 「司令官。 あたしの祖母の遺言も 『3DSで遊ぶときには手を汚すな』 だったんだ・・・。 みかんはよ」


提督 「最新ゲーム機に理解あるばあちゃんだなオイ。 ってか誰や!? お前ここの工廠生まれだろが!」


初雪望月 「「みーかーんー! みーかーんー!」」 ゲシゲシ


提督 「やめろ! わかったからコタツの下で足蹴んな!」


第一次コタツ大戦 : 2. 補給線を確保せよ!


    ムキムキ・・・


提督 「ホレ初雪。 皮を剥いた俺のアレだ。 うまそうに頬張れ」 スッ


初雪 「あー・・・んっ」 パクッ モグモグ・・・


提督 「ツッコめや!」


初雪 「んー・・・甘みが足りないね。 60点」


提督 「くそう、下ネタはスルーか・・・。 まだ旬じゃないからな。 大目に見てくれ」


望月 「司令官司令官。 あたしにも固くて太いのを・・・」


提督 「ありがとうもっちー。 でもその形容詞、みかんと何一つ掛かってないぞ」 スッ


望月 「あ・・・ん・・・」


    パクッ ヌロン


提督 「うひゃぁぃっ!? 指ごと食いつくな! ドキドキしちゃうだろ!」


望月 「(モグモグ) ごめん。 よく見てなかったから照準甘かった。 あと指ちょっとしょっぱかった」


提督 「画面に釘付けかよ・・・。 あ、そういえば俺さっきトイレ行ったあと手洗ったっけ?」


    ゲシゲシ ゲシゲシ


提督 「痛い痛い! 冗談だって! いつも洗ってるから!」


初雪 「司令官引くわー・・・。 あ、おかわり。 あーん」


提督 「お前引くなら引けよ。 口開けて雛鳥か。 ほい」 スッ


    パクッ ヌロン


提督 「おほぃっ!? なんでお前まで指くわえた!?」


初雪 「いやぁ~照準甘くってさぁ~」


提督 「・・・今度指に唐辛子塗ったろか・・・」


初雪 「それ自分で目こすって自爆するやつだよ。 あとみかんの白い筋の取り残しが甘い」


提督 「手厳しいなお嬢様!」


望月 「ん」 クイッ


提督 「ん」 スッ


望月 「ん」 パクッ モグ・・・


望月 「ッ!? ペッ! これ皮!」


提督 「フッ・・・よく見てないからそういう目に遭うのだ」


望月 「ちぃっ、司令官の分際で・・・」


提督 「画面とかマンガとか見てないでもっとボクを見てよ! こんなに立派に育ったボクをさあ!」


望月 「うわ~こいつめんどくせえ~」


初雪 「寂しがりか。 ほら初雪がつきあったげるよ。 次よこしな。 あーん」


提督 「そんな初雪にはこっちをやろう」 クイッ


初雪 「ん・・・・・・」 パクッ モグモグモグモグ・・・


提督 「クックック・・・。 鈴カステラは喉が渇くだろう・・・?」


初雪 「・・・・・・」


    ムクッ ガシッ ズズッ


提督 「あっお前、俺のお茶を勝手に・・・」


初雪 「ふぅ~・・・。 司令官、寝っ転がって飲めるやつ持ってきてよ。 紙パックでストローのやつとか」


提督 「お行儀悪いので許可しません。 ちゃんと座って飲みなさい」


初雪 「まあとりあえずはこれでいいや」


    パクッ モグモグ ズズッ


提督 「・・・最後にお茶飲み干した奴がおかわり持ってくることな」


望月 「・・・・・・」


    ムクッ ガシッ ズズッ


提督 「あっコラもっちー。 ここぞとばかりに余裕のあるうちに飲みに来んな」


望月 「(モグモグ) うん。 鈴カステラもうまいね」


提督 「間宮さん特製だからな。 たこ焼き器でポコポコ作れるらしい」


望月 「(ズズッ) ふぅ・・・。 司令官、あたし次は冷たい麦茶がいい。 コタツのせいでちょっと暑い」


提督 「こんの贅沢もんが! 外出て頭冷やしてこい!」


初雪 「ん~・・・私も冷たい麦茶でいいや。 んじゃ司令官よろしく~ 」


提督 「ふざけんなよお前ら。 なんで俺がおかわり持ってくることになってんだよ?」


望月 「いやだってほら・・・ねえ?」


初雪 「ねえ?」


提督 「くそう、結託しやがって・・・。 じゃんけんしようぜじゃんけん! はいじゃーんけーん・・・」


初雪 「・・・・・・」


望月 「・・・・・・」


提督 「ノッてこいよ!」


初雪 「多数決なら付き合ったげるよ」


提督 「オチが読めるわ! ・・・もういいよ。 冷たい麦茶3つでいいな?」


望月 「あとスルメとか酢昆布とかあられ的なもん」


提督 「おっさんか!」


初雪 「あとザッハトルテ」


提督 「だからねえっつの!」


    ・・・ ・・・ ・・・


    ガチャッ


提督 「ほい、おまたー。 スルメと酢昆布は確保できたぞ」 コトッ


初雪 「・・・・・・・・・・・・あ、うん・・・」 ペラッ


望月 「・・・・・・・・・・・・そこ置いといて・・・」 ピコピコ


提督 「・・・・・・なんだろう・・・これがオカンの気持ちか・・・」


第一次コタツ大戦 : 3. 敵の侵略威圧行動に応戦せよ!


初雪 「・・・・・・・・・・・・」 ペラッ


望月 「・・・・・・・・・・・・」 ピコピコ


提督 「・・・・・・・・・・・・」


提督 (・・・・・・望月が、コタツの下で俺の足の上に足乗っけてきてる・・・)


望月 「・・・・・・・・・・・・」 ピコピコ


提督 (まあ、そのくらいは許容してやろう・・・。 問題は初雪の方だ・・・)


初雪 「・・・・・・・・・・・・」 ペラッ


    ペシッ・・・ ペシッ・・・ ペシッ・・・ ペシッ・・・


提督 (・・・コイツ、リズミカルに俺に向かって足パタパタさせてきやがる・・・)


提督 (・・・とりあえず、空振りさせてみるか・・・)


    ペシッ・・・ ペシッ・・・ スカッ・・・


提督 「・・・・・・」 ニヤリ


初雪 「・・・・・・・・・・・・」


    グリグリグリグリ・・・


提督 「っ! ・・・・・・ (ニャロウ・・・逃げにくいふともも狙ってきやがった)」


初雪 「・・・・・・」 フフン


提督 「・・・・・・ (・・・そういうことなら、こちらにも考えがある)」


    ・・・・・・ツー・・・


初雪 「っ!? (////)」


提督 「・・・・・・ (お返しだ。 足の裏でふとももの内側を撫でさすってやる。 ククク・・・リーチの差を思い知れ!)」


初雪 「・・・・・・」 キッ


    グニッ グニグニグニ・・・


提督 「っ!!? (マジか初雪・・・!? 直接狙ってきやがった・・・ッ! 俺の・・・急所を・・・ッ!)」


初雪 「・・・・・・ (フー フー ////)」 グニグニ


提督 「・・・・・・ (クッ・・・このままでは分が悪い・・・。 あんよの刺激が俺のおチ●ポ様に左右から・・・って左右っ!?)」


望月 「・・・・・・ (////)」 グニグニ


提督 「・・・・・・ (バカな・・・いつの間にかもっちーが参戦してる・・・だと? くそう、勘付かれたか・・・)」


望月 「・・・・・・ (・・・楽しそうなことになってるじゃないか。 仲間外れは許さないよ・・・!)」 グニグニ


提督 「・・・・・・ (くそっ! こうなったらこちらにも迎撃を・・・!)」


提督 「・・・・・・ (・・・いや、その前に・・・)」


提督 「・・・・・・・・・・・・お前ら・・・いいんだな・・・?」


初雪望月 「「・・・・・・」」 ピクッ


提督 「・・・・・・これは、戦争だぞ・・・?」


第一次コタツ大戦 : 4. HA/MO両面同時攻略作戦!


望月 「・・・・・・ (////)」 コクン


初雪 「・・・・・・ (////)」 コクン


提督 「・・・・・・・・・そうか。 わかった・・・」


    グッ


提督 (両足の親指をそれぞれのワレメに・・・あくまでソフトに・・・)


    クニュッ


初雪望月 「「っ!!? (////)」」


提督 「言っただろう・・・? これは・・・戦争だと・・・!」


初雪 「ふ・・・ふふ・・・望むところ・・・ (////)」


望月 「・・・司令官こそ、あたし達二人がかりにかなうとでも思ってるの?」


提督 「舐めるなよ・・・。 あ、でもこれだけは注意させて。 棒はまだしも、玉はとてもデリケートだから。 外付け内臓だから。 一歩間違うと死ぬ」


望月 「司令官こそ舐めないでよね。 あたし達は艦娘。 精密動作ができない者などいない」


初雪 「そういう司令官こそ気をつけてよ。 そこがデリケートな部分なのは私達もおんなじだし・・・ ////」


提督 「ふっ・・・場数で分があるのは俺の方だ。 百戦錬磨の絶技、見せてやろう・・・」


    フワッ・・・ フワッ・・・


提督 (あくまで基本はフェザータッチ。 しっかりと緩急をつける)


提督 (ときどき範囲を広げて虚を突く。 緊張と安心との間の揺れ動きを手玉に取る)


提督 (クリは慎重に・・・。 『偶然当たっちゃった』 風を装いながら、反応を見て頻度を変えていく)


提督 (悪いが左右の足で別々の動きは無理だ。 微調整しながら、ほぼ同じ動きで、二人から同じ反応を狙う)


    グニッ・・・ グニッ・・・


初雪 (うっわ・・・。 司令官これマジな動きだ・・・。 油断すると持ってかれる・・・。 応戦しないと・・・)


初雪 (成り行きで、私が提督のアレの根元担当、もっちーが先っぽ担当ってことになったっぽい・・・)


初雪 (ど、どうしたらいいんだろうこれ? ・・・とりあえず、お腹側に押し付けてみよう。 えいっえいっ)


初雪 (つ・・・強くないかな? 大丈夫かな? うわぁ・・・棒硬い・・・コリコリしてる・・・ ////)


    クリッ・・・ クリッ・・・


望月 (う、うわぁぁなんだコレなんだコレ!? どうしてこうなった!? ハズいハズいハズいっ! ////)


望月 (司令官の足の先があたしのお股に・・・! 逃げたい腰引きたい! でもなんか二人とも逃げない雰囲気・・・)


望月 (ええい死中に活だこの野郎! えっと・・・こんな感じ? なでなで・・・。 うわぁ感触ソーセージみたい・・・ ////)


望月 (ひゃあぅっ!? 司令官、いまの刺激強い! くそう反撃だ。 もっと強くしてやる!)


    クニュ・・・ クニュ・・・


提督 「・・・・・・」


初雪 「・・・っ・・・っ (////)」


望月 「・・・・・・~~ (////)」


    ・・・ ・・・ ・・・


    クチュ・・・ クチュ・・・


提督 (二人とも結構湿ってきたな・・・。 濡れ具合は・・・望月のほうがちょい多めか。 結構意外・・・)


提督 (感じてくれるのは嬉しいが、布越しの柔らかなタッチが難しくなった・・・)


提督 (だが、幸いにもこちらの防御は余裕だ。 二人とも責め方が手探りな上に、今やもう自分の側で耐えることに精一杯らしい)


    グッ・・・ グッ・・・


初雪 (・・・も、もうダメ・・・。 自分でも何してんのかわかんにゃい・・・ ////)


初雪 (・・・くっ、殺せ! ////)


    グイ・・・ グイ・・・


望月 (・・・もういいから・・・勝負とかもういいから・・・ ////)


望月 (終わらせて・・・イかせて・・・・・・ ////)


    クリュ・・・ クリュ・・・


提督 (・・・・・・頃合いか・・・)


提督 「・・・二人ともよく頑張った。 楽にしていいぞ。 最後ちょっと強めにするから受け入れろ」


初雪 「・・・・・・ん (////)」


望月 「・・・・・・うん (////)」


提督 「よっし行くぞ! おりゃ・・・」


    ピッキーン!


提督 「ぁああああぁつったー! 足つったぁあぁあぁーーー!!」


    ゴロゴロゴロゴロ・・・


提督 「くぅっ・・・疲労の蓄積が・・・・・・」


望月 「・・・・・・ぇ、ぇぇ~~・・・・・・」


初雪 「・・・・・・ないわ~・・・・・・」


    ・・・モゾモゾ・・・ モコッ


多摩 「・・・提督、いくらなんでもそれはないにゃ。 二人とも不完全燃焼にゃ」


提督初雪望月 「「「!!?」」」


双龍弓道教室: 1. 日々是修練


蒼龍 「そう。 そのまま・・・・。 体の中心線を意識して。 足の位置は動かさないでね・・・」


飛龍 「背筋伸ばして。 呼吸を落ち着ける。 目線は的の方」


提督 「・・・・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


蒼龍 「次。 打起(うちおこ)しから引分(ひきわ)けへ。 いい? ゆっくりとよ?」


飛龍 「ホラ、ガイドしたげる。 右手は額より上から頬付(ほおづ)けへ。 両手とも水平に保って。 ゆっくりと引く」


提督 「・・・くっ・・・キツイな・・・」


蒼龍 「慣れてないとそうだね。 だから慣れるまで鍛錬が必要」


飛龍 「あはっ。 提督、プルプルしてる。 こりゃしばらくかかるねー」


提督 「むぅ・・・・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


蒼龍 「はいっ! じゃあ、これまでの射法八節を、1分かけてゆっくり行うよ。 とりあえず10セット!」


提督 「うえっ!?」


飛龍 「おかしかったらすぐ指導するからね。 変な癖つけないように」


提督 「く・・・もう全身しんどいんだけど・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


蒼龍 「まっ、今日はこんなもんにしときますかっ」


飛龍 「提督、お疲れ様♪」


提督 「ありがとうございましたー!」


蒼龍 「お茶持ってるくるからちょっと待っててねー」


提督 「いえっふー!」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「ふぅ・・・。 まさかこんなことになるとは・・・」


飛龍 「にひひっ! アテが外れたでしょ?」


提督 「(ギクッ) な、なんのことかな? 俺はただ、弓道体験入門したかっただけですじょ?」


蒼龍 「どうせ初心者指導にかこつけてキャッキャウフフしたかったんでしょ? ガチなら赤城さんと加賀さんのとこ行ってるもん」


提督 「くぅ~、なんも言えねえ・・・」


飛龍 「他のスポーツとかだったら、提督のお望み通り、もっとテキトーに楽しくやってもよかったんだけどねー」


蒼龍 「ひとたび弓道場に足を踏み入れたからには、おふざけは許さないよ!」


提督 「すまん、侮ってたわ・・・。 さすがは二航戦と言ったところか。 弓も触らせてもらえないし・・・」


飛龍 「素人に本物の弓引かせるわけないじゃん。 練習用のゴム弓でじゅうぶん」


提督 「俺もスカッと飛ばしたい」


飛龍 「弓道ってそういうんじゃないんだけど・・・。 もう少し練習したらね」


提督 「もう少しってどのくらい?」


蒼龍 「ん~そうだね~・・・。 私達と、あと赤城さん、加賀さん、鳳翔さんあたりからお墨付きもらったら」


提督 「無理ゲーにも程がある!」


飛龍 「やだなー、ちゃんと合格ラインは一般人レベルにするって♪」


提督 「信用ならねえ・・・」


蒼龍 「提督、弓というのはれっきとした武器よ。 いわば抜き身の真剣と同じ。 心得がないとすぐに大事故に繋がるからね」


提督 「ああ、それはお前らのを見学してよく分かったよ。 ・・・おっそろしいもんだな。 あれが本物の弓矢ってもんか・・・」


蒼龍 「そう。 一般人なら、ひとたび射線に入ったら、もうよけることも防ぐこともできない。 どうしようもなく速くて鋭い。 それが弓」


提督 「あんなんもう祈るしかないやん・・・。 昔の足軽とか頭が下がるわ・・・」


飛龍 「射る方も下手すると危ないしね。 引き絞った和弓の復元力は、耳でも指でも簡単に切り飛ばすよ」


提督 「こわっ!」


蒼龍 「だからここではちゃんとしてね。 先生の指示には従う。 礼節を重んじ、清く正しく!」


提督 「はい! 先生!」 ビシッ


飛龍 「袴姿で敬礼だと変な感じだねー。 そこは礼だよ」


提督 「あそっか。 つい海軍式の癖が・・・」


飛龍 「あははあるある。 提督、その袴姿、なかなかサマになってるよ」


提督 「そう? あんがと。 こんなん着たの士官学校以来だよ。 あの頃は剣道やらされたっけな・・・」


蒼龍 「提督っていつも軍服なイメージあるから、なんか新鮮・・・。 久しぶりに着た感想はどう?」


提督 「・・・・・・スースーします (////)」


飛龍 「キモっ!」


提督 「ぷぷっぴどぅ~♪」


蒼龍 「袴でそれは無理がある・・・」


提督 「・・・それはそれとして、お前ら二人とも胸当て付けないのな」


蒼龍 「まあね。 私達艦娘だからね。 きっとこれでちょうど良いようにできてんだよたぶん」


提督 「なんか自分のことなのに曖昧だなぁ」


蒼龍 「自分のことなんて自分じゃわかんないもんだよ」


提督 「唐突な哲学」


飛龍 「提督は私達にも胸当てあったほうがいいと思う?」


提督 「ないほうがいいです!!」


飛龍 「うわっ、力説!?」


提督 「正直、さっきの指導中も、ときどきぽよぽよ当たって最高でした!」


蒼龍 「・・・とりあえず、今のを一航戦と五航戦に伝えとこっと」


提督 「やめてくださいお願いします!」 バッ


蒼龍 「『礼節を重んじ』 って、そういう意味で言ったんじゃないんだけど・・・」


双龍弓道教室: 2. 明鏡止水


提督 「ところでさ、こんな弓道場での練習って、お前らの鍛錬になるの?」


飛龍 「ん~・・・あくまで 『精神を培う』 って感じかな。 どっちかって言うと」


蒼龍 「戦闘訓練なら、ちゃんと艤装付けて演習用の設備使ったほうが効果はあるね」


飛龍 「まあ、技術で伸び悩んだ時とかにこっちに来ると、案外解決することもあるんだけどね」


提督 「ふうん、そういうもんか・・・。 ねえ、もっぺん射るの見せてもらっていい?」


蒼龍 「ん? いいよー。 ちゃんと人間の正式な型でやるから、よく見て参考にしてね」


提督 「九九艦爆(乳)大丈夫?」


蒼龍 「言わないの!」 ポカッ


    ・・・ ・・・ ・・・


蒼龍 「・・・・・・」 グッ


    キリキリキリキリ・・・


蒼龍 「・・・・・・・・・・・・」


提督 「・・・・・・・・・・・・美しいな」 ボソッ


蒼龍 「・・・っ!」


    ヒュンッ カッ


飛龍 「はずれ~♪」


蒼龍 「~~~~ (////)」 キッ


提督 「す、すまん! こんなに呟きが響くとは思わんかった・・・。 集中の邪魔した・・・」


蒼龍 「むぅ~~・・・ (////)」


飛龍 「あ~いいのいいの提督。 この程度で心を乱す蒼龍が悪いんだよ」


蒼龍 「う・・・それを言われると・・・」


飛龍 「鍛錬が足りないね~♪」


蒼龍 「・・・今ちょっとイラッとした。 飛龍、あんたもやんなさい。 んで提督は野次って心を乱す役」


飛龍 「えぇ~~・・・?」


蒼龍 「ちょうどいい鍛錬方法じゃん」


提督 「ふぅ、そういうことならしゃあないな。 及ばずながら協力させていただこう!」 ワクワク


飛龍 「なんで提督まで乗り気なの!?」


    ・・・ ・・・ ・・・


飛龍 「・・・・・・」 グッ


    キリキリキリキリ・・・


提督 「・・・・・・下着見えてるぞ」 ボソッ


飛龍 「・・・・・・っ」 イラッ


    ヒュンッ カッ


蒼龍 「おっ、ど真ん中!」


飛龍 「・・・・・・私のこと褒めてよ提督! 期待してたのに!」


提督 「えぇ!? そっち!?」


飛龍 「あんな見え見えの嘘に引っかかるもんか! バカ!」


蒼龍 「はいはい。 飛龍、まだ乙矢(おとや)が残ってるよ」


飛龍 「もうっ! 次はちゃんと褒めてよね提督!」


提督 「趣旨変わってない!?」


    ・・・ ・・・ ・・・


飛龍 「・・・・・・」 グッ


    キリキリキリキリ・・・


提督 「・・・・・・あっ多聞丸!」


飛龍 「・・・っ!?」


    ヒュンッ カッ


蒼龍 「はずれ~♪」


提督 「見事に見え見えの嘘に引っかかったな。 フラグ回収乙」


飛龍 「んもうっ! またからかって!」


提督 「お前の射る姿が美しいのは、はじめから知ってるよ」 ※バリトンボイス


飛龍 「わざとらしくイケボ声作んなぁっ!」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「それにしてもお前らって、からかっても弓こっちに向けないのな」


蒼龍 「提督、ギャグマンガ時空ならともかく、人間社会でそれやったら、二度と道場の敷居またげないからね」


提督 「俺に艦載機向けてくるヤツはいるのに・・・」


蒼龍 「知ってた? あれ実は豆鉄砲だよ?」


提督 「知ってた。 俺のためだけにわざわざそんなものまで用意するとは、かわいいヤツめ・・・」


飛龍 「なんでこの場であっちを褒めるかなぁ・・・?」


提督 「いやーすまんすまん。 お前らって気安いからさあ、なんかつい思ったこと口に出しちゃう感じ」


飛龍 「ぬ・・・そうきたか・・・。 ・・・まあ、それはそれで、悪い気はしないかな」


提督 「言うなれば同級生みたいな?」


蒼龍 「提督。 提督のリアル同級生なら、今はもう全員おばさんだよ?」


提督 「・・・・・・言うな」


ご不浄: 1. 海洋トイレ事情


提督 「・・・・そういやーさー・・・」


暁 「(キュピーン) これは・・・司令官がまた変なこと言う前触れね!」


雷 「まっかせて司令官! たとえセクハラだって、この雷様が答えちゃうんだから!」


提督 「お前らって、出撃中はトイレどうしてんの?」


雷 「・・・・・・」


暁 「・・・・・・」


響 「雷様、待ちに待ったセクハラど真ん中だよ。 答えてあげなよ」


電 「司令官さん、電はもう何も言えないのです・・・」


提督 「まあ海の上だもんな。 そりゃあそのまま―――」


雷 「し、司令官! 艦娘はトイレなんて行かないわ!」 フイッ


暁 「そっそう! それっ!」 フイッ


提督 「嘘つけ! 鎮守府のそこら中に女子トイレあるだろが!」


暁 「あ、あれは・・・そう! お化粧直し用よ! レディとして当然ね!」


提督 「響、お前確かゆうべ暁に 『ジュースはほどほどにするといい。 またおねしょしても知らないよ』 とか言ってたよな?」


暁 「ぴぃっ!!?」


響 「・・・なかなかの名推理だな司令官」


電 「もはや隠し事でもなんでもないのです」


提督 「あとまあ、俺、実際に漏らしちゃった娘も何人か見たしな」


響 「ほう? 暁みたいなのが他にもいるのかい?」


暁 「暁みたいって何よ暁みたいって!?」


雷 「・・・・・・ちょっと待って司令官。 今、『見た』 って言った?」


提督 (・・・しまった! 行為中の粗相だったとか言えない・・・・・・)


提督 「『あの・・・ただの水ですから・・・きれいな・・・・・・』」 プルプル


雷 「・・・司令官? なに突然?」


響 「『HMX-12 マルチ』だよ。 エロゲー業界を躍進させた名作 『ToHeart』 の人気キャラにして、メイドロボの元祖と言われているよ」


暁 「響まで!? ど、どうしちゃったの?」


提督 「さすが響先生だな! (ナイスアシスト! これでごまかせた!)」


響 「なに、一般常識だよ (あとでお礼してもらうよ。 ・・・それにしても強引な方向転換だね)」


電 「・・・・・・大人はみんな汚いのです・・・」


提督 「コホン・・・。 まあそんなわけで、おっきいほうは趣味じゃないから、お小水のほうの話だけでいいよ。 聞かせてくれ。 出撃中どうしてるん?」


暁 「いま趣味って言った!?」


電 「もういろいろとダダ漏れなのです」


雷 「司令官、ダメじゃないそんなこと聞いちゃ! 女の子には秘密がつきものなのよ」


提督 「・・・まあ正直、アタリはついてるんだ。 ちゃんと無線記録とか聞いてるからな」


響 「盗聴趣味かい?」


提督 「まともな記録だっつの。 ・・・えっと確か、こうだったかな?」


提督 「『テイクファイブ! 変則輪形陣にて散開。 周囲を警戒せよ!』」


雷 「・・・・・・」 ピクッ


提督 「まあ察するに、『5分休憩、円形に広がった感じの陣形で、お互いが見えないように背中合わせの向きで、外側を警戒』・・・ってとこか」


暁 「・・・・・・」


提督 「そりゃまあ足元は大自然だもんな。 誰にも見られさえしなきゃどこだろうと、しゃがんでパンツ下ろせばいいってなもんだ」


響 「・・・・・・」


提督 「んで、5分経ったら無線で点呼。 全員問題なさそうなら集合、って感じか。 意外としっかりしてるな」


電 「・・・・・・」


提督 「どうせならお互い見せあったり飛ばしっこしたりすればいいのに。 小隊だと重要だぞ。 戦友同士、腹の見せ合いならぬ股の見せぁ痛っ!」


暁 「司令官のバカバカっ!」 ポカポカ


雷 「もー司令官! 女の子には詮索しないほうがいいこともあるって言ったのに!」 ホッペギュー


電 「そこまで理解しててわざわざ聞くところがタチ悪いのです!」 ゲシゲシ


響 「ハラショー。 こいつはハラスメントを感じるな」 グリグリ


提督 「おおぅっ!? なんてこった! 俺は今、幼女に取り囲まれて暴行を加えられている! ひゃっほぅ!」 キラキラ


雷 「な、なんか喜んでない司令官!?」 ホッペギュー


暁 「幼女言うな! レディよ!」 ポカポカ


提督 「ふっ・・・まあ、子供にはわからない、大人の愉しみってやつさ」 キランッ


響 「ここで格好つける意味がわからないよ」 グリグリ


電 「さすが司令官さんです。 キモいのです。 ドン引きなのです」 ゲシゲシ


提督 「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」


ご不浄: 2. 駆逐艦おもらし慕情


提督 「まあそれはそれとしてさ、やっぱ悠長にトイレ休憩取る余裕ないときだってあるじゃん?」


響 「・・・司令官、まだ続ける気かい?」


提督 「やっぱ漏らすの? ねえ漏らしちゃうの? おじさんそこんとこ詳しく知りたいなあ」 ユラユラ


電 「・・・このセクハラオヤジ、確実に憲兵に突き出すべきだと思うのです」


提督 「ぷらずまちんよ、生理現象バカにすんなよ。 戦争に災害に介護、衛生面から言っても、お高く止まってられない状況じゃ最大の懸念事項だぞ」


暁 「ここにきて真面目な話!?」


雷 「はっ!? そ、そうよね! なっちゃうもんはしょうがないわよね!」


響 「あ、雷がお世話関連の類語検索に引っかかったようだよ」


暁 「雷!? お願いしっかりして! ここでボケ役に回らないで!」 ユサユサ


雷 「そんなこと言ってもねえ・・・。 実際にいろいろあるじゃない。 この前だって電探がないせいdあっ! な、なんでもないっ!」


提督 「ん? 電探? ・・・ああ、そういえばこの前照月が俺に 『電探積み忘れるな』 って食って掛かってきたな。 『危ないとこだった』 とか言って」


提督 「照月の奴、小破もしてないのになぜか中破以上みたいなポーズ取ってたが・・・。 ・・・そうか、危なかったってそういうことか・・・」


雷 「あぁ・・・うっかり口を滑らせた単語が、司令官の下世話な推理の材料に・・・。 照月さんごめんなさい・・・」


響 「・・・・・・君のような勘のいい司令官は嫌いだよ」


提督 「まあ確かに、いたしてる時に下から潜水カ級とか出られたらたまったもんじゃねえよな・・・。 よし、今度そのネタでからかってやろう」


電 「ゲス司令官一直線なのです!」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「こまめなトイレ休憩が大事だと思うのです!」


電 「電の口調を真似しないでほしいのですクソ司令官さん!」


提督 「ここまできたらもう洗いざらいぶっちゃけちゃってもいいよな。 トイレ休憩のタイミングってどうやって決めるの?」


響 「これは・・・満足するまド下トークが続く流れだな・・・」


雷 「もーしょうがないわね司令官は・・・。 ト・・・小休止は、基本的に旗艦が折を見て出すわ。 隊員は休憩したくなったらまず旗艦に相談する感じね」


提督 「なるほど。 まあ妥当だな」


暁 「旗艦には、隊のみんなの体調にいつも気を配る必要があるのよ。 まさにレディにうってつけね!」


雷 「最初のうちはトイレのことをなかなか言い出せない娘もいるから、そこは気遣ってあげる必要があるわね」


響 「そういえば、初めて天龍と組んだ時は大変だったね」


雷 「ああ、アレね。 天龍も旗艦に慣れてなかった上に、暁が怖がっちゃって、結局最後まで言い出せずに―――」


暁 「わーわー!! ちょっと! それはみんな忘れるって約束じゃない!!」


響 「いやあ、もう時効だろう」


暁 「勝手に時効作らないで!」


提督 「kwsk!!」 ワクワクテカテカ


暁 「ホラ! 司令官が変に興味持っちゃったじゃない! 最低!」


雷 「ご、ごめん暁・・・つい・・・」


暁 「だいたい、あの時怖くて言い出せなかったのはみんな同じじゃない! 知ってるんだからね! 3人とも限界だったの!」


雷 「うっ・・・それは・・・」


暁 「あたしのお陰で天龍が気づいてみんな間に合ったんだからね! みんなあたしの犠牲のお陰なの! もっと感謝しなさいよ!」


電 「ああ・・・暁ちゃんが暴走して、どこぞの三つ子のみっちゃんみたいなキャラになってるのです・・・」


響 「まあ思えば、天龍と手っ取り早く仲良くなれたのもあの事件のお陰だし、暁には感謝してるよ」


提督 「うぅ・・・ええ話やなぁ・・・! 暁のおもらしは世界を救ったんやぁ・・・!」 グスグス


暁 「おもっ!? う~! う~~!! (////)」 ボカボカ


提督 「そのうーうー言うのをやめなさ痛っあっ暁姉さんそれ結構強い!」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「安心しろレディ。 言い出せなくてやらかすとか小学生あるあるだから」


暁 「し、小学生じゃないし!」


提督 「家族旅行の高速道路とか定番だよなあ。 サービスエリア逃しちゃうやつ」


雷 「そうなの? 私達艦娘だからよくわかんないけど」


提督 「む、そうか・・・。 それは・・・ちょっと残念だな・・・」


響 「・・・不死鳥の秘密は、トイレのタイミングにもあるんだよ」


暁 「響!? どうしたの突然? まあいつも変だけど・・・」


提督 「ああ、これは 『響先生タイム』 だ。 ときどき俺に役立つ豆知識を披露してくれる。 話の流れをぶった切って」


雷 「知らなかったわ・・・。 司令官の前でしかやらないのかしら・・・?」


響 「シベリアの野営時なんかでは、外で悠長に用を足していると、大事な部分が凍傷になる恐れがあるからね」


響 「特に大きい方は、溜めて溜めて、手早く一気にぶっ放すのがコツなんだ」


電 「ひどい豆知識なのです!」


暁 「ふ~ん、そうなんだ・・・。 まっ、あたし達には関係ない話ね。 艤装でいつもあったかいから」


提督 「そうなのか・・・。 またひとつ、乙女の秘密を知ってしまった・・・」


暁 「しまった! また司令官に無駄な知識を・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


雷 「ところで司令官司令官! さっきの話!」


提督 「ん? さっきの? おしっこの話? それとも下腹部あったかいナリィの話?」


雷 「下腹部!? ・・・って、そうじゃなくて、家族旅行の話! 司令官、私、みんなで旅行とか行ってみたい!」


提督 「む? うーん、そうだな・・・。 ・・・うん。 今度でっかい作戦越えたらみんなで行くか! 慰安旅行ってことで」


電 「マジなのです!?」


提督 「マジマジ。 暁のおもらしにかけて。 おもらしだけに」


雷 「ぃやったぁ!!」 ハイタッチ


電 「やったのです! 司令官さんのくっだらねえジョークにツッコむどころじゃねえのです!」 ハイタッチ


響 「これも暁のお陰だね」 ハイタッチ


暁 「えっ? ふ、ふふん、まあね! ・・・あれ? これってあたし喜んでいいの?」 ハイタッチ


提督 「ああ、全部暁のお陰だ。 ちゃんとトイレ付きのバス手配しとくから安心していいぞ」


暁 「からかってるだけじゃない! ぷんすか!」


全て蟹き理想郷


    ザ~~ン・・・ ザザ~~ン・・・


提督 「ん? ようアヴァロン」


朧 「誰がアヴァロンですか誰が」


提督 「どしたよ海見て黄昏れて。 不思議ちゃん一直線だぞおろろ」


朧 「ロリコン抜刀斎じゃないです・・・。 提督、アタシ、最近悩んでて・・・」


提督 「おう言うてみ。 この艦娘マスター提督が1話で解決したる。 朧お当番回や」


朧 「あのさ、七駆の中でアタシだけなんか、影薄いよね、多分」


提督 「・・・・・・」


朧 「・・・・・・」


提督 「ソンナコトナイヨ?」


朧 「・・・ちっ」


提督 「舌打ち!?」


朧 「提督お願い! ねらーと気弱おっぱいとクソツンデレに負けない方法教えて!」


提督 「無茶言うなよ! あいつら3人ともキャラ濃すぎるんだよ! お前が癒し役ってことでいいじゃん」


朧 「最低限癒し役にとどまれればいいけどさ、アタシ今初登場だよ!? 3人とももっと早くに登場してるのに・・・」


提督 「たったまたまだよ! ええやんか。 真打ちは後から登場するみたいな感じで」


朧 「どうせアタシは特徴ないですよ! こんなものっ! えいっえいっ!」 ペリペリ


提督 「おいバカやめろ絆創膏剥がすな! お前の大事なチャームポイントだろが!」


蟹 「・・・お嬢、やけになっちゃいけませんぜ」


提督 「!!?」


朧 「あっ・・・うん、ごめんね取り乱して」


蟹 「どんな時でも平常心。 岩の隙間でじっとする心得でさぁ。 分かりやすね?」


朧 「うん・・・」


提督 「えっ? ・・・えっ・・・あっ・・・あの・・・・・・しゃべるの? その蟹・・・」


蟹 「提督の旦那、こうしてご挨拶するのはお初でごぜぇますね。 お嬢がいつもお世話になっとりやす」


提督 「お、おう・・・」


朧 「提督、ウチのカニさんはアレだよ。 連装砲ちゃんみたいなやつ」


提督 「・・・いやお前、人語を話す時点で連装砲ちゃん超えとるんだけど・・・」


蟹 「いやぁ、お嬢のボスに褒められるたぁ、この蟹、鼻がたけぇっすわ」


提督 「お前鼻ないだろ・・・」


蟹 「そんなことより、ウチのお嬢をなんとかしてやってくだせえや」


提督 「そんなことてお前・・・」


朧 「いいんだよカニさん。 アタシ、七駆の影薄い担当として、ひっそりとやってくから・・・」


蟹 「お嬢、そんなこっちゃいけねえ。 そんな這いつくばって地面ばっか見てても、口に泡ばっか溜まるだけでさぁ」


提督 (どうしよう・・・これツッコんだほうがいいのかな・・・?)


朧 「うん・・・ごめんね・・・」


蟹 「オレみてぇに、もっと胸をピンと張って、肺いっぱいに空気吸い込んで、太陽に手のひらをかざしてやりねぇ」


朧 「うん・・・」


提督 (お前肺も手のひらもないじゃん・・・)


蟹 「オレたちにゃあ立派な2本の脚がある。 歩いてりゃいつか辿り着ける場所もあらぁな」


朧 「うん・・・」


提督 (お前脚8本あるじゃん、ハサミ抜きで・・・)


蟹 「けど、逆にいやあ2本の脚しかないんでさぁ。 地道に1本1本、交互に前に出していくしかねぇ」


朧 「そうだね・・・」


提督 (お前基本前に歩けねえじゃん横歩きじゃん・・・)


蟹 「お嬢、がんばんなよ」


朧 「・・・うん。 ありがとカニさん。 優しいんだね。 お陰でちょっと元気出た、多分」


蟹 「へっ、よせやい。 火も通してねえのに赤くなっちまうぜ」


提督 (さっきからツッコミどころしかねえ・・・)


朧 「提督、アタシ、もっとキャラ濃くなるようにがんばるね」


提督 「お前今すげえキャラ濃いよ!!」


おいも: 1. 前準備


吹雪 「司令官さんっ! お芋ですよっ! お芋っ!!」


提督 「吹雪お前、いよいよ某メインヒロイン(笑)まで食うつもりか。 貪欲な主人公め・・・」


吹雪 「? よく分かりませんけど、お芋焼きたいんですけどいいですか?」


提督 「芋? なんで?」


吹雪 「えっとですね・・・。 今ちょうど落葉のシーズンじゃないですか」


提督 「そうだな。 秋深しってとこだな」


吹雪 「お掃除したら大量の落ち葉が出たので、じゃあ落ち葉焚きでもしようかなと」


提督 「あーなるほど。 流れが読めた」


吹雪 「ついでに、いただきもののさつまいもがいっぱいあるそうです。 この機を逃す手はありませんっ!」


提督 「気合い入ってんな」


吹雪 「焼き芋大好き女の子ですから! ということで、運動場お借りしますねっ」


提督 「おう。 ウチの敷地内なら消防とか法律関係は気にせんでいいけど、火の扱いには気をつけてな」


吹雪 「はいっ! 司令官もあとで顔出してくださいねっ!」


提督 「ふむ。 メンツは?」


吹雪 「とりあえず今知ってるのは、吹雪型のみんなと、一航戦二航戦、伊勢さん日向さん―――」


吹雪 「北上さん大井さん、最上さん三隈さん・・・あ、あと、綾波ちゃんと敷波ちゃんもいます」


提督 「ものすごい作為的なメンツだなオイ! どうせ鳳翔さんと大鷹としおいも混ざるんだろ?」


吹雪 「? なんでですか? 確かに、鳳翔さんには食品庫からお芋出してもらいましたけど・・・」


提督 「こんなん芝生えますよ」


吹雪 「どのみち焚き火してれば、鎮守府のみんな集まってくると思いますよ」


提督 「それもそうか。 お祭り好きな奴らめ・・・。 ・・・・・・芋足りるの?」


吹雪 「実は足りません。 なので、追加でお芋を買い出しに行くつもりです」


提督 「突発企画なのに一大イベントになりそうな予感だな・・・。 頑張れ主催者」


吹雪 「はいっ! 第十一駆逐隊、吹雪、出撃します!」 ビシッ


提督 「行って来いっ! 暁の水平線にお芋を刻めっ!」 ビシッ


吹雪 「刻んじゃダメです! 丸ごとホイルに包んでじっくり熱を通すんです!」


提督 「素で返すなよ・・・」


おいも: 2. おやま


    パチパチ・・・ パチパチ・・・ 


提督 「おーやってるやってる」


綾波 「あっ、司令官! いらっしゃいませです。 お仕事はもうよろしいんですか?」


敷波 「おー司令官じゃん。 なんだよー暇なのかよー」


提督 「ようナミナミーズ」


敷波 「変なまとめ方すんなよ。 名前に 『波』 が入ってる奴ならあと6人くらいいるぞ」


提督 「んじゃあ、ほっぺぷにぷに波コンビ。 燃えてっか?」


敷波 「ぷにぷにじゃねえよ!」


綾波 「ぷにぷにじゃないですー! 燃えてますよ~。 ばーにんぐです~。 うふふっ♪」


提督 「うむ、重畳重畳」


綾波 「今ちょうど焚き火が安定したところですよ。 や~り~ま~し~た~」


提督 「お、ラッキー。 手伝わなくて良さそうだな」


敷波 「ひでーな司令官。 敷波達これでも今まで頑張ったんだぜ」


提督 「頑張ったって、火つけるの?」


敷波 「ちゃうちゃう。 むこうの山から燃えるもん集めてきたんだよ。 掃除で集めた落ち葉じゃ結局ぜんぜん足んなくてさ~」


提督 「そりゃまたご苦労さん。 芋の追加買い出しといい、この企画なんか本末転倒してない?」


敷波 「いいんだよ、たまのイベントなんだから。 こういうのは手間暇掛けたほうが楽しいんだって」


提督 「おっ、意外と楽しんどるな敷波」


敷波 「あ・・・いや、ちょっとだけだよ、ちょっとだけ。 うん」 プイッ


提督 (コイツかわいいなぁ・・・)


綾波 「司令官、綾波達、勝手にお山に入っちゃいましたけど、大丈夫でしたか?」


提督 「ん? ああ大丈夫。 ここら一帯は国有地で、管理はウチの鎮守府預かりってことになってるから」


綾波 「あ、そうだったんですか。 よかった・・・」


提督 「万が一鎮守府が襲撃された場合は緩衝地帯になるし、逆に地元が襲撃されたら住民の避難先にもなる。 緊急時には有効に使ってくれ」


綾波 「はい、お任せください! といっても、そんなことにならないようにしますけどね!」


提督 「うむ、その意気だ。 期待してるぞ。 よしよし」 プニプニ


綾波 「ほっへふふははいへふははい (※ ほっぺつつかないでください)」


敷波 「はんへははひはへ (※ なんであたしまで・・・)」


提督 「あ~癒されるわぁ~・・・」 プニプニ


敷波 「ええいやめいっ!(バッ) 司令官、話戻すけどさ、敷波達、あの山好きに使っていいの?」


提督 「うん、まあな。 っつっても、ろくに手も入れてないから、意味もなく踏み入ったりするんじゃないぞ。 ・・・まあお前らに遭難の心配はないだろうが」


敷波 「え~? 山っつったら秘密基地じゃん。 作ろうぜ司令官」


提督 「子供か! 何が悲しゅうて本物の基地の裏山に秘密基地作らにゃならんのだ」


敷波 「そうだった! あたしら軍事基地に住んでるんだった! まじかよかっけ~!」


提督 「アホの子かっ!」


敷波 「・・・あ、いや、まあどうでもいいんだけどさ」 フイッ


提督 「取り繕うの下っ手!」


綾波 「あっそうだ! 山菜採りとかきのこ狩りとかできるんじゃないですか?」


提督 「え? う~ん・・・。 採れるもんはあるかもしれんけど、素人じゃ見分けつかんからなぁ。 ちゃんと知識のある先生呼ばんと・・・」


綾波 「あ、それなら秋月型のみんなが詳しいですよ」


提督 「なんでっ!?」


綾波 「食べられる野草の選別とか調理法とか、現地調達のエキスパートらしいです」


敷波 「逆に食堂じゃ腰が引けてるらしくて、『贅沢は敵だ』 っつって間宮さんとか困らせてたな・・・」


提督 「何と戦っとるんだあいつらは・・・。 まあ、今度話振ってみるか。 もしかしたら山菜採りツアーとか開催できるかもしれん」


綾波 「いいですねー。 松茸採りましょう松茸♪」


提督 「浅はかな・・・。 仮に値打ちもんがたくさん採れても、販売までは許可できんぞ。 採るのはウチで食う分だけだ」


綾波 「望むところです! おいしいもの採ってみんなで食べましょう! うふふっ♪」


提督 「・・・ああそっか。 ピュアだな綾波は。 俺、汚ねえ大人になっちまったい・・・」


敷波 「じゃあじゃあ、狩りは? 狩り!」


提督 「敷波お前やっぱ根はわんぱく小僧やな・・・。 さすがに狩猟は問題になりそうなんで不許可」


敷波 「ちぇ~・・・」


綾波 「そもそも、大きい動物なんているんですか?」


提督 「いや、近隣でも害獣とかの報告はないなぁ。 いてもタヌキとかキツネとかくらいじゃないか? 野鳥は結構いるみだいだけど」


敷波 「おぉ、いいねえ! 捕まえてペットにしようぜ!」


提督 「やめい。 見かけても餌付けとかすんなよ。 中途半端に干渉するのはよくない」


敷波 「むーつまんねーなー。 オークとかゴブリンとかいねえのかよ」


提督 「いてたまるか! どこのファンタジーだ」


綾波 「そういえば、この前近くでスズメバチ見かけたけど・・・」


提督 「あ、それはマジ害虫だ。 場合によっちゃお前らの力借りて巣ごと駆除することになる」


敷波 「なんだよー結局あたしの出番かよー。 しょーがねーなー討伐しちゃうかー?」 ワクワク


提督 「お前わかりやすいなぁ・・・」


綾波 「司令官、綾波は敷波の気持ち、よくわかりますよ。 山一つ自由にできるって知ったら、なんかテンションが上がります♪」


提督 「あーチクショウ羨ましいな! 俺の子供心どこに置き忘れたんだかなー・・・」


おいも: 3. あれ? 一人足りない


    パチパチ・・・ パチパチ・・・ 


鳳翔 「あ、お芋、このへんの第一陣がそろそろいい感じですよ」


白雪 「わっ、いよいよですね♪」


鳳翔 「じゃあまずは吹雪型の皆さんからどうぞ」


吹雪 「いいんですか鳳翔さん?」


鳳翔 「ええ。 主催者特権です」


深雪 「いいの!? ぃやったぁー!」


磯波 「じゃあ―――」


提督 「吹雪型、集合ーー!!」 パンパン


浦波 「わ、司令官が呼んでます。 っていうかこっち来ました」


深雪 「なんだよーいいタイミングでー・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


吹雪 「吹雪型、集合しましたっ!」 ビシッ


提督 「うむ、ご苦労。 これよりお前たちに、俺手ずから芋を配る」


深雪 「はぁっ!? オイ司令官、なに後から来て仕切ってんだよ!?」


    ブーブー


提督 「だまらっしゃい! 提督権限です!」


浦波 「えぇー・・・!?」


白雪 「横暴ですっ!」


提督 「いいかよく聞け。 提督の俺から見て、お前らに足りないものがある。 ・・・・・・個性だっ!!」


磯波 「なんですか藪から棒に」


提督 「揃いも揃って同じ服装、同じカラーリング・・・」


浦波 「え? そりゃ姉妹艦ですし当たり前・・・」


叢雲 「私がいること忘れてない?」


提督 「髪も顔立ちも地味! 総じてなんか地味! ゴロっと並んだ男爵芋!」


吹雪 「芋っ!?」


深雪 「ひどっ!!」


白雪 「すごい雑にまとめた!?」


提督 「お前らそんなんで舞台に立てると思ってんの? 芸人として恥ずかしくないの!?」


深雪 「誰が芸人だ!」


磯波 「こ、個性とか艦娘に求めないでほしいと思います・・・」 フイッ


提督 「バカヤロウッ! 『みんなちがって、みんないい』。 これがお前たちの戦場での強みだっ!」


提督 「お互いの性格や癖、思考パターンまで熟知した上で連携し、得手不得手を補い合う。 これぞチームワークの極意なり!」


浦波 「なるほど! 勉強になります!」


白雪 「浦波ちゃん、騙されちゃダメよ。 これ絶対その場のノリで言ってるやつだから」


提督 「・・・というわけで、吹雪型のみんなには、これから一人ずつ自己アピールしてもらいます。 上手くできたら焼きたての芋を進呈します」


叢雲 「鳳翔さん、こんなのほっといていただきましょ」


鳳翔 「んー・・・。 叢雲さん、それと皆さん。 提督が一度こうなっちゃったら、もう諦めてつきあってあげるほうが楽ですよ。 ねえ伊勢さん」


伊勢 「・・・そうですね。 私にも覚えがあります。 相も変わらずキャラ付けとかおバカなことやってるのね提督は」 ハァ


日向 「まあ、提督の毎度思いつきの企画につきあってやるのも、艦娘としての度量というものだ。 なあ瑞雲」 ナデナデ


磯波 「伊勢さん日向さん、聞いてたんですか・・・。 それに鳳翔さんまで・・・。 なんか諦め入ってますね・・・」


叢雲 「普段から周りにどんだけ迷惑かけてるのよアイツは・・・」


提督 「じゃあいくぞ。 まずは―――」


おいも: 4. 吹雪白雪


提督 「まずは吹雪!」


吹雪 「はいっ! 特型駆逐艦1番艦、吹雪です! 頑張ります!」


提督 「うむ。 いつも通りだ。 普通すぎて言うことがねえ。 合格!」


吹雪 「やった!」


磯波 「えぇ~・・・」


白雪 「それでいいんだ・・・」


提督 「あ、吹雪、悪いんだけど、ちょっとあそこらへんの芋、直火に近いから手前に寄せてくれる? はいこれ火ばさみ」 スッ


吹雪 「えっ? あ、はい。 手前側にですね。 んしょっ・・・んしょっ。 ♪おっいも~ おっいも~ おっいもさん~♪」 ザクッ ザクッ


叢雲 「・・・まあ、芋オンリーよね・・・」


提督 「・・・・・・・・・・・・」 ジーッ


浦波 「・・・吹雪姉さん、司令官にパンツ覗かれてますよ」


吹雪 「えっ? きゃっ!? もっ、もう司令官! めっ! (////)」


提督 「うむ。 たった今、吹雪を構成する全要素が出揃った。 おめでとうそしてありがとう! はい芋進呈」


吹雪 「あっ、ありがとうございます?」


白雪 「吹雪ちゃんの存在意義って一体・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「次っ! 白雪!」


白雪 「は、はいっ! 同じく特型駆逐艦、2番艦の白雪です。 本日もよろしくお願いします」


提督 「白雪。 ・・・本音を言うとだな、お前のポジションが一番難しい」


白雪 「え? そんなこと言われても・・・」


提督 「とりあえずなんか一芸欲しい。 そうだな・・・リンゴかじってアヘ顔になるとかどうだろう?」


深雪 「『どうだろう?』 じゃねえよアホ司令官」


白雪 「司令官、もしかしてそれ、白雪姫からネタ持ってきたとかお寒いこと言いませんよね?」


提督 「・・・・・・」 フイッ


白雪 「・・・・・・」 ジトー


提督 「くそう、どうすれば・・・。 ・・・あそうだ! 白雪、お前たしか、連装砲ぶっ放して一網打尽にするのとか好きだよな?」


白雪 「ちょ、待ってください! 私 『おっとり天然お嬢様系』 ってみんなから言われてるんですけど!?」


提督 「ダメだ。 そっちは層が厚い」


白雪 「層!?」


磯波 「誰かいましたっけ?」


叢雲 「熊野さん、三隈さん、あと綾波あたりがお嬢様オーラ出してるわね。 白雪が肩を並べるには荷が重いわ」


白雪 「そんなぁ~・・・」 シュン


提督 「よし白雪、お前は撃てるだけ斉射した後、恍惚とした表情で 『カ・イ・カ・ン(はぁと)』 と言い捨てろ」


白雪 「・・・司令官・・・。 それもうおじさん通り越しておじいちゃんの世代ですよ」


提督 「ぐっ・・・。 んじゃあ 『ホント、戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー!』 でもいい」


深雪 「それも古いな。 まあ色褪せない名作だけど」


提督 「・・・くそっ! トリガーハッピーネタの引き出しが少ないっ・・・!」


白雪 「そもそもネタキャラにしないでください! 私そんな乱射魔じゃないです!」


提督 「・・・ホントに?」


白雪 「もちろんです! ねえみなさん!」


吹深叢磯浦 「「「「「・・・・・・・・・・・・」」」」」


白雪 「あ、あれっ?」


提督 「これは光明が見えたな。 白雪の売り出し方が決まった」


白雪 「え? え?」


提督 「まあ今日のところはお情けだ。 芋食って未来に備えろ。 ホレ」


白雪 「あ、はい。 ありがとう・・・ございます?」


提督 「白雪、明日からのお前のプロデュースは俺に任せてくれ。 一緒にスターダムを駆け上がっていこうなっ!」 ガシッ


白雪 「なにこの流れ!?」


おいも: 5. 初雪深雪叢雲


提督 「次っ! 初雪!」


吹雪 「司令官、初雪ちゃんはいませんよ。 見てわかると思いますけど・・・」


提督 「どしたのあいつ?」


白雪 「寒いからってお部屋のおこたに入ってます。 『お芋が焼けたら持ってきて』 って頼まれました」


提督 「ブレねえなあいつは! 合格!!」


深雪 「合格なんかい!」


提督 「ある意味全力でキャラ通してるしな。 でもデリバリーなんて横着は許さん。 誰か後で引きずってきてくれ」


叢雲 「任せて。 提督命令なら遠慮なくやれるわね。 正直手をこまねいてたところよ」


磯波 「初雪ちゃんが楽園を追われるまであと数分・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「次! 深雪!」


深雪 「おうっ! 4番艦の深雪さまだよ! よろしくな!」


提督 「深雪、ここだけの話な、お前には提督としてかなり期待している」


深雪 「えっ、マジ? にへへ・・・。 見る目あるじゃん司令官!」


提督 「さっぱりとした物言い、明るさときっぷの良さ、そして何より、意外と常識人!」


深雪 「よせよ。 照れるじゃねーか (////)」


叢雲 「『意外と』 の部分はスルーしたようね・・・」


磯波 「まるで他のメンバーは常識人じゃないみたいな物言いが気になります・・・」


提督 「そこでだ。 深雪の役どころは吹雪型のツッコミ役にしようと思う」


深雪 「・・・・・・・・・・・・は?」


提督 「不安要素は確かにある。 お前一見すると脳筋オラオラキャラだもんな」


深雪 「深雪スペシャル!!」 ベシッ


提督 「痛っ!」


吹雪 「チョップだ・・・」


白雪 「チョップですね・・・」


提督 「(サスサス) でもな深雪、こののほほん田舎娘どもの中で、お前が一番ツッコミ役に適任だと思うんだわ」


深雪 「冗談じゃなかったのかよ・・・」


磯波 「い、田舎娘とか失礼だっぺ! (////)」


浦波 「磯波姉さんが捨て身のボケを・・・」


提督 「深雪、ホンット期待してるからな! 俺の負担を減らしてくれよ!」


深雪 「なんだよそれ、思いっきり司令官の都合じゃねえか! だいたい叢雲がいるだろ? あっちの方が的確にえぐってくるぞ」


叢雲 「失礼ね! 私、これでも優しくしてるつもりよ」


提督 「叢雲は強ツッコミだからなぁ・・・。 もっとこう・・・正統派というか、振り回され系の不憫なツッコミ役がほしい」


深雪 「オイいま不憫っつったか!?」


磯波 「あ~~・・・」


浦波 「わかります。 深雪姉さんはちょっと不幸な感じのほうが最高に輝いてます」


深雪 「オイお前ら・・・」


提督 「だよなぁ。 わかる奴にはわかるよな。 不条理な状況で 『なんでだよっ!?』 って言わせたいよな」


深雪 「なんでだよっ!?」 ベシッ


吹雪 「! 手の甲です! 正統派ツッコミです!!」


提督 「やはり俺の目に狂いはなかった・・・。 深雪、もはや俺に教えることは何もない。 はい芋進呈」


深雪 「あ゛~も゛~! やってやるよチクショー!!」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「次っ! 叢雲!」


叢雲 「やっと私の出番ね! 特型駆逐艦5番艦、叢く―――」


提督 「ダウトーーーー!!!!」


叢雲 「―――もってえぇっ!?」


提督 「はぁ~・・・・・・。 叢雲、お前にはがっかりだ。 もうホントがっかりだ。 不合格」


叢雲 「な、なによいきなり!? わけわかんないわよ!」


提督 「ホレ、芋やる。 食え。 たくさん食え。 ちゃんと身も心も吹雪型になれ。 わかったな?」


叢雲 「なんなのよもう・・・」


吹雪 「不合格でもお芋は貰えるんですね」


提督 「あでも叢雲、乳首スリットはそのままでいいからな。 改二になった甲斐があったなぁ・・・」


叢雲 「ちくっ・・・!? 酸素魚雷食らわせるわよ!?」


白雪 「改二の恩恵ってそこでいいんですか?」


提督 「もうむしろ逆に、吹雪型全員乳首スリット付けたらいいんじゃないかな? お前ら古参で落ち着きすぎてるから、ここらでテコ入れを図るのもアリかと」


磯波 「いえ、そういう恥ずかしいのはちょっと・・・」


叢雲 「えっ?」


おいも: 6. 磯波


提督 「気を取り直して次! 磯波!」


磯波 「は、はい、磯波です・・・。 提督、あの・・・」


提督 「ん?」


磯波 「わ、私、特徴ないから、こういう小物で攻めていきたいと思うんですけど・・・」 スッ


深雪 「お、カメラだね! 最近凝ってるらしいじゃん磯波!」


提督 「・・・ふむ、なるほど。 一芸を身につけるのは悪くない考えだ。 玉子焼きしかり、毒カレーしかり、サンマの冒涜しかり」


吹雪 「えっと・・・後半ロクでもないんですけど・・・」


提督 「青葉とちょっとだけかぶってるが、良い趣味だ。 こだわって自分の特技にするといい。 応援してるぞ」


磯波 「あっ、ありがとうございます! じゃあ早速脱いでください」


提督 「・・・・・・待て」


磯波 「この前の写生の時みたいに、遠慮なくいっぱい出して見せてください (////)」


提督 「どんな無茶振りだ!?」


白雪 「磯波ちゃん・・・? 『この前の射精』 って・・・? 『いっぱい射精(だ)して見せる』 って・・・? (////)」


提督 「ここにきてその同音異義語ネタかよ! すげえロングパス通ったな!」


浦波 「司令官・・・まさか、磯波姉さんが大人しめなのを良いことに、無理やり連れ込んで毎夜あんなことやこんなことを・・・ (////)」


提督 「しとらんわ! スケッチの方の写生!」


叢雲 「でも脱いだのよね?」


提督 「いろいろ事情があったんだよ・・・」


深雪 「司令官のドエロ! マジ最低!」


吹雪 「ひどいです! 私の時は誘っても滅多にその気になってくれないのに!」


深雪 「そうだそう・・・え?」


提督 「・・・・・・」 フイッ


白雪 「・・・・・・あ~~ぁ・・・」


叢雲 「・・・・・・吹雪型、集~合~!!」


    ・・・ ・・・ ・・・


深雪 「叢雲よぉ、なんで私ら司令官ほっぽって車座になってんだよ・・・?」


叢雲 「・・・単刀直入に訊くわ。 この中で司令官のご寵愛を受けたことがある人、挙手」


深雪 「ご寵愛て・・・」


吹雪 「・・・・・・ (////)」 スッ


白雪 「・・・・・・ (////)」 スッ


深雪 「・・・・・・・・・・・・マジ?」


叢雲 「私と、確か初雪も経験あったはずよ」 スッ


浦波 「姉さんたち、そんな・・・。 私達にはまだ先のことだと思ってたのに・・・」


磯波 「ひっ、ひどいよみんな! 吹雪型はズッ友だと思ってたのに! 私だけ一歩リードだと思ってたのに・・・!」


叢雲 「磯波、自分の発言の矛盾に気づきなさい」


深雪 「お、お前らなんで打ち明けてくれなかったんだよ!?」


吹雪 「その・・・みんなにはちょっと、早いかなって思って・・・ (////)」


白雪 「そもそも、こういう恋愛事とか相談し合ってこなかった時点で、みんなお互い、こう・・・何と言うか・・・」


叢雲 「・・・どうやら、あとで全員じっくりと話し合う必要がありそうね。 吹雪型の結束のために・・・」


吹雪 「あ、じゃあついでに司令官も交えていいですか? 渦中の人なので」


浦波 「・・・いいですね、それ」 キラン


    ・・・ ・・・ ・・・


磯波 「提督、中断してすみません。 お待たせしました」


提督 「お、おう・・・・・・」


磯波 「とりあえず今夜抱いてください」


提督 「」 ブーーッ!


白雪 「磯波ちゃんその意気よ! 司令官はこっちからグイグイ押さないとヘタレるわ」


提督 「おいお前ら、磯波に何教え込んだ!?」


磯波 「・・・・・・ダメ?」 ウルッ


提督 「・・・お前ら、ホント何教え込んだ・・・」 キュンッ


浦波 「あ、それ、磯波姉さん天性のものです」


提督 「意外と魔性!?」


叢雲 「まあまあ、その話はとりあえず置いといて、ラストの浦波まで回すわよ」


おいも: 7. 浦波


提督 「・・・嫌な予感するけど最後! 浦波!」


浦波 「あ、はい、浦波です・・・。 司令官、あの・・・」 ヒュンヒュン


提督 「・・・お、おぅ?」


浦波 「わ、私、特徴ないから、こういう小物で攻めていきたいと思うんですけど・・・」 ヒュンヒュン


深雪 「お、錨(いかり)だね! 最近凝ってるらしいじゃん浦波!」


提督 「・・・ふむ、なるほど。 一芸を身につけるのは悪くない考えだ・・・ってなるかバカ! 危ねえから振り回すな!」


浦波 「不肖新じゃがです! 掘っていただいてありがとうございます司令官!」 ヒュンヒュン


提督 「自分でそれ言っちゃうのかよ・・・。 だからブン回すなって!」


浦波 「え、ダメですか? 困りました。 私のチャームポイントが・・・」 ヒュンッ


提督 「物騒なチャームポイントだな! ついでにくるぶしまで隠れるスカート履いてマスクでもしたらどうだ?」


浦波 「? なんですかそれ?」


白雪 「(ヒソヒソ) スケバンっていう、昭和年代に実在した女番長のファッションらしいですよ浦波ちゃん」


提督 「くっ・・・。 ジェネレーションギャップという名の精神的ダメージが・・・」


浦波 「あ、ちなみに私、ここにいる吹雪型の妹分で、綾波敷波の姉貴分、って感じの姉妹関係です!」 ヒュンヒュン


提督 「知ってる。 ってかまた回すのか?」


浦波 「いつの間にか私が知らないうちに私以外みんな竿姉妹とかダメっ! ダメだからー!!」 ヒュンッ


    ドガァァァンッ!


提督 「ひゅいっ!?」


吹雪 「あーもーダメじゃない浦波ちゃん、地面に穴ボコ作っちゃって・・・。 ちゃんとあとで運動場整備しとかないと・・・」


浦波 「はーいごめんなさい吹雪姉さん。 ティヒッ☆」


提督 「・・・ねえ、さっきからなんか、お前らの様子おかしくない・・・?」


浦波 「と、いうわけで、とりあえず今夜抱いてください (////)」


提督 「なんでだよっ!?」


浦波 「・・・・・・ダメ? (////)」 チャラッ


提督 「鎖怖い怖い」


磯波 「というわけで、浦波ちゃん含め、今夜吹雪型全員で押しかけますので、どうぞよろしくお願いいたします」 ソッ


提督 「無茶言うな! ってか三つ指つくな磯波!」


深雪 「えっ!? 全員って、あっああああたしもかっ!? (////)」


白雪 「深雪ちゃん、これは必要なことなの! 吹雪型がズッ友でいるために・・・!」


深雪 「そっそうか、みんなのためならしゃあないな! うん! よしっ! (////)」


提督 「おい勝手に盛り上がんな! 無理だからな! 中止だ中止! 」


叢雲 「安心なさい司令官。 明石印の栄養ドリンク持ってくから。 ・・・10発20発余裕って聞いたわよ (////)」


提督 「そっちの問題じゃねえよ! ってかなんで知ってんだよ!? アレ次の日すっげえしんどいんだぞ!」


白雪 「しんどいで済むあたり、人智を超えた薬物ですね・・・」


提督 「そうじゃなくて、姉妹がナニしたから自分もとか、動機が不純だろ! もっと自分を大事にせえ!」


浦波 「説教おじさんだ・・・」


磯波 「わ、私は・・・自分だけでもいいんですけど・・・ (////)」


提督 「黙れ吹雪型のムッツリ担当」


磯波 「ヒドイッ!?」 ガーン


吹雪 「・・・司令官って、私達みたいな駆逐艦相手だと、なんか渋りません? 空母とか巡洋艦の皆さんのお誘いにはすんなり乗るのに・・・」


提督 「・・・そりゃだってお前・・・JCじゃん?」


深雪 「JCちゃうわ! 艦娘だ!」


提督 「え~? でも中身も外見も大体そんなもんだろ? もっと身の丈にあった楽しみ見つけてくれよ。 プリキュアごっことか」


浦波 「それJSです! しかも低学年以下!」


提督 「学校帰りに駄菓子屋の前のベンチで日が暮れるまでくっそどうでもいいバカ話に興じる・・・。 諸君らにはそんな健やかな生徒でいてほしい・・・」


白雪 「だから生徒じゃありませんって・・・」


提督 「あ、自転車乗る時はメット忘れるなよ。 校則だからな。 あと暗くなったらちゃんと灯火な。 あぜ道気をつけてな」


磯波 「・・・そのイメージ、絶対田舎の芋っぽい女学生ですよね?」


提督 「あぁ微笑ましいなぁ・・・。 輝ける青春の日々よ・・・」


叢雲 「(フゥ)・・・・・・吹雪型、ちょっと集合~!」


    ガシッ ボソボソボソボソ・・・


叢雲 「オホン・・・司令官、美化して陶酔してるところ悪いんだけどね、ちゃんと思い返してみなさい真実を! ご自分の中学時代の思い出を・・・!」


提督 「ッ!?」 ビクッ


吹雪 「そうです! スクールカーストを舐めないでください! 司令官の学生時代も、そんな甘いものじゃなかったはずです!」


提督 「ウッ、ウゥ・・・」 プルプル


白雪 「学校・・・その隔離された閉鎖社会は、魑魅魍魎どもがひしめき合い、生き馬の目を抜く修羅の世界・・・!」


提督 「ウ、ウググ・・・」 カタカタ


深雪 「その虚飾に彩られた教室の中では、ありとあらゆることが、見栄と箔と格付けの手段・・・!」


提督 「ヤッ、ヤメロォ!」 ブルブル


磯波 「そう・・・例えば、男女交際の有無どころか、えっちの遍歴ですら・・・!」


提督 「ウ、ウワアァァァーーー!!!!!」


    ガクッ


    ・・・・・・ポン


浦波 「・・・思い出したでしょう司令官? 現役の中高生にとって、えっちなんてそんなもんなんですよ」


提督 「・・・・・・誰だ・・・?」


浦波 「・・・え?」


提督 「学校に通ったことのないお前たちに、そんなくだらない貞操観念を植え付けた何者かがいる。 それは誰だ? 答えろ叢雲!」


叢雲 「ぅえっ!? えっと・・・誰っていうか・・・その・・・ざ、雑誌とか・・・」


提督 「・・・そうか・・・。 よし! これより、鎮守府内の全てのティーン誌を検閲する! 今決めた!」


浦波 「らっ、らめっ! らめらからぁー!」


磯波 「ひ、表現の自由を!」


提督 「うっさい! お前らJC組はまだしも、朝潮型とか睦月型とか六駆あたりがいらん知識をつけたら、目も当てられん!」


吹雪 「あ、それたぶんもう手遅れです」


提督 「・・・え゛っ!?」


おいも: 8. 伊勢日向鳳翔


吹雪 「ん~ほいひ~♪」 ブンブン


白雪 「はぁ~・・・。 この黄金色の味、たまりません・・・」 ウットリ


深雪 「あちち・・・ほっほっ・・・。 やっぱ焼きたては違うねぇ!」 ホクホク


磯波 「やっぱりコンロで作るふかし芋とは全然違いますね。 なんででしょうねぇ・・・?」 モグモグ


浦波 「ん~! 焼いただけなのにこの甘み! さつまいもは神ですね!」 ハフハフ


叢雲 「もう、みんなそんな大げさな・・・(ハムッ) な、なにこれ美味しい! ホラ初雪も! 引きずられてきた甲斐があるわよ!」 ムグムグ


初雪 「うぅ・・・クエストの途中だったのに・・・。 ん・・・ほいひぃ・・・」 モクモク


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「・・・・・・・・・・・・」 ガックリ


鳳翔 「提督、お疲れ様です。 はい、ほうじ茶でもどうぞ。 魔法瓶で持ってきてますから」 スッ


提督 「・・・あぁ、ありがとうございます鳳翔さん・・・」 ズズッ


日向 「提督が本当にお疲れになるのは今夜だろう?」


提督 「(ブッ) あっつ! ・・・聞いてたのか・・・。 ・・・どうにか回避したよ」


伊勢 「えっ!? よく躱せましたね、あの娘達の猛攻を。 絶対無理だと思ってたのに・・・」


提督 「『今夜来たらオナラの匂い嗅いでやる』 って言ったら、二日後に延期にしてくれた・・・」


伊勢 「うわ最低・・・」 ジト


日向 「それ、少し先送りしただけで、なんにも回避してないな」


鳳翔 「まあまあ、とりあえず今日のところは皆さん、お芋を遠慮なく楽しむということですね」


伊勢 「『食い気 のち 色気』 って感じ?」


日向 「まあ、そうなるな」


提督 「もう最近の若い娘怖い・・・」


    ・・・ ・・・ ・・・


日向 「提督、私達にも芋を取ってくれないか?」


提督 「ん? いいけど、折角だからお前もなんか自己アピールしてみ? ホレ」


日向 「あ、私はあっちの長細いやつが良い。 アレが一番瑞雲の胴体に似てる」


提督 「もう合格だよ! お前に目に世界はどう映っとるんだ・・・。 えっと・・・これか。 ほい」


日向 「うむ。 感謝する」


提督 「ホレ伊勢も。 こっちのやつでいいか?」


伊勢 「あ、ありがとうございます。 コホン・・・お返しに、特別な赤福をやろう」 スッ


提督 「・・・・・・」


伊勢 「な、なによ!? 提督がこの前やれって言ったんじゃない! (////)」


提督 「やれとは言ってねえけど・・・」


伊勢 「日向が面白がって赤福買ってきちゃったの! 折角だからおやつに懐に忍ばせてるだけよ!」


日向 「気が利くだろう? ついでに和菓子個装用の容器もセットだ。 これに詰め替えれば肌身離さず常備できる」


提督 「でかした日向。 そして感動したよ伊勢。 お前がそこまで身を挺してネタキャラに走ってくれることが、俺にはとても嬉しい」 ポン


伊勢 「ちっ違うから! (////)」


    ・・・ ・・・ ・・・


提督 「鳳翔さんにもひとつ取りましょうか?」


鳳翔 「あ、いえいえ結構ですよ。 私でしたら、味見用にお先にちょっと頂いちゃってますから」


提督 「鳳翔さん・・・ずっと気になってたんですけど、いつも味見とか残り物ばっかりの食生活じゃないでしょうね?」


鳳翔 「えっ? ・・・えっと・・・その・・・」


提督 「ダメですよ! 味見のほうはともかく、残り物のほうはみんなで協力しますから、ちゃんと誰かから一膳きっちりもてなされて下さい!」


鳳翔 「は、はい・・・」


提督 「・・・と、偉そうに言ったものの、俺厨房の様子知らないからなぁ・・・。 わかる人集めて運用見直さないと・・・」 ブツブツ


鳳翔 「てっ提督、そういうお話はまた今度でいいじゃないですか! それより問題は今日のことですよ! お夕食どうしましょう?」


日向 (誤魔化す気だな・・・)


伊勢 (誤魔化す気ね・・・)


提督 「え? 今日の夕食ですか? あ~・・・。 んと、多分みんなこんな時間に芋食って、腹膨れてるだろうから・・・」


鳳翔 「ご提案なんですけど、変則的にビュッフェ形式にするなんてどうでしょう? 小分けして、手頃なのを各自好きなように取っていただく感じで・・・」


提督 「あーなるほど! それなら小腹を満たす感じでちょうどいいかも・・・。 お祭り気分の延長って感じで、みんな喜びそうですし」


鳳翔 「レパートリーは炭水化物を控えめにして、小鉢とかサラダとか汁物とかを多めにご用意しましょう」


提督 「・・・うん、それ採用! さすが鳳翔さん! 最高! 愛してる! 結婚しよう!」


鳳翔 「ふふっ・・・・・・本気にしますよ?」 スゥッ


提督 「ごっ・・・ごめんなさい・・・・・・」


日向 (・・・一瞬、野獣の眼光が見えた・・・)


おいも: 9. 一航戦


    パチパチ・・・ パチパチ・・・ 


赤城 「うん、上々ね」 モグモグ


加賀 「さすがに気分が高揚します」 ムグムグ


提督 「よう、正規 『食う母』 のお二人。 ちゃんと大人しくしてっか?」


赤城 「あら提督、ごきげんよう。 いきなり失礼ですね」 モグモグ


加賀 「聞き捨てならないわね。 この慎ましやかに芋を頬張る姿が見えない?」 ムグムグ


提督 「すまんが正直に言わせてくれ。 お前らの前科から言って、芋々ガツガツしてないことに心底びっくりしてる」


加賀 「失礼ね。 折角みんな楽しんでるところに和を乱すような真似はしないわ」


赤城 「一航戦の誇り、こんなところで失うわけがありません」


提督 「お~偉い偉い! ・・・・・・で、本当のところは?」


赤城 「吹雪さんたちに 『お願いですから周りと同じペースで食べてください』 と懇願されました・・・」 シクシク


加賀 「『後生ですから、駆逐艦の娘達があらかた満足するまで本気出さないで下さい』 と泣きつかれました・・・」 シクシク


提督 「うんうん、よしよし。 あいつらちゃんと抑えるところは抑えてあるな。 作戦指揮能力の一環として評価してやろう」


加賀 「・・・提督、私たちにフォローはないのかしら?」


提督 「え? なんかフォローすることある?」


加賀 「・・・頭にきました」


赤城 「私達、こんなに頑張って自制してるのに・・・。 褒めてくれてもいいじゃないですか!」


提督 「食い意地をこらえることの一体どこに褒める要素があるというのか・・・」


赤城 「提督、想像してみて下さい。 例えばそれは、食糧難の戦時中―――」


赤城 「『いいのよ。 母さんはお腹いっぱいだから』 と言って、自分の食料を子供に分け与える母親の姿を・・・」


加賀 「さすがは赤城さん・・・。 その慈愛に満ちた姿はまさに正規空母。 略して 『正母(せいぼ)』。 一航戦にふさわしい母性だわ・・・」 ホロリ


提督 「とりあえずお前ら今すぐ全世界の母親に謝ってこい」


赤城 「どうすればわかっていただけるのかしら・・・? ハァ・・・」 モグモグ クゥ・・・


提督 「おい食いながら空腹感出すな。 器用すぎんだろ・・・」


提督 「まあ、一応褒めといてやるよ。 よくぞ素直に吹雪達の指示に従ってくれた。 お前らにしては偉い」 ポンポン


加賀 「私達、みんな優秀な娘たちですから」


提督 「そのセリフをしょうもない自画自賛に使うんじゃねえよ」


赤城 「まあ、見返りの約束は取り付けたんですけどね」


提督 「ダメダメじゃねえか打算セーボ! ・・・で、見返りって何?」


赤城 「余ったお芋は全部いただけるそうです」


提督 「残飯処理機や・・・残飯処理機がおる・・・」


加賀 「失礼ね。 五航戦の子なんかと一緒にしないで」


提督 「おい待て。 お前の中の五航戦のイメージどうなっとるんだ・・・?」


赤城 「吹雪さんたち、私達 『大食艦』 組のために、他の娘全員がお腹いっぱいになっても山ほど余る量のお芋を用意してくれたそうです」


提督 「『ため』 じゃなくて 『せい』 だろそこは・・・」


加賀 「つまり、はじめから量の問題ではなくて、まずは駆逐艦の娘達を満足させるように、との配慮だったようね」


提督 「お前ら、ほっといたら焼けた端からかっさらいそうだもんなあ・・・」


赤城 「まったく、栄えある一航戦を何だと思ってるのかしら・・・。 次のロットまだかしら・・・?」


提督 「1行で矛盾してんじゃねえよ」


提督 「・・・でもそっか、ナイス英断! さすが吹雪と愉快な仲間たち。 『しばふ村ステコミ』 の異名は伊達じゃねえな」


加賀 「なに、そのミスマッチ甚だしい複合語は? 提督以外誰ひとりとして口に出さない名前だと思うけど・・・」


赤城 「あ、そうそう、吹雪さん達、領収書切ってもらったそうですので、あとで経費として上がってくると思います」


提督 「だろうね・・・。 芋でよかった・・・。 クッソ高いスイーツとかじゃなくて本当によかった・・・」


赤城 「あと、地元のめぼしい八百屋さんやらスーパーやらからお芋買い占めちゃったそうですので、あとで苦情が来るかもしれないとのことです」


提督 「すみませんウチの娘らが! 事前に手配をお願いできたらよかったんですが、なにぶん突発的なもので・・・」 ペコペコ


加賀 「それ、リハーサルのエア謝罪ですか・・・。 前に出て部下の責任をおっかぶるなんて、上司としてそれなりにわきまえているようね」


提督 「お前に言われると腹立つわ!」


おいも: 10. しばふ艦つめあわせ


    ジュゥゥゥゥ・・・


提督 「しおいさんしおいさん、いい音っスね」


伊401 「でしょ? ホタテのバター醤油焼きだよー! もちろん殻の上で焼くスタイル」


提督 「みんな芋食ってる焚き火の横で七輪なんぞ持ち込みやがって・・・。 許さんぞ! ひとつください!」


伊401 「あはは、いいよー。 結構沢山とって来たから」


提督 「お前まさか密漁・・・」


伊401 「ち、違うって! ほらアレだよ。 海の生き物の捕食活動にはヒトの法は当てはまらないんだよ!」


提督 「そのセリフ、前にもどっかで聞いたな・・・。 もしかして潜水艦娘の間で定番の屁理屈なのか?」


伊401 「まーまー。 養殖には手出してないし、大目に見てよ。 ホラこっち焼けたよ。 これでも止める?」


    ジュゥゥゥゥ・・・


提督 「くっ・・・悔しい・・・こんなので・・・ビクンビクン」


伊401 「提督、ホラ、行っとく? 行っちゃいます? はいお箸」


提督 「ゴチになります! あつっ! ハフハフ・・・ふまい!」


伊401 「よし共犯成立!」


提督 「卑怯だぞこんなん! くっそうめえわ!」


伊401 「でしょでしょ? やっぱお芋だけだと、しょっぱいもんも食べたくなるよねー」


提督 「まあな。 ん~・・・(キョロキョロ) よく見たら、周りの連中も芋が一巡して、いろいろ好き勝手に手を出しとるな」


伊401 「みたいだねー。 あっ、あっちで赤城さんと加賀さんにエンジンがかかったみたい」


提督 「・・・・・・見ないようにしとこう・・・」


    タタタ


蒼龍 「提督提督~! あっちの海外艦連中からホットドッグ貰ってきた!」


提督 「もうなんでもアリか!?」


蒼龍 「バーベキューグリルって便利だよね―。 一家に一台♪」


提督 「そのうちの多くは1~2回使ったあと物置でホコリかぶってたりするけどな・・・」


    タタタ


飛龍 「提督提督~! こっちは向こうの海外勢とスモア作ってきた!」


提督 「おー、ガールズスカウトの定番やな。 いかにもアメリカンスタイルって感じ」


飛龍 「あっまいの! 濃いコーヒー欲しくなる!」


提督 「だろうなぁ・・・」


    タタタ


最上 「提督提督!」


三隈 「提督提督!」


提督 「お前らは獲物を見せつけたがる飼い猫か!? って、今度はもがみくまコンビか」


最上 「ボク、漁師のおっちゃんからアジ分けてもらってきた!」


三隈 「お芋のおすそ分けのお返しですわ!」


提督 「ここでアジ!? どうすんのさ?」


最上 「焚き火っつったらアレじゃん! なんかこう・・・魚を木の枝で刺して、火にかざして焼くやつ!」


三隈 「ファンタジーの定番ですわ! ボロマント着た感じの! ワイルド冒険者風の!」


提督 「・・・あ~・・・。・・・いや、わかるけどさあ・・・。 確かに憧れるけども。 マンガ肉と同じ意味で・・・」


三隈 「じゃあ早速焼きましょう! 必殺、くまりんこぉ~↑・・・・・・どうやるんですの?」


提督 「知らんのかい!」


最上 「とりあえず、お腹開いて内臓取るんじゃないかな? んで、口から木の枝を通して、塩振って・・・」


提督 「竹串使えよ・・・。 そこらの木の棒じゃなくて・・・」


三隈 「そんな風情のないことできません!」


提督 「そもそも、小ぶりのアジにその調理法は合わんと思うぞ。 棒に通してもちまっと残念な感じになるし・・・。 大人しく網使え網」


三隈 「そんなぁ・・・それじゃあなんだかオラわくわくしませんわ!」


提督 「お前さては少年漫画大好きやな!?」


    ヌッ


北上 「ふっ・・・詰めが甘かったようだねぇ、くまりんこ、もがみん」


最上 「その声は・・・スーパー北上様!」


大井 「ああっ! 颯爽と登場する北上さん、ステキ!」


提督 「また面倒なのが来たよ・・・」


北上 「焚き火で魚焼くっつったら川魚っしょ。 ちゅうわけで、ホレ、ニジマスゲットしてきた」 ガサッ


提督 「なにその手際!? どっから仕入れてきやがった?」


三隈 「これですわ! このサイズですわ!」


北上 「焼きたいなら焼かせてあげるよ~。 あたしは一番上手く焼けたの1尾貰えればいいからさ~」


最上 「そうこなくっちゃ! よっし任せて! やるよー! ワイルド魚祭りだ!」


北上 「できたら呼んでね~。 よろしく~」


提督 「北上・・・お前、体よく調理係ゲットできたって思ってるだろ?」


北上 「魚の匂いって手につくと落ちにくいんだよね~」


大井 「魚を触りたくない北上さんと料理がしたいお二人、win-winの関係ですね。 さすがは北上さん! ステキ!」


提督 「お前らブレねえなぁ・・・」


三隈 「あ、すると、こっちのくまりんこアジどうしましょう? 結構沢山いただいちゃいましたけど・・・」


提督 「しれっとセルフブランドにすんな。 七輪で焼いたらいいんじゃないか? 誰かしらつまみに来るだろ。 俺もつまみたい」


最上 「余ったら鳳翔さんに渡せば、たぶん晩ごはんに使ってくれるだろうしね!」


北上 「アジか~、悪くないねぇ~。 お刺身・・・なめろう・・・さんが焼き・・・つみれ汁・・・」


大井 「あのニジマス調達はここまで見越しての布石だったんですね! さすがは北上さん! ステキ!」


北上 「見事だ大井っちウルゴス。 あたしの真意を見抜くとわ~」


提督 「お前らほんとブレねえな・・・」


最上 「さー盛り上がっていくよ―!」


    ワイワイ ガヤガヤ ハムッ ハフハフ ハフッ!!


――――――――――――――――


    ・・・ピンポンパンポーン↑


吹雪 『鎮守府の皆様、焼き芋大会は大盛況の内、つつがなく終了致しました。ご協力ありがとうございました!』


    ワーワー パチパチパチ


提督 「うむ。 終始安定感のある運営だった。 さすがは芋の申し子。 褒めてつかわす」


吹雪 『なお、次週には、いただきものの里芋を使った芋煮会を開催予定です。 奮ってご参加下さい』


提督 「!?」



後書き

次回予告: 未定です。すまぬ・・・


このSSへの評価

14件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-06-10 19:09:04

SS好きの名無しさんから
2018-01-28 11:11:15

SS好きの名無しさんから
2018-01-18 20:32:27

SS好きの名無しさんから
2017-11-26 12:06:36

SS好きの名無しさんから
2017-11-25 23:46:35

オリオールさんから
2017-11-24 16:41:27

SS好きの名無しさんから
2017-11-15 10:08:52

SS好きの名無しさんから
2017-11-24 10:38:26

SS好きの名無しさんから
2017-11-06 08:25:34

SS好きの名無しさんから
2017-11-01 00:37:22

クマクーマさんから
2017-10-31 12:16:59

SS好きの名無しさんから
2017-10-31 08:38:07

芝犬さんから
2017-10-30 22:39:02

SS好きの名無しさんから
2017-10-30 15:05:59

このSSへの応援

10件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-06-10 19:08:57

SS好きの名無しさんから
2018-01-28 11:11:10

SS好きの名無しさんから
2018-01-18 20:32:31

SS好きの名無しさんから
2017-11-28 19:50:12

オリオールさんから
2017-11-24 16:41:22

SS好きの名無しさんから
2017-11-15 10:08:57

SS好きの名無しさんから
2017-11-09 17:49:11

SS好きの名無しさんから
2017-11-06 08:25:24

2017-11-01 19:00:23

SS好きの名無しさんから
2017-11-01 00:37:28

このSSへのコメント

15件コメントされています

1: 芝犬 2017-10-30 22:38:58 ID: KdOhdsdp

おかー

2: 犬畜生提督 2017-10-30 23:43:34 ID: hSmnmBxj

>>1 芝犬 様
ただいまです。 ようこそお越しくださいました

3: SS好きの名無しさん 2017-11-01 00:32:47 ID: 4kdBNeEf

最初見たら何かシリアス強めかと思ったけど
いつも通りで安心しましたw

4: 犬畜生提督 2017-11-02 00:42:52 ID: St23_rnF

>>3 様
ありがとうございます。 安定のゆるゆるシナリオです
たまに入る謎シリアスはSS作家特有のサガと思って諦めて下さい

5: SS好きの名無しさん 2017-11-15 05:37:23 ID: oUQtRn0y

トイレ話を何故、駆逐艦に聞くのかw

良いぞ、もっとやれ

6: 犬畜生提督 2017-11-24 01:19:24 ID: ujiIB5RV

>>5 様
おもらしが似合いそうなレディがおるじゃろ?
だいたいその娘のせいです俺は悪くねえ

7: SS好きの名無しさん 2017-12-03 10:17:37 ID: 3_7WBnkK

スズメバチは害虫じゃ無いぞ

8: SS好きの名無しさん 2017-12-04 14:16:12 ID: iii8K2Cr

去年の9月に庭にスズメバチの巣が出来たから
業者さんに駆除してもらったな
32,000円位かかった

艦娘なら12cm単装砲で一発ですよ

9: 犬畜生提督 2017-12-05 18:41:19 ID: CtRJAbIp

>>7 様
う~ん、生活圏に出張ってくるスズメバチは
問答無用で害虫扱いの駆除対象で構わないんじゃないですかねぇ
「他の虫を食べてくれるから益虫」という意見もあるそうですが
お前それダイレクトアタック受けても同じこと言えんの? と問い詰めたいです

10: 犬畜生提督 2017-12-05 18:52:32 ID: CtRJAbIp

>>8 様
うぇぇ・・・高いですね。まるっきりもらい事故ですやん
そういえば、私の祖母の家も昔巣を作られて駆除したらしいです
そのときの戦利品の丸っとした巣が飾ってありました
子供心に「すげーかっけー!」と思ったものです

11: 芝犬 2017-12-17 19:42:51 ID: r9QG2syj

あああああ!鳳翔ママあああああ!鳳翔ママにナニのお世話されたいあああああ!

12: 犬畜生提督 2017-12-27 06:27:34 ID: 9JqJsckt

>> 11 芝犬 様
下品な物言いはやめて下さい! あとそれは私の役目です!
あびゃああぁ鳳翔ママの授乳手コキぃぃぃ~~~!

13: 芝犬 2018-01-13 11:53:02 ID: -oVlrS_M

早く...早く搾乳手コキプレイをするんだああああああああああ!(覚醒)

14: 芝犬 2018-01-13 11:53:33 ID: -oVlrS_M

搾乳じゃないわ授乳やわ

15: 芝犬 2018-02-15 12:13:19 ID: 8fXHKEG7

ママノ...テコキ...ママノ...テコキ...ママノテコキイイイイイイイ!!!!(廃人)


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください