2018-02-25 23:22:13 更新

前書き

エロはありませんが中の人がイチャイチャしたりします。文章も稚拙です。
ご了承の上お読みください



りっぴー「シカちゃーん!あーそーぼー」


シカコ「いまね、本を読んでるの」


りっぴー「見ればわかるよ!」


シカコ「ここね、私の家なの」


りっぴー「だから来たんだよ!」


シカコ「鍵が…」


りっぴー「じゃーん、あいかぎ〜」 ダミゴエ


シカコ「いやドラえもんの真似されても」


シカコ「そういや渡したっけ」


りっぴー「というわけで遊ぼ」


シカコ「本を」


りっぴー「私より本が好きなの…?」 ウワメ


シカコ「…」


シカコ「そーゆーことするぅ?」


りっぴー「シカちゃんと遊ぶためならなんでもするよ!」


シカコ「ふーん、なんでもねえ」 ジロジロ


りっぴー「え、なにするの怖くなってきたんだけど」


シカコ「怖がるりっぴーもかわいいわー」


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


そらまる「シカー遊びに来たぞー」 ゴンゴンゴン


シカコ「せめてインターホン鳴らして」 ガチャ


そらまる「おうシカ、何して遊ぶ?」


シカコ「その呼び方やだ」


そらまる「ユリカ」 イケボ


シカコ「やだ、カッコイイ///」


そらまる「ふふふ今夜は寝かさんぞ」


シカコ「あー乗った私がバカだった」


そらまる「えー新妻が同窓会で初恋の相手に会ってあの時よりかっこいい!でときめいちゃって一夜のマチガイを…ごっこしないのー」


シカコ「何その設定、私その役やだよ」


シカコ「馬鹿なこと言ってないで入って」


そらまる「ほいほい」



そらまる「さて何しますか」


シカコ「…」


そらまる「?」


シカコ「さっきそらがバカなことしたせいで変なことしか思いつかないんだけど」


そらまる「なんか変なこと言ったっけ?」


そらまる「うーん…」


そらまる「!!」


そらまる「そ、そそそういうこと!?」


そらまる「シカちゃんだったら…い、いいよ?」


シカコ「は?マジで言ってんの?」


そらまる「またまたー」


そらまる「冗談に決まってるじゃ」


シカコ「黙って」


そらまる「え、シカ、ちゃん?」


シカコ「黙って」


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


シカコ「はーひまー」


うっちー「だーれだ」


シカコ「この脳とろボイスはうっちーしかいないよー」


うっちー「あっちゃーせいかい〜」


シカコ「どうしたのー?」


うっちー「暇そうにしてたから」


シカコ「うん」


うっちー「私も暇だったの」


シカコ「うん」


うっちー「キックとパンチどっちがいい?」


シカコ「うん?」


うっちー「キックとパンチどっちがいい?」


シカコ「え、何それは」


シカコ「暇だから暴力されるの?」


うっちー「うん!」


シカコ「うん!って」


シカコ「そりゃ流石のうっちーでもダメでしょ」


うっちー「やだなー冗談ですよー」


シカコ「…」


うっちー「シカちゃん?」


シカコ「私はキックかな」


うっちー「え?」


うっちー「シカちゃんキックされたいの?」


うっちー「私に?」


シカコ「ううん」


シカコ「したいの」


シカコ「私が」


シカコ「うっちーに」


シカコ「えいっ」 バシッ


うっちー「ひゃん」


シカコ「ふむ、可愛い声ですな」


うっちー「もーひどいよー」 ナミダメ


シカコ「これは…」


シカコ「…」


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


シカコ「くっすんってかわいいよねー」


くっすん「へっ!?」


くっすん「ま、まあそんなこと、、あるかなぁ」 エヘヘ


シカコ「うんうんすっごくかわいいよ」


くっすん「いやいや〜そんなに褒められても困っちゃうなあー」 ニヤニヤ


くっすん「シカちゃんもかわいいよ?」


くっすん「まあ私にはおとるかもしれないけどー?」 テングー


シカコ「…」


シカコ「そうだよね、私もかわいいかな」


シカコ「じゃあくっすんとお似合いかもね」


くっすん「もっちろん!ウチとシカちゃんは相性バッチリや!」


シカコ「じゃあ…」


くっすん「へっ!?なになに!?」


くっすん「ちょ、なにするの!?」


くっすん「えっえっうそっ」


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


みもりん「うりうりっ」


みもりん「いい体しおってからに」 モミモミ


シカコ「…」


みもりん「うりうりうりうりっ」


シカコ「…」


みもりん「どうだ!このっこのっ!」


シカコ「いつまでやってんの?」


みもりん「やっと反応したねっ?」


みもりん「ここからが本番だぞ〜」


シカコ「やめて」


みもりん「そんなこと言っちゃって〜」


みもりん「まだまだこれからだぞー」


シカコ「やめなさい」


みもりん「!」 ビクッ


シカコ「それでよし」



みもりん「あ、あの、すいません…でした」


シカコ「触る言うことは」


シカコ「触られる覚悟がある、ゆうこと。」


シカコ「ね?」


みもりん「は、はい」 ガタガタ


シカコ「よろしい」 ニコッ


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


ぱいちゃん「あぁ、すーちゃま今日も尊い」


ぱいちゃん「すーちゃまとあんなことやこんなことしたい」


ぱいちゃん「すーちゃまがいれば生きていける」


シカコ「…」


ぱいちゃん「…?」


シカコ「きも」


ぱいちゃん「っ!?」


シカコ「すーちゃますーちゃまってそればっかり」


シカコ「そんなにすーちゃまがいいか」


ぱいちゃん「いいよ!だってすーちゃまだもん!!」


ぱいちゃん「あのかわいくてかわいいすーちゃま!」


ぱいちゃん「そんなすーちゃまと○○○や×××を」 デヘヘヘ


シカコ「…」


シカコ「……させてやるよ」


ぱいちゃん「なんて?」


シカコ「忘れさせてやるよ」


ぱいちゃん「えっちょっ」


シカコ「すーちゃまのことなんか思い出せないくらいイイコトしてあげる」


ぱいちゃん「やっ、だめやめて」


ぱいちゃん「こーゆーことはすーちゃまとしかしないの!!」


シカコ「そんなこと言ってられるのも今のうち」


ぱいちゃん「あーれー」


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


シカコ「えみつーん、お菓子ちょうだーい」


えみつん「はいよー」


えみつん「はんごろし」


シカコ「やたーありがとー」


えみつん「私もなんか食べよかな」


えみつん「うーん、、シカちゃんなんかない?」


シカコ「え〜何も持ってないよー?」


シカコ「私でも食べるー?」


えみつん「えっ……//」


シカコ「やだなーじょーだんでしょー」


えみつん「あっ、うん!そうだよね!冗談だよね!」


えみつん「うんうん」


シカコ「あーもしかして期待しちゃったー?」


えみつん「ま、まままさか」


シカコ「動揺しすぎー」


えみつん「…ちょっとだけ」


シカコ「そっかー」


シカコ「…」


シカコ「いいよ」


えみつん「え」


シカコ「食べてあげる」


えみつん「ほんと?」


えみつん「………って」


えみつん「食べて、あげる?」


シカコ「うん」


シカコ「足りなかったから〜」


えみつん「それって…あ、もう」


シカコ「いただきまーす」


えみつん「わー//」


このあとめちゃくちゃカメックス


_______________


シカコ「よしのん!」


ジョルノ「なんだー」


シカコ「……しよ?」


ジョルノ「なにをー?」


シカコ「いや、あの、ほら…」


ジョルノ「おー一緒にゲームやりたいのかー?」


シカコ「いや違くて、その」


ジョルノ「なんだね、何がしたいんだ」


シカコ「ほらあれだって、、」


ジョルノ「わからんわ」


シカコ「またまたーわかってるくせにー」


ジョルノ「いやほんとにわからんぞ」


シカコ「えっ…」


シカコ「あー、、うん」


シカコ「その」


シカコ「あんなこと」 カオマッカ


ジョルノ「あんなこと?どんなことだ?」


シカコ「も、もー!!わかってるんでしょ!?」


ジョルノ「いや、まーな」


ジョルノ「当惑するシカがかわいくて」


シカコ「もーよしのんたらー!!」


ジョルノ「よしよし、ちゃんと相手してやるから」


シカコ「うん。。いつもみたいにやさしくしてね…?」


ジョルノ「あーかわいいなーお前は」


ジョルノ「わかってるわかってる」


ジョルノ「心配すんなって」


シカコ「そうやって最後はいっつも荒くなるんだから」


ジョルノ「しょーがないだろー」


シカコ「そ、それがいいんだけどねっ」


ジョルノ「おっ今日はツンデレか?」


シカコ「ぶー素直なだけですー」


ジョルノ「はっはっは冗談よじょーだん」


シカコ「…」


シカコ「…そろそろ我慢出来ないんですけど」


ジョルノ「おーじゃもうちょい焦らすか」


シカコ「あ、あの」


シカコ「ほんとにもうお願い…します」


ジョルノ「…」


ジョルノ「…ずるいな」


ジョルノ「ずるい。」


シカコ「んっ、よしのん♡」


ジョルノ「はーーーーーー」


このあとめちゃくちゃカメックス。


後書き

はー楽しかった。
みもりんまで飛行機の中で暇だったからすらすら書いた。Pile様から次の日書いたからちょっと雰囲気変わっちゃってるかも。あんま上手く書けたとは思っとらんが
読んでくれてさんくっすん!


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください