2018-01-04 18:40:57 更新

概要

青葉の話(回想メイン)。一応「泣ける艦これ」目指してます…。


前書き

唄を聞いていたら、急に思いつきました。
問題点・改善点等ございましたら、コメントなどでご指摘ください。速やかに修正いたします。


「何ですか、これ? 篠笛、ですか?」


「ああ、そうだ。ためしに、この曲でも吹いてみろ。」


「あおばのふえ? 面白い題名ですね。」


「おまえリコーダー吹かせたらうまかっただろう。」


「リコーダーと篠笛は違いますよぉ。」



 あのとき、プレゼントをもらって、私は浮かれていたのかもしれません。

 ああ、あの頃に戻りたい。あの頃は…。もし私があんなことをしなければ…。



あのとき、そこには新聞があった


青葉「またいい記事書けました~。ウヒヒヒ。」


大淀「気持ち悪いですよ。何々、『提督、大規模攻勢を計画』?」


青葉「そうそう。確かな情報源からですよ。」


大淀「これ、書いてしまってはまずいのでは?」


青葉「大丈夫、大丈夫。司令官なら許してくれますから。」



 あの時、あの記事を掲載するのをやめていれば。大淀の言葉に従っていれば。悔やんでも悔やみきれぬ過去…。



あの頃はまだ提督がいた


提督「青葉、なんでこんな記事を書いたんだ。軍機だぞ。」


青葉「エヘヘ、青葉、どうしても書きたくなっちゃてぇ。」


提督「はぁ。まあいい、今回だけは許してやる。今度からちゃんとした記事を書けよ。」


青葉「はいっ、取材も編集も校閲も青葉にお任せ。」


提督「しっかりやれよ。」ニコニコ



 あの人は決して怒らなかった。厳しく注意をしながらもニコニコとほほ笑んでいた。

 悪いことばかり仕出かす私にも解体しないどころか、贈り物までくれたのだ。

 私はそこに甘えていたのだ。もっと、しっかりと考えていれば、あんなことにはならなかったのに…。



あのときに私は

青葉「そろそろ例の大規模作戦。取材しちゃいますよぉ。」ニシシ


青葉「どうも、司令官!恐縮ですっ! 今日、近くの鎮守府で行われている演習にみんな参加したのも作戦のためですか?」


提督「青葉、取材したいのはわかるが、一応軍事機密なんだ。気を付けてくれよ。」


青葉「大丈夫ですって。」


提督「さて、青葉。君が取材しているこの作戦、情報がカギだ。敵海域に単艦で侵入して探ってきてくれないか。」


青葉「はいっ。索敵も偵察も取材も青葉にお任せ!」



 ああ、あの時断っていれば。鎮守府に残っていれば…。後悔しても何にもならない。だけど、後悔しても後悔しきれません。



スピーカー「敵襲、敵襲。敵、鎮守府近海に展開しつつあり。」


そして、ついにその時は

青葉「よしっ。いっぱい情報が取れました。司令官、喜んでくれますかね。」ワクワク



 ああ、あの時はまだ何も知らなかった。もう少し、もう少し早く帰っていれば。



青葉「あれっ?そろそろ見えるはずなのに、鎮守府がないですね。」


青葉「燃えてる? 燃えてるっ!鎮守府が!」


 炎をまとった鎮守府に駆け込んだ私は、衝撃的な光景を目にしました。


青葉「提督! 司令官はいますか!」


提督「ぁぁ…。」


青葉「司令官!」


提督「あ、お、ば…。敵襲を、受けた。もう、私は助かるまい…。」


青葉「司令官!しっかりしてください!」


提督「青葉、逃げろ。俺を置いて逃げろ。すぐにまた奴らが来る!」


青葉「すみません。青葉が、青葉があんな記事を書いたばかりに、秘密が漏れて。」


提督「ああ、大丈夫だ、お前のせいではない。青葉、逃げろ。逃げて助かれ。」ニッコリ



 あんな時でも、あの人は私を責めずに微笑んでいました。そして、元凶である青葉を、助けようとしていました。


青葉「出来ません。司令官を置いて逃げるなんて。」


提督「行けっ!私は、もう助からない。命令だ!」


青葉「でもっ「重巡洋艦青葉、直ちにここを去れ。そして、生き延びよ。」」


青葉「司令官…。」



 司令官は、どこにそんな力が残っていたのかと思うほどの力で、私を押しました。そして、私は進んでしまった。

 もし、あの時、担いでいれば。ともに残っていれば。こんなに苦しまずに済んだかもしれないのに。



 燃え盛る炎の中、振り返ると、何度も何度もあの人は『行け』とでもいうように手を振りました。それが、司令官を私が見た最後の瞬間でした。



 あの後は、夢中で逃げました。敵が次々と現れて、それを倒して逃げるだけで精一杯でした。もう、助けることなんてできなかった。戻ることなんてできなかった。


そして今、私は

 ああ、もしあのときに戻れるなら。戻ってやり直せるなら。私は何でもします。


 でも、その願いはかないません。わかっています。


 だから、せめて、…。



 あなたのところへ、行かせてください。この笛を抱いて。



「青葉、取材、…いえ出撃します。 あなたのもとへ。」




一之谷の軍破れ 撃たれし平家の 公達あわれ

暁寒き 須磨の嵐に 聞こえしはこれか 青葉の笛


更けくる夜半に 門を敲き わが師に託せし 言の葉あわれ

今わの際まで 持ちし箙に残れるは 「花は今宵」の歌


『青葉の笛』(『敦盛と忠度』) 作詞:大和田建樹 作曲:田村虎蔵


後書き

作詞者、作曲者ともに死後50年たってますので、著作権は大丈夫と信じたい。アウトだったらご連絡ください。該当部分を速やかに削除いたします。


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-01-01 17:20:57

このSSへの応援

1件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-01-01 17:20:58

このSSへのコメント

2件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-01-02 07:55:39 ID: HIlM4-hm

生き残ったものは思い出を語り継ぐ義務が有るんだね。青葉くん。死ぬことはゆるされんぞ。死ぬことは望んでいないぞ
生きてお祖母ちゃんになり生きた記憶を
先に行った者に楽しく語ることが。
生き残ったものだけの義務で権利だ

2: 74門戦列艦ホリュンデス 2018-01-02 09:51:13 ID: 4xbG9fdR

 コメントありがとうございます。
 しかし、生きることはつらく、死ぬことは英雄的に見えて、(比較的)楽です。帝国海軍の伝統から見ると、生き残れば非難され、左遷、悪ければ解体でしょう。
 ですが、おっしゃる通り語り継ぎ反省を生かすことは大事だと思います。


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2018-01-01 17:20:50 ID: JvSsaUO3

悲しい


オススメ度を★で指定してください