2018-01-11 04:16:27 更新

概要

短編ストーリー


前書き

深夜テンション+風邪気味+初投稿なので誤字脱字はあると思いますがお許しください。


グッドモーニング 私の思いは届いているだろうか

ハロー 私の声は聞こえているだろうか

グッドナイト 私の体温は伝わっているだろうか



AM6:00 自宅(ベット)

男「おはよー」

女「んーーまだ寝たい....」

男「ほら朝だよ!」

シャッ

女「oh......眩しいぃ」


AM7:00 自宅(リビング)

男「いただきまーす」

モグモグ

女「今日遅くなる?」

男「今日は遅くなるかもなー」

女「オッケー」


AM8:30 自宅(玄関)

男「それじゃあそろそろ会社行ってくるね」

女「行ってらっしゃい頑張ってね」

男「行ってきます」

ガチャ


PM1:00 会社(オフィス)

男「はぁ...腹減ってきたなぁ...そうだ食堂へ行こう」


PM1:30 会社(食堂)

男「混んでんなぁまあいっか」



PM11:00 帰り道(花屋前)

男「そういえば最近花変えて無かったから買うか」


PM11:00 花屋

男「すみませーんこのピンクのスター...チスってやつ下さい」


PM11:45 自宅(玄関)

男「ただいま」

女「おかえりー」

男「花変えようと思ってさスターチスって花買ってきたんだお前花好きだっただろ?」

女「私のためにいつもありがとう」

男「ちょっと待っててな」

女「うん」

男花変更中

男「よしこれでオッケー」

男「はぁ」

男「俺はお前が好きだったよ...」

男「やっぱりそれはいまでも変わらない」

男「なんで良い人って直ぐに死ぬんだろうな」

男「女...大好きだよ...」

女「私も...大好きだよ」



グッドモーニング 私の思いは届いているだろうか

ハロー 私の声は聞こえているだろうか

グッドナイト 私の体温は伝わってるだろうか


グッドバイ 何時までも愛してる


後書き

なんかこういうの書いた後って切なくなりますよね
とりあえず早く風邪治します
おやすみなさい


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください