2018-01-13 00:57:07 更新

概要

いろんな方々のSSを見て自分も書いてみたいなぁ、と思い今回初めて書いてみました。文章がおかしかったり漢字が違うなど国語力が終わってますがすこしでも読んでいただければ幸いです。

ファンタジーなのかシリアスなのか何なのか、最近行方不明。

更新が遅いのは仕様なのです(´・ω・`)

今回試験的に章タイトルの入れ方を変えました。


前書き

この物語は艦これエンジョイ勢提督が書いたものなので多少おかしな部分があるかもしれません。そこは見逃して(ω´∀`ω)ニャン♪←おい

☆人物紹介☆

・提督(柳原 海斗)
母親が艦娘であったため運動能力は人間離れしているが、頭は少し残念な様だ。
武器は基本刀で戦う。

・友提督
提督の友達。刀は使えるが水上を移動する換装は無い。蒼龍とは結婚している。

・上官
資材、建材、道具、人、艦娘、様々な物を取り揃え、大量の人と艦娘を従える。
提督の補助役。
提督の親戚

・元帥
提督の祖父。

・彩音
提督と共に鎮守府で働く『社畜』
彩音「ひどいよぉ!」
実は結構な実力者

・時雨
提督と電がケッコンしたことに少しショックを受けている模様。

・電
提督(&作者)の嫁艦
おっちょこちょい(確信)
誰にでも優しく出来るが敵に情をかけるのは少し心配だ。たまに黒いオーラが現れる。

・皐月
作者は睦月型の中で2番目に好きだったりする。(一番は望月)
燃費が良い(確信)

・弥生
作者は睦月型の中で3番目に好きだったりする。
かわいい(確信)

・卯月
提督に助けてもらった。
ぴょんぴょん言っているが、あまりにも驚いたりすると素の喋り方に戻る。

・夕立
提督に助けてもらった
ソロモンの悪夢
いつ見ても火力の値がおかしいと思う。

・川内
夜戦バカ、以上
川内「酷い!」

・青葉
盗撮魔、以上
青葉「酷い!」

・大淀
旧任務娘さん。
スロットが4つあるのは便利だと思う。
メロンさんとはまた違う強さがある。

・古鷹
フルタカエル˙˚ʚ( •ω• )ɞ˚˙
強かわいい(確信)

・霧島
艦隊の頭脳筋(笑)
冷静だが結局はゴリ押しである。

・瑞鳳
たべりゅでおなじみの卵焼きウーマン。
艦爆に卵焼きを搭載しないか心配だ。

・蒼龍
友提督の秘書艦けん唯一の結婚艦。ケッコンではない、結婚だ。
強い(確信)

・リラン
作業妖精たちのリーダー

・フラン
医療妖精たちのリーダー

・??
【謎です】


演習なのです!


提督「結構時間食ったなぁ。俺は料理を作り始めるから電はゆっくりしてくれ。」タッタッタッタッ


電「了解なのです!」


時雨「電、少しいいかな?」


電「なんですか?」


時雨「電はさ、提督とケッコンできてうれしい?」


電「はい!とってもうれしいのです!」


時雨「だよね、けど僕はうらやましい。だからさ、今から僕と演習してよ。僕より強いことを証明して。」


電「・・・わかったのです、そういうのでしたら相手になるのです。」



演習場



時雨「・・・時雨、行くよ!」


電「電の本気を見るのです!」


時雨「基本スペックは僕のほうが高い!」ダーーン


電「遅いのです!」サッ


時雨「え!?この距離でよけるのか、じゃあこれでどうだ!」ダダーン


時雨「・・・」


電「何度やっても同じなのd」ドーーン 煙で何も見えない


時雨「砲撃の勢いで回転しながら魚雷を撃った、これに気が付けなかった時点で僕の勝ちだよ。」


時雨「申し訳ないけど、今回は「誰がやられたと言ったのです?」」


電「電はここにいるのです。」 電のつけている指輪が桜色の光を放っている


時雨「そんな!でも・・・なんで!」


電「この指輪は司令官さんと電をつないでるもの。司令官さんは電の、電は司令官さんの力を借りることができるのです。」


時雨「なっ・・・そんな隠し玉まで。」


電「あまり時間をかけると司令官さんが心配するので一撃で倒すのです。」


時雨「!?・・・ならばっ」ザザーーーー 電と距離をとる


電「離れても無駄なのです・・・」


電「・・・【イグナイト!!】」 桜色の光が電を包む


時雨「まだなにかあるのかい!?けどここまで距離をとれば攻撃はとどかない。いったいどうする気だい?」


電「司令官から教えてもらったもの、ここで使うのです!」シュンッ


時雨「!?、電が消えた・・・違う、提督の瞬歩!?」サッ 後ろを振り向く


電「時雨さん、あなたの気持ち、無駄にはしないのです。」ザッ


時雨「しまっ!?」


電「我流・・・無音一殺」シュンッ


時雨「・・・寸止めするとはね、僕の負けだよ。」パチパチパチパチ


電&時雨「「え?」」


提督「二人とも、見事だ。」


電「司令官さん!どうしてここに?」


提督「どうして、て言われてもな、電指輪使っただろ?」


電「はい、桜色の光がとてもきれいだったのです!」


提督「あれな、どちらか片方が使えば両方からあの光が出るんだ。」


電「え!ということは・・・」


提督「ああ、料理中だったが古鷹と川内に任せて迎えに来たってわけ。」


時雨「あちゃー、まさかばれているとはね。」


提督「しかし、時雨もすごいな、電相手にここまでやれるとは。」


時雨「けど、結局かすりもしなかったよ。」


提督「まあな、電の指輪は特殊でな、俺の力を使えるようにしてある。今の時雨じゃ勝てなくて当然だ。」


時雨「確かに・・・」


提督「しかし、電、さっきの技は?」


電「司令官さんの技を参考に、力を借りた状態でのみ使えるような技を考えてみたのです!」


提督「瞬歩を使って仕掛けるとは考えたな、ちょっと俺もあの技使ってみたいな、技名はなんていうんだ?」


電「我流 無音一殺 なのです!」


提督「お、おおだいぶ渋いな。」


電「司令官さんの力を借りている以上技名もかっこよくしてみたのです!」




後書き

提督の武器
15.5cm三連装砲×1
刀×2(折れている)
???×1
黒狼刀
妖刀神罰

提督の技

・百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
目にも止まらぬ速さで不可視かつ大量の斬撃を飛ばす。姫級でも一部は一撃で済む。その代わりに刀への負担も凄いため並の刀は1回で折れる。

・鬼神乱舞(きじんらんぶ)
防御に使えば敵の弾を跳ね返すor切り飛ばす。
攻撃に使えば貫通性の高い斬撃を飛ばす事が出来るオールマイティな技。相当な体力を使う。

・一閃(いっせん)
刀使用数が1本のときに使える、深く踏み込み相手を切る。

・一閃 弐式(いっせん にしき)
一閃の二刀流バージョン

・菊一文字(きくいちもんじ)
???
危険(確信)

・柳原流抜刀術 修羅一刀(やなぎはらりゅういあい しゅらのいちげき)
あらゆる角度から襲いかかる斬撃を無数に放つ。それはさながら修羅の様。

・絶対障壁
前方からの攻撃を防ぐ。発動までにタイムラグあり。

・モードabsolute(もーど あぶそりゅーと)
一時的に人間離れした動きができるようになり受けたダメージを体に蓄積するようになる。モードが解けた瞬間に受けたダメージが一気に襲ってくるため提督の諸刃の剣でもある。

・インペリアルレイ
己の力を一つにまとめ爆発させる技。「モードabsolute」と「神刀・木花咲耶姫」使用時のみつかえるフィニッシュ技

彩音の装備

・狐月刀 妖狐(こげつとう ようこ)
幻影刃という妖刀特有の刃をとばすことができる。

彩音の技

・幻影刃(げんえいじん)
妖力みたいな何かを刃にして飛ばす技

・龍虎乱舞(りゅうこらんぶ)
無数の幻影刃を飛ばす。直線を描いて飛ぶが密度はその時で変わる。

・瞬歩(しゅんぽ)
一瞬で間合いを詰めれる。

・森羅万象(しんらばんしょう)
短時間だが瞬発力、腕力、握力、跳躍力を飛躍的に上げる所謂一時的パワーアップ。

・インペリアルレイ
己の力を一つにまとめ爆発させる技。「森羅万象」と「ヴァルキリーブレイド」使用時のみつかえるフィニッシュ技

・特殊

・worldcapture
不明

その他


「我流 無音一殺」
指輪の力を用いて瞬歩と組み合わせた技。
相手の懐に潜りこみそこから脅威の一打を繰り出す。


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください