2018-01-19 17:55:00 更新

前書き

このSSは「俺ガイル」の韓国SSであり、9部完結です。
翻訳機を使って文章がぎこちないことができますので、ご了承お願いいたします。

P.S このSSを滑らかに翻訳していただける方を探しています。もし興味がある方は、コメントに残してください。

2018.1.17 - 第1部 アップロード
2018.1.18 - 第2部 アップロード


フェロモン


動物の体内で作られて体外に放出、同種の他のオブジェクトを刺激したり、特定の行動を誘導する物質の総称である


人間はまた、体内にフェロモンが存在することが確実視されてきたが、脳のフェロモン分泌を処理する部位が退化しており、これに対する正確な情報を得ることは困難であった


それにもかかわらず、人間が微弱だけれどフェロモンを分泌するということは退化した脳の代わりにフェロモンを管掌する機関が体のどこかにあるという証拠。つまり、人体の明らかにされていない秘密とはある


しかし、その秘密が秘密で残ることができる日は、その先端が見えていた


スタンフォード大学のエルリオトインスタンス教授が率いる研究。彼らはついに明らかにしてしまったのだ。人間の体の中に数百万年以上眠っていたフェロモン遺伝子の正体を


さらにそれだけではなかった。彼らはフェロモン遺伝子を解明したことにとどまらず、様々な変異体のフェロモンを製造することも成功した。これがこの研究の中核となるまでそれほど多くの時間がかからなかった


もちろんフェロモンとが同種の他のオブジェクトを刺激したり、特定の行動を誘導する物質なので、人間が任意にフェロモンを作り出して利用すれば、かえって人間に害を及ぼす意見も研究者の中で小さくナマ存在したが、それでもこの突然変異フェロモンを介して、現代医学この解決できない多くの精神疾患の治療に大きな進展があるだろうということが研究者の大半の意見だった


さらに、人類の祖先であるアウストラロピテクス。いや、更に遡ってサヘラントロプス前人類の母胎に言語というコミュニケーション手段さえなかったとき、何でお互いの意思を表現したのかについても明らかにできる余地も存在した


結局、言語と呼ばれるツールもしたオブジェクトが一定レベルの知能まで進化しなければなら誕生することができるのだから


もしこの研究が世界中に公開ばノバルティス、ファイザーをはじめとするいくつかの多国籍製薬会社のラブコールはもちろん、学界から人類史に大きな一線を引く研究と評価を受けるのは当然の手順だろ


彼らの研究が公開されたし。明らかにしては、フェロモンの年呼ばれることが間違いなかった···


***


ある年の秋。サンフランシスコ、シリコンバレーにあるどの研究所


教授「ぜひ···辞めさらさら?」


雪乃「···例」


教授「あなたがいたからこそ、私は、我々の研究者がスイカか来ることができたことは事実だね。あなたがなければ、モデルAの開発もしばらく遅くなっただろうね」


雪乃「······」


教授「お願いだね。何年よりすれば、実際にいくつかの年より、モデルHをはじめとする他のモデルの開発も終わるね。あなたの助けなしにモデルの開発は、非常に難しいただ、dir···!」


雪乃「大丈夫です、インスタンス教授。実際に理論を構築したのは先生であら、前それにより、しただけですからね。私がなくても十分にこなしていただけだろうとします」

 

教授「ミス有木下。私今回の研究が終わったら、あなただけ正しく学界に浮かべ与える。本当に一世、約束カバ」


雪乃「···仕様致します。すでに私の心は確かなものに定められました」


教授「ミスユー木下······」


雪乃「私の先生と結んだ契約の条件はまた、最初のモデルの開発が完了する時に解約が可能である条件だったから問題はないであろうします」


教授「······」


教授「はぁ······」


教授「そこまであなたの心がかたくなであればこれ以上説得したところの意味はないんくん」


雪乃「······」


教授「それなら、その事情だけでも教えて与えることができないか?急いで帰国をしなければならない理由は、dir」


雪乃「···それも、無理です」


教授「······」


雪乃「······」


教授「···そう。また、無理なら、仕方ない」


教授「ここはあなたを続け握っていたところ、高齢者の醜態を示すことにしかならず、dirは」


雪乃「申し訳ありません···」


教授「ハハー。あなたが謝罪する必要はありません」


教授「この数年の間本当にお疲れ様でしたはい、ミスユー木下」


教授「あなたがなければ、今の私はなかったゲヤ。それでもひょっと心が変われば、いつでもご連絡くれればありがたいはい」


教授「君は私育てた弟子の中で最高の弟子だからな···」


雪乃「例···」


教授「······」


雪乃「じゃあ、失礼します···」


ドゥルルクブーム


雪乃「······」コツコツ


研究A「くそ···私ジェプニョン。顔きれい頭いいと高慢チャックするのは···」ひそひそ


研究B「本来なら研究途中解約可能と条件を入れることは不可能に近いだろうね」ひそひそ

 

研究C「あいつは教授がとても愛しておられる人だからね」ひそひそ


研究D「それでも私たちの立場では、幸いでない?その女性の下で働くときの記憶は思い出す祈りたくないと···」ひそひそ


研究E「ウィリアム人。機嫌も良いね」ひそひそ


研究F「あ、弟···」そわそわ


雪乃(···これも、予想通りのこと)


雪乃(周囲から非難の視線を受けることなどは、すでに子供の頃から馴染みのことである)


雪乃(それでも最初は、焼付高校を卒業して大学に入学した当時、私は私が今まであきらめてきた「人間関係」の構築について最善の努力をダハリョた)


雪乃(しかし、その努力も結局時代遅れ···)


女子学生A「なんだ、ユ木下氏。本当に私たちを友人と思ったの?」

 

男子学生A「有木下によく見せる単位取得もしやすいから···!」

 

女子学生B「あはは···正直有木下君は少し不運ない?」


雪乃(すべて、すべて失敗した)


雪乃(こんな私が完全な人間関係を作るのは、当初から無理だったのだ)


雪乃(その後私は私に与えられことだけに集中し始めた。そうでなければ、心の中の何かがつぶれてしまいそうだったので···)


雪乃(しかし、ある日。突然由比ヶ浜量からかかってきた電話。とても久しぶりの連絡だった)


結衣「ゆきのん、ゆきのん。次の週の週末に時間ある?」


結衣「みんな集まらないかももう何年かな。だから久しぶりにみんな集まることにした!小町ちゃんや間ちゃん。また、さきさきとめぐり先輩も来るんだからゆきのん万時間になると······」


雪乃(当時の私は多く疲れていたのだろうか)


雪乃(私は何かに導かれるよう由比ヶ浜量の招待に応じることになった)


雪乃(そうすることができ年ぶりに帰った千葉で私が見たのは···)


結衣「ヒッキー、幸せにして!」


戸塚「八幡、おめでとう」

 

八幡「あ、ああ。みんなありがとう」

 

めぐり「それでも一色量が比企行く君と付き合うになるとは思いもよらなかった···」


いろは「えへへ···先輩の大学まで従って熱心に猛アタックした結果ラルカヨ?さらに、この交際。結婚を前提とした交際からね///」


沙希「まあ、確かにこれは意外はい」


小町「そうですね。小町もまさかまさかしたが、いろは姉になるとは知らなかった月のでしょう」

 

雪乃(どうして···)


雪乃(なんでなんでなんで···!)


雪乃(なんでみんなそんなに太平にすることができますか?特に由比ヶ浜量比企行く群を好きだったんじゃない···!)


小町「だから兄。結婚はいつするの?」


八幡「一度大学を卒業後、またはできないかと思う。とりあえず今は、いくつかの無理だからな」


いろは「するっディップ先輩。適切思ってくれていらっしゃいますね。これ荷でポイント無尽蔵高いって?///」


八幡「この、こんなところ抱か来ないように。いろは///」


沙希「はぁ···やっぱりこうなるのは仕方ないでしょうか。シロメ銅先輩」


めぐり「う〜ん···さらに私はあなたたちの中で一番遅く飛び込んたり。悔しい気持ちはない」


雪乃(に···に···?)


雪乃(まさか川崎量とシロメ銅先輩も比企行く君を···?)


いろは「それでも先輩。率直に言って私、たくさん不安って?」


八幡「?」


いろは「先輩と川崎先輩が同じ出版社に入社を希望するも、その出版社にめぐり先輩が先に入射することも全部偶然というにはあまりにも行き過ぎたレベルですよ。先輩、二人のような企業と浮気ではないですよね?」


八幡「シロメ銅先輩は分からなくても出て川崎はまだ入社希望の状態じゃないか···のような会社と一定の状態でもない」


いろは「ちょっと待って、先輩!その言葉は、すなわち、2人のような会社になると、風を吸うゲトダンですね?!」


八幡「ま、待って。なぜ解釈がそのような方向になるのか?」


めぐり「ふふっ。よろしく、ヒッキー行くくん?」


沙希「私、私···///」


八幡「は、はい?///」


いろは「っ···何頬を赤らめているんですか!正しく説明してください、先輩!」


雪乃(目の前で起こる騒動)


雪乃(その騒動はなんとなく現実感が離れていた。ただ、私の頭の中でぐるぐる回るのは比企行く君と一色の量が恋人であるという事実)


雪乃「あ······」


雪乃(すべての···すべてが幸せに見えた)


雪乃(一見はところによると姉も有木下が次期当主の座を平坦に受け継いでいる模様)


雪乃(次に自分、沼に陥って当てていたの···?)


雪乃(崩れた)


雪乃(その日を起点に、私の中で最後まで粘った何かが崩れたのだ)


教授「ミス有木下。私はシカゴ大学の教授、エルリオトインスタンスとやま」

 

ゆき(はい)


教授「君の論文を見て、本当に感心したね。是非、私たちの研究に参加してくれることがオプゲトナ?」


雪乃(人間を含むすべての動物に、自分の気持ちを示すことは、コミュニケーションの基本中の基本)


教授「このモデルを投与するとすぐ、他のチンパンジーが一斉に対応するチンパンジーを攻撃し始めた!実験は成功一世!成功!」


雪乃(だからこそこの研究の最初のモデルで感情と関連突然変異フェロモンが作られたのは、見方をすれば決まっていた結果)


雪乃(すべて決まっていた結果に過ぎないのだろう)


雪乃(行動は早かった)


雪乃(かつて私は研究者の一人で研究施設を使うことが可能になるようにインスタンス教授に信頼されている研究。そのため、数少ないモデルA、すなわち突然変異フェロモン剤のサンプル搬出はとても簡単でした。もちろん、その途中CCTVの死角地帯で粉末状に分け62日にかけて運搬するなどそれなりの苦労はあったが···)


雪乃(そしてこの研究では、公開されるやいなや、きっと世界中の注目を集める研究ので、メディアに研究が公開された後、動かしてみても何とか発覚れることが明らかになった)


雪乃(といってひ加賀屋群を奪うことができる理想的なフェロモン剤やフェロモンブロッカーが開発されるまで待ちジョニー時間があまりにもかかる。初めての考えとは異なり、正の感情を作り出すことは否定の感情を生み出すことよりもはるかに難しかったからだ)


雪乃(しかも私の忍耐も既に限界だった。今の私はただ引き行く群を取り戻す覚悟だけを持っている、それ以外は何も付いているものがない崖っぷちにぶら下がっ女性に過ぎないの······)


雪乃(とにかくこの屋上にいるのも、ここでサンフランシスコの風景を見下ろすのも、今回の主最後だ)


?「ユ木下さん!」


雪乃「ウィリアム、種···?」


雪乃(リチャードウィリアムス。私と同い年で普通白人系イギリス人。正直この研究所の研究者の中で一番大する窮屈な人である)


ウィリアム「あの、本当にですか?ユ木下さんが、この研究所を残したというのが!」


雪乃「···はい」


ウィリアム「どうして線ですか?!この研究では、あなたがなければ大きな支障が生じることは明らかであるって!」


雪乃「それに関連する事案は、すでに教授と合意された状態です」


ウィリアム「何か不便なことでもありますか?次に、私が全力を尽くして、あなたをお手伝いします!だから······!」


雪乃「ありません。何も」


ウィリアム「うっ···!」


雪乃「······」


ウィリアム「······」


雪乃「···じゃあ前の荷物チェンギョヤては、まず下りましょう」


ウィリアム「機、お待ちください!」


雪乃「······」


ウィリアム「一体私の何が不足しているのですか?前ユ木下さんに一目惚れしたので、ずっとユ木下氏のためだけに生きてきました。他のすべての研究者が有木下さんののしっも、私だけはそうでした。何度も、何度も好きだと告白したにもかかわらず、このように、あなたにそっぽを向かれる私かわいそうもないですか?!」


雪乃「······」

 

ウィリアム「前あなたのためなら、このウィリアムも捨て用のがあります。有木下になっても大丈夫よ。だから一度だけ、一度だけ私を見てみて下さい···!」


雪乃「······」


ウィリアム「···し、ハハ···最後まで、言葉お持ちでない、ですね···」


雪乃「······」


ウィリアム「やはりその引き行くという男···からですか···」


雪乃「?!」


ウィリアム「その反応を見たところ、フィットする形状ですね···」


雪乃「あなた、どのようにそれ···!」


ウィリアム「以前、ユ木下さんの携帯電話を見て見たことがあります。そこで引き行く八幡という人とやりとりしたメールだけが徹底的に保護されていたから疑問が行かないリないでしょ」

 

雪乃「···最悪ですね。ウィリアムさん」


ウィリアム「最悪、からである。どうせ前ユ木下さんに受け入れられない運命。スイカか来た以上どうでもいい部分でしょう」


雪乃「どうでもいい部分だなんて···!」


ウィリアム「第話はここで終わりです。ユ木下氏は、日本に帰って、その男との愛を共有た結婚をしても勝手にしてください。私ももう疲れ、湿、です···」


雪乃「······」


雪野(ウィリアム氏はそう言ってから、頭をすっぽり下げたまま屋上から降りて行った)


雪乃(ただし、そのようなウィリアム氏の後ろ姿を眺めてたと思うが、ただ一つ。ウィリアムさんは、もはや大する窮屈な人ではなかった)


雪乃(私が会った人たちの中で史上最悪情けない男だったのだ)


雪乃(ただ、そのだけ)


***


数日後、夕方7時。千葉県のいずれかのカフェの前


八幡「ここか···」


八幡(有木下から突然電話がかかってきたのは、昨日の午後)


八幡(急用件が生じ、一日程度、日本に立ち寄るついで、自分と二人きりで会って話や、しばらく交わしたいユ木下の要請であった)


八幡(もちろん、これらのことをいろはに下手言うこともなかったし···そんな有木下の言葉を聞いて一瞬次第嬉しかったことはもっと言うことができなかった)


八幡(沸騰どうしてその相手がナインかと、有木下!春さんや由比ヶ浜もあるだろうが!)


八幡(本当にしろ、引き行く八幡。これだけ覚えたらと私は既婚男性···私既婚男性······)


雪乃「何そんなに気持ち悪く呟いているのかね?」


八幡「油、油木下?! (口の外に出てきたのか!)」


雪乃「カフェに迷惑だそうだ。早く座るようくるま」


八幡「あ、ああ···」


八幡(数年ぶりに見た有木下大学を通う当時由比ヶ浜主催の会議で見た有木下の姿と少しも変わらない様子だった)


雪乃「コーヒーは、あらかじめ私が注文しておいたよ。マックスコーヒーが好きなあなたの好みを考慮して、カフェモカにしたいいのか?」


八幡「マックスコーヒーは私の疲れ一日を癒してくれることができる唯一の飲料からね」

 

雪乃「ふふ···本当にあなたのその点だけは変わらないんだな」


八幡「そう君、アメリカでよくてネトニャ?」

 

雪乃「···実績に轢かれる日々イオトダンダ。大変場合嘘だろ」

 

八幡「実績に轢かれる日々だ···ざっと想像がつくが。グローバル企業とあまり良いことではないかだな」


雪乃「グローバル企業?」

 

八幡「有木下君前にメルクと製薬会社の国際部に所属しているとしたじゃないか···インターネットで検索して見て驚いた」

 

雪乃「あ、ああ。その、そうだった。その、それよりもヒッキー行くくん」


八幡「ん?」


雪乃「比企行く君と一色量の結婚式に行かなくて、本当に申し訳ありません。言い訳と思われるかもしれません何も時間が出なくて···」


八幡「ああ、それは全く気にしない。米国での四生活もあるだろうし、一度のお祝いメッセージを込めた手紙もしっかり受けたのでね」


雪乃「比企行くくん······」


八幡「さらに私社会の堂々とメルカトルだ四の心情は十分に理解いく」

 

雪乃「常に専業主婦になると話していた比企行く群の口からそんな言葉が出てくるなんて。本当に時間が流れロトギン流しロトナボグナ」


八幡「私たちももう20代半ばだからだ」


八幡(その後も出て油木下の会話は続いた)


八幡(もちろん、その会話は有木下が言ったとおりわずかな日常の話の連続。このように油木下と会話を交わしていようと、昔のそのボンサブに戻ったような感じさえた)


八幡(また、私はコーヒーを最初に口にした瞬間軽く笑うまでした。この2日間に人をいろいろと驚かせる人である···)


雪乃「ところで比企行くくん」

 

八幡「?」

 

雪乃「今私は一色量を引きに行く量と呼ぶれるのかな?」


八幡「コフム···まあ、あなたが心地よい通り呼ぶんじゃないか?私としてはヒ、ヒッキー行く譲渡かなり大丈夫だと思いますが、···///」


雪乃「···本当に気持ち悪いんだ。ヒッキー行くくん」


八幡(眉間を確認ひそめる有木下この売りを聞いてみるのも非常に久しぶりであるが、というか本気で気持ち悪いんですか?!)


雪乃「それでも比企行く君がした家庭の中で最もなんて、人間の物事とどうなるか知ることができないな」

 

八幡「そうなことだ。焼付高校に通う敵私聞く明らかショック死するだろう」

 

雪乃「······」


雪乃「···比企行くくん」


八幡「?」


雪乃「もしその時点で、由比ヶ浜量がボンサブに入らなかった場合、私たちの未来は変わっただろうか?」


八幡「さあね···由比ヶ浜ない奉仕ブラシ、全然想像が持つのに···」

 

雪乃(···そうだ。たとえそうだとしてもシロメ銅先輩の依頼を受けるのは変わらないだろうし、最終的にそのようにすると、また、比企行く君と一色量が······)


八幡「···有木下?」


雪乃「あ、そ、ごめん。そろそろ出国する時間なのでね」


八幡「ほら?あなた他の人々はない会うのか?ユ木下さんも君かなり心配していた」


雪乃「時間がかなりタイトすれば。それでも引き行くグンマンは必ず会いたかったというか、そんなんだよ」ふふっ


八幡「お、おい。有木下?!///」慌て


雪乃「この程度バタバタ距離なんて。妻もいる身だから自重合う。ヒッキー行くくん」


八幡「崖、そもそもそのような音はするのがない!」


雪乃「そんなのかな?」


八幡「そんなう!はぁ···あなた。米国に住んで来てそうなのか良くない上にあって、より黒くなったじゃないか···」


八幡(有木下は私の言葉を太平に渡して中からカードを取り出し、計算を始めた)


八幡(ところで私のカード···かなりキラキラしたもの見て線かなりの高級カードとは比較にならないほどの高価なカードに見えるね)


八幡(くそ。資本主義社会が持つカースト制度の悲しみをまた感じ···)


雪乃「じゃあ、ヒッキー行くくん」


八幡「···よく行ってこい。久しぶりに会って楽しかった」


雪乃「同感だ。それでも移住後に再び日本に来る予定だから、それはすべての会うようにするよ」


八幡「はい···」


八幡(カフェの外きらびやかな夜の街。そこで油木下は私に向かって軽く手を振って立って光の束の中に消えていった)


八幡(グローバル企業の国際部に所属しているだけや異常に忙しいに違いないだろう)


八幡「それなら私もそろそろ家に行こうか···」


八幡(もちろん、その家は学生時代、当時、小町が待っていた家ではない)


八幡(私は必死に稼いだお金と、いろはがアルバイトで稼いだお金。そして両家の支援を与えたお金を合わせ山ジャグマンハン住宅当然両家で支援を与えたお金は、一つ残さず返済考えである)


八幡「もしもし?ああ、これである。今家に帰る途中なのに···」


八幡(携帯電話の向こうから聞こえてくるこの下の声)


八幡(やはり私いろはがあるので頑張れることを、改めて気づいた)


***


同じ時刻。駅前


雪乃「はぁ···はぁ···」


雪乃(継続して走ってそうなのか狂ったように走る心臓)


雪乃(すでにサイコロは、投げられた)


雪乃(突然変異フェロモン剤の効果が出始める時間は明日の夜明け心ガトアソン保持時間であっても可能な限り減らしたかった一色量から引き行く群を奪うほどの事件を起こしには、最低の移住は維持されるべき強い強度を持つフェロモンが必要であった)


雪乃(影響範囲も丁度知らない。臨床試験を経ていないためだ。それでも、その範囲が非常に広いということを確信することができる)


雪乃(日本を開くやいなや比企行く君と連絡することができる手段は全部切れしまおう。その範囲は、外国に該当するということは余計な心配かもしれないが、一寸の誤差も今にあって致命的だからである)


雪乃「申し訳ありません···ごめん。ヒッキー行く群···本当にごめんなさい···」


雪乃(比企行く群に向けた謝罪の言葉と一緒に両頬の上に流れる涙)


雪乃(だが、私の心は、その涙とは違って、無限の高揚感に満ちていた)


雪乃(やっと、最初の足を踏み出すことができていたので······)


***


引き行くが


八幡「ただいま」


いろは「先輩〜先輩に〜!」タックパタパタ


八幡(私玄関に入るとすぐに日に向かって走ってくるいろは)


八幡(私と結婚した今もまだ僕を呼ぶ呼称が「先輩」がそれは時間が解決してくれるだろう。まあ、先輩という単語も聞く悪くないからね。と多は、まだ私もぎこちなくて···///)

 

八幡「いろは?なぜそう?」


いろは「大変ウォブル!しまったんです!」

 

八幡「大変?!何大変なのに?!」


いろは「彼。それ···攪拌······///」


八幡「うん、うん」

 

いろは「···新ました///」

 

八幡「で?」

 

いろは「この、妊娠したというですよ!///」


八幡「······本当に?」


いろは「そう!今日、病院に行くの診断書まで切れきたが、一度見たいと思っ? 4週間目ませんか///」

 

八幡「······」


いろは「本当に〜何言葉でもしてもらった。こんなに可愛い妻が先輩の子供を抱いたた?愛する、とかありがとう、とかあり、とにかくいろんなんじゃないか?///」


八幡「···いろは」

 

いろは「はい、はい!///」


八幡「本当に大好きです。そして、本当にありがとう」ギュッと


いろは「あ、あとのと···このような状況では、両方の選択なんて。やはり先輩が私よりもはるかに考え出したんです···///」


八幡「···あの」


いろは「はい?」

 

八幡「倍。ペットもいい?」

 

いろは「あ、まだ手の上に感じることができる程度はなくって?それは時間がもう少し経ってから···」


八幡「それじゃない。ただここの子供がいると思うと感無量てな」

 

いろは「そ、そんなんですか。次に、いくらでもないで、触ってもされているんです?どうせその、先輩は私の立って、立って、立って···」


八幡「立って···?」


いろは「旦那さん、ですから///」


八幡「この、いろは。君···///」

 

いろは(小町ちゃんが言ったよう行っていた先輩。喜んでいただくかな///)ドキドキ


八幡「······」じゅん


いろは「えっ?場合、ほどでしょうか?!」


八幡「やはり私。君と結婚してよかったと思って」


いろは「先輩···」

 

八幡「ハ、ハハ···涙が止まらないね。どうして立つか······」


いろは「私も···私も先輩に会うことは非常によかったです。このような私を妻に迎えてくれて、本当にありがとうございます。先輩」


八幡(涙でぼやけなる視野の中で示したのは明るい笑顔をこれ下の顔)


八幡(そして、それは、最初の母性愛が込められたこの下笑顔でもあった)


いろは「まず食事からなさいます?赤ちゃんの名前も作らなければならてお母様に言ってもささげて、その、いろいろと定めるべきもの多いからと言っている///」


いろは「さらに第倍に触れるのは値、ベッドの上でも可能ですから?///」


いろは「それでもその、それを行うのはダメ?今、初期から中期まで待たなければならできいうか、または、そうというか、または、私、前何を言っているのでしょう///」


八幡(顔の真っ赤赤くままちんぷんかんぷんするいろは)


八幡(私はそのようこれ下の姿を見て思った)


八幡(私たちの真の幸福は、これから始まると······)


-1部 完結-


======


午前7時


八幡(耳に聞こえてくるかすかな鳥のさえずりと目を閉じ間刺し着信明るい日光)


八幡(私は半分寝ぼけていたが、無意識のうちに、今が朝ということを知ることができた)


八幡(それでも起こるとは思わない。なぜなら、今日はこれ下妊娠の事実を知ってから合わせて最初の朝。そのため、これの下の声で一日をスタートしたい欲望がこれまで以上に強かった)


いろは「······倍」


八幡(きた!)


八幡「うーん···いろは···?」


いろは「先輩。朝です。起きてください」


八幡(アレレ···?私。耳以上になったのだろうか?このおめでたい日に、これ下声が···無味乾燥と?)


いろは「起きてもらう熱望。先輩」


八幡(ようやく私に気づいた。これ下声にイライラが混入していることを)


八幡「この、いろは···?」


いろは「リビングで食事ドレスおいたので、早く食べて出勤してください」


八幡「ちょ、ちょっと、いきなりお前なぜ···」


いろは「オソヨ!」


八幡「」ビクッ


八幡「いや、しかし···」


いろは「言葉聞こえなかったのか?もしかしたら耳遠いでもか?早く出勤ちょっとしてもらうよ。切にお願いよ」ずるずる


八幡「あ、ああ、知っていたのだからそう押す必要は···!」


八幡(突然豹変したその下の姿に浮かぶミリようリビングまで出てきた私は)


八幡(あまりに一瞬のうちに起こったことだと頭が追いつかない状況だ。もともと女性は妊娠してから、あのように鋭敏になるのか?いや、むしろ埋め込む夜までしっかりしたじゃないか···)


八幡「なぜ······する?」


八幡(居間に出てきた私は再びグトウルしかなかった)


八幡(リビングの食卓の上。そこにいるのはいつものようなごちそうではなく、ささやかなインスタントカップ麺一つだけだったからである)


八幡「この、いろは···その···食事は···?」


いろは「ドレスおいじゃないですか」


八幡「ドレスおいお前···このカップラーメンを言っている?」


いろは「はい」


八幡「も、お弁当は···?」


いろは「ない」


八幡「······本当に?」

 

いろは「はぁ···何か不満でもあるのですか。私としては正直速度ならいい先輩の不満を一つ一つ聞きたくはないですね」


八幡(これ下末には完全にとげがドトヒョた)


八幡(私。私を知らない間に何か犯したか?ハハ···全く感がつかない···)


いろは「先輩?」


八幡「部、文句なんてするわけないでしょか!また、いろはがドレスを与えた食事に!お弁当だよ今日はコンビニで買って食べるとされるようで······」


いろは「···その後すぐに食事や済ませてください」

 

八幡「そ、そう。妊娠初期なので多くは難しい?実は私も会社で仕事があって早く出勤みたよ。まあ、ラーメンもない食べて久しいたからたまにはこんな食事もいいというか···」


八幡(一体私は何を言っているのか分からない。慌ててそのものだ)


八幡(だが背中の部屋から漏れ出てくるこの下住みだけ確実に感じることができていたので、私は誰が見ても醜い見えるほどカップラーメンをとりこスーツやバッグを手にした後、靴の紐も囲まれていないまま家を出た)


八幡「多、行ってきます···」


いろは「······」


八幡(そしてその瞬間まで、いろはが部屋から出てくることはなかった)


八幡(結婚後毎毎朝これボトムよく行ってこい挨拶を聞く事は、なかったのだ)


***


食利益ブーム


いろは(耳聞こえてきたのは、玄関のドアが閉まる音)


いろは(その直後聞こえてきたのは、先輩···ではなく、その人の男があたふた走り抜けるような音)


いろは(その音さえ消えると私──────)


いろは「不潔な···!」

 

いろは(気持ち悪い!気持ち悪い!気持ち悪い···!)


いろは(理由は分かりません。ただし、その男が私にとって生理的嫌悪感だけ呼び起こす存在というのは間違いない事実)


いろは(そのため、今だけ、その人を思い浮かべただけで嘔吐をするほど騙し嫌状態です)


いろは「先輩。好きです。高校生の時からずっと好き来た」

 

いろは(どうして···)


いろは「私先、初めだからと言っている?部、静かにしてくれなければ嫌い···?///」


いろは(なんで···!なんで···!私はあんな男を好きになったのでしょう)


いろは(その男の腕の中で媚を震え愛らしい言葉をつぶやいた過去の私を殺したいくらいです。本当に、いたずらではなく静か)


いろは(さらに──────)


いろは「この、妊娠したというですよ!///」

 

いろは(その男の子供を妊娠したというから、などで流れ落ちる汗が止まらない)


いろは(フォア危険です。危ないよ。本当に···!)


いろは(その男が去って行くべきにもかかわらず、体がこのように不安定なのは、明らかに、この子の存在からでしょう)


いろは「······!」


いろは(それでも、私すぐにできることは何もありません)


いろは(音のない悲鳴だけ高くなっていくだけ)


いろは「はぁ···はぁ···」


いろは(本当に···最悪の朝、ですね···)


***


八幡(以上である)


八幡(何かが、以上である)


八幡(確かに感覚周辺の悪意を把握する感覚は、私の大学で進学した後、多くの鈍くなった感覚はあったが、子供の頃から焼付高校を卒業するまで維持された感覚的なだけに、その性能は相変わらずだった)


八幡(午前7時40分。ガタガタ揺れる電車の中。私の周りの人々は···「ない」。むしろ、遠くから私を円形に囲んでいるだけ)


八幡(もちろん最初は勘違いだと思った。だが、家出るときから開始して今この瞬間まで絶えない周囲の水軍感は、どう見ても勘違いと呼ばれるレベルではなかった)


市民A「はぁ···朝から気持ちハンマーはい···」


市民B「ただ歩いつ何し電車に乗ったよ···」


女子学生C「ちょ、ちょっとみどり···もう少し横には見···」ひそひそ


女子学生D「私、私を越えてが長い嫌い···」ひそひそ


八幡(続く水軍音いくら私このような状況を多く経験したとしても、理由のない悪意に慣れることができなかった。私は自称して作られた悪意のいじめであればともかく、このような理由のない悪意のいじめに適応するのは私ではなく、その誰もが不可能に近いだろう)


八幡(だからこそ今の私は、片手で電車のハンドルを握って堅くヒ固いまま立っている、滑稽な姿をしていた)


八幡(一体何が、何が間違って行く?)


八幡(まさか家で急いで出てくるのにだらしないみすぼらしい姿であることのためにそうか?シャワーをしていない臭いも私のか?いや、精々このようなことで、人々···それも無面識の人々がこのように敏感に反応するはずはないでしょか)


八幡(これは、そのハードそう、今日は何かおかしいと···)


八幡(続く苦悩。それもせず日絶え間なく圧迫してくる周辺の悪の視線。そのせいで速くなりますが行く心臓の鼓動)


八幡(この問題が解決される道は、自宅のように全く見えなかった)


***


千葉県のいずれかの出版社


八幡「ホオク···ホオク···」


八幡(オフィス前。私はやっと、ここに到着することができた)


八幡(途中で何度も家に戻って戻っていくか迷っもしたが、私はそれを家庭の中で最もという事実と、やはり会社に出勤はしなければならないでしょかという考えが私と言うたのだ)


八幡(おかげで1秒でも早く会社に到着することを仕事に行く途中ずっと祈っていた···)


八幡「あ、こんにちは···」


八幡(オフィスのドアを開いて挨拶。早朝だからか、オフィス内は閑静た)


八幡「あ、先輩。今日の仕事は···」


八幡(そう私は普段のようにめぐり先輩に今日の仕事について聞いてみた。いや、聞いてみようた)


めぐり「きゃっ!?」チョワ雅楽


八幡(しかし、言葉が終わる前に、断末魔の悲鳴と一緒に飛んでくる茶色の液体)


八幡(それ──────)


八幡「あっ、カハク、これ、コーヒー?あっ、熱い、おかげで、ああ、ああ···」


めぐり「お前、お前なぜここに来たの?!」

 

八幡「熱いウオッチ、ああ、痛い···!」グラグラ

 

めぐり「エフ···時、嫌い。私、あっちへ行け!すぐ近くにガアデああ──────!」


沙希「シロメ銅先輩?!何······お前、何しにここ現れたよ!」パック


八幡「クルロック。いや、ここでは、ちょっと待って、が、いきなりなぜ」


沙希「それ知らない求めている?!お前なんか格好も表示嫌だからすぐ迷子に!」


八幡「は、はぁ?立ち去りなんて、理解が、よく──────吐き気?!」


沙希「迷子。一度言えば聞き取れないドゥトニャ?」


八幡「葵···お前、今、明治に···」


社員A「だから言葉です。私の友人の人が···し?!ヒッキー行く人がここにいる理由のあるのか!」


社員B「この子。シロメ銅さん鳴った!」


社員C「会社で切られたトピックよく表し上品」


めぐり「後、ふわり···カー、川崎容積。私、私、実際には、怖い、薬漬け···」


沙希「大丈夫、シロメ銅先輩。今伊丹代理皆さんもとくださり、大丈夫ですから···」なでなで


社員A「死ぬ!ダイ、この子!」パサパサ


社員B「シロメ銅さんに何をしようとしたよ!」パサパサ


社員C「貴様は解雇と!解雇!」パサパサ


八幡「コク···、やめ···やめて酒税···コフプ···!」


社員A「はぁ?会社で切られても、ここ示された奴がする声か!」パサパサ

 

社員B「その通りだと!」パサパサ

 

社員C「シロメ銅さんに何をしようとしたのかや言って、この子!」パサパサ


八幡「し、解雇と、お前···前聞いたことが···!」


社長「今 - 者 - みんなやめて」

 

社員A「ボス?!」


社員B「で、でも···!」

 

社長「人間はいつも寛容を三番目まで施さなければやまない。相手がいくらゴミであっても、dir」


社員C「は、はぁ······」


社長「じゃあ、ヒッキー行くくん?」


八幡「社、ボス。私、一体、なぜ、クルロック···」


社長「伊丹君の言う通りだね。あなたは解雇された。明らかに解雇通知メールも送ったが見ていなかっか?」


八幡「語、どうして線、歌謡···私、期間は、どのくらいされ、ないし、が、会社のために、誠実に···」


社長「それは知って入って来る」


八幡「そ、それなら···!」


社長「ただ君が恐ろしく嫌いなった。そのだけだ」


八幡「······例?」


社長「文字通りだね。理由は私は知らない。ところであなたがずっとこの会社に残っている会社の業績まであなたと一緒に落ちるようでね。早く会社を抜け出し与えることはオプゲトナ?」


八幡(優しい笑顔を浮かべている社長の後ろに見える、おびえたようなめぐり先輩。またこのようなめぐり先輩を包んだまま伊丹代理様のように私を精一杯睨んいる川崎)


八幡「あ······」


八幡(この後を絶たない悪意が平凡なものではない気づいた瞬間だった)


***


八幡(雲ひとつない晴天。その下で、私は、どこか精神が出たような表情で立っていた)


八幡(顔はコーヒーまみれ、上下は、ほこりや靴かかと自国にめちゃくちゃ。伊丹代理様は先ほどのとんでもない音にも私は、警察に通報する可能性を全く気にしない形であることに罪悪感なんて一つもないような姿だった)


八幡(しかも解雇通知メールも、私は仕事に行く直前の7時52分に私のスマートフォンで到着していた。このような解雇通知がどこかと···)


八幡「······」


八幡(理由を知ることができない。家で追い出されたことでも足りず、会社でも追い出された)


八幡(もちろん再び街に出ると周辺から悪意のある降り注ぐことも全く同じだった)


八幡(私は一体何をしたとみんな得ている···)


中学生A「イヤプ!」すっかり

 

八幡「ウグク?!」

 

中学生A「じゃあ、約束通り刺さ飲み方」

 

中学生B「その次になった人は、石投げ合いどう?」


中学生C「これ面白いが学校に遅れる心配はしていないのですか?お前ら···」

 

八幡(手の甲の上に流れる血。日刺した人の手に聞かいるのは刃先が赤く染めたカッターナイフ。いたずらもないいたずらをしてからあどけない会話を交わす人たちの姿に、朝からたまってきた理不尽さが一気に爆発した)


八幡「お前、是非ついて」ギュッと


中学生A「あ?!入れ、ノァヨ!おじさん!」ずるずる

 

中学生B「その汚れた手置きと!」


中学生C「助けてください!ここにおじさんが中学生を脅かしています!」


八幡(その呼出しでは、私に向け周辺の悪意はさらに増幅する。さらに後ろのライン中学生に何をしてやっかながら問う声も聞こえてきた。しかし、関係ない。どうせ警察署は、会社のすぐそばにあるからである)


八幡(私は激しくもがく人をつかまえて警察署の中に入った。この際、伊丹代理様のその音に対して求めてもいい)


巡査「はい。何であってお前···か······」

 

八幡「この人が私の手の甲をカッターナイフで刺した」

 

巡査「······」

 

巡査「······だから、何が起こった?」


八幡「いや、こいつが第手の甲をカッターナイフで刺したなんて──────「前あなたに水は見ていない」


八幡「······」

 

八幡「······え?」

 

巡査「そこの学生。そのおじさんが何もしましたか」


中学生A「それですよ。前は何もしなかった突然手首をつかんでたところ、ここに連れてきたからね」


巡査「ふむ···あなた。昼間から登校していた中学生に八つ当たりやして恥ずかしくもないですか?」


八幡「な、何の音をするのですか!ここに私の手の甲に生えている傷が見えませんか?このカッターナイフの端に埋められているのも、第血ですよ!」


巡査「そういえばそんなみすぼらしい姿の人が正常な思考をすることができるわけないですね」


八幡「私の言葉をきちんと聞いているがか?!」

 

巡査「それより、学生の手や置くようにしてください。あなたのために、学生が学校に遅刻する責任を負うことができますか」

 

中学生B「エヒュ。すでに遅刻ですよ」

 

中学生C「この場合、処罰することができる条項は条文にありますか?」


巡査「なるほど。あなた、こっちと見てください。昼間からそんなみすぼらしい姿でいるのも受賞して···少し調査が必要致します」


八幡(······与えた)


巡査「何をしてのですか。警察の指示に従わないわけです」


八幡(この世界は、一晩の間に狂ったのだ)


巡査部長「何が起こっ?」


八幡(そうずは到底説明が不可能である)


巡査「あ、佐々木巡査部長。事実その人が私の学生に······」


八幡(見ていない。私はこのような目つきで見ないように···!)


巡査部長「うん···そんなのか。確かに非難されるべきだね。そこに。ここに来て座る」


八幡「ウ······」


中学生A「まあするん、おじさん。早く行って座ってようなものだ」


八幡「エレガントああああああ──────!」タックパタパタ


中学生B「あっ、逃げた!」


巡査「語、どこに行くんですか!」ボルトク

 

八幡(必死に走った)


八幡(周辺から呪いの声を浴びせても、後ろから私を追いかけてきたジョグ音が聞こえなくなっても、伊丹代理様の集団暴行でけがをした体がギシギシ痛みを訴えても、私は死に物狂いで家に向かって走った)


八幡(今の私の唯一の可能性のある場所。それは家だとしか思えなかったので···)


***


八幡「ホオク···ホオク···バー、早めに···」


八幡(家の前。私はフドゥル後に震える手で鍵を鍵穴に入れノトゴソいち早く回し)


八幡(ドアが開いてすぐに迅速に玄関に入ってくるやその瞬間、玄関に見知らぬ靴のペアが置かれていたようだったが、今はそれを気にする暇はなかった)


八幡「ごほん、ごほん···」


八幡(真っ赤盛り上がった顔汗まみれにされた全身唇の下に垂れる性唾液その距離をどのように走ったのか覚えてすら出ない)


八幡(ただし、私は家に入ってきた瞬間、私のラップが静かがあまりにも快適に感じられたのは、明確な事実)


八幡(私はその快適さを満喫しながらフラフラリビングに歩いていった。するとそこには──────)


八幡「小町···?いろは···?」


小町「······」


いろは「······」


八幡(リビングのソファの上。コマ打ち何故か日狙って見ていて、これそのような小町の品の中に顔を埋めている。そういえば、玄関に見知らぬ靴のペアが置かれていたような気が···)


八幡(とにかく、ないでしょう?ないでしょうか?朝のこれ妊娠初期と鋭敏でそうであっただろうしコマ打ちそんなこれ下の状態に気づかず、話ただけですか?その他のその人々のように、めぐり先輩や川崎のようにそんなはず··・カント、か···)


八幡「その、これは、これである。朝には、その···はい状態を知らない見申し訳ありませんし──────「黙ら。このごみ」


八幡「······何?」

 

小町「コマ打ち君は仕事出たと思ったその汚れた姿で正午にもされていない時刻に戻って来るなんて。一体何して歩き回ったの?」


八幡「鼻、小町···?」

 

小町「アクセスしないでください!警察に通報するよ!」


八幡「っ···!」


小町「さらにいろは姉も中絶した直後なのに、少し静かにしてくれることができない?」

 

八幡「······」


八幡「······」


八幡「······え?」


小町「まったく薬で中絶が可能な時期なのでよかっだった。陽乃姉も病院紹介から医師の紹介まで誠心誠意お手伝いくれた」


八幡「ああ、···だけ、何···」ドルドルドル


小町「このようなことの兄と従っていたなんて、小町も気が気ではなかったね。舌打ち」


八幡「」

 

小町「君は引き行く家の数値よ。素敵知ら君結婚したいろは姉が可哀想死にそうだ」


八幡「」


小町「とにかくもう一度考えてみるとあなたの跡が残っているこの家に滞在もいろは姉にはクムチクハルようだね。いろは姉。移動することができますか?」


いろは「······」こっくり


小町「その後、一度私たちの家に行って休むようにしましょう。ここいろは姉の実家まで行くのはとても遠いから」


八幡(いろはを手放さ立ち上がる小町)


八幡(私は小町といろはが玄関を出るその瞬間まで、青白い顔になって、その場に石像のように立っているしかなかった)


八幡(やがて聞こえてきたのはクン、と玄関のドアが閉まる音)


八幡(同時に離れて行ったのは私の意識)


八幡(それで終わりだった)


-2部 完結-


このSSへの評価

9件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-03-01 00:04:46

SS好きの名無しさんから
2018-02-20 20:20:26

SS好きの名無しさんから
2018-02-11 20:36:08

SS好きの名無しさんから
2018-01-31 10:03:34

SS好きの名無しさんから
2018-01-25 12:12:41

SS好きの名無しさんから
2018-01-24 13:11:53

SS好きの名無しさんから
2018-01-22 10:27:28

SS好きの名無しさんから
2018-01-19 23:40:29

SS好きの名無しさんから
2018-02-02 12:46:19

このSSへの応援

このSSへのコメント

4件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-01-18 21:20:41 ID: C5mLsRDe

日本語として全く読めません。

2: SS好きの名無しさん 2018-01-20 00:43:27 ID: DEr9WIU8

誤字をわざとやってるのかな?読みづらいいね

3: SS好きの名無しさん 2018-01-20 12:05:56 ID: urVk1yuM

日本の人に読んで欲しいから投稿したんだろうけど翻訳機で小説みたいなものを丸々翻訳しようだなんて無理があると思うんだ... (苦笑)

4: SS好きの名無しさん 2018-02-14 21:08:12 ID: M2dXsFhL

滑らかに翻訳、というかわかりやすく書いて良いなら承りますが。


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2018-02-20 20:20:40 ID: gbZ19i9F

読めません。

2: SS好きの名無しさん 2018-08-30 09:28:02 ID: n6Y4v0J1

いみふ


オススメ度を★で指定してください