2018-02-05 00:32:27 更新

概要

今回は被害担当な翔鶴と提督のお話です、恐らく胸糞なENDになると思います、それでもいい方のみ、ご覧ください


前書き

初めましての方は初めまして! クソ文才たくちゃんでございます!
艦娘のキャラ崩壊注意です!






少将「黙れ! このカスがァ!!」バチーン!




翔鶴「痛っ…!」




少将「ハァ…ハァ…艦娘風情が…このボクに歯向かうな…!!」




翔鶴「…ですが瑞鶴は提督の作戦ミスで…!!!」




少将「黙れェ!?」ドガァ




翔鶴「っ…!」




少将「もうキレたぞ…!! てめぇは解体だ!!」




翔鶴「そ、そんなっ!?」




少将「てめぇはボクを怒らせたァ!! 絶対にィ!! 絶対にィ!!」




付き人「…少将殿」




少将「あァん!? んだよ!!」




付き人「私としては、理由もなく艦娘を解体することはお勧めできません」




付き人「それに瑞鶴さんを沈めた今…」




付き人「大型の主力空母解体、そんなことをすればそれこそあなたの立場が」




少将「くっーーー!!!! おい!なんかいい意見はないのか!?」




付き人「…でしたら他の鎮守府への転属、というのはどうでしょうか」




少将「なるほどな!! そいつはいい! 適当な弱小にこいつを送ればいい!!」




少将「ははは!! これは名案だ! おい!早速手続きの用意をしろ!!」




付き人「…かしこまりました」




翔鶴「…」








・・・転属の日






翔鶴「…今までお世話になりました」




付き人「はい、こちらこそ…」




付き人「…アイツは翔鶴さんの顔も見たくないとのことでしたので、見送りは来ていません」




付き人「…本当に、性根の腐った人間ですよ、長くお世話になった翔鶴さんに別れの挨拶すらしないとは」




翔鶴「い、いえ、お構いなく…」




翔鶴「それより本当に、解体を防いでくれてありがとうございます」ペコリ




翔鶴「…今から向かう所は小さいでしょうけれど…」




翔鶴「頑張ってみますね」




付き人「ご武運を願います…」




付き人「…車が来たようですね」




翔鶴「ですね…」




付き人「…それでは翔鶴さん、どうかお元気で…」




翔鶴「はい、そちらこそ…」














・・・鎮守府





翔鶴「…ここが、私の新しく配属される鎮守府…」




翔鶴(あの人の言っていた通り、規模は小さそうですね)




男「おうおう、どうしたよ銀髪のお姉さん、こんなところで」




翔鶴「あ、す、すみません! お邪魔でしたね!」ササッ




男「いやいや、てかアンタは何してたんだ、こんなとこで  小さい鎮守府しかねぇぞここには」




翔鶴「いえ、私、この鎮守府に用があってですね…」




男「へぇー、うちに用か 珍しいもんだなー」




翔鶴「はい、そうなんで…え?」




男「どした?」




翔鶴「い、今、『うち』と仰りました…?」




男「ん? 言ったけど?」




翔鶴「つまりあなたはここの…」




提督「おう、提督だ」




提督「といってもクソ弱小だけどなー」アハハ・・・




提督「んで? お姉さんは何の用? 配達?」




翔鶴「え、えぇっとですね、なんと言えばいいでしょうか…」




翔鶴(もしかして場所を間違えた…? でも位置はあってるし…)




雷「あーー! 司令官おかえりなさーい!」ダキッ




提督「おう、ただいまー、飯選んでたら遅くなってな」




雷「いいのよ別にー  で、その隣の綺麗な人はだ…れ……」




提督「ああ、なんかわからないんだけd「くっ駆逐艦雷です! 大変なご無礼、し、失礼いたしましたぁー!!」




提督「…え?」




雷「え? じゃないわよ司令官もきちんと挨拶して!!」




提督「見ず知らずの人に…?」




雷「あーもーー! 違うわよ! この人はね…」




雷「翔鶴型航空母艦、その栄えある一番艦、『翔鶴』さんよ!?」




提督「翔鶴、しょうかく、ショウカク…   …えぇぇぇぇぇぇぇっぇぇ!??!!??!?!」




翔鶴「ど、どうも…ご紹介にあずかりました、翔鶴、です…」




提督「あ、ああ!! 思い出した! なんか急に誰か配属されるって聞いてたけどまさか…!」




雷「そうなの!? そういうのきちんと伝えてよ!?」




翔鶴「は、はい、多分それ、私、です…」






・・・





提督「いやー、長旅疲れたでしょ、まぁ入って入って」




翔鶴「し、失礼します」




提督「とりあえずご飯作るから、翔鶴…さんは先にお風呂入ってて」




翔鶴「あ、『さん』は不要です、私はこれからは提督のもと働くのですから」




提督「そうすか、じゃ遠慮なく   風呂入ってこいー」




翔鶴「ありがとうございます、ありがたく入らせていただきますね」




提督「ごゆっくり-」






・・・風呂





翔鶴「…ふぅ」




翔鶴「こんなにゆっくりとお風呂に入ったの…いつぶりだろう…」




雷「へぇー、そんなに大変だったのねー」




翔鶴「…えぇ、というより少将が…  って雷さん!?」




雷「さんは不要よ! この鎮守府にいる以上、みんな家族だから!」




雷「それよりやっぱり正規空母は大変なのね…お風呂の時間もないなんて…」




雷「これまで大変だった分、たっぷりと休むといいわ!」




翔鶴「…は、はい、ありがとうございます」




・・・





雷「はー! さっぱりしたわね!」ホカホカ




翔鶴「はい、気持ち良かったです!」ホカホカ




提督「おー、出たか  裸の付き合いはどうだったかー?」ニヤニヤ




雷「司令官あのね! 翔鶴さんったらすごいの! お肌つやつやだしこう…」




雷「きれいにボンキュッボン!なn「そ、そういうのはやめてくださいーーー!」




提督「はっはっはー、それはよかった」




翔鶴「提督もーー!!」




提督「そろそろ飯できるから、雷、みんなを呼んできてくれ」




雷「はいはーい! まっかせて!」




・・・




提督「…というわけで、本日着任した、正規空母の翔鶴だー!」




翔鶴「ふ、不束者ですが、これからよろしくお願いします!」




初雪「す、すげぇ、本物だー!」


磯波「は、初雪ちゃん、失礼だよ?」


夕張「で、でかい…」



ガヤガヤ・・・ワイワイ・・・




翔鶴「…」ゴクリ




提督「…あ、いま『これだけ?』って思ったでしょ」




翔鶴「…いっいえ、決してそんなことは…!」




提督「いいのいいの、俺もそう思ってるから」




提督「戦艦はおろか、重巡も古鷹くらいしかいないしね」




提督「初雪、磯波、夕張、睦月、如月、文月…」




提督「あとは今出撃中の古鷹、川内、球磨、叢雲くらいなもんだしねー」




提督「もちろん空母なんか、みんな見たこともない」




提督「君が来たのはそんなところだ」




翔鶴「…」




提督「…まぁ、色々と事情があるんだろう? それは聞かないさ」




提督「ともかく俺が言いたいのは、ま、ここでゆっくりしていくといいよってこと」




提督「主力の空母様だ、いつ引っ張られるか分かったもんじゃないしね」




翔鶴「…ありがとうございます」




初雪「ね、ねぇ翔鶴さん…!」




提督「ほれ、さっそく駆逐がお呼びだ、仲良くしてくれ」




翔鶴「は、はい!」




初雪「その凄い胸…触らせてもらえませんか…!」




翔鶴「は、はい…?」




初雪「一回でいいんです! 一回でー!」




翔鶴「や、やめてくださいーーー!??!!?!」




提督「ははっ、ここも賑やかになるな」













・・・





提督「…どうだった?」




翔鶴「ミスは少なくなったんですが…」




提督「…」ゴクリ




翔鶴「やっぱり作業の遅さがそのー…」




提督「やっぱりかぁー!!」




翔鶴「い、いいんです全然、これから早くしていけばいいんですから!」





・・・





提督「古鷹ー、陣形の指示が少し遅いぞ!」




古鷹『はい、わかりました!』




提督「あと初雪ー! お前その砲照準速度じゃ敵を逃しちまうぞー!」




初雪『はいよーー!』




提督「…よし、だいぶ良くなったじゃないか! お前ら戻ってきていいぞー!」




パチパチパチ・・・




提督「…ん?」




翔鶴「て、提督…、指揮、うまくなりましたねっ!」ウルウル・・・




提督「あ、ありがとう…ってかうるむほど!?」




翔鶴「い、いえ…最初の時を思い出すとやっぱり…!」




提督「そ、それは忘れろーーー!!」




みんな「ほほえまー」





・・・





翔鶴「提督、ただいま敵を掃討いたしました」




提督『そうか! よかった!! じゃあとっとと帰ってきて…』




磯波「ま、待ってください皆さん!」




叢雲「どうしたってのよ…ってえ!?」




提督『どうした!? 何があった!?』




古鷹「こ、これは…」




金剛「英国で生まれた、帰国子女の金剛デース!」




提督『金剛、こんごう、コンゴウ…えぇぇぇぇぇぇぇっぇぇ!??!!??!?!』




提督『戦艦じゃん!? マジでか!?』




翔鶴「は、はいっ、ほんとです! 今すぐ帰ります!」




提督『やったぁーー!! 初戦艦だぁーー!!』





・・・





金剛「…ハァハァ…!」




古鷹「…やり、ましたか……?」




ズズーン・・・




古鷹「…!」




夕張「や、やりました! 敵深海棲艦撃沈…!」




球磨「やったクマーー!! 勝ったクマーーー!!」




川内「や、やせん…」




翔鶴「…」




夕張「どうしたんですか、翔鶴さん、ボーっとして」




翔鶴「いえ…  なんか…」




翔鶴「ここまで来たんだなって…」




翔鶴「あんなに小さかった鎮守府が…」




翔鶴「こうして…大きな敵を倒したんだなって思うと…!」




翔鶴「涙が、止まらなくって…!」




球磨「…そんなん、ここにいる全員がそう思ってるクマ、でも」




川内「うん、いちばん頑張ってきた人がここにはいないもん」




古鷹「だから…」




翔鶴「…はい! 帰りましょう、私たちの鎮守府へ…!」





・・・





提督「…よぉ、翔鶴、お前もこれ、呑むか?」




翔鶴「いえ、お構いなく」




翔鶴「…綺麗な夕焼けですね」




提督「だろ? この場所、お気に入りなんだ、昔から」




翔鶴「…」




提督「…」




提督「…この鎮守府も大きくなったよな」




提督「最初は精々10人くらいだったのに、今じゃ50人近くも艦娘がいる」




提督「…全部、翔鶴のおかげだ」




翔鶴「そ、そんなことはないですよ! 皆さんの頑張りあってこそ、です!」




提督「…ふふっ、そうか」




提督「…」




翔鶴「…」




提督「…あのさ、翔鶴」




翔鶴「ひ、ひゃい、なんでしょう…!?」




提督「あはは、なんだよその驚き方」




翔鶴「す、すみません」




翔鶴「はい」




提督「…」




提督「…これからも、よろしくな」




翔鶴「…はい…」




翔鶴(この雰囲気、少し期待したんですが…やっぱりダメでしたか…)









・・・







提督「…はい、はい……はい」




提督「…もちろんです、早急に」




提督「…はい、では失礼します」ブチッ




提督「…クソッ!!!」




翔鶴「て、提督? どうされましたか…?」ガチャ・・・




提督「翔鶴か……」




提督「すまないッ…!!」




翔鶴「…ど、どうしたんですか、提督!!」




提督「…今さっき、お前の前の提督から連絡があった…」




翔鶴「…っ…!」




翔鶴「…その内容は」




提督「…」




提督「…お前を、呼び戻したい、と」




翔鶴「…呼び戻…す…?」




翔鶴「なんでですか!? 私とあの人はもう何の関係もない! なのになぜっ…!」




提督「…お前がここに来れたのは、その名目が『戦力給与』だからだ」




翔鶴「…そんな…」




提督「…本来、昔の俺の立場なら、正規空母の運用すら許されなかったろう…」




提督「…だがなんとか俺はここまでこれた…だからそろそろお前の正式加入も許される頃かと思っていたのだが…」




提督「…向こうは今更になってお前を連れ戻したいと…」




提督「そうしなければこちらをつぶすと…」




提督「前々から怪しい動きを見せていたんだ、仄めかすような…」




提督「クソッ!!」ガァン!




翔鶴「…提督」




翔鶴「私なら…大丈夫ですから…!」




提督「…は?」




翔鶴「私が向こうに行けば、提督は、皆さんは無事で済むんですよね?」




翔鶴「だったら…!」




提督「…!」




翔鶴「私が、皆さんを守ります」




提督「翔鶴っ…!」




翔鶴「ここでは…たくさんっ、よくしてもらったから…!」




翔鶴「こんどはっ…! わたじがっ…!」




翔鶴「うっ、うぅぅ!!」




提督「…すまない、翔鶴」




翔鶴「…いえ、いいんですっ!」




提督「俺は、大切なお前すら、守ることができないなんて…!!」




翔鶴「…恩返しです! 皆さんへ…」




翔鶴「…そして提督への、私の精一杯の恩返しと思って、受け取ってください…!」ニコッ




提督「…」




提督「…本当にすまない、この恩は…必ず…!」





・・・




バチーン!




翔鶴「ぐっ…」




少将「くっはははは!!」




少将「いやー、久々だな、この感覚ー…」




少将「お帰りって感じ? なぁ、翔鶴ー?」ニヤニヤ




少将「あれから一年ちょい、元気してたかー?」




少将「…噂ではあのクソ中佐…ああ、今は大佐だっけか?に随分と可愛がってもらったみてぇじゃないか」




少将「見事ヴァージン卒業とかできたかァー?」




翔鶴「…うるさい…!」




少将「…あ?」




翔鶴「…この、下衆がっ…!」




少将「…ふぅ」




少将「…あの変な田舎者に…何か吹き込まれたのかァ、ああん!?」ドガッ




少将「随分とっ! お前もっ! えらくっ! なった! もんだな!!」ドガバギドゴォ!




付き人「…少将殿、そろそろ次のお仕事の時間が…」




少将「あぁン!? んなことわかっとるわボケェ!!」




少将「チッ、帰ってきたら続きをするからな! 覚えとけよッ!」バタン!




翔鶴「…提督」




翔鶴「…帰り、たいです…!」ポロポロ・・・









一か月後・・・








翔鶴「…」ボー・・・




瑞鳳「…あの、大丈夫ですか? 翔鶴さん」 




翔鶴「あ…ごめんなさい、ボーっとしていましたね…」




瑞鳳「最近どうしたんですか?」




翔鶴「い、いえ…ここ最近遅寝が続いてしまっていて」




瑞鳳「…そうですか? きちんと寝てくださいね…?」




瑞鳳「…翔鶴さんは、大切な仲間なんですから」




瑞鳳「…瑞鶴さんみたいに、またいなくなったりしないでくださいね…?」




翔鶴「…」




瑞鳳「…こういうの重いですよね、ごめんなさい」




瑞鳳「でも、せっかく帰ってきたのに無理していなくなちゃったら、私たち…」




翔鶴「…大丈夫よ」




翔鶴「これで私が沈んじゃったら、瑞鶴に顔向けできないもの」




瑞鳳「そうですか…」




翔鶴「ありがとね、瑞鳳ちゃん」ナデナデ




瑞鳳「んっ…」




翔鶴(そうよ、変に落ち込んでいる場合ではないの…)




翔鶴(私は私にできることを…)




翔鶴(頑張らなくては…!)




・・・






少将「ったく! お前が無能だから今日もこんな時間までかかっちまったよ」




翔鶴「申し訳ございません」




少将「…まぁいいや  僕は少し残って用があるから帰れ」




翔鶴「はい、お先に失礼します」




少将「…ああ、そうだ翔鶴 今日の朝のコーヒー、甘さがちょっと足りなかったから明日は気をつけろよ」




翔鶴「…はい」




ガチャ・・・ バタン




翔鶴「…」テクテク・・・




付き人「…お疲れ様です、翔鶴さん」テクテク・・・




翔鶴「あぁ、付き人さん、お疲れ様です」




付き人「…毎日毎日、あんな理不尽な怒られ方ですか…」




翔鶴「いえいえ、気にしていませんから」




付き人「あなたが気にしなくても私がします」




翔鶴「ふふっ、付き人さんは優しいんですね」




付き人「あれが外道すぎるんです」




翔鶴「…?」ガサガサ




付き人「? どうされましたか?」




翔鶴「い、いえ…私のボールペンどこかなーと思いまして…確かこのポシェットに…」




翔鶴「…うーん、ないですね…」




付き人「お探ししましょうか?」




翔鶴「あ、いえいえ 多分執務室に置いてきただけですから」




翔鶴「執務室にはまだ提督がいるはずですので開いているでしょうし」




付き人「…お気を付けて」




翔鶴「はい、ではおやすみなさい」







翔鶴「…」コンコン




翔鶴「…? いないのかしら」ガチャ・・・




翔鶴「…失礼しまーす…」




翔鶴「いない…?」




翔鶴「…まぁ、早く見つけて帰りましょう」




翔鶴「えぇーっと…あ、あった」




翔鶴「…ってこれは…?」ピラッ




翔鶴「……」








少将「…ふぅー…」ガチャ




翔鶴「…提督」




少将「…!? し、翔鶴か、なんだよ、びっくりした」




少将「とっとと寝ろといったろう、なんで帰って来たんだまったく」




翔鶴「…提督」




少将「ぁん? なんだよ」




翔鶴「…この紙は何ですか…?」




少将「…ん? あぁ、見た通りだよ」




少将「アイツに汚職の容疑をかぶせんだよ」




少将「あの最近調子に乗ってる大佐をぶっ潰すんだ、ちょうどいいでっち上げだろ?」




翔鶴「…あなた…!!」




少将「おおっと、動かない方がいいぜ?」ガチャン




翔鶴「…拳銃ごときで艦娘への脅しになると思わないでください…!」




少将「あ?」バァン!




翔鶴「ぐあっ…!?」




翔鶴「あ、あぁぁ…? ああああ!!?  私の左腕が…!!」




翔鶴「な、なんで…!? あんな拳銃ごときに…!?」




少将「あっはっは!! ザマァねぇなァ、翔鶴!!」




少将「この弾はなぁ、対艦娘用に作られた特殊なもんなんだよ」




少将「艦娘に効果を発揮して当たった箇所を一生使いもんになんなくすんだよ!」




翔鶴「そんなっ…!?」




少将「そのうえ普通の拳銃弾としてもきちんと使える! 最高じゃねぇか!」




少将「残念なことにあと5発しかないんだよねぇ…  ま、お前を殺すにはちょうどいいけどな!」




翔鶴「っ…!!」ドクドク・・・




少将「まぁ僕は優しいからなァー、今土下座して一生僕に逆らわないって誓うなら、直してやってもいいぜ?」ニヤニヤ




翔鶴「…」




謝らなきゃ、謝らないと…




少将「…」ニヤニヤ




そうしないと、提督も、雷ちゃんも、みんなも…




少将「…」




…なんで、謝らなきゃいけないの…?




少将「…おい」




…なんで、自分を虐げる人の機嫌を取らなきゃいけないの?




少将「…何黙ってんだ」




…傷つければいい、殺せばいい、奪えばいい




少将「…おい、どうした、早く謝れよ、『私が悪かったです、許してください少将殿』ってよ」




…こいつが私たちにしようとしたように




翔鶴「フッッ!!」ドスッ




少将「なっ、がふぁっっ!?」ドサッ




翔鶴「…これ、借りますね」スッ




少将「ごほっ、がはっ…!  て、てめぇ、僕を殴ってただ済むと思うn…」




翔鶴「…確かこれ、普通の拳銃としても使えるんですよね」ガチャン




少将「ひっ!? や、やめろよぉ…!!」




翔鶴「…撃たれたくなかったらこの腕の直し方を教えてください」




翔鶴「どうせ、ただの修復材では直らないんでしょう?」




翔鶴「…ほら、早く言わないと殺しますよ」




少将「わ、わかった、わかったよ! 言う、言うからっ!!」




少将「そ、倉庫の! び、びいブロックの…! 78の…、上からっ! 二段目っ!!」




少将「それからそれを打つときn…」バァン!




カン、カララン・・・  ドサッ




翔鶴「…ふぅ」




付き人「…翔鶴さんッ!?」ガチャ




翔鶴「あっ…」




付き人「っ…! …見ればわかります、撃たれたんですよね」




翔鶴「…はい」




付き人「…ここは私がやります、片付けますから傷の手当てを…」




翔鶴「…で、でも…」




付き人「…いいから! こんな人間は死んで当然なんですから!!」




翔鶴「…はい」








・・・倉庫





翔鶴「…七十八の、上から、二段目…これですね…」カチャ




翔鶴「…」ブシュッ




翔鶴「…ふぅ   これで、傷は直るはず…」




翔鶴「…」




翔鶴「これから、どうなるのかしら…」











・・・一か月後




あれから程なくして提督の死が公になった




結局、他殺と認定され、鎮守府のみんなにも連日取り調べがあった、が




決定的証拠が足りないということで捜査は打ち切りとなった




付き人さんがとっさの隠ぺいをしたとはいえ、軍の捜査力をもってすれば犯人の特定など造作もないはずだが、




恐らく軍にとっても厄介払いができてちょうどよかったから詮索はしなかったんだろう、というのが付き人さんの見解だった




みんなもそこまで悲しむ様子もない




転属先が決まったもの、ここに残り新しく来る提督に思いをはせるもの、いい機会だからと艦娘をやめるもの…




様々だ




私はというと…




提督「おーい、翔鶴ー!」




雷「しょーかくさーん!」




翔鶴「あっ…! 提督、雷ちゃん!」




晴れて、提督のもとへと帰ることができたのだった




翔鶴「…っ」ズキッ




提督「お、大丈夫か?」




翔鶴「…あ、はい、まだちょっと痛みます」




雷「んー、大変よね、後遺症っていうの? それ」




翔鶴「…はい」




提督「ひでぇ話だよな  『艦娘型後遺症』、艦娘を大破状態で長いこと放置し続けるとなるらしいが…」




翔鶴「いえ、戦闘には支障ないですから」




提督「にしたってだよ」




雷「そーよそーよ!」




翔鶴「あはは…」




あの時受けた傷の痛みは、残ったままだった   




戦闘時はほとんど起こることはないが、唐突にやってくる困りものだ




まぁ元々、こういうものなのかもしれないが…




翔鶴「あ、そういえば提督、ご結婚されたんですってね」




提督「ちょ、翔鶴、違う違う、ケッコンだから!?」




雷「そうね、私とマジ婚だったら司令官は本当のロリコンになってしまうわ…」




雷「まぁそれもそれで嬉しいけどね!」




翔鶴「…」ズキッ




…また




提督「はいはーい、どうせ俺はロリコンですよー」




雷「あ、今認めたわね!」




提督「はいはいはいーーー!(適当)」




…痛い痛い、イタイ




なんでこんなに、苦しいの、痛いの?




雷「ふふん! いいのよ? 雷さまの胸に飛び込んできても!」ドヤ!




提督「…飛び込む胸がないじゃん」




雷「んなぁ!?」




苦しい、痛い、憎い、憎い、壊したい、壊したい、コワシタイ…




あぁ、なんで雷ちゃんをこんなに憎く感じるんだろう




なんでこんなに、この二人の仲を引き裂いて壊したくなるんだろう




提督「それに飛び込むなら翔鶴みたいに綺麗ででっかい人の胸に飛び込む!」




提督「な! 翔鶴!」




翔鶴「ぅえ!? は、はい、そうですね…?」




提督「お、それは同意と見てよろしいんですか?」




雷「くぉらーーー!! 堂々セクハラしなーい!」




・・・






瑞鳳「…ズバリ恋、ですね」キラーン




翔鶴「こ、恋…?」




瑞鳳「そうです、恋っ!」




瑞鳳「提督さんと雷ちゃんのいちゃいちゃを見てると腕が疼くんですよね!」




翔鶴「い、言い方…」




瑞鳳「まぁ普通の人は胸が苦しくなるものなんですけど、いいや」




瑞鳳「俗にいうやきもち、です  妬いてるんです」




翔鶴「は、はぁ…」




瑞鳳「いやー、翔鶴さんも乙女ですねえー!」




翔鶴「あの、なんで瑞鳳ちゃんはそういうことわかるの?」




瑞鳳「…はい? そういうことって?」




翔鶴「その、恋したら胸がどうって…」




瑞鳳「んー… 又聞きー★」




翔鶴「あ、そう…」




瑞鳳「まぁ私のことはいいんですよ、恋より玉子焼きですし」




翔鶴(それもどうなの…?)




瑞鳳「って私のことはいいんですよ、それよりも翔鶴さんですよ」




瑞鳳「…その提督さんのこと、好きなんですよね?」




翔鶴「…」コクッ




瑞鳳「…うん! なら話が早いですよ!」




瑞鳳「だって提督さんは雷ちゃんとケッコンしてるだけでしょ?」




瑞鳳「ケッコンは戦力的な助けにもなるし、第一提督さんが雷ちゃんとケッコンしたときは翔鶴さんうちにいたじゃない」




瑞鳳「勇気を出して告っちゃえよYou!」




翔鶴「…でも…」




瑞鳳「でももしかしもない! 当たって砕けろ!ですっ! あ、砕けちゃいかんか…」テヘペロ




瑞鳳「ケッコンって言っても、中には単なる戦力強化って考えてる人もいるみたいだし、大丈夫ですよ!」




翔鶴「…そっか、そうだよね」




翔鶴「うん、わかった  私、ちょっと頑張ってみるわ」




瑞鳳「それでこそ翔鶴さんですっ!」




翔鶴「…ありがとね、瑞鳳ちゃん」ナデナデ




瑞鳳「いえいえ! このくらいならいつでも相談してください!」




翔鶴「うん、そうするわ」







・・・








翔鶴「…」




提督「よ、待たせたな」




翔鶴「あ、提督」




提督「少し執務が長引いてな」




翔鶴「いえいえ、呼んだのは私ですから」




提督「…それで、用ってのは?」




翔鶴「…簡単に、手短に済ませますね」




提督「…」




翔鶴「…提督  わたし、ずっと提督のことが好きでした…!」




翔鶴「だから、私と、ケッコンしてくれませんか…!」




翔鶴「その先の、本当の結婚も見据えて、真剣に…!」




翔鶴「お願いします!!」バッ




提督「…翔鶴」




提督「すまん」




翔鶴「…」




提督「ケッコンはいい、お前は昔からうちの主力として活躍してくれたから、戦力としてもってこいだろう」




提督「だが…」




翔鶴「…そう、ですか」




翔鶴「理由を、教えてはいただけませんか?」




提督「…笑わないでくれよ」




翔鶴「もちろんです」




提督「…俺はな、雷が好きなんだ  真剣に」




翔鶴「…」ズキッ




提督「昔からの仲だからかはわからんが…アイツといると、楽しいんだ」




提督「…だから俺は」




翔鶴「…わかりました」




提督「すまん」




翔鶴「謝らないでください」




翔鶴「ここで変な嘘をつかれたほうが、私は嫌です」




翔鶴「…ですが最後に一つだけ」





翔鶴「頬を出してもらっていいですか…?」




提督「ん…?」




翔鶴「…んっ」チュッ




提督「!? な、なっな…!?!?!」




翔鶴「…突然すみません、ですが…」




翔鶴「これですっぱり諦めました!」




翔鶴「最後に、これだけはしたかったのです」




提督「そ、そうか…」




翔鶴「提督」




提督「なんだ?」




翔鶴「…頑張ってくださいねっ…!」




翔鶴「私っ…! 応援、してますから…!」




提督「ちょ、翔鶴、まだなくなよ!? まだ告白すらしてねぇぞ!?」




翔鶴「いえ…! 提督ならきっと大丈夫です! はい!」




提督「そ、そうかな…」




翔鶴「はい! なんなら気軽にご相談ください!」




提督「…ありがとう」




翔鶴「いえいえ! それでは私は戻りますね  呼び立ててすみませんでした!」




提督「あぁ」フリフリ







翔鶴「これでスッキリした…」




・・・本当に?




翔鶴「…っ」ズキッ




翔鶴「…提督がそう望むなら、これでいいんです」




あなたの思いはそれで終わっちゃうの?




翔鶴「…思いは伝えましたし…」




そんなんで終わるほど、その思いは軽いものだったの?




翔鶴「…」




もう一度聞くね




これでいいの?




翔鶴「…はい」




・・・ホントウニ?






・・・




提督「…そんでよ、アイツの好きなもんは知ってんだよ」




提督「この前ラーメン屋連れて行ったらすげぇ気に入ったみたいでさ、今度またどっかの店行こうと思うんだよ!」




翔鶴「…さ、さすがにラーメン食べた後にプロポーズってどうなんでしょう…」




提督「…やっぱそうおもう?」




翔鶴「はい…」コクッ




いいじゃん雰囲気台なしにしてあげれば




翔鶴「…」




提督「…うーん、どうしよ」




・・・




提督「ぅんー!! やっぱイタリアン? それともフレンチ?」




提督「あー! わからん!」




翔鶴「確か雷ちゃんはお蕎麦も好きでしたよね?」




提督「…それだっ! 高級蕎麦屋に…!」




なーんでそこまでしてくっつけようとするんだろーね?




翔鶴「…いいと思いますよ」




・・・




提督「翔鶴ー! なんか夜いい雰囲気になれる場所ないかー!」




翔鶴「…な、なんですそのすごい漠然とした質問…」




提督「いやプロポーズにイイ感じの場所がわからないんだよ! 都会の方は翔鶴詳しいだろ?」




翔鶴「ま、まぁ、はい…」




翔鶴「えーっと、いい雰囲気の場所っていうと…」




あはは、無様




・・・




翔鶴「…」テクテク・・・




翔鶴「あ、ていと…」




提督「でな、昨日金剛がな…」




雷「金剛さんまたやったの!? はぁー…」




翔鶴(あ、雷ちゃんと一緒…)




提督「いやいや、今回はレベルが違ってな、ぷふっ…」クスッ




雷「え” ちょっとなに? さらに進化したっていうの!?」




提督「いや、もう、あれは…」クスクス




雷「ちょっとー! 私も気になるんだけどー!」テクテク・・・




翔鶴「…」




ほんとなら私があの場所にいたのに、って?




翔鶴「…っ、違いますっ…!」




あはは、本当に自分に嘘つきだなー




翔鶴「だから違うって…!」




・・・まぁもういいよ、これ以上は無駄みたいだし




そんなに奪うことがお嫌いなら、永遠に搾取されてればいいんだよ



                わたし

居場所も、立場も、名声も、そして瑞 鶴も




翔鶴「…え?」




奪うことが怖い怖いって甘え続けてさ、全部その結果だよ




翔鶴姉がそんなんだから、あのクソ野郎に全部奪われたんだよ




翔鶴「ち、違う、あれは…私が進んで…みんなのために…」




うん、そうだね、そうやって「みんなのため」って言って、逃げてるんだよ




誰かから何かを奪うことを




そうやってまた翔鶴姉は奪われた、今回はあの提督さんをね




翔鶴「っ…!」




・・・でも、まだ間に合うんじゃない?




翔鶴「…え?」




まだ、奪い返せるんじゃない?



     ・・

そのための道具を翔鶴姉はもってるはずだよ




翔鶴「そのための、どうぐ…?」




・・・ここからは翔鶴姉が考えてね




じゃあね、翔鶴姉  向こうで待ってるね!




翔鶴「ま、待って、瑞鶴!!」




シーン・・・




翔鶴「…」




『永遠に搾取されてればいいんだよ』



     わたし

『…そして瑞 鶴も』




翔鶴「…私のせい、なの…?」




翔鶴「全部、全部、全部…」




翔鶴「私が何もしないから、全部奪われちゃうの…?」




翔鶴「…そう、そうなの……」




翔鶴「…なら」




翔鶴「…また奪われる前に奪わなきゃ」ハイライトオフ













・・・プロポーズ当日





翔鶴「…あ、ネクタイ曲がってますよ」クイッ




提督「お、すまんすまん」




翔鶴「ちゃんとしてください、デートとプロポーズですよ?」




提督「…な、なんか今更ながら照れるな…」




翔鶴「…そうですね」




提督「ま」




提督「ここまで色々できたのも、結構お前のおかげなんだけどな」ニカッ




翔鶴「…」




翔鶴「…卑怯ですよ、それ」




提督「ふふ、惚れ直してもええんやで?」キラーン




翔鶴「…ほら、変なこと言ってないでそろそろ行かないと」




翔鶴「昨日が雪でしたから結構積もってますし、早めにしないと」




提督「お、そうだな、行こう」




提督「それじゃあな、翔鶴!」




翔鶴「はい、ご朗報お待ちしています」




ガチャ・・・バタン




翔鶴「…ほんとずるいです」




翔鶴「…最後に、あんな笑顔を見せてくれるなんて…!」







・・・夜、とある岬






提督「…雷」




雷「なぁに、司令官」




提督「…え、えぇっとさ…」




提督「う、うちもすごいでかくなったよな!」




雷「? そうね」




提督「昔は遠征とか哨戒とかしか任せられなくてさ!」




提督「十人くらいしかいなくてさ…」




雷「…そうね、懐かしい」




提督「…あの頃から、俺はずっとお前に助けられっぱなしだったな」




提督「ミスってバカやって怒られて…ははっ」




雷「ど、どうしたのよ司令官、今生の別れみたいに…」




提督「…いや、違うんだ、雷」




雷「…?」




提督「…いいか、今から言うことをよく聞いてくれ」




雷「う、うん」




提督「…雷」




提督「俺は、お前のことが大好きだ…!」




雷「…え?」




提督「俺と、ケッコンじゃなくて、結婚してくれ…!」




雷「…はい」




雷「はい…! よろこんdバァーン!




ドサァ・・・




提督「え……?」




提督「い、雷!? おい、返事しろ!! 雷ッ!!!?」ユサユサ




提督「おい…?、だろ…? なぁ…雷…?」




提督「夢だッ…これは! なにか、悪い…!」




提督「クソ…! クソァ!!!」




提督「誰だ、誰がやった!? 銃声はすぐそこで聞こえた…!」




提督「今からでも探せば…!」




翔鶴「その必要はありませんよ」




提督「…しょう、かく…?」




提督「っ! 翔鶴、ここは危険なんだ、今すぐにここから…!」




翔鶴「だから、その必要はないと言ってるんです」




提督「…は?」




翔鶴「…だって、雷ちゃんを殺したのは、私ですもの」




提督「…冗談はやめろ…!! そういう状況じゃ…」




翔鶴「はい、これなーんだ?」スチャッ




提督「…拳銃…?」




翔鶴「はい、正解です」




提督「…ははっ…じゃあなんだ、お前はその拳銃で雷を殺したとでも…?」




翔鶴「ええ」




提督「…嘘言え、そんな拳銃程度では…」




翔鶴「艦娘に傷一つ付けられない、ですか?」




提督「…そうだ」




翔鶴「あははっ、私と全くおんなじ反応ですね♪」




提督「…」




翔鶴「…じゃあ試してみましょうか、これで艦娘を殺すことができるか」ガチャ




提督「ッ!? やめろ翔鶴!!」




翔鶴「大丈夫ですよ、腕に撃つだけですからッ!!」バァーン!




翔鶴「ーーーー!!」ズキズキ




提督(!! 本当に怪我を…血が…)




翔鶴「…これでわかってもらえました? この拳銃には、艦娘を殺すことが可能だということが」




提督「…じゃあ、本当に、お前が雷を殺したのか…」




翔鶴「えぇ♪」




提督「…てめぇ…!!!」




翔鶴「おっと、動かないでください? 撃ちますよ?」スチャッ




提督「…!!」




提督「…お前、何が目的だ…」




翔鶴「それはもちろん、提督を奪い返すためですよ」




提督「うばい、返す…?  …つまり嫉妬か?雷に俺をとられて悔しいからか!?」




翔鶴「まぁそういうことですね」




提督「ははっ、バカかてめぇは  雷を殺したところで、俺がてめぇを好くわけじゃねぇ…!!」




提督「むしろ俺はてめぇを殺したくなった…!!」




提督「こんなの何の生産性もない…! なんで、なんでッ…!!」




翔鶴「だって、本当はあなたの隣にいたのは私なんですよ?」




提督「…?」




翔鶴「でも私が弱いばかりに、たくさん奪われちゃって」




翔鶴「…チャンスも、居場所も、妹も…あなたも」




翔鶴「だから、今度は私が奪う番なんです」




翔鶴「だから欲しい物全部、私が手に入れるんです」




翔鶴「ふふっ」




提督「…狂ってる」




翔鶴「なんとでも言ってくださいな」




提督「…第一俺を奪うことなんて無理…」




翔鶴「無理じゃないですよ?」




提督「…ふざけんな! なにが無理じゃねぇだよ!? 俺は無理なんだよ!!」




提督「なんで好きなやつを殺されて、よりにもよってその殺人者とくっつかなきゃならないんだ!!」




提督「ふざけるのも大概にし…ろ……」




翔鶴「…だからふざけてなんかないですって」ガチャン




提督「お、お前、何するつもりだ…?」




翔鶴「…弾はあと二発、ちょうどですね」




提督「おい、なんのつもりだ…!?」




翔鶴「…ふふっ、この世界はダメです 私に都合が悪すぎます」




翔鶴「だからもうこんな世界、捨ててしまいましょう」




翔鶴「提督は輪廻転生って信じます?」




提督「おい…やめろ、やめてくれ…」ザク・・・ザク・・・




翔鶴「もう、逃げないでくださいよ」




翔鶴「動くときちんと殺せないじゃないですか」




翔鶴「すぐに私もそちらに行きますから♪」




提督「ひっ… 来るな、来るなぁ!!!」




翔鶴「あ、もしかして死んだあと巡り逢えないじゃないかって心配してるんですか?」




翔鶴「大丈夫です、私とあなたは運命の赤い糸で結ばれていますから、きっとまた次も逢えますよ」




翔鶴「それじゃあ…提督」ガチャン




提督「たすけッ」ダッ




翔鶴「一旦、おやすみなさい?」バァーン!




ドサッ




翔鶴「うふふ、うまく当たってよかったです」




翔鶴「今から私もそちらに向かいますね」カシャン




翔鶴「今度は瑞鶴とも会えるのね、嬉しい」




翔鶴「さて、おやすみなさい」ガチャン




バァーン!












番外編①・・・付き人さん





…バァーン!






付き人「…はぁ、また死体処理、しかも今回は三体ですか」




付き人「…」プルルルル・・・




付き人「…こちら○○少将の元付き人…いえ、第4憲兵団長、コードネームウルフです」




付き人「こちら、佐々木中将のお電話で間違えありませんでしょうか」




付き人「…はい、確認しました」




付き人「…では今回の、『試製対艦娘用銃弾ジーケ』の報告書は今週中に」




付き人「将来有望な大佐一人と正規空母一隻を失いましたが」




付き人「…面倒なゴミと十分な実験データが取れたのでよしと…はい?」




付き人「ざっくりでいいからデータの説明を?」




付き人「…まぁざっくりといいますよ?」




付き人「結論から申し上げますと、まぁまぁの成功といえますでしょう」




付き人「頭ぶち抜けば一撃のようですから」




付き人「ただ、撃たれた対象の艦娘にその後異常行動が目立ったのでそこは要改善ですね」




付き人「艦娘のある特定の感情の肥大化、倫理観の崩壊などを引き起こすようです」




付き人「…原因?改善法? そんなものは開発局にでも聞いてください」




付き人「では私は報告書と死体の処理をしなければならないのでこの辺で失礼します」




付き人「…大丈夫ですよ、どれだけの数やってきたと思っているんですか」




付き人「ではまた」ブチッ







番外編②・・・





数十年後・・・





翔鶴「提督、執務の方はどうですか?」ガチャ




神様や輪廻転生などは信じていませんでしたが




瑞鶴「あ!翔鶴姉! 出撃お疲れ様!」




もし、もしもそのようなものが存在するのなら、と




提督「お、おかえり、翔鶴」




そう思い、行動を起こした私は間違ってなどいなかったのだと




翔鶴「はい、ただいま帰りました♪」キラッ




この指輪の存在を感じるたびに、確信するのでした






・・・奪ってよかったと、確信するのでした





後書き

これで終わりです! お付き合い、ありがとうございました!
コメント等はいつでも受けていますのでよろしければ!
あと最近見事にVtuberにドはまりしました、立派なシロ組になれるよう精進してます


このSSへの評価

6件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-07-26 23:54:09

SS好きの名無しさんから
2018-07-18 11:08:18

榛名さんから
2018-02-04 23:07:33

SS好きの名無しさんから
2018-02-03 21:28:42

SS好きの名無しさんから
2018-01-30 21:30:33

SS好きの名無しさんから
2018-01-27 02:36:15

このSSへの応援

4件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-07-26 23:54:14

SS好きの名無しさんから
2018-02-04 02:16:59

榛名さんから
2018-01-28 18:31:31

SS好きの名無しさんから
2018-01-27 11:25:28

このSSへのコメント

20件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-01-26 22:49:09 ID: pI78bxzm

毎回面白いSSありがとうございます

2: たくちゃん 2018-01-27 00:28:04 ID: xkQExVJC

2さん、コメントありがとうございます!
とんでもないです! こちらこそありがとうございます!

3: SS好きの名無しさん 2018-01-27 11:32:30 ID: LERYtGpw

続きが気になりますね
更新頑張って下さい

4: たくちゃん 2018-01-28 02:14:53 ID: MB4lh96s

3さん、コメントありがとうございます!
はい、頑張ります!

5: SS好きの名無しさん 2018-01-28 06:13:01 ID: WHxa2-Bc

毒も用量を守れば薬となるが。
翔鶴姉さんは薬から毒になり。仕返ししてやれ!
今の居場所に帰り。屑から他の子を守るためにも

6: 榛名 2018-01-28 18:32:02 ID: dHN58Y7o

翔鶴ガンバレ!超ガンバレ!
あ、ちなみに自分は瑞鶴派です。

7: たくちゃん 2018-01-29 00:06:56 ID: nSX6grty

5さん、コメントありがとうございます!
そう、悪には鉄槌を、ね・・・ふふ
余談ですがあの小物っぽい少将のモデルはFateのシンジ君ですw

6さん、コメントありがとうございます!
翔鶴のあの薄幸感たまらない・・・たまらなくない?
じゃあ布教用にうちに一人瑞鶴ください

8: SS好きの名無しさん 2018-01-30 06:21:48 ID: JD26v8BJ

正当防衛やねw
付き人さんも居るし問題なし!
さあ付き人さんよ!こういうブラックを討つ正義の憲兵さんを
目指すんだw

9: SS好きの名無しさん 2018-01-30 15:19:43 ID: JD26v8BJ

あかんwフェイトの桜くんのように黒くなってしまう!
でも彼ならシロウ君みたいに受け止めてくれるだろう。
ヤンデレ万歳w

10: たくちゃん 2018-01-30 23:50:34 ID: L5LQpp4m

8さん、コメントありがとうございます!
そうですね「正義」ですからね、付き人さんは(ニッコリ

9さん、コメントありがとうございます!
士郎は強すぎるだけなんだよなぁ・・・壊れてるレベルで
あ、もちろん私のFateSNでの推しは桜です

11: SS好きの名無しさん 2018-01-31 05:47:08 ID: BP1Qvvpf

ロリオカンと綺麗なお姉さんで両手に花やねw
もうさもう一個贈って奥さんにしちゃえばいいのさw
逆に考えるんだ!奥さんが二人でも問題なし!と考えるんだw

12: たくちゃん 2018-02-01 00:09:57 ID: m3pJF86K

11さん、コメントありがとうございます!
・・・そんな平和な終わり方をするなら胸糞END注意とか書かないんだよなぁ・・・

13: SS好きの名無しさん 2018-02-01 21:26:56 ID: ZwX8g-MX

何を悩む必要が有るのだ?
これまで散々苦しんで来たんだ。
少しだけ幸せに成っても罰にはならんよ。さあ姉さん。幸せになるんだよ

14: たくちゃん 2018-02-01 23:58:51 ID: m3pJF86K

13さん、コメントありがとうございます!
そうそう、幸せになればいいんですよ
・・・奪ってでもね

15: SS好きの名無しさん 2018-02-03 04:13:35 ID: LnlCaOsK

これは転生した後話があるんですかね?

16: たくちゃん 2018-02-04 00:56:21 ID: MKMKc59N

15さん、コメントありがとうございます!
あー、考えていませんでしたがそれもやらなきゃですね、ありがとうございます
番外編ってことでやると思います・・・が多分クッソ短く終わっちゃうやつになるのであんまり期待はしないでいただけると・・・

17: 榛名 2018-02-04 23:10:42 ID: bXgoTruh

なるほど、これがヤンデレというものか(白目)翔鶴姉ェ…
楽しく読ませて頂きました。

18: たくちゃん 2018-02-05 00:33:59 ID: p1ZsrVId

17さん、コメントありがとうございます!
ヤンデレとしては王道ってか普通な心中ENDですみません・・・
ご愛読ありがとうございました!

19: SS好きの名無しさん 2018-02-05 11:38:26 ID: X_rk44jz

翔鶴姉さん。今度は貴方が与える番
さあずいずいに好い人紹介してあげるんだw付き人さんなど良いと思うよ。

20: たくちゃん 2018-02-08 23:29:47 ID: hMI02Cbt

19さん、コメントありがとうございます!
正直付き人さんは実はやべぇ悪人でしたーってオチなんでやめといたほうがいいです、多分出世のためにいいように使われるのが関の山かとw
まぁ瑞鶴はともかくとしてとにかく雷ちゃんが不憫な感じで終わっちゃったのは反省なんですけどねー・・・


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください