2018-01-27 22:14:58 更新

概要

バンドリ ガールズバンドパーティのキャラ達


紗夜「羽沢さん、またお菓子作りを教えてもらってありがとうこざいます。私のスコーン上手く出来たでしょうか?」


つぐみ「はい、大丈夫です!全然出来てると思います!紗夜さんどんどん作るのが上手くなってますね!」


紗夜「いえ、羽沢さんには敵いませんよ。私はまだまだだと思います...あの、羽沢さん、いつもの試食をお願いします」


つぐみ「え、でも紗夜さん問題なく作れt...」


紗夜「羽沢さん」


つぐみ「は、はい!」


紗夜「羽沢さんに、食べてほしいんです」


つぐみ「...!! わ、わかりました!では、いただきますね...?」


紗夜「あ、ちょっと待ってください忘れてました」


つぐみ「どうしたんですか?」


紗夜「お友達との親睦を深めるにはあれをするものだと聞きました」


つぐみ「何をするんですか?」


紗夜「はい、羽沢さん。あーん」


つぐみ「えっ」


紗夜「羽沢さん、あーん」


つぐみ「あ、あの、紗夜さんそれは恥ずかしいですよ...///」


紗夜「そう...ですか。親睦を深めるのはなかなか難しいですね...」


つぐみ「いや、食べます!紗夜さん、食べさせてください!」


紗夜「無理しなくてもいいんですよ」


つぐみ「いえ、紗夜さんのが食べたいんです...!」


紗夜「っ...! そうですか、それでは羽沢さん...はい、あーん」


つぐみ「あ、あーん...///」パクッ


紗夜「どうですか?」


つぐみ「えっと、なんかいつも以上に美味しいです、えへへなんでですかね」


紗夜「羽沢さんの(教えてもらった)ことを考えて作ったからだと思います」


つぐみ「!!?!?/// そうですか、ありがとうございます紗夜さん!」


紗夜「いえ、こちらこそ毎回教えて貰ってありがとうございます。また今度教えてください」


つぐみ「はい、喜んで!」


紗夜「では、そろそろ帰りますね」


つぐみ「はい、また今度お願いします!」


紗夜「ふふ、お願いするのはこっちですよ。」


ガチャン


.

.

.

.

つぐみ「うぅ、今日の紗夜さんなんかおかしかったよぉ...///でも仲良くなれたみたいで嬉しいな...」



紗夜「親睦を深めるためには相手の事を思って言葉を伝えればいいと本に書いてあったし、これで完璧なはずね。」


紗夜「羽沢さんとの親睦はこれで深まったわ」


紗夜「ん?あれは宇田川さん達...?」


あこ「あれ、紗夜さんじゃないですかー奇遇ですね!」


巴「あ、ほんとだ。こんにちは紗夜さん」


紗夜「ええ、こんにちは。お二人は買い物帰りですか」


巴「はいそうなんです、冷蔵庫の中がもう空っぽで」


あこ「あこはお姉ちゃんの手伝いにきました!荷物もこの通り...っとと」


巴「あこ、やっぱりもう片方も持つよ。重いだろ?」


あこ「だ、大丈夫だよお姉ちゃん!こう、我の悪魔の力を解放すればこのように容易く...」


巴「はいはい、わかったから。ほら」


あこ「うぅ...ごめんねお姉ちゃん...」


巴「べつに構わないさ、あこが手伝ってくれるだけで私は嬉しいよ」


あこ「お姉ちゃん...///」


紗夜「(何かしらこの疎外感。しかしとても仲がいいのね宇田川さん姉妹は。私と日菜じゃこうはいかないわ...主に私が)」


巴「ところで紗夜さんはどこかお出かけでもしてたんですか?」


紗夜「え、えぇちょっと用事で...」


あこ「あれ、もしかしてその手に持ってる袋って紗夜さんの作ったお菓子ですか!?ということはつぐみさんのお家に行ったんですね?ふふ、あこにはわかっちゃいますよ〜」


紗夜「うっ...そ、そうですけど...別にいいじゃないですか。明日の練習で渡そうと思っていたんです」


巴「なるほど...それでつぐのやつ嬉しそうに...」


紗夜「えっ、羽沢さんが嬉しそうにしてたって本当ですか??」


巴「そうなんですよ、学校で時々にやってしてて何か嬉しいことでもあったのかなって。紗夜さんとお菓子作りするからなんですね」


紗夜「そうですか...羽沢さんが嬉しそうに...」


巴「あの、紗夜さん?」


紗夜「なんでしょうか」


巴「紗夜さんてもしかしてつぐのこと好きで...百合ってやつなんですか?」


紗夜「(...百合?花がどうかしたのかしら。いや、なにかの例えかしら...)」


紗夜「百合かどうかはわからないですが羽沢さんのことは好きですよ」


巴「!!?...そうか、やっぱり...」


あこ「どうしたのお姉ちゃん?」


巴「いやなんでもない。なんでもないぞぉ。よし帰ろっかあこ!」


あこ「...?変なお姉ちゃん。ではでは紗夜さんまた明日です!」


紗夜「えぇ、またスタジオで。さようなら宇田川さん」


あこ「はい、さよーなら!」


巴「.........」




紗夜「(何かしら...宇田川(姉)さんがどこか遠い目をしていたような、まぁ気のせいよね)」



氷川家


紗夜「ただいま」


日菜「あぁー!お姉ちゃん!またつぐみちゃんのところに行ってたでしょー!」


紗夜「まぁ...べつにいいじゃない」


日菜「わたしも連れてってて言ってるのにぃ!つぐみちゃんばっかお姉ちゃんと仲良くしてずるい!」


紗夜「ずるいってなによ、だってあなた分量とか適当に計るじゃない。どれもこれも作業が適当じゃない。なんであんな適当な仕方でちゃんとしたものができるのかしら」


日菜「えーだって たんったたんっるんるるるんってやれば大体できるよ?」


紗夜「それは日菜だけでしょ、私は違うの」


日菜「むー」


紗夜「はぁ...ほらこれ、日菜の分」


日菜「え、わーい!ありがとーお姉ちゃん! うわぁスコーンだ!おいしそー!」もぐもぐ


紗夜「こら日菜!まだ晩御飯前になんて...」


日菜「うーん美味しい!るんって味するー!」


紗夜「もう...半分くらいにしときなさいよ」


日菜「はーい!」


紗夜「ふふ、仕方のない子ね」


日菜「あーお姉ちゃんなに笑ってるのー?」


紗夜「笑ってないわ」


日菜「えーそうかなー?お姉ちゃんが笑ってくれるとわたしも嬉しいんだけどなー」


紗夜「そ、そう...ところで日菜、聞きたいことがあるのだけど」


日菜「え、なになに?なんでも聞いて!」


紗夜「百合ってどういう意味か知ってるかしら?」


日菜「百合? 花がどーかしたの?」


紗夜「いや、宇田川さ...巴さんから聞いて私も花だと思ったのだけど、どうやら違うらしいのよね」


日菜「うーんなにかの隠語かなー?なんだろ?」


紗夜「そう、日菜でもわからないのね。わかったわ、ほかの人に聞いてみるわ」


日菜「うん、役に立てなくてごめんねお姉ちゃん」


紗夜「なんで謝るのかしら、一緒に考えてくれるだけで私は嬉しいわよ」


日菜「お、お姉ちゃん...!?///」


紗夜「...!!私は部屋でギターの練習をしてくるわね」


日菜「うん、わかった!」


紗夜「........」


紗夜「(なんでかしら、最近思った事がすぐ口にでてしまうわ。たしかに素直になりたいとは思ったけども、これは流石にやりすぎだわ。随分と私も丸くなったものね)」








ジャーン


紗夜「(...ふむ、もう少しあそこは強めに弾いた方がいいかもしれないわね)」


紗夜「(練習はこの辺にしておこうかしら、それよりも...)」


紗夜「百合...気になるわ」


紗夜「(この性格上一度気になったものは調べないと気が済まないのよね)」


紗夜「(誰かに聞いてみようかしら。でも誰がいいか...)」


紗夜「(こういうことに詳しそうな今井さんに聞いてみましょう)」


...prrrrrr


リサ『おっ、紗夜?どうしたの珍しいじゃーん』


紗夜「えぇ、こんばんわ今井さん。少しいいですか?」


リサ『んん?なになにー?』


紗夜「少し聞きたい事があって...」


リサ『ほぅほぅ』


紗夜「百合って単語をご存知かしら」


リサ『んぇ!?百合!?んーなんだろ誰かの名前...とか?』


紗夜「いえ、名前ではなくなにかの意味らしいのですが...」


リサ『んー...ごめんね紗夜私じゃわかんないかも』


紗夜「そうですか、ありがとうございます」


リサ『んーん、ごめんねーわかんなくて』


紗夜「いえ、構いません。ではまた明日」


リサ『うん、また明日スタジオでねー』


ツーツー


紗夜「(どことなく棒読みだったのは気のせいかしら)」


紗夜「(今井さんでもわからないということは流行りの言葉とかではないのかしら)」


紗夜「(ふむ、誰か他に聞けそうな方は...)」


紗夜「(......羽沢さんに聞いてみようかしら。でも今日もお世話になったしこれ以上は...)」


紗夜「..……」


紗夜「(いえ、遠慮すること、ないわよね。だってお友達だもの)」


紗夜「(かけましょう)」


...……prrrrrr


つぐみ『もしもし紗夜さん?こんばんわ!』


紗夜「えぇ羽沢さんこんばんわ」


つぐみ『突然どうしたんですか?いえ!別に全然構わないんですけど!』


紗夜「すみません、実はお聞きしたいことがあって」


つぐみ『聞きたいこと?はい、私でよければなんでも答えます!』


紗夜「今なんでもって...?」


つぐみ『え?』


紗夜「い、いえ、なんでもありません。えっと聞きたいことはですね...」


紗夜「百合って単語をご存知ですか?」


つぐみ『〜〜〜〜っっ!!?!?』ガタッ


紗夜「羽沢さん?大丈夫ですか?」


つぐみ『だ、だだだだ大丈夫です!えーっと、百合、百合ですね...なんでいきなりそれを?』


紗夜「えぇ実は巴さんに私は百合かと聞かれまして、花という意味ではなさそうなのでどんな意味があるのか気になって」


つぐみ『巴ちゃんが!?...そうですか』


紗夜「それで、どうですか?」


つぐみ『まぁ...恐らく私の知ってるので合ってると思います』


紗夜「本当ですか?意味を教えてくれませんか?」


つぐみ『えぇ!?えぇっと...ですね...』


つぐみ『女の子同士がその...好き合ってるっていうか...女の子が好きというか、あるところでは姉妹を築いてるといいますか.……』


紗夜「ふむ…つまり?」


つぐみ『異常に女の子同士の仲が良い、でしょうか』


紗夜「なるほど」


紗夜「(つまりは仲が良いの最上位かしら。姉妹を築いてる...姉妹のように仲が良いということね、わかりやすいわ)」


紗夜「ありがとうございます羽沢さん。これで謎が解けました」


つぐみ『い、いえわかったのなら光栄です!』


紗夜「ふふ、羽沢さんともできれば百合の関係になりたいわね」


つぐみ『え...えぇ!?///いやあの紗夜さんそれはどういう意味で...///』


紗夜「羽沢さんと仲良くなりたいんです」


つぐみ『〜〜〜〜〜っ!!?!?!?!/////』


紗夜「あんまり長く話すのもご迷惑ですね。この辺で失礼します」


つぐみ『あ、あの、はい』


紗夜「では羽沢さん、おやすみなさい」


つぐみ『ひゃ、ひゃい...おやすみなしゃい...///』


ツーツー...


紗夜「(最後羽沢さん呂律が回ってなかったけれど、余程眠かったのかしら。まだそんな遅い時間ではないのだけど)」


ガチャ


日菜「お姉ちゃーん?お風呂空いたよー」


紗夜「えぇ今行くわ、ところで日菜。百合の意味がわかったわよ」


日菜「ほんとにー!?どんな意味だったの?」


紗夜「女の子同士が姉妹のように仲良くすることらしいわ」


日菜「そーなんだぁ、じゃあ私とお姉ちゃんは本物の百合だねー」


紗夜「なによ本物って」


日菜「だって姉妹のように仲がいいのが百合なんでょ?私とお姉ちゃんは血の繋がった姉妹でしょ?ほら本物じゃん!」


紗夜「よくわからないわ。そんなことより髪まだ濡れてるじゃない、乾かしてきなさい」


日菜「えーめんどくさーい」


紗夜「日菜」


日菜「うぅ...わかったよぉ...」


紗夜「はぁ...しょうがないわね。私が乾かしてあげるわ」


日菜「え、お姉ちゃんが!?」


紗夜「なに?嫌なら自分でやってきなさい」


日菜「んーん、全然!お姉ちゃん髪乾かしてー!」


紗夜「本当に仕方のない子ね。ほら行くわよ」


日菜「わーい♪」







翌日 CiRCLEスタジオ練習後


リサ「ねぇねぇ紗夜、百合の意味もしかしてわかった?」


紗夜「えぇおかげさまでわかりました。昨日は突然電話してごめんなさい」


リサ「いやそれは構わないんだけどー...それで、どういう意味だったのかなーって...」


紗夜「それはですね、女の子同士が姉妹のように仲良くするという意味でした」


リサ「...え?あーそーなんだー、そっかぁ...」


紗夜「なにかしら?」


リサ「いや、なんでもないようん、なんでもないから!」


紗夜「……?そうですか」


紗夜「(今井さん、ほんとはわかってたんじゃないかしら)」


友希那「紗夜、このスコーン美味しいわね」


紗夜「ありがとうございます湊さん。午前中だけしかスタジオが借りれないのなら持ってこなくていいかもしれなかったのですが」


あこ「そんなことないですよー!とっても嬉しいです!」


燐子「はい...紗夜さんのお菓子...好きです」


紗夜「あ、ありがとうございます」


リサ「友希那ーあーんしてあげようかー?」


友希那「……私がリサにしてもいいのよ?」


リサ「んえぇ!!?ほ、本当に!?///」


友希那「っ...冗談に決まってるじゃない。いつもの仕返しよ」


リサ「えぇーいいじゃんしてよー」


友希那「い、嫌よ」


あこ「リサ姉と友希那さんは仲が良いですなぁ」


友希那「別に普通よ」


リサ「友希那は私のこと嫌いなの?」


友希那「誰も嫌いなんて言ってないじゃない」


リサ「じゃあ好き?」


友希那「うっ.....好き…よ」


リサ「やったぁ!私も好きだよ!」


友希那「.....////」


紗夜「……なるほど」


燐子「どうしたん…ですか?」


紗夜「いえ、あの2人は...」


紗夜「百合の関係だったんですね」


燐子「!!!??!?」


おわり


後書き

(ネタを...ください...)


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-06-19 15:11:33

SS好きの名無しさんから
2018-05-03 08:48:55

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください