2018-03-05 00:02:16 更新

概要

俺は物心をついた時から予知能力を持っていた。


前書き

比企谷八幡が能力者で、雪ノ下雪乃が生徒会長になった話です。


俺は予知能力者だ。

未来を予知できる。

何百通り何千通りの未来を、

それを導き出すのは大変だが…。

俺は17年間生きているからな。

そこまで難しくはない。

これも慣れというやつなのだろう……。

俺は今ある困難に直撃している…

かもしれない。

生徒会選挙…。

学校の行事のなかで1番めんどうくさいと俺は思う。

だって投票するのに理由が必要なんだよ?

1人1人理由を40文字以上書かなきゃいけないという地獄。

これは1年の時に嫌という程思い知った。

総武校が特殊なのか?

わからないが…。

これは生徒会選挙の5日前のことである。

「奉仕部を廃部にする」

「え!?」

「…」

俺はこのことを知っている。

この運命はどう足掻いても変えられない。

そう思った

「君達は生徒会に入ってもらう」

「そんな無茶な」

と由比ヶ浜。

それといつまでも無言な雪ノ下。

雪ノ下は事前に知っていたのだろう。

表情が正常ではない。

「残念だがな。ここも生徒会選挙が終わった後に第2生徒会室になる。生徒会にはいれ。

これは強制だ。」

「…」

由比ヶ浜が無言になる。

「話は終わりだ。生徒会選挙開始までは奉仕部だからな」

去ってしまった平塚先生。

すると由比ヶ浜。

「これが現実だからね…。受け止めなきゃ」

由比ヶ浜は悲しげにそう言う。

俺はある情報を帰るときに聞いた。

「雪ノ下を生徒会長に推す?」

「はい」

職員室へ通るとそんな会話が聞こえてきた。

俺は雪ノ下にできるか?と思いながら予知をした。

なるほど…。

問題ない。

逆に反対したら雪ノ下家内でなんらかが起こる。

それは今の雪ノ下には重いと俺は思う。

この運命に直面した場合。

雪ノ下は少し成長するのだが、

由比ヶ浜が危ない。

そして、雪ノ下の20年先の将来が保証できていない。

ということだ。

俺も言い出したら推そうと考える。

雪ノ下が生徒会長になると言い出したのは生徒会選挙開始の2日前だった。

「私生徒会長になるわ」

「え?」

「…」

「理由…説明できるかな?」

「ごめんなさい由比ヶ浜さん…。それは出来ないわ」

本来俺はこの居場所を守るべきなのかもしれない。

だが2人の将来が保証できないのだ。

俺は2人とは半年以上付き合ってきている。

やはり予知できるのなら、2人の将来を尊重すべきだと思う。

「いいんじゃないのか?」

「ひ、ヒッキー!?」

「これは俺の思ったことを言う。もし雪ノ下が生徒会長をやらなかったらどうなると思う?」

「!?」

「わ、わかんないよそんなの…。どうなるの?」

「おそらく雪ノ下雪乃は雪ノ下の両親に信用されなくなってしまう」

俺は予知したことをそのまま言うと怪しまれることを予知した。

あくまで雪ノ下雪乃の将来の為のことを説明するだけだ。

余計なことはしない。

「なんでそんなことがわかるの?ヒッキーは」

「雪ノ下さんの言葉をよく思いだした結果だ」

「比企谷君はどうするの?」

「俺は強制的にここに入れられる。あん時のことは覚えているだろう?」

「覚えているわ」

「生徒会で続きをやれと平塚先生は絶対に言う」

「そうね、確かに」

「んで由比ヶ浜はどうすんだ」

「私も入るよ!!」

「…これで廃部になってもさよならという訳じゃないってことね」

そう…、俺は別の形で居場所を守った。

雪ノ下が作った紅茶を啜りながら雑談を狭む。

これが心地よいのだ。

それは多分、由比ヶ浜と雪ノ下も思っていることだろう。

生徒会選挙終了後。

俺は一足先に結果を見に行った。

会長が雪ノ下雪乃。

副会長が一色いろは。

一色いろはは前に奉仕部に相談してきた1年生である。

もちろん相談内容は生徒会関連。

「じつは私同じクラスの人に勝手に生徒会長に立候補してしまって」

「どうすればいいかわからないと」

「そうです」

「比企谷君どうすればいいかしら」

投げやりだな。

「おい、相談されてんのお前だぞ」

「私は比企谷君がこういう相談に適切だと思ったからふったのよ」

「一色」

「はい」

「生徒会長って言うのはやる気が問題だ。

やる気があればなんだって出来る。

単位で入りたいと思っているのなら、やる気ありますよーアピールをすればいい。

生徒会長に立候補して落ちたら副会長になるから別に大丈夫だとは思うが」

「ありがとうございます先輩」

「おう、がんばれよ」

てな感じの出来事があった。

んで?副会長が特別に2人になったんだっけ?

えーと、由比ヶ浜か。

まぁなんとかなるはず

でもう1人が藤沢 沙和子。

会計が俺…。

思ったが会計1人って辛くねぇか?

多分乗り越えられると思うが。

計算能力ゼロに近いぞ?

活動場所が別れると聞いたなそういえば。

副会長と書記が第1生徒会室。

で残りが第2生徒会室。

これ平塚先生が決めたな。

優しいところあるじゃないっすか先生。

明日活動開始と書いてあった。

これは予知してみる価値あるな。


後書き

見てくれてありがとうございました。


このSSへの評価

4件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-03-07 21:16:58

SS好きの名無しさんから
2018-03-07 04:13:23

SS好きの名無しさんから
2018-03-05 08:32:16

SS好きの名無しさんから
2018-03-05 01:34:21

このSSへの応援

このSSへのコメント

5件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-03-05 01:35:34 ID: aI_vF81f

しょーもな

2: SS好きの名無しさん 2018-03-05 18:51:40 ID: 4RDxrzgh

他のみてもみんな同じような事ばっか書いててつまらんな

3: SS好きの名無しさん 2018-03-07 04:15:53 ID: tGVDy_AW

まず犬を無傷で助けるとか中学の黒歴史回避させとけ

4: SS好きの名無しさん 2018-03-07 21:16:44 ID: UO1AKPHM

うーん...微妙だな

5: SS好きの名無しさん 2018-05-21 14:57:48 ID: TN1BrPKB

ねむた


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください