2018-04-08 17:45:31 更新

概要

ポンコツヤンデレっ娘の暁ちゃんとヤンデレっ娘に好かれる体質の提督のお話

※順次書き足していきます


前書き

キャラ崩壊などは暖かい目でお願いしたいです


目覚めの朝


暁「司令官?起きてる?」


提督「zzz」


暁「寝てるのね…。だったら…」ゴソゴソ


暁「ふふっ。可愛い寝顔…」


提督「……………何してんの」


暁「おはよっ、司令官っ」


提督「さて、仕事するかー」


暁「ちょっと!添い寝してあげてるのに仕事優先なの?!」


提督「ほら、やるぞー」


暁「しょうがないわね」チョコン


提督「そこに暁の椅子用意してあげたよね?なんでまだ膝の上座るの?」


暁「ここが一番司令官を感じられるのっ」


提督「さてやるかー」


暁「無視!?」




朝ごはん


暁「朝ごはん用意するわね」


提督「いや。暁が前に作った時なんかすげえ鉄分豊富だったから遠慮しとくわ…。間宮のところにでも行ってくるか」


暁「そう?残念…」


ーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーーー


間宮「おはようございます。提督」


提督「おはよう、朝ごはん頼む」


間宮「メニューはどうします?」


提督「任せるよ」


暁「ねぇ、ちょっと。座らせなさいよ」


提督「ほら。隣座れって」ポンポン


暁「違うの!膝がいいの!」


提督「…お前なぁ、少し甘え過ぎだぞ?」


暁「いいのよ!ひしょかんなんだから!ひしょかんは司令官を独占出来るって漣が言ってたわ!」


提督「あいつか…!」


暁「じゃあ間宮さんっ!私も司令官とおんなじやつくださいっ!」チョコン


間宮「提督と暁ちゃんは仲がいいのね」


暁「もちろん!私の司令官だもん!」


提督「はぁ…」ナデナデ


暁「んゅ…」


間宮「羨ましいですね…」




休憩中


暁「司令官!頼まれてたもの持ってきたわよっ!」ガチャ


島風「提督ぅー!」ダキッ


夕立「提督さぁーん!」ダキッ


提督「お前らちょっと仕事ができないから一旦避けような?」


夕立「ナデナデしてくれたら避けるっぽい?」


島風「私もー!」


提督「ったく」コチョコチョ


夕立「!? 脇はやめて欲しいっぽい~!」


島風「夕立だけずるいー!私もやってー!」


提督「こちょこちょ~」


島風「おぅ!ひっ…ひゃっ…なんか気持ちよくなってきたぁ…」


提督「ここか?ここがいいのか!」


夕立「提督さん!やめて欲しいっぽい~!あ、でもナデナデはやめて欲しくないっぽい!」


島風「提督ぅ、そこぉ…」


提督「ほれ、まん…ぞく…か」


暁「…………司令官?」


提督「や、やぁ!暁!あ!持ってきてくれたんだね?!ありがとう!」


夕立「提督さん!やめないでほしいっぽい!」


島風「あっ…提督…」


暁「司令官は!私だけ!私だけなの!」


夕立「そんなの認められないっぽい!」


島風「提督は誰のものでもないよ!」


提督「ちょ、お前ら落ち着けって…」


暁「司令官は黙ってて!!」


提督「そ、そういうわけにも…。あっ」


ガヤガヤ


提督「長門か?ちょっと執務室まで来てくれ…」


長門「提督!何の用だ!?提督のためなら何でもやってみせるぞ!」


提督「あ、いや。夕立と島風を運び出してください」


長門「む?そんなことでいいのか?」


夕立「長門さん!夕立は大事な話が済んでないっぽい!」


長門「ダメだ。これ以上は提督の迷惑になるからな」


暁「ふふっ。あなた達はひしょかんである私には敵わないのよっ!」


提督「こら。そういうこと言わない」ペシ


暁「あぅ。ごめんなさい…」


提督「いい子だ」ナデナデ


暁「んゅ…」


夕立「暁ちゃんだけずるいっぽい!」


島風「提督ぅー!またやってねー!」


長門「それじゃあ、提督、何かあったら遠慮なく呼んでくれ。いつでも構わないぞ!いつでも!」


提督「あぁ…うん」


暁「ちょっと!ナデナデやめないでよっ!」




空母会(飲み会)


提督「てな感じでよ!暁が俺離れが出来ないんだよォ!どうにならないかねぇ!」


赤城「それは確かに…」


加賀「では秘書艦を変えてみるというのはどうでしょう」


飛龍「それ!それですよ!提督!はい!私次の秘書艦になりたいです!」


加賀「ダメよ。こういうのは言い出しっぺが責任を取ってやることに決まってるの」


赤城「自分がやりたいだけですよね…?」


加賀「そんなことはないわ。で、提督。秘書艦を変えてみるのはどうでしょう」


提督「あー、いや。確かに最初の頃は何度か考えたんだけどさ…。秘書艦を変えるっていうと光が灯ってない目でめっちゃ質問攻めされた挙句に泣かれるんだよ…」


加賀「めんどくさいですね」


赤城(加賀さんもそうだとおもいますけど…)


飛龍「それでも1回秘書艦変えて提督離れさせないとダメですよ!」


蒼龍「秘書艦変える以外にも、例えば結婚とかありますよ?」


提督「結婚は何されるかわかんないから怖いな…」


加賀「で、提督。どうするんですか?結婚ですか?私は構いませんよ」


赤城「加賀さん、落ち着いてください…」


蒼龍「提督ってこの中だと誰と結婚したいですか!?」


提督「え!?」


加賀「気になります。誰ですか?」


提督「え、えっと…言わなきゃダメなの?」


飛龍「そうですよ!ほら!お酒もう一杯飲んで喋っちゃいましょ!」


加賀「逃がしませんよ」


提督「わかった。言おう」


蒼龍「この中で!ですよ!駆逐艦から選ばないでくださいね」


提督「駆逐艦?」


赤城「提督はロリコン、っていう噂が流れてるんで…」


提督「え!?いや、違うからね?!」


加賀「じゃあ早く教えてください」


提督「…この中だったら赤城だよ。なんか言い方悪いなこれ!」


赤城「本当ですか!?」


提督「もちろん」


加賀「赤城さんは食費がかかります。私だったらあまり食費はかかりませんよ」


飛龍「加賀さんも同じくらいだから!私の方が食費はかかんないです!」


蒼龍「私もかかんないですよ!」


赤城「ペット飼う理由じゃないんですから…」


加賀「赤城さんは黙っててください」


赤城「」


提督「言わなきゃよかったよ…」




提督離れ


提督「明日、秘書艦を変えようと思う」


暁「…………………………………え?」


提督「暁も休みは欲しいだろ?たまには響たちと過ごすのもいいと思うんだが」


暁「嫌」


提督「一日だけだからさ?」


暁「嫌よ。司令官意外に欲しいものなんてないわ!」ジワッ


提督「うっ…」


提督(いや、ここで強く出られないと暁はいつまで経っても俺離れができない…。だったら心を鬼にするしかない!)


暁「なんで!?そんなこと言うの!?私は司令官と一緒にいられるだけでいいの!!」


提督「ダメだ。ともかく、明日秘書艦は赤城に任せる」


暁「嫌!!」


提督「ワガママ言わないでくれ」


暁「嫌よ!!受け入れない、私は受け入れない!!」バタン


提督「…。痛いな」




秘書艦替え


赤城「それで、提督。喧嘩別れですか?」


提督「いや別れてないだろ…。そもそも付き合ってすらいない」


赤城「まぁ、それもそうですね。私なんて今朝加賀さんに思いっきり無視されてましたからね」


提督「加賀がか?想像出来んな…」


赤城「想像しやすい、と言いますか提督絡みですとよくあることですよ」


提督「? そうなのか?」


赤城「そうなんです。少しは周りにも気を配ってください」


提督「配ってるつもりなんだけどなぁ」


赤城「本当に配ってるなら加賀さんはあんなことになりません…」


提督「一体何があったんだ…」


赤城「そのうちここに来そうな勢いでしたよ」


提督「あー、暁も来そうだな…」


赤城「その時は予定通りにしてればいいんですね」


提督「あぁ、その時は頼む」


赤城「ちょっと緊張します…」


提督「大丈夫だ。フォローはする」


赤城「少し、楽しみでも有るんですけど…」ボソッ


提督「?」


赤城「なんでもありません。さて仕事に取り掛かりましょう」


このSSへの評価

このSSへの応援

2件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-07-10 01:05:49

SS好きの名無しさんから
2018-06-14 02:40:31

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください