2018-04-13 00:45:18 更新

概要

なんか雑な回になってしまった(すみません許してくださいなんでもしますから!)


前書き

金剛型が出るけど紹介が雑になりました、これが雑なところです。すみません



第5話「打ち解けその2」


提督「.....」オキル


提督「なんか最近開幕起きることが多いな...」


提督「まあいいか」


提督「時間は...ちょうど晩飯の時間だな」


提督「あ、龍田たちのところ寄るか」


提督「あー、となりにいるボーグは置いてくか」


提督「よし医務室に行くか」


医務室〜


提督「龍田ー天龍ー大丈夫かー?」


天龍「おーう」ナンカタベテル


龍田「ええ〜」ナンカタベテル


提督「お、もう飯食べてんのか」


天龍「さっき鳳翔が持ってきた」


提督「レーションを?」


龍田「ええ〜」


提督「なんでレーションなんだ...」


天龍「うまいしいいだろ」


提督「そ、そうか?」


龍田「ええ〜バリエーション豊かでいいわよ〜?」


提督「ならいいんだが」


提督「(絶対、鳳翔手作りの方がうまいだろ....まさかの手抜きか?)」


提督「まあいいや」


天龍「?」


提督「でだ」


提督「お前らとは打ち解けたとゆうことでいいのか?」


龍田「ええ〜もう言うことありませんわ〜」


天龍「ああ」


提督「そうかそれなら良かったよ」


提督「だけどな、駆逐艦たちを大事にするのもいいけど自分のことも大事にしろよ?」


龍田「ありがとうねー提督〜」


天龍「ああそうするよ」


提督「じゃあなー」


ガチャ、バタン


龍田「....いい人ね〜」


天龍「そうだな」


医務室前〜


提督「よし仲良くなれたぁ 良かったよ」


提督「次はどこ行こうかなー」


提督「よし行ったことないし工廠に行くか」


工廠前〜


提督「ちわ〜提督でーす 様子見に来ましたー」


明石「あっ提督!はじめまして明石です」


夕張「夕張だよー」


提督「で?休めてる?」


明石「はい!休みくれたので休めてます」


夕張「何気に初めての休みだよね」


明石「そうだよね」


提督「なら良かったよ」


明石「で?要件は?」


提督「様子見に来ただけだよ」


明石「そうなんですか?」


提督「そうなの」


夕張「ふーん?じゃあさお茶してく?」


提督「お言葉に甘えてようかな?」


明石「わかりました、準備してきます」


夕張「よろしくー」


提督「誘っといて、自分では入れないのか...」


夕張「お茶入れるのは明石の方がうまいしね」


提督「それは楽しみだ」


提督「そういえばさ」


夕張「ん?」


提督「ここさ、戦艦居ないよね、駆逐艦も揃ってないし」


夕張「あー前任の運が悪かっただけだよ」


提督「どんだけ悪いんですかねぇ...(困惑)」


夕張「建造してみる?」


提督「よしきた!お茶飲むから 金剛狙うか」


夕張「理由が雑いなー」


提督「とりあえず資材は、適当で、4スロット分だ」


夕張「おっけー」


建造開始〜


提督「バーナー使おう」バーナーカマエ


夕張「ちょっ!?人には使えないよ!?」


提督「ヒャッハー!汚物は消毒だぜー!」ゴオオオオオ


提督「楽しいなー!これ!」


夕張「なんで使えてんの!?」


建造できました!〜


提督「よーし誰かな〜」


夕張「もういいや(現実逃避)」


金剛型4隻着任〜


夕張「綺麗にそろった!?」アゼン


提督「自分でもびっくり」アゼン


金剛「あなたが提督デスカー?」


比叡「比叡でーす」


榛名「は、榛名です...」


霧島「霧島です」


提督「あ、ああ よろしく」


夕張「ま、まあ戦艦でましたね」


提督「一発で揃うとは思わなかった...」


明石「お茶入りましたーって、どうしたんですか?その人たち」


提督「明石、お茶四つ追加だ」


明石「わ、わかりました」


金剛「お茶デスカー?私も手伝いマース」


提督「いや、悪いよ」


金剛「入れるのは大好きデース だから大丈夫デース」


提督「そ、そうなのか?」


榛名「任せた方がいいですよ?」


提督「そ、そうか」


お茶が入って〜


提督「改めてよろしく提督だ」


金剛「金剛デース」


比叡「よろしくー」


榛名「よ、よろしくお願いします」


霧島「ええ、よろしく頼むわ」


提督「よし、じゃ お茶飲もうぜ〜」


明石「紅茶ですけどね」


金剛「紅茶が一番デース」


ゴクッ


「「うまい(美味しい)(デース)」」


提督「うまかった」


金剛「ありがとデース」


明石「自信はありますから」


提督「とりあえず金剛たち これからよろしくな」


金剛たち「はい!」


提督「寮なんだかな、近々リフォームするからボロいのは我慢してくれ」


金剛たち「大丈夫です(デース)」


提督「じゃそろそろ晩飯たべにいくよ」


明石「わかりました」


夕張「じゃあねー」


金剛「また後デー」


食堂〜


提督「いやまさか金剛型揃うとは思わなかったよ」


赤城「戦艦やりましたね!」


提督「ああ」


提督「でだ なんでトン単位であったレーションないのかな?」


赤城「みんなで食べました!」


提督「俺の分は?」


いっちゃん「ないですよ」


提督「急に現れるなよ」


加賀「私も居ますよ」


セカンド「俺もねー」


提督「まあいいや ちょっと食えないくらい」


赤城「また注文してください!」キラキラ


提督「分かってるって」


提督「待ってろ...」プルル


提督「あ、もしもし?、レーション頼みたいんだけど」


提督「そう またよろしくー」ピッ


提督「よしいいぞ」


赤城「ありがとうございます!」


加賀「流石に気分が高揚します」


いっちゃん「レーションでもあれはうまいよね」


セカンド「そうだねー」


鳳翔「私もちょっと楽できていいです」


提督「いきなりだなー」


提督「まあいい で、これからなんだかな?」


加賀「どうするんですか」


提督「宿舎をなリフォームをし始めたいと思う」


赤城「あーやっとですか」


いっちゃん「そろそろ始めた方がいいよね」


提督「とゆうことでリフォーム始める前に仮設住宅建てなきゃ」


セカンド「もうたってるよー」


提督「お、まじで?じゃあ 引越しの準備させよう」


提督「加賀、赤城みんなに伝えといて」


加賀「わかりました」


赤城「はい!」


ゴト


?「青葉、聞いちゃいました!」


提督「なんか、てできたな」


いっちゃん「天井裏から出てきましたね」


セカンド「こんにちわー」


青葉「改築するって本当ですか!?」


提督「お、おう」


青葉「これはニュースです!」タチサル


提督「もう居なくなったよ」


いっちゃん「嵐のような人でしたね」


セカンド「また会えるといいねー」


加賀「なんで皆さんそんな冷静何ですか...」


赤城「本当....にね」


提督「慣れてるからね」


加賀「慣れの問題ですか...」


いっちゃん「そうだよ(便乗)」


提督「何に便乗してるんだ...」


提督「そんな事より早く引っ越し済ませよう」


提督「多分青葉が伝えてるだろ」


加賀「私いらなかった...」


提督「一応確認してきてよ」


加賀「わかりました...」


仮設住宅〜


提督「みんな引っ越し速スギィ」


いっちゃん「まあ、多少は...ね?」


セカンド「まあいいでしょー」


提督「だな」


提督「あっレーション届いたな」ウエミル


加賀「ああ..またオスプレイきた...」


バラバラバラバラバラバラ(オスプレイの音)


サッチャー「今回は俺が届けにきた」


提督「おー番外編以来だなー」


加賀「番外編...?」


いっちゃん「気にしたら負け」


加賀「そ、そうですか」


サッチャー「そうそうこいつも連れてきた」グイ


元提督「んー!んー!」ジタバタ


提督「おいおい...ガムテープぐらい剥がしてやれよ...」ビリリリ


元提督「いってえ!」


提督「そういえば元提督って長いし元でいいよな」


元「変わるのはや!」


提督「とゆうか何で連れてきたし」


サッチャー「そろそろ必要かと」


提督「ちょっとはやくね?」


提督「あ、加賀こいつ好きなようにしてなよ」


加賀「いいんですか?」


提督「まだ使わないし」


加賀「じゃ存分に殴らせていただきます」


元「ちょっr」


しばらくして〜


加賀「やりました」


元「」チーン


提督「ん?一人でやった傷じゃ、ないな」


加賀「途中、青葉さんも来て、重巡の皆さんでやりました」


提督「おお、ひどいなーころすなよ?」


提督「しんじゃったら困る」


加賀「そうなの?」


提督「実験台にちょうどいいんだよ」


加賀「なかなか酷い..」


提督「まあこのスプレーかければ治るだろ」


いっちゃん「そ、それは失敗作のやつじゃないですか」


加賀「失敗作?」


提督「そうだよ?なんで失敗作かとゆうとな?」


提督「加賀ちょっと手だぜ」


加賀「?」スッ


シュー(スプレーの音)


加賀「いっだ!???!?」


提督「怪我が治るけど激痛なんだよねー」


加賀「私にかけないで言えばいいじゃない!!」


提督「おお、すまんな」


提督「まあ?こいつを元にかけよう」


シュー


元「いっだ!?いでででででででで!?ああああああああああああ!?かがかががががががががが!?」ジタバタ


提督「ぎゃはははははは!おもしれぇ!!」


いっちゃん「これはなかなかなネタになりますね」


セカンド「うーん面白いねー」クスクス


加賀「この人たち怖い!」


加賀「まあ別に元が、どうなろうと知らないけど」


加賀「提督?」


提督「なんだ?」


加賀「多分これからは軽巡、重巡と仲良くできるわよ?」


提督「まじで」


加賀「ええ、流石にあなたがいい人ってわかったらしいわ」


提督「やったぜ」


加賀「よかったわね」


提督「まあまずは顔会わせないとな」


提督「ってことで着任式?みたいなの開くぞ」


加賀「本当に?」


提督「準備は電話一本で できるし」


加賀「すごいわね」


提督「明日開こうそして飲みまくろう」


いっちゃん「いいですね」


サッチャー「酒!」キラキラ


セカンド「紅茶はー?」


提督「大丈夫だ問題ない」


加賀「そういえばリフォームはいつ終わるの?」


提督「3日後には」


加賀「はやくない!?」


提督「我が社の建築班をなめるな?」


加賀「すごい...」


提督「あ、そうそう いっちゃんとサッチャーはここの工廠に配属な」


提督「言うならば鎮守府、研究開発班に配属だ」


いっちゃん「わかりました」


サッチャー「好きな研究ができるな」


提督「工廠にいる、明石と夕張は休みだからまだ稼働はしないけどな」


いっちゃん「じゃあれですね 自分の寮工廠近くにしないと」


サッチャー「俺もだな」


提督「手配済みだ安心しろ」


加賀「手際いいわね」


提督「これくらいがいいんだよ」


いっちゃん「そういえば元、どうするんですか?」


元「」チーン


提督「ああ?ソイツ?」


提督「この部屋に入れて、置いとく 飯は食わせる」


加賀「この部屋の名前...ストレス発散場って...いいわね!」


提督「だろ?」


いっちゃん「死なない程度にしてって言わないと」


セカンド「たまに利用しよー」


サッチャー「いいモルモットだな」


提督「あ、そうだ明日のこと青葉に言わなきゃ」


提督「呼べば出てくるだろ」


サッチャー「く、くるのか?」


提督「おーい青葉ー!話があるー !」


青葉「何でしょう?」ヒョイ


サッチャー「本当にきた」


提督「いやー明日なー?カクカクジカジカ」(文って楽だね)


青葉「わかりました!皆さんに伝えます!」タチサル


提督「よし!これでいいだろう」


加賀「そうね」


提督「まあ、明日に備えてこれで解散だな」


セカンド「丁度いいやー俺眠いから寝てくるー」タチサル


いっちゃん「じゃあ自分明石さんと夕張さんに挨拶してきます」タチサル


サッチャー「お、俺も行っとこ」ツイテク


加賀「私はおやつ食べてきます」タチサル


提督「俺は...どうしよっかな?」


ボーグ「私の相手♪」ガシ


提督「!?」


提督「あっああぁあぁああぁあ!!」ズルズル


提督はーナニかされましたー(見てた青葉談)


絞られたんですねわかります(作者)


続く


後書き

提督はナニされたんだろ....
元の扱いは雑、はっきりわかんだね
軽巡、重巡と仲良くなるまでが雑スギィ!(まあそうしないと次の話書けないからねしょうがないね)


このSSへの評価

2件評価されています


2018-04-13 20:40:00

SS好きの名無しさんから
2018-04-13 17:37:23

このSSへの応援

2件応援されています


2018-04-13 20:39:59

SS好きの名無しさんから
2018-04-13 17:37:24

このSSへのコメント

3件コメントされています

1: 通りすがりのヒトラーさん 2018-04-13 20:59:31 ID: YPDJ0aR_

なるほど。ベルリン送りだ。(待遇

2: スティー 2018-04-13 21:57:55 ID: vTY5i-R1

元提督、シベリア送るなるほど気いいネタだ、ありがとう

3: カイジ 2018-04-14 20:36:14 ID: rD0r1gX8

圧倒的投稿速度・・・!




goだ・・・!


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: 通りすがりのヒトラーさん 2018-04-13 21:00:29 ID: YPDJ0aR_

面白い












されど面白い

2: カイジ 2018-04-14 20:36:36 ID: rD0r1gX8

ざわ・・・

ざわ・・ざわ・・


オススメ度を★で指定してください