2018-04-14 01:09:31 更新

この時間軸はメイドラゴンやひぐらしとは別です。

辰巳と竹谷はある場所へ車を走らせていた。

カーステレオからは英語の楽曲が流れつづけている。

カーステレオ I, I live among the creatures of the night♪~

竹谷 (どうしてこうなったかは私から説明しよう。

日本海付近にて突如発生した、と言われている深海棲艦。

現代の兵器では歯が立たたず、

日本海及び太平洋全域を取られてしまい、

人類は危機に立たされた。

ところが、「艦娘」との名称が着いた少女?達が現れたそうだ。

彼女達は何処からともなく現れ、深海棲艦を殺害していった。

目撃者の話によれば「水平線の向こうからやってきた」と証言している。

謎が多い存在なのだが、そこに目をつけたのは海軍のお偉方だったそうだ。

「衣食住を用意します。だから世界の危機を救ってください」と。

交渉は成功、艦娘は私達人類の仲間になったそうだ。)

竹谷 辰巳。

辰巳 なんだ?

竹谷 俺達が就任するところは大丈夫なのか?

辰巳 大丈夫だろ。

竹谷 (もう一度説明しよう。

艦娘は名の通り娘、つまり女である。

しかしそれを操るのは男、異性である。

俺達が就任するところはいわゆる[ブラック鎮守府]と名の通ったところだった。

大破進軍は序の口、捨て艦、艦娘を性のはけ口として使うのも当たり前だったそうだ

辰巳はそこに侵入し、襲われていた艦娘を助けたそうだ。

後に前任者の悪行はバレ、営舎行き、脱走を謀ったため憲兵により銃殺、だそうだ。

そしてそこに辰巳が提督として選ばれたそうだ。

おかげで俺も何故か出世だ。

だが、そこの艦娘は「提督」が嫌いだそうだ。

今まで2,3人が視察に行ったが追い返されたそうだ。

だから大本営からの通達が届いている。

今から読み上げよう。

[辰巳氏、竹谷氏エ告グ、単冠湾鎮守府ヘノ就任ニハ武装シテ行クベシ。

自ラノ身ハ自ラデ守ルベシ。]

けったいなもんや。)

辰巳 着いたぞ。

竹谷 うわぁ・・・汚っ。

??? 動くな!

竹谷・辰巳 !

??? そこまでだ! 俺達の住居には入れないぜ! とっとと失せな。

竹谷 話を聞いてもらいたい。俺達はここに就任してきた提督だ。

??? なおさら通せねぇ。

辰巳 お前は誰だ?

??? 天龍型軽巡洋艦 天龍だ。

竹谷 とおしてくれんか?

天龍 無理だ!

辰巳 天龍さんや、あっちむいてみ。

天龍 何があるんだ?

辰巳 今や!!

天龍 っ!!!

辰巳は天龍の首に手刀を入れる。

天龍はそのまま崩れ落ちてしまった。

竹谷 ・・・担いで行けよ。

辰巳 めんどくせ。

二人は扉に手をかける・・・が開かない。

竹谷 ちょっとまっとれ。

(私は針金とドライバーを取りだし、鍵穴をほじくる。

30秒くらい経っただろうか。

ガコン、と鈍い音がして、扉が開いた。)

竹谷 ビンゴ、か。

辰巳 いこか。


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください