2018-05-17 23:20:46 更新

前書き

単発かな?続くかは気分次第です。


天龍「呼んどいて居ねえじゃねえか!」


提督が執務室に来るよういってきたのだが肝心の提督が居ない。全く何処いきやがったんだ?


???「・・・」肩ポンポン


天龍「ん?だr」プニ


提督「www引っ掛かった~wwwwww」


天龍「野郎ぶっ殺してやらぁぁぁぁぁ!」


提督「わ~逃げろ~」


天龍「うわ速え!?」


提督「天龍おっそーい!」


天龍「ふざけやがってえええ!」


・・・数分後


龍田「あら~・・・提督~?これはどういう事かしら~?」


提督「すみませんでした」ドケザ


天龍「おおー・・・流石に提督も龍田には頭があがらないんだな~・・・」


龍田「こう言うことをするときは私も混ぜてくださいよ~!」


提督「アハハハハハ~・・・」


天龍「!?!?」


       ~数日後~


提督「提督と~!」


天龍「天龍の~!」


提督&天龍「ブインラジオ~!」


提督「・・・何かな~・・・」


天龍「どうした?」


提督「対馬も来て、この鎮守府も賑やかになったなと。そう思ってたんだがこんな意見が届いた。」


天龍「何だ?」


提督「ペンネーム最近出番無いビッグ7さんから。対馬さんが来て賑やかになりましたが、駆逐艦達が口を揃えて犬を飼いたいと言っています。どうすれば良いですか?」


天龍「そうだな~。」


提督「まだ続きがあったわ。もうちょい出撃の出番をください。駆逐艦と一緒に出撃したいです・・・はい。憲兵に引き渡し決定でーす。」


\どーもナガト=サン。憲兵デス。/ \アイエエエエエ!?憲兵=サン!?憲兵=サンなんで!?/ \問答無用!イヤーッ!/ \ンァーッ!サヨナラ!


天龍「何処からか悲鳴が聞こえた気が・・・」


提督「幻聴だろ。」


天龍「いやどう考えても長t「君のような艦の良い軽巡は嫌いだよ。」


提督「まぁ良いか。確かに駆逐艦の子達が犬を飼いたいと言っていたな・・・」


夕立「ぽい!」


提督「・・・」


夕立「ぽい?」


提督「いや違うな。」


夕立「?」


提督「・・・そうだ!」


天龍「な、何だよ?凄い笑顔で何か箱持ってきたけど・・・ちょ!?何犬耳着けようとしてんだ!待て!せめてなんか言え!待て待て待て待て!」


        ~数分後~


提督「OK!」キラキラ


天龍「も・・・もうお嫁にいけない・・・」E犬耳、犬尻尾


提督「そんなこと言ってると俺が天龍の事お嫁に貰うぞ?」


天龍「な!?/////」


提督「何つって」


天龍「・・・」


天龍「てかこれ早く外せよ!」


提督「天龍、お手。」


天龍「!」お手


提督「・・・」


天龍「ちっ!違げえよ!?」


提督「ん~?何言ってんの?俺まだ何も言ってないよ~?」


天龍「ウガァァァァァ!」


提督「わ~天龍犬が怒った~」


天龍「待てやゴラァァァ!」


このSSへの評価

1件評価されています


sudati-ponzuさんから
2018-05-19 21:30:55

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください