2018-06-11 20:23:51 更新

概要

初投稿です。
不定期投稿、拙い文章ですがよろしくお願いします。
誤字脱字にはこっそりコメント欄で書いていただけると幸いです。


前書き

男は無能だった。
轟沈させた艦娘は6隻。
艦娘からの信頼は当然無に等しく、男への陰口は日常となっていた。
慢心、怠慢、詰めの甘さ、数えきれないほどの欠点それを男はあわせ持っていた。
更に艦娘からの印象を悪くさせたのはブラック鎮守府と呼ばれてもなにもおかしくない体制を築き、罵倒を繰り返していたことだ。


その日、俺はおもむろにパソコンを開いた。そして、D○Mのロゴの元に艦これを起動した。その日の俺は上機嫌だった。艦娘をあと少しで改二のレベルに達成させられるからだ。しかし、俺は画面上でスタートボタンを押した瞬間に意識を虚構へと押しやられた。


瞼を開ける。


目の前には見慣れない机とその上に積み重なっている見たこともない書類の束があった。

俺は余りにも突然のことだったため驚くに驚けなかった。

徐に自分の服を見てみると太陽に照らされ、白く光るどっしりとした布に、輝く金色のボタンがついているいわば制服を着ていた。服に疎い自分でもよい生地を使っているとわからせるほど着心地が良かった。

しかし、その温もりとは裏腹に俺の背中は冷や汗でびっしょりと濡れていた。


俺は理解した。

否、理解してしまった。

ここはいわば鎮守府と呼ばれる施設で俺は艦娘を付き従えている提督であると第五感、第六感をも使いその事実を体全身が強要してくるのが分かった。そして、俺が艦娘に行った余りにも酷い仕打ちが瞬時にフラッシュバックし悔いざるを得ないほどの罪悪感に襲われた。そして、それを理解してしまった時には俺の体は既に恐怖で体全体から汗が噴き出していた。


どうしてそこまで心と体が理解をすんなり受け入れてしまったのかは分からない。しかし、何か強い力が自分に関与したことは体が確信していた。


そして、俺は少しずつ先回りした脳と体へ感情を追いつかせた。思わず声に出てしまう。


提督 「理解は出来てる。でもあえて言わせて貰う。


               えええええええええええええええええええ!



いや、あり得ないだろどう考えても非現実的すぎる。絶対に夢だ、夢に違いない!いや、しかし!いや~...

てかこのままだと俺ワケわからない状態で殺されるとまでは言わないが絶対に仕返しをされるんじゃ...」


俺は感情をある程度抑え、しかし溢れてくる言葉を最低限に口から吐き出した。


提督「俺、死ぬのかな...

いや、しかし俺の制服や周りの状態を見る限り特に変な痕跡があるわけでは無さそうだし今までは大丈夫だったのだろうな ...今までは...」


俺はなんとなく、なんとなくだが俺が"外"からやって来たことは絶対に艦娘に知られてはいけないと感じた。

まだ状況を漠然としか理解できていない俺に一番聞きたくない音が、ドアをノックする音がした。



俺は咄嗟に返事をしようとした口を両手で抑えた。

よく考えろ...、俺はまだこの世界の提督について知らない。ここの提督は人格があるのかないのかすら分からない今迂闊に返答もできないのではないだろうか。


するとドア越しから声が聞こえた。


? 「提督~、いらっしゃらないんですか~?」


しめた!どうやらここでは返事をするようだ!

...って、俺は何でこんな当たり前のことに喜んでいるんだ...。

と、とりあえず提督らしい口調で返事をするべきだろうか...いや、するべきだろう...。


提督 「い、いるぞ。入ってくれ。」


ガチャリという普段なら心地よいといえるほどのドアノブの音は俺へ地獄への扉が誘っているのではないかと感じさせた。


?「では、失礼します。って司令官どうなされたんですか?」


目の前には腰まで伸びた赤紫色の髪をし、少し磯の香りのする小学生後半くらいの少女が少々困惑した表情を浮かべてドアから半身出していた。


俺はなぜ少女が困惑した表情を浮かべていたのか最初は理解できなかったが自分の額や頬、脇、背中を伝わる冷えきった汗を感じ、納得した。上官が全身汗まみれになっていたら誰だって驚くだろう。しかも冷房の効いた部屋でだから尚更である。


う~む、まずいな...最初から不審に思われてしまっているぞ...いや、ここからなんとか巻き返す!きっと艦娘達は俺のことは微塵も好いていないだろう。さっきのフラッシュバックで確信した。だから俺が自分自身の体調を偽ろうがなにしようが執務に影響がなければ言及してこないはずだ。それなら!


提督「い、いや、何でもない。

それより、なにか用があって来たんじゃ

ないのか?」


?「えっ、そうですか...了解しました。遠征結果についての報告書をお届けに参りました。」


提督「うむ、ご苦労。では、補給後艦娘寮へ帰っていいぞ。」


?「え?よろしいのですか。まだ午後4時ですが...。」


提督「ん?...あっ...そうだな...。」


やっべええええまたやらかしたあああ。

よく思い出してみろ俺は遠征が帰ってきしだい補給して再出撃させてただろう...まずいな...いつもと違うことは絶対にしてはいけないってのになにしてるんだ俺は...クソッ...

いや、落ち着け...ここでさっきの命令は無しだと言えば更に怪しまれる。何とかしてやり過ごさなければ...まずい!


提督「う、うむ...。まあ多少は休息も必要だと思ってな...。しかしこれ以上は、俺の機嫌 が変わらない内に帰るべきだと思うぞ。」


とりあえず、いまは普段通り、つまりこの艦娘の言動から察するにブラック提督として接するべきだ...。多少言葉尻に語気を強めても怪しまれまい...。とにかく今はこれ以上艦娘と関わりたくはない。ボロが更に出てしまう。


するとその少女は不安そうな顔をしてドアノブに手をかけこう言った。


?「はあ、了解しました。では失礼します。」



パタンという音を最小限にした木のドアに俺はまるでたちの悪い不良から解放されたかのような安心感を感じた。


ふぅ...


いや~しかし


カワ、コエエエエ


いざ目の前で見るとその容姿には惹かれるが今までの自分の言動を考えれば返答しだいで俺の命に関わるやもしれない相手なのだ。

油断はできない。

というか今は午後4時か...どうやら元の世界での時間軸とは同じようだな。

てかさっきの艦娘って如月...だよな。

俺の遠征部隊の旗艦そのままだ。

ということはまだ情報は圧倒的に足りないがさっきの如月の反応を見る限り俺の艦隊ということで間違いはないようだな。

さてどうしたものか...。

一番大切なのは俺が元の世界に帰れるかだ。

どうにかしなければな...どうにか。

しかし、動こうにも情報が足りなさすぎる。

今の最善の策は迂闊に動かずに様子見と情報収集に全力を注ぎつつ、普段通りに動くことだ。

っていってもまだこの世界の俺のイメージがはっきりしないからどうしようもないな...。


一体俺はどんなやつなんだろうな...。


てか今は目の前の書類の束を片付けなければな...。


うわぁ...なんだこれは...。



カタカナと漢字が混ざっててめちゃくちゃ読みづらい...。めんどくせぇ...。

しかし作業効率を落としたらそれはそれで不審に思われかねないし、こちとら命かかってるんだしやるしかねえよな...。

はぁ...。


書類に手をつけ初めてから15分程度だろうか...。俺はある異変に気がついた。どう考えても書類を捌くスピードが少しずつだが速くなっているのだ。確かに人は何事にも慣れるだろうが。たった15分で読むのも困難だった書類を、読みこみ捌く時間が短縮できるだろうか。否、明らかに適応しすぎている。

そう冷静に、しかし動揺しながら書類を片手に考えているとまたもやあの聞きたくもないドアをノックする音が聞こえた。

また、先程出た冷や汗が背中から沸きだすのが嫌でも分かった。

苦虫を噛み潰したような顔で俺は腹をくくり、どうぞと一声かけた。


すると約5秒ほどの間を置いてドアの木と木の擦れる音と同時に青い鉢巻を頭に巻いたサラリーマンのような制服を綺麗に着こなした少女が失礼しますと聞き心地の良い声で喋り、入ってきた。初霜である。


初霜「提督、遠征結果について報告書です。」


提督「うむ、ご苦労。結果は...、大成功か...。良くやった。今日はもう補給後は艦娘寮へ帰っていいぞ。」


初霜「了解しました。如月さんから聞きましたがあえて質問させて頂いても宜しいでしょうか?。」


提督「如月に言った通り...まあ気が変わっただけだ。」


初霜「そうですか... 。ではその気が変わった理由は教えて頂けませんか?」


俺はこの質問の意図が初めは分からなかったが徐々に理解してきた。彼女は俺のようなブラック提督に茶を濁された答えを出されたら普通はそれ以上は暴言を吐かれかねないから問わないはずだ。ならなぜ危険を分かっていながら質問をしたのか。それは、彼女にそうさせるほどの理由が存在し、彼女の性格上使命感により質問を行ったに違いないからだ。恐らく不審に思った如月に相談されたのだろう。


提督「それを君に話す義理が俺にあるのか?いいか、これ以上はもう質問するな。」


初霜「いいえ、それでもどうか教えてください。この初霜、身を滅ぼそうとも答えを聞かせてもらうまではここで待たせていただきます。」


まずいな...。初霜は一度決めればなかなか折れないからな...。怒鳴り散らそうが殴ろうがこの場を離れまい。

ん?しかしなぜ俺はあの時如月に休ませようとしたんだろう...。いや、理由は分かる。ただ信じられないだけか...。俺にほんのすこしの良心が残っていたことを。あの時の俺は無意識の内に補給後再出撃なんて可哀想だと思い、声に出していたんだろう。それか恐怖のあまり相手に媚びうるために言ったかだが。あの時は確かに恐怖はあったが休めと言ったときに若干の心の乱れを感じた。それがこの良心なんだろう。

しかしいざ目の前にしてそう思うとなると俺は本当に救いようがないな...。


俺はそう自分自身の憐れさを噛み締めながら納得した。

ただしかし、それよりかは今は目の前の初霜をどうやって自分の正体を隠し欺き通すかが重要だ...。


どうする............どうする......。なら...クッ...。


提督「そうか...。いやな、なに、簡単なことだ。これからはもう少し遠征のペースを落としても限定海域で資源が枯渇する可能性が無くなることがない程度の量を確保できたからだ...。

それを踏まえお前達の遠征の数を減らしてやろうと思っていたのになぁ。俺の好意を無下にしやがってなぁ、貴様ふざけるなよ。

誰かさんのせいで気が変わっちまったよそんなに遠征したいならお望み通りさせてやるよ。

初春型も総動員してなぁ。ええ?」


初霜「えっ...そ、そんな。あ、あの本当にすみませんでした。提督の好意を踏みにじったのはこの初霜だけです。罰はどうか私にだけ、私にだけお与えください。姉妹艦にだけはどうか、どうか。」


提督「とはいってもなぁ、軍隊は連帯責任だからそうはいかないぜ?貴様は俺の機嫌を損ねたんだからなぁ。罰は与えなくちゃなぁ。」


初霜「どうか罪は私だけに背負わせてください。私は命令とあらば自害しても良い覚悟です。ですからどうか、私にだけ罪を、どうか...。」


初霜は90度に腰を曲げて俺に懇願してきた。やはり仲間を守るということが一番大切な彼女にとって周りを巻き込むのは一番したくないことだろう。しかも自分のせいで姉妹艦に被害が及ぶなら尚更だ。

読みは当たったがどうにも胸の奥が苦しい。こんな経験は初めてだ。これも良心か...。

ん?そうだ...この性格をを利用にすれば!


提督「おい。」


初霜「はい...。」


提督「貴様の自己犠牲の精神と仲間思いの根性は見上げるものがある。

今回は、特別にその心に免じて許してやる。

だが、次はないぞ。 分かったな?」


初霜「は、はい。分かりました。本当にありがとうございます。提督のご好意を、優しさをもう絶対に裏切りません。」


初霜はそう言い顔を上げた。頬には涙、鼻からは鼻水が垂れており顔面びしょ濡れだった。俺はさすがにこれ以上は見てられなかったため、初霜の顔を自分のポケットから出したハンカチで拭った。すると初霜はなにやら驚いた顔で感謝の言葉を言い。失礼しましたと深く頭を下げて部屋を出ていった。


しっかし、またやっちまったな...。どう考えても理由も納得いかないものを言い、姉妹艦へ意識を向けさせることで擬装させたが後々から考えれば頭の切れる初霜のことだ疑問も浮かんでくるはずだろう。しかし、これ以上は質問できないだろうしとりあえずは解決したな...。

はぁ.........心臓に悪い。また背中はびしょびしょになってやがるしこの1時間ちょいで本当に疲れた。

さて、書類整理をするか...。

そう思った途端にまたもやドアをノックする音が聞こえた。俺がどうぞと言うと同時にドアを開けて彼女は入り、今あまり見たくない艦娘3人衆の一人であった。


?「司令官...初霜になにしたのよ...。」


フレンチクルーラーのようにツインテールにまとめた稲穂のような色の髪を持つその少女の名前は満潮。如月、初霜同様に改二の服装を纏っている彼女は悲しそうな顔で話しかけてきた。


提督「別にぃ...。ただ脅かしただけだ。」


満潮「それであんな顔になるわけないでしょ。下らないこといってないでさっさと答えて!」


提督「まあまあそうがっつくな。本当にちょいと奴の姉妹艦をエサに脅しただけだ。」


満潮「なにがちょいとよ...。ふざけるのも大概にしてよ!」


彼女が大声を出した数秒後、帰ったはずの初霜が戻ってきた。


初霜「満潮さん、少し待ってください。悪かったのは私です。ですからどうか提督を攻めないでください。」


満潮「はぁ?どういうことよ。それに何で戻ってきたの?」


初霜「それについては私が後で説明します。

あれだけ大きい声を出せば廊下に響いて気づきますよ。ですから今はここで帰りましょう。」


満潮「はぁ...分かったわよ。今回は初霜に免じてこれ以上は言及しないでおくわ。次また艦娘を泣かせたら地獄の底までついていって絶対に理由を吐かせるから覚悟しててよね。」


おお~艦娘の眼光ってやべえな...。ちょっと漏らしちまった...。だがここで弱気になったらだめだ...。


提督「ち、なにが地獄の底までついていくだ。そこまで俺に執着してくれるとは嬉しいねぇ...。だが俺としては貴様の言動は鬱陶しい限りだ。次また反抗するようだったらもう2度と出撃させないからな。分かったら金輪際俺に口出しするな。」


満潮「な、なによいちいちうるさいわね。うざいのよ!」


提督「ちっ、ガキのお守りはこれだから嫌なんだ。さあ散った散った。」


満潮「くっ。」


初霜「満潮さん、もう帰りましょう?

提督、私のせいでこのような事態になって申し訳ありません。どうかご容赦ください。」


提督「ふん...。俺が今不機嫌なのはお前の後ろのバカのせいだ。ちっ、どうせ満潮は遠征の報告書出すために来たところ初霜を見かけたんだろ...。

ったく...おい満潮、とっとと補給して初霜と帰れ。」


満潮「なっ、あんた「満潮さん!」...ちっ。分かったわよ。帰ればいいんでしょ、帰れば。」


初霜「それでは提督、失礼しました。」


バタン...。そう音がした時には先程までの喧騒はもう無くなっていた。


はぁ...。もう本当に疲れた。駆逐艦の癖に迫力有りすぎだろ。冷や汗待ったなしだったよ畜生。まだ書類も終わってねえのに...。なんでこの1時間半でこんなに濃いんだ。

とりあえず書類やんなきゃなぁ...。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ふぅ~、終わったああああああああ

うわ~疲れた~

いつもこっちの俺はこんな仕事を毎日してたのかよ。すげえな...。しかし、初めてやったのに意外に早くできたな。まあ...こういう書類は今までに何回か見たことあるしな。それに字が綺麗だったから尚更やり易かったんだろう。



しかし...腹が減った。



こっちの世界でも腹は減るもんか。あれからもう3時間も経ってるしそろそろ飯でも食うか。ってん?よくよく考えたら俺ってどこで食えばいいんだ?食堂なんて絶対に行きたくないし、鎮守府の外がどうなってるかなんて知らないし...。なにか資料はないかな...。


俺は徐に机を漁り、鎮守府の図面らしきものを発見した。


ふむ。どうやら2階建てで1階に食堂があって、艦娘寮は2階にもあるのか。執務室から階段で一階に降りて艦娘寮とは反対の方向に 出口...か。まあこれなら注意して進めば艦娘に気付かれずに外に行けるな。その後は、正門まで気付かれずに行くってくらいか。

よし、行くか!腹が減っては戦もできぬしな。

やってやろうじゃねえか!っとその前に正装のままでは街で目立つしな、ドアの近くのクローゼットを漁るか...。


中には茶色のトレンチコートが3着あり俺はその中の1つを選び、制服のを脱ぎ、シャツと黒いズボンを来て上から羽織った。


そして俺は制服のズボンのポケットに入っていた、3万円ほど入っている財布から身分証を取り出して、確認した。


ふむ、どうやら名前も顔も元の世界の俺と一緒か...。あまりどたばたしすぎて気が回らなかったな。まあこれでとりあえず、準備は整ったし、行くか。


俺は緊張しながらドアを開けた。遠征部隊は全員帰ってきたためその心配は無かったが一応周囲を警戒した。そして、足音を立てずに廊下を歩き、階段を下がろうとした時に、下から話し声が聞こえてきた。そしてその声はどんどんと近付いて来ていることが分かった。


?「ねえ如月ちゃん?なんで今日は遠征がもう無くなったの?睦月は如月ちゃんと一緒に休める時間が増えてうれしいな!」


如月「私もよ、睦月ちゃん。司令官が指示したのよ。」


睦月「え?提督が?」


如月「ええ。たまには休息も必要だからって言ってたわ。」


睦月「えええええ!?

あの提督が?おかしいにゃしぃ。絶対裏があるよ!」


如月「そういえば、初霜ちゃんが理由について詳しく聞いてみたら怒られちゃったんだって。」


睦月「ますます怪しいにゃしぃ...。」


う~んこれはまずいな。

俺の出したボロがまるで穴が広がっていくみたいに着々と俺に対する疑惑の念を増加させていっているな。艦娘達のなかで広がると厄介だな。ここは飯を諦めてでも 釘を刺す必要が有りそうだな。


提督「ふ~ん...。睦月はそんなに人の好意を疑うんだな。」


睦月「そりゃあそうにゃしぃ。あの提督が善意で動くことなんて...って提督うううううう!?」


提督「そうかそうか君はそう日々思っていたのだな。」


睦月「そっそんなことな、ないでありますにゃしぃ!」


如月「睦月ちゃん、混ざってるわよ口調。」


睦月「あわわわ。て、提督、ごめんなさい。すみませんでした。」


提督「ちっ、まあ貴様が俺のことをどう思うかどうかは自由だから謝るもなにもない。

だから俺は貴様にはなにもしない、安心しろ。」


睦月「て、提督がまともなこといってるにゃしい。いつもなら感情論でガミガミ言ってくるのに...。」


提督「あ?お望みならそうしてもいいがどうする?ん?今から3時間くらい説教でもするか?ん?」


睦月「ご、ごめんなさいにゃしぃいいいい!」


そう言うと睦月は走り去っていった。


提督「ちっ、廊下は走るな!」


睦月「はあああああい!」


提督「まったく、あいつのバカさは改二になっても治らんか。馬鹿は死んでも治らないとはよく言ったもんんだ。

ん?如月、睦月の後は追わないのか?」


如月「え?追いますけどその前に...。

司令官はどこか行くのですか?」


提督「まあな。街にちょっとな。」


如月「へえ、珍しいですね。」


提督「今日は気が変わっただけだ。それより、俺なんかと話していてもつまらんだろ、さあ散った散った。」


如月「でも司令官?外出には艦娘が最低1隻同行しなければなりませんよ?誰を選ぶのですか?」



な、なにいいいいいいいいいいいいいいい!?

お、俺の計画が...。考えてみたらそりゃそうか...。だって軍の重要人物を一人で行かせるわけないもんな。まずいな...。どうするか...。


提督「ああそうだったな。あまり外出していなかったから忘れていた。ありがとう。まあぼちぼち考えるさ。」


如月「でもこの時間帯だとみんな食堂で食事してますよ?そこで、なんですけど...この如月を選びませんか?」


提督「はあ?なぜそうなる。普通誰かに押し付けないか?俺との食事なんて...。

まあ俺はそれでも構わないが睦月はどうするんだ?」


如月「一緒に来てもらいます。

それに今日の司令官はなんだか別人みたいに優しいですから。」


あああああああ気づかれてるうううううう!?

嘘だろぉ、おい!クソッあれだけ演技してもこれかよぉ、畜生!ま、まあ落ち着け。まだバレたと決まったわけではない。慎重になれ...。


提督「ふ、ふん。俺は俺だ。」


如月「あれぇ?もしかしてぇ、動揺してます?司令官は照れ屋さんですね?」


提督「う、うるさい!あまり調子に乗るな 。

行くなら早く睦月を連れてこい!俺は正門で待ってるからな。早くしろよ。」


如月「はぁい。じゃあ司令官逃げないで待っててね。」


逃げたいよこんな所からはな!なんだかことごとく心を読まれているような気がするが気のせいだろう。ソウニチガイナイ。

てかなんかいきなりタメ口になってない!?


提督「誰が逃げるか!

口を動かすよりまず足を動かせ!」


俺はそう叫び出口へと体を反転させ、歩いた。

歩いている途中であることを思った。


あれ、なんか如月がゲーム内での素を若干見せてないか?う~ん、普通嫌いな相手に素なんか見せないはずだしな...。

もしかして、なんか好感度が上がってないか?

まあたぶんあれだな。偶然不良が子猫を拾ったのを見てしまった時みたいなやつだなきっと。

はぁ...もう少しわがままな振る舞いの方がいいのか?分からん...。


気が付くともう正門前まで来ていた。

5、6分程度歩いただろうか、そこで少し立っていると後方から声を掛けられた。


?「司令官?お出掛けですか?」


そこには黒い髪をそのまま下ろした小学生後半か中学生くらいの少女が敬礼してたっていた。もう午後8時のため暗くてあまり顔が見えにくいが朝潮であると推測される。


ってかなんか駆逐艦にしかあってない気がするんだが!?まあ...たまたまか。


提督「ああ。朝潮は...門番か?」


朝潮「はい。司令官は誰と行くのですか?」


提督「如月と睦月とだが?」


朝潮「そうですか。では門限は12時なのでそれまでには帰ってきてください。」


提督「分かった。ありがとう。真面目に仕事しているようだし土産でも買ってきてやろう。どれ、なにが欲しい?言ってみろ。」


朝潮「えっ、そんなの朝潮には勿体無いです。それに他の艦娘達に申し訳ないですし。」


提督「まあそう言うな。提督命令だ、言え。」


朝潮「で、ではその、あの...ケ、ケーキをお願いできないでしょうか?」


提督「おう、いいとも。「しれいかーん?」

...じゃあ頑張れよ。」


朝潮「はい。このご恩はこの朝潮、一生忘れません。」


提督「それは貰ったときに言え。

如月!遅いぞ。

睦月もぶうたれた顔をするな!」


睦月「なんで睦月も行くことになったにゃしい...。」


如月「あら、でもさっきまでは私と一緒に居たいって言ってたでしょう?」


睦月「それは如月ちゃんとだけ居るときの話にゃしい...。」


提督「なんだ?俺は邪魔だとでも言うのか?

さっきから散々言ってくれるじゃないか。

ええ?」


睦月「う、口は災いの元なのね...。少し静かにしておくにゃしぃ。」


提督「うむ、お前はその方がいいだろうな。

まったく、喋らなければ絵にもなるというのにお前は...。」


睦月、如月「え?」


提督「ん?あっ...。い、今のは忘れろ。

ふ、ふん!とっとと行くぞ。」



もうやだ...。さっきの朝潮にもなんか優しくしてしまったし、今は本音が漏れたし。盛大にやらかしまくっている。どうしよう...。ま、まだだまだ諦めないぞ。なんとしても隠し通してやる。



如月「良かったわね睦月ちゃん?」


睦月「今日の司令官はなんだか本当に変にゃしい。」


提督「なにか言ったかぁ?」


睦月「な、なんでもないです。」


そして俺達は夜の街へと歩いていった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あれ~おかしいな~なんか南国に居るみたいだぞ~。なんかヤシの木も生えてるし5月だって言うのにじめじめしてクソ暑いしここってもしかして...あああああああああ忘れてたあああ!?

俺の鎮守府のサーバーってリンガ泊地じゃねえか!どうすんだよおい!しかもど田舎とかいうレベルを越えてるし、娯楽施設やレストランってたしかシンガポールにくらいにしか無かったよな...。だから朝潮はわざわざ門限まで教えてくれたのか。


提督「なあ?そういえばシンガポールまで行くのにどれくらい掛かるんだ?」


如月「えっと確か往復2時間は掛かるわよ。」


提督「そ、そうか。」


やはりそれくらいは掛かるか...。てかやっぱりタメ口は聞き間違いではなかったのか...。大丈夫かな...これ...。まあ如月や睦月に関しては遠征くらいでしか関わってなかったから一応まだ関わろうと思えば関われるくらいいいほうなのかな?う~ん、分からん...。



提督「やっぱり結構掛かるもんだな~。

なあ、そういえば艤装着けて最大戦速で行くとどれくらいの時間で行けるんだ?」


如月「そうね~、私達なら往復1時間30分程度ね。」


提督「ちっ、速度が取り柄の駆逐艦と言えどもそのくらいか...。」


睦月「なっ、30分も短縮できるのはすごい方にゃしい!」


如月「そうよ司令官、なんなら私がおんぶして行きましょう?うふふ!」


提督「あ~あ、島風連れてきた方が良かったかもなぁ。」


睦月「そんなに言うなら体で分かってもらうしかないにゃしぃ!」


提督「は?お前はどういう意味だ?っておい何をする!?」


ガシッと俺は睦月にホールドされかと思いきや艤装展開を一瞬で済ました如月の背中におぶられ、如月が最大戦速で海上を走り始めた。


は、はやいいいいいいいいいいいいいいいいい

か、顔が歯茎が風でめくれるめくれるうううう

うそやろ、なんでこんな早いんだよ!てかなんかボイラーがケツにあたってめちゃくちゃ熱い!


如月「さあ司令官、いっくわよ~!」


睦月「にひひ、提督、赤ちゃんみたい!いつもの姿とは思えないにゃしぃ!」


こ、こいつ的確に俺の嫌なところを言ってきやがる!


提督「ちょ、調子に乗るなああああああ!」


如月「ちょ、ちょっと司令官暴れないで!落ちちゃうわよ!」


提督「知るかああああ!うわっ、落ちる!」


すんでのところでギリギリ落ちずにすんだ。


如月「ほら、言わんこっちゃないわ!

ちゃんと捕まっててね司令官ちゃん?」


提督「き、貴様ああああああああああああ!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


地獄の航行から約30分、ようやく島が見えてきた。浜辺に着き、コンガリ焼けた(白目)の尻を背負われていた艤装からどかし、よろよろと立った。幸い、暗い色のズボンのためあまり目立たなかった。浜辺からでも人の声が聞こえてくるため、何やら賑わっているようだ。


提督「やっと...着いた。」


如月「司令官、乗り心地はどうだった?」


提督「最悪だったよ。」


如月「あら残念。でも帰る頃には鎮守府行きの船の便はもうないわよ?」


提督「」


睦月「あはは、提督の顔面白いにゃしい!」


提督「貴様は本当に口が減らないな。」


睦月「にゃしいいいいいいいいいい!」


俺は睦月の頭に拳をぐりぐりと押し付けながら灯りと喧騒のある方へと向かった。


提督「おお、明るいな。」


浜辺から森を道に沿って抜けるとそこそこ立派な建物の並ぶ街があった。そこにはシンガポール人と思わしき人と、日本人も結構いた。どうやら混在して生活しているようだ。

俺は早速その中の日本伝統のThe居酒屋な店へと入ろうとした。


だが、その前に...。



提督「睦月、如月、一応確認したいんだがお前達睦月型はあまり国民には有名では無いんだよな?」


如月「まあ、そうね。悔しいけど、広報担当は駆逐艦だと第6駆逐隊が有名で、他はあまり知られてはいないわ。」


提督「ふむ、そうか...。ならばここでは俺は身分を隠したいからお前達は俺の妹という設定で艦娘であることを隠して欲しい。それと、これから俺がやることには一切口出しするな。これは提督命令だ。」


俺がそう言うと二人の顔は急に真面目になり、その切り替えの早さにやはり軍属なのだと実感させられた。


提督「...じゃあ、入るぞ。」


睦月、如月「了解。」


ガラガラっと戸を開けると店員がやって来た。


店員「何名ですか?」


提督「3人です。」


店員「では奥の席にお座りください。」


俺は、言われた席に行き3人で座り、品書きを手に取った。すると横から酔ったオヤジが声を掛けてきた。


オヤジ「おい兄ちゃん、見かけない顔だな。」


よしきた!


俺が街に行こうとした理由は飯の他にももう一つ理由があった。それは、情報収集である。主に自分自身のことを街の人がどう思っているのか知りたかったためわざわざこの街にまで来たのだ。


提督「いえ、最近妹達と引っ越してきたもんでして。」


オヤジ「おう、そうかそうか。ここは良いところだろう?自然は豊かだしべっぴんな現地人もいっぱいいるし二つの意味で最高の眺めだ!

ガハハ!」


提督「ハハ、そうですねここに来る途中も綺麗な海と人をたくさん見てきました。良いところですねここは本当に。」


オヤジ「そうだろう、そうだろう。それで、そこの嬢ちゃん達はさっき言ってた妹さんかい?これまたべっぴんさんだ。」


如月「あらあら、誉めても何も出ませんよ、

うふふ。」


提督「妹の幸子と美智子です。実は東京から来たもんでしてここのことを全然知らないのですが教えてもらえませんか?」


オヤジ「ああ、いいけどよ、その前に飯は頼まないのか?」


提督「ああ、そうでした。ハハハ、一つのことに集中すると周りが見えないのが僕の悪い癖でして、気を付けます。では、すみませ~ん!」


店員「はーい!ご注文はお決まりですか?」


提督「はい、とりあえずウーロン茶を1つとオレンジジュースを2つ、あと焼き鳥塩6本と健康サラダをお願いします。」


店員「はい、分かりました。では、少々お待ちください。」


オヤジ「で、お前さん何が聞きたいんだ?」


提督「ではまず、ここってどんなところですか?」


オヤジ「そうだなぁ、まあさっき言った綺麗な海と人がいて、日本人も結構住んでて、道も舗装されてて多少は電柱も通ってるから住むのには苦労はしないな。それに、深海なんとかもに海軍さんの基地が近くにあるから滅多に姿は表さないな。」


提督「へえ、結構住みやすいんですね、一応した調べはしたんですがやっぱり現地の人に聞いてみないと分からないので、安心しました。あとその海軍の基地ってどんなところですか?」


オヤジ「あ~あの基地はな、艦隊は強くて頼もしいんだが、艦娘達がかわいそうでかわいそうでなぁ。」


提督「はあ...それはまたなんで?」


オヤジ「いやなあ、どうやらあそこの提督って野郎は人を人とも思わない極悪非道で、艦娘達もそんな奴の元にいるからみんな元気が無さそうでなぁ。そいつは傲慢で意地っ張り、人の意見を聞かずにいつも艦娘に暴言を言ったり、酷いときには殴ってたそうだ。っていってもこれは一部の艦娘達が言ってたことを聞いただけだから本当かは知らないけどよ、もし本当なら人間を守ってくれている艦娘によくもまあそんなことができるもんだと本人に言ってやりたいね。」


如月「ねえ、今のフレーズって睦月ちゃんがいい始めたやつじゃない?」


睦月「ギクッ!そんなのし、知らないにゃしい...。」


そう小声で喋る睦月を睨み付けながらも話を最後まで聞いた。どうやら、ここの世界での俺は元の世界での欠点や傲慢さ、意地悪さを増幅させ、さらに人の言うことは一切聞こうとしないという典型的なクソ上司というか最低野郎らしい。これはますます命の危険度が上がっている気がする。思ったより深刻そうだ。


提督「へ、へ~そうなんですね酷い人もいるもんですね~ましてや艦娘にそんなことするなんて許せないですね。」


店員「お待たせしました、ウーロン茶と俺の出したジュース、焼き鳥塩と健康サラダです。」


提督「あ、どうも。」


俺は渡された焼き鳥を3人で分け、一つ頬張った。


くぅ~旨い!良い鳥だ。

しっかし思ったより厄介なことになってたな.。


オヤジ「でもよぉ、俺達はその提督に生活を守られているということもあるから何もできねえのさ...。悔しいが俺達には艦娘達にせいぜい慰めたりすることしかできねえ。はぁ...。

ああ、暗い話はやめだ!今度はこっちが聞くぜ!」


あっ、やべえこうなるとこっちの情報を話さなくなっちまう。どうにかして、話を合わせなくては...。


オヤジ「どこに住む気なんだ?」


提督「まだ決まってないんですが、ここら辺の空き家を借りるつもりです。」


オヤジ「そうか、兄ちゃん結構見た目に反して行き当たりばったりなんだな。まあ俺はそういうやつは好きだが妹達を泣かせるなよ?」


提督「もちろんです。妹達は俺が守りますから。」


よくもまあこんな台詞を白々しく言えたものだと思った。


オヤジ「そりゃあ頼もしいな。ガハハハハ!」


気がつくと皿は空になっており、更になにか頼もうとしたとき、店のドアが勢いよく開かれたと思ったら40代後半くらいの女が話していたオヤジの目の前に仁王立ちした。


女「ちょっとあんた今日は早くかえって来なさいと言っただろう!それに、若い人にも絡んでたみたいだし、人様に迷惑かけてんじゃいよ!」


オヤジ「お、俺は別に聞かれたことを答えてただけだよ...なあ兄ちゃん?」


提督「えっ、あっ、はい。そうですね。」


女「またそうやってあんたは人に答えさせて!」


オヤジ「そ、そんなわけ、いてて。耳を掴むなって痛い痛い。」


女「うるさい!とっとと帰るわよ!うちの主人がお騒がせしてすみませんでした。では失礼します。さあ、とっとと行くよ!」


オヤジはその女房に連れられ、店を出ていった。


危なかったあああああ!これ以上いるとボロが出かねないからな。ナイス奥さん!


その後、俺は追加の注文をして、腹をいっぱいにしてから店を出た。


提督「ふう~食った食った。旨かったなぁ~あの焼き鳥。」


睦月「お腹いっぱいにゃしい!おいしかった!」


提督「そうかそうか。良かったな。でもさっきのオヤジが言ってたフレーズについては教えてもらうからな?覚悟しとけよ?」


睦月「にゃ、にゃしい...。」


如月「それにしても、司令官やけに上機嫌ね。さっきまで自分の悪口を言われてたのに。」


提督「まあな、元々俺が街ではどう思われていたか知りたかったから若干苛立ちはしたがまあ目的は達成したから良かった。」


如月「あらそうなの?てっきりあんな風に言われてたら司令官なら胸倉つかんでたと思ってたのに。内心ずっとヒヤヒヤしてたのよ?」


提督「ふん、さすがに分別はつく。それに民間人に手を出したら立場も危うくなるからな。」


如月「私達にだってそうしてくれたら良いのに。」


提督「ふん、誰が貴様らみたいな生意気なやつに...。俺はな人間には優しいんだよ、人間にはな...。」


とさすがにこれは言い過ぎたか...。如月達の顔を見るとやはり悲しそうだ。本来ならこのままにすれば良いのだが...クソッ演技は突き通せないか...。


提督「まあ、戦果を上げればその分少しは考えてやっても構わんがな ...。

ふぅ...、じゃあ朝潮への土産でも買うか...。」


すると少しだけ表情が明るくなった ようだ。


睦月「えっ?土産なんて今知ったにゃしぃ。どういうこと、提督?」


提督「うん?ああ言ってなかったか、門番を頑張っている朝潮にケーキを買ってやろうと約束したからな。」


睦月「えええ!そんなの朝潮ちゃんだけずるいよ~!睦月達にも買ってよ~!」


提督「ちっ、うるさいやつめ。まあ財布に余裕があったら買ってやらんこともない。」


睦月「やったぁ!良かったね如月ちゃん!」


如月「そうね。うふふ、司令官、好きよ?」


提督「現金なやつらめ。それと如月、そういうのは気軽に言うな!」


如月「あれ~司令官ってば顔が赤くなってるわよ~!」


提督「ちょっと、酔っただけだ。」


如月「でもさっきはウーロン茶しか飲んでなかったでしょう?司令官の照れ屋さん!」


提督「うるさい!とっとと買いに行くぞ!」


俺は朝潮型全員と睦月型全員にケーキを買って帰った。帰りはさすがに最大戦速だとケーキが原型をとどめかねないため、強速で帰ったため門限ギリギリになり朝潮に注意されたのは言うまでもない。

そして俺は朝潮と如月にケーキを持たせ、部屋に帰ろうとした。


すると...


如月「提督、今日はありがとうございました。」


提督「別にいいさ。たまにはこんな日があってもな 。」


如月「あの、もしよかったら今日のような提督のままでいてくれませんか?」


提督「そうなるかどうかはお前達次第だと言っておこう。まあ心には止めておこう。」


如月「そう...ですか分かりました。」


提督「今日はもう遅いから早く帰れ。まあケーキもあるからすぐ寝ろとは言わんが静かにしてろよ。」


如月「はあい。じゃあおやすみなさい、司令官。」


睦月「おやすみにゃしい!」


提督「ああ。明日に響かないようにな。」


如月「はい。」


そう答えた如月達を俺は見送り、自室と図面に書かれている部屋へと向かい、そこで風呂に入り、床に伏せた。


ふぅ...、今日は本当に濃い1日だった。

というかそもそもここにいることがおかしいから濃いのも当たり前だが、本当に疲れた。もしかしたら明日目が覚めたら、元の世界にいるかもしれないな...。まあ今考えても未来は分からないか...。この世は本当にワケわからないことだらけだ。


そう俺は疲れきった脳を懸命に動かし、適当なことを考えたが結局意識は微睡みの中へと落ちていった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんだ...眩しいな...。


俺は目がつぶれるくらいの真っ白い空間に寝転んでいた。


夢...か...


?「そうです。ここは夢です。」


提督「...誰だ?」


?「私は鎮守府で大きな役目を背負っている者...とでも言っておきます。」


提督「ほう...で、なにが目的だ?なにかあるからわざわざこんな所まで来たんだろう?」


?「結構すんなり状況を受け入れるのですね。少しつまらないです...。」


提督「もうこの世界に来てしまったからにはもう何が来たって驚かんさ...。」


?「では、私の姿を見てもですか?」


提督「ん?」


まさしくポンッという擬音語に丁度ぴったりの音と同時に目の前に小さな手のひらサイズの女(?)の子が仁王立ちで現れた。


提督「お前はっ!?」


現れたのは全提督の敵と言っても過言ではない忌ま忌ましい妖精が不敵に笑っていた。


そう...エラーを呼び込む最悪の猫を手にもつヤツである。


妖精「フフッ、驚きましたね。そうです。私です。」


提督「そ、そうか...。

で...用件はなんだ?」


妖精「もっと良いリアクションは無いんですか!?」


提督「うるさい。とっとと話せ。」


妖精「はあ...連れない提督さんですね。ではお望み通りお話しましょう。

まず、貴方をこの世界に招いたのは私です。」


提督「ふむ、何となくだが分かっていた。こんなことするのは運営と関わっているであろうお前くらいだろうからな...。しかし、どうやって?」


妖精「それは言えません。企業秘密ですから。」


提督「ふざけたことを!」


妖精「ふざけたことを艦娘達へ行ったのはどこの誰ですか?」


提督「くっ...。」


妖精「フフッ、素直な"人"には好感が持てますね。」


提督「貴様に言われても嬉しくはない。」


妖精「そんなに目の敵にしないでくださいよ~。そんなんじゃ教えられる情報も教えられませんよ?」


提督「嘘をつけ。教えないならばわざわざここにまで出向いてこなかっただろう。」


妖精「はぁ...提督さんは冗談が通じないですね。まあ良いです。話のつづきをしましょう。

なぜ私が貴方をここに呼び寄せたか、わかりますよね?」


提督「察しはつく。」


妖精「...実は艦娘達から依頼されたんですよ。」


提督「なにぃっ!?」


なん...だと...。じゃあ俺の演技は意味なかったというのか...。


妖精「まあ、依頼してきたのは高練度の一部の艦娘達だけですから。貴方の茶番は一応意味はありましたよ。」


提督「で、依頼してきたのは誰だ?」


妖精「それもプライバシーの保護のため言えません。まあでも、ヒントとしては今日会った子も含まれますね。」


提督「ほう...では言動からして初霜だな?」


妖精「それはお答えしかねます。」


提督「まあいい。では、多分もうあいつは俺の正体を感ずいているのか?」


妖精「まあ、そうですね。しかし、貴方がここの世界の貴方を知らないようにここの艦娘達も向こうの世界の貴方も知りませんので変わりように驚いたんじゃないですか?」


提督「なに...?」


妖精「だってここの貴方はいつも艦娘達へ暴力を振るってましたし、人格否定をしているような暴言を日々行っていたクズでした。ですから、今日貴方がきつい言い方だと思っていたことはまだまだ序の口でしたし、もし今日ここにいたのがここの世界の貴方だったら初霜さんは顔が腫れて、満潮さんは身体中アザだらけで寮に帰っていたことでしょう。」


提督「なん...だと...。そこまでやっていたのか、俺は?」


妖精「ええ。ですから今の貴方への艦娘達からの評価は最悪です。まあ、好感度はほんの少しだけ上がりましたけど。」


提督「まさか、朝潮か?」


妖精「初霜さんと如月さんもですよ。」


提督「なぜ、あの二人が?如月はまあともかく初霜はなぜ?」


妖精「まあ、前が最悪でしたから少し希望が見えてきて嬉しくなったんじゃないですかね?満潮さんに責められたときも、提督を守ったのは提督が変わったかもしれないから、その嬉しさが理由の大半ですね。あと、初霜さんのあの涙は姉妹艦に手を出されるかもという恐怖もですが、提督がもしかしたら変わっているかもしれないという希望での嬉し涙も入っていたんですよ。」


提督「そこまで...そこまで艦娘達は追い詰められていたのか...。」


妖精「そうです。」


提督「ならばもう、演技なんてせずに優しく接するべきかもしれないか...。」


妖精「いいえ、それはやめたほうが良いでしょう。」


提督「なぜだ?」


妖精「だって、昨日の演技で既にあんなに驚かれてたのにこれ以上変わってしまったら艦娘達は頭が追い付けなくなりますよ。


それに、貴方を恨んでいる艦娘だっているんですからそんな軽率な行動はするべきではないですね。


まあ、したいならばせめて昨日の演技をしながら徐々に優しくしていくべきですね。」


提督「そうか...。分かった。そうしよう。

だが俺には一番聞かなくてはいけないことがある。」


妖精「分かってますよ。どうすれば帰れるかですよね?

そうですね...まあそれはお答え出来ませんが少なくとも今ではないですね。」


提督「...分かった。」


妖精「おや、てっきり噛みついて来ると思いましたが。」


提督「まあ、今までこっちの俺がやって来たことを考えれば当然か...。」


妖精「......そうそう、あと最後に1つだけ補足説明したいと思います。ここの世界の貴方は向こうの世界の貴方、つまり今私の前で泣いている貴方の欠点や悪さを全て増幅させた性格を持ち合わせています。ですから、もし自分はここの俺とは違うから責任は無いなんてことを言えませんよ。


おっと、そろそろ時間ですね。それでは快適な提督ライフを~」


提督「なっ、待て!まだ話は終わってないし、それに俺は泣いてなんか!」


そう言い終わる頃には俺の意識は引き上げられ、言葉を置き去って行った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


チュンチュンという小鳥の鳴き声は多分ここでは聞けないだろう。なぜか漠然とそう思っていた俺は重い瞼を開けた。


気だるい...。


最初に思ったのはそんなことだ。思った通り知らない天井から、ここは俺の元の世界ではないと分かったからだ。


今日も艦娘に会わなくちゃいけないのか...。


それは面倒臭さと申し訳無さが混ざっている矛盾した感情であり、自分に呆れた。


しかし、昨日の夢の通りだと一部の艦娘達は俺の正体に若干気付いているだろうけど特に接触してこなかったことからするとあっちもまだ完全に確信したわけではないのだろう。それか何か話せないわけでもあるのかもしれないが。

それにまだ他の大勢の艦娘達にはまだ気付いていないだろうから演技は続けなくてはならないだろう。

まあとりあえずは朝食でも食べに行くか...。

といっても朝っぱらからシンガポールに朝食を食べに行っていたら流石に怪しすぎるからな...。


腹を括るしかないな...。


俺は正装に着替え、食堂へと重い足取りで向かった。


いざドアの目の前に来ると本当に緊張する。朝から背中びっしょりだ。だが、人間悩むと時間を本当に早く消費するから俺はドアを開けた。

図面には提督専用の食事ができる場所なんて無かったからもうここしかないのだろう。

そして、昨日の話を聞くには艦娘達から俺は憎まれているようだからドアを開ければそこはもう本当に居心地の悪くなる場所なんだろう。


カラカラッと本当に最小限の音を出し、そろりそろりと中に入っていった。


どうやらまだ誰にも気付かれていないようだ。

と思っていた矢先に後ろから声を掛けられた。


?「司令官!おはようございます!」


とっさに振り替えるとそこにはキリッとした眼差しで俺を見つめる朝潮が敬礼して立っていた。


提督「ああ、おはよう。」


朝潮「はい。司令官!昨日はケーキを頂いて本当にありがとうございました!朝潮型一同より感謝いたします!」


朝潮がそう言ったとたん、周囲の目が朝潮へと一瞬で雨のように注がれた。


提督「なんだ、そんなことか。何、昨日はたまたま気分が良かっただけだ。」


満潮「へぇー。初霜を泣かせたのに気分良かったんだ~。」


朝潮「ちょっと、満潮!」


提督「...じゃあな朝潮、頑張れよ。」


朝潮「えっと...はい!この朝潮司令官のご恩に報いるため尽くさせていただきます!」


満潮「ちょっとちょっと何無視してんのよ!」


提督「ちっ、朝っぱらからピーピーうるさいガキだ。...はぁ...で、ケーキはどうだった?」


満潮「ふん、あんたに貰ったケーキなんて食べてないわよ!」


荒潮「あら~?でも昨日わざと満潮ちゃん用に残していたケーキが朝には無くなってたわね~?」


満潮「し、知らないわよそんなの!」


提督「まあなんでも良い。荒潮はどうだった?」


荒潮「そうね~とても美味しかったわよ~。」


提督「そうか、そりゃあ良かった。じゃあな。」


荒潮「はぁい。」


俺はなんとか自然体を装って、間宮の所まで向かった。


提督「秋刀魚定食一つ。」


間宮「はい、かしこまりました。少々お待ちください。」


俺は艦娘達から離れている空席に座った。


はぁ...艦娘達からの視線が痛い。見ないようにしながら若干見ているのがさらにメンタルにくる。


そんなことを考えているとまた声を掛けられた。


?「提督?お隣座ってもよろしいでしょうか?」


提督「...ああいいぞ。」


銀髪の可憐と言う言葉が一番似合うであろう女性が立っていた。


提督「なんでまた俺の隣なんかに座るんだ、翔鶴?なにか用事でも?」


翔鶴「いえ、最近お話していなかったのでどうかと思いまして?」


よくもまあこんな白々しい嘘をつけるものだ。

こいつは完全に黒だな。初霜があの後話したんだな。依頼してきた二人目が特定できたわけだ。...しっかし、こいつの笑った顔は怖いな。もし俺がドミネーターなんて持っていて、銃口を向けたら、軽く200はサイコパス度が越えてるだろう。



さて、どう出て来るか...。


提督「ふん、そうか。で、何が話したくて来た?」


翔鶴「まあそう警戒なさらないで下さい。





で、最近というか昨日から突然別人みたく変わりましたよね、提督?」





おそろしく早い目の変わりよう、俺でなきゃ見逃しちゃうね☆

...やべぇ...ちょっと漏れた。

てかコエエエエエエエ、何なんだその目は!?


俺は蛇ににらまれた蛙のようにその場で硬直した。だが、その数秒後には俺は体をなんとか動かせるようになった。


金縛りか?それとも本当に命の危険を感じてたからか?


俺にはそのたった2、3秒が10分程度に感じた。だが、返事をしないわけにもいけないため俺はぎこちなく口を懸命に動かした。


提督「...何を言っている。俺は俺だ!変なことを聞くな!そんなことを聞くためにわざわざ隣に座ってきたのか!?不愉快だ、立ち去れ!」


やってしまった。気が動転していたとはいえ声を荒げてしまうとは。これじゃあ相手に自分は自分じゃないですよと言っているようなもんだ。


翔鶴「...すみません、口下手なもので何から話して良いか分からなくて...。いきなり変なことを聞いてしまって申し訳ありません。本当はただお話ししたかっただけなのですが私が悪かったです。失礼します!」


提督「な、ちょっと待て!

俺も突然の事だったから気が動転してしまってな、すまない。そこまで言うつもりではなかったんだ。だから、ここに座ったままでいてくれ。」


翔鶴「え?わ、分かりました。ではお言葉に甘えて。」


あんなに悲しい顔をするなよ...。まさか

さっきまでの恐怖心が嘘みたいに消えるとはな...。咄嗟に席に座れといってしまったがいまだに俺の驚異であることには変わりない。気は抜けんな。


提督「まあ俺と話したいと思ってくれているのにむざむざ返すのは上官としての名が廃るからな。で、さっきの話だが...まあ昨日はたまたま機嫌が良くてな。ただそれだけだ。」


翔鶴「そうだったのですね。それでは何がそんなに提督の機嫌を良くしたのですか?気になります!」


提督「そうだなぁ...まあ...何、実を言うと村雨の練度が向上してきたこともあってな。そろそろ改二になれるんじゃないかと思っててな。俺の鎮守府の戦力が着実に増築されていくのが嬉しくてな...。」


とまあ本心を述べてみたがどうだろうか?こっちの俺も艦娘達への育成自体は行っているようだしこういう理由を言っても可笑しくはないはずだ。


翔鶴「まあ、そうなのですね!駆逐艦にもきちんと目を向けてくださるなんて随伴艦さん達が頼もしくなってくれて私も心強いです!提督、ありがとうございます!」


提督「まあ駆逐艦も艦隊において重要な存在であることには変わりないからな。あと、そういうお世辞は今後あまり言うな。おだてられているみたいで嫌だ。」


翔鶴「分かりました。以後気を付けます。

しかし、そういえば提督、ではなぜ昨日は演習や出撃を行わなかったのですか?」



うぐっ!痛いところを突かれたな。う~ん...なんて答えればいいかな...。ならここは本心を伝えてみて、様子を探るか。相手もこっちのいうことを全て本心だとは思わないはずだ。上手く行けば裏をつけるかもな。


提督「昨日は少しばかり慣れないものを多く体験してな。あまり仕事に身が乗らなくて、演習どころではなかったんだ。」


さあ、どう出る?

てかもう翔鶴とは何気に話したくないな。個人的にここまで恐ろしく感じる奴だとは思っても見なかった。その面の裏からあふれでる瘴気というか殺気というかが微かだが漏れているのが肌で感じ取れる。とはいえ、俺はそこまで翔鶴に何かした覚えはなかったんだがな...。なぜこうも笑顔が恐ろしいのだ。


翔鶴「あら、そうだったんですね。もし手伝えることがあったら私にもやらせてくださいね?」


提督「ああ、そうだな。まあもしかしたら頼るかもしれないな...。」


翔鶴「職務の負担が大きいのなら私が秘書艦になりましょうか?」


提督「いや、結構だ。心だけでも有り難いと思うよ。」


翔鶴「即答なんですね。少し悲しくなっちゃいます。」


提督「翔鶴もそんな冗談が言えるようになったんだな。」


翔鶴「ウフフ、今のは本心ですよ。」


提督「ふん...バカを言え。」


丁度その台詞を言い終わると同時に間宮が料理の出来上がりを知らせてきた。


提督「...っと、悪いが俺は食事時は黙って食べたい性分なんでな、今からは話しても返事は帰ってこないぞ?」


翔鶴「そうでしたね。提督はいつも食事中は全然しゃべっていませんでしたし、それではお邪魔にならないように失礼しますね。」


提督「ああ、悪いな。じゃあな。」


翔鶴「はい、提督も職務で無理しすぎないで下さいね?」


提督「分かった、ありがとう。」


どうやらここでの俺はやはり俺の癖などはそっくりそのまま元の世界の俺と同じようだ。

しかし、翔鶴と話しただけで胃がキリキリするとはな...情けない。今後はあまり彼女とは関わりたくないな。


俺はそう思いながら、運んできた秋刀魚定食に手をつけ始めた。


旨いな...。


そう心の中で一人呟いて朝の一時は終わった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺は朝食を済ませた後、朝の業務をこなそうと執務室へと向かった。そしてドアを開けて、机に座り何気無く天井を見ると、そこには逆さまで胡座を掻いている忍者のような黒い影があった。


アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?

憲兵呼ばなきゃってこの世界にいるのかそもそも!?


提督「お、おおおおおお前は誰だ!?」


?「やだなぁ、提督。いつも私はここにいるでしょ?」


何?どう言うことだ?いつも...だと?あり得ない。この世界での俺はこんなことをいつも許すほどの器は持っちゃいないはずだ。いや、もしかしたら贔屓にしている艦娘がいても可笑しくはないのか...?それとも嘘かだ。ではなぜ嘘をついているだ?カマかけているということだろう。しかし、ここでグズグズ考えていたら正体明かしているようなものだ。博打に出る!


提督「バカいってないでさっさと降りろ...川内。」


な~んてな、ここで馬鹿正直にああそうだったなとか嘘をつけなんて言ったらそれこそ相手の思う壺だ。それならその2択外から話し掛ければこっちはローリスクだ。


川内「提督はお堅いね~。」


提督「うるさい。とっとと用件を話せ!用が無いなら今すぐ帰れ!」


川内「なにさ、こっちは提督のこと心配して秘書艦になってあげようと思ってたのに。」


提督「そんな上から目線の秘書艦なんて要らんわ!」


川内「ひどいな~提督。勇気を出して言ったのにそんなに邪険にするなんて。」


提督「分かった分かった。じゃあその心意気は評価してやる。だから今夜は夜戦の許可出してやる。」


まあそもそも出撃も演習もどう指示すれば良いか分からないんだけどね☆


川内「やったあああああ、今夜は待ちに待った夜戦だああああ。」


提督「朝っぱらからうるさいやつだ!もういいだろう?さあ帰れ、今すぐ帰れ!」


川内「え?それとこれとは話が別でしょ?夜戦も秘書艦も両方するよ!」


提督「はぁ?そんなの駄目に決まってるだろう!いいからとっとと帰れ!」


川内「なんでそんなに秘書艦にさせてくれないのかなぁ?」


提督「当たり前だろ!お前なんかがいて職務が進むわけなかろう!」


川内「ふ~ん、鎮守府内で仕事の早さ1位、2位を争うこの私にそんなこと言うなんて随分と舐められたものだね。」


提督「ふん、はったりかますな。じゃあいい、気が変わった。良いだろう、お前を今日1日秘書艦として働かせてやる。だが...もし書類仕事が午後12時までに終わらなければ、これから3ヶ月の間の夜戦禁止だ。いいな?」


川内「じゃあそれまでに終わったら秘書艦と夜戦やらせてくれる?」


提督「ああいいぞ。何だったら鎮守府所属艦娘全員に間宮でもなんでも奢ってやるよ。」


川内「今の録音したからね。」

録音機「ナンダッタラチンジュフショゾクカンムスゼンインニマミヤデモナンデモオゴッテヤルヨ。」


提督「な、お前なんてことを。まあいい、どうせ終わらないのだから言質でもとれば良いさ。さあ始めるぞ!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




川内「...私の勝ちぃ!」


提督「なん...だと...。そんな馬鹿などうせ手を抜いてやったに違いない。どれどれ...何ぃ!全部達筆かつきちんとしているだとぉ!?」


川内「約束は忘れてないでしょうね、提督?」


提督「ああ~腹へったな~、そうだ!俺は飯を食いに行ってくるからお前もう帰っていいぞ!お疲れさん、じゃあな!」


川内「おっと、逃がさないよ。」


後ろから目にも止まらなぬ早技で俺はガッチリホールドされてしまった。


あ、胸当たってるやっわらか~い!

って、そんなこと考えてる場合じゃねえ!このままでは俺の財布が死ぬ!しかもこいつとこれから一緒に職務を全うしなければならないなんて絶対にまずい!どうせこいつも黒なんだろいい加減にしろ!


川内「さあ提督~、うやむやにしようなんて絶対に許さないわよ!」


提督「クソッ、離せコラ!離せや!お前みたいな小娘なんかに負けるわけないだろ!」


川内「人間が艦娘に勝てるわけないでしょ!観念しなさい!」


それから10分程度攻防を続けていたが俺は息が荒くなっていたが川内は汗一粒かかず、涼しい顔でいた。


川内「さあ、そろそろ観念したらどう、提督?」


提督「クッ、殺せ!じゃなくて、分かったよ...降参だ。持ってけ泥棒!」


川内「はい!さらなる言質頂きました!」


提督「はぁ...はぁ...分かったよもう完全降伏だ。もうほどいてくれ。」


川内「はいよ。」


やっと解放されたが、川内の胸が離れたのは若干悲しかった...じゃねえよ!馬鹿か俺は...。


提督「はあ...もう本当に腹が減ってきた。約束は守るからもう行っていいか?」


川内「いいよ、提督。」


提督「じゃあな。」


川内「何言ってるの秘書艦なんだから私も行くよ!」


提督「分かった、分かった。じゃあとっとと行くぞ。」


川内「はーい。じゃあ食堂に向かって突撃ぃ!」


突撃したらいかんだろ。そう言おうとして言っても無駄だと分かっていた俺は言葉を呑み込みまた食堂へと向かった。


てかなんかいきなり艦娘達が馴れ馴れしくなったな。ん~なんでいきなり警戒心が薄れるんだ?普通今まで蹴る殴るしてきたような奴にここまで警戒心が溶けるか?何か裏があるよな~また別の理由で。全然今は見当もつかない...。まだまだわからないことだらけか...。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


食堂に入ると朝と同じように艦娘達からの痛い視線が刺さる。


提督「こうも見られちゃあ食事もできやしねえな。」


川内「みんな気になってるんだよ、提督の様子が変わったのが。」


提督「さっきも言われたよ。そんなに俺は変わったか...いちいち過剰なやつらだ。」


川内「まあしょうがないよ、私だって提督の変わりようには驚いてるし。」


提督「お前もか。まあいい、とっとと飯を食うぞ。お前のせいで腹ペコだ。」


川内「それは提督が暴れたからでしょ。」


提督「うるさい...。」


川内「あっそうだ。

お~い!みんな~提督が私との勝負に負けたから全員に間宮を奢ってくれるって!

それに言質もあるよ!」


提督「このバカッ今言うやつがあるか!」


と俺は川内の頭を軽く叩いた。


川内「あいた!何するのよ提督!」


提督「やかましい!何故今俺が居るときに言う!馬鹿かお前は!」


川内「別にいいでしょ!どうせ皆には知られるのに!」


提督「そうじゃない!俺が居ないときならまだこそこそして終わってただろうが今言ったらパニックとまではいかないが皆が混乱するだろうが!」


翔鶴「まあまあ、提督そうかっかしないでください。川内さんも悪気があったわけでは無いようですし。」


提督「だからこそ質が悪いんだろう。状況予測ができないとなると戦場でもそれは重大な欠点になるはずだ!......とさすがに熱くなりすぎたな...すまない翔鶴。」


翔鶴「...本当に驚きました。いつもなら絶対に川内さんを殴って仲介に入った私も勢い余って殴られてもおかしかったのに。本当にどうしたんですか、提督?」


はぁ...やはりそこまでここの俺は理性を制御できていなかったのか...。


提督「はぁ...こんなことで争っていても時間が無駄にすぎるのだと分かったからな。」


俺はそう言って無言で厨房へと足を運ぼうとすると収まりそうになった事態を翔鶴がぶち壊した。


翔鶴「でも、さっきの言葉は本当なんですよね、提督?じゃあ今頂いてもよろしいですよね?」


こいつううううう最高にいい笑顔してやがる!

やっぱり腹黒いじゃねえか!?クソオオオオ一杯食わされた!おめでとうお前は今俺の中で一番警戒しなければならない艦娘になった!


提督「お前もう一生信じないからな!」


翔鶴「あらあらなんの話でしょうか?」


提督「やるにはやるが今はまだ間宮券を購入していないから無理だ!今は諦めてくれ!」


翔鶴「うふふ、では楽しみに待ってますね。」


提督「分かった分かった。いい加減飯を食わせてくれ。...じゃあカツ丼一つ!」


間宮「はい!かしこまりました!」


提督「はぁ...昼から疲れすぎだ...。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺は飯を食べた後、しぶしぶ川内と執務室に戻った。とはいっても、書類仕事は完全に無くなってしまったため、何もすることができなくなり川内と一緒にいるだけという時間を過ごしてしまうためなんとかそれだけは避けようと考えていた。


う~ん...。どうしたものか...何もすることがない。今の俺には何ができる?普段と同じことで、怪しまれることのないこと...。ここはリンガ泊地で俺は大将という階級で...ん?そういえばここは史実だと石油と燃料が豊富にあって人が少ない場所...ということは秘密裏に様々なことが行えた...?それこそ大和型もここに停泊したという記録もあるしな、なら思う存分演習でもなんでも遺憾無く力を発揮できたはずだ。演習...?

あああああああああ忘れてたあああああああ!?

そうだよ!ここは艦これの世界だろ!やることならいくらでもある!出撃、演習、遠征、開発、建造、任務消化、少なくと6つはやることができる。

そして今の俺にできることは、恐らく経験不足というか艦隊指揮なんて知らないから出撃と任務消化以外は全てできる。しかし、開発も建造も今は必要ない。ということはあとは演習と遠征が残る。しかし、遠征は一回出したらすぐ終わってまた逆戻りする。ということは艦隊指揮の練習もかねた演習が一番最適か...。

とはいえ、この世界の演習システムは謎が多い。


このSSへの評価

29件評価されています


2018-06-16 19:49:45

あああさんから
2018-06-14 21:54:02

SS好きの名無しさんから
2018-06-12 10:19:37

SS好きの名無しさんから
2018-06-22 23:03:27

SS好きの名無しさんから
2018-06-10 17:23:33

SS好きの名無しさんから
2018-06-10 03:09:20

SS好きの名無しさんから
2018-06-09 20:51:25

かむかむレモンさんから
2018-06-09 02:35:56

SS好きの名無しさんから
2018-06-08 18:29:20

SS好きの名無しさんから
2018-06-06 06:51:18

SS好きの名無しさんから
2018-06-04 20:03:52

四季さんから
2018-06-04 07:31:15

SS好きの名無しさんから
2018-06-04 06:56:34

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 23:43:39

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 23:00:35

SS好きの名無しさんから
2018-06-08 00:44:14

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 17:58:36

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 11:10:56

ちんぐりまんさんから
2018-06-02 23:03:34

Abcdefg_gfedcbAさんから
2018-06-02 13:45:43

SS好きの名無しさんから
2018-06-12 01:28:20

ムフロンさんから
2018-06-01 17:18:01

SS好きの名無しさんから
2018-06-01 01:42:39

SS好きの名無しさんから
2018-06-01 22:18:29

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 00:34:54

レオつんさんから
2018-06-02 22:39:31

テンロータさんから
2018-05-30 23:45:41

SS好きの名無しさんから
2018-05-30 19:48:52

CQC中毒さんから
2018-05-30 02:44:37

このSSへの応援

34件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-06-22 23:03:33

2018-06-16 19:49:48

あああさんから
2018-06-14 21:51:37

SS好きの名無しさんから
2018-06-10 17:23:35

SS好きの名無しさんから
2018-06-10 12:39:03

SS好きの名無しさんから
2018-06-10 07:56:15

SS好きの名無しさんから
2018-06-10 03:09:25

SS好きの名無しさんから
2018-06-09 19:31:38

かむかむレモンさんから
2018-06-09 02:35:59

SS好きの名無しさんから
2018-06-08 18:09:28

SS好きの名無しさんから
2018-06-06 08:58:53

SS好きの名無しさんから
2018-06-06 06:51:14

SS好きの名無しさんから
2018-06-04 20:03:54

四季さんから
2018-06-04 07:31:04

SS好きの名無しさんから
2018-06-04 06:56:29

SS好きの名無しさんから
2018-06-04 00:08:55

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 23:43:42

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 23:01:12

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 22:54:58

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 17:58:33

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 17:18:20

SS好きの名無しさんから
2018-06-03 11:11:00

ちんぐりまんさんから
2018-06-02 23:03:36

Abcdefg_gfedcbAさんから
2018-06-02 13:45:46

ムフロンさんから
2018-06-01 17:17:50

SS好きの名無しさんから
2018-06-01 01:42:40

SS好きの名無しさんから
2018-05-31 22:16:16

SS好きの名無しさんから
2018-05-31 21:26:59

レオつんさんから
2018-05-31 00:31:47

テンロータさんから
2018-05-30 23:45:47

SS好きの名無しさんから
2018-05-30 19:51:29

SS好きの名無しさんから
2018-05-30 19:48:57

CQC中毒さんから
2018-05-30 02:44:39

SS好きの名無しさんから
2018-05-30 00:15:24

このSSへのコメント

49件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-05-30 00:15:40 ID: osnGkXLM

続きが気になります

2: CQC中毒 2018-05-30 02:45:13 ID: eLD3QgQD

こういうの好きです♪
更新頑張ってください(*´・∀・)ノ

3: やわらか戦闘機 2018-05-30 14:08:09 ID: OLbWe06t

1コメさん、2コメへ
感想ありがとうございます。不定期ですが更新していきますのでよろしくお願いします。

4: SS好きの名無しさん 2018-05-30 14:09:28 ID: 2OfTn6s2

面白かったです。う~んお節介かもしりませんが、たとえば提督、[何々]です。てやった方良いと思う。読者の中には、分からないかもしりませんから
すみません。頑張ってやったのにでも、本当に面白かったです。続き楽しみにしてます♪

5: やわらか戦闘機 2018-05-30 15:08:01 ID: OLbWe06t

4コメさんへ
アドバイスありがとうございます!
つまり、「」の前に人物名を書いた方が見やすいということならそうさせていただきます。これからもよろしくお願いします。

6: SS好きの名無しさん 2018-05-30 15:55:30 ID: 2OfTn6s2

4です
いえいえ、一生懸命考えたのに横からすみません。でも本当に面白かったです続き楽しみにしてます♪

7: SS好きの名無しさん 2018-05-30 19:50:00 ID: yjQAjZbH

面白そう、
今後に期待!

8: SS好きの名無しさん 2018-05-31 01:21:20 ID: Zla8ygx1

(面白く)読める!読めるぞ⁉

9: やわらか戦闘機 2018-05-31 07:15:30 ID: XRSDPp5P

6コメさん、7コメさん、8コメさんへ
そう言って貰えると本当に嬉しいです。ありがとうございます。

10: 京哉提督@暇人 2018-05-31 09:42:46 ID: aT6DuKlg

とても面白かったです。
ですが、改行をもっとした方が見やすくなるかなと。
台詞と台詞の間を一行空けるだけでも見やすさは変わりますよ。

11: やわらか戦闘機 2018-05-31 12:32:39 ID: 8VZeFQ5W

10コメさんへ
少し改良を加えてみました。
感想、アドバイスありがとうございます。

12: SS好きの名無しさん 2018-05-31 15:57:44 ID: a6xHgP8Y

4です
久しぶりの投稿遅れてすみません。読みやすくなっています♪ブラック鎮守府の提督面白かったです優しいですね。
これからも応援しています。頑張って下さい

13: やわらか戦闘機 2018-05-31 16:37:55 ID: XRSDPp5P

4コメさんへ
感想ありがとうございます。

14: SS好きの名無しさん 2018-05-31 20:34:03 ID: a6xHgP8Y

12です
艦娘の名前が増えてるここから面白くなっていくんですね。応援しています。♪

15: やわらか戦闘機 2018-05-31 22:04:01 ID: XRSDPp5P

12コメさんへ
面白くなるかどうかは分かりませんができるだけうまくやってみようと思います。楽しみにしてくださっている読者がいるというものは本当に嬉しいものですね。

16: SS好きの名無しさん 2018-05-31 23:33:37 ID: a6xHgP8Y

14です
本当に面白い物だと誰だつて応援したくなります。だから頑張って下さい。応援します。♪

17: ムフロン 2018-06-01 17:20:23 ID: KUNkfYGd

艦娘達にバレるかバレないか、展開が楽しみです。頑張って下さい!

18: やわらか戦闘機 2018-06-01 20:13:00 ID: CMQC8zLS

16、17コメさんへ
応援本当にありがとうございます。
出来るだけ早めに更新できるよう善所します。

19: ムフロン 2018-06-01 21:12:02 ID: lDveKkIs

すみません、フレンチクルーラーがフレンチクルラーになってます(ボソッ)

20: やわらか戦闘機 2018-06-01 21:44:49 ID: CMQC8zLS

19コメさんへ
指摘ありがとうございます。
文章を見たとき思わず少し笑ってしまいました。(笑)
誤字脱字無いように努力します。💦

21: Abcdefg_gfedcbA 2018-06-02 13:45:24 ID: HL3fbxGE

ブラック鎮守府を題材にしたSSは多くなりましたが、これまた新しいモノですね...

期待大です。更新頑張ってください

22: やわらか戦闘機 2018-06-02 13:55:05 ID: R7xO95V3

21コメさんへ
コメントありがとうございます。
私としては新しくジャンルを開拓するための布石になれれば幸いです。

23: ポテ神提督 2018-06-02 21:40:03 ID: 6DSrPKxc

頑張ってください!続き待ってますよ!

24: やわらか戦闘機 2018-06-02 22:29:55 ID: R7xO95V3

23コメさんへ
応援ありがとうございます。
出来るだけ更新していくつもりです。

25: ちんぐりまん 2018-06-02 23:10:17 ID: Mi5xZ1-l

がんばえ~♡

26: やわらか戦闘機 2018-06-02 23:41:55 ID: R7xO95V3

25コメさんへ
応援ありがとうございます。

27: SS好きの名無しさん 2018-06-03 00:38:24 ID: y1QT08YK

頑張って下さい。
[壁]¦д°)/ハァーイ
こんな、感じで、応援してます!

28: やわらか戦闘機 2018-06-03 00:56:49 ID: 7nAo9Q1s

27コメさんへ
応援ありがとうございます。
絵文字で結構和みました(笑)
元気をくださりありがとうございます!

29: SS好きの名無しさん 2018-06-03 01:00:39 ID: AU4hYzRq

6です
久しぶりに読みました。面白かったです。内容も良いです。提督もいわゆるツンデレですね♪この先慌てないで頑張って下さい応援します。

30: やわらか戦闘機 2018-06-03 07:48:50 ID: 7nAo9Q1s

29コメさんへ
応援ありがとうございます。
当初はあまりツンデレのように書こうと思っていたわけでは無かったのですが提督をツンデレっぽく書くことにしないとなかなか書きづらかったこともあり、結果的にツンデレみたくなりました。

31: SS好きの名無しさん 2018-06-03 11:10:49 ID: tMh3pQFo

ええやんけ!ブラック鎮守府作っていく物語かと思ったら全然違ってイイ!期待してます!

32: やわらか戦闘機 2018-06-03 12:02:24 ID: G_UzNZW3

31コメさんへ
コメントありがとうございます。
期待に添えるよう善所します。

33: SS好きの名無しさん 2018-06-03 17:10:45 ID: 63ddgt8N

29です
やはり、提督ツンデレですね♪この先、楽しみにしてます。提督のツンツンデレ読んで見たいです。楽しみにしてます。♪

34: やわらか戦闘機 2018-06-03 18:22:00 ID: 7nAo9Q1s

33コメさんへ
コメントありがとうございます。
男のツンデレって需要あるのかなと思っていましたが、どうやらあるようですね(笑)引き続きやっていこうと思います。

35: SS好きの名無しさん 2018-06-03 21:41:35 ID: 63ddgt8N

33です
更新、お疲れ様です。この先ツンツンデレ提督は、どうなってしまうだろう。?この先楽しみにしてます。

36: SS好きの名無しさん 2018-06-03 21:48:58 ID: eWOBKW2Z

この悪評を提督は如何にして捌くか
興味深いです!

37: SS好きの名無しさん 2018-06-03 22:02:11 ID: Uaik0SV4

毎時投稿やりますねぇ
頑張って下さい

38: やわらか戦闘機 2018-06-03 22:31:24 ID: 7nAo9Q1s

35、37コメさんへ
応援ありがとうございます!励みになります!
36コメさんへ
この先はまだまだ考えてる最中なのでまだ私にもどうなるかわかりません(笑)
少ない脳をひねって考えてみます。

39: レオつん 2018-06-04 00:05:15 ID: J0kxCYxV

壁|ョ・ω・`o)ガンバッテッ♪

40: やわらか戦闘機 2018-06-04 00:07:55 ID: vCEQDDfs

39コメさんへ
応援ありがとうございます!
すごく和みます(笑)

41: SS好きの名無しさん 2018-06-04 22:34:11 ID: NP5SnEPJ

更新もテスト勉強も出来る限り頑張って!

42: やわらか戦闘機 2018-06-06 10:54:57 ID: X8rEDk0j

41コメさんへ
返信遅くなりすみません。
テストは...日本史以外は手応えがなくて剥げそうです。

43: SS好きの名無しさん 2018-06-08 17:26:22 ID: omuOnET7

テスト乙です…。スッゴい面白いので楽しみにしてます!

44: SS好きの名無しさん 2018-06-08 17:55:03 ID: poDrajWZ

お疲れ様...結果は聞かないでおくよ...続きを1日毎に投稿して♡

45: やわらか戦闘機 2018-06-08 18:38:17 ID: puDCsH0w

43、44コメさんへ
応援ありがとうございます。
テストは...まあ察してください。総合で取り返さなくては(使命感)。
1日毎は...まあ出来るだけ...。

46: かむかむレモン 2018-06-09 02:44:03 ID: 1TVPMO8k

おもしれぇからよ…!自分のペースを守って、止まるんじゃねぇぞ…!(オルガ)

毎日投稿おつかれナス!

47: やわらか戦闘機 2018-06-09 10:23:29 ID: XNo26P3y

46コメさんへ
応援ありがとうございます。
まさか、かむかむレモンさんからコメントが来るとは...。
実は艦これSS書こうと思うようになったきっかけの一人なので今滅茶苦茶感動しています。一所懸命にやりたいと思います。

48: あああ 2018-06-14 22:00:23 ID: 0CI0jJsE

あぁ~^いいっすねえ~^

面白いからもっと投稿して?

49: ぽっちさん 2018-06-19 00:51:15 ID: RtY1Iq1V

もっと投稿してどうぞ。お前大好き(はあと)


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2018-06-09 19:32:40 ID: FAPvr0H_

今まで見た中でもトップクラスに面白いです

2: ぽっちさん 2018-06-13 22:25:53 ID: Hkj1PeZw

んで最後にはイチャイチャしとるんじゃろ?


オススメ度を★で指定してください