2018-07-13 03:12:34 更新

概要

提督が大本営公認の艦娘抜き打ちテスト(と言う名のモニタリングにドッキリ)をやります。キャラ崩壊みたいな所もありますが、ご了承下さいませ。


前書き

様々なドッキリ作品を読んで真似したくなったミーハーですが、モニタリングも入れたのを書いてみたくなり、遂にやっちまいました。よろしくお願いします




提督「しかも大本営が実際にやっている事で、来賓が無礼な事をされた時の対処法をモニタリングするそうだ。鎮守府に影響はないが、上官や元帥とその御家族が〜となったら、気が気じゃないだろうしなぁ」


大淀「それは私でもそうなりますよ。てゆーかほぼドッキリですよねこれ?」


提督「そうなってしまうなー。だが、こういった事もひとつの勉強にはならないか?」


大淀「確かにそうですが…具体的にどういったものですか?」


提督「思った事を口に出す性格だったり、手土産にと渡された手料理がかなりの激マズだったりと」


大淀「うっわ……余計にタチ悪いですよ」


提督「窘めようとしたら、それが提督の今後を左右させる言動になったら?」


大淀「もっと悪いじゃないですかヤダー!!」


提督「だろ?まあ、余程の事がない限りはしないが、そこでの艦娘の品性や言動をチェックするんだとさ。しかも抜き打ちだから、いきなり決まりましたー!とかはザラだ。因みに明後日、うちでやる」


大淀「ホンットにいきなりですね!!」


提督「まあまあ。で、対象となる艦娘は、このメンツなんだ。特にあの三人がってなったら…どんな反応するか楽しみなんだよなwww」


大淀「性格悪いわぁー……。ま、あの三人の素行調査にもなりますからいいですけどね」


提督「その事は対象以外の艦娘は知ってるから、仕掛け人の立場になるな。上司や身内があんなこんなされたら…www」


大淀「ホンットに性格悪い…」



​───────


調査対象1 曙




提督「今日は一日、宜しくお願いします」


上官「いえいえ、こちらこそ」


夫人「いくら役でも緊張しますが、宜しくお願いします」


娘「いっぱい頑張ります!宜しくお願いします!」


上官「この二人は劇団でも演技派の団員なんですよ。ヘマもしないのでご安心下さい」


提督「こんな鎮守府にそこまでしてくれるなんて…はは。ん、もう来たようです。いいぞ、入れ」


曙「来てやったわよ、クソ提督。つまんない用事な……え!?」


提督「曙、この人たちは俺の上官と、その御家族様だ。今日はこの鎮守府を見学してみたくて来訪されたんだ。お前に案内役させたくて呼んだんだ。よろしくな」


上官「すまないね、つまらない用事で家族で来てしまって。曙君の大切な時間を潰してしまったようだ。提督くん、すまないが空気の読めないクソ上官はここで帰らせて貰うね」


曙「い、いいえ!!クソ上官などと卑下なさらないで下さい!!こちらこそ、とても失礼な言動を振る舞い、大変申し訳ございません!!この曙、喜んでご案内致します!!」


娘「でもさっき提督さんの事クソ提督って言ってたよ!なんでー?」


曙「あ、その、それは……」


夫人「ちょっと、娘にそんな汚らわしい言葉使わせないでちょうだい!しかも自らの上官になんて事を言うのかしら!非常識甚だしいわ!こんな人に案内役させるの?私は嫌よ!」


提督「も、申し訳ございません!!この世間知らずに代わり、私が謝罪致します!!」


夫人「あなたが頭を下げなくてもいいのよ。頭を下げるのはこの非常識よ。あなた、何とも思わないの?自分の失態を提督さんに擦り付けてぼーっと突っ立てて。本当に常識持ち合わせてるのかしら?」


曙「(ピキっ)す、すみません……。このようなことにならないように、以後気をつけます……不愉快にさせてしまい、大変失礼致しました」


娘「クソ曙ー!!」


曙「(ピキっ)……!」


上官「こら、やめなさい!真似したら非常識になるぞ!」


提督「も、もうその辺で!曙も、口の利き方には気をつけるんだぞ?な?ほら、ご案内頼んだぞ!」


曙「わ、分かり……ました……(引き攣り笑顔+握り拳ぷるぷる)」


(モニタールーム)


大淀「わあ……もう怒りかけてますよ……」


スタッフ「これだけで済んだだけでもマシですよ。ここからは胃が痛くなるモニタリングが始まりますからね〜www」


大淀「この人も性格悪い…」



​───────



曙「こちらが、談話室です。ここでは様々な艦娘が各々交流を深め合っています」


娘「ふーん。で、このアイドルの物真似してる人は誰?(那珂ちゃん指差し)」


曙「(ひいっ!なんでよりにもよって那珂さん!?他の人ならまだしもこの人だけはやめてってば!)か、彼女は川内型の軽巡、那珂さんという方です。雷撃戦闘のプロ集団、水雷戦隊の中の四水戦旗艦を務めている方でs「こんにちは、ラバウル鎮守府へようこそ!あたしはここのアイドル兼四水戦のセンター、那珂ちゃんですっ!物真似じゃなくて、本当のアイドルだからあしからず!」


娘「へー。そうなんだ」


上官「随分個性的な方が来ましたね」


夫人「今時の艦娘は、芸能活動も兼任していい時代なのかしら?」


曙「はは…那珂さんは特別なので…(アシストは良かったけど、どう説明すればいいのよ!)」


那珂「(アイドルは歌って踊れるだけじゃなくて、演技も必要だよね!なので、曙、那珂ちゃんに付き合ってね!)こう見えてあたし、駆逐艦の育成に携わってるんです。歌って踊れるアイドルは沢山いても、戦えて強ーいアイドルはこの那珂ちゃんだけですからね!那珂ちゃんの事、どうぞよろしくねっ」


娘「戦う強いアイドルなんて、アイドルじゃないよ?何言ってるの?」


曙「(ちょっと何言ってんのよ世間知らずの小娘!!那珂さんの目がやばいから!)」


夫人「こんな色物な人がプロ集団の1人でリーダーなんて、世も末ねぇ。あなた、どう思う?」


上官「うむ…戦えればいいんだがね…アイドル気取りは戦場にいらないかな?君、ちゃんと軍艦として戦う気はあるのかい?」


曙「(やめなさいよこのクソ夫婦〜!!那珂さんの目がもっとヤバくなってるってば!)」


那珂「(この目付き疲れるなぁ…でも、アイドルは演技も出来なきゃ売れないからね!ファイト!)…ふふ、とても正直なんですねぇ…」


上官「ああ。意見はしっかり言わないと気が済まない性格でね。許してくれ」


夫人「この子もまだそういった事は理解できないから、許してくれる?」


那珂「まあ、小さい子からのアドバイスや率直な感想はアイドルにとって嬉しい事ですからね〜。裏を言い返せば、ちゃんと見てくれてるって事だし」


曙「(どうしようどうしよう、那珂さんの声がキレかかってる…。もう何も言わないで、お願いだから!)」


娘「でも(他所の鎮守府の)クソ曙が言ってたよ!姉の七光りのクソ以下の約立たずの解体されるか沈んだ方がいいアイドル崩れだって!でもね、その後神通先生とのわき…?って子にボコボコにされてた!」


那珂「ふーん……(戦艦クラスの眼光+絶対零度)」


曙「あ、あ、あたしはそんな事1ミリも思ってませんから!!本当に思ってません!!そんな事言ってたの、他所の鎮守府のあたしですよ!!ね!?そうですよね!!」


夫人「あなた、ここの提督さんにクソと呼んでたじゃない。本当は彼女の事、そう思ってるんでしょ?」


那珂「へー……」


曙「」


上官「曙というのは、過去が過去だから捻くれて仕方ないものだ。だがそれを今世にも引き摺って呪詛を撒き散らす真似を上官に対して行う、非常識と言われても仕方ない奴だからな。それ以上の過去を経験してるのは多いのに、自分だけが辛いなんていうのはお門違いだ」


娘「ねーねークソ曙ー。他のとこ行こうよー。はーやーくー!」


曙「(チッ…うっぜぇ…)クソガキ黙ってろっつーのボソッ…」


娘「ひうっ!?う……うえええええええええん!!!!」


夫人「娘、どうしたの!?」


娘「クソ曙が、怖い顔してたあああ!!クソガキって言ってたああああ!!えええええん!!!」


上官「なんだと!?貴様、私の娘になんて事を言ったんだ!!」


娘「パパああああ!!!!怖いよお、怖いよおおおおお!!!!」


曙「(は!?聞こえてたの!?)え、ああ…えっと、つい、本音が……アッ」


上官「本音だと……?貴様、そのように娘を見下していたのか!?どういう立場なのかを理解した上でか!?ああ!?」


曙「ちが、その…えっと……」


娘「いやああああああ!!!」


夫人「許さないわ…。あんた、どうなるかわかってるのかしらねぇ!うちの主人は、この鎮守府をどうにでも出来る権力があるのよ!権力剥奪も解体も、一言言えばすぐに実行してくれるわ!可哀想ねぇ、あんたのせいで鎮守府はなくなるのよ?本音を言った、ただそれだけでね!」


曙「そんな……ごめん、なさい……」


娘「びえええええんん!!!」


妙高「この騒ぎは…どうなされたのですか!?」


上官「君、提督君を呼んでくれたまえ。話がしたいんだ。今すぐ頼む」


妙高「は、はいっ!只今お呼び致します

!」








提督「お待たせして申し訳ございません!どうなされたのですか?」


上官「君のとこの曙がね、私の娘を泣かせたんだ。ウザいクソガキと吐き捨ててね」


曙「クソ、提督……!」


提督「お前……なんて事をしたんだ!!私の上官の、しかも目に入れても痛くない娘さんにそんな事を言ったのか!!それに、クソ提督などと呼ぶな!!私がどう思われてるか溜まったものじゃないだろ!!」


上官「娘は女房と共に別室へ連れて行かせたよ。しかし君、どういう教育をしてきたのかね?他所の、しかも君の上官にあたる私の身内にそのような口を叩くとは…」


提督「大変申し訳ありません!!曙は、気に入らない事があれば目上の者でもクソと悪態をついて捻くれる性格なんです!!まさか上官殿の御息女様にこんな事をするなんて…!!」


上官「全くだ!こんなに不愉快にさせた挙句娘を泣かせられて!謝罪の一言も貰ってもいないんだが、どういう事だ?」


曙「あ…あや、謝りました…」


上官「聞こえない謝罪で謝った気になるのか!?本当にどういう教育をしてきたんだ!!」


提督「本当に申し訳ございませんでした!!!(土下座)」


曙「……」


上官「君の土下座に、どれだけの価値があるのかね?それに、張本人は土下座もしないで突っ立てるのか。いいご身分だな、流石艦娘様だな」


曙「ど、どういう意味よ!」


上官「口の利き方もなってないな…。これは、解体させるしかないようだな」


提督「そ、それだけはご勘弁を!曙も、これでも…大切な戦力です!あれがした事は許されない事でも、簡単に解体させるのは…お願いします!」


上官「その解体に、君の鎮守府の運営権も関わっていたらどうなのかな?」


曙「え?」


上官「軍紀を乱す非常識は、一人いるだけでこうなってしまう。それは分かるね?だからこそ、その不安分子を排除するんだ。鎮守府内ならまだしも、外に出てしまったら鎮守府の、いや、海軍全体の影響に関わるんだ。特に曙、お前は鎮守府のイメージダウンの一手を担っている。改心されたとしても、クソ呼びする悪態まみれの素性はいけ好かない。武力を持つ人間が、非力な子供に悪態を吐いて、挙句に大泣きさせた。これが外に漏れたらどうなるか……だからこその解体だ。そのまま解体処分を受け入れてくれるのなら、鎮守府の運営はそのまま。受け入れないのなら、彼の鎮守府はすぐに解体させる」


提督「そんな…どうか、どうか、慈悲を…!」


上官「だから、その慈悲を解体処分で済ませたんだよ?ふたつにひとつ、すぐに決めたまえ」


曙「提督……提督……グスッ」


提督「曙…………。すまない、鎮守府の為に………解体されてくれ」


曙「………え………」



​───────



大淀「うっわーーやっばいですね!」


憲兵「でしょー?こう揺さぶられたら、解体させるしかないじゃないですか!」


大淀「やり過ぎですが、こうでもしないと更生は出来ませんからね〜」


憲兵「何気に大淀さんも楽しんでますよねwww」


大淀「まぁまぁwww」




​───────



曙「ど、どういう………事?」


提督「俺は海軍に全てを捧げて、もう5年になるんだ。この大きな鎮守府に費やした物は数えきれない。粗暴な奴らでも、戦力として割り切っていた。だが、お前のせいで……お前が、そんな事をしたせいで!!俺の5年間は!!水の泡になって消えていくんだ!!どうしてくれるんだよ!!俺の5年間を返せ!!俺の苦労と努力を踏みにじりやがって!!」


曙「し、知らないわよ……あんたなんて、その……」


提督「そりゃそうだよなぁ!!過去のトラウマで捻くれて、それを俺に八つ当たりしやがってよお!!知らなくて当然だよな!!俺だって知らねえよお前の過去なんて!!クソ呼びを平気でして、俺がどれだけ傷ついたのか分かってねえもんなぁ!!綾波型らもイライラして、阿武隈も「こんな口の悪いウザい駆逐艦なんていらない」って言ってよぉ!」


曙「嘘…阿武隈さんが、ウソ…嘘…!」


提督「本当だよ。ウンザリしてたし、嫌がってたし。可哀想になぁ、お前のその態度でこうなるなんて……分かっただろ、今の現状。これ以上阿武隈や綾波型達のストレスを増やしたくないし、鎮守府を運営したいし…だから、解体されてくれ。頼む、頼むよぉ……」


後書き

これ、かなり人を選ぶ作品になるなあ…私自身がこんなんだからアレだけど。あの三人は戦力や任務として必要だけど、キャラとして凄く嫌いだから厳しめにやります。すみません


このSSへの評価

14件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-11-08 22:23:39

SS好きの名無しさんから
2018-10-10 13:07:06

SS好きの名無しさんから
2018-10-03 05:54:49

SS好きの名無しさんから
2018-09-16 20:02:16

SS好きの名無しさんから
2018-09-22 08:57:34

SS好きの名無しさんから
2018-08-23 10:24:26

SS好きの名無しさんから
2018-08-20 00:56:21

SS好きの名無しさんから
2018-08-09 08:33:14

SS好きの名無しさんから
2018-07-19 23:01:19

SS好きの名無しさんから
2018-07-13 08:08:03

SS好きの名無しさんから
2018-07-13 10:47:15

SS好きの名無しさんから
2018-07-01 13:44:32

SS好きの名無しさんから
2018-06-28 09:20:46

SS好きの名無しさんから
2018-06-28 07:55:12

このSSへの応援

5件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-09-16 20:02:12

SS好きの名無しさんから
2018-07-09 12:26:54

はるぅさんから
2018-07-01 15:23:41

SS好きの名無しさんから
2018-07-01 13:44:37

SS好きの名無しさんから
2018-06-28 09:20:48

このSSへのコメント

9件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-06-28 17:20:36 ID: PhcGf0Lb

楽しみにしてるぜ!

2: SS好きの名無しさん 2018-07-01 10:04:52 ID: jKSHdF7p

面白そうじゃないかーーー!

3: SS好きの名無しさん 2018-07-01 20:03:01 ID: Xn8l9iC5

何時もお疲れ様です!
作者様の好きな艦娘
上位3名を知りたいです!

4: SS好きの名無しさん 2018-07-01 20:22:34 ID: t0PQtunq

コメントありがとうございます!

>>1

ありがとうございます!ちまちま更新になりますが、宜しくお願いします!

>>2
ありがとうございます!確かに、こんなドッキリは面白そうですよね♡

>>3
好きな艦娘は
リシュリュー(優しくも厳しいおしどり夫婦のような関係。外見を気にしないで一途に愛してくれそうだから)
摩耶様(サバサバのヤンキー系なだけで、酷くツンではないから。年下への面倒見はとても良さそう)
叢雲(許せるツンデレ。弄りたくなるツンデレ。関係が古女房とその夫のようなもの)

5: SS好きの名無しさん 2018-07-10 09:48:01 ID: UsHPjEwI

3ですが返信ありがとうございます!
ウチの好きな艦娘は
蒼龍、翔鶴、榛名ですね。
特に蒼龍は艦これの食玩イラストで
気になって、これが艦これ世界に
入るキッカケになりました。
逆はやはり曙かな。
着任で提督自身に毒を吐くのは
この娘ですからね。

6: コノハ 2018-07-16 06:36:24 ID: Jk0ye8yu

続き待ってるぜ!

7: SS好きの名無しさん 2018-08-09 08:32:55 ID: zOcaea5g

ただのキャラヘイトか
心が狭すぎると思う

8: SS好きの名無しさん 2018-08-26 14:49:00 ID: ykE3-8ny

こうやって、トンスル・B地区に
いいように使い捨てられる
社畜奴隷日本人が出来上がるんですね。
わかります。

9: 芝犬 2018-10-05 01:53:59 ID: XpS9MMSj

好きなんだがなぁ


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください