2018-07-19 01:08:33 更新

概要

今回はソビエトが大嫌いな提督とタシュケントのお話です


前書き

初めましての方は初めまして! クソ文才たくちゃんでございます!
艦娘のキャラ崩壊注意です!


・・・昔、祖母が戦争の話をしてくれたことがあった




もう何年も前のことで、正直、おぼろげにしか覚えてはいない




でも、これだけは覚えていた




『ソ連という国は卑怯で悪い国だ』と




その時祖母は『占領』だの『満州』だのと言っていて、俺にはあまりわからなかった




そうして俺が戦争の歴史なんか教わる前に、祖母は亡くなった




・・・何年かして、授業で戦争のことについて教わった




戦争はいけませんよ、とか悪いことなんですよ、とかいう当たり前のことをはいはいと聞き流していた




そうしてぺらぺらと教科書をめくっていると、ある文字が目に入った




『八月八日  ソビエト連邦が日本に宣戦布告』





あぁ、祖母が言っていたのはこれか、と思った




でも最初は何も悪いこととは思わなかった




日本は戦争をした、それを止めるために参戦するのことの何が悪いのか、と




それを後で先生に聞いたんだ、そうしたら・・・




『確かにそうよね、でもね』




『その裏で、多くの無害な一般の人々が殺されて、拉致されて、乱暴されたの』




『それも大勢の人がね』




それってアメリカの人たちだって…日本の人ですらやってたんでしょ?って




そうしたら先生、ちょっと困った顔して言ったんだ




『そうね、確かにそう  でも本当は絶対にしちゃいけないことなの』




『…たぶん、君のおばあちゃんが卑怯だって言ったのはね、ソビエトが参戦した日にあると思うの』




『あなたはもう見てると思うけど、終戦が8月15日なのよ、それでソビエト参戦がちょっと前の8日』




『アメリカやイギリスの人たちは何年も必死になって戦ったのに、ソビエトは大した犠牲も出さずに戦勝国になったのよ』




『そのどさくさに紛れて、今も北方領土を強引に占領しているのもあると思うわ』




『私もその当時を知っているわけじゃないから、本当に気になるなら本を読むといいわ』




『色々と参考になるでしょう』




それから俺は狂ったように本を読んだ




ソビエトの歴史から社会主義とは何たるかまで




当時小学生だった俺には難しすぎたが、辞書を引っ張り、人に尋ね、あの手この手で読み進めた




結局よくわからなかった




けど、当時のソビエトへの恐怖感ともいうべき人々のソビエト批判と




祖母の夫…つまり俺の祖父がシベリアで抑留されたという事実を聞いたことは




元々あったソビエトが悪だという認識を




ソビエト、そしてその後であるロシア…ひいては社会主義という考え方を嫌悪する理由には十分すぎた




ソビエト、ロシア、ロシア語etc・・・ 関係するものすべてを嫌悪した




すべてを汚物のように考えた




滅ぼすべきものに思えてきた




そこから戦争を知るうち、国を守る仕事に興味を持ち




紆余曲折を経て




俺は国を、海を守る提督になっていた











提督「それじゃあ、行ってくるよ」




提督「きちんと留守番していてくれよ」




暁「お留守番くらい簡単よ!」




響「そういってこの前不用心にお湯に触ってやけどしたのはだれだったかな」




暁「あ、ちょ、響!?」




雷「暁は本当におっちょこちょいなんだから!」




電「なのです!」




暁「な、なによぉ…!」




提督「ははは、泣くな暁、お土産にキャンディーを買ってやるから」




暁「本当!? …って子供扱いしないでよ!」




提督「ま、とりあえず行ってくるよ」




第六駆逐隊「「「「行ってらっしゃーい!」」」」




提督「おう、行ってきます」




ギィ・・・  バタン!









・・・本営




提督「…は、い…?」




中将「まぁ、驚くのも無理はないか」




中将「明日より、君の鎮守府にロシア艦…嚮導駆逐艦タシュケントが着任することとなった」




提督「…どうしてですか!?」




中将「…どうして、とは?」




提督「中将もご存じでしょう、俺は…!」




中将「あぁ、承知の上だ」




提督「だったらなぜ!!」




中将「お前は駆逐艦と軽巡クラスの運用に長ける…まぁようは面倒見がいいんだ」




中将「不満が出ないような遠征、出撃、哨戒のローテ組み、信頼度等々…」




中将「駆逐艦を配属させるとなるとお前が一番なんだ」




提督「別に面倒見のいいのは俺の他にもいるでしょう!?」




中将「…これは元帥たっての希望なんだ」




提督「げ、元帥が…?」




中将「あぁ、元帥は君を大変大事に思っているらしくてな」




中将「だから君を信頼して優先的に配属させたんだ、わかってくれ」




提督「………わかりました」




中将「そうこの世の終わりみたいな顔をするな、用件がない時は喋らないようにするとかあるだろ」




提督「………はい」




中将「はぁ……」




提督「………では失礼しますね」




中将「あ、おい待て  間違っても解体なんかするんじゃないぞ!」




提督「………はーい…」




ギィ・・・ バタン!




・・・




提督「フゥー・・・」




友提「絶望感がひしひしと伝わってくるな」




提督「…おう、友じゃねぇか、おひさ」




友提「おう、久しぶり …で?やっぱりソ連艦の件か?」




提督「それ以外ねぇだろ、ったく…」




友提「そうキレるなよ、せめて隠す努力をしろ」




提督「はっ、無理無理 ソ連?ロシア?マジ無理」




友提「…ほんっと変わんねぇなおい」




友提「そんな無理か?ロシア」




友提「美人さん多いぞ? 寒いけど観光地も多いぞ?」




提督「どうでもいいわ、そんなん」




友提「…まー、いくら嫌いだからって問題は起こすなよ」




提督「それはない、俺の優等生っぷりを舐めるな」




友提「知ってる」




友提「…そういえばどうだ? 俺この後暇なんだけど…飲みに行かないか?」




提督「そうだな…俺も結構かかると思って遅く帰ると伝えちまったからな」




提督「そうだな、行くか」




友提「よし来た! 呼べる奴がいたら誘うか!」




提督「久々だなぁ、こういうの!」




友提「だよな、楽しもうぜ!」




・・・











ピンポーン




雷「…司令官かしら!」




電「ダメなのです! 狼さんなのかもです!」




暁「あはは!あんなのふぃくしょんってやつよ! 恐れることなんてないわ!」




天龍「おい、そうやってお前みたいに油断するのが狼に食われるんだぞ」コツッ




龍田「そうよ~、気をつけなさい?  …それで、この子はどなたなのかしら?」




雷「私たちと同じくらいかちょっと大きく見えるわね…艦娘かしら?」




天龍「あン?この俺ですら知らない艦娘なんているかよ」




電「でもこんな時間にここに女の子が来るのは変なのです!」




天龍「あー…確かにな」




響「何の騒ぎだい?」




天龍「おう、どこ行ってたんだ?」




響「少しお花をつみにね …それで?」




天龍「あぁ、このインタホンの子なんだけどな…」




響「っ!! タシュケント、タシュケントじゃないか!」




龍田「あら?知り合いなのかしら?」




響「あぁ、元ソビエトの艦だよ 直接の面識はないけど、彼女のことはよく耳にしたからね」




天龍「そうだったのか、なら事情はともかく、一度入れてみるか」




電「なのです!」




・・・



タシュケント「まずは自己紹介から 私の名前はタシュケント、空色の巡洋艦と呼ばれてもいたよ」




タシュケント「こんな時間にすまないね、艦隊諸君」




天龍「まったくだ、必要以上に警戒しちまった」




龍田「それで~? どうしてこんな時間にここに来たのかしら~?」




タシュケント「うん、実は私は明日からここに着任することになったんだ」




艦娘s「「「マジ!?!?」」」ズイッ




タシュケント「う、うん、本当だよ…」




タシュケント「どうしてそんなに驚くんだい…?」




雷「ここ最近ここにはあまり着任してくる子がいなかったからね、軽巡クラスは」




電「なのです! 空色の巡洋艦さんは頼りになりそうなのです!」




タシュケント「あ…すまない、空色の巡洋艦というのはただの異名でね…」




タシュケント「実際は君たち駆逐艦とあまり変わらないんだ」




天龍「…にしてはでけぇな」




タシュケント「嚮導駆逐艦、いうなれば駆逐艦と軽巡の間のようなものだからね」




天龍「ほーん」




天龍「まぁなんにせよ戦力が加わるのは大歓迎だ、よろしくな、タシュケント」




タシュケント「あぁ、よろしく頼むよ…えーーっと…」




天龍「俺の名前は天龍だ」




タシュケント「テンリューね、覚えたよ …その眼帯、かっこいいね!」




天龍「お、話の分かるやつが来たなぁー!!」




暁「やばい、天龍さんが調子に乗るわ…!」




龍田「あら~これは面倒ね~」




雷「…あら? そういえば響は?」




電「ほんとなのです、いざとなったら恥ずかしくなったのですかね?」





・・・




響「…どうしてだい」




提督『…何のことだ』




響「とぼけるな、あなたはソビエトが大嫌いなはずだ」




響「だからこそ私を『ベールヌイ』と表記しないようにしてるんだろ」




響「あなたの勝手なエゴを押し付けたんだろ」




響「…なのにどうしてタシュケントなんて武勲艦なんか…!!!」




提督『…そうか、もう奴が来たのか』




提督『…落ち着け、いや落ち着いてくれ、響』




提督『俺だって不本意なんだ…大本営の奴らに押し付けられた』




提督『しかも元帥からの推薦だ…断り切れなかったんだ…わかってくれ…』




響「…司令官はそれでいいのかい?」




提督『…組織に属する以上、上の言うことは絶対だ…』




提督『…それが元帥の言葉となれば…なおさら』




響「そうかい」




響「…付き合い方はよく考えておくんだね」




提督『…わかってる』











・・・翌日





提督「…というわけで、本日付けで着任したタシュケントだ、仲良くしてやってくれ」




タシュケント「ご紹介にあずかったタシュケントだよ、よろしくね!」




パチパチパチパチ!!!




提督「名前からなんとなくわかるだろうがソビエトの艦だ」




提督「そうだな…せっかくだから響、面倒を見てやってくれ、案内とかな」




タシュケント「案内ならもうすんでるよ! 昨日みんなが親切に案内してくれたからね!」




提督「…そうか」




提督「それでは解さ…「ちょっと待って司令官!」




提督「ん?どうした雷」




雷「タシュケントさんの歓迎会とか、しないのかしら?」




提督「…」




雷「ほら、いつも新しい子が来たらやるじゃない!」




提督「あぁ…すまないんだが、少しバタバタしていてな…」




提督「お金は渡すから、俺抜きでやっていてくれ」




卯月「えー! 司令官の余興楽しみだったぴょーん!」




水無月「うーちゃんはおちょくるネタが欲しいだけだろう?」




卯月「な、なぜバレたっぴょん…!?」




弥生「バレバレ…」




提督「ごめんって」




如月「ちょっと悲しいわねぇ~」




電「でも、司令官さんに無理は言えないのです」




提督「ありがとな、電」ナデナデ




電「えへへ」




提督「それじゃあ俺は執務を始めるよ、じゃあな」







・・・執務室




提督「…」カリカリカリカリ・・・




タシュケント「♪~」




提督「…」




タシュケント「♪~」




提督「…おい、どうしてここにいるんだ?」




タシュケント「昨日大方説明されたからね、暇なんだ」




提督「そうか」




タシュケント「もうちょっと反応したらどうだい?」ツンツン




提督「…見てわからないか、執務中だ」




提督「お前が入ったことで新しい訓練やローテを組む必要があるからな」




提督「せっかくだ、こんなところじゃなくてアイツらと遊んでこい」




タシュケント「お心遣いはありがたいけど、私は同志と一緒にいたいんだ」




提督(…は?)




タシュケント「書類だけじゃ君がどういう人間なのかわからないからね」




提督「あまり執務を邪魔されたくないんだ、頼むから出ていってくれ」




タシュケント「…むぅ、しょうがないなぁ」




提督「すまないな」




ギィ・・・ バタン!




提督「…」




提督「……目的は何だ…盗聴器でも仕掛けたのか…」





提督「なんにせよアイツとはあまり…」




タシュケント「…ごめんね同志!言い忘れていたことが…」バァン!




提督「っ!? …な、なんだ急に…ノックくらいしてくれ…」




タシュケント「あぁ、ごめんね」




提督「…それで?何の用だ」




タシュケント「えっと…天龍から秘書艦をやれって言われたんだけど、どうすればいいかな?」




提督「…はぁ!?」




タシュケント「い、いや…かな…?」




提督(…ここで断ったら、アイツらにも流石に怪しまれるか)




提督「…いいだろう、だが引継ぎはそっちでやってくれ」




タシュケント「うん! わかったよ同志提督!」




提督「…それから、その『同志』っていうのはやめてくれないか」




タシュケント「? どうしてだい?深海棲艦を倒す同志じゃないか」




提督「…とりあえずやめてくれ、頼む」




タシュケント「う、うん、わかったけど…」





















・・・一週間後







タシュケント「ふぅー疲れたね! さ、報告しに行こうか!」




電「すごいのです!あんなに倒しちゃうなんて!」




暁「わ、私だって本気出せばこれくらいできるわよ!」




天龍「いや驚いたな、まさかここまで強いとはな」




タシュケント「いやいや、みんなのおかげさ! 今日だって上手く当たっただけさ」




雷「謙遜しないでいいのよ! ほんとにすごかったわ!」




タシュケント「そういってもらえると嬉しいな! …提督、入るよ?」コンコン




ガチャ・・・




提督「…おう、お疲れ」




天龍「ほい、戦果はこんなもんだ、まぁいつも通りだが…」




天龍「タシュケントのおかげでかなり順調に…」




提督「そうか、それはよかった」




提督「今日のMVPは天龍、お前だ」




天龍「…は?」




天龍「おいおい、ちょっと待てよ、そんなわけないじゃねぇか」




天龍「ここにいる全員、タシュケントがMVPだと思っていると思うが」




提督「天龍は指揮を執って、味方に被害を出さず、その上ターゲットを取りつつダメージも取っている」




電「確かにそうですけど…」




提督「戦果に目が眩むだろうが、総合的に見れば天龍だと俺は判断したが」




天龍「確かにそうかもしれないけどよ…」




天龍「一応、着任してすぐだぜ…?ちょっとくらい優遇してやってもいいじゃんか」ヒソヒソ




提督「…」




提督「…ま、みんなが言うならしょうがないさ」




提督「MVPはタシュケントに変更だ、ほら、特別に間宮券をやろう」




タシュケント「おぉ!これが噂のマミヤだね!? やったぁ!!」




提督「よし、解散!」




艦娘s「「「了解!」」」




・・・




電「今日はタシュケントちゃんのおかげで早く終わったのです!」




暁「そうね! 今日はちょっとだけ遊ぶ時間が増えたわ!」




雷「…響、どうしたの? さっきから喋らないけど…」




響「…ん?」 




暁「具合でも悪いの?」




響「いや、特に何でもないよ、大丈夫さ」




雷「そう?ならいいんだけど」




暁「そういえば、なんか司令官、ちょっとレディに冷たくないかしら」




電「…それ、電も思ったのです、最近怖いというか…」




雷「私、心当たりがあるわ!」




電「ほんとなのです!?」




雷「競馬とかパチンコで負けたのよ!! なによもぉ、司令官ったら言ってくれればお金ならあげるのに~」




暁「うわでた雷のヒモ養いたい欲求…!」




電「絶対司令官さんにそんな時間無いと思うのです…」




雷「…確かにそうね」




雷「まぁ、司令官には司令官の事情があるんでしょう、あまり詮索しないほうがいいわよ」




暁&電「「そうね!(なのです!)」」




響「…」





・・・執務室




タシュケント「ただいま、提督!」




提督「…おかえり、そのまま帰っても良かったんだぞ」




タシュケント「お気遣いありがとう、でも私も執務しないとね! 秘書艦だし!」




提督「そうか、勤勉なことだ」




提督「…」カリカリカリカリ・・・




タシュケント「…」カリカリカリカリ




提督「…」カリカリカリカリ・・・




タシュケント「………いつもの執務も、こんなに淡々とやっているのかい?」




提督「…どうしてそう思う」カリカリカリカリ・・・




タシュケント「だって…静かすぎないかい?」




提督「…話す必要があることがあるのか?」カリカリカリカリ・・・




タシュケント「あ…そうだよね  ごめん…」シュン・・・




提督「…」














・・・タシュケントの部屋




タシュケント「…そうそう、そんな感じさ」




タシュケント「うん、そっちも二ホンには慣れたかい?」




タシュケント「ガングート」




ガングート『ぼちぼちといったところだな』




ガングート『皆いい奴らだ、提督のスキンシップがいささか過ぎるがな』ハハハ




タシュケント「…そっか、よかったね」




ガングート『あぁ  …っと、少し呼ばれた、切るぞ じゃあな同志タシュケント』




タシュケント「うん、じゃあね」




ツー… ツー・・・ ツー・・・




タシュケント「…はぁ……」ボスッ




タシュケント「ガングートは……いいなぁ」








・・・数週間後  訓練所





タシュケント「…もう一回、お願い!」  龍田「いいわよぉ~、何回やっても同じだろうけど」




ドォン・・・  ドガァァン・・・




提督「…」




天龍「珍しいな、お前が訓練所に来るなんてな」




提督「天龍か  執務が一通り終わったから見に来たんだ」




提督「…まぁ、みんな上がった後だったみたいだが」




天龍「タシュケントはやってるだろ」




提督「…まぁそうだな」




天龍「アイツ、根性あるよ」




天龍「龍田の訓練、ただでさえキツいのに、居残って回避訓練だぜ?」




天龍「俺でもそこまでやる気ねえよ」




提督「そうか」




天龍「アイツは絶対に強くなる、俺はそう思う」




天龍「それに、アイツが来てからみんなの士気も上がったみたいなんだ」




提督「…」




天龍「タシュケントがあんだけやってるんだからって」




天龍「おかげでこっちは教官役大変だよ、まぁ嬉しい悲鳴だけどな」




提督「そうか」




天龍「…提督…? どうしたんだよ」




提督「帰ろうと思ってな、いい休憩になった」




提督「じゃあな、天りゅ…」ガシッ




天龍「…なぁ、どうしちまったんだよ、提督」




提督「…?」




天龍「アイツが来てからなんか変だぜ提督」




天龍「冷たくなったよ…」




提督「…そうか?」




天龍「というかよ…あのタシュケントにだけ、相当冷たく当たってないか?」




天龍「提督、アイツのことになると急に目が怖くなんだよ」




天龍「えこひいきがよくないとか、そういうことじゃなくてよ…」




天龍「一応駆逐共をまとめる役として、あんまりよくねぇんじゃねぇかって思うんだ」




天龍「文月とか、その辺は時々提督が怖いとまで言っていた…」




天龍「提督として、そういう態度、どうなんだよ」




提督「…そうか、そうだったな」




提督「こいつらは知らないんだったな」ボソッ




天龍「あん?」




提督「…いや、確かにその通りだな」




提督「俺も色々とあって接し方がきつかったかもな」




天龍「そっか、提督にもあんのか色々と」




提督「あぁ だがありがとう、天龍」




天龍「おうよ、俺らだけじゃなくて自分のメンタルケアもしっかりな」




天龍「疲れたらキチンと休めよ!」




提督「あぁ」




・・・




提督「…ハァ」




タシュケント「…どうしたんだい提督、ため息なんかついて?」




提督「うぉ!? け、気配を出せ気配を…」




タシュケント「あぁ、ごめんね」




タシュケント「そんなことより聞いてよ、提督!」




提督「あぁ…? なんだよ」




タシュケント「さっき龍田との演習で練度が70になったんだ!」




提督「そうか、よかったな」




提督(二ヶ月ほど前に練度1でここに来たと思うと相当頑張ってはいるんだな)




提督「おめでとう、いい戦力になりそうだよ」




タシュケント「うん……ありが、とう…」




提督「…」




タシュケント「…ねぇ、提督って」




提督「……そろそろ行かないと」




提督「じゃあn「待って」ガシッ




提督「…あ? 離せよ」ブン




タシュケント「…ご、ごめん…」




タシュケント「…ねぇ、提督は私のこと、嫌いなのかい…」




提督「…はぁ?」




タシュケント「ずっと避けられている気がするんだ…私にだけ冷たいし…」




提督「…そうか?」




タシュケント「…ごまかさないでくれ!! わざとだろう!!」




提督「…」




タシュケント「ねぇ、答えてくれよ、提督!」




提督「…いいから離せって…!」




タシュケント「答えてよ!!」




提督「…あぁ、そうだよ!!」




提督「お前のことが嫌いだよ、大嫌いだ!」




提督「俺はお前を歓迎など一度もしていなかった!」




提督「なんで俺の所にソビエト艦が来るんだ…!!あれほど嫌いと言っていたのに…!!」




タシュケント「…私がソビエト出身だから嫌っているのかい…!?」




提督「あぁそうさ、お前がどんな人間だろうと関係ない」




提督「お前がソビエト出身だというだけで、お前を嫌う理由には十分だ!!」




タシュケント「そんなのひどいよ…! 私は…!」




提督「お前がどうかじゃねぇんだよ!! 俺は大嫌いなんだよ!!」




タシュケント「提とっ…!」




提督「近づくな、気色悪い…!!!」ドン!




タシュケント「…うわっ…!?」ドサァ・・




提督「いいか、これからは顔を見せるな! 俺につきまとうな…!」




提督「…チッ」スタスタ




タシュケント「そんな…提督…!」




タシュケント「…なんで、そんなことで…!」




タシュケント「ただ、生まれた国がそうだっただけで…そんなに嫌うんだ…」




タシュケント「私は… 提督のために…!」




タシュケント「今まで…頑張ってきたのに…!!」












・・・翌日




提督「…以上か」




電「タシュケントちゃんは調子が悪いのでお休みなのです…」




提督「…連日の疲れが溜まっていたんだろ、安静にするよう言っとけ」




電「は、はい…」




提督「それでは遠征よろしくな!」




第六駆逐隊「「「「…了解です!」」」」





・・・洋上




電「…タシュケントさん、心配なのです」




雷「そうね、でも司令官の言う通り頑張り過ぎだったと思うわ」




天龍「そういえばアイツ、昨日の訓練でとうとう練度70になったぜ」




電「マジなのです!? すごいのです!!」




天龍「…まー、そのせいで体壊しちまったのかもしれないけどなー」




暁「それだけ頑張ってると、やっぱり司令官からご褒美とかもらえたりするのかしら?」




天龍「…」




暁「…天龍さん…?」




天龍「…いや、何ももらっていなかったはずだ」




暁「そ、そうなの…? ちょっと可哀想かも…」




電「…前からずっと思っていたのですけど…司令官ってやけにタシュケントちゃんに冷たくないですか?」




天龍「…」




電「司令官にも色々とあるのでしょうけど…流石に可哀想というか…」




天龍「…実はな、俺もそう思って昨日提督に言ったんだよ」




雷「そうだったのね…それでどうだったんですか?」




天龍「…一応、わかったとは言っていたから、大丈夫だと思うが……」




天龍「…それにしてもマジでどうしたんだろうな、提督は…「…ちょっといいかい」




天龍「どうした、響」




響「…正面…あれって深海棲艦じゃないかい…?」




天龍「っ…! マジじゃねぇか、戦闘準っ!?」




ドガァァン!!




・・・執務室





提督「…なんだと!?」




提督「…状況は   …了解した、遠征は直ちに中止、即刻帰投せよ」




提督「こちらからも迎撃部隊を向かわせる、それまで全速力で後退し続けてくれ!」




ガチャン




提督「まさかあの遠征ルートにも深海棲艦が出るようになったとは…」




提督「…今はほとんどが遠征に出払っている…ここにいるのは龍田、菊月、三日月、望月…」




提督「…それ以外は練度的に不足しているし…」




提督「かといって四隻では不安がある……」




提督「………」




提督「…仕方ない、か」




・・・




コンコン




提督「…タシュケント、いるか」




「………」




提督「…まぁいい、一つ頼み事がある」




提督「現在、天龍達が深海棲艦の攻撃を受けている」




提督「…天龍が中破、電も中破手前という状況だ」




提督「…頼む、迎撃に出てはくれないか」




「………」




提督「……体調が悪くて無理だというなら構わない、龍田たち四隻で出てもらう」




提督「…すまない、邪魔したn「…いいよ」ガチャ・・・




提督「本当か!?」




提督「だが体調は大丈夫なのか?」




タシュケント「…ありがとう  でも、大丈夫だよ」




タシュケント「龍田たちは、どこに?」




提督「もう出撃準備をして埠頭にいるはずだ」




タシュケント「わかった、すぐに行くよ」




提督「…ありがとな」




タシュケント「…うん! どういたしまして!」




・・・








天龍「クッソー、俺としたことが油断しちまった…」




提督「敵がいることなんて予想外だ、そう気を落とすな  それより入渠して早く傷をいやせ、な?」




天龍「あぁ、サンキュー 行ってくるぜ」




提督「電も行ってこい、暁は…」




暁「レディはこのくらい平気よ…!」小破




提督「…ありがとな、暁」ナデナデ




暁「ん!」




提督「迎撃に出た五人もありがとう! おかげでほとんど被害を出さずにすんだ!」




提督「ついてはとりあえず…間宮券でいいか?」




龍田「いつも間宮券でマンネリね~」




提督「すまん、こんくらいしかなくてな…」




三日月「私は嬉しいですよ! ね、もっちー!」




望月「ん、まあそうね、すごく嬉しい」




菊月「…お前本当にそう思っているのか…?」




提督「あはは…」




提督「…それじゃ解散! 今日はあとオフ!」




艦娘s「「「はーい!」」」




ガチャ・・・ ゾロゾロ・・・ バタン




提督「…何やってるんだ?」




タシュケント「あ、執務、するね?」




提督「帰っていいぞ」




タシュケント「…」




提督「それほど仕事も残っていない、お前も疲れているだろう 帰って休め」




タシュケント「…うん」




タシュケント「…ねぇ、提督、無駄話くらい…」




提督「帰れ」




タシュケント「…っ…!  くっ…」ダッ!




バン!




提督「…開けたら閉めろや  ったく」




響「…いいかい、司令官」




提督「…あぁ、響か  どうした」




響「そろそろやめたらどうだい、その態度」




提督「…」




響「艦隊のみんなも司令官を訝しんできた」




響「それにタシュケントは大事な戦力じゃないか」




響「司令官の好き嫌い云々関係なく、彼女が欠けるのは…」




提督「…ソビエトのよしみか?」




響「…っ」




提督「お前はこっちだと思っていたんだが、残念だよ」




響「…そういう問題じゃない! 万一このままタシュケントを冷遇して…」




響「それで君が報告されたらどうするんだい!?」




提督「…アイツが? ないない」




響「決してゼロじゃない…!! 司令官、お願いだから「黙れよ、ベールヌイ」




響「…」




提督「…忘れるなよ? 俺はお前をアイツと違ってなんの遠慮もなく解体できるんだぞ」




響「…そんなことをしてみろ、暁たちが黙っちゃいない…!」




提督「…確かにそれもそうか、アイツらの悲しむ顔は見たくないな」




提督「…ま、やらないなんて保証はないがな」




響「…司令官…」




提督「安心しろ、お前が響である限り、お前を冷遇はしない」




提督「さ、はやく帰れ」




響「…わかったよ」




響「…司令官」




提督「なんだ?」




響「…後悔だけはするなよ、собака」




提督「…」




ガチャ・・・ バタン










・・・タシュケントの部屋




タシュケント「ハァ・・・ハァ・・・ どうしてだい、提督…!」




タシュケント「どうして私にそんな態度をとるんだい…」




タシュケント「私は、君のために頑張ってきたってのに!!」




提督人形「ボロボロ・・・」




タシュケント「пиздапиздапиздапиздапизда!!!」ドスッドスッドスッ




タシュケント「ハァ…  ハァ……」




提督人形「グチャグチャ・・・」




タシュケント「Я хочу быть с тобой всегда…」




タシュケント「…もういいよ」




タシュケント「君のことが大好きだ」




タシュケント「…でも、それ以上に君が憎い」




タシュケント「君が欲しい、でも君を壊したい」




タシュケント「…あれ…? もしかして…」




タシュケント「…あぁ、いいことを思いついた」




タシュケント「…そうだよ! 最初からこうすればよかったんだ!」




タシュケント「ははっ!  あっはっはっはっは!!!」




タシュケント「その顔、絶対に絶望で歪めてあげるからね! 提督!!」









後書き

続くよ!ソビエトは続かなかったけどな!HAHAHA!(英米並感)
コメントもらえると作者が喜びます


このSSへの評価

9件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-07-18 08:12:52

CQC中毒さんから
2018-07-18 07:23:48

楽々会長さんから
2018-07-18 06:22:15

SS好きの名無しさんから
2018-07-17 12:40:08

2018-07-17 03:10:13

かむかむレモンさんから
2018-07-17 02:47:05

SS好きの名無しさんから
2018-07-17 00:36:27

SS好きの名無しさんから
2018-07-14 13:57:34

SS好きの名無しさんから
2018-07-14 03:55:10

このSSへの応援

7件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-07-18 08:34:37

CQC中毒さんから
2018-07-18 07:23:52

楽々会長さんから
2018-07-18 06:22:17

SS好きの名無しさんから
2018-07-17 02:47:06

SS好きの名無しさんから
2018-07-17 00:36:23

SS好きの名無しさんから
2018-07-15 13:16:27

SS好きの名無しさんから
2018-07-14 13:57:35

このSSへのコメント

12件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-07-16 01:47:44 ID: S4wrqhps

更新待ってます!

2: SS好きの名無しさん 2018-07-16 20:46:10 ID: XOd5x8Jb

ソビエトは続かないは笑った

3: SS好きの名無しさん 2018-07-16 21:09:45 ID: Q-K90XeI

ソビエトは続かないw
更新乙です

4: たくちゃん 2018-07-17 00:53:51 ID: RE0KfVk4

皆さん、コメントありがとうございます!
1さん
ありがとうございます!
本編もう書き終わってるのでポンポンと上げていきたいです!

2さん
頑張って考えましたw

3さん
ありがとうございます!

5: かむかむレモン 2018-07-17 02:47:25 ID: xe6-K_TM

もう待ちきれないよ!早く(続き)出してくれ!

6: 陽炎型駆逐艦万歳!! 2018-07-17 03:11:23 ID: HScDlsuS

タシュケントの前でソヴィエト旗燃やしたら可愛いのかな…(屑)

7: SS好きの名無しさん 2018-07-17 05:26:59 ID: QF64dDor

いやほ今のロシア共産党は結構強いから(尚ソ連共産党は嫌いという党風の模様)

8: たくちゃん 2018-07-18 02:30:13 ID: ex_O576N

皆さん、コメントありがとうございます!

5さん
あ、待ってくださいよ
あげるわあなたに^~(毎日ちょっとずつ投稿)

6さん
あ^~いいっすね~!! タシュケントと言わずソビエト勢全員の前でやりたいぜ(ド畜生)

7さん
そマ・・・? やっぱどちらにせよロシアは敵だってはっきりわかんだね

9: CQC中毒 2018-07-18 07:25:44 ID: 4orI_Yqv

お、面白い…
ついつい読み進めちゃいますね(*´・∀・)ノ

更新楽しみにしてます♪

10: SS好きの名無しさん 2018-07-18 12:18:59 ID: IGTV-voF

サバゲーマンです
更新ご苦労様です。外国嫌いの提督か~面白いなんだかタシュケントが可愛そうな感じがするな~響以外は心配?しているのは、分かるけど響だけは、分からないな~まぁ、この先分かるでしょう楽しみにしています。

11: たくちゃん 2018-07-19 01:18:03 ID: OgJWEqI6

9さん、コメントありがとうございます!
ありがとうございます!頑張ります!

10さん、コメントありがとうございます!
外国というかソビエト(ロシア)嫌いですね~
響は日ソどちらでもありますし事情も知っていますからね、複雑ッ!

12: SS好きの名無しさん 2018-07-19 01:30:27 ID: 3onvU_0c

サバゲーマンです
更新ご苦労様です。タシュケントがやばいな~ヤンデレ化?しているのかな。楽しみです。あ、そういえば、外国版のヤンデレ化読むの初めてかも次回の更新楽しみにしています。


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください