2018-10-13 11:57:24 更新

概要

ある日の生徒会室、普通に近付き話し掛けようとした七条アリア、その声に気付き振り向く津田タカトシ。振り向いた刹那七条アリアの唇が津田タカトシの頬に触れた。そこから始まる七条アリアの恋。果たしてその恋の行方は?


前書き

はじめまして。私はここななかと申します。まだまだss初心者ですが、頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。タカ×スズやタカ×アリが好物です。更新はゆっくり、まったりしていきます。



生徒会室



アリア「ねえねえ、津田くん」トントン


タカトシ「はい?」クルッ



チュッ



タカトシ・アリア「「ッ!!?」」


バッ


アリア「ご、ごめんね!?大丈夫!?」


タカトシ「い、いえ!?大丈夫です!」


ガチャ


シノ「お、アリアに津田、早いな。何してたんだ?」


タカトシ「な、何もしてませんよ!?」


アリア「う、うん!何も、うん何もしてないよ!?」


シノ「ん、うん。そ、そうか…」


スズ「どうかしたんですか?会長?」


パタン


シノ「さあ?」


タカトシ「ははは…」ドキドキ


アリア「あはは…」ドキドキ


シノ「まぁいい、みんな席につけ。生徒会の仕事始めるぞ」


スズ「はい」


アリア「うん」


タカトシ「はい」


シノ「さて本日は…」


圧倒的省略!!


シノ「…というわけだ。本日は以上だ。わかったか?」


タカトシ「………」ポケー


アリア「………」ポケー


スズ「津田!何ボケっとしてるのよ?ちゃんと聞いてた?」


タカトシ「え?あ、うん!大丈夫だよ!」


シノ「ん?アリア…何ポケーっとしているんだ?聞いてたか?」


アリア「え?何?」


シノ「大丈夫か?津田はともかく、アリアが呆けるとは…何かあったのか?」


アリア「え、あ、うん。ごめん、ちょっとお手洗い行ってくるね」


ガチャ  パタン


シノ「あ、ああ?」


スズ「もう、しっかりしてよ?」


タカトシ「ああ…」



アリアサイド  お手洗い場にて


アリア「………(ど、どうしよう!つ、津田くんのほっぺにキスしちゃった。は、恥ずかしい…。男の子に、しかも津田くんにキスしちゃうなんて……ハッ!と、とにかく平常心平常心!)」


アリア「顔は…大丈夫。紅くなってないしにやけてもない…よし戻ろう!」



生徒会室へ


ガチャ  パタン


アリア「お待たせー」


シノ「もう平気か?」


アリア「うん大丈夫だよ。危なかったよぉ…もう少し遅かったら大変なことになってたよ」


シノ「まったく。我慢もほどほどにな?漏らしてからじゃ遅いからな」


アリア「そうだね。あれ?スズちゃんと津田くんは?」


シノ「ん?ああ、萩村は畑に呼ばれて出て行ったぞ?津田は先程の書類を提出しに行ってもらっている」


アリア「あ、そうなんだ」


シノ「うむ」


アリア「シノちゃん、お茶とコーヒーどっちがいい?」


シノ「では眠気覚ましにコーヒーを頂こう」


アリア「りょうかい♪今準備するね」



タカトシサイド  渡り廊下にて




タカトシ「………。(七条先輩にキスされた…頬だけど。まさかあんなに顔を近付けてたなんて…。それにしても七条先輩の唇柔らかかったなあ……ハッ!何を考えてるんだ!オレは!)」ブンブン


タカトシ「とりあえず冷静に。いつも通り、ツッコミして1日を終える!よし!」



書類の提出を終え生徒会室へ


ガチャ  パタン



タカトシ「ただいま戻りました」


シノ「ご苦労だったな津田」


アリア「コーヒー…飲む?」


タカトシ「はい、いただき…ます」


アリア「う、うん。ちょっとまっててね」


シノ「なあ、二人とも何かあったのか?」


タカアリ「「ッ!?」」ドキッ


アリア「な、何もないよ?」


タカトシ「な、何もないですよ?」


シノ「なら…いいんだが…」


ガチャ  


スズ「ただいま戻りました」


ランコ「萩村さん今日はありがとうございました。またお願いしますね?」


スズ「はぁ…わかりました」


ランコ「では」


パタン


シノ「おかえり萩村。何だったんだ?」


スズ「ただいまです。はい、大したことじゃないのですが…七条先輩と津田のことについて聞かれました」


シノ「津田とアリアの?」


タカトシ「なっ!?」


アリア「えっ!?」


スズ「はい、キスが…どうとか…なんとか」


タカトシ「…っ!」ズルッ(椅子から滑り落ち)


アリア「…っ!」パリン(コーヒーカップを落としてしまい)


シノ「お、おい!大丈夫か!?」


スズ「雑巾!雑巾!」


アリア「う、うん!ごめんね!」


タカトシ「す、すみません!足を滑らせてしまって…」


役員共片付け中


数分後


アリア「スズちゃん」


スズ「はい?」


アリア「さっきの話詳しく教えてくれる?」


スズ「はい。えっと…」


時は遡り  スズサイド


スズ「あの、畑さん話って?」


ランコ「はい。実は…七条さんが副会長に気があるという噂が流れているんですが…」


スズ「あの、私は何も知りませんよ?」


ランコ「キスのことは?」


スズ「キス?あの二人が?」


ランコ「ええ。七条さんが津田副会長にキスをしていたらしいんです」ズイッ


スズ「まさか、ないですよ。そんなこと。それより…どこからそんな噂が?」


ランコ「発生源は不明ですが…私の耳に入ったものですから…(まぁ、私が目撃したので発生源もクソもないんですがね)」ニヤリ


スズ「私は初耳ですよ?もしかして…畑さん…また何か企んでませんか?」


ランコ「おほほほ!まさか。まぁわかりました。そういうことにしておきましょう」



そして 現在



スズ「…という噂が流れているみたいで」


シノ「まったく。私の次はアリア…畑のヤツめ」


アリア「こ、困ったねー」アセアセ


タカトシ「ま、まぁ…所詮噂ですから…」ドキドキ



タカアリ「「………。(畑さんを捕まえないと!)」」


シノ「そうだな。まぁ気にするコトはないだろ」


スズ「ですね。どうせ、またあの人が勝手にでっち上げたものでしょうし…」


シノ「ああ。だから二人とも気にするコトはないz…」


ガタッ


アリア「き、教室に忘れ物しちゃったから取りに行ってくるね!」


シノ「え?」


タカトシ「そ、そういえば三葉に渡す物が!」


スズ「へ?」


アリア「すぐ戻るから!」


タカトシ「オレも!」


ガチャ  パタン


シノスズ「「………。」」ポカーン


生徒会前にて


タカトシ「…。」コクン


アリア「…。」コクン


畑さん捜索中


数分後  空き教室にて



タカトシ「これで全部ですか?」


アリア「もうない?」


ランコ「はい。それで全部ですよ。(フッフッフ…バックアップは既に私のポケットの中に)」


アリア「津田くん」


タカトシ「はい」


ガシッ


ランコ「あらら?」


アリア「ポケットの中調べるね?」ニコッ


ランコ「あ、そこは…」


アリア「これは何かなぁ?」ニコニコ


ヒラヒラ(USBを手に見せて)


ランコ「オホホホ…さあ?何でしょうか?」


タカトシ「畑さん。コレバックアップですよね?」


アリア「今なら正直に言えば許してあげるよ」


ランコ「お二人の写真のバックアップが入っています」


アリア「ありがとう。コレは生徒会が預かるね」


ランコ「はい」


タカトシ「はぁ、まったく…」


ランコ「あの、そろそろ離して頂けませんか?先程から腰に硬いものが…」


タカトシ「当ててねえ!!」(離して)


アリア「津田くん。いくら欲求不満だからって擦り付けるのは…」


タカトシ「だから違いますって!」


ランコ「あの、そろそろ行ってもいいですか?」


タカトシ「はぁ…」


アリア「うん。いいよ」


ランコ「では、これで…(フッフッフ…そいつはダミー…本物は私の下着の中にあるんですよね)」


ポトッ


タカトシ「畑さーん?」ニコニコ

アリア「それは何かなぁ?」ニコニコ


ランコ「エスケープ!」


ダッ


タカトシ「あ、コラー!廊下走るな!」


アリア「次会ったらお仕置きだね。でもこれで大丈夫だね」


タカトシ「そうだといいんですが…」


アリア「さっきはごめんね…キスしちゃって」 


タカトシ「いえ!こちらこそ、急に振り向いたりして…その…すいません」


アリア「ううん、気にしないで。それに津田くんのほっぺ柔らかいことに気付けたし」


タカトシ「そんなことに気付かれても…まぁ、七条先輩の唇も柔らかかったですよ?」


アリア「え?」


タカトシ「ッ!?あ、いや!今のは特に深い意味は!」


アリア「…ねえ津田くん…唇と唇だとどんな感じなのかな?」


タカトシ「え…」


アリア「キス…してみる?」スッ


タカトシ「は…え?…なっ!?いや、あの!」


アリア「私じゃ不満?」


タカトシ「い、いえ!不満とかありませんよ!むしろ嬉しい……って、違う違う!そうじゃなくて!」


アリア「ダメ?」


タカトシ「っ…!」


アリア「津田くん…キス…しよ?」


タカトシ「……わかりました。」


アリア「…ん、じゃあ…いただきます」


タカトシ「雰囲気ぶち壊しか……んっ」


チュッ(互いの唇が重なって)


アリア「…んっ……しちゃった…ね」ドキドキ


タカトシ「は…はい…」ドキドキ


アリア「えへ…なんか恥ずかしいね…」


タカトシ「オレも…です」


アリア「この事は…二人だけの秘密だよ?」


タカトシ「はい。もちろんです」


アリア「それじゃあ戻ろっか」


タカトシ「ですね」


(空き教室から出て)


「…………」


ガチャ(掃除用具ロッカーが開いて)


コトミ「ひゃあぁぁぁ!!ど、どうしよう!」


トッキー「驚いたな…」


コトミ「た、タカ兄が!タカ兄が!アリア先輩と!き、キスを!」


トッキー「レアなもん見れたな」


コトミ「と、トッキー!」


トッキー「あ?」


コトミ「クラスのみんなには内緒だよ!」


トッキー「わかってるよ」



生徒会にて



アリア「ごめんね、お待たせ」


タカトシ「すいません、お待たせしました」


シノ「おかえり二人とも。そろそろ帰るところだ」


スズ「津田、ムツミには渡せたの?」


タカトシ「あ、うん。」


シノ「では帰るか」


アリア「うん」



解散して  各自帰宅して



圧倒的以下省略!



そして…その夜  アリアサイド



アリア「きゃあぁぁぁー!ど、どうしよー!あんなこと!」ジタバタゴロゴロ


アリア「キス……しちゃったんだ…私…津田くんと」


アリア「ふふ…♪どうしよう…私…好きになっちゃった…津田くんのこと」


サヤカ「……!(お嬢様が津田さんに恋をしていらっしゃる!)」(扉からこっそり見ていて)



タカトシサイド



タカトシ「………。」ポケー(アリアの写真を見て)


タカトシ「七条先輩……キス……した……ヤバい……唇にまだ感触が……」


タカトシ「マズイマズイマズイ…七条先輩の顔が頭から離れない……七条先輩」ポー


コトミ「……。(はわわ!タカ兄が恋してる!)」(扉からこっそり見ていて)



シノ&スズサイド



シノ「で、どう思う?萩村」(通話中)


スズ「うーん…確かに津田と七条先輩の様子が変でしたが…考え過ぎでは?」(通話中)


シノ「甘い!甘いぞ!萩村!あの二人絶対何かあったぞ!私の勘がそう言っている!」


スズ「何かって何ですか?」


シノ「何って…ナニじゃないか?」


スズ「切っていいですか?」


シノ「ま、待て!冗談だ!とにかく、何かはわからんが何かあったんだ!じゃないと変だ!」


スズ「ふむ……考え過ぎだと思うのですが…まぁ、では仮にもし津田と七条先輩との間に何かあったと仮定して…どうするんですか?」


シノ「どうするか…か」


スズ「ええ、あり得ない話ですがね…」


シノ「何故そう言い切れる?」


スズ「だってあの鈍感な津田と七条先輩ですよ?」


シノ「うぐっ…た、確かに」


スズ「あの二人に何かあったなら私コスプレして校内走り回ってやりますよ!」


シノ「ほう、ではランドセルにスク水猫耳で走り回ってもらおうか」


スズ「いいでしょう。ただし何も無かったら会長が同じ格好で走り回ってください」


シノ「え!?いや、さすがにその格好は…せめて裸エプロンで頼む」


スズ「いやいや!それは風紀的にアウトでしょ!」


シノ「わかってる冗談だ」


スズ「冗談でも今の発言はやめた方がいいですよ?」


シノ「だな…萩村が常識人で助かったよ」


スズ「会長達が特殊過ぎるだけです!」


シノ「ある人はこう言ったんだ…『常識に囚われてはいけない。常識は殴り捨てるものだと』な」


スズ「…えっと…突っ込んだ方がいいですか?」


シノ「萩村は何を言っているんだ?むしろ突っ込まれる方だろ?」


スズ「おやすみなさーい」


シノ「ああ!待って切らないでー!」


スズ「まだ何かあるんですか?」


シノ「わかった。もし何も無かったら津田に告白しよう!」


スズ「っ!?」


シノ「萩村がコスプレして校内走り回ると言ったんだ。それなりの覚悟がないとな」


スズ「……いいでしょう。ではそれで」


シノ「ああ。明日からは二人の様子を見よう」


スズ「了解しました」


シノ「じゃあ、コレで第19回実は津田が大好きだけど素直になれない会議を終了する」


スズ「もう、そんなになるんですね」


シノ「そうだな…じゃあおやすみ萩村」


スズ「はい、おやすみなさい会長」


ピッ(通話を終えて)



翌日の朝



タカトシ「……あんまり寝れんかった…」


ー♪(着信音)


ピッ



タカトシ「はい」


アリア「あ、もしもし?おはよう津田くん」


タカトシ「おはようございます。七条先輩。どうしたんですか?」


アリア「うん。なんかね…津田くんの声聞きたいなぁって…」


タカトシ「…っ……そ、そうですか(不覚にもドキッとしてしまった)」


アリア「……うん」


タカトシ「……」


アリア「あはは…えっと、それだけ!じゃあ学校でね?」


タカトシ「はい…学校で」


アリア「………」


タカトシ「………」


「………。」(数秒間互いに無言に)


タカトシ「七条先輩?」


アリア「……ねえ…津田くん」


タカトシ「は…はい。」


アリア「下の名前で…呼んでいい?」


タカトシ「え?」


アリア「ダメ…かな?」


タカトシ「別に…構いませんケド…」


アリア「ありがとうタカトシくん」


タカトシ「…いえいえ。でも二人の時だけにしてくださいね?七条先輩」


アリア「うん。わかってるよ。あとタカトシくん、七条先輩って固いからタカトシくんも下の名前で呼んで」


タカトシ「え?えっと、じゃあ…アリア…さん?」


アリア「…うん!タカトシくん」


タカトシ「なんか照れますね」


アリア「そうだね」


タカトシ「七…じゃなくて…アリアさんは昨日眠れましたか?」


アリア「ううん…眠れなかったよ。タカトシくんのこと考えてたから」


タカトシ「…っ!」


アリア「タカトシくんは?」


タカトシ「オレも眠れませんでした」


アリア「もしかしなくても私のコト考えてた?」


タカトシ「えっと、まぁ…はい」


アリア「オカズにした?」


タカトシ「いや!してませんよ!」


アリア「してないんだ…」シュン


タカトシ「そこ落ち込むところですか?」


アリア「私はシたよ?タカトシをオカズ」


タカトシ「へ!?」


アリア「妄想の中でタカトシくんにいっぱい犯されちゃった」


タカトシ「…突っ込み待ちですか?」


アリア「朝からエッチだぞ?タカトシくん」


タカトシ「貴女がそれを言いますか…」


「タカ兄ー。お母さんがご飯出来たって」


タカトシ「ああ、わかった!」


タカトシ「じゃあ、そろそろ切りますね」


アリア「もう切っちゃうの?」


タカトシ「朝食食べないといけないので、待たせる訳にもいきませんし」


アリア「…残念…もうちょっと声聞いてたかったなぁ」


タカトシ「学校で会えますし話せますから」


アリア「焦らしプレイだね」


タカトシ「違います」


アリア「じゃあ、何プレイ?」


タカトシ「プレイから離れて!」


アリア「あはは♪ごめんね?じゃあ、学校でね」


タカトシ「はい、学校で」


アリア「………」


タカトシ「………」


タカトシ「え…切らないの?」


アリア「タカトシくん…私タカトシくんのコト…」


ガチャ


コトミ「タカ兄ー!まだー?」


タカトシ「今行くよ。あ、ごめんなさい七条先輩…それじゃあ切りますね」


アリア「…うん…またあとでね?」


タカトシ「はい」


ピッ(通話終了)


コトミ「七条先輩と何話してたの?」


タカトシ「ん?別に何でもいいだろ」


コトミ「朝からテレフォンセッ○スだなんて…」


タカトシ「してないから」


コトミ「じゃあ…何話してたの?」


タカトシ「ただの世間話だよ。昨日眠れなかったって話…コレで満足か?」


コトミ「なーんだ…つまんないの(まぁ聞いてたから何の話してたかわかってるんだけどね)」


タカトシ「ほら、朝食食うぞ」


コトミ「はーい(まさか、下の名前で呼び合う仲になるとは…トッキーに話そうっと♪)」


アリアサイド


アリア「はぁ…私重症だなぁ…タカトシくんのコト…本当に好きなんだなぁ…好き…って言いそうになっちゃった…」


アリア「…タカトシくん…顔が見たい…声が聞きたい…側に居たい…タカトシくんを感じたい…タカトシくん…タカトシくん」


サヤカ「………。(このまま見てたら発展するかな?ここは従者として止めるべきか、それともビデオカメラ片手に撮影すべきか…)」


アリア「………ダメダメ!今から学校なのに!エッチなコトは帰ってきてから!」


アリア「よし、準備して行こう!出島さーん」



圧倒的省略!!



桜才学園校門前



タカトシ「あれ?まさかのオレが一番乗り?」キョロキョロ


サッ


タカトシ「うおっ!?(目の前が暗く!?)」


ムニュ


「だーれだ♪」


タカトシ「……(この背中に当たる柔らかい感触は)」


タカトシ「…七条先輩」


アリア「ピンポーン正解♪」


タカトシ「先輩が一番ですか?」


アリア「そうだよ♪津田くんに会いたくて早く来ちゃった」


タカトシ「あの、そういう発言は控えた方がいいのでは?」


アリア「まだ誰も居ないから平気だよ。だから露出プレイしてもバレない!」


タカトシ「オレが居るんですが?」


アリア「え?見たいの?」


タカトシ「見たくないでーす」


アリア「もうしょうがないなぁ…ちょっとだけだよー?」


タカトシ「話聞いてー」


アリア「え?股開いて?」


タカトシ「聞き間違える要素ないよね?」


アリア「ふふっ…♪」


タカトシ「はぁ…まったく朝から突っ込ませないでくださいよ」


アリア「津田くんが突っ込みたいのは私のー…」


タカトシ「それ以上いけない」


アリア「イけないの?」


タカトシ「なんか変換が可笑しいような気がするけど気にしないことにします。それより話進めていいですかね?」


アリア「あ、うん。いいよ」


タカトシ「会長と萩村はまだ来てないんですか?」


アリア「うん。まだ見てないね」


タカトシ「珍しいですね…いつもなら早いのに」


アリア「そうだねー」


少し離れた場所にて


シノ「萩村あれを見てくれあの二人をどう思う」


スズ「スゴく…いつも通りです。本当にありがとうございました」


シノ「違う!そうじゃない!やはり何かあったんだ!見ろ!あのアリアの笑顔!完全にメスの顔しているじゃないか!」


スズ「それはいつものコトなのでは?」


シノ「怪しい怪し過ぎる!」


スズ「あの、会長…いつまで隠れていればいいんですか?」


シノ「まだだ!昨日言ったではないか!二人の様子を見よう、と」


スズ「まぁ確かにそうですが…」


シノ「む!アリアが動いたぞ!」


スズ「ん?」



アリア「津田くん津田くん」


タカトシ「はい?」


アリア「今日はねちゃんと下着穿いてきたよ」


タカトシ「それはちゃんと穿いてるものでしょ」


アリア「ほら」


ピラッ


タカトシ「うわ!ちょっ!?何してるんですか!?」


アリア「スカート捲り上げてるんだケド?」 


タカトシ「いや、そんなの見れば分かりますって!!下ろしてください!」


アリア「まだ妊娠してないよ?」


タカトシ「そうじゃなくて!こんなところ誰かに見られたらー…」


「「つーだー…」」


タカトシ「っ!?」


アリア「あ、シノちゃんにスズちゃんおはよう」


シノ「おはようではない!な、ななな何やってるんだ!?」


アリア「津田くんに服装検査してもらってるの」


シノ「だ、だからって!それは!」


アリア「だめ?」


シノ「ダメだ!なぁ萩村!」


スズ「そうです!津田も何見てるのよ!?変態!」


タカトシ「ええ!?オレも悪いの!?」


アリア「それで津田くんどう?似合う?」


シノ「何しれっと話を戻している!」


スズ「津田も見ない!」


タカトシ「…朝から災難な件について」


この後しっかり生徒会の仕事をこなしました


そして放課後


シノ「今日は金曜日だ。週末とあって我々生徒会役員は清掃活動を手伝うことになっている」


アリア「えっと、確か…校内の庭清掃と体育館倉庫の清掃だね」


シノ「ああ。そこでチーム分けだ」


スズ「どうやって決めるんですか?」


タカトシ「グーパーで決めますか?」


シノ「うむ、そうだな」


アリア「私もそれでいいよ」


スズ「私も」


シノ「では行くぞじゃんけん…」


四人「「ぽん!」」


結果


シノ「よろしく頼むぞアリア」


アリア「うん。よろしくシノちゃん」


スズ「津田と…一緒…」


タカトシ「よろしくな萩村」


スズ「ええ…」


シノ「萩村と津田は校内清掃を頼む、私達は体育館倉庫に行く」


タカスズ「「わかりました」」


アリア「終わったら生徒会室に集合だよ。しっかりね?二人とも」


タカスズ「「はい」」


シノ「では解散!」


シノ&アリアサイド


体育館倉庫


シノ「おや、五十嵐じゃないか」


カエデ「天草会長と七条さん?」


アリア「生徒会の仕事で手伝いに来たの」


カエデ「そうでしたか、では整理整頓の方お願いしますね」


シノ「ああ。五十嵐も手伝いか?」


カエデ「ええ。人手が足りないようでしたので手伝いに来たんです」


シノ「そうだったのか…しかし体育倉庫とはな…」


アリア「そうだねー…ここに来ると」


カエデ「来ると?」


シノアリ「「エロイベントを期待してしまうな(ね)!!」」


カエデ「そうじゃないでしょ!?第一学園内でそんな風紀が乱れるコトあるわけないじゃないですか!」


シノ「しかし五十嵐よ、放課後よく空き教室で男子生徒と女子生徒が交わってるのを見掛けるが?」


アリア「もちろん性的な意味でね」


カエデ「はぅ…」クラッ



タカトシ&スズサイド



タカトシ「あれ?畑さん?」


スズ「畑さんが清掃してる」


ランコ「おや、津田副会長と萩村さん」


タカトシ「珍しいですね、畑さんが手伝ってるなんて」


スズ「意外ですね」


ランコ「まぁ人手不足らしいので手伝いに来たんです」


タカトシ「……本音は?」


ランコ「女子生徒のパンチラを狙っていまして…今日は風が吹いてますので」


タカトシ「邪魔なので帰ってくださーい」


スズ「ブレないなぁ」


生徒会役員共清掃中


タカトシ「ふう…こんなものかな?」


スズ「だいぶきれいになったわね」


ランコ「綺麗に撮れました…おほっ、この写真は中々」


タカトシ「アンタ何やってた!?」


スズ「………」ジィー


タカトシ「ん?どうかした?」


スズ「津田…訊きたいコトがあるんだケド」


タカトシ「なに?」


スズ「七条先輩と何かあった?」


タカトシ「え?なんで?」


スズ「いや、会長が津田と七条先輩が怪しいって言ってたから気になって」


タカトシ「別に何も無いケド?(平常心平常心)」


スズ「そうよね、ごめん変なコト訊いたわね。忘れて」


タカトシ「あ、うん」


ランコ「ほほう…萩村さんは津田副会長と七条先輩のコトが気になるんですか?」


タカトシ「……。」ジトー


スズ「い、いえ!そんなこと無いですよ!?」


ランコ「まぁ、何も無いですよ…残念ながら…私の情報収集能力をもってしても何も見つけられなかったですし」


タカトシ「…ホッ」


スズ「あれ?でも昨日…津田と七条先輩がキスしてたとかどうとか…」


ランコ「あー…あれは私のでっち上げですよ」


スズ「自分で言うんだ…」


ランコ「はい。では、私はコレで…」ペコリ


タカトシ「はい。じゃあ俺たちも戻ろうか」


スズ「そうね」



シノ&アリアサイド



アリア「こんなものかな?」


シノ「ふう…力仕事とは…津田にこっちをお願いすればよかったな」


アリア「そうだねー」


カエデ「確かに男手が欲しかったですね、まあなんとかなりましたし、よかったのでは?」


シノ「まぁな…しかし五十嵐…男手が欲しかったとはな」


カエデ「はい?」


アリア「自分の手じゃ満足できないから男手が欲しかったんだね」


シノ「一人オ○ニーより男にシテもらいたと…」


カエデ「………」チーン


アリア「あ、気絶してる」


シノ「やはりまだ耐性がついていなかったか」


アリア「流石に置いて行くわけにはいかないよね?」


シノ「ああ、そうだな…目を覚ますまで待つか」


アリア「だねー」


シノ「ところでアリア…訊きたいコトがあるんだが…」


アリア「んー?なに?」


シノ「津田と何かあったのか?」


アリア「え?なんで?」


シノ「いや、昨日ぎこちなかったから…もしかしてと思って」


アリア「別に何も無いよ?(平常心平常心)」


シノ「そうか…ならいいんだ。悪い今のは忘れてくれ」


アリア「うん」


カエデ「ハッ!」


シノ「あ、目覚めた」


アリア「大丈夫?」


カエデ「校内で風紀が乱れてる気がします!私はコレで!」ペコリ


シノ「お、おう…」


アリア「ばいばーい」


シノ「さて、私達も戻るか」


アリア「うん」


生徒会室へ


スズ「ねぇ…」


タカトシ「ん?」


スズ「津田ってさ…好きな人とかいるの?」


タカトシ「ぶっ!?な、なんだよいきなり!?」


スズ「なんか気になって」


タカトシ「………答えなきゃだめ?」


スズ「…いるんだ」


タカトシ「え?」


スズ「そうやって答えをはぐらかすのって答えを言ってるものなのよ?」


タカトシ「あ、ぐぅ…」


スズ「会長?それとも七条先輩?まさか…私…とか?」


タカトシ「…正直わからない……」


スズ「え?」


タカトシ「オレ…恋とかしたこと無いからさ…好きとか嫌いとかわからないよ。でも会長や七条先輩、萩村のことは好きだよ?」


スズ「ぁぅ…」


タカトシ「でもそれが恋なのかどうかはわからないかな…大切な存在だってコトは変わらないし仲間だと思ってる」


スズ「そう…なんだ(つまり、アピールすれば振り向いてくれる可能性があるってコトよね?す、少し大胆に…会長たちには悪いケド…ここで一気に距離を)」


タカトシ「あはは、なんか照れくさいな。まあそういうコトだからさっきの質問に関してはわからないが答えかな?そういう萩村は好きな人とかいるの?」


スズ「……わ、私は…あ、……の…コトが…」ドキドキ 


タカトシ「ん?ごめん、なんて?」


スズ「……っ!私はアンタのコトが津田タカトシが好きなの!!」


タカトシ「……え」


スズ「っ……(言っちゃった!言っちゃった!もう戻れない。ここまで言っちゃったからには私も覚悟決めないと!ど、どうしよう!心臓がバクバクなってる!)」ドッキンドッキン


タカトシ「そ、そっか…嬉しいよ萩村」ニコッ


スズ「う…ぅー…」


タカトシ「…ごめん、萩村…ちょっと待っててくれる?」


スズ「え?」


ガチャ


シノ「あ」

アリア「あ」


タカトシ「…何やってるんですか?先輩方」


スズ「ッ!?」


シノ「あ、いやぁー…なんか入りづらかったのでな!け、決して津田の好きなの人が知りたかったからという理由で盗み聞きしていた訳ではないぞ!?」


アリア「うふふ、スズちゃんだいたーん♪」


スズ「あうあうあう…っ」カアァァァ


タカトシ「はぁ…まあ聞かれたからには言いますけど、オレは会長も七条先輩も萩村も好きですよ」


シノ「はぅ」


アリア「うふふ」


スズ「あぅ」


タカトシ「でもそれが恋なのかはわかりません。それだけはわかってください」


シノ「うん…」コクン


アリア「はーい」


スズ「あぅ…」


タカトシ「はぁ…七条先輩だけはいつも通りなんですね」


アリア「え?そんなことないよ?津田くんから告白されて、もう濡れ濡れだもん」


タカトシ「それを口に出しますか?」


アリア「え?口に出したいの?」


タカトシ「アンタ本当ブレないな!」


アリア「うふふ(シノちゃんスズちゃんごめんね。多分私が一番リードしてるよ。津田くんもああ言ってるケドきっと私のコトが好きなはずだもの)」


カエデ「あのー」

ランコ「ほほう」

ウオミー「あらあら」


タカトシ「げっ!」


ランコ「聞いちゃった聞いちゃった♪」


カエデ「津田副会長…少しお話が」


ウオミー「タカくんお姉ちゃんのコトは?好き?」


タカトシ「ああー…この状況どうすれば…」



この後説明に一時間近く掛かった生徒会役員共でした


ランコ「終わり」



タカトシ「な、わけないから!!まだ続くから!」



次の日


津田家 朝


ピンポーン


コトミ「はーい」


ガチャ


アリア「おはよう、コトミちゃん」


コトミ「アリア先輩!?ど、どうしたんですか!?」


アリア「津田くんいる?」


コトミ「はい。まだ寝てますケド…」


アリア「起きるまで待たせてもらってもいいかな?」


コトミ「大丈夫です。でも私これからトッキーのところに遊びに行くので一人になりますが大丈夫ですか?」


アリア「うん、大丈夫だよ」


コトミ「わっかりましたー♪それじゃあタカ兄のコトお願いしますねー」


アリア「うん、任せて!」


コトミ「イチャイチャし過ぎないでくださいよー」


アリア「大丈夫だよーキスだけにするから」


コトミ「そうですか、では行ってきます!」


タッタッタ


アリア「いってらっしゃーい」


アリア「………え!?なんでコトミちゃんが私達の関係知ってるの!?あー…もう居ないし…はぁ…津田くんの為に朝食でも作っておこう…っと…お邪魔しまーす」


カチッ(鍵を掛けて)


アリア朝食調理中


アリア「うーん…お味噌汁はこんな感じかな?火を切ってっと…よし。津田くんを起こしに行こう」


津田部屋前へ


コンコンコン


アリア「津田くーん、朝だよ?」


「………」シーン


アリア「入るよ?」


ガチャ  パタン


アリア「津田くん?」


タカトシ「くー……くー…」


アリア「あらあら…ぐっすり寝ちゃってる」


タカトシ「うーん…」バサッ


アリア「毛布蹴飛ばしちゃった…暑いのかな?」


ムクッ


アリア「まぁ…津田くんの朝勃ち…」ジー


アリア「ハッ!違う違う!違わないケド!ど、どうしよう…普通に起こせばいいのかな?それとも朝フェ○するべきなのかな…」ウーン


タカトシ「……くー…くー…」スヤスヤ


アリア「…ふわぁー…私も寝よう…」ゴソゴソ


タカトシ「くー…くー」


アリア「おやすみ…」ギュッ


一時間後


ムニュ


タカトシ「…ん…うーん?なんだこれ?」モミモミ


ムニュムニュ


タカトシ「……この感触…気持ちいいな…」モミモミ


「んっ…ぁっ」


タカトシ「…コトミのヤツ…また勝手に…おい、コトミ勝手に入って……いっ!?」


アリア「んっ…ぅん…」


タカトシ「……ってコトは…この感触は…」チラッ


ムニュムニュ


アリア「ふぁ……ぁっ…ん」


タカトシ「…し、七条先輩!?」ガバッ


アリア「ん、うーん…?はれ?つらくん?なんれ…わらひのへやに…?」ポケー


タカトシ「それはこっちのセリフです!なんでいるんですか!?」


アリア「ふぇ?」 


タカトシ「なんでオレの部屋にいるんですか?」


アリア「あ、津田くん朝食作ったから一緒に食べよう?」


タカトシ「あ、はい。いただきます…じゃなくて!」


アリア「えっと…ね。朝津田くんの家に遊びきて、コトミちゃんに会って、家の中で待ってて、津田くんの為に朝食作って、津田くんを起こしにきて、朝勃ち目撃して、普通に起こすか朝フェ○するか考えて、津田くんの寝顔見てたら眠くなっちゃって、それで眠り今に至ります」


タカトシ「なるほど、わかりました。でも普通に起こしましょうよ!あとなんてもの目撃しちゃってくれてんだよ!?」


アリア「うふふ、ごめんね?」


タカトシ「はぁ、なんかもう朝から突っ込み疲れましたよ」


アリア「津田くんは朝から激しいんだから。感じちゃうよ」モジモジ


タカトシ「本当に七条先輩…あなたと言う人は…」


アリア「…二人っきりだよ?タカトシくん」


タカトシ「そうですね、七条先輩」


アリア「あれ?聞こえなかった?二人っきりだよ?タカトシくん」


タカトシ「聞こえてますよ。七条先輩」


アリア「むぅ…名前で呼んでよ」


タカトシ「勝手に人の布団に侵入した罰です」


アリア「そんな!ひどいよ!私達恋人同士でAまでした仲なのに!」


タカトシ「確かにキスはしましたが、恋人ではないでしょ」


アリア「なんで?私のコト嫌いなの?何がダメなの?」


タカトシ「いや、告白してませんし」


アリア「じゃあ、今シテ!すぐシテ!即答するから!」


タカトシ「では七条先輩…」


アリア「うん、なに?」


タカトシ「ごめんなさい」


アリア「いいよ!……え?」


タカトシ「オレには選べません」


アリア「なんで?私の何がいけないの?イヤなところあったら直すよ?」


タカトシ「いえ、別に嫌いとかイヤとかではないんです。七条先輩はオレから見てもとても綺麗で美人でスタイル抜群で魅力的な人です」


アリア「じゃあ、どうして?私、津田くんのコト好きなんだよ?」


タカトシ「その気持ちは素直に嬉しいです。でも…萩村もオレのコト好きだって言ってくれました」


アリア「津田くんは…スズちゃんを選ぶの?」


タカトシ「いえ、オレには選べません。会長はどうかわかりませんが…それでもこういうのって簡単に選んじゃいけないと思うんです」


アリア「…理由…聞いていい?」


タカトシ「はい。萩村は勇気出してオレに告白したと思うんです。でも萩村はオレと七条先輩がキスしたコトを知りません。それで七条先輩を選んでしまったら、萩村はいい顔しないと思うんです」


タカトシ「それに逆になって考えてみてください。もし萩村とキスしてしまっていて、七条先輩がオレに告白して、オレが萩村とキスしたから萩村と付き合うって言ったらモヤモヤするでしょ?」


タカトシ「だからこういうのは簡単に決めてはいけないと思うんですよオレは…」


アリア「そっか…うん。納得したよ。やっぱり津田くんはカッコいいなぁ…。シノちゃんとスズちゃんが好きになるわけだよ」


タカトシ「え?会長が?」


アリア「よし!こうなったからにはみんな同じ土俵に立つべきだよね!」


タカトシ「え?え?」


アリア「シノちゃんとスズちゃんも呼ぶね!」


タカトシ「は?は?」


アリア「あ、もしもし?シノちゃん?今ね津田くんのー」


タカトシ「………これどうなんの?」


朝食を終え 30分後


リビングにて


タカトシ「……えっと」


アリア「そういうことだからシノちゃん津田くんに告白してキスして!スズちゃんはキスだけでいいよ」


シノスズ「「どういうわけか説明しろぉおおおお!!」」


生徒会書記説明中


アリア「というわけなの」


シノ「なるほど…やはり二人に何かあったわけか」


スズ「ソ、ソウダッタンデスカ(ま、マズイ…何かあったってコトはまさか…)」


シノ「ふふーん♪はーぎむーら」ニヤニヤ


スズ「ひぃっ!?ナ、ナンデスカ?カイチョー?」


シノ「月曜日楽しみにしてるからなぁ?」ニヤニヤ


スズ「うっ…はい」シュン


タカトシ「えっと…会長?」


シノ「おっと…そうだったな…津田よキミに言わなければならないコトがあるんだ…」モジモジ


タカトシ「…なんでしょうか?」


シノ「私は…津田が…す…すすす」


アリア「あらあらシノちゃん緊張してるの?」


スズ「………(なんか複雑だなぁ)」


シノ「す、好きだ!津田の…コトが」


タカトシ「ありがとうございます」


シノ「うぅ…言ってしまった…」カァァァ


アリア「さてお次はキスだね…どっちからする?」


タカトシ「展開が早すぎてなんかもう意味わかんねぇわ」


アリア「津田くんがはっきりしないからだよ?」


タカトシ「でも、やっぱり違いますよ…こういうの…なんか二人に悪い気がします」


アリア「ふーん…そういうコト言っちゃうんだ…」


タカトシ「うっ」


シノ「な、なぁアリア…やっぱりやめないか?なんか雰囲気とかムードとか滅茶苦茶なんだが」


スズ「そ、そうですよ。第一キスとか告白ってその場のノリでするものでは無いと思いますし」


アリア「一理あるね」


シノ「だからこういうのは二人っきりの時に…」


スズ「そうですよ…キスなんて普通恋人同士がするものですし…」


タカトシ「………(黙ってた方がいいかな?)」


アリア「うーん…でもどうするの?このままじゃ私が津田くんのコト襲っちゃうよ?あ、間違えた。落としちゃうよ?」


タカトシ「え?間違えたの?」


シノ「アリアのヤツ本気か…。では津田お前はどうなんだ?」


タカトシ「はい?」


シノ「私達三人はキミに告白した。だがキスしたのはアリアだけだ。津田がアリアを選ぶなら私は身を退くし二人を祝福する」


スズ「会長!?それでいいんですか!?」


シノ「しかしだな、アリアのスタイルにはどう足掻いても敵わないだろ…私達では」


スズ「うっ…確かに…」


シノ「津田が貧乳好きかロリっ子好きでない限り」


スズ「…津田は…やっぱり大きい方がいいの?」


タカトシ「え、えっと?」


アリア「今の気持ちを言えばいいじゃないかな?」


タカトシ「…うん。萩村…大きいとか小さいとか関係ないよ。萩村には萩村らしいところがあるし、会長にだって会長らしいところがある。もちろん七条先輩にも、だから大きいとか小さいとか関係ないよ。オレが誰を好きになるかの話だから」


スズ「そ、そう…」


シノ「つまり津田は下はつるぺた、上は巨乳までいけるわけか!」


アリア「ストライクゾーン広いね」


タカトシ「正直に言った結果がこれだよ!」


ピーンポーン


タカトシ「ん?誰だろ?」


副会長玄関へ


ガチャ


タカトシ「はい?」


ウオミー「来ちゃった♪」


ノゾミ「こんにちは」ペコッ


タカトシ「姉さんに森さん!?え?なんか約束していましたっけ?」


ウオミー「森ちゃんが愛しのタカくんに会いたいと言っていたので連れて来ました」


ノゾミ「言ってません!あ、いえ、会いたくないわけじゃなくて!むしろ会いたいのは本当で!愛しのってわけじゃ!」アタフタ


タカトシ「ははは、大丈夫ですよ。わかってますから落ちついてください」


ノゾミ「は、はい…」


ウオミー「見せつけてくれやがりますね。お姉ちゃん嫉妬しちゃうゾ?」


タカトシ「勝手にしててくださーい」


タカトシ「まぁ、とりあえず中へどうぞ。会長たちも居ますケド…」


ウオミー「シノっちが?」


ノゾミ「萩村さんや七条さんも?」


タカトシ「ええ」


リビングへと


シノ「おや、ウオミーに森じゃないか」


ウオミー「こんにちわん」


ノゾミ「こんにちは」


スズ「急に人口密度がこくなりましたね」


アリア「魚見さんと森ちゃんも告白しにきたの?」


タカトシ「ぶっ!?」


ウオミー「へ?」


ノゾミ「え?」


「………。」


アリア「違うの?」キョトン


タカトシ「あー…これは…イヤな予感がするぞ」


ウオミー「皆さん…タカくんに愛の告白したんですか?」


シノ「…ああ」


アリア「うん」


スズ「…はい」


タカトシ「oh」


ウオミー「森ちゃん!」


ノゾミ「は、はひ!?」ビクッ


ウオミー「タカくんに告白するなら今ですよ!」


ノゾミ「えー!?いや、私はそんな!」


ウオミー「好きなんでしょ!?愛してるんでしょ!?毎日タカくんでオナ○ーしちゃうくらい好きなんでしょ!?」


ノゾミ「ま、毎日じゃないですよ!?」


シノスズアリア「「「(津田(くん)でシたコトは否定しないんだ…)」」」


タカトシ「…森さん…突っ込みどころ違いますよ…?」


ノゾミ「ハッ!?あ、いや!その、あの!はうぅぅぅ…」カァァァ


ウオミー「真っ赤な森ちゃん可愛い…」ジュルリ


タカトシ「姉さん!よだれよだれ!」


ウオミー「ハッ!あまりにも可愛かったものだからつい…」


シノ「ウオミーはバイなのか?」


ウオミー「愛さえあれば性別なんて関係ありませんよ」


シノ「なんと!」


アリア「つまりアブノーマルなプレイも!?」


スズ「それは愛があっても却下ですね」


ノゾミ「あのあの!津田さん!さっきの発言は忘れてください!」


タカトシ「はい。心配しなくても大丈夫ですよ(忘れられるわけがない)」


ノゾミ「で、でも…津田さんのコト…嫌いじゃないですよ?」ウルウル ジー


タカトシ「っ!?は、はい(涙目上目遣いってズルくないか!?)」ドキドキ


シノ「コラー!そこ!イチャイチャするなー!」


ウオミー「ツンデレ変換すると、こうですね」


ウオミー「か、勘違いしないでよね!?べ、別にタカくんのコト嫌いなんかじゃないんだからね!?」


スズ「なんかそれ…おかしくないですか?」


ウオミー「おお、さすがツンデレマスターのスズぽんは違いますね。お見それしました」


スズ「いや、私ツンデレとかじゃないですし…(ツンデレ?)」


アリア「でもスズちゃん。ツンデレ金髪ツインテロリはかなり高い萌えポイントだと思うよ?」


スズ「そんなポイントマイナスにしてやるぅ」


ノゾミ「津田さん…」ジー


タカトシ「森さん…」ドキドキ


シノ「ってまだやっとんのかー!!」クワッ


アリア「もう、津田くん。浮気はダメだぞ?」


タカトシ「いや、違いますって!」


ウオミー「森ちゃん、YOU告白しちゃいなよ」


ノゾミ「は、はい!わ、私!津田さんのコトが!」


タカトシ「うわあぁぁぁ!!待って待って!ストップ!森さん流されてますって!」


ノゾミ「流されてなんていません!津田さんが悪いんですよ!?この女ったらし!」


タカトシ「あなたそんなキャラでしたっけ!?崩壊してますよ!?」


ノゾミ「ど、どうせ私なんて地味でおっぱいデカイだけの後から出てきたキャラですよー!ふぇええん」


タカトシ「酔ってんの!?てか酔ってるだろ!?誰だ!酒呑ませたの!」


ウオミー「ああー泣かせちゃった」


シノ「さいてー」


スズ「変態」


アリア「カッコいい」


タカトシ「なんで俺が責められてるの!?ってか七条先輩だけおかしくない!?いや全員おかしいのか!」


ノゾミ「津田さんは私のコト嫌いなんですか!?そんなんですか!?そうなんですよね!?」ズイッ


タカトシ「いや、嫌いじゃないですよ!?だから泣かないでください!(てか近い!)」


ウオミー「ちなみにここに来る前に森ちゃんにアルコール成分が入ったチョコを食べさせました」


タカトシ「アンタの仕業か!」


ウオミー「テヘペロ♪」


タカトシ「もう、どう収拾つけるんだよこれ…」


シノ「萩村突っ込みしなくていいのか?津田が大変そうだぞ?」


スズ「いや、私それ本業じゃないし」


アリア「スズちゃんは突っ込まれる側だものね。性的な意味で」


スズ「アンタは口閉じろ!」


シノ「あ、突っ込んだ」


ウオミー「少し皆さん落ち着いた方がいいのでは?このままでは話が進みませんし」


タカトシ「誰のせいだと思っているんですか…誰の」


ノゾミ「うう……ヒック」


タカトシ「疲れた…今年一疲れました」


ウオミー「それで、タカくんは誰が本命なの?」


アリア「私だよね?」


シノ「私だよな?」


スズ「私よね?」


ノゾミ「私ですよね?」


ウオミー「それとも…わ・た・し?」


タカトシ「…あの、今すぐ答え出さないダメ?」


ウオミー「でも選ばないと修羅場になるよ?」


タカトシ「もう充分なってる気が」


シノ「津田よ、アリアとキスした日のコト思い出してみろ」


タカトシ「え?」


アリア「え?シノちゃん?」


シノ「津田はもう誰が好きなのか決まっている。そうじゃなければキスなんて軽々しくできん」


ウオミー「そうですね。タカくん、答えは決まってるんじゃない?」


タカトシ「オレは…オレの気持ちは」


スズ「津田…」


ノゾミ「…津田さん」


アリア「私は津田くんが…津田タカトシくんが…大好きです」


シノ「…っ」


スズ「…ぅ」


ノゾミ「…」


ウオミー「タカくん、人を思いやる優しさは必要だケド…恋は戦争なの。選ばないや全部って選択肢は無いわ。選びなさい、私達のコトは気にしなくていいから」


タカトシ「…七条先輩…あの日キスした時からオレは七条先輩のコトばかり考えてました。頭から七条先輩の顔が耳からは七条先輩の声が焼き付いて離れませんでした」


アリア「うん」


タカトシ「オレは…七条先輩が…七条アリアさんが…大好きです」


シノ「………やはり、少し悔しいな…」


スズ「…ぅっ…ぐすっ…」


ノゾミ「…萩村さん」


ウオミー「やっぱり最初から決まってたのね。はぁ、茶番が長かったですね」


アリア「…ありがとう津田くん…私とっても嬉しいよ」


タカトシ「…オレもです」


パンパン!


ウオミー「はい、では皆さん解散しましょう!傷を癒す時間が必要でしょうから」


シノ「そうだな…萩村行くぞ」


スズ「うっ…ぐすっ…は、はい」


シノ「津田、アリア…おめでとう。津田よアリアを頼むぞ?」


タカトシ「はい…あのすみ…」


シノ「謝るな!」


タカトシ「は、はい」


シノ「キミが謝る必要はない…また月曜日…にな」


シノ&スズ退室


ウオミー「森ちゃん行こ?」


ノゾミ「は、はい…というか会長!私になんてもの食べさせたんですか!?」


ウオミー「ごめんちゃい」


ノゾミ「この会長はー!少しは反省してください!」


ウオミー「うふふ…おーにさんこちら、手ーのなる方へー」パンパン


ノゾミ「会長ー!!」


ウオミー「それでは、後はお若い二人で…タカくん七条さんおめでとうございます。バーイ」


ノゾミ「お邪魔しました!津田さん今さらだケド…私も好きだったんですよ?あ、会長!にげるなー!」


ウオミー&ノゾミ退室


アリア「急に静かになったね」


タカトシ「そりゃあ、そうですよ」


アリア「タカトシくん」


タカトシ「なんですか?アリアさん」


アリア「好きだよ」


タカトシ「オレも好きです」


アリア「じゃあ…キスして?」スッ


タカトシ「…はい」


チュッ


アリア「んっ…」


タカトシ「…んっ……なんか照れますね」


アリア「それは私のセリフだよ…」


ギュッ


タカトシ「アリアさん?」


アリア「しばらく寄り添ってたい…」


タカトシ「はい」


しばらく寄り添いあって



シノ&スズサイド



シノ「萩村…落ち着いたか?」


スズ「はい…もう大丈夫です」


シノ「よかった…しかし、見事にフラれてしまったな」


スズ「そうですね」


シノ「フラれてしまった者同士、私の家で傷の舐め合いでもするか」


スズ「いいですね、癒してくださいよ。会長」


シノ「え!?いや、冗談だぞ?」


スズ「ふふっ、わかってますよ」


シノ「うぐっ、萩村め…月曜日覚悟しろよ?ランドセルにスク水ネコミミニーソだからな!」


スズ「はい…はい?いや、ニーソは無かったでしょ!?」


シノ「私をからかった罰だ!二言はないよな?萩村?」ニヤァ


スズ「わかりましたよ…もう。やりますよ!やればいいんでしょ!?やれば!」


シノ「ふふ、期待してるぞ」


スズ「月曜日なんて来なければいいのに」


シノ「さて、今日は遊ぶか」


スズ「まぁ私は別に会長に慰めてもらうのでもいいですが」


シノ「…本気か?」


スズ「なんかもう、そういう気分なんですよ」


シノ「萩村は実はレズだった?」


スズ「そうですねー。コトミとかいいですねー。可愛いですし」


シノ「は、萩村!?」


スズ「まぁ、無垢なムツミも捨てがたいですがね」


シノ「フラれたショックで萩村がおかしくなってる!?」


スズ「ふふ、会長ありがとうございます」


シノ「え?」


スズ「励ましてくれたんですよね?」


シノ「なんだ気づいてたのか?」


スズ「IQ180の帰国子女ですよ?それぐらいわかりますよ」


シノ「やっと調子が戻ってきたな、では行くか」


スズ「ええ」


ウオミー「私達も一緒にいいですか?」


ノゾミ「また会いましたね」


シノ「おや、ウオミーに森か…大丈夫なのか?」


ウオミー「はい。私はお姉ちゃんですので」


シノ「ウオミーの立ち位置ってズルいよなぁ」


ウオミー「ふふ、七条さんとタカくんが結ばれても姉権限がありますからね」


シノ「むぅ」


ノゾミ「萩村さん大丈夫ですか?」


スズ「ええ、大丈夫ですよ。この後会長と慰め合いするので」


ノゾミ「え?」


ウオミー「スズぽんからのご指名とあらばよろこんで…ぎゅっ」ギュッ


スズ「…よろしくお願いします…ぎゅっ」ギュッ


ウオミー「え?」


シノ「では頼んだぞウオミー、さ、森は私と遊びに行こう」


ノゾミ「え?あ、はい、では魚見会長、萩村さんとごゆっくり」


ウオミー「あの…えっと」


スズ「ふふっ、魚見さんでもそんな顔するんですね」


ウオミー「…もしかして…からかいました?」


スズ「さあ?どうでしょうか?」


ウオミー「吹っ切れたみたいですね…スズぽん」


スズ「そうだといいんですがね」


ウオミー「ふふっ、では私達も行きましょうか」


スズ「はい…って、会長たちあっちですよ?」


ウオミー「ウオミーお姉さんが慰めてあげます」


スズ「…え?あ、いや…じ、冗談ですよ?」


ウオミー「もう遅い!今日はスズぽんを頂きます」


スズ「いやぁああああ!やめてー!」


ウオミー「ぐへへ…観念しな」


スズ「か、会長ー!!」


ウオミー「なんですか?」


スズ「アンタじゃないよ!」


ウオミー「さぁ行きますよ愛の巣に」


スズ「あ…ぁぁ…」


ノゾミ「あの、よろしいんですか?」


シノ「私よりウオミーの方が上手くやってくれるさ、萩村のヤツけっこうダメージ受けてるみたいだしな」


ノゾミ「天草会長は…平気なんですか?」


シノ「平気だと言ったら嘘になるな…まぁ少なからずダメージは受けてるが…大丈夫さ相手がアリアだしな」


ノゾミ「そうですか」


シノ「まぁ、しばらくはからかってやるつもりだ」


ノゾミ「そこは祝福してあげましょうよ」


シノ「今頃イチャイチャしてるんだろうな」


ノゾミ「…どうでしょうかね?」



タカトシアリアサイド



アリア「…すぅ…すぅ…」スヤスヤ


タカトシ「…寄り添ったまま眠っちゃったな…七条先輩」


タカトシ「やっぱり…綺麗だよな…七条先輩…オレなんかじゃ全然釣り合わないよ…どう考えても…」


アリア「…そこはお尻の穴だよぉ…タカトシくん…」ムニャムニャ


タカトシ「夢の中まで下ネタかよ…一体どんな夢見てるんだ…?」


アリア「…ああ…スズちゃんの膣内がタカトシくんのでいっぱいに…」


タカトシ「何故に萩村と…七条先輩じゃないのかよ」


アリア「シノちゃんばっかり…ズルい…私にもチュウしてよぉ」


タカトシ「会長まで!?」


アリア「…すぴー…すぴー」


タカトシ「寝言が多い先輩だなぁ…可愛いからいいケド…」


アリア「……う…うん?あれ?」


タカトシ「おはようございます…アリアさん」


アリア「シノちゃんとスズちゃんは?」


タカトシ「もう帰りましたケド?」


アリア「タカトシくん…いくら欲求不満だからって4Pはダメだよ」


タカトシ「はい?あのアリアさん…夢ですよそれ」


アリア「ふえ?」


タカトシ「アリアさんずっと眠ってましたよ?」


アリア「…じゃあ…タカトシくんがアソコじゃなくてお尻に挿入したのは?」


タカトシ「夢ですね」


アリア「スズちゃんの膣内に挿入してたのも?」


タカトシ「夢ですね」


アリア「シノちゃんにばっかりキスしてたのも?」


タカトシ「夢ですね」


アリア「最近お尻の締まりが悪いのも?」


タカトシ「夢で……現実ですね(危ない危ない流されるところだった)」


アリア「ふふっ…タカトシくん」


タカトシ「はい?」


アリア「ん…」スッ(目を閉じて)


タカトシ「…はい」


チュッ


アリア「…んふっ…」


タカトシ「…ん、アリアさん…好きです」


アリア「私も好きだよ…タカトシくん」


タカトシ「…本当に…アリアさんはオレにはもったいないぐらい魅力的で素敵な女性ですよ」


アリア「そんなコトないよ…タカトシくんは私の彼氏に相応しいぐらいカッコよくて素敵な人だよ」ギュッ


タカトシ「…ありがとうございます」ギュッ


アリア「ねえ、タカトシくん」


タカトシ「ん?」


アリア「1つだけお願いしたいコト…というより約束してほしいコトがあるの」


タカトシ「…なんでしょうか?」


アリア「あのね…私ってスゴくエッチな娘でしょ?きっとこの先タカトシくんを求めてしまうと思うの…」


タカトシ「そうでしょうね」


アリア「だからね…タカトシくんには我慢してほしいの…」


タカトシ「はい」


アリア「私はね、これでも七条家の娘だから…親に迷惑は掛けたくないし…この先のコトもわからないから…でもね、もちろんタカトシくんのコトは死ぬまで好きでいたいし愛していたい…それでも…まだ私達は未成年で学生だから」


アリア「だからね、一線は越えてほしくないの…自分勝手でわがままなコト言ってるよね…でもね、やっぱりタカトシには私を止めてもらいたいの…私がどんなに求めても…タカトシくんには我慢していてほしいの」


タカトシ「…わかりました。約束します」


アリア「うん。ごめんね…無理なコト言って」


タカトシ「そうですね…でも、オレもアリアさんのコトは大切にしたいですから、悲しませるようなコトは絶対にしませんよ。だから約束は守ります」


アリア「ありがとう…タカトシくん」


タカトシ「はい」


アリア「あ、でもア○ルセッ○スならシてもいいよ?妊娠しないからね。だから我慢しなくていいよ♪」


タカトシ「最後の最後でぶち壊しかよ!」


アリア「半分冗談だよ♪」


タカトシ「半分本気なんですね」


アリア「だってタカトシくんは男の子でしょ?我慢できないと思うから…だから私のアソコ以外なら髪でも口でも手でも足でも胸でもお尻でも使っていいから」


タカトシ「長いわ!でも気持ちだけ受け取っておきます」


アリア「あ、やっぱりタカトシくんってED?」


タカトシ「違います!第一朝見たでしょ!?」


アリア「あ、そっか…じゃあヌいてあげないとね」


タカトシ「あーもう、口閉じさせてやる」ガバッ

 

アリア「え?それってタカトシくんのナニを使ってー…んむっ!?」ギュッ


チュッ


アリア「んっ…ぅっ」ギュッ


タカトシ「……っ…次下ネタ言ったら問答無用で唇塞ぎますからね」


アリア「…それって…つまりキスしまくるってコトなのかな?」


タカトシ「あ…」(完全に無意識発言)


アリア「じゃあ…私をピーして私のピーをピーしてピーみたいなコトもしちゃうのかな?」


タカトシ「4回…」


アリア「ふぇ?」


タカトシ「んっ」


チュッ


アリア「んむっ…ぅん」


タカトシ「…ん…まだいきますから…んむ」


アリア「…んんっ…はぅ…」


チュッ


タカトシ「…あと二回…んっ…ちゅっ」


アリア「ぷはっ…ま、待っ…んむっ…ちゅっ」


タカトシ「…はぁ…んっ…ちゅっ」


アリア「んんっ…たか、ら、らめ…ふっ…んむっ…ちゅっ」


タカトシ「…はっ…どうですか?」


アリア「…はぁ、はぁ…んぁ…たか…とし…くん」トロン


タカトシ「スゴくいやらしい顔してますよ?」


アリア「ら、らって…そんないっぱい…きしゅされたら…」キュン


タカトシ「…あー…コレはヤバイわ…」


アリア「…はぁはぁ…もうシないの?」


タカトシ「シてほしいですか?」


ギュッ


アリア「…わかってるくせに」


タカトシ「じゃあ下ネタの1つでも言ったらどうですか?」


アリア「そんなコト思い付かないよぉ…タカトシくんのコトでいっぱいだもん」


タカトシ「ははは…アリアさんって普段は重いボケばかり噛ましてますケド…こういう場面に直面したら乙女になるんですね」


アリア「タカトシくんだって普段鈍感でMなのに…こういう時は男らしいんだね」


タカトシ「アリアさんが可愛いからですよ」


アリア「はぅ……ヤバい…もう…ムリかも」


タカトシ「早速ですか…」


アリア「だって…だって…こんなにいっぱいキスされたの初めてだし…好きな男の子に可愛いとか言われちゃったら…んんっ…」ビクッ


タカトシ「っ…!?(ヤバい…どうしたらいいんだ!?目の前でアリアさんが発情しちゃったんですけど)」ドキドキ


アリア「はぁはぁ…タカトシくん…タカトシくん…んんっ!」


タカトシ「…(こんなの見せられて我慢しろと!?…自信なくなってきたぞ)」


アリア「ねえ…シよ?」ズイッ


タカトシ「だめです…キスで我慢してください」


アリア「むりむりむりー!シたい!タカトシくんとセッ○スシたい!」


タカトシ「180㌔直球ど真ん中な発言ですね…でもダメです」


アリア「先っぽだけ!先っぽだけでいいから!」


タカトシ「本来そのセリフオレのですよね!?」


アリア「じゃあシよう!」


タカトシ「だが断る!」


アリア「なんで?なんで!?」


タカトシ「なんででもです!気晴らしに外いきましょう」


アリア「青○シたいの?タカトシくんがそう言うなら…」モジモジ


タカトシ「なんでもかんでも下に繋げるな!…っと…んむっ」


チュッ


アリア「…んっ…ぁっ」キュン


タカトシ「…んっ…コレで我慢してください」


アリア「はあはあ…む…り…だよぉ」


タカトシ「……はあ…(今思ったケド…下ネタ発言する度にキスするのって…逆効果じゃね?)」


アリア「はあはあ…このまま放置するの?」


タカトシ「そうですね、そうしましょう」


アリア「あぁぁん!こ、興奮しちゃうよぉ」


タカトシ「うわ!どうしようもねぇ!」


このあとアリアさんを落ち着かせる為に色々試行錯誤した津田副会長であった


30分後


タカトシ「…やっと終わった…キスだけで…なんとか耐えたぞ…」


アリア「ごめんね…タカトシくん」


タカトシ「本当ですよ…こんなの毎日されたらこっちの身がもちませんよ」


アリア「でもイヤじゃないでしょ?」


タカトシ「まあ…」


アリア「タカトシくん、ありがとう…我慢してくれて」


タカトシ「約束しましたからね、まぁ本音を言うとヤバかったケド」


アリア「ごめんね、私も自重できるように頑張るから、だから嫌いにならないでね?」


タカトシ「はい、もちろんですよ」


アリア「タカトシくん」


タカトシ「はい?」


アリア「大好き!」


終わり


後書き

皆さん、長い間放置していてすいませんでした!とりあえず終わりです。
書き溜めしていたデータがお亡くなりになってしまい中途半端になりました。
本当にすいません。続きは書く予定ですが、いつになるかわかりません。
後日談の内容としては、デート編とスズちゃんのコスプレ編の二つです。気長に待っていただけると嬉しいかもです。なんて放置してましたから信憑性がないですね、本当にすいませんでした!

それと見ていただき感謝しています、ありがとうございました。ではまた会いましょう


このSSへの評価

4件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-10-31 13:36:33

SS好きの名無しさんから
2018-09-23 23:57:12

SS好きの名無しさんから
2018-07-26 18:08:14

SS好きの名無しさんから
2018-07-26 15:10:28

このSSへの応援

3件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-10-31 13:36:30

SS好きの名無しさんから
2018-07-26 18:08:22

SS好きの名無しさんから
2018-07-26 15:10:31

このSSへのコメント

4件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-07-22 14:57:39 ID: _yIUwat7

や~りま~した~(笑)

萩村、死亡フラグ乙(*^^*)

2: SS好きの名無しさん 2018-07-24 00:45:22 ID: 1vtj3TyD

このアリアさん、かなりぽんこつ?(笑)

3: ここななか 2018-07-26 01:57:03 ID: Ux7Y5NDj

コメントありがとうございます。返信させていただきます

>>1さん
スズちゃんのランドセル+スク水+ネコミミは犯罪ですよねー。可愛いからいいですケド。まあ、確定しているので楽しみにしててください

>>2さん
原作よりかは少しぽんこつ気味かもしれません。でもそこは恋してるせいでぽんこつになっていると変換してくださいな


一応コメントは気軽にしてもらっても構いませんのでよろしければどうぞ。
ゆっくりですが頑張って完結させますので応援よろしくお願いいたします。


4: ここななか 2018-07-27 02:07:49 ID: WlWzPiUj

評価と応援ありがとうございます!

嬉しいです!

もしかしたら今グダグダしてるかもしれませんが最後まで読んでいただけると嬉しいです。

頑張りますので引き続き応援よろしくお願いいたします


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください