2018-09-24 02:30:17 更新

概要

この作品は、描きたいと思ったバカが描いた作品です。苦手な方は、早急に退却してください


前書き

リアルが忙しいので更新ペースは未定です。
申し訳ありません気長に待ってくださると光栄
です。


大営本部では一人の提督が鎮守府に着任しようとしていた。そこは元ブラック鎮守府だった前任の提督は駆逐艦を盾がわりにしたりありとあらゆる艦娘に暴力を振るっていた拷問なども当たり前のように行われていた。

しかし、半年後暴力行為が発覚し前任の今までの最悪な問題が世界に明かされ前任は除隊および刑務所に収監されたしかし、艦娘達は心に深い傷を負った最悪誰一人轟沈しなかっただけマシなのだろう。

そして、ついに大本営から送られた提督が着任した。


提督「ここが俺が着任する鎮守府か」


そして、玄関に入った所で艦娘達が出迎えられていた奥から


?「はじめまして私は秘書艦の長門だ」


そこにいたのは、長門だった


提督「俺は今日からこの鎮守府に着任した提督だ」


互いに挨拶を終え司令室に案内されたそこで

長門からこの鎮守府の全てを聞かされた

その後、執務が始まった。

しかし、中には、前任の恐怖から人間を恨む者も多くいた。


?「提督失礼します」


そこにいたのは、榛名だった


榛名「提督ここの皆さんに注意して下さいね」


と言い残し司令室から退出した。提督はその意味を知っていた。次の瞬間天龍が勢い強くドアを開けてきた


天龍「よぉ早速だが死ね」


と刀を降り下ろしたそして、提督の首を切ったはずだった


提督「…」


天龍「な…!?」


提督の首は再生していた


提督「俺は実験されて不老不死になったんだ」


天龍「な、そんな奴いるわけ…」


提督「目の前にいるじゃん」


天龍「っ」


提督「さて選べ俺と戦うか、共に強くなるか」


天龍「!」


提督から放たれた威圧感に負け天龍は刀を納めた


天龍「必ず殺してやる」


そう言い残して司令室から出ていった。

翌日、天龍から「大事な用があるから港まで来てくれ」

と言われた。


提督「嫌な予感しかしないが…」


そう言いつつ港まで向かった。


提督「さて、港に着いたが…」

「誰もいねぇ」

「うーん騙されたかねぇ~」


次の瞬間


ドーン



提督(いきなり爆発!?いや違う!)


天龍「残念だったなぁ」


そこには、天龍がいた、しかも艤装を展開させた状態で、さらに後ろには、この鎮守府にいる全艦娘がいた


提督「なるほど、ね」


提督は瞬時に理解したこれは自分を処刑する罠だったのだと


天龍「のこのことやって来るとは、とんだバカだな」ハハ


榛名「榛名はちゃんと警告しましたよ」


長門「すまないな我々はどうしても人間は信用できないんだ」


吹雪「もう私達は、あなた方の言いなりにはなりません」


全員『死ね』


ドンドドドドドーン


天龍「へっようやくくたばったか」


提督「ふぅまたこれか」


全員『!?』


長門「バカな!我々の一斉射撃で死なない人間などこの世に存在するはずがない!」


大和「落ち着いてもう一度一斉射撃用意!」


武蔵「しかし、何度砲撃しても効かぬのでは意味がないぞ!」


天龍「じゃあどうするんだよ!」


提督「さて、どうするか…」

「!」


吹雪「!? 敵艦反応あり!」


全員「!?」


長門「バカなここは鎮守府近海だぞ!」


提督「総員戦闘配置!」


天龍「な!?」

「テメェなんのつもりだ!」


提督「何をしている早くしろ!」


天龍「っ」


深海棲艦「沈メ」


提督「単縦陣展開」


提督を殺そうとした彼女達は指示通りに従った

数十分後

吹雪「周囲に敵の反応無し」


榛名「我々の勝利です」


結局この日の提督の殺害は失敗に終わった

次の日、司令室に秘書艦長門を中心とした鎮守府の全艦娘が集合していた


提督「で、何でお前らここにいんの?」


長門「我々は知りたいのだあなたの正体を」


提督「だから俺はただの提t「ならなぜ不老不

死なのだ?」


長門「普通の提督なら不老不死のはずがない」


提督「…」


長門「答えろあなたは一体何者なんだ」


提督「俺は実験されたのさ」


全員「!?」


天龍「…」


18年前


提督「ここはどこ?」


科学者「君のお父さんとお母さんは深海棲艦に殺されたんだ」


提督「深海棲艦…」


科学者「一緒に仇を取ろう」


提督「…」


提督は何も言えず話を聴いていた

やがて深海棲艦に対抗するため実験が開始された

彼にとっては地獄の始まりだった

内容は血液投与だった艦娘の血を投与し強力な力を手に入れるという計画を知らされた


提督「これであいつらを…」


次の日は新しい血が投与されたその色は昨日の赤色の血ではなく青色だった


提督(これはなんだろう?)


数日後

提督「ハァハァハァぐっ」

「ガァァァァァァァァァ!!!!」

「ぐっううううううう」

「な、なにをした?」


科学者「フフ 実験さ」


提督「実験?」


科学者「そうさ 君には艦娘と深海棲艦の血を融合したのさ」


提督「!?」


科学者「艦娘の血は検査すると言えばすぐに採血できたが深海棲艦は苦労したよ」


提督「あ、ああ…」


科学者「さて、どんな力が備わっているのか見せてもらおうかな」


『第一 砲撃』

ドーン


提督「うわぁぁぁぁぁぁ」


その後様々な実験をさせられた

二年後

提督「ああああああああ!」


科学者「いいぞ!この調子ならもう軍に提出できる!」


提督「ああああああああ!」

(なぜこんなことに…)


科学者「あ、そうだいいことを教えてやる」


提督「?」


科学者「お前の親を殺したのは俺だ」ハハハハ


提督「!」

(こいつが父さんと母さんを…)

(…殺す 殺す殺す殺すコロスコロスコロス)

「殺ス」

ドーン バリバリ


科学者「なっ!?」


提督は自分に付けられていた拘束具を引きちぎり科学者に殺意を向けていた


科学者「ヒッ」


提督「殺ス」


科学者「た、助け…」


バキッ


科学者「グアッ」


警備員「一体何の騒ぎ…!?」


提督 ギロッ


警備員「ッ撃ち方用意!」


「撃て!」


バババババババババ


艤装展開


キンキンキンキンカン


警備員「バ、バカな…」


弾は全て弾かれたなぜなら彼は艦娘と深海棲艦の力を受け継いでいるのだから


警備員「総員t…」


ドーン


警備員「…」死体


科学者「ヒッヒィィィィィィィィィ」


提督「殺ス」


科学者「た、助けt…」


提督「死ね」


ドーンドーンドドドドドドドドドーン


その艤装は駆逐艦から戦艦までの艦娘及び深海棲艦の艦の魂の力が流れていたその力は研究所の全てを吹き飛ばした

提督「…」

「…フッ」

「ハハハ」

「アハハ」

「ハハハハハハハハハハハハハ」


数分間彼はその場に立ち尽くしその後大本営に保護された

その後研究所は大本営も気付かない内に元帥の側近である科学者が造り上げた違法な物だと判明した元帥や大本営全員での謝罪と今後の人生の安全性が保証された大本営は彼を引き取り責任を持って彼を育てた

その後、軍に入隊した彼の実力と過去の詫びもかねて大将に任命させた

そして研究所の爆発はただの爆発事故として扱われた


提督「これが俺の正体だ」


全員「…」


あまりに衝撃的な話で誰もなにも言えなかった


提督「これでいいだろ? 解散」


全員提督の命令によりその場で解散した。


翌日


食堂 ワイワイガヤガヤ

吹雪「あの話本当なんですかね?」


長門「だがそれならあの不死身さも納得だ」


天龍「けどよぅさすがに全ての艦の力を持ってるていうのは無理がかあるんじゃねぇか?」


大淀「それを知る方法はただ一つ…」


大和「艤装を展開させて確かめると」


大淀「その通りです」


武蔵「しかしどうやって…」


全員「…」


提督「俺の艤装が見たいのか?」


全員「!」


提督は気配を殺し彼女達の話を聞いていた


天龍「お前…いつからそこに?」


提督「最初から」


大淀「では…」


提督「いいよ見せてやる」

「艤装展開」


その瞬間駆逐艦の魚雷菅から戦艦の砲塔か展開された全員せその姿に唖然としていた


提督「どうだ?これが俺の艤装だ」


長門「どうやら本当のようだな…」


提督「艤装解除」

「ふぅそれじゃ飯食ってくる」


吹雪「あの話を聞いているとなんだか同情しますね」


加賀「だけどあまり同情すると裏切られた時のショックが大きいわ」


赤城「そうね慢心してはダメ」


吹雪「ですがあの人は私達と似たような過去があります」


大淀「確かに」


吹雪「それともう一つ」


全員「?」


吹雪「あれほどの過去を持った人なら普通なら私達と同じように他人を信じません つまり私達を信じません」


長門「確かに…」


吹雪「ましてや初対面な上に殺そうとした私達に自分の過去や艤装を見せるなんてありえません」


大淀「吹雪ちゃんの言う通りです」


天龍「じゃああいつは俺達を信じてるてぇのか?」


吹雪「そこまでは分かりませんただあの人に手をだしてはいけないような気がするんです」


大和「とりあえず今日はこれで解散です」


全員「はい」


吹雪「…」


大和「…」


天龍「…」


長門「…」


指令室前


長門「皆いいな?」


吹雪・大和「はい」


天龍「ああ」


吹雪・大和・長門・天龍「失礼します」


提督(あいつらにばらしちまったなぁまっいっか)

「で、何でここにいるんだ?」


吹雪「その…今回の件についてお詫びしに来ました」


吹雪・大和・長門・天龍『すみませんでした』


提督「いや、別にかまわな…


長門「私達はこれだけじゃ許されないことぐらいわかっている」


スルスル


四人はその場で服を脱ぎ始めた


提督「へ?」


四人『これより提督の奉仕をいたします』


提督「待て待て待て!」


吹雪「どうかしましたか?」


提督「それをどこで教わったんだ」


吹雪「足柄さんからです」


提督「はぁ…俺はそういうのはいらない」


吹雪「ですが」


提督「俺はお前達を許したそれでいいだろう」


大和「しかし」


提督「とりあえず服を着ろ」


四人「はい」


フクヲキタスガタヤデ


提督「自分の心と体を簡単に見せるんじゃない」


大和「なぜですか?」


提督「お前たちが大切なた仲間だからだ」


六人「…」


?「それは本当かしら?」


六人「!」


ガチャ


加賀「…」

赤城「…」


提督「赤城 加賀…」


加賀「貴方が仲間を想う気持ちが本物なのか私達にみせて」


提督「ふむ」スタスタ

ピタッ


提督「…」スッ


六人 ビクッ


提督 ダキッ


六人「!」


提督「今は信じなくていい だがこれだけは聞いてくれ お前たちはお大切な仲間だこの命に換えてでも守る」


六人「…」グスッ

ウワーン

提督「よしよし好きなだけ泣け」


彼女らにとってその言葉は前任から一度も言われたことのない優しい言葉だったその言葉は自分たちが道具扱いされることもないと証明するのに充分だった


数十分後


提督「落ち着いたか?」


六人「はい」


赤城「ありがとうございます提督」


加賀「あなたは私達を人として扱っているのですね」


提督「ああ 君達は美しい女性だよ」


加賀「な!?」カァァァ


赤城「あらあら」


その後六人はそれぞれ自分達の部屋へと戻っていった


提督「あっ そうだ明日の出撃には…」ニヤリ


翌日


吹雪「吹雪出撃します」


今回の編成へは吹雪・加賀・瑞鶴・北上・大井の編成で出撃している


提督「さ~てと」


出撃ドックには提督が潜んでいた


提督「我、出撃ス」


一方吹雪達は…


瑞鶴「本当提督さんはわからないことが多いよね~」


北上「ん~まぁ前の提督みたいな人じゃなさそうだから別にいいけどねー」


大井「北上さんを傷つけるようなやつはわたしが沈めます」


吹雪「…」


加賀「吹雪あなた何を考えているの?」


吹雪「司令官はどうしてこんなはずれのような鎮守府に来たのでしょうか?」


北上「まぁそうだよね~」


瑞鶴「どういうこと?」


加賀「これだから五航戦は…」


瑞鶴「ちょっとそれどういう意味よ!」


加賀「いい?提督は大本営のせいでひどい目にあってきたのよ だから本来私たのようなではなくもっと上の鎮守府にいけるはずなのになぜここにきたのか」


瑞鶴「むぅ確かに…」


北上「理由がわからないね」


提督「教えてやろうか?」


五人「!?」


後書き

まだ途中ですがこれからあげられるように昇進します。これからもよろしくお願いいたします


このSSへの評価

7件評価されています


謎提督さんから
2018-09-16 17:40:31

reaper_0102さんから
2018-08-27 22:08:28

SS好きの名無しさんから
2018-08-24 11:03:33

無名の決闘者さんから
2018-08-20 09:15:16

SS好きの名無しさんから
2018-09-14 19:31:02

SS好きの名無しさんから
2018-07-28 21:20:41

SS好きの名無しさんから
2018-07-23 15:01:32

このSSへの応援

7件応援されています


謎提督さんから
2018-09-16 17:40:35

reaper_0102さんから
2018-08-28 10:26:30

SS好きの名無しさんから
2018-08-24 11:03:36

無名の決闘者さんから
2018-08-20 09:15:18

SS好きの名無しさんから
2018-07-30 06:46:15

SS好きの名無しさんから
2018-07-29 22:44:50

SS好きの名無しさんから
2018-07-28 21:20:44

このSSへのコメント

9件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-07-23 14:35:19 ID: FvoD7LQc

サバゲーマンです
初めまして、面白かったです。次回の更新楽しみにしています。頑張ってください。

2: 艦これ好き 2018-07-24 05:38:56 ID: 0_SEaxyD

初コメありがとうございます
更新できるよう努力します

3: SS好きの名無しさん 2018-07-25 21:55:29 ID: P1o3-3qi

サバへーマンです
更新ご苦労様です。ますます、面白くなっていますね。これからも更新頑張ってください応援しています。・・・最近は熱中病が流行っています。体調には、気を付けてくださいね

4: 艦これ好き 2018-07-27 04:23:31 ID: 26BkEuam

コメントと体の心配感謝です。
読んでくださり感謝の極みです。
(ピャー)

5: 無名の決闘者 2018-08-20 09:19:17 ID: axb1vE2Y

初めまして!

コメントの方からこの作品を読ませていただきました。

実にいいじゃないか!私も最近はリアルの方でも時間がなくてナメクジばりの更新になってますがお互い頑張りましょう

6: 艦これ好き 2018-08-22 12:58:29 ID: 4Hy34sca

深い喜びに満ち震えておりますそれこそまさに深海からはい上がるように!
щ(゜▽゜щ)

7: 艦これ好き 2018-08-22 13:32:58 ID: 4Hy34sca

ついに1000PV突破皆様ありがとうございます
これからもがんばりますので応援よろしくお願い致します

8: SS好きの名無しさん 2018-08-31 00:22:11 ID: vcvsMILe

続き…気になる…

9: 艦これ好き 2018-09-04 19:18:54 ID: Qvf9GWLQ

頑張って更新します(*゜▽゜)


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください