2018-09-08 23:31:38 更新

概要

金剛と北上がなにやら言い争ってるようです…





と思ったら惚気話かよ!


前書き

その時の思い付きで書いたためキャラ崩壊に注意してください。


金剛「私はアンタが憎いネー、北上」


北上「あっそ…」


金剛「正直轟沈させてやりたいデース」


北上「あっそ…」


金剛「昨日のアレはどういうことなんデスかネー?」


北上「アレって?」


金剛「アレはアレデース!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、執務室にて


北上「提督~、あれやってよあれー」


提督「おっ、ええで~!Welcome!」ガバッ


北上「とーう!」バックジャンプ


提督「ジャストミートっ!」キャッチ


説明しよう!今提督と北上がどうなってるかというと

提督の膝の上に北上が乗っていて提督が北上をあすなろ抱きをしているのだ!


提督「わしゃわしゃー」ナデナデ


北上「いいねぇ、しびれるねぇ」ニマニマ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


北上「あぁ、あれかぁ。」


金剛「そうデース!私のBurningloveは全部Can avoidのに北上だけズルいデース!」


北上「はぁ…なんだんなことか」


金剛「んなこととは何デスか!私の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られてGO TO HELLデース!」


北上「それを言うならさー、お前も解体されてくんない?」


金剛「What!?」


北上「あれは一昨日のことだよ…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一昨日、同じく執務室にて


金剛「テイトクー!お茶会をしまショー!」


提督「お、ええな。丁度茶でも飲もう思うてたところなんよ。」


金剛「お、その茶葉は"ウバ"デスネー?」


提督「せや!たまにはストレートもええかなぁ思うてなぁ」ニコニコ


金剛「いいデスネー!」


提督「あ、なら茶菓子にシンプルなショートケーキでも作ったろか?」


金剛「OH!テイトクのケーキ!食べてみたいデース!」


提督「ふふふ…ハイパー提督さまにまかせなさーい!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


金剛「なんだSuch a thingデスカ」


北上「アタシは提督の手料理は餃子しか食べたことないんだよ!?」


金剛「ほほーう?」ニヤニヤ


北上「ぐぬぬ」


伊58「二人とも甘いでち!」ドアバーン


北上「あぁ、ウザいのが来た…」ギロッ


金剛「なにが甘いんデスカー?」ギロッ


伊58「ふふふ…それは一昨々日のことでち…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一昨々日、提督の寝室にて


伊58「提督~…」ガチャッ


提督「お?なんや?」ムクリ


伊58「あ、あのね?怖い夢をみたの…」プルプル


提督「んー、どんな夢や?」


伊58「前の提督の頃の…オリョクルの夢でち…」


提督「あんりゃま、そら怖かったなぁ」


伊58「だから、だから…」


提督「ふぅ~…ええで、こっち来ぃや」ガバッ


伊58「!!わぁい!でちっ」ボフッ


提督「おやすみー」スヤァ


伊58「おやすみ、でちぃ…」ギューッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


金剛北上「添い寝だとぉぉ!?」


北上「過去のトラウマを巧みに利用して…」


金剛「こいつ…できるっ!」


伊58「ふふーん」


あきつ丸「ほう、烏合の衆が何を集まって話してるのでありますか?」


北上「アタシ達が…」ゴゴゴ


金剛「烏合のShoot…」ゴゴゴ


伊58「でち…?」ゴゴゴ


あきつ丸「Exactly(その通りであります)」


北上「ふざけんなよ…?アタシらの事を名指しで馬鹿にするのはいいさ。」


金剛「But、テイトクが築き上げた我ら艦隊を馬鹿にするのは…」


伊58「許さんッ!お前は磔刑でちィィーーッ!」


あきつ丸「私は提督殿…いえ、提督殿のご家族方

以外の全ての生命体は同胞と認めていませんゆえ、誤解させるようなイイカタニなってしまわれましたな。」


金剛「テイトクのFamily以外の生命体て…」


北上「ごめんなにいってるかわかんない」


伊58「ヤンデレにも程があるでち…」


あきつ丸「まぁ、まぁ。私は貴殿方と違い提督にとって最も至高な遊戯をしてきたであります」


金剛「な!まさかSe…


北上「ちがうよ!…提督の好きなもの。

まず私達。そして料理、家庭菜園…」


伊58「入浴、睡眠、食事と、仮面ライダー…そして」


あきつ丸「…そう、"麻雀"であります。」ニタァ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日、執務室にて


提督「むむむむむ…」


あきつ丸「どうされました提督殿」シュタ


提督「おおう!?…あきつ丸か!なんでタンスからでてくるんや!?」


あきつ丸「提督殿が困っていましたらこのあきつ丸、たとえ火の中山の中、どこからでも駆けつけ致しましょう。」ビシッ


提督「いや、そのr………まぁ、ええわ」


あきつ丸「で、どうされたのですか?」


提督「いやぁ、久々にみんなでネト麻でもしようかと思うたんやけどな?姉さんは今授業中、友1は現在大会で対局中、友2は友達とショッピングやねん」


あきつ丸「ははぁ、提督殿は御友人が少ないのでありますね?」


提督「やめぃ、気にしとるんやぞ!!」クワッ


あきつ丸「も、申し訳御座いません!提督殿の気にしていることに触れてしまうとは、このあきつ丸一生の不覚ッ…!提督殿、何なりと罰をお与えください!」


提督「ん~なら、ちょっと打ってくれへん?」


あきつ丸「え?」


提督「麻雀よ麻雀。できるやろ?」


あきつ丸「は、はい。陸軍時代、あのくそったれ上官どもに仕込まれましたが…」


提督「陸軍の誇りェ…、まぁええわ。命令、俺と麻雀せよ!」


あきつ丸「は、はっ!」ビシッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あきつ丸「という訳で、偶然通りかかった有象無象二人を交えて提督殿と麻雀をしたのであります」


北上「この鎮守府で麻雀が出来る人と言えば…鹿島さんと隼鷹さんかぁ」ウゾウムゾウテ…


金剛「…にしても、テイトクの最も好きなことをテイトクと共にPlayするなんて、なんて異なるい…!」


北上「アタシなんて、一緒に仮面ライダー観賞位しかしたことない…」


伊58「ゴーヤは麻雀わからないでち…」


あきつ丸「ふふふ…これに勝る話があるなら持ってくるがいいであります」


雪風「雪風はしれぇとお風呂に入りました!」


北金伊あ「!!??」


金剛「ゆ、ユッキー、今、なんて…!?」


雪風「お風呂に入りました!」


伊58「だ、誰と!」


雪風「しれぇです!」


北上「なん…………」ギャンッ

「……だと…………」ドドン


金剛「Tell me in detail!!」


雪風「え、えーとですね!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先程、大浴場にて


提督「ふーっ、やっぱ風呂は最高やなぁ」カポーン


雪風「あれ?しれぇ、なんで女湯にいるんですか?」ガララッ


提督「ぶふぉっ!?ゆ、雪風、ここ、男湯(兼客人用)!」ズビシ!


雪風「はわ、そうでしたか!ごめんなさい!」チャプン


提督「なして入ってくるんですかねぇ…」


雪風「雪風はしれぇと一緒に入りたいです!」


提督「………ま、タオルも巻いてるし、ええか。」


雪風「わぁい!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


北上「馬鹿な…、ただでさえ提督の風呂を覗くと電にボコボコにされるのに…」


金剛「ハッ!今日はプラズマちゃんは遠征デース!」


あきつ丸「な、なんたる強運、いや、豪運…!」


伊58「提督とお風呂、提督と…」プシュー


あきつ丸「伊58が倒れた!」


北上「衛生兵ィィィィ!」


金剛「Medic、Mediiiiiiic!!」


ソ級「タダイマ到着」シュタ


あきつ丸「敵の潜水艦を発見!」ナゼココニ!


北上「ダメだ!」


雪風「ダメです!」


金剛「No!」


あきつ丸「ここにきてBFはいらんのであります!」


提督「ypaaaaaaaa!深海棲艦はどこだァ!」ドガシャア


レ級「久々ニ気分ガ高揚スルゼェ!」バキャァ


ソ級「アイエエエエ! ニンゲン!? レ級ナンデ!?」


提督「くたばれ深海棲艦ンンンンンン!」ドギャァァァン!


レ級「ギャハ、ハ!コイツニ仇ナスナラ、コロスシカナイヨネェ!?」ズキュゥゥン!


ソ級「ザヨコー!」ドッカーン


ナンダナンダヨナンデスァァ!?チョ,ヤメ シネェザッキンガ!アッー!


北上「……うん」


北上 金剛 あきつ丸 雪風「やっぱり提督(しれぇ)は最高だね(であります(です!(デース)」



後書き

なんだこれは。
…いやなんだこれは。
おかしい、北上さん達が提督の魅力を伝えようとするお話を作ろうとしたのになんであきつ丸がここまで崩壊するのさ…


このSSへの評価

6件評価されています


2018-11-14 15:38:12

SS好きの名無しさんから
2018-09-26 00:11:05

SS好きの名無しさんから
2018-09-23 16:10:25

DELTA ONEさんから
2018-09-18 18:06:35

SS好きの名無しさんから
2018-09-09 01:50:44

SS好きの名無しさんから
2018-09-09 00:13:23

このSSへの応援

8件応援されています


2018-11-14 15:38:13

SS好きの名無しさんから
2018-09-25 22:00:11

SS好きの名無しさんから
2018-09-23 16:10:21

SS好きの名無しさんから
2018-09-22 22:06:43

DELTA ONEさんから
2018-09-18 18:06:38

SS好きの名無しさんから
2018-09-11 11:50:07

SS好きの名無しさんから
2018-09-09 01:50:45

SS好きの名無しさんから
2018-09-09 00:13:24

このSSへのコメント

5件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-09-22 22:07:11 ID: Mh0hm7x8

旧軍だと『麻雀』は禁止

2: みがめにさまはんさみかたき 2018-09-23 13:55:33 ID: U4MWMfLy

一応時代背景は現代~未来の辺りですから…(震声)

3: ????? 2018-09-26 18:14:01 ID: EKcPZgdi

一応麻雀の類は禁止だったけれど、うちの初期艦のアノ人もやっていたし、陸軍のくそったれな上司なら、大陸や台湾帰りだろうからやっているんだろうな~
……まぁネタになったからいいや(笑)

4: SS好きの名無しさん 2018-09-26 18:52:21 ID: NbHH8mzt

海軍陸戦隊艦娘と掃海艇艦娘、実装化して欲しい。

そもそも陸棲の深海棲艦が離島を占拠しているのに、海軍陸戦隊艦娘無しに、どうやって離島を奪還しているのだろうか?

あと、あきつ丸(揚陸艦艦娘)がいるのに、水陸両用部隊がいなかったら無意味だろう。

加えて、深海棲艦は『機雷』を保有しているのに『掃海艇艦娘』がいなくて、どうやって機雷処理をしているのだろうか?

5: SS好きの名無しさん 2018-09-26 18:55:10 ID: NbHH8mzt

あきつ丸

『水陸両用部隊か海軍陸戦隊を用いて海上からの揚陸作戦をしないと、身体がうづいて仕方がない。夜鳴きする身体をもて余す。』


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: DELTA ONE 2018-09-18 18:06:52 ID: RDQjjU5b

Good

2: SS好きの名無しさん 2018-09-26 18:53:35 ID: NbHH8mzt

あきつ丸

『水陸両用部隊か海軍陸戦隊がいないと身体がうづいて仕方がない。まさに夜鳴きする身体をもて余す。』


オススメ度を★で指定してください