2018-09-24 22:28:43 更新

概要

これは、私と君が出会ってから、あなたが消えていくまでのおはなし


前書き

「ヤツを探せ!!」

向こうで何人かの声が聞こえる。

「くそっ!どこだ!?」

どうやら私の事を見失ったようだ。

私は息を吐いた。

するとそれと同時に涙がこぼれた。

また皆と会いたかっただけなのに

私は彼女らに砲を向け

彼女らも私に砲を向ける

なんで?なんで?

必死に走り続けた

そうさ、私は速い

誰にも追いつくことなんて出来ないんだ

走って走ってはしり続けた

すると半開きになった隠し扉の様なものを見つけた

「████室」

ドアの内側にそうラベルが貼ってあった部屋に私は逃げ込んだ

そこには、

奇妙な機械につながれた少年がいた。


「あれ...?」


「申し訳ございません、ここにいる人とは雰囲気が違ったもので」


「もしよろしければ、名前を教えてもらえないでしょうか?」


・・・


「あ、申し訳ないのですが私には『視覚』と『聴覚』が存在しません。」


「私の前にあるキーボードで名前を入力してほしいのです。」


・・・


「『しまかぜ』、ですか」


「確か艦娘にも同じ名前の人がいましたね。」


「...?そんなに慌ててどうしたのですか?」


・・・


「『なんであわててるってわかったの?』ですか、私は気配で人のおおまかな動きがわかるのです」


・・・


「『すごいね』、そうなのですか?私にはわかりません。」


「あ、マスターが帰ってくるみたいです。」


・・・


「『バイバイ』...そうですか。」




「あの...また来てくれますか?」


・・・


「...ありがどうございます」


◇◇◇


「ん...あなたは『しまかぜ』さんでしょうか?」


・・・


「やはりそうでしたか。およそ18時間ぶりですね」


・・・


「『わたしがこわくないの?』、ですか?」


「...」


「私にはこわいというものがわかりません」


・・・


「『へんなの』...申し訳ありません、私はマスターに必要最低限の能力しか搭載されなかったのです」


「...ではこういうのはどうでしょうか」


「あなたは私がこわいですか?」


・・・


「そうですか。ならばきっと、私も『こわくない』のです」


・・・・・・


「どういたしまして」


・・・


「わかりました。さようなら」


◇◇◇


「こんにちは、およそ55時間ぶりですね」


・・・


「『ごめんね』...?一体なぜでしょうか」


・・・・・・


「『またせたから』別に私は大丈夫です」


・・・


「はい」




・・・


「名前、ですか」


「私の名前は...」




・・・


「『ないの?』そうかもしれません...私は出来損ないなのかもしれません...」


・・・


「『そんなことない』...ありがとうございます」


「ただ、私はマスターから『デベロッパ』と呼ばれています」


・・・


「『ますたーって?』ですか、マスターは私に任務を与えた人です」


「私はマスターの為に任務を頑張っています」


・・・


「『えらいね』、ありがとうございます」


・・


「ターミナルから緊急メッセージを受信、私は修復計算を実行しなければいけません!任務を実行しなければ私は...」


◇◇◇


「昨日は申し訳ございませんでした。ターミナルから緊急メッセージを受信したのです」


・・・


「『たーみなる?』、はい。ターミナルは私に任務を命じます」


・・・


「お友達...ではないですね」


・・・・・・・


「『おともだちはいるの?』ですか、私にはそのような存在はいません」


・・・


「そうですか、私と同じですね」




「すみません、『おともだち』とは一体何でしょうか?」


・・・


「『いっしょだとたのしいひと』ですか、」


「たのしい、とはなんでしょうか?」


・・・


「『ぽかぽかする』ですか」


「...」


「私はしまかぜさんと一緒にいるととても楽しいの、かもしれませんです」


「しまかぜさんは、私の『おともだち』ですね」


・・・


「『ありがとう』...何故お礼を言うのですか?」


・・・


「『うれしいから』。はい、それは良かったです」


・・・・・・


「『ばいばい、またあしたくるね』。はい、わかりました」


「では...またあした」


◇◇◇


何が起きたのかわからなかった。


あれから81時間後の事だった。


「さぁ、いくよ!!」


私を呼ぶ声がする。


まるで、自らが覚醒していくかのようだ。


自らでも気づく事のなかった記憶が、まるで身体に浸透していくようだ。


私は...この感覚の事を知っている?


散乱する情報に困惑しながらも、私は連れて行かれてる事だけは理解できた。


◇◇◇


「よし...いけ...いけ...」


私は青白い彼女の頬を見つめていた。


彼女の視線の先には『うま』と呼ばれたものが動いていた。


その瞬間起こる歓声、私は雑音に今だ慣れず驚いてしまった。


「やった!!大当たりだよ!!」


しまかぜさんは青白い頬を赤く染める。


「あっ...」


しまかぜさんは『おおあたり』と書いて私に見せる。


私はどうやら今までは視神経を通じて文字を認識させていたようで、右も左もわからない状態で文字は唯一理解できた。


「そうですか、それはよかったです。」


拙いながらもそう喋りかえす。


「もっと嬉しがってもいいのにな...」


「うーん、まだ何もわからないので...」


「あれ?私の言っていることがわかるの?」


「はい、発音と文字の結び付けは完了しました。」


こういう所定の物を結び付けたり傾向をつかむのは得意だった。


「さて、換金しに行きましょ」


しまかぜさんは、私の手を引っ張っていった。


◇◇◇


しまかぜさんに連れてこられた場所は、前の様に何も見えなくなっていた。


「ごめんごめん、明かりつけるね」


しまかぜさんがそういうと、辺りはまた色々と見えるようになった。


「まだ明かりとか、色とか、わからない事だらけだよね」


「はい、申し訳ありません」


「いやいや、君はよく頑張ったよ」


しまかぜさんが私の肩に手を置いて言う。


「そうなのでしょうか」


「...そうだよ。ずっと一人で」


なんとも表現しにくい表情だ。


数秒の沈黙の後、しまかぜさんが口を開く


「うん、私がきみに色々教えてあげる。これからいっぱい楽しいことしよ?」


そういって彼女は目を細めた。


◇◇◇


それから一週間が経った。


私は色々な物を学んだ。


色、表情、明るさ、音程


そのどれもが新鮮で、興味深かった。


「ねぇねぇ、これからどうしよっか」


そう島風さんが風呂場に入ってくる。


彼女の細い体はなめらかな曲線を描いていた。


「と、いいますと?」


「ほら、私達は今まで競馬とホテルに頼って生活していたじゃん?」


「つまりは定住したいという事ですかね」


「そうそう」


島風さんは体を洗い終え、浴槽に飛び込んだ。


「君が競馬の予想とかをして今はお金がそこそこあるし」


「私は君と二人で何処か遠い所でゆっくり暮らしたいな」


「それはいいですね」


「島風さんは艦娘ですし、海の見える街とかがいいですかね」


「...あれ?私が艦娘だって事言ったっけ?」


「いや、テレビを見ていたら気づきまして」


「...まぁ、いっかいずれは言うつもりだったし」


そういって彼女は目を逸らした。



後書き

エタるなよ...エタるなよ...
おおまかなストーリーは出来てるんだから


このSSへの評価

3件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-10-16 21:24:11

SS好きの名無しさんから
2018-09-22 00:57:33

SS好きの名無しさんから
2018-09-20 23:14:13

このSSへの応援

3件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-10-16 21:24:13

SS好きの名無しさんから
2018-09-22 00:57:37

SS好きの名無しさんから
2018-09-20 23:14:09

このSSへのコメント

4件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-09-17 21:39:41 ID: vfDsyo1p

NHKニュース(9月17日(月))

海上自衛隊

南シナ海で『対潜戦』訓練実施・公開

護衛艦『かが』等が訓練参加

かが『流石に気分が高揚します。』

2: SS好きの名無しさん 2018-09-20 23:14:46 ID: _3Q2c6LL

何これ...
狂おしいほど好き

3: SS好きの名無しさん 2018-09-30 19:36:17 ID: 5dtuqRZ8

読売新聞(9月28日(金))7面

💀韓◆国💀

文大統領、国連総会で『慰安婦問題』に基づき日本🇯🇵🎌🗾を非難する演説実施

これは『慰安婦問題』で相互に非難応酬する事の自粛を約した『慰安婦問題を巡る日韓合意』の明確な違反であり、💀韓◆国💀は『慰安婦問題』を『蒸し返す』事を国家として正式に宣言した。と、思料

加賀『頭に来ました。』

4: SS好きの名無しさん 2018-10-01 18:01:22 ID: s7SRmmLW

海上自衛隊

護衛艦『さざなみ』

ソロモン諸島訪問

ガダルカナル島で『遺骨』の受け取り実施

さざなみ『ソロモンよ!!私は帰って来た!!』


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2018-09-17 21:40:23 ID: vfDsyo1p

NHKニュース(9月17日(月))

海上自衛隊

南シナ海で『対潜戦』訓練実施・公開

護衛艦『かが』等が訓練参加

かが『流石に気分が高揚します。』

2: SS好きの名無しさん 2018-09-30 19:35:04 ID: 5dtuqRZ8

読売新聞(9月28日(金))7面

💀韓◆国💀

文大統領、国連総会で『慰安婦問題』に基づき日本🇯🇵🗾🎌を非難する演説実施

これは『慰安婦問題』で相互に非難応酬する事の自粛を約した『慰安婦問題を巡る日韓合意』の明確な違反であり、💀韓◆国💀は『慰安婦問題』を『蒸し返す』事を国家として正式に宣言した。と、思料

加賀『頭に来ました。』


オススメ度を★で指定してください