2018-09-26 02:22:43 更新

概要

新米提督が艦娘達とコメコメしていくお話です


前書き

うっすうっす、どうも主です。

今回は思い付き100%のssなのデス

いつも通りの紙内容、紙的文章力、キャラ崩壊の可能性大。後、文脈のへったくれも無いので日本語おかしいですネ!

なので今回も暇つぶし程度又、温かい目で見守ってください。それとこのssは主がSAN値直送の自給自足の為に書いているので少しでも『こんなssは嫌だ!』など思ったりしたらすぐにブラウザバックして他の投稿者様のページへゴーです。ハイ

最後に1作目の続編をお待ちしている方々、本当にすみません。続編考えていたら『これ』を思いついてしまったので
更新が遅くなりそうです。


1日目



やったぞ、ついに.....鎮守府着任ktkr!鬼教官の厳しい訓練を乗り越え提督になったぞ!



提督「というわけで現在執務室の来客用の椅子でだらけているんデスヨ」


ドウイウワケデスカ?シランナ


うわ~気持てぃ~何なんだこの柔らかさは。座学の時に使っていた椅子と大違いだわー。アレのせいで訓練中に

ケツへのダメージが倍増してたからなークッソー。ま、それはいいとして確か上から秘書艦とやらを選べて言われてたなー



提督「そしてその資料が手元にあります。ハイ」



えーと?面接を通し、貴官の艦隊に相応しい艦をこの5人の中から選べ?ということは好きな娘を選んでよいということですか!?

うほ~全員可愛いじゃまいか!(歓喜)オラ、ワクワクすっぞ!ん?なんか数人おかしかった様な.....まあいいか!

それで?面接時間は....14:00から執務室で行うって書いてあるから....今は13:55だから後、5分じゃん。準備しなきゃって

言ってもあまりすることないなー。服装正してっと、このまま待機しとこー



5分後



コンコンコンメンセツニキマシタハイッテモイイデスカー



提督「どぞー」



?「失礼します」ドアガチャ



提督「ささ、そこに座って」



?「は、はい」



提督「さて、まずは自己紹介からお願いしますね」



榛名「金剛型3番艦榛名です。どうぞよろしくお願いします」



提督「ヨロシクね~次に特技は何ですか?」



榛名「えぇと、スコーンを作ることです!」



提督「おおー良いね~今度良かったら作って貰えないかな?」



榛名「良いですよ!」



提督「や っ た ぜ、最後に目標などありますか?」



榛名「そうですね.....楽しく過ごしたいです!」



提督「ありがとーございましたー」



提督「さて次の方、自己紹介お願いしまーす」



駆逐棲姫「白露型5番艦ノ春雨デス」



提督「え?君バリバリ駆逐棲姫じゃん?」



駆逐棲姫「春雨デス」



提督「いやいや絶対駆逐棲姫だっt」



駆逐棲姫「春雨デス」



提督「ア、ハイ」



提督「気を取り直して、特技は何ですか?」



駆逐棲姫「荷物ノ運搬ガ得意」



提督「ふむふむ、運搬が得意ね」



提督「最後に目標などありますか?」



駆逐棲姫「提督ト添イ寝スルコト...///」



提督「うっし、ちょっと待っといてくれやぁ。すぐに終わらせたるけぇ」



駆逐棲姫「ヤッタ///」



提督「3人目の方、自己紹介よろです」



初雪「吹雪型~3番艦の~初雪....です。よろ」



提督「よろよろ、何か特技などありますか?」



初雪「.......寄生している相手にランス突すること」



提督「まさかの同業者じゃないですかー」



初雪「.......マルチやる?」



提督「ヤりましょう」



初雪「ダブルクロス?」



提督「ここは3Gで逝こう」



初雪「おk」



提督「最後に目標などありますか?」



初雪「......勲章全部揃えること」



提督「オラも手伝うべ」



初雪「......ん」



提督「さてさて4人目どうぞー」



防空棲姫「ビックセブント言ッタラコノ私」



防空棲姫「長門型1番艦ノ長門ダ、ヨロシクナ」



提督「防空棲姫じゃないですかヤダー」



防空棲姫「長門ダ」



提督「防空s」



防空棲姫「長門ダ」



提督「うっす」



提督「特技は何ですか?」



防空棲姫「幼女ノ匂イヲ半径3㎞範囲内ナラ識別デキル」



提督「......ぜひ、師匠と呼ばせてください」



防空棲姫「許ス」



提督「最後に目標は何ですかー?」



防空棲姫「幼女ト一緒ニオ出カケヲスルコトダ」



提督「..........」スッ



防空棲姫「.......」スッ



提督・防空棲姫「........」ガシッ!ムゴンノアクシュ



キズナガフカマリマシター



提督「最後の方、自己紹介頼もぉ」



ヲ級「ヲ」



提督「ツッコンだら負けですかね?」



ヲ級「ヲッキュ」



提督「特技は何ですか?」



ヲ級「ヲヲ」



提督「最後に目標などありますか?」



ヲ級「.......普通にしゃべって良い?」



提督「あ、どぞ」



ヲ級「全イベント周回」



提督「ちなみにどの?」



ヲ級「フラ〇ーナイト〇ール」



提督「フレ良いか?」



ヲ級「もち」



提督「推しキャラは?」



ヲ級「シャクヤ〇」



ヲ級「提督は?」



提督「クロユ〇」



ヲ級「分  か  る」



提督「だろ?」



提督「それではこれにて面接終了。(人数制限なんて聞いて)ないです。というわけで全員合格」



提督「各自自由行動。マルチは今度な。さてベットin行くぞオラぁぁぁぁ!」ダキッ



駆逐棲姫「コ、コンナ時間カラハダメダヨ~///」ダキツキ



1日目終了





2日目 A.M  6時


諸君、おはよう。私だ。まったく、初夜(添い寝)は最高だったぜwktkしかもまだ横で寝ている訳ですよ。

ぁ~良い匂いがするんじゃ~(゚∀゚)hshsうおー妹ニウムが回復するんじゃ~。ん?変態野郎だって?黙れ小僧。という訳で今日も一日頑張るZOY



提督「さてさて今日の任務は~?」



提督「開発及び建造と演習ですか、まずは開発、建造を終わらせますかね」



ー工廠ー


工廠妖精「各資材の量を設定するがよい」



提督「開発が 10 251 250 30 建造が 300 300 600 600で2回」



工廠妖精「完成したら伝えるわー」



提督「りょ」



ー執務室ー


提督「次は演習をするのデス!」



提督「編成は全員!戦術は輪形陣、旗艦は榛名に一任するぞい!」



榛名「だ、大丈夫です!」



提督「それでは武運を祈る!」(`・ω・´)ゞ



提督「の前に、うちにはまだ鳳翔さんや間宮さん達がいないから昼飯は

    

    俺が某H.Mで買ってくるからこの紙に書いといてね。では解散!」



ーH・M-


今日はかなり少ないっていうか誰もいないじゃまいか、おかげで早く済みそうだぜ。それで?えーと....

特塩からが3つにチキン南蛮弁当と親子丼か。俺は何にしようかな~......無難に塩からかな。何故特塩を選ばないのかって?黙れ修[若]造



提督「すみませーん、注文いいですかー?」



店員A「何にしますか?」



提督「特塩から3つと塩から1つ、チキン南蛮弁当1つと親子丼を1つで」



店員A「お会計~~円になります」



店員A「ちょうどですね~この番号を呼ばれるまで店内でお待ちください」



提督「うっす」



トビラヒラクー



?「お、提督じゃないか」(=゚ω゚)ノ



提督「....!とっつぁん!」



友提督「誰がとっつぁんや、友提督や」



提督「友提督も昼飯買いに来たん?」



友提督「ああ、まだうちの鎮守府にはあの鳳翔さんや間宮さんがいないからな」



提督「me too」



友提督「そっちもかよ。てかなんで俺らの所にはいないんだろうな?」



提督「さぁな、もしかすると上は大型建造で溶けりゅぅぅぅぅぅしてたりして(草)」



友提督「んなわけねぇだろ?」



ー大本営ー



元帥「何故じゃ!?大和レシピガン回ししたら陸奥になりゅぅぅぅ!これ以上増えたら儂がヤられる!エ〇同人誌みたいに!」



大淀「やめてください元帥!これ以上すると資材が枯渇してしまいます!後、誰得ですか!それ!?」



元帥「儂は諦めんぞ!この身が滅び(掘られよう)ようとも絶対に諦めはせん!」



大淀「いい加減諦めろやクソ爺!てめぇのせいでこちとら後始末がきついんだよ!お前の第三砲塔爆破したろうか!?あぁん!?」



元帥「ひえー!秘書艦が切れたー!?」



ッハ!ワタシノアイデンティティーガ!?イミヲゴゾンジデ?オネエサマ?ヒエー



ーH.Mー



店員A「お待たせしましたー〇〇番号札のお客様ー」



提督「ども~それじゃあまたな、とっつぁん!」



友提督「だからヤメレ」



ー鎮守府ー



提督「演習お疲れさん、飯買ってきたから各自で取ってね~」



提督「それと榛名は演習結果の報告よろしく~」



榛名「はい、まず演習結果はBでした。こちら側は小破が多々見られますがそれ以上に相手艦隊に被弾させました」



提督「初戦だが中々良い戦績だな」



榛名「頑張りました!」



提督「お、それにMVPは榛名じゃないか!」



榛名「えへへ~」



提督「なぁ榛名ーMVP取ったご褒美に何か欲しいものとかあるか?」



榛名「ん~と、そうですねー......」



榛名「その、良かったらなでなでして欲しい....です///」



提督「もちのロン!てかナデナデして良いの!?」



榛名「お、お願いします....///」



提督「可愛いなぁこの娘は~」



榛名「むふふ~....榛名、感激ですぅ~///」ヾ(・ω・*)なでなで



提督(おお、これが女子の香り....ハラショー)



榛名「ありがとうございます、提督...///」トローン



提督(ぺ~ろぺ~ろしたいですねコレ)(*´Д`)



榛名「ま、またお願いします...///」



提督「いつでも良いぞ、てかさせてくれ」



榛名「はい...///では、失礼しました」ドアガチャ



提督「さて、ランチタイムといきまs」



シオカラニデバンナドアタエルカア!ヤ、ヤメロー!トイウワケデカットー!



13時



防空棲姫「提督、妖精さんからの報告だ。開発及び建造が終わったらしいぞ?」



提督「了解、先に行っといてくれ。てかなまりが消えたな」



防空棲姫「幼女とお話をするためだ。当たり前だよなぁ?」



提督「だよなぁ?」



ー工廠ー



工廠妖精「おーやっと来たか」



提督「どうだったー?」



工廠妖精「開発の方が46cm三連装砲が2つに三式弾1つ、そして最後が40inch単装砲だ。一体どうなってやがる?」



提督(ふっふっふー、秘書艦を防空棲姫にしたかいがありましたな)



防空棲姫(だろ?)



提督(コ、コイツ直接脳内に!?)



防空棲姫(旗艦が榛名だった事はツッコまないでやるよ)



提督(ありがたき幸せ~)ウヘー



提督「それで、建造の方は?」



工廠妖精「今からだ、出迎えてやれよ」



カーテンガヒラクー



瑞鶴「翔鶴型2番艦、妹の瑞鶴です。提督さんよろしk.....」



提督「よろ」



防空棲姫「よろしくな」



瑞鶴「!?なな、なんで深海棲艦がここに!?」



提督「うちのメンバーだから....気にするなぁ!」



防空棲姫「というわけだ」



瑞鶴「...........」パクパク



提督「さ、次いこか」



工廠妖精「......せやな」



カーエンヒラクー



翔鶴「翔鶴型1番艦、翔鶴です。どうぞよろしくお願いします」



提督「翔鶴型1番艦ということは瑞鶴の姉か?」



翔鶴「瑞鶴のことをご存じなんですね。もしかして先に来ているのですか?」



提督「ああ、右側見てみな」



翔鶴「え?」チラリ



瑞鶴「深海棲艦が1匹、深海棲艦が2匹、深海棲艦が3匹......」



翔鶴「瑞鶴!?一体何があったの!?」



提督「あーそれはだな....」



防空棲姫「わ  た  し  だ」( ・´ー・`)



翔鶴「て、提督......何故、深海棲艦がここに...!?」



提督「成り行き」



翔鶴「そ、そうですか....」コンワク



工廠妖精「......結果は以上だ。また開発するときは頼ってくれよ」



提督「了解した。それじゃあ防空棲姫、鎮守府の案内頼むよ」



防空棲姫「ああ、いいぞ。それではお二人さん付いてきてくれ」テクテク



翔鶴「は、はい」テクテク



瑞鶴「深海棲艦が11匹、深海棲艦が12匹、深海棲艦が13匹.....」トボトボ



提督「よし、後は書類仕事のみだな」




5時間後


18:30


ドアコンコン



提督「どぞー」



初雪「.....夜ご飯は?」



提督「んー、今から買いに.....いやデリバリーでいいかなー」



初雪「ん」



提督「皆に何がいいか聞いてくれないか?」



初雪「.....ハチミツ4スタックで手を打とう」



提督「....!」



提督「.......分かった」



初雪「....交渉成立」ニヤッ



ー寮ー


初雪「.....という訳で皆は何食べたい?私はなんでもいい」



榛名「榛名もなんでもいいですよ」



ヲ級「同じく」



防空棲姫「私は幼女のパ....ゲフンゲフン。寿司で」キリッ



駆逐棲姫「私もー」



瑞鶴「翔鶴姉は何にする?」



翔鶴「そうねぇ.....私も寿司が食べたいです」



瑞鶴「じゃあ、私も!」



ー執務室ー


初雪「寿司」



提督「あい、分かった。皆を食堂に集めといて、30分以内に届くように頼むから」



初雪「ん」



30分後


ー食堂ー


提督「ネタは一人3個まで~」



提督「それでは.....」テヲアワセマシテ



全員「いただきます!」



榛名「この海老は身がプリプリしてて美味しいです!」モニュモニュ



防空棲姫「お、このトロは良い脂身がのっているな」パクッ



瑞鶴「美味しいね!翔鶴姉!」ムシャムシャ



翔鶴「そうね」モグモグ



初雪「.....美味」



ヲ級「ハラショー」



ワタシノデバン!?チガウノデス。ヤー



駆逐棲姫「提督、どうぞ」アーン



提督「この娘、凄い(小並感)」パク



提督「美味しいな」



駆逐棲姫「でしょ?」



初雪「爆ぜろ」



ヲ級「せやな」



~食後~


提督「寝る前にしっかりと歯磨きしとけよー?それと消灯時間も守れよー?では」



全員「ごちそうさまでした!」



ー提督自室ー


提督「ログインボーナスが星5確定ガチャ券2枚だと!?」カチカチ



提督「流石一周年記念祭」カチカチカチカチカチ



ドアコンコン



提督「誰でぃ!?」



ヲ級「ワタシと」ガチャ



初雪「ワタシだぁ」



提督「ソウナノカー」



提督「はい、これがフレコードね」ウラガミワタシーノ



ヲ級「ありがとう」ウケトリーノ



初雪「.......」



提督「......」



初雪「よこしな」



提督「ワレのハチミツがぁ~」



ヲ級「あ、提督ってP〇4持っていたんだね。しかも種類が豊富」



初雪「C〇Ðに閃乱カ〇ラ、マイ〇ラ......ジャンルはバラバラ。それにw○iもある」



提督「それなら前のスマ〇ラならあるぞ?」



ヲ級「U版は無いんだね」キョロキョロ



提督「エフェクトがあまり好きじゃなかったからな~」



初雪「リモコンが4つある.....」



ヲ級「残り一人呼んでくるよ」ガチャ



提督「準備するか」



初雪「..........」チラッ



提督「..........」チラッ



初雪「私が1P」



提督「俺が1Pだぁ!」



~~~~~~


初雪「私こそが正義」1P



提督「畜生メェ!」2P



ヲ級「来たよ」3P



駆逐棲姫「私が来たッ!」



提督「おっと、こちらもなまりが(ry」



駆逐棲姫「.......提督のためですから///」



提督「惚れてまうやろ~」ダキツキ



駆逐棲姫「キャッ///」ギュー



初雪「早く沈みやがれデス」



ヲ級「さっさとキャラを決めやがれデス」



提督「リ〇ク」



ヲ級「ア〇ク」



初雪「ルイ〇ジ」



駆逐棲姫「ピカチ〇ウ」



提督「アイテムは?」



「「「無し」」」



提督「残機は?」



「「「10個」」」



提督「場所は?」



「「「終点!」」」



提督「決まりだな」



初雪「何か賭けない?」



提督「だが断r」



「「賛成」」



初雪「計  画  通  り」( ・´ー・`)



提督「コイツ......」



初雪「内容は......」



~~~~~~


ヲ級「勝った」1位



提督「後少しだったのに」2位



駆逐棲姫「ボタン押し間違えたぁ....」3位



初雪「何故私だけ集中砲火をくらったんだろぅ......」4位



提督「や  り  ま  し  た」



初雪「嘘だぁ!」



ヲ級「提督?一緒に入りましょうか。お風呂」



提督「あー罰ゲームかーやだなー(棒)」



駆逐棲姫「入る?」



初雪「パス」



~~~~~~~


ヲ級「混浴って良いね」wktk



提督「せやな」スッキリ



駆逐棲姫(私も一緒に入りたかったなぁ......)



提督「風呂に入った、歯磨きもした、ログインボーナスも確保した」



ヲ級「後は寝るだけ」



初雪「部屋に戻るね。おやすみー」ドアガチャ



提督「俺も寝るわーおやすみ~」ベットイン



ヲ級「すみ」モゾモゾ



駆逐棲姫「失礼しますね」モゾモゾ



2日目終了


後書き

今日の投下はここまで。基本23時~1時に更新する予定(必ずするとは言ってない)ゲス顏

思い付きで書くとこんなに文脈もクソも無いのですね!
あ、これの続編はSAN値が変動しまくってる時に書く予定です。ハイ。(必ず書くとは言っていない)ゲス顏

1作目は絶対に完結させてやる!(心が折られなければ完結できそうです)という意気込みで1作目の内容思考中


このSSへの評価

2件評価されています


2019-05-07 09:05:26

SS好きの名無しさんから
2018-09-22 22:14:32

このSSへの応援

2件応援されています


2019-05-07 09:05:27

SS好きの名無しさんから
2018-09-22 22:14:32

このSSへのコメント

6件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-09-23 21:20:37 ID: QVR2GHnW

我が闘争

ヒトラーはアホである。

ちなみに初版

日本人を『物真似が上手いだけ。』と、ボロカスに書いていた。

日独伊三国同盟後に出した版

日本人を『上手く導けばアーリア人に匹敵する。』と記載している。

再度、強調

ヒトラーはアホである。

2: Lima 2018-09-26 02:27:22 ID: TQxI9c-k

阿呆と天才は紙一重

はっきり分かんだね

再度、強調

だろうね

3: SS好きの名無しさん 2018-09-26 19:02:05 ID: NbHH8mzt

ヒトラー

アジテーター(大衆扇動家)としては天才

彼は当時の大多数のドイツ人が内心『誰か言ってくれねーかな。』と、思っていた事を大声で言い続けただけである。

4: SS好きの名無しさん 2018-09-30 17:00:26 ID: 5dtuqRZ8

読売新聞(9月28日(金))7面

💀韓◆国💀

文大統領、国連総会で『慰安婦問題』に基づき日本🇯🇵🎌🗾を非難する演説実施

これは『慰安婦問題』で相互に非難応酬する事の自粛を約した『慰安婦問題を巡る日韓合意』の明確な違反であり、💀韓◆国💀は『慰安婦問題』を『蒸し返す』事を国家として正式に宣言した。と、思料

加賀『頭に来ました。』

5: SS好きの名無しさん 2018-10-01 17:58:46 ID: s7SRmmLW

海上自衛隊

護衛艦『さざなみ』

ソロモン諸島訪問

ガダルカナル島で『遺骨』の受け取り実施

さざなみ『ソロモンよ!!私は帰って来た!!』

6: Lima 2018-10-02 01:39:34 ID: 1tcGuQE2

3コメさん

まあ、天才的なカリスマ性を秘めていたなんて言われてましたからね

状況が状況だったんでしょうね

4コメさん

えっと.....取りあえず.....

ソーナノカー

5コメさん

何故だろう....真っ先に思いついたのが『ビグザム』だったなんて.....


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2018-09-30 16:59:15 ID: 5dtuqRZ8

読売新聞(9月28日(金))7面

💀韓◆国💀

文大統領、国連総会で『慰安婦問題』に基づき日本🇯🇵🎌🗾を非難する演説実施

これは『慰安婦問題』で相互に非難応酬する事の自粛を約した『慰安婦問題を巡る日韓合意』の明確な違反であり、💀韓◆国💀は『慰安婦問題』を『蒸し返す』事を国家として正式に宣言した。と、思料

加賀『頭に来ました。』


オススメ度を★で指定してください