2018-10-02 17:50:32 更新

〜食堂〜

赤城「加賀さん加賀さん」

加賀「はい?」

赤城「今日面白い噂を聞いたんですよ!」

加賀「どんな噂なんですか?」

赤城「提督が加賀さんのこと好きだとか」

加賀「……そう」

赤城「あれ、反応薄いですね」

加賀「所詮噂ですから」

赤城「本当は嬉しいんじゃないですか?」

加賀「(有り得)ないわ」

赤城「そうですか……」

加賀(やりました。今晩は空母だけれど夜戦ですね)


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜工廠裏〜

赤城「ダメでした」

翔鶴「ダメでしたか」

赤城「そろそろ提督にカッコカリ相手を決めてもらわないと、艦隊の士気が下がってしまう……という事態になりかねません。なので加賀さんを焚き付け、けしかけてみようと思ったのですがどうにも反応が薄く……」

翔鶴「え、今の解説要ります?朝も聞きましたよそれ」

赤城「要ります」

翔鶴「要りますか」

赤城「えぇ」

翔鶴「ならば次です。瑞鶴でもけしかけてみましょうか」


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜翔鶴型自室〜

翔鶴「ねぇ、瑞鶴」

瑞鶴「なーに?翔鶴姉」

翔鶴「今鎮守府である噂が流れているのだけれど、瑞鶴は知っているの?」

瑞鶴「なにそれしらない」

翔鶴「じゃあ教えてあげるわ。なんと……」

瑞鶴「なんと?」

翔鶴「提督は瑞鶴のことが好きらしいの」

瑞鶴「……急用が出来たわ。今晩は帰りが遅くなるかも」

翔鶴「あら、別にわざわざ帰って来なくてもいいわよ?」

瑞鶴「……そうなるかも」

翔鶴「……夜になったら頑張ってらっしゃいね」

瑞鶴「うん」


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜工廠裏〜

翔鶴「イケました」

赤城「イケましたか」

翔鶴「恐らく瑞鶴は今晩夜這いしに行くでしょう」

赤城「もういっそデキ婚でもいいですね」

翔鶴「妹がデキ婚というのには思うところはありますが、この際よしとしましょう」

赤城「何はともあれ、これで艦隊の士気が大きく下がることはなさそうですね」

翔鶴「ええ。提督が優柔不断な所為で皆モヤモヤしてましたもんね」

赤城「とりあえずお祝いの準備でもしときますか」

翔鶴「しときますか」

赤城(……)

翔鶴(……)


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜最上型自室〜

鈴谷「はぁ……」

熊野「……どうしたんですの?」

鈴谷「なんでもない。はぁ……」

熊野(完っ全に恋する乙女の顔をしてますわね)

鈴谷「はぁ……」

熊野「……」

鈴谷「はぁ……」

熊野「………」

鈴谷「はぁ……」

熊野「うるさいですわ!そんなにあの人のことが気になるのなら夜にでも押しかけるべきではなくて!?」

鈴谷「……」

熊野「あんまりにも動かないようでしたら私があの人をもらっちゃいますわよ!?」

鈴谷「ダメ。それは、ダメ」

熊野「なぜですの?」

鈴谷「提督は、私が貰う。他の女に渡すつもりなんてない」

熊野「だったら今晩にでもアピールしに行きなさいな」

鈴谷「ん、そうする。ありがと、熊野」

熊野(……これでうるさい鈴谷では無くなりますわ。やっと夜まともに寝られますわね)


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜演習場〜

武蔵「お、おい大和?」

大和「あら、何?」

武蔵「いや、なんでそんな格好を?」

大和「気分よ」

武蔵(今の大和の服装は、白装束を着て頭に蝋燭を巻いている。まるでいまから何かを呪いにいくところのようだ)

大和「うふふ……」

武蔵「……!?おい大和!お前いま何を持ってた!?」

大和「なんでもないわ」

武蔵「いや、だが……」

大和「な ん で も な い わ」

武蔵「……そ、そうだな!何も無かったな!うむ!」

大和「待っててくださいね、提督……今晩迎えに行きますからね……邪魔者を始末してから」

武蔵(とんでもないものを見てしまった。奴の右手には五寸釘と金槌。左手には藁人形が持たれていた。それもただの藁人形ではなく、金剛の写真が人形の顔に張り付いていた)


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜球磨型自室〜

北上「大井っちー、まだなのー?」

大井「うぅ……」

北上「勇気出しなって。あの提督だよ?ちょっと押せばすぐなびくって」

大井「でも、今まで冷たくしてきちゃったし……」

北上「……もう明日にでも提督のとこに行ってみようよ」

大井「……そう、ですね。そろそろ勇気出さないと、他の人にとられそうで……」

北上「じゃ、明日頑張れー」

大井「そうね、そうします」

北上(大井っちには明日を薦め、自分が今晩先手をうつ。いやー、私って賢い)

大井(明日なんて悠長なこと言ってられないわ。今晩にしましょう今晩に)


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜朝潮型自室〜

朝潮「……いよいよですね」

満潮「ええ……」

霰「わたしたちの」

朝潮型「「「朝潮型による提督NTR計画」」」

大潮「緊張します……」

荒潮「あらあら、みんな緊張してるの〜?」

霞「そりゃもう緊張だってするわよ。今晩決行なんだから」

朝雲「楽しみだわ」

山雲「いまのうちに準備しときましょうか〜」


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜オリョール海〜

伊58「今日でちか?」

伊19「今日なのね」

伊168「そう、今日……」

伊8「今日こそオリョクルの恨みを」

伊58・19・168・8「「「逆れいぷで晴らす時!」」」

伊58(って皆言ってるけど)

伊19(ホントの狙いは違うのね)

伊168(今晩決行される夜這いで)

伊8(他の皆を出し抜いて)

伊58・19・168・8(((提督を自分のモノにしてみせる!)))


・・・・・

・・・・

・・・

・・



〜夜・執務室〜

提督「……」

飯を食って帰ってきたら。

加賀「邪魔よ、五航戦の瑞のつく方」

瑞鶴「なによ!アンタこそどっか行きなさい!」

鈴谷「あっ、提督じゃん!ちーっす」

北上「ウソォ……なんで大井っちが!」

大井「北上さん……!」

朝潮「いっぱいいますね……」

大潮「でも、することは変わりません!」

大和「ピーピーとうるさい奴らですね……」

霞「大和さん!?」

伊58(マズいでち……)

伊19(ここは陸上)

伊168(海ならともかく)

伊8(今は潜水艦に勝ち目はない!)

なんだこの修羅場は。

提督「おい鈴谷」

鈴谷「なに?」

提督「状況を説明してくれ。今はお前が一番まともだ」

鈴谷「了解!」


・・・


提督「はぁ……」

全員俺を逆レイプに来たとか……。どうなってんだこれ……。

提督「加賀さん」

加賀「……なに?」

提督「赤城を呼んできて」

加賀「よく分からないけれど、分かったわ」

提督「瑞鶴も、翔鶴呼んできてくれ」

瑞鶴「なんで?」

提督「いいから」

瑞鶴「分かった……」

コイツら2人は赤城や翔鶴に唆されただけだろう。問題は……。

提督「まず、鈴谷」

鈴谷「!」

提督「なぜこんなことを?」

鈴谷「それは……」


・・・


提督「いやなんでそこから逆レイプって発想になるんだよ!?」

鈴谷「手っ取り早いじゃん」

提督「工程飛ばしすぎだ!」

提督「まあいい、次!大和!」

大和「はい」

提督「藁人形に五寸釘ってなんだよ!」

大和「何処ぞの英国かぶれの提督LOVE艦を……ふふふ」

提督「嘘だろお前!?味方呪ってどうすんだ!」

大和「私にとっては敵です」

提督「お前にそんなヤンデレ属性あった!?」

大和「あります」

提督「……ええい、次!大井と北上!」

北上「はいよー」

大井「なんですか?死にたいんですか?」

提督「ひっ……ふ、2人ともなんでこんなことを?」

大井「それは……」


・・・


提督「北上」

北上「な、なに?」

提督「トライアスロンを5セット」

北上「!?」

大井「提督、流石にそれは……」

提督「大井」

大井「はい?」

提督「今回の件、北上に対して敵意を感じたか?」

大井「まぁ、多少はね?」

提督「ならこれでいい。次!朝潮型駆逐艦!」

朝潮「はい!」

提督「全員かよ……なぜこんなことを?」

朝潮「朝潮型駆逐艦は全員あなたのことが好きなんですよ。で、このままでは姉妹の仲に亀裂が入ると思いまして、それならいっそ全員のモノにすればと……」

提督「他の皆も同意見?」

大潮「はい」

満潮「ええ」

提督「……はぁ。俺のことが好きだという気持ちは分かった。だが、夜這いはよくない。以後気を付けるように」

朝潮「はい。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした」

提督(ええ子や……)

提督「次!伊58、伊19、伊168、伊8!」

伊58「でち」

提督「大方、オリョクルの恨みでも晴らそうとしたんだろうが……。今後はオリョクルの回数を減らすから、もうこんなことはやめなさい」

伊58・19・168・8「「「はい」」」


・・・・・

・・・・

・・・

・・



提督「来たか。赤城、翔鶴」

皆は帰らせた。もうそろそろ日付変わるからな。

赤城「来てやりました。感謝してください」

翔鶴「ください」

提督「黙れ。お前ら、なんで加賀や瑞鶴を唆した?」

赤城「だって……」


・・・


提督「……はぁ」

赤城「ね?納得したでしょう?」

翔鶴「したでしょう?」

提督「お前らなぁ……俺の気も知らずに……」

赤城「なら、提督は一体誰と?」

翔鶴「誰と?」

提督「……お前らだよ」

赤城「えっ」

翔鶴「えっ」

提督「『えっ』じゃねえよ。お前らだっつってんだろ」

赤城「いえ、私としてはむしろwelcomeなのでいいんですが……」

翔鶴「ですが……」

赤城・翔鶴「「ジュウコンなさるんですか!?」」

提督「……悪いか」

赤城「……どう?」

翔鶴「私は別に大丈夫ですね」

赤城「そう。私もです」

提督「……決まりだな。二人とも、俺とカッコカリしてくれ」

赤城・翔鶴「「喜んで」」

……なんだこの急展開。夜這いされそうになって主犯格を注意して知らん間に告白してたよ。

赤城「では……」

翔鶴「早速……」

赤城「ケッコンショヤカッコカリですね」

翔鶴「ですね」

……え?

赤城「頂きます」

翔鶴「ます」

お、おい待て!心の準備が……!

赤城「えい」

提督「うびゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

翔鶴「そいやっ」

提督「にゃしいぃぃぃぃぃぃぃ!」


・・・・・

・・・・

・・・

・・



赤城「やりました」

翔鶴「できました」

……結局こうなるのかよ!

赤城「ヤればデキる。実にいい言葉だ」

翔鶴「我々に避妊の大切さを教えてくれる」

いや知らねぇよ!

加賀「提督……私とは遊びだったのね」

瑞鶴「……ばかっ」

北上「うぅっ……まだ足が……」

大井「……裏切り者」

大和「うふふふふ、うふふふふふふふふっ!」

武蔵「ひぃっ!頼むから赤城と翔鶴の写真が貼られた藁人形をズタズタにするのはやめてくれぇっ」

伊58「今日はどこに遊びにいくでちか?」

伊19「うーん……」

伊168「じゃあオリョールにしましょ!」

伊8「賛成です」

朝潮「……はい。全員賛成ということで、荒潮発案の『提督の愛人になろう』作戦を遂行します」

荒潮「うふふ〜」

鈴谷「提督!ナニする?てかナニしよ!」

もうやだこの鎮守府!


艦!


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-10-02 23:18:16

このSSへの応援

1件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-10-02 23:18:19

このSSへのコメント

3件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2018-10-05 02:00:02 ID: RGcBLj6m

ワロタ

2: SS好きの名無しさん 2018-10-06 04:51:57 ID: wroXaVUs

ワロタ同意

3: SS好きの名無しさん 2018-10-06 17:36:45 ID: CKBCMGLX

NHKニュース(10月5日(金)1510)

日本🇯🇵🎌🗾政府

💀韓◆国💀『済州島』で開催される『国際観艦式』

海上自衛隊護衛艦は不参加の方針

妥当な結論

但し『問題の先送り』であり、いずれまた、火を吹く。


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2018-10-06 17:35:38 ID: CKBCMGLX

NHKニュース(10月5日(金)1510)

日本🇯🇵🎌🗾政府

💀韓◆国💀『済州島』で開催される『国際観艦式』

海上自衛隊護衛艦は不参加の方針

妥当な結論

但し『問題の先送り』であり、いずれまた、火を吹く。


オススメ度を★で指定してください