2018-12-29 22:38:28 更新

前書き

少し遅れながらも流行を取り入れてみました。


ワイ「あ、あろまちゃん! おちんちん激しくしないで!」


あろま「うるさいのである……!」シコシコシコ


ワイ「あ、あぁ~ッ!」ドピュドピュドピュ-ッ!


あろま「今日の搾精は終わった。我はこれにて帰還する」


ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」


数週間前、男の子のワイも念願のプリパラに入ることが許されたのだが、『女の子ばかりのプリパラ内で若い男を野放しにすると皆レイプされるのでは』という懸念の声があり、結果、あろまちゃんが定期的にワイのオチンチンから精子をシコシコしてくれるようになった。しかし、あろまちゃんはなんだかワイのことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にオチンチンシコシコして、ちんちんイタイイタイなのだった。


ワイ「トホホ……あろまちゃん可愛いのにオチンチンシコシコはイタイイタイなんだから……あーあ、どうにかしてあろまちゃんの精液ピュッピュをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな~、ん?」


プリパラ閉園の時間なのに地下パラの部屋から明かりが漏れている。


あろま「よいしょ……よいしょ……」


ワイ(あ、あろまちゃんが、地下パラでおちんぽディルドを相手にオチンポシコシコの練習をしている!?)


あろま「ふぅ……こんなものであるか……。もっと気持ち良くなってもらえるように頑張らねば……」


ワイ「あろまちゃーん!」バタ-ン!


あろま「デビッ!?」


ワイ「あ、あろまちゃーん! ごめんよーッ!あろまちゃんは毎日ワイのためにオチンチンしこしこの練習してたのにワイはそんなことも知らずに……ッ!ハフッ!ハフッ! あろまちゃんのライブ直後ふとももいい匂い!」


あろま「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅ぐでない!」


ワイ「ご、ごめんねあろまちゃん……!」


あろま「べ、別に、オチンチンしこしこ練習するくらい普通である……。それが我の使命であるから……。それに、我は下手で、あんまり気持ちよくなってもらえないから」


ワイ「そ、そんなことないよ! あろまちゃんのその気持ちだけでワイは十分オチンチン気持ちいいんだよ! あっ、そ、そうだ! あろまちゃんおてて出して! 」


あろま「こ、こうであるか?」


ワイ「そう! それじゃあ今からオナニーするからね! あろまちゃんのやわらかおててにドッピュするからね! ちゃんと受け止めてね!」


あろま「えっ、えっ?」


ワイ「ウオーッ! あろま! ぷにぷにおててに出すぞ!」ドピュドピュドピュ-ッ!


あろま「デビィッ!」ビシャ-ッ


ワイ「くっ、ふぅ……! す、すっごい濃いのが出たぁーッ!」


あろま「ほんとうである……で、でもなぜ……?」


ワイ「それはね……あろまちゃんの気持ちが、ワイに伝わったからだよ! あろまちゃんの他人を思いやる優しさがね!」


あろま「我のやさしさ……」


ワイ「そう! だから、テクニックなんて、二の次なんだよ! オチンチンしこしこは、上手い人にやってもらうより、好きな人にやってもらうのが一番気持ちいいんだよ!」


あろま「す、好きって……デビッ///も、もう少しだけ、練習に付き合ってもらえないか?」


ワイ「もちろん!」


その後、ワイは一晩中あろまちゃんのおててに射精を続けて次の日の朝は起き上がれないほど疲弊していた。


でもまぁ、その日以来、おちんちん搾りをするときあろまちゃんが耳元で「ザーメンザーメン射精射精(でるでる)ビー!」とつぶやいてくれるようになったので結果オーライ! 終わり


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください