2019-09-15 09:05:00 更新

概要

「提督が鎮守府に着任しました!…1週間遅れで」の続きです。
自己評価低い系提督とちょろい艦娘たちのお話
前作を見ていただかないと本当によくわからないと思うので、お暇なときにそちらから読んでいただけると幸いです!


鎮守府はいつもと変わらない朝を迎えようとしていた。その静寂を切り裂く大きな声…



提督「ねむー」フラフラ


提督「寝ようかな…」


??「I discovered!!いまシタ!!!」


提督「…?」


??「テイトクー!!!」


提督「金剛…朝なんだから静かにしなさい」


金剛「そんなのどうでもいいデース!」


金剛「これ!どういうことデスカ!」バッ


提督「なにこれ。新聞?」


金剛「青葉の新聞デス!さっき号外を配ってマシタ!」


金剛「とにかく読んでくだサイ!」


提督「なになに…」


提督「『熱愛発覚!?提督、大胆にも祝勝会の場で行為に及ぶ!!!』…は?」


新聞『我が新聞が誇る優秀な記者がビックニュースを手に入れた。つい昨日のことである。海域攻略の祝勝会をしているという情報を掴んだ記者はその場へ突撃取材を行った。しかし、そこで起きていた事実は我々の想像を遥かに超えるものだったのだ…』


提督「…なにこれ?」


金剛「こっちのセリフデース!」


金剛「ここを見てくだサイ!」ユビサシ


提督「?」


提督の膝の上でトロ顔の榛名の写真


提督「…?」


金剛「テイトクがそんな人だとは思いませんでした。こんな人前でエッチなことをするナンテ」


提督「んんん?」


金剛「しカも私の妹二」


金剛「説明、シテクレマスヨネ?」ゴゴゴゴゴ


提督「ひぃぃ…」


提督(なにこれオレしらないんだけど!)


金剛「サア、昨日ハナニヲシテイタノデスカ?」


提督「まって!まって!説明するから!ちょい1回放送室いかせて!全員招集する!」


金剛「…わかりまシタ。行きまショウ」





提督「…まぁ駆逐艦の子はいっか」


提督『あー、あー、みんな朝からごめん』


提督『大至急大広間に集まってください』


提督『あと』


提督『青葉。号外を配るのをやめろ。貼ったものは剥がせ。いますぐに』




提督「みんな集まってくれたね…ってなんで駆逐艦の子達もいるのさ」


提督「駆逐艦寮には放送繋げなかったのに」


卯月「うーちゃんが外にいてたまたま聞いてたっぴょん!こんな面白そうなことうーちゃん達にないしょなんてひどいぴょん!」


提督「…まぁいっか」




長良「ねえねえ、これなんの集まり?」


阿武隈「あれ?お姉ちゃん知らないの?」


長良「朝司令官と走ってたからねー」


名取「提督さんが、その、え、えっちなことをしたっていうか///」


長良「えぇ!?」


阿武隈「あたし的には信じられないですけど」



吹雪(榛名さん…羨ましい…)ギリッ


朝潮(私も司令官に…)ドキドキ



球磨「提督がそんなことするクマ?」


多摩「でも写真があるにゃ」


北上「うぇー、まじなんかなー」


木曾「そうなると一昨日の夜に北上姉もなにかやられたんじゃないか?」


北上「いや、あたしはまじでないよー」


大井(…少なくとも淫行はしてないんですよね)


大井(提督、今回ばかりは同情します)


ザワザワザワ


提督「はーいみんな!静かにしてー!」


金剛「では提督。説明をお願いします」


金剛「嘘をついたら許しませんから」


比叡(ひえー!金剛お姉様がマジ口調だよー!)


霧島(榛名?実際どうなの?)


榛名「えへへ…」ポワポワ


比叡(心ここにあらずって感じだね)


霧島(ここまで私達で運んできたようなものですもんね…)


提督「昨日の祝勝会はね、いろいろあって榛名を膝の上に乗っけてたんだ」


提督「オレは榛名を抱きしめて撫でてただけです」


提督「…やっぱり自しゅ」ボソ


陸奥「提督?榛名ちゃんが悲しむわよ?」


提督「はい。自首はしません」ボソ


提督「3時間ぐらい抱きしめてました」


金剛「榛名ガソンナコトダケデアンナ顔二ナルノデスカ」


金剛「嘘は許さないと言いましたよね?」


提督「ホントだって!」


提督「ねぇ陸奥!大井!それだけだよね!?」


陸奥「え、えぇ…そうね」


大井「はい…まぁ」


陸奥・大井(言えない…)


陸奥・大井(榛名ちゃん(さん)が何回かイってたっぽいなんて…言えない…)


金剛「お二人もグルの場合、そちらにもなんらかの報復をさせていただきますがよろしいですか?」


大井(金剛さんってこんなに怖かったっけ!?)


陸奥(それほど妹達が大事なのね…)


青葉「あ、じゃあ!」


青葉「実際に榛名さんをもう一度司令官のお膝に乗っけてみるのはいかがでしょう?」


提督「へ?」


金剛「いいかも知れませんね。それで嘘だとわかったら…ユルサナイ」ゴゴゴゴゴ


金剛「はるなー!こっち来るデース!」


榛名「…」エヘヘ


比叡「榛名?おーい」


霧島「ねぇ、提督に抱きしめてもらえるそうよ」


榛名「ホントですか!」ハッ


比叡(すごい…)


霧島「金剛お姉様のところに行くといいわ」


榛名「わかりました!」タタタッ


青葉「司令官、椅子の用意完了です!」


提督「あ、うん…」ガタ


金剛「榛名、テイトクの上に座ってくだサイ」


榛名「はい♡」ジリジリ


榛名「失礼します♡」ノシ


金剛「アレ?榛名?」


榛名「♡♡♡」ギュー


提督「ちょっ、榛名、あっち向きになってよ」


榛名(提督の匂い…てーとくの体温…♡)ギュー


榛名(でも…もっと抱きしめてほしい、です)スリスリ


提督「はるなー」ボソ


榛名「ひゃう♡」ゾクン


提督「反対向きになってー」ボソ


榛名「んっ♡はー♡」ピク


榛名「反対向いたらぎゅーってしてくれますか」ハーハー


提督「うん、するから」ボソ


榛名「わかりましたぁ…」トローン

クル

ストン

榛名「はい、ぎゅーってしてください///」トロン


提督「わかったよー」ギュ


榛名「あんっ♡」ガクン


みんな「「!?」」


朧「ぐっ…今回は耐えたよ!」


曙「なにやってんのよ…」


潮「…///」ドキドキ


漣「なんもいえねぇ…」


提督「榛名大丈夫?やっぱりお腹触らない方がいいんじゃ…」


榛名「ダメです…大丈夫ですから離さないで…」ガシ


提督「そっか」ナデナデ


榛名「はぅ…♡」


提督「金剛、榛名も普通な感じでしょ?あの写真はなんかの間違いだったんじゃない?」ナデナデ


金剛「エ!えっと…」


榛名「はー♡はー♡」ビクビク


みんな((いやヤバいでしょアレ!))


瑞鶴(提督さんのぎゅーすごい///)


蒼龍(いいなぁ榛名さん)


吹雪(司令官…司令官!私も!お願いしたいです!)


金剛「(でもたしかに変なことはしてなかったし)そうですネ…テイトク、疑ってごめんなさい」


提督「いいよいいよ、間違いは誰にでもあるわけだし」ナデナデ


提督「あ、青葉は今日トイレ掃除だから」


青葉「なんでですかっ!?」


提督「お前が変な写真載っけたからこうなったんだぞ。罰掃除だバカ」


青葉「はーい」


青葉「ホントのことしか載っけてないのにぃ」ボソ


榛名「あの…んっ♡もう、いいですか?」


提督「金剛、もういい?」ナデナデ


金剛「あ、ハイ。ありがとうデス」


榛名「やった///」

クル

榛名「♡♡♡」ギュー


提督「あのー、榛名さん?もういいってさ」


榛名「…」スリスリ


提督「…榛名、とりあえず1回立たせてよ」


榛名「わかりました…」パッ


提督「よっと」スク


榛名「♪」ギュー


提督「はるなーおーい」


榛名(…今逃したら次はいつこうやって抱きつけるかわからないですもん)


提督「ほら、金剛とかに抱きしめてもらえばいいじゃん?」ナデナデ


榛名「榛名、提督じゃないとダメです。お姉様達でも大丈夫じゃないです」ギュー


提督「…言ってくれればいつでもしてあげるから、離れよ?ね?」


榛名「ホントですか!?」バッ


提督「うん、オレでいいならね」


榛名「提督じゃないとダメなんです!」ズイ


提督「おぉう…まぁとりあえず離れようか」


榛名「いつでもってことは今でも…いいですよね?」


提督「あー、うん…いいよ」


榛名「ありがとうございます♡」ギュー


提督「そうだ、ついでに業務連絡しまーす」ナデナデ


提督「〜」ナデナデ


榛名 モジモジ


みんな((集中できないっ!))





榛名「…」ポケー


比叡「はるな、おきてる?」ボソ


榛名「あ、比叡お姉様。どうかしました?」


比叡「ううん、さっきからボーッとしてたから」


榛名「そうですか…」


榛名「あ!」


金剛「どうしたネ、榛名」


榛名「お姉様、霧島、榛名のお腹撫でてみてくれませんか?」


比叡「いいけど…」


霧島「なんで?」


榛名「提督にぎゅーってされるとすごく気持ちよくて…///」テレテレ


榛名「でも自分でやっても特になにも感じなかったんですよね」


比叡「ほい」ナデナデ


榛名「あはは、お姉様、いきなりはダメです、くすぐったいですー!」





霧島「どうでした?」


榛名「うーん、くすぐったいだけで気持ちよくはありませんでした」


榛名「やっぱり提督じゃないとダメですね!」


霧島「そう…」


金剛(テイトク…恐ろしい人!)


比叡(私も司令に撫でてもらおうかな)






青葉「もぉー、なんで青葉がこんなこと…」ゴシゴシ


提督「いいだろーオレも手伝ってるんだから」ゴシゴシ


青葉「司令官が手伝ってくれるって言った時びっくりしましたよー。どさくさに紛れてトイレで変なことするつもりなんじゃないかみたいな」フキフキ


提督「そんなこと言うなら手伝わねーぞ」ゴシゴシ


青葉「わー嘘ですごめんなさい司令官様!」


提督「ったく…てかトイレで変なことってなによ」


青葉「えっ」ピタ


提督「えっ」


青葉「…それ、まじで言ってます?」


青葉(素で言ってるのこの人)


提督「うん…」


青葉「…」


提督「…」


青葉「あ、あはは…続きやりましょう」ゴシゴシ


提督「そうだねー」


提督「早く終わらせて間宮さんとこでおやつ食べよーぜ」


青葉「司令官のおごりですよね?」


提督「しゃーない、おごってやるよ!」


青葉「やったー!」









提督「軽巡と駆逐艦の子が模擬戦やってる時間かな。見に行きたいけど行けないや」


バーン

提督「っ!」ビク


夕立「ぽいー!」ダキッ


提督「うわっ」ヨロ


夕立「提督さん!夕立、今日の演習がんばったっぽい!ほめてほめてー!」スリスリ


提督「そっかそっか、えらいぞー」ナデナデ


夕立「ぽいー♪」スリスリ

ガチャ

白露「あー!やっぱりここにいた!」


提督「おー白露」


白露「やっほー提督」


白露「それより!今日のMVPはあたしだったんだよ!」


提督「すごいじゃん!やるね白露!」


夕立「もっとなでなでしてー!」スリスリ


提督「あぁごめんごめん」ナデナデ


白露「…」


白露「提督!いっちばんなんだよ?いちばん!もっとなんかあるでしょ!」


提督「ホントすごいよ!そうだね…」


夕立「提督さん!まだまだ足りないっぽい!」


提督「わかった、わかったから!」


提督「ごめん白露!今回は間宮券あげるから許して!」ハイ


白露「うぅーわかったよー」

パタン

白露「…」


白露「…いいなぁ夕立」






ガチャ

夕立「提督さん!今日もがんばったっぽい!」ダキッ


提督「えらいえらい」ナデナデ


夕立「ぽいぽい♪」スリスリ

ガチャ

時雨「失礼するよ提督」


提督「いらっしゃい」ナデナデ


時雨「…なにをしているんだい?」


提督「夕立ががんばったっぽいから撫でてる」ナデナデ


夕立「ぽーい♪」


時雨「そうなんだ」


時雨「ところで提督?」


提督「どした時雨」


時雨「あのね、今回は僕がMVPをとったんだよ」


提督「やるじゃんか!さすが時雨だねー!」


夕立「ぽい!」


提督「こら!大人しくしなさい!」ナデナデ


時雨「あ、あの…僕、がんばったんだよ?」チラチラ


提督「うん、ホントお疲れ様」


夕立「提督さん!止まってるっぽい!」ガタ


提督「はいはい。時雨、ちょっと今日はこれでガマンしてくれる?ごめんね…」マミヤケン


時雨「…ありがとう提督、うれしいよ」


時雨「それじゃ、またね」

パタン

時雨「ずるいよ夕立、僕だって…!」




時雨「…」トボトボ


白露「あれ?時雨!元気ないね」


時雨「あ、白露…うん、ちょっとね」


白露「…もしかして、提督と夕立のこと?」


時雨「…!」


時雨「ふふ、姉さんにはなんでもお見通しなのかな」


白露「いやー、あたしも昨日いろいろあってね」


時雨「そっか」


白露「ねぇねぇ、ちょっと作戦考えない?」


時雨「作戦?」


白露「そう!提督に構ってもらう作戦!」


時雨「それいいかも」


白露「でしょ?じゃあ間宮さんのところで作戦会議!」


時雨「いいね。行こうか」






白露「まみやさーん」


間宮「あらいらっしゃい2人共」


時雨「こんにちは」ペコ


間宮「こんにちは。うふふ」


間宮「じゃあここに座って…ご注文をどうぞ」


白露「あたしパフェ食べたいです!」


時雨「ん、じゃあ僕も」


間宮「いま用意しますね」


白露「はーい!」


時雨「これ、間宮券です」スッ


間宮「あら、ありがとうございます」


白露「MVPで提督にもらったんだよ!」


間宮「え…」


間宮(提督に?)


時雨「間宮さん?」


間宮「あ、いえ、MVPおめでとう!少しサービスしておきますね!」


白露「やったー!」


間宮「ちょっとまっててね」




間宮(そういえば前に提督がたくさん買いに来たわね)


間宮(でも提督が使ってるところを見たことないかもしれない…)


間宮(青葉さんと2人で来た時も青葉さんの分だけ頼んで提督は仕事があるってすぐに行っちゃったし)


伊良湖「あのー」


間宮(…というか最近甘味どころか普通の食事の時にも見てない気がする)ウーン


伊良湖「おーい間宮さーん!」


間宮「っ!な、なにかしら?」


伊良湖「間宮さん、白露ちゃん達が待ってますよ!」


間宮「そうだった…これ、持っていきましょう」


伊良湖「はい!」






コンコン

提督「はいってー」

ガチャ

白露「失礼しまーすっ!」


時雨「こんにちは」


提督「あれ?時雨戻ってきたの?」


白露「ちょっと!あたしもいるんだけど!」


提督「ごめんごめん、いらっしゃい白露」ポンポン


白露「もー」プクー


時雨「夕立はどこかに行ったの?」


提督「うん、さっき村雨に連れていかれた」


白露「…ならちょうどいいかな」ズイ


提督「えっ」タジ


時雨「提督、僕達からおねがいがあるんだ」ズズイ


提督「な、なんでしょうか…」タジタジ






ガタンゴトン

提督「遊園地楽しみだなー♪」


時雨「うん」


時雨(なんでこの人僕達よりテンション高いんだろう)


白露「提督、すごい楽しそうだね!」


提督「だってオレ初めていくんだもん!」


白露「はじめて?」


提督「あ…」シマッタ


時雨「初めてなの?誰かと行ったりとか」


提督「あ、あー」


提督「遠足とか誘われた時とか、毎回ケガとか病気でいけなかったんだよ!」


白露「うわ…不運だね」


提督「そうなんだよ!いっぱい誘われたんだけどねー!」


白露「確かに提督は友達多そう!」


時雨「僕は運がいいからいっしょにいたら運気が上がると思うよ」ピト


提督「まじで?じゃあおねがいしまーす」




提督(ともだち…か)


提督(そんなの軍学校に入るまでいなかったな)


提督(それ以前に…)





みんな「「ついたー!」」


白露「あたし、いっちばーん!」


提督「迷子になるから待ちなさい」ガシ


白露「えー」


時雨「それにしてもいい天気だね」


提督「今日は鎮守府も休みにしたから思いっきり遊ぼうか」


提督「それよりよかったの?」


白露「え、なにが?」


提督「みんなと来なくて」


提督「休みにする理由も言うなって言われたけど、教えてみんなで来た方が」


時雨「提督」


提督「はいっ」ビクン


時雨「さっきも言ってたじゃないか、いっぱいいるともっと迷子になる可能性が増えるよ」


提督「あー、そっか、それもそうね」


時雨(それだけじゃないけどね)


白露(あたし達にいっぱい構って貰うんだから!)


提督「じゃあなにから乗る?」


白露「あ!あたしアレがいい!」


白露「ちゃんと調べてきたんだよ!ジェットコースターのドド・ドドンパ!」


時雨「アレに乗るのかい…?」ブルブル


提督「よっし!行こー!」






カタンカタン

時雨「た…たかい…」ブルブル


提督「おおお」キラキラ


白露「くるよ!くるよ!」ドキドキ

ピタ

ガコン

時雨「っ!」

ゴオオオオー

白露「あははははー!」ワーイ


時雨「…!」ギュッ


提督「わー!」ニコニコ

パシャ




ガタンガタン…シュー


係員『お疲れ様でした。安全バーが自動で上がりますのでご注意ください』


提督「楽しかったなー」


時雨「そ、そうだね…」


白露「ねー!また乗りたい!」


白露「あれ?写真撮られてるよ!」


提督「ほんとだ」


時雨「えっと、僕達のは…」


白露「あった!…あれ?」


提督「どうしたの?」


白露「ううん!なんでもない!」


白露「時雨!ちょっと!」ボソボソ


時雨「なに?」


白露「いつの間に提督に抱きついてたの?ずるい!」


時雨(よりによってなんでそこ撮ったのさ)アチャー


白露「ねーえ!しーぐーれー!」


提督「あ、これ?いい写真じゃん」


時雨「えっ?」


提督「1枚買おうかな」


時雨(嫌がられてない?)


時雨(これは…使える!)キュピーン


時雨「白露!もう1回ジェットコースター乗らない?」ボソボソ


白露「なんで…ってそういうことね」ニヤ


白露「ねぇ提督!もう1回ジェットコースター乗ろう!まだ種類があるんだって!」


提督「いいけど…時雨は大丈夫?さっき怖がってなかった?」


時雨「あ、うん!大丈夫大丈夫!艦娘たるこの僕が怖がるわけないよ!」


時雨「でも、提督が真ん中に乗ってよね」


提督「真ん中?えっと」


白露「よーし!じゃあいこー!FUJISANってやつだよ!こっちこっち!」グイグイ


提督「わーちょっとまってって!」ヒキズラレ







提督「ここジェットコースター多すぎじゃない…?」ゼーゼー


時雨「怖かったけどよかったね」ホクホク


白露「いっちばーん楽しかった!」


提督「それならよかった…」ハーハー


白露「なんでそんなに疲れてるの?」


提督「ものすごい引きずられてたからね…」


時雨「あ…ごめんね」


白露「じゃあ提督もお疲れだし、お昼ご飯食べよ!このパンフレットに載ってるから!」


提督「うん…」







白露「おいしかった…けど」


時雨「間宮さんのご飯のほうがおいしいな」


提督「間宮さんと遊園地のご飯を比べちゃだめ」


白露「そだね」


提督「次はどこいこっか」


時雨「うーん」


白露「ねぇ時雨、もう写真はいいよね」ボソボソ


時雨「うん、満足したよ」ボソボソ


白露「どーしよっかなー」キョロキョロ


白露「あ!あれは!?」


提督「ん?」


時雨「ひっ」ビク


『台場怪奇高校』


提督「…ここ台場じゃねーし」


時雨「そこじゃないと思う」ブルブル


白露「アトラクションおもしろいけど名前のセンスがびみょーにないんだよねここ」


提督「それよりお化け屋敷行くの?」


白露「あれー?提督まさか怖いの???」ニヤニヤ


提督「いや…オレはいいんだけど」チラ


時雨「…」プルプル


白露「時雨、怖かったら提督に抱きつけるよ」コソ


時雨「!」


時雨「だ、だだだ大丈夫さ!僕は佐世保の時雨だからね!お化け屋敷なんて余裕だよ!」


提督「…ならいいや」


提督「白露は?怖くないの?」


白露「ふふん!あたしはぜんぜん怖くないよ」


白露「さっそくいこう!」







時雨「し、白露、先に行ってよ…」ピト


白露「しょーがないなー、お姉ちゃんのすごいところ見せてあげる!」


提督「はい懐中電灯」


白露「さんきゅー!」




スタスタ

お化け「ガー!」バーン


時雨「っ!」ギュ


白露「…!」


白露「…あっは!よゆーよゆー」スタスタ


提督(…)


提督(時雨は事前の態度通りの反応してるけど、白露はどうなんだろう)


提督(…試してみるか)ニヤリ


提督「…」スウ


提督「…」チョンチョン


白露「?」クル


提督「わっ!!!」


白露「にゃー!!!」ビューン


提督「あっちょっと…」


お化け「うわぁ」ビク


時雨「…」シッシン


時雨「はっ!」


時雨「ちょ、ちょっと提督!くらいよ!」


提督「白露が懐中電灯持って行っちゃった」


時雨「ど、どーするのさ!」ガタガタ


お化け「…」


お化け「あの…」


時雨「ひぃぃ!で、でたー!」ビクビクギュー


提督「すみません、懐中電灯あります?」


提督「これはさすがにかわいそうで…」


お化け「あ、はい…」




白露「うわー!」ダダダ


お化け「うお!?」


白露「お化けが…!お化けがでたよー!」ドタドタ

ピューン

客「なにあれ…あっちの方が怖い」


お化け「なっ!」




白露「やだ…やだよ…!あんなの聞いてない…後ろから来ないって約束じゃん!」ダダダ


カップル女「きゃあ!」ヨロ


カップル男「大丈夫かい!?」ギュッ


カップル女「あっ♡」ツリバシコウカ




お化け「えっと、緊急通路使います…?」


提督「あ…はい、おねがいします…ごめんなさい…」


お化け「いえ…あの、女の子にあーいうことはしない方がいいっすよ…」


提督「肝に銘じました」


時雨「…」キゼツ





白露「お化け…やだ」グスッ


係員「大丈夫ですか?もし嫌じゃなかったら、何があったかお姉ちゃんに話してくれるかな?」


白露「お化け…お化けが…」グスッ


係員「お化け?あーそこのお化け屋敷…」


係員「大丈夫だよーもうお化けはいないからね」ナデナデ


係員「もしかしてあそこに1人ではいったの?」


白露「ううん、あたしと」


提督「いた!」


係員「?」


白露「あ…あぁ…」ギュ


白露「よかったよぉ…」ギュー


提督「ごめんなーホントに」ナデナデ


係員「あの…」


提督「あ、ありがとうございます!あなたのおかげでこの子が迷子にならなくてすみました!」


係員「いえ、それはいいんですけど」


係員「事情を説明してくれませんか?」


提督「わかりました、どこかに移動して話しましょう」


係員「それならこちらにどうぞ」






白露「さいってー」ジトー


提督「うっ」グサ


時雨「さいてーだよ」ジトー


提督「うぅ」グサグサ


係員「私が言うのもなんですが…さいてーです」ジトー


提督「ごめんなさい…」


白露「なんであんなことしたの?」


提督「あの…ビクビクしてる時雨がおもしろくて」


提督「暗くてよくわかんなかったけど白露は普通で、なんとなくおもしろくなかったから」


提督「全力で驚かしました…ごめんなさい」ペコ


係員「はぁ…」


係員「あなたはこの子達のお兄さんですか?」


提督「いえじょうs…はい、兄です」


係員「まだ身内だからいい…良くはないですけど」


係員「これ彼女さんとかにやったら大変ですよ?」


白露・時雨「…!」ピク


提督「彼女なんていないですよ…」


係員「えっ」


白露・時雨「…」ホッ


係員「ごめんなさい…えっでも」


係員(少しデリカシーがない以外すごいよくない?わりとタイプだし)


係員「彼女いそうに見えるんですけど」


係員「モテますよね?」


提督「ぜんぜん」


係員(…あれ?)


提督「なんなら付き合ってくれませんか?」


係員「!?」


提督「…って」


白露「ダメにきまってんじゃん!!」グワッ


時雨「寝言は寝て言うものだよ?」ジロ


提督「冗談なんだけど…」


提督「オレなんかにこんなこと言われても気持ち悪いだけだろ?係員さんも、変なこと言ってごめんなさい」


係員「いえ、その、お受けしても…なんて」


係員「…?」ゾク


時雨「無理しなくていいんですよ」ギロ


白露「あなたも彼氏さんいそうですし」ジッ


係員「えっと…」ブルブル


白露「ほら!いくよ!」グイグイ


時雨「お邪魔しました!」グイグイ


提督「冗談だから気にしないでくださいねー」ズルズル


係員「あ…」


係員(なんか変な雰囲気でおっけーするところだった…別によかったけど///)


係員(彼氏ほしいなー)ハァ


係員(…最後の方あの子達ちょっと怖かったよ)





提督「白露、時雨、いい加減機嫌直してよー」ズルズル


白露「…」ピタ


時雨「ねぇ、提督はさ、本当に誰とも付き合ってないんだよね?」


提督「当たり前じゃんーオレが誰かと付き合えるわけないっしょ?」


白露(そんなことないよね…)


白露「じゃあおやつ奢ってくれたら許してあげる!」


白露「時雨もそれでいいよね?」


時雨「…」コク


提督「わかった。じゃあいこー!」


提督(よかった…鎮守府から出ていけとか言われるかなって思ってた)ホッ







提督「そろそろ帰らなきゃだよ」


白露「そっか…じゃああと1回だけ!」


提督「うーん…」


提督「そうだね、ラスト1回。なにに乗る?」


時雨「アレはどうかな」


提督「わー!でっかい観覧車!」


白露「いいねー!あたしもアレ乗りたい!」






提督「すご!めっちゃ高い!」キラキラ


白露(ホントに楽しそう)フフ


提督「うちの鎮守府見えるかなー!」ジー


時雨(僕達よりも楽しんでる。かわいいな)


白露「ねぇ提督」ポンポン


提督「どした白露」


白露「今日は本当にありがとね」


白露「すっごく楽しかった!」


提督「それはよかった」


時雨「ぼ、ぼくも!」


時雨「僕も楽しかったよ!本当に、一生忘れられないぐらい!」


提督「そっかそっか。これから姉妹でも友達でもといっぱい遊びに行きなよ。今日なんて忘れるぐらいに」


時雨「ううん、絶対に忘れない」


白露「ね、だって私達の『はじめて』だもん」


白露「はじめてがこんなに楽しくてよかった!」


時雨「提督のおかげだよ。ありがとう」


提督「…」


提督「オレも、楽しかった」


提督「はじめての遊園地に2人と来れてよかったよ。もうオレは来ないかもしれないけど…」


白露「なにいってんの!」


提督「え…?」


時雨「さっき言ってたじゃないか。いっぱい遊びに行くといいって」


白露「まだまだ、いーっぱい付き合ってもらうんだから!」


提督「…ありがとう」


提督(楽しかったな…オレだってまた来たいよ)


提督(でも、やっぱりオレなんかがこんなに楽しいところにいるなんてダメだよね。一生来れないと思ってたから、1回来れてもう満足…そう、満足しないと)


白露「ていとく?おーい!」


提督「…!」


時雨「どうしたの?具合悪い?」


提督「ううん、大丈夫!」


提督「ちょうど下に来たし、降りよっか!」










夕立「提督さんずるいっぽい!夕立も遊園地行きたいっぽい!」ダダダ


提督「だから行ってきなって!」タタタッ


夕立「提督さんもいっしょにいくっぽーい!」


提督「いかないよー!」ピュー


白露「提督、ごめんね」


時雨「あの写真が一瞬で広まるとは」


村雨「2人が食堂に忘れたからでしょ…」









大淀「おかしい…おかしいわ」ペラペラ


大淀「出撃や演習をそこそこ繰り返しているはずなのに資材が減っていない」パラパラ


大淀「というか増えてる…」


大淀「遠征はこんなに増えるほどしてない…よね?うん、遠征記録は少ないし。別にこの鎮守府内で疲れ果てた艦娘も見たことないわ」


大淀「資金だって、いろいろ使っているはずなのにまったく減ってない」ペラ


大淀「いったいどうなっているの…?」






提督「…」


提督「満月…」


提督「いつ見ても…キレイで…怖くて…本当は見たくないけど…」


提督(それでも…オレは…)


提督(お元気ですか…?オレは…おれは…ぼく…は…)


提督「…」


提督「ん…で」


提督「なんで…オレだけ…」


提督「なんで…」


提督「なん…で…よぉ…」







蒼龍(満月の夜に散歩。なんて、風流だねー♪)


蒼龍「…ん?」ピク


蒼龍「あれは…提督?屋上でなにやってるのかな」ジー


蒼龍「…」


蒼龍「あれ、いなくなった」


蒼龍「うーん…見間違いかなー」






提督「…」スースー

コンコン

シーン

??『あれっ?』

コンコン

??『…』


??『失礼しますね』ガチャ


榛名「榛名、入室致します」


榛名「提督…」パタン


提督「…」スースー


榛名「寝ていらしたんですね」テクテク


榛名「お茶会のお誘いにきたのですが、提督がお眠りになっているならしょうがないです」


榛名「提督、お疲れ様です」ナデ


榛名「でも机で寝たらお身体を痛めてしまいます…」キョロキョロ


榛名「あそこのソファーに移して差し上げましょう」


榛名「…運べるかな」フー


榛名「でもでも、持てなくて変なことになったら提督にご迷惑かも…」


榛名「…」ウーン


榛名「艤装つけてこよう」


榛名「提督、少しお待ちください!」タタ






榛名「よし、それでは持ち上げます」


榛名「失礼しますね、せーのっ」グッ


榛名「わあっ!あれ?」オットット


榛名「と、とりあえずソファーへ」テテテ

ポス

榛名「ふぅ…」


提督「ん…」スースー


榛名「ぐっすりですね、かわいいです♪」ナデナデ


榛名(今日は暖かいから毛布とかはいいかな)


榛名(服が捲れてるところだけ直してっと)


榛名「っ!」


榛名(提督の腹筋…たくましいです…!)ドキドキ


榛名(な、直して差し上げて)ピラ


榛名「これでよし」


榛名「艤装をつけたからでしょうか、さっき提督がとても軽く感じました」ウーン


榛名「前に60kgあると仰ってましたけど…そんなにないような気がします」


榛名「まぁいいです…」


榛名「…」チラッ


提督「ふぁ…んぅ」スースー


榛名「本当にぐっすり寝てますね…」


榛名(い、今なら抱きしめたり、ち…き…接吻などもできるのでは!?)ドキドキ


榛名「だ、ダメよ榛名!そんなこと…」フルフル


榛名「…」チラッ


榛名(ていとくの…指)ジー


榛名「おいしかった」ボソッ


榛名「そ、そんなはしたない…」


榛名「でも…」


榛名(ちょっとだけなら…大丈夫、かな?)ドキドキ


榛名「…」シャガミ


榛名「…」ペロッ


榛名「てー、とく」ペロペロ


榛名「おいしぃっ、です」チュ


榛名「はー…はー…」チュー


榛名「もっと…」


榛名「あー…ん♡」パク


榛名「てーとくの…んっ…ゆび…ちゅ…ん…おいひい…ちゅう…おいひいよぉ…」ジュルル


榛名「すき…すきぃ…じゅる…んぁ…」チュー


榛名「もっと♡てーとく♡」ジュプ


榛名「はるな…なかっ…かきまわしてぇ…」ンチュ







提督「ん…もう食べられないよぉ…」スースー


榛名「んぅ!?」ビク


榛名(ね、寝言ですか…よかったぁ)ペロ


榛名(ってもうこんな時間!?戻らなきゃ!)


榛名「ぷぁ…♡」チュポ


榛名「これは…やばいです…時間忘れちゃいます…♡もう、榛名は、提督がいないとダメです…」ハーハー


榛名「と、とりあえず提督の指をお拭きしなきゃ」


榛名「あとは艤装置きに行って…」


榛名「し、失礼しました!」パタン




提督「あ…れ…?オレ、いつの間に寝て…」ゴシゴシ


提督「早く仕事しなきゃ…ん?」


提督「なんか指から甘い匂いする…」スンスン






霧島「榛名、遅かったですね」


榛名「は、はい!提督探してました!」


金剛「それで提督はいなかったデス?」


榛名「い、忙しいみたいで参加できないそうです!」


比叡「そっか、しれいとお話ししたかったなー」











コンコン

愛宕「失礼しま〜す♪」ガチャ


愛宕「…あら?」


愛宕「提督いないわね…」


愛宕「んーと…」


手紙『出かけてます。夜まで帰りません。なんかあったら電話よろしく!』


愛宕「あらぁざーんねん」


愛宕「今日は戻りましょうか」パタン










青葉「いいネタないかなー」テコテコ


大淀「…」ウーン


青葉「大淀さん…がすっごい悩んでる?」


青葉「行ってみよう!」


青葉「大淀さーん!こんにちは!」


大淀「っ!?」ビク


大淀「あ、青葉さんでしたか…こんにちは…」


青葉「どうかされたんですか?頭抱えてましたけど」


大淀「う…見られてましたか」


青葉(見られてたってすごいわかりやすかったよ)


大淀「うーん、話してもいいのかな」


青葉「そんなに重大なことなんですか!?青葉、知りたいです!」ズイ


大淀「わかりました、でもあまり話さないでくださいね?」


青葉「うぇ?」


大淀「青葉さん記事にするつもりでしょ」キラン


青葉「や、やだなぁそんな訳ないじゃないですか!」アセアセ


大淀「ふふ、本当ですか?」


大淀「とにかく、話さないで頂けるならお話ししますね」


青葉「うぅーわかりました!ガマンします!」


大淀「それならよかったです」ニコ


大淀「実は…」


青葉「…」ゴクリ


大淀「この鎮守府で問題が起きてまして」


大淀「青葉さんもこの鎮守府がかなり大規模なものだっていうことはご存知ですよね?」


青葉「はい。呉や横須賀などの最大戦力クラスには負けるけどかなりの大きさって聞きました」


青葉「資材や資金も新興のものにしては潤沢だと」


大淀「そうなんです」


大淀「その資材についてある問題が発生しています」


青葉(実はそんなにいっぱいなかったとか?)


大淀「資材がですね…増え続けているんです」


青葉「…はい?」


大淀「私達の艦隊はそれなりに精力的に出撃や演習をこなしていますよね」


青葉「そうですね、青葉もたまに出撃します」


大淀「出撃や演習、開発や艤装の修理などに必要な資材はかなりのものになるはずなのに、今まったく減っていないんです」


青葉「え、それいいことなんじゃないですか?」


大淀「えぇ、いいことなんです」


大淀「いつの間にか増えている。という理由じゃなければ」


青葉「…と言いますと?」


大淀「現在資材は私と提督の2人で確認をし、管理をしています」


大淀「ですが、記録に残っている任務や遠征等の収入では先程の必要資材と同程度、良くて僅かに黒字と言ったところです」


青葉「ですね、うちの遠征はかなり楽って聞いた事あります。駆逐ちゃん達もこんなに楽でいいのかなって言ってました」


大淀「そうですよね。それで管理の話に戻るのですが、前日に何度確認しても次の日には何故か増えているんです。謎の収入によって…」


青葉「まさか…記録に残らないよう遠征をさせられている、とか?」


大淀「いえ、その線は薄いでしょう」


大淀「以前私もそう思って在籍している軽巡と駆逐のみなさん全員に訊いてみたのですが、まったくそのようなことはないとのことでした」


青葉「そうですか…ちなみに司令官には?」


大淀「もちろん提督にも聞いてみましたが…」


提督『増えてるならいいんじゃない?』


大淀「とのことで」


大淀「なにかはぐらかされてるような」


青葉「それは…司令官はなにか知ってそうですね…」


大淀「はい…」チラ


大淀「あっ!」


青葉「ど、どうされました!?」


大淀「ごめんなさい、話し込んでいたら仕事の時間になってしまいました!もう行きますね」


青葉「あ、はい!いってらっしゃい!」


大淀「くれぐれも内密にしてくださいね」タタタ


青葉「…」


青葉「司令官がなにかしてる…か」


青葉「青葉達って司令官のことあまり知らないんですよね」


青葉「隠してるって訳じゃないけどあまり聞くなと。そんなオーラが出てる気がします」


青葉「本当ならインタビューしてみたい所ですが、大淀さんの言っていたことも考えると素直に答えてはくれなそうです」


青葉「…」


青葉「調べてみましょうか♪」ニヤリ








提督「…」


提督(あれ?ここで合ってるよね)


明石「提督!お待たせしました!」


提督「おー明石。やっと来たか」


明石「ごめんなさいお待たせして」


明石「ちょっと調整に時間がかかってしまって」


提督「なにやってたの?」


明石「まあまあ、立ち話もアレですし、中に入りましょう!」ガチャガチャ

ギー

明石「ささ、どうぞ!」


提督「う、うん」シツレイシマース





提督「へー演習場ってこうなってるんだ」


明石「あれ、提督よく演習観てません?」


提督「うん、観てるけど観覧席からとかだからこの、なんて言うの?戦う場所ははじめてなの」


明石「なんて言うんでしょうね、陸軍は戦闘射場って言うらしいですけど。まぁいいや」


提督「で、オレを演習場に呼び出したのはなんで?」


明石「そうそう、そのことなんですけどね!」


明石「えっと…」ゴソゴソ


明石「見ててくださいね!えいっ!」ブンッ


提督「?」


ドッカーーン!!!


提督「!?!?!?」ビクーン


明石「うーん…ちょっと爆発の威力強すぎたかな」


提督「…は?なにこれ?」


明石「提督!どうでしたか!?」


提督「いやどうでしたかじゃないんだけど」


提督「明石?説明して?」ニコニコ


明石「は、はいぃ!」





提督「妖精さんと協力して手榴弾を改良したと」


提督「ちなみに威力は?」


明石「彗星の空爆5機分です」


提督「…なんのために作ったの?」


明石「提督の護身用です」


提督「オレの?」


明石「はい、提督が武蔵さんと長門さんに勝ったっていう青葉さんの記事読んだんですけど」


提督(あーあれかな…勝ってないけど…)


明石「さすがに深海棲艦に素手で勝つのは艦娘でも難しいですし、もし攻めてきたらこれで対応出来るんじゃないかなって」


提督「…」


明石「…ちょっと強すぎたかなーって思ってますけど」


提督「何個作ったの?」


明石「…いっぱいです」


提督「それさ、保管してる時爆発しない?」


明石「はい、ちゃんと爆発させない方法がありますし、万が一爆発しても衝撃を抑える保管場所も作りました」


提督「…」ジトー


明石「な、なんですかその目は…」


明石「ちゃんと私のお給料で資材買って作りましたもん」


提督「…」ハァ


提督「うん、わかったよ」


提督「たしかにオレ1人じゃ深海棲艦に勝てないし、護身用で作ってくれるのは助かる」


提督「せめてオレに伝えてよ、これまじで危ないからさ…」


明石「はい…それはホントにごめんなさい」


提督「伝えてくれたら資材とかも融通してあげるからね。まだ改良するんでしょ?」


明石「えっ?」


提督「とりあえずもーちょい弱めにしてください」


明石「あの…怒らないんですか?」


提督「まぁ誰かケガしてたら本気で怒るけどさ、今回はなにもなかったし」


提督「とにかくこういう危ないことはもう次ないからね」


明石「は…はい!ありがとうございます!」


提督「これ実用性はあるの?」


明石「あー、まだですかね…ちょっと威力の調整とか色々改良していかないと」


提督「そっか、気をつけて開発してね」


明石「はい!」


提督「ところで前言ってた鎮守府専用SNSってどうなったの?」


明石「あ、あれですか!夕張に手伝ってもらってもう少しで完成するところです!」


提督「あ、そーなんだ。楽しみにしてるね」


明石「期待してください!」フフン


明石「そうだ、ちょうど言おうとしてたんですけど、前リクエストいただいた耳かき、先程入荷しましたよ!」


提督「まじ?後で買いに行くよ!」


明石「はい、おまちしてまーす」


提督「んじゃあオレ戻るねーばいばーい」フリフリ


明石「ありがとうございました!また後で!」












提督「〜♪」スタスタ


提督(新しい耳かき棒を買ってしまった…)スタスタ


提督(今日は仕事に一区切り付けたし)スタスタ


提督(ご褒美として新しいので耳かきしよ)スタスタ


提督(ちょっといいやつだから気持ちいいんだろうな)


提督(ふふふふふ…)スタスタ


蒼龍「よ。提督」


提督「お、蒼龍」


蒼龍「どしたの?ニヤニヤしてたけど」


提督「ニヤニヤしてた!?」


蒼龍「うん。やばい人に見えた」


提督「まじかー」ズーン


蒼龍「んで、どーしたの?あんな顔してたってことはなにかいいことあったんでしょ?」


提督「うん!」


提督「見てよこれ!」ジャーン


蒼龍「…なにこれ?」


提督「新しい耳かき棒!お高いやつだよ!」


蒼龍「2000円…ホントだ、ちょっと高いかも」


提督「今日はこれ使うんだー」


蒼龍(私が耳かきしてあげるとしたら…ひ、膝枕とかできるのかな?)


提督「じゃあね、おやすみ!」


蒼龍「あ、ちょっとまって!」


提督「?」


蒼龍「耳かきって自分でやるより人にやってもらった方が気持ちいいじゃん」


提督(そうなの?)


蒼龍「わ、私がやってあげようか?」ドキドキ


提督「え、いいの?」


蒼龍「う、うん!」


提督「じゃあお願いするね、執務室来て」


蒼龍「わかったー」


蒼龍(やった!)グッ










提督「んー、どうやってやってもらおうかな」


蒼龍「えっ」


蒼龍(そこは膝枕じゃないの?)ドキドキ


提督「ん?んー」


提督「あ、このクッション使お」ゴロン


提督「じゃあお願いします!」ワクワク


蒼龍「うん…」ソー


蒼龍「…」


蒼龍(私覚悟決めてたのにバカみたいじゃない?)


蒼龍(もうそのつもりだったんだもん、無理やりでも膝枕にしちゃお)


蒼龍「ねえ提督、ちょっとやりづらいからさ」


蒼龍「私の膝の上に頭乗せてくれる?」セイザ


提督「えっ」


蒼龍「やりづらいんだよー」


提督「…そっか、わかった」ムク


提督「え、えっと、失礼します…」オソルオソル


蒼龍(計画通り!提督ならわりと抵抗なしで行けると思ったんだよね!)


蒼龍「周りからいくね」ソッ

カリカリ

提督「んっ…」

ススス

提督「…」ピクン


蒼龍「…///」


蒼龍「入れてくよ」ソー

ズポ

提督「ぁんっ」ゾクン


蒼龍(いちいちエロいんだけど///)プルプル

カリカリ

提督「ん…んぅ…」






提督「耳かきやってもらうのってこんなに気持ちいいんだねー」


蒼龍「?」


提督「膝枕もやってもらったことないしさーありがとー」


蒼龍「嘘だー、ちっちゃいころお母さんとかにやってもらったでしょ?」


提督「…」


提督「…あー、そうかも。覚えてないや」


蒼龍「でしょー?まぁでも気持ちいいって言って貰えるとうれしいよ」







蒼龍「よし、じゃあ右は終わり!次反対!」


提督「ん…うん?」


提督(反対…あ、こうか)クル


蒼龍「!?」


蒼龍(なんでそのままこっち向いたの!?)


蒼龍(え、まって変な臭いしないよねちゃんとお風呂入ったしじゃなくて恥ずかしいじゃなくてえっとえっと)


提督「蒼龍いい匂いするー」


蒼龍「ふぇっ?」


提督「んー、なんか落ち着くよ」


蒼龍「あ、ありがと…う?」


蒼龍(もうどーでもいいや!もう!///)


蒼龍「はじめるね」カリカリ







蒼龍「提督、終わったよ」


提督「ん…」スースー


蒼龍「あれ?提督?」


蒼龍「やだ、寝てる…」


蒼龍「提督の寝顔…は、半分しか見れないね」


蒼龍「でも役得かも♪」


蒼龍「ゆっくりおやすみなさい、提督♪」ナデ






ピリリリリ

蒼龍「もーなに?提督起きちゃうじゃん」ゴソゴソ


蒼龍「もしもし」


飛龍『蒼龍!今どこ!?』


蒼龍「えっ?」


飛龍『もー!今日は一緒にお酒飲もって言ってたじゃん!約束守らないと多聞丸に怒られるよ?』


蒼龍「あ!」


飛龍『それとも…1人でなにかいいことしてた、とかじゃないよね?』


蒼龍「ち、違う違う!お風呂行ってたの!」


飛龍『そーいえば蒼龍今日出撃してたね』


蒼龍「そうそう!疲れたから2回目のお風呂!」


飛龍『ん、りょーかい。早く来てね?』


蒼龍「はーい!すぐ行く!」プツ


蒼龍「提督はー…そこのソファーに乗せよう」


蒼龍「よい…しょ!」


蒼龍「ふふ、お姫様抱っこ」


蒼龍「ふつう逆だよね」クスクス


蒼龍「ほい」ポス


蒼龍「じゃあ提督、おやすみ♪」


パタン













明石「はぁ…協力、ですか?」


青葉「はい!」


青葉「青葉達ってあんまり司令官のこと知らないじゃないですか、調べたいなーって」


青葉「3つぐらいアプローチを考えてるんですけど、その内の1つに協力をお願いしたいんです!」


明石「なるほど…」


明石「それで私はなにをすれば?」


青葉「あ、それはまだ考えてないです!なので後日改めてお願いしに来ます」


明石「わかりました。危ないのはダメですよ?私もう怒られてるので」


青葉「…なにしたんですか?」


明石「い、言いません!」


青葉「ちぇー」


青葉「じゃあ今日はこれで失礼しますー」


青葉「司令官には言わないでくださいね?」


明石「はーい」










青葉「よし、これで協力者が1人…もう1人探したいけど、今はこっち」


青葉「3つの計画は明石さんになにか作ってもらう、青葉が調べる、直接インタビューする」


青葉「明石さんのはまだ決まってないけど、青葉が調べるのは司令官の経歴とかで、インタビューするのは司令官の…好みとかですか」


青葉「司令官が着任したときの資料によると、小学校卒業、中学校卒業…そして軍学校卒業」


青葉「あと見ててわかるのはサッカーが好きってこと。手がかりが少ないですね…」


青葉「とりあえず司令官のお名前をいれて検索してみましょうか、あまり期待はせずに」

カタカタカタ

青葉「検索…っと」ターン


青葉「わ、結構出てきた」


青葉「あれ?1番上のやつすごい最近だ。今年の二月?ちょっと見てみよう」カチ


記事『日本サッカー界史上最大級の損失!?スカウト最注目、海外クラブからも視察があった2年連続夏冬連覇の逸材がプロ入り辞退か!』


青葉「…」


青葉「司令官の名前だ…!」







青葉「これが司令官本人のことかはわかんないけど、とりあえずキープして次行こう」


青葉「これは…小学生のサッカークラブだ」


青葉「実績のところに全国優勝2回って書いてある。強いのかな?」


青葉「まぁほかの年度にはあんまり興味ないから司令官の名前が乗ってるところだけ…」


青葉「あ、あった。小学校4年生と5年生の時に全国優勝してるみたい」


青葉「って司令官のいる時じゃん!」


青葉「ちなみに6年のときは…」


青葉「地区大会1回戦負け?あれ?」


青葉「強いチームって訳じゃないのかな」


青葉「…!」


青葉「司令官6年生のとき在籍してない」


青葉「そして司令官がいないときこのチームめちゃくちゃ弱いじゃん…なにこれ」


青葉「これもキープしてほかの見ようか」カチカチ


青葉「中学校のサッカー部だね」


青葉「これも全国優勝2回って書いてある」


青葉「…」


青葉「3年生で在籍してないな…」


青葉「やっぱり司令官がいるときに両方優勝してるけど、ほかの年はすごい弱い」







青葉「…」フー


青葉「とりあえず調べて出てきた名前が全部司令官だったとしてまとめてみよっか」


青葉「小学生のクラブで2連覇、ただし6年の時にはチームから外れている」


青葉「中学校の部活でも2連覇。3年生で退部」


青葉「軍学校では1年次サッカー部に入っていない、2、3年次に全国4連覇」


青葉「中学2年生でU-15日本代表候補に選出、全国大会での圧倒的な実力から確実視されていたが何故か合宿前に取り消し」


青葉「U-18、U-21、A代表候補になるも即辞退。その後全クラブからの勧誘の電話を拒否」


青葉「…で、いまここで提督をやっていると」


青葉「気になることが多すぎますねこれ」


青葉「しかもこれだけじゃなくて軍学校でやばい成績を残して卒業、上官殴って謹慎してるんだよね」


青葉「サッカー関係のことしか調べてないけど、これ以上情報が出てきたら頭パンクしそうだから一旦やめとこ…」


青葉「青葉サッカーのことあんまり知らないし、もしかしたらサッカーだけでもまだ出てきそう…」










グー

提督(お腹空いたな…)トボトボ

オネエサマダメデスー!

提督(ん?)


榛名「は、榛名、大丈夫じゃないです…」タジタジ


提督「榛名どうしたの?」


榛名「て、提督!?こっち来たらダメです!」


提督「へっ?」


比叡「もーはるなー…って」ヒョコ


比叡「司令!こんにちは!」


榛名「あ…あぁぁ…提督…逃げて…」ガタガタ


霧島「司令!?なんてタイミングの悪い…」


提督「なに?なに?」


比叡「司令も食べますか?」


提督「なにを?」


比叡「これです!」ジャーン


提督「…え?」


比叡「比叡特製『あんびりーばぼー』です!」


提督「なにこれ…」マジマジ


比叡の差し出した『それ』はまさにunbelievableを体現したものであった。このような料理が、いやこのような物体がこの世に存在しても良いのだろうか?

大皿には一面緑色のなにかが広がっている。ぶちまけられている。申し訳程度に覗くのは白米であろうか?一面の緑の上には、やたらにぎやかな…人参、たまねぎ、じゃがいも、謎のミンチ肉、そして何故かいちごが踊っている。鼻につく刺激臭…


提督「うん、やっぱりなにこれ?」


比叡「ひどい!」


比叡「比叡特製のカレーですよー!」


提督「か、カレー?」


比叡「そうです!カレー以外になにに見えるんですかっ!」プンプン


提督(なににも見えないっていうか…)


提督「ちなみにこの緑のやつは?」


比叡「わさびです!」


提督「…なんで?」


比叡「みんなをびっくりさせたかったんです!緑のカレーなんてすごいでしょ?」


提督「いやこれわさび丼洋風仕立てでしょ」


比叡「ひえ!?」


提督「そーいえば金剛いないな」ボソ


榛名「金剛お姉様は…」


霧島「それを食べて笑顔で倒れました」グス


金剛『I'll be back...』カハッ


金剛『比叡には…伝えないでネ…』パタン

ガチャ


榛名「涙を流しながらも笑顔で」


霧島「トイレにこもってます」


提督「感動する話みたいに言わないでくれる?」


提督「…」フゥ


提督「よし!比叡、1口ちょうだい!」


比叡「…!はい!」パァァ


榛名「提督!?」


霧島「榛名、待ちなさい」


榛名「え…?」


霧島「あれは、覚悟を決めた男の目よ」


榛名「そ、そうなんだ…」


霧島「さすがに水は用意してあげましょう」コトン


提督「…」ドキドキ


提督「…」ハム


提督「〜!?」ジタバタ


提督「んっんっんっ」ゴクゴクゴク


提督「はぁー、はぁー」ゼーゼー


提督「おいしくない!」


比叡「そんなっ!」


提督「ていうかこれは人が食べていい味じゃない!」


比叡「ひえー!?」


金剛「提督も食べたんデスカ?」フラフラ


提督「あ、金剛。大丈夫なの?」


金剛「なんとか…」フラフラ


比叡「司令!どういう意味ですか!」グス


提督「あのな、比叡の作ったのはカレーじゃない。食べちゃダメなやつ」


比叡「ひどいです…」グス


提督「ねえ比叡、オレが料理教えてあげようか?」


比叡「えっ?」


比叡「…」ゴシゴシ


比叡「し、司令って料理できるんですか?」


提督「オレ実はめっちゃ上手いよ?」


比叡「ホントですか?」


提督「ホントホント!間宮さんにも負けないよ!」


??「っ!?」ピク


比叡「ひえー!すごいです!」キラキラ


??「ていとく?」ユラァ


提督「ん?」クル


間宮「こんにちは、提督」ニコニコ


間宮「いま聞き捨てならないことが聞こえた気がするんですけど…」


間宮「冗談ですよね?」


提督「?」クビカシゲ


間宮「料理のことです。私、これでもプロなんです。たとえ提督でもこれだけは見過ごせません」


榛名(こわい…)ブルブル


提督「んー、でもオレもオードソックスな料理には自信あるんだよねー」


金剛(ッ!?)


霧島(なぜここでさらに吹っかけるようなことを…)


間宮「ふふ…そうですか、取り消すつもりはないと?」


提督「取り消すっていうか…」ウーン


提督「あ、じゃあ勝負してみる?」


間宮「勝負…ですか?」


間宮「受けてたちましょう」キラン


提督「よーし、ちょっとまってね」


提督「…」スゥゥ


提督「な、なんだってー!?これはそんなことが起こっていたのかー!!」


金剛型・間宮「!!」ビク


青葉「なんですか!?」ビューン


提督「あ、来た」


青葉「司令官!なにが起きたんですか!?」


提督「なにも起きてないよ」


青葉「えっ?じゃあさっき叫んだのは?」


提督「青葉呼ぶのこれが1番楽だからさー」


青葉「くぅぅ…騙された…!」


提督「でもちゃんといいことあるよ?新聞のネタ提供してあげる」


青葉「むー、じゃあ聞いてあげましょう」


提督「オレと間宮さんが料理対決します!」ジャーン


青葉「…」ポカーン


青葉「そんなの間宮さんが勝つに決まってるじゃないですか」ヘッ


提督「あ、言ったなー」


青葉「そんなわかりきったこと、記事になりませんよ」


提督「へー言ってくれるじゃん」


提督「言っとくけど、オレ負けるつもりないかんね」


間宮「…」ゴゴゴ


青葉「…」ジー


提督「信じてないなお前」


提督「じゃあもしオレが負けたら罰として青葉の言うこと1つ聞いてあげるよ」


青葉「え?」


青葉(これはインタビューするチャンス?)


青葉「わかりました、じゃあ記事にします」


提督「おお!ありがと!」


提督「とくにルールとか決めてないから考えといてくれる?オレこれからやることあるんだ」


青葉「わかりました」


提督「なんかあったら連絡してねー」


提督「よっし、じゃあ比叡いこっか!」


比叡「へ?」


提督「カレーの作り方教えてあげるから、材料買ってこよう!」


比叡「なるほどー!ありがとうございます!」


比叡「それじゃあ行きましょう!」ギュ


提督「いこー!」ギュ


金剛「naturalに手を繋いで行ったネ…」


霧島「もはや美しかったです」


榛名(いいなぁ…榛名も…)


間宮「負けませんから!」グッ


青葉「司令官無謀すぎじゃないかな…」













提督「どんなカレー作りたいの?」


比叡「うーん…そうですねー」


比叡「みんながびっくりしてくれるやつがいいです!」


提督「びっくり…びっくりかー」


提督「!」


提督「じゃあグリーンカレー作る?」


比叡「グリーンカレー?さっきのみたいな…」


提督「あれはわさび丼だから」


比叡「ひぇー」


提督「オレがホントのグリーンカレーを教えてあげよう!」


比叡「よろしくお願いしますっ!」





青葉「ルールって言われてもねー」


青葉「間宮さん、なにか希望はあります?」


間宮「どんなルールでも、受けてたちます!」


青葉「…そーですか」


青葉(意気込みを聞いたわけでは…)


榛名「で、では!私達が判定するのはどうでしょう?」


青葉「例えば?」


榛名「えーっと、間宮さんと提督にお料理してもらって榛名達が食べる…みたいな」


青葉「ふむふむ」


霧島「私達だけだと正確に判断できないのでは?母体も少ないですし」


青葉(たしかに榛名さんは司令官に入れそうです)


金剛「Ah...Give up!思いつきマセン!」


青葉「あ、ならこういうのはどうでしょうか!」


青葉「間宮さんと司令官には全員分のご飯を作ってもらって、鎮守府のみなさんで判定」


青葉「司令官のお名前は伏せておく!」


青葉「って感じです!」


伊良湖「この鎮守府100人以上いるんですよ!?」


間宮「私はそれがお仕事なのでいいんですけど、提督はお忙しいですし」


榛名「榛名、最近はあまり会えてません…」ボソ


霧島「司令にこれ以上の負担をかけるのはどうかと」


青葉「ですよね…」


金剛「とりあえずダメ元で聞いてみるデース!」








ピリリリリ

提督「ん?青葉だ」


比叡「お料理対決の話じゃないですか?」


提督「かもね。もしもーし」


青葉『青葉です』


青葉『司令官、この鎮守府全員の料理を1食分作るのってできますか…?』


提督「ぜ、全員?」


青葉『はい…』


提督「…」


提督(全員分…100人以上、か。その時間の仕事は別の日に全力で終わらせれば)


青葉『やっぱり無理ですよね…』


提督「わかったよ、やってみる!」


青葉『へっ?』


提督「勝負持ちかけたのはオレだからね、やってやろーじゃんか」


青葉『ホントに大丈夫なんですか?』


提督「男に二言はないよ!」


青葉『わ…かりました、詳細が決まったら追って連絡しますね』


提督「はーい。じゃあね」プツ


比叡「どうでしたか?」


提督「ちょっとだけ決まったっぽいよ」


比叡「へー」


提督「まあとりあえず材料買ってこーぜ」


提督「4人分だからー」


比叡「4人分?」


提督「え?うん。4人分」


比叡「4人分じゃ足りないですよ!」


提督「足りるでしょ。だって金剛、比叡、榛名、霧島。ぴったり4人だよ?」


比叡「えっ?」


比叡「金剛お姉様、私、榛名、霧島、司令。ほら、5人ですよ!」


提督「…オレも?」


比叡「もちろんです!っていうか、なんで司令を外すんですか?」


比叡「…あ、もしかしてなにか用事あります?」


提督「用事はないけどさ…」


比叡「それなら司令も一緒にたべましょうよー!」


提督「でもオレいたら邪魔になっちゃうし…」


比叡「なに言ってるんですか!ご飯はみんなで食べた方が美味しいですよ!」


提督「…そっか」


比叡「はいっ!」ニコニコ


提督「んじゃー材料選ぼうか」


提督「まずは、これだね」ヒョイ


比叡「ぐりーんかれー…ぺーすと?」


提督「うん。カレーのルーの素みたいなやつ」


提督「一から作ってもいいけど大変だからね、比叡が作りやすいようにするから」


比叡「しれい…!ありがとうございます!」


提督「それで…金剛型のみんなは好き嫌いないよね?」


比叡「んー、そうですね、大丈夫だと思います」


提督「おっけ、それじゃあ…」


提督「比叡、鶏のもも肉持ってきてくれるかな」


提督「1パックお願い」


比叡「わかりました!行ってきます!」テテテ


提督「走んなくていいよー」


提督「さてと、オレは野菜選んどこ」


提督「なす、ピーマン、パプリカ…」ヒョイヒョイ


提督「バジル…まああって損ないよね」


提督「たけのこの水煮いれたら美味しいって聞いたな」


提督「調味料はーとりあえずナンプラーと鶏ガラスープの素でいいね」


提督「あとは…肉のところ寄ってみよう」






比叡「ひえー」グス


提督「おーい比叡、大丈夫かー?」


比叡「あ、し、司令!」ゴシゴシ


比叡「この2つどっちにすればいいのかわかんなくて…」ウワーン


提督「ほら、泣かないの」ナデナデ


比叡「しれいー!」ギュー


提督「どれどれ…?」ナデナデ


提督「…」


提督「比叡、これよーく見て」


比叡「はい…」


提督「なんか気づくとこない?」


比叡「…!「胸」と「もも」って書いてある」


提督「ね?ちゃんと見ないとダメだよ?」


比叡「え、えへへ…ごめんなさい」


提督「ん!わかればよろしい!」


提督「残り買いに行くよー」


比叡「はーい!」






提督「ココナッツミルクと牛乳を買います」


比叡「牛乳ですか」


提督「これ入れるとまろやかになるんだよ」


比叡「へー」


提督「これで材料は全部かな、帰ろっか」






比叡「グリーンカレー楽しみですー」テツナギ


提督「美味しいよー!」


比叡「お姉様に褒めてもらえるかな?」


提督「オレに任せなさい!すっごい美味しい作り方教えてあげるから」


比叡「お願いしまーす!」ギュー












青葉「司令官!」


提督「ん?青葉、どしたの?」


青葉「あの…全員分ってホントに大丈夫なんですか?よく考えなくても量やばいですよ?」


提督「だいじょーぶだって!信じていいよ」


青葉「そうですか…」


青葉「じ、じゃあお題の発表なんですけど、ズバリ!卵料理!です!」


提督「卵…ねぇ…」ウーン


青葉「それでですね、明石さんに協力を頼むことにしました」


提督「明石?なんで?」


青葉「間宮さんって注文受けてから作り始められますよね?」


青葉「でもさすがに司令官がそれやったら拘束時間が凄まじいことになるじゃないですか」


提督「ん、そうだね」


青葉「やっぱり出来たての方が美味しいですし、そのままやっちゃうと間宮さんがすごい有利なんですよ」


比叡「たしかにご飯は出来たてがいいです!」


青葉「とりあえず明石さんと妖精さん達には承諾いただいたんで、なにかしらできるはずです」


提督「ほー。おっけおっけ」


青葉「じゃあ青葉はこれの記事を書くので失礼しますね!あ、勝負は明後日の予定ですけど大丈夫ですか?」


提督「明後日ね。大丈夫、りょーかいしました」


青葉「わかりました!それでは!」


提督「はーい。じゃあねー」


比叡「またですー」フリフリ








提督「それでは料理をはじめていきます」


比叡「よろしくお願いします」


提督(比叡はお米炊くのはできるって言ってたよね金剛たち)


提督「じゃあまずは材料を切っていきます」


比叡「はい!」


提督「できる?」


比叡「もちろんです!猫の手ですよね!」ニャー


提督「そうそう。じゃあ切ってみて?なすは輪切りで」


比叡「わかりました!」トン…トン…


提督「のんびりでいいからねー」


提督(先にほかのやつ洗っとこ)


提督「お米はオレが炊いとくよ」


比叡「…」トン…トン…


提督(わ、めっちゃ真剣じゃん)






比叡「司令!終わりました!」


提督「よーし。本格的に作り始めるよー」


提督「はい、ココナッツミルクを100ml計って」


比叡「はい」トクトク


提督「それをフライパンに入れて火にかけます」


比叡「…」カチッ


提督「煮立ってくるまでちょっと待とうね」


比叡「はーい」


提督「そーいえばさー」


提督「比叡ってお召艦だったんでしょ?」


比叡「そうですよ!」フフン


提督「お召艦ってやっぱり天皇陛下とか皇族の人が乗ってたんだしご飯美味しかったんだよね」


比叡「はい…」


提督「「今」の比叡は料理ニガテ?」


比叡「ニガテっていうか…そのぉ」


提督「大丈夫、怒ったりバカにしたりはしないよ」


比叡「あの、みんなに喜んでもらいたくて、例えば見た目がおもしろくてびっくりするようなのとか、健康にいい食べ物をいっぱいいれたらあんなふうになってしまって…」


提督「そっか。比叡は優しいんだね」ナデナデ


比叡「…?」


提督「食べる人のこと考えて料理できるってホントすごいよ。オレなんて自分がおいしければいいやって感じだもん」ナデナデ


提督「美味しくて健康に良くて喜んでもらえる料理、優しい比叡ならぜったい作れるからさ、頑張って料理の上手いお召艦になろうね!」ナデナデ


比叡「司令…!はい!頑張ります!」パァァ


提督「よしよし」ウンウン


提督「おっと、煮立ってきたね」


比叡「ホントだ!」


提督「じゃあこのペーストを全部入れて」


比叡「はーい」カンカン


提督「そしたら混ぜる!」


比叡「混ぜる!」グルグル


提督「混ざったら、さっき切ったお肉をいれます」


比叡「はい!」ヒョイヒョイ


提督「蓋をして…」


比叡「…」カタン


提督「ちょっと待ちます」


比叡「待ちます」ウズウズ








提督「ん、もういいかな。比叡、これ覚えてね」


比叡「わかりました」ムムム


提督「次は野菜と残りのココナッツミルクを入れて」


比叡「ふむふむ」


提督「ストップ!」


比叡「?」


提督「バジルはちょっとまってね、こいつは仕上げに使います」


比叡「いい匂いですよねこれ」スンスン


提督「でしょ?」


提督「で、牛乳入れて中火で煮込みます」


比叡「これも待つんですか?」


提督「そうだね、4分ぐらいかな」


比叡「気合い!入れて!待ちます!」


提督(たしかに気合い入れないとさっき寝そうだったもんね)






提督「よし、いいでしょう」


提督「そしたら残りの調味料入れながら味見をします」


比叡「味見ですか!」キラキラ


提督「うん!カレーが美味しくなるかどうかは比叡次第だからね!気合い入れて!」


比叡「はい!」


比叡「…」ハム


比叡「!」パァァ


比叡「司令!美味しいですよ!これ!」


比叡「私にもこんなお料理が作れるんですねー」ニコニコ


提督「よかったよかった」フフフ


提督「じゃあここで最後の仕上げ!」


提督「バジルを入れて混ぜます!」


比叡「はい!」マゼマゼ


提督「…」


比叡「〜♪」マゼマゼ


提督「よし、それでいいよ」


提督「じゃあお皿にご飯よそってこよう」


比叡「りょーかいです」











比叡「盛り付け完了ですね!」


提督「まだだよ!」


比叡「へ?」


提督「最後にバジルをちょっとだけ乗せます」


提督「ちょっとだけでいいよ」


比叡「…」ソーット


提督「うん、おっけ!」


比叡「わー!おしゃれですねー!」


提督「じゃあ金剛達呼んできて、オレは使ったもの片付けとくから」


比叡「お願いします!金剛お姉様ー!」テテテ


提督「コケるなよー」


提督「…」グー


提督(ダメだダメだ!)ブンブン









金剛「わーお!Good smellデース!」


榛名「本当です…いい匂い」クンクン


比叡「みんな座ってくださーい!」


みんな「はーい」


霧島「っ!」


霧島「お、お姉様…?」


比叡「どしたの霧島ー」


霧島「これは、なぜ緑色なのでしょうか…?」


比叡「ふっふっふーそれはね!」


比叡「グリーンカレーなんだよ!」


金剛型「ぐ、グリーンカレー…」


提督「みんな大丈夫、ちゃんとした料理だから」ボソ


金剛「…オイシソーデース!」


榛名(提督、榛名達は信じますからね)


提督(…)グッ


比叡「それじゃーみなさん食べてください!」


比叡「せーの、いただきます!」パン


「「いただきまーす!」」


金剛「…」パク


比叡「ど、どうですか?」ドキドキ


霧島「…」モニュモニュ


榛名「…おいしい」ボソ


比叡「!」ピク


榛名「美味しいですよ比叡お姉様!」キラキラ


比叡「ホント!?」


霧島「…えぇ、本当に美味しいです」


金剛「まろやかな味にバジルが効いてて、お肉も柔らかいし…So...good」


比叡「…!」パァァ


比叡「やりましたっ!」


提督「よかったね、比叡」ウンウン


比叡「司令!」


提督「ん?」


比叡「ありがとうございますぅー!」ギュー!


榛名「っ!」ガタン


金剛「…」ジー


霧島「はぁ…」タメイキ


比叡「司令のおかげです!」ギュー


提督「比叡もよくがんばったぞー」ワシャワシャ


比叡「きゃー♪」


榛名(榛名もわしゃわしゃしてほしいですっ…)


金剛(これがJealousyなのネ…)


霧島(カレーが甘くなりました)


比叡「えへへーしれいー♪」ギュー


提督「よしよし」ナデナデ


霧島「あの、お二人共食べないんですか?」


比叡「あ!食べる食べる!」


比叡「司令!私達も食べましょう!」パッ


提督「う、うん…」


比叡「よーし、司令も座りましたね?」


比叡「いっただっきまーす!」


比叡「あー、ん♪」パク


比叡「ホントに美味しいですー♪」モグモグ













青葉「とりあえず新聞は作りましたし…」


青葉「司令官について調べていきましょう!」


青葉「百聞は一見にしかずじゃないですけど、やっぱり青葉がネット上で調べるより司令官のことをよく知ってる方にお話を伺った方がいいと思うんですよねー」ウーン


青葉「…サッカー部の人とかどうでしょう」ピコーン


青葉「司令官相当活躍してたっぽいですし、同じサッカー部の人なら印象に残りそうです」


青葉「まずは1番最近の軍学校の人がいいですかね」


青葉「お気に入りから…」


青葉「よし、開きました」


青葉「うーん…あ、司令官の1個上の代のキャプテンさんとかどうかな」


青葉「相当インパクトありそうじゃない?」


青葉「そうと決まれば…!」







青葉「すごい、とりあえず名前入れてみたら出てきた」


青葉「憲兵司令部の公式サイトみたいですね」カチッ


青葉「んーと…」


青葉「この人かな?」


青葉「わりと近くの海軍施設の人じゃん」


青葉「え…電話番号載ってる」


青葉「まぁいっか、こちらとしては好都合ですし」


青葉「それではさっそくかけてみましょう!」

プルルルル

青葉(ドキドキしてきました)

ガチャ

??『はい』


青葉「こ、こんばんは。夜分にごめんなさい」


青葉「私は〇〇鎮守府所属、青葉型一番艦の青葉って言います」


??『ほう…あの新設の鎮守府か』


青葉「〇〇地区の憲兵分隊の方ですか?」


憲兵『いかにも、私が憲兵分遣隊伍長だ』


憲兵『よく電話をかけてきてくれた。もちろんここでの会話は貴方の上官に伝わることはない。私達は貴方たちの味方だ。なんなりと話してくれ』


青葉「へっ?」


憲兵『大丈夫、怖がることはない』


青葉「怖がる…?」


憲兵『そうだ、なにかあって連絡をしてきたのだろう?例えばそうだな…汚職だとかハラスメントだとか。ぜったいに情報は漏らさないと保証する』


青葉「…」


青葉「あぁ!」ポン


青葉「ご、ごめんなさい!そういうことで電話をしたわけではないんです!青葉達の司令官はとても良くしてくれてます!」


青葉(そうだよね、憲兵に直接連絡とか普通よっぽど切羽詰まったときだよね!)


憲兵『む、そうなのか。ではなぜ?』


青葉「実はですね、軍の事ではなく個人的にお聞きしたいことがありまして」


憲兵『…?』


青葉「間違ってたらごめんなさい、あなたは最近全国大会を連覇している軍学校のサッカー部、その先々代キャプテンですよね?」


憲兵『…あ、あぁそうだが』


青葉「ではあなたの次の代、つまり今年の冬に優勝した代のキャプテンのことを覚えていますか?」


憲兵『…』


憲兵『…私が「あいつ」のことを覚えていたとするならばどうするつもりだ?』


青葉「え?それはもちろんあなたから見た印象を聞いてみたいなーと思いまして」


憲兵『待て。貴方とあいつはどういう関係なんだ?どうやって調べた?なぜ知りたがっているんだ』


青葉(な、なんか怒ってる…?)


青葉「えっ…と、青葉達の鎮守府の司令官なんですk「なんだと!?」ひっ!?」


憲兵『いま司令官と言ったか!?』


青葉「は、はぃぃ…」


青葉(怖いよぉ…)グス


憲兵『…いやすまない、続けてくれ』


青葉「はい…それで、司令官のことが知りたくてよく知ってそうな方にお話を聞こうと思いまして」


青葉「今度お会いしてインタビューをしたいと考えてます…」


憲兵『ふむ…なるほどな』


憲兵『こちらからお願いする、インタビューを受けさせていただけないだろうか』


青葉「へっ?」


憲兵『その時にこちらの聞きたいことにも答えてもらう、という条件付きでだが』


青葉「それぐらいなら全然大丈夫ですけど…」


憲兵『すぐにでも、と言いたいところだが生憎立て込んでいてな、緊急のことでないと動くことが出来ないんだ。貴方は都合のいい日はあるか?』


青葉「あ、うちすっごい緩いからいつでもおやすみとれますよ!」


憲兵『ふっ…そうか』フフフ


憲兵(あいつは変わらないな)


憲兵『ではこの日はどうだろうか』







青葉「では当日はよろしくお願いしますね!」


憲兵『あぁ、こちらこそ』


憲兵『そうだ怖がらせてしまったお詫びに』


青葉「怖がらせて…?」


憲兵『ふふっ、私が声を張り上げてしまったときだ、申し訳ないな』


青葉「あっ…」


憲兵『その理由を教えようか』


憲兵『貴方が司令官と言ったとき、私が驚いた理由は…』


憲兵『あいつは…卒業後、音信不通だったんだ』


青葉「え…」


憲兵『詳しいことはインタビューの時にでも話そう、それではな』プツ

ツーツーツー

青葉「どういうこと…?」


青葉「…」ウーン


青葉「あ、あれかな、謹慎処分。いやでも1週間程度って言ってたし…」グルグル


青葉「…」チラ


青葉「っ!」ハッ


青葉「青葉明日出撃じゃん!寝なきゃ!」









タタタ

提督「…」ハーハー


長良(今日は走り始めてから会話がない…!)


提督「…」ハーハー


長良(怒られることとかしてないよね?)


長良(うーんなんでだろう)シタムキ


提督「っ!」フラ


長良(でも機嫌が悪いって言うより余裕がなさそうに見えるなー)チラ


長良(ふだん楽そうに走ってるのに)


提督「…」ハーハー


提督「…」グラ


長良「えっ!?」


提督「うわっ」バターン


長良「し、司令官!大丈夫ですか!」


提督「うん…ハー、ハー、大丈夫、大丈夫」


提督「なにかにつまづいただけだから」


長良「今日は終わりにします?司令官体調悪そうだし」


提督「ははっ…はー、体調悪そうに見えた?大丈夫、走れるよ…」ハーハー


長良「でもほら走ってる最中無言でしたし、きついのかなって思って」


提督「喋らなかった…かな、ちょっと考え事してただけだよ、ごめんね」


長良「いえ…いいんですけど」


提督「…」スーハー


提督「よし!行こうか!」


長良「はい…」













青葉「はーいみなさんご注目!!!」


青葉「号外ですよー号外!」


青葉「明日は鎮守府お料理対決です!」


古鷹「ねぇねぇ衣笠」


衣笠「どしたー?」


古鷹「なんで青葉あんなにテンション高いの?出撃終わりなのに…」


衣笠「あー…なんでだろうね…」


衣笠「私もわかんないや」


加古「うるさい…川内より全然うるさい…」zzz


古鷹「あ、ほら加古!こんなとこで寝ないの!」


青葉「やっぱり配るのめんどくさいからみんなに集まってもらおう!」タタタ


古鷹「あ…行っちゃった」










青葉「みなさん集まってくれましたかー?」


龍驤「なんやこれ、急に集まれって」


青葉「いやーごめんなさい、でもわざわざ来ていただいたのに見合った発表があるんですよ!」


龍驤「本当かいな…」


青葉「本当です!」


龍驤「わかったわかった、それなら早くはじめてやー」


青葉「はいっ!それでは間宮さん、こちらに!」


間宮「え?え…?」


青葉「間宮さんは主役の1人なんですから、ほら!」

ザワザワ

赤城「間宮さんってことは…ご飯!?」キュピーン


加賀「赤城さん落ち着いてください」


青葉「言わずと知れた最強お料理お姉さん!鎮守府内でもトップクラスの人気っぷりです間宮さん!」


間宮「あの…」マッカ


青葉「那珂ちゃんよりアイドルしてる、という意見もございますっ!」


那珂「ちょっと!?」


青葉「そんな間宮さんに!無謀にも挑戦者が現れました!」


青葉「いま、この鎮守府お料理王決定戦の開幕を宣言します!」

シーン

青葉「…あれ?」


イク「間宮さんに料理で勝てる人なんているわけないのね、ありえないの」


ゴーヤ「そうでちね、いないと思うなー」


イムヤ「私もそう思うわ…」


ハチ「それこそ鳳翔さんとか…あっ」


「「鳳翔さん!?」」


龍驤「なあ、鳳翔なんか?」


鳳翔「いえ…」


龍驤「そうやんな、あんたが勝負を挑むイメージなんて湧かないしな」


鳳翔「そうですかね…?」


武蔵「ちなみにお前でもないよな?大和」


大和「えぇ…違うわ」


大和「あっ!」


大和(もしかして…提督?)


武蔵「どうした?」


大和「いえ、なんでもない、です」


大和(言っていいのかしら…)


青葉「みなさん聞いてくださいっ!!!」


青葉(と、とりあえず意識をこっちに…!)


青葉「今回はなんと賞品がつきます!」


青葉「勝者を予想していただいて、正解した方には豪華賞品をプレゼント!」


鈴谷「へー、いいじゃん。それで、対戦相手は誰なのさ?そこ、ちょっち気になるよねー」


青葉「残念ながらそれはお教えできません!結果発表の時を楽しみにしてください!」


青葉「とりあえずルールをお伝えします」


青葉「日時は明日の夜ご飯です。間宮さんともう1人の方にそれぞれ料理を作っていただいて、どちらが美味しかったか決めてください」


青葉「判断基準は、みなさんの好みです!味でも見た目でも、好きな方に投票をお願いします」


青葉「それで決まったらですね…」ゴソゴソ


青葉「このボードにこのシールを貼ってください」


摩耶「なんか安っぽいなそれ」


青葉「しょーがないじゃないですか!これの開催決まったの昨日なんですから!」


初春「とんでもない行動力じゃ…」


青葉「はい、そしたら青葉が集計しますので…明後日かな、結果発表します!」


青葉「勝敗予想については…」ウーン


青葉(そうだ!)ポン


青葉「参加する人は青葉にお声がけください!期限は集計前までです!もちろん料理を食べる前にお願いしますね」


青葉「では間宮さん!意気込みをどうぞ!」


間宮「えっと…頑張ります!負けません」ギラリ


艦娘((本気の目してる…!))


青葉「詳しいことはこの新聞に書いてあります」


青葉「みなさんありがとうございました、これ受け取ってから帰ってください」

ゾロゾロ

アーオワッタ、カエロー

ソウネ

青葉「ちょっ!みなさん!青葉これ作るの頑張ったんです!受け取ってくださいよぉー!」






青葉「な、なんとか全員に渡せました…」


金剛「Hey青葉、お疲れネー」


青葉「あ、金剛型のみなさん」


霧島「私達は投票に参加しない方が良いですかね?」


青葉「そうですね、みなさんは知ってますし」


青葉「あ、そうだ見てくださいよこれ!」バッ


金剛「Ah…ほとんどの人の予想が間宮デスネ」


青葉「そうなんですよー」


青葉「挑戦者側、少なすぎて覚えてますもん」


比叡「そういえば青葉さん、賞品ってどうするんですか?はじめて聞きましたけど…」


青葉「それなんですよねー、みなさんがあまりにも興味無さそうだったから注意向けるためにとっさに言っちゃっただけなのでなんにも考えてないんです」ウーン


青葉「…司令官とハグ…とか?」


榛名「ホントですかっ!?」ガタ


青葉「あ、いえテキトーに言いました」


榛名「そうですか…」シュン


金剛「…」ムムム


青葉「まぁ後で考えときます」


青葉「それはさておき、みなさんも予想します?」


霧島「えっ?いいんですか?」


青葉「はい、だってみなさん司令官の料理の腕前知らないですよね?なら別に大丈夫ですよ」


霧島「ふむ…」


比叡「じゃあ私は司令を信じます!」ハイ!


金剛「私はー」










明石「青葉さーん、頼まれたやつできましたよ」


青葉「ありがとうございます!」


明石「中に入れた物の状態を12時間そのまま保つ装置です。入れるだけでおっけーなので」


青葉「へー」


明石「そうだ、私にも教えてくださいよー、間宮さんの相手。わりと気になってるんだから」


青葉「それはダメです!おもしろくなくなるかもしれないので!」


明石「青葉さんってそういう所真面目ですよね」


青葉「なんですかそれ…」




















青葉「おはようございます!」


青葉「お二人共、好きなタイミングで料理をはじめてくださいね!」


青葉「あ、間宮さんちょっとこっち来てください」


間宮「はい…?」


青葉「これ司令官用に作ってもらった保存装置なんですけど、実は2つ作ってもらったんです」


青葉「間宮さんってふだん伊良湖ちゃんと2人で注文を受けてからご飯作ってるじゃないですか」


青葉「でも今回は手伝い無しでやってほしいので、夕食時はすごい混雑しそうですし、よかったら使ってくださいね!」


間宮「そうですね、ありがとうございます!」


提督「間宮さーん」


間宮「はーい」


提督「今日はよろしくね」スッ


間宮「えっと…」


提督「勝負の前の握手!」


間宮「あぁ、よろしくお願いします」ギュ


提督「間宮さん何作るのー?」


間宮「…ダメです。教えません」


提督「そっかー」アハハ


提督「オレオムライス作るから!それじゃーね」フリフリ


間宮「え…」


青葉「おーっと司令官、対戦相手に手の内を明かすとは大胆不敵ですねー」


青葉「ちなみに間宮さんは洋食ですか?」


間宮「そ、そうですよ」


青葉「なるほど、洋食対決ですか!」










提督「うわー食材がいっぱい」


提督「…」グー


提督「ダメダメ、余ったら赤城達がおかわりできるようにしとかないとなんだから…」


提督「よっし、作ろう!」


提督「とは言ってもオレオムライス作るのはじめてなんだよね…ってか普通のオムライス作ってもたぶん勝てない気するなー」


提督「どーしよ」ウーン


提督「ちょっと調べてみよーっと」


提督「…」フンフン


提督「あ、これいいかも。ドレス・ド・オムライス」


提督「とりあえず卵まではみないでいけるかな」


提督「卵も見たら上手くできる…はず!」ウンウン


提督「お、ご飯炊いてくれてる。ラッキー」


提督「玉ねぎをみじん切りにします」トントントン


提督「お肉も切ります」トントン


提督「ソースに玉ねぎ使うっぽいので薄切りにします」スーッ


提督「ん、とりあえず一人分おっけー」


提督「フライパン温めて、バター溶かして」


提督「玉ねぎとお肉は…お肉が先だね」ポイ


提督「で、玉ねぎも入れて炒めます」ジャージャー


提督「…」


提督「こんぐらいかなー」


提督「そしたらケチャップ入れて」ジャー


提督「よしよし」


提督「ご飯とーにゅー」


提督「ついでにマヨネーズも」ブチュー


提督「パラパラになるように…」カッカッ


提督「仕上げに塩コショウ」パッパッ


提督「お皿によそっておいとこ」


提督「調味料混ぜながら玉ねぎをバターで炒めます」


提督「火は…通ってるね、うん」


提督「調味料入れて煮込む!」ジャー


提督「その間に卵のやり方みよう」グツグツ


提督「…」フムフム


提督「フライパン温めながら卵を溶きます」カンカン


提督「で、片栗粉を牛乳で溶かして入れる」マゼマゼ


提督「…」マゼマゼ


提督「弱火にしてバター溶かす」


提督「で、ここからはスピード勝負なのかな」


提督「卵液入れる」


提督「ちょっとだけ待って端っこに菜箸」スッ


提督「真ん中に寄せて」スー


提督「ちょっとずらしてもう1本」スッ


提督「真ん中に寄せる」


提督「火を止めて…」


提督「フライパンを1周回す」クルッ


提督「大丈夫かなこれ、全然固まってないように見えるんだけど…」


提督「さっきのご飯に被せて」ソーッ


提督「はいっ!」スッ


提督「おおー!出来てる!」


提督「ソースか