2019-03-14 16:26:05 更新

前書き

時雨短編です。
甘々系で綺麗系です。




緑が萌える道の中を少女が通る。

少し強い風は吹くたびに桃色の花弁を散らせ、少女の髪をたゆたわせる。


少女はそれに構わず先へ、ゆっくりと。


歩いた先。少し開けた場所に出る。


そこには樹齢百は下らないだろう、大きな桜が咲き誇っていた。


まだ春先の暖かさが届ききっていない季節なのにもかかわらず、花を開かせたその姿は只々美しい。


少し切れた息をゆっくりと整えながら、少女はその眼鏡の奥の目を躍らせ、桜へ向かう。



(まだまだ満開だ。…綺麗だなぁ。

それに、今日は陽当たりも良い。)



少女…艦娘である時雨は、四日ほど前。周りに桜が無いのにも関わらず飛んできた桜の花弁を不思議に思い偶然にもここを見つけた。


そもそもあまり知られていない場な上、桜前線を裏切る狂い咲き。周りに他の人は無い。


時雨はすとん、と木の麓に座る。

そして眼鏡を傍らに置き、眼を閉じた。


彼女は特別に桜が好きという訳では無い。だが、日本人の御多分に洩れず少しは思う所があるし、加えて…


彼女は眼を閉じたまま、

その場を包んでいる静寂を聴く。


緑が風でさざめく音、花を散らせる風のひゅるりと言う音。それ以外はただ閑かな。

彼女はそんな、この空間を気に入っていた。


桜は、その花を咲かせている時期が短い。だからこそ、この咲いている間だけは自分だけの楽しみとしておきたかった。


この綺麗な景色を独占する後ろめたさはあった。それでも、あと少し、あと少し。彼女はこの静けさを一人で味わっていたかったのだ。



さて、それまでの時雨はここで少し静けさを味わい、すぐに去っていた。だがこの日は天気が良く、風も生暖かく、うららかな日だった。


閉じた目の裏にほんの少しもたげた眠気が、あっという間に少女の小さい体躯を包む。


そのまま彼女は春に意識を預けてしまった。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




彼がその場を見つけたのはほんの偶然だ。


少し前、近くに大きな桜の木があると知り、知人よりそこが既に咲いていると聞いた。


だから少し覗いてみようか。

そんな軽い思いでその軍人は来た。



軍人、提督。彼はその桜を見て驚く。


その木の威容にでも、桜の美しさにでも無い。その麓に座る少女に。


その顔は、何度も見た事がある。

彼がよく知っている艦娘、時雨だ。

彼の鎮守府に属している同僚。その筈だ。


ただ妖艶な程に美しい桜の元に座るその姿は、私服の時に付けているその眼鏡を外しているからか、別の何かのようだった。


まるで桜の精のような。

人ならざる美しさを称えているような。


彼はそれを見て、彼自身にもよくわからない不安に襲われる。


ふと近づき、顔の前に手をかざす。

勿論呼吸はしている。


頭には、花弁がはらはらと着地をしている。

よく見ればトレード・マークである三つ編みも今日は無い。成る程、通りで。


そんな事を思っていると、少女は気配に気がついたのか、眼を覚ます。




「………あれ、提督。どうして?」



「…お早う、時雨。

今ちょうど俺も驚いてる所だ。」



「そっか。」



まだ夢うつつなのか、ゆったりとした口調で少女は話す。




「隣いいか?」



「うん。」




軍人は少女の隣にゆっくりと座る。


会話はあまり無かった。ただ、それまで通りの静けさが、その場にはあるのみだった。




「…髪。今日は結んで無いんだな。

それに眼鏡もかけてない」




出し抜けに、提督はそう話す。




「ああ、うん。…変かな?」



「いや。眠ってる時、一瞬誰かと思ったよ。よく似合ってる。」



「…前半部分は余計だよ?

でも、ありがとう。」





場を再び静寂が包む。その静寂は、不思議と心地よい静けさ。




「…似合うって言ってくれたし。

今度から髪型変えようかな?

眼鏡も外してさ」



「いや。俺はいつもの方がいいな。

いつもの時雨が好きだ」




自分でも意外な程に素早く出た否定に、提督は気を悪くしてしまったかと少女の顔を覗く。


彼女はただぽかんと口を開け…

…その後、にこっと笑った。




「そう?ありがとう。僕も提督の事が–––」




–––––だよ。




その言の葉は、ひときわ強い風に花びらと共に攫われ搔き消える。


少女の頬にその花弁の色だけを残して。




「…すまん、なんて言った?」



「ううん、何でも。

…ね、そろそろ帰ろうか。

ちょっと寒くなってきちゃった」



「ん、ああ。大丈夫か?上着貸すか」



「大丈夫。…代わりじゃないけど、ちゃんと帰り道をエスコートしてね?」




戯れるように、まだ座っている軍人に少女は手を差し伸べる。



提督はそれを手に取り、立ち上がる。



気づけばもう日暮れ。

夕焼けが二人の影を照らす。


うらびれた、ある二人の話。

うららかな春の日を、艦は軍人と過ごす。







おわり




後書き

以上です。
春が来ますね。





花粉滅びろ


このSSへの評価

3件評価されています


SS好きの名無しさんから
2019-03-14 20:05:41

SS好きの名無しさんから
2019-03-14 10:02:32

SS好きの名無しさんから
2019-03-14 09:52:06

このSSへの応援

3件応援されています


SS好きの名無しさんから
2019-03-20 00:44:51

SS好きの名無しさんから
2019-03-14 20:05:42

SS好きの名無しさんから
2019-03-14 09:52:06

このSSへのコメント

1件コメントされています

-: - 2019-03-14 09:52:36 ID: -

このコメントは削除されました


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2019-03-14 09:52:53 ID: S:UY-Mkx

病んでない時雨は時雨ではない。


オススメ度を★で指定してください