2019-04-02 00:32:56 更新

概要

初心者なので色々変です。
リクエストお待ちしております!


前書き

武の決意…それを知る周りの心境
今後の彼らはどうなるのか?


【居酒屋】


提督「お待たせー」


凛「あ、やっと来た」ノシ


光「元帥となんの話ししてたんだよ」ノシ


提督「それはおいおい話すよ。それより…うちの五月雨と鳳翔だ」


五月雨「はじめまして」ペコッ


鳳翔「こんにちは」ペコッ


光「凛には紹介したけど、俺の所の神通だ」


神通「はじめまして」ペコッ


凛「私の所の赤城よ」


赤城「どうも」ペコッ


凛「それよりも…鳳翔さん!お話よろしいですか!」


鳳翔「え、ええ…大丈夫ですよ。」


凛「ありがとうございます!それではですね…」


光「あーあ、始まった」ハァ


提督「まあ、こうなるとは思ってたよ。まだ酒が入ってないだけマシか…」


光「それもそうだな…それよりも、武」


提督「ん?」


光「元帥との話はなんだったんだ?」


凛「あ、それ私も聞きたい」


提督「そうか…ならちょっと小さくなってくれ」


光「?」


提督「実はな………………という訳なんだ」


光「…お前は相変わらずだな」


凛「真面目というかバカというか…」


提督「そこで2人にお願いなんだが…………………なんだが、頼めるか?」


光「凄いことを言うな」


提督「無茶を言ってるのは承知だ。だが、お前らにしか頼めないんだ」


凛「私達は大丈夫だけど…あなたの所の子がなんて言うか…」


提督「最悪殴られる覚悟で話してみるよ」


光「………分かった。俺らに任せとけ」


凛「できる限りの事はしてみるわ」ニコッ


提督「ありがとう。またその時の前日には言うから」


光「はいよ」


凛「了解。だけどしっかりあの子達にも話なさいよ?」チラッ









赤城「鳳翔さん。お久しぶりです」


鳳翔「お久しぶりです、赤城さん」ニコッ


赤城「そちらの調子はどうですか?」


鳳翔「そうね…空母は私と龍ちゃんと瑞鳳ちゃんしかいないけど、なんとか頑張ってるわ」


赤城「ほえー、軽空母だけで回してるんですか?」


鳳翔「「何とかなるものよ。みんな練度は上がってきてるし」


赤城「それなら今度の演習の時が楽しみですね♪」


鳳翔「そうね」ニコッ






五月雨「あの…神通さん…」オドオド


神通「はい?なんでしょう?」


五月雨「その…格好が素敵だなーって」


神通「……ふふっ、ありがとうございます。ですが、五月雨さんも素敵ですよ」ニコッ


五月雨「いえ、そんなことないですよー」


神通「そのサラサラの髪だってとても綺麗ですよ」


五月雨「あ、ありがとうございます!」ニコッ








提督「………そうだな…」


提督「(せめてみんなが納得するまで話そう…後悔しないために)」














〜一週間後〜


【食堂】


提督「えー、急だがみんなに聞いて欲しいことがある」



ザワザワ



提督「突然だが…明日からみんなには他の鎮守府で研修を行ってもらう」



ザワザワウソーナンデー



提督「ちなみに配属先だが…空母は舞鶴鎮守府でその他の者は西ノ宮鎮守府で研修してもらう」


夕立「ちなみにその間提督さんは何をするっぽい」


提督「みんなには申し訳ないが…命を懸けた戦いに行ってくる」


摩耶「それは大袈裟過ぎねえか?」


提督「俺もそう思っているが…同伴する者曰く

、失敗する可能性は高いし、失敗したら生きては帰って来れないってな」


青葉「なぜ司令官だけなのですか?青葉達も連れて行けば…」


提督「元帥と約束したからな…悪いがこれは俺の戦いなんだ」


時雨「本当にどこに行くんだい?」




提督「………全国のブラック鎮守府の証拠を掴みに行く。そしてそれを大本営に報告だな」




五月雨「………え?」


鈴谷「ちょっ…それマジ?」


古鷹「そんな危険なことを…」


提督「という訳だから、みんなが俺に言いたいことを全部言ってくれ。それに一つ一つ答えてく」


鳳翔「何故それを提督がやる必要があるのですか?」


提督「鳳翔さん…いや、鳳翔。これは俺じゃなければいけないんだ」


白露「そんなの憲兵さんに任せればいいじゃん!」


提督「確かにその通りだ白露。しかし、憲兵は絶対的な証拠がないと動かなくてな…それに最悪賄賂の可能性もあるからな」


村雨「ちなみに同伴する人って人間ですか?」


提督「それが艦娘なんだよ村雨。扶桑達は知ってる…アイツだ」


菊月「艦娘が同伴なら私達を連れて行けばいいじゃないか!」


提督「申し訳ないが菊月…今回の任務であいつよりも適任な娘はこの中にはいない」


長良「それでもサポートくらいなら出来るよ!」


提督「すまん長良。こんなことは言いたくないが…今のお前達の練度だと……役に立つかは微妙だ」


龍驤「なんでそんな言い方するんや!ほんまに役立たずかどうかはやらないとわからんやん!」


提督「龍驤。これは俺だけじゃなくアイツからのお願いでもあるんだ。大規模作戦と同じくらい重要な任務だと」


伊良湖「それでも食料の供給なら!」


提督「ダメだ伊良湖。申し訳ないがお前の美味い料理は持ってくことも供給も不可能だ。それに、それがどこにいるのかも分からないのにそんなことをやるのは無謀すぎる」


扶桑「………信頼されてるのですね。あの方を」


提督「ああ、扶桑も知ってるだろうけど…あいつ以上の技量を持ってるやつは恐らく居ない」


名取「提督さん…」ウルウル


提督「泣かないでくれ名取。ちゃんと帰ってくるから」


瑞鳳「帰ったらちゃんと卵焼き教えてよ…」


提督「任せろ瑞鳳。うんと美味いの教えてやるから」


山城「帰ってこなかったら地の底まで追いかけて説教ですからね」ギロッ


提督「…肝に銘じておくよ」


春雨「」ウルウル


提督「安心しろ春雨。這ってでも帰ってくるから」ニコッ


最上「ちゃんと買い物にも連れていってね」


提督「約束だ最上。色んな所連れて行ってやるよ」


利根「我輩達は信じとるからのう」


提督「待ってろ利根。土産話もちゃんと持ち帰るから」


大潮「帰ってきたらまた大潮達と遊んでくれますか?」


巻雲「巻雲もお願いします!」


綾波「綾波ともお願いします!」


提督「ああ、大潮、巻雲、綾波。いい子にして待っててくれたら遊んでやる」





提督「…さてと、それじゃあ、明日からそれぞれ頑張れよ。しゃ、お休みなさい」














【自室】


提督「………」ナテナデ



ミャーミャー



提督「(………情を入れるな、か…)」


提督「(………アイツらの顔を見ると…どうしても冷たくは出来ないな…)」


提督「………走るか…」スクッ









【グラウンド】


提督「……」ジュンビウンドウ


提督「……よしっ」





〜数十分後〜


提督「はぁ……はぁ……はぁ……キッツ…」


提督「(トリッキーな動きを入れるとやっぱり動きが鈍るな…特訓メニューに改善要素ありか…)」


提督「よしっ……もう1セット……ふっ!」





〜1時間後〜





提督「はぁ……はぁ……ゲホッゴホッ……っはぁ」


提督「………落ち着いたか……今日はもう休ー」


「提督さん…」


提督「?」クルリ


由良「……」


提督「どうした?一緒にトレーニングするか?今日のは一段とキツイぞ?」


由良「………」


提督「………とりあえずそこのベンチで休むか」


由良「………」コクリ






提督「………」フゥ


由良「………あの」


提督「んお?なんだ」


由良「………いえ、なんでもないです」


提督「ん?言いたいことはいえ。次いつ言えるかわからんから」


由良「大丈夫です。提督さんなら帰ってくると信じてるので」


提督「そうか………なら俺から1つ」


由良「?」


提督「ここのみんなを……頼んだ」


由良「え?」


提督「最悪…由良たちにはそのまま西ノ宮配属の可能性もあるんだ。そうなるとアイツらはパニックになるからな…もしそうなったー」


由良「言わないでください!」


提督「っ…」ビクッ


由良「由良は…由良達は提督さんのことを信じてます。提督さんなら必ず帰ってくるって…ですから…そんなことは言わないでください」ウルウル


提督「……」アタマポン


由良「っ…」


提督「ゴメン、心配かけちまったな。」ナデナデ


由良「……」ホロリ


提督「安心しろ。さっきも言ったが…俺はお前達を残して死ぬつもりは無い。この任務も…この先も」ナデナデ


由良「……」ポロッ


提督「それに…こんないい仲間を残してなんか死ねるかっての」ニシシ


由良「……」ポロポロ


提督「だから…信じてくれ…由良」


由良「………はい」ポロポロ


提督「………よし!もう大丈夫だ!絶対生きて帰る。約束だ!」


由良「………はい。約束です…」














【自室】


提督「……」←簡易仏壇の前


提督「(親父、お袋、兄ちゃん、姉ちゃん。見ててくれ、俺が…未来を変えてみせる)」


提督「(だから……少し…少しだけ…力を貸してくれ)」


提督「(みんなが笑える世界を作るために!)」












〜次の日〜


04:00


提督「」←支度中


妖精1「ジュンビハデキマシタカ?」


提督「ああ、すまない妖精さん。しばらくの間…この南雲鎮守府を任せた」


妖精1「ワレワレガセキニンヲモッテオマモリイタシマス!」


提督「ありがとう」ニコッ










提督「………これでよし」
















提督「お待たせ、川内」


川内「大丈夫だよ。今来たばっかりだし。それより…何してたの?」


提督「なあに、ちょっとしたおまじないだよ。気休め程度の」


川内「ふーん…ま、いいや。それじゃあ、まずはどこから行く?」


提督「そうだな…まずは近場かな?」


川内「オッケー。それじゃあ行こうか」


提督「ああ」スタスタ














【食堂】


由良「(今日は私が作る番だから来たけど…確か朝だけでいいんだよね?)」


由良「まあ、簡単にトースト…でも………え?」


由良「…」


由良「っ……」ポロポロ


由良「もう……バカ…」ポロポロ



ーーーーーーーーーーーーー

|◻◻◻◻◻◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ 俺◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ 達◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ は◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ 家◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ 族◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ だ◻◻◻◻|

|◻◻◻◻ ! ◻◻◻◻|

|◻◻◻◻◻◻◻◻◻|

ーーーーーーーーーーーーー




由良「でも…」


由良「(こういう所を…私は…)」


由良「(好きになったんだろう…)」


後書き

ということで、第14話でした!
珍しく頭が働いたので連続で出しました
この先は提督と川内中心のお話になります
中身が薄くなるかもしれませんが、お楽しみに!

次回〜第15話 提督の試練 その1〜


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント

3件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2019-04-02 01:56:04 ID: S:fwGnQX

ブラ鎮ssちょこちょこ読んでて思うのは高確率で時雨が多いの見てると
ブラ鎮提督は幼女趣味なのだろーかなんて

2: タカドン 2019-04-02 10:55:35 ID: S:jXMOxo

1の方コメントありがとうございます!
確かにそんな感じはしますねー。
まあ、自分の場合はブラ鎮はブラ鎮でもちょっと意味合いが違うブラ鎮なので…
でもブラ鎮書いてる人全員が幼女趣味とは一概には言えないかと…

3: SS好きの名無しさん 2019-05-19 23:51:36 ID: S:nqSnh7

最近、これを知って読む様になって気になった事が在る。提督の家族の生首持参で鎮守府訪問、時系列的に親父さんしか生首持参出来ない筈だけど、読んでると全員分を用意しての極悪っプリ、其処が単純に???なんですが如何ですか ゚ ゚ ( Д  )


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください