2020-01-27 16:19:41 更新

概要

この作品は【青葉「提督 ヤンデレになってください!」提督「…っは?」】の続きです
10万字超えてしまったので新しく作りました


前書き

続きからです

9ー扶桑&山城(所属基地 南我原鎮守府)
二人とも提督大好き
扶桑はどちらかと言うとおじさんで山城は扶桑&提督ラブ勢
前の鎮守府で強姦を受けていた被害あり
今回は扶桑と一緒に山城を奪い合うドッキリ


10ー翔鶴&瑞鶴(所属基地 北我原鎮守府)


ふたりとも提督のことが大好き
翔鶴は静かに愛してもらえることを好み、瑞鶴はところ構わず提督に飛びついて抱きつく


11ー天龍&龍田(所属基地 南我原鎮守府)


二人とも提督のことが好き
天龍はグイグイと押して甘えてくるが受け入れられると受け身になる
龍田はドSになり相手を脅すが押されると性格が逆転してテンパリまくり超がつくほど恥ずかしがる







扶桑&山城



青葉 「それじゃ今日も行ってみよー!」


瑞鳳 「イェーイ!!」ワァーヽ(*゚∀゚*)ノーイ


提督 「…んで、今日はだれをやるんだ?」


青葉 「今日は扶桑さんと山城さんをやってもらいます!」


提督 「扶桑と山城か あの二人も前の提督に無理やりやられた過去があるからあまりやりたくないが…」


瑞鳳 「それも考えてあります なので今回は一人ではなく、二人でやってもらいます」


提督 「ふたり?」


青葉 「それではカモーン!!」


ガチャッ


扶桑 「うふふ!なにやら面白そうなことをしてますね わたしも参加させてもらいます!」


提督 「…うん なんとなく予想してた」


瑞鳳 「というわけで!今回は扶桑さんにも手伝ってもらいます!」


扶桑 「よろしくお願いします」


提督 「…なんか、二人でヤンデレドッキリやると非常に嫌な予感がするんだが」


青葉 「おやおやぁ?その嫌な予感というのは一体どういうのを思い浮かべていますか?」ニヤニヤ


提督 「どうせお前のことだから、俺と扶桑がヤンデレになって山城を奪い合うみたいな展開にしようとしてんだろ?」


青葉 「大、正、解、!おみごとです!」d('∀'*)


瑞鳳 「わかったようなら話しが早いです!二人で山城さんを手に入れるために争ってください!」


瑞鳳 「School D〇ysのように!」ドンッ!!


提督 「ふざけんな!!なんでSchool D〇ysと一緒にしようとしてんだ!!バカかお前!!」


扶桑 「あら いいじゃないですか?私と提督で山城を奪い合って、その後は私が提督を…!」(^q^)ウフフ


提督 「俺をなに!?その後おれをどうする気!?」ゾクッ


扶桑 「あら それを聞いちゃいますか?お聞きしたいようでしたら教えますが」


提督 「うん!聞きたくない!聞かないほうが賢明だ!」


扶桑 「山城に見せつけるようにわたしと提督がエッチするんです!あぁ…なんてステキなんでしょう!」ウットリ


提督 「思ってたことと違った!てか言っちゃったよこの人!というかなんで山城に見せつけるようにSE〇するんだよ!」


扶桑 「それは決まってるじゃないですか?わたしと提督がしてるところを見て興奮し、我慢できずに自分の指を秘部まで持っていき処理しようと…!」


提督 「もういい!話すな!あと女がそういうことを口に出すな!」


青葉 「…えっと 話を進めていいでしょうか?このままでは話が進まなそうなので」


提督 「メタいな!まぁいいけどよ」


青葉 「それじゃまずは元提督から山城さんとイチャイチャしてください!その後に扶桑さんが山城さんとイチャイチャしてください」


瑞鳳 「それを何度か繰り返したら、どちらかがイチャついてる時にもう片方がそれを目撃して修羅場とかしてください!」


提督 「本物のヤンデレ同士なら殺し合いだな…」


扶桑 「提督と山城と一緒に性交…うふふ!」(^q^)ウフフ


提督 「扶桑 ヨダレ出てるぞ」


青葉 「それじゃお願いしますね!名演技を期待してます!」


瑞鳳 「扶桑さん がんばってくださいね!」


扶桑 「えぇ がんばるわ!」


提督 「はぁ…毎度毎度やる気が起きねぇ……」













通路



山城 「ふんふーん♪今日はいい天気ね こんな日はお散歩日和だわ!」タッタッタッ…


山城 「特にやることもないし 気晴らしに散歩しましょ!」



提督 「…っん おう!山城 なんか機嫌が良さそうだな?何かいいことでもあったか」


山城 「提督!はい 今日はいい天気なのでお散歩でもしようかと思いまして」


提督 「っお さんぽか たしかにこんな天気がいいと気持ちいいだろうな?」


提督 「…ちなみに、だれかと行く予定だったりするか?」


山城 「いいえ 私一人ですが…?」


提督 「なら俺もいいかな?一緒にさんぽしても」


山城 「っえ!?てっ提督と一緒に!?」///


提督 「いやか?嫌なら構わないけど…」


山城 「いっいえ!いやじゃありません!むしろ嬉しいです!いぃ一緒にさんぽしましょう!」///


提督 「そうか?なら一緒にいくか!」


山城 「はっはい!(や、やったわ!まさか提督と一緒にさんぽができるなんて…やっぱり今日は幸運だわ!)」///


山城 「(これでお姉様もいればもっとよかったんだけど…でも、提督だけでもぜんぜんいい!)」///グッ


山城 「(はぁぁ…しあわせぇ…!!)」///


タッタッタッ…



扶桑 「…上手く行きましたね 次は私の番ね」


扶桑 「あぁ…早く三人でギシギシアンアンしたいわ!気持ちよがる山城の顔とまだいかんとする提督の顔を見ながら気持ちよくなりたい!」///ハァハァッ


扶桑 「はやくしたいわぁ…♡」///














別の日ー食堂



ガヤガヤ…


山城 「今日のご飯は唐揚げ定食〜♪しかも提督の手料理!」カタッ


山城 「提督の唐揚げはほんっとおいしいから食べごたえがあるわ!早くたべましょう!」



扶桑 「…あら?山城 あなたも今からご飯?」タッタッタッ…


山城 「お姉様!はい お姉様も今からご飯ですか?」


扶桑 「えぇ よかったら一緒に食べない?」


山城 「はい!一緒に食べましょう!」


扶桑 「それじゃとなり失礼するわね」カタッ


山城 「はい!(やったー!お姉様と一緒にご飯だァー!うれしすぎるー!!)」


山城 「(提督の手料理といい、お姉様と一緒にご飯が食べれるなんて…もう最高すぎ!)」(≧∇≦)


扶桑 「山城」スッ…


山城 「はい!なんでしょ…」


扶桑 「はい あーん!」スッ


山城 「…っへ?」


扶桑 「提督が作ったウィンナーよ すごく美味しいから食べてみて?」


山城 「えっえぇ!?(おっお姉様からアーン!?うそっ夢じゃない!?)」///


山城 「(お姉様からアーンをしてもらえるなんて思ってもなかった!ヤバっ鼻血でそう…ーっ!!)」///プルプル…


扶桑 「…山城?どうしたの もしかしてイヤだった…?」シュン…


山城 「いっいえ!いやじゃありません!いぃいただきます!」///スゥ…


パクッ…


山城 「ーっ…」///モグモグ…


扶桑 「どう おいしい?」


山城 「はっはい…おいしいです(美味しすぎて死にそうです!!)」///


扶桑 「それならよかったわ それじゃ、山城からもして欲しいわ?」


山城 「っえ!?わっわたしがお姉様にですか!!!?」///


扶桑 「いや…?」シュン…


山城 「いっいぃえ!!いやではありません!!むしろありがたくさせてください!!」///スッ…


山城 「はっはい!あぁあーん…!!」///スゥ…


パクっ…


扶桑 「…うん おいしいわ!山城の手で運んでくれた唐揚げ、さらに美味しくなったわ!ありがとね」モグモグ…


山城 「いっいえ、そんな……!(あぁぁ…!お姉さまの喜ぶ顔…なんて素敵!やばい 鼻血でそう…!!)」///プルプル…



提督 「ーっ…」ギリッ 扶桑たちがイチャついてるのを見て睨みつけている



時雨 「…今回は山城みたいだね」モグモグ…


吹雪 「みたいですね 扶桑さんも一緒にやってるなんて…ほんとろくなことしません」モグモグ…


時雨 「まったくだね しかも今回のは二人のヤンデレに愛されるやり方みたいだね」


吹雪 「まるでSchool 〇aysのようですね」


時雨 「愛が重すぎるよ…」













別の日ー図書室



サー… 外は雨が降っている


山城 「…今日は雨だから読書が進むわね 雨の音を聞きながら本を読む…すごく落ち着く」


山城 「…にしても、今日は誰も本を読みに来ないわね かれこれもう2時間ぐらい本を読んでるけど…」


山城 「…一人は寂しいわ 誰か来ないかしら」ハァ…



ガララッ


提督 「…あれ?山城 こんな所にいたのか」


山城 「っ! 提督!」:*+( °▽° )+*:


提督 「なんだ本読んでたのか 一人で本読んでるのか?」


山城 「はい お姉さまは時雨たちと遊んでるのでわたしは一人で本を読んでます」


提督 「一緒に遊べばよかったじゃないか なんで遊ばなかった?」


山城 「ちょっと気になる本があったのでそれを読みたくて…」


提督 「気になる本?それって今読んでるその本か?」


山城 「はい!Dead by 〇aylight 失われた愛を取り戻せ!という本が前から気になっていたので、雨が降った日などに読もうかと思って読んでるんです!」


提督 「へぇー(なにその変な本 死に救済はない愛を取り戻せって…題名おかしくないか?)」


山城 「提督もなにか読みに来たんですか?図書室に来たということは」


提督 「あぁ 今日は暇だからなにか読もうと思ってな(ほんとは山城がここにいるから来たんだけど)」


山城 「そうなんですか あの、もし良かったらわたしと一緒に読みませんか?」


提督 「…そうだな 一人で読むのも寂しいし、一緒に読むか!」


山城 「はい!(やったー!提督と一緒に本が読めるなんてもうさいこう!ここ最近運がついてるわ!)」


山城 「(はぁ…やっぱり不幸なんて考えない方がいいのね 不幸だと思っているから不幸になるのね)」


山城 「(もう不幸なんて思うのやめましょう!)」グッ


提督 「山城 なんかオススメの本ってあるか?」


山城 「オススメですか?それならこれなんてどうですか!」スッ


本の題名 『不幸の娘を愛する肉食系男子』


提督 「(だからなんだその題名は!不幸の娘を愛する肉食系男子ってなんだよ!てかなんでそれを進めてきた!)」


提督 「(不幸の娘って自分のことを言ってるのか!それで肉食系男子って俺のことを表してるのか!訳がわからん!!)」


山城 「わたし的にはこれがおすすめなんですが…どうですか?」


提督 「…うん それ読んでみようかな!(おもしろくなさそうだがしかたない…ここで断ったら落ち込むだろうし、なによりドッキリが成功しなくなる)」


山城 「ほんとですか!?では、読んで終わったら感想聞かせてくださいね!」

(๑>∀<๑)


提督 「あぁ!(一応読んでみるか…題名が変なだけで内容はもしかしたら、いいかもしれないからな)」


提督 「(あんまり期待してないが…)」


山城 「(わーい!提督にオススメの本を読んでもらえるなんて…もうほんとにここ最近運がついてるわ!)」


山城 「(しかもこの本に出てくるヒロインは私によく似てるから提督に見てもらえるなんてすごく嬉しいわ!)」


山城 「(肉食系男子を提督だと思って読んでると、すごく心が締め付けられるような感じして…ほんとにこの本は神作だわ!)」


山城 「(はぁぁ…しあわせぇぇ)」///ウットリ




扶桑 「ーっ…なに提督とイチャイチャしてるの?山城…!!」ギリッ 出入口から顔を覗かせて提督たちを見ている


扶桑 「妬ましい…妬ましい……!!」ミシミシッ













別の日ー射撃場



ボーン!!ボゥンボゥン!!


夕立 「ぽいぽいぽーい!」ドゥンドゥンドゥン!!!!!!


時雨 「…」ドゥンドゥンドゥン!!!!!!


吹雪 「…」ドゥンドゥンドゥン!!!!!!


的 「」バンバンバァンッ!!!! 吹雪立ちが狙った弾が全弾ど真ん中に命中する


夕立 「ふぅ…やっぱり12.7cm連装砲は威力弱いね もっと火力が欲しいっぽい」


時雨 「ムリだよ 僕たち駆逐艦にはこれが精一杯だよ」


吹雪 「わたしは積もうと思えば積めますが、なれない装備を積んだら燃料とかの燃費が悪くなるのでこれ以上強い装備を積むのはいやですね」


夕立 「そう?夕立はいいと思うんだけどなぁ」



山城 「…」スチャッ…


ドゥンドゥンッドォン!!!!


的 「」バンバンバァンッ!!!!!! 中央より少しズレて的に当たる


山城 「…ふぅ」スチャッ


山城 「(的の中央より少し横にずれたわね…風の影響かしら 読んでたつもりだったけど…)」


山城 「(…もっと風を読まないとダメね 今の風は……)」



時雨 「山城ー」


山城 「っん なに?」


時雨 「そろそろお昼だけど、山城はどうする?もしよかったら一緒に行かない?」


山城 「あら もうそんな時間?ずいぶんと早いわね 集中してると時間の流れが早く感じるわ」


夕立 「ぽいぽいぽーい!山城さんもお昼行くっぽい!みんなで食べた方が美味しいよ!」


山城 「…そうね そろそろ食べに行こうかしら まだそこまでお腹空かせてるわけじゃないけど」


吹雪 「軽い空腹でも何か食べておいた方がいいですよ この後もまた練習するとなると集中するので体力が一気に消耗されますから」


山城 「そうするわ それじゃ行きましょ…」



扶桑 「山城ー ちょっといいかしら?」タッタッタッ…


山城 「っ! おっお姉様!どうかなされましたか?」


扶桑 「そろそろお昼だから山城と一緒に食べようかなと思ったのだけど…どうかしら?」


山城 「おっお姉様とお昼ですか!?そっそれはもちろん…っ」ハッ


扶桑 「…? どうしたの?山城」


山城 「…あー、いや その…申しわけありませんお姉様 今時雨たちと一緒にご飯を食べに行くと言ってしまったのですみませんが……」


扶桑 「そう…それなら仕方ないわね」


山城 「(うぅ…お姉様とのご飯が……)」ズーン…



提督 「あっいたいた おーい山城!」タッタッタッ…


山城 「あっ提督 どうしたんですか?なにかようですか?」


提督 「あぁいや、大したことじゃないんだが 一緒に飯行かないかなぁと思ってな?」


扶桑 「」ピクッ


山城 「あっ……すっすみません 今時雨たちと一緒に食べに行くと言ってしまったので………」


提督 「っん そうか?なら仕方ないか」


山城 「(あぁぁ……お姉様に続いて、提督までも……なんでこんなにもタイミングが………)」ズズーン…


山城 「(ここ最近、ずっと運が良かったからその分の悪い運が回ってきたのかしら 不幸だわ………)」



夕立 「?」


時雨 「(提督たち、わざとタイミングわるくさせたね 明らかにタイミング悪すぎだよ)」


吹雪 「(というか、これ私たちも巻き込んでませんか?かるく巻き込んでますよね)」


扶桑 「…提督 ここ最近、山城と距離近くありませんか?この前も図書室で一緒に本読んでいましたが」ギロッ


提督 「そうかなぁ?それを言ったら扶桑こそ この前食堂で食べ比べしてたよな?お前の方こそ近くないか?」ギロッ


扶桑 「姉妹なのでこのくらい近くても普通だと思いますが?提督は姉妹でもなんでもないのに近いと思いますが」


提督 「俺は山城の上司なんだから近くて当然だろ?部下とのコミュニケーションは大事だからな」


扶桑 「へぇー…そうですか」ジロッ


提督 「そうだが…なんか不満でもあるのか っあ?」ジロッ


扶桑 「不満?不満なら大いにありますけど」


提督 「ほぉ?あるのか なんだよ言ってみろよ?」


扶桑 「あら?それじゃお言葉に甘えて、言わせてもらい…」


山城 「ちょちょちょっ!!!?おふたりとも、なに喧嘩してるんですか!?てか、なんでいきなり喧嘩越しに!!!?」

((((;゚Д゚)))))))


提督 「別に喧嘩なんてしてねぇよ なぁ?扶桑」ギロッ


扶桑 「えぇ してないですねぇ…?」ギロッ


山城 「いやいやものすごく睨み合ってるじゃないですか!!お互い鋭い目つきで!!!!」


扶桑 「そんなことないわ それより提督、ちょっとツラ貸してもらえないかしら…?」クイッ


山城 「お姉様!!!?」


提督 「ほぉー?俺にツラ貸せか…おもしれぇ 相手してやるぜ?」ビッ 親指を立てて、首元に左から右へ移動させて挑発する


山城 「提督!!!?」


夕立 「ぽいぃぃぃ!!!?提督さんと扶桑さんめちゃくちゃこわいっぽーい!!!!」ビクビク


時雨 「(っえ ここで殺り合うの?僕たちがいる前で殺り合うの?)」


吹雪 「(私たち完全に巻き込まれてるんですが…これは怒ってもいいでしょうか 私たち関係ないのに…)」イラッ


扶桑 「うふふ 腕がなるわぁ…?」スチャッ


提督 「へへっ!ハンデで拳だけでやってやるよ 覚悟しろよ?」ボキボキッ


山城 「ふっふたりともやめてください!!おふたりが暴れたら洒落になりません!!」


山城 「とくにお姉様!提督とやりあったところで勝ち目なんてありません!それはお姉様自身、一番わかってることじゃありませんか!!」


扶桑 「山城 やられるとわかっていても、やらなくちゃいけない時があるのよ?今まさにその状況だわ」


山城 「いや意味がわかりませんよ!?なんで今やらなくちゃいけないんですか!」


提督 「そうだぞ?山城 今ここで扶桑と決着つけないと…後々めんどくせぇからな!」ニヤッ


山城 「なにがめんどくさいんですか!?わたし全っ然理解できないんですが!」


扶桑 「だいじょうぶよ山城 決着がついたらわかるから!」ニコッ


山城 「いや決着どころか戦わないでください!おねがいですからお願いします!」


扶桑 「…しないでほしいの?なら仕方ないわね」


山城 「…っえ?」


扶桑 「山城が私たちに争ってほしくないと言うならやめないとね そうですよね?提督」


提督 「そうだな 山城がそういうなら仕方ない 今日のところはしないでおいてやるよ」


山城 「っえ あっはい…?」ポカーン


山城 「(あっあれ?なんか急にやめてくれた…なんで?さっきまで本気でやる気満々な感じだったのに…?)」


山城 「(というか、なんでお姉様と提督が急に争ったのかがわからない…なんで?)」???


提督 「さてと、俺は一人で飯でも食いに行くか 誰かさんも一人でだよな?」ギロッ


扶桑 「えぇ 提督が一人で食べるなら私も一人で食べますよ…?」ギロッ


山城 「(争い終わってなーい!!)」



時雨 「…山城 ご飯行かないかい?(これ…いつまで経っても終わらないからはやく山城連れていこ)」


山城 「っえ でも提督たちが…」


提督 「あぁ気にしなくていいよ 俺たちのことは放っておいて」


扶桑 「そうよ 楽しんでらっしゃい?」


山城 「…はっはい」


吹雪 「(…あまり騒ぎを大きくしないでくださいね)」ピクピクッ 目で合図を送る


提督 「(あいよ)」コクンッ


夕立 「…なんかよくわからないけど はやくごはんにいくっぽーい!」


時雨 「そうだね それじゃ行こうか」


タッタッタッ…



扶桑 「…」


提督 「…ふぅ 演技とはいえ、やっぱり普段使い慣れてない言葉を使うと疲れるな?」フゥー


扶桑 「そうですね わたしも提督とはケンカなんてしたくないので疲れます あんなけんか腰で話すなんて…」ハァ…


提督 「俺もだ まったく、青葉には困ったもんだな?こんな企画立てやがって」


青葉 「でもお二人も満更じゃないじゃないですか?」ヌッ


提督 「おまえはどこからともなく現れるな てかどこに隠れてたんだ?」


青葉 「企業秘密です!それと今の映像は超小型ドローンで撮影してたのでバッチリですよ!」( *°∀°)b


扶桑 「今すぐそのドローンを破壊したいですね さすがに映像を残しておくのはちょっと…」


提督 「青葉 そのドローン今どこにあるんだ?壊すから教えろ」スチャッ 懐から短刀(懐刀)を取り出して構える


青葉 「いや教えませんよ!?壊されるとわかっているのに教えるわけないですよね!?」


提督 「じゃあ壊さないから教えろ 映像データは俺の手で消してやるから!」ニコッ


青葉 「データを消す=壊してますよ!」


提督 「いや壊してないだろ?バラバラに壊すんじゃなく、俺の手で消してんだからなにも壊れてないじゃないか」

( ˙ㅿ˙ )キョトン


青葉 「わたし消していいと言ってないんですが!?消していいと言ってないのに消したらデータを壊したと言いますよね!」


提督 「はて、ちょっと理解できないな」ヾノ・ω・)イヤイヤ


青葉 「わざとらしい…」


提督 「…てか、瑞鳳はいないのか?あいつの姿が見えないか」キョロキョロ


青葉 「瑞鳳でしたら今ここら辺に備え付けられてるカメラから見ていますよ」


提督 「監視カメラでも撮ってるのか?」


青葉 「一応撮ってます 念入りには念入りに!」


提督 「…そうか」


扶桑 「さてと、提督 そろそろ締めに入りますか?それとももう少し時間かけますか?」


提督 「…そうだな そろそろ頃合いだろうし、今日の夜辺り取り合いやってみるか」


青葉 「っお!とうとうやりますか!今回のドッキリメインのダブルヤンデレの好きな人の取り合い!」


扶桑 「それじゃ、夜私たちの部屋で山城とイチャイチャしてますので、してるときに提督が入って揉め合いましょうか」


提督 「揉め合うって言うのも変だが…そうだな 俺が入ったら扶桑は俺に突っかかってきてくれ」


扶桑 「わかりました」


青葉 「さぁ視聴者さん!今回の山城さんドッキリのメイン場面ですよ!期待しててくださいね!」


提督 「やめろ青葉 作者は頭バカなんだからそんなプレッシャーかけるな」


ライル 『ひどい!』













夜ー扶桑と山城の部屋



山城 「…」自分の机に座って考え事をしている


山城 「(…今日のお姉様と提督どうしたんだろう なんかものすごくケンカしてたけど…?)」


山城 「(お姉様と提督があんなに睨み合いながら言い合ってるところ初めて見たかもしれないわ 提督は私たち艦娘とケンカなんて滅多なことがない限りしないからよけいに…)」


山城 「(…それに、なんかわたしを奪い合うような言葉でケンカしてたような…気のせいかな?)」ウーン



ガチャっ


扶桑 「ふぅ…いいお風呂だったわ」


山城 「うーん…」


扶桑 「…あら?どうかしたの?山城 なんか悩みごと?」


山城 「あぁいえ!なんでもありませんよ 気にしないでください」


扶桑 「そう?それじゃ ちょっとこっちに来てもらえないかしら」


山城 「っえ?あっはい わかりました」カタッ タッタッタッ…


扶桑 「ベッドの上に座って?」ポンポン


山城 「…っえ ベッドに…ですか?」


扶桑 「いや?」


山城 「いえ、いやではありませんが…なんでですか?」


扶桑 「いいから!っね?」


山城 「…わっわかりました(なんでベッドに座らせるのかしら お姉様なにを考えてるの…?)」スッ…ポスッ


扶桑 「…座ったわね」スッ…


山城 「…っえ」クイッ



チュッ…


山城 「っ!!!!!?」///扶桑に顎クイされてキスされる


扶桑 「んっはぁ…山城 かわいいわぁ…すごく、おいしいわ!」レロッピチャッ…


山城 「おっおぉお姉さま!?いぃいきなり何を!!!?(っえ!?おっお姉さまにキスされた!!!?)」///


扶桑 「ごめんね山城 もう…我慢できないの?だからおとなしくしてて…?」///スッ…


むにゅぅ…


山城 「ひゃあっ!!!?」///ビクッ!! 胸を触られて身体を跳ね上がらせる


扶桑 「はぁ…!柔らかいわ 山城の胸…それに大きいから揉みごたえがあるわ」///モミモミ


扶桑 「こんなに大きな胸をして…そんなに私を誘惑したいの?山城」///ムニムニ


山城 「やっ!そっそんなことは…んんっ!」///ビクンッ!!


扶桑 「あらぁ?もしかして服の上からでも感じてるのかしら まだ先端部分も触ってないのに…!」///


扶桑 「山城は敏感ね そんなに感じやすい子だったかしら?」///ウフフ


山城 「やぁぁ…!だっだめですお姉さま!そんなエッチな触り方されたらーっ!」///ビクッビクッ…


扶桑 「うふふ!かわいいわ山城 かわいいからもう一度…っん」チュッ


山城 「んんっ!?」///


扶桑 「んっちゅる…れろ、はぁ…ちゅるる、くちゅくちゅっんんー…」///チュゥゥ


山城 「んんっ!ん…はぁ あぁ!おっおねえさまぁ…!」///ハァ…ハァ…


扶桑 「はぁ…はぁ……もう、がまんできないわ!」ガバッ!!


山城 「きゃっ!」///扶桑に押し倒されてベッドに押さえつけられる


扶桑 「…山城 いい?」///ハァ…ハァ…


山城 「ーっ…はっはい……」///ドキドキ


扶桑 「ありがとう 山城…」スゥ… 山城の唇に自分の唇を近づけてキスをしようと…




…ボゴォン!!!!



扶桑&山城 「「っ!!!?」」ビクッ!!!!



部屋の扉 「」パラパラ… ノブより少し上部分から誰かの手が扉を突き破って姿を現している



山城 「っえ てっ手!?てか、扉を壊して!!!?」


扶桑 「…来たわね 泥棒ねこ」



部屋の扉 「」ガシッバキィ!!!! ノブ部分に手をかけてノブ自体を引っ張ってぶっ壊す



ギィィ……


提督 「…おい なにやってんだ…っあ?」ギロッ



山城 「てっ提督!?なっなんで扉を壊して…」


扶桑 「っち!なんの用できたのかしら?くそ提督 今山城とイチャイチャしてたのに」


山城 「っえ!?おぉお姉さま!!!?」



提督 「それはこっちのセリフだど阿呆 なぁに俺の山城に手ぇ出してんだゴラァ?」


扶桑 「あなたの山城?いいえ あなたのではないわ」


扶桑 「山城は私のよ 世界でいちばんかわいい妹…誰にも渡さないわ」ギロッ


提督 「へぇ…?そいつはおもしれぇ それじゃどっちのもんか決めようじゃねぇか!」ギロッ


扶桑 「望むところよ!」ゴキゴキッ


山城 「ちょっ!?ふっふたりとも!!!?」


山城 「(いぃ一体どうなってるの!?私の奪い合い!?奪い合いで喧嘩してるの!?)」


山城 「(わたしの奪い合いでケンカするなんて…あっこれはやばいです 嬉しすぎて鼻血でそう……)」///


山城 「(って!そういう問題じゃなくて!)」ブンブン


扶桑 「それじゃどうやって決めようかしら?ここは王道に山城に決めてもらう?」


提督 「いや 決めてもらうのはだめだ おそらく山城のことだからどっちも大事だから選べないって言いそうだ」


提督 「ここは俺たちの手で!山城を奪うってのはどうだ?」ニヤッ


山城 「…っへ?」


扶桑 「いいわねそれ!それにしましょう 奪い合う方法は?」


提督 「んー…そうだな 山城を気持ちよくした方が勝ちというのはどうだ?そうすれば山城もどっちの方が気持ちよかったかを選ぶことができるからそれで決めてもらおう!」


扶桑 「望むところよ!」


山城 「っえ!?ちょっふたりとも!?」


提督 「それじゃ山城 お前のこといっっぱい!気持ちよくしてやるからな 足腰立たなくさせてやるからな!」ニヤッ


扶桑 「山城 わたしの手でいっぱい気持ちよくしてあげるから、私を選ぶのよ?」クスッ


山城 「なっなんでそうなるんですか!?てか、私の意見は聞かないんですか!?」


提督 「これは俺たちの問題だからな お前の意見は聞かない」


山城 「わたし巻き添いなんですが!?」


扶桑 「だいじょうぶよ山城 そんなことすぐに思わなくなるから?」ニコッ


山城 「まま待ってください!一旦落ち着きましょう!落ち着いてわたしと話を…!」((((;゚Д゚)))))))


提督 「ぜってぇおれのものにしてやる!!」フシュー 大魔王降臨!


扶桑 「確実に私のに…!!」フシャー 魔王降臨!


山城 「だれかっだれかー!だれか来て助けてくださーい!!」


山城 「わたし壊されてしまいます!二人に襲われて 壊されてしまいます!!」


山城 「吹雪さーん!!お願いです 助けてくださーい!!」


提督 「っえ 吹雪…?」サー…


扶桑 「ーっ…」タラー…








青葉 「ーっ…」ダラダラ…


瑞鳳 「ーっ…」ガクガク…



吹雪 「…あまり騒ぎを大きくしないでくださいと、警告しましたよね?二人とも」スチャッ 二人の頭に12.7cm連装砲を突きつけて脅している


青葉 「あぁいや!そんな…そっそこまで騒ぎと言う騒ぎを起こしてなんか…」アタフタ


吹雪 「今の時点で山城さんが騒いでいるんですが?」ギロッ


青葉 「あっあははは…なっなんで騒いでるんでしょうねー?」メソラシ


吹雪 「死にたいですか?」コツンッ


青葉 「ひぃっ!?」ビクッ


瑞鳳 「…あっあの、吹雪さん 少し落ち着きませんか…?そんなピリピリしてるとまともに話し合いが……」


吹雪 「こんな状況で話し合いなんてすると思いますか?馬鹿なこと言わないでください」スチャッ


瑞鳳 「ーっ…」タラー…


吹雪 「二人とも…覚悟は、できていますか?」ギロッ


青葉&瑞鳳 「「…はい……」」


吹雪 「それじゃ…」スゥ… 12.7cm連装砲の引き金を引こうと…



瑞鳳&青葉 「「ーっ…」」ガクガク…


吹雪 「…」チラッ



映像 『山城「吹雪さーん!ヘルプミー!助けてくださーい!!」』


映像 『提督「…いっいくら呼んでも吹雪は来ないぜ?吹雪にはちょっと仕事を頼んでるからここから呼んでも聞こえないぜ!」』


映像 『山城「っえ!?そっそんな!」』


映像 『扶桑「ざっ残念だったわね山城 これで邪魔されずに山城を奪い合うことができるわ!」』


映像 『山城「だっだれか!誰でもいいので助けて!!わたし二人の手で壊れちゃう!!」』


映像 『山城「私まだ死にたくない!いくらこんな最高の三角関係イベでも、こんな展開はいやぁ!!私イカされまくって壊れちゃう!!」』


映像 『提督&扶桑「「(三角関係はいいんだ…)」」』



吹雪 「…まっこれが終わってからでもいいでしょう わたしもどうなるのか見てみたいので」


青葉 「っ! ほっほんとですか!?」


吹雪 「えぇ ただし、これが終わったら罰は受けてもらいますがね!この後は覚悟してくださいね」ニコッ


瑞鳳 「いやあぁぁぁぁ!!!!!!」


吹雪 「(ほんとはあまり興味はないんですけどね 他の人が提督とイチャイチャしてる所なんて見ても楽しくありませんし)」


吹雪 「(でもここでやめさせたら タイトル詐欺になってしまいますし…やめるわけにはいきませんからね)」


吹雪 「…」チラッ



映像 『提督「それじゃ、まず上は俺がするから扶桑は下を攻めろ 山城がイったら上下交代だ」』


映像 『扶桑「わかったわ それじゃ山城…下着は脱がされる方がいい?それともズラしてする方がいい?」』


映像 『山城「それ私が決めるんですか!?」///』



吹雪 「(…まっまぁ 他の人がされているのを見るのも悪くはありませんね まして相手は山城さんを相手にしてますし…)」ジッ…


吹雪 「(…山城さんってどんな声を出すんでしょうか てか、提督は相手によって攻め方とか変えるんでしょうか…?もし変えてるなら、他の方にはどのようにするのか気になりますね)」マジマジ


青葉 「…(すっすごく見てる…吹雪さん もろガン見してますね)」


青葉 「(いつもなら興味ないことには眼中ないのに、今回の提督と扶桑さんが山城さんとやりあってるのをもろガン見してる…)」


瑞鳳 「(やっぱり吹雪さんも気になるんですね 他の人がどのようにされてるのか)」


瑞鳳 「(しかも3Pだからどのように責めるのか、たしかめたいですよね 山城さんものすごく嬉しそうで困ってますが…)」






扶桑 「あらぁ?山城 なんでこんなにトロトロなのかしら?まだ触ってないのだけど」ヌチャァ…


山城 「そっそれは…っんん!」///ビクッ!!


提督 「んー やっぱり山城の胸はでかくて揉みごたえがあるな 服の上からでもでかいのが伝わってくるぜ」ムニュムニュ


山城 「やぁっ てっ提督…さわり方がいやらしいっあぁん!!」///ビクッ


扶桑 「うふふ!さわり方がいやらしいのは提督だけじゃないわ わたしだっていやらしいわよ?」クチュクチュ…


山城 「あっやぁ!んん! おっお姉様、そんな…いきなり指二本もっふぅ!!」///ビクッビクッ…


提督 「…山城 こっち向け」イラッ


山城 「ーっ…え?んんっ!?」///チュッ


提督 「山城 口を開けろ」


山城 「やっ!ま、待ってていと…んむ!」///レロ… 提督の舌が山城の口の中に入ってくる


山城 「あぁ…んんっちゅる あむ、ふぅっぴちゃれろ…」///


山城 「んちゅっぴちゃ はぁ…ちゅぷ、ふん…ぷはぁ……」///ツツー…


山城 「(あぁ……やばいっ 提督の舌使い すごく気持ちいい……頭が変になりそう…)」///トローン


山城 「(下も、お姉さまにいじられて…ダメっこんなの、すぐにでも……!!)」///ビクッ…ビクッ…


提督 「どうした?山城 まだキスしかしてないぜ?もうそんなトロ顔してるが気持ちいいのか?」


提督 「俺のキスに参っちまったか?やっぱり俺の方がお前のこと、気持ちよくできよな?これは俺の方が優勢だな!」ニヤッ


扶桑 「なに馬鹿なこと言ってるんですか?山城はわたしが下をいじってるから気持ちよがってんですよ」


扶桑 「提督のキスなんかに感じていませんよ 勘違いしないでください」クチュクチュクチュクチュ


山城 「やぁぁっ!!おっお姉さま激しいです!!そんなに中を激しくされたら……!!」///ビクビク…


扶桑 「あら もうイきそうなの?ずいぶんと早いわね まだそこまで触ってないわよ?」


扶桑 「やっぱり山城はわたしと相性がいいのね 私の指ですぐに気持ちよくなってくれるなんて…」


提督 「おいおい 何言ってんだよ?俺のキスのテクで気持ちよくなってんだろ?」


提督 「舌を入れる度に気持ちよさそうな顔をしてるんだ お前の指なんかより俺のキスの方が気持ちいいんだよ」


扶桑 「なら山城に聞いてみましょ どっちが気持ちいい?山城」


山城 「ふぇ!?そっそれは…」///


提督 「正直に答えてくれ どっちの方が気持ちよかった?」


山城 「えっえぇと…その……」///アタフタ


山城 「……ふっふたりとも、気持ちいいです……」///カァァ…


提督 「…」


扶桑 「…これは第2ラウンド開始した方が良さそうね」


提督 「そうだな 上下(攻守)交代だな」スクッ


山城 「えぇ!?こっ交代って!」///


提督 「扶桑早くどけよ 次は俺が下を弄るんだから」


扶桑 「うるさいわね 提督はせっかちなんですから?そんなんだと山城に嫌われるわよ」


提督 「山城がそれだけで嫌うわけないだろ?俺にベタ惚れしてんだからな!」


扶桑 「そんな妄想どうでもいいです さっさと勝負をつけるわよ」ジロッ


提督 「上等だ!ぜってぇ負けねぇからな!」ギンッ!!


山城 「ちょっ!ちょっと待ってください!二人とも落ち着いてください!」


山城 「なんでお二人はそんなに私を奪い合ってるんですか!昔みたいに仲良くした方がみんなで気持ちよくなれますよ!」


提督 「奪い合う…?それは違うぞ なぁ?扶桑」


扶桑 「えぇ どちらが山城を気持ちよくさせることかできるかを競ってるのよ?だれも奪い合ってなんかいないわ」


山城 「いや完全に争ってますよね!?二人してわたしを取り合ってますよね!?」


提督 「まぁそんなことはどうでもいいとして!」


山城 「どうでもいい!?」


扶桑 「山城 ちょっと黙りなさい!」チュッ


山城 「んんっ!?」///


扶桑 「んっちゅる…はぁ やましろぉ…んちゅ」///


山城 「はぁ!やっんん…ぴちゃ、ちゅるる…れろっふぅ!ふぁ……!」///


山城 「ふぅん!んっはぁ…あっちゅ……はぁ………」///ハァ…ハァ…


提督 「おぉ!やっぱり山城の【自己規制】はいつ見ても綺麗だな!しかもいやらしい汁がこんなに…」ヌチャァ…


山城 「っ!! やぁ!そっそんなこと言わないでください!恥ずかしいです!」///


提督 「恥ずかしいのは当たり前だろ?恥ずかしいことしてんだから!」スゥ…


ペロッ


山城 「あぁっ!!!?」///ビクン!!


山城 「(っえ…!?いっいまの感触……まさか、提督の舌…!!!?)」///ゾクゾク


提督 「んー!やっぱり山城の愛汁は美味だな きれいな花も満開で良いことづくめだな!」


山城 「やぁっ!!てっ提督 なにしてるんですか!そんな汚いところを…!!」///カァァ!!


提督 「いやいや ぜんぜん汚くないぜ?山城特有の臭いがしてすごくいい香りだぞ?」


提督 「それに味もおいしいし、花も綺麗だし ほんとに山城は最高だな!」


山城 「やっやめてください!そんな恥ずかしいこと言わないでください!!」///カァァ


扶桑 「あっ!提督ずるいわ 私舐めてないのに!」


提督 「舐めなかったお前が悪い ならお前も舐めるか?扶桑」ニヤッ


扶桑 「…そうね ダブルフェ〇ならむダブルマ〇舐めというのもおもしろそうね?」ニヤッ


扶桑 「やりましょう わたしも舐めるので少し横にズレてください」スクッ


山城 「っえ!?おっお姉さま!?」


提督 「いいぜ?同じ場所で攻めるなら勝負が付けられそうだ どっちが気持ちよくできるかこれで決めようぜ!」ニィ


扶桑 「望むところよ!これで決着つけましょう!つかなかったら延長戦よ?」


提督 「もちろんそのつもりだ!」


扶桑&提督 「「それじゃ山城 今度こそ決め(るのよ)ろよ!」」


山城 「ーっ…い」



イヤアァァァァッッッ!!!!!!






…数時間後……



山城 「はっ…はっ……っふ………」///ピク…ピク…


提督 「…え、えと…山城?俺の声 聞こえてるか…?」


山城 「っ……っは………」///ハァ…ハァ……


扶桑 「…やり過ぎましたね 意識が朦朧としてますね…」


提督 「…どうする これ今ネタバレしても絶対聞いてないよな」


扶桑 「たぶん聞こえてないかと…」


山城 「あっは……は………」///ヒュー…ヒュー……


提督 「…青葉 どうすればいい?この状態でネタばらししてもおそらく聞いてないと思うが」スチャ


青葉 『うーん…とりあえず今は休ませておきましょうか 明日起きたらネタバレしましょう』


提督 「わかった そうするよ」


青葉 『それと元提督 一つ言いたいことが…』


提督 「っん なんだ?」


青葉 『…今、私の後ろには悪魔がいます……』


提督 「…あくま?」


吹雪 『だれが悪魔ですか?青葉さん』


青葉 『ひぃっ!!!!』ビクッ


提督 「あぁ…吹雪か ふたりともご愁傷さま」


青葉 『なに他人事のように言ってんですか!元提督も悪魔の裁きを受けるんですからね!』


提督 「吹雪ー 今日の夜相手してやるから俺の罰なしにしてもらえるか?」


吹雪 『了解!』


青葉 『ずるい!なら扶桑さんも一緒に…』


扶桑 「吹雪 この前良い紅茶が入ったのだけど、今度飲まない?金剛さんほど上手く入れられないけどおいしいわよ」


吹雪 『…いっいただきます』ジュルリ←実は紅茶好き(とくに扶桑が入れた紅茶)


青葉 『fu〇k!』


瑞鳳 『なっなら吹雪さん!わたしもおいしい玉子焼きの作り方を教えますので!』


吹雪 『だめです』キッパリ


瑞鳳 『てっ提督を悩殺できるぐらい美味しい玉子焼きの作り方を教えますので!』


吹雪 『……わかりました 今回はそれで手を打ちましょう』


瑞鳳 『やったー!!』


青葉 『えぇー!!!?』


吹雪 『それでは青葉さん あなただけ、罰を受けてもらいますよ?』ギロッ


青葉 『ま、待ってください!それならわたしも…』ゴソゴソ


青葉 『こっこの青葉秘蔵の提督がうたた寝してるところの写真を差し上げますので!これで手を打ちませんか!』スッ


提督 「おい お前いつそんなものを…」


吹雪 『…ちょっと見させてください』


青葉 『はっはい!』スッ


吹雪 「…ふむ これはなかなか…」ピラッ


提督 「いやなに釣られてんだよお前も 俺のうたた寝写真なんていらないだろ」


青葉 『…どっどうでしょうか……?』ドキドキ…


吹雪 『…まだありますか?あと2枚ほどあれば許しますが』


提督 「おい!」


青葉 『そっそれでしたら…』ゴソゴソ…


青葉 『提督がエプロン付けて料理してる写真と私服姿の写真でどうでしょうか!』スッ


吹雪 『いいでしょう 今回だけは許します!』ピラッ


青葉 『やったー!!!!』


提督 「それいるのか吹雪!?エプロン付けてる姿の俺と私服姿の俺の写真ってそこまでレアじゃないだろ?」


吹雪 『提督 こういうのはレアとかではなく、写真に収められているからこそ欲しいものなんですよ』


吹雪 『仮にこの写真が伊19さんの姿が写った写真なら提督は欲しがりませんか?』


提督 「あっそれはほしいな」


吹雪 『でしょ?それと同じです』


吹雪 『それでは今回はみなさんの罰は免除しますが次はないと思ってくださいね』


青葉&瑞鳳 『『はーい…』』



次の日、山城が目を覚まして提督達のもとに姿を現した時にドッキリのことを話して怒られた…



謝罪としてその夜、扶桑とともに相手してみんなツヤツヤに輝いていた






扶桑&山城終了











瑞鶴&翔鶴



青葉 「さぁさぁやって参りました!!今回のお相手は瑞鶴さんと翔鶴さんです!」


瑞鳳 「いやっふぅー!!」\(^0^)/


提督 「瑞鶴と翔鶴か あのふたりなら過去に無理やりやられたことはないから平気かな」


提督 「今回はどんなふうにやるんだ?」


青葉 「そうですね…今回はちょっと考えてなかったんですよね」


瑞鳳 「というか、ネタが尽きました…」


提督 「早いな!まだネタあるだろ!」


青葉 「いやだってですよ?ヤンデレっていろんなのがあるじゃないですか?」


青葉 「最初にやった束縛(独占型)、如月にやったストーカー(執着型)、山城さんにやったダブヤン(独占型)」


青葉 「あと残ってるとしたら攻撃的なヤンデレになってしまいますが、提督はそれはいやですよね」


提督 「攻撃的なのは嫌だが…てか、まだ種類あるだろ それだけじゃないだろ」


提督 「吹雪達にやったのは独占型、如月にやったのは執着型…まだ2種類しかやってないぞ」


青葉 「あと残ってるのってどのくらいですか?」


瑞鳳 「あと残ってるのは自傷型、DV型、周囲撲滅型、祟拝型、依存型が残ってます」


提督 「詳しいなお前…もしかして、実はヤンデレだったりするか…?」


青葉 「っえ!?」ササッ


瑞鳳 「いやなんでですか!?ただ知ってるだけでなんで私がヤンデレになるんですか!」


瑞鳳 「てか青葉さんも距離を開けないでください!わたしヤンデレじゃないですから!」


提督 「瑞鳳…俺はお前の提督なんてほしくないから安心しろ あとこの鎮守府に居る艦娘たちもお前の提督を取ろうとなんてしてないはずだから手出しはするなよ?」


瑞鳳 「いやだから!わたしはヤンデレじゃありませんから!」


提督 「…てか、ほんとにどうすんだ?このままじゃただの文字数稼ぎだぞ」


瑞鳳 「すっごいメタイですよ!?たしかにこのままじゃ文字数稼ぎですが!」


青葉 「うーん…選ぶどしたら執着型ですかね 他のは攻撃型なのでそれしか選びようが……」


提督 「翔鶴たちに執着型か…まぁそれでやってみるか 北に翔鶴たちを数日間こっちに移動させるよう言わないとな」


瑞鳳 「それじゃ翔鶴さんと瑞鶴さんのドッキリは執着型に決まりですね」


提督 「そうだな 今から北に電話するからお前たちは準備しておいてくれ」スッ


青葉 「了解です!」


瑞鳳 「それじゃ準備して来まーす!」


タッタッタッ…パタンッ


提督 「…」ピッピッピッ…


提督 「…もしもし 小春か?今平気か?」


提督 「…ちょっと翔鶴と瑞鶴を数日ほど借りたいんだがいいかな ムリそうならいいんだが」


提督 「…いいか?わるいな それじゃ一週間ほどわるいがこっちに移動させてくれ」


提督 「…理由?まぁ…ちょっと、な うちの作者がバカなことを思いついてな それで二人の力が必要なんだ」


提督 「…まったくだよ まぁそういうことだからたのむな それじゃ」ピッ


提督 「…さてと、俺も準備するか」













次の日ー朝



提督室



コンコンッ


モトテイトク ショウカクデス ナカニハイッテモイイデショウカ?


ズイカクヨ ハヤクナカニイレナサイ!



提督 「っん いいぞ中に入って」


ガチャッ



翔鶴 「失礼しま…」


瑞鶴 「提督ー!!」タッタッタッ!!…ガバッ!!


提督 「うぉっと!!ずっ瑞鶴…お前は来て早々飛びついてくるな」


瑞鶴 「だってそこに提督がいるのが悪いんだもん!最近提督と会ってなかったから今までの分を今取り戻さないと!」ギュー


提督 「いや取り戻さんでいい てか離れてくれ」


瑞鶴 「やだ!」キッパリ


提督 「いやヤダって…」


翔鶴 「うふふ!あらあら 瑞鶴ったらはしゃいじゃって?」クスッ


瑞鶴 「それで提督 私たちを一週間こっちに移動命令を出したみたいだけど どうしたの?なにか私たちに手伝って欲しいことでもあるの?」


提督 「いや とくにないよ?ただ少しの間お前たちと話がしたいと思ってな」


翔鶴 「はなし…?そのために一週間移動を?」


提督 「あぁ だめだったか?」


瑞鶴 「ぜんぜん問題ないわ!むしろ最高よ!」


瑞鶴 「わざわざ私たちと話がしたいから移動させたなんて最高じゃない!しかも一週間もよ!?」


瑞鶴 「一週間も提督と居られるなんてもう幸せものよ!なんならずっとこっちに居たいわ!」ドンッ!!


翔鶴 「あっそれはわたしも…」///テレテレ


提督 「そうか?ならこっちに移動させちまおうかな…!」ニヤリ


翔鶴&瑞鶴 「「…っえ」」


提督 「っと?わるい つい本音が…まぁ気にしないでくれ」


提督 「たった一週間しかないがその間はゆっくり俺と話そうぜ!仕事なんか忘れてな」


翔鶴 「はっはい…?」


瑞鶴 「…?」


提督 「…瑞鳳 いるか?(やばい 怪しまれてる…)」



ガチャッ


瑞鳳 「お呼びですか?」


瑞鶴 「はやっ!?」


提督 「二人の部屋を用意してくれ 空き部屋はまだあるよな?」


瑞鳳 「はいあります すぐ準備できます!」


瑞鳳 「翔鶴さん瑞鶴さん ちょうどよくお二人の部屋を用意してありますのでご案内します!」


瑞鶴 「っえ もう出来てるの…?」


瑞鳳 「はい!もう寝泊まりできる状態にしてありますのですぐにでも使えます!」


翔鶴 「…用意周到ね」


瑞鳳 「事前に話は聞いてましたからね 準備するのは半日もあれば用意できますから」


瑞鳳 「っさ!ご案内しますのでついてきてください!」


瑞鶴 「えっえぇ…?」


翔鶴 「…」


翔鶴 「(…何か変ね 提督がこっちに移そうとするなんて それに瑞鳳も元提督に呼ばれたらすぐに来たし……)」


翔鶴 「(…偶然かしら?提督も冗談で言ったのかしら…?)」ウーン


瑞鳳 「…翔鶴さん?行きますよ?」


翔鶴 「あっはい 今行きます」


タッタッタッ…パタンッ



提督 「…」


青葉 「…危なかったですね?翔鶴さん怪しんでましたよ」カタッ 屋根裏の蓋を外して顔をのぞかせる


提督 「ちょっとわざとらしかったな…普段こんなこと言わないから使おうとすると難しいな」


青葉 「たしかにいつもなら、それはダメだと言いますからね ちなみに私はこっちに移動しても…?」


提督 「ダメに決まってるだろ お前がこっちに来たら東の方の戦力が一気に下がるだろ」


青葉 「…本音は?」///ソワソワ


提督 「…(かわいい…)」


提督 「あー まぁ…戻ってきてほしいぞ?戻ってきちゃいけない理由さえなければ 今すぐにでもこっちに移動させたいぐらいだ」


提督 「元々は俺のところにいたからな それに俺のことをよく知ってるし、俺を良く思ってくれてるしな」


青葉 「ーっ…えへへ!うれしいです!やっぱり提督はやさしいですね!」///


提督 「やさしいか…?」


青葉 「はい!やさしいです!提督は気づいてないかと思いますがすごく優しいですからね?」


提督 「…そうか(俺は普通に言ったつもりなんだが…)」


青葉 「…」キョロキョロ


提督 「? どうした?青葉」


青葉 「…提督 ちょっとわがまま聞いてもらってもいいですか?っと!」スタッ


提督 「わがまま?なんだよ」


青葉 「…」キョロキョロ


提督 「…どうした?さっきからキョロキョロと……っ!」ハッ


青葉 「…えっと、お願いできますか……?たぶん察しがついたと思いますが……」///モジモジ…


提督 「…えー?どうしようかなぁ てか、言ってもらわないとわからないなぁ?」ニヤニヤ


青葉 「えぇ!?そっそんなぁ…!」///ウゥー…


提督 「さぁて?なにしてほしいのかな?口で言ってもらわないとわからないなぁ」ニタァ


青葉 「うっうぅ…」///ググッ…


提督 「ほら はやくはやく!」ウキウキ


青葉 「ーっ…キ……」ボソッ


提督 「っえ?なに?聞こえないなぁ もっとでかい声で言ってくれ」


青葉 「ーっき キス…して、ください!」///


提督 「よく言えました!」クイッ


青葉 「あっ…」///


チュッ


青葉 「〜っ…!!!!」///


提督 「…これでいいのか?それとも もっとしてほしいか?」


青葉 「…えっえぇと……こっこれ以上はまだ、明るいので………」///アワワワ


提督 「俺は構わないぜ?まだあいつらの執着型ヤンデレは始まってないからな」


青葉 「ーっ……でっですが、提督は明るいときはやらないと………」///ドキドキ


提督 「時と場合による 今ならしてもいいぞ?」


青葉 「っ…そっそれじゃ……少しだけ、お時間をください………」///カァァ…


提督 「了解!」ガバッ


青葉 「きゃあ!?」///お姫様抱っこされる


提督 「それじゃ少しの間 二人の時間を満喫しようか?お姫様!」ニヤッ


青葉 「ふぇっ!?おっおひめ…!!」///カァァ!!


提督 「それじゃ俺の部屋にレッツゴー!」タッタッタッ…


青葉 「ーっ…」///プシュー…














昼ー食堂



ガヤガヤ…


吹雪 「…」モグモグ…


時雨 「…」モグモグ…


夕立 「ぽいぽーい!うまーっ!!」



如月 「んー…やっぱりあんまり美味しくないわね 私が作ったひじき…」モグモグ…


扶桑 「そうかしら?私は美味しいと思うわよ」


山城 「わたしも美味しいと思います まずくないですよ」モグモグ


如月 「でも司令官が作ったひじきとは全然味がちがうのよね どうやったらあんなにも美味しいひじきができるのかしら」ウーン


扶桑&山城 「「たしかに」」



金剛 「…」キョロキョロ


電 「どうしたのですか?金剛さん 先程から辺りをキョロキョロして?」


金剛 「あぁいえ なんか朝から提督と青葉がいないなぁと思いまして…」


雷 「…そういえばいないわね どこいったのかしら?」



瑞鶴 「…なんで提督いないのかしら 一緒に食べたかったのに…」モグモグ


翔鶴 「ほんとね どこいったのかしら?」


瑞鳳 「(…提督 まだ部屋でイチャついてるんでしょうか 私の部屋に監視カメラのモニターがあること絶対忘れてる……)」///モグモグ…



提督 「うーっす みんなお昼食べてるか?」タッタッタッ…


青葉 「…」///タッタッタッ…



金剛 「っあ やっと来たデース」


電 「司令官さんどこに行ってたのですか?朝から見えませんでしたが」


提督 「ちょっと部屋でやることかあってな ずっと篭もりっきりだったんだ」


雷 「青葉さんも?」


青葉 「…えっえぇ まぁ……その、手伝っていました」///


山城 「?」


扶桑 「(…あら もしかして…)」


如月 「(…司令官 もしかして、さっきまで青葉さんと!)」


瑞鶴 「提督ー!こっちに来て一緒に食べましょ!」


翔鶴 「今日のご飯は如月が作ったんですよ なかなかおいしいですよ!」


提督 「…ふつうに?」


翔鶴 「えぇ なにも入れてませんよ みなさんが食べてもなにも症状が起きてないので平気です」


提督 「ならよかった それなら安心して食べれるな」


瑞鳳 「…あの、提督 提督たちの分のご飯はレンジの中にしまってありますので……」///


提督 「了解!青葉行くぞ」タッタッタッ…


青葉 「はっはい…」///タッタッタッ…



時雨 「…」ガタッ


吹雪 「…」ガタッ


夕立 「? 二人ともどうしたっぽい?」


時雨 「…」タッタッタッ


吹雪 「…」提督たちの前に立ち塞がり通さんとする


提督 「…なんだよ 通れないんだが?」


時雨 「…僕たちが何言いたいかわかるよね?」


提督 「…」


吹雪 「…朝からはしないんじゃなかったんですか?」ヒソヒソ


青葉 「ーっ!!」///ボッ!!


提督 「…まぁその、気分的にな そういう気分になっちまったんだ」


時雨 「ずるいよ 僕たちだって朝からしたい時あるのに…」(⑉•̆ ·̭ •⑉)ムスッ


提督 「……この企画終わってからなら一度だけしてやるよ それでいいか?」ヒソヒソ


吹雪 「約束ですよ」


提督 「あぁ」


時雨 「さてと、ご飯おかわりっと!」


吹雪 「わたしは少しでいいです 本来そういう目的で立ち上がったわけじゃありませんので…」ボソッ


提督 「青葉 怪しまれないように行くぞ」ヒソヒソ


青葉 「はっはい…(や、やっぱりバレてました…バレないようにしたのに……」///カァァ…



金剛 「? なんか話してたように見えましたが気のせいでしょうか?」


雷 「えぇ…わたしもそう見えたわ」


電 「でも二人ともご飯のお代わりに行くと言ってたのです」


金剛 「うーん…?」


山城 「…なんだったんでしょうか 先程の行動は…?」


扶桑 「…さぁね?(いいわねぇ わたしもしてもらいましょっと!)」


如月 「(ずるいわ司令官!わたしも明日からしてもらうわ!)」ドンッ!!


瑞鳳 「(今の密談はおそらく朝からして欲しいとのことですね…一部わからない方もいるみたいですが大半は感づいてるみたいですが……)」///


瑞鳳 「(そういう話するならもっと別の場所でしてくださいよ…こんなみんながいる前でコソコソと話さないでください)」///



提督 「よいしょっと となり座るぜ?」カタッ


瑞鶴 「わーい!提督がとなりに座っただけでご飯が美味しくなるわ!」


翔鶴 「ほんとね 倍増ってところかしら!」


提督 「いや倍増って…別に俺が隣に座っただけで味は変わらないだろ」


瑞鶴 「そんなことないわ!提督の気が料理に入って旨みが増すのよ!」


提督 「俺の気で旨みが増すってどういうことだよ!?俺の気にそんな成分ねぇよ!」


翔鶴 「あら?そんなことありませんよ 提督が近づいただけで美味しそうな気が漂っていますよ!」ウフフ


提督 「俺が近づいただけで!?俺おいしそうか!?」


瑞鶴 「おいしそう…今ここで食べたいわね?」ニヤリ


翔鶴 「わたしも一緒に食べたいですね…!」ジュルリ


提督 「いや俺食べてもおいしくないからな!てか俺で遊ぶな!」


瑞鶴 「えへへー!ごめんなさい!」

‪((๑>؂•̀๑)テヘペロ


翔鶴 「でも提督が隣にいるとご飯がおいしくなるのは事実ですよ?楽しく食べることができるのでご飯がおいしくなるんです」


提督 「そういうもんなのか…?」


瑞鶴 「そうよ!だからもっと楽しみながらご飯食べましょ!」


提督 「…そうだな!そうするか!(やばい…めっちゃ嬉しいこと言ってくれるじゃねぇか 俺が隣にいるだけで楽しくなるなんて!!)」ジーン


提督 「(もう企画なんて放棄して普通にこの1週間過ごしたい!でもそんなことすればあのバカヤロウ(作者)は絶対なにかよからぬ事を考えては変な方向に話を進めていくはず…人をネタに使いやがって!)」


ライル 『ひどくない!?だってこの作品はそういう作品なんだもん!』


提督 「(あとでしばく!)」


ライル 『理不尽だ!!』


提督 「…はぁ……」


瑞鶴 「? どうしたの?提督 ため息ついて」


提督 「いや うちの作者はバカだなと思って…」


翔鶴 「それはもう誰もが知ってることですよ 今さらどうしたんですか?」


ライル 『今さら!?』


提督 「改めて思っちまったんだ はぁ……」


翔鶴 「…?」


瑞鶴 「そんなことより提督!そんなくだらないこと考えてないでもっと話しよ!」


ライル 『くだ…』


提督 「そうだな そうするか!」


ライル 『(…こいつら マジでキチガイみたいな展開にさせてやろうかな…)』イラッ


ライル 『(瑞鶴の過去を利用してやるやり方も考えてなくはないからそれでやれば…)』


提督 「(した瞬間 上半身と下半身真っ二つにしてやるからな)」


ライル 『(なんで考えてることわかるの!?今()つけてるから口に出して喋ってないよ!?)』


提督 「(お前の考えてることなんて大体わかる 死にたくなければまともにやるんだな)」


ライル 『(はいはい…わかりましたよーだ)』


提督 「(まったく…)」フゥ…


瑞鶴 「ねぇ提督!」カチャッ


提督 「っん?なん…」


瑞鶴 「はい あーん!」スッ


青葉 「」ブー!!!!


翔鶴 「おっと 青葉さん私の前で吹き出さないでください」サッビチャビチャ… トレイを盾にして青葉の吹いた食べ物を防ぐ



吹雪 「」バキッ!! 箸を握りしめてへし折る


時雨 「」ピキッ 気迫で茶碗にヒビが入る


夕立 「ーっ…」サー… 二人の殺気を感じとって極寒な寒気に襲われる



如月 「あらあらァ?司令官ったらァ…!!」(╬^∀^)ピキッ


山城 「おぉ落ち着いて如月!怒りたい気持ちはわかりますが…!!」アワワワ


扶桑 「あらあら これはまた修羅場になりそうね!」(*>∀<)ノ♪



瑞鳳 「(うわぁ…これはまた騒がしくなりそう 誰も暴れなければいいんですが)」


提督 「…」


瑞鶴 「ほら提督!あーん!」


提督 「…えっと(マジで言ってるのかこいつ?今この状況で…?)」


提督 「(おれ今別の意味で殺されそうなんだが…こいつ今の現状わかってるのか?)」


瑞鶴 「はやく提督!たべて食べて!(ふふーん!提督迷ってるわね?でも食べてもらうわよ!)」


瑞鶴 「(みんなが嫉妬してる中で食べてもらうなんて最高じゃない!背徳感がハンパないわ!)」(☆∀☆)キラーン


提督 「(あっこの顔はわかってるな わかっててやってるな…)」


提督 「(…正直、今の状況でやりたくねぇ……今やったらマジで殺されそうなんだが)」


提督 「(でもやらないと今回の企画ダメになっちまうよな…やるしかないよなぁ)」


提督 「…あーん」パクッ


翔鶴 「っえ!?」


瑞鶴 「っへ!?」///カァァ!!



吹雪 「」バキャアンッ!!!! テーブルに拳をぶつけて、拳の形型に穴を開ける


時雨 「」パリィン!! 茶碗が時雨の気迫で粉々に割れて飛び散る


夕立 「ーっ…!!」ガクガク…



如月 「っ…」スゥ…スチャッ どこからともなく12.7cm連装砲を取り出して瑞鶴に標準を…


山城 「ストップです如月!さすがにそれはまずいです!!」ガシッ


扶桑 「あらあら?みんな嫉妬しちゃって!」ウフフ



提督 「…うん うまいな お前の手で食べさせてもらったからよけいに美味いな!」


瑞鶴 「っえ!?あっそ、そう…そうなんだ へぇ……(うっうそでしょ!?提督が食べてくれた!?)」///アタフタ


瑞鶴 「(いつもなら食べてくれないのに今回は食べてくれた…なっなんで!?)」///


瑞鶴 「(もっもしかして とうとうわたしの時代到来!?今の調子ならもっといけるかもしれないわ!)」


瑞鶴 「(よし!ならそうと決まればもっとお願いしてみよ!みんなの前でもっとイチャつくのを見せびらかして…!)」グヘヘヘ


提督 「(うわぁ…3人から殺意が半端なく感じ取れるなぁ とくに時雨からはヤンデレオーラを感じる……マジで危ねぇぞこれ)」


提督 「(如月はなんとかなるが吹雪と時雨は非常にめんどうだ この企画が終わったらめっちゃグチグチ言われて二人からいろんなことせがまれそうだな…めんどくせぇ)」ハァ…


瑞鶴 「提督!はい あーん!」スッ


提督 「……あーん」パクッ


翔鶴 「(…提督 どうしたんでしょうか?吹雪たちが見てる前で瑞鶴のあーんを受け入れて いつもなら嫌がるはずなのに)」 ドオテイトク?サッキヨリオイシイ?


翔鶴 「(それに先ほども私たちをこっちに連れてこようかと言ってたし…なんか怪しいわね)」 …カワラナイダロ


翔鶴 「…」チラッ サッキヨリアイジョウガハイッテルワ!



瑞鳳 「っ…」フイッ


青葉 「ーっ…」モグモグ… 俯いて翔鶴と目を合わせないようにして昼食を食べてる


翔鶴 「(…今、二人とも完全に目線を外したわね やっぱりなにか企んでるわね)」ジッ… イヤアイジョウッテ…


翔鶴 「(後で無理やりにでも聞いてもいいのだけど…どうしようかしら)」 サッキヨリアイジョウガハイッテルカラオイシイデショ?


ライル 『…あのー、翔鶴さん それはやめてもらえないでしょうか?』


翔鶴 「(あら作者さん どうして?)」 …ソウダナ オイシイカモシレナイ


ライル 『ちょっと今の企画でと言えば理解してもらえるでしょうか…?』


翔鶴 「(企画…また何かやってるの?)」 カモジャナクテオイシイデショ!


ライル 『はい…なので、薄々勘づいてるかもしれませんがそこは企画のために聞かないで貰えると非常に助かるんですが……?』


翔鶴 「(…瑞鶴にひどいことしないわよね?)」 …アァソウダナ!オイシイナ!


ライル 『あっそれに関しては安心してください そのようにはしませんので安心してください』


ライル 『最終的には美味しい展開にさせるようしますのでなにとぞ…』


翔鶴 「(…わかりました ひどいことをしなければいいです)」 デショ!ハイアーン!


翔鶴 「(とりあえず提督に合わせればいいんですか?)」 マダヤルノカ?モウイイヨ


ライル 『はい 合わせてくれれば平気です お願いします』


翔鶴 「(わかりました)」 ダメタベテ!!


提督 「…翔鶴 瑞鶴に言ってやってくれないか?自分の飯は自分のを食ってくれと」


翔鶴 「あら?でも提督も満更でもないじゃないですか 顔が嬉しそうですよ?」


提督 「…まぁ 嬉しくないわけじゃないけどよ」


瑞鶴 「ならいいじゃない!ほら もっと食べて!」


提督 「…わかったよ」アーン




吹雪 「…深海棲艦化 かいほ…」


時雨 「まって!!それはシャレにならないよ!!さすがにそれは止めるよ!!」ガシッ


夕立 「吹雪それはやめるっぽい!!鎮守府が崩壊するから!!」ガシッ


吹雪 「離してください!あの腐れビッチを痛みつけないとイラつきが治まりません!!」グググッ…


時雨 「それぜったい痛みつけるだけじゃ済まないから!!ヘタしたら殺しちゃうから!!」


夕立 「ふっ扶桑さん手伝って!私たちじゃ抑えきれないっぽい!!」


扶桑 「あらあら しかたないわね?」カタッ



如月 「ふふふふふ?山城さん離しなさい 今すぐにでもあのくそビッチを殺しに行かないと…!!」グググッ…


山城 「シャレにならないわよ!あんたの場合は前科いっぱいあるからよけいにシャレにならないわ!!」グググッ…




金剛 「………」 イイカラカイホウサセテクダサイ!アノオンナヲハンゴロシニスルノデ!!


雷 「…ねぇ 今の状況、これまでにないくらい怖いのだけど…わたしだけ?」 ゼッタイヤメテ!!


電 「いっ電もこわいのです…恐怖で体の震えが止まらないのです!」ガタガタ… ハナシテヤマシロサン!


金剛 「わたしも怖いデース 今あの人たちと関わりたくないネ」 ムリニキマッテルデショ!!ハナシタラシャレナラナイワヨ!!



瑞鳳 「(…青葉さん これ…続けて平気でしょうか?ヘタしたらここにいる方、全員医務室送りになりますよ…)」チラッ 目でアイコンタクトを取って青葉と話す ダイジョウブヨ!ハンゴロシマデニスルカラ!!


青葉 「(…まぁ 一応企画でやらないといけないのでやめるわけには……)」ウーン アウトヨ!ハンゴロシモダメヨ!


瑞鳳 「(……治療用具などすぐ使えるように常に準備しておきますね)」 ジャアナマゴロシニスルカラ!!


青葉 「(わたしも用意しておきます 主に自分用に…)」 ゼンブアウトヨ!!


瑞鶴 「はい!提督 アーン!」///


提督 「…あーん」パクッ


瑞鶴 「えへへー!まだまだあるからもっと食べてよね!」///


提督 「あっあぁ…(瑞鶴…お前はめっちゃ幸せそうな顔してるな まわりは殺意に満ちてるのに)」


提督 「(…後がマジでこわいな たのむから変な行動しないでくれよ…?主に俺を襲うこととか!)」ドンッ!!


翔鶴 「…」ジー


翔鶴 「(…瑞鶴ばっかりずるいわね 一人で提督にあーんして…私もしたいわ!)」


翔鶴 「(でも、私もするとみんなから鋭い目で見られるからやるにやれないわね …でもしたいわ!)」


翔鶴 「(みんなから視線を浴びないで提督にアーンをする方法…あるとしたら……)」ウーン…


瑞鶴 「はい!アーン!」///


提督 「いっいや瑞鶴 そろそろ自分のは自分でだな?」


翔鶴 「…ねぇ提督」スゥ…


提督 「っん なん…」


翔鶴 「…はい あーん?」ニッコリ 顔は笑っているがものすごく裏で何かを考えてそうな悪巧み顔をして提督にアーンをする


全員 「「」」ゾクゥッ!!!!


翔鶴 「…ほら アーンして?提督」ニッコリ


提督 「っえ あっえと……(あっあれ?翔鶴 もしかして怒ってる…?顔は笑ってるけど、めっちゃなにかを考えてるような顔をして……)」


翔鶴 「…食べれないの?」ジロッ


提督 「いえっ!いただきます!」バクッ


翔鶴 「うふふ おいしい?」クスッ


提督 「はい!すごく美味しいです!できればもっと食べたいです!」ゾクッ


翔鶴 「ふふ!そう もっと食べたいのね?ならもっと食べさせてあげるわ」スッ


翔鶴 「はい アーン?」


提督 「アーン!」バクッ


瑞鶴 「…。」唖然


翔鶴 「(ふふ!やっぱりこうすれば、みんな変な目で見てこないわね いつもの私とは違うから驚いてるわ)」


翔鶴 「(…まぁ 提督も驚いてるけど……)」




吹雪 「………」唖然 ハイテイトク アーン?


時雨 「…しょっ翔鶴さん もしかして…キレた、かな?今の気迫…かな 凄かったけど」 アーン!


夕立 「ぼっぼいぃぃ…た、たぶんキレたっぼい……今の気迫は凄かったよ!」ガクガク… ウフフ!オイシイ?


扶桑 「(…翔鶴さん あなたのキレはシャレになりませんよ みんな怖がっているわ……)」 ハイ!オイシイデス!



如月 「(…あっ暴れるのやめとこう 今の翔鶴さん…マジだわ!あんな状態で殺りあったら確実に殺されるわ!)」ブルブル…


山城 「きっ如月!あなた今すぐやめなさい!早くやめないと、私たち殺されるわ!」ヒソヒソ


如月 「はっはい…」スゥ… 12.7cm連装砲を下ろして腰にかける



金剛 「」あまりの恐怖で気を失っている


電 「」同じくあまりの恐怖で気を失っている


雷 「ふっふたりが気絶してる…たしかに今の翔鶴さん 怖かったわよね……」



青葉 「………」 ハイテイトク?アーン


瑞鳳 「(…青葉さん これ……平気ですか?翔鶴さんからものすごい気迫を感じたんですが)」チラッ


青葉 「(…えっえと、ちょっと…様子見ましょう 場合によってはまずいです…)」ピクピクッ


翔鶴 「うふふ?提督 ほんとに美味しそうに食べますね?そんなに私のあーんが嬉しいようですね?」ニコニコ


提督 「あっあぁ!すっごく嬉しいぞ!?翔鶴の手で食べさせてもらってすごく美味い!!」ゾクッ


翔鶴 「うふふ!嬉しいようでなによりです」


提督 「(おっおい!ふたりとも!翔鶴をどうにかしてくれ!!このままじゃ精神が持たないし、企画どころじゃない!!)」ピクピクッ


瑞鳳 「(ムッ無理です無理です!!今の翔鶴さんを止めれる自信がありません!!)」ブンブンッ!!


青葉 「(わたしも無理です 死にたくありません!!)」ブンブンッ!!


提督 「(お前らーっ!!)」ギリッ


翔鶴 「さぁてと!私も満足したし、そろそろ食器を片付けようかしら」


翔鶴 「瑞鶴 あなたも食べ終わったでしょ?ふたりで食器片付けるわよ」


瑞鶴 「っへ?あっうん…」


翔鶴 「それじゃ元提督 片付け終わったら…たのしくお話しましょうね?」ニコッ


提督 「あっあぁ…?(あっあれ?今度は普通の顔に戻ってる…?)」


提督 「(一体なんだったんだ?さっきの顔は……?)」



青葉 「…っな なんだったんでしょう 先程の翔鶴さんは…?」


瑞鳳 「さっさぁ…わたしにも理解できません いきなり怒ったと思えば、もう普通の顔に戻ってましたし…」


提督 「……おまえら、後でしばいてやるからな」


瑞鳳&青葉 「「イヤァアァァアァァァッッ!!!!」」ヾ(゚Д`;≡;´Д゚)ノ




翔鶴 「〜♪」ジャー…カチャカチャ


瑞鶴 「…ねぇ翔鶴姉 さっきなんか怒ってたけど、どうしたの?ものすごく不気味な感じがしたんだけど」カチャカチャ…


翔鶴 「うふふ!別になんでもないわ 気にしないで?」


瑞鶴 「いや気にしないでって…」


瑞鶴 「…もしかして、翔鶴姉も提督にアーンしたくてやったの?誰にも文句言われたくないからさっきみたいに不気味な笑顔を見せて……」


翔鶴 「瑞鶴 知らないことは知らないままの方がいい時もあるのよ?」ギロッ


瑞鶴 「はっはい!?」ビクッ!!


翔鶴 「(…これは、おもしろくなりそうね?)」ニヤッ













昼間ー提督の部屋



提督 「………」


翔鶴 「ねぇねぇ提督?私暇なんですが、なにかして遊びませんか?」スリスリ


瑞鶴 「………」唖然


翔鶴 「ていとくー 黙ってないで何か言ってくださいよ?なにかして遊びましょうよ!」ギュー 提督の腕にしがみついて抱きつく


提督 「(…なっなにが起きた?あの翔鶴が、ものすごくぶりっ子になってるんだが……)」


提督 「(いやこれはこれでかわいいんだが…でもなぜ、こうなった……?)」


提督 「(てか、元提督から提督呼びになってるし…マジでどうしたんだ!?)」


翔鶴 「むー…提督!話聞いてますか?」(`・н・´)プクー


提督 「っえ!?あっわ、わるい なんだ?」アセアセ


翔鶴 「なにかして遊びましょうってさっきから何度も言ってるじゃないですか?私の話し、聞いてなかったんですか?」


提督 「あぁいや!聞いてたぞ?ちゃんと聞いてたよ」


提督 「それで、なにして遊ぶんだ?」


翔鶴 「そうですねー 遊ぶならみんなで遊べるのがいいです!」


提督 「みんなで遊べるとなると…今ここにあるもので言ったら トランプや将棋、UNOに【ナイフ】ぐらいしか…」ウーン


翔鶴 「ちょっとまってください 最後なんて言いましたか?」


提督 「っん?ナイフって言ったが」


瑞鶴 「…提督さん ナイフでどう遊ぶの?遊べないでしょ…」


提督 「そんなことないぞ?ナイフでアメリカンゲームことナイフ刺しゲームができるし、ナイフをダーツの矢の代わりにしてリンゴや的に当てていくゲームだってできる」


翔鶴 「ちょっとまってください 最後のふたつはまだいいとして、最初のナイフ刺しゲームってなんですか」


提督 「ナイフ刺しってのは、ゆびと指の間にナイフを突き刺していって 刺さないでスピードを競うゲームだ」


提督 「刺したときはケガするが、刺さなければいいだけだ!まぁ刺さったら痛いがな」


翔鶴 「当たり前ですよ!それは普通に考えて当たり前なことです!」


瑞鶴 「てか私はそんな危ないゲームやりたくない!別のにして!!」


提督 「安心しろ 俺も女とナイフ刺しゲームをする気はない」


瑞鶴 「男ならするの!?」


提督 「場合が場合ならな なにか賭け事とかする時にたまにな」


翔鶴 「(…元提督 ほんとに過去、なにをやったんでしょうか……?)」


提督 「まぁそんなことより!なにして遊ぶんだ?みんなで遊ぶならトランプが定番じゃないか?」


瑞鶴 「…そうね トランプの方がわかりやすいし!」


翔鶴 「ですね」


提督 「よし!そうと決まればトランプ用意しないとな」


提督 「ということで、ふたりとも離れてくれないか?二人して両腕にしがみつかれてたら取りに行けないんだが…」


瑞鶴 「やだー!念力でとって!」


提督 「いやむりだから!?念力で取れって おれ念力なんて使えないから!」


翔鶴 「提督ならできますよ 睨みで相手を気絶させることができるんですから念力ぐらい容易いはずです!」


提督 「いやいやムリだから!念力は超能力で睨みはただ目を細めて相手を見るだけだから!」


瑞鶴 「提督 普通の人は睨んだだけで相手の意識を奪うことなんてできないからね?」


提督 「それは相手の根性が足りてないからだ 根性さえあればなんとかなる!」


翔鶴 「…それは、脳筋過ぎませんか……?」


提督 「そんなことない 現にnightってやつは俺の睨み効かないぞ?」


瑞鶴 「…だれ?」


翔鶴 「nightって…あの単独行動隊のnightですか?」


提督 「あぁ あいつには本気の睨みじゃないと効かなくてな 一度吹雪が襲われたときに使ったが効かなくて焦ったよ」


瑞鶴 「っえ!?吹雪襲われたの!?」


提督 「襲われたと言ってもすぐ止めたけどな 本気で睨みつけて全身血まみれにしたがな…」


瑞鶴 「………それ、だいじょうぶだったの?まさか死んでないよね……?」


提督 「さすがに殺してないよ 普通のやつなら死んでたと思うが」


翔鶴 「…いま、ものすごく聞いては行けない言葉が聞こえたような……」


提督 「まぁそんなことより!早く俺も遊びたいから準備しようぜ?」


瑞鶴 「さんせーい!それじゃ提督 念力でトランプ取ってね!」


提督 「いやだから それはムリだから…」


瑞鶴 「えぇー?」(・ε・` )






映像 『翔鶴 「瑞鶴 遊ぶためには離れないと遊べないわ?離れるわよ」』


映像 『瑞鶴 「はーい…」ムスッ』


青葉 「…」


瑞鳳 「…なんか、平和ですね いつもと比べたら」


青葉 「そうですね なんかふつうに日常的になってますね…」


青葉 「…翔鶴さんはものすごく変ですが……」


瑞鳳 「たしかに…急にどうしたんでしょうか?昼食の時いきなり変になりましたが」


青葉 「それが私にもさっぱり…」ウーン…


瑞鳳 「…もしかして、企画に気づいたんでしょうか?」


青葉 「まさか?だってだれにも教えてないはずですよ いくら感の鋭い翔鶴さんでも今の企画までは把握できないかと思いますが」


瑞鳳 「んー…たしかにそうですね だとしたら一体なぜあんなにもおかしくなってしまったんでしょうか?」ウムム


青葉 「謎ですね…」ウーン






提督 「えーっと…たしかここら辺にしまったはず……」ゴソゴソ… トランプ探し中


翔鶴 「…」チラッチラッ…


翔鶴 「(至るところにカメラが設置されてる…今まで元提督の部屋にカメラが着いてたことなんてないのに)」


翔鶴 「(あのカメラから青葉さんたちは見てるのかしら?でもここには青葉さんの部屋はないからカメラを確かめるモニターがあるとしたら…)」


翔鶴 「(…隣の部屋の瑞鳳の部屋ね あの二人が今回の主犯だと思うし、おそらくほぼ確実ね)」


瑞鶴 「…翔鶴姉?どうしたの 辺りを見渡して?」


翔鶴 「ううんなんでもないわ?気にしないで」


瑞鶴 「そっそう?(よけい気になるんだけど…)」


翔鶴 「(さぁてと どうやってみんなをいじっていこうかしら?元提督に合わせろと言われたけど、私から動いても構わないわよね?)」ニヤリ←さっきから自分の思うように動いてる


瑞鶴 「っ!?」ゾクッ!!


提督 「ーっ…と あったあった?」


提督 「二人とも トランプ見つかった…ぞ……」


翔鶴 「あら?見つかりましたか それではさっそく始めましょう!」ニッコリ


提督 「……あっあぁ(今…翔鶴のやつ 不気味な顔して笑ってたよな……?)」


提督 「(マジで翔鶴のやつどうしたんだ…?ほんとに様子がおかしい)」


提督 「(今回の企画は知らないはずだし 企画のことだって誰も教えてないはず…だとしたらなぜ?)」


翔鶴 「ていとくー 早く遊びましょうよ?私早くあそびたいです!」

(`・н・´)


提督 「っえ あっあぁ!そうだな 早く遊ぶか!」


提督 「(とっとりあえず企画通り進めるか 翔鶴と瑞鶴を執着するようにしないと)」


提督 「それでなにして遊ぶんだ?ポーカーか?ブラックジャックか?」


翔鶴 「そうですね…ポーカーでもいいんですが普通のポーカーでは面白くありませんので」ウーン


翔鶴 「【……脱衣ポーカーなんてどうですか?】」ニコッ


提督 「………っえ」


瑞鶴 「しょっ翔鶴姉!?」///


翔鶴 「いやですか?」


提督 「…いや お前の口からそんな言葉が出るとは思わなくて」


提督 「てか、なんで脱衣ポーカー?普通でいいじゃないか 負けたら服なんて脱がなくても」


翔鶴 「それじゃつまらないじゃないですか ポーカーと言ったら、脱衣ポーカーですよ!」ニコニコ


提督 「………。」


瑞鶴 「ちょっ翔鶴姉落ち着いて!ほんとにどうしたの!?今日なんか変だよ!」///


翔鶴 「そう?普通だと思うけど」

( ˙ㅿ˙ )?


瑞鶴 「いや明らかにおかしいよ!翔鶴姉が脱衣ポーカーとか脱衣ブラックジャックとか脱衣麻雀をやろうなんて言わないもん!」///


翔鶴 「ポーカーしか言ってないけど…」


提督 「……えっと、普通にやらないか?あまり脱衣系は好まないんだが」


翔鶴 「あら 女性の服が一枚ずつ脱げていくのは好みませんか?徐々に肌を露になっていく姿を見て興奮しませんか?」


提督 「言い方が生々しいな…いやたしかによ それに関しては興奮するだろうけどよ…」


翔鶴 「瑞鶴はしたくない?私たちが勝てば 提督の裸体を見ることが出来るわよ?」


瑞鶴 「…えっと、裸体を見るよりしてもらう方が好きかな たしかに提督の裸を見るのもいいけど」


翔鶴 「それはわたしも一緒ね わたしもしてもらえるならそっちの方がいいわ」


提督 「さすがにするのはちょっと…てか、雰囲気もなにもあったもんじゃない」


瑞鶴 「わたしは雰囲気関係なしにしたいわ!」


提督 「いや俺が嫌だわ さすがに雰囲気を大事にしたいわ」


翔鶴 「ならポーカーで賭けをしませんか?私たちが勝てば 提督を好きにできると言うことで」


提督 「………っえ」


翔鶴 「もし提督が勝てば、私たちを好きにできる…もちろん 姉妹丼でも構いませんよ?」ニコッ


瑞鶴 「ちょっ翔鶴姉!?」///


翔鶴 「どうでしょうか?提督 もちろん中出しなどは致しませんのでご安心を!」


提督 「………いや 安心もなにもだな ほんとにどうした?翔鶴 なにか悩みでもあるのか?」


翔鶴 「いいえ?別になにも悩んではいませんが」( ˙꒳​˙ )?


提督 「いやなにかあるだろ お前がそんなこと言うなんてありえない なにがあった?話してみろ」


翔鶴 「いやほんとになにも…っ!」ハッ


翔鶴 「…そうですね 少々あると言えばあるんですが」


提督 「なんだ言ってみろ?俺にできることならなんでも聞いてやる!」


瑞鶴 「わたしも協力するよ翔鶴姉!」


翔鶴 「…そう?それならお願いしてもいいでしょうか?」


提督 「もちろんだ!」


翔鶴 「…実はですね 少々欲求不満でして…」


提督 「………はい?」


翔鶴 「ここしばらくの間 提督としていなかったので性欲が爆発しそうで…今のまま続いてしまうと誰でもいいから襲ってしまうほど溜まってるんです」


翔鶴 「北我原にいても発散できなくて…瑞鶴とお互いの体をまさぐりあっても完全には取れないんです」


瑞鶴 「ちょっ!翔鶴姉!?」///


翔鶴 「…それで、北我原にいる憲兵さんなんですが 私によく話しかけてきて優しくしてくれる方がいるんです」


翔鶴 「その方はなかなか良い方でして…わたしには提督がいるというのに、その方に相手してもらおうかなと思ったりしてしまったことも……」


提督 「翔鶴 絶対そんなことするなよ?いいな」ガシッ


翔鶴 「あら?でしたら提督がお相手をしてくれますか?私今からでもしたいのですが」クスッ


提督 「………わかった」


瑞鶴 「っえ!?てっていとくさん!?」///


翔鶴 「ほら?瑞鶴も来て サンドイッチするわよ!」ニコッ


瑞鶴 「さ、サンドイッチ!?」///ボッ!!


翔鶴 「協力してくれるって言ってくれたでしょ?だから一緒にするわよ」


瑞鶴 「いやあれは悩みを解決してあげるって意味で…」///


翔鶴 「だから協力してもらおうとしてるんじゃない?わたしの悩みは要求不満だから!」ニコッ


瑞鶴 「ーっ…でっでもさ まだ日が登ってるんだよ?提督は明るい時間はしないって……」///アタフタ


翔鶴 「今してくれるって言ってたじゃない っね?提督」ニコッ


提督 「……あぁ するって言ったな」


瑞鶴 「ーっ……!!!!」///カァァ


翔鶴 「さぁて?提督も同意してくれたことですし 今日は気が済むまでやってもらいますからね?」ニヤリ


翔鶴 「ヘタしたら明日の朝までかかるかもしれませんが覚悟してくださいね!」ニコッ


提督&瑞鶴 「「明日の朝まで!?」」






青葉 「ーっず 瑞鳳さん!わたしちょっと近くのコンビニに行ってきますね!」///ダッ!!


瑞鳳 「あっ!?青葉さん逃げるなんて反則ですよ!てかこの近くにコンビニなんてありませんから!!」///ガシッ


青葉 「それじゃ海辺でマグロでも釣ってきます!だから離してください!!」///グググ…


瑞鳳 「こんな海辺でマグロが釣れるわけないでしょ!逃げないでちゃんとカメラを確認してください!!」///


青葉 「いやです!見たくありません!そんな今からイチャつきあう三人の姿を見てなにが楽しいんですか!?」///


瑞鳳 「私だって見たくありませんよ!人のイチャつく姿を見てなにが楽しいんですか!!」///


瑞鳳 「てかこの企画を考えたのは青葉さんじゃないですか!責任もって最後まで見てください!」///


青葉 「いやだー!!離してくださーい!!」///グググ…



…結局、その日提督たちが性行為を終えたのは日付が変わる0時まで続いた



その間は何度も何度も翔鶴たちはイキまくって気持ちよがってはまたおねだりし、提督と翔鶴、瑞鶴が用意していたコンドームは全て使い果たした……














次の日ー朝 提督室



提督 「」グテェ…


青葉 「…あっあの 元提督…大丈夫ですか?すごく疲れてるように見えますが……」///


提督 「……腰痛い」ズキズキ…


瑞鳳 「きっ昨日は…その、えと……す、凄かったですね!あぁあんなにも数多くこなして、しかも二人を相手するなんて!?」///アタフタ


青葉 「ちょっ瑞鳳さん!?」///


瑞鳳 「っあ!?」///ハッ


提督 「……お前ら、テンパリすぎだよ 落ち着けって?」


瑞鳳&青葉 「「誰のせいでこうなったと思ってるんですか!!」」///


提督 「…」


青葉 「そっそれで…お二人はまだ寝てるんですよね?元提督の部屋で……」///


提督 「あぁ 昨日遅くまで起きてたからな 俺もお前らに起こされてなければ今ごろまだ寝てたよ…ふぁぁ」ンンー…


青葉 「そっそうですか……」///


提督 「…てか、昨日から思ってるんだが翔鶴の様子がおかしい お前たち何か知ってるか?」


青葉 「いや知るわけないじゃないですか…逆に私が知りたいですよ」


瑞鳳 「私も知りたいです 翔鶴さん何かあったんでしょうか?」


提督 「俺に返すなよ… ……だれかこの企画のこと話したか?」


青葉 「いえ わたしは話してませんが?」


瑞鳳 「私も話してません」


提督 「…ならなんであんなにもおかしい?まさか勘づいたか?」


青葉 「可能性としてはゼロではないんですよね 翔鶴さんけっこう鋭いときありますし」


瑞鳳 「…でもそこまで勘づくものですかね?なにかしてる程度なら翔鶴さんがあそこまで変になるとは思えないんですが」


提督 「んー…そうなんだよな 完全に勘づかれたというのは無理があると思うんだよな」


提督 「さすがの翔鶴でも今の企画までは把握できないと思うんだ 詳しく調べてたらわかると思うが」


青葉 「そうですよね…それに関しては私も同じです」


瑞鳳 「…企画はどうします?このまま続行しますか?」


提督 「……まぁ続けるしかないだろ こんな中途半端にやめたらブーイングものだろ?」


瑞鳳 「メタいです!!」




ガチャッ



翔鶴 「ふぁ…おはようございます 提督」


提督 「あっおはよう翔鶴 よく眠れたか?」


翔鶴 「はい!提督と一緒に寝れたのですごく安心して寝れました」


翔鶴 「それに昨日はお熱くさせてもらったので…ほんとに、今までガマンしてた分が一気に発散されてすごく気分がいいです!」///エヘヘ


提督 「…そっそうか 満足してもらえたようでなによりだ」


青葉 「ーっ…あっあの、翔鶴さん 私たちの前ではあまりそういう話しは……」///


翔鶴 「あら?ずっと見ていた方たちが何を言うの 私たちの行為見てたでしょ?」


瑞鳳 「ふぇっ!?」///ドキッ!!


青葉 「なっなんでそれを!?」///カァァ!!


翔鶴 「ふふっ!さぁて なんででしょうね?提督の部屋にカメラなんて今までなかったはずなんですが…?」ニコッ


瑞鳳&青葉 「「っ!!」」///ドキッ!!


翔鶴 「うふふ!ねぇ青葉、提督 ちょーっと!私と一緒に隣の部屋に行きませんか?たしか隣は瑞鳳の部屋でしたよね」


提督 「えっ…あっうん そうだが…なんで?」


翔鶴 「わたし…まだし足りないので今度は青葉さんを入れて3Pしたいなぁと思いまして?」ニヤリ


青葉 「はっはいぃぃ!!!?」///


提督 「………」唖然


瑞鳳 「ちょっ!?ま、待ってください!なんで私の部屋を使おうとするんですか!するなら別の部屋を使ってください!!」///


翔鶴 「あらいいじゃない?ちゃんと後片付けはしておくから!」ニコッ


瑞鳳 「いやそういう問題じゃなくてですね!」///


翔鶴 「青葉 あなたに拒否権はないからね?私の権限を使って無理やりでもしてもらうわよ?」ニタァ


青葉 「なっなにをですか!?てかその不気味な笑みはなんですか!!しかも権限まで使うなんて!!」///ゾクッ


翔鶴 「うふふー?なんでしょうねー」タッタッタッ…


青葉 「ちょっ!こっこないで下さい!わたしに近寄らないでください!!」タジ…


翔鶴 「あら?ひどいわね 近寄らないでなんて…」


翔鶴 「そんなことを言う方には…」スッ…



クイッ


青葉 「っ!!!?」///カァァ!! 翔鶴に顎クイされる


翔鶴 「んっ…」チュッ


提督&瑞鳳 「「っ!!!?」」///


青葉 「んんっ!?んー!んーっっ!!」///ジタバタ


翔鶴 「こーら!暴れないの 暴れると…こうよ?」スゥ…


ガシッ


青葉 「んんっ!?」///肩を両手で掴まれて離れられないよう拘束される


翔鶴 「うふ?これでもう逃げられないわね それじゃ…」アーン



カプッ♡


青葉 「ひゃあぁあぁぁぁっっ!!!!!?」///ビクンッ!! 首筋を甘噛みされて奇声をあげる


翔鶴 「じゅるじゅる…じゅぅぅ……」チュゥゥ…


青葉 「やっやぁぁ!!ダメぇです 首筋を吸わな……!!」///ゾクゾク


翔鶴 「んー?そう なら仕方ないわね それじゃやっぱり…こっちがいいのね?」スゥ…



チュッ…


青葉 「んんっ!?」///


翔鶴 「んっ…青葉さん かわいい♡」チャプッチュル…


青葉 「んーっ!ひゃっひゃへへふは……!!」///ゾクゾク


翔鶴 「うふふ!やーめない?」スゥ…



ツツー…


青葉 「ひゃあぁんっ!!!?」///ビクンッ!!!! 背中を指でなぞられて背筋を凍らせる


翔鶴 「んっ…ちゅる ちゃぷっぴちゃ…ちゅるる」///レロ…


青葉 「ひゃっ…やっだ…やめ……!!」///ビク…ビク…


翔鶴 「んー…」チュゥゥ…


青葉 「(だっダメぇ…いっイきそ…!!)」///ビクビク…


青葉 「んんっ!!んんーーーっっ!!!!」///ビクンッ!!!!!!


瑞鳳 「…」(//○□○//)


提督 「…」///


翔鶴 「うふっ!イッたわね?しかも盛大に…!」ペロリ


青葉 「っ…っっ………」///ピク…ピク……


翔鶴 「青葉 まだ私満足してないわ?一人だけイってずるいわ!」


翔鶴 「次は私も一緒にイキたいから一緒に隣の部屋行きましょう?ちゃんと満足させてあげるから!」ニヤリ


青葉 「ーっや…やめ………っ!」///ハァハァ…


翔鶴 「提督 たしか青葉は提督以外とするのは嫌がっていたはずなんですが…もし提督が混ざってくださらないんでしたら、わたしは今から青葉と二人でしたいと思います」


翔鶴 「でも混ざってもらえるなら3人でしませんか?提督のたくましい魚雷で私たちの奥をズンズンパコパコして欲しいです!」///テレテレ


提督 「なんで俺のは遠回しに言ったのにお前たちのことは生々しいんだ!てか翔鶴 マジでどうした!?お前ホントおかしいぞ!」


翔鶴 「おかしい?それは提督の方じゃありませんか?」


提督 「…っえ おれ?」


翔鶴 「はい だって提督の部屋にカメラなんて、今までありませんでしたよね?それに私たちをここに短期間ですが移動させてきたときに、ここに永久的に移動させようとしたじゃありませんか?」


翔鶴 「戻せるようなら戻してたかもしれませんが、現状が現状なので今の状況で私たちをこちらに戻すとは思えません ちがいますか?」


提督 「…そっそれは……」タラー…


翔鶴 「それと!青葉さんと瑞鳳の様子もおかしいのでよけいに怪しいです なにかまたよからぬ事をしていませんか?」ジロッ


瑞鳳 「っ!!!?」ドキィ!!


青葉 「ーっひょ ひょんなこと……」///ハァー…ハァー…


翔鶴 「ねぇ青葉 正直に今、なにしてるかを話したらもうあなたに手を出さないであげるわ?ちゃんと包み隠さずにね」


翔鶴 「わたしはあなたが嘘をついたら分かるから嘘をついてもムダよ?隠そうとなんてしないでね」


翔鶴 「でも、話してくれなかったら…」ゴソゴソ…スッ 格納庫からディ〇ド


翔鶴 「これでいっぱい!ズプズプしてあげる♡」///ペロリ


青葉 「ひぃっ!!い…いやです わたしは提督以外とはしたくな……!」///ハァ…ハァ…


翔鶴 「なら話してもらえる?いま何してるか」


青葉 「そ…それは……」


翔鶴 「…」ゴソゴソ…スッ キュポッ 格納庫からぺぺ(ローション)を取り出して蓋を開ける



ビュルルルルッ!!


青葉 「きゃあっ!?つっ冷た!」ドロォ… ローションを顔にぶちまけられて下に流れ落ちていく


翔鶴 「アーッと 手が滑りましたー?(棒読み)」シュンッ!!



ビリリリリッ!!!!


青葉 「…っへ」ブルンッ 服を切られて提督たちの前で胸が露わになる


瑞鳳 「っ!!!?」(//〇□〇//)


提督 「っ!!」///フイッ


青葉 「ーっき きゃあァァァ!!!?なっなにするんですか翔鶴さん!?」///バッ すぐさま胸を隠してしゃがみこ…


翔鶴 「アーッとまた手が滑りましたー(棒読み)」ビュルルルルッ!!


青葉 「きゃあっ!?ま またローションを…」


翔鶴 「あらぁ青葉さん 胸にドロドロとした液体が付いてしまいましたね?」


翔鶴 「これはいいことを思いつきました そのローションまみれになった胸で…」スッ…



ズプンッ!!


青葉 「ひゃあァァァっ!!!?」///谷間にディ〇ドを突っ込まれる


翔鶴 「あら滑りがいいこと?にせもののおちん〇んがなめらかに青葉さんの胸でしごかれていますね」ズポズポ…


翔鶴 「これが本物のおちん〇んだったら、さぞ気持ちがいいでしょうね?そう…これがもし、提督のなら……ね?」ニコッ


青葉 「〜っ…!!」///カァァ…!!


提督 「ーっ…しょ、翔鶴 何があったかは知らないが相手して欲しいならしてやるから!それ以上青葉をいじめてやるな?」///


翔鶴 「いいんですか?それじゃお言葉に甘えて!」


翔鶴 「それじゃ青葉 瑞鳳の部屋に行くわよ!」ガシッ


青葉 「いや私はいいです!おふたりで楽しんできてください!」///


翔鶴 「あら?遠慮しなくていいのよ だって…」スゥ…



クチュッ…


青葉 「っ!」///ビクッ!!


翔鶴 「こーんなにも濡れてるんだからあなたもしたいはずよ これはローションじゃないでしょ?」ヌチャァ…


青葉 「ーっ…ろっローションです!決してわたしの愛汁ではありません!!」///


翔鶴 「…へぇ そうなんですか…ならたしかめなくてはいけませんね?」


青葉 「…っえ たしかめるって…」


翔鶴 「あー…」レロ…


青葉 「ーっ!? なっなにしてんですか!!」///


翔鶴 「ちゅぱちゅぱ…なにって ローションかあなたの愛汁かをたしかめているのよ?」チュー…


翔鶴 「この青葉から出てくる独特な味、フェロモン…これは完全に青葉の愛汁ね?ローションではありません」ゴクンッ


青葉 「待って!今飲みました!?今ゴクンッて飲みましたよね!?」///


翔鶴 「えぇ 飲みましたよ?とても美味しかったです!」ニコッ


青葉 「なに飲んでるんですか!!そんなバッチィもの飲まなくてもいいのに!てか飲まないでください!!」///


翔鶴 「汚くなんてありませんよ すごくおいしかったですよ?今度は直接飲みたいぐらいに…!」///テレテレ


青葉 「ぜったいしないでください!!私はそういう趣味ありませんので!」///


翔鶴 「でも提督にされるならいいんでしょ?舌でぷっくりと膨らんだクリ〇リスをレロレロと弄られて 甘噛みされると身体がビクンっとしませんか?」


青葉 「そっそれは…」///カァァ…


提督 「おい そこは否定しろよ!」ビシッ


瑞鳳 「ーっ…!!」///マッカッカ


翔鶴 「んもぅ!仕方ないわね それじゃ今日はふたりだけでするわ?」


翔鶴 「それじゃ提督 瑞鳳の行きましょう?夜までギシギシアンアンしましょう!」


提督 「だから生々しいつってんだろ!してやるからもう言うな!」


翔鶴 「はぁい♡」///


提督 「はぁ…青葉、瑞鳳 ちょっと俺は隣の部屋で……」


提督 「………うん ちょっとしてくるな?」


瑞鳳 「はっはい わかりました…あまり、汚さないでくださいね?」


提督 「なるべく汚さないようにするよ それじゃ行くぞ?翔鶴」


翔鶴 「はーい♡」///



タッタッタッ…パタンッ


青葉 「…」///


瑞鳳 「…えっと、この様子だと…今日も企画中止ですか?」


青葉 「…そうなるかもしれません てか、明らかに翔鶴さんおかしいですよね?普段こんなことしないはずなのに」


瑞鳳 「…やっぱり 企画のこと知ってるんじゃないですか?そうじゃなければあそこまでおかしくなるとは思えないんですが」


青葉 「たしかにそうかもしれませんが、だとしたら一体誰が翔鶴さんに……」


青葉 「……いや、待ってください?もしかしたら……」


瑞鳳 「なにか心当たりが?」


青葉 「…瑞鳳 この企画のことを知ってる方は何人いますか?」


瑞鳳 「っえ?えっと…私を含めて3人かと」


青葉 「瑞鳳以外のふたりはだれですか?」


瑞鳳 「青葉さんと提督ですが…なに当たり前なことを?」


青葉 「【いいえ 3人ではありません もうひとり存在します!】」


瑞鳳 「…っえ」


青葉 「この企画をぜんぶ担当して、私たちの行動を制限することができる4人目の人物……」


青葉 「…あなたが教えたんですか?作者さん!!」




…パチッパチッパチッ


作者 「…ご名答 よくわかったね?俺が教えたと」どこからともなく現れる


作者 「なんでわかったんだ?俺は基本的には作品のストーリーには出ないようにしてるのに、俺が出て翔鶴に教えたと?」


青葉 「めったに出ないからこそ怪しかったんです あそこまで翔鶴さんがおかしくなるのも変ですし、なにより翔鶴さんが突然おかしくなったので この企画のことを聞いたからあぁいう行動を取ったんだと判断したんです」


青葉 「さらに言うと、瑞鳳も元提督も話してないとなると他にこの企画を知ってる方がいません つまり、作者さんしか考えられないということです!」ビシッ


作者 「…甘く見すぎてたな?さすがに俺の名前は出てこないだろうと思ってたのに」


作者 「はぁ…これじゃ企画が台無しだな?このままだと前回の山城のときみたいに瑞鶴を争奪しようとする独占型ヤンデレになっちまうな」


作者 「でもそれだと視聴者は喜ばない…同じやり方じゃ飽きちまうからな?」ニヤリ


瑞鳳 「なっなにか嫌な予感が……」


作者 「と、言うわけで!ちょっと予定変更して追加キャラを登場させて七転八倒してもらうぜ!」


青葉 「追加キャラ…?」


作者 「入ってきていいよー」



…ガラッ


如月&睦月 「「…」」ヨジヨジ…スクッ 窓から提督室によじ登って入ってくる


青葉 「っえ 如月さんに睦月さん?てか、なんで窓から入って……?」


如月? 「…」


睦月? 「…」


瑞鳳 「…あれ?なんか様子が変な気が……? 」


作者 「うん おかしいよ?だって今、【俺が一番好まない方法でふたりの理性を失わせてるんだもん】」


青葉&瑞鳳 「「…っえ」」


作者 「俺のきらいなプレイは最初に言う順に【洗脳】【調教】【強姦】の順番でだいっきらい」


作者 「そして今回二人にやったのは洗脳…今ふたりは俺の言うことをなんでも聞くよ?」ニヤリ


瑞鳳 「…なにするつもりですか?」


作者 「いやぁ!ちょっと今回は長くなりすぎたのと落ちが着けづらくなっちゃってね?」


作者 「だから今回のオチは俺が締めようと思ってね このふたりを使ってね?」ニタァ


青葉 「…最低ですね あなたがそんな人だとは思いませんでしたよ?」


作者 「なんとでも言ってよ この作品を作ったのは俺なんだ?俺がやらなければだれがやる?」


瑞鳳 「…」スゥ…スチャッ 矢を構えて作者に狙いを定める


作者 「(おぉこわい…ふたりして睨みつけて 今にも殺されそうだ)」ゾクッ


作者 「(…まぁ 今回に関してはほんとにどこでオチつけようか困ってたんだよな 翔鶴&瑞鶴でこんなに時間使うとは思ってなかったし……)」


作者 「(ふたりを洗脳したはいいけど、べつに変なことをさせるわけで操ったわけじゃないんだよな?ただこういう展開にさせればなんとかなるかなぁと思ってやってみたけど)」


作者 「(…てか、この後の展開 マジでどうしよう……本気でまいったな?)」タラー…


作者 「(下手なことすると確実に殺されるし、かといって単純なことをしても閉まらないし……マジでまいっちんぐ)」



ガチャッ…


瑞鶴 「ふぁぁ…おはよー」


作者 「…」


如月(洗脳)&睦月(洗脳) 「「…」」


青葉 「…」


瑞鳳 「…」


瑞鶴 「…っえ なに?この状況」


作者 「…っ!」キュピーン


作者 「睦月、如月 瑞鶴を取り押さえろ!」


如月(洗脳)&睦月(洗脳) 「「了解」」ダッ!!


瑞鶴 「っえ ちょっなに!?きゃあ!!」ガシッ 如月に後ろから両腕を押さえつけられて両足を睦月に押さえつけられる


青葉 「瑞鶴さん!このっ!」スチャッ 主砲を作者に向けて放とうと…


作者 「おっと?打たない方がいいよ 今おれを殺したら、ふたりは洗脳されたまま戻らないよ」


青葉 「ーっく!」スゥ…


瑞鳳 「…瑞鶴さんをどうするつもりですか?」


作者 「決まってるだろ?俺の一番だーいすきな!ことをさせるんだ!」


青葉 「だいすきなこと…?」


作者 「【睦月 瑞鶴の胸をイジくれ】」


睦月(洗脳) 「了解」ムニュッ


瑞鶴 「きゃあぁぁぁんんっ!!!?」///ビクビクビクビクッッ!!!!!!


ガクンッ…


瑞鶴 「っ…ーっ……」///ピク…ピク……



青葉 「ーっず 瑞鶴さん!!」


作者 「さすが睦月だな 左手に触れた人物を絶頂させるなんて、やっぱり恐ろしいな…」


瑞鳳 「い、一体何が目的ですか!」


作者 「目的?そんなの決まってるじゃん」


作者 「女の子同士がイチャイチャするところを視聴者に見せつけるんだよ!!」(//*´﹃`*//)


青葉&瑞鳳 「「…はい?」」


作者 「女の子同士がちゅっちゅラブラブしてるところなんて最高じゃないか!?お互い胸のあるもの同士でいじくって気持ちよがって喘ぐ…!」


作者 「とくに個人的には艦これならずいずい(瑞鶴&瑞鳳)が最高だよ!!ふたりでキスしながらお互い胸をいじくってそのまま体を反り返して…!!」///

( ・́∀・̀)グヘヘ


瑞鳳 「ーっちょ!ちょっと待ってください!!」///


瑞鳳 「なんでわたしなんですか!?なんで私と瑞鶴さんがイチャイチャするんですか!おかしいでしょ!?」


作者 「いやいや なんもおかしくないだろ?まして艦これは女子がいっぱいいるんだから百合百合な展開になっても不思議じゃない」


作者 「あっあと翔瑞(翔鶴&瑞鶴)の百合展開もいいよなぁ?姉妹同士で抱き合いながらキスして、お互いの秘部を弄りあって…!!」(*´д`*)ハァハァ


青葉 「(うわぁ…作者さんって百合が好きだったんですか 作中なんとなく予想はついてましたが……)」


瑞鳳 「(わっわたしは決して女の子同士ではやらないですからね!視聴者さん勘違いしないでくださいね!!)」←要注意だよ!


作者 「如月 瑞鶴にキスしろ」


如月(洗脳) 「はい」スゥ…


瑞鶴 「ー…ぇ んんっ!?」///チュッ


如月(洗脳) 「ちゅぅぅ…」チュルル…


瑞鶴 「んーっ!んー…!!」///バタバタ


如月(洗脳) 「ーっ…ぷはぁ 抵抗しないで 抵抗すると首筋に跡つけるわよ?」


瑞鶴 「ーっな!?そ、それはやめなさい!首筋に跡を付けていいのは提督だけよ!」


瑞鶴 「てかあんたたちはなにしてんのよ!如月はともかく睦月まで!」


瑞鳳 「瑞鶴さん おふたりは今作者さんに操られているんです!」


瑞鶴 「…っえ?」


作者 「いやぁ!絶景だねぇ?やっぱり女の子同士がイチャつくのはほんとに良い!」


作者 「これは艦これだから艦娘キャラでやってるけど、アニメ関係全部混ぜていいならアリレイ【アリス&霊夢(東方Project)】とかひびみく【響&未来(戦姫絶唱シンフォギア)】とかも混ぜたいよね!!」ヽ(゚∀。)ノヒャッハー!!


青葉 「ちょちょちょ 別のアニメは混ぜたらまずいですよ」ビシッ


作者 「ナイスツッコミ!それはわかってるから安心してくれ」


瑞鶴 「ちょっと特殊性癖者!さっさと如月たちを元に戻しなさいよ!」


瑞鶴 「これ以上変なことしたら 提督が黙ってないわよ!この変態!」


作者 「だいじょうぶだよ 今提督なら翔鶴とギシギシアンアンして……」



ーっドゴォォォン!!!!! 瑞鳳の部屋がある方向の壁が突如ぶっ壊されて破片が飛び散る


全員 「「っ!?」」ビクッ!!



提督 「…おい作者 今のはなし……ほんとうか?」バキボキッ


作者 「ーっ…あっあれ?提督?なんで、翔鶴と性行為してないの?」タラー…


提督 「翔鶴があまりにもおかしかったから問い詰めてたんだ そしたらおまえ、ネタばらししてたみてぇだな?」ゴキゴキッ


提督 「しかも 挙句の果てには如月たちを洗脳して自分の趣味に使おうとしやがって……シャレになってねぇんだよ?」


提督 「ふたりを洗脳して瑞鶴に手を出させようとするなんてよぉ?」


提督 「ちょーっとツラ貸せや?たしかお前 剣道習ってんだっけ?一緒に決闘しろよ」ギロッ


作者 「いや習ってないよ!?毎日素振りはしてるけど習ってはないからね!?」


提督 「あっそう じゃあ…」スゥ…


提督 「死ねぇぇっ!!」ブンッ!!


作者 「ひぃぃっ!!」ダッ!!


提督 「待てやゴラァ!!」ダッ!!



イヤダ!!シニタクナァァイ!!


テメェゼッテェユルサネェゾ!!ハンゴロシニシテヤルカラトマレヤオラァ!!


イヤァァァ!!!!…



瑞鳳 「………」


青葉 「…まぁ なんというか…お約束ですね」


翔鶴 「そうね せっかく元提督と夜までできると思ったのに…残念ね?」ハァ…


瑞鳳 「いや翔鶴さん あなたはなに楽しもうとしてるんですか…」



如月 「……っは!?あっあれ わたしなにを…?」


睦月 「およっ?なんで睦月 瑞鶴さんの胸を触ってるぞよ?」ムニュムニュ


瑞鶴 「ひぅっ!!っ……」///ビクンッ!!ガクッ…


睦月 「あっ…やっちゃったにゃし」


如月 「もうダメよ?睦月ちゃん やるならわたしにして!」///ハァハァ


青葉 「いやそこじゃないでしょ!?」ビシッ


睦月 「…てか、ほんとになんで睦月たちはここにいるの?たしか私たち 部屋で脱衣ポーカーやってたはずなんだけど」


瑞鳳 「いや平然となに言ってんですか!?てかあなたたちもなにやってるんですか!」///


如月 「あら?別にいいじゃない 好きな人同士で一枚一枚脱いでいって、恥ずかしながら脱いでいくところを見るの…楽しいじゃない?」ウフッ


睦月 「如月は強いよ?睦月 一回も勝てなくて全裸にされたよ…さっき」


瑞鳳 「誰もそんなこと聞いてません!てか言わなくていいですから!!」///


如月 「今度、一緒にやってみる?ハマれば楽しいわよ!」


睦月 「それなら睦月もやるにゃし!瑞鳳の裸体もけっこう気になるし…!」///グヘヘ


瑞鳳 「絶対やりませんからね!死んでもやりませんからね!!」///バッ!!


睦月 「えー 残念にゃし…」(´・ω・)ショボーン


如月 「それじゃ青葉さんはどうかしら?私たちと一緒に脱衣ポーカーやってみない?」ニヤリ


青葉 「なんで私なんですか!?絶対やりませんからね!」///


如月 「あらぁ?ざんねんね」


翔鶴 「はいはい?盛り上がってるところわるいけど、そろそろ話しを区切らせるわよ?」


翔鶴 「いつまでも長ったらしくやってたら また文字数稼ぎだと思われるわ?」


青葉 「唐突ですね!?あとメタいです!」


瑞鳳 「でもいいんですか?提督がいませんが」


翔鶴 「へいきよ わたしが後で区切らせたことを話しておくわ?それじゃ…」


瑞鳳 「視聴者の皆さん たいへん申し訳ありませんが翔鶴さん&瑞鶴さん編のヤンデレはオチなしで区切らせてもらいます」


瑞鳳 「うちの作者が変に長くしたことで話しがまとまらなくなり、変になっていく一方だったので次の編に行かせてもらいます」


青葉 「ドッキリではありませんがドッキリ大成功ー!」スッ ドッキリ看板を持ってみんなに見せつける


瑞鳳 「ちょっ!?それ私の役!」






翔鶴&瑞鶴編終了(変な終わらせ方ですみません 作者)











天龍&龍田



青葉 「さぁさぁ!!お次のお相手は天龍さんと龍田さんのふたりです!!」


瑞鳳 「イェーイ!!ドンドンパフパフ!ワーワー!」


提督 「…お前ら元気だなぁ?おれは前回の疲れが残って そんな元気ねぇよ…」ハァ…


青葉 「それは元提督が作者さんを袋叩きしてたのが原因かと思います 足を縛って中にぶら下げてサンドバックにしてたんですから?」


提督 「あいつ異常に硬かったんだよ?どんなにぶん殴っても叫び声一つ上げやしねぇ」






数十時間前…



提督 「ふんっ!!」ボスゥッ!!


作者 「ぐぅぅっ!!」ゴフッ


提督 「おらぁっ!!」ドスッ!!


作者 「おぉぉっ!!」ゲフッ


提督 「はぁ…はぁ……おまえ、どんだけタフなんだよ?もう一時間以上殴り続けてるのに…なんで悲鳴ひとつ上げねぇ?」


作者 「ふっふふふ…残念だったなぁ?おれは殴られることに慣れてるんだ……!」ピクピク


作者 「昔のおれはケンカばかりしててな 小中高といじめを受けていたんだ…だからこんなの どうってことない!」ダラー…


提督 「…それ、自慢にならないぞ?」


作者 「別に自慢なんてしてない てか、自慢できることじゃないし……」


提督 「だろうな ふんっ!!」ボスッ!!


作者 「うぐぅ!!」ブフッ


提督 「…うん めっちゃ疲れた 今まで拷問にかけて情報を引き出してきた中でもトップレベルにしぶとい」


提督 「今回は情報を引き出すためにやってるわけじゃないからあれだけど…お前ほんとにすごいな?ある意味で」


作者 「それほどでも…」


提督 「……はぁ そろそろやめてやるか?今度こんなことしたら命ないと思えよ」カチャカチャ…カチャン


作者 「それは俺が決めることだ 俺のやり方で全部決まるからな?」フゥ…


提督 「…まぁいい 次のことは次やったらにしよう 俺は戻るからな?」


作者 「あぁ 次の演技…楽しみにしてるよ?」


提督 「次は変な終わらせ方にしないようしろよ?」


作者 「善処するよ」










提督 「とまぁこんな感じだ?ほんとに硬かったなぁ あぁ言うやつほど軍事情報とか漏らさないんだよな?」


提督 「鋼の意思ってやつかな?あいつは自分の意思がめちゃくちゃ強い 相当なことがない限りは壊れないだろ」ウンウン


瑞鳳 「いやなにさらっと怖いこと言ってるんですか!てか作者は一般人だから軍事情報とか持ってませんからね!」


提督 「だからなったらなったで向いてるかもしれないと言ったんだ 根が強いヤツほど向いてるからな!」


青葉 「…あの、元提督 作者のことはそれくらいにして今回の天龍さんと龍田さんの企画を話しませんか?」


提督 「おっと そうだったな?」


提督 「今回はどんなふうにするんだ?俺の願望は龍田を押しまくって墜したい!」ドンッ!!


青葉 「ネタばらしした時に殺されてもいいならどうぞ 絶対怒られますからね?」


提督 「いや止めろよ 今回の規格的に合わないだろ?合うならやってるが」


瑞鳳 「…提督ってけっこう趣味悪いですね 落とせるなら墜したいなんて」


提督 「瑞鳳 お前は知らないからそう言ってるかもしれないが龍田があぁ見えて恥ずかしがり屋なんだからな?」


提督 「普段はドS感満載でどんなやつに対してもドSっぷりをぶちまけていく!」


提督 「だけど一度でもドSっぷりを崩されると一気に普段の性格と逆転してテンパリまくるんだぜ?」


提督 「焦りに焦りまくって次の行動が考えられなくなって、その場から逃げ出すんだ その瞬間に壁ドンやベッドに押し倒すと顔真っ赤にさせながら目をつぶってプルプル震えながら受け入れてくれるんだぜ?」


提督 「あんなにもかわいい子を見過ごすわけにはいかないだろ?本気で嫌がってたらやめるけど いじわる風にやめて欲しいか?と言うと…」




龍田 『ーっ…こっここまでしといて やめるなんてひどいわよ!』///


龍田 『するならしなさいよ!さ…さいごまで!!』///




提督 「て言うんだぜ?もう普段の真逆だから最高だよ!!ギャップ萌えってやつだな!」グッ!!


瑞鳳「いやギャップ萌えて…」


青葉 「まぁそれはともかく 今回の内容ですが今までとは違うやり方で天龍さんをドッキリしかけてもらいます」


提督 「…っえ 天龍だけ?」


青葉 「はい 一通りこの鎮守府の艦娘たちにドッキリは仕掛け終わったので全員に動いてもらうようなっています(睦月はやりませんが…)」


青葉 「今回のヤンデレは…撲滅型です!」


提督 「っ!」


瑞鳳 「やり方は至ってシンプルです まず最初に龍田さんと二人で天龍さんとイチャイチャします」


瑞鳳 「そして周りから冷たい目で見られるので そこで提督と龍田さんふたりで天龍さんにも気づくように睨みつけてください」


瑞鳳 「そしたら天龍さんはふたりがいつもとちがう様子を見て戸惑うはずです そしたらそこからが本番です!」


青葉 「一日一日と進んでいく度に艦娘がひとりずついなくなっていきます 最終的には天龍さんたちだけになるようになっています」


青葉 「そして最後の日には天龍さんがいなくなった艦娘たちを探して部屋中見ているところに提督と龍田さんが争ってるのところを見せ 龍田さんを首絞めてるように見せて殺害現場を見せてください!」


青葉 「そしたら必ず天龍さんは止めに入ってくるので そこからは押し倒してめちゃくちゃにしてください!」


提督 「…うん ものすごくキレられそうだ?オレ死にそう」


提督 「てか、そんな都合よく天龍が動いてくれるかもだが みんながいなくなるって言ってたが鎮守府から出て行かせるのか?」


青葉 「はい とりあえずはここからまぁ数時間かかる先にある旅館に寝泊まりするよう言ってます」


瑞鳳 「夕立たちは素直にいいと言ってくれましたよね?吹雪さんや時雨さんたちは私たちまで巻き込むなって怒ってましたが」


提督 「だろうな?あいつらがいいなんて言うわけないよな」


青葉 「なので!これをお渡ししました!」スッ


提督 「? なんだその紙?間宮券か?」パシッ


瑞鳳 「いいえ 提督を一日自由にできる券です!」


提督 「ーっちょ!?おまえら、なに勝手に変なもん作ってんだよ!!しかも俺の許可なしに!!」


青葉 「いやぁ!たいへんだったんですよ?元提督の写真や間宮券で釣ろうとしたんですがまったく聞いてくれなくて しかたなくこれを作ったんですから?」


瑞鳳 「疑われましたよね?これほんとに使えるのかって とくに吹雪さんに?」


青葉 「えぇ これでもし元提督が使えないなんて言ったらわたし……あぁぁ!!!?確実に殺されそうです!!」ゾゾゾッ!!


青葉 「なのでちゃんと相手してあげてくださいね!じゃないとわたし 殺されます!!」ガシッ


提督 「知るかっ!!お前が勝手にやったことだろ てめぇでなんとかしやがれ!」


青葉 「そんな殺生なぁぁぁ!!!!」

( ;Д;)/うわぁぁ


瑞鳳 「さよなら青葉さん わたしは遠くから見守ってます」


青葉 「なにわたしは関係ありませんみたいなこと言ってんですか!瑞鳳も同罪ですからね!!」


瑞鳳 「渡しはしましたが作ったのは青葉さんじゃないですか?わたしは関係ありません むしろ被害者です!」ドンッ!!


青葉 「うわ最低だこの人 マジありえないです…」(´・ω・`)うわぁ...


瑞鳳 「なんとでも言ってください 吹雪さんたちの罰を受けるより青葉さんとの悪童関係を切った方が長生きできるので」


青葉 「さらに最低な事言ったよこの人!?」


提督 「…まぁいい お前の罰はまたあとにして?」


青葉 「いやぁぁぁぁぁ!!!!」ウガァァァ(´゚д゚`)


瑞鳳 「青葉さん あなたのことは多分忘れません…」(-∧-)合掌・・・


提督 「あとお前もな?瑞鳳」


瑞鳳 「いやぁぁぁぁぁ!!!!」ウガァァァ(´゚д゚`)


提督 「とりあえず明日から開始でいいんだよな?あんまり気は進まないけどやるしかないからな」


青葉 「はい この後、龍田さんを呼んでありますので明日に向けて話し合いをします」


青葉 「今日中に作戦を練って、明日に実行させます なのでもう少し頑張ってください!」


提督 「やりたくねぇよそんな話し合い……」ハァ…



ガチャッ


龍田 「はぁ〜い?提督 来たわよー!」( ◜ᴗ◝)


提督 「うわ めっちゃ笑顔で入ってきたよ…」


青葉 「おや龍田さん あとでそちらに行くと伝えたはずでは…?」


龍田 「待ちくたびれちゃったから私から来ちゃったわ♪早く作戦を考えて天龍ちゃんをいじり倒したいわ♪」(^^♪


提督 「いつにも増して万遍な笑顔だなおまえ…」


瑞鳳 「まぁ龍田さんの方から来たのなら今から作戦会議しますか!」


龍田 「そうねぇ?さっそく始めましょう」













次の日ー食堂



ガヤガヤ…


夕立 「ムシャムシャ…ヤギさんメー!」メェェ!!


扶桑 「」ブーッ!!


時雨 「うるさいよ!てか扶桑も吹かないでよ!」


山城 「おぉお姉さま!タオルを…」スッ


扶桑 「ごっごめんなさい ありがとう」フキフキ…



吹雪 「…なんで私があなたと同じ席で食べないといけないんですか?」モグモグ…


如月 「あらぁ?わたしだって なんであなたなんかと一緒に食べないといけないのかしら?すごくふ ゆ か い!だわ」


吹雪 「」ブチッ


吹雪 「…如月さん ちょっと表出てくれませんか?ぶっ殺してあげますので」クイッ


如月 「やれるもんならやってみなさいよ?淫乱ビッチ」


金剛 「ちょっ!?おぉ落ちつくデース!!ブッキーとラッキー(如月)が暴れたらシャレにならないデース!!」


電 「やめるのです吹雪さん!!鎮守府が壊れるのです!!」グググッ…


雷 「ラッキーもやめなさい!!あんたが一番問題なのよ!!」グググッ…


如月 「だれがラッキーよ!犬みたいな名前で呼ぶんじゃないわよ!!」



睦月 「…」モグモグ… ひとりでポツーンと食べている


睦月 「(…止めた方がいいかな?さすがにここで暴れたらみんな巻き添い食らうにゃし)」モグモグ…


睦月 「(…でも 吹雪と如月が絡み合うところ…萌えるにゃし!もっと濃厚にイチャイチャしてくれないかな〜?)」///グヘヘ


青葉 「…睦月さん ものすごく変態な顔になってますよ」


瑞鳳 「てかもうオヤジですね…」



天龍 「…なぁ あれ…止めた方がいいか?さすがにやばいと思うんだが」


龍田 「別にいいんじゃない?いつものことだし」


天龍 「いやたしかにそうかもしれないけど…」


天龍 「……てか、提督遅くないか?いつもならもう来てもおかしくないのに まだ来ないのか?」


龍田 「提督はまだ書類整理があるからもう少しかかるみたいよー?キリのいいところで締めると言ってたわ」


天龍 「…そうか 早く来ないかなぁ?」ハァー


龍田 「…」チラッ




提督 「…」食堂の出入口にスタンバっている


提督 「(…よし そろそろだな?)」スゥ…


提督 「おいーっす!待たせたな 今来たぞ?」タッタッタッ…


天龍 「っ! おう提督!やっときたか 来て早々悪いがあいつら止めてくれないか?」


提督 「ーん?」チラッ



吹雪 「あなたの服今すぐにでも破いて恥さらしにしてやりましょうか?そうすれば今後淫乱行為ができなくなりますよね?」ググッ… 如月の胸ぐら掴んでガン飛ばしている


如月 「あら?そんなことないわよ わたしは開放的な好意も望んでやるから関係ないわ!むしろ望むところ!」ググッ… 吹雪の胸ぐら掴んでガン飛ばしている


如月 「あなたの方がやられたらできなくなるんじゃないかしら?みんなの前で陰らな行為をできないのだから逆に私がやってあげるわよ?」


吹雪 「ほぉ?やれるもんならやってみてください その腕へし折ってやりますよ」


金剛 「グギギッ…!!なっなんで駆逐艦なのに戦艦であるワタシが力負けしてんデスか?全然抑えられないネーッ!!」グググッ…


電 「むっムリなのです…!!まったく歯が立たないのですッ…!!」ググッ…


雷 「ヴゥーッ!!!!ラッキーまったく微動だに動かないわ!!どんだけ力強いのよ!!」щ(゚皿゚#щ)ウガー


電 「お姉ちゃん顔がすごいことになってるのです!」



提督 「………うん あれはまずいな?さすがに止めないとまわりに被害がでる」


提督 「(てか なんであのふたりは同じ席で食べてたんだ?お互いケンカするってわかってたはずだろ…)」タッタッタッ…



吹雪 「あなたの言いたいことはよーくわかりました 表出ろ?発情犬」クイッ


如月 「別にここでもいいわよ?てか、表出る時間があるならここで殺り合いましょ!」ニタァ


吹雪 「上等ですよ!ぶっ殺してやるよ!!」ブンッ!!


如月 「やってみなさいよ!!」ブンッ!!


金剛 「ーッバ!!やめ…!!」



ーっパシン!!


吹雪&如月 「「っ!!」」


提督 「…そこまでだ ケンカするのはいいが殴り合いはやめろ?」ググッ ふたりの拳を手のひらで受け止める


提督 「お前たちが暴れたら冗談抜きで洒落にならん 鎮守府がぶっ壊れる」


提督 「それどころか艦娘達にも被害が出る 仲間を傷つけることはするなって過去に何度も言ったよな?」ギロッ


吹雪 「…」


如月 「だって…吹雪が」


提督 「口答えするな 反省しろ!」


如月 「……むぅ」(。・ˇェˇ・。)ムス


提督 「…てか なんでお前ら一緒の席に座って食べてたんだ?ケンカするってわかってたろ」


吹雪 「…」


如月 「…」


提督 「…あれ?なんで一緒の席に座って食べてたんだ?」


吹雪 「…」ジー


如月 「…」ジー


提督 「っえ なっなんだよ?俺のこと見て……」


吹雪 「…」ジトー


如月 「…」ジトー


提督 「……もっもしかして 俺のせい?」ボソッ


吹雪&如月 「「…」」コクンッ


提督 「………」


提督 「(…おれ、なにかした……?)」




青葉 「んー やっぱりあのふたりが争ってるところを見せるのはなかなかいいですね 上手い具合に天龍さんの視線を奪いましたね!」ヒソヒソ


瑞鳳 「そうですね わざとケンカさせていつもの雰囲気を出させて怪しまれないようにするの」ヒソヒソ


青葉 「…まぁ その代わりに提督を犠牲にしましたがね?今回のドッキリは提督が仕掛けたものだとウソをついておきましたからね!」ニヤニヤ


瑞鳳 「…よく嘘をつけましたよね?吹雪さんたちはかなり疑い深いのに どうやって信じ込ませたんですか?」


青葉 「まぁいろいろと使ったんですよ?いろいろと…」


青葉 「……ほんと、いろいろと………」ハァー…


瑞鳳 「…なにしたんですか?」


青葉 「………わたしの権限を使いました もう二度と使えなくなりますが…………」ハァァ…


瑞鳳 「………けっ権限まで使ってやったんですか」


青葉 「そうでもしないと動かせなかったので…まぁこの作品が終わればまた使えるようになるのであまり気にしてませんがね?」


瑞鳳 「メタいです青葉さん……」




提督 「…とっとにかくだ!もうケンカするのはやめろ いいな?」


吹雪 「…わかりました」


如月 「しかたないわね?司令官がそう言うなら聞かないとね」


如月 「…でも ちゃんと言うことは聞いてもらうからね?これが終わったら…うふふ!!」///グヘヘ


吹雪 「わたしも提督にあんなことやこんなこと…えへへ!!」///ハァハァ


提督 「………まぁいい とりあえず俺も飯を…」


龍田 「提督ー ごはんの用意したからこっちで食べましょー?」


提督 「っん そうか?それじゃそっちいって食べるか」タッタッタッ…


天龍 「っお!提督もここで食べるのか?」


提督 「あぁ 龍田がここに持ってきてくれたからな?わるいがじゃまするよ」カタッストン


天龍 「なぁに!別にかまわねぇぜ むしろうれしいぜ!一緒に食べれてよォ!」パァァ


提督 「そうか!それならよかった」


天龍 「いやぁ!まさか提督がこっちに来て食べるとは思わなかったぜ 今暴れてる吹雪たちのところに行くと思ってたのに?」


提督 「あいつらにはもう暴れるなって言っといたからな?平気かなと思ったんだ(さすが天龍 その通りだよ!)」


提督 「(本来の考えならそうしてるよ でも今はドッキリをやってるからそっちに行くわけにはいかないんだよ…)」


天龍 「さぁてと!それじゃ提督も来たことだし メシ食うのを再開して…」


龍田 「ねぇ天龍ちゃん?」


天龍 「っん?なん…」


龍田 「はい あーん♪」スゥ


天龍 「………っは?」


龍田 「天龍ちゃんの大好きなエビフライよー?ほら あーん!」


天龍 「いやべつに好きでも嫌いでもねぇが…」


龍田 「…」チラッ


提督 「(よし!)」スゥ…


提督 「おーい天龍?」サクッ


天龍 「っん?なん…」


提督 「はい あーん!」ギンッ!! 本人は笑顔のつもり…だが、他の人から見たら顔面凶器!!


天龍 「」ブー!!



青葉 「ぶふぅ!!」ブハァ


瑞鳳 「ちょっ!?青葉さん吹かないでくださいよきたない!」


青葉 「いやだって…提督の顔が!!」ククク…



睦月 「…うん 努力はしてるね?でもあれは笑顔じゃないにゃし」コワイゾヨ



扶桑 「…」ポタッ…ポタッ… 再び吹き出して口と鼻から味噌汁が垂れている


時雨 「もぉぉ!!扶桑のバカァァァ!!!!(怒)」ビチャァ… 扶桑の吹いたみそ汁が時雨にもろかかる


夕立 「しっ時雨どんまいっぽい…」


山城 「二人ともタオルを!」スッ



電 「ーっ…!!」ガクガクブルブル


雷 「ーっ…」サー…


金剛 「oh…シャレにならない顔デース crazyネ……」



吹雪 「(提督…あーんするならもう少し笑顔でやらないと……)」ハァ…


如月 「(あれは恐怖しかないわね…さすがの私でも勘弁願いたいわ)」



提督 「ほら天龍 アーンしろよ?」ピキッ 怒ってはいない、怒ってはいないが…他の人から見たら顔がひきつって睨みつけている


天龍 「っえ あっえと……」タラー…


天龍 「(っえ なに?急にどうしたんだ?)」


天龍 「(いきなりアーンしてメシ差し出してきたけど…てか目怖ぇよ!!なんで怒ってんだ!?)」


天龍 「(俺なんかやったか?ふつうにメシ食ってただけだと思うんだが…マジでなんで怒ってる!?)」ダラダラ…


龍田 「ーっ…」ククク…


龍田 「(てっ提督…さすがにそれは怖いわよ?たぶん本人は笑顔のつもりだろうけど……!)」プルプル


提督 「ほらほらー?早くしないと食べるぞー?」クイクイッ おかずを掴んでる箸でかかってこい…ではなく、早く食べろと誘い込む


天龍 「(か、かかってこい!?っえ なに!?提督マジで怒ってるのか!?)」ギョッ


天龍 「(いきなりケンカ腰ってヤバいだろ!てか、俺提督と殺り合いたくねぇよ!!確実にやられるわオレ!!)」ビクビク…


提督 「んー?恥ずかしいのかー?(あっあれ?なんか怖がってないか…?)」


提督 「(おかしいな 笑顔でアーンしてるのになんで怖がってる?早く食べてほしいから箸で誘い込むように上下に動かしてるのに……なんで?)」


天龍 「(たったつたー!!なんで提督怒ってんだ!?俺なんかやったか?)」ビクビク… 龍田に目線を向けて助けを求める


龍田 「…」


龍田 「(天龍ちゃん…助けを求めてきてるわね?まぁそうよね あんな顔でアーンとかされたら普通になにかしたかと思うわよね)」


龍田 「(これじゃ話しが進まないわ しかたないわね?)」スゥ…


龍田 「ほら天龍ちゃん?アーン」スッ なにごともなかったかのように自分のおかずを差し出す


天龍 「えぇっ!?」



扶桑 「」ブハァ!!!!


時雨 「」ビチャァッ!!クリティカルヒット!!(顔面+着替えたばっかり)


夕立 「ーっ…」Σ(ll゚♢゚ll)


山城 「っ……」サー…


扶桑 「…っあ」ポタッポタッ…


時雨 「………」スゥ…


時雨(キレ) 「」バギィ!! 手に持っていた箸をへし折る



吹雪 「(…あっあそこだけで修羅場ってる 私たちがなにもしなくても勝手に……)」


如月 「(龍田さん…その流れでおかしいわよ さすがの私もそこは助けてほしいわ……)」



睦月 「(…こっこれはひどいにゃし ドン引きしまくりにゃし……)」ウーン…



青葉 「〜っ……!!」プルプル…


瑞鳳 「…えと、青葉さん だいじょうぶですか?さっきから笑いこらえてますが」


青葉 「ーっお お腹苦しいです!!」ククク…



金剛 「しっしぐれー!!やめるネ!!落ちつけデェェッス!!」ギャァァ!!!!


時雨(キレ) 「ふざけんなよ扶桑!!さっきからみそ汁吹き出しては僕にかけてよォ!!」グググッ… 金剛に後ろから腕を絡ませられて抑えられている


雷 「フギィー!!!!も、もっと抑えて……っ!!」オォォ…!!!!


電 「おっおねえちゃん顔が……」グググッ…


夕立 「ポイーっ!!時雨落ちつくっぽい!!」グググッ…


扶桑 「………ごめんなさい」ポタッポタッ… 涙ではなく、吹き出したみそ汁が口から流れ落ちてたれていく


山城 「てっていとくー!!助けてください!!」グググッ…