2019-11-08 23:26:51 更新

概要

深海棲艦鎮守府襲撃事件から一日
襲撃で亡くなってしまった提督は大切な人の為に再び生き返り、その思いを伝える―――





………………?





ここは……何処だ……?




なんだろう………なんか、体がふわふわするような……




不思議な気分だ………




でも………




その気分を邪魔する




胸が切りさけそうな……




この痛みは………




一体……何なのだろう…?




「……お目覚めですか?」




だ、誰だ!?




「あら、そんなに暴れますと余計に痛みが強くなるかもしれませんよ?」




ここは…何処だ?




「ここですか?ここは……貴方達が言う…天国…ですかね」




天国!?それじゃあ俺は……




「はい、亡くなりました…知っているかもしれませんが、深海棲艦の襲撃によって貴方は亡くなりました」




そ、そんな……




「……貴方のその痛み…」




え?




「なんだが…かわいそうです」




かわいそう?




「はい、死者でもなお痛みを感じるなんて普通は無いんですよ?…その痛みがかわいそうだと……」



「何か、前世で思い残したことはありせんか?」




思い残したこと……




「恥ずかしいと思いますがこれも全て貴方のその痛みを取るためのものです…どうですか?ありましたか?」




俺は……あいつに……




大切な…………思いを伝えれてない…!




「なら、それが原因でしょう……どうします?一旦戻りその未練を断ち切りますか?」



「え?」



「あら、声がでましたね…どうです?一旦現世に戻り未練を断ち切りますか?」



「それって…生き帰れる…って事ですか?」



「いいえ、完全に生き返る事はもうできません…ですが、未練を断ち切る為に少しの間戻ることはできます」



「………」



「どうします?その、大切な人とやらにその思いを伝えますか?」



「………これでもし断ったら?」



「もちろん貴方達が言う天国か地獄に行くのが決まりますね…貴方なら天国だと思いますが」



「………俺、行きます…アイツに…伝えたい…!」



「そうですか…では、後ろの扉を潜れば戻れますのでどうぞ?」



「貴方の名前は?」



「…………そうですね」



「貴方の"お義姉さん"……とでも言っておきましょうか」



「え?」



「ふふふ、冗談ですよ…それでは行ってらっしゃい」



「え?ちょま…」



「………」



「………行ったよね…?」



「ふーー…」



「慣れない口調するんじゃ無かったなぁ…めっちゃやり辛い…」



「私の事を忘れているってのが気に食わないけど…まあ、忘れたくもなるか」



「…………バカ」





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【横須賀鎮守府:提督自室】



「提督起きてください!」



「ううぅぅ…」



「ほら、寝坊してますよ!いつもの事ですけど!」



「後…一時間……」



「もう10時ですよ!?いい加減に起きてください!」



「せっかくの休日なんですから!」



「っ…!」バッ



「きゃあ!?」



「………」キョロキョロ



「生きてる………」



「へ?」



「生き返ってるぞー!!!」



「っ!」ベシ



「痛ったあ!?」



「提督、ふざけてないでさっさと起きてください!」



提督「わ、わかったからそんなに怒るなよ大淀」



大淀「寝坊+朝からいきなり叫んだんですよ!?怒るに決まってるじゃないですか!」



提督「す、すまない……今日の秘書艦は誰だ?」



大淀「熊野さんです」



提督「うっ……」



熊野はあるときの栄に突然態度が冷たくなった艦娘だ、彼女らしく無い無視や突き放すような言葉が出てくる。



提督「わ、分かったありがとう大淀」



大淀「………えぇ」



提督「それじゃあ着替えるから熊野に言っといてくれ」



大淀「分かりました、失礼します。」




【廊下】




大淀「はあ……」



全く、あの人は困った人です。

寝坊は毎日のようにしますし、執務もだらけていて、秘書艦が怒る。だけど作戦になると真面目になり真剣に取り組む。



大淀「……はあ」










後書き

これまた短編予定作品です。
予定ですので長編化になるかも………


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2019-11-10 20:18:54

SS好きの名無しさんから
2019-11-04 21:57:27

このSSへの応援

2件応援されています


SS好きの名無しさんから
2019-11-09 01:00:54

SS好きの名無しさんから
2019-11-04 21:57:28

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください