2019-12-03 14:51:28 更新

前書き

ご報告
以前から投稿していた「提督の好感度を測るぞ」提督「なんで」」を誤って削除してしまいました。コメント 応援 しおり していた読者様大変申し訳ございませんでした。(_ _;)
この話は以前の続きからとなっております。

クウラ「何をしているだ貴様は」ハァ





前回のあらすじ



海王様「ここは異常だと言うクウラ様。そこでクウラ様とともに好感度スカウターで測ることに。」



海王様「だがそれは事実だった。すでに神通と大和がヤンデレ化していたのだ。さてこれからどうなりますことやら。」


※ここの提督は能力を持っています。



数値表


0〜 少し苦手


10〜  普通


20〜  気になってる


30〜  友人


40〜  親友


50〜  大親友


60 〜  好きです


70〜  大好きです


80〜  結婚したい


90〜  テイトクテイトクテイトクテイトクテイトクテイトクテイトク


100  何をするかワカラナイ



ではここからが次回の続きからとなっております。パート1に コメント 評価 しおり をさせて頂いていた読者様大変申し訳ございませんでした。






提督「書類は昨日終わらして居るからのんびりしよう♪」



?「司令官♪」ガバッ



提督「おう!!びっくりした青葉か?」



青葉「ども!!恐縮です青葉です♪」



青葉「・・・司令そのメガネはなんですか?」



提督「イメチェンだよ」ピッ


青葉 79


提督「(青葉はセーフか)」メモメモ



青葉「ところで司令♪青葉にもその"好感度調査"のお手伝いをさせてください」ニコッ



提督「!?」



提督「・・・何のことかな?」スットボケ



青葉「知ってますよ。提督がクウラさんと鎮守府のみんなの調査をしていることは♪」



提督「青葉には敵わんな(;´∀`)」



青葉「それに先ほど私の好感度は見たんですよね。」



提督「ゴメンナサイ」



青葉「司令はすごくお人好しで自分のことよりも他人をすぐ助けてます。だから鎮守府のみんなはあなたのことが大好きなんです。青葉も含めて」ウツムキ



青葉「でも一部暴走しちゃっている娘がいるんですけどみんな本当は優しくて!!」



提督「わかってるよ(*^^*)みんな優しい娘だ」



青葉「でも司令は恐らくみんなといずれケッコンカッコカリをします」



提督「・・・」



青葉「でも司令!!青葉!!絶対に1番になってみせます!!」ニコッ



提督「青葉・・・」



青葉「では行きましょう♪司令♪」



提督「引っ張らなくても大丈夫だよ」(;´∀`)



青葉「(ここは前までブラック鎮守府でした。)」



青葉「(虐待 大破進撃 罵倒は当たり前、反逆すれば即解体、みなはんは生きることに疲れていました)」



青葉「(そんな時この鎮守府に大規模の艦隊が攻めてくると言う情報が入ってきました)」



青葉「(前提督は逃げ、皆さん死を覚悟しましたが艦隊が攻めて来ることはありませんでした。)」



青葉「(そしてしばらくすると今の提督が着任しました。一部の娘は提督に砲撃や罵倒など色々酷いことをしてましたが提督は何もやりませんでした。)」



青葉「(提督はそれどころかみんなに優しく接してくれます。青葉達は酷いことをしているのに。)」



青葉「(青葉は聞きました。"何故提督は異動はしないのかと"そしたら提督は)」



提督「私はここに居たい。あとここで非人道的なことがあったことも知っている。そして私がここの娘達を幸せにしてみせる。まぁ異世界から来た不思議な人のだけどな(;´∀`)」



青葉「(青葉はそこで泣いちゃいました。司令官は泣き止むまでなでなでしてくれました。)」



青葉「(日に日に皆さんの笑顔が増えて行き司令官の手伝いをする娘も増えてきました。」



青葉「(そして時が立つにつれては皆さん司令艦娘のことが大好きになっていきました)」



青葉「(心の底から帰れる場所、青葉は司令官のことが大好きになってしまいました♪)」



青葉「行きましょう!!司令♪」



提督「待って〜」




提督「これから何処に行こう(;・∀・)」



青葉「演習場なんえどうですか?」



提督「その案もらい♪」




・・・・・・・・・演習場・・・・・・・・


曙「はぁぁぁ!!」ドカーン



的「バキバキ」



ビスマルク「全主砲!!ファイヤ!!」



瑞鶴「艦載機のみんなにやっちゃって!!」



加賀「ここは譲れません」


























このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください