2015-07-22 06:55:50 更新

概要

初めてのお題からのss投稿です
更新遅れてすみません!


前書き

因みにキャラ崩壊注意です!


陽炎「あ、不知火、やっと見つけた」



不知火「何ですか?陽炎お姉ちゃん」



陽炎「!?」



不知火「?どうしたのですか?陽炎お姉ちゃん」



陽炎「ねぇ、不知火、熱でもあるの?」



不知火「ひどいですよ、陽炎お姉ちゃん、でもそんなお姉ちゃんも大好きです♪」ギューー



陽炎「私は、夢を見ているのかな…?」



黒潮「~♪」テクテク



陽炎「あ、ねぇ、黒潮!」



黒潮「ん?どうしたん?陽炎お姉ちゃん」



陽炎「く、黒潮まで 、どうなってるの…?」



黒潮「うちは、いつも通り、陽炎お姉ちゃんが大好きの黒潮やで♪」



陽炎「あばばばばば…」



天津風「あ、陽炎お姉ちゃん、今日もいい風吹いてるね♪」



陽炎「あ、不知火これから作戦なんだけど…」



不知火「本当ですか!?陽炎お姉ちゃんと一緒に作戦に参加できるなんて不知火は感激です!」



黒潮・天津風「いいな~…」



陽炎「じゃ、行こう、不知火」タッタッタッ



不知火「はい!」タッタッタッ



天津風「あ~あ、行っちゃった…陽炎お姉ちゃんを眺めのいい場所に連れて行こうと思ったのに…」



舞風「陽炎お姉ちゃ~んってあれ?陽炎お姉ちゃんは?」



天津風「陽炎お姉ちゃんなら、不知火と一緒に作戦に参加してるわよ」



舞風「陽炎お姉ちゃんと一緒に、楽しく踊るのを楽しみにしてたのに…」ガッカリ



黒潮「まあまあ、そんなにガッカリせんと…な?」



舞風「…うん!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「ふう、やっと作戦が終わったわ」



不知火「陽炎お姉ちゃん、一緒に入渠ドックに行きませんか?」



陽炎「そうだね、行こうか」



不知火「はい!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「ふう、やっぱりお風呂は最高ねぇ~」



不知火「…」ジーーー



陽炎「どうしたの?私をじっと見て」



不知火「陽炎お姉ちゃん、この前より胸が大きくなりましたね?」



陽炎「な、何でそれを?」



不知火「姉妹の勘です♪いつも陽炎お姉ちゃんを見ていますから♪」モミモミ



陽炎「ひゃん!ちょっと、胸を揉まないでって!」



不知火「大丈夫ですよ、他には誰もいませんから」クチュクチュ



陽炎「んあ!?」ビクッ



不知火「陽炎お姉ちゃんはいつでも可愛いです、だから凄くいじめたくなります♪」クチュクチュ



陽炎「や、やめ…ん!///」ビクビク



不知火「もう、こんなに濡れていますよ♪」トロォ



陽炎「み、見せないで!///」



不知火「このままいじめててもいいのですが、これ以上長風呂をすると皆にとやかく、言われますからもう、あがりましょうか



陽炎「え、ええ、そうね!」



陽炎「(どうしよう、不知火に弄られて、体が…」ビクビク



不知火「?どうしました?陽炎お姉ちゃん」



陽炎「いえ、何でもないわ!」ビクビク


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


不知火「いい、お湯でした」



磯風「あ、不知火姉さん、陽炎お姉ちゃんは?」



不知火「先に、部屋に戻っていますよ」



磯風「そうか、せっかくこれを作ったから、食べさせてあげようと思ったのに…」ボロッ…



不知火「…では、私が食べてもいいですか?」



磯風「いいですよ」



不知火「(これが料理なのですか?)」



不知火「…では、頂きます」パクッ



磯風「味はどうですか?」



不知火「…」ビリビリ



磯風「不知火姉さん?」



不知火「」バタッ



磯風「!?不知火姉さん!?不知火姉さん!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「さっきから少し騒がしいわね…」



浦風「不知火姉さんが、倒れたそうじゃ」



陽炎「あ、浦風」



浦風「磯風が作った料理を食べたら倒れたそうじゃ」



陽炎「どんだけ、恐ろしいのよ…」



浦風「陽炎お姉ちゃん、今日はもう疲れているだろう?もう寝た方がいいぞ」



陽炎「じゃ、そうさせてもらおうかしら…」



浦風「うむ、そうするのじゃ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「部屋には戻ってきたけど、まだ眠たくないからな~」


〈コンコン


陽炎「は~い、どちら様?」



磯風「陽炎お姉ちゃん、磯風です」



陽炎「入っていいわよ~」



磯風「失礼します」



陽炎「どうしたの?かしこまっちゃって」



磯風「えいっ!」


陽炎は、磯風の突然の押しに反応出来ず、ベッドの上に押し倒されてしまった


陽炎「きゃ!?」バタッ



磯風「陽炎お姉ちゃん」バサッ



陽炎「ど、どうしたの?」



磯風「ずっとこの日を待っていた、陽炎お姉ちゃんをこの手で苛めるのを」ハァハァ



陽炎「い、磯風、お、落ち着いて」



磯風「もう、私は、がまん出来ない」ハァハァ



陽炎「磯風、何を…ん!」



磯風「お姉ちゃんのアソコ、既に濡れてる…」クチュクチュ


磯風の指が陽炎の膣内へと、入っていく


陽炎「だ、だめ…そんなトコ…ん!」



磯風「私が、なめとってあげる」ペロッ


さらに、追いうちをかけるかの様に、磯風の舌が膣内へと入っていく


陽炎「んあ!?」



磯風「陽炎お姉ちゃん、おいしい…♪」ペロッ



陽炎「だ、だめ、イッちゃう!」ビクビク



磯風「そのまま、イッちゃえ♪」ペロッ



陽炎「んあああああああ!?」プシャャャャ



磯風「潮吹いたね♪」



浜風「…何してるの?」



磯風「あ、浜風」



陽炎「は、浜風…?」ハァハァ



浜風「…二人だけでずるい、私も混ざりたいです」カプッ



陽炎「んあ!?」ビクッ



浜風「私がイカせてみせます」チューーーー


今度は、浜風が陽炎のアソコをしゃぶりつく


陽炎「ダメ!イっちゃたばかりだから…!?」ビクビク



磯風「私は、胸を弄るね」モミモミ



浜風「あ、そうだ」シュルシュル



陽炎「な、なにを…?」ビクビク



浜風「陽炎お姉ちゃん、貝合わせって知ってる?」



陽炎「な、何…?」ハァハァ



浜風「こうやってね、アソコとアソコ合わせて、こう…♪」クチュクチュ



陽炎「んんんんんんーーーー!!?」プシャャャャャャ


陽炎は、今まで弄られていたせいか、快感に耐えきれずイってしました


浜風「もう、イっちゃいましたね♪」



磯風「次は、これを使おう」ゴソゴソ


磯風が、スカートの中からあるものを取り出す


浜風「何ですか?それ」



磯風「男性のアレを玩具にしたやつだ」



浜風「いいですね…♪」ゾクゾクッ



陽炎「らめぇ…こわれりゅぅ…/////」ビクビク



磯風「いくぞ、陽炎お姉ちゃん」ズブズフッ



陽炎「んあああああ!?」ビクビクビクッ!


一気に膣内へと入れられた玩具は陽炎の子宮へと届き、一気に押し上げた


磯風「いい反応…♪」ズブズフッ



陽炎「らめぇ!私こわれりゅ!」ビクビクビクッ!



磯風「こわれちゃえ♪」ズブズフッ!



陽炎「もうやめて…イッちゃう…!」ビクッ!



浜風「イッちゃって下さい、陽炎お姉ちゃん」



陽炎「んんんんんんーーーー!!?」プシャャャャャャヤ ビクビクビクッ!



磯風「まだまだ、行くぞ♪」



陽炎「もう…らめぇ…」ビクビクビクッ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


磯風「もう、朝か…」



陽炎「」ピクピクッ



浜風「流石に、やり過ぎましたかね…?」



磯風「…確かに…でも私は満足だ…♪」ハァハァ



浜風「ええ、私もです♪」ツヤツヤ



陽炎「」ピクピクッ



浜風「陽炎お姉ちゃん、起きて下さい」ユッサユッサ



陽炎「」ピクピクッ



浜風「だめです…起きません…」



磯風「仕方がない、起きるまで寝かせておこう」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「……ん…」パチッ



陽炎「んっ、と」


陽炎が起きると、服ははだけ胸が見え、下半身は何も履いていなかった


陽炎「…」



陽炎「もう何も考えらんない…」ゲッソリ



陽炎「さっさと、シャワー浴びて服着て食堂に行かないと…」セッセセッセ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


雪風「陽炎お姉ちゃん、おはようございます!」



陽炎「あら、雪風、おはよう…」ゲッソリ



雪風「?元気ないですね、そんな陽炎お姉ちゃんには!雪風から女神のキスをあげちゃいます!」チュッ!



陽炎「んっ、ありがとね♪」ナデナデ



雪風「えへへ♪」



陽炎型「………」ジーーー



雪風「…」チラッ



陽炎型「?」



雪風「♪」ニタァ



陽炎型「!!」(# ゜Д゜)



陽炎「どうしたの?雪風?」



雪風「いえ!何でもありません!」



陽炎「そう?」クビカシゲ



雪風「それよりも陽炎お姉ちゃん!」グイッ!



陽炎「おっとと、何かしら?」



雪風「雪風は、間宮さんのアリスクリームが食べたいです!」



陽炎「良いわね、奢ってあげるわ♪」



雪風「本当ですか!?雪風、感激です!」キラキラ



陽炎「じゃ、行くわよ」スタスタ



雪風「はい!」 スタスタ



不知火「雪風…やりますね…」ボソボソ



磯風「陽炎お姉ちゃんは私の物だ…」ボソボソ



浜風「陽炎お姉ちゃんをまたこの手で…ウフフフ♪」ボソボソ



吹雪「(陽炎型の皆さんの殺気が…)」ガタガタ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「すみませーん!」



間宮「あら、陽炎ちゃんに雪風ちゃん、何をご注文ですか?」ニコニコ



陽炎「アイスクリームを2つお願いします」



間宮「あら、妹想いね♪陽炎ちゃん♪」



陽炎「何か頼まれると断れなくて…」エヘヘ



間宮「あらあら、妹想いのお姉ちゃんで良かったわね、雪風ちゃん」ナデナデ



雪風「はい!自慢のお姉ちゃんです!」キラキラ



間宮「じゃ、少し待っててね♪すぐに作ってあげますから♪」



陽炎「分かりました」



雪風「はい!」



陽炎「雪風、何して待ってる?」



雪風「雪風はお姉ちゃんとお喋りして待っていたいです!」



陽炎「そう?じゃあ何でも質問していいわよ」



雪風「はい!お姉ちゃんは、何の食べ物が好きですか?」



陽炎「そうねぇ、やっぱりカレーかしら」



雪風「雪風もカレーが大好きです!」



雪風「今度、雪風がカレーを作ってあげます!」



陽炎「楽しみにしてるわね♪」



雪風「はい!」



間宮「お待たせ♪」コトッ



雪風「間宮さん!お願いがあるのですが…」ボソボソ



間宮「…ふむふむ」



雪風「いいですか?」



間宮「ええ、いいわよ♪」



雪風「ありがとうございます!」キラキラ



陽炎「??」??



雪風「陽炎お姉ちゃん!」キラキラ



陽炎「何かしら?」



雪風「あーん♪」



陽炎「あ、あーん」パクッ



雪風「どうですか?」



陽炎「うん、凄くおいしい♪」



雪風「最後に一つだけ、お願いがあります!」



陽炎「??何かしら?」



雪風「あ、あのぉ…そのぉ…」



陽炎「どうしたの?言ってごらん?」



雪風「ゆ、雪風と…え、エッチしてください!///」



陽炎「…」ポカーン



雪風「駄目ですか…?」



陽炎「だ、駄目というか…何でその考えになったのかな?(焦)」



雪風「陽炎お姉ちゃんともっと仲良くなるためです!」



陽炎「ああ、もう…何で私の妹達は…」



雪風「駄目ですか…?」キラキラ



陽炎「ゴフッ…そんな頼まれ方されると断れない…」



雪風「じゃあ、早速行きましょう!」グイッ!



陽炎「ちょっと!?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「結局…私の部屋…」



雪風「じゃあ、服脱いで欲しいです!」



陽炎「ねぇ、一つきいていい?」



雪風「何ですか?」



陽炎「何で私の服を脱がしたいの?」



雪風「陽炎お姉ちゃんの温かさを感じたいからです!」



陽炎「温かさ…か…」



雪風「陽炎お姉ちゃん?」



陽炎「わかった、服を脱げば良いのね」ヌギヌギ


雪風「わぁ…!」



陽炎「どう?私の体」



雪風「とても綺麗です!」



陽炎「そう?ありがと♪」



雪風「ハグしてもいいですか?」



陽炎「ええ、おいで?」



雪風「はい!」ダキッ



雪風「暖かい…♪」クチュ



陽炎「んあ!?」



雪風「出し入れしたらどうなるのでしょうか!?」クチュクチュクチュ!



陽炎「んんんんんん!?」



雪風「あはは!もう濡れてきました!」クチュクチュ!



陽炎「どこでこんな知識を!?」



雪風「磯風です!」クチュクチュ!



陽炎「ちょっとストップ!イッちゃいそうだからストップ!だって!」ハァハァ



雪風「ならイッちゃって下さい!」クチュ!



陽炎「ダメダメダメ!きちゃう!きちゃう~!」



雪風「イッちゃえ~!」クチュ!



陽炎「イクゥ~~~~!」プシャーー



雪風「イクのが早いですね♪」



陽炎「絶対磯風を叱ってやる~…」



雪風「キスをしましょう…んむ」



陽炎「はむ…ん!?」



陽炎「何を飲ませたの!?」



雪風「一種の媚薬です!即効性なのですぐにこうかがでますよ♪」



陽炎「はあ…はあ…体が熱い…」



雪風「流石、即効性の媚薬です!」



雪風「更にこの薬には、秘密があります!」



陽炎「な、何…?」



雪風「陽炎お姉ちゃんがイッちゃう度に、雪風のことしか考えられなくなります!」



陽炎「ふえ!?」



雪風「さぁ!どんどんイかせちゃいますよー!」クチュクチュ!



陽炎「ダメダメダメ!」ガクガク



雪風「ダメよダメよもう好きの内です!」クチュクチュ!



陽炎「間違ってるからー!」プシャーー ガクガク



陽炎「はあ…はあ…」ガクガク



雪風「次はこれですよ!」ゴソゴソ



陽炎「何…?」ハァハァ



雪風「確か…双頭…何でしたっけ?」



雪風「まあ、いいです!これを使うと男の人のアレを体感出来るんです!」



雪風「これを…んん…!」ググググ



雪風「はあ…何とか入りました…」



陽炎「まさか…私にいれるの…?」



雪風「はい!」グイッ!



陽炎「きゃっ!」バタッ



雪風「お姉ちゃん、挿入れますよ…」



陽炎「…うん…」



雪風「一気に挿入れますか?ゆっくり挿入れますか?」



陽炎「ゆ、ゆっくり…」



雪風「分かりました!」スブブブ!



陽炎「んあああああ!?ゆ、ゆっくりっていったのにぃぃ!」ガクガク



雪風「その顔、たまらないです…♪」ゾクゾクッ



陽炎「はあ…はあ…」



雪風「これからが本番ですよ♪」ジュブジュブ!



陽炎「んあ…♪」



雪風「お姉ちゃん…スイッチ入っちゃいましたね♪」



陽炎「うふふ♪そうね♪」グイッ



雪風「きゃっ!?」ドサッ



陽炎「今度はこっちから行くわよ♪」ジュルルルル



雪風「あ、そ、そこらめぇ…」



陽炎「もう、既に濡れてるなんて…雪風

は淫乱ね♪」クチュッ!



雪風「あひぃぃぃ!?」ビクンッ! プシャー!



陽炎「もうイっちゃったの?早いわね♪」



雪風「だ、だって…お姉ちゃんが上手すぎて…」



陽炎「ならもっとイかせてあげる♪」クリッ!



雪風「あっ!?らめぇ~!」プシャー!



陽炎「まだまだ終わらないわよ?」



雪風「しょ…しょんなー…」ガクガク


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


陽炎「ん…?ふぁ~…」ガバッ



雪風「お姉ちゃん…♪」



陽炎「あれ…?私…何してたんだっけ…?」



陽炎「確か…雪風に何か飲まされて…」



陽炎「ダメね…何も覚えてないわ…」



雪風「えへへ…♪」ギュッ!

































































後書き

やっぱり、R18は難しい…
Sの雪風は私の好物です!


このSSへの評価

21件評価されています


Sh1Gr3さんから
2017-01-12 05:19:19

SS好きの名無しさんから
2016-05-28 20:57:18

SS好きの名無しさんから
2016-04-20 11:45:12

SS好きの名無しさんから
2015-09-07 21:23:17

SS好きの名無しさんから
2015-08-16 00:27:58

SS好きの名無しさんから
2015-08-01 11:21:48

SS好きの名無しさんから
2015-07-24 08:47:27

コゥディー提督さんから
2015-05-20 18:20:36

SS好きの名無しさんから
2015-04-27 22:30:06

SS好きの名無しさんから
2015-04-26 21:38:57

SS好きの名無しさんから
2015-04-23 22:27:54

SS好きの名無しさんから
2015-04-26 00:20:41

カゲロウさんから
2015-04-22 16:30:09

SS好きの名無しさんから
2015-04-19 13:19:07

SS好きの名無しさんから
2015-04-19 08:52:17

ワッフルさんから
2015-04-19 01:14:57

SS好きの名無しさんから
2015-04-18 08:39:32

SS好きの名無しさんから
2015-04-16 12:21:35

AQさんから
2015-04-16 07:40:59

SS好きの名無しさんから
2015-04-16 03:32:59

SS好きの名無しさんから
2015-04-15 23:35:35

このSSへの応援

17件応援されています


SS好きの名無しさんから
2016-08-04 15:42:28

SS好きの名無しさんから
2015-09-07 21:23:13

SS好きの名無しさんから
2015-08-16 00:28:04

SS好きの名無しさんから
2015-08-01 11:21:44

SS好きの名無しさんから
2015-07-24 08:47:25

wktk氏さんから
2015-06-16 23:28:16

SS好きの名無しさんから
2015-04-27 22:30:10

SS好きの名無しさんから
2015-04-23 00:15:21

カゲロウさんから
2015-04-22 16:29:54

SS好きの名無しさんから
2015-04-19 08:52:20

ワッフルさんから
2015-04-19 01:14:58

SS好きの名無しさんから
2015-04-18 22:50:23

SS好きの名無しさんから
2015-04-16 18:34:08

AQさんから
2015-04-16 07:40:51

SS好きの名無しさんから
2015-04-16 03:33:02

SS好きの名無しさんから
2015-04-16 00:08:08

SS好きの名無しさんから
2015-04-15 23:35:13

このSSへのコメント

3件コメントされています

1: AQ 2015-04-16 07:40:48 ID: iylhleQh

やっぱり陽炎型は最高だぜ

期待して更新をお待ちしております

2: カゲロウ 2015-04-22 15:58:04 ID: RxLF564g

続きが楽しみです。
ワクワク♪

3: SS好きの名無しさん 2015-06-17 17:08:32 ID: EPBQvzkO

頑張って下さい‼︎


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください