2020-10-19 03:10:12 更新

概要

Admiral Taishi


前書き

ブロリーの方が全然思いつかないのでなんとなく書きました
低クオリティー、クズ文章、キャラ崩壊、いっぱいあると思います
一応ブロリーメインで書きたいと思います


太子「さぁ〜て、この前法隆寺壊れちゃったけどさすがにもう完成したはずなんだよな。楽しみだなぁ〜」



妹子「また飛鳥文化アタックで壊さないでくださいよ、太子」



太子「うるさい!あれは妹子が悪かったんだ!」



妹子「えーさすがに自業自得でしょ」



太子「うるさい!前にも言ったがおま・・・ん?」



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



太子「って空にデッカい穴できてるぅぅぅ!ちょっと妹子!?何あれ!?」



妹子「知りませんよ!竜巻亜種とかじゃないんですか!?」



太子「亜種ってなんだ!亜種って!なんか伝説の龍出てきそうな感じじゃない!?あれ!」



妹子「え?そうですか?どっちかと言うと連れて行かれそうな・・・」



太子「・・・そういえばなんかあの穴に吸い込まれてるような・・・てゆーか吸い込まれていってるでおまんがな!」



妹子「た、太子!大丈夫ですか!?」



太子「うぉぉぉぉ!!ははははは!飛んでるぞ!飛んでるぞ妹子!」バタバタ



妹子「ちょ!太子!マジで吸い込まれてますって!」ガシッ



太子「そもそもなんでお前は吸い込まれてないんだ?」



妹子「そこ冷静になる場合かぁぁ!」



太子「おぉ・・・おぉぉ・・・おわぁぁぁぁ!!」



妹子「た、太子ーーーー!!!」






太子「やぁぁぁ・・・ふべっ!」ドシャ



??「え?」クル



太子「いたたたた・・・なんだよ、いきなり落とすなよ・・・落とすならせめてマットくらい敷いとけよ、あとついでにツナも・・・」



太子「全く、どこだ?ここ・・・え?」



??「・・・」



太子「って!だぁれぇぇぇぇ!!??」クワァァッ



太子「なになに!?意味わかんないんだけど!いきなり吸い込まれたと思ったらいきなり落ちるしツナモナイシ目の前に知らない人立ってるしー」



??「ちょ、ちょっと!」



太子「え?なに?」



??「あなた・・・聖徳太子?」



太子「ああ、そうだ。いかにも私が聖徳太子、摂政だぞ?」



太子「ところであなたは・・・?」



??「あ、ああ!ごめんね?私は川内!よろしくね!」



太子「川内?あ、ああ、よろしく・・・」



太子「で・・・ここ、どこ?」



川内「あ、ここはね鎮守府って言って、私達艦娘が深海棲艦と戦ってるの所だよ」



太子「はぁ・・・」



川内「で、元々いた提督が海軍辞めちゃってこれからの指揮をどうしようか悩んだ結果頭のいい人、つまり聖徳太子に来てもらおうってなったんだ!明石さんの発明でね!」



太子「ふむふむ、なるほど・・・」ポンッ



太子「ってわからぁぁぁぁん!!!」



川内「えぇ!?」



太子「ちょっとわかってる!?川内はん!私は飛鳥時代の人間だぞ!チンジュフとかシンカイセーカンとか言われても知らないよ!」



川内「え!?聖徳太子なら『なるほど、そうか』くらいで納得してくれると思ったんだけどぉ!」



太子「無理だよ!そんなの!そんなのできるのFISH竹中さんくらいだよ!もっとわかりやすく最初からしっかり説明するでおまんがな!」ガンガン



川内「ちょ!ちょっと!冠で叩かないでよ!てか!FISH竹中って誰!?」



太子「いいからさっさと説明するでおま」






郵便屋「郵便でーす!」バヒュン!



妹子「ホゲェー!アホの太子からだ。何だろ一体。『アホの妹子へ。令和時代で提督になりましたー、ざまあみろー。同封した装置でこっちにこ〜い、今度こそいいお土産を持ってこ〜い。P.S お風呂上がりのラムネは美味い」



妹子「ムカつく・・・なんだろ提督って?これかな?同封した装置って」ポチ



ゴゴゴゴゴゴ



妹子「え!?ちょっと!また穴できたんだけど!って吸い込まれてるぅぅぅ!!」



妹子「〜〜〜・・・うわぁ!」ドサッ



太子「お、来た来た。もうー遅いぞ妹子」



妹子「いたたたた・・・遅いじゃないですよ太子!1週間もどっか行ったと思ったら!て言うか何してるんですか?」



太子「明石が装置を作るのに1週間くらい掛かるって言うから弾き語りしながら待ってたんだよ」



妹子「明らかに弾いてませんよね」



太子「実は弾けないんだよ、でもさっきドがだせるようになったぞ」



妹子「ドだけかよ!?なのにそんな誇らしげにぶら下げてるの!?いつから始めたんですか!?」



太子「1週間前だ」



妹子「1週間かよ!それだけやってドだけかよ!このバカが!えーこのボケ!」



太子「お前・・・隋に行った時からどんどん口が悪くなるなぁ」



太子「全く・・・なら・・・ギターなんてやめてやるよ!」ガッシャーン



妹子「なんで毎回壊すんだよ!?」



太子「もーうるさいなぁ・・・」



太子「まぁせっかくだから飯でも食べながら話そうか」



妹子「えー遠慮しとますよ」



太子「まあまあせっかくだから食べて行きんしゃーい」クネクネ



妹子「あーもーわかりましたよ!あとその気持ち悪い動きやめてください」






食堂


太子「さあさあ食べようじゃないか」



妹子「本当に女の子がいっぱいいますね」



太子「あ、そうだ妹子、この人は川内さんだ」



川内「よろしくね!」



妹子「え?あ、はい、よろしくお願いします」



太子「じゃあ早速食べようか・・・あ待った!妹子、お土産は持ってきたろうな?」



妹子「やっぱりいります?」



太子「いりまくるよ!一般人の妹子が鎮守府にただで入る、まして飯まで食べるとか図々しいにも程があるよ!?片腹痛いわ!」



妹子「一般人って・・・一応遣隋使なんですけど」



妹子「じゃあ・・・これどうぞ」



太子「こちとらこれだけが楽しみで・・・はぁぁぁ!・・・」



蘇&石「「ヤァ」」



太子「お前・・・」



妹子「謝りますから太子、ボタン押したら急に吸い込まれたんで買う暇なかったんですよ」



太子「蘇ってお前・・・石ってお前・・・」



妹子「そ、それより太子!美味しいですね!このご飯」



太子「やっぱり美味しい?」ガバッ



妹子「あ、機嫌直った」



川内「やっぱり間宮さんのご飯は美味しいよねー!」



太子「君なかなかいい舌を持ってるなぁ妹子」



妹子「太子が作ったんじゃないですよね」



太子「うるさい!パクッ ムッシャムッシャ・・・あれ?」



川内「どうしたの?」



妹子「?」



太子「なんだよツナマヨが入ってないじゃないか・・・具を入れろよ。あ、具をグッと入れろ」



妹子「死んでください太子」



太子「なんだよもー。まぁいいや」



太子「」スタスタ



妹子「あれ?どこいくんだろう」



太子「間宮さん、ツナマヨなのに入ってないよ?」



間宮「あ、提督、すみません!」



太子「まあいいけど、次はちゃんと具をグッと入れてよ?」



間宮「死んでください提督」



太子「なんだよ皆んな酷いなー」



間宮「そんなことより提督、その手に持っているものは?」



太子「え、これ?これは・・・良いお土産を持ってこなかったバカ妹子が寄越した蘇だぁよぉぉ・・・」ビキビキビキ



間宮「蘇!?まさか飛鳥時代の蘇ですか!?」



太子「あぁそうだぞ」



??「本当ですか!?」



太子「ん?鳳SHOWじゃないか」



鳳翔「鳳翔です!それよりこれが本当に飛鳥時代の蘇なんですか!?」グイグイ



間宮「良かったら譲って頂けませんか!?」グイグイ



太子「なんでこんなにグイグイ来るのー!?」クワァッ



間宮「だって本場の蘇ですよ!とても貴重です!」



鳳翔「本来絶対食べれない物ですし!」



太子「まぁ別にいいけど・・・」



間宮「ありがとうございます!」



鳳翔「これからはツナマヨ3倍増しにしておきますね!」



太子「はい!どうぞぉ!」ビシッ



太子「あっそ〜だ、妹子!おい妹子!」



妹子(うへぇ〜、バカ大将が呼んでるよ〜。川内さんと喋ってて聞こえてないフリしとこ・・・)



妹子「あ、それで川内s「ねぇ、提督呼んでるよ?」・・・なんで言っちゃうんだよ!?」



川内「え?」



妹子「いや、なんでも・・・ありがとうございます」



太子「(≖_≖)」ジィー



妹子「あ〜見てるぅ。行かないと面倒くさいだろうなぁ・・・」ヨッコイショ



妹子「なんですか?太子」



太子「お前・・・露骨に来たくなさそうだったけど・・・」ジト~



妹子「いやだな、そんなことないですよ」



太子「ふぅ〜〜ん・・・まぁいいや」



太子「たしか都にある私の犬小屋に蘇いっぱい残ってたよな?」



妹子「知りませんよ、て言うかアンタ犬小屋に蘇なんか隠してたのかよ」



太子「うるさい!3時のおやつのために取っておいたんだ!」ガンガン



妹子「あーもー!わかりましたから!冠で叩かないでください!」



太子「ふむ・・・そこでだ妹子。ちょっと蘇をいっぱい取ってきてくれないか?」



妹子「えー太子のでしょ?太子が行ってくださいよ」



太子「そらポチ!」ポチィ!



ゴゴゴゴゴゴゴ



妹子「え?ちょ!・・・うわぁぁ」フワリ



太子「よろしくな妹子」



妹子「太子!こんちくしょぉぉぉぉ・・・・・・」



鳳翔「あ、あの良かったんですか?」



間宮「そこまでしなくても・・・」



太子「大丈夫大丈夫!これもツナマヨのためだっ!」キリ



間宮「えぇ・・・」






妹子「うわぁぁぁぁ・・・どばす!」ドシャ



妹子「いったぁ〜・・・どこだ?ここ。あ、都か」



妹子「仕方ない、取りに行くか」ドッコイショ



妹子「は〜あ、ったく太子も酷いよな。なんで僕がこんなことしないといけないんだろう」スタスタ



妹子「あーあったあった、これだ」ヒョイ



妹子「ん?もう1個なんかあるな、なんだこれ」ヒョイ



妹子ウイルス「オッス」



妹子「おらぁ!」ドサッ! ゲシゲシゲシ!



妹子「なんだよウイルスって!汚くないわっ!」



妹子「あー、鎮守府に戻るのヤダなー」



妹子「そうだ、僕がボタン持ってないから帰れないじゃん!ラッキー」



ゴゴゴゴゴゴ



妹子「帰ってお茶のm・・・ってなんで吸い込まれてんだよ!」



妹子「あーーー!ボケ太子ぃぃぃぃ・・・」


後書き

Tsunamayo Taishi


このSSへの評価

4件評価されています


あだっちさんから
2020-06-05 00:10:37

DELTA ONEさんから
2020-05-31 21:23:44

SS好きの名無しさんから
2020-03-17 13:46:10

SS好きの名無しさんから
2020-03-17 20:24:02

このSSへの応援

6件応援されています


SS好きの名無しさんから
2020-10-13 08:06:26

あだっちさんから
2020-06-05 00:16:17

ジョン・ドゥさんから
2020-05-25 05:55:19

DELTA ONEさんから
2020-05-15 02:42:32

SS好きの名無しさんから
2020-03-17 13:46:18

SS好きの名無しさんから
2020-03-06 00:02:36

このSSへのコメント

5件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2020-04-22 15:27:43 ID: S:BydmAz

一言だけ投下していこう。














ブフォッス(^ω^`)wwwwwwwwwww

2: SS好きの名無しさん 2020-04-28 08:31:03 ID: S:nu_KKj

聖徳太子のイメージ崩壊に草生えたwww

3: DELTA ONE 2020-05-15 02:43:04 ID: S:igW9IS

思いのほかイケますねw

4: 桃蜘蛛 2020-05-15 02:56:33 ID: S:0moRjB

1様、笑っていただけたのならよかったです!笑

2様、wwwww

3様、ありがとうございます!いつも作品楽しく読ませてもらってます!

5: DELTA ONE 2020-05-30 16:47:33 ID: S:EVT8yP

自分の作品に反応及び、いつも読んでいただき
ありがとうございます!


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください