2020-10-19 21:57:26 更新

 


 ※これは未来の世界の悟飯を中心とした話です



ーーーーーーーーーー西の都ーーーーーーーーー



悟飯「俺はし死なない!たとえこの肉体が滅びても、俺の意思を継ぐものが必ず立ち上がり!お前たち人造人間を倒す!」


………………………数時間後………………………




ザーーー



トランクス「ご・・ごはんさん。う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」




ーーーーーーーー真っ黒の空間ーーーーーーーー



・・・ここはどこだ?


・・・俺は確か人造人間に殺されたはずじゃ。でもお父さんが言うには閻魔様ってとこに行って天国か地獄か判断をされるための道があるって聞いたんだけどな・・・



・・・とりあえず進んでみるか。



コトッコトッ





・・・長いな。お父さんは蛇の石像の背中を歩いて行くって言ってたのにそれどころか光ひとつもないぞ。





コトッコトッ




・・・ん?あれは!ひ、光だ!もしかしたら出られるかもしれない!



ダッダッダッダッ




・・・光が近づいて来たな。




ダッダッダッダッ




急に悟飯がいた暗い空間が真っ白になる。




悟飯「うわぁぁぁぁぁぁ」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





悟飯「っ!!はっ!?・・・ここは?」





悟飯が目を覚ました時に見たのは1面青の綺麗な海




悟飯「ここは?地球・・・なのか?」



悟飯が辺りを見渡しているとそこへ・・・




悟飯「っ!?何だ!この邪悪な気は?!人造人間とも違うようだしとりあえずそこへ行ってみるか。」





悟飯は舞空術を使い邪悪な気がする方向へと向かって行った。





ーーーーーーー 一方その頃 ーーーーーーーーー




???「ハァハァ。クソっ!このっ!」ドーン





???「イヒヒヒヒヒ」ニタァ




???「カンムス コレデオワリ。ヒヒッ」ドーン




???「・・・・・・っ!(ここまで・・・か)」




諦めて目を閉じトドメを待とうとした




???「潮・・・漣・・・朧・・・・・・みんな・・・・・・・・・ごめんなさい。」ポロポロ




???「?!カンサイキヨリバクソクデコチラニムカッテキテルセイブツガイルトジョウホウガ!」




???「ヒトリフエタトコロデカワリハシナイ。ソイツヲシズメタアトニアトニキタセイブツもシズメテオケ」




???「イヒヒッ リョウカイ!」バシュッ




悟飯「待てぇぇ!」ビューン




悟飯「はぁぁぁぁぁぁ!」ドーン




バーン




???「誰なの?アンタ?」




悟飯「俺の事は後だ!それよりも君は下がってて!コイツらは俺1人で相手をする!」




???「ちょっと!人間が深海棲艦に勝てるわけないでしょ!」




悟飯「いいから早くっ!」



???「っ!どうなっても知らないわよ!」サッ




???「テキ・・ナンニンフエテモワタシノテキジャナイワ」




???「シズメ!」ドーン




悟飯「っ!」サッ




悟飯「はっ!」ドカッ




悟飯は砲撃してきた相手との間合を一瞬で詰め懐に潜り込み相手の溝に一発パンチをかました。




???「ナッ!?カハッ!!」バタン




一瞬の出来事だった




この一瞬で悟飯は相手との距離を0まで詰めてたった1発のパンチで相手を沈めた



???「クッ!コノっ!」ドーン




悟飯「っ!」




???「!?!?」





???「・・・チ・・・・・・チクショーーーー!」ドーンドーンドーンドーン




悟飯「か~め~は~め~波ぁぁぁぁぁ」ドーーン




???「ッッ!!クックs」ドーーン




???「!!?」ドーーン




???「!!」ドーーン




悟飯「・・・ふぅ」シュゥゥゥ




悟飯「大丈夫かい?怪我とかしてないかい?」




???「なっ何者なのよ。アンタ」




悟飯「俺は悟飯、孫悟飯だ。」




???「孫悟飯、変な名前ね。」




悟飯「そういう君は?」




曙「特型駆逐艦『曙』よ。」




悟飯「??とくがたくちくかん?ってのは一体なんなんだい?」




曙「はぁ?駆逐艦は駆逐艦よ、船よ船。」




悟飯「船?でもどう見たって君は小さな可愛い女の子じゃないか。」



曙「かわっ//何言ってんのよこのクソ悟飯!」




悟飯「あっええとごめんよ。」




曙「フン」




悟飯「それよりも君は人造人間がいるって言うのによく体1つで外に出られるね。」



曙「じんぞうにんげん?何寝ぼけたこと言ってんの?」




悟飯「えっ?(どういう事だ?人造人間って聞いて知らない奴は居ない程なのに、どうして・・・それに)」




悟飯「さっきまで君に攻撃をしていたのは一体何だい?」




曙「何言ってんのよアンタ。深海棲艦よ。」




悟飯「深海セイカン?初めて聞くな・・・(やっぱりそうなのかもしれないな。)」




曙「それよりもアンタ強いわね。どうしてそんなに強いのかしら?」




悟飯「俺は人造人間が世界を滅茶苦茶にしているからそいつらを倒すために修行しているんだけどそれでもやつには到底敵わない。」




曙「そんなのが・・・まあいいわ。それよりアンタこれから行く宛てあんの?」




悟飯「いやそれがここがどこなのかさっぱりで・・・」




曙「そう。ならアンタうちの鎮守府に来たらどうかしら?」




悟飯「ちんじゅふ?なんだいそれは?」




曙「私みたいな艦娘が住んでいるところよ。」




悟飯「そうなのか。いいのかいそんな所に俺が行っても?」




曙「別に今は提督が居ないし私達だけで鎮守府を運営してるようなものだから皆歓迎してくれるわよ。」




悟飯「じゃあお言葉に甘えてそこに行かせて頂こうかな。」




曙「えぇ。歓迎するわ。」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ここから艦娘を10人くらい登場させるキャラを決めたいのでコメントでどんな艦娘が出て欲しいかリクエストをお願い致します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


後書き

まだ全然ネタ思いつかないんでネタ提供してくれたら嬉しいです


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2020-10-20 23:14:33

桃蜘蛛さんから
2020-10-19 02:22:08

このSSへの応援

1件応援されています


桃蜘蛛さんから
2020-10-19 02:22:09

このSSへのコメント

2件コメントされています

1: 桃蜘蛛 2020-10-19 02:22:30 ID: S:Le83Fr

面白くなりそうな予感がします!
頑張ってください!

2: ただの匿名ですよ(* 'ᵕ' ) 2020-10-19 06:45:37 ID: S:YsP0oa

桃蜘蛛さん応援ありがとうございます!


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください