2015-09-24 22:01:01 更新

概要

胸糞注意です...


前書き

後半は、今までの話とは違って、少し変わった話となります


「はぁ...はぁ...」タッタッタッ



憲兵「逃がすな!捕まえろ!」タッタッタッ



「逃げないと...きゃっ!」ドサッ



憲兵「やっと捕まえたぞ、全くクズみたいな奴だ、な!」ドゴッ



「あぐっ...!」



憲兵「こんな物を盗みやがって!」ドゴッ



「カハッ...」



憲兵「二度とこんなことすんじゃねぇぞ!分かったな!」



「............」



憲兵「返事しろや!」ドゴッ



「あぐっ...分かり...ました...」



憲兵「くそっ!このクズが!」スタスタ



「...こんな世界...無くなっちゃえば良いのに..」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


男「おい、あれは取ってきたんだろうな!」



「...取れませんでした...」



男「はぁ!?この役立たず目!」バキッ



「あがっ!?」



男「お前みたいな役立たずいらねぇよ」



「待って!お願い!次は必ず成功させるから!」



男「お前、何回その言葉言ったと思ってるんだ!あぁん!!」ガシッ!



「く...苦しい...!」



男「お前は邪魔なんだよ!分かったら、とっとと失せろ!」ポイッ



「きゃっ!」ドサッ



「また棄てられちゃった...うう...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「どこに行こう...」トテトテ



女「ねぇ、君」



「?」



女「うちで働かない?」



「...いいんですか?」



女「君、綺麗だし」



「分かりました、働かせて頂きます」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「あの...この衣装は...?」



女「ここで働くときはその衣装を働くんだよ?」



「分かりました」


〈チャリンチャリン


女「おっと、お客様だね、ちょっと待っててね?」



「はい...」



女「さぁさ、お客様、こちらです」



男「!お前は!」



女「おや、この娘を知ってるのですか?」



「!」



男「ああ、こいつには借りがあるからなぁ」



女「あまり傷付けないでくださいね」



「な、何を」



女「あ、いってなかったね、ここ慰安所なの」



「そんな!」



女「食べていくお金がいるんでしょ?」



「...分かりました...!」



女「ではお客様、お時間が来るまでごゆっくり

...」


〈バタン


男「まさか、ここで働いてるとはなぁ...今までの分楽しませてもらおうか」



「!」



男「じゃ、早速ヤらせて頂きましょうかね」グイッ



「きゃっ!」ドサッ



男「ほう、お前〇〇か」



「...」コクッ



男「残念だったなぁ、この俺に今から奪われるなんてよぉ」



「う......うう...」ポロポロ



男「その泣き顔そそるねぇ、そら!貫通式だ!」ズブッ!



「イギッ!?痛い!」



男「うっは!こいつのナカたまんねぇ!」ズブッ!ズブッ!



「うう...」ポロポロ



男「やべぇ...もうイきそうだ!」



「!?ダメ!せめて外に!」



男「それは、無理な相談だなぁ!」



「お願い!ナカに出さないで!」



男「おら!イクぞ!」ドピュッ!ドピュッ!



「いやーーーーー!!」



男「ふう、とりあえず一発目だな」



「うそ...ナカに...ダされた...私...初めてだったのに...」



男「ほれ、休んでる暇ねぇぞ!」ズブッ!



「もういいよ...勝手にして...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~一時間後~


男「ふう...ダしすぎたな...もうスッカラカンだ」



「あ...ああ...」ビクンビクン


〈チリリリリリ!


男「もう時間だな、また頼むぞ」



「あ...う...」ビクンビクン



女「お疲れー...ってやっぱり初めてはきつかったかな?」



女「とにかく、お風呂に連れてかないと」ヨイショ



「もう...やだ...」



女「やっぱり...皆最初はこういうんだねぇ~」スタスタ



女「よいしょ...っと」ゴシゴシ



「ん...?」



女「あ、起きたね」ゴシゴシ



「ここは...」



女「ここは、お風呂だよ」ゴシゴシ



「あ...」



女「ちょっと待っててね、もう身体洗い終わるから」



「うん」



女「よし!洗い終わった!」



「ありがとうございます」



女「お礼なんていいよ、あ、これ今日の給料ね」



「え、こんなに貰っていいんですか?」



女「ええ、その分客からお金を頂戴してるからね」



女「慣れたら大丈夫だと思うから、頑張ってはたらいてね」



「はい」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~一ヶ月後~


客「へへ...これが今日の獲物か...」



「宜しくお願いします」



客「早速だけど」チャキ



「え?」



客「君の身体傷付けさせてもらおうか」チャキ



「ヒッ!」タッ!



客「逃がさないよ!」ガシッ



「きゃっ!」ドサッ



客「ほらほら、君の断末魔を聞かせてよ!」グサッ



「がっ...痛い...!」



客「もっと叫んでよ!」



「あが...カハッ...」



「(意識が...私...死ぬのかな...なら...それならそれで...)」ガクッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


女「ねえ、大丈夫!?」



「...ここは...?」



女「良かった!生きてた!」ダキッ



「私...生きてるの...?」



女「うん!君は生きてるんだよ!」



医者「目を覚ましましたね」



医者「少し席を外して貰ってもよろしいですか?」



女「分かりました」スタスタ



医者「さて、一つお話しなければならないことがあります」



「...なんですか?」



医者「気を落とさないでほしいのですが...貴女が切られたとき、顔の筋肉を切られてしまい、表情を作ることが出来なくなってしまいました...」



「そんな...」



医者「申し訳ありません...私も最善を尽くしたのですが...」



「そうですか...」



医者「私はこれにて、退出させていただきます...」



女「ねぇ、なんて言われたの?」



「もう...表情を作ることが出来ないって...」



女「そんな...」



「私...この仕事辞めてもいいですか...?」



女「分かった...でも君が退院するまで面倒見てもいいかな?」



「はい、ありがとうございます」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~退院当日~


女「退院おめでとう!」



「ありがとうございます」



女「君とはここでお別れだけど...元気で頑張ってね?」



「はい」



女「じゃあ、さようなら」フリフリ



「今までありがとうございました」ペコッ



「...これからどうしよう...」



「お金はまだあるけど...行く宛が...」


〈パサッ


「なにこれ...艦娘候補者募集中...?」



「これなら...何とか...やって行けるかな...?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


研究員「やぁ、君が艦娘立候補者だね?」



「はい」



研究員「早速だけど、テストをしてもいいかな?」



「テスト...?」



研究員「テストといっても、この台に乗ってもらうだけどね」



「こうですか?」



研究員「あと、そのヘッドギアをかぶってね」



「はい」



研究員「よし、じゃ始めるよ」



「分かりました」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


研究員「よし、テスト終了」



「結果はどうですか?」



研究員「結果は合格、今日から君は艦娘だよ」



研究員「それから、今日から君の名前は、睦月型三番艦の弥生だ」



弥生「弥生...」



研究員「それにしても丁度良かった」



弥生「何がですか?」



研究員「君の姉妹になる娘達がね、弥生はまだかー、まだかーと言ってたからね」



弥生「そうですか...」



研究員「姉妹が出来て嬉しくないのかい?」



弥生「嬉しい...?」



研究員「ふむ、君表情は作れるかな?」



弥生「いえ...一ヶ月前の事件で顔の筋肉を切られてしまい...表情を作ることができないんです...」



研究員「そうか、睦月達なら、そんな君を向かえ入れてくれるよ」



弥生「本当ですか?」



研究員「うん、僕が保証するよ」



研究員「それと、これがこれから君の行く場所だよ」スッ



弥生「横須賀...?」



研究員「うん、そこに君の姉妹達もいるよ」



研究員「せっかくだし、横須賀まで送って行くよ」



弥生「ありがとうございます」ペコッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


研究員「ここが横須賀鎮守府だよ」



弥生「大きい...」



研究員「日本で一二を争う鎮守府だからね」



研究員「行っておいで、ここの提督には話はしてある」



弥生「何から何までありがとうございます」



研究員「気にしないで、これが僕の仕事だから」



弥生「では、行ってきます」ペコッ



研究員「行ってらっしゃーい」



研究員「さてと、僕も戻って仕事するかな」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「えっと、ドアを叩けばいいのかな」コンコン



?「はーい、どちら様ですか?」



弥生「こちらの鎮守府に来た、弥生っていいます、こちらの提督には話はしてあると聞いたのですが...」



?「ああ、弥生さんですね、お入り下さい」



弥生「失礼します」



大淀「執務室はこちらにあるので、ついてきて下さい」スタスタ



弥生「分かりました」スタスタ



弥生「あの、ここの提督はどんな方ですか?」スタスタ



大淀「艦娘の皆からの信頼は厚いですよ、とても良い方です」スタスタ



弥生「そうですか...」スタスタ



大淀「?どうかされましたか?」スタスタ



弥生「いえ、何でも無いです」スタスタ



大淀「おっと、そんなことを言っている間に着きました」ピタッ



弥生「ここがですか」



大淀「提督、新任の艦娘を連れて来ました」コンコンコン


〈ああ、入ってくれ


大淀「失礼します、弥生さんを連れて来ました」



弥生「弥生です、宜しくお願いします」ペコッ



提督「君が弥生だね、彼から話は聞いてるよ、君の過去も聞かせてもらった」



弥生「...そうですか...」



提督「今まで大変だったろう?今日はゆっくり休むと良い、部屋は睦月達の部屋と同じだ、ついでに挨拶も済ますといい、大淀、案内してやってくれ」



大淀「分かりました、行きますよ弥生さん」



弥生「はい」バタン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大淀「ここが、貴女の過ごす部屋ですよ、中には睦月さん達がいますよ」



弥生「そうですか...」



大淀「緊張してますか?」



弥生「まあ...」



大淀「大丈夫ですよ、睦月さん、入っていいですか?」


〈どうぞー


大淀「失礼します」ガチャッ



睦月「どうしたんですか?」



大淀「新しく入った艦娘を連れて来ました」



弥生「睦月型駆逐艦三番艦、弥生です、宜しくお願いします」ペコッ



睦月「弥生ちゃんだー!皆ー、弥生ちゃんな着任したよ!!」



卯月「弥生が着任したぴょん!?」ガバッ



如月「あら~、貴女が弥生ね?」



弥生「はい」



如月「そんなにかしこまらなくてもいいのよ?」



弥生「でも...」



睦月「そうだよ!弥生ちゃん!睦月達は、姉妹だからね!」



弥生「姉妹...」



如月「そうよ」



卯月「そうぴょん!卯月と弥生はもう姉妹ぴょん!」



弥生「卯月...変な語尾だね」



卯月「最初の言葉がそれかぴょん!?」



睦月「あはは、弥生と卯月は仲良しだね!」



卯月「そんなことないぴょん!」



弥生「私と卯月はパートナー?」



卯月「ぴょん!?」



如月「ええ、とてもお似合いのパートナーよ」



睦月「そうだよ!」



卯月「二人まで何を言っているぴょん!?」



弥生「宜しくね、卯月さん」



卯月「さん付けはやめるぴょん!何だかもどかしいぴょん!」



弥生「じゃあ...卯月?」



卯月「そっちの方が、合ってるぴょん」



弥生「じゃあ、卯月、宜しくね」



卯月「てか、パートナーは決定なのかぴょん!?」



弥生「」コクッ



卯月「はぁ...分かったぴょん、これから宜しくだぴょん」



睦月「そろそろごはんだね!食堂に行こうよ!」



如月「そう言えば、もうごはんの時間ね、弥生も一緒に行きましょう」



弥生「しょく...どう...?」



卯月「まさか食堂知らないぴょん?」



弥生「うん...」



卯月「なら食堂に連れて行ってあげるぴょん」



卯月「ちゃんとついて来るぴょんよ?」



弥生「うん...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「ここが食堂ぴょん」



弥生「ここが食堂...?」



間宮「あら、新しく来た娘かしら?」



卯月「今日やっと来た弥生だぴょん」



弥生「弥生です、宜しくお願いします」



間宮「弥生ちゃんね、何で無表情なのかしら?」



弥生「ちょっと、いろいろありまして...」



間宮「訳ありね...何があったかは聞かないわ」



弥生「そうしてもらうと、助かります」



間宮「で、何を食べる?」



弥生「何を...食べる...」



間宮「オススメは、この鮭定食ね」



弥生「なら、それで」



間宮「分かったわ、ちょっと待っててね♪」



卯月「弥生は鮭が好きなのかぴょん?」



弥生「鮭って...何?」



卯月「鮭を知らないのかぴょん?」



弥生「うん...食べたこと無い...」



卯月「そこまでなのかぴょん!?」



間宮「お待たせ、鮭定食よ」



弥生「これが鮭?」



卯月「弥生はこれからたくさんのことを学んで行けばいいぴょん」



弥生「うん」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「じゃ、食べるぴょん」



卯月「いただきますぴょん!」



弥生「いただきます...」パクッ



弥生「!!!」キラキラ ポロポロ



卯月「弥生!?何で泣いてるぴょん!?」



弥生「こんなに美味しいの食べたこと無い...!」キラキラ



卯月「無表情で泣かれると中々怖いぴょん!」



弥生「ご、ごめん...」キラキラ



卯月「弥生、こっちのごはんも食べてみるぴょん?」



弥生「うん、食べる」



卯月「ほら、あーんぴょん♪」



弥生「えっ...えっ...?」



卯月「ほら、あーんするぴょん!」



弥生「あ、あーん...」パクッ



卯月「どう?美味しいぴょん?」



弥生「うん!凄く美味しい!」キラキラ



卯月「相変わらず、無表情だぴょんね」



弥生「うん」



睦月「仲良しだね!二人とも!」



如月「ええ、とてもお似合いね」



弥生「そうかな...?」



卯月「もう卯月も否定しないぴょん、弥生といるととても楽しいぴょん!」



弥生「本当に?」



卯月「本当だぴょん!弥生は、最高のパートナーだぴょん!」



弥生「嬉しい!」キラキラ



卯月「まあ...無表情はちょっと勘弁して欲しいぴょん...」



弥生「ご、ごめんね?」



卯月「大丈夫だぴょん!それもひっくるめての弥生だぴょん!」



『弥生、今すぐ執務室まで来てくれ』



弥生「あ、呼び出された」



弥生「ちょっと、行ってくるね」



卯月「行ってらっしゃいだぴょん!」フリフリ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「司令官、弥生来ました」


〈ああ、入ってくれ


弥生「失礼します」ガチャッ



提督「すまないな、呼び出して」



弥生「いえ、大丈夫です」



提督「もしかして怒ってるか?」



弥生「いえ、弥生怒ってなんかいませんよ」



提督「そうか、表情がないから感情が分からないんだ、すまない」



弥生「いえ、謝らないで下さい、それで呼び出した理由はなんですか?」



提督「弥生、睦月達はどうだ?」



弥生「凄く優しくて、楽しいです」



弥生「それに、良いパートナーも出来ました」



提督「ほう、パートナーは誰か聞いてもいいかな?」



弥生「卯月です」



提督「あの問題児か、いやむしろ好都合か」



弥生「司令官?」



提督「卯月はな、お前の様に辛い過去を経験しているんだ」



弥生「卯月が...?」



提督「親は、卯月が三歳の時に亡くなってな、お前より一年早く、艦娘になってるんだ」



提督「だから、同じ境遇のお前と接しやすいんだろうな」



弥生「卯月...」



提督「まあ、嘘ついたり、いきなり脅かしてきたりして来るが我慢してやってくれ、卯月なりのじゃれあいなんだ」



弥生「大丈夫です、卯月は弥生のパートナーですから」



提督「そうか、なら安心だな」



弥生「もう、卯月の所に戻ってもいいですか?」



提督「ああ、楽しくやるんだぞ」



弥生「はい」バタン



提督「はぁ...弥生...かぁ...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「あ、弥生、お帰りだぴょん!」



弥生「ただいま、卯月」



卯月「ふっふっふっ」



弥生「どうしたの?」



卯月「卯月は弥生にピッタリのあだ名を考えたぴょん!」



弥生「あだ名...?」



卯月「あだ名は弥生と卯月の仲の良さを表すものだぴょん!」



弥生「へぇ...」



卯月「これから弥生のあだ名は『やよぴょん』だぴょん!」



弥生「やよ...ぴょん...?」



卯月「気に入ったかぴょん?」



弥生「...!うん!」



卯月「しかし無表情だぴょん」



弥生「しつこい」ベシッ



卯月「痛いぴょん!何するぴょん!」



弥生「これから表情に触れたら、チョップを一発くらわします」シャキーン( ・`ω・´)



卯月「何でだろう...幻覚で弥生の表情が見えるぴょん...」



弥生「せい!」ベシッ



卯月「うぴょん!?」



弥生「ふふ...」



卯月「しかしむhy「せいや!」



卯月「うぴゃーーー!!?」アタマオサエ



皐月「あ、卯月ねぇじゃないか、そっちは?」



卯月「やっと来た弥生だぴょん!皐月のお姉ちゃんだぴょん!」アタマオサエ



皐月「やっと来たんだね!...あと、卯月ねぇは何で頭おさえてるの?」



卯月「頭をやよぴょんにチョップされたぴょん!」アタマオサエ



弥生「弥生です、宜しくお願いします」



皐月「皐月だよ!よろしくな!」



弥生「ちなみに、原因は卯月です」



皐月「だろうね」ジトー



卯月「なんだぴょん!?そんな怪しいひとを見る目は!?」



皐月「自分の心に聞いてみるといいよ」



弥生「弥生もそう思う」



卯月「二人とも酷いぴょん!」



皐月「あと、提督から聞いたよ、今まで弥生って大変だったんだね、もう安心していいよ!僕たちがいるからね!」



弥生「ありがとう、皐月」



卯月「あ、そろそろ就寝時間が近づいてるぴょん、部屋に戻るぴょん」



弥生「部屋...」



卯月「弥生は卯月達と同じ部屋だぴょん!」



皐月「そろそろ戻らないと起こられるよー」



卯月「ほらほら、卯月について来るぴょん!」タッタッタッ



弥生「うん」タッタッタッ



皐月「待ってよー!僕を置いてかないでよー!」タッタッタッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「はぁ...はぁ...」



睦月「遅いですよ!三人とも!」(`Δ´)



卯月「鎮守府内を散歩してたら、遅くなっちゃったぴょん...はぁ...」



皐月「こんなんでバテるなんて、まだまだ弱いね~」



卯月「いつも筋トレしてる皐月に勝てる訳無いぴょん!」



如月「ほらほら、寝るわよ」



睦月「あ、弥生ちゃんのベット無いけどどうする?」



如月「うふふ、それなら心配ないわ、卯月のベットに寝るのだもの」



卯月「うぴょん!?卯月のベットで寝るのかぴょん!?」



如月「ええ♪」



弥生「ベット...初めて...」キラキラ



卯月「そんなにキラキラされると、凄く困るぴょん...」



睦月「ねぇ、今までどこで寝てたの?」



弥生「公園のベンチとか、路地裏で段ボールかぶって寝たりしてた」



弥生「でも、この前は部屋でお風呂に入れてもらったり、布団で寝させてもらった、ベットは初めてだから楽しみ♪」キラキラ



卯月「寝させてくれた人は優しかったかぴょん?」



弥生「嫌な仕事させられたけど、その分沢山お金をくれて、病院では退院するまで面倒みてくれて凄く優しかった♪」



卯月「お母さんのような人だぴょんね?」



弥生「そうなのかも...」



大淀「消灯時間ですよー!皆さん寝てくださーい!」



睦月「ほらほら!睦月達も早く寝ないと!」



卯月「もう!弥生!卯月のベットに入って来るぴょん!」グイグイ



弥生「あ...」



卯月「どうぴょん?心地良いぴょん?」



弥生「うん!」



大淀「卯月さん!弥生さん!もう消灯時間です!寝て下さいね!」ガチャッ



卯月「はーい!」バサッ



弥生「はい...♪」バサッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ある夏の日、可愛らしい女の子が大きな産声をあげて産まれてきました

女の子のお母さんは大喜び、お父さんは感動しすぎて声も出ていませんでした

その女の子の名前は...


~~翌朝~~


卯月「うーん...今何時だぴょん?」



弥生「おはよう、卯月」



卯月「やよぴょん...いつから起きてたぴょん?」



弥生「二三時間前から」



卯月「!?流石に早すぎるぴょん!」



卯月「まだ7時ぴょんよ!?」



弥生「だって、いつも日が昇る前には起きてたから...」



卯月「弥生には、驚くことが沢山ぴょん...」



大淀「皆さーん!起床時間ですよー!」



卯月「睦月達、起こさないと...ほら、睦月起きるぴょん」ユッサユッサ



弥生「如月も起きて」ユッサユッサ



如月「あら...もうこんな時間...?」



卯月「ほら皐月も起きるぴょん」ユッサユッサ



皐月「うーん...あと一時間...」ムニャムニャ



卯月「さっさと起きるぴょん!」ベシッ



皐月「痛っ!?もう!何すんだよー!」



卯月「さっさと起きない皐月が悪いぴょん」



睦月「そうだよ~...早く起きないと~...」ムニャムニャ



卯月「睦月もちゃんと起きるぴょん!」ベシッ



睦月「にゃし!?」



如月「望月達も起きてるかしら?」



長月「大丈夫だ、起きている」ガチャッ



望月「うーっす、起きてるよ~」



菊月「全く...全然起きなかった奴が何を言っている...」



望月「も~、何でバラすんだよ~」



長月「1人見なれない奴がいるな、誰だ?」



弥生「睦月型駆逐艦三番艦、弥生です」



望月「おー...やっと来たんだね~」



菊月「かなり待ったぞ」



弥生「待たせたみたいでごめんなさい...」



長月「心配するな、こいつの戯れ言だ」



菊月「酷いな!」



望月「まあ、こんなんだけどよろしくね~」



弥生「はい、よろしくお願いします」ペコッ



長月「そんなにかしこまらなくてもいい」



菊月「ああ、今では姉妹なのだからな」



睦月「にゃししし!皆は睦月の妹にゃし!」



長月「私的には如月の方が、姉らしいがな」



睦月「長月、酷い!」



弥生「そろそろ、朝ごはん食べにいかないと...」



卯月「そうだぴょん!こんな所で雑談してる場合じゃないぴょん!早く行かないと食堂が閉まっちゃうぴょん!」



如月「そうね、皆行きましょう」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「間宮さーん!」



間宮「あら、卯月ちゃん、弥生ちゃんも一緒ね♪どう?もう溶け込めたかしら?」



弥生「はい、皆のおかげです♪」



間宮「なら、良かったわ♪注文は何にするのかしら?」



卯月「蕎麦でよろしくだぴょん!」



弥生「昨日と同じやつで」



間宮「蕎麦と鮭定食ね、ちょっと待っててね、伊良湖ちゃん!蕎麦お願いね!」


〈分かりました!


卯月「弥生、ここはどうぴょん?」



弥生「どうって?」



卯月「過ごしやすいぴょん?」



弥生「うん、ご飯は美味しいし皆も優しいし...」



卯月「ならよかったぴょん!」



弥生「卯月ってさ...」



卯月「なんだぴょん?」



弥生「艦娘になる前は、何をしてたの?」



卯月「卯月は、小さい時に両親が死んじゃったから、いつも働いてたぴょん、だから、弥生の気持ちはよくわかるぴょん」



弥生「そうなんだ...」



卯月「流石に、表情を作れなくなるほどの出来事が無かったけど、いつもお金を稼ぐだけで大変だったぴょん」



弥生「表情を作れなくなったのは...顔の筋肉を切れられたからなんだ...」



卯月「何があったぴょん?」



弥生「仕事で働いてたら、ナイフを持ってきた人が襲いかかって来てそのときに切られたんだ...」



卯月「大変だったぴょんね」ナデナデ



弥生「な、何...?」



卯月「こうしたら、心地よくなるって如月が言ってたぴょん!」



弥生「あ、確かに心地いいかも...」



卯月「ふっ...やはり卯月のなでなでは最強だぴょん!」



弥生「ねぇ、弥生も卯月のあだ名を考えたんだけど、いいかな?」



卯月「なんだぴょん!なんだぴょん!?」



弥生「うーちゃん...なんてどうかな?」



卯月「うーちゃん...うーちゃん...」



弥生「嫌だった...?」オロオロ



卯月「うーちゃん...!いい響きだぴょん!」



弥生「良かった...」ホッ



卯月「これから卯月は、うーちゃんだぴょん!」



弥生「弥生は、やよぴょんで」



卯月「卯月は、うーちゃん!」



弥生「二人合わせて...」



卯月「うーやよだぴょん!」



間宮「あらあら、いい響きじゃない♪」



卯月「ぴょん!?いつから聞いていたぴょん!?」



間宮「弥生ちゃんが卯月ちゃんにあだ名を付けるところからよ♪」



弥生「そんなところから聞かれていたなんて...」



卯月「卯月、一生の不覚だぴょん...」



間宮「いいじゃない、二人ともすっかり姉妹じゃない♪」



弥生「間宮さん、注文した料理は?」



間宮「もう、持ってきているわ♪鮭定食とお蕎麦よ」コトッ



卯月「いただきまーす!」チュルルル



弥生「いただきます」パクパク



間宮「どう?美味しく出来てる?」



弥生「はい、凄く美味しいです」



間宮「良かった、これから他の注文もあるから、またあとでね♪」



卯月「やよぴょん!うーちゃんが気に入ってる秘密の場所を教えてあげるぴょん!」



弥生「秘密の場所?」



卯月「そうだぴょん!まだうーちゃんしか知らない秘境だぴょん!」



弥生「へぇ~」



卯月「ほら!やよぴょん!ついてくるぴょん!」タッタッタッ



弥生「あ、ま、待って!」タッタッタッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「いいの?勝手に鎮守府を出てきて...」



卯月「うーちゃんはいつも出てきてるぴょん!」



弥生「うーちゃんはね...」



卯月「あ、ここは上が低いから頭に気を付けるぴょんよ?」



弥生「うん、わかってr 痛っ...!」



卯月「気を付けろって言った途端、頭をぶつけたぴょん...」┐(´д`)┌



弥生「こんな洞窟にどんな秘境があるの?」イテテ



卯月「そろそろだぴょん!」



弥生「え?」



卯月「ほら!あそこの穴を抜けたら見えるぴょん!」



弥生「急がないと...」



卯月「何で急ぐ必要があるぴょん?」



弥生「だって、司令官に怒られるし...」



卯月「やれやれ、そんなことを気にしてたら負けだぴょん」┐(´д`)┌



弥生「うーちゃんはいつも怒られてるからいいけど...」



卯月「いつもうーちゃんが怒られてるっていう、風評はやめるぴょん!」



弥生「え?いつも怒られてるでしょ?」



卯月「うっ...」(図星)



弥生「やっぱり」



卯月「そ、そんなことよりほら!あれだぴょん!」



弥生「これが秘境...?」



卯月「そうだぴょん!驚いたかぴょん?」



弥生「ここの近くにこんな所があったんだ...」



卯月「でも、早く洞窟から出ないといけないぴょんよ?」



弥生「?」



卯月「満潮時はこの洞窟は沈んじゃうぴょん」



弥生「ならもう出ないといけないと思う」



卯月「どうしてだぴょん?」



弥生「もう海水が入ってきてるから...」



卯月「...」チラッ


水面〈そろそろ足首までとどくで~


卯月「急いで出るぴょん!」タッタッタッ



弥生「うん!」タッタッタッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「はぁ...何とか出れたぴょん...」



弥生「た、助かった...」



卯月「全く...今日は厄日だぴょん...」



弥生「まあまあ...」



提督「ああ、厄日だな♪」



卯月「提督?何でここに居るんだぴょん!?」



提督「俺がお前の行く所、わからないとでも思ったか?」


卯月「うぅ...」



提督「それに弥生もだ」



弥生「はい...」



卯月「ま、待つぴょん!弥生は何も悪くないぴょん!怒るならうーちゃんだけにするぴょん!」



提督「うーちゃん...?



卯月「弥生に付けてもらった新しいあだ名だぴょん!」



提督「そうか、それにしても珍しいな、卯月が他人をかくまうなんて」



卯月「弥生はうーちゃんの新しい友達だぴょん!それにうーちゃんのせいで弥生が怒られるのは見たくないんだぴょん!」



提督「そうか...卯月」



卯月「......!」



提督「良い友達を持ったな」ナデナデ



卯月「へっ......?」



提督「ん?どうしたんだ?」



卯月「うーちゃんを...怒らないのかぴょん?」



提督「確かに卯月は怒られるようなをしたが、

お前は弥生が来てから、凄く明るくなったからな」



弥生「弥生が...?」



提督「ああ、多分寂しくて...」



卯月「あー!あー!うーちゃんの恥ずかしい過去をバラすなぴょん!///」



弥生「うーちゃん...そうだったんだね...」ナデナデ


卯月「弥生までうーちゃんを撫でるなぴょん!///」



弥生「分かった」スッ



卯月「あ...」シュン



弥生「どうしたの?うーちゃん?」ニヤニヤ



卯月「弥生...分かってやってるぴょんね...?」シュン



弥生「ごめんごめん♪」ナデナデ



卯月「うぅ...///」



提督「ほらほら二人とも、こんな所で戯れてないで鎮守府に戻るぞ」



卯月・弥生「はーい」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


女の子が5歳の時でした。

女の子の両親が交通事故で亡くなってしまい、女の子は頼れる身寄りもおらず、放浪の身となり各地を転々としていました。時には、犯罪を犯し、時には、アルバイトで働いたりもしました。次第に女の子は、あることを考える様になりました。

『私は何で生まれて来たの?家族はすぐに死んで、私は...ひとりぼっちなのに...』と


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「ん...?」パチッ



弥生「ここは何処?」キョロキョロ



「弥生...弥生...!」



弥生「誰...?」



「全く...母を忘れたの?」



弥生「お母......さん...?」



「ええ♪お父さんも居るわ♪一緒に行きましょ?」



弥生「うん♪」



「ダメ!弥生!行っちゃダメ!」



弥生「え?」



「どうしたの?弥生?」



弥生「誰かが私を...呼んでる?」



「弥生!そっちに行っちゃダメ!」



弥生「ダメ...?どうして?」



「弥生、行きましょ」



弥生「え、でも...」



「いいから!さっさと行くの!」



弥生「お母さん...怖い...」



「お願い!弥生!こっちに来て!!」



「弥生!!こっちに来るの!」



弥生「...っ...!」タッタッタッ



「弥生!どこ行くの!」



弥生「お母さん...ごめんなさい...!」タッタッタッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「っ!!!」ガバッ!



卯月「.........zzz」スウスウ



弥生「夢...?良かった...」ホッ



弥生「今何時だろ」スッ


時計〈午前4時やで


弥生「4時か...起きよう」ムクッ



弥生「あ...」チラッ


机の上〈ゴミまみれやで!はよう片付けや!


弥生「皆寝てるから、片付けておこ...」カチャカチャ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「ふぅ...まずは一段落かな」



弥生「今の時刻は...」


時計〈まだ30分しか経ってないで!


弥生「少し、外の様子を見に行こう」ガチャッ



弥生「あ、このままじゃ怒られるかな?書き置きをしていこう」



弥生「『少し風に当たって来ます』っと」カキカキ



弥生「じゃあ、行ってきます」ガチャッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


提督「ふぅ、やっと書類が終わった」



提督「寝れていないから、四時間程寝るとするか」スタスタスタ



提督「ん?あれは...弥生か?どうしてこんな時間に外に居るんだ?少し様子を見に行こう」スタスタスタ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「ここの波止場で時間を潰そう」ストン


ザァーー サバーーン


弥生「波の音...やっぱり心が落ち着く...」



提督「オーイ!弥生ー!」



弥生「提督?どうしたんですか?」



提督「それはこっちのセリフだ、どうしてこんな所に居るんだ?」



弥生「あまりに早くに起きてしまったので、ここで時間を潰していました」



提督「そうか、それでもまだ起床時間でもないのにここに居たらダメじゃないか」



弥生「ごめんなさい、でもここで波の音を聞いていると心が落ち着くんです」



提督「波の音?」



弥生「はい、突然音が大きくなったり、小さくなったりする変化を聞いているだけでも、楽しいんです」



提督「そうか、なら俺も一緒についててやる」



弥生「提督?」



提督「弥生一人でここに居させるのも、なんだか危なっかしいからな」



弥生「ありがとうございます」ストン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


提督「......」ウトウト



弥生「提督?眠たいのですか?」



提督「......んあ?すまない少し寝てしまったようだ」



弥生「提督」ポンポン



提督「?」



弥生「私の膝の上に頭を置いても良いですよ」



提督「だが...」



弥生「私は大丈夫ですから」



提督「...分かった、少し弥生の膝の上で寝させてもらおう」コテン



弥生「どうですか?私の膝の感触は?」



提督「ああ、凄く心地よい...」ウトウト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「ウーン...」ゴソゴソ...



卯月「ふぁ~...」ノビー



卯月「弥生~...弥生...?」ゴソゴソ...



卯月「あれ...?どこいったぴょん...?」



卯月「ん...?なんだぴょん...?」



『風に当たって来ます 弥生』



卯月「弥生は外に行ったぴょんか...」ノビー



卯月「ふぁ~...ちょっと探しに行ってみるぴょん...」ウトウト



卯月「......」ウトウト


〈ゴン!


卯月「ぴょん!?」オデコオサエ



卯月「うー...何でこんな所に壁があるんだぴょん!?」ウズクマリ



卯月「いたた...扉はあっちだぴょん...」スタスタスタ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「弥生~、弥生~どこだぴょーん?」



卯月「んー、ここにはいないのかぴょん?」



卯月「?あれは?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


男「よし、これが書類か...」



子分「はい、兄貴」



男「よし、後はずらかるだけだな」



卯月「そこで何やってるぴょん!」



男「な!?バレたか!?」



卯月「!それは!」



卯月「何でお前達がそれを持ってるぴょん!」



男「ちっ!やっちまえ!」



子分「へい!」



卯月「うーちゃんはお前たちに何か負けたりしないぴょん!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「?なんの音だろう...?」



提督「......zzz」



弥生「提督、起きて」ユッサユッサ



提督「...ん...?」



弥生「少し気になることがあるので、起きて下さい」



提督「ふぁ~...、すまないどれくらい寝ていた?」



弥生「一時間ちょっと」



提督「そうか、なら私は執務室に戻るとしよう、じゃあな」



弥生「はい♪」フリフリ



弥生「さてと...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「はぁ...はぁ...!」



子分「ふん、子供の癖にしぶといじゃないか」



男「だが、もう終わりだ」ガシッ



卯月「は、放せぴょん...!」ジタバタ



子分「おら、黙ってろ!」バチッ



卯月「あがっ...や...弥生.........」ガクッ



男「よし、こいつも連れていけ」



弥生「待て!!」



男「!お前は」



弥生「何でお前が...!」



男「ほう...艦娘になってるとは」



弥生「卯月を返して!」



男「それは無理だ、艦娘は高い値で売れるからな」



弥生「だったら...!」ブン!



男「よっと」ガシッ



弥生「この...!」ググッ



男「ふん、力は前から変わってないか」ポイッ



弥生「きゃっ!」ドサッ



弥生「卯月を返せ!!」



男「そんなにこいつが大切か?」



弥生「卯月は!私の大切な友達なの!!」



男「ならお前も一緒に連れて行ってやる」ググッ



弥生「ぐっ...!」ジタバタ



男「ほら足掻いてみろ、このままだと首をへしおっちまうぞ!」ググッ!!



弥生「あ...かはっ...」ジタバタ...



男「ほらほら!」ググッ!!



弥生「あ...が......」



弥生「......っ......」ダラン...



男「ふん、気を失ったか」



子分「こいつはどうしますか?」



男「連れて行け、こいつも売り物に出す」



子分「分かりやした」タッタッタッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「んん......」パチッ



弥生「んむーーー!!?」



男「起きたか、ここはお前達の売り場だ、既に買い手は決まっている」



女「この子達?」



男「ええ、そうです」



女「そう...」ジーー



弥生「んむ!?」



女「連れて帰ってもいいかしら?」



男「ええ、後はご自由に...では」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


女「よいしょっと」ホドキホドキ



弥生「んあ!はぁ...はぁ...」



女「大丈夫?」



弥生「貴女は...」



女「久し振りだね♪」



弥生「助けてくれたんですか...?」



女「うん、売られてたのを見つけたからね」



弥生「ありがとうございます」



女「それにしても良かったね~、私が見つけてなかったら滅茶苦茶されてたわよ」



弥生「はい...あ!卯月」



女「連れの子?それならもう起きてるわよ」



卯月「弥生!」



弥生「うーちゃん!」ダキッ



卯月「弥生...痛いぴょん」



弥生「あ、ごめん...」グゥゥゥゥゥ



女「お腹空いたでしょ?」



卯月「うーちゃんは、ご飯と鮭があればそれで充分だぴょん!」



弥生「私も、うーちゃんと同じものを」



女「ご飯と鮭ね?分かったわ♪」



弥生「ねぇ...うーちゃん...」



卯月「ん?どうしたんだぴょん?」



弥生「ごめんね?怖い目に会わせちゃって...」



卯月「弥生は何も悪くないぴょん!」



卯月「うーちゃんが不甲斐なかったからだぴょん!」



弥生「でも...」



卯月「弥生に責任はないぴょん!」ナデナデ



弥生「卯月...?」



卯月「この前のお返しだぴょん♪」ナデナデ



弥生「......//////」



女「あら~、仲良いわね~」



女「ほら、鮭にご飯よ♪」



弥生・卯月「いただきます(ぴょん)!」



女「ねぇねぇ、君達ってどこの鎮守府に着任してるの?」



卯月「うーちゃん達は、舞鶴の鎮守府にいるぴょん!」



女「へぇ...舞鶴かぁ...」



卯月「それがどうしたんだぴょん?」



女「ううん、明日送ってあげるよ」



弥生「本当ですか!?」



卯月「やよぴょん!やったぴょんね!」



弥生「うん!」



女「そろそろ、寝ない?」



卯月「そういえば、うーちゃんは眠くなって来たぴょん...やよぴょん...一緒に寝るぴょん...」グデェ...



弥生「はいはい...すみません、寝るところって何処ですか?」



女「それなら、あのベッドを使うと良いよ♪」



弥生「ありがとうございます、ほら歩いて」



卯月「ううん...えへへ...♪」



弥生「全く...」ズリズリ



女「ほら、私も手伝ってあげるから」ヨイショ



弥生「ありがとうございます」



卯月「やよぴょん...暖かい...♪」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ある日、少女にとある転機がやってきました

道端で衰弱していた所を、夫婦が拾ってくれたのです

女の子は、感動のあまり涙が止まりませんでした

しかし、それは長く続くことはなく、またどん底へと落ちて行くのでした...


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


〈チュンチュン



弥生「ふぁ......」ノビィィィ



卯月「やよぴょん...♪」ギュッ



弥生「今は...?」



女「おはよう、今は8時だよ」



弥生「あ、おはようございます」



女「ご飯はもう作ってあるから、隣の子を起こして食べなさい」



弥生「はい」



弥生「ほら、起きて」ユッサユッサ



卯月「うぴゃぁぁぁ......?」ノビィィィ



弥生「朝御飯だよ~」ユッサユッサ



卯月「朝御飯...?」



弥生「そうだよ」



卯月「んん~~~」ノビィィィ



女「眠たそうだねぇ...」



卯月「弥生に抱きつくと凄く寝付きが良いぴょん...♪」



弥生「えへへ...///」



卯月「ただし、無表情である」キリッ



弥生「せいっ!」ベシッ



卯月「うぴゃん!?」アタマオサエ



弥生「ふふん♪久しぶりにやりました♪」



女「ほらほら、早く食べなさい」



弥生・卯月「はーい♪」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「ごちそうさまでした」



卯月「ごちそうさまだぴょん」



女「よし、ならそろそろ鎮守府に行こうか♪」



弥生「はーい」



卯月「何に乗って行くんだぴょん?」



女「ん?この車だよ」



車〈ドジャァァァン!



弥生「た、高そう...」



女「実際高かったよぉ~」



卯月「その服はどうしたんだぴょん?」



女「これ?ちょっとねぇ~」



女「ほら、乗って乗って、行くよ~」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「鎮守府に帰って来れた...!」



卯月「やったー!」



女「ふぅ...それじゃあ、ここの偉いさんと話してくるね」スタスタ



卯月「いってらっしゃーい」フリフリ



弥生「さてと、睦月達に心配かけちゃったね、謝りにいこうか」



卯月「うん♪」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「はぁ...あんなことが起きるなんて...今日は厄日だぴょん...」



弥生「生きて帰って来れたから、それだけでも良かったでしょ、ね?」



卯月「うーー...」



弥生「やれやれ...」ナデナデ



卯月「うぴゃん!?」ビクゥ



卯月「......えへへ...♪」



弥生「ほら、部屋に着いたよ」



卯月「はぁ...ねぇやよぴょん、聞き耳たててみない?」



弥生「どうして?」



卯月「中の様子が気になるに決まっているからだぴょん!」



弥生「ほんと、卯月は変わらないね」



卯月「むふふ~」


~~聞き耳中~~


睦月「卯月ちゃん...弥生ちゃん...何処いったの...」グスッ



如月「大丈夫よ、睦月ちゃん、必ず二人は帰ってくるわ」ナデナデ



菊月「そうだぞ睦月、あいつらなら大丈夫さ」



望月「そうそう、卯月は私たちの中で一番、長生きしたんだからさ」



長月「全くだ、帰ってきたら叱ってやらないとな」



如月「そういや、三日月ちゃんは?」



長月「三日月なら、今遠征中だ、そろそろ帰ってくると思うが...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「やっぱり怒ってるぴょん...」



弥生「ほら、さっさと中に入って謝ろうよ」



?「そこで何してるんです?」



卯月「やばっ、三日月...」



三日月「卯月と...そちらは?」



弥生「弥生です、はじめまして」



三日月「はじめまして、で、お二人は何で部屋の前に居るんです?」



卯月「そ、それは...」



三日月「それに、睦月達に心配かけたんでしょう?」



三日月「さっさと入って謝って下さい」



弥生「そうだよ、ほらうーちゃん、入ろ?」



卯月「...うん...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


睦月「早く帰って来ないかな...」



如月「大丈夫よ、すぐに帰ってくるわ」ナデナデ



〈コンコン



長月「ん?誰だ?」



三日月「三日月です、遠征から帰って来ました、それとお客さんが居ますよ」



長月「お客?入ってくれ」



三日月「失礼します」ガチャッ



長月「お客とは誰なんだ?」



三日月「それなら私の後ろに...あれ?」



弥生「ほら、うーちゃん、皆が居るよ」



卯月「うー...でも...」



如月「卯月...?」



卯月「ぴょーーー!?」ソソソッ



弥生「もう見つかったんだから、隠れなくても...」



卯月「うー...」



如月「おかえりなさい...二人とも...」ダキッ



弥生「た、ただいま...」



卯月「ただいまだぴょん...」



睦月「弥生ちゃーん!卯月ちゃーん!」ダキッ!!



弥生「わふっ...睦月...」



睦月「良かった...良かったよ~!」



弥生「ごめんなさい...心配かけて...」



菊月「ああ、全くだ...心配したんだぞ...」



長月「全く...私達の姉は妹に心配をかけるのが、大好きらしいな...戻ってきてくれて良かった...」



弥生「うん...」



卯月「はわわわわ...」



睦月「あれ?何で卯月はあんなに震えてるの?」



望月「今まであんまり心配されたこと無いから、どう反応すればいいか分かんないんでしょ?」



三日月「確かに、あまり卯月の心配はしたことありませんでしたからね」



弥生「ほらうーちゃん、皆心配してくれてるよ、怒ってないから...ね」



卯月「.........」スタスタスタ



卯月「皆...ごめんなさい...ぴょん...」ペコッ



弥生「よしよし、ちゃんと謝れたね♪」ナデナデ



卯月「うん...♪」



如月「あらあら...♪」



皐月「二人とも~、司令官にはもう会ったかい?会ってなかったら、凄く心配してたから、早く行ったほうが良いよ」



弥生「そうだ、うーちゃん。司令官にも会わないとね。行こう」



卯月「うん...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


提督「心配だ...無事なのか...?あの時、俺が一緒についていれば...」



〈コンコン



提督「誰だ?」



〈.........



提督「誰か居るのか?」ガチャッ



弥生「.........」



卯月「.........」



提督「お前達...何処に行っていたんだ!こっちは心配したんだぞ!!」



弥生「ごめんなさい...」



卯月「ごめんなさい...ぴょん...」



提督「良かった...!無事で良かった...!!」ダキッ



弥生「司令官...」



卯月「うぅ......」グスッ



女「失礼しまーす...って、お取り込み中?」



提督「あ、いや、良いぞ、君が新しく着任した艦娘かな?」



弥生「え?



女→古鷹「はい!新しくこの鎮守府に着任した、古鷹型重巡用艦一番艦、古鷹です!」



弥生・卯月「ええぇぇーーー!?」



提督「ん?どうした?二人とも」



弥生「えっ...だっ...えぇ?」



卯月「もううーちゃんの頭は、爆発寸前だぴょん...」



古鷹「あはは...ちょっと二人には迷惑をかけちゃったかなぁ...?」



弥生「い、いえ凄くお世話になりました!」



卯月「でも...何で艦娘に?」



古鷹「いやぁ、元から艦娘の資格はあったんだけどね?施設に行く機会が無かったから...でも、君達を送るときになんなら艦娘になろっかなって」



弥生「へぇ...」



古鷹「ということで、これからは重巡古鷹として、よろしくね」



弥生「よろしくです」



卯月「よろしくだぴょん」



提督「さて二人とも、帰ってきて早々どたばたしている暇は無いぞ」



弥生「?どうしてですか?」



提督「今日は大本営から元帥殿がいらっしゃるんだ。歓迎の用意もしなければいけないからな」



弥生「分かりました。何をすればいいですか?」



提督「そうだな。玄関の掃除を頼んで良いか?もし、元帥殿がいらっしゃったら、この執務室にお連れしてほしいんだ」



弥生「了解です」



卯月「うーちゃんはどうすればいいぴょん?」



提督「そうだな...卯月は料理の手伝いでもしてくれないか?」



卯月「了解だぴょん!」(`・ω・´)ゞビシッ!!



提督「よし、頼もしいな」ナデナデ



卯月「えへへー」



古鷹「私は?」



提督「君はまだ着任確認の書類をかけていないから、今日は部屋でじっとしていてくれるか?」



古鷹「わかりました...」(´・ω・`)



提督「では解散!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「司令官は執務室にお連れしろって言ってたけど...私なんかが出来るかなぁ...」ザッザッ



弥生「それに...何より、落ち葉がとても多い気がする...」ザッザッ



弥生「早く掃除しないと...」ザッザッ!!



卯月「やよぴょん!」



弥生「ひゃっ!?」ビクッ!!



卯月「えへへ、驚いたかぴょん?」



弥生「はぁ...はぁ...心臓止まるかと思ったぁ...」



卯月「ふふ、脅かし大成功だぴょん!」(`・ω・´)ゞビシッ!!



弥生「もうー!それで、うーちゃんはもう料理をお手伝い終わったの?」



卯月「バッチリだぴょん!一生に一度の、渾身の出来だぴょん!」<(`^´)>エッヘン



弥生「なら、掃除手伝ってよ。落ち葉の数が多くて、一人じゃ間に合わないかも...」



卯月「まっかせるぴょん!」ザッザッ!!



弥生「助かるよ♪」



卯月「そいそいそい!」ザッザッザッザッ!!



弥生「おおーーー!!」



卯月「はぁ......はぁ......どうだぴょん...!これが...うーちゃんの実力だぴょん...!」ゼェセェ



弥生「......あの、うーちゃん?」



卯月「なんだぴょん...?」ゼェセェ



弥生「手伝ってくれたのは嬉しいんだけど...」



卯月「?」ゼェセェ



弥生「風で落ち葉飛んでっちゃった...」



卯月「.........」



弥生「.........」



卯月「」ガクッ orz



弥生「ちょ!?うーちゃん!?」



卯月「うーちゃんはもう燃え尽きたぴょん...やる気を削がれたから、体を動かす力も無いぴょん...」



弥生「もう中で休んでて良いから!あとは私がやるから、ね?」



卯月「頑張れぴょん...」ガクッ



弥生「はぁ...とりあえず、そこの椅子に座らせておこ...」ヨイショ



弥生「そーっと...そーっと...」



弥生「よし、何とか椅子に座らせさせることが出来た...」



ブゥゥゥゥゥゥン!



弥生「あっ...!不味い。元帥さん来ちゃった...!」



ガチャッ



秘書「お供の者は、いかがなさいましょう」



元帥「いや、私一人で行くよ」



秘書「そうですか。お気をつけて」ペコッ



元帥「やあ、君が案内人かな?」



弥生「はい、執務室まで案内させて頂きます」



元帥「そうか。隣の娘は?」



弥生「卯月です。申し訳ありません。只今、昼寝をしておりまして...」



元帥「いや、大丈夫だ。ゆっくりと寝させてあげるといい」



弥生「ありがとうございます」



元帥「先に厠に向かってもらってもいいな?少し、用を足したくなってきてな」



弥生「分かりました。では、ご案内します」スタスタスタ



元帥「......フフッ...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弥生「元帥さん。ここが男性用の厠です」



元帥「そうかそうか...」グイッ!!



弥生「えっ...!?」



ガチャッ! バタン!



元帥「!」グイッ



弥生「きゃっ!!」



元帥「グフフ...」ジュルリ



弥生「一体何を!!」



元帥「見て分からんか?今からお前を犯そうとしているのだ」カチャカチャ



弥生「犯そ...!?」



元帥「ほら、早速だがこれをしゃぶれ」ボロン



弥生「ひっ!?」



元帥「さっさとしゃぶらんか」グイッ



弥生「い、嫌です!」グググッ!!



元帥「そうか、なら力づくだ」グイッ!! ズブブッ!!



弥生「おぶっ....!?」



元帥「どうだ?私の得物の味は?」ジュブ!ジュブ



弥生「むぐっ...!~~~!!」



元帥「ほれほれ、さっさとせんと窒息してしまうぞ」ジュブ!ジュブ!



弥生「おぇ...!うぅ......!」



元帥「よし、喉の奥深くへ射精してやろう」ジュブ!ブュブ!



弥生「うぇ......!?」



元帥「それ!ダすぞ!」ドピュッ!ドピュッ!



弥生「おぶ...!?ぁぁ......!!」



元帥「ふぅ...どうだ?私のモノの味は?」ボチュッ



弥生「おえぇぇぇ!げほっ!げほっ!」



元帥「せっかく射精してやったのに吐き出したのか?ならもう1回射精してやろう」ズブブッ!!



弥生「おぶっ......!?」



ガチャガチャ!



弥生「!?」ビクッ!!



元帥「おや、誰か来たようだ」ジュブ!ブュブ!



元帥「バレたくなかったら、静かにしていることだな」ジュブ!ブュブ!



提督「あれ?誰か入ってるのか?」



元帥「私だよ。提督くん」ジュブ!ブュブ!



提督「げ、元帥殿!申し訳ありません!」



弥生「(気づいて!司令官!)」



元帥「いや、こちらも勝手に厠を借りて悪かったな。なんせもう私も年なんだ。やけに用を足したくなってしまってね」ジュブ!ブュブ! ドピュッ!ドピュッ!



弥生「~~~!?」



提督「そ、そうですか。そういえば弥生はどこに居るのですか?元帥殿の案内をさせていたはずですが...」



弥生「(喉が...!ぐるじい......!)」



元帥「ああ、彼女か。彼女も厠に行くと言っていたよ」ジュブ!ブュブ!



提督「そうですか。では、執務室でおりますので、弥生が執務室まで案内してくれると思います」



元帥「ああ、ありがとう」ジュブ!ブュブ!



提督「では!」スタスタスタ



元帥「......行ったか?」ジュブ!ブュブ! ドピュッ!ドピュッ!



弥生「(し......死ぬ......)」



元帥「おっと、すまんすまん。突然彼が、来てしまってな。抜くにも抜けなかったのだよ」ボチュッ



弥生「うぶ...!おぇぇぇぇぇぇ!!げほっ!げほっ!...はぁ......はぁ......」



元帥「おや、また吐き出したのか。しょうがない。ならば、今度は下の口へ注いでやろう」ビリッ!



弥生「...はぁ...ダメ...!」



元帥「おや?下の口は、もうこんなに濡れているじゃないか。もしかして、さっきので興奮したのか?このドM艦娘め」



弥生「...そんなわけ...!」ハァハァ



元帥「なら、この粘液は何だ?これを見てもまだ疑うのか?」クチャッ



弥生「あひぃっ!?」ビクッ!!



元帥「触っただけで、こんなに感じてしまうなんて、なんて淫乱な娘だ。これは、お仕置きが必要だ、な!」ズブブッ!!



弥生「ひぎぃぃぃぃぃ!?」ガクガクッ!!



元帥「こんなにすんなりと入ってしまったぞ?それに、この締まり。まるで初めてとは思えんな」ジュブ!ブュブ!



弥生「らめっ...!らめぇぇ...!」



元帥「もう呂律が回らないのか?本当にどうしようもないな。これでは、まるで雌豚だな」ジュブ!ブュブ!



弥生「らめぇ...!イグゥゥゥ...!!」プシャァァァ!!



元帥「ほう、もうイッたのか?全く、けしからん奴だ。こっちはまだ射精してもないというのに」ジュブ!ブュブ!



弥生「イッらばかりだからぁ...!またイッちゃうぅぅぅぅ......!」ビクビクッ!!



元帥「なら、私もダすとしよう。そら、ダすぞ!」ドピュッ!ドピュッ!



弥生「あひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」プシャァァァ!!



元帥「ふぅ...まだまだ、ヤるとしよう」ジュブ!ブュブ!



弥生「はひぃぃぃ......!」



ドタバタドタバタ!



元帥「おや?外が騒がしいな」ジュブ!ブュブ!



睦月「ねぇ、弥生ちゃん知らない?」



弥生「!?」ビクビクッ!!



元帥「ほう、君のお友だちか。急に締まりが強くなったな」ジュブ!ブュブ!



弥生「いまらめぇ...!」ガクガクッ!!



皐月「玄関には、卯月姉が寝てただけだし...」



如月「何処行ったのかしら?」



弥生「ひぎっ...!?(声が出ちゃう...!!)」



元帥「ほれ、静かにせんと外のお友だちにバレてしまうぞ」ボソッ ジュブ!ブュブ!



弥生「~~~!!(バレたくない!バレたくない!)」



如月「そうだわ。司令官なら何か知ってるかも」



睦月「流石、如月ちゃん!」



皐月「なら、司令官の所に行こう」



如月「ええ、そうね」スタスタスタ



弥生「はひぃぃぃ!!!?」プシャァァァ!!



睦月「え?弥生ちゃん?」



如月「ん?どうしたの?」



睦月「今、弥生ちゃんの声が聞こえたような気がする...」



皐月「僕も...近くに居るのかな...?」



如月「そうねぇ...もう少し、この辺りを探して見ようかしら」



元帥「バレてしまったかな?どうする?」ジュブ!ブュブ!



弥生「いやぁ...!バレたくないぃぃ...!」ガクガクッ!!



元帥「そうか、でも止まる訳ではないがな」ジュブ!ブュブ!



弥生「ひぃぃぃぃ......!」ガクガクッ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~~5分後~~


皐月「やっぱり、この辺りにはいないのかな...」



如月「そうね。司令官に聞きに行きましょうか」



睦月「うん」スタスタスタ



元帥「.........」



弥生「あひっ...!らめぇぇ...!」



元帥「どうやら、気付かれてないようなだな。さて、これで最後の射精にするとしよう」ジュブ!ブュブ!



弥生「らひてぇぇ...!らひてぇぇ...」ガクガクッ!!



元帥「それ!孕むが良い!」ドピュッ!ドピュッ!



弥生「はひぃぃぃぃぃぃ!!!」プシャァァァ!! ガクガクッ!!



元帥「ふぅ...たくさんをダしてやったぞ。感謝しろよ」



弥生「はひぃ...ありがとうごさいましゅぅ...」ガクガクッ!!



元帥「廊下には...」チラッチラッ



元帥「誰も居ないな」グイッ



元帥「ここで、誰かに見つかるといいな」



弥生「あひぃぃ...」ガクガクッ!!



元帥「案内はここまでで良い。それでは、また会おう」スタスタスタ



弥生「.........」ガクガクッ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんこん!



元帥「提督くん。私だよ」



提督「はい!お待ちしておりました!どうぞお入り下さい!」ガチャッ



元帥「ああ、ありがとう」



提督「よくぞ、この鎮守府に来て下さいました」



元帥「ああ、歓迎してくれてありがとう」



提督「ただいま、食堂にて料理の準備をしております!少々、お待ちいただけますか?」



元帥「おお、料理か。それは、楽しみだ」



提督「あ、あと弥生はどうしました?案内をさせた筈ですが...」



元帥「彼女なら、もう部屋返したよ。立派な娘だね」



睦月「司令官ー!」ガチャッ



提督「こら、睦月。ノックをするよう言った筈だぞ?それに、元帥殿の前だ」



睦月「あ...ごめんなさい...」



睦月「そうそう、司令官。弥生ちゃん知らない?」



元帥「それなら、部屋に戻ったよ」



睦月「ありがとう!元帥さん!」タッタッタッタッ



提督「全く...慌ただしい娘で申し訳ありません...」



元帥「いや、元気があって良い娘ではないか」



提督「そうですか。そう言ってもらえたら、ありがたいです」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


卯月「...ふぇっ...?」パチッ



卯月「ぴょーーーー......」ノビー



卯月「ふぅ...よく寝たぴょん...」



卯月「あれ?やよぴょん?」



卯月「何処に行ったぴょん?」



卯月「うぅ...外で寝てたから、お腹冷やしたぴょん...」スタスタスタ



卯月「部屋に戻るぴょん...」スタスタスタ



卯月「それにしても、今日はいつもよりかなり静かだぴょん...何かあったぴょん?」



卯月「うーん......」



卯月「あ、そうか。今日は元帥が来るんだぴょんね...」



卯月「ふぁぁ...また眠くなって来たぴょん...部屋で寝直すぴょん...」スタスタスタ



卯月「うん...?あれは何だぴょん...?」ゴシゴシ...



卯月「人...?」ジーー



卯月「え.........?やよ...ぴょん...?」



卯月「やよぴょん!!」タッタッタッタッ!!



弥生「はひぃ...」ビクビクッ



卯月「一体何があったぴょん!?」ユッサユッサ



弥生「......」ビクビクッ



卯月「やよぴょん!やよぴょん!!」ユッサユッサ



睦月「卯月ちゃん?そんなに叫んでどうしたの?」



如月「そうよ?今日は元帥さんが、来ているのに...」



皐月「何かあったの?」ヒョイ



卯月「やよぴょんが!やよぴょんが!!」



睦月「弥生ちゃん...!?」



如月「何が...!?」



皐月「早く明石さんの所に連れて行かないと!!」



睦月「弥生ちゃんは、卯月ちゃんと睦月で担ぐよ!」



如月「如月と皐月ちゃんは、先に明石さんの所に行って、介護の用意をしてもらっておくわ!

行くわよ!」タッタッタッタッ



皐月「うん!!」



睦月「ほら、卯月ちゃん!早く運ぼ!」



卯月「うん!」



卯月「(やよぴょん...!一体何が...!!)」タッタッタッタッ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


睦月「明石さん!!」ガチャッ!!



明石「如月ちゃん達から、聞いてるわよ!早く、中の医務室に!」



睦月「はい!!」タッタッタッタッ!!



卯月「......!!」タッタッタッタッ



明石「このベッドに寝かせてあげて!」



睦月「よいしょ...!」



卯月「.........!!」



明石「私が弥生ちゃんの容態を見ます。四人は提督に報告をして下さい!」



睦月「はい!」タッタッタッタッ!!



卯月「やよぴょん...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


睦月「司令官!」



提督「今度は何だ?まだ元帥がいらっしゃるんだぞ?」



元帥「いや、私は大丈夫だ。それよりも、この娘達の言うことを聞いてあげなさい」



提督「分かりました。これで一体何事だ?」



睦月「今すぐ、医務室に来て!」



提督「?医務室に?どうしてだ?」



睦月「いいから、早く!!」グイッ!!



提督「あ、おい!」



元帥「すまん、提督くん。1時間後に会議があるんだった」



提督「え?ですが、料理が...」



元帥「すまん。食べれそうにない。ではな」スタスタスタ



提督「そうですか...って、おい!そんなにひっぱるなって!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


睦月「明石さーん!連れて来ました!」



明石「ありがとう」



提督「一体何なんだ?いきなり医務室に連れてこられるなんて...」



明石「提督。覚悟は出来てますよね?」



提督「は?なんのだ?」



明石「惚けないで下さい!提督が、弥生ちゃんを犯したんでしょう!?」



提督「犯した!?なんのことだ!?」



明石「この鎮守府に居る男性は、提督しか居ないんですよ!!」



提督「そもそも犯したってどういうことだ!?」



明石「弥生ちゃんが!廊下で犯された状態で見つかったんです!!」



提督「は!?どういうことだ!?説明してくれ!!!」



明石「もしかして...本当に知らないんですか?」



提督「知るわけがないだろう!?今まで、執務室でいたんだ!」



睦月「睦月も、司令官は何もしてないと思う...弥生ちゃんの行方を、司令官に聞いた場所は、執務室だったし...」



如月「それに弥生ちゃんは、私たちが部屋に戻る時に見つけたし...司令官の可能性はかなり低いと思うわ」



皐月「卯月姉が、部屋の帰り道で叫んでたから分かったんだよね」



明石「提督じゃないとしたら、一体誰が...」



卯月「...あいつだぴょん...」



提督「あいつ?」



卯月「...元帥に決まっているぴょん...!」ググッ



提督「おい!卯月!いくらなんでも言っても良いことと悪いことがあるぞ!」



卯月「なら、他に誰がいるぴょん!?元帥以外、男性は訪れていないぴょん!」


ピーンポーン!


提督「誰だ?こんなときに...!」タッタッタッタッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


提督「はい、どちら様でしょうか?」ガチャッ!!



秘書「すみません。私、元帥様の秘書でございますが、どうしても気になってしまいまして...元帥様はご無事でしょうか?」



提督「?元帥殿なら、もう帰られましたが...」



秘書「え?」



提督「え?」


ブゥゥゥゥゥゥゥン


秘書「あれは...!?」



元帥(本物)「おお、ここに居たか秘書よ」



秘書「元帥殿!?」



元帥(本物)「全く...ひどいではないか。私以外だったら今ごろ打ち首だぞ?」



秘書「元帥殿!今まで一体どちらに!?」



元帥(本物)「?そんな若くしてボケてしまったか?私は、風呂に入ると言ったではないか」



秘書「なら、私が送った元帥様は...?」



元帥(本物)「???」



提督「.........まさか...偽者...?」



秘書「そんな...!!」



元帥(本物)「??????」



提督「とりあえず、中に入って下さい。執務室の場所は分かりますか?」



秘書「私がお送りするので大丈夫ですよ」



提督「分かりました。私はあの娘達に、事情を失明しなければ行けませんので...それでは...!」



元帥(本物)「なぁ秘書よ。私には何があったのか分からないのだが...」



秘書「それは執務室で説明しますので、少々お待ちを...」



元帥(本物)「そうか...」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


提督「今、戻った...」



明石「提督。一体、誰ですか?こんなときに...」



提督「元帥殿の秘書だ。元帥の様子を確かめに来たらしい...」



提督「それと...一つ、恐ろしいことが起きている...」



睦月「恐ろしいこと...?」



提督「その秘書と会話していた時、車で元帥殿がいらっしゃった」



睦月「え...?元帥さんは帰った筈じゃ...?」



提督「分からん...ただ一つ分かることは、あの元帥殿は偽者ということだ...」



如月「偽...物...?」



提督「ああ...そうだ...」



卯月「ならやよぴょんは!!」



提督「偽者に...ということになるな...」



卯月「そんな......!」



提督「とにかく...今日は皆休んでくれ...この件は、今から本物の元帥殿と話すことにする」



卯月「...うーちゃんは、やよぴょんの隣で居るぴょん...」



提督「そうか...なら、解散だ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


狂い始める少女の時計...



鎮守府が炎の海に包まれる...

少女達の悲鳴が響き渡り、阿鼻叫喚の地獄となっている...



「やよぴょん!もうやめるぴょん!」



「............」



「こんなことをして、なんになるぴょん!?」



「私は、こんなくそみたいな世界を壊す。これは、その第一歩にしかならない」



「今まで、辛いことやイヤなことはたくさんあったぴょん!でも!うーちゃん達と一緒に楽しんだ日々も壊してつもりなのかぴょん!?」



「所詮はそれはいつか消える。なら、どうせ消えるんだったら、何もかもを消してやる」



「うーちゃんは!そんな辛そうな顔のやよぴょんを見るのがイヤだぴょん!睦月や如月達を殺して、何か良いことでもあるのかぴょん!?」



「どうせこの命が朽ちるのなら、良いことだろうが悪いことだろうが関係ない。全ては1度0へと還元され、そして始める。なら、私達が今生きてるのも、全ては茶番に過ぎない」



「うーちゃんは、そうは思わないぴょん!もし0になったとしても、その事実は消えることは絶対にないぴょん!だから!今からでも、考え直すぴょん!やよぴょん!」



「なら、うーちゃんも0へと還元されたら良い。それで終わり」



「やよぴょん!」



「さよなら」



少女の、滑らかな肌に鋭利な冷たい金属が、入り込む。辺りを紅く、紅く染めていきながら。



「ごふっ......!やよ......ぴょん...」



さっきまで少女だったモノが地へと倒れ込む。

地は紅で染め上げられ、惨劇を物語っている。



「あはっ......!」



「あはははははっ!!!」



「みんなみーんな!死んじゃった!あはははははっ!!」



「睦月も、如月も、皐月も、長月も、菊月も、望月も、三日月も、うーちゃんも!!」



「みーんな!死んじゃった!あははははっ!!」



「私が殺した!私が殺した!私が殺した!!」



「だったらさ...私も私が殺せば良いんだ...!」



鋭利な冷たい金属は、今度は自分の方向へと向け、そして...


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


~~翌日~~


卯月「やよぴょん...!起きたかぴょん!?」



弥生「うーちゃん...ここは...」



卯月「ここは、医務室だぴょん!」



弥生「ああ...そうか...私...また...犯されちゃったんだね...」



卯月「もう怯えなくても良いぴょん!もう、やよぴょんを襲う奴なんて居ないぴょん!」ダキッ



弥生「うー...ちゃん...」



卯月「うーちゃんがついてるぴょん...!」ギュッ



弥生「ありがとう...うーちゃん...」ギュッ



卯月「やよぴょん...」ギュッ



明石「弥生さん。起きていましたか...」



弥生「...誰ですか...?」



明石「そういえば、紹介してませんでしたね」



明石「私は工作艦の明石です。以後、お見知りおきを」



弥生「そうですか...」