2018-01-10 13:53:45 更新

概要

修正が完了しました
ゆっくり見ていってね?


前書き

出てくるキャラクター紹介


艦隊これくしょんキャラ

瑞鳳

長門

加賀

青葉

赤城

陸奥

祥鳳

吹雪



東方キャラ

博麗霊夢

霧雨魔理沙

八雲紫

魂魄妖夢

西行寺幽々子



まだまだ増える予定です!











とある海域



長門 「撃てー!!」


ダーンッ!!


ヲ級 「くぅっ!!」バァン(大破)


瑞鳳 「敵艦大破を確認!」


陸奥 「とどめー!!」ダーンッ!!


バァン!!!!


ヲ級 「がぁぁ!!!!」轟沈


バチャンッ ブクブク…


加賀 「敵艦全機殲滅確認 作戦終了です」


赤城 「やっと終わりましたね?早く帰ってご飯食べたいです」ググゥ~…


祥鳳 「そうですね?提督も心配してるでしょうし 早く帰りましょう!」


長門 「提督が一番心配してるのは瑞鳳だけどな?」


瑞鳳 「なっなんで私なんですか!?」


陸奥 「そりゃあ 提督が一番大切にしてる艦娘が瑞鳳だからに決まってるでしょ?」(。-∀-)ニヤニヤ


瑞鳳 「そんなことないですよ!?他の皆も大切にされていますよ!」///


加賀 「でも、提督と結婚してる艦娘は瑞鳳だけです」


瑞鳳 「そっそれはたまたま私が最初の方に着任したから…」///


赤城 「良い装備が出来た時も一番最初に付けていましたからね?瑞鳳に」


瑞鳳 「そっそれは…」///


祥鳳 「提督に好かれていて良かったわね?瑞鳳」


瑞鳳 「…」///カァァ


長門 「さて、早く帰って作戦が成功した事を知らせに行くぞ?」


全員 「「了解!」」


ザーッ…



瑞鳳 「…」ザーッ…


瑞鳳 「(早く帰って 提督にご飯作ってあげないと!」(^^♪ ザーッ…



ザッパァン!!!!


戦艦レ級 「」スチャッ


長門 「っな!?まだ生き残りが!?」スチャッ


戦艦レ級 「死ねぇー!!!!」ダーンッ!!


陸奥 「っ!? 瑞鳳避けて!!」


瑞鳳 「…っえ?」



バァン!!!!!!


瑞鳳 「かはぁっ!!!?」クリティカルヒット轟沈


ザブァンッ!!!!


祥鳳 「瑞鳳!!!!」


ザバァンッ!!


戦艦タ級 「死ねぇぇ!!」スチャッ


陸奥 「させない!!」ダーンッ!!


バァン!!!!


戦艦タ級 「ぐあぁぁっ!!!!」バァン(大破)


長門 「トドメだ!!」ダーンッ!!!!


バァン!!!!


戦艦タ級 「ガアァァッ!!!!!!」轟沈


バシャンッ!!ブクブク…


陸奥 「長門!レ級の方は!?」


長門 「片付けた!それより瑞鳳は!?」


祥鳳 「瑞鳳!!!!」ジタバタ 加賀と赤城に抑えられてる


加賀 「祥鳳!あなたは潜れないでしょ!」


祥鳳 「瑞鳳!!瑞鳳ー!!!!」グググッ!!


赤城 「祥鳳さん落ち着いてください!」


祥鳳 「瑞鳳上がってきて!!お願い!?瑞鳳ー!!!!」ジタバタジタバタ!!!!…


陸奥 「…」


長門 「…嘘だろ?瑞鳳が…?」


陸奥 「…」コクッ


長門 「…そんな…」


祥鳳 「瑞鳳!!!!瑞鳳ー!!!!いやー!!!!!!

!!」




























瑞鳳 「…」ブクブク…


瑞鳳 「(…わたし 沈むの?…まだ、やりたい事…いっぱいあったのに…)」ブクブク…


瑞鳳 「(…でも みんなが生きてるみたいで良かった… わたしだけ…沈むのは寂しいけど 他のみんなが生き続けてくれるなら…一人でもいいかな?)」ブクブク…


瑞鳳 「(…最後に 提督にご飯…作ってあげたかったな……)」ブクブク…











…ツクッテアゲタイ?



瑞鳳 「(…っえ?)」ブクブク…


サイゴトハイハズ ズットツクッテアゲテイタイ?


瑞鳳 「(…だれ?どこにいるの?)」


シズミタクナインデショ?テイトクニマタアイタインデショ?


瑞鳳 「(…また会えるの?提督に?)」ブクブク…


アエルワヨ?タダシ、ワタシノオネガイヲキイテクレタラネ?


瑞鳳 「(お願い?)」ブクブク…


アナタハワタシノセカイニキテモラッテ イヘンカイケツヲテツダッテホシイノ


瑞鳳 「(…異変、解決…?)」


クワシクイエバ モンダイヲカイケツスルノヲテツダッテホシイノ カンタンデショ?


瑞鳳 「(それで…また提督に会えるの?)」ブクブク…


ヤクソクスルワ コッチノセカイガダイタイオチツイタラ、アナタノテイトクノモトニカエシテアゲルワ?


瑞鳳 「(…)」ブクブク…


ドウスル?ワタシノオネガイ キイテクレル?


瑞鳳 「(…わたしは また提督に会いたい…だから)」ブクブク…


瑞鳳 「(貴女のお願い 受ける!)」ブクブク…


コウショウセイリツネ? ソレジャ パカッ(隙間が出来る)


瑞鳳 「っ!?」スポッ シュゥゥ… 隙間の中に吸い込まれて消失する


紫 「貴女を幻想郷に歓迎するわ!」ニコッ
























長門 「…」


陸奥 「…」


祥鳳 「うぅ…瑞鳳…」ポロポロ…


加賀 「…」


赤城 「…」



ズイホウガシズンデカナシイ?


長門 「っ!? 誰だ!」スチャッ


ズイホウガシズンデホントウニカナシイ?


陸奥 「だれ!?どこにいるの!?」


ズイホウガシズンデホントウニカナシイノカシラ?


加賀 「当たり前です!仲間が失って悲しくならないものが居ますか!!」


テイトクヲネラウモノガヒトリヘッタノヨ?ヨカッタトオモワナイ?


赤城 「思うはずありません!仲間を失ってまで提督を狙う者が減っても嬉しくありません!!」


アナタタチッテイガイトナカマオモイナノネ?ヒトリグライヨカッタトオモウヒトガイテモイイトオモッタンダケド?


祥鳳 「瑞鳳が沈んで良かったなんて思わないわよ!!出て来なさい!!そんな事を思ってる人は私が殺してあげるわ!!」


ワタシヲコロス?ソレハムリネ アナタタチガタバニカカッテキテモ、ワタシニキズヒトツツケルコトハデキナイワ


長門 「言ってくれるな?ならいつまでも隠れてないで出てこい!」


カクレテル?ワタシガ?ワタシハズットスガタヲアラワシテルワヨ?アナタタチコソドコヲミテルノ?


陸奥 「…まさか?」スゥ 上を見上げる



紫 「あたりよ?長門型戦艦二番艦 陸奥?」ニコッ


加賀 「…人が 宙に浮いてる?」


赤城 「いえ 何かに…乗って?浮かんでるように見えますが?」


祥鳳 「あなた だれ?」スチャッ


紫 「あらあら?怖いわね まっ私に弓を向けても意味無いけどね?」クスクスッ


長門 「何者だ?お前みたいな艦娘は見たことないが…新たに作られた艦娘か?」


紫 「いいえ?違うわよ 私は別の世界から来た 【八雲 紫】 妖怪の賢者をやっているわ」


加賀 「妖怪?人間の姿をしているのにですか?」


紫 「私の世界ではほとんどが人間の姿をした妖怪しかいないわよ?例外も居るけどね?」


赤城 「別の世界の妖怪さんが何の用でここに来たんですか?」


紫 「先程沈んだ瑞鳳をね?」クスッ


祥鳳 「瑞鳳が何なの!?瑞鳳が沈んで笑いに来たの!」ギリリリリッ!!!!!! 弓を最大まで引いてる


紫 「まさか?流石にどうでもいいからって笑いに来たんじゃないわよ さすがにね?」クスクスッ


祥鳳 「っ!!!!」ギリッ!!!!


長門 「落ち着け 奴の挑発に乗るな」


祥鳳 「でも!!!!!!」ギリッ!!!!!!


紫 「さすがビックセブンね?相手の挑発に乗らないで冷静さを保つ…いい判断よ?」クスクスッ


長門 「お前は何が目的でここに来た?何も用がなければここに来ることはないだろう?」


紫 「えぇ?何も用がなければここに来ないわよ?ちゃんと用があるからここに居るのよ」


陸奥 「その用とはなに?ふざけた事を言ったら撃つからね?」スチャッ


紫 「無駄よ?」パカッ ガシッ


陸奥 「っえ!?」紫は隙間に手を入れて陸奥の腕を掴む


赤城 「なっなんですか!?それ!?」


加賀 「空中に浮かんでる妖怪の手が…陸奥の腕に…!?」


紫 「うふふ?驚いた?でも、私の世界では普通よ?」パカッ ガシッ


陸奥 「むぐっ!?」口を塞がれる


長門 「陸奥!貴様ァ!!」スチャッ


紫 「あらごめんなさい?悪ふざけの度が過ぎたみたいね?離してあげるから怒らないでちょうだい?」スゥ…


陸奥 「…」紫の手から解放される


祥鳳 「結局、貴女は何しに来たの?答えなさい!」ギリリリリ…


紫 「瑞鳳は生きてるわ」


祥鳳 「…っえ?」


長門 「本当か!?」


紫 「うふふ?さぁ どうかしら?」


陸奥 「どっちよ!!はっきりしなさいよ!!」


紫 「ごめんなさいね?わたし 焦らすの好きだから?」ニコッ


加賀 「悪趣味ですね?」


紫 「よく言われるわ?でも、ここで私が生きてるって言って信じれるのかしら?」


赤城 「…半々ですね?」


紫 「でしょ?だから言うだけ無駄でしょ?」


祥鳳 「…教えて 瑞鳳は…生きてるの? 信じるから…教えて!!」


紫 「信じれるの?私が言った言葉を貴女は信じれるの?」


祥鳳 「信じるから!!…瑞鳳が生きてるか…教えてください…」


長門 「…祥鳳…」


紫 「…わかったわ 教える代わりに一つ条件があるわ」


祥鳳 「…それはなに?」


紫 「瑞鳳は生きてる…でも、すぐに返すことは出来ないわ?この事を他言してはいけない…それが条件よ?簡単でしょ?」


紫 「特にあなた達の提督にはね?」


陸奥 「なんで?なんで他の人には話しちゃいけないの?」


紫 「話しちゃったらつまらないじゃない?みんなが落ち込んでいるからこそおもしろいんじゃない?」ニコッ


加賀 「…本当に悪趣味ですね?その性格 変えた方が身の為ですよ?」


紫 「あなたももっと表情豊かにはした方が良いんじゃないの?加賀型一番艦正規空母 加賀?」


加賀 「…」


紫 「とにかく 他の人には他言しちゃだめよ? 話したら…うふふ!」ニタァ


祥鳳 「わかったわ 約束するわ」


長門 「祥鳳!?」


祥鳳 「だけど、もうひとつ教えて?瑞鳳はいつ頃戻ってくるのかを教えて欲しいわ」


紫 「長くて一年だと思うわ?断定はできないけどね」


祥鳳 「…わかったわ 約一年…覚えておくわ」


紫 「話が早くて助かるわ?それじゃ、私は帰るからくれぐれも、他言しない様に気をつけてね?」スゥ…



祥鳳 「…」


陸奥 「祥鳳 良かったの?これで」


祥鳳 「…」


加賀 「…」


赤城 「…とにかく 鎮守府に帰りましょう?この事は話してはいけないと言っていたので戦闘報告と瑞鳳の…」


祥鳳 「…そうね…」


長門 「…全艦隊 帰還する」


全員 「「…了解」」


ザー…
























幻想郷ー八雲家



紫 「ただいまー?」パカッ 隙間で帰ってくる


藍 「紫様お帰りなさい どちらに行っていたのですか?」


紫 「ちょっとね?今後起きる異変の手伝いを連れて来たのよ」


藍 「…手伝い?」


紫 「この子よ?」スゥ


ドサッ


瑞鳳 「」


藍 「っえ?子供?」


紫「見た目わね?この子は艦娘って言って 外の世界の兵器少女よ」


藍 「…兵器?人間の形をしているのにですか?」


紫 「そうよ?この子は軽空母って言う種類で空から援護攻撃するには最高の子よ?」


藍 「勝手に連れてきてはまずいのでは?」


紫 「大丈夫よ この子…さっき死んだもの?」


藍 「…っえ?」


紫 「とは言っても 私がすぐに助けたから死んでないけどね?」


紫 「(あと応急修理要員とバケツと資材を使ってるからすぐ戦えるようにもしてあるしね?)」


藍 「…今後起きる異変をこの子にも手伝ってもらうと言ってましたけど、もしこの子が嫌だと言ったらどうするんですか?」


紫 「大丈夫よ?この子は自分の意思でこっちに来ると望んだのよ?」


藍 「…この子自らですか?」


紫 「えぇ ちょっと条件付きでね?」


藍 「条件?」


紫 「まぁそれはいいわ とりあえず、この子は霊夢の所にでも置いてこようと思うのだけど…あの子 受け入れると思う?」


藍 「受け入れないと思います」キッパリ


紫 「だよね?でも、私が少し言えば…置いてくれるわ?」ウフフ


藍 「…」


藍 「(かわいそうに…霊夢)」ハァ…


紫 「それじゃ、早速届けてくるわね?夕食お願いね?」 パカッ


瑞鳳 「」スポッ また隙間の中に入れられる


紫 「それじゃ、行ってきまーす!」スゥ… 隙間消滅


藍 「…」


藍 「本当に…平気なのだろうか?あんな子が手伝いなんて…?」


藍 「…まっ今気にしていても仕方ない 後で考えるとするか?さて、夕食夕食っと?」タッタッタッ…














博麗神社ー茶の間



霊夢 「…」バリッ ボリッボリッボリッボリッ… 煎餅食ってる


霊夢 「…」スッ ズズズ… お茶をすすっている


霊夢 「…ふぅ?やっぱりお煎餅と言ったらお茶よね?」


魔理沙 「まったくだぜ!」バリッ


霊夢 「ちょっと!あんたそれ何枚目!?」


魔理沙 「六枚目だぜ?」ボリッボリッボリッボリッ…


霊夢 「なんであんたが私より多く食べてるのよ!?私まだ四枚目よ!?」


魔理沙 「客人には遠慮するもんだぜ?」バリッボリボリッ…


霊夢 「普通はあんたが遠慮するものでしょ!

返しなさいよ!?」ガバッ!


魔理沙 「嫌だぜ!秘技 一瞬食い!」パクッ 半分ぐらい残ってた煎餅を口の中に入れる


霊夢 「こら!!吐き出しなさいよ!!」ドタバタドタバタ!!…


魔理沙 「ひやひゃへ!」ドタバタドタバタ…(通訳:嫌だぜ!)



パカッ


紫 「れーいむー!遊びに来たわよ!」


霊夢 「返しなさい!私の煎餅!」


魔理沙 「へっはいいややへ!」バリッボリッバリッボリッ… (通訳:絶対嫌だぜ!)


霊夢 「こら!食べるんじゃない!返しなさい!」


魔理沙 「…っ」ゴクッ


霊夢 「あーっ!!」


魔理沙 「美味しかったぜ!!」


霊夢 「…もういいわ?新しいの開けて食べるから」スクッ


魔理沙 「おっ!また出すのか!?私も食べるぜ!」


霊夢 「もうあげないわよ!」



紫 「…あの 霊夢?」


霊夢 「なによ?私は今不機嫌なのよ!用がないなら帰ってちょうだい!」(怒)


紫 「ひどい!?しかも気づいてたのに無視したの!?」


霊夢 「あんたが来るとろくな事ないのよ?」


紫 「そんなことないわよ?今日は今後起きる異変に手伝ってくれる人を連れてきたのよ?」


霊夢 「手伝ってくれる人?」


魔理沙 「誰なんだ?」


紫 「この子よ」 パカッ


ドサッ


瑞鳳 「」


霊夢 「…っえ?子供?」


魔理沙 「かっ可愛いぜ!?」(✪▽✪)


霊夢 「あんた まさかこんな小さい子を異変解決に手伝わせる気?」 ナンダ!? コノカワイサハ!?


紫 「そうよ?あとその子は見た目子供だけど、外の世界じゃ戦闘の為に作られた子よ?」

ハチマキカケテミコフクヲキタコドモ…チョウカワイスギルゼェ!!


霊夢 「作られた?」 シカモユミマデモッテ…


紫 「艦娘って言ってね?外の世界に存在する戦闘船って言えばわかるかしら?」 アァー! コノスガタカタチヲエニノコシタイゼェー!!


霊夢 「…戦闘船?」 オキルマデズットミテルゼェ!!


紫 「まっそれはいいとして?」


霊夢 「良くないわよ」


紫 「その子は戦えるから今後の異変に役立つはずよ?」


霊夢 「勝手に連れてきて 外の世界の人達が心配してるはずだから返してきなさい!」


魔理沙 「それはダメだぜ!?こんな可愛い子を返すなんてもったいないぜ!」


霊夢 「だめよ!その子は元の世界に返すのよ!」


魔理沙 「ダメだぜー!!」


紫 「霊夢 あいにくだけど、向こうの人達は知ってるから大丈夫よ?」


霊夢 「…っえ?知ってる?」


紫 「えぇ?だから心配することはないわ?」


魔理沙 「やったぜー!」


霊夢 「でも、あんたの事だから無理矢理連れてきたのでしょ?」


紫 「いいえ?その子は自分から望んだのよ?」


霊夢 「…っえ?」


紫 「だから、この神社に置いていてね?」ニコッ


魔理沙 「えぇー!?私の家に連れて帰りたいぜぇ!?」


紫 「だめよ?あなたの場合襲いそうだからっね?」


魔理沙 「そんなことしないぜ!!」


霊夢 「私は嫌よ?なんでこんな子を見ないといけないのよ?」


紫 「それじゃ 私は帰るからよろしくね?じゃあねぇ〜?」スゥ…シュン


霊夢 「こらっ!待ちなさい!!」


霊夢 「…行っちゃったわね?」ハァ…


魔理沙 「なぁなぁ霊夢?この子もらってもいいか?」


霊夢 「だめよ 私に渡してきたんだから私が見るわ?」


魔理沙 「ずるいぜ!私も欲しいぜ!?」


霊夢 「あんたの家に連れていくと大変なことになりそうだからだめよ!」


魔理沙 「そんなことないぜ!ただ少し散らかってるだけだぜ!」


霊夢 「あれは少しって言わないわ」


瑞鳳 「…うっうーん…ん?」スゥ


霊夢 「やっと起きたわね?」


瑞鳳 「…あれ?ここは…それにあなたは…?」(゚ー゚;三 ;゚ー゚) キョロキョロ


霊夢 「私は博麗霊夢 この神社の神主よ」


瑞鳳 「…神社?」


魔理沙 「霧雨魔理沙だぜ!お前かわいすぎるぜ!!」


瑞鳳 「っえ?あっありがとうございます…」


魔理沙 「なぁなぁ!なんでお前はそんなにかわいいんだ!?」( ✪▽✪)


瑞鳳 「っえ?」


魔理沙 「なんでそんなに小さいのに巫女服を着ながら弓を持ってるんだ!?」( ✪▽✪)


瑞鳳 「っえ?っえ?」


魔理沙 「そんでもって!?」( ✪▽✪)


霊夢 「あんたは黙ってなさい 困ってるでしょ?」


魔理沙 「だってこの子可愛いするんだぜ!?なんでこんなに可愛いのか聞かずには居られないぜ!!」(≧▽≦)


瑞鳳 「…。」


霊夢 「悪いわね?この馬鹿がいきなり暴走して?」


瑞鳳 「あっいえ、少し驚いただけですので…」


魔理沙 「私は暴走してないぜ!普通だぜ!」


霊夢 「こいつは放っておいて あんたに聞きたいことがあるわ?」


魔理沙 「ひどいぜ!?」


瑞鳳 「なんでしょうか?」


霊夢 「あんたは自分の意思でこの世界 幻想郷に来たのかしら?」


瑞鳳 「…はい」


魔理沙 「なんでだぜ?」


瑞鳳 「…それは…」




瑞鳳説明中…



霊夢 「…なるほど?自分の世界で死んで 生き返らせてもらう為に紫と取引したと?」


瑞鳳 「はい そういう事です」


瑞鳳 「(まさかこっちの世界で軍艦を知らないとは思わなかった…)」


魔理沙 「かわいそうだぜ!こんなに細くて可愛いのに戦わされるなんて!?」


瑞鳳 「私の世界では普通です 艦娘は戦う為に作られた兵器ですから」


霊夢 「確かにそうかもしれないけど ちょっとね?私にはありえないわ こんな小さい子を戦わせるなんて?」


魔理沙 「まったくだぜ!!お前の世界の戦わせてる奴らに直接文句言いたいぜ!!」


瑞鳳 「そっそれはやめといた方がいいかと…」


霊夢 「まぁとにかく こっちの世界に来た以上、私が責任もって貴女の面倒を見るわ?」


瑞鳳 「すみませんがよろしくお願いします 霊夢さん」


魔理沙 「私も面倒みるぜ!!」


霊夢 「あんたは別の意味で危ないから駄目よ?」


魔理沙 「別の意味ってどういう事だぜ!?」


霊夢 「あんたの場合はこの子を襲いそうだからよ」


魔理沙 「だから襲わないぜ!!」


瑞鳳 「あはははは…」 苦笑い


霊夢 「それじゃ 今日からよろしくね?…えっと?」


瑞鳳 「あっ自己紹介をしていませんでした?」


瑞鳳 「軽空母 瑞鳳です!よろしくお願いします 霊夢さん」














横須賀鎮守府ー提督室



提督 「…」カリカリ… 仕事中


コンコン


ナガトキカンシマシタ ハイッテヨロシイデショウカ?


提督 「…長門?良いぞ入って」カタッ


ガチャッ


長門 「失礼します」パタンッ


提督 「珍しいな?長門が報告に来るなんて? 瑞鳳は?」


長門 「…」


提督 「…長門?」


長門 「…提督 今から話す事…落ち着いて聞いてください」


提督 「…っえ?」


長門 「瑞鳳は…沈みました…」


提督 「っ!!!!!?」


長門 「…」


提督 「…嘘だろ?瑞鳳が…沈んだ?」


長門 「…はい…」


提督 「…嘘だよな?…瑞鳳が…沈んだなんて…」ガタッ


長門 「…」 タッタッタッ…


提督 「嘘だと言ってくれよ!?長門!!」ガシッ!! 長門の肩を掴む


長門 「…嘘ではありません 本当です」


提督 「…そんな…」ガクッ


長門 「…申し訳ありません 私が付いていながら…」


提督 「…瑞鳳…」ポタッポタッ…


長門 「…」


提督 「…下がってくれ 今は…一人にしてくれ…」スクッ タッタッタッ…


長門 「…わかりました 失礼します」ガチャッ


パタンッ…



提督 「…うっ…うっ…」ポロッ…ポロッ…


提督 「くそーーー!!!!!!!!」バンッ!!!! 机を強く叩く


提督 「…瑞鳳……」ポロッ…ポロッ…











通路ー提督室の前



長門 「…」


長門 「(…提督 すまない)」


タッタッタッ…













夜 本部ー元帥室



元帥 「…」カリカリ…


元帥 「…」スッ カリカリ…


…アイカワラズシゴトネッシンネ?


元帥 「っん?誰じゃ?」


パカッ


紫 「はーぁい!久しぶりね?私のこと覚えてるかしら?」


元帥 「おぉ?これはこれは紫殿 久々だのう?

いつもワケのわからぬ物を使って現れるのは変わらないのう」


紫 「うふふ?貴方達にとってはわからないだろうけど 私の世界じゃ当たり前よ?」


元帥 「紫殿の世界は興味深いのう?それで、今日は何の用でここに?」


紫 「横須賀鎮守府の秘書 瑞鳳を借りていくわ?」


元帥 「…っえ?」


紫 「それだけよ?ちゃんと返すから安心して?それじゃ」


元帥 「ちょっ!?ちょっと待て!それはどういう事じゃ!?なぜよりによって横須賀鎮守府の秘書 瑞鳳を連れていくんじゃ!?」


紫 「轟沈したからよ 瑞鳳がね?」


元帥 「っ!?」


紫 「でも 生きてるけどね?沈んだ直後に私が回収して応急妖精、バケツ、資材を使わせてもらったわ?悪いわね」


元帥 「…それは構わん…だが、あ奴が沈んだとはのぅ…」


紫 「まぁ いつ沈むかなんて誰もわからないからね?しょうがないわよ」


元帥 「…あ奴を、瑞鳳を連れて行ってどうする気だ?」


紫 「ちょっと私の世界で今後起きる異変を解決してもらうのよ?」


元帥 「異変…?」


紫 「終わったらちゃんと返すわ それまでの間…横須賀の提督さんには瑞鳳の事 教えちゃダメよ?」


元帥 「それは何故だ?…とっ言いたいがお主の性格は知ってるから聞かなくても良いか?」


紫 「あら?何気に失礼ね なんなら貴方も連れてってあげても良いのよ?」


元帥 「…それはやめておくよ わしがここを離れたらどうなるかわからんからな?」


紫 「本当は怖いから来たくないんじゃないのかしら?」ウフフ


元帥 「…」


紫 「まぁ 未知の世界に行くのは誰でも怖気つくものよ?何があるかわからないのだからね」


元帥 「…そうだな」


紫 「瑞鳳は一年くらい借りていくわ それまでの間…わかってるわね?」


元帥 「わかっておる そのかわり、お主も約束守れよ?」


紫 「約束は守るわ?それじゃあね」スッ


シュゥゥ… 隙間は消滅する



元帥 「…」












博麗神社ー瑞鳳の部屋(朝)



チュンチュン…チュンチュン…


瑞鳳 「…っん」スゥ…


瑞鳳 「…んん!」グググ!!…


瑞鳳 「…ふぅ?」


瑞鳳 「…今何時だろう?」


現在 六時少し過ぎ


瑞鳳 「…六時過ぎかぁ?朝食作らないと?」

ヨイショット パサッ


瑞鳳 「よっと!」布団を持ち上げる


スー…バサンッ! 押し入れにしまう


瑞鳳 「よし!朝食作りに行こっと?」タッタッタッ…















数十分後…


瑞鳳 「…」トトトトト…


瑞鳳 「…」ザー…


瑞鳳 「ふーっ!ふーっ!ふーっ!!」


ボォォ!…


瑞鳳 「…ふぅ?」 タッタッタッ…


ガラッ


霊夢 「…早いわね?起きるの」


瑞鳳 「あっ霊夢さん おはようございます!」スッ


霊夢 「おはよう 今は何を作ってるのかしら?」タッタッタッ…


瑞鳳 「今はわかめと豆腐の味噌汁を作っています」 グツグツグツグツ…


霊夢 「私も手伝うわ?他には何を作ってるの?」スッ エプロンを手に取る


瑞鳳 「他には玉子焼きと野菜のお浸しとロールキャベツを作ります!」カチャカチャ…


霊夢 「わかったわ 私はお浸しとロールキャベツを作るから玉子焼きと味噌汁をお願いね?」

キュッ


瑞鳳 「はい わかりました!」カポッ 鍋に蓋をかぶせる












数十分後ー茶の間



瑞鳳 「よいしょっと?」サー 食器を持ちながら襖を開ける


魔理沙 「待ってたぜ!」


瑞鳳 「…あれ?魔理沙さん なんでここに居るんですか?」


魔理沙 「瑞鳳のご飯を食べる為だぜ!今日は頑張って早起きして瑞鳳の手料理を食べに来たぜ!」


瑞鳳 「…はぁ?」 タッタッタッ…


霊夢 「どうしたの?…って何であんたが居るのよ?」


魔理沙 「瑞鳳の手料理を食べに来たんだぜ!」


霊夢 「生憎だけど 二人前しか作ってないからあんたの分ないわよ?」


魔理沙 「えぇー!?そりゃないぜ!?」Σ(゚д゚lll)


霊夢 「あんたがいきなり来るのが悪いんでしょ!」


魔理沙「あんまりだー!!」


瑞鳳 「…私のを半分差し上げますけど それでよろしければあげますが…?」


魔理沙 「本当か!?」(`✧∀✧´)キラーン!


霊夢 「瑞鳳 そんな奴にあげなくていいわよ?

飯を炊かりに来る奴に飯をあげる必要なんてないわよ」


魔理沙 「ひどいぜー!?」


瑞鳳 「大丈夫ですよ?ちゃんとあげますので安心してください」カタッ


魔理沙 「おぉ!瑞鳳は優しいぜ!!それに比べて霊夢は…」ハァ…


霊夢 「なんとでも言いなさい?私はあげる気なんてないわ」カタッ


魔理沙 「ぺったんこ胸!!」


霊夢 「」ピクッ


瑞鳳 「」ピクッ


スゥ…



魔理沙 「…あっあれ?なんで瑞鳳も…」


霊夢 「魔理沙?死ぬ覚悟…出来てる?」(#^ω^)スッ 霊符を出す


瑞鳳 「魔理沙さん 人には言ってはいけない事ってあるんですよ?」(#^ω^) スチャッ 弓を構える


魔理沙 「おっ落ち着け!?二人とも 悪かった! 私が悪かったから武器を置いてくれ!?」


霊夢 「反省の色が見えないわね?」(#^ω^)


瑞鳳 「そうですね?」(#^ω^) ギリリリリ… 弦をさらに引く


魔理沙 「…」ダラダラ…


霊夢 「…まぁいいわ?今は朝食の時間だから早く食べましょう?」スッ


瑞鳳 「そうですね ご飯の時に暴れては行儀悪いですからね?」スッ


魔理沙 「そっそうだぜ!早く食べようぜ!?」


瑞鳳 「魔理沙さんの分はありませんからね?」(#^ω^)


魔理沙 「鬼ー!!」Σ(|||▽||| )


霊夢 「いただきます」


瑞鳳 「いただきます」


魔理沙 「私のご飯…」












提督室



コンコン


ナガトダ テイトク ショクジノシタクガデキテルゾ?


シーン…


…ハイルゾ ガチャッ


提督 「…」椅子に座ってる


長門 「…起きてるなら返答してほしいものだな?」


提督 「…何の用だ?今は一人にしてくれ…」


長門 「朝食の時間だ 食堂に行くぞ」


提督 「…いらん」


長門 「昨日の夕方から何も食べてないではないか 流石に腹減ってるだろう?」


提督 「…食欲がない 加賀達にあげてくれ」


長門 「駄目だ!ちゃんと自分で食べろ!無理してでも食べろ!」


提督 「…いらん」


長門 「っ!!」ギリッ!!


タッタッタッ…ガシッ!!



提督 「…」胸ぐらを掴めれる


長門 「いい加減にしろ!!いつまで落ち込んでる気だ!!お前が落ち込んでるとみんなも暗くなるんだぞ!!瑞鳳が沈んで落ち込むのは確かにわかる!だけど!!」


長門 「お前は提督なんだぞ!?提督のお前がいつまでも落ち込んでいたらろくな指揮がとれない上 皆も心配するんだぞ!!それをわかってるのか!?」


提督 「…」


長門 「…朝食は持ってくる 最低限食べろ」スッ


提督 「…」


長門 「胸元掴んですまない 失礼する」タッタッタッ…



バタンッ


提督 「…」


提督 「わかってる…わかってるよ?俺がちゃんとしないと…みんなに不安を抱けせる事…だけど…」ツー…


提督 「…瑞鳳……」ポタッ…ポタッ…







長門 「…」


長門 「(提督…やはり元気がないな?それは当たり前か…)」


長門 「(…提督 あと一年…保ってくれ)」


タッタッタッ…










茶の間



霊夢&魔理沙&瑞鳳 「「ごちそうさま(でした)」」


魔理沙 「いやー!瑞鳳が作った玉子焼きすげー美味かったぜぇ!!ありがとうだぜ!!」


瑞鳳 「流石にヨダレ垂らしながら食べてる所を見られてたら食べづらいですからね?仕方なくあげましたが…」


霊夢 「瑞鳳 魔理沙はそうやっていつもご飯を貰ってるのよ?次からは気をつけなさい」


瑞鳳 「わかりました」


魔理沙 「ちょっ!?いつもって今日が初めてだぜ!?冗談を言うのも体外にしてくれ!?」


霊夢 「…まぁ それは置いといて?」


魔理沙 「置いとかないでくれ!?」


霊夢 「瑞鳳 早速だけど、あなたがどのくらい戦えるのかを試させてほしいわ」


瑞鳳 「構いませんけど…?」


霊夢 「魔理沙 あなたが相手しなさい」スッ


魔理沙 「なんでだ?霊夢が見た方がわかりやすいんじゃないのか?」


霊夢 「めんどくさい」ズズゥ…


魔理沙 「…」


瑞鳳 「…」


霊夢 「皿の片付けは私がやっとくから 魔理沙は瑞鳳がどのくらい強いのかを確かめてちょうだい?」


魔理沙 「…あんまり瑞鳳とやりたくないがわかったぜ」


霊夢 「瑞鳳もいいわね?」


瑞鳳 「わかりました」


霊夢 「それじゃ 早速頼むわね?」


魔理沙 「それじゃ行くぜ!瑞鳳 庭に出るぜ!」スクッ タッタッタッ…


瑞鳳 「ちょっ!?待ってください!」スクッ タッタッタッ…


霊夢 「…まったく 騒がしい連中だこと?」スッ ズズ…


霊夢 「…まっ別にいいんだけどね?」カタッ












中庭



魔理沙 「それじゃ 最初は軽くやるぜ!」


瑞鳳 「はい よろしくお願いします」


魔理沙 「いくぜ!」ヒュンッ 魔理沙の周りに弾幕が現れる


瑞鳳 「っえ!?」


瑞鳳 「(なにあれ!?中に丸い玉が浮いてる!?どうなってるの!?)」


魔理沙 「最初は普通の弾幕出すからそいつを避けてくれ!」


魔理沙 「そぅら!!」ビュンッ!!


瑞鳳 「(迫ってきた!?これ当たったらまずいの!?とりあえず…)」スチャッ 烈風を構える


瑞鳳 「烈風 お願い!」バシュンッ!!


烈風 「了解!」ブーン…


魔理沙 「っえ!?矢が変なのに変わった!?」


烈風 「当たれー!」ババババババ!!!!!!


シュゥゥゥゥ… 弾幕に艦載機の弾が当たり次々と消滅する



瑞鳳 「…」 ブーン…ガシッ!!


烈風 「目標消滅しました!」


瑞鳳 「お疲れ様 また次もお願いね?」


烈風 「了解です!」


瑞鳳 「…さて、次はこちらの番です 覚悟してくださいね?」スチャッ 彗星を構える


魔理沙 「ちょ、ちょっと待ってくれ!?その矢は一体何なんだぜ!?矢がいきなり変なのに変わって!?」


瑞鳳 「変なのではありません 私の世界ではごく普通に使われている艦載機です」


魔理沙 「かっかんさいき?」(・_・?)


瑞鳳 「…まさか 艦載機も知らないんですか?」


魔理沙 「全然わからん…」


瑞鳳 「…」


瑞鳳 「(この世界は一体どういう世界なんだろう…?)」


魔理沙 「でも、その…艦載機?が瑞鳳の武器なんだな?」


瑞鳳 「はい そうです」


魔理沙 「なら 私も武器を見せてやるぜ!」スッ 火炉を構える


瑞鳳 「?」


瑞鳳 「(なんだろう?あれ 六角形の…灰皿?)」


魔理沙 「この道具は私の必殺技を出すために必要な小道具だぜ!これを使えばどんな相手でも一発KOだぜ?」


瑞鳳 「…そんなに強いんですか?」


魔理沙 「あぁ!当たれば一発だぜ!」


瑞鳳 「…外れたら?」


魔理沙 「…」


瑞鳳 「…」


魔理沙 「まぁ そんな事はどうでもいいぜ!ほら!続きをするぜ?」


瑞鳳 「どうでもいいんでしょうか?…まぁ 良いですけど」スチャッ 彗星を構える


魔理沙 「行くぜ!【魔符 スターダストヴァリエ】」ババババババ!!!!!! 星型の弾幕が瑞鳳に向かって飛んでいく


瑞鳳 「(今度は星…もう一回烈風を出して破壊させた方がいいかな?いや、彗星で攻撃してみよう!)」ギリリリリリ… 弦をさらに引く


瑞鳳 「彗星 お願い!」バシュンッ!!


彗星 「了解!」ブーン…


魔理沙 「(さっきと違う艦載機…?さっきとなにが違うんだ?)」


彗星 「目標補足 当たれー!!」ババババババ!!!!!!…


シュゥゥゥゥ… 魔理沙の弾幕が次々と打ち消される


魔理沙 「ほぉ?私のスターダストヴァリエの弾幕も消すとはなぁ?」 ブーン…


瑞鳳 「よっと?」ガシッ


彗星 「目標撃破確認!もう大丈夫です!」


瑞鳳 「ありがとね?彗星 またお願いね?」


彗星 「了解!」


魔理沙 「次行くぜ!」


魔理沙 「【魔符 ミルキーウェイ】」ババババババ!!!!!!!! 星型の弾幕が川に流れるような形をして瑞鳳に向かって飛んでいく


瑞鳳 「(次は数が多く直進攻撃 …流星で行けるかな?)」スチャッ ギリリリリリ…


瑞鳳 「お願い!流星」バシュンッ!!


流星 「了解!」ブーン…


魔理沙 「(また違う艦載機… さっきのとどう違うんだ?全くわからないぜ)」


流星 「当たれー!!」ババババババ!!!!!!


シュシュシュシュシュゥゥ… ミルキーウェイ消滅


魔理沙 「おもしろいな?その艦載機とやらは?少し興味深いぜ」 ブーン…


瑞鳳 「ありがとね?流星 またお願いね?」


流星 「了解です!」


瑞鳳 「さて?そろそろ反撃させてもらいますよ?魔理沙さん」スチャッ 彗星を構える


魔理沙 「おっ?やっと反撃してくるか?果たして当てられるかな?」


瑞鳳 「行きます!」バシュンッ!!


彗星 「いくぞー!!」ブーン…


魔理沙 「(さっきの艦載機…あれが攻撃用なのか?)」


彗星 「当たれー!!」カチッ


ババババババ!!!!!! 銃口から弾幕が出る


瑞鳳&彗星 「「っえ!?」」


魔理沙 「うおっと!?」シュンッ!! 間一髪で箒を出して避ける


魔理沙 「危なかったぜー?まさかその艦載機から巨大な弾幕も出してくるとは思わなかったぜ?油断してたぜ」


瑞鳳 「彗星!?今の弾は何!?」


彗星 「わかりません!急に弾が変わりました!?」


瑞鳳 「一度確かめるから戻ってきて!」


彗星 「了解!」ブーン…


瑞鳳 「よっと」ガシッ


魔理沙 「…どうかしたのか?そんなに慌てて?」


瑞鳳 「魔理沙さん!ちょっとタイムします

ので待ってください!?」カチャカチャ… 彗星を調べてる


魔理沙 「構わないぜ?」


瑞鳳 「(動力には問題なし 機体も問題なし 燃料タンクも問題なし 弾薬は…)」カチャカチャ…


瑞鳳 「…なにこれ?」


彗星に補充されてる弾薬から見たことのない弾薬が出てくる


瑞鳳 「(こんな弾薬見たことない…なんで彗星の中に入ってるの?)」


瑞鳳 「(…他の艦載機も確かめてみよう!)」スッ 流星を出す


魔理沙 「…」 カチャカチャ… 瑞鳳が艦載機をいじってるのを見てる


魔理沙 「(さっきから何をやってるんだ?艦載機の中を調べてるみたいだが?…壊れたのか?)」 カチャカチャ… コレモチガウ…ナンデ?


魔理沙 「(でも、さっき普通に空飛んで弾幕が出してきたから壊れてるとは思えないぜ?)」 レップウハドウダロウ?シラベテミヨウ カチャカチャ…


瑞鳳 「…烈風の弾も違う なにこれ?」


? 「それは弾幕が出る弾よ?」スゥ


瑞鳳 「っえ?」瑞鳳の後ろから声がして振り返る


紫 「はーい?元気にしてる?瑞鳳」


瑞鳳 「どうして私の名前を知ってるんですか?それに貴女は一体どこから?」


紫 「私は八雲紫 あなたをここへ連れてきた者よ?」


瑞鳳 「…っえ?あなたが?」


紫 「えぇ?それと私が急に現れたのは…」スゥ パカッ 隙間が開く


瑞鳳 「っえ!?」 隙間の中には魔理沙が映ってる


紫 「こういう事よ?お分かりいただけたかしら?」


瑞鳳 「こっこれ!?どうなってるんですか!?向こうに居る魔理沙さんがこっちにも映って!?」


紫 「これは私の能力 隙間を操る程度の能力って言って いろいろな場所に隙間を作って出入りすることが出来るのよ?」


瑞鳳 「どこで○ドアですか!?」


紫 「わかりやすく言うとそんな感じね?」


魔理沙 「紫 何かあったのか?お前が用事なしで来るとは思えないんだが?近くに霊夢居ないし」


紫 「えぇ 瑞鳳の艦載機の弾薬の事をね?」


瑞鳳 「何か知ってるんですか?」


紫 「その弾薬 私が入れたのよ」


瑞鳳 「…っえ?」


紫 「この世界は弾幕って言うものがあってね?それを使って勝負するのが決まり事になってるの」


瑞鳳 「…弾幕ってさっき魔理沙さんが使ってた中に浮いてた丸い物とか星形とかのやつですか?」


紫 「そう だからあなたの艦載機の弾も弾幕弾にさせてもらったわ?本物の弾じゃ危ないからね」


瑞鳳 「そういうことでしたか?急に弾が変わったのでびっくりしました」


紫 「ごめんなさいね?勝手に補充してしまって?」


瑞鳳 「いえ、この世界ではそういうルールになっているでしたら仕方ありません 納得しました」


魔理沙 「…まだ何かあるのか?」


紫 「あら?どうしてわかったのかしら?」


魔理沙 「なんとなく」


紫 「…私って顔に出やすいのかしら?まぁいいわ」


紫 「早速だけど、今から異変解決に出て欲しいの」


魔理沙 「今のところ異変らしき事は起きてないがどこかであったのか?」


紫 「白玉楼で亡霊や妖怪が大量発生して暴れてるの それの退治をお願いしたいのよ?」


瑞鳳 「白玉楼?」


魔理沙 「なんで大量発生してるんだ?それに妖夢や幽々子が居るから平気じゃないのか?」


紫 「…」


魔理沙 「…紫?」


紫 「…幽々子は手を出せないのよ 妖夢が亡霊に取り憑かれて暴れてる妖怪側についてるせいでね?」


魔理沙 「…っえ?」


紫 「瑞鳳 こっちの世界に来て早々悪いけどあなたにも手伝ってもらうわよ?」


瑞鳳 「っえ!?私もですか!?」


紫 「そうよ その為にあなたをこの世界に連れてきたんだから当たり前でしょ?」


瑞鳳 「ちょっ!?ちょっと待ってください!?それはわかってますけど、いきなり異変解決に出るよう言われましても何をすればいいのか全くわからないんですけど!?」


紫 「瑞鳳は霊夢達と同じ事をすればいいのよ?難しいことじゃないわ」


瑞鳳 「…霊夢さん達と同じこと?」


紫 「もう一度言うけど 白玉楼って言う所で妖怪や亡霊が大量発生して暴れてるの あなたの世界で例えるなら妖怪は深海艦隊 亡霊は幽霊って例えた方がわかりやすいわね?」


瑞鳳 「もの凄くわかりやすいです」


紫 「そしてその妖怪達をあなたの艦載機で倒して欲しいの 難しくないでしょ?」


瑞鳳 「…妖怪はともかく 亡霊って倒せるんですか?」


紫 「そこは安心して?あなたの艦載機に積ませてもらった弾はどんな奴でも効くようにしてあるから平気よ?」


魔理沙 「どんな奴もって…よくそんなの作れたな?」


紫 「まぁね?それじゃ くれぐれも死なないように気をつけてね?瑞鳳」


瑞鳳 「…不安ですがわかりました」


紫 「霊夢にはもう話してあるからね〜?」スゥ… 隙間が閉じる



魔理沙 「…さて さっそく白玉楼に行くとするか?」


瑞鳳 「魔理沙さん 白玉楼ってここから遠いんですか?」


魔理沙 「いや そこまで遠くないぜ? ただ空飛べない奴はちょっとキツイぜ?」


瑞鳳 「…わたし 空飛べないんですけど…」


魔理沙 「…っえ?飛べないのか?」


瑞鳳 「はい…」


魔理沙 「…さっきの戦闘機に乗ればいいんじゃないのか?」


瑞鳳 「小さすぎて乗れません 乗れたとしても燃料の無駄になります」


魔理沙 「燃料?…確か外の世界の乗り物を動かすときに使う液体だったっけか?」


瑞鳳 「そうです 私の戦闘機は燃料を使って飛ばすんで妖怪達を退治する時になかったら飛ばせないので使えません」


魔理沙 「…私の後ろで良かったら乗せるぜ?」


瑞鳳 「…安全ですか?」


魔理沙 「二人の時は流石に速度落とすぜ?」


瑞鳳 「…では、お願いします」 タッタッタッ…


霊夢 「はぁ…めんどくさいわね?」タッタッタッ…


魔理沙 「おう!霊夢 もう行く準備は出来たのか?」


霊夢 「めんどくさいけど出来たわ?早く行って早く終わらせるわよ?」


魔理沙 「よし!瑞鳳 乗れ!」スッ 箒にまたがる


瑞鳳 「っえ?こっこうですか?」スッ 同じく箒にまたがる


魔理沙 「そうだぜ! しっかり掴まってろよ!」フワー…


瑞鳳 「っえ!?とっ飛んだ!?」


霊夢 「っえ?瑞鳳って飛べないの?」フワー


瑞鳳 「っえ!?霊夢さんは何も使わないで飛んでる!?」


魔理沙 「驚きすぎだぜ?この世界じゃ空飛べるぐらい普通だぜ?」


瑞鳳 「そうなんですか!?」


霊夢 「こんな事で驚いてたらキリがないわよ?それじゃいくわよ」ヒュー…


魔理沙 「了解だぜ!」ヒュー…


瑞鳳 「…」 ヒュー…


瑞鳳 「(…この世界 いろいろと凄過ぎて混乱しそう…)」


ヒュー…












第一異変 【白玉楼妖怪亡霊大量発生異変】




















白玉楼ー階段前



魔理沙 「着いたぜ」ヒュー…


瑞鳳 「長い…」ヒュー…


霊夢 「…」ヒュー…


魔理沙 「それじゃ 瑞鳳はここから歩きで頼むぜ?」(笑)


瑞鳳 「無理です!?こんなに長い階段登ってたら日が暮れてしまいますよ!?」


魔理沙 「冗談だぜ?そんな酷い事はしないぜ!」


瑞鳳 「驚かさないでください!本当に歩きで行かされるかと思いました!?」


魔理沙 「…私 そんな酷い奴に見えるか?」


瑞鳳 「はい 見えます」


魔理沙 「」ズーン…


瑞鳳 「あっ!?すいません つい本音が…」


霊夢 「あんたら ムダ話は後にしておいた方がいいわよ?」


瑞鳳 「…っえ?」


魔理沙 「何か居るのか?私は全然感じないが?」


霊夢 「…ここら辺にはまだ居ないみたいだけど この先…物凄い数の妖怪、亡霊が居る気配がするわね?」


瑞鳳 「気配でわかるんですか!?」


霊夢 「巫女なんだから当たり前よ?てか、あんたも巫女なんだからわかるでしょ?」


瑞鳳 「いや 私巫女じゃないです!」


魔理沙 「…っえ?巫女じゃないのか?」


瑞鳳 「はい 確かに巫女服は来ていますがこれは巫女服型の換装なんです」


霊夢 「換装…?昨日話してたあなたの防具服の事?」


瑞鳳 「簡単に言えばそうです なので私は巫女じゃないんです」


魔理沙 「紛らわしいぜ」ヒュー…


霊夢 「同じく」ヒュー…


瑞鳳 「そんな事言われましても…」ヒュー…


紫 「ホントよね?」瑞鳳の後ろから話す


瑞鳳 「ひゃあぁぁぁぁぁ!!!!!!!?」ビクッ!!!!


魔理沙 「うおっ!?」キーン!!


霊夢 「瑞鳳 うるさい」


瑞鳳 「だ、だって!?いきなり紫さんが後ろから!?」


魔理沙 「瑞鳳 今の叫びは聞いたぜ…」キーン…


瑞鳳 「あっすみません!?」


紫 「うふふ!おもしろいわね?瑞鳳は」


霊夢 「何しにきたのよ?あんたも手伝いに来たの?」


紫 「いいえ?ちょっと瑞鳳に渡すものがあってね?」


瑞鳳 「私にですか?」


紫 「そう あなたにスペルカードを渡しに来たのよ?はい」スッ


瑞鳳 「あっありがとうございます…?」スッ 数枚のスペルカードを受け取る


紫 「使い方はその中から一枚選んで『スペルカード発動』って叫べば使えるわ 覚えておいてね?」


瑞鳳 「…叫ぶんですか?」


紫 「そうよ?あと使い時だけど、今の人数じゃ足りないと思った時や苦戦してる時に使う事をすすめるわ?一回使うとそのカードは消滅するから覚えておいてね?」


瑞鳳 「…わかりました」


紫 「それじゃ、私は帰って寝るから後はよろしくね?」


霊夢 「あんたも手伝いなさいよ?」


紫 「それじゃあね〜?」スゥ…


霊夢 「…はぁ」


魔理沙 「なぁ瑞鳳?どんなスペルカードを貰ったんだ?見せてくれ」


瑞鳳 「はい」スッ


魔理沙 「…」



瑞鳳が貰ったスペルカード


【召喚 戦長召カード】

【召喚 戦陸召カード】

【召喚 正空加召カード】

【召喚 正空赤召カード】

【召喚 軽空祥召カード】

計五枚のスペルカード



魔理沙 「…なんだこれ?これが瑞鳳のスペルカードなのか?」


瑞鳳 「全然わかりません…てか、スペルカードって何ですか?」


霊夢 「弾幕ごっこする時に使うカードよ」


瑞鳳 「…弾幕ごっこ?」


魔理沙 「さっき私と弾幕を使って戦いあってただろ?あれを弾幕ごっこって言うんだ」


霊夢 「この世界の決まり事だから覚えておきなさいよ?」


霊夢 「【この世界で殺し合いになる戦闘は禁止】【お互いカードの枚数は予め決闘前に提示しなければならない】【手持ちのカードが全てなくなったら負けを認めないといけない】【勝者は決闘前に決めた報酬以外は受け取らない もしくは相手が提示した報酬が気に入らなければ決闘は断れる】【勝者は敗者の再戦の希望を積極的に受けるようにする】【その時の事故は覚悟しておくこと】 わかった?」


瑞鳳 「ちょっ!?長過ぎて全部覚えきれません!?」


魔理沙 「大丈夫だぜ?瑞鳳 最低限覚えてればいいだけだぜ!」


霊夢 「逆に守ってる人なんていないしね?」


瑞鳳 「いないんですか!?」


魔理沙 「最低限は守ってるけど全部守ってる奴は居ないぜ?」


霊夢 「だから最低限覚えておく事は【殺し合いになる戦闘は禁止】【相手のスペルカードが自分に当たってこれ以上戦っても勝てないと思ったら素直に降参する】 それだけ覚えておけばいいわ」


瑞鳳 「さっきの長い説明の意味は!?」


魔理沙 「ないぜ!」


瑞鳳 「…」


霊夢 「まっそれは良いとして早く行くわよ?」ヒュー…


魔理沙 「これが終わったら霊夢の家で酒飲みたいぜ!」ヒュー…


霊夢 「一杯ぐらいあげるわ」


魔理沙 「やったぜ!」


瑞鳳 「…」ヒュー…


瑞鳳 「(本当に全部覚えなくていいのかなぁ?)」












白玉楼



霊夢 「…」ヒュー…スタッ


魔理沙 「…なんか、静かだな?」


瑞鳳 「…ですね?物音一つしません」


霊夢 「…隠れたのかしら?気配がなくなってるわね?」


魔理沙 「…」


瑞鳳 「…」


霊夢 「…とにかく 中に入ってみましょ?」


魔理沙 「わかったぜ」


瑞鳳 「了解です」


タッタッタッ…












白玉楼ー中庭



霊夢 「…」タッタッタッ…


瑞鳳 「…誰もいませんね?誰かがいるような気もしませんし…?」タッタッタッ…


魔理沙 「だな?誰かに見られてる感じもしないし 静か過ぎるぜ」タッタッタッ…


霊夢 「…っん?」タッタッタッ


瑞鳳 「? どうしましたか?霊夢さん」


霊夢 「…あれ 妖夢じゃない?」


魔理沙 「…っえ?」



妖夢 「…」 少し離れた所に妖夢が突っ立ってる



魔理沙 「…なぁ霊夢 確か紫の話しだと妖夢って操られてるんじゃ…」


霊夢 「…確かそのはずだけど?」


瑞鳳 「あそこで立って何してるんでしょうか?」


霊夢 「あんた達はここで待ってなさい 私が見てくるわ」タッタッタッ…


瑞鳳 「あっ霊夢さん!一人で行ったら危ないですよ!?」 タッタッタッ…


魔理沙「大丈夫だぜ?瑞鳳 霊夢は化物だから」


霊夢 「誰が化物よ!」


魔理沙 「冗談だぜ!」


霊夢 「まったく…」タッタッタッ…



妖夢 「…」


霊夢 「おーい?妖夢 生きてるかしら?」


妖夢 「…」


霊夢 「おーい?反応しなさいよ 退治されたいのかしら?」


妖夢 「…」スゥ…スチャッ


霊夢 「」ピクッ


妖夢 「」サンッ!! 楼観剣を霊夢に目がけて振りかざす


霊夢 「おっと?」シュン 横に身体を向けて避ける


妖夢? 「」ヒュン!!!!


霊夢 「よっ!」スカッ しゃがんで避ける


妖夢? 「…」スチャッ


霊夢 「危ないわね?いきなり切りつけてくるなんて」


妖夢? 「…」


霊夢 「(…目が鬱ろんでる 紫が言った通り操られているわね?さて どうしようかしら?)」


瑞鳳 「霊夢さん! 大丈夫ですか!?いきなり切りつけられて!?」


霊夢 「大丈夫よ それより…来たわよ!」


瑞鳳 「…っえ?」 タッタッタッ!!… バサッ!!


妖怪 「ギャオオッ!!」屋根から飛び降りてくる


魔理沙 「」スチャッ 火炉を構える



チュドーン!!!!!! 【恋符 マスタースパーク】


妖怪 「ガァァッ!!!?」シュゥゥ…


瑞鳳 「っ!?」


瑞鳳 「(なにいまの!!!?さっきの六角形した物からレーザー!?みたいなのが出てきた!!!?)」


魔理沙 「瑞鳳 次来るぜ!」 タッタッタッ!!…


瑞鳳 「っえ!?あっはい!」スチャッ 彗星を構える


妖怪 「グオオッ!!」タッタッタッ!!…


瑞鳳 「お願い!彗星」バシュンッ!!


彗星 「目標すかさず補足!撃てー!!」バババババ!!!!!!


妖怪 「ガガガガガガガガ!!!!!?」瑞鳳が放った彗星の弾幕が全部命中してる


瑞鳳 「トドメ!流星お願い!」スチャッ バシュンッ!!


流星 「了解!」ブーン


妖怪 「ガァァ!!!!」シュゥゥ!! 口から炎が出てくる


魔理沙 「瑞鳳!火球が来るぜ!」


瑞鳳 「彗星!」


彗星 「了解!」ブーン…


妖怪 「」シュボウ!! 火球が瑞鳳に向かって飛んでいく


彗星 「発射!!」カチッ バババババ!!!!!!…


シュゥゥ… 彗星の弾幕が当たって火球は消滅する


妖怪 「ガァァ!!!!」 ブーン…


流星 「トドメだー!!」カチッ


バババババ!!!!!!


妖怪 「ガアアアアァァァァ!!!!!!!!…」ガガガガガガガ!!!!!!流星の弾が当たる


…ドサンッ


妖怪 「」倒れて動かなくなる


瑞鳳 「よし!次は…」 タッタッタッ!!…


妖怪達 「「「ガァァァァ!!!!!!」」」タッタッタッ!!…


魔理沙 「【魔符 スターダストヴァリエ】!」 バババババ!!!!!!…


妖怪達 「「「ギャァァァァァ!!!!!!」」」ガガガガガガ!!!!!!…


瑞鳳 「すっすごい…あんなに一片にやっつけて?」


魔理沙 「瑞鳳!まだまだ来るぞ!」 タッタッタッ!!…


瑞鳳 「はい!」 タッタッタッ!!…


妖怪達 「「「ガァァァァ!!!!!!」」」タッタッタッ!!…



霊夢 「…」 スイセイ!オネガイ! バシュンッ!! リョウカイ!


霊夢 「(外の世界で戦ってたって言ってたけど なかなかいい動きね?これならサポートには使えそうね?)」


妖夢? 「…」


霊夢 「さてと?そろそろ立ち止まってないでケリをつけるとしますか?」


妖夢? 「…」スゥ


霊夢 「悪く思わないでよ?あんたが操られてるから悪いんだからね?」スッ 霊符を取り出す


妖夢? 「…」ニヤッ


霊夢 「? 何笑ってるのよ?何か面白い事でも…」 スゥ…


ガシッ!!!!


霊夢 「なっ!?」


人形の半霊 「」 霊夢の後ろからしがみつかれて動きを封じられる


霊夢 「妖夢の半霊!?なんで人形になってるのよ!?しかもどうやって私の背後に!?」


霊夢 「(それよりまずいわ!今動き封じられたら!?)」


妖夢? 「」ザッ!!


霊夢 「(やばい!?)」


妖夢? 「」スー… 刀を抜く


霊夢 「(斬られる!)」 バシュンッ!!



シュンッ!! 霊夢の横から矢が横切る


妖夢? 「っ!」キィンッ!! 矢が妖夢の刀に当たる


瑞鳳 「彗星!」


彗星 「了解!」バババババ!!!!!!


妖夢? 「…」ヒューッ!! 飛んで後ろに下がる


瑞鳳 「烈風!霊夢さんの後ろにいる変なのに撃って!」バシュンッ!!


烈風 「了解!」ブーン…


烈風 「目標補足 撃てー!!」カチッ


バババババ!!!!!!



人形の半霊 「っ!!!!」ガガガガガ!!!!!!


妖夢? 「っ!!!!」ドサッ 地面に膝を付かせる


霊夢 「(半霊が攻撃受けて膝ついた 今がチャンス!)」スッ 霊符を出す


霊夢 「悪く思わないでよ?操られてるのが悪いんだからね?」


妖夢? 「ーっ!!」半霊が受けたダメージがまだ残っていて膝をついたまま動かない


霊夢 「【霊符 夢想封印】」バッ!! 霊符が飛び散る


妖夢? 「っ!!」スッ すぐさま立ち上がる


霊夢 「遅いわ」ビュンッ!!!!


妖夢? 「っ!!!!!!」ガガガガガ!!!!!!


ピチューン!!



妖夢? 「」スゥ… 黒いオーラが出てくる


霊夢 「っ!」ピクッ


黒いオーラ 「グオォォォォォ!!!!」シュゥゥゥゥ!!… 妖夢から黒いオーラが出てくる


魔理沙 「なっなんだあれ!?」 ガァァ!!


瑞鳳 「お化け!?」 オリャア! チュドーン!!


霊夢 「やっと出てきたわね?妖夢を操ってた悪霊?」


悪霊 「フォッフォフォフォ!まさか俺が姿を現す事になるとはな?正直驚いたよ」


霊夢 「あっそ?それじゃ 登場したばっかりで悪いけど退治させてもらうわ?」スッ 霊符を出す


悪霊 「この俺を倒す?馬鹿かお前わ 倒されるのは…お前だー!!」ヒュー!!… 霊夢に近づく


霊夢 「…」


悪霊 「お前の身体 操らせてもらうわー!!!!」

ヒュー!!…


霊夢 「…はぁ…」


瑞鳳 「霊夢さん!!」


魔理沙 「大丈夫だぜ?瑞鳳 霊夢はあんなやつに負けないから平気だぜ!」



悪霊 「フオォォォォ!!!!」ヒュー!!…


霊夢 「…」スッ 霊符を構える


霊夢 「【夢符 退魔符乱舞】」バッ!! 無数の霊符が飛び散る


悪霊 「…っえ?」 ヒュンヒュンヒュンヒュン!!!!!!!!


バババババ!!!!!!


悪霊 「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!!!?」ガガガガガ!!!!!!


霊夢 「さよなら 悪霊さん?」バババババ!!!!!!


悪霊 「そっそんな!?俺がっ俺が人間なんかにー!!!?」ガガガガガ!!!!!!


悪霊 「があぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」ガガガガガ!!!!!!


ピチューン!! シュゥゥ… 悪霊消滅



霊夢 「ふぅ 悪霊退治完了っと?」


瑞鳳 「すっすごい…あんな強そうな黒いのを…」唖然とした顔で霊夢を見てる


魔理沙 「あれが霊夢だぜ!そう簡単にやられないぜ!」


霊夢 「さて 他の妖怪達も…ってあれ?他の妖怪達は?」(・_・ )))))((((( ・_・)キョロキョロ


魔理沙 「倒したぜ!」 周りには妖怪が倒れてる


瑞鳳 「ちょっと手こずりましたがなんとか倒せました?」魔理沙程ではないが周りには妖怪が倒れてる


霊夢 「ちょっと!私の倒す分も残しておきなさいよ!」


瑞鳳 「えぇっ!?」


霊夢 「…まぁいいわ?さっさと妖夢起こして帰ってお酒が飲みたいわ?」タッタッタッ…


魔理沙 「私も早く飲みたいぜ!」タッタッタッ…


瑞鳳 「(残しておいた方が良かったのかなぁ?)」タッタッタッ…


妖夢 「…」倒れてる タッタッタッ…


霊夢 「おーい?妖夢 起きなさい 早く起きなさい?」バシッバシッバシッ!!!! 妖夢の頬を平手で叩いてる


瑞鳳 「れっ霊夢さん 流石に強過ぎかと思いますけど…?」


霊夢 「早く帰ってお酒飲みたいのよ?」


魔理沙 「すげぇ痛そうだぜ…」


霊夢 「妖夢 早く起きなさい!今度はグーで殴るわよ?」


瑞鳳 「流石にグーはやり過ぎですよ!?」


霊夢 「じゃああんたが起こしなさいよ?今すぐ」


瑞鳳 「今すぐ!?」


魔理沙 「頼むぜ?瑞鳳 私も早く戻って酒飲みたいぜ!」


瑞鳳 「…すぐ起こせるかわかりませんがやってみます」タッタッタッ…


妖夢 「」霊夢に叩かれて頬真っ赤


瑞鳳 「(霊夢さん…この人叩かれ過ぎて顔が真っ赤ですよ… やりすぎですよ)」


霊夢 「早く起こしてよ?早く起こさないとあんたのお酒なしにするわよ?」


瑞鳳 「酷くないですか!?今起こすので待っていてください!」


魔理沙 「早く頼むぜ!」


瑞鳳 「…えっと 妖夢さんでしたっけ?起きてくれませんか?早くしないと霊夢さんが怖いので…」


霊夢 「誰が怖いですって?」ギロッ


瑞鳳 「(その顔が怖いです…)」


魔理沙 「…」ニヤニヤ


瑞鳳 「妖夢さん 起きてください?起きないとまた霊夢さんに袋叩きされますよ?」ユサユサ…


霊夢 「そこまでやってないわよ!」(╬ ꒪Д꒪)


妖夢 「うっう〜ん…んん?」スゥ


瑞鳳 「あっ起きました」


魔理沙 「ぶふっ!!」ククク…


霊夢 「一々笑うんじゃない!」(怒)


妖夢 「…あれ?私…一体何を?てかほっぺが痛い…」


瑞鳳 「悪霊に取り憑かれて操られていたところを霊夢さんが助けてくれたんです 体調の方は大丈夫ですか?」


妖夢 「はい 大丈夫ですが…あなたは?」


瑞鳳 「あっ自己紹介が遅れました 私は瑞鳳と言います」


妖夢 「魂魄妖夢と言います よろしくお願いします」 ヒュンッ


紫 「終わったみたいね?」瑞鳳の後ろから現れる


瑞鳳 「ひゃあぁぁ!?」ビクッ!!


妖夢 「みょんっ!!!?」キーン!!


紫 「毎回毎回驚いて面白いわね?遣り甲斐があって楽しいわ!」


瑞鳳 「急に後ろから現れるのやめてください!心臓に悪いです!!」ドキドキ!!…


妖夢 「耳にかなり来ました…耳鳴りが…」キーン…


瑞鳳 「あっごめんなさい!?」


霊夢 「何しに来たのよ?終わってから来るなんてタイミングが良いわね?」


紫 「まぁね?妖夢が正気に戻ったらすぐに知らせてくれって頼まれてたからね?」


魔理沙 「幽々子にか?」


瑞鳳 「幽々子…?」


紫 「そうよ?幽々子 妖夢が正気取り戻したわよ」ヒュンッ 妖夢の後ろに隙間が現れる


幽々子 「妖夢!!」ガバッ!! 隙間から出てきて妖夢を抱きつく


妖夢 「みょん!?」


幽々子 「よかった…やっと戻ったのね?よかった…本当に良かった!」ポロッポロッ…


妖夢 「ゆっ幽々子様!?何故泣いてるんですか!?そこまで心配するような事ではなかったはずですよ!?」


幽々子 「良かった…本当に…良かった!」ギュッ!!


妖夢 「…幽々子様?」


紫 「妖夢 幽々子はね?あなたの事をずっと心配してたのよ」


妖夢 「…っえ?」


紫 「あなたが悪霊に取り憑かれた時 私は幽々子をとっさに避難させたわ?でも幽々子は妖夢が心配だからすぐ戻してくれって耳にタコができるぐらい聞かれたわ」


紫 「取り憑かれて何をされてるかわからない…もしかしたら殺されてしまったかもしれない ずっと考えていたのね?だから妖夢が無事だった事がわかって今は安心しているのよ」


妖夢 「…幽々子様」


幽々子 「ごめんね?妖夢 私が油断したばかりに…」ポタッポタッ…


妖夢 「…謝らないでください 私も油断して取り憑かれたのでおあいこです だから泣かないでください」


幽々子 「…妖夢」ポタッ…ポタッ…


霊夢 「さーて?妖夢も助けて終わったし そろそろ私達も帰るとするわよ?」


魔理沙 「だぜ!早く帰って酒飲みたいぜ!」


霊夢 「瑞鳳 いくわよ?」


瑞鳳 「はい」


紫 「ご苦労様霊夢 おかげで助かったわ ありがとね?」


霊夢 「…あんたが礼言うなんて珍しいわね?」


紫 「失礼ね 私だってお礼くらい言うわよ?」


霊夢 「あっそ?それじゃ、私達は帰るから後はよろしくね?」


紫 「聞いといてそれはないんじゃないかしら?」


幽々子 「霊夢 妖夢を助けてくれて本当にありがとう」


霊夢 「別にいいわよ?瑞鳳 魔理沙の後ろに乗せてもらいなさい」


瑞鳳 「はい」タッタッタッ…


瑞鳳 「魔理沙さん またお願いします」


魔理沙 「了解だぜ!」ヒュン 箒を出す


紫 「瑞鳳 今日はご苦労様?また次もお願いね?」


瑞鳳 「はい 次も期待に応えられるよう頑張ります!」


紫 「頼もしいわ?それじゃ」


ヒュー…



紫 「…やっぱり瑞鳳はなかなかやるわね?これなら【今後起きる異変】もなんとかなりそうね?」


妖夢 「…今後起きる異変?紫様 それはどういう事ですか?」


紫 「いいえ?なんでもないわ 気にしないで?」


妖夢 「?」


幽々子 「…ねぇ紫 さっきの瑞鳳って子は人間なの?なにか違う感じがしたんだけど…?」


紫 「半分人間で半分機械って言った方がいいかしら?」


妖夢 「機械?機械って外の世界でいろいろと使われているあれですか?」


紫 「えぇ だから幽々子がなにか違う感じがするって言ってたのはそれの事よ?」


幽々子 「…半分機械ってどういうこと?あの子は人間でもあるんでしょ?」


紫 「わかりやすく言うなら妖夢の半人半霊みたいな感じよ?詳しく言ってもわからないから妖夢と同じって言った方がわかりやすいわ」


幽々子 「なるほど?それならわかりやすいわ」


紫 「さて、私もそろそろ帰って寝るとしようかな?久々に隙間を使い過ぎたから眠たくなっちゃったわ?」


妖夢 「もうお帰りですか?」


紫 「えぇ 今日はいろいろな所に用があったからね?それじゃあね」スッ


ヒュンッ


妖夢 「…いろいろな所?一体どこに行ってたんでしょう?」


幽々子 「妖夢〜?お腹空いた〜?ご飯作って〜?」ググゥ〜…


妖夢 「あっはい わかりました」










白玉楼妖怪亡霊大量発生異変【解決】










夕方 横須賀鎮守府ー提督室



コンコン


ナガトダハイッテモヘイキカ?


シーン…


…ハイルゾ


ガチャッ


提督 「…」椅子に座ってる


長門 「…居るなら返事をしないか?」パタンッ


提督 「…」


長門 「…朝食 食べてないのか?提督」 提督の机には一切手を付けてる様子がない食器が並べられている


提督 「…食欲がないんだ 持って帰ってくれ…」


長門 「…提督」


提督 「…」


長門 「…夕食は何が食べたい 言ってみてくれ?」


提督 「…何もいらない 食べたくない…」


長門 「駄目だ!夕飯ぐらいは手を付けろ!身体が持たないぞ!!」


提督 「…」


長門 「…頼むから何か食べてくれ なんでもいいから…このままでは提督が!」ググッ!!


提督 「…」


長門 「…今夕飯を持ってくる 夕飯だけは絶対食べろ いいな?」カチャッ 食器を持つ


提督 「…」


長門 「…失礼する」タッタッタッ… ガチャッ


パタンッ…


提督 「…」


提督 「瑞鳳…」









通路ー提督室の前



長門 「…」


長門 「(提督…)」 タッタッタッ…


加賀 「長門さん」タッタッタッ…


長門 「加賀…」


加賀 「提督の様子はどうですか?今の現状は?」


長門 「…」


加賀 「…最悪状態ですか」


長門 「…あぁ 昨日と同じで部屋からは一歩も出ず 食事にも手をつけてない…あのままでは本当に死んでしまう」


加賀 「…」


長門 「…どうすればいい?これ以上あのままにしておく事は出来ない 何かいい案はないか?」


加賀 「…そう言われましても」


青葉 「お困りのようですね?」ブラーン 天井からぶら下がって出てくる


長門 「うぉお!!!?」ビクッ!!


青葉 「シャッターチャンス!」パシャッ


長門 「青葉!?お前はどこから現れてくるんだ

!!てか、なに撮ってるんだ!?」


青葉 「長門さんの驚き顔を撮りました!これは特ダネですよ!!」


長門 「今すぐ消せ!!さもなくば撃つ!!」ジャキッ!! 四十六cm三連装砲を青葉に向けて構える


青葉 「ちょっ!?それは洒落になりません!!!?」


加賀 「青葉 なにかいい案があるんですか?」


青葉 「っえ!?あっはい いくつかありますがその前に一つ聞いてもよろしいですか?」


加賀 「なんでしょうか?」


青葉 「【…瑞鳳は本当に沈んだのですか?】」


長門 「…」


加賀 「…なぜそう思うんですか?」


青葉 「昨日瑞鳳が沈んだ事を皆さんに話しましたよね?その話を聞いた人達は皆落ち込んだり悲しんでいました …でも、【ある五名だけは悲しんでたり落ち込んでいたりしていましたが他の皆さんとはなにか違う感じ】がしたんです」


加賀 「…その五名とは一体誰の事ですか?」


青葉 「…聞きますか?本当はお気づきになってるんじゃないですか?」


加賀 「…」


青葉 「加賀さん、長門さん あなた方はなにか隠してませんか?提督や皆さんに」


加賀 「そっそれは…」


長門 「…青葉 悪いがその事は話せない」


青葉 「…やっぱりなにかあるんですね?」


長門 「あるけど話せない …話せば【あいつの身】がどうなるかわからない」


青葉 「あいつとは瑞鳳の事ですか?」


二人 「「…」」


青葉 「黙ってるという事は瑞鳳の事なんですね?瑞鳳は生きているんですね?」


長門 「…それは…」


加賀 「…」


青葉 「なぜ教えてくれないんですか?教えたら瑞鳳はどうなるんですか?」


二人 「「…」」


青葉 「教えてください!瑞鳳は今どこにっむぐ!?」


紫 「それ以上はやめときなさい?青葉型重巡一番艦青葉」青葉の口を塞いでる


青葉 「んんっ!?」


長門 「お前は!!」スチャッ 四十六cm三連装砲を構える


加賀 「」スチャッ 弓矢を構える


紫 「あらあら?そんなに警戒しなくても取って食べたりしないわよ?」クスクスッ


長門 「なにしに来た!約束は破ってはいないだろう!」


紫 「えぇ わかってるわよ?あなた達が誰にも言ってない事はわかってるから安心して?」


加賀 「なら何しに来たんですか?早く青葉から手を離してください」


紫 「かなり警戒されてるわね?別に殺したりしないから安心なさい?」スゥ 青葉から手を離す


青葉 「あっあなた一体どこから!?いや、その前にどうやって飛んでるんですか!?」


紫 「言ってもわからないから教えてあげない?それと瑞鳳の話しはしない事を進めるわよ?



青葉 「なぜですか?瑞鳳の話しをしたらどうなるんですか?」


紫 「【瑞鳳はまた海の底に沈むわよ】」


青葉 「っ!?」ゾクッ


紫 「どうする?青葉 聞きたい?その代わり聞いたら瑞鳳はまた冷たい海の底に沈むけどね?」


青葉 「…そう言われると聞かない方が良いと私は判断します」


紫 「賢明な判断ね?でも、ゲームをもっと面白くしたいと思ってるんだけど…参加するかしら?」


青葉 「ゲーム?」


紫 「ルールは簡単【今から話す事を誰にも言わなければいいだけ】それだけよ?」


青葉 「…それだけですか?」


紫 「えぇそれだけよ?参加するなら【沈んだ軽空母】の事を話してあげるわ?…どうする?」


青葉 「…」


長門 「青葉 参加しない方が賢明だぞ?あの女は人が落ち込んでるところや悲しんでる顔を好む 他の奴に話せない事で苦しむ私達を見て喜ぶ…だから参加しない方がいい」


加賀 「私も同感です 参加しない事を勧めます」


青葉 「…」


紫 「どうする?参加不参加は自由よ?早く選んでね!」ニコッ


青葉 「…」


全員 「「…」」


青葉 「…参加します」


長門 「青葉!?」


紫 「もう引き返すことは出来ないわよ?それでもいいの?」


青葉 「はい 大丈夫です」


加賀 「青葉!あなたは私達の話を聞いてなかったの!?この変人は私達が苦しむところは…」


青葉 「わかってます さっきの話は聞いていたのでわかっています…でも、知っておきたいんです 知らないで過ごすより知って過ごした方が気が楽な気がするんです」


長門 「たっ確かにそうかもしれないが!」


紫 「部外者は黙ってなさい 青葉は自分の意思で参加するって言ったのだからあなた達がどうこう言う権利はないわ!」ギロッ!!


長門&加賀 「「っ!!!?」」ゾクッ!!


紫 「それじゃ 青葉をゲームに参加する事を許可します いいわね?」


青葉 「…はい」


紫 「それじゃ 一旦私の隙間の中に入ってもらえるかしら?」 スー… パカッ 青葉の横に隙間が現れる


青葉 「っえ!?なっなんですかこれ!!」ビクッ!!


紫 「私の隙間…て言ってもわかるはずないわよね?どこでも〇アって言えばわかるかしら?」


青葉 「どこでも〇ア!?あの人気のドラ〇もんってアニメに出てくる秘密道具 どこでも〇アなんですかこれ!?」


紫 「それに近いものよ?それじゃ、中に入ってもらえるかしら?」


青葉 「…」


長門 「…青葉 油断するなよ?あいつの事だ なにかロクでもないことを考えてるかもしれないぞ」


加賀 「それにこの変な物の中に入るなんて危険すぎるわ 入らない方がいいと思うわよ?」


青葉 「…でも この中に入らないと瑞鳳の事は…」


紫 「なんだったら長門と加賀も入って来ていいのよ?」


長門&加賀 「「…っえ?」」


紫 「青葉だけじゃ心配ならあなた達も入ってくればいいじゃない?私の隙間に店員オーバーってものはないもの」


長門&加賀 「…」


紫 「どうする?二人も入るならさらにあの軽空母の事を教えてあげるわ」


長門 「…」


加賀 「…」


青葉 「…」


紫 「…さぁ どうする?」ニタァ


長門 「…入ろう 青葉一人だけで入らせるのは危険すぎる」


加賀 「そうね 青葉一人で入ったらなにされるか分からないから私達も入った方が良さそうですね?」


青葉 「二人とも…」


紫 「それじゃ 早く入ってもらえるかしら?待つのは好きじゃないの」


青葉 「…わかりました」


長門 「青葉 気を引き締めて行くぞ!」


青葉 「はい!」


加賀 「…」


タッタッタッ…










隙間の中



青葉 「…なんか 不思議なところですね?」 (・_・ )))))((((( ・_・)キョロキョロ


長門 「気味が悪いな あまり長居したくはないな」


加賀 「そうね 早めに出たいわね」


紫 「まぁまぁそんな事言わないで?確かに他の人からしたら気味が悪いかも知れないけど私からしたら憩いの場よ!」


青葉 「それより瑞鳳の事を教えてください お願いします!」


紫 「そんなに焦らなくてもちゃんと教えてあげるわよ?」


紫 「まずは瑞鳳が生きてる事はだいたい予測ついてるわよね?」


青葉 「はい」


紫 「でも瑞鳳がどこにいるかは分からないわのよね?そこの二人には教えたけどね 」


長門&加賀 「「…」」


青葉 「…瑞鳳はどこにいるんですか?」


紫 「瑞鳳は私の世界 幻想郷に居るわ」


青葉 「…幻想郷?」


紫 「私の世界の名前よ 瑞鳳は私の世界で異変解決を手伝ってもらってるの」


青葉 「異変解決?」


紫 「えぇ 私の世界では問題事が多発していてね?だから少しでも助っ人を呼んで手伝ってもらってるの」


青葉 「…それはどのくらいかかるんですか?」


紫 「私の予想だと一年ぐらいで終わるはずよ?あくまでも予想だけどね」


青葉 「一年…ですか」


長門 「本当にその異変とやらが終われば瑞鳳を返してもらえるんだろうな?」


紫 「約束は守るわ まっあなた達が信じれるかはわからないけどね? 」


加賀 「…」


紫 「…それと、さっきは話してなかったけど 【もう一つルール】があるの」


青葉 「…もう一つ?」


紫 「えぇ 長門や加賀、祥鳳、陸奥、赤城にはもう話してあるけど あなたにも瑞鳳の手伝いをしてもらうわ?」


青葉 「…っえ?手伝えるんですか?」


紫 「わかりやすく言うと…はいこれ?」スッ 白い紙を青葉に渡す


青葉 「…これは?」スッ


紫 「【式神 重青召】」スッ もう一枚白い紙を出す


スゥ… 何も書かれていなかった紙から文字が浮かび上がってくる


青葉 「っえ!?白紙の紙から文字が出てきた!?」


紫 「これで瑞鳳の手伝いが出来るようになったわ とは言っても、瑞鳳があなたを呼び寄せた時しか手伝えないけどね?」


青葉 「これは一体何なんですか!?てか、さっきから驚きっぱなしなんですが!?」


紫 「それはあなたを呼び寄せる札 【召喚 重青召】 瑞鳳がその札を使えばあなたは瑞鳳の元に行くとが出来るのよ」


青葉 「これでですか!?」


紫 「えぇ 不思議でしょ?でも私の世界では普通だけどね」


青葉 「普通なんですか!?凄いです!!」


長門 「青葉 一々驚いてはキリがないぞ?」


加賀 「そうね あの方が言ってる事は私達の世界ではありえない事ばかりみたいだから驚くのは無理ないと思うけど驚いてはキリがないわね」


青葉 「たっ確かにそうですが…」


紫 「あらあら?別に良いじゃない 驚くぐらい?」クスクスッ


長門 「それで?この中に入ったのはこれだけの為に私達を入れたのか?」


紫 「いいえ?もう一つあるわよ」


加賀 「それはなんですか?」


紫 「今現在 瑞鳳の様子を少し見せてあげようかと思ってね?」


加賀&赤城&青葉 「「っえ!!!?」」


紫 「今瑞鳳は幻想郷の住民 霊夢と魔理沙って人達とお酒を飲んでるわ?」


青葉 「お酒飲んでるんですか!?」


紫 「えぇ?はい これがその映像よ?」スッ…パカッ 青葉達の前に隙間を作る


加賀&赤城&青葉 「「…」」










博麗神社ーお茶の間前通路(夕方)



魔理沙 「いやー!異変解決した後の酒は旨いぜえ!」///


霊夢 「そうねっ」///グイッ


霊夢 「んー!美味しいわ!」///


瑞鳳 「ふぅ…やっぱり落ち着きますね?お酒飲みますと」///


魔理沙 「しっかし 瑞鳳も酒が飲めるとは思わなかったぜ?見た目が子供っぽいからまだ飲んだことないのかと思ってたぜ」///


瑞鳳 「そんな事ありませんよ?私の世界でも普通に飲んでますよ」///


霊夢 「そうみたいね?今私達と同じくらい飲んでるものね」///


魔理沙 「ちなみに普段はどのくらい飲んでるんだ?」///


瑞鳳 「えっと 次の日の事も考えて飲んでるので…大体とっくり(酒ビン)一本分ですね?」///


魔理沙 「ヤケになった時は?」///


瑞鳳 「酒瓶一本以上飲みます」///


霊夢 「随分と少ないわね?私達は常に一本以上飲んでるわよ?」///


瑞鳳 「それは飲み過ぎですよ!?次の日二日酔いになりますよ!」///


霊夢 「別にならないけど?っねぇ?」///


魔理沙 「だぜ?」///


瑞鳳 「…それはそれで羨ましいです」///







三人 「「…」」


紫 「っね?お酒飲んでるでしょ?」


青葉 「…確かに飲んでますね」


加賀 「というか、物凄く平和そうね?」


長門 「なんか心配してて損した気分だ…」ハァ…


紫 「うふふ?その顔面白いわよ?長門」


長門 「うるさい」


青葉 「…でも、元気そうで良かったです 別の世界でもちゃんとやってるみたいですし少しホっとしました?」


紫 「でも、まだまだ異変解決はこれからよ?今は一つ解決してくれたけど、【後二十回】程異変が起きるからそれまで生きていられればいいけどね?」


長門 「…何故あと二十回ぐらいとわかるんだ?この前も【約一年ぐらいかかる】と言っていたが…まさかお前がその異変とやらの!!」スチャッ 四十六cm三連装砲を構える


紫 「冗談じゃないわ!そんな馬鹿な事しないわよ!疑うのも体外にして欲しいわ!!」


長門 「なら何故わかる!あと何回起きるかなんて普通はわからないはずじゃないのか?」


紫 「【私の世界には未来を見る事が出来る妖怪が居るのよ】」


青葉 「っえ!?未来を見る事が出来るんですか!?」


紫 「とは言っても外れる時もあるんだけどね?でも【今回は100%一年以内に二十回ぐらいの異変が起きる】って言われたからすぐ対象出来るように瑞鳳を連れてったのよ?」


加賀 「…外れる時もあるのになぜ今回は100% 起きるとわかったのでしょうか?」


紫 「さぁ?それは私にもわからないわ でも、私の世界で好き勝手にさせるわけには行かない それだけは絶対に…!!」ググッ!!


長門 「…」


加賀 「…」


青葉 「…」


紫 「さて、そろそろお開きにしましょう?また会える時には会いに来るからその時はまた瑞鳳の様子を見せてあげるわ?それじゃ!」スッ


パカッ 長門達が立っている場所に穴が開く


青葉 「っえ?ちょっ!!!?」


長門 「うわぁぁぁ!!!?」


加賀 「きゃあっ!!!?」


ヒュゥゥ…


紫 「…」スッ シュゥゥ… 隙間を塞ぐ


紫 「…本当に後一年以内に異変が二十回も来るのかしら?流石に一年に二十回は多過ぎじゃないかしら?」


紫 「でも、あの未来を見る事が出来る占い師はそう言ってるし…今はそれに対象するしかなさそうね?」


紫 「…それまで瑞鳳が保つかしら?」ウーン…


紫 「あの占い師がここの世界に存在する艦娘 【瑞鳳を連れてくれば楽にいける】って言ってたけど…なんで瑞鳳なのかしら?軽空母じゃなく戦艦とかの方が良かったんじゃないかしら? 」


紫 「…」


紫 「もし、万が一…瑞鳳が死んだらどうなるのかしら?幻想郷は…どうなるのかしら」


紫 「…それだけは絶対に阻止しないと行けないわね!」

















提督室前ー通路



ヒュンッ 隙間が上空に開く


加賀 「きゃっ!!」

長門 「うぉっ!?」

青葉 「ひゃあっ!!!?」


ドスンッ!!!!


加賀 「うぅ…お尻が痛いです」


長門 「まったくだ?あの女…帰してくれるならもっと丁重に帰せないのか?」イテテ


青葉 「おぉぉ!!…お尻が二つに割れました…」イタタタタ…


長門 「いや、それは普通だからな?」


青葉 「そうでした…」イタタタタ… タッタッタッ…


吹雪 「…なにしてるんですか?司令室の前で?」


青葉 「あっいえ?ちょっと私のお尻が二つに割れてしまっただけですので気にしないでください…」イタタ…


吹雪 「…それは普通ではありませんか?」


青葉 「そうでした…」ヨイショット


吹雪 「それよりここで何してるんですか?なにか悲鳴のような声がが聞こえた気がしたんですが…?」


長門 「そっちまで聞こえていたのか?それはすまない ちょっとここで滑って転んでしまってな?」


加賀 「尻餅ついて悲鳴みたいな声を出してしまったんです 勘違いさせて悪いわね?」


吹雪 「そうでしたか?これは恥ずかしい事を聞いてしまって申し訳ありません」


長門 「気にしなくても良い?それじゃ、私は提督の夕飯を作りに行くから吹雪は自分の持ち場に戻ってくれ?」


吹雪 「わかりました!それでは」┏○ペコッ


タッタッタッ…


長門 「…」


加賀 「…行ったみたいね?バレずに済んで良かったわ」


青葉 「ですね?バレたら【あの方】がなにされるか分かりませんからね?バレなくて本当に良かったです」


長門 「とにかく、今はバレないようにしながら今まで通りにするしかなさそうだな?」


青葉 「ですね?」


加賀 「…ところで青葉 さっき提督の今の状況をどうにか出来ると言っていましたが?」


青葉 「おっと?すっかり忘れるところでした」


青葉 「断定としては言えませんがそれでも構いませんか?」


長門 「それでも構わん 何か必要なものとかあるのか?」


青葉 「龍驤さんを瑞鳳の姿に変えてみればどうでしょう?」


長門&加賀 「「却下」」


青葉 「…駄目ですか?」


長門 「青葉…それ本気で言ってるのか?」


加賀 「本気で言ってるなら解体ものですよ?」


青葉 「…」


青葉 「まぁそれは冗談として?」


長門&加賀 「(本気だったのか…)」


青葉 「瑞鳳がいつも作ってた玉子焼きを作ってあげてみればどうでしょうか?」


長門 「玉子焼きか…確かにそれはいいかもしれないな?少しは元気を出すかもしれないな」


加賀 「でも逆に思い出してさらに落ち込むという可能性もありえるわ?」


青葉 「確かにその可能性も考えられますね?なら他に良い案は…」ウーン


加賀 「うーん…」


長門 「…試さないとわからなそうだな?よし!私が玉子焼きを作って提督を元気にしてみようではないか!」


青葉&加賀 「「…っえ?」」( ˙ㅿ˙ )


長門 「どうした?二人してそんな顔をして?」


青葉 「あっいえ…長門さんって玉子焼き作れましたかなぁと思いまして?」


長門 「料理は出来るんだから玉子焼きぐらい作れるだろう?」


加賀 「実際に作った事はあるの?」


長門 「ない」


加賀&青葉 「「…」」


長門 「よし!そうと決まれば早速作りに行くぞ!今日の提督の夕食は玉子焼きづくしだ!!」


加賀&青葉 「「いやいやいやいや!?それはやめた方がいいです!!」」


長門 「なぜだ?元気付けるんだったら玉子焼きづくしにした方が良いではないか?」


青葉 「なんでそうなるんですか!?ご飯が玉子焼きしかないなんて逆に酷いですよ!?」


長門 「…そうか?」


加賀 「…私が玉子焼き作るので長門は普通にご飯を作ってください」


長門 「…わかった」(´・ω・`)


青葉 「(その方が安全です 危うく提督の夕食が玉子焼きづくしになるところでした…)」


加賀 「それでは食堂に行って作りましょう 青葉は他になにかいい案がないかを考えて下さい」タッタッタッ…


青葉 「わかりました」


長門 「なぜ玉子焼きづくしじゃダメなんだ?全くわからん…」ウーン タッタッタッ…


加賀&青葉 「「(いや、考えれば誰でも分かるでしょ…)」」タッタッタッ…


タッタッタッ…












博麗神社ー中庭側通路 夜



霊夢 「すぅ…すぅ…」///酒に酔って通路で寝てる


魔理沙 「かぁー…かぁー…」///同じく酒に酔ってデカいいびきかきながら寝てる


瑞鳳 「すぅ…すぅ…」///同じく酒に酔って通路で寝てる


トントン


ズイホウ オキナサイ?コンナトコロデネテタラカゼヒクワヨ


瑞鳳 「すぅ…すぅ…」


ズイホウ ハヤクオキナサイ?ホントウニカゼヒイチャウワヨ?


瑞鳳 「うーん…っんぅ?」スゥ…


紫 「やっと起きたわね?こんな所で寝てたら風引くわよ?」


瑞鳳 「…あれ?私…お酒飲んでたはずでは?」


紫 「お酒に酔って寝ちゃったのよ」


瑞鳳 「…あぁ そうでした?お酒を飲んでる時に眠たくなってそのまま寝てしまったんでした?」ヨイショッ


紫 「あまり飲み過ぎないようにしなさいよ?急に異変が起きた時に二日酔いで負けましたなんて洒落にならないわよ?」


瑞鳳 「はい それは分かっています…それよりどうかしたんですか?また異変ですか?」


紫 「いいえ?ちょっとあなたに用があってね?」


瑞鳳 「私ですか?」


紫 「えぇ これを渡しにね?」スッ 瑞鳳に【召喚 重青召カード】を渡す


瑞鳳 「…これ 今日もらったやつと一緒…」ツカミッ


紫 「えぇ 文字は違うけどね?」


瑞鳳 「一体これは何なんです?スペルカードって言うみたいですけど魔理沙さんに見てもらっても分からないと言ってましたが?」


紫 「それは使ってからのお楽しみよ?瑞鳳がやられそうになった時に使う事をオススメするわ」


瑞鳳 「…わかりました」


紫 「それじゃ、用事はこれだけだから私は帰るわね?次の異変もいつ起きるかわからないから常に気を引き締めていてね?」


瑞鳳 「はい 分かっています」


紫 「それじゃ、またね」スゥ… 隙間の中に入っていく


瑞鳳 「あっちょっと待ってください!」


紫 「なに?」スッ また隙間から出てくる


瑞鳳 「一つ聞きたいことがあるんですが…いいですか?」


紫 「その内容にもよるけど何が聞きたいのかしら?」


瑞鳳 「提督は…横須賀鎮守府の提督は今どうしていますか?元気にやっていますか?」


紫 「…」


瑞鳳 「…黙ってるって事は元気にしてないって事ですか?」


紫 「…正直 いつ提督を辞めてもおかしくない状態ね?あなたが居なくなってからずっと落ち込んでいるわ」


瑞鳳 「…」


紫 「長門達が何とかしようとしてるけど全く効果なし…頑張ってるようだけど、今のままじゃどうしようも出来ないわ?」


瑞鳳 「…そうですか」


紫 「…それだけ?」


瑞鳳 「っえ?」


紫 「あなたの提督は今落ち込んでいるのよ?なのにあなたはなんとも思わないの?」


瑞鳳 「…そんなわけありません 本当なら今すぐにでも提督の元へ行って私はまだ生きていると教えて元気にしたいです」


紫 「なら何故それをさっき言わなかったの?今すぐにでも提督に知らせたければ私にお願いして一時的に元の世界に返してもらおうとは思わなかったの?」


瑞鳳 「思いました あなたにお願いすれば一時的に元の世界に帰って提督を励ます事が出来ると思いました!…でも」


紫 「…でも、なにかしら?」


瑞穂 「…また提督に会ってしまったら、もう離れたくないと思ってしまうからです」


瑞鳳 「まだ私の任務は終わってませんから今戻って提督に会ってしまったらこっちの世界に戻ってこれなくなるかも知れませんから?」


紫 「…」


瑞鳳 「なので私は戻りません 提督には悪いですが任務を優先します」


紫 「…本当にそれでいいの?あなたの提督は提督を辞めてもおかしくない状態なのよ?」


紫 「あなたの言いたい事は凄く伝わったわ でも、本当にそれでいいの?」


瑞鳳 「…それは」


「行っておきなさいよ?」


瑞鳳 「…っえ?」 ムクッ


紫 「あら?霊夢 起きてたの?」


霊夢 「あんたが来たのを察知して起きたわ?それであんたらが話をし始めたからそれを聞いてたのよ」


紫 「やっぱり私が来るとわかっちゃうのね さすがね?霊夢」


霊夢 「瑞鳳 あんたの大切な人がやばい状況なら行ってあげなさい せっかく紫が許可してるんだからこれを逃したら次はないわよ?」


紫 「誰も連れてってあげるとは言ってないわよ?」


霊夢 「さっきの言い分だと連れて行くって言ってるようなもんでしょ?」


紫 「…流石霊夢 察しがいいわね?」


霊夢 「だから一度でも行ってあげなさい それで、その大切な人を安心させてあげなさい」


瑞鳳 「…でも また提督に会ってしまったらまたこっちの世界に戻ってこれるか…」


霊夢 「その時はそのまま帰れば良いじゃない?」


瑞鳳 「…っえ?」


紫 「霊夢!?」


霊夢 「あんたは帰りたいんでしょ?だったら帰ればいいじゃない」


霊夢 「【私達の事は放っておいて】」


瑞鳳 「っ!」


霊夢 「別に良いのよ?私達の事や紫との約束を破って帰っても?私は構わないわよ」


瑞鳳 「…」


紫 「(…なるほど?そういう事ね)」


霊夢 「帰りたいんでしょ?早く帰りなさいよ」


瑞鳳 「…何故そんな言い方をするんですか?それでは帰ってはいけないと言ってるようなものですよね?」


霊夢 「いつ誰がそんなことを言ったかしら?私はそんな事言ってないわよ」


瑞鳳 「今の言い方ではそう聞こえます 霊夢さんだって言われたら同じ事を思うはずです」


霊夢 「思うわね?でも、こうでも言わないとあなた帰らないでしょ?」


霊夢 「一時的に帰って必ず帰ってきて欲しいから私は酷い事を言ったの それを信じるか信じないかはあなたの自由だけどね?」


瑞鳳 「…」


霊夢 「…紫 連れてってあげて?」


紫 「はいはーい ほいっと?」パカッ 瑞鳳の横に隙間を作る


瑞鳳 「…」


霊夢 「行きなさい 行ってあなたの大切な人を慰めて来なさい?それが終わったら戻ってきなさい」


瑞鳳 「…」


霊夢 「…なにを迷ってるの?迷う必要なんかいらないわよ 早く行きなさい」


瑞鳳 「…」スゥ… 閉じていた口を開く



瑞鳳 「【行きません】」


霊夢&紫 「「…っえ?」」


瑞鳳 「私はまだ紫さんとの約束を達成してません なので私は一時的でも帰りません」


霊夢 「…あなた本気で言ってるの?紫は許可してるのよ?なのに行かないの?」


瑞鳳 「はい」


霊夢 「…自分の大切な人を見捨てるの?」


瑞鳳 「見捨てるつもりはありません 勘違いしないでください」


霊夢 「だったらなんで行かないの!あなたの大切な人がヤバイ状況だって紫が言ってるのになんで行かないの!?許可下りてるじゃない!」


瑞鳳 「許可下りてる下りてない関係ありません 任務を達成してないのでまだ帰ることはできません」


霊夢 「…任務なら聞くの?」


瑞鳳 「命令されて可能なら聞きます…ですが、帰還命令は命令対象外とします」


霊夢 「紫が言っても?」


瑞鳳 「…」


紫 「…瑞鳳 追加命令してもいいかしら?」


瑞鳳 「…それは強制ですか?」


紫 「えぇ 強制よ」


瑞鳳 「…戻って来れるかわかりませんよ?」


紫 「その時は…その程度の艦娘だったと思って諦めるわ」


瑞鳳 「…」


霊夢 「…」


紫 「…瑞鳳 一度あなたの提督の元へ戻って、慰めてきなさい」


紫 「追加で強制命令でね?」


瑞鳳 「…戻って来れなかった場合も考えての命令ですか?」


紫 「…まぁ なんとかなるでしょ?」


瑞鳳 「…わかりました また戻ってこれるよう頑張ります」


紫 「…頼むわよ?」


瑞鳳 「それでは霊夢さん 行ってきます」


霊夢 「…ちゃんと戻ってきなさいよ?」


瑞鳳 「…頑張ります」タッタッタッ…


シュゥゥ… 隙間の中に入る



紫 「…」


霊夢 「…ねぇ紫 瑞鳳…戻って来る?」


紫 「…瑞鳳は真面目だから多分戻ってくると思うけど…正直 半々ってところね?」


霊夢 「…」


紫 「もしも、瑞鳳が戻って来なかったら…私達で何とかするしかないわね」


霊夢 「…そうね 残り【約二十回来る異変をね?】」












執務室



提督 「…」椅子に座ってる


コンコン


ナガトダ ハイッテモイイカ?


提督 「…」


…ハイルゾ ガチャッ


長門 「…起きてるなら返事ぐらいしてくれないか?提督」パタンッ タッタッタッ…


提督 「…」


長門 「…まだ夕飯食べてないのか?朝からなにも食べてないんだから夕飯ぐらい食べろ?」


提督 「…いらん 持って帰ってくれ」


長門 「貴様の好きな玉子焼きも作ってあるんだからそれだけでも食べろ!食べないと本当に貴様は…」


提督 「…いらん」


長門 「…そうか なら食べるまでそこに置いておくから朝までには食べておけよ?」


提督 「…」


長門 「…頼むから朝までには食べてくれよ?提督」


提督 「…」


長門 「…私は先に休ませてもらう 提督も夕飯食べたら休めよ?」タッタッタッ…


長門 「…失礼する」ガチャッ


パタンッ



提督 「…」


提督 「瑞鳳…」


提督 「…」スッ 左薬指に付けてる指輪を見つめる


提督 「…瑞鳳 なんで…沈んでしまったんだ…」ツツー…


提督 「俺は…お前が居なくちゃ生きていけないのに…何故?」ポタッ…ポタッ…


提督 「瑞鳳…」ポタッ…ポタッ…



…テイトク


提督 「…っえ?」


瑞鳳 「…提督」出入口の前に立ってる


提督 「…瑞鳳?」


瑞鳳 「…はい 瑞鳳です」


提督 「…嘘だろ?本物か?」カタッ


瑞鳳 「…はい 本物です」


提督 「…でも、昨日の出撃で…沈んだって?」タッ…タッ…タッ…


瑞鳳 「…確かに私は昨日の出撃で沈みました でも、ある方に助けてもらったんです」


提督 「…ある方?それは一体誰だ?」


瑞鳳 「誰かを教えても提督には知らない方なので教えるだけ無駄です それに【あまり時間がありません】」


提督 「時間がない?それはどういう事だ!?なぜ時間がないんだ!?」


瑞鳳 「…まだやる事が終わってないんです」


提督 「やる事とは一体なんだ!?何をやってるんだ!?手伝えるなら俺も手伝う!!」


瑞鳳 「提督には手伝えません 私がやらなくてはいけない事なので提督は今まで通り提督としての仕事をしてください」


提督 「なぜだ!?なんで俺は手伝えないんだ!?俺はもうお前と離れたくないんだ!!今お前が生きてる事がわかって俺は凄く嬉しいんだ!!」ガシッ 瑞鳳の肩を掴む


提督 「俺も手伝うから頼む!!もう俺から…離れないでくれ?」ツツー…


瑞鳳 「…提督」


提督 「…頼む お願いだから…もう俺から離れないでくれ」ギュッ 瑞鳳に抱きつく


瑞鳳 「…」



霊夢 『帰りたければ帰れば良いじゃない?私達を放っておいて』



瑞鳳 「…」


提督 「瑞鳳…お願いだ?頼む…」ギュゥゥ!! 強く抱きしめる


瑞鳳 「…提督」ググッ!!


瑞鳳 「(帰りたい!!今すぐにでも帰りたい!! 霊夢さんだって帰りたければ帰ればいいって言ってくれてたし…でも!!)」ギリッ!!


提督 「瑞鳳…」


瑞鳳 「…」スゥ…


瑞鳳 「【駄目です さっきも言った通り…提督には手伝えない事なので諦めてください】」


提督 「なんでだよ!!なんで…ダメなんだよ?俺も手伝えば…早く終わるだろ?」ポタッ…ポタッ…


瑞鳳 「…提督は戦えるんですか?」


提督 「…っえ?」


瑞鳳 「提督は指揮をする人で戦うことはできませんよね?私がやらないといけない事は戦闘ばかりなので提督にはできません」


提督 「そんなのやってみないとわからないだろ!俺だって訓練はしてるんだから多少はやれるはずだ!」


瑞鳳 「提督が私が今居る世界に来たらこの鎮守府はどうなるんですか?」


提督 「っ!」


瑞鳳 「確かに提督は日々筋トレや素振りなどをして力を身につけていますので多少の戦力にはなります…ですが、この鎮守府に提督が居なくなってしまったら皆さんが困ってしまいます それはわかりますよね?」


提督 「…あぁ わかってるよ…」ポタッ…ポタッ…


瑞鳳 「なら私の手伝いよりこの鎮守府を護り続ける事を優先にしてください?私も必ず帰ってきますのでその時まで…辛抱してください」


提督 「…瑞鳳」ポタッ…ポタッ…


瑞鳳 「…それでは、私はそろそろ行きます 提督も指揮官として頑張ってくださいね?」スゥ… 提督から離れる


提督 「…あぁ わかってるよ?俺も頑張るから…瑞鳳もがんばれよ?」ポタッ…ポタッ…


瑞鳳 「わかっています …それでは」


タッタッタッ…


シュンッ 隙間が閉じる


提督 「…瑞鳳」ポタッ…ポタッ…


提督 「絶対…帰ってきてくれよ?」ポタッ…ポタッ…


提督 「瑞鳳…!!」ポタッ…ポタッ…













博麗神社ー茶の間



霊夢 「…」


紫 「…」


霊夢 「…帰ってこないわね?瑞鳳…」


紫 「…そうね?」


霊夢 「…やっぱり自分の世界がいいわよね?普通に考えて…」


紫 「…」


シュンッ


紫 「っ! 帰ってきたわ!」スッ パカッ 隙間を作る


霊夢 「っえ!?」 タッタッタッ…


瑞鳳 「…」タッタッタッ… 隙間から出てくる


紫 「瑞鳳!」


瑞鳳 「…ただ今戻りました 遅くなって申し訳ありません…」


霊夢 「…瑞鳳」


瑞鳳 「…」


紫 「…よく戻ってきてくれたわね?瑞鳳 感謝するわ?」


瑞鳳 「別に感謝されるような事はしていません 当たり前の事をしたまでです…」ツツー…


紫 「瑞鳳…」


瑞鳳 「…早く 異変をすべて解決しましょう?霊夢さん 紫さん…」ポタッ…ポタッ…


霊夢 「…そうね?早く終らせて瑞鳳を元の世界に帰さないとね?」


紫 「私もできるだけ協力するから瑞鳳も頑張ってね?」


瑞鳳 「」ゴシゴシ… 涙を拭いてる


紫 「はい!」












朝ー提督室



コンコン


ナガトダ ナカニハイッテモイイカ?


シーン


…ハイルゾ ガチャッ


長門 「失礼する…ってあれ?」(・_・ )))))((((( ・_・)キョロキョロ 提督の姿が見えなくても周りを見渡す


長門 「…いない?どこに行ったんだ?」


長門 「…自室か?」タッタッタッ…


長門 「…っん?」


提督室の机に置いてある昨日作った夕食がなくなっているのに気づく


長門 「…夕食がなくなってる?」タッタッタッ カタッ


長門 「箸も使った形跡がある…食べたのか?」


ガチャッ


提督 「おや?長門じゃないか おはよう!」


長門 「てっ提督!?おはよう!」


提督 「どうした?そんな驚いたような顔をして?」


長門 「いっいや 昨日はかなり落ち込んでいたのに今は元気そうだから…」


提督 「あぁなるほど?昨日はすまないな 心配させて?」


提督 「でももう大丈夫だ!昨日みたいな事にはもうならないから安心してくれ?」


長門 「…っえ?」


提督 「今瑞鳳は居ないけど、瑞鳳がいない間もちゃんとしないといけないからな?だから今まで通り皆に指揮しないとな!」


長門 「…提督」


提督 「よし!早速仕事にかかるぞ!」


長門 「了解!」













博麗神社ーリビング(起きて朝食作り中)



瑞鳳 「…」トントントントン… 野菜を切ってる


霊夢 「…」グツグツ… 鍋を見てる


瑞鳳 「霊夢さん 野菜切り終わったのでお願いします」スッ 野菜の入ったボウルを渡す


霊夢 「わかったわ」スッ


ザー… 野菜を鍋の中に入れる


霊夢 「次は豚の腸を切ってくれる?」


瑞鳳 「ウィンナーと言ってください…」 タッタッタッ…


バタンッ!!


魔理沙 「腹減ったー!!」タッタッタッ!!…


瑞鳳 「っ!!!?」ビクッ!!


魔理沙 「今日のご飯はなんだ!?もうお腹ペコペコだぜ!!」


霊夢 「あんたの分はないわよ 家に帰って食べなさい」


魔理沙 「そんなー!!!?」Σ(゚д゚lll)


瑞鳳 「今日のご飯はポトフと鯵の塩焼きとほうれん草のおひたしです」


魔理沙 「おぉー!!!?今日のご飯も美味そうだぜ!!」


霊夢 「だからあんたの分はないって…」


瑞鳳 「大丈夫ですよ?魔理沙さん 魔理沙さんの分も作っていますから安心してください!」


魔理沙 「さすが瑞鳳だぜ!!」ガバッ!! 瑞鳳に抱きつく


瑞鳳 「っ!!!?」///


魔理沙 「お前は優しいぜ!!私と結婚してくれたぜ!!」


瑞鳳 「はっはい!!!?結婚って私もう結婚してるんですけど!!!?てか、包丁持ってる時に抱きつかないでください!!」


霊夢&魔理沙 「「っえ!!!?結婚してるの!!!?」」


瑞鳳 「あれ?言ってませんでしたっけ?」


霊夢 「聞いてないわよ!?あなた私達より小さいのにもう結婚してたの!?」


瑞鳳 「いや小さい関係ないですよね!?」


魔理沙 「嘘だろ!?瑞鳳は私の嫁だよな!?」


瑞鳳 「勝手に嫁にしないでください!?しかも女の子同士では結婚できませんから!」


魔理沙 「大丈夫だぜ!ここの世界じゃ常識に囚われちゃいけないぜ!」( •̀∀•́ )bグッ!!


瑞鳳 「すみません何言ってるか全然わからないんですが!?」


霊夢 「瑞鳳 魔理沙が言ってることは気にしなくていいわよ?」


瑞鳳 「そうします!」


魔理沙 「酷いぜ!?」


霊夢 「でも本当に驚いたわね?瑞鳳が結婚してるなんて思ってもなかったわ」


魔理沙 「ほんとだぜ?ちなみに相手はどんなやつなんだぜ?」


瑞鳳 「っえ?ちょっと待ってください…」ゴソゴソ… 懐に手を入れて何かを探す


スッ 写真が入ってるペンダントを出す


霊夢 「…ペンダント?」


瑞鳳 「はい このペンダントの中に私の世界に居る提督と撮った写真が入ってるんです」


魔理沙 「…提督?」


瑞鳳 「私の夫です 私の世界ではそう呼ばれているんです」


霊夢 「それでどんな奴なの?見せてみなさいよ」


瑞鳳 「今見せるのでちょっと待ってください」パカッ


瑞鳳 「これが私の提督です」スッ 霊夢達に見せる


霊夢&魔理沙 「「…」」 写真を見る


写真には瑞鳳と二十代後半から三十代前半と見られる海軍服を着た男が立っている


霊夢 「…」(゚Д゚ )


魔理沙 「…」(゚Д゚ )


瑞鳳 「どうですか?カッコいいでしょう!」


霊夢 「…ねぇ魔理沙 ちょっと私思った事があるんだけど」ヒソヒソ


魔理沙 「私も思ったことあるぜ…」ヒソヒソ


霊夢 「…これ、年齢的にやばくない?」ヒソヒソ


魔理沙 「かなりやばいぜ…この男から犯罪臭がするぜ?」ヒソヒソ






この続きは【二つの世界が交差する時2】になります

今後とも瑞鳳の運命をよろしくお願いします


後書き

異変ページ

異変1 【白玉楼妖怪亡霊大量発生異変 解決】
異変2 未解決
異変3 未解決
異変4 未解決
異変5 未解決
異変6 未解決
異変7 未解決
異変8 未解決
異変9 未解決
異変10 未解決
異変11 未解決
異変12 未解決
異変13 未解決
異変14 未解決
異変15 未解決
異変16 未解決
異変17 未解決
異変18 未解決
異変19 未解決
異変20 未解決
異変? 不明