2016-05-22 22:56:33 更新

概要

暇だから書いてたものがたまったから上げてみた。※駄文※キャラ崩壊かなり注意
深海棲艦とワイワイガヤガヤ(?)するやつ


わるさめ編




-執務室-


提督「・・・」カタカタカタ←仕事してると見せかけゲーム


初雪「zzz」


提督(仕事しなきゃなあ)


提督(・・・)


提督(・・・明日やろう・・・)




コンコン





提督「!?」オドロク


提督「あ、どうぞ」バレタカトオモタ




ガチャ




わるさめ「ぃょぅ」


提督「!?」オドロクニカイメ


提督「は・・・初雪やばいよ深海棲艦だよ」


初雪「ん・・・ねむい」スイマニゴウチン


提督「うそーん」


提督「・・・あれ」


提督「わるさめさんあなた足ありましたっけ」


わるさめ「義足ですけど」


提督「さいですか」


わるさめ「そのためにきた」


わるさめ「やっぱり海ばっかりで飽きたから」


わるさめ「陸でも自由に歩けるようにしてもらうためにきた」


提督「でだれにやってもらった?」


わるさめ「明石、夕張その他etc」


提督(後で間宮奢ろう)


提督「で、義足はどうですか」


わるさめ「正直ずっと浮かんでる感じだったから違和感はんぱない」


提督「ほう・・・浮かんでると」


提督「・・・」


提督「ちょっとこっちこい」


わるさめ「?」


提督「えい」ワルサメホッペプニー


わるさめ「!?!?」


提督「・・・」ニヤニヤ


わるさめ「うう・・・」ナミダメ


提督「プニプニしてやった、後悔はしていない」


わるさめ「いたい」


提督「わるい」



初雪「zzz」




* * * * * * 




コンコン



提督「どうぞ」


春雨「昼食をお持ちしました!」


提督「ああ、ありがとう」


わるさめ「」コソコソ


春雨「!その子・・・新しい艦娘ですか?」


提督「深海棲艦」


春雨「え?」


提督「なんかきた」


わるさめ「ど・・・どうも・・・」


春雨「・・・」ミギテアゲル


わるさめ「・・・?」ヒダリテアゲル


春雨「!?・・・」ホオヲツネル


わるさめ「・・・」ツネラナイ


春雨「よかった鏡じゃない」


提督「何してんの」


春雨「だってそっくり」


提督「知ってる」




初雪「zzz」



* * * * * * 




コンコン


提督「どうぞ」


ほっぽ「ムカエニキタヨ!」


わるさめ「あ、ほっぽちゃん」


提督「また新しいの来た」


春雨(あの子はどこの私が沈んだのかな)


ほっぽ「ア、ソノギソク・・・」


わるさめ「えへへ、ちょっとね」


ほっぽ「モウ用ハ終ワッタミタイダシ、カエロッカ」


わるさめ「そうだね」


わるさめ「さようなら、またいつか」


提督「お、おう」


春雨「じゃあね」




バタン(ドアが閉まる音)




提督「妙にしゃべるのうまかったな」


春雨「そうですね」



初雪「zzz」



空母水鬼編




提督「・・・」←もちろんゲーム中


提督「あーやっぱPCやりっぱなしは肩凝るな」


提督「誰か肩揉んでくれないかなー」チラチラ


初雪「・・・」ゲーム中


提督「・・・」




* * * * * * 




-一時間後-



提督「肩の凝りが尋常じゃないんゴwww」


もみもみ


提督「あっどうも」


提督「えっと、誰ですか?」ウシロミル


空母水鬼「空母水鬼デス」


提督「わおこりゃ大変だ」


提督「さて逃げるk「逃シマセンヨ?」わりとまずい」


空母水姫「サテ、ココデシマツシテシマオウカ」カタノコリヲ


提督「ちょ、まずいまずい」アセアセ


提督「おい、初雪初雪」


初雪「ん、が ん ば れ 」


提督「うわああああん!!もう誰でもいいから

来てくれええええええ!!!」


加賀「うるさい」


提督「来たあああああああ」


加賀「一体今何時だと思ってるの?」


提督「えと、いや、その」


加賀「え?」


提督「11時ごろ、です・・・」


加賀「次うるさくしたら・・・」


提督「いやほんとすみませんもうしませんので・・・」


加賀「よろしい」


提督「で、深海棲姫は・」


加賀「ほっときなさい」


提督「」



初雪「・・・」ゲーム中




* * * * * * 




-加賀さん帰った-



空母水鬼「エット」


空母水姫「カタ、モミマスネ」モミモミ


提督「ああ、どうも・・・」


提督「・・・」


空母水鬼「・・・?」


提督「あのさ」


空母水鬼「ハイ?」


提督「君何しに来たの?」


提督「肩揉んでくれるのはうれしいけど」


空母水鬼「サア?ナンデデショウネ」


提督「まさか暇だからってわけではないよな」


空母水鬼「暇デハナインデスケドネ」


提督「まあ危害を加えない程度に

ゆっくりしていってくれ」


空母水鬼「・・・フフ」



PC:GAME OVER

初雪「ッ・・・!」




* * * * * * 




-なんかとりあえず時間たった-



提督「肩凝りおさまった」


提督「なんかすまないな」


空母水鬼「イエ」


提督「もう1時過ぎてるからな、

帰ってもらってもいいんだが・・・」


空母水鬼「フフ、ソウデスネ」


空母水鬼「デハ」


提督「さよなら」




バタン(扉が閉ま(ry)




提督「敵ってなんだろうな」


提督「あ、仕事・・・」


提督「・・・寝るか」




* * * * * * 




PC:FULL COMBO!

初雪「!…!」ニコニコ



ヲ級編




提督「今日こそ仕事を片付ける」


提督「・・・」


初雪「zzz」


提督「・・・」ニヤニヤ


-30分後-


提督「やらかした」ハナジダラー




* * * * * * 




ゴンゴン



提督「!?」


 

ゴンゴン



提督「あっどうぞ」


ヲ級「ヲッ!!!」


提督「わあお」


提督「これまためんどくさそうな」


ヲ級「ヲヲ、ヲヲーー、ヲヲ、ヲヲヲーヲヲ」

  (ひまだから深海から遊びに来たぞ)


提督「すまん何言ってるかまっかく」


ヲ級「ヲー、ヲーー、ヲーヲー、ヲーヲーヲ」

  (ボーキはありますか?)


提督「え?ちょっと何言ってるかワカラナイデスネ・・・」


ヲ級「ヲーヲ、ヲヲヲ、ヲ、ヲヲー」

  (じゃあ食堂は・・・)


提督「・・・」


提督「やめてくれ『ヲ』がゲシュタルト崩壊する・・・」


ヲ級「ヲッ?」


提督 (;^ω^)<やっぱわかんねえ



初雪「zzz」




* * * * * * 




提督「ちょっとーー誰でもいいから来てくれー」


提督「別の意味でピンチで―す!!!」


島風「よばれたきがs「またせたかも!!!」おっ・・・」


秋津洲「こういうときこそ秋津洲のでばんかも!!!!」


提督(よけいめんどくさくなったーー)


ヲ級「ヲー、ヲーヲヲ、ヲヲ、ヲヲーー、ヲーヲー」

  (とりあえずボーキくれ)


秋津洲「うんうん」


秋津洲「日本語でおk」


ヲ級「!?」


秋津洲「提督、こいつ何言ってるかわからないかも」


提督「わからないかもじゃねえ、わからないんだ・・・」


ヲ級「ヲーヲヲ、ヲーーヲ、ヲーヲ、ヲー、ヲーヲーヲ」

  (わかるな、かんじろ)


提督「うーん」


秋津洲「どんな言語も翻訳可能、そうポイポンならね」


秋津洲「さあこのスマホに向かってしゃべるかも!!!」


ヲ級「ヲーヲヲ、ヲー、ヲーヲヲ、ヲヲヲー、」

  (ボーキサイトくれ)

 

秋津洲「・・・ほうほう、ボーキサイトくれと」


秋津洲「だってさ」


提督「まじで翻訳できんのか」


提督「かがくの ちからって すげー!」


秋津洲「で、ボーキサイトどーすんの?」


提督「うーん」



バン(ドアガヒラクオト)



赤城「ボーキサイトと聞いて!!!!!!」


提督「呼んでない、帰れ」


赤城「じゃあ勝手に食べます!」


赤城「行きましょう!ヲ級さん!」


ヲ級「ヲッ!!」



初雪「zzz」




* * * * * * 




提督「うおっ、ボーキがねええええ」


赤城「ごちそうさまでした」



初雪「zzz」



戦艦棲姫編




提督「またしも仕事がたまった」


提督「ついでに埃もたまった」


提督「そうじするかー」


初雪「提督 仕事 しろ」


※深夜


提督「知ってるか?そうじしている時間は

仕事しなくていいんだぜ!」




* * * * * * 




提督「さてそうじそうじ・・・」


執務室:ホッコリーン


提督「改めてみるとひどいな」


執務室:クモノスー


提督「くもの巣もできてるお」



コンコン



提督「ういーどうぞー」


戦艦棲姫「ドウモ」


提督「わああああお」


提督「初雪ちゃん初雪ちゃんやばいよ!!!」


初雪「・・」ゲームチュウ


提督「おーい!!」


初雪「・」ハナシカケンナオーラ


提督「ダメだ 使い物にならない!」


戦艦棲姫「アノー」


提督「どうしよう提督さんピンチだよ」


戦艦棲姫「…グス」


提督「あ」


戦艦棲姫「アイテニ…サレナイ…」


提督「ありゃまーやっちったー」


戦艦棲姫「ドウセワタシハダイソン…ソウジキテイドノソンザイカン…」


提督「ダイソン・・・?」



提督の頭の中


ダイソン→掃除機→ルンバ→勝手に掃除してくれる

→メイド



提督「ひらめいたぜ!」オオゴエ


戦艦棲姫「!?」ビクッ


初雪「う る さ い 」


提督「サーセン」


提督「とりあえず着替えてもらおう」


戦艦棲姫「エ」



-棲姫着替え中-



戦艦棲姫「ウウ…ハズカシイ…」


提督「よ い」


提督「まあとりあえずこの部屋

掃除しちまいましょうか」



* * * * * * 



戦艦棲姫「キャアアアアア!!??」サケブ


提督「おう!?」


戦艦棲姫「クモガイル-!!!」


提督「何だ蜘蛛か」


戦艦棲姫「ダッテ…ダッテ…」


戦艦棲姫「シンカイニクモイナイカラ…」


提督「よし」ムシトリアミソウビ(A長押し)


クモ「ピタ」


提督「今だあああああ」(A離す)


クモ「!?」



クモをつかまえた!

   スパイダー・キャッチ!!



提督「じゃあねクモ」執務室の外ポイー


戦艦棲姫「ウウ…」


提督「もうくもいなくなったから」


提督「そうじすっぞ!」


戦艦棲姫「ハイ…」




-掃除終了-




執務室:ぴかぴかー


提督「ふう」


戦艦棲姫「キレイニナッタ」


提督「あーなんかありがとな」


提督「お前割とメイド服に合うのな」


戦艦棲姫「エ?」


提督「ちょっとこっち見て」


戦艦棲姫「ハイ?」


カメラ:カシャ


提督「いやー」


提督「これでいつでも見れるわ」


戦艦棲姫「…」


提督「うん今日は助かった」


提督「またのwwww」


戦艦棲姫「ア、デハ」




初雪「あ、おわった?」



* * * * * * 




提督「そういやどこ行ってたの?」


初雪「叢雲のとこ」



空母棲鬼編




提督と空母棲鬼






提督「深夜にニコニコでも見るか」


初雪「もう2時なんだけど…」


提督「珍しく仕事したんだ、

夜更かししてもいいだろ」


初雪「明日…起きれなくなっても知らないよ…?」


提督「あー大丈夫、たぶん」



* * * * * * 



コンコン



提督「♪」ヘッドホンソウビ



コンコンコン



提督「おっこの人の新作出てる」



コンコンコンコン



提督「あっ」



コン…



提督「トイレ行きてえwwww」



ドアアケル



空母棲鬼「」ナミダメ


提督「…あ」


提督「マジでもれそうなんでちとまってください」




* * * * * * 




提督「あーすっきりしたぜ…」


初雪「処理?」


提督「いや、大なんだけど」


初雪「あとお客来てるんじゃなかった…?」


提督「、そうだね」


提督「そうだったね」



ガチャ



提督「いやーすまないね」


空母棲鬼「モウ、」


提督「?」


空母棲鬼「モウ、深海棲艦ハ怖クナイデスカ」


空母棲鬼「ソウデスカ」


提督「は?」


空母棲鬼「イヤ、ナンデモナイデス」


提督「ちなみに今日は何の用でしょうか」


空母棲鬼「アソビニキタ」


提督「そんなこと深夜に言われてもひわいにしか聞こえないぞ」


空母棲鬼「…、」


瑞鶴「なにしてるの」


提督「なんだろ、おしゃべり?」


瑞鶴「え、え?」


空母棲鬼「」


瑞鶴「(加賀さん?)」


提督「(そうみえるよな)」


瑞鶴「(ちょっと加賀さん呼んでくる)」


提督「(おう)」


空母棲鬼「…?」




* * * * * * 




加賀「…」


空母棲鬼「…」


瑞鶴「すごい」


提督「記念に一枚とっておこう」パシャ


加賀「じー」


空母棲鬼「ジー」


提督「…これってどうなの」


空母棲鬼「私ノ方ガ少シ胸ガ大キイ」


加賀「イラ」


瑞鶴「ペタ」


提督「瑞鶴、これから成長するはずだ…」



初雪「ない」




* * * * * * 




コンコン




提督「?まだ誰かいるのか?」


提督「どうぞ」


深海提督「すんません、空母棲鬼いま…すね」


空母棲鬼「…」


加賀「…」


空母棲鬼「アノ、」


加賀「どっちの方が」


空母棲鬼・加賀「胸大きいですか」


提督「うわ」


深海提督「僕は瑞鶴ちゃんくらいの胸がいいかな」


瑞鶴「…うう」ナイ


空母棲鬼「死ネ」


深海提督「フヒヒwwwwサーセンwwwwwww」



初雪「…」


防空棲姫編




提督と防空棲姫




望月「いよすー」パジャマ


初雪「おはよう…」パジャマ


提督「…」


提督「ああ、平和っていいなぁ…」


望月「なーにいってんのか…」


初雪「仕 事 し ろ」




* * * * * * 




提督(駆逐艦はかわいいなあ)


望月「…」ゲーム


初雪「…」ゲーム


提督「ニヤニヤ」


望月(「なにあれ」)


初雪(「気にしたら、負け」)




コンコン




提督「あーいどうぞ」


防空棲姫「フフ…キタヨ」


提督「…あー仕事ができなくなる」


提督「まあいいか…」


初雪(仕事しろよ)


提督「それで何の用ですか?」


防空棲姫「アソビニキタ」


提督「そんな体じゃ誘ってるようにしか見えないぞ」


防空棲姫「…チャント服キテルハズ、ナンダケドナア」


防空棲姫「テイウカナンテイベントデコナカッタノ?」


提督「ヒント:バケツ」


防空棲姫「ヨウイシトケ」


提督「後はめんどくさくなった」


防空棲姫「…ガンバレヨ」


提督「つかなんでそんなにきてほしいの?」


提督「やっぱ誘ってんの?」


提督「それともMなの?」


防空棲姫「暇ナンダヨネ」


提督「ほかの艦隊が来るだろ」


防空棲姫「マア、ソウダケド」


提督「じゃあ暇じゃないじゃん」


防空棲姫「ソウダケドサ、アノー」


防空棲姫「イイニクイナア…」



初雪「やっぱりゲームは面白い」

望月「低反発枕は最高」




* * * * * *




提督「そういえば艦種なんだっけ、きみ」


防空棲姫「駆逐艦デスガ」


提督「へー駆逐艦…」


提督「…まじ?」


防空棲姫「マジ」


提督「見た目戦艦だけど」


防空棲姫「ヨクイワレル」


提督「ステータスやばいし」


防空棲姫「味方ニナレバ強イダロウナ」


提督「今んとこ必要なさそうだけどな」


防空棲姫「ヘイワ、イイ、トテモ」


提督「あとそこそこあるし」


防空棲姫「…」ムネヨセル


提督「うーんそこそこあるところがいいね」


提督「ないのもいいけどな」


望月「…」ニラム


初雪「…」オナジクニラム


防空棲姫「…手遅レ?」



初雪「ぺた」

望月「ぺた」




* * * * * * 




防空棲姫「マタクル」


提督「おう、じゃーのー」


※午前5時


提督「ねっみいいいい」


川内「あ、提督、おやすみー」


初雪「zzz」



防空棲姫おまけ編




提督「今日は珍しく仕事したぞ」


提督「なんかいいことあるかな」


翔鶴「すこしは自分でやってください」アカヒロウ



初雪「zzz」




* * * * * * 




コンコン



提督「あっどうぞ―」


防空棲姫「マタキタ」


提督「…あんたさんですか」


防空棲姫「イベントオワッタシヒマナンダヨネ」


翔鶴「ヒイイ…ぼうくうせいき…」ニゲル


提督「あー防空駆逐艦だもんなー」


提督「俺からみたらただのかわいい駆逐艦だけどな」


防空棲姫「ウワーロリコンダー…」


提督「どちらかというと浦風みたいなのより響みたいなのの方がいいけどな」


防空棲姫「ココニ病院ヲタテヨウ…」


提督「まあそこはいいとしてなんの用ですかね?」


防空棲姫「イベントッテサ」


提督「うん」


防空棲姫「海域突破報酬ノカンムスッテイルジャン?」


提督「うん…」


防空棲姫「ショウジキサ」


防空棲姫「突破デキナカッタ全提督のブンノ処理ガタイヘンダカラ」


提督「うん?」


防空棲姫「一体モラッテクレ」


提督「なるなる…ってまじで?」


防空棲姫「マジダ」


提督「めちゃくちゃうれしいけど、なんかさ、あれだな」


提督「達成感とかその他もろもろとか…」


防空棲姫「マア、ソウナルナ」



初雪「zzz」




* * * * * * 




照月「秋月型防空駆逐艦、二番艦の照月よ。秋月姉さん同様、どうぞよろしくお願いします」


秋月「秋月型防空駆逐艦、一番艦、秋月。ここに推参致しました。お任せください!」


提督「え、なんか多くね?」


防空棲姫「深海ノ提督ニモッテイクッテイッタラモッテイケッテ」


提督「う、うわーい…」



ガヤガヤ



提督「?なんか外が騒がしいような…?」


提督「おーいうるさいぞー」ガチャ


翔鶴「こっこのなかに防空棲姫が…!?」


翔鶴「え?増えてる?」


提督「安心しろ、こいつらは艦娘だ」


瑞鶴「丸焼きにされる…」


加賀「防空棲姫が来たと聞いて」


赤城「提督!最近ボーキサイトが少ないのですが!」



提督「わーたくさん来たー…」


防空棲姫「メンドウダシカエルワ」


提督「そうかい、じゃあなー」



初雪「zzz」




* * * * * * 




翔鶴「今回はっ!」


翔鶴改二「負けませんっ!」


加賀「やる気みたいね」


加賀「改二でなくとも勝ってみせるわ」


提督「そこに迷子ってたツ級をくわえます」


ツ級「?」


提督「空母が逃げます」



番外編(小ネタ)




提督「なあ磯風よ」


磯風「?」


提督「それ誰が食うんだ?」


磯風「…」シッパイリョウリ


磯風「食えよ」


提督「え」


提督「」


提督のHPとFPが1回復した!




* * * * * * 




瑞鶴「加賀さん!」


加賀「何」


瑞鶴「腕相撲で勝負よ!」


加賀「暇だから付き合ってあげてもいいわ」


瑞鶴「じゃあ私が勝ったら加賀さんなんでもしてね」


加賀(どうせ負ける癖に)


瑞鶴「れでぃー」



----------------------------------------------------------



結果


勝ち

瑞鶴


加賀「そんなばかな…」←12万5000馬力


瑞鶴「かかったな」←16万馬力


加賀「ずるい…」ポロポロ


瑞鶴(あれー加賀さん泣いちゃったよー)


艦!




* * * * * * 




加賀「私と赤城さんは磁石の赤と青のように…」


提督「それさ」


提督「銀色と赤のも結構あるよね」


加賀「赤城×翔鶴…!?」


提督「まあ、そうなるな」


艦!



タ級編









明け方


初雪「ねむい…ねる…」


初雪「…」


提督「zzz」


初雪「…」


初雪「あさだよ…起きて…」


提督「zzz」


初雪「…いいやねよ」




* * * * * * 




タ級「シツレイスル」


提督「!?」


タ級「オマエノ暇ヲツブシニキテヤッタゾ」


提督「はぁ、どうも」


提督(どうせなら駆逐艦の子がよかったなあ)


タ級「ニコニコ」


提督「…?なんですか…?」


タ級「イヤ、コッチノ話ダ」


提督「あ、そうすか」


タ級「ニコニコ」


提督「…」


提督(いろいろとアレなんだがなあ)


提督(装甲とか)


提督(例のトラウマがなあ)


タ級「フフ、モットデテヤロウカ?」


提督「いや、結構です…?」


提督「ん?」


タ級「ニコニコ」


提督「深海棲艦ってなんなんだ…」


タ級「ナンノコトカナ?」



磯風「提督」


提督「ん?おお磯風か」


磯風「朝ごはんだ」


提督「…」


提督(んん?)


提督「ちなみにそれは誰が作ったのかな?」


磯風「私だ」


提督「ちょっとまっててすぐ戻ってくる」


タ級「…ホウ」アセダク



ガチャ(ドア)

バタン(ドア)



磯風「仕方ない」


磯風「そこの深海棲艦、どうだ?」


タ級「エッ」


磯風「提督には出来立てを食べてほしいのでな」


タ級「」



初雪(寝たふり寝たふり…)


タ級「…」


-----------------------




提督「死ぬところだった」


比叡「あ、提督」


比叡「カレー作ってみたんですけどどうですか?」


提督「」


提督(逃げよう)




* * * * * * 




-その後-



タ級「オイ」


提督「…何でしょうか」


タ級「ミガワリニシテンジャネーヨ」


提督「まあ、その、結局食わされたしね?」


タ級「クッテネーダロ」



ガチャ


比叡「あ、提督、やっとみつけました!」



提督「はい俺の人生終了」


タ級「エ?」


磯風「おお比叡も来ていたのか」ガチャ


提督 \(^o^)/


タ級「ドウスルンダ、コレ」


提督(ダブルメシマズか、強い)


タ級「w」


提督「草早してるばあいかよ」


比叡「で、私のカレー食べてくれるんですよね?」


磯風「ほら、食わないと力が出ないぞ?」


比叡「提督は私のカレー食べてくれないんですか?」


磯風「お前の好きな握り飯だぞ?」


提督「ぐっ…」


提督(正直言ってあいつらの飯はまずい)


提督「だが」


提督「ここで逃げたらただの丙提督だ!!!」戦意向上


提督「俺は甲(いろんな意味で)提督になるぞおおおおお!!!」戦意向上


提督「うおおおおおおお!!!!!」戦意向上


ハムッ ハフハフ、ハフッ!!



* * * * * * 



提督 チーン


タ級「オオ…」


比叡「提督、お味はどうでしたか?」


磯風「ふむ、気になるぞ」


提督「ああ、  とてもおいしかった…ガクッ」轟沈!


比叡「ほんとですか!?また頑張ります!」キラキラ


磯風「そうか、喜んでもらえて私もうれしいぞ」キラキラ



初雪(寝たふり寝たふり…)


タ級「…」




* * * * * * 




タ級「トコロデカエッテモイイノカ?コレ」


提督「ああ、 じゃあな、 いつでも遊びに来いよ…」



初雪「提督」


初雪「よくがんばった」



* * * * * * 



-おまけの空母のコーナー-


瑞鶴「私の改二がくるわよ!」


翔鶴「うれしいわね!」


瑞鶴「楽しみ!」


加賀「…」


加賀「うう…」ポロポロ


瑞鶴「!?」


赤城「REC」


提督(ついに五抗戦の方が上になったか)




艦娘と戦闘編?




提督「なんか出撃命令でたぞ」


初雪「…いってらっしゃい?」


提督「え、俺が行くの?」


初雪「え?ちがうの…?」


提督「え?」




* * * * * * 




提督「ということで」


提督「たのんだぞ」


秋津洲「えっ」


提督「まあ適当にやってくれ」


秋津洲「もしかして単艦かも?」


提督「まあ、そうだね」


秋津洲「大破確実かも?」


提督「バケツと間宮券…」


秋津洲「いってくるかも!」


提督(ちょろい」


秋津洲「なにかいったかも?」


提督「いや、なんでもないかな」


提督(あぶねー声にでてたか)




* * * * * * 




-どっかの海上-


秋津洲「なんかあんまり敵いないかも」


秋津洲「まあラッキーかも?」


秋津洲「太陽も真上にいるしこっそり持ってきたお弁当たべるかも!」


秋津洲「いただきますかもーー」


わるさめ「あの」


秋津洲「?」


秋津洲「!?」


秋津洲「悪いけどいまは昼食だから戦えないかも!」


わるさめ「じゃあひとつちょうだい?」


秋津洲「うーん」


わるさめ「ぐー」


秋津洲「うーしょうがないかも!ひとつあげるかも!」アゲル


わるさめ「♪」




* * * * * *




秋津洲「帰投したかもー」


提督「おうーー…え?」


提督「なぜに無傷」


秋津洲「カクカクシカジカシカクイポルテで…」


提督「なるほどマルマルウマウマだったか」


提督「ってアホか」チョップ


秋津洲「あいた」


提督「あとなんだ、この家具箱(大)×10は」


秋津洲「もらった」


提督「じゃまなんだけど」


初雪「いつかつかえるよ」


提督「!?」







* * * * * * 




-おまけの空母のコーナー-



加賀「ちょっと」


瑞鶴(改二甲)「ん?なに?」


加賀「!!」


加賀(負けた…性能的な意味で)


瑞鶴「…?どうしたの?」


加賀(いや!まだ瑞鶴は並!まだ勝ち目はあるはず!)


瑞鶴「…?」



-

赤城「ふふ…立派ですね…」


翔鶴「…そんなことないですよ?」


※つづきません



駆逐水鬼編




※夕食前




秋月「司令…お仕事、しないんですか…?」


提督「あー、明日やるからだいじょぶだいじょぶ」


秋月「昨日もおとといも聞いたんですけど!」


提督「んーそうだっけ?」


秋月「そうです!」


提督「じゃあ秋月やってよーわしは寝る!」


秋月「」イラッ


秋月「…そこまで言うなら…」


提督(おや…?)


秋月「すこし待っててください」


提督「おう」




* * * * * * 




秋月「司令ー」


提督「おかえりー、おなかすいたー…!」


加賀「…」


提督「わあお」


加賀「おい」


加賀「し ご と し ろ よ」<●><●>


提督「ヒィィスンマセンシタアアアア」


※この話は続きません




-その後-



※深夜




照月「マルフタマルマルです、提督。照月ですか? ふふ、全然眠くないです♪」


提督「おう。いやーなんかテンションあがるわー」



コンコン



提督「はいはいー」アケニイク


駆逐水鬼「あう…」ナミダメ


提督「…!?」


提督「お、お嬢ちゃん、どうしたのかな?」


駆逐水鬼「ま、まよった」


提督(こんな深海棲艦見たことないんですけど)


駆逐水鬼「あと」


提督「?」


駆逐水鬼「トイレってどこですか…?」


提督「ここの部屋を出て右のつきあたり」


駆逐水鬼「えと…あの、そうじゃなくて」


提督「…?」


駆逐水鬼「こ、怖い」


提督「」


駆逐水鬼「夜はね!本当はね!怖いんだよ!」


照月「あのー、どうしたんですか?」


提督「あ、この子をトイレに連れてってくれないか?」


照月「提督が連れて行くんじゃだめなんですかね…?」


提督「まあ、女子トイレ行くんだし?」


照月「ええ…でもなあ」


駆逐水鬼「も、もれる」


照月「わかりましたよ!照らす月の下、いきます!」


提督「あ、ライトライト」ボタンポチー



廊下 オウ!キョウモヒカッテルゼ!



照月(なんですかね、このハイテク鎮守府)




* * * * * * 




照月「照月が無事に戻ってきました。何もなくてよかった…」


駆逐水鬼「あ、あぶなかった」


提督「そうそう」


駆逐水鬼「?」


提督「なぜまよったし」


駆逐水鬼「えっと」


駆逐水鬼「イベント中でしょ?」


駆逐水鬼「夜でしょ?」


駆逐水鬼「怖いから逃げてきたでしょ?」


提督「!?」


駆逐水鬼「みんなが虐めてくるから…」


駆逐水鬼「でもこの鎮守府は何もしてなくて安全だったから逃げてきた」


提督「たしかにいい意味でも悪い意味でも何もしてないな!」ハハハハハ


照月「笑えませんよ」


駆逐水鬼「夜は、怖い…」


提督「まあ俺みたいな奴がいるからかな」


駆逐水鬼「…?」


照月「?」


提督「…あの、意味はわからなくていいと思うよ?」


駆逐水鬼「…うん」


提督「ちなみに帰れそう?」


駆逐水鬼「怖いし痛いから帰らない」


提督「あ、そうすか」トマリカ・・・


照月「じゃあ泊まっていくの?」


駆逐水鬼「うん」


照月(まあしってたけどね)



初雪(ゆっくりしていってね?)



* * * * * * 




提督「朝です」


提督「現状報告です」


提督「潜水棲姫に連行されました。めでたしめでたし」


照月「えぇ…」



初雪「zzz」




提督さん海へ




提督「…さーて今日の出撃は…」


提督「編成なー」


提督「6両編成でどこに行かせるかなー」


提督「…」


提督「そうだ!」



------



大淀「…は?」


大淀「ちょっと何言ってるかわからないですね…」


提督「だからさー、俺が海の様子を見に行くっていってるじゃーん」


大淀「危険すぎます」


提督「えー別に危険じゃないだろー」


大淀「そもそも海に浮かべないのにどうするんですか」


提督「まあおんぶでもしてもらうかね」


大淀「えぇ…どうなんでしょう、それ」


提督「ぐへへ触り放dゲフンゲフンなんでもないです」


大淀「ちなみに深海棲艦と出会ったら?」


提督「おしゃべり」


大淀「砲撃されるとかは考えないんですか?」


提督「ないとおもう」


大淀「根拠はあるんですかね」


提督「かわいいは正義、つまり敵ではないのではないかという考え」


大淀「」


大淀「じゃあ勝手にやってくださいがんばってください」


提督「まじか!じゃあ行ってくるよ」



------



提督「さあ!行くぞ瑞鶴ちゃん!」


瑞鶴「なんで私が…」


提督「提督的に好感度高いし力持ちだし」


瑞鶴「そ、そう?べ、べつに行ってあげてもいいけど…?」


提督(さすがにチョロすぎじゃね?)


提督「じゃあ行くかね」


瑞鶴「で、私は提督さんをどうすればいいの?」


提督「おぶってほしい」


瑞鶴「え?」


提督「ん?」


瑞鶴「大丈夫?頭おかしくなった?」


提督「なんでそうなるんですかね…」


提督「私海浮かべない、じゃあおぶってもらうか、」


提督「この考えがおかしいというのかね?」


瑞鶴「うん」


提督「断言されてしまった」


瑞鶴「でさ」


提督「ん?なんだい?」


瑞鶴「なんで加賀さんにくっついてるのかな」


提督「かがこたつだけど?」


瑞鶴「何それ」


提督「加賀さんあったかいからね。暖房とか炬燵にちょうどいいんだよね」


提督「たまに熱いけど」


瑞鶴「へえー帰ってきたら試そうかな…」


提督「さていくかね」



------



-海の上-



瑞鶴「提督さん、大丈夫?」


提督「全然大丈b-だめかも」アカヒロウ!


瑞鶴「まさか船酔いするとは」


瑞鶴「空でも見てたら?」


提督「ごめん明るいの少し苦手なんだよね」


瑞鶴「なにそれ…」


提督「まあまあ気にせず巡回しよう…」


*


瑞鶴「それにしてもなんもいないね」


提督「あれだよ深海たちも遊んでるんだよ」


瑞鶴「そんなわけないじゃんほかの艦娘も来るかもしれないし」


提督「もしかして俺が無害だしむしろ別の意味で攻撃くらうから襲ってこないとか?」


瑞鶴「別の意味って?」


提督「なんだろうね?」


*


-1-3くらい-



提督「あ、あそこ誰かいる―」


瑞鶴「あらほんと」


提督「だれだろ」


駆逐棲姫「ワイワイ」


ほっぽ「ガヤガヤ」


提督「やあやあ」


駆逐棲姫「陸の方の提督だ」


ほっぽ「ゼンゼン出撃シナイコトデ有名ナ提督ダ」


提督「なにそれぬっこぬこにされたいの?Mなの?」


駆逐棲姫「Mってなに?」


ほっぽ「シラナイ」


*


駆逐棲姫「あと最近改二になった艦娘だね」


ほっぽ「ズイカクダ」


駆逐棲姫「確かに少し大きい」


瑞鶴「なっ…!」


ほっぽ「ゼロハアルケド九九艦爆ハナイ」


提督「おいやめろ」


瑞鶴「?…どういうこと?」


提督「まああるからいいんじゃないか?」


ほっぽ「マナイゲフンゲフンナンデモナイ」


瑞鶴「」イラ


提督「まあそれにひかれる奴もいるしね」


駆逐棲姫「目の前にいるね」


提督「んんwなんのことですかね?」


瑞鶴「爆撃…されたい?」


提督「あっすいませんちょっときついですね」


提督「あとふなよい的な関係もありますね」


瑞鶴「まだよってたの?」


*


-帰宅後-


ほっぽ「Mッテナニ?」


港湾「ドコデシッタソノ言葉」


ほっぽ「陸ノ方ノ提督」


港湾「コンドヒネリツブシニイッテクル」


ほっぽ「ヤメタゲテヨォ!」




* * * * * * 




大淀「その怪我大丈夫ですか?」


提督「たぶん」タイハ!


大淀「あれほど深海達は危険だといったのに…」


提督「いや、瑞鶴にやられた」


<艦!>



-おまけの空母達のコーナー-



加賀「…ちょっと、瑞鶴」


瑞鶴「ん?なに?」


加賀「最近あなた調子乗ってないかしら」


瑞鶴「いやいやそんなことないでしょむしろ加賀さんから話しかけてくる方が多いんだけど」


加賀「しかも最近あなたの方が好感度高いそうね?」


瑞鶴「そういうことは提督に言ってくれない?」


加賀「いいでしょう、今から聞きに行きましょう」


瑞鶴(加賀さんの意図がつかめない)


*


加賀「提督」


提督「ん?おう加賀と瑞鶴か」


加賀「提督、私と瑞鶴、どちらが好きなのかはっきりしてほしいのだけれど」


提督「え?瑞鶴かな」


加賀「」lose


瑞鶴「え?なにこれ」win


加賀「て、提督、瑞鶴が私より勝っているところがどこに…!」


提督「とりあえず普通にかわいいよね。」


瑞鶴「なっ!///」


提督「ツインテいいよねー、あと馬力的にもかってるよね」


加賀「いまなら私も本気を出せばそれくらい…!」


提督「あと運いいよね」


加賀「それは…」


瑞鶴「ちょっと外走ってくる―」ショウリ!


提督「まあ、あの、それだ、サイドテールもいいと思うよ?」


加賀「うう…」ハイボク


提督「…飯でも食いに行くか?」

加賀「やりました」


提督「ちょ、近い」


加賀「…これからは私もおしていくから」ボソ


提督「あー腹減ったー」←聞こえてない


加賀「…」


※つづくかも



番外編



提督「イベントどうする?」


初雪「寝るわ」


提督「ですよね」


磯風「たまには寝るのもいいぞ…」


提督「なんか感染してるぞ」


初雪「っていうかなんでイベントやんの?」


初雪「最初はまあでなくていいかーとか言ってたのに」


提督「それはもちろんほしい艦娘がいると聞いたから…」


提督「もちろんくちkゲフンゲフン戦力増強のため…」


初雪「えーいまいるのを強くすればいいじゃんー」


磯風「司令…磯風では物足りないのか?」


提督「え?」


磯風「まだ新しいやつがほしいか?」


提督「まあ、そうだね」


磯風「…」


提督「…あれー選択ミスったかなー」


初雪「おつかれ」


磯風「司令、こっちに」


提督「は、はいっ!」


そしてそのまま


※つづきません




-イベント終了-


提督「えーとりあえずよくがんばったな」


提督「なんかありがとう」


瑞鶴「結局E-3までしかやんなかったのに」


提督「うっさいだまっとけ」


提督「で、」


提督「ようこそ天津風」


提督「となんか一緒にいた時津風」


提督(ひゃっほう一石二鳥もどきだぜ)


磯風「ここの鎮守府はいろいろおかしいがどうにか慣れてくれ」


天津風「そ、そうなの?」


時津風「どうせほかと変わらないよー」


提督「うん、すぐになれるなれる…」


イ級『ドウモ』ホワイトボード


提督「あ、どうも」


天津風「!?」


イ級『イベントオツカレデス』


提督「今回のお前ら地味に強かったぞ」


提督「半分編成のせいだけど!」


時津風「深海棲艦いるんだけどー!?」


イ級『ア、ソチラモドウモ』


時津風「あ、どうもー」


天津風「こ、こんにちは?」


イ級『陸ノテイトクサン』


提督「ん?」


イ級『海ノテイトクカラオトドケモノ』


提督「ほう…」


イ級『ドウゾ』


浮遊要塞「?」


提督「たこやきじゃねーかい」


提督「ていうかこれ何につかうの?」


イ級『ワカラナイ』


天津風「なにこれ?」


時津風「たこやきっていってたし食べるとおいしいんじゃないかなぁ?」


天津風(なにいってるのかしら…)


提督「とりあえず変なもの送ってくんな!っておってきてな」


イ級『了解デス』


時津風「あ、じゃあねー」



-----



深海提督「お、おかえりー」


イ級『デンゴンデス、変なもの送ってくんな!…ダソウデス』


深海提督「え?変なもの?おかしいな、どこかの鎮守府は艦娘が自分から持っていったとかいってたんだけど」


深海提督「こんど逆に変なものもっていこうかな」



ほっぽ+クリスマス編


いつもよりひどいです




提督「ん?大本営の方から手紙…」


提督「ふむ、プレゼント箱イベントか…」


提督「…」


提督「行こう!」




* * * * * *




提督「淀!淀はいるかえ!」


大淀「大淀です(怒)」


提督「ちょっと4-5行ってプレゼントもらってくる」


提督「から、いまから言う奴ら呼んでくれ」


大淀「はぁ…さっさと編成決めてください」



-----



瑞鶴「またアレやらなきゃいけないの?」


提督「たのむで」


瑞鶴「えぇ…嫌なんだけど…」



コンコン



提督「おっ、もう一人の奴きたか」


ほっぽ「ガタガタガタガタガタガタガタ」


瑞鶴「二人目…?」


提督「いや呼んでない呼んでない」


ほっぽ「ガタガタガタガタガタガタガタ」


瑞鶴「とりあえず落ち着こう、ね?」


ほっぽ「ガタガタガタガタガタガタガタ」


提督「ダメだこれ少し待とう」


-----


ほっぽ「ハッ!」


提督「お?おちついたか?」


ほっぽ「コ、コロサレルトコロダッタ」


提督「なんかあったのか?」


ほっぽ「クリスマスパーティーシテイタラオソワレテ…」


提督「まじか誰がそれやったんだ今すぐ陸奥ループにしに行くぞ」


ほっぽ「アブナイカンジノ艦ムス…」


提督「ほう…」



提督「ごめんむりかも」


-----


※12/25早朝


ほっぽ「」チョイチョイ


提督「ん?どうした?」


ほっぽ「コレ」


プレゼント<ヤア


提督「え?くれんの?」


ほっぽ「メリークリスマス」


提督「あーそういえばそんな日だったか」


ほっぽ「ホカニクレルヒトイナイダロウシ」


提督「おうなかなか心えぐってくるじゃないか」



提督(ないていいんだぞ、俺)


-----


大淀「艦隊のみなさん、メリークリスマス!」


大淀「いい子にしていた人にはプレゼントをあげます♪」


駆逐艦's「ガヤガヤ」


金剛「テイトク~今年はワタシがプレゼントデース!」


提督「ごめんどっちかって言うと榛名派なんで」


榛名「!?///」


-


深海提督「やあやあ陸のみなさん」


提督「おうきたか」


ほっぽ「ナンカキタ」


深海提督「ほっぽや、ここに居たのか」


ほっぽ「逃ゲテキタ」


提督「なんか襲われたらしいすよ」


深海提督「ぐへへ、ほっぽがかわいすぎるからかな?」


提督「なんでもやばい感じの艦娘に襲われたとか」


深海提督「あっガチのほうですか、ハイ」


ほっぽ「カンゼンハイボクダッタ」



深海提督「うん…なんかごめん」


-----



深海提督「そうそうもう一つ」


提督「おうどうした?」


深海提督「はいこれ変なもの」


グラ子「私が航空母艦、Graf Zeppelinだ…」


提督「」


提督「ファッ!?」


提督「おいまてこれは色々な人に怒られる+殺されるぞ…」


深海提督(え、思ってた反応とちがう)


提督「とりあえずなんかマジでありがとう」


深海提督「え、あ、うん」



深海提督(???)


-----


おまけ


金剛「紅茶はどうデスカ?」


グラ子「Admiral、コーヒーはどうだ?」


金剛グラ子「…」ニラミアウ


提督「うーんどうしよう…」


瑞鶴「麦茶飲む?」


提督「お、サンキュー」ゴクゴク


金剛グラ子「」ヒキワケ




グラ子+防空(リク物)




防空棲姫「フム…」


防空棲姫「サムイナァ…」


※外は雪が降っている


防空棲姫「マエニ深海提督カラ「ナンカアッタラ例ノ陸ノヤツラノトコイケバイイトオモウ」トイワレタガ」


防空棲姫「イマカンガエレバズイブントムセキニンナ…」


防空棲姫「マアイイ、イマハ自分ノシンパイヲセネバ…」ジャクタイカ!




* * * * * * 




-例の鎮守府の海とかその辺の(ry-


防空棲姫「…ツイタカ」


防空棲姫「ツイタノハイイガ…」


チンジュフ<イラッシャイ!


防空棲姫「ボウエイセツビモナサソウダナ…」


防空棲姫(本当ニダイジョウブナノカ…?)


-少し移動-


グラ子「…誰だ!」


防空棲姫「シ、シツレイシテイル」


グラ子「何だ、深海の奴か」


グラ子「…なぜ震えているのだ?」


防空棲姫「スマナイ、寒クテナ…」


グラ子「なるほど、ニホンはこの時期寒いからな」


防空棲姫「イマ、ソトハユキガフッテイテナ」


グラ子「ふむ…想像しただけで寒くなるな…」


グラ子「よし、ちょっとついてきてくれないか?」


防空棲姫「ドコヘイクンダ?」


-また移動-


グラ子「よし、入れ」


防空棲姫「…?」


防空棲姫「!オオ、アタタカイナ、コレ」


グラ子「別名人をダメにする道具ともいわれていてな」


防空棲姫「?ドウイウコトダ?」


グラ子「まあ、すぐにわかると思うぞ」


-1時間後-


防空棲姫「zzz」


グラ子「堕ちたか…」


防空棲姫「zzz」


グラ子「…」


グラ子「どうするか…」


防空棲姫「zzz」


グラ子(こういうところは駆逐艦なのか…)



某N「くちくかん!」




* * * * * * 




提督「防空さん誰とは言わないけど某東の人と似てる気がする」


防空棲姫「…?」



初雪「わかるって怖い…ね」



軽巡棲姫編




初雪「…司令官、そろそろイベント、来るけど…?」


提督「あ?丙に決まってんだろ」


提督「運的に」


初雪「…資材は?」


提督「まあぼちぼちためてるが」



シザイ<ニマンクライアルゼ!



提督「おお、うちにしては余ってるんじゃないか?」


初雪「…そう?」


提督「うむ、いつも15000安定だからな」


提督「さて」



提督「大型回すかね」


初雪「【速報】イベ前に大型回す提督現る…と」


提督「オチはない」




* * * * * * 




提督「今日は節分だな」


睦月「提督ー恵方巻はある?」


提督「あーはいはい恵方巻ね…あ」


睦月「え?」


提督「ごめん間違ってちくわ買ってきたっぽい」


睦月「えぇ!?提督がまさかの天然だった!?」


提督「天然ではないと思うぞ、うん」


提督「…今年は恵方ちくわか…」


睦月「間宮さんはどこいったにゃ…?」


提督「あ、そういやいたな」


提督「無駄な出費したかも」


睦月「なんで忘れちゃった?」


提督「たぶんサボリまくってて忘れたんだな」


睦月「何をサボったの?」


提督「そりゃあもうご察しの通りですよ最近出撃少ないのもそれが原因ですよ」


睦月「むうー仕事はちゃんとやるんだよ?」


提督「仕事いやだよう書類めんどくさいよう」


睦月「加賀さんパワーで頑張るにゃ!」


提督「あーそれはだめなやつです」


睦月「でもそれが最後の手…ごくり」


提督「あははーご勘弁くださいなー」


提督「あ、恵方巻さ、とりあえず間宮さんに頼んでくるわ」


睦月「いってらっしゃいー」


提督「いってくるわー」



ガチャ


軽巡棲姫「ア」

以下闇通


提督「あらまーこれはこれは」ワオワオデチデチイクアハト


睦月「深海棲艦きたー!」


提督「腕がなる!」


提督「それで今日はなんのようですかね?」


闇通「…シカエシニキタ」


提督「でも装備つけてないじゃん」


闇通「ソレハ…」


闇通「海ノ提督ニ「人ん家に上がるのに物騒なもの持ってくな!」ト言ワレテ」


提督「お、おぉ、そうか」ブッソウナモノ・・・


睦月「でも仕返しっていっても何か変なことでもしたの?」


提督「えーたぶん何にもしてないとおもうよ」


闇通「…アナタハ忘レタトイウノカ?」


提督「えーと、ちょっと記憶にはないですね」


闇通「イベントデ会イマシタヨ?」


提督「え?そうだっけ?」


闇通「秋ノE2トヤラデアイマシタガ」


提督「そういやあったかもな」


睦月「曖昧だね?」


提督「いやー忘れっぽいと困っちゃうなー」


闇通「」ムカ


提督「そういや秋イベって何やったっけ?」


睦月「天津風ほかたくさんが来たって日記にかいてるよ?」


提督「おおそうかありがとう」


提督「…で、秋に会ったんでしたっけ?」


闇通「サッキカラナンドモソウイッテマスガ?」


提督「すまぬな」



バン!(ドア)


時津風「しれーー!豆まきやるよー!」


提督「うお!?…なんだ時津風かい」


睦月「ふえたー」


時津風「豆投げるぞー!えーい!」


提督「まて!」


時津風「えー?」


提督「ここじゃ後で掃除するのめんどくさいだろ?」


※執務室


睦月「提督が真面目なこといってる」


時津風「じゃー外ならいい?」


提督「ああそとならいくらでもいいぞ」


提督「あっでも無駄遣いとかはやめてな」


時津風「はーい」


時津風「とでも言うと思ったか!?」


時津風「どりゃあああ」マメナゲル


提督「あっこのやろ!」


提督「闇通さんガード!」


闇通「イテ」


闇通「…」サッキ


闇通「アノ」


提督(まさかの急展開神通さんの魂が戻ってしまったか?)


闇通「関係ナイヒトヲマキコムノハ」


闇通「ヤ メ テ ク ダ サ イ」サッキ3バイ




初雪「ヒエー」


提督「いたんだ」



※つづきません



* * * * * * 


-おまけ-


ちょっとやんだ初雪



提督「ういー仕事終わったー」


提督「さーて寝るかなー」クタクータ


提督「あーどっこいせーおーやすみー」


初雪「まって」


提督「ん?どしたん?」


初雪「最近」


初雪「全然かまってくれない」


提督「え?」


初雪「ねえ」


初雪「なんで?」


提督「お、おいどうした?」


提督「いったんおちつこうな?」


初雪「ねえ」


初雪「おしえてよ」


初雪「ねえ…」ハサミトリダス


提督「なんだそのすぐ近くにありそうなちょっと危ない刃物は?」


初雪「だって…取りに行くのめんどくさいし…」


初雪「怪我したらいけないし…」


提督「かわいいヤンデレだなまったく」


提督(いつもの初雪ちゃんだった)




水母棲姫編 (リク物)




時計<イチジヲスギマシタゼ


提督「…!もうそんな時間か…」


提督「おやすみー」


布団<オヤスミヤデ!




* * * * * *



???「…エ…テ…」


???「……ラ…、…ノ?」


提督「……?」


水母姫「ネエ…オキタラノドウナノ…?」


提督「ん?え?」


水母姫「コンニチハ」


提督「は?誰だっけおまえ」


提督「つかなんで俺の布団にはいってんの…?」


水母姫「イイノヨ…?犯イテモラッテモ…」


提督「ちょっとまて、いろいろと早いぞ…?」


水母姫「ホラァ…素直ニナリナサイ…?」スコシハダケル


提督「お、おい、なにやってんだ?」20%


水母姫「アラア?オトコニヒトハ皆ムネニ興味ガアルトキイタノダケレド…?」


提督「は、はぁ!?んなわけないだろ…」50%


提督(確かにおぱーいは好きだが…その、まないたのほうが…)


水母姫「フフ、デモ下ノ方ハドウカシラァ?」


提督「…」80%


水母姫「見事ナテントネエ?」


水母姫「キイタワヨォ?」


水母姫「アナタ、ズイブント卑猥ナコト考エテルラシイジャナイノ?」


水母姫「変態」


提督「…」ムラ


水母姫「変態サン?」


水母姫「フフ、ナニハンノウシテルノカシラ?」


水母姫「ホントニ変態ネェ?」


水母姫「フフ…」


提督(な、なに反応してんだ、俺…)


提督(そ、そうだ、これは夢…夢なんだ…)


提督(ああ怖いよ…これからどうなるんだ…?これなんてふろう…?)


水母姫「ソレ、出シテミナサイヨ…?」


提督(あ、これやばいやつ…)


提督「もうしらね!えいや!」ホホツネル




* * * * * * 




がば


提督「…!!!」


時計<ダイタイヨジヤナ


提督「…なんだ、夢か…」


提督「そうだよな、夢だよな…」


提督「…もう一回ねよう」



もしかして:


無限ループ




-----


-空母のコーナー-




加賀「今日はバレンタイン…」


加賀「瑞鶴にこれを渡すわ」


-


加賀「…瑞鶴」


瑞鶴「ん?なに?」


加賀「…これ」本命


瑞鶴「…!」


瑞鶴「え、私に?」


加賀「そうだけれど?」


瑞鶴「あ、ありがと」


瑞鶴「じ、じゃあ、私もこれ」ガチ


加賀「!」


瑞鶴「…加賀さん?」


加賀「」


瑞鶴「大変!息してない!おーい!医療妖精さん!」


※つづきません




反抗作戦編




提督「…おお、改が発売されたのか」


初雪「いえい」


提督「まあ賛否両論なんじゃないかね?」


初雪「作者は5時間かけて初雪出したらしい」


提督「バカじゃねえの」




* * * * * *




12:00



大淀「提督」


提督「ん?どうした?」


大淀「そろそろ昼食ですよ」


提督「おお、じゃあ適当に頼んだ」


大淀「そうですか、じゃあ適当に」


-


提督「…あの」


ニギリメシ<ハヨクエ


大淀「…なんですか?」


提督「これはもしかして秋月はよってことですか?」


大淀「……いえ?」


提督「いま少し間があったね。そういうことですかそうですか」


提督「すいませんねバケツが尽きちゃったんですよ」


提督「もうイベントはいやです」


大淀「それよりも早くおにぎり食べてください」


大淀「私の体温が少しでも残っているうちに食べてください」


提督「…遠回しにアピールでもしてるんですかね?」


提督「まあ食うか」


シレーカン!


吹雪「司令官!大変です!」


提督「どうした!ついに赤城がボーキを食べつくしたか!?」


吹雪「いえ、深海棲艦達が「反抗作戦だー」とか言ってて…」


提督「よくわからんが野次馬しに行くぞ!」


吹雪「はい!ヨクワカリマセンガ…」



大淀「行ってしまいました」


初雪「もぐもぐ」



-



陸提督「昼飯時に何してんだぁぁぁぁ!」


海提督「なんか反抗作戦とか言うのがあったから参加してみたぜ」


陸提督「こっちは飯食ってんだ!いい加減にしろ!」


わるさめ「…ごめんなさい」


陸提督「ああもうかわいいなあ許す」


陸提督「それに比べてこの頭が大変な提督はどうすればいいんだろうか?」


海提督「変態はおまえだろ?」


陸提督「ああ!?なんだと変態!?」


わるさめ「なにこれ」



※つづきません




集積地さん編



提督「イベントはめんどくさい」


初雪「…?」


提督「みんなしってるね。メモしとこうね。」


初雪「わけがわからない」




* * * * * * 




提督「ういー、酒は苦手だからコーラのむぜー」


初雪「ごく」ジュース


コンコン


提督「んー?」


ガチャ


集積地「邪魔スル」


提督「あっどうも」


初雪「い よ う」


集積地「最近ムリヤリ陸ニ連レテイカレル…」


集積地「トテモツライ」


提督「そういや牛丼屋にいたな」


初雪「でも陸に行くの結構いるよ?」


集積地「イワナクテモワカルデショ?」


初雪「もちろん」


集積地「ゲームシタイ…」


集積地「ココニヒキコモル…」


初雪「初雪みたいなこといってる」


提督「ははっ、困るなあ…」


集積地「デモオトマリセットモッテキチャッタシ」


提督「無駄に準備がいいな」


初雪「よくやった」


提督「ていうかマジで泊まるの?」


集積地「一拍ダケ…」


提督「まあいっか…」



-----



初雪「…」ゲームチュウ


集積地「…」オナジク


初雪「…!」


集積地「…?」


初雪「……?」


集積地「コクコク」


初雪「!」タツ


提督「なにやってんだ?」


集積地「オフロオ借リシマス」


初雪「せいかい」


提督「…(;^ω^)」


初雪「『よくわからんが行ってらっしゃい』…であってる?…」


提督「よくわかったなお前」


初雪「ガッツポーズ」



-----



かぽーん



お風呂あがりましたー



提督「おかえり」


初雪「ぐてー」


集積地「ナンカコノ鎮守府クラクナイカ?」


提督「そうか?」


集積地「電気、ツケナイノカ?」


提督「んーでも艦娘達から苦情は来てないし」


初雪「でも結構暗いとおもうよ?」


提督「そうか…まあ考えとくよ」


集積地「ジャアソロソロスルカ」


初雪「コク」



-----



提督「…」


(^o^)<せーの>(^o^)


(^o^)<にーっこにっこどーが♪>(^o^)


(^o^)<某会社が


    午前2時くらいを>(^o^) 


(^o^)<お知らせします>(^o^)


提督(なんだこれ)


初雪「…」


集積地「…」


提督(つかあいつらいつまで起きてるんだ?)


提督(夜更かしは肌に悪いぞーってな)


初雪「明日から善処、する予定…」


提督「なぜわかったし」



初雪「ドヤ」


集積地(スゲエ)  




駆逐水鬼 ふたたび




※夕食前


萩風「夕食はとりあえず野菜を・・・」


提督「おい野菜だけじゃ健康に悪いと思うぞ」


萩風「そうでしょうか?」


提督「うむ」


提督(だんだん飽きてくる)


提督(だんだん逃げたくなる)



初雪「ポテイトー、コーラー」ダルーン




* * * * * * 




※夜


コンコン


提督「うい?どうぞー」


駆逐水鬼「うう…怖い…」


提督「駆逐水鬼ちゃんですかい」


提督「どうされました?」


駆逐水鬼「なにか身の危機を感じたから逃げてきた」


提督「?」


萩風「は、萩風が二人…」


駆逐水鬼「…?」


提督「ああ、確かに似てなくもないか?」


提督(どっちもかわいいぞ。とても。)


駆逐水鬼「大きい…」ボソ


萩風「…?」


提督「何かとπを競いたがるなお前ら」


提督「そういやこんなこと前にあったような」


提督(あれか、加賀の奴か。)



-----


加賀「くしゅん!」


赤城「もぐもぐ」ボーキ


瑞鶴「?」


-----



萩風「…健康にいいものは好きですか?」


駆逐水鬼「健康にいいもの?」


萩風「野菜とか野菜とか」


提督「やめて差し上げろ」


駆逐水鬼「深海に野菜というものはない…」


駆逐水鬼「おもにおさかな?」


萩風「!そんな!?」


萩風「じゃあもし沈んだら萩風は何を食べれば!?」


提督「あ、そこ?」


提督「突っ込むとこ間違えてね?」


提督「いやあってるのか?」


-----


駆逐水鬼「月が、高くなってきた気がする」


萩風「そうですね」


萩風「夜は、怖いです」


駆逐水鬼「同じく」


駆逐水鬼「海にも電灯みたいなのがあればいいのに」


萩風「鎮守府も夜に蛍光灯つけてくれればいいのに」


萩風「嵐がいればいいのに」


提督「あーあーきこえなーい」


提督(俺の運は山城達なんだよチクショウ)


萩風「司令…」


提督「え?俺頼み?」


提督「さすがに嵐はどうにかならないっていうか」


萩風「いえ、電気の件なんですが…」


提督「あーそっちねすまそ」


提督「そうだねー、電力削減とかいわれているからなあ」


萩風「そんなあ」


駆逐水鬼「…」


駆逐水鬼「し、しれい…」ナミダメ


駆逐水鬼「おねがい?」


提督(あぁ^~かわいいんじゃ^~)


提督(写真とっとこ)パシャ


駆逐水鬼「…?」


提督「よしわかった、おにいさんがなんとかしようじゃないか」


萩風「!」


駆逐水鬼「!」




* * * * * * 




提督「ごめん」


提督「無理だって(^^)b」


萩風「(´・ω・`)」


萩風「汚にいさんでしたか…」


提督「ひでえ」


駆逐水鬼「うう…」


駆逐水鬼「(´;ω;`)」


提督「あの…ごめんな?」


提督(でもかわいい)



初雪「クソ提督」



※つづきません



古姫編




初雪「…イベントどうしたの?」


提督「え?めんどくさいじゃん?」


提督「ま、たまには休んでもいいでしょ」


初雪「レア艦掘るぜ!とか言ってなかったっけ?」


提督「レア艦は掘るもんじゃない、よってくるんだ…」


初雪「……これはひどい」




* * * * * * 




提督「よし!」


提督「イベ艦!そしてレア艦!よってらっしゃい!」


コンコン


提督「はいどうぞー!」


駆逐古姫「…ジャマスルゾ」(以下古姫


提督「…」


提督「ああ、うん、まあ大体わかってたけどさ」


提督「イベント艦だけどさ、何も間違ってないけどさ」


提督「うん…。」


古姫「私デハ、ダメナノカ?」


提督「いや!そんなことはない…かな…」


古姫「ヤッパリ、ナニカアルンダナ」


提督「いや、べつにあんたさんだからダメということはないんだ…」


提督「和服っていいっすよね^^」


古姫「ア、アア、ソウカ」


提督「そうだろうそうだろう、んでさ」


提督「…誰?」


古姫「エッ」


-----


古姫「駆逐古姫デスガ」


提督「ほう」


提督「…誰?」


古姫「イベントノE3ニイルンダガ」


提督「へえ、イベントねえ」


提督「ごめん、今回不参加にしようと思ってる」


古姫「ハァ…?」


提督「まああいつらは勝手にやってるらしいけどな」


古姫「ソレジャアオマエガイルイミハナインジャア?」


提督「いや、いつもはちゃんとやってるから大丈夫だろ」


古姫「ワケワカンネ」


提督「ほら今回お前ら強すぎ、ってネットで噂されてるし」


古姫「ソレダケノ理由ナノカ?」


提督「なんか相手強すぎるといろいろ面倒じゃん」


提督「ついでにうちはお前ら深海棲艦との交流がムダに多くてね」


提督「どっちも傷つくのはアレなんだよなあ」


古姫「…敵同士ダロ?」


提督「そうかなあ」


古姫「イヤ、ソウダロ?実際殺スタメニココニキタシ」


提督「わあお、つまり自分ピンチってことですか」


提督「おーい、初雪ちゃんヘルプ!」


初雪「…ね む い」


古姫「!?」


古姫「一体ドコカラ…」


提督「布団の中だよ」


-----


提督「どうやら最後の壁がなくなってしまったようだな」


古姫「ズイブント薄イ壁ダナ」ギソウテンカイ


提督「おおう、いきなりかよ」


古姫「カクゴハイイナ?」


提督「…待て」


古姫「遺言カ?イイゾ、聞イテヤロウ」


提督「あのな」


提督「鎮守府で発砲は禁止だ!」


古姫「…ハ?」


提督「色々壊れて迷惑になるだろうが!」


提督「人に迷惑かけるのはダメだかんね!」


提督「やるんだったら外、そして迷惑のかからない広い場所でやろうね!!」


提督「陸の提督さんからのお約束だよ!」


古姫「エェ…」コンワク


-----


古姫「ソレガ遺言デイイノカ?」


提督「んなわけないじゃん」


提督「ただのお約束だよ」


古姫「ソレジャア打タセテモラウゾ」スチャ


提督「んんwww自分の話聞いてました?wwww」


提督「迷惑、ダメ、絶対!」


古姫「…」


提督「あ、それと君かわいいね、黒髪サイドテ、結構いいっすね^~」


古姫「エッ」


提督「和服も似合ってるよ、やっぱり駆逐艦は最高ですわぁ…」


提督「あ、ちょっと自撮りとっていいですかね」


古姫「エ、アアドウゾ…」


提督「よいしょ」カシャ


古姫「…」


提督「どうもー」


古姫「アノ」


提督「なんだね?」


古姫「オ約束ノコトハワカッタカラ」


古姫「敵トカ関係ナク死ンデクダサイ」


提督「あらま…(´・ω・`)」


古姫「…カエル」


提督「おう、じゃーなー」


ガチャ



バタン


提督「ふう、やっぱり駆逐艦は最高だな」センイコウジョウ



初雪「こわいわーまじロリコンこわいわー」


-----


コンコン


提督「…ん?どうぞー」


神風「待たせたわね、司令官。神風型駆逐艦、一番艦、神風。推参です!」


提督「アイエエエ!?報酬艦!?報酬艦ナンデ!?」


磯風「ん、E-3、まで終わったぞ」


提督「マジかよ…提督いらないじゃん…」







後書き

ああ?更新が遅い!?うるせえ部誌にのせる小説の〆切が近いんだ…
自由に書いてますのー。陽子さん…
ハーメルンに一部修正したもの載せはじめますた。
ふええもうネタがないようリクエストほしいよう(ヌ


このSSへの評価

18件評価されています


SS好きの名無しさんから
2017-03-08 22:00:44

SS好きの名無しさんから