2017-09-19 15:10:26 更新

概要

修正完了しました
この作品は【単独行動隊提督 4】の続きです


前書き

提督

【目付きが悪いせいで他の者から距離を開けられる事の多い単独行動隊の一人】
【過去に大きなミスを犯したと言って自ら単独行動隊に入った変わり者】
【首にはいつもネックレスをしてるところが特徴】
【そのネックレスの形も特徴的で1と6の形した数字が飾られている】
【単独行動隊 66番 コードネーム a maverick(はぐれ者) 現在は南我原の提督をやっている】



瑞鳳

【仕事熱心の働き者で面倒見のよい艦娘(軽母)】
【まだ配属が決まっていなかったが今回の提督の所に着く事が決まった】



金剛

【いつもハイテンションで元気な艦娘(戦艦)】
【配属は決まっていたが移動が決まって、今回の提督の元に着く事になった】
【元は東我原鎮守府の艦娘】





【元気の良い艦娘(駆逐艦)】
【金剛と一緒で元気がありすぎるところが特徴】
【元々は東我原の艦娘だったが上官と東提督が賭けした際に南我原に移動が決まった】





【礼儀正しく、少しおっちょこちょいな艦娘(駆逐艦)】
【元々は東我原の艦娘だったが、上官と東提督の提督が賭けした際に南我原に移動が決まった】



東提督

【東我原鎮守府の女提督】
【艦娘思いの強い一面もありかなり人気のある提督】
【過去 南提督に金剛を取られた事で取り返す為、南に演習を挑んだが一対七で敗退(東が七)
敗退して雷、電も取られた】
【南方海域で第一艦隊がやられそうになった時に南提督に助けてもらい、南提督に惚れた】
B:Dって事は教えておくわ
W:キュッとしてるわ!
H:…(小さくて悪かったわね?)



加賀

【ご飯&ボーキサイトをいっぱい食べる東我原のクール艦娘(正規空母)】
【東我原の艦娘だが元同僚の金剛、雷、電が南我原に居るので時々遊びに来る…最近は時々ではなくほぼ毎日来ている気がするが…】



赤城

【加賀と同じくご飯&ボーキサイトをいっぱい食べる東我原の艦娘(正規空母)】
【加賀と同じく、南我原に遊びに来るが飯目的で来る ちょっと限度を考えて欲しい(南)】



青葉

【過去 南提督の艦娘だった現在東我原の艦娘(重巡)】
【南提督の過去をよく知っている唯一の一人…だが、南提督の過去を話そうとはしない】
【上官に口止めされているのもあるが悲しすぎると言うこともあって口を開かない】



提督(北)

【北我原鎮守府の提督】
【南提督とは馴染みで昔 南我原に良く遊びに来ていた元気っ娘】
B:聞いたら殺す!
W:体重は気にしてるから痩せてるわ!
H:でかいのかしら?



神通

【元南提督の艦娘 今は北提督の艦娘(軽巡)
いつもおとなしい感じが目立つ】
【お酒はそこまで強くないらしいが…?】




那加

【元南提督の艦娘 今は北提督の艦娘(軽巡) 私はアイドルと言うところが一番目立つ】



提督(西)

【西我原鎮守府の提督】
【無口でいつも静かに本を読んでる事が多い】
【お酒は強いみたいだが…?】


不知火

【元南提督の艦娘 今は西提督の艦娘(駆逐艦)】
【いつもクールで表情をなかなか崩さないところが特徴】
【南提督に睨みつけを教えた本人でもある】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】



上官

【本部の最高指揮官 総本部とは別の指揮を取る者】



武蔵

【大和型戦艦で二番目に強い最強の艦娘(戦艦)】
【いつも上官の補助をしている】
【出番は少なめなのであまり書くことがないこの前の作品と同様 また出番があるか不明】
武蔵 「だから酷すぎる!!!?」



瑞鶴

【南提督loveの南提督の元艦娘(正規空母)】
【南提督を見かけた瞬間どこでも構わず抱きついてくる】
【過去に酷い事があったらしいが南提督が全て解決してくれた】



翔鶴

【瑞鶴の姉で南提督の元艦娘(正規空母)】
【おとなしい性格でいつも瑞鶴の面倒を見てる】







伊19(イク)

【南提督の妻の艦娘(潜水艦)】
【南提督がはじめて所持した艦娘でもある】
【提督が19歳半の時に指輪を渡され結婚…だが、結婚してから半年後…轟沈した…】
【伊19が沈んでから四年 敵艦隊になった+死体又は残骸が見つかったという情報がない為、生きているかは現在不明】












瑞鶴 「ていとく〜!」ギュー!!


提督 「だから強く抱き締めるな!てか、こんな人前で抱きついてくんじゃねぇ!」


瑞鶴 「見せつけてやればいいじゃない!」


提督 「お前は少し恥ってものを知れ!!」


翔鶴 「まぁまぁ?元提督 瑞鶴も久々に会って嬉しがっているんですから少しくらい大目に見てあげてください?」


提督 「そうは言うけどな?翔鶴 周りの視線がすげぇ痛いんだが…」チラッ


翔鶴 「?」



提督(東) 「…」ゴゴゴゴゴ… 提督に睨みつけてる


加賀 「…」ゴゴゴゴゴ… 瑞鶴に睨みつけてる


翔鶴 「…なるほど そう言う事ですか?」ヒソヒソ


提督 「そういう事だ」ヒソヒソ


瑞鶴 「小声で何話してるの?」


翔鶴 「なんでもないわ?それより瑞鶴 今日は服を見に行くんでしょ?」


瑞鶴 「あっそうだった!?すっかり忘れてたぁ!?」スッ 提督から離れる


提督 「(やっと離れてくれた…)」ハァ…


瑞鶴 「ごめんね?提督 せっかく久しぶりに会えたのに…また会えたら昔みたいにイチャイチャしましょ!」


提督(東) 「」ピクッ


提督 「誰がするか!早く行け!」


瑞鶴 「はーい!行くよ翔鶴姉!」タッタッタッ!!…


翔鶴 「ちょっ瑞鶴!?ちょっと待って!」タッタッタ!!…


提督 「瑞鶴のこと頼むぞ?翔鶴」


翔鶴 「わかっています 瑞鶴ー!」タッタッタッ!!…


提督 「…まったく?瑞鶴の性格には困ったもんだなぁ?」


不知火 「まったくです」


提督(東) 「…」ギロッ


提督 「(めっちゃ東が睨みつけてくる…)」


瑞鳳 「提督 瑞鶴さんはもしかして提督の元艦娘だったんですか?」


提督 「あぁ 元俺ん所に居た艦娘だ …二代目のな?」


加賀 「…二代目?それはどう言う事ですか?」


提督 「それは…」


不知火 「元提督 その話しは…」


提督 「もう解決してる事だから話しても大丈夫だろ?」


提督(東) 「解決してる?なにが?」


提督 「【…あいつ、初代提督に捨てられてんだ】」


全員 「「っえ!?」」


提督 「元々は呉鎮守府に着任したんだが、そこの提督が五航戦なんかいらねぇって言って瑞鶴を鎮守府から追い出したんだ」


提督(東) 「ひどい!捨てるなんて酷すぎるわ!」


加賀 「そうでしょうか?私はいらないかと…」


提督&提督(東) 「「」」ギロッ!!


加賀 「っ!!」ビクッ!!


提督 「いらないなら解体すれば良かったんじゃないかと思った 少しでも資材が取れるからな?…だけど!」ギリッ!!


全員 「「っ!?」」ゾクッ!!


提督 「あの糞提督は少ししか資材がとれないって言って解体しないで鎮守府から追い出してたんだ!!」


提督 「解体して資材にするならまだしも解体しないで鎮守府から追い出すなんてそんな糞野郎どこにいるんだ!!」


提督 「俺はその提督を半殺ししてやったよ!目は二度と開かなくして腕や足も二度と使い物にならないようにしてやったよ!」


提督 「その後単独行動隊に入れてやったよ!今は生きてるか知らねぇけどまだ生きてたら!!」


不知火 「元司令官落ち着いてください 頭に血が上り過ぎです」


提督 「あっ…」ハッ


提督(東) 「…」


提督(西) 「…」


瑞鳳 「…」


加賀 「…」


提督 「…悪い 熱くなり過ぎた」


瑞鳳 「あっいえ、大丈夫ですよ?気にしてないので…」


提督 「…」


提督(東) 「…とっとりあえずご飯行きましょ!板場のお寿司屋さん屋は向こうだって言ってたわね!?」


不知火 「はい この先5分ぐらい歩いた所にあります」


提督(東) 「それじゃ早く行って食べましょう!」


加賀 「早く食べたいです」(灬º﹃º灬)♡


提督(西) 「…」( •̀ω•́ )/


不知火 「司令官も早く食べたいそうです」


提督(東) 「それじゃ行くわよ!」


提督(西) 「…」コクッ

加賀 「はい」

不知火 「はい」


タッタッタッ…


提督 「…」タッタッタッ…


瑞鳳 「…提督 大丈夫ですか?先程熱くなってしまった事を気にしてるみたいですが…」タッタッタッ…


提督 「…まぁな?いきなり怒鳴り声であんな話を聞かしちまったからな さすがに気にするよ」タッタッタッ…


瑞鳳 「大丈夫ですよ?皆さんも提督の気持ちわかってたはずです!だから気にしないでご飯食べましょう!」

伊19 『大丈夫なの!みんなも提督の気持ちわかってるはずなの!だから気にしないでご飯食べに行くのね!』


提督 「っ!」


瑞鳳 「? どうしましたか?提督 いきなり驚いたような顔をして?」


提督 「…いや、なんでもねぇよ?」ポンッ 瑞鳳の頭をなでるように手を置く


提督 「ありがとな?瑞鳳」


瑞鳳 「っえ?あっはい…」タッタッタッ…


瑞鳳 「(なんで頭をなでられたんだろう?)」タッタッタッ…


提督(東) 「〜〜〜っ!!!!!!」ギリギリギリギリッッッ!!!!!!


加賀 「(今日の提督荒れてます…)」


不知火 「(すごく怒ってますね?東司令官 よほど元司令官が瑞鳳の頭に手を乗せたのが羨ましいみたいですね?)」


提督(西) 「…」













寿司屋



ガララッ ヘイラッシャイ!!


提督(東) 「ここが板場のお寿司屋さんね?」キョロキョロ


加賀 「見るからに高そうです」


瑞鳳 「(本当に私のお財布大丈夫かな…?)」


提督(西) 「…」(º﹃º)


不知火 「司令官 涎が出てます」


提督 「…」


店員 「何名様で?」


提督(東) 「六人よ!」


店員 「それじゃ、こちらにおかけください」


提督(東) 「はーい!」タッタッタッ…


スッ



店員 「何を握りますか?」


提督(東) 「私いくら三人前!」


加賀 「うにをお願いします」


提督(西) 「…」( ̄・ω・ ̄)ジー


不知火 「隣の人にまぐろをお願いします 私はサーモンをお願いします」


瑞鳳 「え、え〜っと…しっしめさばでお願いします!」


提督 「…」


店員 「そちらの方は?」


提督 「…今は様子見で頼む」


店員 「…はぁ?わかりました」


瑞鳳 「…提督?」 チュウモンハイリマシター!! ハイヨー!!


提督(東) 「…っ!」ハッ


提督(東) 「(そう言えば青葉から南は大勢で食事に来た時は何も食べないって言ってたわね?…てか、大勢って何人までのことかしら?)」


瑞鳳 「どうしたんですか?提督 何も頼まないで…お腹空いてないんですか?」


提督 「いや、今はいいネタがあるか確かめたいだけだ?気にしないでくれ」


瑞鳳 「…はぁ?」


提督(東) 「(…よし!本当に食べないのか試してみよう!)」


提督(東) 「加賀ちゃん ちょっと南と席を変えてくれない?」


加賀 「っえ?なぜですか?」


提督(東) 「いいからっね?」


加賀 「…はぁ?わかりました」カタッ


提督(東) 「南ー!加賀ちゃんと席入れ替わってもらえる?」 タッタッタッ…


提督 「なんでだ?別に席入れ替えて一緒だろ」


提督(東) 「いいからお願い?っね!」


提督 「…まぁ、別にいいけど?」カタッ タッタッタッ…


瑞鳳 「…なんで入れ替えたんでしょう?」 ナンデイレカエルンダ?


不知火 「さぁ?私にもさっぱり…」 ワタシニモワカリマセン



席順 左から瑞鳳、不知火、提督(西)、提督(南)、加賀、提督(東)


現在席替えして左から瑞鳳、不知火、提督(西)、加賀、提督(南)、提督(東)



提督 「よっと?」スッ


提督(東) 「よし!来たわね?南」


提督 「来たけどなんで俺をこっちにしたんだ?」


提督(東) 「…あなた 大勢でご飯を食べに来た時やパーティーの時は何も食べないらしいわね?」


提督 「っ! なんで知ってるんだ?俺お前に教えてないはずだが?」


提督(東) 「青葉から聞いたのよ 昨日のパーティーの時、私の料理期待してるって言ったのに食べてくれなかったから怒ってた時に青葉から食べなかった理由を教えてもらったのよ」


提督 「…悪い」


提督(東) 「次は食べてよね?私の料理」


提督 「…人数が少なければな?」


提督(東) 「人数が少ないって何人までなら大丈夫なの?」


提督 「…4人ぐらいまでかな?」


提督(東) 「…それ、多いのかしら?」


提督 「俺からしたら多いな?基本大人数でなにかすること自体好きじゃないからな」


提督(東) 「私的には少ないと思うけど?」


提督 「まぁそれは人それぞれだからな?俺は四人ぐらいが丁度いいと思ってるからな」


提督(東) 「うーん…?南の性格よくわからないわね?」


提督 「よく言われるよ 俺の性格はわかりにくいってな?」


店員 「へい!いくら三人前お待ち!」カタッ


提督(東) 「なにこれ!?すごく美味しそう!!」 ヘイ サーモントマグロオマチ!


提督(西) 「…」(灬º﹃º灬)♡


不知火 「脂がかなり乗っていますね?すごく美味しそうです」 ツヅイテウニトシメサバオマチ!


加賀 「すみません 追加で同じのを10人前お願いします」゛(・〜・)゛モグモグ


瑞鳳 「はやっ!?」



提督 「…」東が頼んだいくらを見てる


提督 「(かなりボリュームがあるな?しかもツヤがまだ生きてる上に新鮮…上等の品だな?…まっ高いだろうがな)」


提督(東) 「ねぇ南?」スッ


提督 「なんだ?」


提督(東) 「はい あーん?」スッ


全員 「「」」ブー!!


提督 「…っは?」


提督(東) 「南 今私が頼んだいくらを見てたから食べたいのかなって思ったんだけど…食べる?」


提督 「いや、別にそういうわけで見てたんじゃ…」


提督(東) 「いいから!一つ食べてみて?」


提督 「俺は自分で頼むからお前は自分のを…」


提督(東) 「いいから!っね?」


提督 「…」


加賀 「(席を取替えたのはこういう事でしたか 油断しました)」フキフキ… 口を拭いてる


瑞鳳 「(思わず吹いてしまいました…)」フキフキ…


不知火 「(あの司令官…なかなか攻めますね?びっくりしました)」フキフキ…


提督(西) 「」(///□///)


提督(東) 「ほら?はやく食べて!」


提督 「…」


提督 「(…なんでこうなった?なに?これ食べないといけないの?めっちゃ恥ずかしいんだけど!?)」


提督 「(しかも周りからの視線も痛いし公開処刑もいいところだよ!…マジでどうすればいい?)」


提督(東) 「(南は人数が多いと食べないって言ってたからこうすればさすがに食べるよね?)」


提督(東) 「(男なら誰でも憧れる食べ合いっこ…これならいけるわ!)」( •̀∀•́ )✧キラン


提督(東) 「ほーら?はやく食べないと新鮮さがなくなっちゃうわよ?」


提督 「(…はぁ…もう、どうにでもなれ?)」スッ


瑞鳳 「(っえ!?提督食べるの!?)」///


不知火 「(なんと!元司令官が伊19以外にもするとは!)」


加賀 「すみません 次いくらとサーモンとまぐろを十人前ずつお願いします」(*゚~゚*)モグ モグ


提督(西) 「っ!?」Σ(OωO )


…パクッ


提督 「…」モグモグ…


提督(東) 「どう?南 美味しい?」 ゴクッ


提督 「…あぁ かなりうまいよ?」


提督(東) 「それは良かったわ!それじゃもうひとつ…」


提督 「すいません いくら一人前急ぎで握ってくれ」


店員 「っえ?あっはいよ!」スッ


店員 「へい おまち!」カタッ


瑞鳳 「はやっ!?」


提督 「…ほら?」スッ 箸で寿司を掴んで東に差し出す


提督(東) 「…っえ?」


提督 「もらったお返しだ?お前も口開けろ」


全員 「「」」ブー!!!!


提督(東) 「えっえぇ!?」///


提督(東) 「(うっ嘘でしょ!?ままさか南もしてくるとは思わなかったわ!?どうしよう…すごく恥ずかしい!!)」///


加賀 「(まさか南提督もやるとは…油断してました)」フキフキ


瑞鳳 「(はっ鼻にお茶が…)」プルプル… お茶を飲んでる時に吹いて鼻に入って蹲ってる


不知火 「(やられたらやり返す…昔と変わりませんね?思わず吹いてしまいましたが…)」フキフキ…


提督(西) 「っっっ!!!!!?」(//〇__〇//)


提督 「ほら?はやく口開けろ」


提督(東) 「えっえぇと!?その…」///


提督(東) 「…あーん」///パクッ


提督 「…旨いか?」 モグモグ…


提督(東) 「…うっうん、すごく美味しい…」///モグモグ…


提督(東) 「(恥ずかし過ぎて味なんかわからないわよ!!)」///モグモグ…



ガララッ…


店員 「へい!らっしゃ…っ!?」ゾクッ!!


不知火 「っ!?」ゾクッ!!

提督 「っ!?」ゾクッ!!


加賀 「? どうしましたか?いきなり真っ青にして?」


提督 「…」タラタラ…


瑞鳳 「…提督?」



瑞鶴 「てーいーとーく?」(╬^∀^)


提督 「」サー…


瑞鶴 「何をやってるのかなぁ?ねぇ!」(╬^∀^)スチャッ 笑顔で南提督に矢を構える


提督 「…よぉ?瑞鶴 さっきぶりだな?お前も飯食いに来たのか?」タラタラ…


瑞鶴 「そうだよ?どこでご飯を食べようか迷ってそこら辺を歩いてたんだけど、そしたら提督がそこの女性と食べ比べしてたのを見かけたの?」(╬^∀^)


提督 「…お前も食べるか?瑞鶴」タラタラ…


瑞鶴 「もちろん食べるわよ?でも、その前に…」グググ…


瑞鶴 「撃たせて?」(╬^∀^)


提督 「…」タラタラ…


不知火 「(…タイミングの悪い時に見られたしたね 下手に言い訳すると射たれますがどうしますか?元司令官)」チラッ


提督 「…」ピクッ 目をピクッと動かして合図を送る


不知火 「(…待て?それで良いんですか?なんなら私が止めますが)」


提督 「…」ピクッパチッ 目をピクッと動かして瞬きをする


不知火 「(…わかりました)」コクンッ


瑞鶴 「提督 最後に言い残す言葉は?」(╬^∀^)


提督 「…今ここで射ったら食べられなくなるぞ?それでもいいのか」


瑞鶴 「っ!」


提督 「それに店側にも迷惑がかかってるから今は落ち着け 文句なら後で聞いてやるから?」


瑞鶴 「…私にも食べさせてくれる?」


提督 「別に構わないが」


瑞鶴 「…なら許すわ」スゥ… 構えるのをやめる


提督 「…」ホッ…


翔鶴 「あらあら?元提督も大変ですね」タッタッタッ…


提督 「見てたなら助けてくれよ?お前が言えば一発なんだからさ」ヒソヒソ


翔鶴 「こんなにもはしゃぐ瑞鶴は久しぶりに見たのでつい?」ヒソヒソ


提督 「…やめてくれ?」ハァ…


瑞鶴 「?」


提督 「東 席交換してくれないか?」カタッ


提督(東) 「っえ?あっうん わかったわ」カタッ


提督 「瑞鶴 隣に来い」


瑞鶴 「は〜い!」タッタッタッ…


翔鶴 「それじゃ、私は瑞鶴の隣に座ろうかしら?」タッタッタッ…










提督 「ほら?口開けろ」スッ


瑞鶴 「あーん!」パクッ


提督 「旨いか?」


瑞鶴 「うん!すっごく美味しい!」モグモグ


提督 「すいません 次はうにを握ってくれ」


定員 「はいよ!」スッ


定員 「へい!おまち」カタッ


提督 「次行くぞ?」スッ…


瑞鶴 「うん!」


提督(東) 「(あの娘〜!私が南と食べ比べしてたのに〜!!)」ゴゴゴゴゴ!!… ホラ?クチアケロ


不知火 「(…東司令官かなり怒ってますね 元司令官も大変ですね)」 アーン!


瑞鳳 「(恥ずかしくないのかぁ?こんなに人が居る所で…)」/// ウマイカ? ウン!サイコウダヨ!


加賀 「すいません いくらとしめさばとたまごとかっぱと中トロとたことさんまとサーモンを五人前ずつお願いします」モグモグ… ホラ?モウヒトツ


提督(西) 「っ!!!!!?」( ;゚Д゚);゚Д゚);゚Д゚) アーン!


提督 「…まだ他に食べるか?」


瑞鶴 「もう満足よ ありがとね提督!」モグモグ…


提督 「そうか 満足で何よりだよ?」カタッ


提督 「(こいつ、二十人前以上も食いやがった…食べ過ぎだろ?)」


翔鶴 「良かったわね?瑞鶴 元提督に食べさせてもらって?」


瑞鶴 「うん!もう幸せすぎて死んでもいいわ!」


提督(東) 「(なら死になさい!今すぐ死になさい!)」ゴゴゴゴゴ!!!!…


提督 「(さっきから東から殺意が出て危なっかしい…)」


瑞鶴 「ねぇ提督 さっきから気になってたんだけど、今提督服着てるけど…また提督に戻ったの?」


提督 「あぁ 今は南我原鎮守府の提督をやってるよ?上官が無理矢理俺を単独行動隊から提督に戻したんだ」


瑞鶴 「そうなの?」


提督 「あぁ まったくいい迷惑だよ?人が罪滅ぼしで入ったのにまた提督に戻しがって」


瑞鶴 「…」


提督(西) 「…」((°A°;))?


不知火 「はい 元司令官は特別単独行動隊の一人です」


提督(西) 「っ!!」(°Д°)


提督 「瑞鶴は今どこの鎮守府に着任してんだ?」


瑞鶴 「私と翔鶴姉は北我原鎮守府に着任してるわ!」


提督 「…北?北我原って俺の馴染みがいる所じゃねえか?」


瑞鶴 「うちの提督を知ってるの?」


提督 「あぁ 昨日のパーティーの時に北我原の提督に会って俺の馴染みだって知ったんだ?…てか、お前達は昨日のパーティー来てなかったよな?」


瑞鶴 「うん ちょっとその時は遠征しててトラブっちゃって…」アハハ…


提督 「トラブった?なにかあったのか?」


瑞鶴 「昨日遠征に出てた時に嵐が発生して、そこの近くの孤島から一歩も出られなかったのよ…」


提督 「…そういう事か?それは残念だったな パーティー出れなくて?」


瑞鶴 「ほんとよ…しかも提督も来てたなんて…」ズーン


提督 「そんなに落ち込むな?昨日は会えなかったけど今日は会えてるんだからいいじゃないか」


瑞鶴 「確かにそうだけど、出来れば昨日会いたかったわ…」ハァ…


提督 「まぁそう言うなって?俺は久々に会えて良かったぞ 瑞鶴?」ニコッ


瑞鶴 「っ!!」///ドキッ!!


提督 「? どうした?いきなり顔を赤くして?」


瑞鶴 「なっなんでもないわ!気にしないで!」///


提督 「?」


提督(東) 「(南の笑顔…久々に見た!本気でパナイ!!)」///プルプル… 手で顔を隠してる(反対側なのになぜ見える…)


瑞鳳 「(…東提督さん 提督の笑顔見て耳まで真っ赤にさせてる そんなに提督の笑顔っていいものなのかなぁ?)」


加賀 「すみません 今まで注文してた物を全部五人前ずつください」モグモグ…


瑞鳳 「(隣はとなりで凄い食べてるし…てか、支払い大丈夫なのかな?)」 ハッハイヨ!?


提督(西) 「…」ε=(・ρ・*) フゥ ヘイ!オマチ


不知火 「ご満足しましたか?司令官」 モグモグ…


提督(西) 「…」コクッ モグモグ…


不知火 「それではそろそろ行きますか?」 モグモグ…


提督(西) 「…」☜(・・?)☞ モグモグ…


不知火 「加賀さん以外は食べ終わっています 待つのでしたらもう少々かかるかと…」 モグモグ…


加賀 「ご馳走様でした」モグモグ…


瑞鳳&不知火&提督(西) 「「早っ!?(Σ(OωO ))」」 ゴクンッ


加賀 「美味しかったです」


提督(東) 「結構食べたわね?何人前食べたの?」


加賀 「100人前は超えてます」


提督(東) 「食べ過ぎよ!?」


加賀 「申し訳ありません 美味しかったのでつい…」


提督(東) 「…まぁ、加賀ちゃんが満足してくれたならそれでいいわ?」


加賀 「ありがとうございます」


提督 「そろそろ行くか?」


提督(東) 「そうね みんなお腹いっぱいになった?」


提督(西) 「…」コクッ


不知火 「司令官も私もなりました」


瑞鳳 「だっ大丈夫です!」


提督 「…」


瑞鶴 「なったわ!身も心もお腹いっぱいだわ!」


翔鶴 「私もお腹いっぱいになりました」


提督(東) 「それじゃ、そろそろ行くわよ?」カタッ


ゴチソウサマー!ハイヨー













商店街ー寿司屋前



アリヤトーヤッシタ-!!


提督 「…」ピシャッ


提督(東) 「ごめんね?南 私が誘ったのに奢ってもらって」


提督 「別に良いよ 男が奢るのは当たり前の事だからな」


提督 「(それに東達は板場の寿司屋には来たことがないって言ってたから知らないと思うけど、板場の寿司の値段は半端じゃないからな さすがに女に払ってもらうのは気が引ける…)」


ちなみに今回かかった金額は【152800円】


提督(西) 「…」m(_ _)m


不知火 「ご馳走様です 元司令官」


加賀 「ありがとうございます」


瑞鶴 「ありがとね!提督」


翔鶴 「ありがとうございます 元提督」


瑞鳳 「ありがとうございます 提督」


提督 「別にいいよ それより東、俺達は先に帰らせてもらうよ?」


提督(東) 「? 何か用事でもあるの?」


提督 「あぁ ちょっと急ぎの用がな?」


瑞鳳 「提督 急ぎの用なんて私聞いてませんが?」


提督 「いいから帰るぞ」タッタッタッ…


瑞鳳 「っえ?あっはい!」タッタッタッ…


瑞鶴 「またね提督!また会いましょう!」


提督 「あぁ また会えたらな?」


タッタッタッ…








ガヤガヤ…


提督 「…」タッタッタッ…


瑞鳳 「…提督 さっきも言った通り急ぎの用ってなんですか?私何も聞かされてないんですが」タッタッタッ…


提督 「…お前 腹減ってるだろ?」


瑞鳳 「っ!?」ドキッ!!


提督 「…その反応からすると図星のようだな?」


瑞鳳 「…なんでわかったんですか?私がお腹減ってると」


提督 「さっきの寿司屋で四貫しか食べてなかったろ?四貫だけで腹いっぱいになる奴はなかなかいないからな」


瑞鳳 「あっ…」


提督 「なんで食べなかったのかは大体予測がつくから聞かないとしてどこか安い場所で食べに行くか?」


瑞鳳 「…いいんですか?」


提督 「別に良いよ 今日はこれと言った用事ないし」


瑞鳳 「…それじゃ、す○屋に行きたいです!」


提督 「ここら辺にあったか?俺ここには4年ぐらい来てないから知らないんだが」


瑞鳳 「あります!向こうの方に最近出来たんです!」ユビサシ


提督 「そうか?ならそこにするか」


瑞鳳 「はい!」


タッタッタッ…








数十分後ー商店街(二回目の昼食スキップ)



カランカラン… アリガトウゴザイマシタ-


提督 「腹一杯になったか?瑞鳳」


瑞鳳 「はい おかげさまでお腹いっぱいになりました!ありがとうございます」


提督 「なら良かった それじゃ、鎮守府に帰るとするか?」


瑞鳳 「はい!」


タッタッタッ…













南我原鎮守府ー提督室



ガチャッ


タッタッタッ…パタンッ


提督 「よっと」カタッ


提督 「…ふぅ?久々に商店街に行ったから疲れたな」


提督 「やっぱり昔と変わってたな?いろいろと…って当たり前か 4年も経ってるんだから変わるよな?」


提督 「…」(_ _*)οΟウトウト…


提督 「…少し寝よう 眠たくなってきた」カタッ


提督 「今日は出撃も用事もないし寝ても平気だろ?うん 大丈夫だ」タッタッタッ…ガチャッ


パタンッ













数十分後…



提督室



コンコン ヘイテイトク!コンゴウデース イッショニティータイムスルネ!


シーン…


…アレ?テイトク イナインデスカ?


…ハイルデース


ガチャッ


金剛 「…あれ?おかしいデース どこにもいないネ?」キョロキョロ


金剛 「でも変ネ?提督はもう帰ってきてるって瑞鳳から聞いたはず…」


金剛 「提督の部屋でしょうか?行ってみるネ!」タッタッタッ…













提督の部屋



提督 「すぅ…すぅ…」


ガチャッ


金剛 「提督 失礼するネ?」


提督 「すぅ…すぅ…」


金剛 「oh お休み中でしたか?」


金剛 「なら仕方ないネ ティータイムはまた雷達とするネー!」ガチャッ


パタンッ タッタッタッ…


提督 「すぅ…すぅ…」













夕方ー提督の部屋



コンコン ズイホウデス テイトクユウショクガデキタノデショクドウデゴハンニシマショウ?


シーン…


…アレ?テイトク イナインデスカ?


シーン…


…ハイリマスヨ?ガチャッ


瑞鳳 「失礼します」


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「…まだ寝てましたか 金剛さん達とティータイムする時に寝てたと言ってましたけど、あれからずっと寝てたのかな?…寝すぎでしょ」


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「無理やり起こすのも気が引けるけど夕食の時間だし起こさないと?」タッタッタッ…


瑞鳳 「提督起きてください 夕食の時間ですよ」ユサユサ…


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「提督 ご飯冷めてしまいますよ?」ユサユサ…


提督 「うーん…」


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「寝ぶとい…あまり声を荒らげたくないんだけど、仕方ないよね?」


瑞鳳 「提督!起きてください!ご飯ですよ!早く食べないと冷めてしまいますよ!」


提督 「うーん…んんっ?」スゥ…


瑞鳳 「やっと起きましたか 早く顔洗って食堂に行きますよ?」


提督 「…」ボー…


瑞鳳 「…提督?聞いてますか?」


提督 「…」スゥ…


ガシッ


瑞鳳 「…っえ?」 腕を掴まれる


提督 「頼む 後一時間寝かせてくれ」グイッ


瑞鳳 「ちょっきゃあ!?」ボスンッ 提督に引っ張られて布団の上に倒れ込む


提督 「後一時間だけでいいから…」スー… 布団を被せる


瑞鳳 「てっ提督!?なぜ私も寝かせようとするんですか!?」


提督 「いつもみたいにしてあげるから後一時間お願い…」ギュッ 瑞鳳を胸の辺りで抱きしめる


瑞鳳 「提督っ!!!?」///


提督 「おやすみ…」


瑞鳳 「ちょっ提督!?寝ないでください!あといつもみたいにするってなんですか!?ご飯が冷めてしまいます!?」///


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「提督ー!!寝ぼけてないで起きてください!!てかなんで寝てるのに抱きつく力が緩まないんですか!?」///グググ… 出ようとしても提督の抱きつく力が緩まっていないため出られない


提督 「伊19…」スッ…


ナデナデ… 瑞鳳の頭を撫でる


? 『瑞鳳』ナデナデ


瑞鳳 「っ!」


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「…提督 起きてください」


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「提督 起きないと怒鳴りますよ?」


提督 「すぅ…すぅ…」


瑞鳳 「…」スゥ…


瑞鳳 「早く起きろって言ってんだろ!!提督!!」


提督 「っ!?」パチッ


瑞鳳 「…やっと起きましたか?早く抱きしめてる力を緩めてください」


提督 「…瑞鳳?なんでお前が俺の隣に?それに今の怒鳴り声って…」


瑞鳳 「早く起きて顔を洗ってください 夕食が出来ているので顔を洗ったら食堂に来てください」スッ…スクッ


提督 「っえ?あっあぁ…わかった」


瑞鳳 「私は先に食堂へ行ってます 皆さんはもう待ってるので早くしてください」タッタッタッ…


瑞鳳 「失礼します」ガチャッ


パタンッ…


提督 「…」


提督 「…なんで瑞鳳が隣に居たんだ?さっぱりわからん」


提督 「てか、今さっきの怒鳴り声って瑞鳳だよな?あいつあんな事言うような奴じゃないよな …俺、なにかしたか?」


提督 「…まったく覚えてない でも何かしたから怒鳴ったんだよな?…後でなにをしたか聞いとこう」


提督 「とりあえず顔洗って食堂に行くか?」スクッ


タッタッタッ…













食堂



タッタッタッ…


提督 「すまない 遅くなったな?」タッタッタッ…


金剛 「やっと来たネー 提督遅いデース!」


提督 「悪いな さっきまで寝ててな?」 カタッ


電 「よくねむれたのですか?」


提督 「あぁ ちょっと寝すぎちまったけどな?」


雷 「また魚雷をぶつけて起こしてあげるわよ?」


提督 「それやったらお前の換装解体するからな?」


雷 「やめて!?」


提督 「…ところで瑞鳳は?」


金剛 「提督を起こしに行ったきり帰ってこないデース」


提督 「…っえ?」


雷 「でもおかしくない?司令官を起こしに行っただけなのに司令官が先に来るって?」


電 「確かになのです 起こしに行くだけなら瑞鳳さんが先に帰ってくるはずなのです?」


提督 「(…確かに電の言う通りおかしいな?俺を起こしに来ただけなら俺より先に来てるはず…それにさっき怒鳴り上げた事も気になるからちょっと探すついでに聞いてくるか?)」 オテアライニイッテルノカシラ?


提督 「…」 オネエチャン ショクジマエニソレハ…


提督 「待たせといて悪いけど先に食べててくれ?俺は瑞鳳を見てくる」カタッ


金剛 「わかったデース」 タッタッタッ…








通路ー提督室近く



提督 「…」タッタッタッ…


提督 「(うーん…探しに来たのはいいけど、どこに居るんだ?まったくわかんねぇ…)」タッタッタッ…


提督 「(部屋に居るのか?まっとりあえず部屋から調べてみるか)」タッタッタッ 瑞鳳の部屋の前に立つ


提督 「…」スッ ドアを叩こうと…


…ウゥッ


提督 「…っん?」


ゴメンナサイ…テイトク ワタシノセイデ…コンナコトニ…


ゴメンナサイ…ホントウニ、ゴメンナサイ…テイトク…


提督 「(…瑞鳳 泣いてるのか?なんで泣いてるんだ?それにこんな事にって…一体何の事だ?)」


テイトクニアタマヲナデラレタトキ…マタオモイダシテシマッタンデス…


イマノテイトクノナデカタ…アナタトニテイルンデス…デモ、ワタシハモウアナタノコトヲオモウシカクハアリマセン… ワタシノセイデ…


ゴメンナサイ…ゴメンナサイ…



提督 「…」


コンコンッ


提督 「瑞鳳 居るのか?」


ッ!? テイトク!?イツカラソコチニ!?


提督 「中に入るぞ」ガチャッ


チョ、チョットマッテ!?マダハイッチャ…






瑞鳳の部屋



瑞鳳 「…」 目が充血している=先程まで泣いていた


提督 「…やっぱり泣いてたみたいだな?瑞鳳 どうした?何があった」


瑞鳳 「…提督には関係ありません 気にしないてください」グスッ


提督 「気にするよ 女が泣いてたら誰でも気にする 何があった?」


瑞鳳 「ほっといてください 私の事は気にしないでください」


提督 「…」


瑞鳳 「それより、皆さんが待っているので早く食堂に行きましょう」スクッ


タッタッタッ…


提督 「…まだ話せないなら聞こうとはしない」


瑞鳳 「」タッタッタッ


提督 「お前の事だからおそらく、俺がお前の事を調べてる事も耳に入ってるだろ?瑞鳳」


瑞鳳 「…知っていたらどうするんですか?」


提督 「これ以上調べるのをやめる お前から教えてもらうまで誰からも聞かない 聞けたとしても聞かない」


提督 「悩みに押しつぶされそうになったり俺を信頼できるようになったら、話してくれないか?もしかしたらその悩みを解決させる事が出来るかもしれない」


提督 「無理にとは言わない 本当に信用できると思った時でいいからその時は話してくれ?」


瑞鳳 「…」


提督 「…まっ今は辛気臭い話しをするより飯を食いに行くか?皆にはもう食べるよう言ってあるからもう食べてると思うけどな」


瑞鳳 「…提督」


提督 「早く行くぞ?飯が冷めちまうぞ」


瑞鳳 「…そうですね?早く行きましょう!」ニコッ


タッタッタッ…













食堂



提督 「…」


瑞鳳 「…」



加賀 「おかわりください」モグモグ…スッ


赤城 「私もおかわりください!」モグモグ…スッ


金剛 「食べ過ぎデース!もうご飯がなくなりそうデース!」ガシッ タッタッタッ…


雷 「加賀さんはこれで十三杯目よ…」


電 「赤城さんも同じく十三杯目なのです…」 タッタッタッ…


金剛 「どうぞデース!」スッ


加賀 「ありがとうございます」

赤城 「ありがとうございます!」


バクバクバクバクッッッ!!!!!!…


提督 「…なんでお前らがここにいるんだ?てか、俺達の飯は?」


加賀 「美味しかったです」モグモグ…


赤城 「ご馳走様です!」モグモグ…


提督 「ごちそうさまじゃねぇよ!!お前らいい加減にしろよ!どうすんだよ俺と瑞鳳の飯よ!!」(怒)


加賀&赤城 「「南提督の手料理食べたいです」」


提督 「なんでそうなるんだよ!てか2人してハモるな!!」


瑞鳳 「提督 私がまた作るので大丈夫ですよ?提督は座っててください」


提督 「いや、俺が作るからお前は座ってろ どうせあの二人は俺の手料理じゃないとやだって言うと思うしな?」


加賀 「もちろんです」


赤城 「早く!早く!!」(((o(*゚▽゚*)o)))


瑞鳳 「ひどくないですか!?私の料理では駄目なんですか!」


加賀 「そういう訳ではありません 確かに瑞鳳の手料理も美味しいんですが南提督の方が断然美味しいんです」


赤城 「やっぱりご飯は美味しいほうが良いです!早くお願いします!!」(^ρ^)


提督 「はいはい 今作るよ」


提督 「(なんであいつらの分も作らないといけないんだ…)」タッタッタッ…


瑞鳳 「金剛さん ご飯はあとどれくらいありますか?」


金剛 「提督と瑞鳳が食べる分ぐらいは残してあるから大丈夫ネー!」


瑞鳳 「てことはもう少ないという事ですね?」


金剛 「そういう事デース!」


瑞鳳 「わかりました」


瑞鳳 「提督 私はご飯やるので夕食の方をお願いします」タッタッタッ…


提督 「わかった」ジャー…



加賀 「…」(º﹃º)


赤城 「まっだかなー?まっだかなー?まっだかなー!」(((o(*゚▽゚*)o)))


雷 「あんだけ食べてまだ食べるなんて…」


電 「凄いのです…」


金剛 「本当デース…」













夜ー提督室(夕食スキップ&加賀と赤城は帰還)



提督 「…」カリカリ…


提督 「…ふぅ?これでいいっと」パタンッガー…


スッ…パタンッ


提督 「さて、今日はもうやることないし寝るとしようかな?…と言いたいけど、昼間寝ちったから眠たくないんだよな…どうすっか」


提督 「…もうみんな寝てるよな?」


提督 「…久々に行くか 伊19探し」スクッ


タッタッタッ…













夜中ー西方海域



提督 「…」ザー…


提督 「…確かこの辺りだったよな?伊19が【謎の敵】と交戦したって場所」ザー


提督 「…」スッ 小型酸素ボンベを装着する


ザブンッ…








深海



提督 「…」ブクブク…


提督 「(…やっぱり夜だと暗いな?まっ仕方ないか 敵に見つかると厄介だし、なにより海の中で戦闘になったら圧倒的に俺が不利だから気をつけないとな)」スー…


提督 「(…瑞鳳達には黙って来たけど平気だよな?俺が出るって言うとあいつらも付いてきそうだからな あいつらにまで危険な目にあわせたくないからな)」スー…


提督 「…」スー…













朝方ー南我原鎮守府付近 海上



提督 「…はぁ…」ザー…


提督 「(また見つからなかった…どこに行っちまったんだよ?伊19)」ザー…


提督 「(せめて亡骸だけでも…いや、できれば生きていてほしい…)」ザー…


提督 「…伊19…」ザー…








南我原鎮守府ー提督室近く通路



提督 「…」タッタッタッ…


提督 「(早く風呂入って寝よう さすがに疲れて眠気が…)」タッタッタッ…


提督 「(あっでも換装を置いてこないと…いや、自分の部屋に置いておこう もう工房に行く気力もない…)」タッタッタッ カチャッ


…テイトク?


提督 「っ!」


瑞鳳 「…おはようございます 提督」


提督 「あっあぁ…おはよう?瑞鳳」


瑞鳳 「どこへ行ってたんですか?夜中から居なかったみたいですが…」


提督 「…」


瑞鳳 「…伊19を探しに行ってたんですか?」


提督 「…だったらなんだ?なんか文句でもあるのか?」


瑞鳳 「誰も文句があるとは言っていません ただなにか一言くらい言ってから出かけて欲しかったです 皆さんが心配するので?」


提督 「そいつは悪い 次からは書き置きぐらいは置いとくよ」タッタッタッ…


瑞鳳 「今から寝るんですか?」


提督 「あぁ 夜ぶっ通しで探してたからな?さすがに眠い…」


瑞鳳 「…わかりました おやすみなさい」


提督 「おやすみ」タッタッタッ…


パタンッ


瑞鳳 「…」













朝ー食堂



瑞鳳 「…」ジュー…


瑞鳳 「…」トトトトトトトッザー…


瑞鳳 「…」カチャカチャッジュー…


タッタッタッ…


金剛 「オハヨーデース!」


瑞鳳 「金剛さん おはようございます」グツグツ…


金剛 「oh!今日も瑞鳳が朝食を作ってるデスか?」


瑞鳳 「提督は寝ていますからね?仕方ありませんよ」


金剛 「今日のご飯はなんデスか?」


瑞鳳 「今日は玉子焼きとハンバーグと豚汁とサラダです」グツグツグツグツ…


金剛 「今日も美味しそうデース!早く食べたいネ!」


瑞鳳 「出来るまでもう少々かかるので座って待っていて下さい」ジュー…


金剛 「わかったデース!」








一方提督室では…



提督 「すー…すー…」


…ガチャッ


雷 「朝よ司令官 早く起きなさい!」


電 「おっお姉ちゃん ちゃんとノックしてから開けるのです?」


提督 「すー…すー…」


雷 「…今日も一段と寝てるわね?」


電 「ぐっすり寝てるのです」


提督 「すー…すー…」


雷 「司令官朝よ?早く起きてご飯食べに行くわよ」ユサユサッ


提督 「すー…すー…」


電 「司令官さん起きるのです 早く起きてお仕事するのです」ユサユサッ


雷 「仕事って…出撃が元司令官を助ける時以来ないのにあるのかしら?」


電 「…」


提督 「すー…すー…」


電 「何かしらあると思うのです!」


雷 「なんで間開けたのよ…」


電 「司令官さん起きるのです!」ユサユサッ


雷 「司令官起きなさい!」ユサユサッ


提督 「すー…すー…」


電 「全然起きる気配がないのです…」


雷 「仕方ないわね?それじゃ、この前の方法で…」ゴソゴソ…スッ 魚雷を構える


電 「お姉ちゃん!?それはまずいのです!」


雷 「仕方ないでしょ?揺すっても起きないんだからこの方法しかないでしょ?」


電 「今度こそお姉ちゃん解体されるのです!?」


雷 「平気よ!ここの司令官優しいから口だけで解体なんてしないわよ!」


電 「…心配なのです」


雷 「それじゃ、いっきまーす!」スゥ…


電 「お姉ちゃんやめるのです!!」


雷 「一投入魂!!」ブンッ!!


電 「」ダッ!! 逃走










瑞鳳 「料理が出来ました 金剛さん、運ぶのを手伝ってください」カチャッ タッタッタッ…


金剛 「了解デース!」タッタッタッ…


瑞鳳 「…それにしても、今日は雷達遅いですね?」カタッ


金剛 「そういえばそうね?この時間ならもう起きてるはずデース」カタッ


瑞鳳 「…寝坊でしょうか?」タッタッタッ…


金剛 「うーん…」



ドカーンッッ!!!! 鎮守府に爆音が鳴り響く


瑞鳳&金剛 「「っ!!!?」」ビクッ!!


瑞鳳 「…今の音…まさか?」


金剛 「…そのまさかだと思うデース」


キャァァァァッ!!シレイカンガオコッターッッ!!!!


オネエチャンニゲルノデス!!


モウツカマッテルワヨ!!!?チョッシレイカン!ソッチハコウボウ…マサカ!?


イヤァァァ-ッッッ!!!!!!カイタイハヤダー!!!!!!ダレカタスケテ-!!!!!!


オネエチャ-ン!!!!!!



瑞鳳 「…なんかやばそうですね?行ってみましょう!」


金剛 「了解デース!」


タッタッタッ!!…













通路ー提督室近く



電 「おっお姉ちゃん…」腰が抜けて通路で座ってる


瑞鳳 「電!」タッタッタッ!!…


電 「瑞鳳さん それに金剛さんも…」


金剛 「雷はどこへ行ったデスか!?」


電 「…工房に連れて行かれたのです」


金剛 「…マジデスか?」


電 「…はい…」


金剛 「…」


瑞鳳 「金剛さん 電の事をお願いします!私は提督の様子を見てきます!」タッタッタッ!!…


金剛 「了解ネ!」 タッタッタッ!!…


瑞鳳 「(提督の事だから艦娘を解体するとは思えないけど…確かめに行かないと!)」タッタッタッ!!…


瑞鳳 「(無事で居てください!!雷!)」タッタッタッ!!…













工房



妖精 「ではこれでいいんですね?」


提督 「あぁ 頼む」


妖精 「わかりました 結構時間がかかると思うから夕方ぐらいにまた来てください」


提督 「わかった それじゃお願いな?」


妖精 「了解です!」タッタッタッ…


提督 「…さて、俺は着替えてもう一眠りするか?」 タッタッタッ!!…


瑞鳳 「提督!」タッタッタッ!!…


提督 「瑞鳳 どうしたそんなに急いで?」


瑞鳳 「雷は!?雷はどこですか!?」ハァッハァッ!!…


提督 「…」


瑞鳳 「…まさか、本当に…?」


提督 「…あっちに居るよ」スッ


瑞鳳 「…っえ?」


雷 「」( ꒪Д꒪)チーン… 工房に置いてあるソファの上で気絶してる


提督 「あいつをここに連れてきたら失神しちまってよ ずっと解体されるって思ってたんだな?悪い事をした」


瑞鳳 「…よっ」


瑞鳳 「良かった〜…まさかとは思ってましたけど、そのまさかじゃなくて本当に良かったです…」ハァ-…


提督 「…俺って信用されてない?」


瑞鳳 「あっいえ!?そういう意味で言ったわけじゃ!?」ฅ(º ロ º ฅ)


提督 「…まぁ、こんな目つきだし仕方ないよな?信用されてなくても…」...( = =) ハァ…


瑞鳳 「…そっそう言えば!?先ほど妖精さんに何かをお願いしてましたけど何をお願いしたんですか!?」


提督 「話しをそらしても無駄だからな…」ハァ…


瑞鳳 「っ!?」ギクッ


提督 「…まっそれはいいとして、妖精には新しい防具を作るよう頼んだんだ?」


瑞鳳 「新しい防具をですか?」


提督 「あぁ 今重攻撃型装甲に付いてる防具より少し軽い防具を作れるって言ってたから一つ作ってもらうよう頼んだんだ」


瑞鳳 「一つだけでいいんですか?速度型はともかく防御型は必要じゃないんですか?」


提督 「さすがに二つも頼んだら大変だろ?今は一つで平気だろ」


瑞鳳 「…はぁ?」


瑞鳳 「(提督って目つきが悪い割に本当に優しい…)」


提督 「さて、俺は着替えてもう一眠りするか?瑞鳳 雷を頼む」タッタッタッ…


瑞鳳 「わかりました」タッタッタッ…


瑞鳳 「…雷 起きてください?朝食の時間ですよ」ユサユサ


雷 「うーん…んん?」スゥ…


瑞鳳 「起きましたか?それでは食堂に行きますよ」


雷 「…あれ?私…生きてる?」


瑞鳳 「生きていますよ 提督は艦娘を解体する事はないみたいなので安心してください」


雷 「…よっ」


雷 「良かった〜?本気で解体されるかと思ったわ…」ハァ-…


瑞鳳 「また魚雷を使って起こしたんですか?」


雷 「あはは…提督を起こしに行って起きなかったからつい?」


瑞鳳 「さすかに魚雷で起こすのはやり過ぎですよ?ただでさえ怖いのにさらに怖い顔になって追っかけてきますよ?」


雷 「…次こそは本当に解体されるわね?気をつけないと…」


瑞鳳 「それではそろそろ食堂に行きましょう?皆さんが待ってるので早く行きますよ」


雷 「はーい!」スクッ


タッタッタッ…













提督の部屋



提督 「あー…眠い、でも着替えないと…」フラフラ…


提督 「よっと」ガチャッ タンスを開ける


提督 「どれにしようかな?…もう適当なヤツでいいか」カタッ


提督 「…また上官に頼まないとな?服…」シュルシュル…








数十分後ー食堂(朝食スキップ)



全員 「「ご馳走様(でした)(デース!)」」


雷 「今日は私が洗い物をやるわ!」カチャカチャ…


電 「電も手伝うのです」カチャカチャ…


瑞鳳 「まかせても大丈夫ですか?」


雷 「平気よ!いつも瑞鳳がやってるからたまには私がやらないとね?」タッタッタッ…


電 「そうなのです!」タッタッタッ…


金剛 「それじゃ、私は紅茶を淹れるデース!」カタッ タッタッタッ…


ピンポーン!


瑞鳳 「? 誰か来たんでしょうか?」


瑞鳳 「ちょっと見てきます」カタッ


金剛 「わかったデース!」カチャカチャ…


タッタッタッ…













南我原鎮守府入口



瑞鶴 「…」ピンポーン ピンポーン ピンポーン…


翔鶴 「ちょっ瑞鶴 押しすぎよ?」ピンポーン


瑞鶴 「だって誰も来ないんだもん?てか、本当にここ南我原鎮守府なの?」ピンポーン


提督(北) 「そのはずだよ?ここにお兄ちゃんが居るって上官も言ってたし」ピンポーン


瑞鶴 「…さっきから思ってたんだけど、なんで提督の事をお兄ちゃんって呼んでるの?」ピンポーン


提督(北) 「お兄ちゃんは私より一つ上だからお兄ちゃんって呼んでるのよ」ピンポーン


翔鶴 「兄妹なんですか?」ピンポーン


提督(北) 「違うよ?私が9歳の時に上官がお兄ちゃんを紹介してくれたの」ピンポーン


瑞鶴 「…それってお兄ちゃんじゃなくない?お兄ちゃんって呼ぶ必要ないよね」ピンポーン


提督(北) 「…うん 本当はお兄ちゃんって言う必要はないよ…本当はね?」 ピンポーン


瑞鶴 「…っえ?」ピンポーン…


翔鶴 「…提督?」 ピンポーン



ソンナニオサナクテモイマイキマスヨ-! タッタッタッ…


瑞鶴 「あ、やっと誰か来たみたい?」


提督(北) 「迷惑にも程があるよ…そんなにインターフォンを連呼して?」ハァ…


翔鶴 「ですね…」



ガチャッ


瑞鳳 「お待たせ致しました?どちらさまで…ってあれ?あなた達は…」


瑞鶴 「あれ?昨日提督と一緒に居た瑞鳳じゃん」


翔鶴 「おはようございます 瑞鳳」


瑞鳳 「おはようございます 翔鶴さん 瑞鶴さん 北提督さん 今日はなんの御用で来られたんですか?」


提督(北) 「遊びに来たんだけどお兄ちゃん居る?」


瑞鳳 「すいません 提督はまだおやすみしていて…」


瑞鶴 「…昔と変わってないわね?お寝坊さんのとこ」


翔鶴 「そうね?」


提督(北) 「っえ?昔と変わってないってお兄ちゃんは昔からお寝坊さんなの?」


瑞鶴 「そうよ 昔から朝はいつも寝ていたわ?伊19に起こされない限りね」


翔鶴 「私達が起こしに行った時もありましたがなかなか起きてくれませんでした…」ハァ…


提督(北) 「…お兄ちゃんってそんなに寝太いの?」


瑞鳳 「かなり寝太いです 私が起こす時もなかなか起きてくれないので大変です…」ハァ…


提督(北) 「…」


瑞鶴 「…どうする?提督さん 提督は寝てるみたいだけど?」


提督(北) 「せっかくお兄ちゃんに会いに来たのに…」ズーン…


翔鶴 「しょうがないですよ?また次の機会にしましょう」


提督(北) 「うーん…」


瑞鳳 「…今日はお暇なんですか?」


翔鶴 「えぇ 今日は提督が元提督に会いに行くと言って全員お休みにしたんです」


瑞鶴 「それで私達も提督に会いたかったから来たのよ!」


瑞鳳 「なるほど?提督が寝てまだ間もないのでいつ起きるかはわかりませんが中に入って待っていますか?」


提督(北) 「っえ?お兄ちゃん寝たばかりなの?」


瑞鳳 「はい 昨日の夜から朝方まで海に出ていたので寝たのが朝なんです」


提督(北) 「また伊19ちゃんと遊んでいたのね?まったく、しょうがないお兄ちゃんなんだから?」


瑞鶴 「…」


翔鶴 「…」


瑞鳳 「…」


提督(北) 「…あれ?皆どうしたの?いきなり黙っちゃって…」


瑞鶴 「…提督さん その話し…提督にはしないでね?」


提督(北) 「っえ?なんで」


翔鶴 「…」フルフル… 首を横に振る


提督(北) 「…っえ?」


瑞鳳 「…北提督さん 提督の伊19はもう…」


提督(北) 「…うそ?あの子が…?」


瑞鶴 「知らなかったの?伊19が沈んだこと」


提督(北) 「…うん」


瑞鳳 「知らないのも無理ありませんよ?伊19の話しはしないよう上官から言われてますから仕方ありません」


瑞鶴 「逆になんで瑞鳳が知ってるの?この話は他言無用に言われてるはずなのに」


瑞鳳 「私は上官と提督から教えてもらったので知ることが出来ました」


翔鶴 「っえ!?元提督からも聞いたの!?」


瑞鳳 「多少ながら教えてもらいました 伊19の事とその時の艦隊メンバーだけですけど…」


瑞鶴 「…提督が他の人に話すなんて」


翔鶴 「珍しいですね?」


瑞鳳 「っえ?そうなんですか?」


翔鶴 「えぇ 元提督は本当に信頼した人にしかそういう話をしないはずなんですが…」


瑞鶴 「私達は提督の艦娘だったから話してもらわなくても知ってたけど、提督の艦娘じゃない人にはなかなか教えないのよ?」


瑞鳳 「…わたし 信頼されているんでしょうか?」


瑞鶴 「そうとしか考えられないわね 信頼されてなければ話さないもん」


提督(北) 「…てことは私、信頼されてないってこと?」


瑞鶴 「…」


翔鶴 「…」


瑞鳳 「…」


提督(北) 「そんなぁぁ!?私皆よりお兄ちゃんと長い付き合いなのに!?」ガーン!!


翔鶴 「…それは、まぁ…」


瑞鶴 「…どんまい?」


提督(北) 「…ひどいお兄ちゃん…」ズーン…


瑞鳳 「…き、きっとなにか理由があって話さなかったんだと思いますよ!?提督の事ですからきっとそうに違いありません!」


提督(北) 「…何かってなに?」


瑞鳳 「っえ!?そっそれは…」


提督(北) 「…わからないなら言わないで欲しいよ?」orz


瑞鳳 「…とっとりあえず中に入りませんか?ここで立ち話してるのもなんなので…」


瑞鶴 「そっそうね?中に入って座ろう 提督さん」


提督(北) 「帰りたい…」ズーン…


翔鶴 「そんな事言わないで早く入りましょう?提督」


提督(北) 「…わかった」ハァ…


瑞鳳 「では、案内しますのでついてきてください」


翔鶴 「わかりました」


瑞鶴 「行くよ?提督さん」


提督(北) 「…うん…」


タッタッタッ…













食堂



タッタッタッ…


瑞鳳 「こちらの席におかけして待っててください 今お茶を入れます」タッタッタッ…


翔鶴 「ありがとうございます」カタッ


提督(北) 「はぁ…」(´Д`)ハァ…


瑞鶴 「…提督さんまだ落ち込んでるの?」


提督(北) 「…だって…」ハァ…


瑞鶴 「さっき瑞鳳も言ってたけど提督の事だからなにか理由があって話さなかったんじゃないの?」


提督(北) 「…その理由ってなに?」


翔鶴 「元提督に直接聞いてみてはどうでしょうか?」


提督(北) 「…話してくれるかな?」


翔鶴 「それは聞いてみないとわかりませんがもしかしたら教えてくれるかもしれませんよ?」


提督(北) 「…」 タッタッタッ…


瑞鳳 「お茶が入りました」タッタッタッ


瑞鳳 「どうぞ」コトッ


翔鶴 「ありがとうございます」コトッ


瑞鶴 「ありがとう」コトッ


提督(北) 「…ねぇ瑞鳳?」コトッ


瑞鳳 「はい なんでしょうか?」


提督(北) 「お兄ちゃんはまだ寝てるんだよね?」


瑞鳳 「はい まだ自室で寝ているはずですが?」


提督(北) 「わるいんだけどお兄ちゃんを起こしてきてくれない?すぐにでも教えてくれなかった理由を聞きたいの」


瑞鳳 「気持ちはわかりますが提督は寝太いので起きるかどうか…それに起きたとしても寝ぼけ半分の状態で教えてもらっても?」


瑞鶴 「あまり信用出来ないわね?」


翔鶴 「ですね?」


提督(北) 「…」


瑞鶴 「…それじゃ、提督が起きるまで提督の過去話でもしましょう!」


瑞鳳 「提督の過去話ですか?」


瑞鶴 「えぇ!提督の過去話し結構面白いわよ?…聞く?」


提督(北) 「…聞こうかな?」


瑞鳳 「…気になるので聞きます」


瑞鶴 「よーし!提督のあんな事やこんな事を話しちゃうわよ!」(≧▽≦)


翔鶴 「瑞鶴 限度を考えて教えなさいよ?」


瑞鶴 「わかってるって!ちゃんと限度を考えて話すわ!」


翔鶴 「大丈夫かしら…?」













お昼ー提督の部屋



提督 「…っん」スゥ…


提督 「…ふぁぁっんん?」ヨット


提督 「よく寝たな…今何時だ?」チラッ


時計 『現在お昼だZE!』


提督 「昼か…どうりで腹が減る感じがするわけだ?」ググゥ〜…


提督 「顔洗って食堂に行くか?」スクッ タッタッタッ…








食堂付近通路



提督 「…」タッタッタッ…


提督 「(ちょっと寝すぎたな…次はもう少し早く起きれるようにしないとな?)」タッタッタッ…


ソレデテイトクハネ?


提督 「…っん?」


ソレホント!?ズイカク


エェホントウヨ?アノトキハウレシカッタワ-!


ハワワワワッ!?エッチィノデス!!


ズイカク…ゲンドヲカンガエルヨウニッテイッタノニ…


テイトクヤサシイネー!


タシカニヤサシイワネ


提督 「…瑞鶴?それに翔鶴と北が来てるのか?」


提督 「…遊びに来たのか?まっそうしか言いようがないか」タッタッタッ…










瑞鶴 「いやー?あの時の提督の思い凄く伝わったわ!またあんな思いしてみたいわ」


雷 「またしてもらいたいの!?」∑(°口°)


瑞鶴 「そりゃそうよ!私が自慰行為してる時に提督が来て、見られちゃった時に悲しい思いをさせて悪いって言って慰めてくれたんだからまたされたいわよ?」///


瑞鳳 「…」/// あまりの恥ずかしさに言葉が出ない


翔鶴 「瑞鶴 さすがに自慰行為してたって話さない方が…」


瑞鶴 「翔鶴姉もしてたじゃない?自慰行為」


翔鶴 「っ!!!?」///ボッ!!


提督(北) 「っえ!?」///


瑞鶴 「提督の名前を言いながら自分で…」


翔鶴 「わー!!わーー!!!?わーーー!!!!!?」///


電 「〜〜〜っ!!!!!!」(///○□○///) あまりの恥ずかしさに言葉を失って震えてる


翔鶴 「ずっ瑞鶴!?なんでそれを!!!?」///


瑞鶴 「いやー?提督に慰めてもらってる時に通路からいや××い声が?」


翔鶴 「お願い!?それ以上言わないで!!」///


瑞鶴 「えー?どうしよっかなぁ?」ニヤニヤ


金剛 「…瑞鶴が悪魔に見えるデース?」オネガイ!ハナサレタラワタシイキテイケナクナッチャウ!?


雷 「確かに…」チェー?ワカッタワヨ


瑞鶴 「…ちなみに瑞鳳 あなたは提督のことどう思ってるの?」


瑞鳳 「っえ!?わっわたしですか!?」///


瑞鶴 「提督は女性全員に優しくしてくれるから皆好きになっちゃうのよ?瑞鳳はどうなの?」ニヤニヤ


瑞鳳 「いっいや、私は別に…」///


瑞鶴 「…まさかもう提督としちゃったの!?」


全員 「「っえ!!!?」」///


瑞鳳 「しっしてないですよ!?それに私はもう結婚してます!」///


全員 「「っえ!!!?」」


瑞鶴 「提督と!?」


瑞鳳 「違います!別の提督と結婚を…っ!?」ハッ


瑞鶴 「重婚!?あなたそういうのが趣味なの!?」


瑞鳳 「なんでそうなるんですか!?重婚なんてしてませんよ!」


瑞鶴 「3Pが趣味なの!?二人から責められるのが好きなの!?」///


瑞鳳 「違いますから!さっきから違うと言ってるじゃないですか!!」


瑞鶴 「私なら翔鶴姉と一緒に提督と…ムフフ?」(///﹃///)ハァッハァッ!!


翔鶴 「瑞鶴!?」ゾクッ!!


ズイカク-!! タッタッタッ!!… 食堂の出入口から提督が走ってくる


瑞鶴 「あっ提督!やっと起きたわね?早くイチャイチャしましょう!」 タッタッタッ!!


提督 「なにがイチャイチャしましょだ!お前はなに話してんだ!」


瑞鶴 「提督の過去話しを教えてたわ!」(`・ω・´)ドャッ


提督 「ドヤじゃねぇよ!なんでよりによってそっち方向の事を話すんだよ!?」


瑞鶴 「いやー?なんとなく話したくなっちゃって…でも別にいいでしょ?」


提督 「良くねぇよ!お前は恥ってものを知らないのか!」


瑞鶴 「恥ずかしがっていたら生きていけないわ!」(。 ・ω・´) キラン☆


提督 「キランじゃねぇよ!お前は恥ってものを知れ!!」


雷 「…司令官がムキになってるって事は本当みたいね?」 ベツニイイジャナイ?ヘルモンジャナイシ


金剛 「デスね?」 イロイロヘルワ!!


瑞鳳 「…」///


電 「…」///


提督(北) 「…ねぇお兄ちゃん?ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」


提督 「なんだ?今瑞鶴が話した事なら教えないぞ?」


提督(北) 「そっちも気になるけど違うよ?」


提督 「気になるんかい…それで、なにが聞きたいんだ?」


提督(北) 「…」


提督 「…? どうした?早く言ってくれないか?」


提督(北) 「…」


提督 「…北?」


瑞鶴 「提督 提督さんの事どう思ってるの?」


提督(北) 「ちょっ瑞鶴!?」


提督 「どうって…どういう意味で?」


瑞鶴 「信頼性が高いかどうかよ」


提督(北) 「ずっ瑞鶴!聞かなくていいから!?やっぱり怖くて聞きたくない!」


瑞鶴 「提督さんがいつまで経っても話さないからでしょ!だから代わりに聞いてあげたのよ!」


提督(北) 「本当の事聞きたくない!これで信頼されてないって言われたら…わたし!!」


提督 「いや、かなり信頼してるけど?」


提督(北) 「…っえ?」


提督 「伊19と比べたら伊19の方が上回るけど北もかなり信頼してるぞ?」


瑞鶴 「それじゃなんで伊19が沈んだ事を教えなかったの?提督は信頼してる人には話すけど提督さんには話さなかったのってどういうこと?」


提督 「…あー?そういう事か 言いたい事がわかったよ」


翔鶴 「やはり理由があったんですね?」


提督 「あぁ 約束してたからな?」


提督(北) 「…約束?」


提督 「忘れたか?俺が提督になったら艦娘を絶対に轟沈させないって言ったこと?」


提督(北) 「…っあ」ハッ


提督 「思い出したか?それなのに俺は艦娘を沈めちまった…それをお前が知ったらどうなるか 俺はお前がどういう反応を返してくるかが怖くて話せなかったんだ 今のいままでな?」


提督(北) 「…」


提督 「すまないな?いままで話せなくて お前の事信用してないわけじゃない 信用し過ぎてたから話せなかったんだ?それだけはわかってほしい」


提督(北) 「…お兄ちゃん」


瑞鶴 「やっぱり理由があったから話さなかったのね?私は最初っから知ってたわよ!提督」


提督 「なんでわかるんだよ?」


瑞鶴 「好きな人の事はなんでもお見通しよ!」


提督 「…あぁそうか?」ハァ…


翔鶴 「良かったですね?提督 信頼され過ぎていて」


提督(北) 「うん!」


金剛 「ロマンチックデース!」


雷 「そこでロマンチック使うかしら?」


電 「…」///まだ顔を真っ赤にさせながら黙っている


瑞鳳 「…提督 そろそろお昼にしますか?」


提督 「そうだな?そろそろ昼にするか」


提督(北) 「それじゃ、私達もそろそろ帰るね?お兄ちゃん」カタッ


提督 「昼飯ぐらい食っていけよ?用意してやるよ」


瑞鶴 「いいの!?」(✪▽✪)


提督(北) 「いやさすがに悪いよ?お昼までごちそうになるなんて」


提督 「別に構わねぇよ てか、この後非番なのか?」


瑞鶴 「非番だよ!提督さんが提督に会いたいって言って今日はお休みにしたの!」


提督(北) 「ちょっ!?瑞鶴そのことは!」///


提督 「お前なぁ?…まぁ別に構わないけど」タッタッタッ…


瑞鳳 「提督 私も手伝います」カタッ タッタッタッ…


翔鶴 「…」ウーン ソレジャズイホウハタマゴヤキヲタノム


瑞鶴 「…? どうかしたの?翔鶴姉 なにか考えごと?」 ワカリマシタ タッタッタッ…


翔鶴 「…みなさん知っていたら教えて下さい 瑞鳳が元どこの鎮守府に居たか知ってる方はいますか?」ヒソヒソ


金剛 「っえ?瑞鳳の元鎮守府ですか?」ヒソヒソ


雷 「知らない…てか、瑞鳳って最初からここじゃないの?」ヒソヒソ


電 「なんで小声で話すのですか?」ヒソヒソ


翔鶴 「…」


瑞鶴 「…翔鶴姉?」


翔鶴 「…いえ、なんでもないわ?気にしないでください」


提督(北) 「?」


翔鶴 「(【…まさかね?瑞鳳が元横須賀鎮守府の秘書官なわけないわよね?私も考え過ぎね】)」


瑞鶴 「それじゃ、提督が料理してる間になにか聞きたいことがある人居る?」


金剛 「はいデース!提督の過去をもっと知りたいデース!」


提督 「おい金剛!」ジュー…


瑞鶴 「どういう系の話が聞きたい?」


金剛 「さっきと同じあっち系でおねがいネー!」


提督 「おいっ!!」


瑞鶴 「わかったわ!」


提督 「わかったじゃねぇよ!お前いい加減にしろよ!」カチャカチャ…


瑞鶴 「別にいいじゃない?減るもんじゃないし」


提督 「精神的に減るわ!」ジュー…


瑞鳳 「くすっ!」ジュー…


提督 「瑞鳳も笑ってんじゃねぇ!」トントントントン…


瑞鳳 「すいません つい笑いが出てしまいました?」


提督 「まったくよ…」ザー…


翔鶴 「(誰から聞いたかは忘れちゃったけど、確か瑞鳳が横須賀鎮守府の秘書官だって聞いたけど…別の瑞鳳よね?)」 ソレジャ、テイトクガイママデテヲダシテキタカンムスヲショウカイスルワ!!


翔鶴 「(…考え過ぎね?第一その瑞鳳が元提督の所に配属されるわけないわね?)」 ッエ!?テイトクイママデナンニンニモテヲダシテタンデスカ!?


翔鶴 「…」 …


提督(北) 「…翔鶴 さっきからなにを考えてるの?難しい顔してるけど」 シレイカンガムゴンダワ…


翔鶴 「いえ、なんでもありませんよ?気にしないでください」 シレイカンサン…


提督(北) 「…そう?」 …シカタナイダロ?ソレレニイクダッテミンナノコトモカンガエテアゲテッテイワレテタシ…


翔鶴 「はい 心配させて申し訳ありません提督」 ダトシテモ…ネェ?


提督(北) 「…」 デース








数十分後ー昼食スキップ



全員 「「ごちそうさま(デース)でした」」


金剛 「今日は私が洗い物やるネー!」カチャカチャ…


提督 「そうか?ならお願いしようかな」


金剛 「了解デース!」タッタッタッ…


瑞鶴 「いやー?それにしても久しぶりに提督の手料理が食べれて本当に良かったわ!」フゥー…


翔鶴 「そうね 元提督の手料理はいつ食べても絶品ね!」


提督(北) 「でも瑞鳳の作った玉子焼きも美味しかったよ?甘さ加減も丁度よかったし焼き具合も本当に良かったわ!」


瑞鳳 「ありがとうございます!玉子焼きは得意料理なんです!」


雷 「司令官 この後何かある?」


提督 「特にないよ?今日も自由にしてていいぞ」


電 「平気なんですか?」


提督 「上官から出撃の連絡も来ないし あったとしても俺が一人でやるから平気だよ」


雷 「出撃する時は私達も出るから声かけてよね?司令官」


提督 「いや、俺一人で出るから別に…」


雷 「声かけてよね!司令官」


提督 「…」


瑞鶴 「提督って昔と変わらないよね?一人で出撃する癖」


提督(北) 「っえ!?昔も一人で出撃してたの!?」


翔鶴 「そうですよ?艦娘を使いたくないと言って元提督一人で皆に内緒で出撃していたんです」


瑞鶴 「それで毎回血まみれになって帰ってくるの…いつか死ぬんじゃないかっていつも思っていたわ?」


提督 「あの時はまだペーペーだったからな?弾がかすったり撃ち込まれたりして本当に死ぬんじゃないかと毎回思ってたよ」


瑞鶴 「その度に毎回伊19に怒られてたよね?」


提督 「あいつに泣き付かれた時は本当に悪いと思ったよ だからもうあんな事にならないよう強くならないといけないと思って訓練したよ」


翔鶴 「それで訓練のし過ぎで疲れが溜まり過ぎて倒れたことも何回もありましたよね?」


提督(北) 「っえ!?」Σ(゜ロ゜)


提督 「何回かあったな?懐かしいものだ 今となっちゃ良いとは言えない思い出だ」


瑞鳳 「それは思い出になるんですか?」


提督 「まぁ一応な?」


雷 「司令官 私達は先に部屋戻ってるから出撃の時は声かけてね?」ガタッ


提督 「今日はないと思うからゆっくりしてていいぞ?」


電 「あったらでいいのです その時はお願いします」カタッ


提督 「…あったらな?」


雷 「それじゃ、いくわよ!」タッタッタッ!!…


電 「お姉ちゃん!?走ったら危ないのです!」タッタッタッ!!…


提督(北) 「危ないって言いながら電も走ってるね…」


瑞鶴 「確かに…」


提督 「さて、俺も自分の部屋に戻ってなにしようかな?」ウーン…


提督(北) 「お兄ちゃんの部屋行ってみたい!!」(✪▽✪)


瑞鶴 「私も行きたい!!」✧(✪д✪)✧


提督 「…俺の部屋に来てもなにもないぞ?」


提督(北) 「それでもいいから行ってみたい!!」


瑞鶴 「うんうん!!」


提督 「…まぁ、別に構わないが?」


提督(北) 「やったー!!」(ノ°▽°)ノ


瑞鶴 「それじゃ早速行こー!!」ヾ(〃^∇^)ノ


提督 「…本当になにもないぞ?なにを期待してるんだ?」


提督(北) 「お兄ちゃんの部屋に入れるだけで私は嬉しいのよ!」


瑞鶴 「そういう事よ!提督」


提督 「…まぁいいか?それじゃ行くか?」カタッ


提督(北)&瑞鶴 「「はーい!!」」カタッ


提督 「翔鶴 お前も来るか?」


翔鶴 「いえ、私はもう少しここに居ます」


提督 「わかった なにかあったら俺は自室に居るからな?」


翔鶴 「はい わかりました」



提督 「瑞鳳 金剛 今日も自由にしてていいからな?」


瑞鳳 「わかりました」

金剛 「わかったデース!」キュッ


タッタッタッ…



金剛 「それでは私も洗い物が終わったのデ自分の部屋に戻るデース!」タッタッタッ…


瑞鳳 「はい わかりました」 タッタッタッ…


翔鶴 「…」


瑞鳳 「…なにか聞きたいことがあるみたいですね?翔鶴さん」


翔鶴 「あら?やはり気づいてましたか」


瑞鳳 「私の顔を見ながらずっと悩まれていたので?」


翔鶴 「…なら話が早いわね?あなたにひとつ聞きたいことがあるの」


瑞鳳 「話せる範囲でしたら話しますが?」


翔鶴 「…あなた、元横須賀鎮守府の秘書官だったりする?」


瑞鳳 「っ!!」ドキッ!!


翔鶴 「誰に教えてもらったかは忘れちゃったけど、瑞鳳が元横須賀鎮守府の秘書官って話を聞いてね?もしかしたらあなたじゃないかと思ったんだけど…どうかしら?」


瑞鳳 「…」


翔鶴 「…なにも返答がないと疑われるわよ どうなの?瑞鳳」


瑞鳳 「…」 チッチッチッチッ… 時計の針音が沈黙する食堂の中を響き渡る


翔鶴 「…」 チッチッチッチッ…


瑞鳳 「…私が元横須賀鎮守府の秘書官だったらどうするんですか?」


翔鶴 「別にどうこうするわねじゃないわ ただ聞いてるだけよ それでどうなの?」


瑞鳳 「…」


瑞鳳 「…翔鶴さんの言う通り 私は」


瑞鳳 「【元横須賀鎮守府の秘書官です】」


翔鶴 「…まさかとは思ってたけど、やはりあなただったのね?元横須賀鎮守府の秘書官 瑞鳳」


瑞鳳 「…」


翔鶴 「元提督には話してあるの?」


瑞鳳 「…いえ、話してません 話せるわけありません【私のせいで元提督は…!!】」ググッ!!


翔鶴 「…」


瑞鳳 「聞きたい事はそれだけですか?なら私は自室に戻ります」カタッ


瑞鳳 「提督は自分の自室に居ると言っていたので行くといいです それでは」タッタッタッ…


翔鶴 「…」 タッタッタッ…


翔鶴 「元提督なら力になってくれるわ 自分の罪に押し潰されそうになったら話してみなさい?」


瑞鳳 「」タッタッタッ


翔鶴 「元提督なら必ず助けてくれるはずよ もちろんあなたの事もね?」


瑞鳳 「…」


翔鶴 「…昔ね?私が元提督の艦娘だった時に私が大きな失敗しちゃった時も提督は助けてくれたわ」


翔鶴 「合同作戦の時、私は敵だと間違えて味方に彗星を放ってしまって大破させちゃったの

本来なら私は大怒られして罰を与えられるわ?…でも、元提督は間違いは誰にでもあるって言って許してくれたの」


翔鶴 「おかしいでしょ?味方を大破させちゃったのに気軽に許してくれるなんて…私ならありえないわ 合同作戦に協力してくれてた提督には俺が言っておくって言って一番責任のある私を置いてその提督の元に行ってしまったわ」


瑞鳳 「…その後、提督は無事に帰ってきたんですか?」


翔鶴 「帰ってきたのは次の日の朝で元提督はボコボコにされて帰ってきたわ 目の所には青アザがあって顔は腫れ上がってあの時は本当に申し訳ない事をしたって今でも後悔してるわ…でも、元提督は」



過去提督 『翔鶴は何にも悪くないよ?逆に翔鶴が行ってたらなにされるかわからなかったから連れていくわけにも行かなかったしな!』ニカッ



翔鶴 「元提督はそう言って自分を犠牲にしてまで私を助けてくれたわ あの時は本当に怖かったの…合同作戦の時に協力してくれてた提督にはなんて謝罪をすればいいのか なにされるかもわからなかったから本当に怖かった…でも、あの時提督に助けられて本当に良かったと今でも思ってるわ」


瑞鳳 「…」


翔鶴 「でも、その後はもっと凄い事になっちゃいましたけどね?」


瑞鳳 「…っえ?」


翔鶴 「元提督が合同作戦の時に協力してくれてた提督に殴られたって皆に知られちゃって、私を除いた元提督の艦娘全員が元提督に手を出した提督の所へ行って元提督よりボコボコにしちゃったの」


瑞鳳 「っえ!?」Σ(゜ロ゜)


翔鶴 「その提督は腕の骨や足の骨、肋骨などを折られて病院送りになってしまったわ?怖いわね」


瑞鳳 「…その後、どうなったんですか?」


翔鶴 「向こうの提督は殴られたショックで記憶障害になったらしく覚えてなかったらしいわ?しかもその時向こうの艦娘達は遠征に出払ってたみたいで目撃者が誰も居なかったから迷宮入りになったわ 元提督は薄々気づいてたみたいだけどね?」


瑞鳳 「…」


翔鶴 「だからもし もうダメだと思った時は元提督に助けを求めるといいわ?もしかしたらあなたの【元提督も助けてくれるかもしれないわよ?】」


瑞鳳 「…元提督も…」


翔鶴 「さて、私も瑞鶴が暴走してないか見てこないとね?」カタッ


翔鶴 「お節介な話しをしてごめんなさいね?それじゃ、私は元提督の元に行くわね」


タッタッタッ…


瑞鳳 「…」


瑞鳳 「…元提督も助けてくれるかもしれない…か?」


瑞鳳 「…」













提督の部屋



瑞鶴 「〜♪」


提督(北) 「〜♪」


提督 「…なぁ、お前らさ?」


瑞鶴 「な〜に?」(^^♪


提督 「なんで俺の部屋に来た瞬間お前らは俺の腕に抱きついてくるんだ?」 右腕には瑞鶴左腕には北が抱きついてる


提督(北) 「気にしない気にしない?」(^^♪


提督 「いや気にするだろ?(とくに瑞鶴の胸が腕に当たって…)」


瑞鶴 「やっぱり提督の近くに居ると落ち着くわ?いつまでも抱きついていたいわ!」ギューッ!!


提督 「…」


コンコン ショウカクデス ハイッテモヨロシイデショウカ?


提督 「入っていいぞ」


ガチャッ


翔鶴 「失礼します…って、あらあら?瑞鶴も提督ったら?」ウフフ


提督 「翔鶴 来て早々悪いけどこの二人をどうにかしてくれないか?」


翔鶴 「無理です」


提督 「…」


瑞鶴 「提督〜♪」ギュゥゥ


提督(北) 「お兄ちゃ〜ん♪」ギュゥゥ


提督 「…はぁ…」


翔鶴 「瑞鶴 はしたない顔になってるわよ?」


瑞鶴 「提督が近くに居るから仕方な〜い?」


提督 「なんで俺のせいなんだよ…」


提督(北) 「お兄ちゃんのせいだよ〜?」


提督 「だからなんで俺のせいなんだよ」


翔鶴 「うふふっ!大変ですね?元提督」


提督 「ならどうにかしてくれよ?こいつらずっとくっついたまま離れないんだよ」


翔鶴 「本当に離れて欲しいんですか?本当に離れて欲しいんでしたら離すよう私が言いますが…どうなんですか?」


提督 「…」


瑞鶴 「提督は男だから女の子が抱きついてるのに離れて欲しいなんて思わないよね〜?」


提督(北) 「そうそう?思わない思わな〜い!」


提督 「…離れさせてくれ(だめだ、いろんな意味で疲れる…いろんなの意味は言わないけどな?)」ハァ…


翔鶴 「わかりました」


瑞鶴&提督(北) 「「えぇ〜!!!?」」


瑞鶴 「なんでよ!?私達が引っ付いてたら迷惑だって言うの!?提督」


提督(北) 「酷いよお兄ちゃん!私達を除け者扱いするなんて!!」


提督 「なんでそうなるんだよ!?別に迷惑でも除け者扱いなんてしてねぇよ!」


瑞鶴&提督(北) 「「じゃあなんで離れて欲しいの!!」」


提督 「ずっと腕にしがみつかれてもなにも出来ないしつまらないだろ?だったらゲームとかで遊んだ方が面白いだろ」


瑞鶴 「私は提督に抱きついてるだけでも楽しいわ!」


提督(北) 「同じく私もお兄ちゃんに抱きついてるだけで楽しいわ!」


提督 「…翔鶴 頼む(駄目だ…こいつら何言っても離れる気ないみたいだ…)」


翔鶴 「はい わかりました」


瑞鶴 「む〜?提督はあいかわらず乗らないわね?」(`・н・´)


提督(北) 「ほんとほんと!そんなんじゃ女の子にモテないよ!」(`・н・´)


提督 「別に俺は伊19一筋だからモテなくても良いんだが?」


提督(北) 「そんなんだと伊19ちゃんにも嫌われちゃうよ?そこはもうちょっと考えた方がいいよ?お兄ちゃん」


提督 「…」


翔鶴 「はいはい?その話しはお終いにして二人とも離れてください」


瑞鶴 「イヤよ!絶対離れたくない!」ギュッ!!


提督(北) 「同じく離れたくない!」ギュッ!!


翔鶴 「」ピクッ


瑞鶴&提督(北) 「「っ!!!?」」ゾクッ!!


翔鶴 「…二人とも?早く離れなさい?」ゴゴゴゴゴ!!!!… 物凄い気迫を出して瑞鶴達に襲いかかる


瑞鶴 「はいわかりました!?」スッ!!


提督(北) 「今すぐ離れます!?」スッ!!


翔鶴 「これでいいんですか?元提督」


提督 「あぁ 助かったよ?ありがとう」


翔鶴 「どういたしまして?」



プルルルルル… プルルルルル…


提督 「っん?電話か 誰からだ?」スッ ショウカクネェマジデコワカッタ…


着信:不明


提督 「…不明?一体誰からだ?」オナジクコワカッタ…


提督 「翔鶴 ちょっと俺は作業室に行って電話するから二人が騒がないように見ててくれ?」

スクッ タッタッタッ…


翔鶴 「わかりました」 ガチャッ


パタンッ








提督室



提督 「…一体誰からだ?俺は大体の奴は登録してあるはずだから不明ってあまりないんだけどな?」ピッ


提督 「もしもし?」


? 『…a maverickか?』


提督 「っ!? その声…まさか!」


? 『ほぅ?声だけでわかってもらえたか さすがだな』


提督 「…なんの用だ?てか、お前また脱走したのか?電話できるってことは」


? 『まぁな?久々にお前に会いたくなってな

あと5分ぐらいしたらそっちに着く』


提督 「はぁ!?あと5分ってお前いきなり過ぎるだろ!?」


? 『お茶の一つくらい頼むぞ?それじゃあな』プツッ


提督 「おっおい!?…切りやがった」


提督 「いやそんなことはどうでもいい!その前に皆に部屋から出るなって言わねぇと!?」タッタッタッ!!ガチャッ


提督 「翔鶴 瑞鶴 北 今から部屋から一歩も出るなよ!わかったな!」


瑞鶴 「っえ?…なんで?」


提督 「今から客が来るからだ!絶対出てくるなよ!いいな!」パタンッ


タッタッタッ!!…


提督(北) 「…お兄ちゃん 血相変えてたね?」


翔鶴 「今からお客さんが来ると言ってましたが…いったい誰なんでしょうか?」


瑞鶴 「さぁ…?」













通路ー電&雷の部屋前(金剛スキップ)



提督 「いいか!絶対に出るなよ わかったな!」


雷 「はーい!司令官 了解したわ!」


電 「わかったのです」


提督 「頼むぞ?」パタンッ


提督 「よし!後は瑞鳳だけだ でもあいつ部屋にいなかったけどどこに居るんだ?マジでやばいぞ!?あいつに見られたりしたら…」


ピンポーン


提督 「っ!!!?」ビクッ!!


提督 「(やばい…もう来ちまったか?でもまだ瑞鳳に話してない…)」


ピンポーン


提督 「…瑞鳳 頼むから出てこないでくれよ?」タッタッタッ!!…













外ー南我原鎮守府出入口前



? 「…」


? 「遅いな もう一度押すか」スゥ…


タッタッタッ… 鎮守府の中から出入口に近づいてくる音が聞こえてくる


? 「…来たか」


ガチャッ


提督 「…よぉ 久しぶりだな?【night】」


night 「久しぶりだな?a maverick 元気そうでなによりだ」


提督 「お前こそ元気そうでなによりだ?立ち話もなんだ 中に入れよ?」


night 「うむ そうさせてもらうよ」


タッタッタッ…













通路ー食堂近く



提督 「…」タッタッタッ…


night 「しかし、お前と会うのはホント久しぶりだな 何年ぐらい前だ?一年ぐらいか」タッタッタッ…


提督 「大体そのくらいだな?お前が脱走して連れ戻された時に横切った時が最後だろ」


night 「あぁ?あの時か あの時はどうしても外せねぇ用事があったからな 脱走して用事が済んだら捕まったよ 別に逃げたりしねぇのに?」


提督 「脱走してる時点でアウトだからな?いくらお前が脱走して用事が済んだら帰って来るって言っても単独行動隊管理者が黙ってるわけないだろ」


night 「確かにな?…それで、お前は特別単独行動隊から提督に戻ったけどあんなに嫌がってたのに何かあったのか?」


提督 「上官に提督に戻れって言われてな?まぁ断ったんだが卑怯な真似を使ってきて結局提督に戻っちまったんだ」


night 「…なんだったら俺がケリつけに行ってやろうか?本当に嫌だったら殺してくるが?」


提督 「余計な真似はしなくていい 別に本気で嫌だったわけじゃないからな?ただ伊19の事を思い出したくなかったから提督になりたくなかっただけだ」


night 「…まだ探してるのか?伊19を」


提督 「…あぁ 今だに見つからないけどな?」


night 「…」タッタッタッ…


提督 「…」タッタッタッ…








食堂



提督 「適当なところに座ってくれ 今お茶入れてくる」タッタッタッ…


night 「おう すまないな?」タッタッタッ…カタッ



カポッ ザー… コポポポポポ… カタッ タッタッタッ…


提督 「いきなりだったから茶菓子はないぞ?」コトッ


night 「別に構わない お茶だけでも」スッ…ズズッ


提督 「よっと?」カタッ


night 「…ふぅ 苦いな?」


提督 「そりゃお茶だからな 当たり前だろ」


night 「それもそうか」コトッ


提督 「…」ズズ…


提督 「てか、よく俺が南我原の提督をやってるってわかったな?どこで知ったんだ」コトッ


night 「本部に忍び込んで調べた」


提督 「…よくバレなかったな?本部には大量のカメラがあるって言うのに?」


night 「俺にとってカメラなんてただの飾りにすぎない 簡単なことだ?」ズズ…


提督 「…」ズズ…


night 「しかし、今日は久々にお前に会えて本当に良かったよ?お前が提督になったって聞いた時は驚いたよ」コトッ


提督 「誰から聞いたんだ?」


night 「【吹雪】から聞いたんだ わざわざ俺に教えてくれたよ」


提督 「…あいつは罪人に人の情報を流すんじゃねぇよ?」ハァ…


night 「はははっ!まったくだ?だが、吹雪に教えてもらわなければ俺はお前が提督になった事を知ることは出来なかった 知っていなければ俺はここに居ないからな?」


提督 「逆に教えてもらわないでここに居たら怖いだろ?」


night 「確かにな?」


night 「…てか、さっきから思ってたんだがお前の艦娘が見当たらないんだが?」


提督 「一人も作ってないからな?提督になったのはいいけど艦娘は一人も作ってない」


night 「…っえ?変だな 確かお前の書類には瑞鳳 金剛 電 雷が配属されてるって書いてあったんだが?」


提督 「お前は人の個人情報を知るんじゃない そいつらは全員別の鎮守府から来た艦娘だったから返したんだ?俺は一人の方が落ち着くからな」


night 「なんだよ?せっかく艦娘が見れると思って来たのに…」ハァ…


提督 「お前は俺に会いたくて来たんじゃないのか?」


night 「それもあるけど艦娘も居るんだったら会いたかったなぁと思ってな?もしも居たら…」


night 「…むふっ?むふふふっ?ふふふふふふふふっ!!!!」///ハァッハァッ…


提督 「…お前、顔がゲスい事になってるぞ?(やっぱり…これだからこいつに艦娘を見せたくないんだ?)」ハァ…


night 「おっと?悪い ちょっと禁断症状が出てきちまった?気にしないでくれ」


提督 「目の前でニヤケられて気にしない奴は居ないぞ」


night 「…」


提督 「てか、万が一艦娘が居たとしてもお前に会わせるとまずいことになりそうだから会わせないけどな?」


night 「それは酷いぞ!?別に艦娘見るぐらい良いじゃないか!」


提督 「お前は見るだけじゃ収まらないだろ?だから余計に会わせられるか」


night 「そっそんなことはないと…思うぞ?」ボソボソ


提督 「…」



タッタッタッ… 食堂近くの通路から誰かが歩く音が響いてくる


提督 「っ!?」 タッタッタッ…


night 「っん?足音…音的に1人 誰か居るのか?」 タッタッタッ…


提督 「(…まさか、このタイミングで来ちまうか!?一番最悪なタイミングで!)」 タッタッタッ…


night 「なぁa meverick この鎮守府にはお前以外誰も居ないんだよな?」 タッタッタッ…


提督 「…」タラタラ…


night 「…お前、まさか…」 タッタッタッ…


瑞鳳 「提督 ここに居ましたか?探しましたよ 少しお話しがあるんですが…」タッタッタッ


night 「…」


瑞鳳 「…お客さんですか?」


night 「…」カタッ


タッタッタッ… 無言で椅子から立ち上がり瑞鳳に近づく


瑞鳳 「…っえ?なっなんです…」 シュンッ!!


night 「…」提督に懐刀を首元に突き付けられる


提督 「night それ以上瑞鳳に近づくんじゃねぇ?」ギロッ!! nightに懐刀を突きつけながら睨みつける


night 「…」提督に睨みつけられるが微動だにしない


瑞鳳 「っえ!?てっ提督!?いきなりなにをしてるんですか!?この方はお客さんじゃ…」


提督 「瑞鳳 今すぐこいつから離れろ」


瑞鳳 「…っえ?」


night 「相変わらずだな?a meverick 俺から艦娘を遠ざけようとするところは昔と変わらないな?」


提督 「お前が艦娘に近づくとろくな事がない 吹雪の時もお前は問題を起こしてるからな?」カタッ


night 「あれは吹雪が悪い 俺のせいじゃない」


提督 「」シュンッ!! 首元に突きつけていた懐刀を突き刺すように切りつける


night 「おっと?」シュンッ 横に身体を向け紙一重で提督の突き刺しを避ける


提督 「」ヒュンッ!! 懐刀を横に振りnightの首元に切りつける


night 「無駄無駄?」シュンッ 後ろに身体を傾けてまたもや紙一重で避ける


提督 「…」スゥ…


瑞鳳 「提督!?一体何をしてるんですか!いきなり懐刀で切りつけるなんて!?」


提督 「瑞鳳 早く離れろって言ったよな?立ち止まってないで早く行け」スッ 瑞鳳の前に立ちnightを近づけさせないよう自分を盾にする


瑞鳳 「いや今の状況が全然わからないんですけど!?」


night 「瑞鳳ちゃ〜ん?こっちにおいで〜?」///ワキワキハァハァ… 顔を赤くして息を荒くしながらエロい手つきで瑞鳳を呼ぶ


瑞鳳 「っ!?」ゾクッ!!


提督 「わかったか?こいつは小さい子の艦娘を見ると誰にでも抱きついてまさぐる変態なんだよ」


night 「変態じゃないぜ〜?変態紳士だ!!」(`・ω・´)ドャッ


提督 「どっちでも一緒だろ とにかく瑞鳳には近づけさせないぞ?」


瑞鳳 「…提督…」


提督 「どうする?まだ瑞鳳をまさぐろうとしているなら俺は本気でお前を殺しにかかるぞ!」ギロッ!!


night 「…」


提督 「…」


瑞鳳 「…」


night 「…やめておこう?お前と殺りあったら確実に俺は負ける 第一俺はお前に会いに来ただけで戦闘をする為に来たわけじゃないからここまで来て戦闘をするのはゴメンだ」スッ…


提督 「話しがわかる奴で助かるよ?」スッ… 懐刀を鞘に収めて懐に戻す


night 「悪いな?瑞鳳 お前に触ろうとしちまって?」


瑞鳳 「いっいえ?わかっていただければ良いです…」


提督 「…ところで、俺になにか用があってきたのか?さっき話があるって言ってたが」


瑞鳳 「あっいえ、別にたいした事じゃないのでやっぱりいいです」


提督 「…そうか?」


瑞鳳 「はい それでは私は自室に戻りますのでなにかあったら呼んでください 失礼します」


タッタッタッ…


提督 「…」 タッタッタッ…


night 「…なぁa meverick ちょつと聞いていいか?」タッタッタッ…カタッ 自分が最初に座ってた椅子に座り直す


提督 「なんだ?」カタッ 同じく自分が座ってた椅子に座り直す


night 「あの瑞鳳って…元々は横須賀鎮守府の艦娘だったりしないか?」


提督 「っ!?」ギクッ


night 「俺が聞いた話だと元横須賀鎮守府の秘書艦は瑞鳳だって聞いたんだが…まさかとは思うがその瑞鳳か?」


提督 「…」


night 「…いや、そんなわけないか?瑞鳳は瑞鳳でも別の瑞鳳だな 俺も考えすぎだな?」


提督 「…そうだな?考え過ぎだな」


night 「それとa meverick ちゃんと【墓参りは行ってるか?】」


提督 「この前行ってきたばかりだ 月一だけどちゃんと行ってるよ?」


night 「よくここから中部海域まで行くな?5〜6時間はかかるだろ?」


提督 「そのくらいはかかるな?でも、時間なんか関係ない【俺はやってはいけない事を同時に二度もやっちまったんだからな…】」


night 「…責めてもの罪償いか」


提督 「…あぁ…」


night 「…」ズズ…コトッ


提督 「…お茶おかわりするか?」


night 「頼めるか?」


提督 「平気だ 今入れてくる」スクッ コトッ


タッタッタッ…


night 「…」 カチャカチャ コポポポポ…


night 「(a meverickも変わらないな?単独行動隊に居た時とまったく変わってない)」


night 「(まっ当然か 提督に戻ったからと言っていきなり変わるわけないか?逆に180度変わったら別の意味で驚きものだな…)」 タッタッタッ…


提督 「入れてきたぞ」コトッ


night 「おう?ありがとう」スッ


提督 「…」 ズズ…


タッタッタッ… また食堂近くの通路から誰かが歩く音が響いてくる


night 「」ピクッ


提督 「っん?どうした?」


night 「…音的に3人 来たか」 タッタッタッ…


提督 「…っえ?」 タッタッタッ…



吹雪 「失礼します」ペコリッ タッタッタッ…


単独行動隊管理者憲兵 「…」タッタッタッ…


単独行動隊管理者憲兵2 「…」タッタッタッ…


night 「今回も早かったな?吹雪 なんで俺がここにいるとわかったんだ?」


吹雪 「この前あなたにa meverickさんが提督になった話しをしたので、もしかしたらと思いましてね?案の定予想が的中しました」


提督 「久しぶりだな?吹雪 相変わらず凛々しくしてるな?」


吹雪 「お久しぶりです a meve…じゃなかった?元提督」


提督 「別にどっちの呼び方でも構わないぞ?呼びやすい方で呼んでくれ」


吹雪 「そういうわけにはいきません 元提督はもう特別単独行動隊ではないんですから普通に呼ばなくてはいけません」


単独行動隊管理者憲兵 「っえ!?この方元単独行動隊だったんですか!?」


吹雪 「単独行動隊と言っても特別単独行動隊です 自ら入った方なので罪はありません」


提督 「俺にとっちゃ大ありだけどな?」


単独行動隊管理者憲兵2 「目つき悪いからもしやと思ったけど…違いましたか?」


吹雪 「あっ!その話しをしては!?」


単独行動隊管理者憲兵2 「っえ?」


提督 「」ズーン…


吹雪 「もっ元提督!?すみません!この方達は悪気があって言ったわけじゃ!?」アワワワ!!


提督 「いや、わかってるよ?自分の目つきが悪いことぐらい どうせ目つきが悪いから犯罪者かと思われてもおかしくないし…」ズーン…


吹雪 「元提督の目は凛々しくてかっこいいですよ!?自信を持ってください!」


単独行動隊管理者憲兵 「…お前なぁ?」 ガンメンハンザイシャッテイワレタコトモアルノニカッコイイハナイダロ…


単独行動隊管理者憲兵2 「悪い…つい言葉に出ちまった」 ソンナノムカシノコトデス!イマハゼンゼンカッコイイデスヨ!?


night 「…a meverick この憲兵二人どうする?殺るか?」ギロッ!!


単独行動隊管理者憲兵二人 「「っ!!!?」」ビクッ!!


提督 「いや、別にいいよ?俺の目は本当に悪いし…」ズーン…


吹雪 「ふっ二人とも!早くnightを連れてってください!!この方は私がなんとかしときますから!?」


単独行動隊管理者憲兵 「わっわかりました!」タッタッタッ…


単独行動隊管理者憲兵2 「単独行動隊 night 脱走の罪でお前を連行する ついて来い」


night 「はいはい?行きますよ」カタッ


night 「じゃあな?a meverick 久々に会えて楽しかったよ!」


提督 「また会いたくなった時は来いよ?」


night 「そうさせてもらうよ!」


吹雪 「もう脱走させません!てか元提督 あなたもなに言ってるんですか!」


提督 「はははっ!すまんすまん?」


吹雪 「まったく 二人は先にnightを連れて帰っててください 私は少し元提督と話があるのでここに残ります」


単独行動隊管理者憲兵 「わかりました」


単独行動隊管理者憲兵2 「ほら行くぞ!」


night 「えぇ〜?吹雪は一緒に来ないのか?」


吹雪 「なに残念がってるんですか!!早く行きなさい!!」


night 「えぇ〜!?こんなむさくるしい男二人に連れて行かれるのは気が引けるなぁ〜?」


単独行動隊管理者憲兵 「誰がむさくるしいだ!!早く行くぞ!」タッタッタッ…


night 「ちぇ〜?」(´・з・)ブー タッタッタッ…


単独行動隊管理者憲兵2 「それでは自分達は先に帰ってますのでできるだけ早めに帰ってきてください」


吹雪 「わかっています nightの事はよろしくお願いします」


単独行動隊管理者憲兵2 「了解しました それでは」


タッタッタッ…


吹雪 「…行きましたか?」


提督 「まだ通路の方を歩ってると思うけど向こうまで聞こえないと思うぞ?」


吹雪 「…元提督 久々にいつもの…いいですか?」


提督 「あぁ 構わないぞ?」スゥ… 両手を広げて受け入れ態勢に入る


吹雪 「…では」タッタッタッ…


…ガバッ


吹雪 「〜〜〜っ!!!!!!」///提督胸の中に飛び込んで抱きつく


提督 「あいかわらず吹雪は俺に抱きつくの好きだなぁ?」ナデナデ…


吹雪 「ふにゅ〜…」///ナデナデ…


吹雪 「(提督に頭撫でられるの…本当に好き

ぃ!優しく撫でてくれて仕事の疲れとか嫌なこととか本当に忘れられます!)」///トローン…


提督 「こんなところをnightに見られたりしたら本気で俺を殺しにかかってくるな?」


吹雪 「…あんな奴の話をしないでください あいつは私にとって有害なんですから?」


提督 「悪い悪い?それにしても、いつもは凛々しくしてるのに俺と二人っきりになった途端デレになるけど他の人に見られるのが恥ずかしいのか?」


吹雪 「…当たり前じゃないですか?伊19さんや瑞鶴さんみたいに人前で抱きついたり出来ませんよ 恥ずかし過ぎて…」///


提督 「確かにあいつらは人前気にせず抱きついてくるから困る…」


吹雪 「提督 もっと撫でてくれませんか?久々なので貯まってた分を…」///


提督 「はいはい?」ナデナデ


吹雪 「ふにゅ〜…」///


提督 「大変なのによく頑張ってるな?単独行動隊の管理 偉いぞ?」ナデナデ


吹雪 「…本当は元提督が単独行動隊に入ったから私も管理者になったんですけど、今はもう元提督が居ないのでやめようかと思ってます」


提督 「そう簡単にやめれるような仕事じゃないだろ?バイトじゃないんだから」


吹雪 「だって…仕事が終わった後の癒しがないんですからこのまま続けてても…」


提督 「…やめれたらどうするんだ?」


吹雪 「上官に頼んで元提督の元に着任します …駄目ですか?」


提督 「…別にだめじゃない むしろ歓迎するよ?」ナデナデ


吹雪 「…ありがとうございます!」///



瑞鶴 「」メラメラメラメラッッッ!!!!!!… 食堂の出入口から提督達を見てる


提督(北) 「」メラメラメラメラッッッ!!!!!!… 同じく食堂の出入口から提督達を見てる


翔鶴 「…」瑞鶴達の後ろに立っているがさすがにこれは止められないと思って黙っている


瑞鶴 「…提督 絶対に出てくるなよって言ってたけど、まさかこの為に?」メラメラメラメラッッッ!!!!!!…


提督(北) 「お兄ちゃん…私もさすがに怒るよ?」メラメラメラメラッッッ!!!!!!…


翔鶴 「(…元提督 さすがにこれはまずいかと思いますが…)」



吹雪 「あっあの、元提督…」///


提督 「なんだ?」


吹雪 「…きっキスもしてもらっていいですか?」


提督 「…っえ?」



提督(北) 「きっキス!?お兄ちゃんとキス!?」///


瑞鶴 「あんのやろー!私の提督に何お願いしとるんや!!」(╬ ಠ益ಠ)


翔鶴 「(瑞鶴…顔が凄いことに…)」



提督 「…今日はずいぶんと要求が多いな?久々だからか?」


吹雪 「…はい」///


提督 「…まぁ 別にいいけど?」スゥ…


クイッ


吹雪 「っ!!」///顎クイされる


提督 「どっちがいいんだ?普通のキスか?Dキスか?」


吹雪 「…でっ出来ればDキスでお願いします」///


提督 「わかった」スゥ…


吹雪 「ぁ…」///



スチャッ


提督 「」ピクッ


瑞鶴 「死ねー!!!!」(╬ ゚Д゚) バシュンッ!! 矢を放つ


翔鶴 「ちょっ瑞鶴!?」


提督 「」スッ!!


ガシッ!!


提督 「…」ビィィンッ… 素手で放たれた矢を掴む


瑞鶴 「っち!」


翔鶴 「瑞鶴やり過ぎよ!」


瑞鶴 「だって!提督と吹雪がキスしようとしてたんだよ!?しかも目の前で!許せないでしょ!!」


翔鶴 「提督はいつも周りにも優しくしてくれるでしょ?それに瑞鶴が提督に文句を言う権利はないわ 貴女だってしてもらってた時あったでしょ?」


瑞鶴 「うぐっ!?」


翔鶴 「申し訳ありません元提督 瑞鶴がいきなり手荒な事をしてしまって…」


提督 「いや、俺も周りを気にしてなかったから俺も悪い 誰もいないと思ってたからな?すまない」


吹雪 「…」///抱きついて顔を隠してる


吹雪 「(誰もいないと思って積極的になってしまいました…恥ずかしい!)」///カァァ…


提督(北) 「しかし、瑞鶴は怒っていても優しくしてくれるんだな?矢は鏑矢にしてくれてな」


瑞鶴 「あっ当たり前よ!本物の矢なんか使うわけないでしょ?万が一何かあったら困るでしょ!」


提督 「確かにな?万が一の事も考えてくれてありがとな 瑞鶴!」ニコッ


瑞鶴&翔鶴&提督(北) 「「「っ!!!?」」」///ドキッ!!


提督 「? どうした?いきなり顔を赤くして」


瑞鶴 「なっなんでもないわ!?気にしないで!」///


翔鶴 「そっそうですよ!?気にしないでください!」///


提督(北) 「〜〜〜っ!!!!!!」///プルプル… 手で顔を隠して小刻みに震える


提督 「?」


瑞鶴 「(提督の笑顔…いつ見ても破壊力やばい!)」///


翔鶴 「(提督の笑顔は本当に天使です じっと見ていられません…)」///


提督(北) 「(やばい 鼻血出てきそう…)」///


提督 「…? 大丈夫か?3人とも…」



ヒャアァァァァァァァァァッッッ!!!!!!!!


全員 「「っ!?」」



コラッ!ヤメナイカ!!


ハナセナイト!!


ウオォォォォォォォォォッッ!!!!カワイスギルゾイナズマ---!!!!!!


イヤーーー!!!!ハナシテホシイノデスゥ--!!!!


イナズマー!!!!



瑞鶴 「…なに?この叫び声?」


翔鶴 「向こうで何かあったんでしょうか?行ってみましょう!」


提督 「お前らはここで待ってろ」


提督(北) 「でっでも!今の叫び声…っ!?」


提督 「吹雪 早く降りて行くぞ?」


吹雪 「はい」スッ


提督 「…」スクッ


タッタッタッ…



提督(北) 「…」


翔鶴 「…元提督 本気の目をしていましたね?」


瑞鶴 「よっぽどの事が向こうで起きているってことね?そうでもなければあんな目しないもんね」


翔鶴 「…ここで待っていた方がいいわね?」


瑞鶴 「だね?」


提督(北) 「…」








雷&電の部屋の前



night 「ふぉぉおぉぉおおぉぉッッッ!!!!!!」スリスリスリスリスリスリスリスリッッッ!!!!!!!! 電の顔に自分の顔をこすりつけてる


電 「いやーなのですー!!!!!?」ジタバタジタバタッッ!!!! nightに頬をこすりつけられて暴れている


雷 「電ー!!!!」


憲兵 「やめないかnight!!」グググッッ!!!!… nightを止めようとしてるが全く止められない


憲兵2 「電を離せnight!!」グググッッ!!!!… 同じくnightを止めようとしてるが全く止められない


night 「可愛すぎるぞ電ー!!可愛過ぎて襲いたいぞー!!!!」スリスリスリスリスリスリスリスリッッッ!!!!!!!!


電 「いやー!!助けて欲しいのですー!!!!」


雷 「ま、待ってて電!今助けてあげるわ!」スチャッ 12.7cm連装法を構える


憲兵 「やめろ!今それを撃ったら電に当たるかもしれないぞ!?」グググッッ!!!!…


憲兵2 「コイツは駆逐艦の弾程度は全部避けることが出来るから撃っても無駄だ!」グググッッ!!!!…


雷 「そっそんな…」


night 「むふふふふッッ!!!!次は服の中をまさぐらせてもらうよ〜?」モゾモゾ…


電 「いやー!!!!誰か助けて欲しいですー!!!!」 タッタッタッ!!…



提督 「nightー!!」スッ 懐刀を取り出す


night 「っ!」スッ 同じく懐刀を取り出す


ガキィンッ!!!!


提督 「…」ギリギリッ!!…


雷 「提督!」


night 「おやおや?また俺の邪魔をしに来たのか?本当に懲りないやつだなぁ」ギリギリッ!!…


提督 「お前いい加減にしろよ?今すぐ電を離せ」ギリギリッ!!…


night 「それは無理なお願いだな?近くにロリが居るのに俺が放っておくわけがないだろ?」ギリギリ!!…


提督 「…そうか なら」スゥ… 片眼だけつぶる


night 「ちょっおまっ!?それ使うのは反則!」


提督 「…」スゥ… 目を開ける


雷 「司令官!?隣に電が居るのにそれ使ったら!?」


night 「っち!」ガバッ!! 電を自分の体に包み込むように抱きついて目線を外す


電 「むぎゅっ!?」


雷 「っえ!?」


提督 「…」


night 「…あれ?何も起きない…?」


提督 「当たり前だ?電が隣に居たんだから使うわけないだろ ましてやお前に使うわけない」


night 「…昔やられたことがあるが?」


提督 「あん時は吹雪に手を出しすぎてたから止む得まいで使ったんだ 本気でな?」


night 「あん時マジで痛かったんだからな?またその苦痛を味わうかと思ったよ」


提督 「お前は手加減した睨みつけが【効かない】から使ったんだ もうあんな思いしたくないならおとなしくすることだな?」


night 「それは無理 近くにロリが居たら抱きついてまさぐるまで!」(`・ω・´)ドャッ


提督 「お前なぁ…」ハァ…


電 「…あっあの いつまで抱きついてるのですか?」///


night 「おぉ?すまない 抱き心地が良くていつまでも抱きついていたいな?」


電 「ふぇっ!?」///


提督 「night?」


night 「冗談だ 今離すよ」スゥ… 電から離れる


電 「あっありがとうございます…?」


night 「礼を言われる立場じゃない すまないな?いきなり抱きついてまさぐっちまってな」


電 「だっ大丈夫なのです 気にしないで欲しいのです?」


吹雪 「終わりましたか?」タッタッタッ…


提督 「おう!今終わったところだ …てか、どこ行ってたんだよ?」


吹雪 「そいつに近づきたくなかったので離れで見てました」


night 「吹雪ちゃ〜ん!!」タッタッタッ!!…


ガシッ!!


提督 「いい加減にしろ?次は本気でやるぞ」nightの肩を掴んで止める


night 「ちぇ〜?」(。˘•ε•˘。)


吹雪 「憲兵さん その女の敵を早く連れてってください」


憲兵&憲兵2 「「はっはい!」」タッタッタッ!!


night 「あ〜あぁ?またこんなむさくるしい二人と行くのか?嫌だなぁ〜…」


憲兵 「ぶつくさ言ってないで早く行くぞ!」


憲兵2 「次は小さい子の声がしても行くなよ?」


night 「それは無理」


タッタッタッ…


吹雪 「…はぁ?あの変態には困ったものです」


提督 「まぁ確かにそうだけど、あいつはあいつで紳士な所もあるんだからそう悪く思わないでやってくれ?」


吹雪 「あんな変態早く戦死すればいいのに…」


提督 「おい 言ってるそばから…まぁ仕方ないか?お前も【あいつやられた身】だからな」


雷 「っえ!?やられた身って…まっまさか全部!?」


吹雪 「そんなわけありません!!私がやられていいのは元提督だけです!」


雷&電 「「っえ!?」」///


提督 「お前はいきなり何を言ってるんだ!?てか雷が言ってた事と噛み合ってないぞ!」


吹雪 「だって!あんな奴とするわけないじゃないですか!!考えてみてくださいよ!」


提督 「いやだから雷はあいつに全部やられたのかを聞いてるだけじゃねぇか!なんでお前をやっていいのは俺だけって答えになるんだよ!」


吹雪 「…そう言えばそうでした?答えを間違えました」


提督 「間違え過ぎだ!」


電 「…」///


雷 「ねぇ?さっきの人ってどういう人なのかしら?普通の人には見えなかったけど」


吹雪 「さっきの変態は単独行動隊七番 コードネーム:nightと言う変態です」


提督 「俺と違ってあいつは軽犯罪者で単独行動隊に入れられたんだ?…幼女に手を出してな」


雷 「…あぁ、なるほど 理解したわ?」


提督 「でも、あいつはそんなに悪いやつじゃないんだ?確かに女に手を出して捕まったけど女思いが強い奴なんだ」


雷 「女思いが強い?どういうこと?」


提督 「あいつは女の泣き顔や困り顔は見たくねぇって言って絶対に助ける優しい心を持ってるんだ?だからさっき俺が睨みつけを使おうとした瞬間に電を抱きついて守ろうとしてただろ?」


雷 「…やっぱりあれは守ろうとしてたのね?

焦りながら抱きついてたからおかしいと思ってたわ」


吹雪 「でも変態ですけどね?」


提督 「…まぁ 確かに変態には違いないが?」


電 「あっあの…吹雪さん?さっきやられた身と言ってましたがさっきのnightと言う方におっ襲われたのですか?」


吹雪 「…えぇ 一度だけ襲われたことがあります」


提督 「とは言っても俺がすぐに助けたから平気だったけどな?まっその後俺はあいつを大怪我させちまったけどな」


吹雪 「あれじゃ足りないくらいです もっと痛みつけて殺して欲しかったです」


提督 「やめてくれ 俺を人殺しにしないでくれ?」


吹雪 「…」


電 「ごっごめんなさいなのです 変なことを聞いてしまって…?」


吹雪 「別に怒ってないので気にしないでください」


電 「…」


提督 「…てか、お前らはなんで部屋から出てきてるんだ?出て来ないよう言っておいたよな?」


雷 「いやー?なんかドアをノックされたから電が出たら…ね?」


提督 「…なるほど?確かにノックされたら誰でも出るな?」


雷 「でしょ?」


電 「ごめんなさいなのです…」


提督 「い