2017-09-19 15:25:12 更新

概要

修正が完了しました
この作品は【単独行動隊提督 7】の続きです
なお、この作品は合同作品が存在します
作品名【反乱軍提督】
合同作品の方は亀投稿ですがそちらもよろしければよろしくお願いしますm(_ _)m


前書き

提督

【過去大きなミスを犯したと言って自ら単独行動隊に入った変わり者】
【目付きが悪いせいで他の者から距離を開けられる事の多い単独行動隊】
【首にはいつもネックレスをしてるところが特徴】
【そのネックレスの形も特徴的で1と6の形した数字が飾られている】
【単独行動隊 66番 コードネーム:a maverick 通訳:はぐれ者 現在は単独行動隊を辞めて南我原鎮守府の提督をやっている】
【瑞鳳の過去を気になっているが瑞鳳が話してくれるまで待っている】
【過去伊19以上に酷かったことがあるらしく、夜雷が鳴ってる外に出ると怖がる】


瑞鳳

【仕事熱心の働き者で面倒見のよい艦娘(軽母)】
【配属が決まっていなかったが今回の提督の所に着任する事が決まった】
【提督の過去を少し知っている】
【過去 元横須賀鎮守府の秘書であり、元提督の事や横須賀鎮守府の事を聞いたり、話したり、思い出したりすると性格が急変する】
【自分の過去を少し提督に話している】


金剛

【いつもハイテンションで元気な艦娘(戦艦)】
【配属は東我原鎮守府に決まっていたが移動が決まって、今回の提督の元に着任した】
【提督の過去を少し知っている】




【元気が良くて悪戯好きな艦娘(駆逐艦)】
【元々は東我原の艦娘だったが上官と東提督が演習で賭けした際に南我原に移動が決まった】
【提督の過去を少し知っている】




【礼儀正しく少しおっちょこちょいな艦娘(駆逐艦)】
【元々は東我原の艦娘だったが上官と東提督が演習で賭けした際に南我原に移動が決まった】
【提督の過去を少し知っている】


吹雪

【元南提督の艦娘(駆逐艦)】
【単独行動隊管理者の指揮者をやっていたが現在は南我原に着任している】
【瑞鶴と一緒で提督loveな所はあるが瑞鶴と違って人前など二人になれない場所では大胆に抱きついてきたりはしない …だが、二人っきりになった時は大胆になる】
【南提督の過去は青葉と同じくらい知ってる】


東提督

【東我原鎮守府の女提督】
【艦娘思いの強い一面もあり、かなり人気のある提督】
【過去 南提督に金剛を取られた事で取り返す為 南に演習を挑んだが敗退(七体一 東が七)
その上、雷と電も取られた】
【南方海域で第一艦隊がやられそうになった時に南提督に助けてもらって南提督に惚れた】
【南提督の過去を少し知っている】
【過去 辛い事があったらしいが誰にも話していない】
B:Dって事は教えておくわ
W:キュッとしてるわ!
H:…(小さくて悪かったわね?)


加賀

【ご飯&ボーキサイトをいっぱい食べる東我原のクール艦娘(正規空母) 】
【東我原の艦娘だが元同僚の金剛、雷、電が南我原に居るので時々遊びに来る…が、最近は時々ではなくほぼ毎日来ている気がするが…】


赤城

【加賀と同じくご飯&ボーキサイトをいっぱい食べる東我原の艦娘(正規空母)】
【加賀と同じく 南我原に遊びに来るが飯目的で来る ちょっと限度を考えて欲しい(南)】


青葉

【南提督の元艦娘だった現在東我原の艦娘(重巡)】
【提督の過去を一番多く知っている一人…だが、南提督の過去を話そうとはしない 上官に口止めされているのもあるが悲しすぎると言うこともあって口を開かない】
【瑞鳳の情報も知っているみたいだが元提督より酷いと言って話そうとはしない】


明石

【工作関係を得意とする東我原鎮守府の艦娘】
【南提督の換装【重速度形装甲】を治した本人でもある】
【南提督の換装が珍しかったらしく同じのを作ろうとしているマニアック】


提督(北)

【北我原鎮守府の提督】
【南提督とは馴染みで昔南提督の鎮守府に良く遊びに来ていた元気っ娘】
【過去 人間同士の戦争が起こっていた村で生まれ、本当の兄貴が殺され上官に助けられた】
B:聞いたら殺す!(Aカップ)殺す!!
W:体重は気にしてるから痩せてるわ!
H:でかいのかしら?


神通

【元南提督の艦娘 今は北提督の艦娘(軽巡)】
【いつもおとなしい感じが目立つ】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】


那加

【元南提督の艦娘 今は北提督の艦娘(軽巡)】
【私はアイドルと言うところが一番目立つ元気っ子】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】


瑞鶴

【南提督loveの元南提督の艦娘(正規空母)】
【南提督を見かけた瞬間どこでも構わず抱きついてくる】
【過去 初代提督に五航戦は要らないと言われ鎮守府から追い出され捨てられた…だが、南提督が拾い 面倒を見てくれた事がきっかけで好きになった】
【初代提督は南提督がなんとかしてくれた為 復讐することなどは考えていない】
【青葉程ではないが皆より多少多く知っている】


翔鶴

【瑞鶴の姉で南提督の元艦娘(正規空母)】
【おとなしい性格でいつも瑞鶴の面倒を見てる】
【過去 合同作戦を失敗した事があるが南提督が解決してくれたことがきっかけで惚れた】
【青葉程ではないが皆より元提督のことを知っている】


提督(西)

【西我原鎮守府の提督】
【無口でいつも静かに本を読んでる事が多い】
【性別 不明】


不知火

【元南提督の艦娘 今は西提督の艦娘(駆逐艦)】
【いつもクールでなかなか表情を崩さないところが特徴】
【南提督に睨みつけを教えた本人でもある】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】


上官

【本部の最高指揮官 総本部とは別の指揮を取る者】


武蔵

【大和型戦艦で二番目に強い最強の艦娘(戦艦)】
【いつも上官の補助をしている】
【出番は少なめなのであまり書くことがない為、この前の作品と同様またしてもも出番があるか不明】
武蔵 「…」


night

【単独行動隊の一人】
【艦娘に手を出して軽犯罪を受けて捕まった変態…だが紳士である(手を出したと言っても性的な意味)】
【南提督とは仲が良く、共に戦闘を行動した事もある】
【身体能力は南提督程ではないがなかなか高い】
【南提督の睨みつけは効かない+駆逐艦程度の攻撃はほぼ当たらない】
【武器は対敵艦隊型三十cm大砲とサーベル】
【南提督の過去は南提督が【誰にも知られて欲しくない事】を知っている(それ以外は良く知らない)】






伊19(イク)

【南提督の妻の艦娘(潜水艦)】
【南提督がはじめて所持した艦娘でもある】
【提督が十九歳半の時に指輪を渡され結婚…だが、結婚してから半年後 轟沈した…】
【伊19が沈んでから四年 敵艦隊になった+死体又は残骸が見つかったという情報がない為 生きているかは現在不明】



加賀 「もうしません もうしないので提督だけには…」_○/|_ 土下座


提督(北) 「よろしい?」


提督(北) 「翔鶴もよ これ以上酷い喧嘩になるようならあなたにはお兄ちゃんにこの事を言って今後一切お兄ちゃんとイチャイチャする事を禁止にしてもらうわよ?」


翔鶴 「そっそれは困ります!?元提督とイチャイチャ出来なくなったら私死んでしまいます!!」


瑞鳳&電&雷 「「(いや、死にはしないでしょ…)」」


提督(北) 「それじゃ、もうしないって約束する?」


翔鶴 「はい!します!しますので元提督とイチャイチャ出来なくするのは本気でやめて下さい!?」


提督(北) 「よろしい!」


提督(北) 「それじゃ、お兄ちゃん達が来るまでに私達が使ったお皿を洗って食後のデザート食べましょう?」


加賀&赤城 「「わかりました!」」カチャッ タッタッタッ…



電 「凄いのです あの加賀さん達を止めたのです…」 サラハナガシニオイテオイテネ?ワタシガアラウカラ


雷 「さすが北司令官ね?司令官だけあって頼もしいわ!」ワカリマシタ タッタッタッ…


瑞鳳 「私もあの二人を止めてもらわなければキレてたかもしれません…助かりました」 ヨイショット タッタッタッ…


金剛 「…」///


提督(北) 「お皿洗うから持っていくね?」カチャカチャ 瑞鳳達の皿を持っていく


瑞鳳 「あっ私が洗うので流しに置いておくだけでいいですよ?」


提督(北) 「私が洗うからいいよ?」スッ


瑞鳳 「そんな悪いですよ!?仮にもあなたは上司なうえに客人なんですから洗い物をさせるなんて失礼です!」


提督(北) 「そんなに固くならなくてもいいよ?逆に固くされると私も固くしないとって思っちゃうから…」アハハ…


瑞鳳 「でも…」


提督(北) 「気にしなくいいからっね?」


瑞鳳 「…わかりました ではよろしくお願いします」


提督(北) 「任されたわ!」


タッタッタッ…


瑞鳳 「…本当に良かったんでしょうか?任せてしまって」 ジャー…


電 「確かになのです…」 カチャカチャ…


雷 「別に良いんじゃない?北司令官がやるって言ってたんだから?」 ジャー…


瑞鳳 「でも…」 カチャカチャ…


雷 「気楽な司令官でいいじゃない!逆に固い司令官より気楽な司令官の方が良いでしょ?」 ジャー…


電 「確かにそうですが…」 カチャカチャ…


雷 「北司令官がやるって自分で言ってたんだから私達が気にする必要ないじゃない そうでしょ?」 ジャー…


瑞鳳 「…そうですね?北提督さんがやると言っていたんですからそれでいいですね?これ以上考えていても無限ループするだけですし、考えるのをやめましょう」 カチャカチャ…


電 「でも…」 ジャー…


雷 「電も考えすぎよ?もっと気を楽にしなさい」 カチャカチャ…


電 「…わかったのです」 キュッ


提督(北) 「よし!洗い物終わったわ?」


提督(北) 「それじゃ、食後のデザートにするから皆手伝って?」


全員(金剛以外) 「「わか(ったわ)りました」」


金剛 「…」///












一方提督室では…



提督 「…」グイグイッ!! ギャーギャー!!!!


吹雪 「いいですか!?提督は私のなんですから瑞鶴さんには渡しませんよ!!」グイッ!! 提督の腕を引っ張る


瑞鶴 「いいえ!提督は私のよ あなたのじゃないわ!間違えないで欲しいわ!!」


提督 「…なぁお前らさ いい加減食堂に行って昼食食べに行かないか?俺腹減ったんだが…」グゥ〜…


吹雪 「提督はどちらを選ぶんですか!?もちろん私ですよね!」


瑞鶴 「私よね提督!」


提督 「…伊19を選ぶ」


吹雪 「伊19は選択肢にありません!私達のどちらかを選んでください!」


提督 「…無理」


瑞鶴 「なんでよ!私か吹雪を選ぶだけなんだから決められるでしょ!」


提督 「(どっちか選んで選ばれなかった方がかわいそうだろ…)」


吹雪 「とにかく!提督は私のですから瑞鶴さんのではありませんからね!」


瑞鶴 「いいえ!私のよ!」


吹雪 「私のです!!」


瑞鶴 「私のよ!!」


提督 「…腹減ったなぁ?」グゥ〜 ギャーギャー!!!!













食堂ー食後のデザート中



加賀 「」バクバク!!… ケーキを貪ってる


赤城 「」バクバク!!… 同じくケーキを貪ってる


提督(北) 「んん〜!やっぱり美味しいわね?最高級の卵を使わせてもらったから美味しいね!」パクッ (*≧∀≦*)


瑞鳳 「本当ですね?こんなにも美味しいショートケーキは久し振りに食べました!」パクッ


雷 「はぁ…美味し過ぎるわ?」'`ァ'`ァ(〃´Д`〃)...。o○┣┫トローン あまりの美味しさに不抜けている


電 「ほんとなのです?」'`ァ'`ァ(〃´Д`〃)...。o○┣┫トローン 同じく不抜けている


金剛 「…」パクパク… やっと落ち着きを戻して昼食を食べてる


翔鶴 「いつ食べても美味しいですね?提督の作ったケーキ なぜこんなにも美味しいんでしょうか?」モグモグ…


提督(北) 「今回は瑞鳳から最高級の卵を使わせてもらったからそのおかげよ!あの卵は最高だったわ!」パクッ


瑞鳳 「しかし、北提督さんがまさかケーキを作れるとは思いもしてませんでした?しかも食後のデザートに作るとはもっと予想外でしたが…」


提督(北) 「なんとなく作りたくなっちゃってね?冷蔵庫を見させてもらった時にいい卵があったからそれで作りたいなって思っちゃって?」(∀`*ゞ)エヘヘ


翔鶴 「作るのがすごく上手でしたが何度も作ったことあるんですか?」パクッ


提督(北) 「うん!お兄ちゃんのために何回も作ってあげてたからそのおかげで上手くなったの!…とは言っても、最初の方は何回も失敗しちゃってたけどね?」アハハ…


瑞鳳 「まぁそれは当たり前ですね?最初は練習しないと上手くはなりませんからね?」モグモグ


翔鶴 「でも元提督は失敗した物でも食べてくれたんですよね?」


提督(北) 「うん どんなに失敗してもお兄ちゃんはちゃんと全部食べてくれてたよ?【お前が一生懸命作ったものだから残さないで食べる】 って言ってくれて毎回食べてくれたの!」(〃▽〃)


翔鶴 「元提督らしいですね?他人に作ってもらった食事は何であろうが必ず食べるところは今でも変わってませんね!」


加賀&赤城 「「おかわりください!」」


提督(北) 「ごめん もうそれしかないの…」


加賀&赤城 「「」」(´・ω・`)ショボーン


雷 「…それにしても司令官達遅いわね?呼びに行ってからもう20分ぐらい経ってるわよ?」


電 「確かになのです どうしたんでしょうか?」


雷 「…まさか こんな昼間からシてるのかしら?」


全員 「「」」ブー!!!!


電 「? してるって何をですか?」


雷 「それはね?」


雷 「〜…」ゴニョゴニョ


電 「…」


電 「」///ボンッ!!!!


雷 「わかった?シてるってこういう事だからね?」(・∀・)ニヤニヤ


電 「はっハレンチなのです!!!?」///ハワワワ!!


瑞鳳 「(普通皆に聞こえるように言いますか?あえて言わないようにしていたのに…)」フキフキ…


提督(北) 「(雷ちゃん…もっと小声で言ってよ?思わず吹いちゃったよ…)」フキフキ…


加賀 「(恥ずかしがらずに平然と恥ずかしい事を言う雷…あなたには恥じらいという言葉はないんですか?)」フキフキ…


赤城 「(さすが雷 あなたは立派な大人ね?見た目は小さいけど…)」フキフキ…


金剛 「…」フキフキ…


翔鶴 「雷 元提督は昼間はしないようにしてるから多分それはないと思うわ?」


全員 「「(突っ込むところそこ!?)」」


雷 「そうなの?」


翔鶴 「えぇ 提督は朝から夕方まで仕事をしてるから仕事中は相手してくれないのよ?」


雷 「へぇ〜?それじゃキスもしないの?」


全員 「「」」ブー!!!!


翔鶴 「キスぐらいはしてくれるけどそれ以上の事は夜にならないとしてくれないわ?」


雷 「へぇ〜?」


瑞鳳 「(へぇ〜?っじゃないですよ!あなた達は一体何の話をしているんですか!?)」フキフキ…


提督(北) 「(翔鶴ちゃん…あなたも恥じらいなく言うわね?さすがよ…)」フキフキ…


電 「(はわわわ!!!?お姉ちゃん大胆に言い過ぎなのです!!!?)」///


雷 「…それにしても本当に遅いわね?司令官 吹雪達と何しているのかしら?」


翔鶴 「確かに遅いですね?少し様子を見に行きますか?」カタッ


雷 「私も見に行くわ!いいかしら?」カタッ


翔鶴 「構いませんよ?それでは行きましょう」


雷 「えぇ!」


タッタッタッ…


提督(北) 「…」


瑞鳳 「…行ってしまいましたね?」


電 「なのです…」


加賀 「相変わらず雷は凄いです あの子はもう少し恥じらいと言う言葉を覚えた方がいいですね?」


赤城 「ですね?」













提督室


提督 「…」グググッ!!… ギャーギャー!!


吹雪 「提督は私のです!離してください!」グググッ!! 提督の腕を引っ張っている


瑞鶴 「いいえ提督は私のよ!あなたこそ離しなさいよ!!」グググッ!! もう片方の腕を引っ張っている


提督 「…なぁお前らさ いい加減昼食行かないか?もしくは俺だけ行かせてくれないか?」グググッ!!!!… ギャーギャー!!


吹雪 「なら私達のどちらかを選んでください!そうすればすぐに終わります!」


提督 「だから選べるわけねぇだろ?どっちも大切な艦娘なんだからよ」


瑞鶴 「それだと一生終わらないわよ!どっちか選ぶまで付き合ってもらうからね!」


提督 「…はぁ」 ギャーギャー!!


提督 「(マジで腹減ったなぁ?コイツら振り払って昼食食いに行こうかな?)」


吹雪 「提督は私のなんですから瑞鶴さんのではありません!分かりましたか!」


瑞鶴 「いいえ!提督は私のものよ!いい加減にしてちょうだい!!」


吹雪 「瑞鶴さんがいい加減にしてください!提督のなんですから!」


提督 「…」イライラ ギャーギャー!!…


コンコン ショウカクデス テイトク イラッシャイマスカ?


提督 「居るよ 中に入っていいぞ?」ギャーギャー!!


ガチャッ


翔鶴 「失礼します」


雷 「失礼するわ…って凄いことになってるわね?司令官 二人に抱きつかれて引っ張られて?」


提督 「雷も来たのか なんで来た?」 ギャーギャー!!


雷 「いやー、司令官が今どうなってるのかなぁと思ってね?様子を見に来たのよ!」


提督 「…あぁそうか 様子を見に来ただけか?」ハァ…


吹雪 「何しにきたんですか?翔鶴さん 今取り込み中なんですが?」


翔鶴 「元提督達がなかなかお昼を食べに来ないので様子を見に来たんです まぁ案の定来ない原因は分かっていましたが」


瑞鶴 「翔鶴姉は関係ないんだから邪魔しないでくれる?今吹雪と提督はどっちのものかを決めてるんだから?」


翔鶴 「どっちのものでもないと思うわよ?元提督はみんなのものだと私は思うわ」


提督 「お前も俺を物扱いするか」


吹雪 「確かに提督は皆のものだと思います…ですが、それでは提督が伊19を除いて今一番好きな人がわからないじゃないですか?」


翔鶴 「元提督が一番好きと思う艦娘は伊19だけよ?だから伊19を除く事はありえない事よ」


瑞鶴 「確かに提督が伊19を除くわけないけど…」


翔鶴 「それに元提督が伊19の次に好きな人なんて誰でもいいじゃない!私達だって元提督に相手してもらってたんだからっね?」


吹雪 「確かにそうですが…」


瑞鶴 「うーん…」


雷 「すごい…さっきまで騒いでいたふたりを一瞬で止めちゃったわ?」


翔鶴 「もうこの話はおしまい?元提督に相手して欲しい時は言えばいつも相手して貰えてたんだからそれでいいでしょ?だから誰の者でもないわ」


吹雪 「…そうですね?考えてみれば提督はみんなのモノですね?」


瑞鶴 「そうね 提督は伊19が居たのに私達の事も考えてしてくれてた…独占しちゃいけないわね?」


翔鶴 「その通りよ 二人とも分かってもらえたかしら?」


吹雪 「本来ならどちらの方が好きなのか選んで欲しかったんですが…それは聞かないでおきましょう?」


翔鶴 「その方がいいわね?」


提督 「…話しは終わったか?」


翔鶴 「はい 二人とも納得してくれたので終わりましたよ?」


提督 「そうか…ならやっと昼食を食べに行けるな?腹減った〜…」ググゥ〜…


瑞鶴 「ごめんね?提督 お腹空いてるのに足止めしちゃって?」


提督 「別にいいよ もう行けるんだから?」


吹雪 「それじゃ、早く食堂に言ってお昼を食べましょう!」


翔鶴 「あと食べていないのは元提督達だけなので早く食べた方がいいですよ?」


提督 「なんで早く食べた方が…あぁ そうか?まだあの二人が居るのか?」


翔鶴 「そういう事です 早く食べないと加賀さん達が食べてしまうかも知れないんです…」ハァ…


提督 「なら早く行って食べに行かないとな?」


提督 「二人を止めてくれてありがとな?翔鶴それじゃ、食べに行くぞ?」


瑞鶴&吹雪 「「はーい!!」」


翔鶴 「私たちも行きますよ?雷」


雷 「はーい!」


タッタッタッ…













食堂



瑞鳳 「…」


電 「〜〜〜っ!!!!!!」カタカタカタカタ!!!!… 震えてる


金剛 「…怖いデース」 落ち着きを取り戻して通常に戻る


提督(北) 「…」


加賀 「…」(¯―¯٥) 床に正座してる


赤城 「」( ºωº )チーン… 魂が抜けてる?+床に正座してる


提督(東) 「…」(#^ω^)ゴゴゴゴゴ!!!!!!


加賀 「…提督 私の話を聞いて…」


提督(東) 「聞く耳持たないわ?」(╬^∀^)


加賀 「少しで良いので言わせて…」


提督(東) 「言い訳は受け付けないわ」(╬^∀^)


加賀 「…」(¯―¯٥)


タッタッタッ…


提督 「腹減った〜?今日の昼食はなにかな?」タッタッタッ…


翔鶴 「今日はチンジャーロースと鯖の味噌煮となめこの味噌汁ですよ?」タッタッタッ…


提督 「鯖の味噌煮か?いいねぇ 早く食べたいな…ってなんだ?この状況」タッタッタッ


提督(北) 「あっお兄ちゃんやっと来たんだね?随分と遅かったけど何してたの?」


提督 「ちょっと二人に足止めされててな?それよりこの状況はなんだ?」


提督(東) 「あぁごめんね?南 今この二人に怒ってるから迷惑かけちゃうけどもう少し待っててね?」


提督 「…まぁ 変な事にならなければ別にいいけど?てか東はいつ来たんだ?」


提督(東) 「今さっきよ 勝手に入っちゃってごめんなさい?」


提督 「別に構わないよ 不審者じゃなければな?」


提督(東) 「さて、南からも許可もらったし説教の続きをするわよ?」(#^ω^)


加賀 「…」(¯―¯٥)


赤城 「」O(:3 )~



吹雪 「…提督 あのお二人は何をしたんですか?東提督かなり怒ってるように見えますけど」 マッタク、アナタタチハシゴトモサボッテコマルノヨ?


提督 「気にするな?どうせろくな事じゃない(理由は知ってるけど)」キノウノユウガタハシカタナイトシテキョウノアサニハカエッテキテホシカッタワ?


吹雪 「?」


瑞鶴 「ぷくくっ!良い光景だわ?あの加賀が東提督に怒られてるところを見るの最高だわ!」トクニカガチャン アナタハヒショナンダカラアナタガサボッテドウスルノヨ?


提督 「あまり人の不幸を見て笑うんじゃない いくら自分の嫌いな奴が怒られてるからってそれを見て笑うのは最低だぞ?」 ハイ…モウシワケアリマセン


瑞鶴 「…はい ごめんなさい」 ソレニミナミニダッテメイワクカケチャッテルンダカラツギカラハキヲツケナサイ?


雷 「司令官 午後からは何するの?もう過ぎてるけど」 ハイ…


提督 「特になし 自由にしてていいぞ?」 アカギチャンモヨ?ワカッタ?


雷 「本当に自由多いわね?本当に大丈夫なの?」 …シーン


提督 「別に平気だよ?俺は上官もしくは元帥から命令が来なければ皆自由にして休ませるんだ」 アカギチャン イツマデタマシイヲヌイテルノ?ハヤクモドシナサイ!


提督 「とは言っても、資材が不足してれば話は別だけどな?あまりなかったけど」 シーン…


雷 「今は平気なの?全然遠征に行ってないけど?」 アカギチャン!!オキナサイ!!


提督 「平気だよ 出撃もそこまでしてないし、なくなれば上官から送ってもらえばいいだけの話だ?」 シーン…


雷 「送ってもらえるの?普通は送ってもらえないわよね?」 テイトク アカギサンハアトデモヨロシイノデハナイデショウカ?イマオコッテモキゼツシテイルノデ…


提督 「当たり前だろ?自分で集めろって言われるわ」 …ソウネ?イマオコッテモキイテナイミタイダシ アトニシタホウガイイミタイネ?


雷 「司令官だけ特別なの?」 ソノホウガイイデス


提督 「それはどうだろうな?今は送ってもらってるけど昔は自分で集めてたからな 別に特別扱いされてるわけじゃないだろ?」ソレジャ アカギチャンハアトニシシマショウ


雷「ふーん?」 ワカリマシタ


提督(東) 「ごめんね?南 二人が迷惑かけちゃって…ご飯作るの大変だったでしょ?」


提督 「いや、ご飯は瑞鳳が作ってくれてたから俺は大変じゃなかったよ?」


提督(東) 「そうなの?」


瑞鳳 「はい 本当に大変でしたよ?提督のご飯を食べちゃうのは当たり前 ご飯も大量に食べるので作るのも大変でしたよ…」ハァ…


加賀 「えっへん!」o(・ω´・+o) ドヤァ!!


提督(東) 「あんたはドヤってんじゃない!反省しなさい!」


加賀 「…はい 申し訳ありません」


提督(東) 「ごめんね?加賀ちゃん達が迷惑かけちゃって…」


瑞鳳 「構いませんよ?もう慣れましたから…」ハァ…


提督 「…それより瑞鳳 俺の昼食はあるか?加賀達に食べられてないか?」


瑞鳳 「提督達のご飯はレンジの中に入れてありますよ?出しておくと確実に食べられてしまうのでしまっておきました」


提督 「確かに出しておくと加賀達に食べられるな?わかった」


提督 「瑞鶴 吹雪 自分のは自分で持ってきてくれよ?」タッタッタッ…


吹雪 「はい わかっています」タッタッタッ…


瑞鶴 「提督〜!食べさせて?」タッタッタッ…


提督 「自分で食べろ」タッタッタッ…


瑞鶴 「えぇー!?」タッタッタッ…


提督(東) 「それじゃ、私達も帰るわよ?加賀ちゃん」 テイトクヒドーイ!!タベサセテクレテモイイジャナイ!?


加賀 「っえ?赤城さんはまだ気絶してますけど…どうしますか?」 オレハジブンノブンヲタベルノデセイイッパイダカラムリダ


赤城 「」O(:3 )~


提督(東) 「加賀ちゃんが運んできてもらえるかしら?」 イイジャナイスコシグライ!?


加賀 「提督はどうやって帰るんですか?」ミギテデジブンノヲタベルンダカラヒダリテデタベサセテ!!


提督(東) 「私は出入口に比叡を待たせてるから比叡の背中に乗って帰るから平気よ」 オレハソンナニキヨジャナイ ダカラムリ


加賀 「…なぜ入って来ないんですか?」 テイトクナラデキルワ!オネガイ!


提督(東) 「…」チラッ ムリ アキラメテクレ


加賀 「? 何を見て…」ムゥー!!!!



提督 「よいしょっと?」カタッ 食器をテーブルの上に置く


吹雪 「これはまた美味しそうなお味噌汁ですね?香りが凄くいいです!」カタッ


提督 「瑞鳳が作ったご飯はなかなかのものだぞ?美味いから早く食べようぜ!」


吹雪 「はい!」


瑞鶴 「提督に食べさせてもらいたかったなー…?」ブツブツ…|ω•)チラッ


提督 「自分で食べろよ?」


瑞鶴 「翔鶴姉〜!!」。・゚・(ノД`)・゚・。


翔鶴 「無理よ 諦めなさい」


瑞鶴 「うわ〜ん!!」。・゚・(ノД`)・゚・。



加賀 「…南提督がどうかしたんですか?」 ズイカクウルサイ モットシズカニシロ


提督(東) 「惚れてるのよ?南にね」 テイトクノセイダモン! テイトクガタゼサセテクレナイカライケナイノヨ!?


加賀 「…っえ?」(・△・。) オレノセイニスルナ


提督(東) 「昨日加賀ちゃん達は居なかったから知らないけど、南が比叡の作った味噌汁を飲んで美味しいって言ってたのよ?」 ソウデスヨ?ズイカクサン カゼヒイテルトキナラショウガナイトオモイマスケド、ソウデナイトキハジブンデタベナイトイケマセンヨ


提督(東) 「そして味噌汁もこんなに上手く出来るんだからカレーだってうまく出来るだろって言って、次カレーを作ったら食べたいって言ったら比叡は惚れちゃったみたいなの?」 イイジャナイ?カゼヒイテナクテモタベサセテモライタイトキハタベサセテモライタイノ!!


加賀 「…確かに 比叡さんがいつも作るカレーは酷いですからね?私も食べたくありません…」


提督(東) 「それでここに来たら【南提督と会うの恥ずかしすぎます!!】って言って入って来なかったのよ」 …ハイ


加賀 「…比叡さんも変わってますね?あんな目つきの悪い人を好きになるなんて?」 パクパクモグモグ…


提督(東) 「加賀ちゃん それ私にも言ってるようなものだからね?」 ヤットシズカニナリマシタネ?


加賀 「そのように言いましたから?」 ホントネー


提督(東) 「…」(#^ω^) アッソウダ


加賀 「口が滑りました 申し訳ありません」 ツカッタサラハナガシニオイトイテクレレバワタシガアラウノデオネガイシマス


提督 「…っん?吹雪 ほっぺにご飯粒付いてるぞ?」 ハーイ!!


吹雪 「っえ?どこですか?」ペタッ 左頬に手を付ける


提督 「違う 右に付いてる?今取ってやるから動くな」スッ


吹雪 「あっすいません 提督…」 提督にご飯粒を取ってもら…


提督 「」パクッ


吹雪&提督(東と北) 「「っ!!!?」」///


提督 「よし これで取れたな?ってどうした?そんな驚いたような顔をして」


吹雪 「あっいえ!?何でもないです!気にしないでください!」///


提督 「?」


吹雪 「(まさか私の頬に付いてたご飯粒を食べるとは思いませんでした…)」///カァァ!!


提督(東) 「(普通大勢居る人の目の前であんな事する!?恥ずかしくないの!?)」///


提督(北) 「(いいなぁ?私もお兄ちゃんにされてみたいなぁ…)」///


提督 「…? 皆顔を赤くしてどうした?俺なんかしたか?」


瑞鶴 「提督提督?」トントン 提督の肩を叩く


提督 「っん?なん…ぶふっ!!」


瑞鶴 「私もご飯粒付いたから取って!」ドンッ!! 口の周りに大量のご飯粒を付けてる


提督 「あっははははは!!!!wwwおまっ明らかに自分でつけただろ!?www」


瑞鶴 「ちっ違うもん!自分で付けたんじゃないわよ!?いつの間にか付いてたんだよ!」


提督 「ありえねぇよ!wwwてか自分で気づかないだろ!www」


瑞鶴 「あっ…」


翔鶴 「〜〜〜っ!!!!」プルプル… 笑いをこらえてる


金剛 「瑞鶴www白ヒゲwww」


雷 「おかし過ぎるわwww」


電 「ご飯粒を取ったら口の周りがカピカピになってそうなのです…」


提督(東) 「あははっははははwww確かにカピカピになってそうね!?www」


提督(北) 「wwwおっお腹痛い!!www」


瑞鳳 「…」 アハハハハ!!!!…










元提督 『…っん?瑞鳳 頬にご飯粒付いてるぞ?』


瑞鳳 『っえ?どこですか?』ペタッ


元提督 『そっちじゃないよ?反対側 今取ってあげるからジッとしてて?』


瑞鳳 『あっはい』


スッ 瑞鳳に付いていたご飯粒を取る


元提督 『よし!取れたぞ?』


瑞鳳 『すいません ありがとうございます』


元提督 『別にお礼言われることじゃないよ?それより…』ジー… 取ったご飯粒を見つめる


瑞鳳 『…? どうしましたか?提督』


元提督 『…』スッ…


パクッ


瑞鳳 『っ!!!?』///


元提督 『うん!やっぱり瑞鳳の頬に付いてたご飯粒は美味しいな?』


瑞鳳 『いっいきなり何言ってるんですか!?てか、なんで食べたんですか!?そのまま捨てれば良かったものを!』///


元提督 『捨てるなんて勿体ないだろ?ましてや瑞鳳の頬に付いてたご飯粒だぞ 食べないと人生の半分を損してるよ!』


瑞鳳 『わけが分かりませんよ!?それだけの事で人生の半分が損してるってどんだけですか!?』


元提督 『ちなみにもう半分聞きたい?』


瑞鳳 『いいです!遠慮しておきます!』


元提督 『もう半分は瑞鳳と一緒に居る事で出来てるんだ!』


瑞鳳 『言わなくてもいいって言ったじゃないですか!?』


元提督 『…ははっ!』


瑞鳳 『ふふふっ!』


アッハハハハ!! ハハハハハ!!















瑞鳳 「…」 ハハハハハ!!


翔鶴 「…? 瑞鳳どうかしたの?暗い顔してるけど…」 イツマデワラッテンノヨ!?ハヤクトッテヨ!!


瑞鳳 「…っえ?あっいえ!なんでもありません 気にしないでください」ジブンデツケタンダカラジブンデトレ!!www


翔鶴 「…そう?ならいいけど」 ズイカクサンwwwソノクチノマワリオモシロスギマスwww


瑞鳳 「(急になに思い出してるの?私 今の提督達が頬に付いてたご飯粒を食べた所を見ただけで…)」 ナンデヨ!?フブキノハトッテワタシノハトッテクレナイノ!?


瑞鳳 「(もう私は元提督の事を思っちゃいけないのに…また思い出しちゃって…)」 ダカラオマエハジブンデツケタンダカラジブンデトレ!!www


瑞鳳 「…」 ヒドイワテイトク!!サベツダワ!!


翔鶴 「…」 サベツシテネェダロ!ジブンノセイダロ!


瑞鶴 「翔鶴姉も何か言ってよ!?提督が差別するんだよ…ってどうかしたの?翔鶴姉 なにか考え事?」


翔鶴 「…」


瑞鶴 「…翔鶴姉?」


翔鶴 「…っえ?あっごめんなさい 聞いてなかったわ?なにかしら」


瑞鶴 「なにか考え事してるの?さっきから上の空だったけど?」


翔鶴 「いいえ?ちょっとボーッとしてただけだから気にしないで?」


瑞鶴 「…そう?ならいいけど…」


瑞鳳 「提督 私はお皿を洗い終わったら部屋に戻りますので何か用があったら呼んでください?」カタッ カチャカチャ… 自分の食器を持つ


提督 「わかった」モグモグ… タッタッタッ…


提督(東) 「それじゃ南 私達もそろそろ帰るわね?加賀ちゃん達が迷惑かけちゃってゴメンね?」 オサラカタヅケマスネ? カチャッカチャッ…


提督 「別にいいよ?それよりドアの件は悪いことをしたな」 タスカルワ!


提督(東) 「気にしないで?あの時比叡が誰も来ないように鍵閉めてたらしいからしょうがない事よ?」 アリガトウナノデス


提督 「そう言ってくれると気が楽になるよ」 タッタッタッ…


提督(東) 「かなりお気に入りだったんだけど…本当に気にしてないよ?本当に…」...( = =) オサラカタヅケマスネ? カチャッカチャッ


提督 「…」 アリガトネ?ズイホウ


加賀 「…南提督 一体何をしたんですか?提督がここまで凹むのはあまりないんですが?」 タッタッタッ…


提督 「…昨日東からSOSを受けてな?それで助けに行ったら出入口のドアに鍵が閉まってたんだ」 ジャー…


提督 「それでそのドアが東のお気に入りだったとは知らずに蹴ってぶっ壊しちまったんだ…」 カチャカチャ…


加賀 「…なるほど 確かに出入口のドアは提督が一番気に入っていたものですね?誰かが来たら一番に見て欲しいものだと言ってましたからね?」 ジャー…


提督 「…そんなに気に入ってたものだったのか?それは尚更悪いことをしたな」 カチャカチャ…


提督 「東 罪滅しと言っちゃなんだが今度ご飯はどうだ?」 ザー…


提督(東) 「大丈夫よ?本当に気にしてないから…本当に…」...( = =) カチャカチャ…


提督 「絶対気にしてるよな?壊されたこと」 キュッ フキフキ…


提督(東) 「」ズーン… ヨシ コレデダイジョウブット!


提督 「これで罪が晴れるわけしないけど今度ご飯でもどうだ?もちろん東が行きたい場所があるならどこでも構わないぞ?」 テイトク ワタシハサキニヘヤニモドッテイマスノデナニカアッタラヨンデクダサイ


提督(東) 「…」 ワカッタ タッタッタッ…


提督 「…嫌なら無理にとは言わないけど?」 ソレジャ、ワタシタチモヘヤニモドッテアソブワヨ!イナズマ タッタッタッ…


提督(東) 「…そうね?」ウーン…


提督(東) 「(…あれ?ちょっと待って これ翌々考えたらチャンスじゃないかしら?)」 オネエチャン!ハシッタラアブナイノデス!! タッタッタッ…


提督(東) 「(南と一緒に出かけれる事なんて滅多にないんだからこれは仲を深める絶好のチャンスじゃない!?)」 ソレデハワタシモヘヤニモドリマース!ナニカアッタラヨンデクダサイネ?


提督(東) 「(そうよね!これはまたもないチャンスだわ!これを断ったら一生後悔する事になるわ! …よし!)」 タブンナニモナイトオモウケドナ?ナニカアッタラヨブヨ


提督(東) 「そっそうね?せっかく南が誘ってくれてるんだし今度行こうかしら?」 タッタッタッ…


提督 「行くか?今日はちょっと無理だけど…」 …シズカニナッタワネ?


提督(東) 「私もこの後仕事がまだあるから今日はちょっと無理ね?南はいつごろ空いてるの?」 ホントウネ?サッキマデハホントウニウルサカッタノニ


提督 「うーん…ちょっとそれは分かんないな?俺はその日に上官から出撃命令を出されるか出されないかで仕事があるかないかが決まるからな?」ウーン… デモシズカナホウガイイジャナイデスカ?オチツイテタベレマスシ


提督(東) 「っえ?そうなの?資材とかバケツなくなったら遠征に出さないの?」タシカニソウデスネ?


提督 「上官に言えば送ってもらえるからその必要はない」モグモグ…


提督(東) 「なんで!?普通は送ってもらえないよね!?なんで送ってもらえるの!?」 アッソウダ?


提督 「脅せば送ってくれるぞ?」 ズイカク、フブキ、オニイチャン レイゾウコノナカニケーキヲツクッテシマッテアルカラアトデタベテネ?


提督(東) 「…それ、恐喝じゃ…」 ハイッワカリマシタ アリガトウゴザイマス キタテイトク ワカッタ


提督 「恐喝してるつもりはない」モグモグ…


提督(東) 「いや、それ完全に恐喝だと思うんだけど…」


提督 「気にするな」


提督(東) 「…」


加賀 「提督 そろそろ帰りますか?この後も仕事があると言っていましたが?」


提督(東) 「…そうね?そろそろ帰らないと演習に間に合わなくなっちゃうわね 行きましょ?」


加賀 「演習?誰とするんですか?」


提督(東) 「【東北我原鎮守府よ】」


提督&翔鶴 「「」」ピクッ


加賀 「東北我原鎮守府とですか?なんでまたあの方達と演習を?」


提督(東) 「昨日東北の提督から演習しないかって電話が来てね?私もちょうど艦娘に演習させたいなぁって思ってたところだったから演習する事になったのよ」


加賀 「なるほど 納得しました」


提督 「翔鶴 東北我原鎮守府って確か瑞鳳を恨んでる艦娘 長門がいる所だったよな?」ヒソヒソ


翔鶴 「そうです 後おそらくですが妙高さんも居るかと思われます!」ヒソヒソ


提督 「…」


提督(東) 「それじゃ南 また遊びに来るわね?行くわよ加賀ちゃん」


加賀 「はい」ヨイショット 赤城を背負う


提督 「ちょっと待ってくれ東 俺もその演習見てもいいか?」


提督(東) 「っえ?別に構わないけど…」


提督 「吹雪 悪いが俺の皿と翔鶴の皿洗っといてくれないか?」


吹雪 「っえ?あっはい…わかりました?(なんで翔鶴さんもなんでしょうか?)」


提督 「行くぞ 翔鶴」カタッ


翔鶴 「はい」カタッ


提督 「北 少しの間翔鶴借りていくぞ?」


提督(北) 「わかったよ お兄ちゃん」 タッタッタッ…


提督 「それじゃ行くか」


提督(東) 「えぇ 加賀ちゃん、赤城ちゃんの事お願いね?」


加賀 「大丈夫です 行きましょう」


タッタッタッ…


吹雪 「…なんで翔鶴さんを連れて行ったんでしょうか?」


提督(北) 「さぁ?」


瑞鶴 「結局ご飯粒取ってくれなかった…提督ひどい…」(´・ω・) ショボーン


吹雪 「それは瑞鶴さんがワザと付けたせいだと思いますが?」


瑞鶴 「別に良いじゃないワザと付けて提督に取ってもらおうとしても!吹雪だけ取ってもらって羨ましいじゃない!!」ヾノ。ÒㅅÓ)ノシ


吹雪 「私はワザとじゃなかったから提督が取ってくれたんだと思います 瑞鶴さんは自分でしかも大量に付けてたのが悪いと思います」


瑞鶴 「なんでよ!?大量に付けてた方が提督が『箸で取るのめんどくさいな?』って言って舐めて取ってくれる事を期待してたのに!?」ヾノ。ÒㅅÓ)ノシ


吹雪 「いや、それはないかと思いますが…さすがに舐めては取ってくれないかと?」


瑞鶴 「うわーん!!吹雪だけずるいー!!ずるいー!!」ゥヮ―。゚(PД`q*)゚。―ン


吹雪 「みっともないのでやめて下さい 金剛さんや北提督さんが見ていますよ?」


瑞鶴 「金剛さーん!!」ガバッ!! 金剛に抱きつく


金剛 「oh!!ご飯粒取ってから抱きついてくれデース!!」


瑞鶴 「提督とまたイチャイチャラブラブするにはどうすれば良いの!?教えて金剛さん!!」


金剛 「howattu!?なんで私に聞くデスか!?」


瑞鶴 「金剛さんは恋愛に詳しいと色々な人が言ってたの!だから教えて金剛さん!!」


金剛 「確かに恋愛に関しては詳しく知っていマスが…」


瑞鶴 「教えてー!!お願いしますー!!」スリスリスリスリ!!!! 顔を金剛の服に擦り付ける


金剛 「NOー!!!!ご飯粒がー!!!!」(((٩(๏Д⊙`)۶)))ギャァァァ!!!!


吹雪 「…」 オシエテクダサイコンゴウサーン!!


提督(北) 「…ほんとにみっともないわね?瑞鶴」 ワカリマシタ!ワカリマシタカラモウスリツケルノヤメテクレデース!!


吹雪 「本当ですね?」 アリガトウコンゴウサン!!













南我原鎮守府出入口付近ー通路



提督 「っ!?」ゾクッ!!


翔鶴 「どうしましたか?元提督 お花摘みですか?」タッタッタッ…


提督 「いや…なんか嫌な予感がしただけだ?気にしないでくれ」タッタッタッ…


翔鶴 「そうですか?」


提督(東) 「それにしても南 さっき今日はご飯無理って言ってたけど午後から何かあったんじゃないの?」タッタッタッ…


提督 「あったけど夜でもいい どうせあいつ起きてるだろうしな?」


提督(東) 「あいつ…?」


加賀 「(五航戦が近くに…でも、ここで暴れたら提督に…)」ブツブツ…


提督(東) 「…加賀ちゃん さっきからブツブツ言ってるけどどうしたの?」


加賀 「いえ なんでもありません?気にしないでください」


提督(東) 「?」タッタッタッ…


翔鶴 「…」タッタッタッ…













出入口ー外側



比叡 「…」東提督達が戻ってくるのを待ってる


比叡 「…遅い すぐ戻ってくるって言ってたのに…」


比叡 「何してるんだろ?中に入って確かめに…いやいや!それは無理無理!南提督が中に居るのにその中に入るなんて恥ずかし過ぎて無理!」///


比叡 「…でも」///ω・)チラッ


タッタッタッ…


比叡 「っ! やっと来た見たいね?」


ガチャッ


提督(東) 「お待たせ?比叡ちゃん ちょっと長引いちゃってごめんなさい?」タッタッタッ…


比叡 「いえ、大丈夫ですよ?それより加賀さん達には怒ったんですか?」


提督(東) 「多少ね?ここが南我原鎮守府じゃなかったらもっと叱ってたけどね」 タッタッタッ…


比叡 「確かに他人の鎮守府で叱ってたら迷惑をかけてしまいますからね」 タッタッタッ…


比叡 「…ってあれ?」


提督(東) 「? どうかしたの?」 タッタッタッ…


提督 「…」


比叡 「…」


比叡 「っ!!!!!?」///カァァッ!!!!


提督 「…なんだよ?人の顔見て赤らめて?」


比叡 「いっいえ!?なんでもありません!気にしないでください!!」///ヾ(///○□○///)ノアワワ


提督 「…」


比叡 「提督!なぜ南提督もここに来てるんですか!?私聞いてませんよ!?」///ヒソヒソ


提督(東) 「聞いてないって…私だっていきなりだったんだから仕方ないでしょ?南がこの後私達が東北我原と演習するって言ったら見たいって言われたんだから?」ヒソヒソ


比叡 「っえ!?私達の演習を見たい!?なっ何故またそのような事を!?」///


提督(東) 「私に聞かれても分からないわよ?でも比叡ちゃん これはチャンスじゃないの?南にカッコいいところ見せれば南惚れるかもよ?」(・∀・)ニヤニヤ


比叡 「っ!!!!」///ドキッ!!


提督(東) 「(でも比叡?私だって南を狙ってるんだからそう簡単には渡さないわよ!)」


提督 「…」


翔鶴 「あらあら?元提督は本当にモテますね?」ヒソヒソ


提督 「…はぁ…」


提督(東) 「それじゃ、東北我原鎮守府に行くわよ?」


加賀&比叡 「「はい!」」


提督 「俺どこにあるか知らないから道案内頼む」


提督(東) 「わかったわ」


比叡 「(南提督にカッコいいところを…南提督にカッコいいところを!)」


タッタッタッ…













東北我原鎮守府付近ー海上



ザー…


提督(東) 「南 見えてきたわよ?あそこが東北我原鎮守府よ」 ザー… 比叡の背中に乗ってる


提督 「…あそこが東北我原鎮守府か?」ザー… 速度型装甲を着て海上を走行してる


翔鶴 「結構大きい所ですね?家の鎮守府より少しでかいかも知れませんね」ザー…


提督(東) 「比叡 榛名達は先に来てるよね?」


比叡 「えぇ その筈ですが?」


加賀 「提督 今回の演習メンバーを教えてくれませんか?まだ聞いていないので」ザー…


提督(東) 「…そう言えば話してなかったわね?」


提督(東) 「今回の演習メンバーは【旗艦加賀ちゃん 比叡 霧島 榛名 青葉 若葉】で演習をしてもらうわ?」


加賀 「私が旗艦ですか?」


提督(東) 「えぇ 本当は赤城ちゃんも入れるはずだったんだけど…」


赤城 「」チーン 加賀の背中におぶられながら気絶してる


加賀 「…確かにこの様子だと参加は無理ですね?」


提督(東) 「でしょ?一応二人が出れなかった場合も考えて若葉と隼鷹も連れてきてるから今回は若葉も参加させるわ」


提督 「なぁ東 東北我原鎮守の提督の第一艦隊はどういう編成メンバーなんだ?」ザー…


提督(東) 「そうね?毎回一緒ってわけじゃないけどいつも居る艦娘ならわかるわよ?」


提督(東) 「第一に絶対居る艦娘は二人いるのよ その二人は東北我原鎮守府一〜二位と言われているわ」


提督 「その二人の名前は?」


提督(東) 「【戦艦 長門と重巡 妙高の二人よ】」


提督 「…あいつが東北我原の頂点争いねぇ?」ボソッ


提督(東) 「? 何か言った?」


提督 「いや、何でもない」


提督(東) 「?」


翔鶴 「…」ザー…


ザー…









東北我原鎮守府ー提督室



? 「…」カリカリ…


コンコン ヒガシガハラチンジュフテイトクデス ナカニハイッテモヨロシイデショウカ?


? 「おや?もうそんな時間ですか 中に入っていいですよ」カタッ


ガチャッ


提督(東) 「失礼します」


提督 「失礼する」


? 「あれ?そちらの方は?」タッタッタッ


提督(東) 「こちらは南我原鎮守府提督です 今日の演習を見たいとの事で一緒に来ました」


? 「この方が新しい南我原鎮守府の提督さんですか?」


提督(東) 「そうです」


提督 「…なぁ東 ちょっと聞いていいか?」


提督(東) 「なに?」


提督 「まさかとは思うんだけど、ここの提督って…この子?」


提督(東) 「そうよ?」


提督 「子供だよな?明らかに」


? 「失礼な!子供だからと言って甘く見てもらっては困ります!」


提督(東北) 「自分は東北我原鎮守府提督 見た目は子供ですがこう見えても頭は良いんです!」


提督 「本当か?なら聞くぞ?」


提督「【7=63】【6=48】【5=35】【4=24】【3=?】この?に入る数字は?」


提督(東) 「12」

提督(東北) 「15です」


提督 「…」


提督(東北) 「…」


提督(東) 「…っえ?12じゃないの?」


提督 「…なんで12になったんだ?逆にそっちが気になる」


提督(東) 「っえ?なんとなく…」


提督 「…正解は15【7から×9、8、7、6、5】って順序にかけただけの単純計算だよ」


提督(東北) 「東提督さんが残念な方だったとは…」ハァッ…


提督(東) 「ちょっ!?そんな事ありませんよ!南他の問題も出して!」


提督 「…じゃあ 円周率言ってみてくれ?」


提督(東) 「3,1415…」


提督(東北) 「3.14159265358979323846264338…」


提督 「…すげぇな?そこまで覚えてるのか?」


提督(東北) 「これ以上は忘れてしまいましたがここまでなら覚えてます」


提督 「俺でも3.141592653589793238…ここまでしか言えないな?」


提督(東北) 「円周率は決まった数字を覚えるだけですからね?それを覚えるだけならこのくらいはいけます」


提督 「それに比べて東は…」ハァ…


提督(東北) 「残念です…」ハァ…


提督(東) 「うっ…」グサッ!!


提督(東北) 「…まぁそれはいいとして?」


提督(東) 「あまり良くないんですけど…」ズーン… 落ち込んでる


提督(東北) 「今から演習場に第一艦隊を集めますので東提督さんは自分の艦娘に作戦指示を先にしてください」


提督(東) 「はい…」ハァ…


提督 (東北) 「それで南提督さんは観客席で自分と東提督が演習してる所を見てください」


提督 「その観客席は皆に見える所か?」


提督(東北) 「? はい、みんなに見える所ですが?」


提督 「皆に見られない所から演習を見れる所ってないか?」


提督(東北) 「…なぜですか?一応ありますけど」


提督 「ちょっとな?理由は聞かないでくれると嬉しいな?」


提督(東北) 「…なんか怪しいですね?なにか企んでないでしょうか?」ジー


提督 「俺がなにか企んでるような顔してるか?」


提督(東北) 「…いえ、まったくしてません」


提督 「だろ?ちゃんとした理由はあるんだけど聞かないで欲しい …それでお願いできるか?」


提督(東北) 「…わかりました 本来なら一般の人は入れないんですけど今回は特別に許可します」


提督 「ありがとう それともう一人その部屋に入れて欲しい艦娘がいるんだけど?」


提督(東北) 「艦娘ならどなたでも許可します いいですよ」


提督 「…なんで艦娘は良いんだ?」


提督(東北) 「男の人を入れるとろくな事がなかったので…」


提督 「…あぁ なるほど?言いたい事はわかったよ 理解した」


提督(東) 「っえ?分かったの?私全然わからないんだけど…」


提督&提督(東北) 「「聞かない事を進める(ます)」」


提督(東) 「???」


提督 「あっそれともう一つ」


提督(東北) 「まだあるんですか?初対面の人にお願いするのもどうかと思うのに…」


提督 「悪い悪い あと一つだけ頼む?」


提督(東北) 「…なんですか?そのお願いによっては受け入れられませんが?」


提督 「俺が来てる事は誰にも話さないでもらえるか?」


提督(東北) 「…っえ?」


提督 「ここにいる三人だけの内緒…お願いできるか?」


提督(東) 「…なんで?」


提督 「理由は聞かないでもらえると嬉しいな?俺と翔鶴が来てる事を知れるとめんどくさい事になるからとだけ言っておく」


提督(東)&提督(東北) 「「?」」


提督 「(妙高に知られるとまた口喧嘩する可能性があるからな?他人の鎮守府で口喧嘩なんてしたら迷惑にも程があるからな)」


提督(東北) 「…わかりました あなたが来た事はこの三人だけの秘密にします」


提督 「悪いな?そうしてくれるとありがたい」


提督(東北) 「では、東提督さんは自分の艦娘の元へ行って作戦を考えておいてください」


提督(東) 「わかりました」


提督(東北) 「南提督さんは特別観客席部屋に案内するので自分と付いて来てください」


提督 「その前に出入口に翔鶴が待ってるから先に出入口に行かせてくれないか?」


提督(東北) 「…なぜ入口に?」


提督 「さっき言ったろ?翔鶴もここに来た事が知られるとめんどくさい事になるからだ」


提督(東北) 「…そう言えば言ってましたね?わかりました」


提督(東北) 「では行きましょう」


タッタッタッ…













特別観客席部屋



カチャッ


提督(東北) 「ここが特別観客席部屋です」タッタッタッ…


提督 「…マジックミラーか?このガラスの間に入れてる物は?」


部屋に付いてるガラスはガラスとガラスの間にマジックミラーが挟まれるように入ってる


提督(東北) 「そうです この部屋に付いてるガラスは全部間にマジックミラーが入っています」


翔鶴 「なぜマジックミラーを付けたんですか?」


提督(東北) 「演習をしてる時に見られながらだとやりづらいと言う方が居るんです その為にこの部屋を作りました」


提督 「なるほど?確かに誰かに見られながらだとやりづらいからな これはいいかもしれないな?」


提督(東北) 「ですが過去にここへ連れてきた男性提督や百合提督が艦娘が中破、大破するとイヤらしい目で見るんですよ…」ハァ…


提督 「…まぁ確かにそういう奴は居るな?絶対に」


翔鶴 「でも、元提督はそういう目で見たりしませんから平気ですね?」


提督 「逆にしたら後がおっかないから絶対にしたくない…」


翔鶴 「してたら目を潰しますからね?元提督」(#^ω^)


提督 「…」


提督(東北) 「…その心配はなさそうですね?今のやり取りからして…」


提督 「…そうだな?したらしたで俺の命がなくなりそうだ…」ハァ…


翔鶴 「さすがに命までは取りませんよ…」


提督 「でも目は潰すんだろ?」


翔鶴 「私が本気でやると思いますか?」


提督 「…うん」


翔鶴 「」ズーン…


提督(東北) 「…まぁそれはさておき、自分は行きますのでここで大人しくして見ていてくださいね?」タッタッタッ… ガチャッ


提督 「わかってるよ?あと俺が来てる事は内緒で頼むぞ?」


提督(東北) 「わかっています では」 パタンッ



タッタッタッ…


提督 「…」


翔鶴 「…ひどいです元提督 私が本気でするわけないじゃないですか…」ズーン…


提督 「…さっき目が本気だったよな?」


翔鶴 「わざとに決まってるじゃないですか?私が本気でするわけないじゃないですか…」ズーン…


提督 「だったら一々そういう事しなくてもいいと思うんだが?」


翔鶴 「…確かにそうですけど?」(。•ˇ‸ˇ•。)ムスッ


提督 「…まぁ確かに翔鶴の言ってる事はわかるよ?俺が他の女に鼻伸ばしてたりしたら嫉妬するのはな」


翔鶴 「別に嫉妬なんて…」


提督 「じゃあ俺が演習してる艦娘の服がボロボロになって行くところをイヤらしい目で見てもいいんだな?」


翔鶴 「駄目です!絶対ダメです!!そんな事したら本気で怒りますよ!?」


提督 「だったら素直にそう言え?一々隠すことないだろ?」


翔鶴 「確かにそうですけど…言いづらいじゃないですか?まして元提督に…」モジモジ(。_。*)))


提督 「お前は控えめの性格だからなかなか言わないけどなにか言いたい事があるんだったらズバッと言え!俺は遠回しに話されたり時間かけて話されるのは嫌いなんだよ?」


翔鶴 「でも…目上の人にそういう事を言うのは失礼じゃありませんか?」


提督 「俺は別にそういうの気にしないから言いたい事があるなら言えって昔から言ってたよな?」


翔鶴 「確かに仰ってましたけど…」


提督 「だったら遠慮しないで言ってくれ?言いたい事を言えなくて精神崩壊なんてされたら本当に困るんだよ 瑞鶴の時みたいに…」


翔鶴 「…わかりました 次からは気をつけます」


提督 「そうしてくれるとありがたい」








一方演習場では…



青葉 「どうも!お久しぶりです 元気にしてましたか?妙高さん」


妙高 「えぇ?元気にしてましたよ あなたこそ死んでなくて良かったわね?元提督に…うふふ?」


青葉 「元提督がそんな事するわけないじゃないですか?妙高さんも心配性ですね!」(^∇^)アハハハハ!


妙高 「私が心配してる?そんな無駄な事するわけないじゃない なに勘違いしてるの?」


青葉 「またまた〜?そんな事言って本当は心配していてくれてたんですよね?青葉には分かってるんですからね!」


妙高 「…」


青葉 「いやー?青葉は嬉しいです!元提督にひどい事されてないか今まで心配してくれていたなんて青葉超御機嫌です!!」


妙高 「…やっぱりあなたは苦手だわ からかっても面白くないわ…」ハァ…


青葉 「えぇ〜?青葉は妙高さんとお話するの楽しいですよ?もっとお話しましょうよ〜?」(・3・)



提督(東) 「…」 モウイイワ ダマッテテチョウダイ


比叡 「…青葉 楽しそうですね?」 ソンナコトイッテ?ホントウハモットオハナシシタインデスヨネ!?


加賀 「そうね?会話が全然噛み合ってないけど…」 シタクナイワ!ダマッテチョウダイ!!


榛名 「…あれで楽しいのでしょうか?」 ワカリマシタ!デハモットオハナシシマショウ!!


霧島 「向こう側はそう思ってないようだけど…」 ヒトノハナシキイテタカシラ!?


若葉 「喧嘩するほど仲がいいとは聞くがこれは…」 キイテマシタヨ?モットオハナシシタイッテキキマシタ!!


隼鷹 「青葉が一方的だねぇ?」 イッテナイワヨ!!


タッタッタッ…


提督(東北) 「おまたせしました東提督さん ただいま第一艦隊を集めてきました」タッタッタッ…


長門 「…」

陸奥 「やっほー!久し振りだね?東提督」

愛宕 「あらあら?陸奥さん今日は一段とご機嫌ですね?」ウフフ

高雄 「久々ですね?東我原と演習なんて」

五十鈴 「そうね 本当に久し振りね?」




提督 「…あいつらが東北の第一艦隊か?やっぱり長門は居るんだな」


翔鶴 「みたいですね?東提督さんが言ってた通り長門さんと妙高さんが居ますね」


提督 「…青葉は妙高にずっと話しかけっぱなしだけど、あいつため息ついてるぞ?」


翔鶴 「楽しいのでしょうか?青葉さん嬉しそうにお話してますけど…」


提督 「ここからじゃ何話してるか聴こえないからな?どんな内容かが全然わからん」


翔鶴 「確かに…」




提督(東) 「陸〜奥ちゃーん!!」(≧∇≦) ガバッ!! 陸奥に抱きつく


陸奥 「東提督〜!!本当に久し振りだね!久々に会えて私嬉しいわよ!」(≧∇≦)


提督(東) 「私も嬉しいわよ!久々に陸奥ちゃんに抱きつけて本当に良かったわ!!」ギューッ!!


陸奥 「もう!可愛いんだから!!」ギューッ!!


提督(東) 「(はぁ〜!陸奥ちゃんの胸本当に気持ちいいわぁ?金剛ちゃんや加賀ちゃんのとはまた違って柔らかいわぁ?)」///ムニュムニュッ


提督(東) 「(逆に加賀ちゃんにしたらしたで後が怖いからなぁ?主に爆撃機をぶつけられるのが…)」


陸奥 「〜♡」ナデナデ…


提督(東北) 「陸奥さん!東提督さんに何してるんですか!?早く離しなさい!」


陸奥 「えぇ〜?別にいいじゃない 抱きつきあっても?」(・ε・` )ブー


提督(東北) 「迷惑をかけてますよ!」


提督(東) 「私は迷惑じゃないですよ?むしろ嬉しいです!」スリスリ…


陸奥 「きゃはははは!東提督くすぐったいよ?スリスリはやめて?」


提督(東) 「え〜?どうしよっかなぁ?」(・∀・)ニヤニヤ



加賀 「…」ゴゴゴゴゴ!!!!… 東提督の後ろから殺意を出してる


提督(東) 「…」


陸奥 「…後ろの人がお怒りみたいね?そろそろ離れよっか?」


提督(東) 「そうね そうした方が良さそうね?」スッ 陸奥から離れる


提督(東北) 「申し訳ありません東提督さん 陸奥さんが迷惑をかけてしまって?」


提督(東) 「そんなことないですよ?むしろ嬉しか…」


加賀 「提督?」ゴゴゴゴゴ!!!!!!…


提督(東) 「迷惑じゃなかったですよ?気にしないでください(加賀ちゃん怖い!!)」


提督(東北) 「それなら良かったです では、早速演習しますか?」


提督(東) 「そうですね?始めますか」


提督(東北) 「妙高さん 作戦内容を話すので戻ってきてください」


妙高 「はい 今行きます」


青葉 「もう行ってしまうんですか?もっとお話したかったです」


妙高 「私はもう話したくないわ?じゃあね」タッタッタッ…


青葉 「またお話しましょうね!」


妙高 「だからもうしないって言ったでしょ!?」タッタッタッ…


青葉 「いやー!久し振りにいっぱい話せて楽しかったです!」(^∀^)


若葉 「あれで楽しかったのか?私にはそう見えなかったが…」


青葉 「楽しかったに決まってるじゃないですか!まだ物足りないのでもっと話していたいです!」


比叡 「…なんか 青葉がかわいそうに見えてきたのは私だけ?」


青葉 「なんでですか!?」


霧島 「安心して?私も思ったから」


青葉 「ひどいです!!」




提督 「やっと話し終わったのか?ずいぶんと長かったな」


翔鶴 「妙高さんは嫌がってたみたいですけど…」


提督 「確かに あいつすげぇ顔して何か言ってたよな?何言ってるかは全然聞こえなかったけど」


翔鶴 「…ところで元提督 少しお聞きしたいことがあるんですけど?」


提督 「なんだ?」


翔鶴 「ここに来た理由って妙高さんと長門さんの事を調べるために来たんですよね?」


提督 「そうだけど それが?」


翔鶴 「何を調べに来たんですか?」


提督 「【長門は今どれくらい瑞鳳の事を恨んでるのかを調べに来たんだ】」


提督 「この演習が終わって一人になった所を話しかけて聞いてみようと思ってな?」


翔鶴 「なるほど では妙高さんは?」


提督 「妙高はこの鎮守府でうまくやってるかを確かめに来たんだ ついでにな?」


翔鶴 「…心配してたんですか?妙高さんのこと」


提督 「はぁ?ンなわけねぇだろ なんであいつの事を心配しなくちゃいけないんだ?あいつを心配する暇があったら他の事に回すわ」


翔鶴 「でも、さっきの言い方だとそう聞こえましたが?」


提督 「ついでって言ったろ?あんな奴心配する価値もねぇよ」


翔鶴 「…そうですか そうですよね?元提督が妙高さんの事心配するワケありませんよね?機嫌悪くさせて申しわけございません」


提督 「別に謝らなくていいよ?気にしてないから」


翔鶴 「そうですか?ありがとうございます」


提督 「…」




陸奥 「妙高 あなた青葉と長話してたけど何話してたの?」 タッタッタッ…


妙高 「何も話してないわよ?青葉が勝手に話してただけよ」タッタッタッ


陸奥 「…聞いてなかったの?」


妙高 「えぇ?まったく」


陸奥 「…」


提督(東北) 「皆さん集まりましたね?それでは今回の作戦なんですが」


長門 「その前に聞きたい事があるんだが?」


提督(東北) 「なんですか?長門さん」


長門 「…今日は誰か来てるのか?」


提督(東北) 「…っえ?」


長門 「特別観客席部屋に誰かいる気がするんだが…しかもかなり強い気を感じる 一体誰が来てるんだ?」


提督(東北) 「…」




提督 「…バレたな」


翔鶴 「っえ?」


提督 「長門の奴、俺の気に気づきやがったな?さすがだな」


翔鶴 「…本当ですか?」


提督 「あぁ あいつ一瞬だけどこっちを見たから気を感じて見たんだろ?」


提督 「しょうがない?翔鶴 外に出るぞ?バレた以上ここに居ても仕方ない」


翔鶴 「わかりました」


タッタッタッ…




提督(東北) 「…誰も来てませんよ?特別観客席部屋には誰もいませんよ?」


長門 「本当か?凄く強い気を感じたんだが?」


提督(東北) 「…」


長門 「…提督?」



プルルルル… プルルルル…


提督(東) 「っん?」スッ


着信:南提督


提督(東) 「南から?なんだろう」ピッ


提督(東) 「もしもし?」


提督 『もしもし 東か?ちょっと東北に今からそっちに行くって伝えてくれないか?』


提督(東) 「っえ?でもさっき秘密にするようにって言ってたよね?」


提督 『長門が俺の気に気づいてバレたから隠れていても意味なくなったんだ だから伝えてくれ』


提督(東) 「分かったわ」ピッ


提督(東) 「東北我原提督 今から南我原提督がこちらに来ますのでよろしくお願いします」


長門 「…南我原提督?」ピクッ


提督(東北) 「っえ?でも先程来てる事は内緒にするようにと言ってませんでしたか?」


提督(東) 「…」スッ 長門に指を指す


提督(東北) 「っ! わかりました 納得しました」


妙高 「あらあら?あの提督が来てるんですか?これは面白くなりそうですね」


長門 「なんだ?妙高 知ってるのか?南我原提督のこと」


妙高 「えぇ?忘れもしないわ なにしろ私を捨てた元提督なんですから?」


東北艦娘全員 「「っえ!!!?」」


妙高 「元々私は大湊警備部に配属された艦娘なのよ?そこの提督は今南我原提督になってるけどね?」


五十鈴 「…なんで捨てられたの?妙高さんなにかしたの?」


妙高 「元提督の鎮守府で第一艦隊と第二艦隊に別れて演習を行ってた時に私、ちょっと本気を出し過ぎて元提督の秘書官を大破させちゃったのが原因だと思うわ?」


高雄 「…それだけで捨てられたの?妙高さん」


妙高 「えぇ?『仲間を大破までさせる奴がいるか!この鎮守府から出ていけ!』って言われて私は追い出されたわ」


愛宕 「…ひどいわね?その提督 妙高さんはわざとやったわけじゃないのに」


妙高 「…ほんとよね?ひどいわよね?元提督」ニヤッ


提督(東北) 「?」ピクッ


提督(東北) 「(今 妙高さんニヤけた?過去にひどかったことを話してるのにニヤけた…?)」


提督(東北) 「(なぜでしょうか?普通なら悲しそうな顔をするのが当たり前なのに何故ニヤけたんでしょうか?…なにか裏がありそうですね?)」


長門 「(大湊警備部提督…南我原提督 まさか)」 タッタッタッ…



提督 「…」タッタッタッ…


翔鶴 「…」タッタッタッ…



陸奥 「あっあの人達じゃない?南我原の提督って?」


長門 「あいつが…」


五十鈴 「いかにも悪い人って感じがするわね?目つきがすごく悪いわ」


愛宕 「そうね?すごく悪い人って感じがするわね」


高雄 「…」 タッタッタッ…


提督 「すまないな?東北提督 無理に言ってあの部屋を使わせてもらったのに」


提督(東北) 「構いませんよ それより後でお聞きしたいことがあるので演習が終わったら少しお時間をもらえませんか?」


提督 「別にいいけど…今じゃダメなのか?」


提督(東北) 「今はちょっと…」チラッ 自分の艦娘達を見る


提督 「?」チラッ


東北艦娘全員(妙高除く) 「「…」」ギロッ!!!!


妙高 「…」ニタァ


提督 「(…なるほど?そういうことか)」


提督 「わかった それじゃ俺は観客席で演習を見させてもらうよ?行くぞ 翔鶴」タッタッタッ…


翔鶴 「はい」タッタッタッ…


提督(東北) 「…」


陸奥 「…なんか意外と普通ね?目つきがキツイからもっと言葉使いが悪いかと思ってたけど」 ヒガシ オマエモマケナイヨウガンバレヨ?オウエンシテルカラナ


妙高 「見た感じわね?でも、裏ではろくでもない事を考えているわよ?」 ワカッテルワヨ!エンシュウダカラトイッテマケルワケニハイカナイワ!


愛宕 「そんな感じね?表は普通っぽいけど裏ではなにか考えてそうね」 オマエラモガンバレヨ?


高雄 「…あまり関わらないようにしないとね?」 ワカッテイマスヨ!ゼッタイカッテミセマスヨ!!


五十鈴 「そうね」 ソノイキダ!ガンバレヨ?


長門 「…」 ハイ!


提督(東北) 「…それでは作戦を説明しますので皆さん聞いてください」


東北艦娘全員 「「はい!!」」








数十分後(演習スキップ)



ドーン!! バババババ!!!!…ザッパァン!!!!


提督(東北) 「そこまで!」


長門 無傷

陸奥 小破

愛宕 中破 「「了解!」」

高雄 中破

五十鈴 大破

妙高 無傷


加賀 「負けました…悔しいです」中破


比叡 「くぅぅ!!せっかく南提督にかっこいいところを見せるチャンスだったのにぃ〜!!」大破


霧島 「…比叡姉さん まさかあの目つきの悪い提督好きなんですか?」中破


榛名 「提督も提督ですけど比叡お姉様も凄いです…別の意味で?」大破


比叡 「ちょっ!?二人してひどくない!?」


青葉 「そうですよ!確かに元提督は目つき悪いですけどすごく良い方なんですからね!」無傷


霧島 「そうは言われても…」


榛名 「ですね?」


若葉 「私はなんとなくわかるぞ?」中破


霧島 「わかるの!?」

榛名 「わかるんですか!?」


提督(東) 「…やっぱり東北我原の艦娘には勝てないか?わかっていたけどここまでとはね…」ハァ…


加賀 「申し訳ありません提督 私が開幕雷撃戦でミスしたばかりに…」


提督(東) 「気にしないで?失敗は誰にでもあるんだから次に繋げてくれれば良いわ」


加賀 「…はい」



提督 「…東が負けたか」 観客席から見てる


瑞鶴 「その様ですね?主に長門さんと妙高さんにやられていましたね」


提督 「…妙高の実力は大体想定してたけど長門は異常だ?どうやったらあんなに強くなるんだ?」


瑞鶴 「わかりませんが恐らく瑞鳳の事が関係してるかも知れませんね?」


提督 「…」



提督(東北) 「皆さんよく頑張ってくれました!皆さんのおかげで勝つ事が出来ました ありがとうございます!」


長門 「当然の事だ!演習とは言え勝負は勝負だ 勝たなければ意味がない!」


陸奥 「長門は固すぎだよ?深海棲艦じゃないんだからもっと気軽にやらないと?」


愛宕 「確かに今日の長門さんはいつも以上に本気出してたわね?どうかしたの?」


長門 「…別にどうもしないが?」


愛宕 「…そう?」


提督(東北) 「それでは皆さん 傷を負った方はすぐに修理をしてください?今日は出撃とかはないのでゆっくり休んでください」


陸奥

愛宕

高雄 「「はい!」」

五十鈴


タッタッタッ…


提督(東北) 「では、自分は東提督さんと南提督さんに用があるので行きます」タッタッタッ…


長門 「ちょっと待ってくれ提督 その前に私もあいつに用があるんだが、先に私から用を済ませていいか?」


提督(東北) 「っえ?あっはい わかりました」


妙高 「どうかしたの?長門さん もしかしてあの提督に興味を持ったのかしら?」


長門 「ちょっと確かめたいことがあるだけだ?勘違いするな」タッタッタッ…


妙高 「…確かめたいこと?」



提督 「東 さっきの作戦なんだがいくつか目立つところがあったんだがいいか?」


提督(東) 「いいわよ 教えてもらえるかしら?」


提督 「最初の開幕雷撃戦なんだが…」


長門 「南我原鎮守府提督 ちょっといいか?」タッタッタッ…


提督 「っえ?あっ悪い 今東と話してるから少し待っててもらえないか?」


長門 「今すぐがいいんだが?」


提督 「…急用か?」


長門 「体を鈍らせたくないのでな?だから今すぐがいい」


提督 「…鈍らせたくない?」


長門 「一手お願いしたいんだが?もちろん一体一でな」


提督 「…っは?」


提督(東北) 「ちょっ!?長門さん何言ってるんですか!?いきなり宣戦布告するなんて!?」


妙高 「…長門さん?」


提督 「…俺とか?」


長門 「そうだ 妙高から聞いたんだがなかなかの強者らしいじゃないか?だから一手願いたいんだがいいか?」


提督 「…」



提督(東北) 「初対面の人に何言ってるんですか長門さん!まして相手は艦娘じゃありませんよ!」


妙高 「(…わたし 元提督が強いなんて言ったかしら?)」ウーン


提督 「…どうしてもか?」


長門 「出来ればそうして欲しい」


提督 「…仕方ねぇな?」スクッ


翔鶴 「っえ!?やるんですか!?」


提督 「売られた喧嘩は買う主義だからな?その宣戦布告…受けて立つ」


長門 「そうか なら早速やろうじゃないか?」


提督 「いいだろう?東 後でさっきの作戦で目立ったところを教えるから待っててくれ?」


提督(東) 「本当にやるの!?さっきも言ったけど相手は東北我原鎮守府一位〜二位を争う艦娘よ!?」


提督 「相手が誰だろうが関係ねぇ 挑まれた勝負は誰でも買うのが俺のやり方だ!」


長門 「よし!では私は一旦弾薬などを補充してくるから先に準備して待っててくれ?」タッタッタッ…


提督 「わかった」 タッタッタッ…



提督(東北) 「長門さん!一体何を考えてるんですか!?南我原鎮守府の提督さんに宣戦布告するなんて!」


長門 「ちょっとあいつの事を調べるよう頼まれてな?だから宣戦布告した」


提督(東北) 「…頼まれた?一体誰にですか?自分は頼んでいませんけど…」


長門 「…」


提督(東北) 「…長門さん?」


長門 「…弾薬などを補充してくる」タッタッタッ…


提督(東北) 「あっ長門さん!まだ話しは終わってません!一体誰に頼まれたんですか!教えてください!」


長門 「…」


長門 「【私の大切な人から頼まれた】」


提督(東北) 「…長門さんの大切な人から?」


長門 「これ以上は教えられない すまない」タッタッタッ…


提督(東北) 「…長門さん?」


提督 「…俺を調べる?一体何の為に?」


翔鶴 「わかりませんけど、長門さんは『私の大切な人から頼まれた』と言ってましたけど…」


提督 「…長門の大切な人って瑞鳳の元提督の事か?」


翔鶴 「可能性はあります 断定としては言えませんが?」


提督 「…でも、確か瑞鳳の元提督って島流しされたはずじゃなかったか?」


翔鶴 「…」


提督 「…翔鶴?」 タッタッタッ…


提督(東北) 「申し訳ありません南提督さん 家の長門さんが宣戦布告なんかしてしまって?」


提督 「っん?あぁ、別に構わねぇよ?気にしてないから」


提督(東北) 「…その前にひとつ聞いていいですか?」


提督 「なんだ?」


提督(東北) 「さっき長門さんが一体一でやろうと言ってましたが…まさかあなたがやるんですか?」


提督 「そうだけど…それが?」


提督(東北) 「あなたは人間ですよね?」


提督 「艦娘に見えるか?逆に艦娘に見えてたら眼科行くことを進めるぞ?」


提督(東北) 「大丈夫です 艦娘にはまったく見えないので眼科に行かなくても平気です」


提督 「そうか?なら良かった 本気で艦娘に見えたって言われたらどうしようかと思ってたよ?」


提督(東北) 「でも珍しいですね?提督自身が戦う人なんて滅多に居ないのにあなたは戦う人なんですね?」


提督 「まぁ昔からそうしてきたからな?艦娘は基本使いたくないから俺が出撃して敵を倒してたからな」


提督(東北) 「…昔から?」 タッタッタッ…


妙高 「元提督は元単独行動隊だったんですよ?」


提督(東北) 「…っえ?元単独行動隊?」


翔鶴 「違います!元特別単独行動隊です!特別を付けるの忘れないでください!」


妙高 「あらごめんなさい?付け忘れていたわ そんなにムキにならなくてもいいじゃない?」クスッ


翔鶴 「っ!!!!」ギリッ!!


提督 「翔鶴落ち着け?こいつと相手してたらキリがない」


翔鶴 「でも!」


提督 「俺のことは気にするな?別にいつもの事なんだから気にしてねぇよ」


翔鶴 「…わかりました」


妙高 「あらあら?いつにも増して冷静ですね?元提督 いつもならなにかしら言ってくるのに?」


提督 「一々相手してたらキリがないからな?ましてお前の今の提督が居るのに余計相手するわけないだろ?」


妙高 「…そうですか?つまらないですねぇ?」ニタァ


提督 「…」


提督(東北) 「…とっとにかく今は長門さんが帰って来るまで待機してましょう?」


提督(東北) 「東提督さん あなたの損傷した艦娘達もここで修理していってください」


提督(東) 「いいんですか?」


提督(東北) 「構いません うちの修理施設は他とは違って二十人分入れるようになっているので一気に入る事が出来ます なので損傷してる艦娘は全員入ってってください」


提督(東) 「…それじゃお願いしてもいいですか?」


提督(東北) 「はい!許可します」


提督(東) 「ありがとうございます 東北提督」


提督(東) 「みんな、東北提督が修理してってもいいって許可してくれたから青葉以外は修理してきて?」


比叡 「えぇ〜!?これから南提督があの長門と演習するのに!?」


提督(東) 「携帯で録画しといてあげるからっね?」


比叡 「現物が見たいです…」


提督(東) 「そう言われても…」ウーン


提督(東北) 「…バケツ使いますか?」


提督(東) 「いや、それはさすがに悪いですよ?只でさえ修理させてもらえる上にバケツまで使わせてもらったら?」


提督(東北) 「別に構いませんよ バケツは全然余裕があるので使ってもいいですよ?」


提督(東) 「でも…」


提督(東北) 「遠慮しなくてもいいですよ?自分は構いませんから!」


提督(東) 「…それじゃ、お言葉に甘えて使わせてもらいます ありがとうございます東北提督」


提督(東北) 「どういたしまして!」


提督(東) 「みんな 東北提督がバケツも使っていいって許可してくれたからすぐに修理して終ったらまたここに戻ってきて?」


加賀 「わかりました」タッタッタッ…


比叡 「ありがとうございます!東北提督!」タッタッタッ…


霧島 「優しい方ね?東北提督」タッタッタッ…


榛名 「ですね?」タッタッタッ…


若葉 「修理か それも悪くない」タッタッタッ…



提督 「…けっこう優しいな?東北提督 普通の奴なら他人にバケツをあげることは拒むのに?」


翔鶴 「そうですね?普通の方なら拒みますね」


提督 「…ところで翔鶴 さっき話が途切れたけど、瑞鳳の元提督は島流しされたんだよな?」


翔鶴 「…はい 一年前瑞鳳の元提督が他部の提督を殺そうとして捕まり、島流しされたんです」


提督 「なんで島流しなんだ?普通は単独行動隊に入れられるはずだろ?」


翔鶴 「瑞鳳の元提督は頭が凄く回る方だったみたいです 私も詳しくはわかりませんが」


翔鶴 「【過去二番目に最高だった提督と言われています】」


提督 「…マジで?」


翔鶴 「はい」


提督 「…なるほど だから島流しにされたのか?確かに頭のいい奴が単独行動隊になると罪人達を上手く使って暴動を起こす可能性があるからな?島流しにして正解だな」


翔鶴 「【ですがその結果が裏をかいたんです 島流しにしてしまった事で過去最悪の危機に今陥ってるんです】」


提督 「…っえ?」 タッタッタッ…


長門 「待たせたな?南提督 それでは早速やろうじゃないか?」


提督 「っえ?あっあぁ わかった」


翔鶴 「…この後は瑞鳳から聞いてください 私からはここまでしか言えません」


提督 「…わかった 少しでも教えてくれてありがとな?翔鶴」


翔鶴 「どういたしまして!」


長門 「? さっきからヒソヒソと何話してる?」


提督 「いや、なんでもない こっちの話だから気にしないでくれ?」


長門 「そうか?なら早くやるぞ」


提督 「おう!」


タッタッタッ…











演習場ー海上



長門 「それではよろしく頼む?南提督」


提督 「こっちこそお願いするよ?手加減はしないからな?」速度型装甲を来て海上に立ち止まってる


長門 「もちろんだ!私も全力でやらせてもらうからな?」


提督 「上等だ」



提督(東) 「南頑張れー!!」観客席から応援してる


比叡 「ファイトです!南提督!!頑張ってください!!」東提督の隣に座って応援してる


霧島 「…二人とも凄い熱意ね?暑苦しいわ」比叡達の隣に座ってる


榛名 「ほんとですね…」


隼鷹 「果たしてどっちが勝つんだろうねぇ?私は長門が勝つと思うな?」


若葉 「でも南提督も結構強いと思うぞ?私達がやられそうになった時にあの提督はたった一人で深海棲艦を一瞬で倒したんだぞ?」


加賀 「…」


赤城 「」( ºωº )チーン まだ気絶してる


陸奥 「長門頑張れー!!」同じく観客席に座って応援してる


愛宕 「負けたら承知しませんよ?」


高雄 「絶対負けないでください!」


五十鈴 「南提督なんかに負けるんじゃないわよ!」


妙高 「…」



提督(東北) 「それではそろそろ始めますがよろしいですか?」


長門 「いつでも大丈夫だ!」


提督 「俺も平気だ?始めてくれ」


提督(東北) 「わかりました」


提督(東北) 「それでは…初め!」


提督 「」ザー!! 始まった瞬間一気に水上を走り出す


長門 「(…一気に攻めてくるか てっきり最初は遠距離から攻撃してくると思っていたんだが予想が外れたな?)」


提督 「…」スー…スチャッ サーベルを構える


長門 「(サーベルを構えるか なら私も構えさせてもらおうじゃないか?)」スチャッ 両手に付けてる四十六cm三連装砲を構える


提督 「(四十六cm砲を構えるか?ならいつでも弾を跳ね返せるように準備しとかないとな)」スゥ… サーベルを前に出して防御体制に入る


長門 「…」構えたまま動かない


提督 「行くぞ!」ザー!! 長門の目の前まで近づく


長門 「…」ニヤッ


提督 「」ピクッ


長門 「喰らえ!」ダーン!! 提督との距離数mで発射させる


提督 「剣技 弾返し!」ガキィンッ!! 長門の撃った弾をはじき返す


長門 「っな!?」ザー!!ヒュルヒュル… 急速に後ろへ下がる


バチャンッ 跳ね返した弾が海上に落ちる


提督 「」ザー!! すかさず長門に近づく


長門 「(まさか四十六cm砲の弾を跳ね返してくるとはな?…だが!)」スッ 四十六cm三連装砲を下に下げる


提督 「はっ!!」サンッ!! サーベルを振りかざす


長門 「ふんっ!!」ブンッ!! 四十六cm三連装砲を振りかざす


ガキィンッ!!


提督 「…」ギリッギリッ!!… サーベルと換装がこすりつけられている


長門 「…まさか弾を跳ね返してくるとは思いもしなかったよ?あんなにも重い弾…しかも人間が跳ね返すとはな?」ギリッギリッ!!…


提督 「かなり練習したからな?これくらいどうってことない!」キィンッ!!ザー… 長門から距離をとる


長門 「そうか なら私も少し本気を出しても平気そうだな?」


提督 「少しじゃなくて完全な本気でかかって来いよ?手抜かれるのは嫌いなんでね」


長門 「まだ本気は出さない お前が少しでもやるようだったら本気を出してやろう?」


提督 「…舐められたもんだなぁ?いいぜ やってやるよ?」スゥ…


長門 「…」スチャッ



提督(東) 「ねぇ今の見た!?」


比叡 「はい見ました!なんですか今のは!?」


陸奥 「長門が撃った弾をはじき返した…」


高雄 「ありえない!?艦娘である私達でもあんな事できないのに!?」


五十鈴 「…南提督 かなり強いわね?」


加賀 「…」



提督 「行くぜ!」ザー!!


長門 「」ダーン!!


提督 「よっと?」シュンッ バシャンッ!! 避けて海に落ちる


長門 「もう一発!」ダーン!!


提督 「無駄無駄?」シュンッ


長門 「」ニヤッ


提督 「?」 バシャンッ!!


カァンッ 海の中から金属同士が当たったような音がする


提督 「…っえ?」


ザッパーン!!!!


提督 「っな!?」グラッ 謎の爆発でバランスを崩す


提督 「(爆発した!?なんでだ ぶつかってもいないのに何故爆発した!?)」


長門 「ここだ!」ダーン!!


提督 「やばっ!?」 ヒュー!!…


提督 「(まずい!体制がまだ!!)」


バァンッ!!!! 南提督に直撃する


観客席全員 「「っ!!!?」」


長門 「っえ!?」


提督(東北) 「南提督さん!?」


モクモク… 煙が漂って南提督の姿が見えない


長門 「…まさか直撃したか?」


モクモク…


長門 「南提督!」


シュー!!


長門 「っ!!」


ザバァンッ!!!!


提督 「」サンッ!! 海から出てきて切りつける


長門 「うぉっ!?」シュンッ 紙一重で避ける


提督 「っは!」シュンッ!! 突きで攻撃する


長門 「くっ!!」キィンッ!! 換装を盾にして突き攻撃を防ぐ


提督 「っち!当たらなかったか うまく行けると思ったんだけどなぁ?」ザー… 長門から距離をとる


長門 「…なるほど 海の中に潜って避けたのか?砲弾が爆発したから直撃したかと思ってしまったな?油断した」


提督 「潜る時にサーベルで砲弾を切って爆発させたからな?けっこう危なかったけど」



提督(東) 「よかったー…南生きてた」ハァ〜…


比叡 「爆発したから直撃したのかと思いましたね?心臓に悪いです…」ハァ〜…


翔鶴 「…」ホッ…



提督 「しかし、まさか俺が跳ね返して海に落ちた弾を撃って爆発させるとはな?正直驚いたよ」


提督 「爆発させてバランスを崩させ、その隙に攻撃を当てる…なかなかいい判断だな?」


長門 「…褒め言葉として受け取っておこう」


提督 「いや、本当に褒めたんたぞ?悪口で言ってないからな?」


長門 「わかってる それでは再開するぞ?」


提督 「ほんとにわかってるか?まぁいいか」


長門 「…」スチャッ


提督 「…」スゥ…スチャンッ 左手に持っていたサーベルを一本しまう


提督 「」ザー!!… 長門の方へ突っ込んでいく


長門 「(一本はしまって一刀で来るか?)」ザー!!… 同じく提督の方へ突っ込んでいく


提督 「…」ザー!!


長門 「…」ザー!!…スチャッ 片手に持ってる四十六cm三連装砲の銃口を提督に向ける


提督 「はぁっ!!」シュンッ!! サーベルを振りかざす


長門 「無駄だ」ガキィンッ!! もう片手に持ってる四十六cm三連装砲を盾にして提督の攻撃を防ぐ


提督 「」ガシッ 四十六cm三連装砲を掴む


グイッ!!


長門 「…っえ?」グラッ 換装を引っ張られてバランスを崩す


提督 「」サンッ!!


長門 「あぶなっ!?」シュンッ


提督 「もう一回!」シュンッ!!


長門 「何度も食らうか!!」ブンッ!! 換装を鈍器のように振るう


ガキィンッ!!!!


パキンッ


提督 「っ!!!?」サーベルが欠ける


長門 「ふんっ!!」ブンッ!!


提督 「っく!!」キィンッ!!ザー… 長門から距離をとる


長門 「(危なかった…もう少し対応が遅れてれば殺られていたな?)」スゥ… 体制を整える


提督 「(マジかよ?サーベルが欠けちったよ…予備の刃は持ってきてないからさっき閉まった一本しかない まいったな?)」スゥ…スチャッ 欠けたサーベルを閉まってもう一本のサーベルを構える



五十鈴 「あの提督…長門さんの攻撃を防いだ?」


高雄 「長門さんが四十六cm三連装砲を鈍器代わりにした攻撃を防ぐなんて…」


愛宕 「ましてや相手は人間…今まで見たことないわ?」


陸奥 「…」



長門 「すまないな?南提督 サーベルを欠けさせてしまって?」


提督 「なぁに?別に構わねぇよ 自分の鎮守府に帰れば予備のサーベルはいくらでもあるからな?」


長門 「そうか ならよかった」


提督 「…なぁ 演出中聞くのもなんだけどちょっと聞いていいか?」


長門 「なんだ?」


提督 「…お前 元横須賀鎮守府の艦娘だよな?」


長門 「っ!」


提督 「そこの鎮守府の元秘書 瑞鳳のこと…どう思ってるかを聞きたいんだが?」


長門 「…瑞鳳?」ピクッ


提督 「」ピクッ


長門 「貴様 あいつの事を知ってるのか?」


提督 「…知っていたら?」


長門 「今すぐ教えろ あいつは今どこに居る!」


長門 「あいつだけは許さん!あの馬鹿のせいで元私達の提督は島流しされたんだ!!あいつだけは絶対許さん!!」ギリッ!!


提督 「(…かなり恨んでるみたいだな?これは翔鶴が言ってた通り、瑞鳳の事かなり恨んでるな)」


提督 「(瑞鳳の居場所を教えろって言われたけど、今瑞鳳の居場所を教えたらまずいな?確実に殺しに行くな)」


長門 「あいつは今どこに居る!居場所を教えろ!!」


提督 「…残念だけどそれはできないな」


長門 「なぜだ!瑞鳳の居場所ぐらい教えてくれてもいいではないか!!」


提督 「今の話を聞いて教えると思うか?お前は瑞鳳をかなり恨んでるみたいだから教えることは出来ない」


長門 「お前には関係ない事だろ!関係ない奴が首突っ込んでくるな!!」


提督 「それが関係あるんだよ 理由は言わないけどな」


提督 「(言ったら瑞鳳が南我原に着任してるってバレるから話せないな?)」


長門 「…なんだ?お前は瑞鳳と出来てるのか?」


提督 「いやいや?俺には心に決めた艦娘が居るから瑞鳳とは出来てないよ」


長門 「ならなぜ瑞鳳の居場所を言わない?それとも何か瑞鳳に言われているのか?」


提督 「別に何も言われてねぇよ?聞いたとしたらお前や他の数人が瑞鳳の事を恨んでるって話は聞いたけどな」


長門 「…ほぅ?一人では耐えきれなくなって助けを求めたか あの糞野郎が!!」ギリッ!!


提督 「いいや?瑞鳳は助けを求めてない」


提督 「瑞鳳を恨んでる奴は誰かを最初に聞いたのは俺だし、それを話した後に『私がなんとかしないといけない』と言って自分一人でなんとかしようとしてる だから瑞鳳は助けなんか求めてない」


長門 「ならなぜ瑞鳳にを守る?助けを求められていないなら瑞鳳の居場所を教えてくれても良いのではないか?」


提督 「お前もしつこいな?さっきも言ったろ お前が瑞鳳を恨んでる一人だから教えることが出来ないんだよ もちろん俺の独自の判断でな?」


長門 「…そうか お前は私に楯突くんだな?」


提督 「別に盾突いてる気はないけどそうなっちゃうのかな?」


長門 「そうか…だったら」ガシャガシャガシャガシャッ!! 今まで出していなかった四十六cm三連装砲を四丁出して構える


提督 「っな!?」


長門 「無理矢理でもあいつの居場所を吐いてもらおうか!!」ジャキッ


提督 「(四十六cm三連装砲計六丁…ちょっとまずいな?)」


長門 「うおぉぉぉぉおぉぉっ!!!!!!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!! 四十六cm砲を連射する


提督 「ちょっ!?連射させるは反則だろ!」ザー!!…



陸奥 「長門が本気出した!?」 バシャーン!!ザッパァンッ!!


高雄 「さすがにやり過ぎよ!止めないと!」スクッ バァーン!!ザバァンッ!!


五十鈴 「どうやって!?長門が本気出したら誰にも止められないのに…それ以前に近づいたら私達まで巻沿い食らう可能性があるのにどうやって止めるのよ!?」 バシャーン!!ザッパァンッ!!


高雄 「そっそれは…」 ザブーン!!


妙高 「大丈夫よ?あの提督は異常だから多分平気よ」 ガキィンッ!!バーン!!


愛宕 「そうだとしてもやり過ぎよ!妙高さん長門を止めて!」 バサーン!!ザッパァンッ!!


妙高 「私が行っても返り討ちに合うだけよ 今の長門は私でも止められないわ?」 ボーンッ!!バシャーン!!


陸奥 「…そんな…」 ザッパァンッ!!


妙高 「(まっ止める気なんてさらさらないけどね?)」 バシャーン!!ザー!!


妙高 「(元糞提督がここで死んでくれれば好都合だしね?)」ニタァ


翔鶴 「…」



提督(東北) 「長門さん!相手は人間なのにやり過ぎです!なに本気出してるんですか!!」


長門 「うおぉぉぉぉおぉぉっ!!!!!!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!!


提督(東北) 「長門さん!!」


提督 「危ない危ない!なんでお前の四十六cm三連装砲は連射が出来るんだよ!?おかしいだろ!」ザー!! バシャンッ!!バシャンッ!!…


提督 「(てかマジでヤバイな?四十六cm砲を連射出来るのは予想外だったな これじゃ近づけねぇ)」ザー!!… バシャンッ!!バシャンッ!!…


提督 「(重速度型装甲を着てきたのがミスったな 遠距離武器が一切ないからやりづらい…どうするか)」ザー!! バシャンッ!!バシャンッ!!…


長門 「避けてばかりでは私には勝てないぞ!勝てないと思うならさっさと瑞鳳の居場所を教えろ!!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!!


提督 「教えたらお前は瑞鳳をどうする気だ!」ザー!!… バシャンッ!!バシャンッ!!…


長門 「殺すに決まっているだろう!!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!!


提督 「…艦娘同士なのにか?」ザー!!… バシャンッ!!バシャンッ!!…


長門 「あいつを私達と一緒の艦娘にするな!あいつは艦娘なんかじゃない!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!!


長門 「提督を島流しさせた現況犯!あいつだけは生かして置かない!!絶対に息の根を止めてやる!!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!!


提督 「…そうか 瑞鳳を仲間だと思わないか」ザーッ 海上を走るのをやめる


ヒュヒュヒュヒュヒュヒュッッッ!!!!!! 四十六cm砲の弾が南提督に向かって落ちていく



提督(東) 「南!?なんで立ち止まるの!?」


比叡 「危ない南提督!!」


翔鶴 「…まさか元提督 あれを使う気じゃ…?」



長門 「死ね!南提督 瑞鳳の味方する奴は皆殺してやる!!」ダダダダダダダダッッッ!!!!!!


提督 「…」スッ… 懐から小刀を出す


提督(東北) 「南提督さん逃げてください!!」


提督 「…」スー…スチャ 小刀を鞘から抜き構える(現在二刀流)


ヒューッ!!!!…


提督(東北) 「南提督さん!!」


妙高 「長門さん逃げてください!!」


全員 「「…っえ?」」



提督 「…」スゥ…


提督(切) 「【禁技 二刀剣乱舞】」ザッパァンッ!! エンジンを一気に吹かして飛ぶ


提督(切) 「うおぉぉぉぉおぉぉっ!!!!!!」カンカンカンカンカンカンッッッ!!!!!! 四十六cm砲の弾を次々跳ね返していく


長門 「なにっ!!!?」 バアァァァァンッッッ!!!!!! 四十六cm砲の弾が跳ね返されて長門が撃った弾に当たって誘爆する


提督(切) 「仲間なのに仲間じゃない?ふざけたこと言ってんじゃねぇぞこのくそ野郎!!」


提督(切) 「てめぇは艦娘なのに瑞鳳は艦娘じゃねぇだぁ!?何言ってんだオメェ!目ぇ腐ってんじゃねぇのか!」


提督(切) 「瑞鳳だって立派な艦娘だろうがよぉ!なのに仲間じゃねぇのか!!」


提督(切) 「おめぇらに何があったかなんて知らねぇけど仲間なのに仲間じゃねぇってのはおかしくないか!」


長門 「おかしくなどない!さっきから言わせておけばいい気になりやがって!!」ジャキッ!! 再び狙いを定める


長門 「あいつは仲間なんかじゃない!私達の元提督を島流しさせたゴミ以下のクズだ!!」


提督(切) 「…おかしくない?ゴミ以下?…そうか 艦娘同士なのに仲間じゃなくゴミ以下の敵か」ピクッ


長門 「そうだ!だからあいつは仲間なんかじゃ…」


提督(切) 「なぁ?俺的には仲間なのに仲間じゃないって言ってる奴の方が…」


提督 「ゴミ以下だと思うんだけどよぉ!!!!」ギンッ!!


長門 「っ!!!?」ゾクゥッ!!


提督(切) 「てめぇぶっ殺してやろうかぁ!仲間を仲間じゃないなんて言う奴は最悪に腹立つんだよぉ!!」


提督(切) 「もう我慢出来ねぇ!人が我慢してればいい気になりやがってよぉ!!」


提督(切) 「てめぇぶっ殺してやるよ!!!!」ザー!!!!


長門 「やってみろ!返り討ちにしてやる!!」ジャキッ 持ち方を鈍器を扱うような持ち方に変える


提督(切) 「うおぉぉぉぉおぉぉっ!!!!」サンッ!! サーベルを思いっきり振るう


ガキィィンッ!!!!!!


長門 「何度やっても無駄だ!そんな攻撃では私を…」


提督(切) 「」スゥ… 小刀を振り上げる


長門 「…っえ?」


提督 「」シュンッ!!


ドグシャァッ!!!! 四十六cm三連装砲に小刀が突き刺さる


長門 「っな!!!?」


提督(切) 「てめぇが四十六cm三連装砲なんか持ってる資格なんかねぇんだよ!!このクソ野郎がぁ!!!!」シュンッ!!


ドグシャンッ!! バァンッ!!!! 四十六cm三連装砲が破壊される


長門 「なっバカな!?四十六cm三連装砲が壊された!!!?」


長門 「(なんなんだこいつは!?さっきの四十六cm砲の弾を跳ね返したのもそうだが明らかに人間の力を超えている!!どんなってんだこいつの身体は!?)」 ザー!!


提督(切) 「考えてる暇なんかあったら自分の事を考えた方がいいと思うぜぇ!」スゥ


長門 「くっ!」スッ 防御体制に入る


ガキィンッ!!!!



提督(東) 「…なに?あの南…」


比叡 「ものすごく怖いです あんなに優しかった南提督が…鬼のように怖いです」


陸奥 「長門の換装を一つ壊した…?」


高雄 「嘘でしょ?四十六cm三連装砲が壊されるなんて…」


愛宕 「ありえないわ?長門さんが押されてるなんて…」


翔鶴 「(これはまずいわね?急いで止めないと長門さんの身が危ないわ!)」スクッ


翔鶴 「青葉さん 手伝ってください」


青葉 「了解です 流石にこれはまずいですね?」スクッ


翔鶴 「妙高さん あなたも手伝ってください」


妙高 「私があなたの手伝いをすると思う?」


翔鶴 「このままでは長門さんの身が危ないってことはあなたもわかっていますよね?なのに放っておく気ですか?」


妙高 「っ…」


翔鶴 「長門さんを助けると思って手伝ってください」


妙高 「…っち!わかったわよ?」スクッ


青葉 「皆さん 今の南提督はかなり危険な状態なので絶対に近づかないでください」


提督(東) 「青葉!南は今どうなってるの!?すごく怖いんだけど!?」


青葉 「今元提督は半分キレているんです」


比叡 「…半分キレてる?」


翔鶴 「わかりやすく言うと皆さん一度は本気で怒ったことありますよね?その本気の半分怒ってる状態です」


青葉 「【でも提督の場合はパターンが二つあるんです】」


提督(東) 「パターンが二つ?」


翔鶴 「通常状態で怒った時とキレて怒った時が一緒じゃないんです」


青葉 「通常状態で怒ったとしてもそこまで危険性がないんですけど、キレた場合はかなり危ないです」


妙高 「【敵味方関係なく無差別攻撃するものねぇ?あの提督は本当に危ないわ】」


陸奥 「っえ!?無差別に攻撃するの!?」


妙高 「えぇ?今あの提督の近くに行くと攻撃されるから気をつけた方がいいわよ?」


五十鈴 「それじゃ今は半分キレてるって言ってたけどあれが100%になったらもっと危ないってこと!?」


翔鶴 「【はい 半径50m以内に入ったら怪我します】」


全員 「「っえ!!!?」」


青葉 「でも元提督がキレる事は滅多にない上に本気でキレた事は今までで一度しかなかったのでマジギレはないと思って平気だと思います」


妙高 「でもいつマジギレするかわかりませんから警戒だけはしておいた方が身の為ね?」ニタァ


提督(東) 「…あれで50%」


翔鶴 「妙高さん あなたは長門さんをお願いします」


妙高 「わかったわ」タッタッタッ…


翔鶴 「青葉さんは元提督を出来るだけ青葉さんに集中させるようお願いします」


青葉 「了解です 翔鶴さんも気をつけて【射ってくださいね?】」


翔鶴 「…わかっています」


比叡 「…っえ?」


提督(東) 「青葉 今なんて…?」


青葉 「…」


タッタッタッ…



提督(切) 「おらおらおらおらっ!!!!もっと抵抗してみろよ!?長門さんよぉ!!」キンキンキンッッッ!!!!!!


長門 「〜〜っく!!!!!!」キンキンキンキンッッッ!!!!!! 換装を盾にして攻撃を防いでいる


提督(切) 「殺されたくないんだったら俺を殺してみろよ!俺はお前を殺さないと気がすまねぇんだよ!!」キンキンキンキンッッッ!!!!!!


長門 「〜っこの野郎!!」キンキンキンキンッッッ!!!!!!


長門 「(くそっ!!この提督の一回一回の攻撃が重すぎて反撃が出来ない!!どうにかして反撃しなければ換装が持たない!!)」キンキンキンキンッッッ!!!!!!


提督(東北) 「長門さん!一旦後退してください!」


長門 「無理だ!一瞬でも隙を見せたらやられる!」キンキンキンキンッッッ!!!!!!


提督(東北) 「大丈夫です!そのまま後退してください!」


提督(切) 「後退なんかさせねぇよ!そんな暇があるんだったら俺を殺すことを考えろぉ!」キンキンキンキンッッッ!!!!!!


長門 「〜っく!!」キンキンキンキンッッッ!!!!!!


提督(切) 「おぅらよっと!!」ゲシッ!! 長門の四十六cm三連装砲を蹴る


長門 「っな!?」グラッ 換装を蹴られて後ろにバランスを崩す


長門 「(まずい!?今ここでバランスを崩したら!)」


提督(切) 「」ザーッ!! 長門がバランス崩した瞬間即時に突っ込む


長門 「(まずい!)」


提督(切) 「トドメだ」スチャッ


長門 「(殺られる!!)」


提督(切) 「苦しまないで殺してやるよ!」


提督(切) 「【禁技即死技 居合斬り】」シュンッ!! 長門の首元にめがけてサーベルを大振りに振るう


長門 「(…あぁ これは間違いなく殺されたな?この距離から首元にサーベルを切りつけられたら確実に即死だ…)」


長門 「(【…すまない元提督 情報…送れそうになさそうだ?】)」


提督(東北) 「長門さん!!」 ザーッ!!


ドーンッ!!


提督(切) 「っ!」ザーッ!! 瞬時に後退する


長門 「…っえ?」シュンッ 長門の目の前に二十.三cm連装砲の砲弾が通り過ぎる


妙高 「長門さん後退してください!」ザー!!… 南提督に突っ込んでいく


提督(切) 「…っち!邪魔すんじゃねぇよ!!」シュンッ!!


ガキィンッ!! 妙高は二十.三cm連装砲を盾にして攻撃を防ぐ


妙高 「そんな攻撃痛くもかゆくもないですよ!」ブンッ!! 二十.三cm連装砲を鈍器のように扱う


提督(切) 「うるせぇ腹黒女が!!」キィンッ!!


妙高 「誰が腹黒女だ!?ぶっ殺すぞオラぁ!!」(╬ ಠ益ಠ) ガンッ!!


長門 「…」呆然 キィンッ!!カンッ!!ガキィンッ!! ザー…


青葉 「長門さん大丈夫ですか?大丈夫なら早く離れた方が良いですよ 今の南提督かなり危険なので?」 キンキンッ!!ガンッ!!キィンッ!!



妙高 「おらおらおらおらっ!!!!誰が腹黒女だって!?てめぇ人が気にしてる事を平気で言いやがってよぉ!!」ダダダダダダッッッ!!!!!!


提督(切) 「うるせぇんだよ!俺はそのまんまの意味で言ったんだよ!間違ったことは言ってねぇだろうがよ!!」キンキンキンキンキンキンッ!!!!!!



青葉 「…妙高さんも危険ですね?」キンキンッ!!カンッ!!キィンッ!!


長門 「…青葉 あの提督は何なんだ?本当に人間か?」 ダダダダダダ!!!!!!


青葉 「正真正銘人間です 普通の人とは桁外れの身体能力を持っていますがちゃんとした人間です」 キンキンキンキンキンキン!!!!!!


長門 「【…流石過去最高と言われていただけあるな?予想以上の提督だな】」 ガキィンッ!!キィンッキィンッ!!!!キャンッ!!


青葉 「…っえ?」 カンッ!!キャンキャンッ!!ガキィンッ!!



妙高 「…」ハァッハァッ…


提督(切) 「おらおら!さっきの威勢はどうした!?妙高 もうお疲れか?」


妙高 「…誰が疲れていますか?馬鹿なんですか?」ハァッハァッ…


妙高 「私がこれだけで疲れると思っているの?あなたは本当に馬鹿ね」ハァッハァッ…


提督(切) 「にしては息切れが激しいけどなぁ!?」ザー!!


ガキィンッ!!


妙高 「〜っく!!」ギリッ…ギリッ… サーベルが二十.三連装砲に擦り付けられている


提督(切) 「もう限界なんだろ?さっさと諦めて殺されろよ!」サンッ!! 小刀を振りかざす


妙高 「誰が諦めますか!」スッ


ガキィンッ!! 瞬時に二十.三連装砲を盾にして攻撃を防ぐ


提督(切) 「っち?往生際の悪い奴だなぁ さっさと殺されれば楽になれたのによぉ?」ギリッ…ギリッ…


妙高 「あんたに殺されるぐらいなら自分で自害した方がマシよ!」ギリッ…ギリッ…


提督(切) 「おぉそうかそうか?だったら早く自害して死んで楽になれよ!」ガキィンッ!!ザー… 妙高から少し距離を取る


妙高 「はぁ…はぁ…」


妙高 「(まいったわね…最初の方で一気に体力消費しちゃったから疲れが早く来ちゃったわ?しかもさっき東たちと演習した後だからよけいね…このままじゃ体力切れで負けるわ)」ハァッ…ハァッ…


妙高 「(この糞提督にだけには絶対負けたくない!こんなゴミ提督に負けるぐらいなら自分の首を自分で取って自害した方がマシよ!)」ハァッ…ハァッ…


提督(切) 「おらおら?休んでる暇はねぇぞ!?」ザー!!


ガキィンッ!!


妙高 「誰が休んでるって?あなたが休んでたんじゃないかしら?」ギリッ…ギリッ…


提督(切) 「俺が?そんなわけねぇだろ 邪魔をする奴は今すぐ排除してそこのゴミ以下の艦娘を殺すんだからよぉ!!」キィンッ!!


妙高 「はぁっ!!」ブンッ!! 換装を鈍器にする


提督(切) 「」ニヤッ スッ… しゃがみこむ


妙高 「っ!?」


ガンッ!!


妙高 「しまっ!!!?」グラッ 二十.三連装砲を上に蹴られて全体的にバランスを崩す


提督(切) 「もうお遊びは終わりだ さっさと楽になれ!」スチャッ 小刀を構える


妙高 「(…こんな糞提督に負けるなんて、私も落ちたわね?)」


提督(切) 「【禁技即死技 居合斬り】」シュンッ 妙高の首辺りに小刀を振りかざす


長門 「妙高っ!」 ザー!!


青葉 「」ザー!! 提督に突っ込む


提督(切) 「…何度も邪魔しに来やがってよぉ?うぜぇんだよ!!」シュンッ!! サーベルを青葉に振りかざす


青葉 「」ガキィンッ!! 二十.三連装砲を盾にする


ボスゥッ!!


提督(切) 「っ!?」腹に蹴りを入れられる


青葉 「ふんっ!」ブンッ!!


ガァンッ!!


提督(切) 「ごぉっ!!!?」二十.三連装砲が顎に強打する


青葉 「もう一発!」ブンッ!!


提督(切) 「っち!」ザー!!ヒュンッ 青葉から後ろに後退してギリギリで青葉の攻撃を避ける


青葉 「当たりませんでしたか?まぁいいでしょう」


妙高 「青葉…」


青葉 「大丈夫ですか?妙高さん 怪我とかは平気ですか?」


妙高 「…えぇ大丈夫よ?それよりあなた元糞提督にもろ当ててたけど良いのかしら?しかも顎に強打させてたけど」


青葉 「…正直やり過ぎました でも、こうでもしないと今の元提督は止まりませんから仕方ありません」


妙高 「…確かにそうかもしれないわね?でも、あの程度の攻撃では止まらないわよ」


青葉 「わかっています ちゃんと考えていますので妙高さんは長門さんと一緒に下がってください」


妙高 「…あなた一人で平気なのかしら?」


青葉 「一人ではありません」クイッ 顔であっちを見ろと合図する


妙高 「?」



翔鶴 「…」ギリリ… 弓を構えて狙っている


妙高 「…なるほど そういうことね?」


青葉 「なので妙高さんは下がって…」


妙高 「なら私も手伝うわ」


青葉 「…っえ?」


妙高 「一人より二人、二人より三人の方が良いでしょ?私もさっき動き過ぎたせいであまり体力は残ってないけど多少なら行けるわ」


青葉 「…手伝ってくれるんですか?」


妙高 「勘違いしないで?私はあの糞提督を殺したいだけ…あなたを手助けするつもりで言ったんじゃないわ」


青葉 「…そうですか でも元提督は殺させませんよ?もしそうした時は私が全力で阻止します」


妙高 「やってみなさい?」



提督(切) 「…っち!痛てぇじゃねぇか?人の邪魔しやがってよぉ?」


提督(切) 「顎強打とか洒落にならねぇんだよ?最悪脳震盪起こして気絶しちまうじゃねぇか」


青葉 「できれば気絶して欲しかったですね?元提督に傷つけたくないのであまりやりたくないです」


提督(切) 「だったら邪魔すんじゃねぇよ うぜぇんだよ!」ザー!!


青葉 「長門さん!」


長門 「?」


青葉 「後で元提督が過去最高と呼ばれていた事をなぜ知っていたのかを聞かせてもらいますからね?」


長門 「…」


青葉 「妙高さん 砲撃で援護してください!」ザー!!


妙高 「わかったわ」ジャキッ


提督(切) 「」シュンッ!! サーベルを振りかざす


青葉 「」ガキィンッ!! 再び二十.三連装砲で攻撃を防ぐ


提督(切) 「っは!」シュンッ!! 小刀を首元に振りかざす


青葉 「ーっ!」シュンッ 重心を少し後ろに傾かせて紙一重で避ける


提督(切) 「おうらぁっ!!!!」ブンッ!! 蹴りを入れる


青葉 「」ガッ!! 蹴りを腕で受け止める


提督(切) 「っち!」ガンッ!!ザー… もう片方の足で青葉の二十.三連装砲を蹴って距離を取る


青葉 「…」スゥ… 体制を整える



提督(東) 「なに?今の…」


比叡 「南提督の動きが速すぎて目が追いつかなかったのに…青葉は全て防いだ?」


霧島 「…あんな青葉 見たことないわ?」


陸奥 「長門に続いて妙高も押されるなんて…」


愛宕 「あの南提督って方かなりやるわね?」


高雄 「異常よ…どうやったらあの二人を押せるのよ?」


五十鈴 「…確かにそうね」


榛名 「…」あまりの驚きに言葉も出ない


隼鷹&若葉 「「…」」同じくあまりの驚きに言葉も出ない


加賀 「…」


赤城 「」( ºωº )チーン



提督(切) 「…」スチャッ


青葉 「(やっぱり元提督がキレた時は攻撃が単調になりますね?大体の攻撃パターンが決まってるから防ぎやすいです)」


青葉 「(とは言っても、パターンが毎回一緒という訳ではないから気をつけないといけませんね?元提督の攻撃を一度でも食らうと致命傷を負うほどの攻撃だってあるんですから尚更気をつけないといけませんね)」


提督(切) 「…人の邪魔する奴は誰でも殺す」


提督(切) 「だから早く殺されろ!邪魔なんだよ!!」ザー!!


青葉 「私が邪魔ですか?なら私を倒してみてくださいよ 元提督!」


提督(切) 「」シュンッ!!


青葉 「」ガキィンッ!!


提督(切) 「」シュンッ 小刀を振りかざす


青葉 「無駄ですよ」シュンッ さっきと同様少し後ろに傾かせて避ける


提督(切) 「っち!」


青葉 「元提督のキレた時は攻撃方法が単調になるのですぐ避けられます 今の状態では私に勝てませんよ?」


提督(切) 「…そうか 今のままじゃ勝てないか」ザー… 青葉から距離を取る


提督(切) 「だったらよぉ これならどうだ?」スゥ… サーベルと小刀の持ち方を【刀を持つ構え】から【忍者が忍者刀を持つ構え】にする


青葉 「っ!!!?」


青葉 「(忍者構え!?なぜここでその構えを!?これはまずいです!!)」


青葉 「妙高さん!!」 ダーンッ!!


妙高 「わかってるわよ!」ダダダダダダッッッ!!!!!! 二十.三連装砲を連射させる


提督(切) 「」キンキンキンキンキンキンッッッ!!!!!! 弾を全て跳ね返す


妙高 「っち!やっぱり私の換装じゃ駄目だわ!」


青葉 「(当たらないかも知れませんが仕方ありません!)」スッ 手を上げる



翔鶴 「」バシュンッ!! 矢を放つ



提督(切) 「」ガシッ 放たれた矢を素手で受け止める






この続きは【単独行動隊提督 9】になります

変なところで新しいページを作ってしまって申し訳ありません

これ以上書き込むことが出来なかったので新しく作ることにしました

今後とも単独行動隊提督をよろしくお願いしますm(_ _)m


後書き

提督の装甲&技


重攻撃型装甲

攻撃重視の機装
武器は機関銃片手に4丁(二十口径)
サーベル二刀
ミサイル(直径4cmの小型ミサイル)【5発】
バズーカ(直径1mの小型バズーカ)【1発】
ブースター(海上を飛ぶために必要な機械)

攻撃(火力) 40 物理武器(サーベル) ?
防御(装甲) 10+5
速度(速力) 普通
殆んど戦闘用


重防御型装甲

防御中心の換装
武器はサーベル二刀のみ
超最速ブースター
全体的にミサイルを受けてもなかなか壊れない鉄の盾防御装備
艦娘のを治す機材付き(時間かかる)
バケツスプレーも付いてる(一瞬で修理できる)

攻撃(火力) 0 物理武器(サーベル) ?
防御(装甲) 100
速度(速力) 低速

使い時が難しい


重速度型装甲

速度重視の装甲
武器はサーベル二刀のみ
最速ブースター

攻撃(火力) 0 物理武器(サーベル) ?
防御(装甲) 0
速度(速力) 超高速
殆んど遠征用





提督の技


睨みつけ(手加減)

メリット 「相手を気絶させるだけだが戦闘不能にする事が出来る」

デメリット 「これを使った後 目が一時間ほど開かなくなる+手加減をしているので相手に傷が付く事はない為攻撃性がない」


睨みつけ(本気)【禁止技】

メリット 「【半径十m以内に居る者を大破】 【半径十m〜二十mに居る者をを中破】【半径二十m〜三十mに居る者を小破】【半径三十m〜五十mに居る者を被弾程度】のダメージを与える+目を閉じていても関係なしにダメージを与えるとができるチート技」

小メリット 「手加減の睨みつけとは違うので使ったら目が一時間ほど開かなくなることはない」

デメリット 「敵艦隊だけでなく艦娘にも被害を与えてしまう為味方が近くにいると被害を受けてしまう+避け方がいくつかあり、それを知られていれば避けられてしまう為油断できない」





提督の刀技


弾返し

メリット 「相手が打ってきた弾をはじき返す(はじき返した弾を相手に当たる確率は低い)」

デメリット 「両手ではじき返せばそこまで体力を使わないが片手ではじき返すと両手ではじき返すより二倍体力を使うのであまり連続では使えない」



高速弾返し

小振りにして振る速度を早めて小さい弾を跳ね返す剣術

メリット 「早く振れる為 艦載機の弾や弱い対空系の弾なら素早く多く弾き返せる」

デメリット 「艦載機の弾と弱い対空系の弾以外ははじき返せない」



装備剥ぎ取り斬り

空中に飛んで敵の装備している武器をサーベルで斬りつける技

メリット 「装備を外すだけであって相手にダメージを与えるわけじゃない為メリットはあまりない」

デメリット 「ダメージは一切与えることが出来ない+敵が一箇所に纏まって居れば一気に装備を外すことが出来るがバラバラだと一体一体に斬りつけないといけない為正直使いづらい」



一ノ太刀 一騎当千

一振りで数回切り 貫通性のあるなんとも凄い剣術

メリット 「艦載機などは一片に片付けられ 戦艦凄戦姫なども一撃で倒すことが出来る」

デメリット 「連続で出せない+大振り攻撃の
為 ミスった時のスキが大きいから出すタイミングが難しい」



禁止技一覧


睨みつけ(本気)【禁止技】

メリット 「【半径十m以内に居る者を大破】 【半径十m〜二十mに居る者をを中破】【半径二十m〜三十mに居る者を小破】【半径三十m〜五十mに居る者を被弾程度】のダメージを与える+目を閉じていても関係なしにダメージを与えるとができるチート技」

小メリット 「手加減の睨みつけとは違うので使ったら目が一時間ほど開かなくなることはない」

デメリット 「敵艦隊だけでなく艦娘にも被害を与えてしまう為味方が近くにいると被害を受けてしまう+避け方がいくつかあり、それを知られていれば避けられてしまう為油断できない



二刀剣乱舞【禁技】

サーベルと小刀を持ってキレる技
はっきり言って禁技の中でもかなり危険な技

メリット 「ー」

デメリット 「敵味方関係なく攻撃+自分で制御できない」


このSSへの評価

この作品は評価を受け付けていません

このSSへの応援

11件応援されています


ポインセチアさんから
2016-03-24 22:12:38

SS好きの名無しさんから
2016-03-22 18:35:34

金属製の餅さんから
2016-03-17 17:46:52

SS好きの名無しさんから
2016-03-10 21:07:08

SS好きの名無しさんから
2016-03-05 15:43:34

万屋頼さんから
2016-02-27 14:10:31

ようさんから
2016-02-23 12:26:09

SS好きの名無しさんから
2016-02-19 22:44:43

赫音さんから
2016-02-17 15:54:39

SS好きの名無しさんから
2016-02-10 19:51:57

SS好きの名無しさんから
2016-02-09 21:11:03

このSSへのコメント


この作品はコメントを受け付けていません

このSSへのオススメ


この作品はオススメを受け付けていません