2016-03-20 13:56:30 更新

概要

無実の罪で逮捕されてしまったノビスケは刑務所で・・・・・


前書き

気に入らない方は黙って戻るボタンをよろしく!


【第二部】第三話 信頼する仲間達


看守A「ほら、早く来いよ」


ノビスケ「・・・・・」


数日前までは、セカンドライフだぁあ!とか言っていたけど


看守A「それにしても、君みたいな子がテロなんてね?最近の子は皆そうなの?皆テロっちゃうの?」


ノビスケ「知らないです・・そう言うのは貴方達の方が詳しいでしょ?」


看守A「いや〜興味ないからね〜」


看守A「俺の仕事ってこう言う案内くらいだから」


看守A「それで?どうなの?」


ノビスケ「え?」


看守A「だから、テロ流行ってんの?」鼻ほじほじ


ノビスケ「だから!知りませんって!鼻くそつけないでください!」


看守A「あ、こっちじゃなかったごめん」


ノビスケ「大丈夫なのか?この人」


看守A「えっと・・確かこの扉だと思う」


ノビスケ「うわ〜大きな扉だ!それに分厚い」


看守A「正直開けるの面倒だしなんでこんなのつけたんだろうな」


ノビスケ「この先に一体何が!」


看守A「君の新しい住居だよ!」


ノビスケ「つまり牢屋って事?」


看守A「そうそう!セカンドライフ楽しんじゃってよ」


ノビスケ「セカンドライフなら一日で終わりましたけど?サードライフだよ!いや・・サードライフも終わったから・・」


看守A「ん?なにか訳ありか?訳ありスイーツとか買う派?」


ノビスケ「今それは関係ないでしょ!・・・・たまに買うよ」


看守A「さてと、これから君の部屋に行くまでにここの事を教えておくよ」


ノビスケ「やっぱり新入りは歓迎とかされます?」


看守A「されんじゃね?」


ノビスケ「他人事だね・・」


看守A「うん!他人事だよ!」


ノビスケ「俺の命かかってんだぞ!真面目に答えてくれよ!」


看守A「そう言うのはさ?看守の見てないところでやるもんじゃん?看守知ってたら止めてるから俺が知るわけないじゃん」


ノビスケ「まぁ、確かに・・」


看守A「じゃあ言うぞ一度しか言わんからな」


看守A「ここは、少し訳ありの人達が収容されている刑務所だ」


ノビスケ「訳あり?」


看守A「ヤクザとか裏の人間とかお前みたいにテロなんかやってる奴らとかいろいろだよ」


ノビスケ「成る程」


看守A「あとここ結構給料がそれなりにある!」


ノビスケ「へぇ〜給料出るのか」


看守A「あ、俺の事だよ?」


ノビスケ「凄くどうでもいい情報ありがとう」


看守A「朝は6時起床で消灯は21時な覚えておけよ」


ノビスケ「・・・・・」


看守A「まぁ、詳しい事はこの紙に書いてるから」


ノビスケ「どーも・・」


看守A「着いたぞ!ここがお前の部屋だ」


ノビスケ「普通の部屋だな牢屋みたいな所じゃないんだな」


看守A「牢屋にしようか?」


ノビスケ「いえ、遠慮しときます」


最近の刑務所は住みやすくなったなぁ〜と思いつつ部屋に入るとベッドと机があるだけのシンプルな部屋だった


ノビスケ「トイレはっと・・」


トイレも別々にあった


露出されていてカーテンだけで仕切られていると思っていたが、どうやら違うようだ


看守A「じゃあ、今日はもう寝な!明日からな〜」


ドアを閉められ鍵のかかる音がする


ノビスケ「さてと・・ん〜〜手錠ってされたままなのか?」


ドアの向こうから声が聞こえてきた


看守A「あ、ごめん!手錠外すの忘れてた!悪いんだけどドアに穴が空いてる所があるだろ?」


ノビスケ「これかな?」


丁度両手だけが出せるような穴だ


看守A「ども!鍵はっと・・・あれ?・・あ、あった!」


看守A「じゃあ!良い夢を!」


ノビスケ「なんであの人看守になれたんだろう」


ノビスケ「もう今日は寝ようかな」


ノビスケ「布団も普通だし・・俺の思う刑務所と全然違うな」


ノビスケ「いつ出られるのかな」


ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーー


ーー数日前ーー


洋子「ノビスケくん!署長からいい加減に白状させろって言われたの」


ノビスケ「・・・・・・」


洋子「時間稼ぎもここまでのようなの・・ごめんね」


ノビスケ「・・・・・・」


洋子「ノビスケくん・・やっぱり私!署長に掛け合って!」


ノビスケ「署長も・・きっと上から言われてる・・無駄ですよ」


洋子「え?」


ノビスケ「やりました・・俺がテロをやりました・・」


洋子「っ!ノビスケくん!」


ノビスケ「これ以上時間を稼いでも・・無駄です・・ならもう・・」


洋子「くっ!・・証拠さえ!証拠さえあれば!署長も何も言えなくなるのに!」


洋子「誰か一緒にいなかったの?」


ノビスケ(真治や副会長それに会長なら・・でも、下手したら三人もテロの仲間って事にされる可能性が!)


ノビスケ「いえ・・一人でした」


洋子「そう・・」


ノビスケ(そういえば、真治はどうして逮捕されなかったんだ?一緒にいたから一緒に逮捕されたと思ったんだが)


洋子「そろそろ監視カメラが動きだす」


ノビスケ「洋子さん!全力で行きますよ!」ガタッ


洋子「・・・・来なさい!」


洋子「必ず助けるから!」ガタッ


監視カメラ「・・・・」ウィーン


ノビスケ「俺はやってねぇえええ!!」シュッ


洋子「っ!」サッ


ガシッ


ノビスケ「っ!」


洋子「はぁあああ!!」


流石だ。本気で殴りかかったのに簡単に避けられてそのまま腕を掴み俺の殴りかかる勢いを利用して投げた


ガシャーーーン


ノビスケ(すごく!痛い!)


警官「なんだ!大きな音がしたぞ!」


ノビスケ「うぅ・・ぐっ!」


洋子「ノビスケ!もう終わりです!」ガチャン


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーー


ーー刑務所ーー


ー朝ー


ノビスケ「むにゃむにゃ・・ふふ」爆睡中


〜〜♪


音楽が流れ始める


ドタバタドタバタ!!


「朝だぞ!起きろ!」


「早く起きろぉおお!」


ノビスケ「ふぁ〜あ!よく寝た」


ノビスケ「外が騒がしいな・・他の部屋の奴らか?」


〜〜♪


ノビスケ「この音楽って・・何処かで・・ああ!思い出した!」


おぉぉぉれぇぇええはジヤァアアアイアァァアアアンガァァアアアキィィイイ大将ぉおおおお〜♪


ノビスケ「たけしさんの歌だ!」


「ぎゃぁあああ!!」


「ぐっ!耳栓が!耳栓がぁああ!」


「あはは!目が見えねぇよ!あはは!」


ノビスケ「なんで皆たけしさんの歌を嫌うのかな?いい歌だと思うんだけどな」


ノビスケ「まぁ、少しうるさいけどね?目覚ましにはいいかも」


そして、音楽は一番だけで止まった


ノビスケ「どうせならフルで聴かせろよ」


お姉ちゃんが言うにはたけしさんの歌は核兵器らしい


あんなにいい歌なのに


コンコン


ノビスケ「はい!」


看守A「生きてるかぁ〜生きてるなら食堂に行くぞ〜」


ノビスケ「生きてますよ!少し待ってもらっていいですか?」


看守A「おお!まじかよ!ならこれはいらないな・・おい、AEDしまっておけ」


看守C「はい」


ノビスケ「え〜と布団をたたんでと・・着替えは・・これか?」


看守A「入るぞ」ガチャ


ノビスケ「おはようございます!」


看守A「てっきり脱獄でもするのかと思ったら違ったか」


ノビスケ「脱獄ね・・・」


看守A「そろそろ怒られるから行こう」


ノビスケ「はい」


ーー食堂ーー


おばちゃん「あら?見ない顔ね」


看守A「うっす!おばちゃん腹減ったぞ!」


おばちゃん「はいはい、相変わらずね一応ここは囚人用の食堂なんだけどね?」


看守A「おばちゃんの料理が美味い所為だ!」


おばちゃん「嬉しい事言ってくれるね!貴方は新しく来た子よね?」


ノビスケ「え、まぁ・・」


おばちゃん「私はここで皆の食事を作ってる節子(せつこ)って言うんだ!よろしくね」


ノビスケ「よろしくお願いします」


看守A「おばちゃん!早く飯!」


節子「前から言おうと思ったんだけどね?私まだ、おばちゃんって歳でもないんだけど!お姉さんと呼びなさい!」


看守A「いや〜おばちゃんの方がシックリくるって言うかね?ノビスケ」


節子「そうなのかい?」


ノビスケ「え?俺に振らないでよ!」


確かに美人だけど、なにかお母さん的なオーラを発していてお姉さんよりはおばちゃんの方がシックリくる


でも、おばちゃんは失礼だろう


なら、なんて?


普通に名前にするか?


節子さんでいいと思うが・・


この人が納得するわけがない


なら・・真治ならなんて呼ぶだろう


ノビスケ「姉御・・・」


節子、看守A「っ!」


看守A「姉御か!うん!いいね!」


節子「まぁ、おばちゃんよりはマシよね?マシだよね?マシでいいんだよね?」


看守A「全然いいよ!!姉御で決定な!」


「おお!姉御か!」


「まさに姉御の為の言葉だな!」


「姉御姉御姉御姉御」


「おかわりかまへん?」


周りの囚人達が騒ぐ


看守A「い〜やっふぅうううう!」


看守も騒ぐ


ゴゴゴゴゴゴゴ


ノビスケ「っ!」


節子「うるさい・・・・」


「「「・・・・・・・」」」


皆が黙る


節子「もう時間よね?早く行け!」


「「「ご馳走様でした!!」」」


あっと言う間に食堂から皆出て行った


節子「頑張ってくるんだよ!」


ノビスケ「・・流石集団行動はちゃんとしてんのな」


節子「貴方も早く行きな看守Aも仕事しな!」


ノビスケ「え?なにすればいいの?てか、飯は?」


節子「もう、時間は過ぎてるの!」


看守A「おいおい!そりゃないぜ!朝はちゃんと食わねぇとやっていけねぇよ」


節子「時間厳守!」


ノビスケ「・・腹へった」


看守A「・・そうだ!」


看守A「こいつはさ!今日が初めてなわけよ!だから、今から流れをゆっくり教えなきゃいけない!」


節子「そう?ならテーブルは好きに使っていいよ」


看守A「飯でも食いながらな?」


節子「大事な話しなんでしょ?食べながらじゃねえ?」


看守A「あぁ!凄く大事だ!だけど、腹がへっては耳に入らないそうだろ?」


ノビスケ「うんうん!」


節子「はぁ・・少し待ってなさい簡単な物しか作れないけど」


看守A、ノビスケ「お母さん!!」


節子「誰がお母さんじゃ!!」


数分後


節子「ほら!できたよ」


看守A「いやだから!説明する為だって!」


ノビスケ「ちょっと電話中です」


節子「そりゃあね、新入りを一日目から連れ出してんだから」


ノビスケ「やっぱり気付いてましたよね」


節子「あれで、騙せると思う方がおかしいね」


看守A「だーかーら!!説明する為だって言ってるだろが!てめぇ!頭にウジでも湧いてんのか!」


看守A「あ・・いや今のは言葉の綾で・・減給・・ちょっ!まっ!」


看守A「はぁ・・切られた」


節子「また減給?そろそろマイナスいくんじゃないの?」


看守A「・・・・なんでかなぁ〜」


節子「そんなのは、後で考えなさい!ほら出来たから食べな」


看守A「それもそうだな!いただきまーす!」


ノビスケ「いただきます」


ノビスケ「凄く美味しい!」ガツガツ


看守A「うまうまうま!」パクパク


節子「当たり前よ!」


さらに数分後


ノビスケ「ふぅ〜腹いっぱいだ!」


看守A「寝るか〜」


ノビスケ「その前に流れを教えてくださいよ」


看守A「昨日紙渡したろ?」


ノビスケ「鼻紙にして捨てましたよ・・おかげで鼻が痛い」


看守A「なら、仕方ないか」


看守A「姉御!」


節子「なによ!今片付けで忙しいんだけど」


看守A「コーヒー欲しいな!」


ノビスケ「あ、自分は砂糖二つで」


節子「はぁ・・ちょっと待ってな」


看守A「じゃあ、始めるか今日はお前は自由だから明日から集団行動な」


ノビスケ「すいませんね、許可とれたかは分からないけど」


看守A「もう減給してるしいいだろ」


看守A「朝六時起床なのはもう知ってるよな?」


ノビスケ「はい、それだけは見ておきました」


看守A「朝流れる鎮魂歌なんだが、ビックリしたろ?毎朝皆食堂で生存確認とかしてんだぜ?」


ノビスケ「鎮魂歌?なんで?いい歌じゃん」


看守A「強がるなよ?あれはな兵器なんだぜ?」


ノビスケ「兵器?」


看守A「あれはな?ここの看守長がとある雪山で見つけたんだよ」


ノビスケ「雪山?」


看守A「あぁ、施設みたいな所にあったらしい」


看守A「話しでは火事か何かでほとんど残ってなかったんだけどそこに残っていたらしい」


看守A「俺の勘ではその施設は兵器工場で他の敵に襲われて兵器を全部持って行かれたがこのCDだけは残っていた」


看守A「まさか、CDまでも兵器にしているなんて思いもしなかっただろうな」


看守A「こいつを使い出してから喧嘩が少なくなったんだ」


ノビスケ「え?どうして?」


看守A「吊り橋効果って奴か?お互い死の恐怖を味わう事で友情にも似た何かを得るって事さ」


看守A「毎朝みんな生きている事に感謝しているよ」


ノビスケ「なんかちょっと違うような・・」


ノビスケ(たけしさんの歌が兵器になってるよ!たけしさん・・やはり只者ではない!)


看守A「まぁ、これも何かの縁だこれをあげよう」


耳栓を手に入れた


ノビスケ「いや・・別に必要ないけど」


看守A「ノビスケ・・・」ポン


優しく肩を叩き彼は答えた


看守A「強がりたい気持ちはわかる・・でもな?命を無駄にしちゃいけない・・勇気と無謀を履き違えるな」


ノビスケ「・・わかりましたよ貰います」


看守A「それがいい」


ノビスケ(たけしさんの歌ってのは言わない方がいいね)


ノビスケ「朝は六時起床そのあと朝食ですね」


看守A「そうだ、あまり時間はないから今日みたいにしてると食い逃すからな?」


ノビスケ「はい」


看守A「これはお前ならないと思うが一応言っておく厨房には入るなよ?マジで消されるぞいいな?」


ノビスケ「え?・・えぇわかりました・・」


看守A「ここは、ちょっと特殊だが刑務所だろ?いるんだよね?特に新入りとかが無理矢理入ってね」


ノビスケ「どうなったんですか?」


看守A「ん?数ヶ月間は病院生活だったな」


看守A「今も一人行ってるよ親切心で手伝おうとしたんだけどな?姉御は厨房に入ると人変わるからな」


ノビスケ「そういえば一人で作ってるんですか?」


看守A「何人かいたんだけどね姉御が入ってすぐに邪魔だからって首にしちゃったんだ」


ノビスケ「すごい・・でもよく通ったな」


看守A「それだけ有能だったって事だよ現にここも臭い飯っていうか刑務所らしい飯だったんだけど姉御が全部変えちゃったんだ」


看守A「罪を犯しても人は人だ!ここは罪を償う場所だ!償おうとする人間に中途半端なものは出せないってね」


看守A「姉御のおかげで今ではみんな姉御だけには逆らわない」


看守A「一つのグループが出来てるんだ、だからここは他の刑務所と違い看守も少ないし自由に動ける時間も長い」


ノビスケ「姉御一人でかなり変わったって事か・・そう出来る姉御は凄いよ」


看守A「昔いろいろあったらしいからね」


ノビスケ「昔?」


看守A「まぁ、この話しはここまでと言うことで」


ノビスケ「気になるな・・」


看守A「仕方ないな俺が喋ったって言うなよ?ああなったのは尊敬する人がいたかららしい」


ノビスケ「どんな人なんですか?」


看守A「本人も知らないらしい」


ノビスケ「????」


看守A「戦争中だろ?だから学校に避難してたらしいんだけどその時助けてもらったらしい詳しくはしらないけど姉御が中学生くらいの時で助けてくれた人も自分と同じくらいの迷彩服を着ていた女の子だったって」


ノビスケ「迷彩服の女の子・・まさかね・・」


看守A「どうした?」


ノビスケ「いや・・聞く限りじゃ中学生くらいの子が戦争に出て生き残ったなんか聞いてないね・・」


看守A「ん?なんか知ってる風だな?」


ノビスケ「なんとなくですよ結構そう言うのが好きで調べてただけですよ」


看守A「まさか英雄とか知ってたりする?」


ノビスケ「そこまでは知らないですよ」


ノビスケ(聞ける機会があったらお父さんに聞いて見るか)


節子「はい!コーヒー」


看守A「お!サンキュー!この話しは終わりな」


ノビスケ「はい」


節子「変な事教えるんじゃないよ?」


看守A「わかってるよ」


節子「ならいいけど早く飲んじゃってよ片付けあるんだから」


ノビスケ「あ、これくらいなら俺が」


節子「厨房に入る気?」ゴゴゴゴ


ノビスケ「いえ!早く飲ませていただきます!」ゴクゴク


看守A「あつ!あつ!にが!」ゴクゴク


ノビスケ「ご馳走様でした!」


看守A「美味しかったです!よし!ノビスケ次は内部を案内する着いて来い」


ノビスケ「はい!」


節子「・・・・そんなに急がなくても」


節子「・・・・憧れね」


ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーーー


一方その頃外の人達はそれぞれで動き出していた


私はあの人は嫌いです


自分勝手で皆に迷惑をかけて変わろうとしているけど


あやめ「全然変われてないじゃない!」


所詮口だけ


あやめ「だけど・・・」


あの目は本気だった


あやめ「今回はノビスケ貴方を信じるからね!」


そうあの時のユウさんと同じ


たけるが死んだ時・・何かを強く決意した時の目


あやめ「こんなものね!」


私は街に出た


人目の多い場所に出て準備をする


机を置き用紙を取り出し


あやめ「私に出来ることをやらなきゃ」


あやめ「本当に手伝ってもらってよかったの?委員長」


委員長「うん・・私の勘違いでノビスケくんに酷いことしたし・・」


委員長「それにノビスケくんはテロなんて絶対しない!そんな人じゃないのはわかるよ」


あやめ「きっと周りの人は・・」


委員長「周りの人とかは関係ないよ!私がそう思ってる、そう信じてる、それだけでいい」


委員長「言いたい人には言わせておけばいい」


委員長「やりましょ!」


たった一日だけなのにこの子にここまで言わせるなんて・・変わっているのかもしれない


あやめ「そうね!ボールペンはある?」


委員長「いっぱい持ってきたから大丈夫よ」


あやめ「じゃあ、始めるよ!」


委員長「うん!」


あやめ「皆さん聞いてください!」


私は大きな声で言った


周りの人達は足を止めてこちらを見る


あやめ「先日起きたテロを覚えていますか?結構大きなニュースになりましたよね?」


あやめ「その時捕まってしまった人の一人を私は助けたいんです!名前は野比ノビスケです!」


あやめ「皆さんは思いますよね?なんで犯罪者を助けないといけないのかって!私もそう思います!」


あやめ「私は彼が!ノビスケがテロをやったとは思えません!そんな事する奴ではないんです!これは私の主観です!証拠もありません!でも、ノビスケがテロの仲間だという証拠もありません!」


あやめ「証拠がないのに!裁判もしないで!刑務所行きってなんなんですか!しかるべき措置を証拠もはっきりしてるなら私は・・辛いですけど受け入れます!」


あやめ「でも!こんなのは認めない!」


あやめ「お願いです!皆さん力を貸してください!」ペコ


委員長「お願いします!」ペコ


あやめ、委員長「署名をお願いします!!」


委員長「皆さんの名前を貸してください!」


あやめ「私は!あの人を信じたいんです!」


周りの人達がざわめき始める


「どうするよ?」


「大体女子校に男がいた時点で証拠になるんじゃないのか?」


「だよね?」


「犯罪者に手を貸すなんて出来るか!行こうぜ」


「あぁ、行こう行こう」


あやめ「お願いします!お願いします!」ペコペコ


委員長「待ってください!お願いします」


「寄るな!犯罪者の仲間が!」


委員長「きゃ!」


あやめ「っ!何をするんですか!」


「うっせぇ!」


あやめ「言ってるじゃないですか!ノビスケは無実なんです!」


「どうだかな!それに頼み方ってもんがあるだろうが!」


あやめ「頼み方って・・」


「犯罪者を助けたいから皆さん助けてくださいって土下座くらいしろよ!」


あやめ「っ!この!」


私は今の言葉で完全に冷静さを失った


振り上げた手は相手の顔へ行くはずだった


バシン


しかし、私よりも早く音がした


委員長の手が先に出たのだ


「っ!」


委員長「撤回しなさい!」


「この!ガキだからって調子に乗ってんじゃねぇぞ!」


委員長「貴方より!何倍も何百倍も!ノビスケくんの方がマシよ!貴方の方が犯罪者みたいよ!」


委員長「ノビスケくんは!」


ガシ


委員長「うっ!」


あやめ「っ!なにやってるの!」


委員長「待って!」


あやめ「え?」


委員長「これ以上事を大きくすれば・・」


あやめ「なにいってるの!」


委員長「ごめんなさい・・」


「お話しは終わったか?もう許さねぇよ!!」


委員長「な、殴るなら殴りなさいよ!」


「ならお望み通りに!」


あやめ「ノビスケ!ごめん!見捨てられない」ダッ


今助けるから!


サッ


あやめ「え?」


ガシ


「なんだ!」


???「邪魔よ」


「うわっ!」


一瞬の出来事だった


私が追い抜かれあの男の拳を受け止めてそのまま投げ飛ばした


???「ごめんなさいね?ちょっと邪魔だったんで・・用がないなら消えてもらえます?」ガシ


「こんな事して!覚えておけよ!」


???「残念ながらどうでもいい事はすぐに忘れるもので」ブチ


「ぎゃぁあああ!髪の毛がぁああ!」


あやめ「ちょっといいかな?」


???「なに?邪魔しないでよね?」


「助けて・・・」


ドゴッ


「ぎゃぁあああ!顔がぁあああ!」


???「酷いことしますね?いいの?」


あやめ「いいの・・貴方だけを悪者にするつもりはないから」


???「・・ふふふ、あっているみたいね」


あやめ「え?」


???「私は書かせてもらいますけどいいですか?」


あやめ「いいんですか?」


???「周りに流されて真実を見ようとしないおバカさん達とは違いますからね」


そう言うと周りの人達を見た


???「立てます?」


委員長「ありがとうございます・・」


???「何処に書けばいいの?」


委員長「あ、ここに」


あやめ「ありがとうございます!」


委員長「やったよ!一人目だよ!」


あやめ「うん!」


あやめ「えっとこれってなんて読むんですか?」


???「かのんって読みます」


あやめ「そうなんですかいい名前です」


委員長「助けてもらってありがとうございます。花音さん」


花音「ありがとう花音でいいよ」


委員長「ここはもう無理ね」


あやめ「そうね、多分いい噂にはなってないでしょうし」


花音「知ってます?さっきのもそうだけど人って単純でね多い方を正解だと思うのよ」


花音「つまり人が多ければ事実だろうと嘘だろうと関係ないし噂なんてすぐに吹っ飛ぶ勿論私は事実だと思ってるけどね」


あやめ「えっとつまり人が多ければいっぱい来るってことよね?」


委員長「でも・・人が集まらないと意味が」


花音「サクラって知ってる?」


委員長「花の?」


あやめ「っ!まさか」


花音「そのまさかよ」ピッ


あやめ「やってみる価値はあるね」ピッ


委員長「二人とも誰に電話を?」


あやめ「集めるのよ!協力者(友達)をね!」


花音「役者(奴隷)をね」


なにか花音の笑顔が怖かったけど、これなら行けるかもしれない!


もし、署名を集めても必ず助けられるわけではないけどジッとはしてられない


やれるだけの事はやるから負けないでノビスケ!


刑務所で自分を見失わないで!


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーー


ーー刑務所ーー


ー懲罰室ー


看守A「ここが懲罰室だ!と言っても全然使ってないからねほら」ガチャ


「お、看守Aもサボりか?」


「麻雀してんだけどやって行くか?」


看守A「看守達のさぼり場所と化してます」


ノビスケ「はははは、もう笑うしかないよ」


看守A「悪いな今こいつに刑務所案内してるからまた今度な」


「そうか、お前が新入りか」


「今度麻雀やろうぜ!」


ノビスケ「えぇ、機会があれば」


「いつやるか!」


「「今でしょ!」」


看守A「よし!次行くぞ」


ノビスケ「はい」


ーー拷問室ーー


ノビスケ「拷問・・ってどうせ使われてないんですよね?」


看守A「いや、ほぼ毎日使用してるよ。ここに来る奴らってスパイだった奴とかもいてな」


看守A「捜査とかで、依頼があったりしたら喋ってもらうためにするぞ?」


看守A「しかも、選りすぐられた拷問のエキスパートだ!今まで喋らなかった奴はいないくらいだ!いや、一人いたか」


ノビスケ「誰なんですか?」


看守A「ほら、今入院してる奴がいるっていったろ?そいつだよ」


ノビスケ「・・一人だけって・・どんな事をするんですか?」


看守A「う〜ん・・内緒にしてくれよ?」


ノビスケ「します!」


看守A「基本拷問は拷問員一人と看守の二人でやる。まぁ、看守は記録するだけなんだけとな」


看守A「内容は・・・」


その時拷問室から声が聞こえてくる


「ぎゃぁあああ!!」


「ほら!どうしたの!さっさと喋りなさい!」


ノビスケ「っ!」


看守A「今日も使ってるのか」


「早く言いなさいよ!」バチン


「ぎゃぁあああ!」


ノビスケ(これが!本場の拷問!声だけでもかなり過酷なのがわかる)


「わかった!喋る!喋るから!もっと強く叩いてください!」


ノビスケ「ん?」


「いい心がけね?でも貴方ごときが人間様の言葉を使うなんてね〜」


「ほら!床に這いずりなさいそして見にくく鳴くのよ!」バチン


「ぶっ!ぶひぃいいいいい!」


ノビスケ「・・・・・・・」


看守A「今日はこの子の当番だったのか相変わらず信者を増やしてんのな」


「仲間の居場所は何処!早く言わないとやめるわよ?」


「っ!仲間は!あー」


バチン


「あふん!!」


「もう一度言うわよ人間様の言葉を使ってんじゃない!」


「ぶっ!ブヒブヒブブブヒ!」


「いい子ね?ほら!ご褒美よ!」バチン


「ぶひぃいいいいい!!」


「記録係!今の言葉記録した?」


「え?・・いや・・ぶひしか言ってないような・・」


「あらあら、貴方新人ね?あまりお姉さんを怒らせると怖いわよ?もう一度聞くからちゃんと記録しなさい?いい?」


「は、はい!」


「ほら!もう一度いいな!この豚野郎」


「ぶっ!ブヒブヒブブブヒ!」


「ほら!記録!」


「えっ!・・ぶっ・・ぶひ?あれわかんなくなった!」カキカキ


ガシッ


「あらあら!悪い子ね?言われた事も出来ないなんて・・これはお仕置きが必要のようね?」


「どうしろと・・どうすれば!よかったんー」


「さぁ!見にくく鳴きなさい!」


バチン


「あ、あひーーーーん」


看守A「あ〜ありゃあ落ちたな」


ノビスケ「・・・・・次行きましょう」


看守A「もういいのか?挨拶とかしていかないのか?世話になるかもしれないし」


ノビスケ「それじゃその時にしますよ早く次に行きましょう」


看守A「あ、おい!待てって」


根拠はない・・だけど彼女の声を聞いていると辛い


まるで無理をしているように思えた


多分気の所為だろうけど


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーー


ーー病院ーー


ユウ「大丈夫だからな?ちょっとチクっとするだけだ」


少女「・・・・・」ウルウル


ユウ「嫌かもしれないけどな?注射しといた方が早く治るからな?」


少女「・・・・・・」ウルウル


ユウ「う〜ん・・じゃあいくよ?」


少女「・・・・・」ポロポロ


ユウ「っ!・・・」


看護師「ユウさん・・ってまだ終わってないの?もう三十分は経ってるわよ?」


ユウ「仕方ねぇだろ・・」


看護師「抵抗はしてないんだからさっさとやってあげなさいよ」


ユウ「でもな・・」


看護師「ずっと辛い思いさせるのと一瞬とどっち?」


ユウ「少女ちゃん・・ごめんね」スッ


少女「っ!」ポロポロ


ユウ「うぅ・・や、やっぱり出来ない・・」


看護師「はぁ・・いつもは頼りになるのに・・なんで小さい子の注射だけは出来ないのかな・・貸して私がやるから」


ユウ「・・すまん」


看護師「ちょっとチクっとするからね?」


チクッ


少女「っ!!」ポロポロ


ユウ「ああ〜そんなに泣かせてひでぇ!血も涙もない」


看護師「はい!終わったよ?よく我慢出来たね偉いよ」ナデナデ


少女「・・・・・」ギロ


看護師「あれ?嫌われちゃったかな?ははは」


少女「・・・・・」チラ


ユウ「ん?」


少女「・・・・・・」シュン


看護師「・・・なるほど」


看護師「ユウさん頑張ったんだから褒めてあげたら?」


ユウ「そうだな、よく頑張ったぞ」ナデナデ


少女「・・・・・」ポッ


タッタッタッタッ


ガチャ


ドン


ユウ「なんだ?顔真っ赤にして出て行ったぞ?トイレか?まぁ、診察は終わったしいいか」


看護師「ユウさんってモテますよね〜」


ユウ「あ?俺がか?あり得ないな」


看護師「そうかな?私は結構そういう人見るけどね」


ユウ「ただの見間違いだよ」


看護師「じゃあ、あやめちゃんはどうなの?あれも見間違いなの?」


ユウ「・・・・・・・」


ユウ「そう言えば用があって来たんだろ?」


看護師「・・・・逃げるのね」ボソッ


ユウ「・・・・・」


看護師「お客さんが来てるからついでに休憩にしちゃってください応接室にいます」


ユウ「ん、了解」


看護師「ユウさん」


ユウ「ん?」


看護師「彼女は本気です・・本気で向き合ってあげてください!その気がないなら早く返事をしてあげてください!ふってあげて・・これ以上彼女のー」


ガチャ


ドン


看護師「・・・・・・」


看護師「じゃないと・・私は・・私のこの気持ちは・・どうなるのよ!」


ユウ(・・わかってるよ・・相手の好意くらい!でも!俺みたいな奴を好きになっちゃいけない・・俺に誰かを愛せる資格なんて・・向き合うことも出来ない・・臆病者だな)


ユウ「そろそろ向き合わないとダメだろうな・・あいつの泣く顔は見たくないが・・」


ユウ「このままじゃいけない・・そろそろ言わないと・・付き合うことは出来ないって・・何故なら俺とあいつは・・」


ユウ「っと客が来てたんだな応接室だったな」


ユウ「それにしてもなんかの工事か?病院内になんかの業者の人が多いな」


「全てだ!全てを封鎖しろ!」


ー応接室ー


コンコン


ユウ「入るぞ」


ユウ「随分と早かったな」


???「だが、全部は無理だったぞ?分かったことも多くはない」


ユウ「それくらいは分かっているさ。すぐに分かることなら頼んだりはしないから」


???「それは俺を評価してもらってるって見ても?」


ユウ「あぁ、今回はいきなりこんな事を頼んですまなかった」


???「そんな事あの時見捨てられた俺達の部隊を助けてくれた恩に比べれば」


ユウ「あれは偶然だっただけだ」


???「それでもさあの日以来俺達の部隊はユウさんが困った時は全力で助けるって誓った」


???「それで?あの時一緒にいた女の子は?」


ユウ「女の子?・・ああ、お嬢の事か」


???「言っちゃ悪いけど・・あまりいい目をしていなかったからな今にでも死んでしまいそうな」


ユウ「お嬢なら今は新しい親の元で元気にしてるよ」


???「それは、良かったよ」


???「おっとあまり長いをしていると外部に怪しまれるな」


ユウ「てか、お前なんで作業服なんだ?」


???「ユウさん・・お前じゃなくて名前で呼んでくださいよ」


ユウ「ん?ああ悪い・・俺お前の名前知らないぞ?」


???「あ、そうか・・あの時は少しは警戒していたから教えなかったんだったな・・お礼を言おうとしたらいなくなってたし」


ユウ「すまんな・・あの時トイレを我慢していてな危うく漏らす所だったよ」


???「確かにトイレは見てなかったな!」


ユウ「作業服で来た理由は?」


???「俺達はトイレ清掃員を装って来ているんだ」


ユウ「成る程な、もしあの件が裏でなにか起こってるならこちらもマークされてるかもしれないしな」


???「そういう事です」


ユウ「だが、多くなかったか?」


???「ユウさんが頼って来たってみんなに話したらみんなが行くと言い出してな」


???「とりあえずうちの部隊全員連れて来た」


ユウ「お前な・・一つのトイレにそんな大人数」


???「いえ!病院内全部のトイレを封鎖しました!」


ユウ「おいおい!そんな事したら!」


???「ですが!そうしないと何処で見られてるか!」


ユウ「うむ・・・まぁいい!そんなに時間は掛からないだろう」


???「はい!」


ユウ「で?」


???「ん?」


ユウ「名前だよ、それともまだ信用されてないのか?」


???「悪い!話がそれたな!俺の名前は大吾(ダイゴ)っていう」


ユウ「大吾な、了解」


大吾「じゃあ、早速調べた事を・・」チラ


ユウ「ん?監視カメラか?」


大吾「えぇ・・・」


ユウ「あれはダミーだから大丈夫だ気にするな」


大吾「そうか、すまんなこういう仕事をしてると気になってな」


ユウ「無理もない俺だって最初はそうだったからな」


ユウ「カメラの死角を通るようにしていたからなダミーだって気づいた時は虚しいものがあったが」


大吾「なかなか足を洗っても治らないものなんだな」


ユウ「あぁ」


大吾「では、確認します。ユウさんの依頼はあの女子校テロ事件でその時に捕まってしまったノビスケの現在の居場所そしてこの事件の裏で動いている奴らがいるかと言うことだったな」


ユウ「そうだ・・なにかわかったか?」


大吾「この事件裏には何か大きな組織が関わってるのは確かだ。だが、すまないそこまでしかわからなかった」


ユウ「いや・・それだけでもかなり助かる情報だ」


ユウ「そして、ノビスケの居場所は?刑務所は調べたが何処にもいない」


大吾「ノビスケは刑務所にはいない」


ユウ「どう言う事だ?」


大吾「ノビスケは刑務所ではない刑務所に行った」


ユウ「???・・それ刑務所だろ」


大吾「簡単に言えば非公式の刑務所だ」


ユウ「非公式の刑務所だと?」


大吾「そうだ、ごく一部の人間しか知らない。通称犯罪者の刑務所」


ユウ「???・・いやそれ普通の刑務所だろ」


大吾「普通とは違う。まず、非公式だからなんでもありだ」


ユウ「なんでもあり?例えば」


大吾「言いたくないが、あそこで殺されても罪にはならないだろうな」


大吾「犯罪者同士の喧嘩としか見られないだろうしな」


ユウ「そんな!刑務所あるはずが!国がほっとくはずが!」


大吾「だから、非公式なんだよ。だけど、国はこの刑務所の存在を知っているだけど黙認している」


大吾「何故かわかるか?」


ユウ「それが、国にとって必要だからか・・」


大吾「その通りだ。戦争があって二度と起こさないように必死らしい」


大吾「だから、一応は特殊犯罪者更生施設と呼ばれている」


ユウ「更生施設か・・」


大吾「それで、ノビスケなんだが早く助けだした方がいいかもしれない」


ユウ「ノビスケもそんなやわな奴じゃない。もしかしたら他の囚人を従えてるかもしれないぞ?」


大吾「ノビスケは看守と囚人全員を相手に出来るほどか?」


ユウ「どう言う事だ?」


大吾「これは、本当に裏の情報だ。聞いたらやばいかもしれないそれでも?」


ユウ「俺を誰だと思ってる覚悟ならお嬢を連れだした時からしてる!」


大吾「ふっ!聞いた俺が馬鹿だったな」


大吾「あの刑務所は、金さえつぎ込めば・・・殺しもやる」


ユウ「っ!」


大吾「さっき言った犯罪者の刑務所ってなんで言われてるかわかるか?」


大吾「あの刑務所はな?看守長以外は全員」


大吾「大罪を犯した犯罪者なんだ」


ユウ「なんだよ!それ!」


大吾「どうする?」


ユウ「・・・・すぐに行かないと!でも・・今日は大事な手術が」


大吾「日にちを変えるのは?」


ユウ「ダメだ!これ以上は危険なんだ!今日やらないと!」


大吾「どうします?なんなら私達が」


ユウ「それはダメだ!」


大吾「何故です!」


ユウ「これは俺達の問題だ!巻き込むわけには・・」


大吾「言っても無駄ですね・・」


ユウ「一週間は予定がある・・頼むノビスケ!それまで生きててくれ!」


大吾「一週間後ですか・・」ボソッ


その頃病院内のトイレでは


清掃員「いいか!お前ら俺達は清掃員だ!トイレを清掃するんだぞ!」


「はい!」


「お任せよ!」


「ユウキさんの役に立つなら!」


「今こそ恩返しです!」


大男「くそっ!ここもかよ!」


清掃員「ん?」


大男「なんで!トイレが何処も清掃中なんだ!」


小男「兄貴もう何処も清掃中です!」


大男「くそっ!静まれ!俺の中の暗黒竜よぉおお!!」ぎゅるるる


小男「おい!そこのあんた!」


清掃員「なんだ」


小男「頼む!トイレを開けてくれないか!兄貴がもうやばいんだ!」


清掃員「悪いが無理だ」


小男「なんでだよ!トイレの便器一室開けてくれるだけでいい!その間に別の便器を掃除すればいいだろうが!」


清掃員「無理だ!」


「臭い中掃除なんて勘弁だぞ?」


「はははは、漏らせよ」


「おい、やめろよここで漏らしたら清掃は俺たちだぞ」


「早く向こう行けしっしっ!」


小男「お前ら!俺らを誰だと!兄貴を誰だと!」シャキン


清掃員「・・・ナイフですか」ギロ


「「「・・・・・・」」」スッ


みんなが無言で構えるその姿は清掃員には程遠かった


清掃員「武器はダメだ!これでも一般人だ!向こうが手を出すまでこちらは手を出すな!いいな!」


「「「了解!」」」


小男「な、なんだ!や、やるのか!」


大男「小男下がってろ」


小男「兄貴ですが!」


大男「下がってろ!!うっ!!」ぎゅるるる


小男「兄貴!」


大男「小男!こいつらはただの清掃員じゃない!オーラでわかる!」


大男「悔しいが・・俺達じゃ厳しいだろうな・・」


そう言うと大男ゆっくり漏らさないように姿勢を低くし


小男「兄貴!!」


大男「頼む!1分!いや!2分じゃ・・5分だけ!トイレを開けてくれ頼む!」土下座


清掃員「・・・・・」


大男「幹部が!漏らしたら!下の者に示しがつかん!親父にも!それにこれ以上は!もう限界なんだ!頼む」


小男「あ、兄貴・・」ポロポロ


清掃員「駄目だ・・帰れ」


大男「っ!」


小男「兄貴!もう止めないでくださいよ!!」


清掃員「やるか?小僧」


小男「なめんなよぉおお!!」


大男「小男!!下がってろぉおおお!!」


小男「!!」ビクッ


大男「うぉおおおおお!!」ぎゅるるる!!


清掃員「お前と同じように俺達にも譲れないもんがある!隊長の命令なら俺はなんでもする!お前と俺達違いはあるか?」


大男「・・ハァ・・ハァ・ねぇな・・ははは」


大男「気に入ったよ・・お前がもし・・フリーならこっちに引き込みたいくらいだ・・クビになったらこっちに来な」


清掃員「・・悪いな、そんな組じゃ俺は飼えないぜ?それに俺達のクビは死を意味するどっちにしろ無理だ」


大男「そうか・・残念だ・ぐっ!ふふふ!!」ぎゅるるる


小男「ぐっ!兄貴・・やはり!」


清掃員「小僧いい加減に気づけよ?お前の兄貴の覚悟によ」


小男「え?」


清掃員「まだ、諦めてねぇよ」


大男「まだ!動ける!」ギラン


小男「兄貴!」


清掃員「それにこれ以上やるなら!」


清掃員「水のトラブルだけじゃすまなくなるぞ?」


小男「・・・・ここから!一番近いトイレは・・コンビニか・・兄貴頑張りましょう!」


大男「すまない・・・」


清掃員「おい!」シュッ


小男「これは・・」パシッ


清掃員「受け取れお前の勇気に敬意を払おう全員敬意!!」サッ


「「「はい!!」」」サッ!!


小男「ありがとう!」


小男と大男はゆっくりとその場を去っていった


小男の手にはトイレットペーパーが握られていた


清掃員「ふっ!柄にでもない事するんじゃねぇな・・よし!清掃を始めるぞ!!」


「「「了解!!」」」


大吾「お前ら!撤収だ!」


清掃員「撤収だ!」


「「「了解!!」」」


清掃員(さっきの奴らまだ病院内だよな?言っておくか・・)


清掃員「・・まぁいいか」


大吾「何がだ?」


清掃員「いいえ!なんでもありません!」


大吾「そうか!それより一週間後出るぞ準備しておけ」


清掃員「一週間後ですか?何処へ?」


大吾「大掃除にだ」


ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーーー


ーー刑務所ーー


看守A「こんなものかな?」


ノビスケ(図書室に大浴場それに大きな運動場まるで学校だな)


看守A「学校かと思った?」


ノビスケ「えぇ、本当に学校みたいだ・・」


看守A「一つ言っておくが学校と同じように思うな・・いいか?ここは地獄だ覚えておけよ」


ノビスケ「は、はい・・」


ノビスケ(なんか・・雰囲気が)


看守A「よし!今度は更衣室だ!姉御のな!」


ノビスケ「え?」


看守A「お?今期待したでしょ?残念!マジで消されるからな?やめておけよ?」


ノビスケ「やらないですよ!」


看守A「次は職場な!覚悟してろよ?」


ノビスケ「はい」


ノビスケ(元に戻った・・)


ノビスケ「地獄か・・・そうには思えないんだけどな」


ー工場ー


看守A「まず、入る前にこれをくぐってくれ」


ジャーー


ノビスケ「霧吹き状のシャワー?これは一体?」


看守A「消毒だよなんせ衛生面が厳しいからな」


ノビスケ「くぐりました」


看守A「マスクと手袋とエプロン付けて」


ノビスケ「はいはい!」


ノビスケ「着ました」


看守A「うん!似合うぞ!」


看守A「さぁ!ここが今日から君の働く職場だ!」


ノビスケ「・・・・・・」


流れるライン、もくもくと同じ作業を繰り返す人達


見てるだけの者や、何かを乗せてる者、これは・・


ノビスケ「パン工場?」


看守A「おう!ここは、パン課だ!向こうがお菓子課な!」


ノビスケ「なんと言うか・・もっと油まみれのぎとぎとした工場かと・・工業系の」


看守A「単純作業ってさ?結構辛いわけよ?みんなやらないのよ?すぐに逃げるしでも追えないだろ?だから囚人にやらせてんだよ逃げられないしな」


ノビスケ「なんかな・・・」


看守A「少し見てみるか?」


ノビスケ「そうですね・・」


看守A「じゃあ、少し俺は用があるからそれまで見ててくれ」


ノビスケ「はい」


ーパン課ー


「おう!新人!見て行くか?」


ノビスケ「はい」


「ここは、パン課の○ごとバナナのバナナを乗せるラインだ!見てみ?」


「はぁあああ!!」スポスポスポ


ノビスケ「凄い速さでバナナの皮が!しかも剥いたバナナは空中で!」


ヒュ〜ーーー ポトッ


ノビスケ「ラインの生地に的確に落ちてる!」


「あっちを見てみろ」


「あたたたたたた!!」サッサッサッサッ


ノビスケ「手が見えない!」


「あたたたた・・っ!!」ピタッ


ノビスケ「止まった?」


「これは駄目だな・・」ポイ


ノビスケ「バナナを捨てた?」


「あれは少し熟しし過ぎてるな」


ノビスケ「あれくらい・・」


「駄目だ!お客様に届く時には黒くなってしまう」


ノビスケ「厳しいですね」


「食いもんの事だからな日本は特にうるさいだろ?」


ノビスケ「確かに・・・それにしても・・」


「慣れないだろ?この匂い」


ノビスケ「甘ったるい匂いが・・」


「3日で甘いもんが見たくなくなるくらいだ」


ノビスケ「俺は一日でなりそうです・・うぷっ!」


「おいおい!吐くなよ?吐いたらライン全部止めなきゃいけなくなる!」


「そして、明日から倍の仕事量が待ってる」


ノビスケ「大丈夫です!絶対吐きませんから・・」


「うむ!ここに配属になったらよろしく頼むぞ!」


ノビスケ「はい!よろしくお願いします。」


ノビスケ(当分バナナ見れそうにないや)


ノビスケ「ここはなんだろう?」


「ん?新人か?ここになったのか?」


ノビスケ「いえ、見学です」


「そうか、ここはパン課のスペシャルショートケーキの生地を作る場所だ」


ノビスケ「へぇ〜手作業なんですね?それでなにがスペシャルなんですか?」


「しらん!とにかくスペシャルなんだ!」


ノビスケ(ここにいる人達はボウルをもって必死にかき混ぜている・・偏見とかそんなのではないのだがゴツいおっさん達がエプロン姿でケーキを作ってるのはなんか変だ)


「おい!そこ気合い入れて混ぜろや!」


「はい!」


「おい!お前これでOKとか言わないよな?」


「え?」


ドゴッ


「ぐぁ!!」


ノビスケ「喧嘩か!止めないと!」


「泡だらけだろうが!これじゃあ!カスカスのケーキになるだろうが!」


「す、すいません!」


ノビスケ「まぁそれでいいならいいけど・・」


「お前もここに来たらビシバシいくからな!覚悟してろよ!」


ノビスケ「は、はいその時はよろしくお願いします。」


その後もいろいろな所を周ってみたが、みんな真面目に仕事をしていた


ノビスケ「少しバカにしてたかもしれないけど、これは大変そうだ。でもやるしかない」


ノビスケ「次で最後にしようかなっと」


ノビスケ「あの、見学を」


「ちょっと黙ってろ」


ノビスケ「え?はい」


おじさん「・・・・・・・・」


ノビスケ「ん?」


ノビスケ(ラインの前に一人立ち何かを待っている)


おじさん「いいぞ!」


「では!ライン速度三倍です!」ガチャ


スイッチを押した瞬間ラインから大量とクッキーが流れてくる


おじさん「っ!!」シュッ サッ シュッ シュッ サッ


「おお!!やはり何度見ても凄い!」


ノビスケ(クッキーを捨ててる?でも、全部じゃない)


「ここは、初めてか?ここはな焼き過ぎたクッキーや形の悪いクッキーとかを取り除く所だ」


「あの人凄いだろ?あんなに速く流れてくるクッキーを一つも見逃さずダメなクッキーだけを取ってる」


ノビスケ(す、凄い!かっこいい)


ノビスケ「目で見る前に既に手はクッキーの前へそして目で一瞬で判断して次へうつる」


「へぇ〜お前一回でそこまで気づけるなんてな」


「俺には何をやってるかもよくわからねぇ」


ノビスケ「目には少し自信があるもので」


「若いっていいなぁ〜」


「ラインストップ!」


ノビスケ「あれ?みんな仕事をやめたぞ?」


「今日はもうこれでおしまいだ」


「17時に終わる覚えておけよ」


ノビスケ「はい」


ーその夜ー


自室


ノビスケ「明日から俺も仕事か」


ノビスケ「看守Aさんが言っていたが何処に行くかは俺が決めていいらしい」


ノビスケ「うん!やっぱりあのクッキーのラインあそこがいい!」


ノビスケ「よし!明日から頑張るぞ!!」


壁ドン


ノビスケ「すいません!」


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーー


ー野比家ー


のび太「ダメだ!」


お嬢「どいてください!」


のび太「どいたら何処へ行く気だ?」


お嬢「ノビスケを助けにいきます!」


のび太「何処にいるかもわからないノビスケをか?」


お嬢「はい!」


のび太「静香も寝込んでしまった今僕達はゼロに近い事をしても無意味だ」


のび太「ノビスケは僕達に任せてくれ」


お嬢「こればかりはお父様の頼みでも無理です!あの時もっと早くノビスケに気付いていれば!こんな事にはならなかった!連れ去られる事もなかった!もう何日も待ったよ!限界なの!」


のび太「だからって!全国の刑務所を周るなんて無茶だ!」


お嬢「無茶でもやります!どいてください!じゃないと!」


のび太「お嬢・・・・」


のび太「なら!僕を倒していけ!」


お嬢「っ!」


お嬢「お父様のバカァアア!!」シュッ


のび太「え!!」ガーーン


ドゴッ


のび太「ごはっ!!」


のび太「くっ!」シュッ


お嬢「しまっ!!」


ピタ


のび太「殴れねぇよ!くそ!」


お嬢「お父様・・・」


のび太「・・僕だって行きたい!探して!連れ去った奴を!」


のび太「でも、駄目だ・・静香を一人出来ない・・」


お嬢「お父様・・ごめー」


のび太「謝るな・・ユウの所へ行け」


お嬢「え?」


のび太「ノビスケを頼んだ・・でも無理は絶対にするなよ?」


お嬢「はい!」ダッ


ガチャ ガチャ


・・・・・ふん!!


ドン


ガシャーン


のび太「・・・扉壊して行きやがった!」


静香「のび太さん・・なにか大きな音が・・」


のび太「さぁ?三河屋さんでも来たんじゃないのか?それより寝てな」


静香「でも・・三河屋さん頼んだ覚えが・・」


のび太「間違えたんだよあの人お茶目だからね。ほらほら布団へGO」ヒョイ


静香「の、のび太さん!お姫様抱っこなんて!」


のび太「久しぶりだよな・・ちょっと僕も照れたかも・・」


静香「・・・・・ノビスケ」


のび太「ん?寝たか・・」


のび太「大丈夫絶対に連れて帰るからね静香」


のび太「さてと・・じっとしておくか?僕・・なわけないよ」ピッ


のび太「もしもし?実は頼みたい事が」


ー病院ー


お嬢「ハァ・・ハァ・ユウさんは!何処に!」


ドン


お嬢「あ、ごめんなさい」


ヤクザ?「ぬぉおおお!!やばいぃいいい!!」


手下?「兄貴!コンビニまで!あと少しです!耐えてください!」


ヤクザ?「わかってる!絶対に辿り着いてやる!」


手下?「最悪!このトイレットペーパーで・・」


ヤクザ?「それはしまっておけ!」


手下?「ですが!」


ヤクザ?「それは、男と男の証だろ?使うわけにーうぉおお!!」


手下?「っ!兄貴!急ぎましょう!」


ヤクザ?「あぁ・・悪いな嬢ちゃん・・」


お嬢「え、えぇ・・気をつけて」


お嬢「なんだったの?でも、いい目をしてた・・決意は固い・・」


お嬢「看護師さん!」


看護師「お嬢さんどうしたの?」


お嬢「ユウさんいますか?」


看護師「ユウさんならさっきまで誰かと話してたけど、もう帰って今は休憩中よ」


看護師「なんか気難しい顔していたけど・・」


お嬢「・・・・・・」


看護師「あ、お嬢さん!今は」


看護師「行っちゃった・・私は蚊帳の外なのかな・・」


お嬢「確かここよね?・・ん?」


大吾「一週間後ユウさんと共に救出する!いいな!」


「「「了解!!」」」


お嬢「誰を救出するって?」


「あぁ?女には関係ない!しっしっ!」


大吾「・・・・もしかして」


大吾「お嬢さんですか?」


お嬢「なんで知ってるの?」


大吾「当たり前じゃないですか!貴方達には命を助けられたんですから」


お嬢「命を?もしかしてあの時のはぐれ部隊?」


大吾「そうですはぐれ部隊ですよ久しぶりですお嬢さん」


お嬢「久しぶりね」


「あの・・先ほどの御無礼をお許し・・いや!どうぞ!お好きにしてください!」


お嬢「大吾さん聞きたいことがあります」


「はぁ!無視!あの時も無視されたけど!なんか・・いい!」


大吾「黙ってろ!」


「はい・・」


大吾「名前を言いましたっけ?」


お嬢「直接は言われてませんが皆がそう呼んでいたのを聞いていましたので違いましたか?」


大吾「いえあっています。それで聞きたい事とは?」


お嬢「ユウさんに何を依頼されたの?何を話したの?」


大吾「・・・・何故依頼されたと?たまたまいただけかもしれませんよ?」


お嬢「こういうことには、私達より詳しいしなによりユウさんの名前が出た時点でノビスケ絡みだとわかる」


お嬢「ユウさんに話した事を全て私にも話しなさい」


大吾「成る程・・失態でしたね少し有頂天になっていたようです」


大吾「悪いですが、お嬢さんの頼みでもそれは言えません我々にも譲れないものがあります。依頼主以外に情報を提供する事は出来ません」


お嬢「わかってる・・でも、お願い!私もノビスケを助けたいの!」


大吾「・・それはわかります。ですが・・すいません」


お嬢「お願いします!」


大吾「すいません・・・」


お嬢「・・・わかりました。ユウさんから直接聞きます・・」


大吾「・・・多分ですがユウさんは教えないでしょう」


お嬢「・・・・・・・」


大吾「言えることは一つです・・この事件裏で仕組んでる奴がいることです・・これ以上は言えません」


お嬢「・・・そんなの最初から知ってます・・もういいです!」


大吾「これは独り言です。警察署の何処かに事件の裏の事まで書かれている重要資料室があるとかそこにもしかしたらこの事件の資料があるかもしれません。ただ入れる人も限られていますが」


お嬢「・・・・・・・・」


大吾「では、失礼します。何かありましたらここへ連絡を出来うる限り力になります。 」


お嬢「・・・・・・」


コンコン


ユウ「悪いが今は一人にしてくれないか?」


ガチャ


ユウ「だから!一人にって・・お嬢」


お嬢「ユウさん話しがあります」


ユウ「・・・ノビスケは心配いらないだからー」


お嬢「そんな事聞きに来たんじゃないんですよ?」


ユウ「お前は家で待ってろ必ず連れて帰る」


お嬢「嫌です!」


ユウ「俺はなにも喋らないぞ?」


お嬢「・・ならいいです!私は私で動きますから・・じゃあ」


ユウ「おい!」


ユウ「くそ!あいつ喋ってねぇよな?問題ばかり起こりやがって!どうすれば!」


看護師「先生そろそろ時間です」


ユウ(考えるのは後だ!今は目の前の命救わねぇと)


ユウ「あぁ、わかった」


お嬢「・・・・・」ピッ


お嬢「もしもし?頼みがあるの」


お嬢「本当なら私がやればいいんだけど・・貴方の立場を利用する真似をしてごめんなさい」


お嬢「うん・・ありがとう」ピッ


お嬢「さぁて!次よ」


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーー


ーー次の日ーー


ー工場ー


ノビスケ「ハァ・・ハァ・・」サッサッ


おじさん「これ!そこのやつも駄目だろうが!」


ノビスケ「はい!師匠!」


「おいおい!あれなんだ?」


「なんでも新入りがあれを見て爺さんに弟子入りしたとか」


おじさん改めて師匠「そんなんじゃ何年経っても追いつけんぞ!」


ノビスケ「はい!!」


師匠「よく見ろ!そして身体もそれに合わせろ」


ノビスケ「はい!!」


ノビスケ(少しは自身はあったんだが!目で追えても身体が追いつかない!追いつかないと見逃しが出来てそうするとさらに遅くなって!)


ノビスケ「やばい!ごちゃごちゃしてきた!」


師匠「ライン止めろ!」


ガチャン


ノビスケ「ハァ・・ハァ・すいません・・」


師匠「まぁ、一日目にしてはよく出来てるライン速度を普通に戻そう」


ノビスケ「はい・・」


「なぁ・・・」


「ん?」


「一日目で二倍速ってどうなの?」


「鬼畜だね!俺達でも普通の速度じゃないと出来ないのに」


「爺さん結構あいつに期待してんじゃないのか?」


「それ程の逸材なのか?」


師匠「お前らも入ってこい」


「じゃ、新入りにいいとこ見せますか」


「だな!」


ノビスケ「はっ!とぉ!これも!とっ!」サッサッサッサッ


師匠「うむ!」


「なぁ・・・・」


「・・・言うな・・わかってるから」


ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーー


ーー警察署ーー


ー資料室ー


絶対に助けるから待っていてノビスケくん!


洋子「う〜ん・・多いな〜この中から探さないといけないなんて・・はぁ・・いや!約束したんだし!頑張れ私!」


ガサゴソ ガサゴソ


洋子「テロ・・テロわっと・・タ行から探せばいいのかな?ってそんなふうに分けてはないのね・・」


洋子「事件の概要がわかれば、少しは真実に近づけるはず!」


洋子「えっとこれかな?【ふんどしカップ麺テロ事件ファイル】」


洋子「・・・・どんな事件なんだろう・・気になる」


そっとファイルを開けようとして自分の目的を思い出す


こんなのに時間をかけている場合ではない


洋子「でも・・気になる」


???「それは数年前ふんどし姿の数人がカップ麺工場を襲って立てこもった事件だよ」


洋子「え?」


???「事件の落ちは主犯格がカップ麺好きで立てこもっている間もカップ麺ばかり食って倒れてそのまま逮捕だ。ファイルにはなんページも書かれているが要約して説明したけどよかった?」


洋子「あ、ありがとうございます。えっと貴方は?」


???「ん?俺は恭介だ。一応刑事だ」


洋子「刑事以外ここに来ることはないと思いますけど?」


恭介「何故かいつも一般人と間違われるものでね・・調べ物?」


洋子「はい・・先日起きたテロについて」


恭介「っ!」


今一瞬顔色が変わった


まさか、この人あのテロについてなにか知っているのかもしれない


洋子「何か?知りませんか?」


恭介「・・・・やめておけ」


洋子「質問の答えになっていませんが?」


恭介「どういうつもりか知らないですが、あの事件は無闇に関わっていいことじゃない」


恭介「貴方はマスコミかなにかですか?ここは立ち入り禁止ですよ」


洋子「マスコミって!ふざけないで!刑事に決まっているでしょ!」


恭介「それは失礼・・質問の答えは知りません」


私は結構署内でも問題を起こしたりしている


だから、ある意味有名人(悪い意味)だという自覚がある


そんな私を知らない・・まさかあのテロの関係者!


洋子「そう・・話は変わるけど私って結構署内じゃ有名人なのよ?さっき貴方は私をマスコミと言ったよね?」


恭介「なにが言いたいのですか?」


洋子「貴方本当に刑事?」


恭介「貴方を知らないだけで刑事か疑われるって・・どれだけ自意識過剰なんですか?知らない人だって一人や二人いるでしょ?」


恭介(正直お嬢以外の女性には興味がないからな)


洋子「もし仮に刑事だとしましょう」


恭介「いや!刑事だから!」


洋子「じゃあ!貴方はここでなにをしていたんですか?」


恭介「はぁ・・すいませんが急いでいるので作業に戻らせてもらいます」


洋子「まだ!話が終わってないでしょ!貴方はここでなにを調べてるの!いえ!探してるの!」


恭介「ファイル以上」


洋子「全部そうでしょ!答えなさい!じゃないと!」


恭介「逮捕ですか?出来るんですか?」


洋子「場合によってはね!貴方はファイルを見つけ出して証拠を消そうとしてんじゃないんですか?」


恭介「もうここには用はない失礼するよ」


洋子「待ちなさい!待て!」


恭介「もう一度言います。関わるな死にたいのか?」


洋子「死ぬのが怖くて刑事なんてやれますか?覚悟はしています!私はこのテロで捕まってしまった人を助けたいの!ノビスケはやっていないって私は信じてるから」


恭介「・・・・・・・」


洋子「だから!もし貴方が私の思うような人でないなら協力しなさい!」


もし彼が仮に私の思う奴だった場合そうでない場合どちらでもいい尻尾はいずれ出る


一つ確信しているのは彼がこの事件に全く関係ないということはありえないということだ


なら監視の意味も込めて協力してもらう


恭介「何故ノビスケくんを信じられるただの他人だろ?」


洋子「勘よ!私の刑事のね!」


恭介「勘か・・・・」


洋子「それに約束したの絶対に助けるってだから!お願い協力して!」


恭介「・・・・・・・・」


洋子「お願い!」


恭介「」ピッ


ふと携帯を取り出し電話をする


恭介「もしもし、お嬢言われた通り資料室を調べたがあの事件に関するファイルはなかった」


恭介「ああ、これはやはりおかしいなにかあるな」


恭介「ん?そうだな・・勘かな?刑事の」


恭介「あぁ、笑うなよ。これからどうする?・・また無茶な事を」


恭介「いや、やるよ。こっちには協力者がいるからな」


恭介「大丈夫だ!信用出来る奴だから」


恭介「ああ、任せてくれじゃあ」ピッ


恭介「さて、行くか!」


洋子「誰に電話を?」


恭介「そんなのはどうでもいいだろ?」


恭介「行くぞ重要資料室」


洋子「っ!」


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーー


ーー刑務所ーー


ー食堂ー


「悪いな小僧こればかりは譲れないのさ!」


「恨まないでくれよ」


ノビスケ「ぐっ!・・くそ!」


「負けたらしいぜあいつ」


「さっきまであんなにほざいてたくせにな!」


「小僧これがここのやり方だ!わかったか」


ノビスケ「俺は・・もう負けないって言ったのに!また負けるのか」


「小僧これが人生や!負ける時もあるだが、そこで諦めればそこまでだ。小僧諦めるか?」


ノビスケ「そんなの!嫌に決まっているでしょ!」


ノビスケ「何度負けてもまた!挑みます!貴方からそれを勝ち取るまでは!」


「ふふふ、いい目だ。俺を超えてみろ!」


ノビスケ「はい!」


「さぁ!受け取れ」


ノビスケ「っ!勝ったのは貴方です!これは貴方のです。」


「そうだ、俺が勝った!だからこれは俺の好きに出来るそうだろ?」


ノビスケ「班長!!」


班長「ふふふ、今度は実力で取ってみな小僧」


ノビスケ「ありがとうございます。」


「感動的だな・・・」


「あぁ!おっさん泣いちゃったよ」


節子「なんでもいいけど早く食べてくれる?プリンジャンケンにいつまで時間かけてのよ・・」


ノビスケ「いや〜姉御のプリン凄く美味しいんで!」


「みんなが必死に取り合うのもうなずけるだろ?」


ノビスケ「はい!」


節子「も、もう・・・」


「おい!もう一個余ってるぞ!」


「「「っ!」」」


ノビスケ「っ!」


最初はグーー!!


ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーー


ー剛田商店ー


ジャイアン「ふふ〜ん♪」


アーニャ「どうしたの?へんな鼻歌なんか歌って」


ジャイアン「ん?俺は俺なりによ!ノビスケを助ける為の準備さ!」


アーニャ「どうする気?まさか爆発でもするの?」


ジャイアン「もうそんな事出来るわけないだろ?」


ジャイアン「悔しいが、今の俺達がどう頑張っても助けられる事は出来ないだろう」


アーニャ「居場所すらわからないし・・」


ジャイアン「ん?居場所ならもう特定してるぞ?」


アーニャ「え?いつの間に!」


ジャイアン「したはしたけど厄介な所でな」


ジャイアン「まず、助けだすのは無理だろうな・・今の俺達じゃ」


ジャイアン「もう、あの頃の俺達には程遠くなってしまっている」


ジャイアン「のび太は静香ちゃんを見ていないといけないし」


ジャイアン「スネ夫達は今仕事で海外だ」


ジャイアン「俺一人じゃもう自分の家族を守るので精一杯なんだ・・」


アーニャ「そうだね・・・」


ジャイアン「だからって!心の友を見捨てるなんてしない!」


アーニャ「どうするの?」


ジャイアン「金だ!悲しい事だが、金でどうにかなることが世の中のほとんどだ」


アーニャ「裏金で釈放させる気?でも、うちもあまりないよ子供二人学校にやっているのにそんな余裕は・・」


ジャイアン「そのくらいわかってるさ」


アーニャ「なら・・いえ!そんな事言ってられないよね!よし!」


ジャイアン「それはダメだ」


アーニャ「え?まだ言ってないけど?」


ジャイアン「お前に危険な事はさせない」


アーニャ「じゃあ!どうするの?他に方法があるの?」


ジャイアン「これだ!!」


剛田たけし一日だけの復活ライブ


アーニャ「・・・・あの日の悪夢を!!」


たけしはあの後一時期だけアイドルとして活躍していた


歌に関しても前とは比べものにならならいくらい上手くなった


だけど、いつも最後に必ずあの歌を入れてくる


たけしが小学5年生の時に生まれてしまったレクイエム


昔とは比べものにならないくらいの威力を発揮している


最後のライブで最後全員が意識不明になった誰も覚えていない幻のライブ


アーニャだけはあの時の悪夢を覚えていた


いや、一人いたライブが終わった時拍手をしていた人が


ノビスケだ


アーニャ「絶対だめ!!」


ジャイアン「なんでだ!」


アーニャ「じゃあ!あの歌禁止で」


ジャイアン「は?メインなしのライブなんて誰も来ないだろう」


アーニャ「とにかくやめて!」


ジャイアン「だが!どうすれば!」


アーニャ「もう回りくどい事はやめにしましょ」


ジャイアン「・・・・・・」


アーニャ「私達にはこれがあってるそうでしょ?」ガチャ


ジャイアン「子供達はどうする」


アーニャ「それは・・・」


ジャイアン「もう昔とは違うお前も俺も変わってるんだあの頃みたいに動けるかもわからない」


アーニャ「私は!いける!」


ジャイアン「・・よし!決めた!」


ジャイアン「今回俺たちは関与しない」


アーニャ「見捨てるつもり!」


ジャイアン「違うずっと迷ってたんだ。余計な事じゃないのかってな」


ジャイアン「アーニャあいつはノビスケはのび太の息子だ。そう思うとどうにかなりそうに思わないか?いやどうにかしちゃうんじゃないか?」


アーニャ「そう言われると・・そうかも」


ジャイアン「なら、俺達はあいつの帰りを待っていようぜ」


アーニャ「そうだね!ノビスケなら大丈夫だよね!」


「ただいま〜」


「ただいま〜です」


ジャイアン「お!俺達のお姫様が帰ってきたぞ」


アーニャ「手を洗ってうがいしなさいよ〜」


アーニャ「さてとおやつでも用意してあげましょうかね」


「「はい〜」」


ジャイアン「このままじっとしてるわけないよなのび太・・」


プルルルル


ピッ


ジャイアン「もしもし、俺達ももう歳だぞ?若い奴らに任せるのもいいと思うが?・・へ!言ってみただけだ」


ジャイアン「だろうな・・わかった連絡を待つ」ピッ


ジャイアン「少し運動でもしておくか」


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーーー


ーー刑務所ーー


ー拷問室ー


拷問員「あら?新人さんかしら?」


ノビスケ「はい!今日はここを手伝うように言われました」


拷問員「そう、いい顔ね?貴方を可愛がってあげたいわ〜」


ノビスケ(この人って前に拷問室紹介してもらった時に聞こえた声と同じだ)


ノビスケ「ははは、勘弁してくださいよ・・ははは」


拷問員「あら可愛い〜さてはじめるわよ?」


「・・・・・・・」


やはり苦手だ・・だけどこれも仕事


ノビスケ「絶対に喋らないって顔してますよ」


拷問員「いいわ〜少しは楽しめそうよ」ムチ装備


バシン


「っ!」


ノビスケ(痛そう・・・)


拷問員「さぁ、答えなさい!」チラ


ノビスケ「ん?なにか?」


拷問員「質問は貴方の持ってる紙に書いてるのよ?さっさと言いなさい!」バチン


ノビスケ「いっ!いてぇ、叩かなくてもいいじゃないですか!」


拷問員「あら?口答えするの?」バチン


ノビスケ「っ!だからやめろって!」


拷問員「口答えするんじゃないの!」バチン


ノビスケ「くっ!」


拷問員「この豚野郎!」バチン


拷問員「醜く鳴きなさい!」バチン


ノビスケ「だから!・・・・やめ・」


拷問員「どうしたの?この!」バチン


チン


ムチが急所にあたる


ノビスケ「っ!!」


拷問員「やっとひれ伏したわね!」グイグイ


ノビスケ「ーー!!」


拷問員「ふふふ、男ってみんな同じでつまらないわ・・もうそこで寝てなさい」


「・・・大丈夫か?小僧」


ノビスケ「な、なんとか・・・うぅ・・」


拷問員「あんたもこうなりたいの?」バチン


「っ!」


拷問員「やっと喋ったと思ったらなに?大丈夫かって?自分の心配してなさいよ!」バチン


「っ!・・・寂しい女だな」


拷問員「うるさい!」バチン


「好きなだけやればいいそれでもそのモヤはなくならないだろうがな」


拷問員「この!この!この!」


バチン バチン


もう既に彼女は本来の仕事を忘れていた


このままだと殺してしまう


そうなればきっと彼女はもう・・


彼女の抱えてるものはきっと俺じゃ理解出来ないものかも知れない


ノビスケ「うぅ・・やっとうご・けそうだ・・いてて」


でも、それでも


拷問員「あんたなんか!!」


俺には彼女が無理をしているようにしかみえなかった


やっと気づいただから苦手なんだ


ノビスケ「・・・・拷問員さん」


ガシッ


拷問員「っ!貴方いつの間に!」


ノビスケ「もうやめましょう拷問員さんこれじゃあただの暴力です。」


拷問員「うるさい!私に逆らわないで!」


ノビスケ「逆らってなんか!」


拷問員「逆らってるじゃない!そうじゃないなら!ほら!床を這いずり周りなさい!」


ノビスケ「はぁ・・少し必要みたいですね」


ムチを奪う


ノビスケ「仕方ありませんね・・ここでやめてくれれば俺も許そうと思いました。」


拷問員「な、なによ!」


ノビスケ「いいムチだ・・・」


拷問員「えっと・・目が怖いけど」


ノビスケ「先に言っておきます。今からやることは俺の自分勝手の行動です。罰則もなんでも後で受けます・・覚悟はいいか?返事は求めてねぇけどな」


拷問員「い、今なら!ゆ、ゆるし」ブルブル


ノビスケ「自分が傷つくからと言って他人を傷つけていい通りにはならない・・悪いことをしたらそれそうの罰が必要だよ」


拷問員「っ!」ビクッ


ノビスケ「大丈夫傷はつかないようにするから」


拷問員「え?」


ノビスケ「ひゃっはぁあああ!!えっと・・こうか!」


ペチン・・


拷問員「・・・・・」


「・・・・最近の若い奴は怖いな・・頑張れ小僧」


ーー数分後ーー


ノビスケ「・・・なにやってんだろう俺は・・」


拷問員「うぅ・・わぁあああん!汚されたぁああ!」ダッ


彼女は何処かへ行ってしまった


ノビスケ「あ!ちょっ!・・変な言い方しないでって・・報告されたかな・・」


罰則を覚悟したが罰則もなにもなかった・・喋ってないのか?


そして、あの男は終わった後に全てを喋った


「俺もこれをされたら耐えられそうにないんでな」と言っていたが


そんな酷いことはしてないはずなのだが・・むしろ傷のつかないようにしたのだが・・


ノビスケ「恨まれてるだろうな」


ここでの生活が始まり数日・・毎日が大変だ・・でも・・


少しほんの少しだけ楽しいと思ってしまった


ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーー


ーー???ーー


看守A「失礼します。」


看守長「うむとりあえず座りたまえ」


看守A「・・・・・」


看守長「座れ!命令だ!」


看守A「はい・・・・」


看守長「そうやって来様は言うことだけを聞いてればいい」


看守A「・・・・・・」


看守長「コーヒー飲むか?」


看守A「用はなんですか?」


看守長「飲むかと聞いてるのだが?」


看守A「コーヒーは飲めません」


看守長「おかしいな?君はいつも飲んでいたように見えたのだが?」


看守A「今は要らないだけです・・要件をお願いします」


看守長「ふん、つまらん奴だな。まあいい」


看守長「およそ察しはつくだろう?」


看守A「・・ノビスケですか」


看守長「うむ、そうだ!奴をー」


看守A「断る!」


看守長「いいのか?そんな事言ってお前の大事な妹が」


看守A「何度も言ってるだろ!あいつと俺はもう関係ない!俺はあいつを見捨てたんだぞ!今更あいつがどうなろうと気にもならない!」


看守長「ほう・・なら、彼女にはここに来てもらおうかな?うちの刑務所は男ばっかりだからな〜花も必要だ!唯一の親族も許可していることだしな」


看守A「看守長!!」ガタッ


看守長「座れよ!クズが!本当にやるぞ?」


看守A「ぐっ!・・」


看守長「明日から始めろいいな?」


看守A「・・・・・・」


看守長「返事をしろよ」


看守A「・・・・はい」


看守長「話は以上だ。明日からまた刑務所勤務だ!頼んだぞ?」


看守A「・・・・・・」


看守A「ノビスケ・・・すまない」


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーー


ーー重要資料室ーー


洋子「それにしても簡単に入れたわね?」


恭介「ちゃんと言えば入らせてもらえるよ」


洋子「最初私が言った時向こう首縦には振ってくれなかったけど?」


恭介「だからって無理矢理横に振らすなよ。危うく騒動になってたぞ?」


洋子「私はね今回の件でもし警察が敵になっても逃げたりしないよ」


恭介「無謀と勇気を履き違えるなバカ」


洋子「なによ!少しエリートだからって調子に乗らないでよね!」


恭介「大きな声を出すな」


洋子「あ、ごめん・・」


恭介「感情の上下が激しい人だな・・まぁいい手分けして探そう」


洋子「うん・・」


ここには、表に出せないような事件のファイルが保管されている


もし、お嬢の言うように裏に誰かがいるならここにある可能性が高い


警察は正義だと信じてきた昔の俺には辛い場所だっただろうな


ー数時間後ー


恭介「うむ・・興味深い事件だ」


洋子「これも違う・・これも・・」


洋子「みつかった?」


恭介「おっと!すまん別の読んでた。今から探す」


洋子「なにやってのよ」


恭介「えっと・・お!あったぞ!」


洋子「ちゃんとしてよね・・見せて」


恭介「女子高テロ事件って書いてある日にちもあっているしこれで間違えはないだろ」


洋子「主犯格はやはりノビスケくんになってるわね」


恭介「無理があり過ぎるだろうに書いた奴は余程のバカなんだな」


洋子「同意よ」


恭介「なんだよこれ・・デタラメばかりだ!」


洋子「何時間もこんなふざけたファイルを探してたなんて・・無駄だった・・」


恭介「いや、あながちそうとも言えないこれを見てくれ」


洋子「名前?」


恭介「これを書いた奴の名前だろ」


洋子「その人から直接聞くのね」


恭介「そう言うことだ」


恭介「早速会いに行くか」


洋子「わかるの?」


恭介「一応全く知らない人ではないからね。今はこの署にいると思う」


洋子「じゃあ、さっさと行きましょ」


恭介「そうだな」







恭介「はぁ?いない?どう言うことだ新人刑事」


新人刑事「今日も来ていません・・もう何日も・・」


恭介「困ったな・・仕方ない家に行くか」


新人刑事「え!いや、あの家にもいないと・・思います」


恭介「なんでわかる」


洋子「貴方なにか知ってるの?」


新人刑事「・・・知りません」


洋子「目を見て話しなさい!」


新人刑事「は、はい!」


洋子「本当に知らないの?」


ジーーー


新人刑事「っ・・・ここじゃあちょっと・・外に出ませんか?」


恭介「わかった行こう」


「おい!新人」


洋子「あ、ちょっと新人借りるから」


「ちょっ!」


洋子「借りるから」


「はい・・・・」


新人刑事「すいません・・そんなに時間はかからないので」


俺達は近くの喫茶店へ行った


恭介「じゃあ、早速だけど話してもらえるか?洋子さん俺が奢るから適当に注文してくれ」


洋子「わかったわ!すいません〜このパフェをえっと・・三個お願ー」


恭介「コーヒー三つでお願いします!」


洋子「え!!コーヒー飲めないよ」


恭介「なんで大事な話の時に皆でパフェなんか食わないといけない」


洋子「え?・・三個とも私のだよ?」


恭介「なおさらいかん!」


洋子「なに?甘いもの苦手なの?コーヒー飲んで大人ぶりたいの?」


恭介「もう大人だ!」


新人刑事「あの〜いいですか?話して」


恭介「すみませんではお願いします」


洋子「パフェ・・・・」


恭介「・・・・一つだけな」


洋子「っ!!ありがとう」


恭介「あの事件を担当したのは貴方の上司で間違いありませんね?」


洋子「すいません〜このパフェとこのパフェとこのアイスとプリンもいいわね!」


恭介「・・・・・・・」パッ


洋子「あ!」


新人刑事「はい、間違いありません」


洋子「メニュー返してよ!」


恭介「店員さん」


店員「は、はい!」


恭介「今の全部なしでコーヒー三つでお願いします」


店員「か、かしこまりました」


洋子「酷いよ・・・」


新人刑事「それで、これを」


恭介「これは鍵?」


新人刑事「はい、上司はもし自分が来なくなったらここを開けてくれって」


恭介「これは何処の?」


洋子「あ、それデパ地下のコインロッカーの鍵だよ」


恭介「よく知ってるな」


新人刑事「はいそうなんです」


恭介「で、中身は?」


新人刑事「実はまだ開けていなくて・・開けてくれとは言われましたけど、こうも言われました。それを見たら間違いなく狙われてしまうだろうって・・だから、覚悟があるなら開けてくれそして彼を助けてあげて欲しいと」


洋子「彼ってノビスケの事?でも、ファイルにはノビスケが犯人だって書いてたのに」


恭介「あれは上司が書いたものじゃないと言うわけか・・」


新人刑事「貴方達が見たファイルの内容はわかりませんが、上司はノビスケくんは無罪だって言ってました」


恭介「そうか、ありがとう行こう洋子さん」


洋子「そうね!ありがとうございます新人刑事さん」


新人刑事「あの!」


恭介「ん?なんですか?」


新人刑事「僕はこの世界に入ったきっかけは上司でした本当に刑事の鏡でした・・僕が言う資格はないかもしれませんが・・どうかノビスケくんを助けてあげてください!」


恭介「言われなくてもそのつもりですよ。大事な弟(予定)だからな」


洋子「ん?兄弟なの?男の兄弟なんていなかった筈だけど?」


恭介「そう言う意味じゃないのだが・・」


洋子「じゃあ、行こうか覚悟は出来てる?」


恭介「覚悟なら刑事になった時にしてるよ!さあ!行こう!」


店員「コーヒーお待たせしました」


洋子「あ、コーヒー来たわよ」


恭介「飲んでから行きますか・・」


新人刑事「はははは・・・」


新人刑事「・・・・・・・」


恭介と洋子はデパートの地下へ向かった


そこにあったコインロッカーには、手帳とファイルだった


恭介「これに真実が・・上司さん貴方の残した手がかり使わせてもらいます」


洋子「・・・・・・・」


恭介「まずはメモ帳を見てみよう」



これを見ているのは自分なのかそれとも別の人なのかもし自分なら喜ぶべき事だろうが違うのならば私は死んだのかまたは行方不明なのだろう


ここから先に書いてある事は私のメモ帳と全く同じ内容だ

覚悟して見て欲しい


私はこの事件に違和感を感じた


聞く限りではやったのは高校生らしいが、高校生がテロなどできる筈がない


ましてや、少し学歴に問題があるだけの男にそんな事は出来ないだろう


だが、私は上からの命令で言われるがままを書いた


嘘の報告書を書いたのだ


そして、命令したのが署長だった


私は署長がなにからしら関係しているのではないかと思い調べることした勿論署長には内緒で


もし、あのファイルを見ていたならあれは全部嘘だ


恭介「署長が・・・・」


洋子「怪しいとは思ってたけど・・」


恭介「だが、まだこの時点では黒かわかっていない」


洋子「もう今の時点でほぼ黒だけどね・・嘘の報告書を書かせるなんてやましい事があるからよ」


恭介「続きをみよう」


探れば探る程違和感ばかりの情報が大量に出てくる


これは、確実にはたけば出てくる


そう思った私は独自のルートでその情報を探りに探った


答えは黒だった


何処からか大量の額が署長の個人口座に振り込まれていた


そして、電話の内容をこっそり聞く事も出来た


相手の声は聞こえなかったが、どうやら何かを頼まれているようだった


そう殺しを・・・


恭介「くそっ!!」


洋子「落ち着きなさい」


そして、私はノビスケくんとその時一緒にいた友人達がいたという情報を手に入れた


真治、会長、副会長、幼馴染だ


その友人達の家に向かったがいなかったあの日から帰っておらず病院で預かっていると電話が来ただけで病院の場所も教えてもらっていないらしい


会長と副会長の親はこの件に関わろうとしなかった


何故だ?自分達の娘が何処の病院にいるかもわからないんだぞ?いいのかそれで?


まるで、何か怯えてるようにも見えた


どうやら署長の後ろにはもっと大きな何かがいるのかもしれない


とにかくこの四人の行方を探すことにした


恭介「警察が・・そのトップが!殺しだと!!ふざけんな!!」ダン


洋子「恭介くん!落ち着いてね?」


恭介「今から!署長のところへ行って!!話しつけてやる!!」


洋子「待って!今行っても変な人だと思われるだけよ!証拠がないのよ?」ガシ


恭介「離せ!殴らないと気が済まない!」


洋子「もう!だから!落ち着きなさい!冷静にならないとなにも見えてこないでしょ!」バシン


恭介「っ!・・そうだったな・・ふぅー」


洋子「叩いてごめんなさいね」


恭介「いえ、冷静になれなかった自分が悪いんです。さっきはありがとうございます。」


洋子「叩いてお礼言われるのも複雑よね・・」


恭介「だが、殴るのは決定事項だ!」


洋子「その時は私もね」


恭介「今更だが、本当にいいのか?これ以上はやばいぞ?今なら俺だけが知ってるって事にすれば」


洋子「見て見ぬ振りをしろと?一番私の嫌いな事ね」


恭介「ふっ・・なんで独り身なのかわからんな」


洋子「う、うるさい!独り身で悪いか!」


恭介「いや、褒めたつもりだったのだが・・・」


洋子「もう!・・続き見ましょ」


また独自のルートで居場所を特定する事ができた


彼らは、街外れの病院に入院していると言いたいが


監禁とも言えるだろう


私は警察ということをふせて彼らと話すことができた


まずは真治くんだ


ノビスケくんとは親友だと言う


彼は腹に一発撃たれておりまだ、動ける身体ではなかったが、ノビスケくんの事を話すと助けに行くと暴れ出した


どうにか、説得に数時間かけて必ず助けると約束した


次に会長、副会長、幼馴染と話をした


ノビスケくんの事を話すと全員泣き出してしまい話すことがあまり出来なかった


だが、真治くんを含む四人は全員これだけは言っていた


自分はどうなってもいいから助けくださいと


私も刑事の端くれ何十年も刑事をやっているとわかるのだ


嘘をついてるか本気なのかがね


彼らは本気の目をしていた


親友はともかくあって間もない人にここまで言わせるのは余程の信頼がある者でないと言わないだろう


ノビスケくんという人物を私はどうしても助けないといけない彼のような人間が必要なんだ!


命をかけても


この先は私の調べたファイルの説明を書いている


そこにあるファイルと一緒に見てくれ


そして、この未完成の証拠を完成させてほしい


私はもうすぐいなくなるだろう狙われている


だから!未来の為にも私の為にも


この悪を見逃すな!


恭介「・・・・・洋子さん」


洋子「・・・なに?」


恭介「俺は今からこれを完成させます!」


洋子「ノビスケくんはどうするの?見捨てるの?」


恭介「見捨てるわけないだろ」ピッ


恭介「お嬢さんノビスケくんの居場所がわかりました」


恭介は調べたことを全部話した


恭介「それでなんだが・・え?わかった!任せてくれ」ピッ


洋子「誰に電話を?」


恭介「仲間だよ。ノビスケくんの事は彼女達に任せる」


洋子「民間人じゃないわよね?」


恭介「民間人だよ」


洋子「貴方!自分がなにを言ってるかわかってるの!」


恭介「民間人だけど俺達警察が束になっても勝てるかわからないよ」


洋子「え?」


恭介「だから俺はこいつを完成させる洋子さんはもし行くなら気をつけて」


洋子「はぁ・・本当に大丈夫なの?信用できるのその人は」


恭介「あぁ、信用出来る」


洋子「なら、私も手伝うわそれを完成させるのに」


恭介「いいのか?」


洋子「言ったでしょ私もあいつをぶん殴りたいの」


恭介「そうか・・よし!徹夜でやるぞ!」


恭介「打倒」


洋子「ハゲ」


「おい!」


恭介「・・・・・・」


洋子「・・・・・・」


恭介「では、俺の家に行きますか」


洋子「あら?いいのお邪魔しても」


恭介「この場合どちらかの家でやるしかないでしょう俺も女性の家に上がり込む程無粋ではありません」


「おい!聞こえないのか!」


洋子「別に気にしないけど?」


恭介「俺が気にするのそれに他人の家は落ち着かないんですよ」


洋子「もう照れ屋さん♪」


恭介「それに貴方も無防備過ぎます。最近知り合ったばかりの男を家に入れようとするんですから・・もっと警戒心をですね」


洋子「私はこれでも人を見る目くらいは持ってるわ貴方はそんな事しないって」


恭介「・・・・・」


洋子「それに・・もしそうなっても責任とってくれれば」


「もういい!お前ら殺っちまえ」


恭介「洋子さん・・」


洋子「はい・・」


恭介「逃げろぉおおお!!」ドゴッ


「ぎゃぁああ!」


洋子「了解!!」ゴキッ


「腕がぁああ!」


「くそ!逃げたぞ追え!」


恭介「ここまでくれば大丈夫だろう」


洋子「それにしても演技だって気付いてなかったわね」


恭介「女優も夢じゃないかもな」


洋子「あんたもね」


恭介「女優は無理だけどな」


洋子「それで何処へ行くの?」


恭介「俺達の家は多分すぐに特定されますし・・」


恭介「ちょっと知り合いの家を訪ねてみようと思います。もしかしたら力を貸してくれるかもしれない」


洋子「そうじゃあ行きましょ」


恭介「少しは警戒してくださいって」


洋子「さっきも言ったけど信用してるんだよ、演技だったかもしれないけど言ってることは・・・本音だよ」


恭介「・・・やっぱり女優にはなれないよ君は」


洋子「そうね・・・」


洋子「恭介くん・・」


恭介「行こう」


洋子「・・・・へたれ」


恭介(殴られるよな・・)


ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー

ーーーーー


ーー???ーー


真治「あ〜退屈だぁ〜」


副会長「さっきからそればかり少しは大人しくしててよ集中できないでしょ!」



真治「勉強するなんて本当に真面目な奴だな。性格は最悪だけど!」


副会長「うるさい!」


会長「まぁまぁ、二人とも喧嘩しないでって・・このやり取りもう何回目?」


幼馴染「う〜ん忘れちゃった途中までは覚えてたんだけど」


副会長「いつまでここに閉じ込められなきゃいけないの!真治はともかく私達は別に怪我もしてないのに!」


幼馴染「大丈夫だよ!そのうち出してくれるよ」


副会長「本当マイペースねあなたって・・閉じ込められてるのよ!おかしいと思わないの?しかも!男二人と同じ部屋よ!一人は犯罪者だし!」


真治「おい!」


幼馴染「隆司くんは犯罪者じゃないよ?いい人だよ」


会長「そうよ!悪そうな人には見えないよ」


隆司「・・・・すまんな」


副会長「最初はそりゃ守ってもらってるのかな?なんて思ったけど今の今まで一度も外を見てないのよ!」


副会長「今日は部屋移動とか言われてやっと外の見える部屋かと思ったら前の部屋と変わらずしかも犯罪者と同じ部屋に入れられたのよ!ノビスケはテロの主犯になってるみたいだしもう頭が混乱してきて・・外はどうなってるのよ・・」


会長「副会長・・」


真治「隆司とここで再開出来たのは嬉しいが喜んでいられる状況でもないし・・あいつノビスケを助けられたのかな・・」


幼馴染「きっと今頃は誤解も解けて出られてる筈だよ!」


真治「それならノビスケはここに真っ先に来るだろうなそうだろ?」


幼馴染「確かに・・・」


真治「今の状況で一番あてはまるのは俺達もノビスケと同じ何かしらの事件に巻き込まれてるって事だ」


会長「そうなのかな・・ノビスケくん大丈夫かな・・」


真治「くそっ!身体さえ満足に動けばこんな病院すぐに!」


隆司「真治一つ聞きたい」


真治「なんだ」


隆司「ノビスケはあの時からあの事件から変わったのか?」


幼馴染「・・・・・」


副会長「事件?」


隆司「すまん君には辛いことを思いださせてしまったか」


真治「変わってないよ」


幼馴染「っ!」


真治「変わらず俺の親友だ」


隆司「・・・そうか」


真治「隆司にも聞きたい事がある」


隆司「なんだ?答えられる事なら答えよう」


真治「隆司はなんで病院に?」


隆司「・・・・少しやらかしてしまっただけだ」


真治「隆司をここまでするんだ余程の奴なんだな」


隆司「そ、そうだな」


副会長「開けなさい!」ドン ドン


会長「やめなさい!怒られるよ」


真治「おい!静かにしろ!」


副会長「っ・・・・・・・」


真治「ん?妙に素直だな」


監視カメラ?下についてるのは銃!


ウィーン


隆司「そこから離れろ!!」


真治「幼馴染」ドン


幼馴染「ぎゃあ!」


隆司「会長」ドン


会長「ふぎゃ!」


真治、隆司「副会長」ドン


副会長「なんで私だけ二人!!きゃあああ!!」


バン


さっきまで副会長達がいた場所に一発銃が撃たれた


真治「確定だ!」


隆司「だな!」


副会長「そ、そんな・・・安全じゃないの!」


会長「・・テイッシュ」鼻血たら〜


幼馴染「はい会長」


会長「ありがと」


監視カメラ「うるさいぞ!黙ってろ」


真治「どうする」


隆司「そうだな」チラ


隆司「悔しいが今はなにもできない真治無理はするな」


真治「無理なんてしてない」


隆司「腹血が出てるぞ?」


副会長「真治!血が!治療しなきゃ!」


会長「救急箱って何処にあったけ」


幼馴染「ここにあるよ!」


副会長「早くそこに寝て」


真治「このくらい大丈夫だって」


副会長「お願いだから!言うこと聞いて・・」ウルウル


真治「・・・わかったよ」


真治「おい!監視カメラから見てる卑怯者!大人しくしておいてやるから!その物騒なのしまってくれないか?」


監視カメラ「・・・・・」ウィーン


銃が収納される


真治「まだ、死なれたら困るってか・・・まあいい・・っ!もっと優しく頼むよ」


副会長「ごめん・・・」


真治「調子狂うな・・・」


会長「隆司さんも寝てください」


隆司「ん?俺は平気だ」


幼馴染「ほぉ!」つん


隆司「ーーーー!!」


幼馴染「我慢はいかんよ?」


会長「ほら寝てください二人ともけが人だと言うことを自覚してください」


真治「・・・・ノビスケ」


絶対に助けに行くからな!


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーー


ーー刑務所ーー


ー大人数教室ー


ノビスケ「今日は仕事はないんですか?」


「仕事だけじゃなく社会復帰の為に授業もあるんだ」


「そして、今日はシュミレーター授業の日だ」


ノビスケ「しゅ?シュミレーターって?」


「お前シュミレーターもわからんのか?若いのに」


ノビスケ「いや、なんとなくはわかるんですけど・・」


「簡単に言えば外の世界での日常をシュミレートしながら覚えていくのさ」


ノビスケ「へぇ〜そんな事をするんですか」


「しかもお前は運がいいぞ!今日からまた新しいソフトになるらしい」


ノビスケ「それは楽しみです!」


「お、ほら始まるぞ」


部屋が暗くなり前の映写機から映像が映される


映された映像はなんと言うか・・これ授業なんだよね?


「今回のヒロインはなかなかだな!」


「誰ルートから行く?」


ノビスケ「・・・・・」


確かに日常ではあるかもしれないでも!



『遅刻〜♪』


ドン


『きゃっ!』パンツチラ


「「おお!!白だ!」」


ノビスケ「エロゲやないか!!」


「おい小僧黙れ」ギロ


「選択肢が出てるんや!みんな必死で考えよんや!邪魔すなや」


ノビスケ「・・・すみません」


「今回のも難しいな!」


「あぁ!」


「そうや!新人お前これどれやと思う」


ノビスケ「え?俺こんなのやったことないし・・」


「勉強や新人!」


ノビスケ「そんな皆さんが悩むようなレベルのなんて・・」


1、大丈夫?立てるかい?と手を差し伸べる


2、白や!白のパンツや!と歓喜する


3、拉致る


ノビスケ「・・・・1かな?常識で考えると」


「もっとよう考えや!」


「俺は2番だと思うなあれはわざと見せてるんだってなら反応してあげないとな!」


「俺も思う男を見せな!」


ノビスケ「いやいや、初対面の人にパンツは見せないでしょ?この状況どう見ても相手の本意ではないですよ」


「小僧・・彼女出来た事あるか?」


ノビスケ「・・・・・ないですよ」


「だろうな小僧!女に恥欠かせたらあかんって」


ノビスケ「パンツの色言われた方が恥をかくと思うのだが・・」


「まだ若いからわからんかの見とれ」


1、大丈夫?立てるかい?と手を差し伸べる


→2、白や!白のパンツや!と歓喜する


3、拉致る


ノビスケ「本当に2番にした」


『白や!純白や!やっほぉおお!』


『きゃっ!変態!』


『そう言うと彼女は俺の首をかっ切って逃げて行った』


『がぁっ!!』バタッ


ゲームオーバー


ノビスケ「うん・・選択肢の間違えはあるけど日常とはかけ離れてるねなんで彼女はナイフなんて持ってたのかな?」


ノビスケ「すみませんそのそふとのパッケージを見せてもらえませんか?」


「ん?ちょっと待っとれおい!看守B」


看守B「なんだ?ゲームの文句ならやめてくれよ」


「小僧がパッケージを見せてくれだとよ」


看守B「なんだ興味津々か?ほらよ」


ノビスケ「ありがとうごさいます・・・」


ノビスケ「看守Bさん一つ質問いいですか?」


看守B「なんだ?いいぞ」


ノビスケ「この授業は日常を知っていっていつか出た時に役立つ知識をつけるためですよね?」


看守B「そうだ!なんか不満か?」


ノビスケ「このジャンルに書いてある首かっきり系女子って日常にいると思います?」


看守B「・・・いるんじゃね?」


ノビスケ「適当だな・・」


看守B「リ○ルバスターズと迷ったんだけどな・・なんかこっちのほうが面白くね?向こうは向こうで現実離れしてるって聞いたし」


ノビスケ「?・・どっちにしろそれしか選択肢がなかったんですか・・」


看守B「とにかくこれをクリアしないと次の予算おりないからよろしく」


ノビスケ「・・・まぁこんだけ人数いるんだしどうにかなるか」


「くそ!なんでだ!また切られたぞ」


「兄貴!切る前に殺っちまうのは」


「馬鹿野郎!」


「ぐはっ!」


「女を一方的に殺るなんてなに考えてる!」


「すいません!」


「あえて向こうの土俵に乗ってやろうぜ」


「はい!」


ノビスケ「楽しそうだし・・いいか」


ノビスケ「おーい!仲間に入れてくださいよ!ここはこうすると思いますよ!」


「うむ・・そうなのか?」


ノビスケ「たぶん!」


「ふっ!いいだろう小僧やってみろ」


ノビスケ「はい!」