2016-05-05 13:00:55 更新

前書き

キャラ崩壊、二次創作、キャラの美化、
誰おま、文才0、集るり的な何か、
などの要素があります。
嫌いな方は読まない方が身のためです。


るり「ここが、舞子君の家ね。」

そう、昨日るりは混乱しながら、集と彼の家に行く約束をしてしまったのだ。

ピンポーン


ガチャッ


集「はーい!るりちゃん!どうぞ上がって!」

るり「お邪魔します。」

(綺麗な家ね)


集「ここが、俺の部屋でーす!」

るり「なんか....」

集「ん?」

るり「なんか普通ね。」

集「え!なんかグサッとくるんですけど!」

集は少し傷ついた。

るり「え!そんなつもりじゃ....いや、あの、一条君の家とか、桐崎さんの家とか大きい家ばっかり見てたから、普通だなって....」

るりは、ふとした一言で集を傷つけてしまったと、焦った。

集「まぁ、そうだよね。」


集「何もない部屋だけどそこに座ってよ」

るり「あ、あら。ありがとう。」

(妙な雰囲気ね。男の子の部屋で、その人と二人きりなんて....)

るり「舞子君は、いつも部屋で何してるの?」

集「俺?んー、まー、勉強したり写真を整えたりとか?」

るり「そ、そう。」

(き、気まずい。なにかしらこの空気。舞子君となにを話したら....)

集「あ、俺、お菓子とか持ってくるね。」

るり「ええ。ありがとう。」


(舞子君行っちゃった....)

(ん。あれは....舞子君が使ってる枕....)

るり「えいっ」

ポフッ

気がつくとるりは、集のベッドに飛び込んでいた。

(わ、私はなにを!?)

るり「....舞子君の匂いがする........。」

るりはそっと集の枕に顔を埋めた。

るり「ん....舞子君。」

ガチャッ

集「るり....ちゃん?」

るり「....!?」

(ど、どうしよう!舞子君に見られちゃった!)

集「るりちゃん....」

るり「え、えとぉ....あの、これは、違うのよ?匂いを嗅いでたとかじゃなくて!その疲れたなって!?うわぉあっ!」

バサァッ

集「....」

るり「ま、舞子....君?」

集はるりに覆い被さる形になっていた。

集「るりちゃん、ごめん。」

るり「んっんむっ!」

集はるりの唇を奪った。

そして、深く深く、るりの口内を犯した。

るり「はっ....んんっ、んむぅ....」

集「....はぁっ」

るり「プハァッ」

やっと放してもらえたるりは深呼吸をした。

集「るりちゃんっ....」

るり「ひゃっ!ちょ、ちょっと待っ!」

集はるりの胸を柔らかく服の上から撫でた。

るり「ひっ、あっ....」

今度は服のなかに手をいれ、器用に彼女のブラを片手で外した。

るり「ま、舞子くn!?」

そして優しく、徐々に力を強めながら彼女の小さい胸を揉みしだく。

るり「ふあっ!?んんっ........あぁ....」

そして集はるりの服を脱がし出した。

るり「や、やめてっ....」

集は突然、その手を止めた。

集「....るりちゃん。ごめんね。」

どうやら正気に戻ったようだった。

集「急にされて嫌だったよね...。」

集「本当にごめんなさい!」

なんと、集は土下座をして謝った。

るり「別に、嫌じゃないわ。」

集「え?」

るりの意外な返答に集は驚いた。

るり「でも胸には自信がないし、見られたくなかったって言うか....まだ、準備ができてないって言うか....」

るり「だから、もうちょっと待ってくれる?

せめて、大人になるまで....」

るりの照れてモジモジというるりは、集にはとても可愛らしく見えた。

集「それはプロポーズと受け取っていいのかあな?」

さっきまでの表情とは一変、突然に集はイタズラっぽい表情になった。

るり「はっ!?」

集「だってさ、大人になってからするってことはそういうことでしょ?」

るりは自分の発言に気がついた。

るり「な、そういうつもりで言ったんじゃないわよ!」

集「えぇー、じゃあ俺とは結婚したくないの?」

るり「そんなことは言ってないじゃない!」

集「じゃあしたい?」

るり「貴方はどうなのよ!」

集「俺はしたい。」

その発言により、るりの顔はとても真っ赤になった。

るり「調子にのるな!このクソ眼鏡!」

バシッ

集「ごふうっ!」

見事な蹴りが集の顔面にヒットした。

るり「今日はもう帰るわ!」

集「え、もう!?」

るり「そうよ。じゃあね。それと、」

集「?」

るり「今日されたの、ちょっと嬉しかったから。」

集「え、るりちゃん何!?聞こえない!」

小さく呟いた彼女の囁きは彼には聞こえなかった。

集「大人になるのが楽しみだな。」


終わり


後書き

文才がほしい。


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2016-09-22 00:48:51

SS好きの名無しさんから
2016-08-08 17:36:18

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください