2016-05-05 09:09:50 更新

概要

七駆のキャラと提督のトラブルな日常です



提「はい、今日で仕事は終わり、みんな帰っていいぞ」

漣「うーん!やっと終わったー!」

提「何いってんの今日は漣が秘書だからな」

漣((開いた口が塞がらない))

朧「じゃ、漣頑張ってね」

曙「漣にも手出さないでよ」

潮「じゃあね〜」

漣「手を出すのは漣の方からっていつもそう決めてるんです」

提「ん!?何言っての!?」

曙「このエロ提督!アンタなんか知らないわよ!クソ提督!クソ提督!」

            たったったった

朧「ドンマイ...」

提「え、俺のせいなの」

潮「まだ怒ってるみたいです...」

朧「まあ頑張ってね」

潮「あ、ではまた」

バタン

提「あーあ悪気はなかったんだがな」

漣「ご主人様?」

提「なんや」

漣「曙に嫌われたんじゃないかって?」

提「あれは事故だろ...」

提「触っちゃった曙の...」もみもみ


遡ること一時間前

提(廊下を歩いている)

がやがや

提「なんか騒がしいな」てくてく

提「なにがあった?」

妖精1「それがですね、工廠で装備開発のときに、失敗してでてきたペンギンが逃げてしまって...」

妖精2「すごくすばしっこいやつでな、全然追いつかれへん」

提「わかった俺足に自信あるから捕まえてやるよ」

妖精2「ほんまに?おおきに!」

提督「じゃあどのへんにいるかわか...」



漣「ご主人様はそれでペンペ...ペンギンを探しに行ったのですね」

提「で、ペンギンが逃げた先が」

漣「大浴場だったと」



提「大浴場って...」


艦娘1800から2000まで

提督ら2010から2210時まで

混浴2220から2320まで


提「いまは1740か」

提「ペンギンー!返事しろー」

提「温泉の中か?」

ペンギン「ぺー!ぺー!」

提「我、ペンギン見ユ」



漣「そしてペンギン捕獲作戦が発動したわけですね!」

提「ほんとにすばしっこくてな」

提「時間を忘れてたわ」

漣「で、捕まえたのが?」

提「1805」



更衣室にて

曙「おっ風呂〜おっ風呂〜」

潮「曙ちゃん、ご機嫌だね」

曙「ふん、クソ提督のせいでたまったストレスをここで一気に発散できる」

潮「ホントは今日いっぱい褒めてもらえたからでしょ?」

曙「な!?違うわよ!別に褒められて嬉しい訳じゃないんだから」

潮「顔真っ赤」つんつん

曙「もう、先に入ってるから」

潮「体重測ってから行くねー」


提「ふはは、ペンギンよそんな顔しても逃がせはせんぞ」

ペンギン「ペンペン!」

提「さ、とっとと帰ろうか」

提「もう艦娘の入浴時間だしはやくで」

曙「」

提「」

曙「クソ提督」

提「曙!?ちちち違うんだこれはだな」

曙「こっち見んな!死ね!!!!!」

提「うお!回避!」

曙「なんで交わすのよ!」

提&曙 つるっ

「「え?」」

どん!

提「いてて」

もみもみ

曙「きゃ、ああn!」

提「ごめん曙ケガはな」

もみもみ

もみもみ

もみもみ

((おっぱいさんこんにちわ))


漣「瞬間、彼らには、彼ら自身の青春が!」


曙「し、ししし」

提「とりあえず落ち着け話せばわか」

曙「ねえええええええええ!」

ぱっちーーーん!!!

提「URYYYYYYYY!!!!!」



漣「完!」

提「なあまだあと残ってる?」

漣「ご主人様に手がくっついてるみたいで面白いことになってますね」

漣「というか!揉んじゃったんですか〜それはそれは」にやにや

提「い、いや不可抗力だ!」

(少しは揉みたいという意思が..)

漣「エロご主人様♡」

提「ラッキースケベっていうのこれ!?」

漣「ぼのたんはああ見えても、心はすごく乙女なんですよ」

提「ツンデレたまらんわ」

漣「胸揉むなら私で我慢してください」

提「お、おう断崖絶壁だな」

漣「ムキーーー!!!」

提「いいの?触るよ」

漣「いやあ!犯される!イッちゃう」

提「やっぱやめよ」

漣「ご主人様はこういうシチュエーションが好きじゃないんですか?」

提「ああ、俺は襲われる方がいいわ」

漣「なら、漣と」

((たくしあげ))

漣「メシウマなことしましょ?」

提「やめろ、俺の理性に攻撃するな」

漣「まあそれはさておき」

提「曙の件だ」

漣「謝っても無駄ですねあの子ツンデレだから」

提「ほんとは怒ってないっとか?」

漣「ええきっと嬉しいとか思ってますよ」

提「嬉しい!?」

漣「そりゃ好きな人からあーんなことされたら内心喜びますって」

提「え!?まじで」

提「お前は?」

漣「ご主人様に中出しされたいです」

提「」

漣「ほんとですよ?」

提「俺氏轟沈」

漣「完全勝利(゚∀゚)キタコレ!!」

漣「薄い本にご期待下さい!」

提「うっさい黙れw」


漣「ゴホン」

漣「まあ表には絶対出さないですけどねあの子」

提「次話すときとか気まずい」

漣「まああれですね頑張って」

提「お前、見捨てたな」

漣「じゃあ直接本人に聞いてみますね」

漣「ご主人様のこと曙はどう思ってるか」

提「自然に聞いてくれよ」

漣「ほいさっさ〜」

提「大丈夫かなあ」

漣「大丈夫だ問題ない」



続く!


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2016-05-26 05:24:16

SS好きの名無しさんから
2016-05-06 01:03:08

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください