2016-06-26 22:17:19 更新

概要

※東方私立幻想学園高等学校の続編です

※色々とカオスな事になります(キャラ崩壊注意)

※オリジナル主人公、キャラが登場します

※Just do it!!

※水奈月セイヤのイメージイラストを投稿しました

http://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=big&illust_id=50649900

http://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52631774




〜男でも女でも想いは同じっ!!〜



【前回までのあらすじ】



突如、男女逆転をしてしまった水奈月セイヤ達。主犯は幻想町のマッドサイエンティスト、八意永琳。彼女の作る薬は、毎度毎度他人を巻き込むだけでは無く、謎の作用を持つものばかり…伝説の聖剣エクスカリバーを失い、失意にのまれ立ち尽くす水奈月セイヤ。如意棒に振り回されるフランドール・スカーレット。そして、彼等はまた振り回される事になる…男女逆転、性別逆転をした彼等の運命…普段から異性が感じている想いについて。



執事セイヤ「果たして、水奈月セイヤ達はこの出来事を通じて…何を感じ、何を想うのか……あの…どうして当事者である私が、わざわざこの様なあらすじを読み上げなければならないのですか…?」紙を仕舞う…



〜幻想町(3丁目)〜



セイヤ「それにしても…走ると胸が…」※性別・女


霊夢「それは贅沢な悩みねぇッ!!」※性別・男


魔理沙「スカーレット姉妹っ!古明地姉妹っ!何か言ってやれだZEっ☆」※性別・男


レミリア「どうして私達に振るのかしらっ!?」※性別・男


フラン「私はお姉様より胸あるからっ!」※性別・男?


こいし「私もお姉ちゃんよりかはありますっ!お姉ちゃんとレミリア先輩こそが、真のぺったん娘ですっ!」※性別・男?


さとり「こいしっ!お姉ちゃんの悪口を言うなんて、私はそんな事を言う妹に育てた憶えはないわよっ!!」性別・男


こいし「セイヤさんは全く無いよりも、ちょっとだけ膨らんでる方が好きなんだってば!ね?フランちゃん」テッテッテッテッテッテッテッテッ!


フラン「そーだよ!お姉様とさとりより、私とこいしの方がセイヤ好みの体なんだよっ!」テッテッテッテッテッテッテッテッ!


燐「うっわ…セイヤってロリコンな上に変態だったんだ…」※性別・男


空「確かにさとり様とこいし様は可愛いけど…そんな事を想いながら接してたなんてね…」※性別・男


咲夜「私は坊ちゃんの体も妹坊ちゃんの体も、両方好みですっ!!」※性別・男


アリス「妹坊ちゃんって何…?ていうか咲夜は男になっても全然変わらないね…」※性別・男


セイヤ「先に俺の誤解を解いてから話し進めろやっ!!」


霊夢「いや、誤解も糞も無いでしょうが…」タッタッタッタッタッタッ!


魔理沙「このロリコン幼馴染っ!!」タッタッタッタッタッタッ!


セイヤ「」チーーンッ☆


妖夢「あ、セイヤの魂が天に召されてしまいました…」※性別・男


幽々子「皆ぁ〜ッ!待っでぇ〜ッ!」ドスンッ!ドスンッ!ドスンッ!ドスンッ!


妹紅「あ、漸く来たわね…」


鈴仙「漸くって…こっちも全力疾走で来たんだけど…それで?師匠は見付かったの?」


てゐ「それが撒かれちゃって…あれはきっと瞬足を履いてるに違いないね…」


燐「セイヤももしかして瞬足履いてる感じ?」


セイヤ「俺はJust do it 派だ」今は咲夜の靴を借りてるけどな…


レミリア「私はセイヤ愛用の靴を履いているわ❤︎」うー❤︎


魔理沙「セイヤは足も大きいからなぁ…走るのに苦労するぜ…」若干ブカブカで…


セイヤ「それにしてもてゐに妹紅、お前達も随分とイケメンになったなぁ…ていうかお前ら、俺への当て付けか?全員総じてイケメンになりやがって…ん?どうなんだ?当て付けなのか?そうなのか?そうなのかーっ!?」


てゐ「セイヤこそ…そんなダイナマイトボディになったりして…スカーレット姉妹と古明地姉妹への当て付け?」


さとり「元の貴女も大概でしょっ!?どうして私達姉妹とスカーレット姉妹だけに攻撃するのよっ!」


妹紅「いや…そんな事よりさ…幽々子先輩はどうした訳…?」


幽々子「妖夢ゔ〜…飲み物が飲みだいわ〜…」ゼェゼェッ…


妖夢「すぐ買って来ますから、ちょっとだけ待ってて下さい。幽々子様」背中サスサス…


てゐ「何という肉塊…しかも天○源一郎ボイス…」うわぁ…


アリス「妖夢が言うには、今まで胸に行っていた栄養が全部噴き出して、体型全体を歪ませたとか何とか…」


妹紅「おいたわしや…」


てゐ「ああならなくて本当に良かったぁ…あんな醜い姿になったら、例え元の姿じゃなくても外で歩けないよ…」


空「酷い言い様だね…」


レミリア「私は貴方がどんな姿になっても、愛し続けるわ❤︎セイヤ❤︎」ムギュゥッ❤︎


セイヤ「う、嬉しいが痛いっ!今のお前は男だろっ!?力加減が難しいなら抱き着かないでくれっ!痛いっ!痛い痛いっ!!」


霊夢「男の体って確かに力加減が難しいわね…ふんっ!」グシャッ!!


セイヤ『い、石を片手で粉砕した…だと…?』汗ダラダラ…


魔理沙「DAZEっ☆」ドゴォッッ!!!!


パラパラッ…


魔理沙「や、ヤバイぜ…軽く殴ったつもりだったのに…塀が…」汗ダラダラ…


セイヤ「霊夢、魔理沙…いや…お前達…今まで本当に…すみませんしたぁぁぁぁぁっ!!」orz


霊夢・魔理沙「「?…???」」何でいきなり土下座…?


セイヤ「すみませぇんっ!マジですみませぇんっ!靴でも何でも舐めますからっ!だから命だけはっ!」ガンガンッ!


咲夜「ちょ、ちょっとセイヤっ…私達は何もしませんよっ…」オロオロっ…


フラン「そ、そうだよセイヤっ…セイヤの事愛してるのに…///そんな乱暴な事なんて…///でも❤︎いつもは私がベッドの上でセイヤに乱暴な事されてるから❤︎偶には私が❤︎」モジモジっ❤︎


霊夢・魔理沙「「…」」グッ!!


セイヤ「ちょっと霊夢に魔理沙っ!?何その握り拳っ!?」ズリズリッ…


霊夢「いや…何か非常にムカつくから…」ジリジリッ…


魔理沙「取り敢えず1発だけ、な?1発だけだから…」ジリジリッ…


セイヤ「今のお前達の1発は計り知れないからっ!話し合いで解決しようっ!な?」ズリズリッ…


霊夢・魔理沙「「無・理❤︎」」ダッッッ!!


セイヤ「いやぁぁぁっ!!ケダモノぉぉぉっ!!」ダッ!!


レミリア「俺のセイヤに気安く触れようとするなッ!!」ダッッッ!!


咲夜「坊ちゃんっ!私もお手伝い致しますっ!!」ダッッッ!!


妹紅「エラくカオスな空間になったわね…」


フラン「お姉様もすっかりお兄様が板に付いたみたいだね♪」


スタスタスタスタ


妖夢「しかし振り出しに戻ってしまいましたね…これからどうしましょうか…」幽々子様、ポカリスエットです…


幽々子「ありがど〜…妖夢ゔ〜…」受け取る…


鈴仙「そういえば輝夜は?こっちに向かうって言ってたんでしょ?妹紅」


妹紅「確かに遅いわね…輝夜は一体何処で道草食ってるのよ…」キョロキョロ…


アリス「あれ…?ちょっと待って…早苗も居ないんだけど…」キョロキョロ…


さとり「どうやら逸れてしまったみたいね…ちょっとLINEしてみるわ…」スッスッ…


鈴仙「私も輝夜にLINEしてみる…」スッスッ…



〜幻想町(とある公園)〜



ガチャッ…バタンッ…スタスタスタスタ…



早苗「はぁ…///緊張しました…///こんな事なら、レミリアさんに付き合って貰えば良かったです…///」色々と屈辱的ですけど…


キュッキュッ…ジャーーーッ…


早苗『それにしても…まさか男子トイレに入るべきか、女子トイレに入るべきかで約10分間も悩む事になるなんて…まぁ結局女子トイレで用を足したんですけどね…』パシャパシャ…


キュッキュッ…パッパッ!


早苗『あの使用中の個室の人が出て来る前に退散しないと…』拭き拭き…


ジャーーーッ!!


早苗「っ!!?」


ガチャッ…バタンッ…スタスタスタスタ


「ふぅ…///緊張したわ…///こんなに緊張したのは、セイヤに告白する時の予行練習を永琳に頼んだ時以来よ…///って、え…?」ピタッ…


早苗「あ、ああっ…あああっ…」


「キャーーーーーッ!!?ど、どうして男の人が女子トイレに居るのよーーーッ!!??」ビクゥッ!


早苗「さにゃーーーっ!!?変態が女子トイレに侵入していますーーっ!??」ビクゥッ!


「警察を呼んでやるわっ!この変態がっ!」っスマホ


早苗「それはこっちの台詞ですよっ!女子トイレ侵入罪で映姫さんに裁いて貰いましょうっ!」っスマホ


「……え?あ、貴方今…映姫さんって…」


早苗「さにゃ?…も、もしかして…映姫さんの知り合いか何かですか…?ま、まさか映姫さんがそんな人だったなんて…」ガクブルッ…


「輝夜…」ボソ…


早苗「え?」


輝夜「私は蓬莱山輝夜よ!貴方、水奈月セイヤを知ってるっ!?」


早苗「えぇっ!?輝夜さんっ!?随分と貴族風のイケメンになってまぁ…あ、それと、セイヤさんは私の夫ですから」


輝夜「その緑髪に丁寧語の中途半端さ加減…そして極め付けはレミリアとフランちゃんに負けない位のセイヤ愛……まさか早苗…?」


早苗「守矢神社の看板巫女、東風谷早苗とは私の事ですっ!」キリリッ☆


輝夜「やっぱり…あ、それと、私もセイヤ愛なら貴女にも負けないから夜露死苦…」キリリッ☆


早苗「私に上等切るなんて中々ですね…良いでしょう…ちょっと表で【話し合い】しませんか?」親指クイっ…


輝夜「そういえば…貴女と殺り合うのは初めてだったわね…私は小さい頃から妹紅と、幾度と無く死闘を繰り広げていたのよ」※死闘=遊戯王での闇の決闘


早苗「奇遇ですね…私も小さい頃から良く、諏訪子様と神奈子様と死闘を繰り広げていたんですよ…」※死闘=ビリビリお札貼り合い合戦



◇◇◇10分後◆◆◆



霊夢「で、結局私達で早苗と輝夜探す事になる訳ね…」スタスタ


魔理沙「永琳先生探さなきゃならないのに…2人共勘弁して欲しいぜ…」


セイヤ「全くよ…勘弁して欲しいわ…」ボロッ…


咲夜「セイヤ、助けられず申し訳ありません…」スタスタ


セイヤ「いや…半分はあの2人の凶暴性の所為だが、もう半分は自業自得だからな…」スタスタ


妖夢「男になって霊夢も魔理沙も力が3割増し位になってますからね…」スタスタ


セイヤ「多分3割増しじゃ効かない気がする…」スタスタ


レミリア「早苗も皆と離れるなら連絡位すれば良いというのに…」スタスタ


さとり「確かに恥ずかしい内容だったのかも知れないけど、そこは正直に言って欲しかったわ」スタスタ


てゐ「そんな事よりお師匠様の事どうする?何の手掛かりも無い状況からのスタートじゃ流石に骨が折れるよ…」スタスタ


空「もうグルチャの皆にLINEしちゃったら?」スタスタ


フラン「禁忌の扉を開けるって事だね!」スタスタ


こいし「え…?そんなにダメな事だったの…?」スタスタ


フラン「だって今頃、皆怒りとかの感情で多分心の中グチャグチャだよ?」スタスタ


こいし「う、う〜ん…戸惑ってる人の方が大多数だと思うけどなぁ…」スタスタ


燐「まぁ感謝してる人が居ないのは確かだね…」スタスタ


アリス「それじゃあ皆にLINEして、永琳先生探すの手伝って貰おっか…」スッスッ…


セイヤ「歩きスマホは危ないぞ〜…」スタスタ


幽々子「お腹空いだわ〜…」スタスタ…


妖夢「確かにお腹が空きましたね…早苗と輝夜を見付けたら、ご飯食べに行きませんか?腹が減っては戦は出来ぬって言いますし」スタスタ


魔理沙「確かにもう良い時間だからなぁ…結局昼ご飯食べ損ねたし…」スタスタ


妹紅「確かに、騒動が起こってから何も口にしてないわね…私達…」スタスタ


鈴仙「町の人達から逃げるのと、師匠探すので手一杯だったからね…」スタスタ


「さにゃーーーっ!!」


「はぁぁぁぁぁっ!!」


セイヤ「……何かさにゃーとか聞こえるんだが…」スタスタ


霊夢「好い加減大声で奇声上げるの勘弁して貰いたいわね…」スタスタ


咲夜「どうやら、早苗は彼処の公園に居るみたいですね」スタスタ


さとり「それよりもう1人は一体誰?何だか早苗と喧嘩しているみたいだけど…」スタスタ


てゐ「この声は輝夜だね…早苗と何やってるんだか…」スタスタ


魔理沙「以外と2人で闇の決闘してるのかもなw」スタスタ


アリス「まさかwそんなのある訳無い無いw」スタスタ


ヒョコっ…


壁|レミリア「さて…2人は何をしているのかしらね…」ジーーーーッ…



早苗「さにゃっ!」ガリガリッ!


輝夜「くっ…ならこれでどう!?」ガリガリッ!



壁|こいし「……地面で⚪︎×ゲームしてますね…」


壁|セイヤ「何やってんだあの2人は…」


壁|咲夜「イケメン2人が地面で⚪︎×ゲーム…とてもシュールな絵面ですね…」


壁|フラン「どうするの?セイヤ。割って入って地面消し消ししちゃう?」


壁|セイヤ「今の状態であの2人にそんな事やったら殺され兼ねない…」


壁|鈴仙「輝夜はどうでも良い事でムキになるからねぇ…」


壁|霊夢「早苗も結構どうでも良い事でムキになるわよ?この前なんてスマホの壁紙はキッチリ全部収まってないと気が済まないって、ムキになって30分近く壁紙設定してたし…」


壁|レミリア「私はセイヤの写真で壁紙設定をする時は、1時間掛けてじっくり設定するわ」


壁|セイヤ「時間はもっと無駄なく、有意義に使いなさい…」


壁|さとり「やりますね。お燐」ガリガリッ…


壁|燐「さとり様こそ流石ですね…ですが、⚪︎×ゲームだけは負けませんよ」ガリガリッ…


壁|セイヤ「お前達2人も⚪︎×ゲーム始めるなっての…」道路に書いたりして…



早苗「ま、また引き分けですか…」


輝夜「⚪︎×ゲームじゃ勝敗が着かなそうね…なら次は…」



魔理沙「はいはいはーい…次はもう無いぜー…」スタスタ


妖夢「早苗も輝夜も何してるんですか…公園で⚪︎×ゲームなんて、今時小学生でもやりませんよ…」スタスタ


早苗「ま、魔理沙さんに妖夢さん…」


輝夜「でもまだ決着が…」


セイヤ「決着は永琳先生捕まえて、元の姿に戻ってから着けてくれ。あ〜…それにしても腹った…」


こいし「セイヤさんは何か食べたい物ありますか?」


セイヤ「ん〜……ラーメン?」


霊夢「あんたは今女なんだから、この機会に私達を見習って女らしい食べ物食べたら?」


セイヤ「女らしい食べ物…?女らしい…女らしい食べ物…か…」う〜ん…


幽々子「私ばゼイヤ君に賛成だわ〜♪ギッドギドのごっでりじだラーメンが食べだいもの〜♪」ドタプーンっ☆


妖夢「みょんっ!」ガァンッ!!!!


妹紅「幽々子先輩ぃぃぃぃっ!?」


幽々子「よ、妖夢っ…ヅッゴミ激し過ぎじゃない…?元ば女の子でじょ…?」


妖夢「幽々子様…これ以上私を失望させないで下さいですみょん…」


幽々子「妖夢ゔ?」


妖夢「幽々子様がこんな姿になってしまったのは…少なからず私にも責任があります。私が普段からもっとしっかりしていれば…幽々子様がこんな、醜い豚の様な姿になる事は無かった筈です…」


フラン「ねぇちょっと皆…妖夢今醜い豚って言ったよ…幽々子に向かって醜い豚って言ったよ今…確かに今の幽々子は醜い豚野郎だけどさ、そんなハッキリと本人の前で醜い豚って言わなくても…」


レミリア「フラン、妖夢よりも言っている回数が多いわ…」


妖夢「幽々子様…これからは自分の為に、私の為に…食生活を改めてくれませんか?」肩ポン…


幽々子「……分がっだわ…私、ダイエッドずるわっ!」スクッ!


妖夢「分かってくれましたかっ!幽々子様っ!」パァァッ☆


幽々子「妖夢ゔーーっ!」ガバァッ!


妖夢「っ」サッ…


幽々子「ゆゆぅっ!?」ドシィィィィンッ!!!!


妖夢「あの…その脂塗れの体で抱き着こうとしないで下さいですみょん…セイヤの為の体が穢れてしまいます…」ソソソっ…


幽々子「っ」ズガーーーーーーーンッ☆


てゐ「いやぁ…今日の妖夢はハッキリと物言うねぇ…」


空「ていうか今の地震ってまさか、幽々子先輩が倒れた時の振動…?」


アリス「地面が思い切り揺れたね…今の幽々子先輩が本気出せば、世界割れるんじゃない?」


早苗「何だか本当にそうなりそうで笑えませんね」


さとり「?…セイヤ?さっきから真剣に何を考えているの?」


セイヤ「ん?あぁ…昼ご飯何にするかなって…なぁさとり、女らしい食べ物って何だ?」


さとり「えっ?お、女らしい食べ物?……あ、甘い物…とか?」


セイヤ「甘い物か……よし!お前達、食べる物決まったぞ!」


魔理沙「おっ!まさかセイヤの奢りかっ!?」


霊夢「今の私達ならたらふく食べられるから、お金が幾らあっても足らないわよ〜?」


セイヤ「ふっ…任せて置け。さぁ、早く食べに行くぞ…」スタスタ


こいし「やったやった♪セイヤさんとお昼ご飯だっ♪……でも、やっぱり元の姿に戻って一緒に食べたいね…」しょぼ〜んっ…


輝夜「その為にも、しっかり食べて永琳見付けて元に戻して貰わなくちゃね。全く永琳ったら…責任取らずに逃げ回ったりして…」スタスタ



〜幻想町(喫茶店)〜



セイヤ「さぁ〜♪皆で水奈月スペシャル食べましょ〜♪」ニコ〜♪


霊夢・魔理沙・咲夜・レミリア・アリス・フラン・早苗・さとり・こいし・妖夢・幽々子・鈴仙・てゐ・輝夜・妹紅「「「「「「「「「「「「「「「…」」」」」」」」」」」」」」」


燐「待ってましたっ!」っお箸


空「そういえば、セイヤがわざわざ私達の為にこれ作ってくれるの久し振りだねぇ♪」っお箸


セイヤ「いや、今回はお店の人に無理言って作って貰いました♨︎」


空「な〜んだ…」


頭ガシッ!


セイヤ「えっ♪」


魔理沙「こんなモノ好んで食す女の子が居るかぁぁぁぁっ!!」ガシャァァンッ!!


……ガバァッ!


セイヤ「何するのよ魔理沙っ!女の子のスイーツ好きは常識なんでしょうっ!?」ボタボタっ…


魔理沙「いやこれスイーツじゃなくて化け物っ!スイーツの化け物っ!コーヒーの化け物ぉぉっ!!」


セイヤ「化け物はお前だろうがっ!何だよその怪力っ!…ていうかっ!燐と空は美味しそうに食べてるだろうがっ!」ビシィッ!


燐「進ーむっ!進ーむっ!ごはーんが進ーむっ!!」ガツガツっ!


空「やっぱりコレは最高に美味しいねっ!こんな料理を考案したセイヤは、やっぱり天才だよっ!」ガツガツっ!


魔理沙「アレはあっちがオカシイんだぜっ!」


さとり「う…あ、相変わらずこんなにインパクトのある食べ物は他にはありませんよね…」


鈴仙「良くこの喫茶店の人はこんなモノ出してくれたね…」


レミリア「い、今なら美味しく食べられるかも知れないわ…今の私は、セイヤと同じ男性な訳だし…一口食べてみようかしら…」パキンッ…


咲夜「坊っちゃんっ…いけませんっ…」


セイヤ「それにっ!キチンと良く見てちょうだい魔理沙っ!今回の水奈月スペシャルは一味も二味も違うのよっ!」


魔理沙「いや一味違って様が二味違って様が物体Xなのには変わりないぜっ!」


セイヤ「良いから見なさいっ!!…今回の水奈月スペシャルには何と…何とっ!ソフトクリームと生クリームが添えてあります♨︎」


燐「深みとコクのあるほろ苦いコーヒーと、濃厚で甘いソフトクリーム、そして生クリームの味が混ざって、ホッカホカの白いご飯に良く合っているねぇ…これぞ正に…新感覚スイーツっ!」パクっ!


空「これはスイーツ業界に激震が走る事間違い無しっ!」


霊夢「確かに激震が走る事請け負いね…全く持って別の意味で…」


妖夢「こんなモノをスイーツ業界に出したら、スイーツ業界の人達にしばかれますよ?」


フラン「ソフトクリームの部分だけ食べようかな…」


セイヤ「フランは私の作った水奈月スペシャル、食べてくれないの…?」うるっ…


フラン「はぅっ…///『セイヤの涙目可愛いっ❤︎こ、これは今の私が男の子だから…?///』」ドッキン❤︎ドッキン❤︎


セイヤ「大丈夫よ皆ぁ〜♪今は男の子なんだからさ〜♪此処は男らしくビシッと、ねぇ〜♪お空〜?お燐〜?」ニコ


空「これ位食べられなきゃ男じゃないよね…」フッ…


燐「まぁ怖気付いたなら仕方ないけどさぁ…」フッ…


レミリア「怖気付く…?笑わせないでちょうだい…セイヤが作った料理を、私が残すなんて事は有り得ないわ」


魔理沙「いや…水奈月スペシャルは有無を言わさず気絶して残してたぜ…」


こいし「流石にコレは愛でどうにかなるモノじゃありませんよね…」


レミリア「でも愛の証明どんな時でも必要なのよ、こいしちゃん」


フラン「ねぇねぇ皆…」


幽々子「?…どうじだの?ブランじゃん…」


フラン「ブランじゃ無くてフラン…」ムスっ…


幽々子「滑舌悪くでごめんなざい…」グスンっ…


フラン「まぁいっか…あのね…私今一口食べたんだけど…めっさ美味しいね…コレ…」パクっ…


霊夢・魔理沙・咲夜・レミリア・アリス・早苗・さとり・こいし・妖夢・幽々子・鈴仙・てゐ・輝夜・妹紅「「「「「「「「「「「「「「っ!!!??」」」」」」」」」」」」」」


燐「おっ!遂にフランちゃんもこの水奈月スペシャルの良さを分かってくれたんだねぇ!」肩ポンポンっ!


空「こんな素晴らしい食べ物は此の世に存在しないよね♪」うんうん♪


早苗『多分この食べ物が此の世に存在する食べ物の中で最下位だと思います…』


輝夜「う、嘘…あの時気絶したフランちゃんが…」ガクガクっ…


てゐ「めっさ美味しいねって言ったよ…」ブルブルっ…


鈴仙「こ、コレが…おっ、美味しい…?」


水奈月スペシャル「」ギョッッゾォォォォォォオオオッ!!


妹紅「な、何だか…前にも増して叫び声が強く聞こえる気が…これは私の気の所為…?」


アリス「今回はソフトクリームと生クリームがトッピングされてるから…例えるなら、地獄の亡者に地獄の屍と鬼の死骸を混ぜた感じかな…」


霊夢「正に地獄尽くしの1品ね…」


咲夜「セイヤ、貴方は普段の私達を見て何を学んでいるのですか?」


セイヤ「何って…結構馬鹿な事ばっかりやってる的な?」


鈴仙「私達もうちょっと女の子らしいよね?確かに偶に馬鹿な事するけどさ、もうちょこ〜っとだけ女の子らしいよね?」


セイヤ「仕方ないなぁ…フラン、こいしちゃん、悪いけど少し手伝ってくれ」


フラン「セイヤの頼みなら何でもっ❤︎」


こいし「私もセイヤさんの頼みなら何でも聞きますっ❤︎」


セイヤ「それじゃあちょっと打ち合わせの時間貰うからな?」


早苗『これは…茶番劇が繰り広げられる予感…』


レミリア「あら…美味しいわ…」モグモグ…


咲夜「ポッチャマぁぁぁぁぁぁっ!!?」


てゐ「ポッチャマ…?坊っちゃまじゃなくて…

?」


咲夜「すみません。噛みました」


妹紅「中々器用な噛み方するわね…」


霊夢「あれ…?でも確かに、前程拒絶反応無いわね…」モグモグ…


アリス「不味いのは不味いけど…食べられる不味さ、みたいな感じ…」モグモグ…


輝夜「オロロロロロっ…」キラキラキラキラッ☆


早苗「さにゃぁぁぁっ!?輝夜さんが吐きましたぁぁぁぁっ!?」


輝夜「くっ…な、何のこれしきっ…」パクっ…


鈴仙「いや無理しなくていいからっ!」


幽々子「お腹が空いでるがら何でも美味じいわ〜♪」ガツガツっ!


妖夢「新感覚スイーツの意味がよく分かりました…」モグモグ…


フラン「ごめんね〜♪私達ちょっとおトイレ行ってくる〜♪」ニコ


さとり「あ、始まったわ…」何これ美味しい…


スタスタスタスタ


フラン「ねぇねぇセイヤぁ♪あの中の男の人で、誰が1番良いと思う?」


セイヤ・フラン・こいし「「「…」」」チラ…


こいし「先ずあの金髪ヤンキーさんは無いですよね?除外決定です」


魔理沙「金髪ヤンキーって私の事かぁっ!!?」


セイヤ「あ〜分かる〜♪付き合った瞬間暴力で支配してきそ〜♪」キャピッ☆


魔理沙「キャピってするな腹立つぜっ!」


フラン「じゃあ〜♪…あの薄紫色の癖っ毛イケメンは〜?お金持ちらしいよ〜?」


セイヤ「確かにイケメンだけど〜…何か束縛強そうな感じじゃな〜い?」


レミリア「セイヤ…///貴方は私の事をキチンと理解してくれているのね…///」ポッ❤︎


霊夢「レミリア気付きなさいよ…あれ別に褒めてないから…貶してるからねあんたの事…」


セイヤ「こいしは誰がお気になの〜?」


こいし「私はあのピンク色の髪したイケメンさんがお気にです〜♪」


セイヤ「やだこいし〜♪男見る目あるじゃ〜ん♪確かに〜、ああいうタイプの男って女の子の事大事にしてくれそうよね〜♪髪の色大分奇抜だけど…」ボソ…


さとり「奇抜…」ズガーーーーーーンッ☆


空「さとり様…あれはコントですから…」


燐「多分セイヤもこっちの心抉りに来てるんですよ…」


セイヤ「でも私は〜♪あの銀髪イケメン推しかな〜♪」指差し…


咲夜「えっ!?///わ、私の事ですかっ!?///」ドキーンっ❤︎


レミリア「う〜…」ムッスーっ…


フラン「え〜?何で何で〜?」


セイヤ「だって〜♪掃除洗濯ご飯の支度まで何でもしてくれそうじゃ〜ん?私ぃ〜、掃除とか洗濯とかご飯の支度したくないし〜♪」キャピっ☆


鈴仙「セイヤが駄目女ポジションにっ!?」


てゐ「わ、私もダメ…オロロロロロっ!」キラキラキラキラッ☆


輝夜「オロロロロロっ!」キラキラキラキラッ☆


妹紅「2人は無理して食べるなっ!!」


フラン「でも私、もう彼氏さん居るし〜❤︎」ムギュゥッ❤︎


セイヤ「え…?『あれ?何か打ち合わせと違う…』」


こいし「私ももう彼氏さん居ますので、今回は付き合いで来ただけなんですよね〜❤︎」ムギュゥッ❤︎


セイヤ「な、何を言っているんだね君達2人は…」


フラン「私の彼氏さんは〜❤︎目が隠れる程髪が長くて〜❤︎背も高くて足も長くてイケメンで〜❤︎何より優しいんだ〜❤︎」ニヤッ…


こいし「むっ…私の彼氏さんだって❤︎目が隠れる程長くて強くて格好良くてイケメンで、凄く私に優しいんだからっ❤︎」


フラン・こいし「「ぐぬぬぬぬっ…」」バチバチッ☆


セイヤ「確かに女の子の醜い部分をコント風に教えてやろうって言いましたけどぉっ!誰もこんな事してくれって頼んで無いんですけどぉっ!?」


さとり「せめて恋は盲目って言って欲しいわね…」


霊夢「なぁレミリオ、お前は誰狙ってるんだ?俺はあの金持ちそうな金髪幼女が狙い目だと思ってるんだが」


レミリア「決まってるだろ。水奈月セーカ…俺が抱く女は、あの女だけだ。これは運命で決まってる事なんだよ。咲斗どうだ?」


咲夜「私はあの金髪幼女1択です…坊っちゃん…」鼻血ダラダラっ☆


燐「俺はこいし様1択…」鼻血ダラダラっ☆


空「同じく…」鼻血ダラダラっ☆


魔理沙「何か霊夢まで悪ノリし始めたぜ…」


レミリア・さとり「「弟は死んでも渡さないっ!!」」クワッ!!


霊夢・咲夜・空・燐「「「「くっ…」」」」


フラン「セイヤっ!私とこいしっ!どっちを選ぶのっ!?」ユサユサっ!


こいし「私ですよねっ!?セイヤさんっ!私ならセイヤさんに、どんな事でもしてあげられますよっ!」ユサユサっ!


フラン「それなら私だってそうだよっ!現に粗毎日、私はセイヤにエッチなご奉仕してるんだからっ!」ムギュゥッ❤︎


セイヤ「頼むから落ち着けっ!よく考えるんだ2人共っ!考える事を諦めてはいけないっ!冷静になるんだっ!」


フラン「私とこいし、どっちが好きかハッキリするまでこのままだよっ!」


こいし「必ず差がある筈ですっ!その差が私とフランちゃんのどっちに傾いてるか、今この場で言って下さいっ!」


セイヤ「シンキングタイムプリーズっ!エターナルシンキングタイムプリィィィィズっ!!」


幽々子「ぶゔぁ〜♪お腹一杯〜♪」お腹サスサスっ…


妖夢「今日も幻想町は平和……じゃないですね…色々な意味で…」しかし美味しかったですね…


鈴仙「はいてゐ、水…」コトッ…


てゐ「さ、3キュー…」グテェー…


輝夜「ああ…結局完食出来なかったわ…」グテェー…


妹紅「男の体でも合う奴と合わない奴が居るのね…」新たな発見…


セイヤ「と、取り敢えず俺も腹減ってるから食べなきゃな!」丼ガシッ!


フラン「あっ!セイヤ逃げたっ!」


こいし「セイヤさん!逃げるなんて卑怯ですっ!」


セイヤ「いやちゃんと考えてるから…フランとこいしちゃん、どっちの方が好きか考えれば良いんだろ?そんなの楽勝だって…」っお箸 キラーンッ☆


フラン「えっ……や、やっぱりフランが1番だよね…?///あんなに激しくしたんだもん…///フランが1番に決まってるよ…///」モジモジっ❤︎


こいし「せ、セイヤさんの1番は私だよ…///」モジモジっ❤︎


セイヤ「永遠に続くけどな、考える事は…これぞ秘技っ!エターナルシンキングタイム(永遠に続く考える時間)!!」パクっ…


フラン・こいし「「むぅ〜っ!」」頰プクーーーっ☆


魔理沙「私の幼馴染、優柔不断過ぎるぜ…」モグモグ…


霊夢「優柔不断なのは今に始まった事じゃないでしょうが…」モグモグ…


セイヤ「…」汗ダラダラ…


咲夜「?…セイヤ?凄い汗ですけど…大丈夫ですか?」モグモグ…


セイヤ「や、ヤバい…」汗ダラダラ…


さとり「か、顔が真っ青…ぐ、具合が悪いの…?風邪薬なら持ってるけど…」アセアセっ…


セイヤ「…は、はっ…」ぷるぷるっ…


妖夢「せ、セイヤ!大丈夫ですか!?」ワタワタっ!


セイヤ「吐く…」うぷっ…


全員「………え?」


セイヤ「オロロロロロロっ!」キラキラキラキラっ☆


アリス「わひゃあっ!?セイヤが吐いちゃったよっ!?」


フラン「せ、セイヤ大丈夫っ!?背中サスサスしてあげるからねっ!」サスサスっ!


空「ま、まさか…この水奈月スペシャルを食べた所為で…?」


水奈月スペシャル「」ギョッッゾォォォォォォオオオッ!!


燐「う、嘘でしょ?あんなに美味しい美味しいって言って食べてたのに…私達の同志の筈なのに…」


セイヤ「何だコレゲロ不味っ!まるで溝川に2、3日浸かった白ご飯みたいな味がするっ!お前達よくこんな物体Xを美味しい美味しいって言いながら食えるなっ!?神経疑うわっ!!」ゲホッ!ゴホッ!


魔理沙「いやコレ考案したのお前だぜぇぇっ!!」


早苗「しかも2、3日浸かった白ご飯みたいな味って…まさか食べた事あるんですかっ!?」


幽々子「女の子になっだ瞬間、味覚まで変わっでじまっだのね〜…」


セイヤ『まさか女の体の状態でこんな味がするなんてなっ…くっ…やはり俺は間違っていたのか…』気持ち悪ぃ…



⁑⁂⁑約30分後⁂⁑⁂



てゐ「はぁ…一応サンドイッチとか食べてお腹一杯にはなったけど…」スタスタ


輝夜「やっぱり水奈月スペシャルは体が拒絶しっ放しだったわね…」スタスタ


妖夢「セイヤも女の子の体だと拒絶反応を示すみたいで…さっきからその事について悔やみっ放しの様ですみょん…」スタスタ


セイヤ「何故だっ…何故俺の体が拒絶反応を起こすっ…俺の体は一体どうしてしまったと言うんだっ…」ぷるぷるっ…


霊夢「どうしてしまったって…女になったのよあんたは…」スタスタ


魔理沙「今更何言ってるんだぜ…」スタスタ


セイヤ「いや外見では無く中身的な意味でだよっ!」スタスタ


レミリア「安心してちょうだいセイヤ…///貴方は何も変わっていないわ…///見た目は変わってしまったけれど、中身は変わらず、私の愛したセイヤそのままよ❤︎」なでなでっ❤︎


セイヤ「いやそういう意味でも無くてだなっ!…ていうか頭撫でるなっ!!」


咲夜「わ、私も撫でてみたいですね…///セイヤ、失礼します…///」なでなでっ❤︎


妖夢「このるろうにみょんみょんにも是非…///」なでなでっ❤︎


早苗「ど、どうですか…?///セイヤさんの頭を撫でた感想は…///」


咲夜「これは…///とても良いものですね…///」なでなでっ❤︎


レミリア「胸の中から満たされる感覚がするわ…///貴方はいつも、こういう心境で私達の頭を撫でていたのね…///嬉しいわ、セイヤ…///」なでなでっ❤︎


セイヤ「こういう状態で心境知って貰うのは…何か複雑だ…」されるがまま〜…


早苗「で、では私も…///」恐る恐る…


セイヤ「だ、だから撫でるなってのっ!///『何で俺は男に頭撫でられてドキドキしてんだぁぁぁっ!!』」


アリス「まぁ今の私達は男らしく、綺麗な花を愛でてるだけだからね♪」なでなでっ❤︎


フラン「私もセイヤの事なでなでしたい〜っ…」ピョンピョンっ!


こいし「私もセイヤさんの頭を撫で撫でしたいですーっ…」ピョンピョンっ!


燐「まぁ、いつもセイヤが私達にしてる事だからねぇ…」ニヤニヤ…


鈴仙「そうだね…悔しかったらセイヤも、もっと女の子らしくしたら?男物の服とか変えたりさ…」ニヤニヤ…


セイヤ「今時女子の振る舞い方…か。分かった…良いだろう…ただし!絶対に怒るなよっ!」


魔理沙「おーおー♪やれるもんならやってみろだぜ♪」


セイヤ「後悔するなよ?……あはっ♪」クルっ♪


タッタッタッタッタッタッ♪


セイヤ「お兄さ〜ん♪JKと一緒に遊ばな〜いっ♪」手を振り振り♪


魔理沙「女の子らしさ以前にトンデモないビッチに成り下がってるぜーーーっ!!」


腕ギュゥッ❤︎


セイヤ「ねぇお兄さ〜ん❤︎私と一緒に遊んでよ〜❤︎」


「悪いな…」クル…


霊夢「俺もJKだ…」


てゐ「どんなJKっ!?」


霊夢「J(神社)K(金無し)」


輝夜「別に上手くないわよっ!!」


レミリア「セイヤっ!貴方は私のモノでしょうっ!?貴方は私の傍に居ればいいのよ!お小遣いも沢山あげるわっ!だ、だから…」


セイヤ「そうやって彼氏ヅラしないで欲しいんだけど〜…」プイっ…


レミリア「っ」ガーーーーーーーンッ!!


妖夢「な、中々現実的で生々しいですね…」


幽々子「レミリアぢゃん本気で凹んでるわぁ…」


レミリア「せ、セイヤ…私を捨てないでちょうだい…」うるうるっ…


セイヤ「私、女々しい男とか嫌〜い…」


レミリア「っ!!」ズガーーーーーーーンッ!!


妹紅「自分で自分にブーメランしてる事に気付いてないわね…」


セイヤ『あれっ…普段の俺って結構女々しいよね…自分で自分にブーメランしちゃってるよね…』


妹紅「あ、気付いた…」


セイヤ「あっ…お、おじ様〜♪JKと一緒に遊ばな〜い♪」タッタッタッタッタッタッ!


魔理沙「まだ懲りてないぜっ!」


咲夜「それにそれは女の子らしさではありませんっ!私達を見習って下さいっ!こんなにもセイヤ一筋だと言うのにっ!」


さとり「いいえ…咲夜はセイヤだけじゃ無く、レミリアとフランにも大分入れ込んでると思うわ」


フラン「お兄様元気出してぇ…」ユサユサ…


レミリア「樹海に…富士の樹海に行かせてちょうだい…」ぶつぶつ…


こいし「レミリア先輩が壊れちゃいました…」


セイヤ「おじ様〜❤︎お金沢山持ってるんでしょ〜?」


「あらあら〜♪セイヤ君じゃないですか〜♪」


セイヤ「げっ!!ぶ、ブラドさんっ!?」ビクゥッ!


「ブラドさん…?私はアスワンですよ?」


セイヤ「えぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!?」


レミリア「お、お母様っ!?」


フラン「そ、そんな…お母様が…お母様がお父様みたいな、筋肉モリモリマッチョマンの変態になっちゃったぁ…」ガクブル…


早苗「親の事を変態扱いするのはどうかと…」


アリス「前にもこんな事言ってたから気にする事ないよ…」


早苗「そういう問題ですかっ!?」


セイヤ「ほ、本当にあのアスワンさんなんですか?面影が髪の色しか無いんですけど…」


アスワン「実は私もあの人も困っていて…永琳先生なら何か知っているんじゃないかと、あの人が言うから外出したんですけど…」


霊夢「えっ!?ま、まさかブラドさんも女体化してっ!?」


アスワン「はい、勿論です」ニコ


全員(アスワン以外)「ブラドさん(お父様)が女体化…」ポワポワ〜ン…


ブラド『ん〜っ!!…マッソーっ!!』ムッキムキっ!!


さとり「何だか…ストリー○ファイターなどの格闘ゲームに出てくる、女キャラの姿しか思い浮かばないわ…」


鈴仙「あ〜分かる分かる…だって普段のブラドさんも、波動拳とか昇竜拳とか竜巻旋風脚とかやりそうだもんね…」


セイヤ「そ、それよりアスワンさん…そのブラドさんは一体何処に…」キョロキョロ…


アスワン「彼処に居るじゃありませんか」指差し…


咲夜「ど、何処でしょう…」キョロキョロ…


こいし「筋肉モリモリマッチョマンな変態女さんなんて居ませんよ?」キョロキョロ…


さとり「こいしっ…失礼よっ…」


「全く持ってその通りだ…だが、まぁ今回は不問に伏すとしよう…いつもフランと仲良くしてくれているからなっ!」はっはっはっはっ!


魔理沙「な、何だか無駄に可愛いロリボイスが聞こえるぜっ!」キョロキョロ!


空「ど、何処に居るのっ!?無駄に可愛いロリボイスをした筋肉モリモリマッチョマンの変態はっ!」キョロキョロ!


セイヤ「名前長い長いっ!!…で、でも確かに何処に居るんだ?近くで聞こえるんだが…」


「おおセイヤ君。ちょっと見ない間に胸がこんなにも大きく…お触りOKかな?」


アスワン「あ〜な〜た〜…」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッッッッ!!!!


「『何という殺気だっ…』じょ、冗談だアスワン…そんなに殺気立たなくてもいいだろうに…」アセっ…


セイヤ「何だか本当にすぐ近くで声が聞こえるのに…そんな大女全然見当たらないぞ?」キョロキョロ…


「セイヤ君、下だ下…君の下だよ」


セイヤ「下?」見下ろす…


ブラド「いやいや、中々に美人になっているじゃないか。レミリアも私に似て長身のイケメンになっていて嬉しいぞ!…フランは普段と全く変わらんのだな…」ちょこ〜んっ…


セイヤ「………誰すか?この幼女」


ブラド「幼女では無いブラドだ」


アスワン「セイヤ君、混乱するなと言うのは無理かも知れませんが…この人は私の旦那で、レミリアとフランの父親…そして、貴方の将来のお義父さん…ブラド・スカーレットですよ」


セイヤ「……嘘だぁ〜♪」


ブラド「嘘では無い幼女だ……あ、間違えたブラドだったな!」はっはっはっ!


セイヤ「笑い事じゃねぇよっ!アスワンさんと髪色変えて逆転してるだけじゃねぇかっ!視聴者さんガッカリだよっ!予想通り過ぎて鼻で笑われた後ぷげらぁされるのがオチだよっ!」


ブラド「何を言っているんだセイヤ君、少しは落ち着きなさい。ほら、ミ○ティアだ、これを噛んで落ち着きなさい」スッ…


セイヤ「いやミンティ○噛んでる場合じゃねぇからっ!」


レミリア「ほ、本当にお父様なの…?」


ブラド「レミリア、お前は実の父を見紛うと言うのか?」


レミリア「あの…こうなった私が言うのも何なのだけれど…お父様の面影が残っていないものだから…」


フラン「お父様がめっちゃ可愛くなってるぅ〜♪ちっこ可愛くなってるぅ〜♪」わーいっ!


霊夢「これは絵を描くのが楽そうね…ブラドさんの髪色をアスワンさんの髪色に、ブラドさんの髪色をアスワンさんの髪色にするだけだから作業が楽になるわ」


セイヤ「お前は何の話をしてるんだ霊夢っ!」


ブラド「レミリアは正にスカーレット家当主に相応しい出で立ちになったな!…だが、これではセイヤ君のお嫁さんにはなれんな」


レミリア「安心してちょうだい、お父様。永琳先生を見付けて、元の姿に戻った暁には…セイヤが私の事を孕ませてくれる予定だから…///」ポッ❤︎


ブラド「うむ…ならば良しっ!」クワっ!


セイヤ「いや良くねぇだろっ!!」クワっ!!


ブラド「何故だっ!」


セイヤ「いや何故だじゃないからねっ!?色々引っ括めて何故だって言ってるならあんた相当の馬鹿だよっ!」


ブラド「娘の願いに全力で応える…それが親の務めだ。君があの日、私に教えてくれた事だぞ?セイヤ君」


セイヤ「何かそれっぽく格好良い台詞言ってるけど!今は全然格好良い台詞じゃないからねそれっ!?」


レミリア「それは今のお父様の見た目が可愛いからかしら?」


セイヤ「違うそういう問題じゃなくてっ!」


フラン「そ、それじゃあ…///お姉様じゃなくて…///フランの事を孕ませたいから…?///」モジモジっ❤︎


セイヤ「違う違うっ!そういう問題でも無くてだなっ!」


アスワン「分かりました♪レミリアとフランを同時に妊娠させたいんですね♪流石は未来の紅魔館主様です♪」


セイヤ「てめぇら4人は今直ぐ紅魔館に帰れやぁぁっ!!」


さとり「そうね…///セイヤは私が責任を持って旦那にするわ…///」ギュッ❤︎


セイヤ「さとりんもそういう事言わないでっ!今だけは勘弁してお願いっ!」


レミリア「セイヤの旦那様ポジションは既に私が予約済みなのよっ!今直ぐ私の旦那様から離れなさいっ!このピンク頭っ!」


さとり「紫おぜうに言われたくないわ…」ふんっ…


妖夢「嗚呼…またセイヤ争奪戦が繰り広げられています…」


咲夜「これは男女逆転しても変わる事のない、私達の運命なんでしょうね…」


燐「格好良い事言ってるけどさ、これって唯の男の取り合いだよね…あ、間違えた…女の取り合いだよね」


輝夜「中身は男だから普通に男の取り合いで良いと思うわよ…」


「あーあー!セイヤはいつからそんな雌豚に成り下がったのかなー!」スタスタ


魔理沙「だ、誰だぜっ!?who are youっ!?」


霊夢「それ流行ってんの?」


「私は失望したよ…いつも変わらず、私達を支えてくれていたあのセイヤが…女になった瞬間に男に媚びを売り、豚にも劣る所業を私達に見せ付けるなんて…」スタスタ


セイヤ「その髪色…その瞳…ま、まさかっ…」


天子「そうっ!セイヤのアイドル、天子ちゃんDESUっ♪」キャピーンっ☆


「私も居る…」スタスタ


幽々子「誰?ごの小ざぐで可愛い女の子…」


「貴方こそ誰…?私の知り合いに…天○源一郎みたいな人は居ない…」


セイヤ「その微妙に相手の心を抉る様な毒舌は…」


アリス「それ微妙にじゃ無くてかなり抉ってると思う」


セイヤ「こころ…か?」


こころ「そう…///セイヤの心の嫁にして…///将来の嫁…///秦こころ…///」ポッ❤︎


早苗「こころさんが物凄くちっこくなってますっ!!」可愛いですっ!


セイヤ「霊夢…魔理沙…こんな幼馴染でごめんな…」


霊夢「い、いきなりどうしたのよ…」


魔理沙「ら、らしく無いぜ…」


セイヤ「俺は今日から……ショタコンになるっ!」バーーーーンッ☆


霊夢「いきなり何言いだしてんのよこの馬鹿っ!」


魔理沙「ロリコンの後はショタコンかっ!?小さい子供から好い加減離れろだぜっ!…あ、いやだからって、大人の男に惚れて良いって事じゃ無いぜ…?」アセっ…


こころ「セイヤ…///今の私は女の子…///確かめたいと言うのなら…///私は構わない…///」モジモジっ❤︎


セイヤ「なん…だと…?……霊夢、魔理沙…こんな幼馴染でごめんな…」


霊夢「こ、今度は何よ…」


セイヤ「俺っ!ロリコンになるっ!」バーーーーンッ☆


魔理沙「いや元からそういう噂立ってるから今更言われても何だかピンと来ないぜっ!」


セイヤ「えぇっ!?」噂立ってたの!?


霊夢「自覚なしかっ!!」


セイヤ「じょ、冗談で言ったのにっ…藪蛇とはこの事かっ…」


鈴仙「藪蛇というより普段の行いでしょ…」


妹紅「ロリ属性とか年下にばっかり構ってるからそういう噂が立つのよ…」


セイヤ「それは不可効力だって!」


てゐ「セイヤが嫌だって言えばそれで済む事だと思うけど…」


セイヤ「嫌だなんてトンデモない、甘えてくれる内は甘えて貰おうって考えで今の俺は動いてるから」


咲夜「セイヤはロリが原動力、と…」メモメモ…


セイヤ「何だか誤解与えてるみたいだから言っておくが…俺はロリが原動力な訳ではありません」


「あ、居た居たぁ…やっと見付けたよぉ…」スタスタ


「こころ〜…勝手に離れたりしたら駄目でしょ〜…」


早苗「諏訪子様に神奈子様っ!?ず、随分とワイルドになりましたね…」ジロジロ…


諏訪子「おぉ〜♪早苗ェ、も大分イケメンになっちゃってまぁ〜♪」


早苗「その早苗ェって微妙に語尾伸ばすの、好い加減止めませんか?諏訪子様」ジトッ…


諏訪子「これはセイヤから受け継いだ呼び名だから却下だねぇ♪」


神奈子「もぉ〜…こころ駄目でしょ〜?お母さんから離れたりしたら〜…」なでなでっ❤︎


フラン「へぇ〜…神奈子ってこころのお母様だったんだぁ〜…初めて知った〜…セイヤは知ってたの?」


セイヤ「うん俺も初めて知った驚愕の事実だ…」


こころ「将来の夢は、セイヤのお嫁さん…///」ポッ❤︎


セイヤ「あらやだ、可愛らしい夢じゃない…///」ポッ❤︎


天子「だからさっきから…セイヤはそんな体が女になった程度で、女口調をしたりなんかしないっ!」クワっ!


セイヤ「今の俺はノリに乗ってるんだよ。例えるなら、パチンコで1000回転してドン底状態、所持金は5000円。しかしその最後の5000円で30連チャンして大金手に入れて逆転勝利した感じだ」


妖夢「例えが長いですっ!」


天子「セイヤはそんな受け身な男じゃなかった筈だよ…今の私を見て、惚れ直したみたいだけどもう手遅れだよ…何もかも、ね」フッ…


セイヤ「いや…俺何も言ってないんだけど…」


さとり「惚れ直すも何も、セイヤは最初から私の彼氏ですから」


レミリア「何を言い出すのかと思えば…セイヤは最初から私の旦那様よ」


天子「そう…今のセイヤに似合うのは……やっぱりコッチでしょ!」っ女王様服


セイヤ「何大通りでトンデモない服取り出してんだお前はっ!!」


天子「今なら絶対似合うからっ!お願いだからっ!30万上乗せするからっ!!」ギュッ!!


セイヤ「如何わしい交渉はよせっ!お子様に見られたらどう責任取るつもりだお前はっ!」ググググッ!


フラン「そうだよね…責任はキチンと取るべきだよね…」うんうん…


こいし「あれだけの事を私達にしたんですから…やっぱり責任は取って貰わないとですよね…」うんうん…


セイヤ「君達W姉妹はさっきから何なのっ!?」ググググググググッ!!


さとり「古明地丼とスカーレット丼を食べたんだから…///しっかりお会計はして貰わないと…///」モジモジっ❤︎


レミリア「お会計は元の姿に戻ったら、またたっぷりと頂くとするわ…///」モジモジっ❤︎


セイヤ「お前達も悪い借金取りか何かかっ!」ググググググググッッ!!


天子「ぐぬぬぅおっ!セイヤの女王様服姿にお仕置きされたいでゲスぅっ!!」ググググググググッッ!!


セイヤ「最早元のお前の面影すら残ってないな天子ちゃんよぉっ!!」ググググググググッッ!!


魔理沙「男女逆転してる所為で更に如何わしい光景になってるぜ…」


アリス「警察に通報したらどうなるのか聞くまでもないね…」


セイヤ「今だけは冷静さを欠いて助けて欲しいなぁっ!!」ググググググググッッ!!


こころ「神奈子…セイヤを助けてあげて…」


神奈子「あいあいさ〜♪」ガシッ!


天子「ちょ、神奈子離してよっ!私は女王様服姿のセイヤに引っ叩かれるまで諦めないからねっ!」ジタバタっ!


咲夜「何が天子を駆り立てるのでしょうか…」


霊夢「理解したいとも思わないドM心ってヤツでしょ……でもまぁ!」バファッ!!


カッカッ!…パシィンッ!!


霊夢「その30万は俺が頂くとしようっ!」女王様服姿〜…


セイヤ「何やってんのお前っ!?」


霊夢「要はこの姿で天子の事引っ叩けばいいんでしょ?それで30万とか願ったり叶ったりだわ…」ピシィンッ!!


レミリア「確実に大事なモノを失っている気がするわ…」


さとり「な、何だか私…気持ちが悪くなって…」うぷっ…


フラン「目に毒だよぉ〜…」おぇぇ…


霊夢「さぁ変態っ!この博麗霊夢が直々に成敗してやるから、覚悟しなさいっ!」


天子「断るよ気持ち悪いっ!」


セイヤ「ていうか霊夢、自分の今の姿鏡で見てみろっ!泣けてくるからっ!」


霊夢「泣いて財布が潤うとでも?」


セイヤ「どんだけボンビーガールなんだよお前はっ!!」真顔で何言ってんだ!


レミリア「霊夢…後でチップあげるから、取り敢えずその格好は止めてちょうだい…目と体に毒だわ…」うぷっ…


霊夢「……レミリアの慈悲に感謝する事ね、天子」後退り…


天子「レミリア本当にありがとうっ!」


レミリア「か、感謝をされる様な事はしていないわ…今この場に居る全員の総意だもの…『は、早くセイヤ分を補給しないと体と心が持たないわ…』」ぷるぷるっ…


咲夜「坊っちゃん…///素敵です…///」ポッ❤︎


魔理沙「私の幼馴染2人…駄目駄目過ぎて泣けてくるぜ…」ホロリ…


アリス「安心していいよ。魔理沙も別の意味で大分駄目駄目だからさ」肩ポン…


魔理沙「アレ2人とだけは一緒にされたくないぜぇっ!!」パシィン!


アリス「だから別の意味でだって…」痛いなぁもう…


早苗「同じ巫女として恥ずかしいです…」


諏訪子「ていうかさぁ…霊夢って本当に幻想町に伝わる由緒ある巫女なの?とてもそうは見えないんだけど…」


神奈子「時代が博麗の巫女の在り方を変えたんでしょ…時の流れって恐ろしいわ〜…」なでなでっ❤︎


こころ『セイヤの撫で撫でが恋しい…今日この頃…』神奈子の撫で撫でが嫌な訳ではないけど…


ブラド「今日も変わらず皆元気で何よりだな!」はっはっはっはっ!


妖夢「男女が逆転してヤケになっているだけの様な気が…」


幽々子「皆苦労じでるのよ〜…」


アスワン「あの…ずっと気になっていたんですが、何方様ですか…?」


幽々子「西行寺幽々子よ〜…」


アスワン「……天龍源一○さんかと思いました…」


幽々子「出会っだ人全員にぞう言われるわ〜…」


ブー☆ブー☆


咲夜「あ、失礼…美鈴からですか。もしもし」


美鈴『あ、咲夜さんどうも』


咲夜「やはり美鈴も男性の声なんですね…」


美鈴『咲夜さんもやっぱり男性の声ですね…そ、そんな事よりもですね!永琳先生らしき人物を見たんですけど!』


咲夜「言っておきますけど…永琳先生も今は男性の姿ですよ?」


美鈴『そんな事は分かってますよ!?』


咲夜「あ、分かっていたんですね…」


美鈴『咲夜さんから見た私ってそんなにお馬鹿なんですか…?』


咲夜「救いようが無い程のお馬鹿さんだと思っていますけど何か?」


美鈴『……失礼しました〜…』


咲夜「冗談ですよ、冗談…」


妖夢「何を話しているんですかね…」


セイヤ「どうせ咲夜が美鈴の事イジってるんだろ…」


咲夜「はい、ではまた後程。皆さん、美鈴が永琳先生らしき人を学園近くで見かけたとの事です」スマホを仕舞う…


魔理沙「学園近くで?美鈴もだけど何で永琳先生が学園近くに?」


鈴仙「多分、この薬が出来た切っ掛け…1番最初の薬が必要だったんじゃないかな?」


輝夜「そういえば、永琳も確かにそんな事言っていたわね…」


セイヤ「大体、永琳先生は何の薬作ろうとしてこんな薬出来たんだよ…俺は先ずそれが疑問だ」


てゐ「確か薬を飲ませた相手の事を好きになr「てゐちょっと!それ言っちゃ駄目だって!」あっ!ごめんっ!…い、今の言葉は忘れてくれたまへ」キリッ☆


こいし「へぇ〜…薬を飲ませた相手を好きにさせる薬ですか…へぇ〜…」ジトーーーーー…


さとり「人の心を薬の力を使って惹き寄せようだなんて…姑息なやり方ね」ジトーーーーー…


鈴仙「てゐの馬鹿っ…」ヒソっ…


妹紅「後でこっそりセイヤに飲ませて、私達4人で好き放題っていう計画がおじゃんじゃないっ…」ヒソっ…


輝夜「だから貴女は馬鹿だって言われるのよっ…」ヒソっ…


てゐ「馬鹿だなんて言われた事無いけどっ!?」


こころ「この4人の処分は追々考えるとして…」


鈴仙「チビこころが何か怖い事言ってるんだけど…」


妹紅「ち、小さい頃からそんな事言ってると、お嫁さんになれないわよ…?こころ」


こころ「問題ない…私はセイヤのお嫁さんになる…これはもう揺らぐ事はない…絶対にないっ…!!」クワっ!!


天子『チビこころ怖過ぎるんだけど…』


霊夢「そんな下らない事言ってる場合じゃないでしょ!早く向かわないとまた逃げられるわよ!?」


魔理沙「よ、よし!皆行くぜー!」


ブラド「気を付けてな!」


フラン「えっ!?お父様とお母様は離脱!?」


ブラド「老体にドタバタ騒動はキツいからな。残念ながら私とアスワンとはここでお別れだ」


セイヤ「その見た目でそんな事言われても説得力皆無なんですけど…」面倒だから付いて来ないだけの様な気が…


アスワン「それじゃあ皆、気を付けて頑張って下さいね〜♪」手を振り振り…



〜幻想町(幻想学園高等学校・校門)〜



諏訪子「まさか休日まで学校に来る羽目になるなんてねぇ…」


燐「明日にはまた学校来なくちゃいけないっていうのに…」


妖夢「文句を言っていてもしょうがないじゃないですか。さぁ、行きましょう!」スタスタ


空「るろうにみょんみょんはテンション高いね…見習いたい位だよ」スタスタ


神奈子「妖夢、何だかんだ言ってこの状況楽しんでる?」スタスタ


妖夢「前向きに考えなければ心がポッキリ折れてしまいそうなので…」スタスタ


こころ「安心していい…妖夢…私はポッキリ折れたりしない…」スタスタ


妖夢「あ、いえ…こころでは無く心です」スタスタ


鈴仙「日本語って難しいね」スタスタ


こころ「私の名前がややこしいからだと…正直に言って貰って構わない…」スタスタ


鈴仙「何もそこまで思ってないよっ!?」スタスタ


ピタ…


咲夜「さて、ではそろそろ別れましょうか」


セイヤ「酷いわ咲夜っ!私の体をこんなにした癖に、今更別れるだなんて!」


咲夜「唐突に何ですかっ!?」


セイヤ「いや、女の体になった自分の使命感というか…言わなきゃいけない気がしただけだ。深い意味はないぞ?」


咲夜「深い意味にしか聞こえませんよ…」はぁ…


魔理沙「それより肝心の美鈴が見当たらないぜ…何処に居るんだ?」キョロキョロ…


レミリア「美鈴は既に校内を見回っているらしいわ。さ、早く私達も行きましょう?セイヤ」グイっ!


さとり「ちょっとレミリア、何を勝手にセイヤを連れて行こうとしてるの?」


レミリア「私はセイヤと一緒に居なければ生きて行けない、セイヤも私が一緒に居なければ生きて行けない、だから私達は常に行動を共にするのよ」


早苗「そんな自分勝手な意見が通るとでも思ってるんですか?」ギロリッ…


アリス「レミリアには好い加減セイヤ離れして貰わなきゃね。と、いう訳で、セイヤは私と行動しようか」


フラン「ダメダメっ!セイヤは私と行動するのっ!」


こいし「セイヤさんは私と行動したそうな目でこちらを見ています!ですからセイヤさんと行動するのは私です!」


こころ「セイヤはロリコン寄りのロリコン…だから私と行動を共にしたいと思っている…」


セイヤ「ロリコン寄りのロリコンって最早それ唯のロリコンだよねっ!?ペド野郎だよねっ!?」


こころ「勿論私が元の姿に戻ったら…セイヤはロリコンでは無くなる…これは自然の摂理…」


セイヤ「俺って一体こころから見てどういう法則で行動してるのっ!?」


妖夢「ふぅ…争いたくは無かったんですが、致し方ないですね…」チャキッ…


セイヤ「お前は一体何処から刀を取り出したんだ妖夢っ!」


咲夜「1人の女性を巡っての争いですか。悪くはありませんが、勝つのは私ですよ?」シャキンッ!×6


セイヤ「咲夜!お前も何処かr……ごめんいつも通りだったね。続けて」


レミリア「愚昧ばかりが挙って、人の所有物に手を出そうとするなんて…身の程知らずも良いところだわ」


霊夢「身の程知らずっていうのはあんたみたいな奴の事を言うのよ、レミリア」


レミリア「痴態を晒す変態巫女にだけは言われたくないわ」クスクスっ…


霊夢「あんですってぇっ!?」


天子「いやいや、これはレミリアの言う通りでしょ…あんな格好して良く正気で居られるね、ある意味で霊夢の事尊敬するよ」


魔理沙「ドM女、基ドM男の天子も人の事言えないぜ…」


セイヤ『凄い空気がピリピリしてるな…静電気が発生してるみたいだ…』


妹紅「ならこの勝負に勝った奴は、元の姿に戻ったらセイヤと2人きりで1日デートが出来るっていうのでどう?」ポキポキッ!


フラン「いいねぇそれ♪燃えてきた燃えてきた〜っ♪『セイヤとデート❤︎セイヤとデートっ❤︎でも私はお出掛けするより、セイヤと2人きりでお部屋でずぅ〜っとラブラブしてたいなぁ〜❤︎』」ポケェ〜❤︎


こいし「『セイヤさんと2人きりで1日デート…///前のデートはお姉ちゃんと一緒だったけど、今回は2人きり…///セイヤさんと2人きりでお茶をして、2人きりで街を歩いて、映画を観たりショッピングしたり…///さ、最後はセイヤさんの部屋でっ…///』えへ…///えへへっ…///」ポケェ〜❤︎


諏訪子「類は友を呼ぶとはよく言ったもんだねぇ…」


こころ「この軽快なフットワークっ…誰にも見切れはしないっ…」シュッ!シュッシュッ!!


セイヤ「やめてっ!私の為に争わないでっ!!」手を組みながら…


てゐ「……何だかちょっとイラッとした」


輝夜「奇遇ね、てゐ。私もほんの少しだけイラッとしたわ」


セイヤ『フッ…ずっと言ってみたかった台詞、漸く言う事が出来た…』


幽々子「じがも当の本人が満ぢ足りだりだ表情じでいるのが、余計にイラッどざぜるわ〜…」


妖夢「私はセイヤの言動よりも、今の幽々子様の方がずっとイラッとさせられますけどね」


幽々子「ざっぎがら妖夢、私への当たりギヅ過ぎないがじら…?」


妖夢『これが優越感というものですか、悪くないですみょん…』みょふふっ…


セイヤ「まぁ取り敢えず争い事は良く無い、という訳で此処は公平にじゃんけんで班決めしようか」ニコ


全員「だぁ!?」ガクゥ!


セイヤ「世の中ラブ&ラブ&ピースだからな♪」


神奈子「ラブ&ピースでしょ?ラブが1個多いわよ…」


さとり「ラブが1個多く付く程、私とラブラブでいたいって事よね?貴方の心の中は全てお見通しよ❤︎」ニコ


セイヤ「キャーーーっ!乙女心を覗くなんて卑劣だわ!さとりんの変態!」


さとり「っ」ズガーーーーーーーンッ☆


セイヤ「なんて冗談だよ。あ、あれっ?背的な問題で頭撫でられないなっ…背伸びして届くかっ…」背伸び〜っ!


なでっ❤︎なでっ❤︎


セイヤ「フッ…楽勝だなっ…」ぷるぷるっ…


こいし「お姉ちゃんも腰低くして頭下げればいいのに…」ショックでそれどころじゃ無いかもだけど…


セイヤ「あーあ…早く元のお前達に戻らないかなぁ…頭撫でづらいったらない…」


鈴仙「撫でなきゃ、いいと思うよ…何て事は言えないっ!だって撫でて貰いたいからっ!」



壁|?「…」ジーーーーーーー…


ササッ…



セイヤ「ん?」チラ…


こころ「セイヤ…」


セイヤ「なんじゃらほい?」


こころ「今の私は女の子…///そしてセイヤよりも小さい…///よって、頭を撫でてくれても構わない…///」モジモジっ❤︎


セイヤ「『俺はロリコンじゃないロリコンじゃないロリコンじゃないっ…』そ、そうか?じゃあ遠慮なく…」スッ…


ポン…なでなでっ❤︎


こころ「落ち着く…///」ポケェ〜❤︎


セイヤ「なぁこころ、さっき向こう側に誰か居なかったか?」なでなでっ❤︎


こころ「?…誰も居なかった…と、思う…多分…」


セイヤ「俺の気の所為か…?いやでも、確かにこっちを見る視線を感じたんだが…」なでなでっ❤︎


神奈子「こころ〜?じゃんけん始めるわよ〜?」


こころ「今参る…」


セイヤ「変わった日本語だな…」パッ…


こころ「セイヤもありがとう…///やっぱりセイヤの撫で撫では最高…///その特技は誇っていいものだと思う…///」


セイヤ「これって誇っていいものなのか…?それじゃあ、俺はちょっと向こう見てくるわ」スタスタ


こころ「さっきの視線の事…?」


セイヤ「あぁ、何だか確かめに行かなきゃ気が済まなくてな…悪いが彼奴らにも言っておいてくれ」右手をヒラヒラ…


こころ「畏まり…」コクン…


セイヤ「あ、あぁ…頼むわ…『こころって偶に変な日本語使うよな…まぁ俺も人の事言えないが…』」スタスタ


スタスタスタスタ


こころ「…」スタスタ


神奈子「あれ?こころ、セイヤは?」


こころ「謎の人影を見たからその真偽を確かめたいらしい…」


輝夜「謎の人影って…まさか永琳?」


こころ「セイヤも分からないって言っていた…」


咲夜「霊夢、妖夢、源○郎さん、永琳先生の霊力は感じないのですか?」


幽々子「誰が源一○ざん?」


妖夢「幽々一郎様しか居ないじゃないですか。何言ってるんですか」


早苗「ゆwゆwいwちwろwうw」


霊夢「幽々一郎パイセンの事はともかく」


幽々子「ざっぎがら皆、本当に私の事弄るの好ぎね?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…


霊夢「永琳先生の霊力は感じないわね。校内に何人か居るけど、どれも元の永琳先生の霊力じゃないわ」


魔理沙「ならセイヤが見たっていう謎の人影って何なんだろうな…」


霊夢「さぁ?まぁあいつなら逃したりとかしないでしょ。女になったって言っても、技量は変わらないだろうし」



〜幻想学園高等学校(中庭)〜



ザッ!



セイヤ「さて、まんまと誘導されてやったんだ。そろそろ顔出しな…」


「…」


セイヤ「そう警戒するなよ。今は俺だけしか居ない。彼奴らは今頃、じゃんけんで忙しいだろうからな…」


スタスタスタスタ…


「…」ザッ…


セイヤ「……やっぱりあんただったか、この騒ぎの元凶…八意永琳」


永琳「……よくこの姿の私を私だと認識出来たわね…セイヤ君」


セイヤ「別に…外見変わってても、霊力の質は変わらないってだけだ…」


永琳「霊夢ちゃんと妖夢ちゃん、あとあの天○源一郎にすら見破れなかったというのに…本当に貴方は人間離れしてるわね?セイヤ君?」


セイヤ「人間離れとか言わんといて…あと、あれは一応、本当に一応だけど幽々子先輩だ。それに、霊菜さん曰く、俺は霊力感知に大分向いた霊力質らしいんだよ」


永琳「へぇ…初耳だわ」


セイヤ「聞かれなかったから答えなかった…この答えで満足か?」


永琳「随分と怒ってるわね…いつもなら永琳先生って呼んで、敬語を使ってくれるのに」


セイヤ「男女逆転なんていう奇想天外起こしておいて、その薬作った本人から謝罪されなきゃ怒って当然だろ…で?あんた、どういうつもりなんだ?」


永琳「?…どういうつもりって?」


セイヤ「惚けるな。謝罪無しで幻想町から逃げる訳でも無い、それなのに周りをコソコソコソコソ…何を考えてる」


永琳「……さぁ?」


セイヤ「ワクチン的な物があるなら今直ぐ出せ…怪我しない程度に痛い目見たく無いならな」グッッッ!!


永琳「物騒な人ね。姫様達が見たら泣いちゃうかも知れないわよ?」


セイヤ「なら、見られる前にカタをつけるっていうのはどうだ?…それにな、あんたの腹の中は大分知れた。会ってみるまで確信は持てなかったんだが、な…」


永琳「あら…さとりちゃんとエッチな事して、心を読む能力まで身に付けたのかしら?」


セイヤ「それどんな能力だよっ!?身に付けた覚えなんかないっ!」


永琳「エッチな事をしたのは否定しないのね」クスッ…


セイヤ「っ///もうキレたっ!!」ダッッッッ!!


永琳『貴方は前に、私に言ったわよね?セイヤ君。頭に血が上った人間の行動理論は、兎角読みやすいって…』スッ!


セイヤ『注射器っ!?』何隠し持ってんだこの人はっ!


永琳「喰らいなさいっ!」グッッ!


バシィンッ!


カツーン…バギィッ!


永琳「なっ!?」


セイヤ「……おい、臨界点超えたぞ。善良な生徒に向かって、注射器突き立てるなんてな…」ズォォォォォォ…!!


永琳「『狂気の力っ!?もう完全に使いこなせる様になったの!?』こ、これヤバいかも知れないわね…それよりセイヤ君、今の貴方…東京喰○のト○カちゃんにクリソツね…」


セイヤ「そうかよ…なら、お望み通り…飯も食えねぇ位にバッキバキにしてやる、よぉッ!!」ビヒュヒュッッッ!!


永琳「言葉遣いがダーティーよ?セイヤ君…」ユラァッ!


サッッ!サッッ!


セイヤ「『狂剣の動きが見切られてる…薬か何かでドーピングしてるな、このマッドサイエンティスト…』ダーティーとはまた…俺に似合い過ぎてる言葉だなっ!」ビヒュヒュヒュヒュヒュヒュッッッッ!!!!


ガシガシガシガシッ!!


永琳「っ!?」ブラァーンッ…


セイヤ「四肢の動きを封じた。これで自分に注射器突き立ててのドーピングも不可能だ。さぁ、そろそろ話して貰うぞ…」スタスタ


永琳「……後は天命に任せるしかなさそうね…」ボソ…


セイヤ「俺が悪役ポジに収まってるなんて知られたら、彼奴らにどんな顔されるか分からないからな。俺が知りたいのは、わざわざ俺の感情を逆撫でした理由と、あんたが校内に来た理由…この2つだ」ピタ


永琳「それを知ってどうするつもり?」


セイヤ「言っただろ?あんたの考えてる事は大体読めた。俺達に声を掛けない理由も大体の察しが付く。要はその答え合せがしたいんだよ、俺は」


永琳「女性の四肢を押さえ付けて答え合せ、ね。セイヤ君は随分と悪い子になってしまったのね」


セイヤ「今のあんたは男、俺が女だ。端から見れば、女の子に負ける哀れな男の図だぞ?ほら、さっさと吐いて楽になったらどうだ?今夜はカツ丼作るつもりだから、な?」


永琳「それは嬉しいわね。私にも食べさせてくれるのかしら?」


セイヤ「勿論、全部話す事話して、元の姿に戻ったら、な?」


永琳「そう…でも残念だけれど」


ヒュッッッッッッ!!


永琳「どうやら天は私に味方してるみたいよ?」ニコ


セイヤ「っ!?」バッッッッッ!!


ズバズバズバズバッ!!


ザザザァァーーーーッ!!


セイヤ「……何で片翼の天使様が幻想町に居るんだよ…」


「永琳先生、大丈夫ですか?」


永琳「えぇ、何とか…間一髪といった所ね。助かったわ、サグメ」


サグメ「セイヤ先輩の邪魔なんて死んでもしたくなかったんですけど…あんな条件を出されたら心が揺らいでしまいます…///」ほぅ…///


セイヤ「やっぱりサグメか……ったく、先輩に向かって長刀振り回すなんて、悪い1年生だな」スクッ…


サグメ「すみませんセイヤ先輩。私の野望の為に、どうしても永琳先生の力が必要なんです」ペコ


セイヤ「…おいあんた、人の可愛い後輩ちゃんに何吹き込んだ」


永琳「それを言っちゃうと契約違反で、私が長刀の餌食になるから言えないわ」


セイヤ「ああそうかいそうかい…あんた達はあくまで俺を怒らせたいと…そういう訳か…」ズォォォォォォォォォッ…!!


サグメ「ど、どうしましょう永琳先生っ…セイヤさん物凄〜っく怒ってますけど…」


永琳「大丈夫、問題無いわ。私だって何の策も無しに、セイヤ君をこの中庭に誘導した訳じゃないわ…」ジャキッ!


セイヤ「エアガンか…」ズォォォォォォォォォッ…!!


永琳「流石にこの注射器エアガンから逃げるのは至難の技でしょう?サグメちゃん、援護は任せて」ジャコッ…


サグメ「援護…ですか…」あはは…


セイヤ「サグメも無闇矢鱈に永琳先生の薬投与しない方が身の為だぞ?この人の作る薬は、どんな副作用あるか分かったもんじゃないからな…」ズォォォォォォォォォッ…!!


サグメ「例え副作用があったとしても…私は私の野望の為にこの身を捧げます!」


セイヤ「自分の身を犠牲にしてまで成し遂げたい野望って何だよ…天下統一か?……それなら…狂気の力を制御する為の修行でもさせてもらうかな…」ジャキンッッ!ジャキンッッ!


永琳「っ」ズダダダダダダダダダダダッ!!


グチャチャッ!!…ギギギギギギギギギギギギィィンッ!!


永琳「厄介な力ねぇ…サグメちゃん、お願いね?」


サグメ「頑張りますっ!」ダッッッ!!


セイヤ「花の如くっ…散れっ…【狂天散閃花】ッ!!」ドヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュッ!!


【狂天散閃花】


狂気の力で形作った無数の剣を相手に向かって放つ技。性質を自由に変化させる事が可能な為、相手を捕獲する際に利用する事も出来る。


サグメ「た、たぁ!やぁ!」ズバァッ!ズバァッ!


セイヤ『気の抜けた掛け声の割に…しっかり切り落としてるな…何、この子もしかして逸材…?』見た目片翼の天使だし…


永琳「喰らいなさいっ!!」ドォンッ!


セイヤ「っ」グチャグチャチャッ!!


ボフゥンッ!!


セイヤ「ッ!?『え、煙幕っ!?』」げほげほっ!


永琳「ビリビリ注射器発射!」ダァンッ!


ブスゥッ!


セイヤ「あぎゃあっ!?」ドサァッ!


バチッ!ビリビリッ…


【相手のセイヤは麻痺して技が出にくくなった】


セイヤ「くッ…また新たな力がッ……あ、今の俺ちょっと堕天使ぽかったかも…」ガクッ…


スタスタスタスタ


永琳「勝負あったわね。手加減したのが貴方の敗因よ、セイヤ君」チャキッ…


セイヤ「ま、まだだっ…」グチャグチャッ…!!


ガクンッ…バタッ…


セイヤ「くっ…」


永琳「動こうとしても無駄よ?その薬は私が調合した麻痺薬、そう簡単にわひゃあっ!?」ビクゥッ!


セイヤ「つ、捕まえたぁ…『ていうかわひゃあっ!?って何…?』」グチャチャッ…!!


永琳「っ…えい♪えい♪えい♪」ダァンッ!ダァンッ!ダァンッ!


セイヤ「おっ!?のっ!?Dぃあっ!?」ビリビリッ!!!!


サグメ「え、永琳先生止めて下さい!セイヤ先輩が死んじゃいますっ!」腕ガシッ!


永琳「セイヤ君にはこれ位で丁度良いのよ。普段から女の子誑かしまくって、甘い甘い青春を謳歌してるのだから」


セイヤ「僻み…?」


永琳「…」ダァンッ!


セイヤ「うごぉっ!?…む、無言はやめてっ…無言で撃つのだけはやめてっ…怖いからっ…マジで怖いからっ…」ビリビリッ!


永琳「サグメちゃん、よく考えなさいな。セイヤ君はいつもいつもサグメちゃんの知らない所でエロい事をしてるのよ?それはもう口には出せない様な事を散々、ね」


サグメ「…」チラ


セイヤ「さ、サグメさん…?」汗ダラダラ…


サグメ「永琳先生。その銃、私にも貸してくれませんか?」ニコ


セイヤ「サグメさぁぁんっ!?」


永琳「実はこの銃、もう一丁あるのよ。はい」スッ…


サグメ「どうも…」受け取る…


セイヤ「降参っ!降参しますっ!参りましたっ!だからこれ以上撃つのは勘弁してっ!」


永琳「これは姫様の分っ!」ダァンッ!


セイヤ「聞けぇぇっ!!」ビリビリッ!!


サグメ「セイヤ先輩の馬鹿ぁっ!」ダァンッ!


セイヤ「ひぃぃっ!!」ビリビリッ!!


永琳「これは可愛い愛弟子、鈴仙の分っ!」ダァンッ!


サグメ「いつもいつもフランちゃんとこいしちゃんとイチャイチャしてっ!私達にも構って下さいっ!」ダァンッ!


永琳「これも可愛い愛弟子、てゐの分っ!これは姫様や可愛い愛弟子達の親友、妹紅の分っ!」ダァンッ!ダァンッ!


サグメ「そ、それに何ですかっ!?///え、エッチな事って!!///そ、そういうのはまだっ…///まだ早いと思いますですっ!!///」ダァンッ!ダァンッ!


永琳「そしてこれは…ゆかりんの年齢の分よぉぉっ!!」ダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンダァンッ!!(自分の年齢もバレるので撃つ数を誤魔化しています♨︎)



†††10分後†††



霊夢「あっの馬鹿は一体全体何やってんのよっ!!」スタスタ


咲夜「おかしいですね。不審者に拉致されてしまったのでしょうか…」スタスタ


レミリア「セイヤが不審者如きに遅れを取るわけないでしょう?セイヤは私の専属執事、そして彼氏、更に旦那様なのだから」スタスタ


フラン「その項目はこのフランちゃんにも当てはまってるよ!お姉様!」ぷんすこっ!


魔理沙「この2人の脳内お花畑は快適、基ポジティブ過ぎだぜ…」スタスタ


レミリア「あら魔理沙、もしかして僻んでいるのかしら?私とセイヤが相思相愛なのは揺らぐ事のない事実だというのに…哀れね」クスッ…


フラン「私の脳内お花畑は、いつもセイヤがお手入れしてくれてるんだもんねぇ〜っだ❤︎魔理沙達とは違うの♪」スタスタ


魔理沙「なぁ2人共、ちょっと屋上行こうZE?」親指クイっ…


こころ「あ…セイヤ発見……寝てる…?」スタスタ


鈴仙「ちょ、ちょっと!セイヤの体に刺さってるあれ、注射器じゃないっ!?」ビクゥッ!


妖夢「何とっ!?…セイヤっ!」ダッ!!


タッタッタッタッタッタッ!


こいし「せ、セイヤさんっ!大丈夫ですかっ!?返事して下さいっ!」ユサユサっ!


てゐ「こいしちゃん!揺らしちゃ駄目だよ!」


鈴仙「てゐ!今直ぐ治療の準備をするよ!私は保健室から救急箱とか持ってくるから!」ダッ!!


てゐ「りょ、了解っ!……大丈夫…セイヤは生きてるよ…」脈を確認する限りだけど…


フラン「そ、そんなのっ…決まってるっ…じゃんっ…」ポロポロっ…


幽々子「ぞれなら泣がないの…ゼイヤ君ば大丈夫よ…」なでなで…


フラン「う、うるさいよ豚野郎っ…そんな事っ…一々言われなくたって分かってるもんっ…セイヤはそんな簡単にっ…死んじゃったりなんかしないもんっ…」グシグシ…


幽々子「『強がったりしちゃって…可愛いわ〜♪』でも豚野郎ばやめまじょうね〜…?」なでなで…


セイヤ「あ…がッ…」


神奈子「目を覚ましたっ…セイヤ、大丈夫?」スッ…


セイヤ「み、見て分かるだろっ…大丈夫じゃっ…ねぇって…くッ…まだ体が痺れてやがるッ…」


燐「セイヤって本当にタフだねぇ…背中にビッシリ注射器刺されてるのに…」


セイヤ「か、感心してないでっ…早く、キアリクとかッ…状態異常回復系のっ…魔法かけてくれッ…」


霊夢「それだけ余裕のある台詞吐けるなら、取り敢えずは大丈夫そうね…」


空「先ずセイヤ、それ誰にやられたの?女の子の姿でも、あの鬼の様に強いセイヤをこんな風にしちゃうなんて…」


セイヤ「鬼の様にって…それ褒めてるのか…?」


空「一応褒めてるつもりなんだけど…」


天子「セイヤって実はドMだったんだね……同士!」b ビシィッ☆


セイヤ「一緒にするなっ!!あぐぅあっ!?」ビリビリッ!


てゐ「ちょっと!叫んだり身体動かしたりしない!注射器何十本も刺さってる上に、薬の効果で真面に動けないんだから!」


早苗「体が痺れてって事は…麻痺系統の薬ですかね?」


セイヤ「その通りだよっ…やったのは永琳先生だ。あとサグメも一緒だったな…」


こいし「サグメちゃんもですか!?」


セイヤ「ああ…野望がどうこう言ってたが……これは、俺の単なる憶測に過ぎないが…恐らく、サグメ以外の誰かも永琳先生側に付いてる可能性がある…」


妹紅「嘘っ!?…だとすると、私達が探してる事がバレるのは当然だったって事ね…」


咲夜「それに学校に来る前に、LINEのグルチャに一斉送信で、学校に行くと送ってしまいましたからね…永琳先生は、私達が学校に来るのを知っていて尚、学校に足を運んだという事ですか」ふむ…


さとり「考えていても今はせんなき事よ。先ずはセイヤの治療が最優先だわ。セイヤ、本当に大丈夫?」


セイヤ「あ、あぁ…体の痺れ以外は特に…」


諏訪子「そんな大量に背中に注射器刺されてるのに?」


セイヤ「痛みよりも痺れの方が強いんだよ…麻酔みたいな感覚に近いと思ってくれて構わない…」


レミリア「私のセイヤに、こんな酷い仕打ちをするなんてッ…八意永琳ッ…貴女は必ず、私の手で葬り去ってあげるわッ…」ギリッ…


フラン「お兄様めちゃんこ怖い……でも、葬り去るのはフランも賛成、かな…永琳は絶対に許さない…手足拘束して…精神壊れる位拷問して…手足引き千切って壊してやる…」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッッッッ!!!!


妖夢「小さい体に大きな闘志…見事ですみょん…」うんうん…


輝夜「そして今のレミリアが死ぬ程怖い件について…」


魔理沙「ま、これだけやったんだ…制裁無しで許して貰えるだなんて、あっちも思ってないだろうぜ。な?霊夢」


霊夢「ま、そりゃそうでしょうね。私達を怒らせるとどうなるか…永琳先生には身を持って知って貰うとしましょ…」


アリス「それにしても…サグメちゃんが永琳先生側に付いてるっていうのが気になるね…ねぇセイヤ、サグメちゃんは野望がどうこうって言ってたんでしょ?」


セイヤ「ん?あぁ…どんな野望かは知らないな…永琳先生も、それ関係の事バラすと、契約違反で自分がバラされる的な事言ってたし…」


咲夜「謎が多過ぎますね…ですが、セイヤの憶測、いえ…推察は当たっている可能性が高いと、私は思います」


輝夜「そうね。どんな条件で味方してるのかまでは知らないけど、サグメちゃんだけが永琳に肩入れしてる可能性は低いと思うわ」


早苗「となると…グルチャでの連絡は止めた方が良いという事ですね…」


鈴仙「ご、ごめん皆っ!遅れた!」タッタッタッタッタッタッ!


セイヤ「おぉ〜…漸く来たか救世主…」


鈴仙「ごめんごめん…早速始めるからてゐ、治療手伝って!」腕捲り!


てゐ「合点だよ鈴仙!」腕捲り!


アリス「ねぇ皆、セイヤが治った後はどうする?肝心の永琳先生が何処に行ったのか分からないしさ」


セイヤ「あぁ…その点は問題無いから心配するな…」


さとり「問題無いから心配するなって、それってどういう意味なの?」


セイヤ「ままま…全部俺に任せとけって…あぎゃあっ!?もっと優しくしてくれっ!」


鈴仙「少しの痛み位我慢してよ!男の子でしょ!!」


セイヤ「刀で斬られたり突かれたりした俺が痛いって言ってるんだぞ!?っていう事は相当だからなっ!?」


てゐ「ていうかセイヤ…今のセイヤは女の子なんだからさ、悲鳴上げるにしてももうちょっと可愛く悲鳴上げられないの?」


セイヤ「ならばご要望にお応えして……あぁんっ❤︎」


全員「はぅっ…///」バッ!


セイヤ「……何で前屈みになってんだよ…」


こころ「しまった…つい…私に薙刀は付いてなかった…不覚…」


てゐ「やっぱり普段通りでいいです…///」モジっ…


セイヤ「『何故に敬語…?』あ、あぁ…分かった…」



〜幻想町(幻想公園)〜



スタスタスタスタ



妹紅「ちょっとセイヤ、本当にこんな所に永琳が居るの?」スタスタ


セイヤ「木を隠すなら森の中ってよく言うだろ?」スタスタ


鈴仙「それ言っちゃうと、人を隠すなら人の中って事になると思うんだけど…」スタスタ


セイヤ「そうだな…人を隠すなら人の中だ。なら、裏切り者を隠すなら…何処だと思う?」スタスタ


ピタッ…


てゐ「……それ…どういう意味?」


セイヤ「当の本人様達が1番良く分かってるんじゃないか?なぁ…輝夜?」


輝夜「…」


セイヤ「あの時の発言が妙に引っ掛かってな…輝夜、お前は言ったよな?『どんな条件で味方してるのかまでは知らないけど』って…」


輝夜「………はぁ…私も言った時にしまったと思ったんだけれどね…他の皆は気付いてないと思ったから油断してたわ。この発言1つで私を疑うだなんて、ちょっと悲しいわね…」


セイヤ「悲しいのはこっちだっての…俺は条件を出されてだなんて言ってないし、お前はどんな条件で味方してるのか[までは]って言ったんだ。という事は、少なからず事情を知ってると見て、まず間違いない」


輝夜「もう開き直るしかなさそうね。そうよ、私は大体の事は知ってる…けど、それだけよ」


セイヤ「開き直るのは構わないが、となると鈴仙にてゐ、妹紅も怪しいって事になるが…その辺3人はどうなんだ?」


鈴仙・てゐ「「…」」俯き…


妹紅「え?え?…裏切r…えっ!?」ワタワタっ!


セイヤ「鈴仙とてゐが黒、妹紅は白…か『ていうか妹紅がテンパってるなんて珍しいな…』」


諏訪子「黒白って…下着の話…?」


セイヤ「いや違ぇよっ!!」


鈴仙「本当はセイヤ達を足止めするっていう計画だったんだけど…もう仕方ないね」


てゐ「皆、出てきていいよ…」


ガサガサッ…


こいし「?…音は聞こえるけど…誰も居ない…」


セイヤ「どうせ永琳先生から透明になる薬とかでも貰ったんだろうよ……後で俺にもくれ!」


レミリア「…」グニィーッ!


セイヤ「痛たたたッ!レミリア痛いっ!頰引っ張るなっ!」


レミリア「まったく…私という女がありながら、貴方はその透明になる薬で何をするつもりなのかしら?」


セイヤ「可愛い冗談だろ?透明になったって面白くも何とも無いしな…」頰サスサス…


魔理沙「全世界の男に殺されそうな発言だぜ…」


妖夢「ですが、姿が見えないからといっても霊力感知で分かる筈です…なのに気付かないなんて…」


セイヤ「言っただろ?木を隠すなら森の中、人を隠すなら人の中、そして…中○君の音痴を隠すならSMA○の中ってな」


フラン「なるほどっ!さっすがセイヤだねっ❤︎」むぎゅうっ❤︎


セイヤ「まぁ、透明になってる奴が居るって分かれば話は別だ。そうだろ?博麗の巫女様」チラ


霊夢「任せときなさい。全員纏めて、男の姿のまま封印してやるわよ」お札スッ…


咲夜「微力ながら私もお手伝い致します」シャキンッ!×6


セイヤ「事情はよく分からないままだが…お前達の計画とやらは此処で頓挫する。悪く思うなよ?輝夜…」ズォォォォォォッ…!!


輝夜「さぁ…それはどうかしらね。まだ分からないわよ?」


バァンッ!!


ギィィンッ!


トスッ!


セイヤ「また懲りずにエアガンか。そうそうそんな馬鹿みたいに喰らってられるかっての…」やれやれ…


神奈子「それ死亡フラグっていうか…フラグよね…?」


鈴仙「掛かったね!セイヤ!」カチッ!


ブシューーーーーッ!!


セイヤ「っ!?げほげほっ!ま、また煙幕かっ!?」ゴホゴホッ!


「それは唯の煙幕じゃないわよ?セイヤ君」ガサガサッ…


レミリア「っ…八意…永琳ッ…」ギリッ…


永琳「そんな怖い顔しないで欲しいわね。レミリアちゃん?」


レミリア「気安く呼ぶなッ…私のセイヤをあんな状態にして…勿論、覚悟は出来ているのよね…?」


フラン「ぶっ壊してやるッ…」ギリッ…


永琳「相変わらずセイヤ君の事になると、見境無くなっちゃう2人ね。怖い怖い…」


妖夢「懺悔は私達のお説教を受けながらたっぷりしてもらうとしましょう…」チャキッ!


早苗「久し振りに大暴れが出来そうですね。セイヤさんをあんな目に遭わせたんです、怪我をするのは勿論覚悟の上なんですよね?」弊を取り出す…


永琳「本当に貴女達はセイヤ君の事になると凄いわね…その愛に感服するわ」両手を軽く挙げる…


さとり「馬鹿にした様な言い方ね…正直に言うと腹立たしいわ。それにご苦労な事ね…私に心を読まれない様にするなんて」


永琳「貴女に心を読まれると都合が悪いだけよ。それに…貴女達がいくらセイヤ君の事を想っていても、当の本人であるセイヤ君はどうなのかしらね」


こいし「……どういう意味ですか?」


永琳「言った通りよ?どんなに相手を想っていても…それが届かなければ意味はないの。それを少なからず皆思っている筈よ」


諏訪子「そ、それは…」


霊夢・魔理沙「「…」」俯き…


永琳「その想いに応えて貰った人も居れば、そうじゃない人も居る…当然よね?だってセイヤ君は、1人しか居ないのだから…」


サグメ「だから私達は…そのたった1人のセイヤ先輩の心が欲しい…」


鈴仙「喩えそれが間違った事だとしても…この問題を解決した暁には、師匠の作った薬を譲ってくれるって事になってる…」


輝夜「その為には町の人達の暴動と、この騒ぎで動き出すであろうセイヤと霊夢達の足止めが必要不可欠だった…」


てゐ「妹紅はそういうのはあんまり好きじゃないからね…真っ向から正々堂々って感じのタイプだし…昔からずっとそんな感じだったからね」


妹紅「そ、そうよ!真っ向から正々堂々、セイヤとぶつかって想いを伝えればっ…」


「私にはそんな勇気無いのよっ!!」


スゥゥ…


咲夜「っ…ぱ、パチュリー様…?」


レミリア「ぱ、パチェ…どうして貴女が…」


パチュリー「……私はずっと…レミィが羨ましかった…」


レミリア「えっ…」


パチュリー「貴女が塞ぎ込んでいた時に…私は何も出来なかった。指を咥えて、私には何も出来ないと決め付けて、その事実を受け入れて…貴女を見捨てた…」


レミリア「ぱ、パチェ…?」


パチュリー「そんな貴女の事を救ってくれたのがセイヤ…あの瞬間からきっと、レミィの世界にはいつもセイヤだけしか居なかった…そうでしょう?」


レミリア「……ええ、そうよ」


パチュリー「でも…私もあの男の事が好き…先輩に向かって生意気な口利いてた時期もあったけれど…必ず最後は、私達の為に動いてくれる…助けてくれる…そんなセイヤの事が、私も好きだった……自分の好きな男が、他の女の子と何をどうしたと聞く私の気持ちが…レミィ、貴女に分かる?」


レミリア「っ」


パチュリー「恨むのは筋違いだし、そういう努力をして来なかった私の原因よ。でも…貴女はいつもそんな事を気にしないでっ…いつもいつもっ…」ギリッ…


燐「……実は私も…さとり様とこいし様に…そういう気持ちを隠して来ました…」チラ…


さとり「お、お燐…?」


空「さとり様とこいし様は良いですよね…いつもセイヤに可愛がって貰っていて…本当に…羨ましいですよ…」チラ…


こいし「お、お空まで…ど、どうしちゃったの…?」


永琳「これで分かったでしょう?貴女達は自分の立ち位置に満足していないのよ。好きな人の前では笑顔で振舞っているけれど、今の貴女達は男の子の姿になって、そういう欲がより強く出ているのよ」


こころ「セイヤも…ずっとこういう気持ちで…」


セイヤ『くっ…何だ…?さっきなら何言ってるんだ…?あ、頭がっ…』くらくら…


永琳「こういう肝心な話を聞いてないなんて、セイヤ君は本当に悪い子ね。まぁ、無理もないでしょうけど…」


フラン「セイヤに何したの…?答えなきゃ…喩え永琳でもッ…殺すッ!!」ギロッ!!


永琳「……結構長く生きてるけど、本気の殺意を向けられたのは初めてだわ。でも安心して良いわよ?フランちゃん…時期に分かるから…」


ドックンッ…


セイヤ「ぐあッ…こ、この感覚ッ…ま、まさかッ…」ドックンッ!…ドックンッ!


永琳「そう…さっきセイヤ君が浴びた煙幕は唯の目眩しじゃない…そう言ったわよね?」


セイヤ「アルコール…か…」ドックンッ!…ドックンッ!


永琳「ご名答」ニコ


ドックンッ!!


セイヤ「ぐぅぅッ…ぁああッ!?」ドサァッ…


フラン「せ、セイヤっ!」スッ!


セイヤ「は、離れろッ…フランッ…彼奴は俺と違ってッ…何をするかッ…分からないッ…」バサァッ!!×2


フラン「『く、黒い翼っ…』せ、セイヤっ!しっかりしてっ!」ユサユサっ!


チャキッ!


「フランちゃん。セイヤ先輩から離れて…」ジャコッ…


「痛い目を見たくないなら早く離れた方が身の為だよ?」ジャコッ…


フラン「パルスィ…メディまで…」


パルスィ「ごめんね?卑怯とでも何でも罵ってくれて構わないよ。でも私、これだけはどうしても譲れないからさ…」


メディスン「透明になる薬の効果は切れちゃったけど、私達の優位は揺るがないし…喩え友達でも、譲れないものがある…それがこれなんだよ、フランちゃん」


ムクッ…


フラン「セイヤ…」


「チッ…まさか女の姿になっているとはな……フッ、まぁいい…俺が成すべき事は変わらないからな」


幽々子「堕天使…」


堕天使セイヤ「何だこの醜い豚は…さっさと失せろ。目障りだ」


魔理沙「相変わらず口が悪いぜ…」


永琳「堕天使君、久し振りね。私の事を憶えてる?」スタスタ


堕天使セイヤ「はっ…貴様は、一々道端の石ころを憶えているとでも言うつもりか?」


永琳「本当に口が悪い子ね…」


堕天使セイヤ「俺をわざわざ呼び出したのは、俺に協力して欲しい事柄があるからだろ?」


永琳「察しが良くて助かるわ。この薬を貴方の力で、この町に撒いてほしいのよ」スッ…


堕天使セイヤ「……何だこれは…」


永琳「男女逆転を戻す薬と、その一連の記憶を抹消する薬よ」


堕天使セイヤ「ほう…これで元の姿に戻れるという訳か…」


永琳「その通りよ。貴方が引き受けてくれたら、貴方の望みを叶えてあげるわ。私が力を貸して、貴方の望みを全力で叶える……どう?悪い話では無いでしょう?」


堕天使セイヤ「ふんっ…下らないな」


永琳「下ら…ない…?」


堕天使セイヤ「それは今この場にいる奴等全員にも言える事だが、な。他人の力を、薬の力を頼る事しか出来ない愚か者に…俺は力を貸すつもりなどない。自分の望みは、夢は…自らの手で掴み取る!」グッ!


全員「っ」


堕天使セイヤ「まぁその点では…其処のW幼女姉妹と銀髪メイド、後は人形使いと白髪チビ剣士は中々見所がある…おっと、そういえば能面女とドM女も此奴に告白したんだったな…まぁ、あの有罪有罪小煩いチビ閻魔もだが…今この場に居ないみたいだ。フッ、全く…どいつも此奴も物好きな女ばかりだ」


パチュリー「で、でも…私にはそんな勇気…レミィやフラン、咲夜達の様に…セイヤに受け入れて貰えるかどうかなんて…」


堕天使セイヤ「それは貴様に勇気が無いからだ。背中を押して欲しいのか?辛かったと言って貰いたいのか?だとしたら、甘ちゃんにも程があるな」


輝夜「だ、堕天使には分からないわっ!私達の気持ちなんてっ!」


堕天使セイヤ「貴様らの気持ちなど理解したくもないな…虫唾が走る。勇気も振り絞れない弱者が…少しは此奴に告白した奴等を見習ったらどうだ?」胸トントン…


霊夢「恋愛はあんたが思ってる程、そんな簡単な事じゃないのよ…鈴仙達の気持ちは痛い程分かるわ…」


堕天使セイヤ「はっ…同情をする暇があるのなら、貴様も頑張ったらどうなんだ?博麗の巫女。幼馴染が聞いて呆れる振る舞いばかりしている癖に…」


霊夢「っ」ヒュッ!ヒュッ!


バチバチィッ!!


堕天使セイヤ「フッ…怒りに任せて行動を起こす。まるで子供の癇癪だな…」キィィィィィィンッッッッ!!!!


霊夢『超高密度の霊力結界っ…違うっ…霊力とはまた別の力を感じるっ…』


キィィィィィ…ィィィ…ン…


堕天使セイヤ「いいかよく聞け。俺は時が来たら…貴様ら全員を、俺のこの手で殺す。俺を生んだ代償を、此奴が愛する貴様らに払って貰う。このドス黒い感情を消し去る…それが俺の望み、願いだ!」バサァァッ!!×2


永琳「交渉…決裂ね」


堕天使セイヤ「ふふっ…ふふふふふっ…はははははっ!!…交渉だと…?笑わせてくれるなッ…誰が貴様らの様な石ころ共とッ……その身で確と味合うがいいッ!神魔の力をッ!」バッ!!


ドックンッ!!


堕天使セイヤ「ぐうッ…な、何だッ…チィッ…此奴ッ…」グッ!!


バサァァッ!!×2


堕天使セイヤ「彼奴に人格を渡すその前にッ…貴様らをッ!!」ググググッ!!


フラン「ねぇ堕天使…何で堕天使は…私達の事…嫌いなの…?」


堕天使セイヤ「ッ!!貴様らが此奴にッ!どんな感情を押し付けているか分かるかッ!?ドス黒くッ…吐き気を催す様な感覚ッ…吐きたいと思ってもッ…此奴は全てそれを押し込めるッ…それを繰り返した結果、生まれたのがこの俺だッ!!貴様らの所為だッ!貴様らの様な奴等に出逢わなければッ…出逢わなければぁぁッ!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッッッッッッッッ!!!!!!!!


てゐ「セイヤ…」


神奈子「やっぱりセイヤも…ずっと何かを悩んでたのね…」


アリス「セイヤがそんなに、私達の事で悩んでたなんて…私、気付かなかった…」


堕天使セイヤ「っ…そ、そんな目で俺を見るなッ…情けをかけられると俺は、苦しくなるッ…ぐッ…く、クソッ!!邪魔をするなぁッ!!」ブンッ!ブンッ!


天子『堕天使の様子が…もしかして心の中で元のセイヤが…』


堕天使セイヤ「チッ…余程貴様らが大事と見えるな…自分の心諸共砕こうと必死だ……だからこそッ!俺は貴様らを殺すッ!この感情を押し付けた此奴とッ!その感情の元凶である貴様らをッ!必ずッ!!」ガクッ…


ボロボロボロボロッ…


諏訪子「翼が…」


堕天使セイヤ「貴様らも憶えて置く事だなッ…人の心とはガラス細工の様に脆く、壊れ、崩れるッ…そして、簡単に黒く染まるという事をなッ…此奴がそんなにも欲しいのならッ…貴様らのその手で、奪い取って見せろッ…」


レミリア「貴方に言われなくても、私はセイヤの欠けた心を埋め続けるわ。私のセイヤを奪い取ろうとする輩は、喩え友人でも…容赦しないッ…」


堕天使セイヤ「フッ…いい眼をするな…レミリア・スカーレット…殺すには惜しい奴だ…うぐぁあッ!?」


フラン「セイヤっ!」ギュゥッ!


堕天使セイヤ「っ…俺に触るなッ!」バッ!


フラン「あうっ…」ドサッ!


咲夜「妹様っ!…堕天使!」キッ!


堕天使セイヤ「気安くッ…俺に触るなッ…俺は彼奴とは違うッ…何もかもがッ…違うッ!」


霊夢「あんたはあの馬鹿と似てるのよ…さっきだって、フランを殺そうと思えば殺せた筈よ。でも、あんたはそれをしなかった…」


堕天使セイヤ「分かった様な口を利くなッ……くっ…うぐぅうあッ…」ググググッ!!


魔理沙「これからはお前の事も理解していこうと思ってるぜ…だから、仲良くしようぜ?な?」


堕天使セイヤ「世迷言をッ…俺の目的は変わらないッ…俺と彼奴、そして貴様らは水と油だッ…」


早苗「変に頑固な所もセイヤさんに似てますね…そこが可愛いんですけど…///」ポッ❤︎


堕天使セイヤ「貴様らはいつか後悔する事になるッ…俺を今この場で消さなかった事をッ…そしてッ…彼奴に惚れた事をッ…」


フラン「私は後悔なんてしないもんねぇ〜♪セイヤ大好きだしっ❤︎愛してるしっ❤︎勿論セイヤも同じ気持ちだもんっ❤︎」


堕天使セイヤ「フッ…人の忠告を真面に聞かない辺り…貴様は本当にあの悪魔に似ているな…いや…彼方が似たと言った方が、この場合は正しいか…」


フラン「あの悪魔に…似てる…?」


堕天使セイヤ「チッ…時間…切れ…か…」ドサッ…


永琳「中のセイヤ君が必死になって止めてくれて助かったわ…まさか交渉が決裂するなんて思ってなかったもの…」ホッ…


妖夢「よくもぬけぬけとそんな台詞を吐けたものですね…」


こころ「堕天使が交渉に乗らなくて…助かった…」


アリス「いや…乗らないの分かるでしょ…だってあの性格だよ?」


魔理沙「あのセイヤは傲慢の塊みたいな奴だからなぁ…」


ムクッ…


セイヤ「くそ…やってくれたな永琳先生…」スクッ…


レミリア「せ、セイヤ…無理はしないでちょうだい…」ワタワタっ…


セイヤ「いや、何とか大丈夫だ…ちょっと頭と体の節々が痛くて、足腰ガクガクなだけだから…」フラフラ…


こいし「それ…ちょっとじゃなくて結構な感じだと思うんですけど…」


永琳「堕天使君が駄目だとなると、もう自分で打ち上げる他無さそうね…それで?セイヤ君、貴方は私達をどうするつもり?」


セイヤ「どうするも何も、ふん縛って全部吐いて貰うに決まってるだろ…」


永琳「それは大変結構な事だけれど、他の皆はどうかしらね?」


セイヤ「はぁ?おい霊夢、打ち合わせ通りに畳み掛けるぞ…」


霊夢「…」


セイヤ「おい霊夢!聞いてるのか!?」


霊夢「…」目逸らし…


セイヤ「っ…魔理沙!」


魔理沙「えっ…な、何だぜ?」


セイヤ「何だぜ?じゃないだろ!打ち合わせ通りに畳み掛けるって言ってるんだ!」


魔理沙「そ、そうだよな…」


セイヤ「そうだよなって…どうしたんだよ魔理沙…」


永琳「皆分からないのよ。堕天使君が言っていた事もあるけれど、それ以前に貴方の気持ちがね…」


セイヤ「また彼奴は余計な事言ったのか…しかも、俺の気持ちが分からないってどういう意味だ…」


永琳「その質問をする時点で、貴方は分かっていないのよ。まぁ、この子達が言葉にしないという所も問題だけど」


さとり「分かってないのは貴女の方でしょ?永琳先生。真面にセイヤと会話もした事がない貴女が、どうしてそこまでの事を言えるの?」


セイヤ「もういい、さとり…口で言っても無駄だ。俺はもうこの人に何を理解して貰おうとも思わない…」


永琳「酷い言われようね…私、嫌われちゃったかしら?」


セイヤ「影でコソコソする様な輩を、好きになれる訳ないだろ…」ズオッッッッ!!!!


永琳「そう…でも、貴方に姫様達を傷付ける事なんて出来ないわよね?」


セイヤ「あぁ、死んでもそんな事はしない…だから、傷付ける事無く拘束させて貰う…」ズォォォォォォォォォッ!!


妹紅「ちょっとセイヤ…狂気の力使って大丈夫なの…?」ヒソっ…


セイヤ「安心しろ…相手を傷付けずに拘束する術は身に付けて置いた…紅魔館に浸入してくる暗殺者を拘束する為にな…」ヒソっ…


妹紅「そ、そう…『暗殺者…』」


輝夜「セイヤが来るわよ…」後退り…


サグメ「セイヤ先輩と争うのは…やっぱり心苦しいですね…」後退り…


セイヤ「さて、此処で問題…俺達が必ず引き連れている黒い物、な〜んだ…」ズォッ!!


鈴仙「私達が必ず引き連れてる…黒い物…?」


早苗「黒い物…黒い物……セイヤさんとか?」


セイヤ「俺はピ○ミンじゃない…ていうかそれどういう意味だ?早苗…」ニコォォ…


早苗「あ、いえっ!特にこれと言った意味はありませんよ!?」アセっ…


フラン「セイヤ先生!分かりません!降参です!」シュビッ☆


セイヤ「正解は…」


全員「正解は…?」


セイヤ「影♪」ニコ


全員「えっ…」


セイヤ「影導狂針…【影縫】」グッ!!


永琳「か、影が動いてっ…」


てゐ「気持ち悪っ!!」



影導狂針・影縫


狂気因子を対象の影に埋め込む事で、相手の影を操る事が出来る。性質変化も自由自在だが、操っている最中に移動をする事は出来ない。



ゾワワワワワワッ!!


ガシガシガシガシッ!!


パチュリー「あっ!!」


鈴仙「きゃあっ!?」


セイヤ「何か…目にも耳にも毒な光景だな…」


天子「セイヤはやっぱりドSだったんだね!さぁ!私にもその力を使って思う存分楽しんでっ!」両腕バッ!


セイヤ「よーしお前は少し黙ってろ…」


レミリア「今夜はその力を使って…///私の体を拘束した状態で行為に及ぶのね…///あ、貴方が望むのなら、私はどんな状態でも構わないわ…///」モジモジっ❤︎


セイヤ「よーしお前も黙ってろ…」スタスタ


永琳「今度は私の方が油断したという訳ね…姫様達が私の味方だという事と、私自身の目的までも見抜かれて……完敗だわ」


セイヤ「此処に居る奴以外の記憶は消す…だが、あんた達の記憶は残させて貰うぞ…勿論彼処に居る奴等も例外じゃない…此処に居る奴等全員だ…」


永琳「悪いけど…元に戻る薬はこの記憶を同時に消す薬しかないわ…残念だったわね…」


セイヤ「用意周到なあんたに、この薬しか持っていませんって言われて信じられると思うか?…さて、ボディーチェックの時間だ…」両手ワキワキ…


永琳「え…ちょ、ちょっと…セイヤ君…?」


セイヤ「素直に言えばボディーチェックは免除してやろう…今の俺達は男と女、彼奴らも今は何も言わないだろ…」


永琳「ま、待って!取引よ!貴方だけは元の姿に戻すわ!だから!」


セイヤ「さぁ〜て…俺のテクニックが大人に通用するのか、試させて貰うかな…」スッ…


永琳「いやーーーーーーーっ!!」


諏訪子「ねぇ…皆はやっぱり、元の姿に戻りたいって思う?」


幽々子「私ば早ぐ戻りだいわ〜…」グスっ…


空「ま、まぁ幽々子先輩はそうだろうね…」


レミリア「私も一刻も早く、元の姿に戻りたいわ。私は元の女の姿で、セイヤと幸せになりたいもの」


アリス「私も元に戻りたい…かな。ずっとこのままの姿でって訳にはいかないし…」


早苗「逆に元に戻りたくないって言う人なんて居るんですか?」


魔理沙「私は…ずっと彼奴との関係が進展しないって言うなら…このままでも悪くないかなって、ちょっと思っただけだぜ…」ははっ…


霊夢「魔理沙…」


魔理沙「はは…やる前から諦めムードなんて、私らしく無いよな…」


咲夜『私達が男のままならば…誰も争う事無く、奪い合う事も無いのでは無いでしょうか…このままずっと、セイヤの友人として傍に居れば…』


レミリア「咲夜がそれでいいと言うのなら、それで良いんじゃない?」


咲夜「お嬢様…」


レミリア「私はもう、中途半端な覚悟でセイヤの近くに居るのは止めたわ。セイヤが誰を選んでも、悔いが残らない様にアピールする…そう決めたの……まぁ、もしもそうなったら…私は大事なモノだけあげてしまった、哀れな女の子って事になるけれど、ね…」ニコ…


咲夜「もしもお嬢様がそうなったとしたら…私なんて何番手になってしまうんでしょうね…」


フラン「私は絶対元に戻るよ!ね!こいし!」ふんすっ!


こいし「うんっ!元に戻ったら、今日甘えられなかった分、セイヤさんに甘えまくっちゃうよっ!」ふんすっ!


こころ「やはり…類は友を呼ぶという諺は…間違っていなかった…」


さとり「私も元に戻る…理由はこいしと、あの脳内ピンクなスカーレット姉妹と変わらないわ」


妖夢「それならさとりも脳内ピンクなんじゃ…あ、すみません。髪の色もピンクですから当然ですよね」


さとり「今日の妖夢は本当に当たりがキツいわね…」


幽々子「でじょ〜?」


さとり「幽々子に対して当たりがキツいのはしょうがないかと…」


セイヤ「おっ…やっぱり錠剤タイプを保管してたか。万が一の時は、自分だけ元に戻るつもりだったんだろうが…残念だったな?計画とやらが破綻して」


永琳「セイヤ君…本当に良いの?」


セイヤ「?」


永琳「このまま君が男性のままだと…あの子達の誰かは必ず傷付く事になる…君が居れば、あの子達の体に傷は絶対に付かない…でも、心には大きな傷痕が残る…セイヤ君は、それでも良いと言うの?」


セイヤ「そんな事、とっくに気付いてる…だが、あんたには…関係ないだろ…」


永琳「確かにそうね…直接的な意味では、私には全く関係ないわ…でも、間接的には関係あるのよ…」


セイヤ「俺は俺自身で決めた事を貫き通して…最良の未来を築いていく…あんたの指図は受けない…俺は、彼奴らの指図以外、受けるつもりはない…」


永琳「そう…残念だわ…」


セイヤ「その両目でしっかり見る事だな。俺は絶対に、彼奴らを不幸になんてしない…」クルッ…スタスタ


スタスタスタスタ


永琳「はぁ…本当に、私も後少し若ければ、セイヤ君のハーレムメンバーに入れたのに…」ガックシ…


スタスタスタスタ


セイヤ「ほら、元に戻れる薬だ…」スッ…


霊夢「あ、ありがと…」受け取る…


セイヤ「何だよ。元に戻れるっていうのに、随分と浮かない顔してるな…」


霊夢「べ、別にそんな事無いわよ…」


セイヤ「ふ〜ん…まぁ別にいいが。それじゃあな…」スタスタ


フラン「えっ…せ、セイヤ?」


こいし「い、一緒に帰らないんですか!?」


セイヤ「少し考える時間が欲しいんだ…悪いがお前達だけで先に帰っててくれ。町の人達の事は心配するな…」


レミリア「せ、セイヤっ!命令よ!私の傍に居なさい!」


セイヤ「悪いな、レミリア…その命令、今は聞けない…少しの間でいい…放って置いてくれ…」


レミリア「…」うるっ…


セイヤ「そんな顔しないでくれ、レミリア…それにその顔は、元のレミリアの方が唆る表情だ。だから、男の状態でその表情するのは勘弁してくれ…」はは…


こころ「何処かに行ったり…しない…?」


セイヤ「する訳ないだろ……じゃあ、またな…」クルッ…スタスタ


スタスタスタスタ


レミリア「……貴女達の所為よッ!貴女達の所為でッ!セイヤがッ!私のセイヤがッ!」ギリッ!


鈴仙・パチュリー・輝夜・てゐ・サグメ「「「「「…」」」」」


咲夜「お、お嬢様っ!落ち着いて下さいっ!」


レミリア「チッ…」スタスタ


永琳『セイヤ君…』



〜幻想町(とある場所)〜



セイヤ「はぁ…ったく、彼処から逃げた奴には、後で個別でお仕置きだな…」


忌狂『オ仕置キッテ、イツモ元ノ私トオ姉様ニシテルエロイ事?』


セイヤ「うん言い方悪かったな…お説教ね、お説教……ていうか忌狂、お前いつから起きてたんだ?」


忌狂『結構前カラ起キテタヨ?』


セイヤ「さいですか…ていうか起きてるなら、もっと早くに声掛けてくれよな…」


忌狂『イヤ〜♪女ノ子姿ノセイヤガエロイカラサァ〜♪』


セイヤ「意味分からん…」


忌狂『……マタ、悩ミ事?』


セイヤ「ん?あぁ…まぁ、な…」空を見上げる…


忌狂『マダ月ハ出テナイヨ?』


セイヤ「良いんだよ…出てなくても。ま、月が出てようが出ていまいが、俺の気持ちは晴れないだろうしな…」


忌狂『ウンウン…セイヤハエッチシナイト気持チ晴レナイモンネ…』納得納得…


セイヤ「お前、やっぱり…若干…いや、結構似てるな…フランに」ていうか納得すな…


忌狂『エヘヘ〜…///』褒メラレチャッタ…///


セイヤ「いや褒めてないからね…?……おい堕天使、あんたも随分と好き勝手に行動したみたいだな…」


堕天使セイヤ『ふん…俺は俺の意見を言っただけに過ぎない。あんたがいつもふらふらしているから、あの女共があんな行動を起こすんだ。少しは学習したらどうだ』


セイヤ「学習するのはあんたも同じだ…」


堕天使セイヤ『それで?何故あんたは元に戻らない。まさか、元に戻るのを躊躇しているのか?』


セイヤ「別に…少し引っ掛かる事があるだけだ…それが整理し終わったら、元に戻る…」


堕天使セイヤ『ふっ…もしも俺とあんたが元に戻る事なく、女のままでいる事を選択するというのなら、何も考えずにのうのうと生きられるだろうな…』


忌狂『チョット堕天使ッ!』


堕天使セイヤ『貴様は口を挟むな、忌々しい悪魔め……あんたが女のままでいる事を選べば、俺は必然的に消える事になるだろう。それはそうだ…何故なら、悩みの種である事柄を、根元から断つのだからな…』


セイヤ「…」


堕天使セイヤ『貴様はあの女共を囲っていたいだけだ。彼奴らの幸せを望む?幸せになる姿が見たい?そう言っている割には、あの幼女に手を出したな?どうなんだ?』


セイヤ「…」ギリッ…


堕天使セイヤ『貴様は彼奴らの幸せなど、最初から考えちゃいない。只々貪欲に、只々傲慢に、彼奴らの愛を求めているだけに過ぎない。フッ…詭弁を述べるにしても、もう少し真面に述べられないものかな…』


セイヤ「黙れ…」


堕天使セイヤ『黙れ…?何を言い出すのかと思えば…自分のモノだという証を残しておいて、黙れ、か。笑い話にもならないな…誰か1人を愛する事もままならず、その癖求められれば体を許す、求める…そういう事は1人前だな』


セイヤ「黙れっ…」


堕天使セイヤ『欲望のままに求め合えばいつかは壊れる…それを貴様は理解している筈だ。では何故求めるのか、何故求められても拒まないのか…あんた達はそれを【愛】という…身勝手で愚かとしか言いようがないな…』


セイヤ「黙れっ…!黙れ黙れ黙れッ…!!」


堕天使セイヤ『自分の事を満足に愛せない人間が、他人を愛する事など無理だ。俺に身を預けろ、貴様を…その掃き溜めの様な空間から救ってやる…いや、その空間から救ってやれるのは…俺しかいない…』


セイヤ「黙れぇぇぇぇぇっ!!」ズォォォォォォオオオオオオオオッッッッッッ!!!!!!


オオオオオオ…オオオォォォ…ォォォォォ…ォォォ…ォ…


セイヤ「はぁッ…!はぁッ…!」ゼェゼェ…


堕天使セイヤ『……ふん…やはり貴様は、その程度の人間だったという事か…』スゥゥーーーーッ…


セイヤ「くそ…」ガクッ…


忌狂『セイヤ…』


セイヤ「ははっ…馬鹿みたいだな…俺…全部彼奴の言う通りだ…図星突かれ過ぎて…黙れしか…言えねぇよ…」



〜幻想町(通学路)〜



忌狂『元気出シテヨォ、セイヤ…』


セイヤ「はぁ〜…」トボトボ…


忌狂「堕天使ニボロクソ言ワレテメッチャ凹ンデル…」


セイヤ『彼奴らは元に戻ったのか…?俺も早く元に戻らなきゃな…』トボトボ…


忌狂『ネェセイヤ、マサカズットソノママダナンテ言ワナイヨネ?』


セイヤ「さぁな…風の向くまま気の向くままだろ…」トボトボ…


忌狂「ダメダコリャ…」


「ねぇねぇ暇でしょ?俺達と遊ぼうぜ?な?」


「だから暇じゃないって言ってんでしょ!」


「私達に絡んで来るのはこういう輩ばっかりだぜ…」はぁ…


セイヤ『はぁ…今夜は何も食えないだろうな…』スタスタ


ドンッ…


セイヤ「おい邪魔だ…さっさと失せろ…」


忌狂『ブツカッタセイヤモ悪インジャ…「マァ今ハ機嫌悪ソウダカラ強ク言ワナイゲド…」』


男a「あ?ぶつかって来たのはてめぇだろ、って…お前可愛いな」


セイヤ「は…?」ゾクゥっ…


咲夜「せ、セイヤっ!まだ元に戻ってなかったんですか!?」


セイヤ「咲夜か…何だ此奴ら…お前達の知り合いか?」


妖夢「冗談でもそんな事言わないで下さい…」ムスっ…


金髪男「何何?この子達と知り合いなの?だったら丁度いい…俺達と遊ばね?金は出すからよ」


セイヤ「その後金の分だけ体で払えとか言うんだろ…どうせ」


茶髪男「おいおい分かってんじゃんwなら話は早ぇなw」グイっ!


パシンッ…


茶髪男「あ…?」


セイヤ「悪いな…俺はあんた達と遊ぶつもりもないし、況してやこの女達を連れて行かせる事もしない…」


男b「まさかのリアル百合キタw」


セイヤ「お前達は余程人気者らしいな…毎回毎回碌でも無い男呼び寄せやがって……ま、碌でも無い男っていうのに1番当て嵌まるのは、俺だけどな…」


長髪男「何だこの女…女の癖に自分の事碌でも無い男とか言ってるぞ…?」ヒソヒソ…


金髪男「そういう女の子なんだろ…今時珍しくねぇよ…」ヒソヒソ…


レミリア「セイヤ…貴方は碌でも無い男なんかじゃないわ…私はそんな事、思った事なんて…」


セイヤ「レミリア…そうは言うが、俺がお前にやった事は決して褒められる事じゃない…碌に責任も取れない癖に…お前を傷付けた…それは変わる事のない事実なんだよ…」


レミリア「……それでも…私は嬉しかったわ…私を受け入れてくれた事を…貴方を受け入れられたという事を…喩え表面上だったとしても…それでも私は…」


セイヤ「お前がそうやって言ってくれるのが、唯一の救いだ…レミリア」ニコ


レミリア「セイヤ…」


ザッ…


セイヤ「堕天使…聞こえてるか…」ボソ…


堕天使セイヤ『何だ腰抜け…』


セイヤ「確かにあんたが言ってる事は間違ってない…正論だ。しかも、正論の前にドが付く程のな…」


堕天使セイヤ『…』


セイヤ「あんたの言葉で、俺は確かに決心が鈍った…だけどな、夢を捨てた訳じゃない…」スッ…


アリス『あれは…元に戻る薬…?』


セイヤ「総てをかなぐり捨てても、俺は彼奴らを護り通す…偽善でもいい、傲慢な思い上がりでもいい、何かを失わなきゃ前に進めないのなら…俺自身を、心を…犠牲にしてもいい…」パクッ…


セイヤ「だけどな…この想いだけはっ…この彼奴らを思う想いだけはっ…絶対にっ…」


パキンッ…


セイヤ「幻になんてさせないっ!それが俺、水奈月セイヤの…たった1つの在り方だっ!!」カッ!!


野郎共「なっ!?」眩しっ!


堕天使セイヤ『フッ…そう来なければな…その選択を間違えたと、貴様は後悔する事になる。自分自身…そう、この俺の手で…貴様を失意のドン底に突き堕としてやる…』


シュゥゥゥゥゥ〜ッ…


「ふぅ…やっぱりこの体の方が、色々としっくりくるな…よく帰って来てくれたな、我が聖剣…エクスカリバーよ」


茶髪男「おえぇっ!マジかよっ!此奴女装した男だったのかぁ!!」オロロロロロロっ☆


長髪男「いやいや!女装だからっていきなり背とか伸びねぇだろ!胸とかどうやって説明すんだよ!」


男a「気持ち悪ぃぃ…吐いても吐いても足りねぇぇぇ…」オロロロロロロっ☆


セイヤ「なら…」頭ガシッ!


男a「は…?」


セイヤ「頭地面に減り込ませて吐いてろッ!!」ガァァンッッッ!!


男a「ギャッ!!??」グチャッ!!


幽々子「あらあら…セイヤ君が先に手を出したわ〜…」珍しい…


セイヤ「いや、幽々子先輩…俺はナンパされましたからね?これは正当防衛ですよ。色々な意味での、ね」コキッ…ゴキッ…


金髪男「てめぇ!…おらぁッ!」ヒュッ!!


ガシッ!


金髪男「なっ…」


セイヤ「ほら、歯ぁ食い縛れ…全部へし折られたくなければな…」グッッッ!!


金髪男「ひっ!!」


セイヤ「ッ!!」ゴギャッッッ!!!


金髪男「ぶぎゃぅッ!!???」ドザァァァァッ!!


コーンッ…コロッ…


セイヤ「チッ…3本か。ていうか拳痛っ…」


金髪男「あ…あがっ…」ピクピクッ…


男b「お、おい…此奴まさかっ…あの影絶ちの月じゃねぇのかっ…」ガクブルッ…


諏訪子「出たよ出たよ出ちゃったよぉ!あの通り名がさぁ!」


早苗「諏訪子様は本当にその通り名が好きですね…」


茶髪男「ま、間違いねぇ…あの右目が隠れる程長い黒髪…鬼みてぇに強い腕っ節…そして極めつけは…」


長髪男「女の子囲ってヘラヘラしてるクソ野郎…間違いねぇ!此奴があの伝説の不良、影絶ちの月だぁ!!」


セイヤ「誰が女の子囲ってヘラヘラしてるクソ野郎だゴラぁっ!!」


フラン・こいし「「セイヤ(さーーーんっ❤︎)ーーーっ❤︎」」ダキィッ❤︎


セイヤ「Wi-Fiっ!?」ドシーーーンっ☆


フラン「ふにゃーっ❤︎やっと元のセイヤに会えたよぉーっ❤︎…スンスンっ❤︎…ふにゃぁぁああっ❤︎せーやの匂いだぁぁあっ❤︎❤︎❤︎」クンカクンカっ❤︎


こいし「いい匂いっ❤︎いい匂いだよぉっ❤︎セイヤさんの匂いっ❤︎最高だよーっ❤︎」クンカクンカっ❤︎


セイヤ「ちょっと待てフランにこいしちゃんっ!時と場合を考えてから行動してくれっ!」ジタバタっ!


フラン「考えるよりも先に…///セイヤに甘えたかったの…///あうぅ❤︎せーやの温もりを感じるぅ❤︎」むぎゅうっ❤︎


こいし「この優しい匂いと❤︎それとは真逆の逞ましい体❤︎このギャップが癖になっちゃうよぉ❤︎」むぎゅうっ❤︎


セイヤ「おいお姉ちゃん2人っ!見てないで妹2人の暴走を止めろっ!」


レミリア・さとり「「羨ましい…」」指咥え…


セイヤ「くっ…」駄目だこりゃっ…


茶髪男「あ、あの〜…俺達はお邪魔な様なのでそろそろ…『さっさとズラからねぇと再起不能にされかねねぇっ!』」


セイヤ「あ?おい、あんた達…唯で帰れると思ってるのか…?あんた達全員、2度と女抱けない体にするまで帰さないぞ…?」ギロッ!!


男b「ま、マジすみませんっ…許して下さいっ…お願いしますっ…」orz


妹紅「凄いよこの男達、土下座してる…」プライド無いのか…


「さ、咲夜さ〜んっ…皆さ〜んっ…」タッタッタッタッタッタッ!


咲夜「おや、美鈴…どうして此処に?」


美鈴「どうしてじゃないですよっ…何で私を放置してっ……あ、あれ?そういえば私…どうして折角の日曜日に学校なんかに…」あれ?


咲夜『セイヤが上手くやったみたいですね…』


美鈴「それよりも咲夜さん…どうしてあの男の人達は土下座してるんですか?」それも妹様とこいしちゃんがセイヤに抱き着いて…


咲夜「あの男の人達は私達をナンパしたんです。それにキレたセイヤが、不良2人を瞬く間に再起不能に…そしてその強さに気付いた不良達が…」


美鈴「同じく再起不能にされるのを恐れて謝罪している、と…なるほどなるほど♪そういう事だったんですか♪」うんうん♪


セイヤ「あのさ…俺は別に謝罪をして貰いたい訳じゃないの…分かる?」


茶髪男「はい…」


フラン「セイヤぁ❤︎」擦りっ❤︎擦り擦りっ❤︎


こいし「セイヤさぁん❤︎」擦り擦りっ❤︎擦り擦りっ❤︎


セイヤ「フランにこいしちゃん…今割と大事な話してるから…ちょっとの間だけ擦り擦り自重しようか…」


フラン・こいし「「はぁ〜い❤︎」」擦り擦り擦り擦りっ❤︎❤︎❤︎


セイヤ『全然分かってくれてない…』


長髪男「な、なぁ!どうすりゃ許してくれんだよ!土下座しただろ!?」


セイヤ「土下座で許して貰おうなんていう、甘い考えしてる時点で許せないな…」


神奈子「ま、まぁまぁセイヤ…別に私達が何かされたって訳じゃないんだしさ…許してあげたら?」


セイヤ「お前達に何かしてたら、問答無用で殺してるだろ…」


妖夢「言っている事は物騒でも、私達の身を案じてくれているから嬉しいですね…///」


霊夢「取り敢えず此奴ら帰していいわよ…別にどうでもいいし…」


魔理沙「だな。不快だからさっさと帰れだぜ…」シッシッ…


セイヤ「……はぁ…分かったよ。おいあんた達…さっさと失せろ。そこでノビてるボロ雑巾2つも連れて行け…」


茶髪男「は、はいっ…おい…行くぞ…」肩車…


金髪男「は、歯がっ…俺の歯がっ…」ヨロヨロ…


スタ…スタ…スタ…スタ…スタ…


こころ「セイヤ…///ありがとう…///助かった…///」ポッ❤︎


セイヤ「別に俺は何もしてないだろ…偶々通り掛かっただけだ」


さとり「それにしてもセイヤ、どうして貴方は元に戻ってなかったの?まだ悩み事があったのは見てて分かったけど…」


セイヤ「男は色々と考える事多くて、悩み事だらけなんだよ…ま、そっとして置いてくれた点は感謝するよ…」


レミリア「セイヤ…お帰りなさい」ニコ


セイヤ「な、何だよ急にっ…恥ずかしいからやめろっ…何がお帰りなさいだよっ…」


レミリア「あら、私の愛する元のセイヤが戻って来てくれたのだから、お帰りなさいで合っているでしょう?」


セイヤ「お前は本当に、幽霊とか心霊現象以外に関しては物怖じしないな…」


「あ、あのっ…セイヤっ…」


セイヤ「ん?何だ?鈴仙…」


鈴仙「そ、その……ごめんなさいっ!私…どうしてもセイヤに見て貰いたくてっ…それで…」


パチュリー「わ、私も…ごめんなさい…駄目な事だとは分かっていたけれど…それでも…」


セイヤ「……なぁ、俺は何に対して謝られてるんだ?さっぱり理解出来ないんだが…」


てゐ「き、決まってるでしょ…自分の身勝手な欲望の為に…町の人達や皆に迷惑掛けて…セイヤの事裏切ってさ…」


セイヤ「別に、それでいいんじゃないか?身勝手な欲望の為に行動しても…そっちの方が人間らしいよ…おっと、これじゃ自分で自分の事を正当化しようとしてるみたいだな…」


サグメ「で、でも…」


セイヤ「俺は何も怒ってない…振り返るのは悪い事じゃないが、俺を見てて分かるだろ?悩んで前に進めない事が、どれだけ愚かで、無様で、醜悪なのかって事を…」


サグメ「そ、そんな…セイヤ先輩は…」


フラン「セイヤはそんなんじゃないよっ!いつも私達の事を1番に考えてくれてるじゃんっ!」ムギュゥッ❤︎


こいし「そうですっ!私はそんなセイヤさんが大好きなんですっ!」ムギュゥッ❤︎


サグメ『取られたっ…』ガーーーーンッ☆


セイヤ「ありがとな…お前達は本当に優しいな…その優しさに、俺はいつも救われてる…だから、これからも俺の傍に居てくれ…頼む…」ニコ


早苗「せ、セイヤさんがっ…」


諏訪子「超が付く程の正直者にっ…」


セイヤ「俺って普段どんな風に思われてるんだ…?」


魔理沙「ま!事態はこれにて一件落着って事で!皆でセイヤの家ですき焼きでもやろうぜ!」


霊夢「勿論あんたの自腹だからね?」


セイヤ「へいへい…」


咲夜「それではセイヤの家に行く前にスーパーに寄りましょう♪冷蔵庫の中にすき焼き用のお肉はありませんから」スタスタ


美鈴『セイヤの家の冷蔵庫事情を知っている咲夜さん…』スタスタ


パチュリー「レミィ、私は負けないわよ?」スタスタ


レミリア「あら、それは私への宣戦布告かしら?結構前に宣戦布告は受けた筈よ?」スタスタ


パチュリー「あの時と同じだとは思わない事ね」スタスタ


レミリア「喩えセイヤがパチェに構っていたとしても、セイヤが向ける私への愛は、パチェとは全然違うからいいけれど♪」スタスタ


パチュリー「むきゅ〜っ…」スタスタ


妹紅「鈴仙達も正々堂々勝負する気になった?」スタスタ


てゐ「なったなった…」スタスタ


輝夜「やっぱりセイヤに怒られるのは嫌だものね…」スタスタ


鈴仙「セイヤが私達に優しくて助かったよ…」スタスタ


サグメ「ねぇ、フランちゃんにこいしちゃん…そろそろセイヤ先輩から離れたら?」スタスタ


フラン「やだ…///ずっとこのままがいい…///」むぎゅうっ❤︎


こいし「セイヤさん暖かいです…///」むぎゅうっ❤︎


グイっ!×2


さとり「こいし、そろそろお姉ちゃんとお話ししましょう?」ニコニコ


アリス「ちょっと私とお人形について語り合おうか…ね?フランちゃん?」ニコニコ


フラン・こいし「「ひぇぇ…」」ガクブルッ…


セイヤ「なぁ、霊夢、魔理沙…」


ピタ…


霊夢「?…何よ?」


魔理沙「どうしたんだぜ?」


セイヤ「お前達2人は…本当の所、俺の事をどう思ってるんだ?」


霊夢・魔理沙「「…」」


セイヤ「俺達3人は子供の頃から親の付き合いで一緒に居る事が多かった…その所為か、俺はお前達2人の気持ちを碌に考えてこなかった…だからお前達2人の気持ちを聞きたくなったんだ…」


霊夢「……私達2人の気持ちは、彼処に居る全員と全く同じよ…」


魔理沙「そうじゃなければお前みたいな甲斐性無しと一緒に居ないぜw」


セイヤ「お、同じってどういう意味…」


霊夢「さ〜ね〜…それはあんた自身が気付きなさ〜い…」クルッ…スタスタ


魔理沙「ここまで言っても気付かないなんて…最早病気の類だぜ…」クルッ…スタスタ


霊夢「病気の類じゃなくて病気なのよ…」スタスタ


スタスタスタスタ


堕天使セイヤ『どうやらあんたは、筋金入りの馬鹿みたいだな…』


セイヤ「堕天使…」


堕天使セイヤ『あんたがそんなだから、俺の様な異物が生まれるんだ。少しは自らの行いを見直して、反省する事だな…』


セイヤ「そうだな…だけど、また気付かされたよ…」


堕天使セイヤ『?』


セイヤ「俺も彼奴らも、好きで同じ場所に居るって事がな…」


堕天使セイヤ『っ……フッ』


妖夢「セイヤーーっ!早く買い物に行きましょうっ!」手をフリフリっ!


幽々子「すき焼き早く食べたいわ〜っ♪」手をフリフリっ!


セイヤ「ああ…今行くよ…」スタスタ




「お前達の傍に…な」




〜迷い巡って辿り着いた答え〜




【完】




〜来週はいよいよ文化祭っ!幻想学園は文化祭ムード一色っ!〜



チュンチュン…チチチッ…



〜とあるマンション(セイヤの部屋)〜



セイヤ「くぅ…かぁ〜…」zzz


フラン「ふにゃ〜❤︎せーやぁ❤︎」頭ガンッ☆


セイヤ「うがっ……んぁ?」パチリッ…


目覚まし時計「6時やで工○」


セイヤ「6時か……おい、お前ら起きろ…フランっ…」ユサユサっ…


フラン「えへへへ〜❤︎」むにゃむにゃ…


セイヤ「駄目か…さとり起きろ、朝だぞ…」ユサユサっ…


さとり「ね、眠い…」ギュゥッ❤︎


セイヤ「眠いのは俺も一緒だっ…だから起きろっ…」ユサユサっ…


さとり「もう少し…だけ……くぅ〜…」zzz


セイヤ「ぐぬぬっ…霊夢、魔理沙、Wake up!」


霊夢・魔理沙「「すぅ…すぅ…」」zzz


セイヤ「咲夜さーん!アリスさーん!早苗ェ!起きろっ!」


咲夜「今日はセイヤが朝ご飯を用意して下さい…」ゴロンっ…


アリス「お願いねぇ…」ゴロンっ…


早苗「何で私だけさん付けじゃないんですかねぇ…」ゴロンっ…


セイヤ「早苗は完全にふて寝だろ!いいから起きろ!遅刻するぞ!」


咲夜・アリス・早苗「「「…」」」シーーーーーーン…


セイヤ「……こ、こいしちゃんは起きてくれるよな〜?」


こいし「お姉ちゃんとフランちゃんが密着してるからやです…」プイっ…


セイヤ「分かった分かったよ!俺が起きればお前達も起きるんだな!?」ムクッ!


フラン・さとり「「あぁ〜…」」ズルルっ…


セイヤ「さて、朝飯何にするかな…」


モゾモゾっ…スポッ☆


レミリア「セイヤ…どうして私には声を掛けてくれないのかしら…?」ジトーーっ…


セイヤ「ずっと俺の下半身でモゾモゾしてるからに決まってるだろ…起きてるの明白だからな…敢えて声掛けなかったんだよ…俺なりの優しさだ」


レミリア「うー…仕方がないわね…そういう事にして置いてあげるわ…」擦り擦りっ❤︎


セイヤ「擦り擦り自重しろ下さい…」


モゾモゾっ❤︎ぎゅうっ❤︎


レミリア「好き…///好きよ…///セイヤ…///」擦り擦りっ❤︎


セイヤ「わ、分かったからっ…///そんな事するなら俺と朝飯作るの手伝ってくれっ…///」


さとり「またレミリアとイチャイチャして…懲りない人ね…」むぎゅっ❤︎


フラン「フランともイチャイチャしよ〜❤︎セイヤぁ❤︎セイヤ専用のフランがセイヤの為にたっぷりご奉仕してあげるぅ❤︎」むぎゅっ❤︎


こいし「わ、私もご奉仕しますっ!セイヤさんの為なら何だって出来るんですからっ!」


セイヤ「OK分かった落ち着こうっ!男としてはかな〜り嬉しいがっ!視線がロンギヌスの槍の如く突き刺さってるからっ!…はっ!!」チラッ!


霊夢「OK分かったわ…あんたは朝からそんなに幼女に囲まれたいのね…」


魔理沙「それじゃあ同じ土俵に立つ為に、永琳先生からAP○X4869貰ってくるか…だぜ」


咲夜「では私はその前に、自分の小さかった頃の写真をセイヤに送って、反応を見て置きましょう」スッスッ…


アリス「なら私はtwi○terで拡散希望を…」スッスッ…


レミリア「『tw○tterで拡散される→ネットの人達にセイヤとの関係がバレる→セイヤは逃げられない→強制結婚&子作り』セイヤっ❤︎私達のイヤらしい関係を、t○itterで拡散して貰いましょうっ❤︎」むぎゅうっ❤︎


セイヤ「レミリア…お前碌でもない事考えてただろ…」


さとり「レミリアはtwitte○の圧力でセイヤを逃さないつもりです…」


セイヤ「その頭の回転をもっと別の所で活かして欲しいもんだ…」


フラン「twit○er…その手があったね♪じゃあ早速…え〜と…私の彼氏の写真うpしますた。コメント待ってるよ、っと…」スッスッ…


こいし「高校卒業後は即結婚の予定です、っと…」スッスッ…


セイヤ「俺の知らない所で俺の個人情報流出させるな…」Wビシッ…


フラン・こいし「「あぅ…」」痛い…


セイヤ「さて、と…じゃあ朝飯の準備するかな…」スクッ…


レミリア「わ、私も手伝うわ…///」スクッ…


早苗「れ、レミリアさんが手伝うなら私も手伝います!」スクッ!


咲夜「で、では私も…」スクッ…


セイヤ「じゃあもうお前達が作ってくれよ…」


レミリア「私は貴方の手伝いをしたいのよ…貴方が作らないのなら、私は何も手伝わないわ…」プイっ…


早苗「不本意ですが私も同意見です…」プイっ…


咲夜「同じく…」プイっ…


セイヤ「お、おう…///『うーん…///可愛い…///』」


フラン「むっ…じゃあフランも手伝う〜っ❤︎」むぎゅうっ❤︎


こいし「セイヤさんが望むなら、私…///裸エプロンになります…///」むぎゅうっ❤︎


フラン「む〜っ…そ、それなら私だってっ!」


セイヤ「なん…だと…」


妄想フラン『セイヤっ❤︎一緒にご飯食べよっ❤︎今日はセイヤの大好きな肉じゃがだよっ❤︎』


妄想こいしちゃん『セイヤさんっ❤︎一緒にご飯作りましょっ❤︎』


セイヤ「///」ポケェ〜…


グニィッ☆


セイヤ「痛っ……悪い魔理沙、助かった…危うく禁断の世界に取り残される所だった…」


魔理沙「全く…しっかりしてくれだぜ」


セイヤ「じゃあ俺がメインで作るから、サラダの盛り合わせとか、食器並べとかはお前達がやってくれ…」


全員「はーい♪」ノ



〓⌘〓約30分後〓⌘〓



セイヤ「はい、完成。これで最後だ」コトッ…


全員「おぉ〜…」


アリス「これはハンバーグ?何だか黒い物が…」


セイヤ「それは豆腐とヒジキ、それと食感を良くする為に鶏肉を少し入れて作ったハンバーグだ…」ストッ…


さとり「これ、ソースも手作りよね?」


セイヤ「ん?ああ、まぁな…おろしポン酢ベースのソースだ。朝はやっぱりこってりした物よりあっさりした物の方が良いと思ってな…」悪い、お茶取って…


魔理沙「完全なオリジナルハンバーグ…女子力高過ぎだぜ…」私達女の存在意義…


霊夢「あ…そういえばセイヤ、何で玉子焼きが2種類あるのよ」はいお茶


セイヤ「いや、お前達は甘い玉子焼き派と出し巻き玉子派の2組に分かれてるだろ?だから2種類作ったんだよ」39…


フラン「私は甘い玉子焼き好きぃ〜❤︎セイヤとお揃いだよぉ❤︎」擦りっ❤︎


早苗「私は出し巻き玉子派ですから…///作って貰えて嬉しいですねぇ…///」


咲夜「セイヤは本当に女性への気遣いがマメですね…そんなにモテたいのですか?」


セイヤ「俺の行動意味が明後日の方向向いてるのは何故…?」男にも気遣いするよ?一応…


こいし「後は秋刀魚の塩焼きに…油揚げと豆腐のお味噌汁…良い匂いですぅ」美味しそう…


セイヤ「ご期待に添える味かは保証し兼ねるけどな。はい、それじゃあ手を合わせて…」パチン…


全員「…」パチン…


セイヤ「いただきます」ペコ


全員「いただきます」ペコ


パクっ…


さとり「あら…このハンバーグ、とても美味しいわ…」モグモグ…


レミリア「っ…ほ、本当だわ…流石、セイヤが愛を込めて作ったハンバーグね❤︎」モグモグ…


フラン「し・か・も!セイヤが素手でこねこねした、セイヤの味が染み込んだハンバーグだよっ❤︎」もきゅもきゅっ…


セイヤ「何でわざわざ変な言い回しするんだ…っと、テレビテレビ」ピッ…


TV「今朝のニュースです。連続強盗犯が今朝、幻sプツンッ…


セイヤ「あ、おい…何でテレビ消すんだよ、霊夢。まだお母さんが観てるでしょうが」


霊夢「だから何であんたがお母さんなのよ。こういう時位、テレビ観てないで私達と会話しなさいよね…」パクっ…


セイヤ「いやこういう時位って…最近ずっとこうだろ…」ズズズー…


咲夜「テレビを観るのでは無く、私達と会話をしましょうよ」モグモグ…


セイヤ「そう言われてもなぁ…昨日の夜に飽きる程話しただろ…あ、秋刀魚美味い…」モグモグ…


魔理沙「昨日は昨日、今日は今日だぜ!」モグモグ!


セイヤ「じゃあ東京都知事はいつ頃辞めるのかっていう話題で…」モグモグ…


アリス「どうせその内辞めるでしょ…税金無駄に使い倒してた訳だし…」モグモグ…


早苗「朝に東京都知事がどうたらの話…夢がありませんね…」モグモグ…


セイヤ「えー…なら、最近学校ではどうだ?」ズズズー…


さとり「それは両親と話す事よ…」ズズズー…


セイヤ「じゃあ政治家は全員死ねばいいと思ってる奴、挙手…」


全員「…」ノ


セイヤ「Oh…」パク…


フラン「じゃあセイヤと結婚するのはフラン1択だと思う人ーっ❤︎はい挙手っ!挙手挙手っ!」はいはいはーいっ!


シーーーーーン…


フラン「……チッ…残念、釣られなかったね…」パクっ…


霊夢「釣られる訳無いでしょ…」ズズズッ…


魔理沙「何考えてるんだぜ…」モグモグ…


こいし「ふふふっ…フランちゃん、やっぱり幼妻ポジションは私みたいだね♪」ふんすっ!


フラン「むっ……はいセイヤぁ❤︎あ〜んっ❤︎」スッ❤︎


こいし「むむっ……セイヤさぁん❤︎あ〜んして下さぁい❤︎」スッ❤︎


その他全員「…」ジーーーーーーーーッ…


セイヤ「そしてまた、ロンギヌスな視線が俺を襲うのであった…」ズズズー…



〜学校へ行く時間の様です〜



〜幻想町(通学路)〜



フラン「貴女の為に捧げるこの身と心♪肌重ねた分だけ想いが〜♪強くなる♪」スタスタ


こいし「求めた代償が、喩え〜♪この命だとして〜も〜♪」スタスタ


フラン・こいし「「私は決して、後悔など致しません……キャーーーっ❤︎セイヤ〜っ❤︎(さ〜んっ❤︎)」」むぎゅぅぅぅっ❤︎


セイヤ「歌うなっ…///恥ずかしいだろっ…///」スタスタ


アリス「まぁ恥ずかしいよね…しかも歌った筈であるその記憶が無い訳だし…」スタスタ


レミリア「♪」ルンルンっ♪


咲夜「お嬢様、お嬢様もセイヤのキャラソンを聴いているのですか?」スタスタ


セイヤ「キャラソンって言い方やめろ…」スタスタ


レミリア「えっ?///ええ…///永久の運命歌という…///あの英雄セイヤが歌っている曲よ…///」スタスタ


咲夜「あっ!確かにあれはいい曲ですよね!」スタスタ


魔理沙「まぁ歌ってるのはセイヤ本人だけどな…でも確かにいい曲だぜ」うんうん…


早苗「それよりレミリアさん!そろそろセイヤさんの鞄を私にも持たせて下さいよ!」スタスタ


レミリア「これは私がセイヤに頼まれて持っているのよ。だから貴女には持たせないわ」プイっ…


早苗「さにゃにゃ〜っ…」ぷるぷるっ…


霊夢「あんた達は本当に懲りないわね…」ルンルン♪


さとり「そういう霊夢もリズムに乗っているみたいだけど…霊夢は何を聴いてるの?」スタスタ


霊夢「えっ?///……ろ、ロストドリーム…///」スタスタ


さとり「恥ずかしがる事無いわよ?あれは名曲だから…」うんうん…


セイヤ「もう勘弁して…」グスンっ…


フラン「よーし!じゃあ次っ!Labyrinth of love!行ってみよーっ♪」ギュッ❤︎


こいし「おー!いえー!」ギュッ❤︎


フラン「次はセイヤも一緒に❤︎3人で歌おうねっ❤︎」擦りっ❤︎


こいし「堕天使さんVoiceでよろですっ❤︎」擦りっ❤︎


セイヤ「闇の炎に抱かれながら消えたい…」スタスタ…


堕天使セイヤ『フッ…恥ずかしいと言うのなら、俺が代わりに歌ってやろうか?』


セイヤ『引っ込んでろ厨二天使』


魔理沙「そういえば、今度また新イベントやるってにとりが言ってたな」スタスタ


早苗「前回は町内イベントと学園内イベントでしたからね〜…次はどんなイベントか楽しみです♪」スタスタ


セイヤ「お前達はまだあの糞ゲーやってるのか…早く捨てろよ…」スタスタ


咲夜「無理ですね。あれこそ、私が長年追い求め続けた理想の恋愛シュミレーションゲーム…恋愛、戦闘、音楽…どれを取っても最高の出来…そしてやり込み要素も満載…あれ程のゲームはそうそうありません」スタスタ


霊夢「最近のゲームはやり込み要素って言ってもね〜…素材がどうこうで作業ゲーに成りがちだし…」スタスタ


さとり「そういう点では、このゲームは良い意味での作業よね。目的の素材が出なくてもリターンが大きいから」スタスタ


フラン「好感度の上限もどんどん上がって来てるしね〜♪早く新しいCGとボイスの追加アップデート来ないかな〜❤︎」スタスタ


こいし「この前のアップデートは最高だったもんね!……あの、セイヤさん…///エッチぃボイス…///ご馳走様でした…///」ペコ…


セイヤ「やめて……やめてっ…」※大事な事なので別の意味を込めて2回言いました♨︎


咲夜「では言うのは止めましょう。但し、今後もアップデートへの協力は惜しまないで下さいね?」スタスタ


セイヤ「惜しみたいけど惜しめないんだよ。弱み握られてるからな…」スタスタ


レミリア「よ、弱みっ!?きっ、聞いてないわよっ…それにしても、私のセイヤの弱みを握るなんてっ…許せないわっ…」ぷるぷるっ!


霊夢「因みにあんた、どんな弱み握られてんのよ」スタスタ


セイヤ「お前達に言ったら弱み握られてる意味無いだろ…」スタスタ


レミリア「わ、私にも教えなさいっ!これは命令よっ!」ビシィッ☆


セイヤ「悪いな、レミリア…これだけは言えないんだ…」スタスタ


レミリア「そ、そんな…」うるっ…


セイヤ『許してくれ、レミリア…俺はこの秘密を知られる訳にはいかないんだ。俺が…俺が…休日にか○あげクン食べたさに…約10軒のローソ○を走り回っただなんて…口が裂けても、絶対に言えないっ…』スタスタ


忌狂『他ノ人カラシタラ物凄クドウデモイイヨウナ…』


さとり「からあ○クン…」ボソ…


セイヤ「っ!!?」バッ!


フラン「?…どうしたの?セイヤ?いきなり振り返ったりして…」むぎゅっ❤︎


さとり「約10軒のローソ○…溜まりに溜まった欲望、その欲望の赴くままに…ロ○ソンの○らあげクンを買い占め、同じくからあげ○ンを買いに来た幼気な少年を泣かせた…」ボソボソっ…


セイヤ『う、迂闊だったーっ…さとりんに心読まれたーっ…』汗ダラダラ…


レミリア「うー…私はセイヤに信用されていないのね…」うるうるっ…


さとり「レミリア、レミリア…」肩ポンポン…


レミリア「何かしら…?さとり…ふふ、笑いたいのなら笑いなさい…」


さとり「良い事を教えてあげましょう……ごにょごにょ…」ヒソヒソヒソヒソ…


セイヤ「お、おいっ!さとりちょっと待てっ!」アセっ!


咲夜「……セイヤの態度を見限りだと、どうやらさとりが全貌を掴んだ様ですね…」


レミリア「……セイヤ、今夜は唐揚げを沢山作ってあげるわ❤︎」ニコっ❤︎


セイヤ「バレたかーっ…」


アリス「何々?さとり、私達にも教えてよ」


さとり「勿論です…」ニヤリ…


セイヤ「さとりんさんっ!ちょっとタンマっ!」ダッ!


フラン「あぅ…セイヤぁ…」もっと腕組んでたかった…


こいし『お姉ちゃんが悪い顔してる…』セイヤさんの腕…///細かった…///


「きゃーーっ!ひったくりよーっ!」


魔理沙「ひったくり?」


大男「どけどけっ!邪魔だっ!!」チャキッ!


霊夢「ナイフっ!?フランっ!こいしちゃんっ!」


大男「邪魔だっつってんだろッ!!」グアッ!!


フラン・こいし「「えっ?」」クル…


ゴギャッッ!!ゴギィッ!!


大男「ギャッ!!?」ズザァーッ!!ドンッ!


スタスタスタスタ


大男「痛ッて〜……ひっ!?う、腕がッ!俺の腕がァァッ!!!?」プラーン…


「おい、あんた…」ピタ…


大男「ひぃっ…」ビクッ…


セイヤ「あんた…誰の女に刃物向けてるんだ……あぁッ!?」ゴッッ!!


大男「ぎゃあッ!?」ズザァッ!!


セイヤ「おいッ!答えろッ!!…答えろっつってんだろうがッ!!」バギィッ!!


大男「ギャァァァアアッ!!?……あがっ…あ…」ボタボタっ…


セイヤ「殺してやるッ…殺してやるッ!!」ゴッッ!!ゴギィッ!!


魔理沙「お、おい…セイヤが…」ガクガクッ…


早苗「ぼ、暴走しちゃってます…ど、どうしましょう…」ガクガクッ…


セイヤ「死ねッ!死ねッ!!俺の大切な人を傷付ける奴はッ!傷付けようとする奴はッ!全員死ねぇぇッ!!」ゴギィッ!!バギィッッ!!


霊夢「馬鹿っ!何やってんのよあんたっ!」ガシッ!!


咲夜「そんな事をしたら本当に死んでしまいますっ!」ガシッ!!


セイヤ「はぁッ…!はぁッ…!」ゼェ…ゼェ…


ズズズズッ…グラァッ…


大男「」グチャッ…


セイヤ「は、ははっ…ザマァ見ろ…誰にモ奪わせナイ…コノ場所はっ…俺ダケのモノだ…はハはっ…ハハハハッ…」


レミリア「セイヤ…」手をギュッ…


セイヤ「っ……レミリア…?俺は…」


レミリア「気にしなくても大丈夫よ…フランもこいしちゃんも無事よ…それに、ほら…私も居るでしょう…?ずっとずっと、貴方だけの傍に…」ギュゥッ…


セイヤ「レミリア…」


テッテッテッテッ…×2


フラン「セイヤ?大丈夫?」ギュッ❤︎


こいし「セイヤさぁん…」ギュッ❤︎


セイヤ「わ、悪い…な。学校…行くか…」落ちていたバッグを拾う…


スタスタスタスタスタスタ


セイヤ「ほら…このバッグ、あんたのだろ?」っバッグ


女性「あ、はい…あの…ありがとうございます…」ペコ